ツイート シェア
  1. 新宿区議会 2014-04-09
    平成26年  4月 環境建設委員会-04月09日−05号


    取得元: 新宿区議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-06
    DiscussNetPremium 平成26年  4月 環境建設委員会 − 04月09日−05号 平成26年  4月 環境建設委員会 − 04月09日−05号 平成26年  4月 環境建設委員会           環境建設委員会記録 ◯日時    平成26年4月9日(水)午後1時30分開会 ◯場所    第3委員会室 ◯出席委員   委員長   下村治生       副委員長  佐藤佳一   理事    久保広介       理事    鈴木ゆきえ   理事    根本二郎       委員    おぐら利彦   委員    深沢としさだ     委員    有馬としろう   委員    雨宮武彦 ◯欠席委員         なし ◯出席説明員   みどり土木部長                野ア清次   土木管理課長                 北村仁英   みどり公園課長                吉川洋志   環境清掃部長                 柏木直行   環境対策課長                 本村知行
      ごみ減量リサイクル課長            組澤 勝   副参事(清掃事業担当)            小野川哲史   都市計画部長                 新井建也   都市計画課長                 田中孝光   地域整備課長                 依田治朗   住宅課長                   佐藤之哉   副参事(新宿駅周辺整備担当)         木内盛雅 ◯議会事務局職員   議事係長                   濱野智子   議事主査                   松尾安広 △開会 午後1時30分 ○下村治生委員長 ただいまから環境建設委員会を開会いたします。  初めに、本日の進め方についてお諮りをいたします。  人事異動に伴う幹部職員の紹介を受けます。その後、視察についてお諮りをいたします。次に、調査事件を議題といたします。次に、報告を受け、次の委員会は改めて通知する、散会というふうな順序で進めさせていただきたいと思いますが、よろしいでしょうか。      〔「はい」と呼ぶ者あり〕 ○下村治生委員長 それでは、そのように進めさせていただきます。  それでは、まず初めに、人事異動に伴う幹部職員の紹介を受けます。 ◎(みどり土木部長) それでは、4月1日付でみどり土木部の異動等のありました幹部職員を紹介させていただきます。  まず、私でございますが、引き続きみどり土木部長をさせていただきますが、新たに区長室参事、東京オリンピック・パラリンピック開催調整担当を兼務することになりました。どうぞよろしくお願い申し上げます。  次に、土木管理課長、北村仁英でございます。区長室副参事、東京オリンピック・パラリンピック開催調整担当兼務でございます。皆様御存じのように、議会事務局次長からの異動でございます。2人、どうぞよろしくお願い申し上げます。 ◎(環境清掃部長) それでは、環境清掃部の幹部職員の異動について御紹介申し上げます。  初めに、自己紹介になりますけれども、環境清掃部長になりました柏木直行でございます。どうかよろしくお願い申し上げます。みどり土木部参事、土木管理課長事務取扱からの異動でございます。  次に、ごみ減量リサイクル課長の組澤勝でございます。組織改正によりまして、生活環境課長からの異動でございます。 ◎(ごみ減量リサイクル課長) よろしくお願いします。 ◎(環境清掃部長) 続きまして、清掃事業担当副参事の小野川哲史でございます。都市計画部地域整備課長からの異動でございます。 ◎(清掃事業担当副参事) よろしくお願いいたします。 ◎(環境清掃部長) 以上でございます。どうかよろしくお願い申し上げます。 ◎(都市計画部長) 次に、都市計画部幹部職員の異動について御紹介いたします。  初めに、まず私もそうですけれども、都市計画部長の新井でございます。区長室参事、東京オリンピック・パラリンピック開催調整担当を兼務することになりますが、どうぞよろしくお願いいたします。  次に、都市計画部参事、都市計画課長事務取扱、田中孝光でございます。昇任でございます。また、区長室副参事、東京オリンピック・パラリンピック開催調整担当の兼務となりました。 ◎(都市計画課長) 田中でございます。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。 ◎(都市計画部長) 続きまして、都市計画部副参事、新宿駅周辺整備担当、木内盛雅でございます。都市計画部都市計画課都市施設主査からの昇任でございます。 ◎(新宿駅周辺整備担当副参事) 木内でございます。どうぞよろしくお願いいたします。 ◎(都市計画部長) 次に、地域整備課長、依田治朗でございます。戸塚特別出張所長からの異動でございます。 ◎(地域整備課長) 依田です。どうぞよろしくお願いいたします。 ◎(都市計画部長) 次に、住宅課長、佐藤之哉でございます。四谷保健センター所長からの異動、統括課長への昇進でございます。 ◎(住宅課長) 佐藤です。よろしくお願いいたします。 ◎(都市計画部長) 都市計画部、以上でございます。今後ともよろしくお願いいたします。 ○下村治生委員長 よろしくお願いいたします。  それでは、以上で幹部職員の紹介が終わりましたので、本日議題となっております所管のみどり土木部以外は退席をされることになっております。よろしくお願いします。速やかに移動してください。ありがとうございます。よろしくお願いします。  それでは、続きまして、視察についてお諮りをいたします。  1、視察日、平成26年4月23日水曜日、2、視察場所、ア、柏木どんぐり公園、イ、西新宿駅自転車駐輪場、3、行程については、委員長一任とするということで視察に行きたいと思っております。よろしいでしょうか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○下村治生委員長 それでは、異議なしということで進めさせていただきます。  次に、調査事件を議題といたします。  1、新宿公園の再整備について。 ◎(みどり公園課長) それでは、新宿公園の再整備について、御説明をいたします。  区立新宿公園につきましては、平成21年9月から公園内で東京都による下水道工事が行われておりまして、本年3月まで、4年7カ月にわたりまして閉鎖をしてございました。このたび、下水道工事が完了いたしまして、この新宿公園及び当敷地内にございます太宗寺内公衆便所、こちらの再整備を本年度実施するものでございます。整備に当たりましては、昨年度住民参加による再整備計画の作成を行いまして、本年度はその計画に基づきまして整備工事を実施するものでございます。  再整備の概要でございます。  新宿公園は、新宿区新宿二丁目9番にございます。面積としては、1,542.36平方メートル。  整備後の主な施設でございますけれども、広場、水景施設、まあ噴水のようなものです。また、幼児向け遊具、健康遊具、水飲み、災害用トイレ、かまどスツール、防火貯水槽等となってございます。災害用トイレにつきましては、敷地内にマンホール型のものを3基、それからトイレのほうにも災害対応用のピットを設ける予定になってございます。  同じく、太宗寺内公衆便所でございます。建築面積としては、22.97平方メートル、ちなみに既存といいますか、これまであったトイレのほうは9平方メートルと非常に小さいものでした。施設概要でございます。鉄筋コンクリート造の1階建て、男性用が小2・大1、女性用が大1及びだれでもトイレを配置する予定となってございます。なお、だれでもトイレにつきましては、オストメイト対応、またベビーシート等を設置しまして、バリアフリーの対応をしてございます。  これまでの経緯ということで、私ども、公園の整備につきましては、魅力ある身近な公園づくり基本方針に基づきまして、住民参加による公園づくりを進めてきてございます。この新宿公園につきましても、まず平成25年6月から7月にかけまして、新宿二丁目地区を対象にまずアンケート調査を実施いたしました。その中で、いろいろ御要望を取りまとめた上で、平成25年7月からワークショップ形式で、住民の方の意見を聞きながら再整備計画を作成してきたところでございます。  公園のコンセプトといたしましては、多くの皆様から御意見をいただいたところですけれども、四季の変化が感じられるような季節感のある植栽ですとか、子どもから大人まで、また周辺には業務系の建物も多いことから、働く人々、さまざまな方が利用できるようなしつらえということで、具体的にはパーゴラやベンチなどを備えた休憩ができるところですとか、また遊具、それから主にお年寄りの利用を想定した健康遊具等を配置してございます。  それから、かつてこの地が太宗寺の境内であったという歴史的な経緯からも、地域の歴史や記憶が感じられる水施設の整備、また既存のイチョウの大木がございまして、一時移植されて違うところにあったんですけれども、またそれを戻して、そこでまた大きく育ってもらうというようなことも考えてございます。  ちょっと説明が長くなりましたが、裏面をごらんいただきまして、鳥瞰図というのが上の右のほうにあると思いますけれども、これは花園通り側から見たイメージになってございます。北から南側を見た図となってございます。