ツイート シェア
  1. 荒川区議会 2021-11-01
    12月03日-03号


    取得元: 荒川区議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-12
    令和3年度定例会・11月会議荒川議会会議録(第三日)=============一、日時 令和三年十二月三日 午前十時一、場所 荒川議会議場一、出席議員(三十二名)  一番 山田晴美君  二番 小坂英二君  三番 夏目亜希君  四番 宮本舜馬君  五番 相馬ゆうこ君  六番 北村綾子君  七番 小林行男君  八番 横山幸次君  九番 斉藤邦子君  十番 小島和男君 十一番 土橋圭子君 十二番 鎌田理光君 十三番 町田 高君 十四番 中島義夫君 十五番 菅谷元昭君 十六番 明戸真弓美君 十七番 茂木 弘君 十八番 並木一元君 十九番 斎藤泰紀君 二十番 北城貞治君二十一番 志村博司君二十二番 河内ひとみ君二十三番 藤澤志光君二十四番 久家 繁君二十五番 竹内明浩君二十六番 清水啓史君二十七番 山口幸一郎君二十八番 増田峰子君二十九番 森本達夫君 三十番 菊地秀信君三十一番 松田智子君三十二番 保坂正仁君一、欠席議員なし)一、出席説明員区長  西川太一郎君副区長  佐藤安夫君副区長  北川嘉昭総務企画部長  五味智子総務担当部長  小林直彦君区政広報部長全国連携担当部長  米澤貴幸福祉部長  片岡 孝君健康部長  石原 浩君健康推進担当部長新型コロナワクチン調整担当部長  東山忠史子ども家庭部長  青山敏郎教育長  高梨博和君一、職務のため出席した事務局職員事務局長  濱島明光議事係長  伊藤智徳企画調査係長  細井貴洋主任  小川充彦主任  宮澤 建主事  松元 翼議事日程 令和三年十二月三日 午前十時開議第一               請願付託について第二  議案第四十二号      令和三年度荒川一般会計補正予算(第五回)第三  議案第五十二号      令和三年度荒川一般会計補正予算(第六回)           午前九時五十九分開議議長菅谷元昭君) ただいまより本日の会議を開きます。 出席欠席議員数報告いたします。出席三十二名、欠席なしでございます。 直ちに日程に入ります。 日程第一、請願付託についてを議題といたします。 ─────────────── ○ ─────────────── △請願付託について  (資料の部に掲載) ○議長菅谷元昭君) 陳情書二件、議長において受理いたしました。お手元に配付いたしました請願文書表のとおり、所管の委員会審査付託いたします。 日程第二、議案第四十二号、令和三年度荒川一般会計補正予算(第五回)、日程第三、議案第五十二号、令和三年度荒川一般会計補正予算(第六回)、以上二件を一括議題といたします。 ─────────────── ○ ─────────────── △議案第四十二号 令和三年度荒川一般会計補正予算(第五回) △議案第五十二号 令和三年度荒川一般会計補正予算(第六回)(委員長報告) ○議長菅谷元昭君) 本案に関しては、総務企画委員会斉藤邦子委員長より委員会審査経過並びに結果の報告があります。   〔斉藤邦子登壇〕 ◆九番(斉藤邦子君) 付託を受けました議案二件につきまして、委員会審査経過並びに結果の御報告をいたします。 本委員会は、付託を受けた議案について、理事者より説明を受けた後、順次審査に入りました。 初めに、議案第四十二号、令和三年度荒川一般会計補正予算(第五回)につきまして、委員より、接種券発送に係るスケジュール、前倒し接種を行う場合の体制構築追加接種事業に係る費用の内訳、追加接種実施に当たっての区民への周知方法転入者に対するワクチン接種勧奨実施、新病院整備における区の費用負担在り方、他自治体における病院への財政支援事例有無病院整備費用に対する補助制度有無などについて質疑がありました。 その後、討論に入り、本補正予算案区民の健康を守る上で必要なことであり、確実なワクチン接種のための体制構築早期病院整備要望賛成ワクチン接種事業、新病院整備区民の関心が高く、実施に当たっては適切な情報発信要望賛成、本補正予算に計上された項目はいずれも区民の健康と命を守るため必要であるため賛成新型コロナウイルスに関する様々な風説の流布に対し、区において必要な啓発をするように要望賛成との意見があり、委員会原案どおり決定いたしました。 次に、議案第五十二号、令和三年度荒川一般会計補正予算(第六回)につきまして、委員より、各給付金制度における給付要件及び給付方法住民税非課税世帯に対する給付金に関わる給付対象世帯数想定給付に関わる事務経費に対する区の認識、DV被害者世帯への給付方法検討状況などについて質疑がありました。 