運営者 Bitlet 姉妹サービス
ツイート シェア
  1. 我孫子市議会 2017-09-06
    平成29年  9月 議会運営委員会-09月06日−06号


    取得元: 我孫子市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-17
    平成29年  9月 議会運営委員会 − 09月06日−06号 平成29年  9月 議会運営委員会 − 09月06日−06号 平成29年  9月 議会運営委員会  我孫子市議会 議会運営委員会会議録 1 招集日時     平成29年9月6日(水)午前11時50分 開議 2 招集場所     議長応接室 3 出席委員等    松島 洋君     江原俊光君            椎名幸雄君     高木宏樹君            飯塚 誠君     久野晋作君            芹澤正子君     岩井 康君            議長  坂巻宗男君            (委員外議員)副議長  甲斐俊光君 4 欠席委員     なし 5 出席事務局職員  局長     増田謙二            次長     千濱孝司            次長補佐   海老原 正            主任     栗原卓哉 6 出席説明員    要求せず 7 付議事件     ・北朝鮮に対する抗議文について            ・その他
    8.会議の経過  平成29年9月6日(水)午前11時50分開議 ○委員長(松島洋君) ただいまから議会運営委員会を開会いたします。  北朝鮮に対する抗議文について、事務局より説明願います。 ◎事務局長(増田謙二君) それでは、北朝鮮に対する抗議文について御説明いたします。  9月4日の議会運営委員会において、8月29日のミサイル発射に対しても抗議文を提出するということが決定いたしました。本日は、抗議文の内容の御確認をお願いいたします。  お手元に配付しました抗議文、2枚ございますが、まず1枚目をごらんください。読み上げます。  朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長 金正恩様。  抗議文。  貴国は、我が国を含む関係各国がミサイル発射を決して行わないように、強く自制を求めてきたにもかかわらず、弾道ミサイルの発射を繰り返しており、8月29日に発射した弾道ミサイルは日本の上空を通過後、太平洋に落下しました。  今回の弾道ミサイルの発射は、航空機や船舶の安全確保の観点からも、極めて問題のある危険な行為であるとともに、国連安全保障理事会決議違反であり、国際社会の平和と安全を脅かす挑発行為で、断じて許すことはできません。  我孫子市議会は、貴国の今回の行為に対し強く抗議するとともに、このような暴挙を繰り返すことのないよう強く求めます。  2017年9月。  日本国千葉県我孫子市議会 議長 坂巻宗男。  また、核実験実施に対する抗議文につきましては、2枚目になります。  9月3日に6回目の核実験を強行したということで、日付を追記いたしました。8行目になります。あわせて御確認をお願いいたします。  説明は以上です。 ○委員長(松島洋君) 以上で説明は終わりました。  核実験のほうにつきましてはこの間御審議をいただいて、日付をちょっと直したということでございますので。あと、大陸間弾道ミサイルにつきましては、この抗議文についていかがでございましょうか。  何か御意見ありませんか。 ◆委員(岩井康君) 意味はよくわかります。  最後の下から3行目のところで、挑発行為という言葉になっています。挑発行為というふうに我々が断定していくのはいいのかどうか。だから、脅かす行為ということは間違いないわけですね。  ですから、挑発となるとしかけるということになりますので、このあたりについて、気持ちはわかりますよ。だけれども、記述しちゃって、文字にしちゃっていいのかどうかというのがちょっと気になるんですけれども、どうでしょうか。 ○委員長(松島洋君) そういう御意見が出ました。何か。 ◆委員(飯塚誠君) 安倍総理も記者会見とかで、菅官房長官も挑発行為と言っているからいいんじゃないですかね。 ◆委員(岩井康君) いや、だから安倍首相とか官房長官が言っているのはその旨であって、我々は我孫子の市議会として言うときに、首相が言っているからいいんだというのはならないだろうと。 ◆委員(飯塚誠君) 僕は、挑発行為そのものであると思います。 ◆委員(岩井康君) だから、挑発というのは世界に向かって挑発をしているということになるんですよね、そうすると。というか、特定のことを今、実際にはアメリカをいろいろね、報道なんかでアメリカ、アメリカと言っていますけれども、グアムとか言っていますけれども。 ◆委員(飯塚誠君) あとは、日本の上空を飛んだわけですから、それは我々日本人にとっては日本国に対する挑発行為ということですよね。アメリカにとってはアメリカ人に対する挑発行為。      (「これ、主語が国際社会となっているから」と呼ぶ者あり) ○委員長(松島洋君) 暫時休憩いたします。      午前11時54分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午前11時54分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◆委員(飯塚誠君) 挑発行為は、我々日本国民にとっては日本国民に対する挑発行為であり、アメリカ人にとってはアメリカ人に対する挑発行為。  国際社会の平和と安全を脅かすという観点でもまさに挑発行為だから、私は問題ないという。 ◆委員(江原俊光君) 同じ形なんですが、前の文章に対してできているので、これでいいんじゃないかと思います。 ○委員長(松島洋君) ほかにありませんか。  暫時休憩いたします。      午前11時54分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午前11時55分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◆委員(芹澤正子君) そうすると、これはきょうの日付で書くということですか。 ○委員長(松島洋君) そうです。出す日付で書いてもらって。  よろしゅうございますか。      (「はい」と呼ぶ者あり) ○委員長(松島洋君) 2つの抗議文については、ここに示されたとおり、即刻送ることにいたします。  それから、その次に何かが起こった場合は、また新たに対応するということで御了解を願います。よろしゅうございますか。      (「はい」と呼ぶ者あり) ○委員長(松島洋君) さよう決定いたします。  暫時休憩いたします。      午前11時55分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午前11時55分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。  ほかにありませんか。 ◎事務局長(増田謙二君) 本日の午後に個人質問を行います内田議員及び佐々木議員から、通告がありました区切りを変更したい旨の申し入れがありました。  変更内容は、内田議員でいいますと大綱2の中の(3)今後の行政改革の推進についてで、まず1つの区切りとして、ア、行政改革推進の手法の見直し。もう一つの区切りとして、イ、行政改革推進委員会の役割についてというこの区切りをなくして、ア、イを一括で質問をしたいという申し入れです。  また、佐々木議員につきましては、大綱、佐々木議員の場合は1つで市長の政治姿勢ということで、(1)専決処分17件の今日までに至る経過と専決処分未処理事案について、(2)議会の対応についてというふうに分かれておりましたけれども、これも一括で質問をしたいという申し入れです。  議長にも御相談しました結果、議会運営委員会で協議をしていただいたほうがよろしいでしょうということでありましたので、ご協議をお願いいたします。 ○委員長(松島洋君) 説明があったとおりでございます。  もう一つつけ加えますと、佐々木議員の場合は1つにしちゃうと一括質問になってしまうんです。そういうこともございます。  こういうことはたびたびはないでしょうけれども、自分の前にやった人が質問をしたというので、こういうふうにたびたび変わられると逆に困ります。それから、ずっと聞いていまして、区切り方に非常に私は疑問を持つところが多ございます。  ですから、各会派に帰りまして、どういうふうに区切るのが一番いいかということをもう少し、区切り方の工夫を検討していただきたいと思います。  暫時休憩いたします。      午前11時57分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後0時02分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。  以上をもって議会運営委員会を終わります。      午後0時02分散会...