このようなイメージでございまして、今度、一番下の平面図のほうは図面の上のほうが北、上のほうが花園通り側になっておりまして、施設配置はおおむね図で見ていただくとおり、真ん中のほうに水景施設ということで噴水を設置します。それから、右側のほうに主に子ども向けの遊具、左のほうには大人向けの健康遊具、それから平面図の左上のほうには太宗寺内公衆便所を公園と一体的に配置するといったしつらえになってございます。  参考までに、2枚目に新宿公園だよりといいまして、ワークショップで検討を重ねてきた概要的なものですけれども、その各回におけるいろんな意見ですとか、話し合ったことなどを記載してございます。こちらは第4号になっておりまして、第1号から第3号までは既に発行してございますが、こちらのほうは区のホームページ、下のほうに書いてございますけれども、そのときの配付資料とあわせて閲覧できるようになってございますので、後ほどごらんいただければと思います。  すみません、資料の表面に戻っていただきまして、今後の予定でございます。平成26年6月から8月にかけて、まず防火貯水槽を先行的に埋設する工事がございますので、そちらのほうを先に進めまして、平成26年8月から公園及び公衆便所の再整備工事、平成27年3月には開園というようなスケジュールで進めてまいります。  簡単ですが、以上でございます。 ○下村治生委員長 説明は終わりました。それでは、ただいまから質疑を行いたいと思います。  御質疑のある方はどうぞ。 ◆鈴木ゆきえ委員 この新宿公園はうちの近所で、昔からよく遊んだりしたとても思い入れのある公園なので、私もワークショップ、3回ほど出席をさせていただきました。人数は少なかったんですけれども、ここにもあるようにアンケートをとっていただいたり、とても多くの方の御意見をまとめていいものにしようという、本当に地域の方の熱い思いも感じましたし、人数が少ないなりにとても熱心な御意見を出していただいて、本当に、2班に分かれて検討したんですけれども、よくも見事にこのような形にまとまったなという思いがいたします。  その中で、例えば遊具も1基、いろんな遊具の写真とともに金額も提示をしていただいたので、ああ、遊具1基こんなにするんだということも、非常に“見える化”で、大事にしなければいけないとかそういう、これも税金の使い道という意味では、非常にこのワークショップという方式は大変いいことだなと思いました。  ここで、たばこのことがやっぱり話題になったんですけれども、吸い殻入れ、一応当面はやめておきましょうということになっているんですけれども、この広さの公園で原則としては設置しないんではないかと思うんですけれども、ちょっとそこら辺の原則的なお考えを教えてください。 ◎(みどり公園課長) 公園での喫煙についてでございますが、基本的には面積2,000平方メートル以下の公園は禁煙としてございます。ただ、面積2,000平方メートル以上の公園につきましても、施設の立地状況、例えば遊具が近いですとか、周りに幼稚園とか小学校があるとか、そういった立地条件によっては2,000平方メートルを上回っている公園でも禁煙にしている場合がございます。この新宿公園につきましては1,500平方メートルちょっとということですから、2,000平方メートル以下となりますので、原則としては禁煙ということになります。 ◆鈴木ゆきえ委員 わかりました。  それで、例えばどうしても、ここは近所に実は喫煙所を設けてくれているんです。そういうこともあるので、今のところは大丈夫ではないかと思っているんですけれども、さまざまな公園の今の喫煙の考え方から見て、例えばここら辺確かにサラリーマンの方も多いので、どうしてもつけてほしいと、たばこの問題が浮上してきたときには、設置はそうすると皆様の近隣の方のこれは御意見がまとまれば可能ということになっていくのでしょうか。 ◎(みどり公園課長) 今、ここではないんですけれども、区立柏木公園というところ、こちらは面積がやはり2,000平方メートルないんですけれども、こちらも商業地という立地から非常に喫煙者が多くて、ポイ捨ても多いといった状況から、利用者からも喫煙所を設けてはどうかという声もありまして、私ども、柏木公園につきましては、今、喫煙所を設置する方向で地域といろんな調整もさせていただきながら、施設のしつらえなんかも検討しているところでございまして、原則としては2,000平方メートル以下ということはございますけれども、例えば公園の立地状況で分煙化が図られる余地があるとか、またそういう地域の強い要望ですとかいうことがあれば、また利用者の御意見とか地域全般の御意見も伺いながら、どうしていくのかということは検討する余地はあろうかと思ってございます。  