ツイート シェア
  1. 我孫子市議会 2018-03-19
    平成30年  3月 定例会(第1回)-03月19日−05号


    取得元: 我孫子市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-20
    平成30年  3月 定例会(第1回) − 03月19日−05号 平成30年  3月 定例会(第1回) − 03月19日−05号 平成30年  3月 定例会(第1回)  平成30年2月招集      我孫子市議会定例会会議録(第5号)  平成30年3月19日(月) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議事日程 議事日程(第5号)  平成30年3月19日(月)午後2時開議 日程第1.議案第1号から議案第26号及び請願並びに閉会中の継続審査総括審議 日程第2.議案第27号から議案第31号 日程第3.発議案第1号 日程第4.発議案第1号総括審議 日程第5.発議案第2号 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後2時00分開議 ○議長(椎名幸雄君) これより本日の会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議長の報告
    ○議長(椎名幸雄君) 日程に先立ち御報告いたします。  監査委員から公の施設の指定管理者監査の結果について報告がありました。お手元に配付の印刷物により御了承願います。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第1号から議案第26号及び請願並びに閉会中の継続審査総括審議 ○議長(椎名幸雄君) 日程第1、議案第1号から議案第26号及び請願並びに閉会中の継続審議の件を一括議題として、総括審議を行います。  各委員会の審査結果について委員長の報告を求めます。  芹澤正子総務企画常任委員長。      〔総務企画常任委員長芹澤正子君登壇〕 ◆総務企画常任委員長(芹澤正子君) 総務企画常任委員会に付託されました案件の審査結果について御報告申し上げます。  初めに、議案の審査結果について御報告申し上げます。  議案第1号、我孫子市税条例の一部を改正する条例の制定について、  議案第14号、我孫子市手数料条例の一部を改正する条例の制定について、  以上、議案2件について慎重に審査いたしました結果、いずれの議案も全員異議なく、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。  次に、請願の審査結果について御報告申し上げます。  請願第8号、「移植ツーリズムを禁止する法律等の整備に関する意見書」提出を求める請願について、  以上、請願1件について慎重に審査いたしました結果、全員異議なく閉会中の継続審査とすべきものと決定いたしました。  以上をもちまして総務企画常任委員会の報告を終わります。 ○議長(椎名幸雄君) 高木宏樹教育福祉常任委員長。      〔教育福祉常任委員長高木宏樹君登壇〕 ◆教育福祉常任委員長(高木宏樹君) 教育福祉常任委員会に付託されました議案の審査結果について御報告いたします。  議案第2号、我孫子市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について、  議案第3号、我孫子市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について、  議案第4号、我孫子市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について、  議案第5号、我孫子市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について、  議案第6号、我孫子市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、  議案第7号、我孫子市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について、  議案第8号、我孫子市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例の制定について、  議案第9号、我孫子市あびっ子クラブの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について、  議案第15号、我孫子市社会教育指導員設置に関する条例を廃止する条例の制定について、  議案第17号、平成29年度我孫子市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)について、  議案第19号、平成29年度我孫子市介護保険特別会計補正予算(第3号)について、  議案第20号、平成29年度我孫子市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)について、  議案第22号、平成30年度我孫子市国民健康保険事業特別会計予算について、  議案第24号、平成30年度我孫子市介護保険特別会計予算について、  議案第25号、平成30年度我孫子市後期高齢者医療特別会計予算について、  以上、議案15件について慎重に審査いたしました結果、いずれの議案も全員異議なく原案どおり可決すべきものと決定いたしました。  以上をもちまして教育福祉常任委員会の報告を終わります。 ○議長(椎名幸雄君) 海津にいな環境都市常任委員長。      〔環境都市常任委員長海津にいな君登壇〕 ◆環境都市常任委員長(海津にいな君) 環境都市常任委員会に付託されました案件の審査結果について御報告いたします。  初めに、議案の審査結果について御報告いたします。  