運営者 Bitlet 姉妹サービス
我孫子市議会 > 2015-09-15 >
平成27年  9月 環境都市常任委員会-09月15日−02号

ツイート シェア
  1. 我孫子市議会 2015-09-15
    平成27年  9月 環境都市常任委員会-09月15日−02号


    取得元: 我孫子市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-17
    平成27年  9月 環境都市常任委員会 − 09月15日−02号 平成27年  9月 環境都市常任委員会 − 09月15日−02号 平成27年  9月 環境都市常任委員会         我孫子市議会 環境都市常任委員会会議録 1 招集日時     平成27年9月15日(火) 午前10時開議 2 招集場所     議事堂第1委員会室 3 出席委員等    甲斐俊光君     戸田智恵子君            松島 洋君     茅野 理君            印南 宏君     豊島庸市君            芹沢正子君 4 欠席委員     川村義雄君 5 出席事務局職員  主幹  鈴木 肇 6 出席説明員    市長           (星野順一郎君)            副市長          (青木 章君)            水道局長         (峯岸幹男君)            環境経済部長併任農業委員会事務局長                         (海老原美宣君)            環境経済部参与      (宮田幸雄君)            建設部長         (大谷 正君)            都市部長         (渡辺昌則君)
               環境経済部参事兼企業立地推進課長                         (杉山敦彦君)            環境経済部次長兼農政課長 (徳本博文君)            建設部次長兼道路課長   (星野幸夫君)            建設部参事兼下水道課長  (寺田素春君)            建設部参事兼治水課長   (嵯峨弘喜君)            都市部参事兼都市計画課長 (吉成正明君)            都市部次長兼宅地課長   (川俣 清君)            手賀沼課長        (鷹屋 肇君)            手賀沼課主幹兼放射能対策室長                         (鈴木順一君)            クリーンセンター課長   (増田浩四郎君)            商業観光課長       (染谷明宏君)            道路課主幹        (南川秀一君)            交通課長         (田村広文君)            交通課主幹        (菅井正博君)            治水課主幹        (増田 崇君)            都市計画課主幹兼景観推進室長                         (森 晋野君)            建築住宅課長       (伊藤英昭君)            建築住宅課主幹      (関根 豊君)            公園緑地課長       (成嶋文夫君)            地域整備課長       (宮本 一君)            地域整備課主幹      (大里芳久君)            布佐東部地区復興対策室長 (白坂正基君)            経営課長         (中野伴春君)            工務課長         (後藤秀和君)            工務課主幹        (武内信治君)            農業委員会事務局次長   (木村孝夫君)            手賀沼課長補佐      (津川 智君)            クリーンセンター課長補佐兼新廃棄物処理施設建設準備室長                         (伊藤 治君)            商業観光課長補佐     (山崎啓子君)            農政課長補佐       (中場志保君)            農政課長補佐       (大井一郎君)            道路課長補佐       (小野里 勝君)            交通課長補佐       (大野木多磨喜君)            下水道課長補佐      (海老原 正君)            下水道課長補佐      (林 克己君)            治水課長補佐       (箕川正臣君)            治水課長補佐       (古谷澄男君)            治水課長補佐       (井戸 俊君)            公園緑地課長補佐     (高橋吉一君)            公園緑地課長補佐     (篠崎啓一君)            地域整備課長補佐     (加藤恒寿君)            宅地課長補佐       (笹原克之君)            宅地課長補佐       (中場 聡君)            経営課長補佐       (岡本明美君)            経営課長補佐       (遠藤忠信君)            工務課長補佐       (河辺 敦君)            農業委員会事務局次長補佐 (落合 敦君) 7 会議に付した事件 第3回定例会付託案件 8.会議の経過  平成27年9月15日(火)午前10時01分開議 ○委員長(甲斐俊光君) ただいまから環境都市常任委員会を開会いたします。  川村義雄委員から本日の委員会を欠席する旨の届け出がありましたので、御報告申し上げます。  本日は、今定例会において付託されました議案5件について審査いたします。  議案第5号、我孫子市手賀沼親水広場の設置及び管理に関する条例の制定について、当局の説明を求めます。      (この後、手賀沼課長より説明された) ○委員長(甲斐俊光君) 以上で説明は終わりました。  これより質疑を許します。 ◆委員(戸田智恵子君) ありがとうございました。7月1日から県から移譲ということなんですけれども、県の設置管理条例と比べて違った点、またその理由をお知らせください。 ◎手賀沼課長(鷹屋肇君) 大きな点は、多くの方に利用していただきたいということで、従来まで水環境啓発とか親水目的とか、そういった形での利用がかなり制限されていました。その点、今回、市の施設に移管したということで、市民活動等でも利用できるようにしたという点が挙げられます。 ◆委員(戸田智恵子君) ありがとうございます。市民活動でということですので、自治会、町内会の総会やということで、近隣センター等の設置条例と同じようなこととして考えてよろしいんでしょうか。 ◎手賀沼課長(鷹屋肇君) はい、そのとおりです。 ◆委員(戸田智恵子君) ありがとうございます。続けてになってしまうんですけれども、使用等の制限というところの(2)政治活動または宗教活動を目的とするときに使用等の許可をしないことができるという文言が入っているんですけれども、これはどういうことを、この政治活動または宗教活動、具体的にどのようなことを言っているんでしょうか。 ◎手賀沼課長(鷹屋肇君) 申請書類の中で利用目的を書いていただくわけですが、その中で、宗教活動であれば宗教法人の活動でありますし、政治活動であれば政党等の政治活動、そういったものが書かれている場合が該当すると思われます。 ◆委員(戸田智恵子君) 近隣センターの市民許可基準のところを見ますと、宗教の布教、入信等の勧誘を行うこと、また政治活動は政治団体による寄附、入会等の勧誘を行うことということで、ちょっと今の意味合いとは違うと思うんですけれども、もう一度御答弁をお願いいたします。 ○委員長(甲斐俊光君) 暫時休憩いたします。      