運営者 Bitlet 姉妹サービス
ツイート シェア
  1. 渋谷区議会 2003-07-02
    平成15年  7月 総務区民委員会-07月02日−20号


    取得元: 渋谷区議会公式サイト
    最終取得日: -
    DiscussNetPremium 平成15年  7月 総務区民委員会 − 07月02日−20号 平成15年  7月 総務区民委員会 − 07月02日−20号 平成15年  7月 総務区民委員会           総務区民委員会記録 1.開会年月日  平成15年7月2日(水)午後1時30分招集 2.開会場所   渋谷区総合庁舎 5階 第2会議室 3.出席者    委員長  座光寺幸男  副委員長 岡本浩一   (9人)   委員   小林清光   委員   金井義忠          委員   鈴木建邦   委員   五十嵐千代子          委員   染谷賢治   委員   広瀬 誠          委員   植野 修 4.欠席者   (0人) 5.委員外議員   (0人) 6.事務局職員  書記   松嶋博之 7.出席説明員  企画部長 小笠原通永          企画課長 郡川武雄          情報管理 久保田幸雄          課長
             総務部長(防災担当部長兼務) 山内一正          総務課長 関口康永          防災課長 児玉史郎 8.付議事件    総合調整及び事務管理について    防災について     ・管内所管施設について                 午後1時32分 開会 ○(座光寺委員長) ただいまから総務区民委員会を開きます。  本日の記録署名委員は、岡本、植野両委員にお願いをいたします。  欠席、遅刻はございません。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○(座光寺委員長) 「総合調整及び事務管理について」、「防災について」を一括議題に供します。  今日は、視察地は女性センター・アイリス、それから美竹分庁舎、恵比寿社会教育館長谷戸分館、これは備蓄倉庫です。それから、4番目には、東京電力防災無線設備関係という形で、総務と企画、それであと総務部防災課という形でございますが、今言ったような順序に基づいて説明を求めたいと思います。  最初に、女性センター・アイリスの説明を求めます。  どうぞ。 ◎(関口総務課長) それでは、お手元の資料の1枚目でございます。渋谷女性センター・アイリス施設概要でございます。  目的でございます。女性を取り巻く種々の問題を解決するために、男女共同参画社会をめざし活動する区内在住、在勤、在学の個人または団体に学習の場及び交流の機会を提供し、女性の地位向上に資することを目的とする、というものでございます。  設置は、平成4年1月23日でございます。  施設といたしましては、渋谷区渋谷一丁目17番7号、全国婦人会館の5階から7階を使用しております。延べ床面積でございますけれども、598.26平方メートル、約181坪でございます。5階には事務室、第1、第2相談室、情報資料室、6階にはサークル室(作業室)、和室、子ども室、また7階には、第1・第2・第3学習室、講師控室、ラウンジでございます。  休館日は月曜日と毎週第3日曜日、国民の祝日の翌日、年末年始となっております。  開館時間でございますけれども、午前9時から午後9時30分でございます。  職員は6人でございます。  利用状況でございますけれども、平成14年度でございますが、延べ1万8,625人でございます。  また、女性相談の件数でございますけれども、14年度でございますが、212件でございます。女性のための法律相談、これは火曜日でございますが、こちらが100件、何でも相談、これが水曜日と金曜日でございますけれども、112件でございます。  登録団体でございますけれども、6月末現在で104団体が登録されてございます。  また、収蔵資料といたしましては、図書1,970冊、行政資料2,503冊、以下レーザーディスク等を含めまして、このような感じで収蔵しているところでございます。  また、リーフレットのほうでございますけれども、こちらは開いていただきますと、中のほうに施設概要が載ってございます。また、施設を視察していただくときの御参考にしていただければと、このように思っております。  簡単でございますが、施設概要の説明とさせていただきます。 ○(座光寺委員長) ただいま関口総務課長さんから説明を受けました。何か質問がありましたらお受けいたします。  どうぞ、五十嵐委員。 ◆(五十嵐委員) パソコンはこれは利用者の人が自由に使えるパソコンというのは設置されていないんでしょうか。 ○(座光寺委員長) 関口総務課長。 ◎(関口総務課長) 自由に使えるということではございませんけれども、時間を区切ってとか、申込みをしてお使いをいただくというものは1台ございます。また、今年度につきまして、そのパソコンのインターネット、これもちょっとつなげたいと、そのように考えております。 ○(座光寺委員長) ほかにございますか。                (「なし」と言う者あり) ○(座光寺委員長) それでは、女性センター・アイリスについては、総括的説明をこれで終わらせていただきます。  次に、美竹分庁舎につきまして、企画部の情報管理課長、お願いいたします。  どうぞ、久保田課長さんでございますか。 ◎(久保田情報管理課長) 美竹分庁舎の概要について御説明させていただきます。資料2ページ目をお願いいたします。  現在、美竹分庁舎では、情報管理課が業務を行っているところでございます。初めに、職員体制でございます。情報管理課、課長以下1係、2主査、総員20名の体制で事務を行っているところでございます。情報管理係につきましては、課の庶務、経理、美竹分庁舎の管理業務ほか、区の情報推進について検討をいたします総合電算化計画推進会議の事務局等の事務を行っております。  情報政策主査につきましては大型汎用コンピューターのシステムの開発・運用、また財務会計や福祉などの単体系システムの全体管理、インターネットなどによる情報化の推進等の事務を行っているところでございます。  2番目の電子計算機適用業務でございますけれども、現在大型汎用コンピューターによって運用しております住民情報システムでございますけれども、住民記録システム以下、全部で14の業務がございます。平成元年3月に策定をいたしました渋谷区総合電算化計画に基づきまして、平成5年度から順次稼働をしてきたものでございます。汎用コンピューター2台により処理をしております。このうち、住民記録システム以下福祉システムまでの12の業務につきましては美竹分庁舎と本庁舎との間を光ファイバーのスーパーワイドランで結びまして、オンラインで業務を行っております。また、あわせて家庭や国民健康保険等の賦課通知書の打ち出しですとか統計状況の作成など、大量一括処理、いわゆるバッチ処理を行っております。統計システム、私立幼稚園システムにつきましては、バッチ処理のみを行っているところでございます。  ホストコンピューターでございますけれども、現在情報管理課で運用しております大型汎用機のコンピューターでございますけれども、日本電気株式会社、NECのACOSPX7800というコンピューターを使用しております。2台の中央処理装置とその周辺装置により構成をされております。  また、本庁舎及び出張所等に182台の専用端末装置を設置をしてございます。  中央処理装置につきましては、システムの稼働中にトラブルが発生した場合に、影響を最小限にするために、本番系と待機系という形で2台を設置をいたしまして、切り替えができるように、万が一故障により1台がダウンしても、切り替えを行いまして、業務に支障を来さないような形で運用してございます。  また、急な停電に際しましては、地下2階に電気室がございまして、無停電電源装置という装置によりまして、データを保護できるようなそのようなシステムをとっているところでございます。  3ページ目をお願いいたします。OA機器でございます。区で設置をしておりますOA機器につきしては、情報管理課で一元的に管理をしてございます。パソコン、プリンターにつきましては、故障などに際して、SEが常駐をしておりまして、修理にあたっております。また複写機につきましても、情報管理課でコピー枚数を各課に割り当てまして、むだな使用のないよう管理をしているところでございます。このほか庁内ランの運営、インターネットの管理などを行っております。  美竹分庁舎の概要でございますけれども、美竹分庁舎は渋谷一丁目2番5号、アライブ美竹ビルの4階と地下2階の一部を賃借をしてございます。昨年までは3階部分を情報管理課の事務室と職員研修室として借りておりましたけれども、昨年12月から経費削減を目的に、ワンフロア化を図ったところでございます。ビルのオーナーは日本たばこ産業株式会社の関連会社でございます。