議案第10号、我孫子市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について、  議案第11号、我孫子市中小企業資金融資条例の一部を改正する条例の制定について、  議案第12号、我孫子市における建築、開発行為等及び土地区画整理事業の施行に係る紛争の予防と調整に関する条例の一部を改正する条例の制定について、  議案第13号、我孫子市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について、  議案第18号、平成29年度我孫子市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)について、  議案第23号、平成30年度我孫子市公共下水道事業特別会計予算について、  議案第26号、平成30年度我孫子市水道事業会計予算について、  以上、議案7件につきまして慎重に審査いたしました結果、いずれの議案も全員異議なく原案どおり可決すべきものと決定いたしました。  次に、請願の審査について御報告いたします。  請願第12号、東海第二原発の運転期間延長を行わないことを求める意見書に関する請願について、  慎重に審査いたしました結果、全員異議なく採択すべきものと決定いたしました。  以上をもちまして環境都市常任委員会の報告を終わります。 ○議長(椎名幸雄君) 松島洋予算審査特別委員長。      〔予算審査特別委員長松島洋君登壇〕 ◆予算審査特別委員長(松島洋君) 予算審査特別委員会に付託されました議案の審査結果について御報告申し上げます。  議案第16号、平成29年度我孫子市一般会計補正予算(第5号)は、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ4億4,300万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ377億8,200万円とするものです。歳入では、子どものための教育・保育給付費負担金、障害者自立支援費負担金などが増額され、財政調整基金などからの繰入金、市債などが減額されております。歳出では、保育園児童保育委託事業、障害者介護給付費などを増額し、児童手当支給事業、廃棄物処理施設整備事業などが減額されております。  議案第21号、平成30年度我孫子市一般会計予算では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ382億2,000万円と定めるもので、対前年度比1.5%の増となっております。歳出の主な事業は、若者定住化に向けた情報発信事業、保育園児童保育委託事業、新クリーンセンター整備事業、下新木踏切道の改良、手賀沼公園・久寺家線道路改良事業、小中学校コンピュータ教育事業などであります。  この中で、特に質疑が多かったものについて申し上げます。  教育ICT業務委託に関して採択したメリットについての質疑については、当局は最大のメリットは多岐にわたって契約の更改時期が統一されるということ、その次に、ヘルプデスク対応を一般化できること、サーバーがセンター化されること、また総合的に教職員が児童・生徒に向き合う時間が増加することにつながっていくというメリットがあると答弁がありました。  また、提案型公共サービス民営化制度における提案者からの5年間の提案を7年間に延長した理由についての質疑では、2018年度に更改が必要な機器についても、提案業者に機器整備を委託することでこれまでの大きな課題であった契約の集約化を実現していくことができる。また、機器は最低5年間使用することがコスト面で効果的であることを考えると、2020年から5年間の提案を取り入れて、7年間の契約としていくことがコストを増大させないことで実現させていくために適当であるとの答弁がありました。  次に、クリーンセンター整備事業と他の事業の考え方についての質疑では、事業選択の幅は狭くなるが、市民を支える事業や市民が生活しやすい事業など、夢のある事業をしっかりと進めていきたい、また財政状況をふれあい懇談会などでしっかりと市民に説明していくとの答弁がありました。  また、新たな財政規律や財政シミュレーションについての質疑については、起債発行額を公債費以下にする現在の財政規律は、クリーンセンター整備による公債費が大きく増額となるため、その後の起債発行額を現在の起債発行額程度とすることが重要だと考えている。また、財政シミュレーションについては、総合計画の見直しの中で検討し、市民にわかりやすく説明していくとの答弁がありました。  以上、議案2件について3日間にわたり慎重審査いたしました結果、いずれの議案も全員異議なく、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。  以上をもって予算審査特別委員会の報告を終わります。 ○議長(椎名幸雄君) 以上をもちまして委員長の報告は終わりました。  委員長報告に対する質疑はありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(椎名幸雄君) ないものと認めます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(椎名幸雄君) これより討論を許します。  請願第12号に対する賛成討論、日暮俊一議員。      〔日暮俊一君登壇〕 ◆(日暮俊一君) 請願第12号に対する賛成討論をいたします。  まず、本請願の要旨には、東海第二原発から我孫子市が比較的近い位置にあり、万が一の事故に対しての甚大な被害の懸念想定を述べています。この点については、ホットスポットという放射能被害や汚染物質の保管場所問題の発生した我孫子市として、また農作物への放射能汚染により放射能検査の数値を公表しながら野菜販売をした農業者の一人としても十分理解しているところです。いわゆる風評や野菜のセシウム137、セシウム134の数値に神経質になっていたころを忘れてはいません。  しかし、問題なのは、この原子力発電の運転期間40年制限という規制。