その後、討論に入り、新型コロナ感染症影響が長期化する中、支援が必要な区民に確実に届けるよう要望賛成給付金対象者はいずれも支援が必要な世帯であり、今後予定されているクーポン等支給については、速やかな給付のため、現金による給付要望賛成、迅速な給付のために、今後予定されているクーポン等支給については、現金による給付を行うこと、また、給付対象外となる区民への支援検討するよう要望賛成コロナ禍において必要な支援であり、区民にとって適切な方法給付を行うよう要望賛成コロナ禍において必要な支援であるが、給付方法については、基礎的自治体として国への必要な提言を行うよう要望し、賛成との意見があり、委員会原案どおり決定をいたしました。 以上、御報告といたします。 ○議長菅谷元昭君) 一件ずつお諮りいたします。 議案第四十二号、令和三年度荒川一般会計補正予算(第五回)について、ただいまの委員長報告に御質疑はありませんか。   〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長菅谷元昭君) 質疑はないものと認めます。 討論に入ります。 討論通告がありますので、発言を許可いたします。 十八番並木一元議員。   〔並木一元君登壇〕 ◆十八番並木一元君) 自由民主党荒川議会議員団を代表し、議案第四十二号、令和三年度荒川一般会計補正予算(第五回)に賛成の立場で討論いたします。 今回の補正予算には、東京女子医科大学東医療センター移転後に開設予定の新病院整備支援に関連する経費が計上されております。自民党荒川議団は、区内唯一災害拠点病院であり、三次救急医療を担う東京女子医科大学東医療センター区外移転する事態を重く受け止め、地域医療環境を守るために新病院誘致に向けて、これまで様々な要望提案をしてまいりました。区においては、この問題に関して、我が党の要望提案を真摯に受け止め、しっかりと取り組んでいただき、新病院実現に向けて着実に歩みを進めていただいていることと思います。今回の補正予算もその一環であり、この間の区長並びに区当局の御努力に対し、評価させていただきます。 これまで我が党は、急性期感染症対応した病床医療体制確保、経験豊富な医師による安全・安心医療体制確保地域に必要な診療科目の設置、調剤薬局在り方地域活性化区民健康増進につながる外来棟の活用、区の適正な費用負担空白期間を極力短縮した形での早期病院開設等について要望を行い、具体的な提案もしてまいりました。これらの事項については、先月の健康・危機管理対策調査特別委員会において報告のあった新病院運営事業者である正志会との基本協定書最終案において、急性期対応七十五床、感染症病床五十床を含む二百四十の病床確保のほか、我が党が強く求めてきた要望事項の多くが反映されており、改めて評価させていただきます。 特に新たに感染症病床整備されることになったことは、現下の新型コロナウイルス感染拡大対応はもちろんのこと、現在海外で流行している変異株感染症が国内でも流行する可能性がある現状を踏まえれば、これこそ地域安心につながる重要なことであると評価しております。 また、本補正予算に計上されている区の費用負担については、我が党の要望の中でも特に重要な項目として、適正な負担規模を堅持するよう強く述べてまいりました。感染症医療への対応という新たな要素を加味するなど、難しい局面もあったかと思いますが、区と正志会役割分担を明確にした上、最終的な区の負担割合を当初想定の八〇パーセントから下回る五五パーセント程度に抑制されました。決定した総額約二十億円の区の負担は、救急対応地域災害対応感染症対応、これらの医療の中核を担っていただく病院として、環境整備のために必要なものであり、他自治体における病院誘致事例に照らしても妥当な内容と考えております。 今後、荒川区、正志会関連機関十分連携を取りながら、この負担額に見合う新病院実現に向けて様々な対応をしていただきたいと思っております。 そして、今後、最大の課題は、医療環境維持のため、東医療センター移転後、医療空白期間をいかに短縮していくかであります。この点に関しては、外来受入れ入院受入れについて、正志会と協力し、適切な対策をもって極力空白期間が生じないよう進めていただきたいと考えております。 また、外来診療開始後も解体工事改修工事、周辺の公園整備工事など、輻輳して複雑な工事を行うこととなりますが、ぜひ区民に迷惑を及ぼさぬよう周到な安全確保の上、進めていただきたいと思います。 また、本補正予算には、三回目のワクチン接種に関連する予算も計上されております。先ほど述べましたように、感染力の強いとされる新たな変異株オミクロン株が世界中で拡大しており、我が国でも感染者発生が確認され、国も対応を強化しておるのは御承知のとおりであります。 そんな中、我が国では、既存ウイルスでの第六波の発生も危惧されております。こうした状況の中で、国は三回目のワクチン接種接種時期について、二回目の接種日から原則八か月後としている接種日程の一部前倒し検討を始めております。