JT不動産株式会社でございます。平成3年12月16日に契約をいたしまして、平成4年7月8日から賃借を開始をいたしているところでございます。賃借面積でございますけれども、4階部分661.98平米、坪数で言いますと200.25坪でございます。事務室、汎用機の本体室やプログラムの開発室などとして使用してございます。  また、地下2階に51.24平米、坪数で言いますと、15.5坪でございますけれども、電気室として使用をしているところでございます。  以上でございます。 ○(座光寺委員長) ただいま美竹分庁舎についての報告がありました。  質疑をどうぞ。  五十嵐委員。 ◆(五十嵐委員) OA機器の管理に伴って、実はけさのテレビニュースで、地方自治体のノートパソコンが16台盗まれて、その中に市民の個人情報千数百人分が入っていたということで、ニュース報道なので、正確にはわからないんですが、そのうちの何台かはパスワードなくても情報が引き出せるような、そういう状態であったという話があって、昨今の盗難というのは非常に乱暴で、今までだとちょっと考えられないような、農作物もひどい形で盗難に遭ってますよね。だから今までの盗難防止みたいな形でやっていた範囲では、ちょっと防げないような事態も起こるのかなということを改めて感じたんですが、この場合は、美竹のほうは、相当厳重にガードされているというふうに思うんですが。例えば、昨日のニュースのように、ある事務室に入られたということになりますと、ちょっと今日のニュースだと出先機関でしたよね。だから、そういうところまで管理するというのは、ある意味大変だなというふうに思ったんですけれども、パスワードがなくても開けるなんていう実態はないと思うんですけれどもね、その辺の管理は区としてはどういうふうになっているのか。とりわけ出先機関なんかが、1台、2台のパソコンを設置しているというようなところが、どういうふうな状況になっているのか、その点ちょっとお聞きします。 ○(座光寺委員長) 久保田課長。 ◎(久保田情報管理課長) 渋谷区で設置をしておりますパソコンにつきましては、すべてパスワードでもってログインをするような形をとらせていただいております。それから、もう一つは、現在はノート型というのを非常に一部だけでございまして、基本的には今現在はデスクトップのパソコンでございます。今後、そういう盗難対策ということにつきましては、当然部屋の鍵をきちっとかけているとか、そういう基本的なことを含めて、物理的な盗難ということに対しても、今後職員に趣旨徹底を改めて浸透させなければならないという、いわゆるセキュリティの部分ということで、それについては、これからも十分に調査、研究をしてまいりたいと考えております。 ○(座光寺委員長) ほかにありますか。  どうぞ、染谷委員。 ◆(染谷委員) ちょっと関連するわけではないかな。ここのところ停電とか何かの予測というのもしておかないと危険だなということを思うんですけれども、電気室があって、切り替えができて、停電のときにはできるような体制もできている。兜町なんかでは、何か1日パーになっちゃったというようなことがつい最近あったようだけれども、ああいう損害を、直接区というところは、利益のあれでないからないかもしれないけれども、必ずしも利益ばっかりじゃなく、精神的な面だってあるんだから、少なくとも電気室の切り替えというようなものについては、予行練習とか、そういうことだけはきちっとやっているんですか。 ○(座光寺委員長) 久保田課長。 ◎(久保田情報管理課長) 美竹分庁舎に設置をしてございますホストコンピューターにつきましては、ただいま御説明しましたように、無停電電源装置ということで、停電時には、いわゆるバッテリーと同じような形で一定程度の時間、大体30分程度でございますけれども、電力が供給されるような、切り替えで供給されるような形になっております。その間にコンピューターを手動でもって、きちんとデータをセーブした形で、手動で停止をするとそういうような形をとっております。  それから、区役所内にホストコンピューターとは別で設置をされておりますサーバーにつきましても、今年の夏の電力事情ということもございまして、先日各所管を調査をいたしましたけれども、サーバー、小型のコンピューターにやはりバッテリー機能、そういうような形で、時間は短い時間でございますけれども、すぐに切断をするということではなくて、データを製造して、そしてとめるというようなことができるような機能がついているというふうな回答でございました。  