しかしながら、たばこの問題というのは、私どもは分煙ができるかどうかというところが一番の焦点だと思っておりますので、公園の形態ですとか、そういったことでできるかどうかということをまず検討することになるのかなというふうに考えてございます。 ◆鈴木ゆきえ委員 そうですね。ここは、やはり幼児用の遊具も皆さんの話し合いの中でいるかどうかということもあったんですけれども、小さいお子さんがいらっしゃる方は、近くに公園があるなら遊具も必要だということで、遊具を設置することになりましたので、そこら辺も今後このような課題が出てきたときには慎重に検討をいただければと思いました。  あと、もう1点、防犯カメラについても実はちょっと話が出ておりまして、ここは傷害事件とかもあった公園なので、やはり防犯上非常に重要、大事なポイントでもあると思っております。そこら辺、今後、結構要望としては多いものですから、設置に向けての検討はどのようにされていかれますでしょうか。 ◎(みどり公園課長) この新宿公園につきましては、新宿二丁目というある意味ちょっと特殊な環境下にございますので、当初は地域からもそういう防犯カメラですとか、閉鎖管理といった、どちらかというと守っていく、ガードしていくといったような御意見があったのかなと思ってございますけれども、回を重ねるごとに見通しをよくして入りやすく明るくするという、そういう逆転の発想と申しましょうか、そういったふうになってきたということで、これはある意味最近の公園づくりにおけるトレンドでもございます。  ワークショップの中の意見では、当初は防犯カメラは設置しないと、そういった形でオープンなしつらえにして様子を見ていこうということになったと私は認識してございますけれども、今後、迷惑行為ですとか例えば犯罪の温床になると、そういった地域の御心配等があるようでしたら、防犯カメラの設置ということも、それも含めて視野に入れて考えていく必要はあろうかと考えてございます。 ◆鈴木ゆきえ委員 わかりました。ありがとうございます。 ○下村治生委員長 よろしいですか。ほかに御質疑のある方は。 ◆根本二郎委員 水景施設と書いてありますよね。これは、もともとあそこに池があって水辺を残そうというか、水景施設というのはどういう施設なんですか。 ◎(みどり公園課長) この鳥瞰図をごらんいただきまして、非常に見にくいんですけれども、噴水のような形で3カ所ほどから下から上に向かって水が噴き上がると、そういった形になってございまして、ただ地域のほうでは、ワークショップの中では、池のような形で常時水がたまるということになると、例えば蚊が発生するとか、そういった衛生上の心配をされる声が多くございましたので、今回の設計の中では水をためないような形のそういう噴水的なしつらえにさせていただいてございます。 ◆根本二郎委員 ちょっと何かこれ噴水みたいなので、大分イメージが違ってしまったなと思ったんだけれども、まちの人がそう言ったということならそういうことなんでしょう。  それから、あそこに井戸がありましたよね、防災用の深井戸、あれはどうなってしまったんですか。 ◎(みどり公園課長) かつて、井戸が確かにございましたけれども、水が枯渇したということで、現在は井戸はございません。 ◆根本二郎委員 それは、下水道工事の完成、工事に関係ないのですか。 ◎(みどり公園課長) 下水道工事ではなくて、その前からということで聞いてございます。 ◆根本二郎委員 それから、そうすると防火水槽というのは地下に何トンかで埋め込んだわけでしょう。何トンなんですか。 ◎(みどり公園課長) 防火水槽につきましては、40トンのものを想定してございます。 ◆根本二郎委員 その井戸にかわるものというのはつくらないのですか。 ◎(みどり公園課長) 井戸という形では整備はする予定はございませんが、噴水等で水景として整備することになってございます。 ◆根本二郎委員 工事による枯渇じゃなくて、もともとそうなってしまったというのならしようがないんだけれども、学習院大学のところとあそこと幾つか、あと早稲田鶴巻町かどこかに、貴重な井戸だったんですよね。だから、一朝事あったら、水道がとまってしまっても深井戸なら何とかなるんじゃないかと思ったんだけれども、残念だね。じゃ、それはもうどうしようもないんだ。掘ってもだめなの、裏まで掘ったら。 ◎(みどり公園課長) もともと地域のほうで、防災的な位置づけも含めての井戸だったというふうに聞いてございますけれども、やはり水が出なくなった、結構深井戸だったらしいんですけれども、水が出なくなったということで、これは危機管理課のほうで廃止をしたというふうに聞いてございます。 ◆根本二郎委員 それは、公園工事の前は聞いたことがなかったんだけれども、いつ中止したのですか。ついでに言うと、あれは私ら、災害対策特別委員会か何かで見に行って、ずっと蛇口をひねると、多分出た。だから、これは便利だなという話をしていたんだけれども。だから、緊急用には非常に役に立つと思っていたんだけれども。 ◎(みどり公園課長) 申しわけございません。井戸を廃止した経緯については存じ上げていないところがございます。災害用の施設につきましては、防火水槽40トンということと、あと災害用トイレというものも装備いたしますので、そういったところで私どもの力を入れていきたいと考えてございます。 ◆根本二郎委員 わかりました。 ○下村治生委員長 よろしいですか。  ほかに御質疑のある方は。 ◆雨宮武彦委員 これの鳥瞰図を見ると、道路側からの防犯的なものを、見通しをよくするというふうに言っていましたよね。これを見ると、結構大きな木のように見えるんだけれども、これは余り大きな木にならないような木を植えるということなんですか、あるいは一定のものを植えておいて、剪定をその都度するとか、どういう考えなんですか。 ◎(みどり公園課長) 既存の樹木と新植のものがございますけれども、木はやはり年々大きくなっていきます。ただ、見通しという点では、人の目の高さ、それより以下というところで剪定をしたり、また下の植え込みのところの刈り込みを丁寧にやるといったことで見通しを確保していくということを考えてございます。 ◆雨宮武彦委員 新宿二丁目という地域柄、結構、以前、公園も夜遅くまでそういった方々が使われていたかなというふうに思うんですけれども、きれいになればなおさら皆さん集まってくるのかなというふうに思うんですが、明るさの点だとかそういったことも、明るくしておくということはまた夜は大事なのかななんて思っているんですが、その点は夜の明るさなんかはほかの公園に比べて何か工夫をなさっているのかどうか、その点についていかがですか。 ◎(みどり公園課長) 公園内の照明につきましては、全体で8基設置する予定になっておりまして、そのうち3基はLEDということを予定しておりますが、この規模で8基というのは数的には結構多いのかなというふうにも思っておりまして、明るさ的には十分確保できるというふうに考えてございます。 ◆雨宮武彦委員 地域の皆さんが工夫して、それを基礎につくられた公園ということですから、これを見ると、今後の管理運営の参加者の意見というようなことで、こういったクリスマスのイルミネーションだとかいうようなことをやっていこうというような計画だとか、あるいは町会の皆さんとの関係で、そんなふうなことも、これは今後やっていくということなのか、その辺についてはどんなふうなことになっているんですか。 ◎(みどり公園課長) このような形でワークショップを進めていく過程で、やはり公園づくりにみずからが参加したという思いから、その後の公園の運営ですとか、こういったことがやりたい、こういったこともできるねといった形で、いろんなイメージ、参加された皆さんが膨らませていって、過去の例でいえば、参加された方がそのまま公園サポーターになって、一緒に私どもと公園の維持管理に携わるといった事例も見られますので、ワークショップだけではなくて、そういう後々の維持管理に向けた住民の皆さんの参加というのも見込めるということでは、ワークショップという取り組みが非常に意義深いものと、私どもも認識しているところでございます。 ◆雨宮武彦委員 そうすると、今後そういう公園なんかはそういったワークショップのような形をできるだけ取り入れて、公園をやりかえたり、つくりかえたりすることもあるんだろうと思うんですが、それは今回の新宿公園の経験を踏まえて、そういったものをより取り入れていこうという方向なのかどうか、その点についてもお聞かせください。
    ◎(みどり公園課長) 私ども、平成21年度に策定しました「魅力ある身近な公園づくり基本方針」、こちらの中でも新しく公園をつくったり、また大規模改修をする際には、住民参加型の公園づくりをしていく、こういったワークショップの形態をとっていくということ、将来的にもそのような形で進めていくというふうに考えてございます。 ◆雨宮武彦委員 最後にします。  公園をできるだけ住民の皆さんに開放して、あれはいけない、これはいけないとするんじゃなくて、できるだけオープンにして、それで住民の人たちが好んで使えるような公園にしていくということは、すごく私は大事なことだというふうに思っておりますので、ぜひ今後の公園の計画でもこういったワークショップを取り入れて、できるだけオープンな公園にやっていただければというふうに思います。意見だけ述べて、終わります。 ○下村治生委員長 ほかに御質疑のある方は。 ◆有馬としろう委員 ちょっと数日前にここを通ったので、ちょっと見てきたんですけれども、ちょっと1点だけ、これ公園の中に、現在はこの太宗寺内公衆便所というのは、公園の中というよりも区道上にありますよね。これは、今仮設みたいな形になるんですか、この図面で見ると。 ◎(みどり公園課長) あの公衆便所は仮設ではなくて、前からあったものそのものでございまして、敷地としては公園の中にもともとあったものでございます。 ◆有馬としろう委員 そうすると、今ある現在のトイレはそのままそこで改修されるんですか、その位置で。 ◎(みどり公園課長) 平面図というのをごらんいただきたいんですけれども、今ちょうど北西の角地のところに、まさに角のところに既存のトイレがあるんですけれども、改修後はもう少しちょっと中のほうに入った(「ああ、中に入るわけですか」と呼ぶ者あり)形で整備することを考えてございます。 ◆有馬としろう委員 図面で見るより中になっているから、今の場所とは違うなというふうに思ったんですね。  それで、ちょっとよくわかりづらいのは、新宿公園の公衆便所なんだろうと思うんですが、これは太宗寺内公衆便所というふうな今も名称になっていますよね。これはそのままその名称がそこにつくんですか。 ◎(みどり公園課長) 委員御指摘のとおり、名称につきましては太宗寺内公衆便所ということで引き続き設置していきます。 ◆有馬としろう委員 それは、土地がもともとそうだったからということですよね。新宿公園の中にあって太宗寺内公衆便所というのはちょっとわかりづらいかなと素朴に思うものですからね。その辺はでもあれなんですか、そういうのが敷地の中にあったからその名称、例えば単純に新宿公園公衆便所のほうが極めてわかりやすいんだろうというような気もするんですけれども、それは別にそういうものですか。 ◎(みどり公園課長) トイレの名称につきましては、そこの昔からの立地状況ですとか、かつてどうであったかということも含めていろんな名称がついておりまして、例えば、四村橋脇公衆便所というのが落合のほうにあるんですけれども、四村橋の脇ではなくて西落合公園の中にあったりとか、そういったある意味ちょっと特殊な名前が、あれと思うような名前がついているのが現状ではございますけれども、名称とそこのトイレの立地ということでは、公園の利用者にとっては名前がそうなっているからちょっと違う場所にあるんじゃないかとか、そういう混乱は余りないのかなということで、特に名称については引き続きそのような形でやっていきたいと考えてございます。 ◆有馬としろう委員 そうですか。はい、結構です。 ○下村治生委員長 よろしいですか。ほかに。 ◆鈴木ゆきえ委員 今の件で、実は私も、太宗寺内公衆便所の改修と予算か何かにあったので、たまたま私、御住職を知っているものですから、何か太宗寺内の中にわざわざ公衆便所を設けていただけるのかなと思って実は聞いてしまったんです。そしたら、いやいや公園の中なんですよという話で結びついたんですけれども、例えばいざ何か災害とか起きたときに、太宗寺内となっているとやっぱりそこのお寺さんに行ってしまったりとか、私は逆に御迷惑がかかる、私が行ってしまったぐらいなので、御迷惑がかからないかなと思って、余り今まではそんなに災害とかということは、確かに全然ここは意識をしないできたので、名称が云々なんということは考えもしなかったんですけれども、ちょっとそういうことから考えると、これもせっかくこれだけ大改修をするときなので、地域の皆さんの思い入れがあればそれはそれで別なんですが、余りそれは私が思うに、トイレの名称というのは関係がないかなと、むしろ新宿公園公衆便所のほうがさまざまな方にはわかりやすいかなという思いがしたものですから、ちょっとこれは意見として、いろいろ今後、せっかくの機会なので御検討いただければと思います。 ○下村治生委員長 何かありますか。いいですか。 ◎(みどり公園課長) 委員の御意見を踏まえて、今後の公園名称のあり方についても研究していきたいと考えてございます。 ○下村治生委員長 ほかに、御質疑のある方はいらっしゃいますか。  よろしいですか。      〔発言する者なし〕 ○下村治生委員長 それでは、以上で調査事件を終了したいと思います。  次に、報告を受けます。  1、柏木どんぐり公園の開園について。 ◎(みどり公園課長) それでは、引き続きまして、柏木どんぐり公園の開園について、御報告をさせていただきます。資料のほうをごらんください。  柏木どんぐり公園ですけれども、北新宿地区第二種市街地再開発事業、これは東京都が施行している事業ですけれども、こちらの中に公共施設として新設される街区公園につきまして、その整備工事が本年3月に完了したことから、その施設を引き継ぎまして、区立公園として開園するものでございます。  まず、公園の概要でございます。所在地、新宿区北新宿二丁目19番、面積が500.50平方メートル、名称につきましては、柏木どんぐり公園ということで、これは地域の住民からの要望というふうになってございます。  主な施設でございますが、広場、複合遊具、ベンチ、パーゴラ、水飲み、トイレ等となってございます。特徴ですけれども、広場・遊具・休養施設等を配置しまして、子どもから大人まで各世代が集い、交流できる空間の創出を目指してございます。