午前10時11分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午前10時12分開議 ○委員長(甲斐俊光君) 再開いたします。 ◎手賀沼課長(鷹屋肇君) お答えします。この条例の条文そのものは、近隣センターとか、あと公民館条例を参考にさせていただきました。それに基本的にはこの使用の制限の部分については、そういった施設に準じたような形で運用をしていくという形で、許可しないことができるというような規定になっておりますので、そういう形での運用を図っていくというふうにしたいと思います。 ◆委員(戸田智恵子君) また再度確認なんですけれども、政治活動全部がだめ、あるいは宗教活動全部がだめということではなくて、この近隣センターの使用許可基準に合わせて制限できるということでよろしいわけですね。 ◎手賀沼課長(鷹屋肇君) はい、そのとおりです。 ○委員長(甲斐俊光君) ほかにありませんか。 ◆委員(茅野理君) 第6条に係る部分です。使用等の許可ですね。水の館のほうですけれども、運営主体があびベジ、農事組合法人あびベジが予定されていて、プラス会議室にあびこ型「地産地消」推進協議会の事務室を置くという予定でいますけれども、この条例の中で、その2団体が入ることをどの部分で説明をしているのか、ちょっと詳しい説明をいただかないと、市民の方々に、何でこの2団体が入っているんだということになると思います。私としては、やはりあびこん、アンテナショップではなく、本格的な農業拠点施設ということで水の館を望んでいたわけですけれども、やはりこの条例の中でしっかり市民の方々に説明をしていかなきゃいけないと思うので、その辺、担当課としてどのように捉えて説明をしていこうとしているのか、お答えください。 ◎手賀沼課長(鷹屋肇君) あびベジと、あとそれから地産地消協議会については、これは条例ではなくて、地方自治法上の公の施設の一時使用によって利用させるというような形での方法を考えております。 ◆委員(茅野理君) ちょっと今の御答弁だと説明不足で、私も納得できませんし、この委員会を通して市民の方も、注目される市民の方も全く理解ができないと思うんですけれども、もう一度お願いします。 ◎環境経済部長(海老原美宣君) 今回の条例ですけれども、市に移管された時点で、本来ならば公の施設ということで条例を制定しなければならなかったんですけれども、ただ、まだ権原というものが市に来てなかったと、まだ持っていなかったということで、今回、この時期になったわけですけれども、これあくまでもリニューアルまでの暫定的なものだというふうに考えております。ですから、来年度以降工事をして、新たな施設が加わって、利用方法も当然変わります。そうなってきますと、この条例は改正する必要が出てくると思いまして、その中で条例に盛り込むべき内容はしっかりと盛り込んでいきたいというふうに思います。 ◆委員(茅野理君) もう今の時点で運営主体が予定されているわけですが、この手賀沼親水広場等活用計画の中で、運営主体の考え方というところに、あびベジと地産地消推進協議会ということで管理するものとするというふうに入っているんですね。この時点でもう既に計画されているわけですから、今回のこの議会の中で設置管理条例を出しているわけですね。そうなると、またゼロベースから運営主体を検討するということなんでしょうか。今もう決まっているわけですから、やはりしっかり設置管理条例の中にある程度盛り込む必要があるのかなというふうに思うんですね。この2団体の名前を入れて条例に規定しろというわけではなくて、やはりある程度市民が納得できるような、この文章が、こういう規定があるからこの団体が入ってやっているんだな、運営しているんだなという、ある程度説明つくものを用意するべきだと思うんですけれども、いかがでしょうか。 ◎環境経済部長(海老原美宣君) 公の施設の設置管理条例というのは、その施設の管理の基準というものを定めるべきものだろうと思っています。ですから、運営主体であるとか、そういったものはその設置管理条例の中で規定すべきものではないのかなというふうに思っています。例えば指定管理者導入とかする施設の場合は、指定管理を導入することができますよというような一文を設けていると思うんですね、通常、設管条例の中でですね。そういった管理の基準となるものだけをここに定めればいいのかなというふうに、今考えております。 ◆委員(茅野理君) これ総務のやりとりになっちゃうかもしれないんですけれども、公の施設全てにおいて指定管理者制度はしくことができるわけですね。ですから、それは入れないということはおかしいわけで、私は全ての公の施設に指定管理者制度が導入できるという、この可能性は、文言の入れ方はまたあるんでしょうけれども、それは必要なことだと思うんですね。もう既にここは運営主体がある程度絞られているわけですから、というか、もうそれが、1階部分はそれをもって工事も入るわけですよね。ですから、もう少しこの条例の中で説明つくようなところがない限りは、また新たに加えるというのもおかしな話になると思うんですね、私は。その辺はいかがですかね。 ◎手賀沼課長(鷹屋肇君) 基本的には今部長が答弁したとおりで、親水広場がリニューアルした時点で、この条例そのものも内容を考えていかなきゃいけないと思います。基本的には、この設管条例自体は県から移譲を受けて、改修前までの期間の条例というような形になるとは思うんですが、これをベースに今後新たに入って来るあびベジさんとか地産地消協議会さんとかの対応を考えていく必要があると思います。基本的には先ほどお話ししたとおりだと思うんですけれども、今の時点で自治法上に定められている一時使用、それで対応していくのがよろしいのかなというような考えで今対応しているということです。 ◆委員(茅野理君) わかりました。リニューアル時にはまた新たに改正するということで確認をしました。この第6条のところに、市内の農業の振興に資する活動、または市民活動等と、こう書いてあるので、この辺で含まれてくるのかなというのもちょっと理解はしていたんですけれども、今の御説明、御答弁だと、しっかりまた新たに条例改正をするということで確認をしますけれども、よろしいんですね、それで。 ◎手賀沼課長(鷹屋肇君) その辺については、ちょっと法務担当とも検討して、必要な改正を行っていきたいというふうに考えております。 ◆委員(茅野理君) 最後にします。  やはり市民の方々が、新たに市に移譲されて、いきなり民間団体が入るとなると、どういう話だったんだということになると思うんですよね。やはり透明性、公平性、しっかり持った上で業者というか団体選定をして、運営をしてもらう、手伝ってもらうというところが必要になると思うので、その辺しっかり今後、透明性、公平性を持たせるような説明をできるようにしていただきたいと思います。最後に御答弁をお願いします。 ◎環境経済部長(海老原美宣君) 以前も地産地消推進協議会の件で御質問いただきました。確かに、なぜそこにこういった施設を設けるのか、そういった執務室を設けるのかといった説明は公の施設という、そういった性格の施設でありますから、しっかりと市民の皆さんの理解を得られるように説明をしていきたいというふうに思います。 ◆委員(印南宏君) ただいま戸田副委員長、そして茅野委員からも質問が出て、重なっている点があったので、それは割愛するんですが、整理すると、この条例、手賀沼親水広場の設置及び管理に関する条例は、あくまでも施行期日が10月1日からなんですが、いわゆるリニューアルする、平成28年6月ごろまで手賀沼親水広場のリニューアルする前の暫定的な管理に関する条例であるということを確認したいんですが、それでいいんですよね、まず。 ◎手賀沼課長(鷹屋肇君) 暫定的といいますか、一応ベースになっているものというふうに考えていただければいいと思います。その上で、リニューアル後に必要な改正を行っていくというような形で考えていただければいいと思います。 ◆委員(印南宏君) そういうふうな答弁をされるとまた言いたくなるのは、これはあくまでも要綱を引き継いだものなんだけれども、県立から市立になったときに、本当に多くの方に使ってもらうという点と、単なる水だけじゃなくて、環境保全もそう、水に親しむもそうだし、農業もそうだし、いろいろやってくるから、リニューアルした後は新たな管理に関する条例をつくっていくんだということにしないと、はっきりしないと、3条の事業では水環境だけ云々となっていて、それで研修室を使うのだけは環境保全もいいし、水も親しむ、農業もいいし、ある団体もいろいろいいよ、多目的だ、だから、やっぱりあくまでもリニューアルした段階においては、新たな、これをベースにする、もちろんベースにすると思うんですよ、これ自体、もう県から引き継いだ、要綱を引き継いだもんだから。でも、県立から市立に変わって、より市民に利用しやすく、そして私たちの、我孫子市の手賀沼親水広場であるという管理運営の条例をつくっていかないと、私は意味がないと思うんです。その点でお答えをください。 ◎環境経済部長(海老原美宣君) 改めて申し上げます。  地方自治法の中で公の施設、住民の利用に供する、また住民の福祉増進のための市が設ける施設については、その設置及び管理については条例でこれを定めなければならないというふうに求められています。ですから、今回、この条例を制定するわけなんですけれども、これは暫定利用でも何でも、とにかく利用の長短を問わず、とにかく条例を定めなければならないというふうになっておりますんで定めるわけで、ただ、確かにリニューアル後は使い方が大きく変わります。ですから、リニューアル後、使い方が大きく変わる段階では、必要な改正は必要だというふうに考えています。 ◆委員(印南宏君) わかりました。その段階においては必要な改正はするという理解で。そうすると、ちょっと確認しますが、平成28年6月以降、つまりリニューアルに関する期間は約半年ぐらいで、平成29年1月、2月にはリニューアルオープンするという理解で、現時点での私どもの理解はそれでよろしいんでしょうか。 ◎手賀沼課長(鷹屋肇君) 平成28年度、まだ予算等の制約とかいろいろあるわけですけれども、その辺を含めて計画としては平成28年度2月、3月時点でリニューアルしていきたいと思います。 ◆委員(印南宏君) わかりました。私もおおむねのお答えを聞いているんで、予算の関係もあるし、議会のほうでもいろんな面で否決されたらまた使えない、ずれるわけでありまして、ただ、リニューアル以降の設置及び管理に関する条例は、そういう意味でいくと、平成28年12月定例市議会等での改正をおおむねそのころに出していくというふうに理解をしたいと思います。その答弁はもう結構です。そういう理解をします。  それで、私が一番重要だなと思っているのは、やはり何度も申し上げますが、県立の手賀沼親水広場から市立の手賀沼親水広場になる、このメリットをできる限り出していくということが必要だというふうに思っています。メリットがなければ、県立であろうと市立であろうと関係ないから、あればいいんだとなっちゃいますから、そこにはどうしたらいいかというと、先ほど答弁にあった、より多くの人が使ってもらえる、使いやすい、本当に我らの手賀沼親水広場になるようにしたいと。そういう意味での、これからリニューアルした後の管理条例について非常に興味を持っているし、そういう点での利用しやすい条例にしてほしいと思うんですが、先ほど戸田副委員長のほうからの御質問があった中で、私も最初に質問しようと思ったんですが、第7条のいわゆる使用等の制限なんですが、担当課のほうでは、公民館の条例を一つのベースにしたんだというお話ありました。その後でまた近隣センターの話もあったんですが、私はこの第7条で、市長は云々とあって、使用等の許可をしないことができる、そのうちの(1)から(5)まであるんですが、(2)の政治活動または宗教活動を目的とするときというのは、こうなってくると政治活動や宗教活動は何でも許可をしないというふうにやはりなってしまうんではないかな、いわゆる近隣センターの条例とはちょっと離れた、利用しづらい、そういうような管理、暫定的であってもこの管理に関する条例だと思うんですが、この点について使用等の許可はしないことができると、できるんですが、その場合、どういうときにはしないことができて、どういうときはするのかと、これは非常にわかりづらいんじゃないかな。近隣センターだと政治的活動はできますから、今、来年、これちょっと飛びますが、18歳以上の選挙権等ある中で、政治というものに対して、市立のこういう施設ができるときに、より利用を促進するような、私は使用等の制限をするんじゃなくて、逆にオープンにするようにするべきだというふうに思っています。政治に無関心でも生きていくことはできますが、政治に無関係では決して生きていくことはできないんですよ。そういう意味での市立の手賀沼親水広場の管理に関する条例であってほしいと思うんですが、もう一度この点わかりやすく、市民にわかるように御説明いただきたいと思います。(2)の問題です。
    ◎市長(星野順一郎君) ここについては、先ほど課長から答弁したように、基本的には政治活動、宗教活動を不特定多数の方々が大勢来る場所で、そこで勧誘するような行為については制限をさせていただこうというふうに思っていますが、ある程度特定される方々に、市政報告会のような、あるいは活動の内容をPRする、こういう行動については近隣センターや公民館と同等にしていきたいというふうに思っています。政治活動全般を制限する、あるいは宗教活動全般を制限するんではなくて、そういう不特定多数の方に勧誘行動については、ここはちょっとやはり多くの人ににぎわいを持ってきてもらおうという趣旨からすると、そういう活動については制限をある程度していきたいなというふうに思っております。一律に全部制限をしようということではなくて、やはりにぎわいとして、全く興味がない人に対して強制的な勧誘活動をしようとする場合については、にぎわいの場所としてはふさわしくない行動になりそうだという場合にだけ制限させていただこうというふうに理解をしていただければと思っています。 ◆委員(印南宏君) 市長から御答弁もらいましたんで、わかりました。政治活動、宗教活動、勧誘というお言葉がありましたけれども、そういう意味ではこういう場所に使って、不特定多数の方が来るところでそういう勧誘云々、そうじゃなくても、それとは別にいわゆる市政報告会と、そういうものに対しては、市長のほうの御答弁ですと、それはもう使用等の許可をしないことができるんだけれども、使用等の許可をすることを前提にあるよという理解をしましたので、了解をいたしました。ありがとうございました。  それでは次に、第6条の使用等の許可の段階で、研修室の関係の、それから広場、それから第2駐車場、これについての条例が載っております。この中で、2の、市長は前項の規定による申請の内容が次の各号のいずれにも該当するときは、同項の許可をするものとするというんで、(1)でいろいろ出ています。その中で、アからカがあるんですが、アは国または地方公共団体が使用するときは云々と出ていますが、ほとんど網羅されている中でありますが、この条例の中で、カとして、その他市長が特に使用等を認めるときとあります。例えばいろいろア、イ、ウ、エ、オでかなりのカバーをこの条例ではしているんですが、改めてそれ以外考えられる、その他の市長が特に使用を認めるときというのがあれば、事例、ケースをお答えいただきたいと思います。 ◎手賀沼課長(鷹屋肇君) 基本的には想定をしているわけではないのですが、このような条文を設けないと、万が一、やっぱりどうしてもこのアからオに該当しない場合で利用しなきゃいけないような場合について対応できませんので、条文を設けさせていただきました。 ○委員長(甲斐俊光君) よろしいですか。  ほかにありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(甲斐俊光君) ないものと認めます。  議案第5号に対する質疑を打ち切ります。  議案第7号、市道路線の認定について、当局の説明を求めます。      (この後、道路課長より説明された) ○委員長(甲斐俊光君) 以上で説明は終わりました。  これより質疑を許します。 ◆委員(印南宏君) 議案第7号の市道路線の認定においての、整理番号でいきますと8番になりますか、中峠の1,772番23号から中峠1,772番の27号ということで、重要な経過地は1,772番の25号ですか、これ昨日私ども現地調査を実施して、新しく認定すべき道路を見ましたところ、もう御存じだと思いますが、一つは新しい家をつくるための開発だと思いますが、周りの側溝のふたが、多くが破損している、もろいというか、それで、もっと奥のほうに行くと、右側には境界くいが埋没しているというか陥没しているといいますか、大体私がはかったら七、八センチメートルですけれども、あれ子どもが足でもやったら本当に骨を折っちゃうみたいな、そういう意味での奥様の声もその場でありました。やっぱりこういうのは市道路線を認定する前、もちろん市道路線の認定は、昔は1年に2回行っていましたけれども、最近は1年に1回ですから、長くなれば1年近い前に開発して、経過をしているという場所も多々あると。そういう意味では見ていって、しっかりとそれを直して、業者に指導して直していただいて、その後市道路線として認定するということが基本だと思うんですね。私は、それをしてくるかどうか、してくれるということじゃないと、ちゃんと直してくれないと認定できませんので、その点についてお答えをお願いします。 ◎道路課長(星野幸夫君) 今御指摘の点につきましては、検査を再度強化し、徹底していきたいということと、それからきのう御指摘ありましたけれども、ふた、それからくいの段差等では、早速業者のほうに連絡をとりまして、改善に向けて今協議しているところであります。これは結果を出していきたいと考えています。 ◆委員(印南宏君) 協議していただいていると、結果を出していきたい、ぜひ直していただいて、直さないと危険ですから、ちっちゃな子どももいる新たな住宅地ですから、それをもとに市道路としてやっぱり受け取るというか認定すると、もう市道路としてなっているんですが、認定という点では初めて我孫子市の道路として認定されるわけですから、それをするということで理解してよろしいでしょうか。 ◎道路課長(星野幸夫君) はい、そのとおりしっかりやっていきたいと思います。 ○委員長(甲斐俊光君) ほかにありませんか。      (「休憩」と呼ぶ者あり) ○委員長(甲斐俊光君) 暫時休憩いたします。      午前10時39分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午前10時40分開議 ○委員長(甲斐俊光君) 再開いたします。  ほかにありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(甲斐俊光君) ないものと認めます。  議案第7号に対する質疑を打ち切ります。  議案第8号、市道路線の廃止について、当局の説明を求めます。      (この後、道路課長より説明された) ○委員長(甲斐俊光君) 以上で説明は終わりました。  これより質疑を許します。  ございませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(甲斐俊光君) ないものと認めます。  議案第8号に対する質疑を打ち切ります。  議案第9号、市道路線の変更について、当局の説明を求めます。      (この後、道路課長より説明された) ○委員長(甲斐俊光君) 以上で説明は終わりました。  これより質疑を許します。 ◆委員(豊島庸市君) きのう視察して、布佐のポンプ場のほうへ行ったよね。あそこ、ほら変更だっけ、あれは何するんだっけ、あれは。国道と、変更の境、境界ぐいないじゃん。あれは入れておいたほうがいいよね。 ◎道路課長(星野幸夫君) きのうの視察では、ちょうど国道356号バイパスと市道の分断されるところの明示がされておりませんでした。大変失礼しました。今後はっきり明示するとともに、今回明示しまして報告させていただきます。 ◆委員(豊島庸市君) 議案7号だった、これ。でも、ほら、気がついたんで、ちょっと直していただかないと、課長はずっとやっているわけじゃない、定年も迎えるんだから、今度の課長が困っちゃうんで、その辺はちゃんと、国であろうが県であろうが、境界ぐいは境界ぐいなんで、入れてもらうように。 ○委員長(甲斐俊光君) よろしいですね。要望でいいですか。      (「当然」と呼ぶ者あり) ◎道路課長(星野幸夫君) 今の御指摘ですけれども、今後のこともございますので、起点、終点は道路管理者を問わず、しっかり明示していきたいというふうに考えています。今後このようなことはないようにしていきます。 ○委員長(甲斐俊光君) よろしいですか。  ほかにありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(甲斐俊光君) ないものと認めます。  議案第9号に対する質疑を打ち切ります。  議案第12号、平成27年度我孫子市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について、当局の説明を求めます。      (この後、下水道課長補佐より説明された) ○委員長(甲斐俊光君) 以上で説明は終わりました。  これより質疑を許します。 ◆委員(印南宏君) 補正予算書107ページ、款2の下水道事業建設費の中の3ですか、浸水対策下水道事業費、先ほど御説明もいただきましたが、これ後田樋管の事業だというふうに理解しております。説明資料ですと40ページですかね、補正予算の説明書は40ページになります。これ実はきのう市道認定の絡みがあって、現場を全員で見てきた内容のところなんでありますが、確認したいのは、今回の補正において、一つにはこれは国土交通省と協議をして進めている浸水対策事業なんですが、財源で、残念なんですが、社会資本整備総合交付金、雨水分なんですが、5,920万円という額が減額になったんですが、こういう国土交通省と協議していても、これは本来国のほうの支出金も僕はあるべきだなと一議員としては思うんですが、減らされた理由を聞いてもわからないと思いますが、今回減らすことによって、改めて事業は必要ですから、地方債を同じ金額、5,920万円を借りるという形になっているんですが、その点についての担当課のお考えをお聞かせいただきたいと思います。 ◎治水課主幹(増田崇君) お答えいたします。交付金の減額につきましては、ほかの市町村も皆同じぐらい減額、減額といいますか、要望額に対しまして減っているような形で内示等が出ています。今現在、5,920万円減額になったということで、起債のほうを今度多くとらせていただくということになりましたけれども、今県のほうで流用等が、県内の流用等があるということで今調査中ということなんですが、そちらのほうに今要望のほうは出しているような状態です。 ◆委員(印南宏君) ぜひ、そういう県内の中身の流用等でも少しでも財源の内訳が、私が言いたいのは、できるだけ地方債をやらないでやるべきだよという趣旨で言っているんですが、ましてや、この事業、現在の樋管の概要を見ますと、排水能力が1分間当たり57立米、それが今度の計画ができると1分間に707立米、13倍になって、国道6号沿いから排水能力が利根川のほうに流れると、必要な事業だというのはもちろん執行部もそう、私もそう思っているし、かつ国土交通省と鋭意協議しながらやっていて、今回質問として新たにやっぱり樋管用地ですか、これを取得することになったと、これはどういう状況で、以前は用地を取得することなく、この計画を進めようとしていたんだけれども、いろいろと協議する中で新たに用地も必要だよと。きのう現場を見に行ったら、かなり土手が、高さは3メートルで広くなりますし、今の樋管の、大きな口径のものを入れることになっているのはよくわかるんですが、新たな用地を、今までは必要なかったのに新たに生まれたんですか。その点についての詳細をお聞かせください。 ◎治水課主幹(増田崇君) お答えいたします。以前は国土交通省が予定していた利根川の堤防の位置が川側のほうに少し出すような形で計画はされていたんですけれども、それが、今現在の堤防をもっと利用しようということで、市街化区域側といいますか、内側のほうに入り込んだことによりまして、樋管の位置がやはり市街地側のほうに入り込んだということで、その分が用地のほうが必要になったということのようです。 ◆委員(印南宏君) わかりました。そういうことをすることに対して、市のほうの担当部門としては、そのほうがいいねと納得してそういう協議を進めているという理解ですよね。要するに当初からとはちょっと変わった、要するに国道6号側のほうを使って、今のより広く使おうと思ったと。それはそのほうがいいねというふうに思ったわけですね。その点お聞かせ願います。 ◎治水課主幹(増田崇君) 市としましては、やはり用地のほうの取得とか、いろんなことが財政的にも多くなるようなことがありますので、できれば、川側のほうに出してほしいというところはございました。ただ、田中調節池ということで容量の話もございますので、危険性を増すようなことよりももっと安全側にということで承諾をしたといいますか、協議のほうを調えました。 ◆委員(印南宏君) わかりました。そういう中においてどうなんでしょうか、スケジュール的には、今回新たな用地取得等を市側からは、国道6号側の土地も取得する必要になったと思いますが、そういうのを踏まえて、この事業については当初の予定どおりに進んでいくと、私の聞いたところによると平成30年5月ごろと聞いたんですが、そういう予定で今までと同じように進捗するということで考えていらっしゃるんでしょうか、お知らせください。 ◎治水課主幹(増田崇君) 国との協議によりまして、30年度までということになっていますので、そちらのほうは終わるというふうに考えております。 ◆委員(印南宏君) わかりました。  最後に確認します。改めて確認しますが、今度の後田樋管の今回のこの事業、これを行う、整備事業を行うことによって、先ほど私が申し上げました、排水能力が大幅にアップするというふうにも言いましたけれども、これによって堤防を強化されるし、その他排水能力も上がるわけですが、担当のほうとしては、この事業によってどのような効果が生まれるのかどうか、まとめてお聞かせをください。この事業の効果についてお聞かせください。 ◎治水課主幹(増田崇君) 事業の効果ということですが、まず、川側からの洪水対策といいますか、より安全に、今回の18号ですか、その影響で鬼怒川が決壊したというところがございますので、より安全になるのかなということと、樋管をかなり大きくするということですので、内水のほうの排除、そちらのほうもかなり期待できるということがございますので、より安全側のほうに行っているので、十分な効果があるというふうに考えております。 ◆委員(印南宏君) ありがとうございました。ぜひ、後田樋管の整備事業、スケジュールどおり整備事業が滞りなく向かうように祈念しています。御答弁は結構です。ありがとうございました。 ○委員長(甲斐俊光君) ほかにありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(甲斐俊光君) ないものと認めます。  議案第12号に対する質疑を打ち切ります。  暫時休憩いたします。      午前11時03分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午前11時04分開議 ○委員長(甲斐俊光君) 再開いたします。  議案に対する討論はありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(甲斐俊光君) ないものと認めます。  これより議案第5号、議案第7号、議案第8号、議案第9号及び議案12号を一括して採決いたします。  議案第5号、我孫子市手賀沼親水広場の設置及び管理に関する条例の制定について、議案第7号、市道路線の認定について、議案第8号、市道路線の廃止について、議案第9号、市道路線の変更について、議案第12号、平成27年度我孫子市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について、以上、議案5件について、原案に賛成の委員は起立願います。      (賛成者起立) ○委員長(甲斐俊光君) 起立全員と認めます。  よって、各議案は可決すべきものと決定いたしました。  暫時休憩いたします。      午前11時05分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午前11時11分開議 ○委員長(甲斐俊光君) 再開いたします。  これより所管事項に対する質問を行います。  初めに、水道局に関する質問をお願いいたします。 ◆委員(茅野理君) 水道局に確認をさせていただきます。  やはり先日の台風18号による浸水被害、我孫子市から至近の常総市で大変な、甚大な被害があったわけですけれども、我孫子市の水道局においても、この震災をやはり教訓とするために、ふだんからいろいろ震災対応を、そういう体制等の確認はされているとは思うんですけれども、改めて今回の浸水被害があったわけですけれども、確認したもの、何か局長として指示したもの、そういったものがあればちょっとお答えをいただきたいと思います。 ◎水道局長(峯岸幹男君) お答えいたします。基本的に水道の応援、水道事業としての応援というのは、一義的には日本水道協会という全国組織がありまして、そこできっちりとしたネットワークを組んでおりまして、そのもとに関東支部、それから県支部という形でしっかりネットワークして動いています。こちらのほうも問い合わせも日水協へ問い合わせますし、あとはメールで逐次応援が必要なのかどうか、それから被災の状況、水道事業に対しての被災の状況、この辺は全て情報が入ってくる仕組みになっていまして、今回も関東支部から主に入ってきていまして、関東支部の事務局というのは横浜の水道局なんですけれども、実際は。そこから随時情報が入ってきていました。例えば常総市についても、給水車の応援要請がどの程度あって、どこの市が対応して、今どういう状況で要請がされているのかどうかと、その辺の情報も逐次入ってきています。今回は十分足りているというお話だったもんですから、待機しているという状態です。基本的に我孫子市も同様で、何か被害があったときには、第一義的には日水協のネットワークの中での支援要請ということになります。もう一つは、千葉県内とやっぱり防災の協定を結んでいまして、そこでの要請、それからさらには我孫子市として、自治体同士で相互応援協定を結んでいる自治体もありますんで、そこへの要請ということで、単一ではなくて、チャンネルを複数持った形での支援を要請していくという体制を整えております。 ◆委員(茅野理君) ありがとうございます。トップとして本当にしっかりした体制なんだろうなという御答弁をいただきまして、安心するところであります。改めて今回、水道局の職員の方々に指示したことというのは何かありますかね。 ◎水道局長(峯岸幹男君) 特に、特段の指示というのはありませんけれども、とにかく逐次情報をとれということで、応援要請が出た場合にはすぐに対応できるように体制をとってくれという指示はいたしました。 ◆委員(茅野理君) ありがとうございます。  先日配布された経営改善の計画書ありますね、あれを見ると、職員を4名ですか、削減していく方針が出ていますけれども、そういった中でもしっかり体制がとれるのかどうか、職員が削減された中でも震災対応できるのか、その辺心配になりますので、こういったものもしっかり想定した中でそういった指示をしているのかどうか、確認をさせていただきたいと思います。 ◎水道局長(峯岸幹男君) 基本的には、大震災等で施設そのものが相当長期間復旧に要するというときには、現在でも今の局員だけでは、水道局職員だけでは対応は、これは難しいものがあります。ですから、市全体として、いわゆる災害対策本部の指揮下のもとで、全庁的な調整のもとで給水に関して万全を期すと、復旧に関しても同様に万全を期すということで考えております。 ○委員長(甲斐俊光君) よろしいですか。