今、委員御指摘の点につきましては、今後も急な緊急の停電ということもこれからございますので、あるかと思いますので、そういったことについては、十分対策をとっていきたいというふうに考えてございます。 ○(座光寺委員長) 染谷委員。 ◆(染谷委員) 御立派な御答弁なんだけれども、大体いつだってこれから先のことについてまだちょっと聞きたいことがあるんだけれどもね。やってないんだよ、実際のことを。そういうのが今まで多すぎるんだよね。ですから、必ずそういう装置になっておりますという、それは書いてあるんだから、そのとおりにしてくれるんだけれども、いざというときに、そういうふうにちゃんとなっているということを、一度こういう経験でこういうふうにしてますという報告を聞いたことがないから、非常に不信に思うのよ。できるだけ、とにかく渋谷は安心安全条例というのがあるんだからね、ほかの区がこうだったから、この区がこうでしたなんて言えないんだから。もう余分なようだけれども、必ずやっておくということは、要望しておきます。 ○(座光寺委員長) ほかにございませんか。                (「なし」と言う者あり) ○(座光寺委員長) どうぞ。 ◆(鈴木委員) 1点だけ。雷対策というのは難しいと思うんですけれども、美竹であるとか、あるいはサーバーに関しても万全だと考えていいんですか。 ○(座光寺委員長) 久保田課長。 ◎(久保田情報管理課長) 雷対策につきましては、いわゆる配置されていますパソコンにつきましては、これは電力の負荷が急にかかるということで、パソコンに関しては、場合によっては影響が出てくるかなというふうには考えておりますけれども、いわゆるサーバー類につきましては、そういうような対策も含めて、設置をするような形で進めております。 ○(座光寺委員長) いいですか。                (「はい」と言う者あり) ○(座光寺委員長) それでは、次に移ります。  恵比寿社会教育館長谷戸分館の備蓄倉庫と、東京電力の防災無線の設備関係。いずれも総務部防災課が担当でございますが、この二つを一括して報告してください。 ○(座光寺委員長) どうぞ。 ◎(児玉防災課長) まず、恵比寿社会教育館長谷戸分館備蓄倉庫について御説明を申し上げます。資料につきましては、3ページ、5ページでございます。  備蓄倉庫でございますが、すみません、4ページ、5ページでございます。申しわけありません。備蓄倉庫につきましては、渋谷区では避難所32カ所にそれぞれ設置をしており、また、災害対策用の拠点倉庫として11カ所設置しているところでございます。  本日御視察いただきます恵比寿社会教育館長谷戸分館の備蓄倉庫につきましては、拠点倉庫という位置づけにあるものでございます。拠点倉庫と申しますのは、非難所の備蓄倉庫を補完して、発災時に災害物資が各地からまいりますが、その災害物資を各避難所に運ぶための集積場所、整理の場所として活用するというようなことも考えて設置されている倉庫でございます。  今日御視察いただきます長谷戸分館の備蓄倉庫につきましては、恵比寿西1−23−1、長谷戸小学校がございますが、そのプールの下にある社会教育館長谷戸分館の一部を借りて設置しているところでございます。  5ページをお開きいただきますと、平面図になってございまして、これが長谷戸分館の平面図でございますが、左側学習室件出張図書室の右隣に備蓄倉庫を設置しているところでございます。  面積につきましては80平米、設置年は昭和55年7月に設置しているところでございます。  備蓄している物品でございますが、もう一度4ページ、お戻りいただければと思います。一覧にまとめているところでございますが、表にございますとおり、防災資器材並びに生活用品を備蓄しているところでございます。  続きまして、東京電力防災無線設備関係について御説明を申し上げます。資料6ページを御参照いただければと思います。この資料につきましては、渋谷区の防災行政無線の構成を示すものでございますが、この中では、右側の固定系、左側の移動系と、渋谷区では2つのシステムをもっているところでございます。固定系につきましては、緊急時、速やかな情報伝達のために設置されているものでございまして、区内90カ所に無線塔、もしくは建物の屋上にスピーカーを設置いたしまして、音声に基づいて区域に情報を伝達するシステムでございます。  地域につきましては、12の群に分けてそれぞれ管理をしてございます。