また、地域の要望によりまして、ドングリの実がなる木、マテバシイをシンボルとして植栽をしてございます。  2番、これまでの経緯でございます。  こちらも地域との意見交換という形で、公園づくりにつきましては、この柏木地区の地域の皆さんが非常に熱心にかかわっていただきまして、平成24年1月から平成25年6月にかけまして、都区主催の会合、これを計6回開催しまして、整備内容や管理運営に関しまして地域住民と話し合いを重ねながら公園づくりを進めてまいりました。  地域の活動といたしましては、仮称柏木どんぐり公園新設準備会というものを地域のほうで平成24年2月に設立されまして、また地域主催でも地域独自で検討会を重ねていただいたところでございます。  また、仮称柏木どんぐり公園新設準備会のほうからは、私ども行政に対する要望書というのも提出されてございまして、地域のほうでいろいろ検討を重ねてきたデザイン案についての要望書、これは平成24年7月に東京都の再開発事務所宛てに提出されております。また、公園名に関する要望書につきましても、平成25年11月に新宿区長宛てに提出されてございます。  恐れ入ります。裏面のほうをごらんいただきまして、まず公園の場所ですけれども、案内図というのがございまして、小さくて見づらくて恐縮なんですけれども、北新宿二丁目、東京都市計画道路幹線街路放射第6号線のちょっと北側に緑色で書かれたところ、こちらが公園の場所になってございます。公園の整備状況、右側の写真をごらんいただければと思いますが、現在このような状況になってございます。一番下に平面図がございますけれども、決して大きな公園ではないので、コンパクトに遊具ですとか、ベンチですとか、樹木も3本配置してございます。一番上のマテバシイの木、こちらがシンボルツリーになろうかなと思います。  参考までに、2枚目に柏木どんぐり公園まつりというチラシがついていると思いますけれども、4月20日日曜日、午前11時から午後2時まで、地域の皆様が主催される形で開園を記念してイベントを実施予定でございます。  恐れ入ります、資料1枚目、表面のほうにお戻りいただきまして、今後の予定でございます。  4月20日、区立公園の供用開始ということで、この日先ほど申し上げましたイベントもあわせて実施することとなってございます。  簡単ですが、以上で報告を終わります。 ○下村治生委員長 以上で報告は終わりました。  ただいまから質疑を行いたいと思います。  質疑のある方はどうぞ。 ◆久保広介委員 東京都からのということで、ただ、地元の方とあと新宿区ももちろんこれまでかかわってきたと思うんですけれども、新宿区としてはこういう公園をつくるときに、やっぱり防火水槽であるとか、災害用トイレであるとか、かまどベンチであるとか、そういったことをなるべくつけていこうというふうなお考えで進められてきたと思うんで、今回はそういう施設が全くないんですが、何かその理由というか経緯とかがもしあれば、ちょっと教えてください。 ◎(みどり公園課長) 失礼しました。災害用施設につきましては、こちらでも多少考慮はしておりまして、5トン水槽を設置するほか、公園のトイレ、これも決して大きくないトイレなんですけれども、トイレの中に災害用にも使えるピットを設けておりまして、その2点が災害対応施設ということで整備されております。 ◆久保広介委員 じゃ、ここに書いてないだけで、そういう考えのもとに一緒に進められたということで、地元の方からもやっぱりその辺の話というのは、これの要望の中で、防災関係の話というのは出たとは思うんですが、前の新宿公園のときも含めて、災害に対する公園のあり方について、住民の方からはこんなお話があったということがあれば、ちょっと教えていただきたいんですが。 ◎(みどり公園課長) やはり公園が災害時に果たす役割というのは非常に大きいということで、地域の方々からも災害対応機能ということは、新宿公園でもこの柏木どんぐり公園につきましても御要望がございました。私どもも公園の整備に当たっては、常々そういうものを設置するということには努力してきましたし、この柏木どんぐり公園につきましては、東京都施行ということではございますけれども、私どももそういう検討会に参加する中で、そういう地域の要望を反映していただけるよう、私どもからも働きかけを行ってきたという経緯でございます。 ◆久保広介委員 そうですね。もし例で、例えばですが、災害用トイレとか、住民の方の生の声で何か特徴があれば教えてもらいたいと思ったんですが、特にそういうようなのはないんですかね、災害に対する意識。 ◎(みどり公園課長) 柏木どんぐり公園につきましては、やはりもともと木造住宅密集地域ということもございましたので、防火貯水槽のことについては熱心に御意見があったと記憶してございます。 ○下村治生委員長 よろしいですか。 ◆久保広介委員 はい。 ○下村治生委員長 ほかに御質疑のある方は。 ◆佐藤佳一副委員長 この柏木どんぐり公園については、地元の方が話し合いにずっと参加して要望を出したり、柏木小学校で実際にその模型をつくってやったりするなど、非常に手づくりというか、公園のあり方としては非常に地域の声が生かされた公園だなというふうに私自身思っております。  それで、ちょっとお聞きしたいんですが、その話し合いの中でも出たのがこのトイレのことなんですけれども、トイレについてはつけるかつけないかということで意見が大変分かれて、例えばトイレを設置した場合、いろんな方が利用されるとか、あるいは夜間ドアの音が、あけ閉めが響くんじゃないかという御意見があったんですが、区としては公園にトイレをつける際の何か基準、例えば広さがこれぐらいあればつけたほうがいいとか、そういう基準というのはございますでしょうか。 ◎(みどり公園課長) 公園の中に、公園は大小さまざまあるんですけれども、特にこの規模でないと、この規模以上はトイレをつけるとか、この規模に達していないからトイレはつけないとか、そういった基準はございません。 ◆佐藤佳一副委員長 夜間、公園のトイレのドアの音が結構うるさいという話をちょくちょく聞くので、特に住宅街にある場合はそういう注意が必要なのかなという気がしました。  それと、トイレと併設して、地元の町会の方から防災倉庫を一緒につけてほしいという要望がたしか出されていたと思うんですが、確かに限られたスペースの中でどういうふうに有効活用するかと、非常に大変難しい問題があるんですけれども、この新宿公園の場合は防災倉庫がつけられているので、その辺の防災倉庫についての考え方というのはどんなようなものがあるんでしょうか。 ◎(みどり公園課長) 防災倉庫ですけれども、柏木どんぐり公園では平面図のちょうど北西側にコンクリート舗装(倉庫設置箇所)という四角い点線で囲われた空間があると思いますけれども、そちらのほうを防災倉庫が設置できるような床をコンクリートにするとか、そういったことをしてございまして、倉庫自体は地元のほうで用意して設置していただくということで、私どもが占用許可を出すというような形態をとらせていただいております。 ◆佐藤佳一副委員長 それはありがとうございます。北新宿二丁目町会からは、その後ぜひという話がございましたので、要望をかなえていただきましてありがとうございます。  最後に、3点目に、これは公園の周りの道路のことなんですけれども、ちょうどこの地図の左側に新宿村の事務所やあるいはスタジオがかなり既にもう完成していまして、利用される方も非常にふえているんですが、地元の方に聞きましたら非常に交通量がふえたというふうにおっしゃっていまして、以前、区画街路第2号線というのは右から左への一方通行だったんですが、一方通行が解除されたことによって、この新宿村スタジオに車でいらっしゃる方が結構ふえたり、あるいは左側が入り口なんですが、そこまで行かないでちょうど公園のあたりや右側でとめて、そこから歩いて行かれる方なんかも多くて、特に北側区画街路第2号線の北側に住んでいらっしゃる方から非常に交通量や人がふえたのでちょっと戸惑っている話を聞くんですけれども、その辺の公園の周りの道路の整備、その辺の基本的な考え方というのは何かあるんでしょうか。できれば、例えば一方通行のままにしてほしいなという意見もたしか意見の中では出たと思うんですが、その辺の御検討はいかがなものでしょうか。 ◎(みどり土木部長) 道路につきましては、最初にこの事業を始めるときに、我々が将来道路管理者になる既存の道路もございましたので、その補完的なもの等を事業者と検討したり、またその際にやっぱり警察とも、将来の交通量とか全体の地域の成り立ちとかも含めまして検討してきたというふうに認識してございます。  詳細はこの部分がどうして、詳しいことはちょっと記憶してございませんが、やはり全体の地域の要望なんかも踏まえまして、相互通行化を図ったのではないかなというふうに思っております。ちょっと詳細、申しわけございません、記憶はないんです。ちょっと、今度視察するまでには調べておきたいと思いますけれども、そのような状況であったかなと思ってございます。 ◆佐藤佳一副委員長 確かに、公園ができることによって地域の皆さんも喜ばれていますし、意見がかなり取り入れられて、非常に自分たちの公園だという愛着を持っていますので、今度視察にも行きますので、その交通量や交通の動線、その辺をぜひお調べいただけたらなというふうに思っています。 ○下村治生委員長 ほかに御質疑のある方は。      〔発言する者なし〕 ○下村治生委員長 よろしいですか。  それでは、報告についての質疑を終了したいと思います。  本日の委員会はこの程度にいたしまして、次の委員会は改めて通知するということで、散会したいと思います。 △散会 午後2時17分...