     ほかにありませんか。 ◆委員(松島洋君) 水道を新しく整備したところといいますと、私の家のほうから屋敷割踏切があります。その左側、といいますのは、千葉竜ヶ崎線の延長で掘削したところです。あの辺につきましては、かつて、もう40年も昔になりますが、ハナガタ工務店という工務店が開発行為で土地をつくりました。そこはハナガタさんが井戸を掘って供給していました。千葉竜ヶ崎線のトンネルを掘るときに、そこは井戸じゃなくて水道にしたらいかがですかと勧めたんですけれども、今から約4年ぐらいになります。いや、今までどおり井戸で供給してもらいたいと、水道には入りませんでした。しかしながら、1年ぐらい前に、その井戸を潰して、今度は水道になったと思います。それはどういうふうな経過をたどって、負担金とかそういうのはどうなったんですかね。 ○委員長(甲斐俊光君) 暫時休憩いたします。      午前11時17分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午前11時20分開議 ○委員長(甲斐俊光君) 再開いたします。 ◎工務課長(後藤秀和君) お答えします。委員今おっしゃっている部分について、現状では千葉竜ヶ崎線のアンダー工事が進められております。実際、一応このアンダー工事に伴いまして、既設水道管が寸断されていまして、片送りだとか、そういう状況になっている部分もございます。井戸の件につきましては、その当時、水質を確保するということで、使用してきたものだというふうに考えておりますけれども、いずれにしても、水質悪化だとか、水量の低下、そういうことに伴って使えなくなったという事情もあろうかと思いますんで、水道局としてこれからアンダー工事に伴いまして、寸断されている片送りの水道管、水質維持のためにループ化等も考えた整備も考えまして、そちらのほうのちょっと検討もさせていただくということにしていきたいと思います。 ◆委員(松島洋君) 土地勘がよくわかんないと、土地が変わったんですね、千葉竜ヶ崎線の延長線が立体で通ってしまいましたから、その街区が右左に分かれてしまいました。井戸を潰したから多分水道が入っているんではないかと。井戸のところが道になっちゃったんですよ。隣の酉町の街区とつながるために道になってしまった。ですから、そこに井戸がありましたから、道の下に井戸があるわけないですね、ポンプ場がもうついていましたから。そこを調べてみて、その負担金とか、どういうふうに、要するに水道管も右左わからなけりゃつながらないわけです、立体ですからね。そこら辺を調べてみて、多分水道局も、下水道を、この間下水道とも話をしたら下水道も気がついていないんです。あんなところで、そこだけが下水道入っていない、そこだけが。そういうところが出てきました。それは後藤さん、調べておいてくれればいいですよ。ミスとか何とかという問題ではなくて。      (「情報をもらって調べるといいんだよ」と呼ぶ者あり) ◆委員(松島洋君) ちゃんと調べてください。 ◎工務課長(後藤秀和君) お答えします。改めまして詳細を確認させていただきます。その上で報告をさせていただきたいと考えています。 ○委員長(甲斐俊光君) 以上でよろしいですか。  ほかにありませんか。 ◆委員(印南宏君) 私も我孫子市の至近の常総市や小山市とかいろいろ見ますと、ライフラインで最も重要な水の供給のできない状況を考えると、どうしたんだろうな、我孫子市は、我孫子の水道は応援しているのかなと確認をしたら、答弁もありましたけれども、水道協会があり、その連携で、今は応援要請が来ていないんで応援はしない。でも、応援要請があればすぐに応援できるような体制を常に持っていると聞いて安心したんですが、私、きのうもちょっと水道のほうでも確認したんですが、質問としては、水道というライフラインになくてはならない、生きていく上で生活に必要な水、これをとめるというのはどういう条件のときとめるのかというふうにお尋ねしたら、2カ月ぐらいお支払いがない場合には予告でとめますよと、それからまた連絡をして、どうしても、いなくなった家もあるだろうし、空き家の家もあるだろうし、経営上、職権でとめるということを聞いたんですが、現状において、今の水道をとめなきゃいけない、とめるに至った、そういう事例を含めて最近の状況をお聞かせください。 ◎経営課長(中野伴春君) お答えをいたします。一義的に水をとめるということについては、これは相当の根拠がなければとめることができません。したがいまして、給水停止ということになりますと、それは水道法という法律に根拠を置きまして、具体の手続は条例に沿って執行しているということです。その内容については、さまざまなケースはありますが、主には料金が不払いだというケースがほとんどです。先ほど委員もおっしゃっておりましたように、やはりこの数というのは一向に減る様子がなくて、やはり最終的には給水停止の執行業務でも停水に至るまでの対象者が300件ほどコンスタントにいる状況です。しかし、予告通知をした段階で納付に応じていただくこともありますので、最終的に水がとまるということに至るまでの世帯となりますと100世帯弱ということになりますが、この状況についてはここ数年来数値的な変化というのはありません。特に給水停止をする場合には、生活に直結するケースがほとんどですので、それについては福祉的な配慮が必要な場合が相当あります。この辺の情報の共有については福祉部局とも連携をとりながら対応しているところです。 ◆委員(印南宏君) 状況はわかりました。常日ごろ水道局のほうにも確認しているんで、その内容は少しわかっているんですが、そこで、どうしても停止をしなきゃいけない、停止をするんだと、100件なら100件、その場合にやはり御答弁にあった生活困窮者とか、例えばどうしても支払うことができない人等は福祉とのやりとりをしながら、連携をして、これはもう大丈夫だと、停止していいんだと、そういう判断というのは毎月のように、毎日のように、そういう連絡を取り合っているのか、どのように具体的にすり合わせをやっているんですか、停止をするに至った判断をする条件ですね。 ◎経営課長(中野伴春君) お答えをいたします。事務的には一定の要件が満たせば給水停止の対象になるわけです。ただ、最終的に停水をするということについては、他の受益者との不均衡が生じないように、まず一義的には対応いたしますが、その対象者の属性を確認いたします。むろんこれは個人情報の話になりますので、そこのところの共有をどのように図っていくかという精緻な御報告は申し上げられませんが、いずれにしても水道の契約者台帳の中で情報を持っておりまして、その情報に値する使用者であった場合には、一定の対応をコンスタントにするということにしております。 ◆委員(印南宏君) わかりました。  そこで、ちょっと水道の情報でお聞きしたかったのは、我孫子市の市内をいろいろと見回ってみますと、年々年々空き家がふえています。空き家を把握する方法としては、町内会の方にですね、自治会の方にお願いして、今空き家が何軒ぐらいあるかと調査する方法もあるだろうし、また水道の情報でいくと、生活するライフラインも最も重要ですから、水を使わないということは、多分そこは人がいないという判断ができるから、一戸建てを中心とした場合、水道局としては、空き家は我孫子市はこのぐらいあるよというのはつかむことは可能なんですか、可能じゃないんですか、その点についての御所見をお伺いしたいんですが。 ◎経営課長(中野伴春君) お答えします。空き家の数を水道局として把握できるかという御質問であれば、それは不可能です。ただ、現に水道契約の中にあって、現在中止中という世帯は相当数ありまして、例えば平均しますと4,500世帯ほどあります。この中で出入りが定常化している共同住宅等の世帯を控除しましても三千数百世帯のオーダーでは閉栓中の世帯があるということです。その中に相当数空き家が含まれているということは推察できるだろうと思っております。ただ、開栓中の世帯であっても、実は使用量がゼロというところも2,000世帯ほどあるんです。本当に生活実態がないのか、あるいは使わなくて済むのかというところまで含めますと、その実態までは正確にはつかめません。したがいまして、それを総合した数が空き家ですというのは余りにも危険だろうというふうに考えています。個別にはいろいろな情報をとっておりますので、そのデータを徹底追及すればある程度の把握は可能なのかなとも思いますけれども、それについては具体的なアクションはしておりません。 ◆委員(印南宏君) わかりました。ありがとうございました。水道の所管でこのような御質問をしたことを許していただきたいと思うんですが、空き家問題は水道行政だけじゃなくて、我孫子市の行政の問題で、どうやっていくかと重要なんで、その実態を、お金をかければ調査することは可能だろうけれども、どうやったら一番今の実態を把握できるのかなという点で御所見を聞いた次第です。ありがとうございました。結構です。 ○委員長(甲斐俊光君) ほかにありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(甲斐俊光君) ないものと認めます。  暫時休憩いたします。      午前11時30分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午前11時33分開議 ○委員長(甲斐俊光君) 再開いたします。  これより建設部及び都市部に関する質問をお願いいたします。 ◆委員(戸田智恵子君) 公共交通ということで交通課の所管でお願いいたします。  南青山の阪東バスの循環線が9月7日のダイヤ改正で、6時台、7時台、9時台と随分便数が減って、大変困っているということで、多くの住民の方からお話をいただいています。まず、この便数が減った経費についてお知らせください。 ◎交通課長(田村広文君) これにつきましては、阪東バスのほうにちょっと確認をしましたところ、やはり一つは乗る方が少なくなったということです。実は平成18年4月からこれ運行していまして、当初はNEC、それから川村学園、それと南青山地区を巡回するということで、また区画整理でできていましたもんですから、ある程度多くの乗客を想定していたということだったんですけれども、その想定よりも少なかったということで、今回減便したというふうに聞いています。 ◆委員(戸田智恵子君) 乗降客が少なくなったということで、民間のバス会社ですので、そういうことであれば便数が減るという状況もありますけれども、ダイヤ改正の周知期間がとても短かったということで、また長雨続きで、乗せてもらえなくて大変通学するお子さんがまいってしまったということもありましたので、そういうことの状況は把握されていますでしょうか。 ◎交通課長(田村広文君) それにつきましても確認しました。そこで規定によりますと、一応1週間ほど周知期間ということで、それについては一応1週間前からバス停等に掲示をしていたということなんですけれども、今後そういうことでお客様に対してやはり周知の部分が少なかったということで、今後変更に際してはもう少し周知期間を改めるということで阪東バスに伺っています。 ◆委員(戸田智恵子君) 減ってしまった便数をまたふやすと、もとに戻すということは本当に至難のわざ、よほど乗っていただかないとまたもとには戻らないということは承知の上で、また市民の不便さとか御意向をまた阪東バスに、周知の方法もあわせて阪東バスのほうにまた要望していただきたいと思いますけれども、いかがでしょうか。 ◎交通課長(田村広文君) このことにつきましては、再度阪東バスのほうにお話をしたいと思います。また、できましたら、バスの便数を減らさないためには多くの利用者に乗っていただくということがありますもんですから、その辺も住民の皆さんにお願いしたいということです。 ○委員長(甲斐俊光君) よろしいですか。      (「はい」と呼ぶ者あり) ○委員長(甲斐俊光君) ほかにありませんか。 ◆委員(印南宏君) まず最初に、私は副市長に御答弁を求めたいと思うんですが、これ手元にありますコピーで、資料要求でもらったんですが、つながるウオーターサイド手賀という形で、これ建設部とか都市部とか商業のほうとか環境経済部とかいろいろまたがるんで、ちょっと副市長を名指しさせていただいたんですが、この報告書、平成23年11月に設立、柏市とか印西市、それから我孫子市はもちろんですが、国土交通省利根川河川事務所、それから千葉県で一緒になって、いわゆる手賀沼、手賀川を活用して、我孫子市にとっても非常に意義のある、ずっと中身を読ませていただいているんですが、ある面ではこれが全部実現できたら、非常に明るい報告書だなというふうに思いました。要望は、ぜひこれを全議員に配っていただきたいなという要望なんです。それについてのお答えを。なぜかというと、中身がいろんな部分にかかわるんですが、何度も言うように、かなり我孫子市のこれからの発展に、他市との協力も含めて、広域行政という点でもそうなんですが、重要なことが書いてあると思うので、それについてお答えを副市長からお願いします。 ◎副市長(青木章君) 配付がおくれましたことを大変申しわけなく、おわびを申し上げたいと思います。今印刷をさせておりますので、今会期中には配付をしたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いします。 ◆委員(印南宏君) ありがとうございます。ぜひ配付をしていただいて、それぞれの議員のいろんな御意見を聞く必要もあるし、また執行部のほうもそれに対して真摯に耳を傾けていただきたい。この中には、建設部、都市部に所管する内容も多々あります。例えば1点目の質問としては、やはりサイクリングとかランニングですね、そういう関係もこれにかなり明確に出ていまして、それにはどうしても手賀沼公園から北柏ふるさと公園までの遊歩道の実現が私は必要だというふうに思っています。これは何度も、平成25年の議会で申し上げたんですけれども、担当部門にお聞きしますと、どうやら手賀沼公園から北柏ふるさと公園までの遊歩道の実現は、沼側にある一定の遊歩道をつくってほしいという要望は県のほうに上げているというふうには伺っています。しかし、このように県と国も含めて近隣市の広域でこのような報告書の中にはしっかりとそれをやろうと、それも短期の日程ですね、これ。1年から3年以内でサイクリング、ランニングをやりたいというふうにこの計画には載っています。そうすると、具体的にかなり動かないと、この計画が絵に描いた餅になりかねないから、そういう意味で現状、こういう計画と実際のハードウエアをつくっていく担当部門のほうとしてどのように今の状況がなっているのかというのを聞きたいんですが、ぜひこれは、県に要望しているんですが、民間企業にも声をかけて、民活のアクションプランとしても、こういう遊歩道の確保を急ぐべきだと思うんですが、この点についての建設部門での、もしお考え等があれば、手賀沼公園から北柏ふるさと公園の遊歩道の実現についての具体的戦略ですね、戦術についてお伺いしたいと思います。お願いします。 ◎道路課長(星野幸夫君) 具体的戦術という部分について、私ども道路課というところではちょっと明確には御答弁できないかと思いますけれども、今現状では手賀沼公園から北柏ふるさと公園までの区間については歩道幅員が3.5メートルという状況で、そこに植樹帯があります。植樹帯を除くと2.5メートル以下になってしまいますので、幅員的に少し狭いということなんで、幅員の広い自転車歩行者道の整備というのを要望している状況です。あともう一つは北柏ふるさと公園と柏ふるさと公園を結ぶ橋梁の整備といったものを柏市と連携して千葉県に要望しているという状況なんですけれども、これやはり結果が出るように、今後も強く要望していきたいというふうに考えています。  それから、県からは手賀沼・手賀川の活用推進協議会の中で検討を進めていきたいというふうな意向が確認されておりますので、その意向が示されているということで、この協議会の中で検討されるものと考えております。 ◆委員(印南宏君) ありがとうございました。どうやらこの報告書によりますと、協議会のもとに民間事業者で構成する、仮称ですが、手賀スタイル構想委員会を設置して具体的な事業に着手すると書いてありますね。