さまざまな意見のある中、国の独立した機関である原子力規制委員会が認定しているものでもあります。そして1回に限り、原子炉等規制法は20年の延長を認める内容となっています。原子炉の安全と経年劣化を規制委員会がどのように解釈し、法律が20年の延長をいかに担保するか、そして20年先の子どもたちの未来に時代がどんな答えを出していくのか、私に推しはかるすべはありません。  言えることは、現在、玄海、敦賀第1、美浜などの6つの原子力発電所がこの40年規制により廃炉になったということです。廃炉となった日本原電の敦賀第1と、今回の日本原電の東海第二原発は、運転開始が8年の違いしかありません。電力の約20%を原発で賄うという国の方針もありますので、原発を全て否定するものではありませんが、この40年という一大設定があるのに、運転を20年延長するということは、結果として実情は40年ルールが60年ルールにつながっていく、追認が前例になっていくおそれがあります。  既に関西電力の高浜原発では、運転延長の申請認可がおりています。東日本大震災以降、一時原発に依存しないでも何とか電力の供給が間に合っていたときもありましたが、一方では化石燃料の消費により電力が補われていた面もあり、地球温暖化の観点からはCO2の削減とは逆行するものでありました。コストの面やこのCO2の観点からは、電力の原発依存も理解できないわけではありませんが、現在、原発事故のあった福島では、フロートタイプの洋上風力発電や防災を超えた貯水型ダムによる水力発電、そしてメガソーラーなど、脱原発、脱CO2による電力確保の取り組みがさまざまなされており、いずれ100%これらにより電力を賄う目標設定もされております。  一方、廃炉作業の続く福島第一原発では、いまだ燃料デブリに到達することはできず、廃炉の終着点が何十年先になるかわからない中、先日、廃炉作業に当たっている責任者が、原発事故は過去のものではなく現在進行形なのですと言っていた言葉を忘れてはなりません。  私たちはサイエンスのすばらしさや最先端の科学技術を子や孫の世代に伝えていくべきであり、その次の世代もサイエンスと立ち向かい、新しい科学技術を開拓していくこととなりますが、大切なことは、サイエンスや科学技術に向き合う姿勢ではないでしょうか。原子力や遺伝子組み換えなど、神の領域にも近いと言われる科学技術に対して、私たちはもっと謙虚になり、自然に対してと同じく、正しく恐れ、敬う、畏怖の念もあわせて次の世代に伝えていかなければなりません。  原発事故は私たちに学ぶべき教訓は何なのか、これを問いかけています。人間の飽くなき夢が時代の新しい扉をあけるように、困難が新たな技術革新をもたらすことも歴史は証明しています。今、私たちに求められていることは、時間はかかっても少しずつでも原発を過去の科学技術としていく勇気です。  以上、この国の経済再生と日本がさらなる技術大国への道を歩むきっかけとなることを願い、そのメッセージにもつながる請願第12号の賛成討論といたします。 ○議長(椎名幸雄君) 以上で討論は終わりました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(椎名幸雄君) これより順次採決いたします。  採決は採決表示システムにより行います。  各議席の出席ボタンを確認してください。  議案第21号、平成30年度我孫子市一般会計予算について、委員長報告のとおり、原案に賛成の議員は賛成ボタンを押してください。  ボタンの押し忘れはありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(椎名幸雄君) ないものと認めます。  確定いたします。  賛成全員と認めます。よって議案第21号は可決されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(椎名幸雄君) 議案第16号、平成29年度我孫子市一般会計補正予算(第5号)について、委員長報告のとおり、原案に賛成の議員は賛成ボタンを押してください。  ボタンの押し忘れはありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(椎名幸雄君) ないものと認めます。  確定いたします。  賛成全員と認めます。よって議案第16号は可決されました。
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(椎名幸雄君) ただいま議決いたしました議案を除く各議案について、一括採決いたします。  議案第1号、議案第2号、議案第3号、議案第4号、議案第5号、議案第6号、議案第7号、議案第8号、議案第9号、議案第10号、議案第11号、議案第12号、議案第13号、議案第14号、議案第15号、議案第17号、議案第18号、議案第19号、議案第20号、議案第22号、議案第23号、議案第24号、議案第25号及び議案第26号について、委員長報告のとおり、各原案に賛成の議員は賛成ボタンを押してください。  ボタンの押し忘れはありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(椎名幸雄君) ないものと認めます。  確定いたします。  賛成全員と認めます。よって各議案は可決されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(椎名幸雄君) これより請願について採決いたします。  請願第8号、「移植ツーリズムを禁止する法律等の整備に関する意見書」提出を求める請願について、委員長報告のとおり、閉会中の継続審査を許可するに賛成の議員は賛成ボタンを押してください。  ボタンの押し忘れはありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(椎名幸雄君) ないものと認めます。  確定いたします。  賛成全員と認めます。