国の方針が目まぐるしく日々変わる中で、現場としては対応に苦慮するところもあるかと思いますが、区民から荒川区として高評価を得た一、二回目の接種と同様、三回目の接種も円滑に進めることが区民安心にもつながり、さらに状況を改善する有効な手段となり得ることと思います。 今後も、国の方針変更やその他様々な問題も発生することと思いますが、どのような状況になっても柔軟に対応できるよう着実な準備をお願いいたします。 医療療養体制の充実を含め、そのときの状況に応じた必要な施策を強力に推進していくことを強く要望し、本補正予算に対する賛成討論とさせていただきます。ありがとうございました。 ○議長菅谷元昭君) 以上で討論を終わります。 議案第四十二号について、委員長報告に御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長菅谷元昭君) 異議ないものと認めます。議案第四十二号は委員長報告どおり決定いたしました。 議案第五十二号、令和三年度荒川一般会計補正予算(第六回)について、ただいまの委員長報告に御質疑はありませんか。   〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長菅谷元昭君) 質疑はないものと認めます。 討論に入ります。 討論通告がありますので、発言を許可いたします。 五番相馬ゆうこ議員。   〔相馬ゆうこ登壇〕 ◆五番(相馬ゆうこ君) 私は、日本共産党荒川議団を代表して、議案第五十二号、二〇二一年度荒川一般会計補正予算(第六回)に賛成討論を行います。 本補正予算は、国の施策を受け、子育て世帯への臨時特別給付金支援事業住民税非課税世帯に対する給付金支援事業として提案されたものです。 子育て世帯への給付については、十八歳以下の子どもに一人当たり十万円相当支給するもので、来年三月三十一日までに生まれる子ども対象となりますが、世帯主の年収が九百六十万円以上の世帯子ども対象外となっております。 給付される十万円相当は、現金五万円と子育てに関わる商品やサービスに利用できるクーポン五万円分とされています。クーポン導入について、財務省は、現金給付だと貯蓄に回るが、クーポンは有効な需要につながるとしておりますが、クーポンでは水光熱費も家賃も払えないなど国民の批判が高まっています。分割して半分はクーポン給付するよりも、現金一括給付のほうが費用を含めた事務負担が少なく、国民により早く届くことは明らかであり、政府現金一括給付を選ぶべきでした。 今回の区の補正予算は、クーポン以外の現金五万円についてのみ計上されておりますが、総務企画委員会では、後の五万円分について、クーポンではなく、現金給付とするよう各委員から要望がされました。区の答弁は、後で財源が来るかどうか定かではないのでできないとのことでしたが、既に政府クーポンを地方自治体の実情に応じて現金給付とすることも可能と閣議決定しており、また、財務省現金十万円を一括給付することも可能としております。直ちに追加補正予算を組み、全額現金給付するよう強く求めておきます。 そもそも政府は、この子どもへの十万円給付分配戦略と位置づけておりますが、経済効果を狙った施策なのであれば、所得制限はせず、子どもに限らずに国民に広く給付するべきです。所得制限を行うのであれば、福祉目的の低所得者支援として、クーポンではなく現金給付とすべきです。国のこうした矛盾が国民に必要のない分断を招いています。経済対策困窮者支援も根本的に見直して、全ての国民が真に健康で文化的な生活を送れる社会をつくることが必要だと申し上げておきます。 本案には、住民税非課税世帯への給付も盛り込まれておりますが、非課税ではなくても、低所得で苦しんでいたり、コロナで深刻な影響を受けている方も多くいます。多くの国民支援の幅が狭く受けられないでいるのが現状ではないでしょうか。国の支援対象外となっている区民に対し、区として独自の支援を行うための追加補正予算をすることも要望し、討論といたします。 ○議長菅谷元昭君) 以上で討論を終わります。 議案第五十二号について、委員長報告に御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長菅谷元昭君) 異議ないものと認めます。議案第五十二号は委員長報告どおり決定いたしました。 以上をもちまして、本日の日程は全部終了いたします。 お諮りいたします。本日はこれをもって散会いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長菅谷元昭君) 異議ないものと認め、そのように決定いたします。 なお、明日十二月四日から十二月九日まで休会いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長菅谷元昭君) 異議ないものと認め、そのように決定いたします。 次回の本会議は十二月十日午前十時から再開いたします。 本日はこれをもって散会いたします。誠にお疲れさまでした。           午前十時十五分散会...