それぞれ出張所ごとに群をつくりまして、あわせて非難場所といたしまして3カ所、全部で12の群で固定系の子局を統括しているところでございます。  次に、左側の移動系の御説明でございます。これは本日御視察いただきます東京電力の防災無線にかかわるものでございます。移動系は、連絡手段として設置しているものでございまして、区役所に基地局を1局、陸上移動局、子局でございますけれども、子局を87局設置しているところでございます。  一番左側、設置している場所を、群という名称をつけて分類をしてございますが、避難所、それから福祉施設、医療施設、下の部分につきましては、車両に搭載しているもの並びに全区移動携帯群といいますのは、肩にかけて、持ち運びをできるトランシーバー型の無線でございますが、そこまで含めて8つの群に分けて管理しているところでございます。  本日御視察いただきます東京電力につきましては、下から3番目、警察、消防、ライフライン群に分類され、登録しているところでございます。  群に分けているというメリットを御紹介いたしますと、それぞれ群ごとに無線機をいわゆる立ち上げるといいますか、統括することができまして、全非難所に一つのボタンで周知をしたり、福祉の関係、医療の関係等それぞれ少ない操作の手順で伝達をできる、伝達をすることを考えまして、群に分けているというところでございます。  現在、東京電力では、無線設備を神南一丁目の渋谷支社2階に設置しているところでございます。配電、保守を担当している部署に設置しているところでございまして、発災時、東京電力の配電関係の状況等を私どもの本部とやり取りをするというような内容で、無線を設置させていただいているところでございます。  説明、以上でございます。 ○(座光寺委員長) ただいま恵比寿社会教育館の備蓄倉庫の問題、東京電力の防災無線設備関係について、報告をなされたわけですが、何か御質問があったらどうぞ。  どうぞ、染谷委員。 ◆(染谷委員) 備蓄のほうは、行ってこれから見るんだから、それである程度わかりますけれども、この防災無線ね、去年は医師会館に行ったと思うんだな、すぐちょっとやってみてということをやってみたら、案の定何かスムーズにいかなくて、医師会館の事務局の人に大分迷惑をかけたような気がするんだよね。今回はそういうことをやってもぱっぱっといきますか。 ○(座光寺委員長) どうぞ。 ◎(児玉防災課長) 昨年は非常に御迷惑をおかけいたしました。私どもの防災課でも、無線室に行かなくてもコントロールをできるように、遠隔調整卓を私どもの課に設置しているところでございますが、昨年は職員の配置の関係で、窓口の応対をしておりまして、すぐに出られないというような状態でありました。御迷惑をおかけいたしました。  本日につきましては、昨年のような事例がないように体制を整えているところでございますので、よろしくお願いいたします。 ○(座光寺委員長) ほかにございますか。                (「なし」と言う者あり)
    ○(座光寺委員長) なければ、これから直ちに視察に出かけます。  委員会を暫時休憩いたします。                 午後1時57分 休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                 午後3時53分 再開 ○(座光寺委員長) 総務区民委員会を再開いたします。  今日は女性センター・アイリス、美竹分庁舎、恵比寿社会教育館長谷戸分館備蓄倉庫、それで、最後に東京電力の防災無線の内容につきまして、視察させていただきました。本当に皆さん御苦労さまでした。それから、理事者の皆さん、御苦労さまでございました。  暫時休憩させていただきます。                 午後3時53分 休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                 午後3時56分 再開 ○(座光寺委員長) それでは、休憩前に引き続きまして、委員会を再開いたします。  次回の委員会は7月11日、午前10時から視察のまとめということでやらしていただきたいと思います。  これをもちまして、委員会を散会いたします。                 午後3時56分 散会 会議の内容を記載し、その相違なきを認め署名する。 総務区民委員会 委員長  座光寺幸男     同   委員   岡本浩一     同   委員   植野 修