よって請願第8号の閉会中の継続審査は許可されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(椎名幸雄君) 請願第12号、東海第二原発の運転期間延長を行わないことを求める意見書に関する請願について、委員長報告のとおり、願意妥当と認め採択するに賛成の議員は賛成ボタンを押してください。  ボタンの押し忘れはありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(椎名幸雄君) ないものと認めます。  確定いたします。  賛成多数と認めます。よって請願第12号は採択と決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議長の報告 ○議長(椎名幸雄君) 本日、市長より追加議案の送付があり、これを受理いたしましたので御報告いたします。  議案の配付漏れはありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(椎名幸雄君) ないものと認めます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第27号から議案第31号 ○議長(椎名幸雄君) 日程第2、議案第27号から議案第31号を議題といたします。      (巻末資料に掲載) ○議長(椎名幸雄君) 提案理由の説明を求めます。星野順一郎市長。      〔市長星野順一郎君登壇〕 ◎市長(星野順一郎君) 追加議案について提案理由の説明をいたします。  議案第27号は、副市長に青木章さんを選任するため、地方自治法第162条の規定により議会の同意を求めるものです。  議案第28号は、教育委員会教育長に倉部俊治さんを任命するため、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により議会の同意を求めるものです。  議案第29号及び議案第30号は、固定資産評価審査委員会委員に、古口丈夫さん、海老原正治さんを選任するため、地方税法第423条第3項の規定により議会の同意を求めるものです。  議案第31号は、人権擁護委員の候補者として樋口誠さんを推薦するために、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものです。  以上で提案理由の説明を終わります。よろしく御審議の上に御可決いただきますようよろしくお願い申し上げます。 ○議長(椎名幸雄君) 以上で提案理由の説明は終わりました。  お諮りいたします。ただいま議題としております議案につきましては、人事案件でありますので、申し合わせのとおり、成規の手続を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(椎名幸雄君) 御異議ないものと認めます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(椎名幸雄君) これより採決いたします。  採決は採決表示システムにより行います。  各議席の出席ボタンを確認してください。  議案第27号、副市長の選任について、青木章さんを副市長に選任することに賛成の議員は賛成ボタンを押してください。  ボタンの押し忘れはありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(椎名幸雄君) ないものと認めます。  確定いたします。  賛成全員と認めます。よって副市長に青木章さんを選任することは同意されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(椎名幸雄君) 議案第28号、教育委員会教育長の任命について、倉部俊治さんを教育委員会教育長に任命することに賛成の議員は賛成ボタンを押してください。  ボタンの押し忘れはありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(椎名幸雄君) ないものと認めます。  確定いたします。  賛成全員と認めます。よって教育委員会教育長に倉部俊治さんを任命することは同意されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(椎名幸雄君) 議案第29号、固定資産評価審査委員会委員の選任について、古口丈夫さんを固定資産評価審査委員会委員に選任することに賛成の議員は賛成ボタンを押してください。  ボタンの押し忘れはありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(椎名幸雄君) ないものと認めます。  確定いたします。  賛成全員と認めます。よって固定資産評価審査委員会委員に古口丈夫さんを選任することは同意されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(椎名幸雄君) 議案第30号、固定資産評価審査委員会委員の選任について、海老原正治さんを固定資産評価審査委員会委員に選任することに賛成の議員は賛成ボタンを押してください。  ボタンの押し忘れはありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(椎名幸雄君) ないものと認めます。  確定いたします。  賛成全員と認めます。よって固定資産評価審査委員会委員に海老原正治さんを選任することは同意されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(椎名幸雄君) 議案第31号、人権擁護委員候補者の推薦について、樋口誠さんを人権擁護委員候補者に推薦することに賛成の議員は賛成ボタンを押してください。  ボタンの押し忘れはありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(椎名幸雄君) ないものと認めます。  確定いたします。  賛成全員と認めます。よって人権擁護委員候補者に樋口誠さんを推薦することは同意されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △発議案第1号 ○議長(椎名幸雄君) 日程第3、発議案第1号を議題といたします。      (巻末資料に掲載) ○議長(椎名幸雄君) お手元に配付のとおり所定の賛成者を得て発議案が提出されました。  発議案の配付漏れはありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(椎名幸雄君) ないものと認めます。  発議案第1号、我孫子市議会議員定数条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由の説明を求めます。豊島庸市議員。      〔豊島庸市君登壇〕 ◆(豊島庸市君) 発議案第1号についての提案理由を申し上げます。  我孫子市議会では、平成11年にこれまで32議席だった議員定数を30人まで削減し、以降、その都度さまざまな議論のもと、議員定数を削減してきました。直近では、平成25年9月議会において、現行の24議席をさらに2議席削減し、22議席とする発議案が提案されましたが、当時は我孫子市議会基本条例案の策定中であり、議会基本条例の制定を先行し、議員定数や議員報酬の改正については、議会基本条例案に示すとおり幅広い住民や有識者の意向を十分に掌握する必要があるとの判断で否決されました。  平成26年12月、全会一致のもと、我孫子市議会基本条例が制定され、翌年、平成27年には我孫子市議会として初めての議会報告会が開催されました。同年9月議会では、再度議員定数の削減についての発議案が提案されましたが、制定された議会基本条例案に定められている手続を踏むべきであるとし、否決されてきた経緯があります。  改選後、平成28年及び平成29年の2年間は、議会報告会の中で参加者の皆さんから議員定数についての御意見を伺う機会を設けるなど、制定した議会基本条例の検証もあわせてこれまで多くの時間を費やし、議員定数についての議論をしてきました。  さらに、昨年11月には市議会に関する市民アンケートを行い、議員定数についてもより多くの市民の方々から幅広い御意見をいただき、このたびの市議会に関する市民アンケート調査報告書の公開となりました。  そこで、議員定数について削減すべきであるとの考えを持つ議員の一人として、本定例会初日の茅野理議会運営委員長からの報告があったとおり、議会基本条例の第21条の2項にある「議会は、議員定数の改正に当たっては、公聴会、参考人制度等を十分に活用することにより、市民の意向を把握し、本市の実情にあった定数を検討するものとする」との手続を踏んで、議員定数については、6月議会での結論を出すべきと考え、現議席24に対し2減し、22議席とする発議案を提出したものであります。  議員各位におかれましては、我孫子市議会基本条例に示された手続を踏んで6月議会での結論を導き出していただきますよう、御理解と御協力をお願い申し上げまして発議案の提案理由とさせていただきます。
    ○議長(椎名幸雄君) 以上で提案理由の説明は終わりました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案に対する大綱質疑 ○議長(椎名幸雄君) 発議案に対する大綱質疑はありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(椎名幸雄君) ないものと認めます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △上程議案委員会付託 ○議長(椎名幸雄君) ただいま議題としております発議案第1号につきましては、議会運営委員会に付託いたします。  委員会開催のため、暫時休憩いたします。      午後2時38分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後3時15分開議 ○議長(椎名幸雄君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △発議案第1号総括審議 ○議長(椎名幸雄君) 日程第4、発議案第1号を議題として、総括審議を行います。  議会運営委員会の審査結果について委員長の報告を求めます。茅野理議会運営委員長。      〔議会運営委員長茅野理君登壇〕 ◆議会運営委員長(茅野理君) 議会運営委員会に付託されました発議案第1号、我孫子市議会議員定数条例の一部を改正する条例の制定について、慎重に審査いたしました結果、全員異議なく閉会中の継続審査とすべきものと決定いたしました。  以上をもちまして議会運営委員会の報告を終わります。 ○議長(椎名幸雄君) 以上をもちまして委員長の報告は終わりました。  委員長報告に対する質疑はありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(椎名幸雄君) ないものと認めます。  討論は通告がありませんので、ないものと認めます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(椎名幸雄君) これより採決いたします。  採決は採決表示システムにより行います。  各議席の出席ボタンを確認してください。  発議案第1号、我孫子市議会議員定数条例の一部を改正する条例の制定について、委員長報告のとおり閉会中の継続審査を許可するに賛成の議員は賛成ボタンを押してください。  ボタンの押し忘れはありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(椎名幸雄君) ないものと認めます。  確定いたします。  賛成全員と認めます。よって発議案第1号の閉会中の継続審査は許可されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △発議案第2号 ○議長(椎名幸雄君) 日程第5、発議案第2号を議題といたします。      (巻末資料に掲載) ○議長(椎名幸雄君) お手元に配付のとおり所定の賛成者を得て発議案が提出されました。  発議案の配付漏れはありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(椎名幸雄君) ないものと認めます。  お諮りいたします。ただいま議題としております発議案につきましては、この際、成規の手続を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(椎名幸雄君) 御異議ないものと認めます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(椎名幸雄君) これより採決いたします。  採決は採決表示システムにより行います。  各議席の出席ボタンを確認してください。  発議案第2号、東海第二原発の運転期間延長を行わないことを求める意見書について、原案に賛成の議員は賛成ボタンを押してください。  ボタンの押し忘れはありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(椎名幸雄君) ないものと認めます。  確定いたします。  賛成多数と認めます。よって発議案第2号は可決されました。  ただいま可決されました意見書の取り扱いについては議長に一任願います。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(椎名幸雄君) 以上で今期定例会に付議されました案件の審議は全て終了いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議長の発言 ○議長(椎名幸雄君) ここで議長より一言申し上げます。  この3月をもちまして、川村豊総務部長、大畑照幸企画財政部長、四家秀隆市民生活部長、磯辺久男健康福祉部長、山崎久江子ども部長、渡辺唯男環境経済部長、大谷正建設部長、渡辺昌則都市部長、吉成正明監査委員事務局長、小島茂明教育総務部長、小林信治生涯学習部長、以上11名の部局長のほか40名が退職されます。  長年にわたり我孫子市職員として公共の福祉に努め、職務の遂行に当たっては全力を挙げてこれに専念し、市民生活向上のため貢献されましたことに対して、議会を代表し心から感謝申し上げます。  皆様の御尽力により、我孫子市は、手賀沼のほとり 心輝くまちとして多くの市民の皆さんから愛されるまちへと発展を続けることができました。  退職後におかれましても健康に留意され、豊かな経験を生かし、我孫子市のために御協力くださいますようお願い申し上げます。  長い間ありがとうございました。(拍手) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(椎名幸雄君) 以上をもちまして、平成30年第1回我孫子市議会定例会を閉会いたします。御苦労さまでした。      平成30年3月19日午後3時23分閉会 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △本日の会議に付した事件 1.議案第1号から議案第26号及び請願並びに閉会中の継続審査総括審議 1.議案第27号から議案第31号 1.発議案第1号 1.発議案第1号総括審議 1.発議案第2号 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 出席議員  議長   椎名幸雄君  副議長  江原俊光君  議員   海津にいな君       野村貞夫君       澤田敦士君        高木宏樹君       戸田智恵子君       芹澤正子君       岩井 康君        西垣一郎君       甲斐俊光君        関 勝則君       久野晋作君        内田美恵子君       飯塚 誠君        日暮俊一君       木村得道君        豊島庸市君       佐々木豊治君       坂巻宗男君       早川 真君        印南 宏君       茅野 理君        松島 洋君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 欠席議員       なし −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 出席事務局職員       事務局長            増田謙二       次長              千濱孝司
          次長補佐            海老原 正       主任              栗原卓哉 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 出席説明員       市長              星野順一郎君       副市長             青木 章君       教育長             倉部俊治君       水道局長            長塚九二夫君       総務部長            川村 豊君       (併)選挙管理委員会事務局長       企画財政部長          大畑照幸君       市民生活部長          四家秀隆君       健康福祉部長          磯辺久男君       子ども部長           山崎久江君       環境経済部長          渡辺唯男君       (併)農業委員会事務局長       建設部長            大谷 正君       都市部長            渡辺昌則君       消防長             寺田美登志君       監査委員事務局長        吉成正明君       教育総務部長          小島茂明君       生涯学習部長          小林信治君...