こういう中に載ってこないといけないと思うんですが、僕はまず最初に、申し上げた手賀沼公園から北柏ふるさと公園の遊歩道の実現が優先度をぜひ上げていただきたいなというふうに、さっき担当課のほうの御答弁であったように、私も歩道のほう、桜並木のほうへ行っても植樹帯があるから実際の歩道はすごく狭くて、交流できるような幅員でもありませんし、やはり沼側をそういう遊歩道をつくって、逆に東側、布佐側のほうも含めて、手賀沼のいわゆる南じゃない、北側ですね、北側を含めてサイクリング道路というのもつくっていく必要があるというふうに思いますので、ぜひこの手賀スタイル構想委員会のほう、これは担当課が違っちゃうと思いますが、ぜひそこで優先度を、この手賀沼公園、北柏ふるさと公園までの遊歩道の実現をぜひ順位を上げるように執行部のほうにはお願いしたいと思います。まず、これにひとつお答えを副市長のほうにお願いします。 ◎副市長(青木章君) お答えをいたします。今道路課長からも話がありましたように、ここは優先度は高いというふうに私ども思っておりまして、広域行政ですとか、あるいは市長と知事とのいろいろ懇談会の席だとかさまざまな席で、ここを柏市と連携をいたしまして、整備をお願いしています。そのお願いなんですが、市としましてはやはり県に事業主体になっていただいて、手賀沼の循環といいますか、回れるようにお願いしたいということで、そういうスタンスでずっとお願いをしてきているんですが、県の最近の回答を見ますと、手賀沼・手賀川の活用協議会の中の検討に合わせて県は支援をしていきたいという、ちょっと一歩下がった、県が主体となってやるというスタンスではなくて、地元の市がやるんであるならば県は全面的に支援しますよという、そういうスタンスの回答に今なってきていますので、ここはもう一度市長にもお願いをして、仕切り直しして、もう一度県がもっと主体的に自転車歩行者道整備についてやっていただけるように、近隣との調整も含めて、もう一度ちょっと仕切り直しでやっていきたいというふうに思っておりまして、その全体的な調整を図る意味でも、先ほど御質問にも出ましたけれども、手賀スタイルの構想委員会等も早く立ち上げまして、広域的な調整も図っていきたいというふうに考えています。 ◆委員(印南宏君) ありがとうございます。現在の状況もお聞かせいただいて、でも少し残念ですね。県のほうがある程度主体にならないと、土地の問題は県が所有している問題もあるから、勝手にやるわけにはいかないし、このようにつながるウオーターサイド手賀の報告書の中には、みんなで協働してこれを活性化していこうというのをもう決めて報告書として3年半かけてつくった内容でありますから、これについてぜひもう一度、市長も初め県のほうにぜひとも政治的にも力を、働きかけを行っていただきたいなというふうに思います。進まないと絵に描いた餅になりかねない。  それで、質問は変えて、じゃ我孫子市としてできることは何かと考えると、サイクリング道路についてなんですが、9月の定例市議会でも何人かの議員さんがサイクリングロード、手賀沼をめぐる周遊も含めて、それから利根川のサイクリングロードの問題もあるわけですが、多々見ますと、我孫子市内でいくと栄橋のところもそうですけれども、一部まだサイクリングロードができていない。かといって交差する構造物云々を考えるとなかなか難しいんですが、そういう中においても、我孫子市でできるべきサイクリング道路について多々あるのかなというふうに思うんですが、この点について担当部門として、我孫子市が優先して行うべきサイクリング道路の整備についてお考えがありましたら、お聞かせをいただきたいと思います。 ◎建設部長(大谷正君) お答えします。今の御意見のサイクリングロード、市内でサイクリングロードといえるのは今のところ利根川の天端を利用しました大利根自転車道、これにつきましても栄橋のところで一旦切れて、連続性がないような状況になっています。これについてはやはり交差点の改良等が絡んできますんで、現実的にはかなり難しいのかなという感じではおります。  それとあと、市内の自転車専用道、これについては今、県道の我孫子流山自転車道はありますけれども、これは市道ではありませんので、今現在では自転車専用道を整備する計画は今のところはないという状態です。  それとあと、市内に自転車歩行者道ですか、これについては歩道ですけれども、自転車は通ってもいいという位置づけになっていますけれども、先ほどの手賀沼公園から北柏に向かうところにつきましても、自転車歩行者道という位置づけになっております。ただ、現実的には有効的な幅員が足りないというような状況になっていますんで、自転車を利用するということを考えますと、かなり利用するのは難しい状況ということで今市内ではあります。 ◆委員(印南宏君) 我孫子市の活性化に向けては、どうしてもキーワードとして手賀沼、そして利根川と出るんですけれども、ぜひとも手賀沼側からすると、手賀沼の北側、北岸というのか、その手賀沼遊歩道の幅員の狭さを考えますと、歩行者優先でサイクリング道路との併用というのはなかなか難しいこともありますから、そういうことも踏まえて、サイクリングできるロード、サイクリングロードはどうあるべきかというのをもう一回真剣に考えていただいて、このつながるウオーターサイド手賀、広域行政と我孫子市のスタンスを明確にして、何を最初にそれをやったらいいんだと、それによってクリティカルパスですよ、最早最遅で、どれを最初にやったらいいのかと考えていただいて、サイクリングロード、サイクリングができるような、そういうまちづくりにぜひ努めていただきたいと、僕は要望、強い要望をしておきたいと。今回、市議会、改選で最後でありますが、ぜひそういう意味では市民の要望が強い手賀沼周辺のサイクリングロードの要望もありますので、遊歩道とサイクリングロードのあり方も含めて、ぜひ検討していただきたい。要望しておきたいと思います。この要望に対してお答えがあればお聞かせください。 ◎市長(星野順一郎君) この手賀沼・手賀川活用推進協議会についても、3年半かけて計画したというよりは、4年以上前から、震災の前から私のほうで、柏市、印西市、そして県と国に対して、こういうものを立ち上げて、もっと手賀沼の魅力を向上させていきたいんだということで協力体制をとっていただいて、立ち上がったばかりのところで、御存じの震災があって、我孫子市も含めて千葉県も被災市、被災県という状況の中では、やはり被災者を救うのは最優先課題だということで、しばらくとまらざるを得なかったという状況になっております。ただ、我孫子市も含めて千葉県も随分と復興が進んできた中で、再度、もう一度立ち上げ直して、取りまとめにやっと入れたという状況です。そういう状況の中で、やはり我孫子市と柏市からすると、真っ先にといいましょうか、優先課題の一番高いのは、我孫子市からすると手賀沼公園から北柏のふるさと公園、そして柏市としても柏のふるさと公園と北柏のふるさと公園、ここをきちんと結んでいきたいという状況の中では、やはり河川管理区域の中をいじるとなると、千葉県の協力がどうしても必要になるというふうに思っています。さまざまな形で手賀沼をもうちょっと周回できるような、ジョギングあるいはサイクリングということをもっと高めていける、その周遊性だけは真っ先に取り組みを進めていきたい。そして、そういう状況の中で、あるいは休憩所だとか、あるいは飲食店も含めた、さらに民間の活力を導入しやすい形というのをこれからもう少し一つずつ現実的に進めていきたいなというふうに思っています。当然、その中では、市長としてだけではなくて、近隣のかかわる市町村に所属している県会議員さんにも御理解をいただき、県にも働きかけをお願いしているところです。やはり3市が一緒になって、地元選出の県会議員も含めて千葉県と協議をしていくことによって、市と県が一緒になって、この手賀沼周辺の魅力を上げるために努力を続けていく必要があるだろうというふうに思っておりますんで、これからも鋭意一つずつ、優先順位をつけながら、現実味を帯びた事業展開ができるように、これからも精いっぱい頑張っていきたいというふうに思っています。 ○委員長(甲斐俊光君) 暫時休憩いたします。      午前11時52分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後1時00分開議 ○委員長(甲斐俊光君) それでは、再開いたします。  前半に続きまして、建設部及び都市部に関する質問をお願いいたします。 ◆委員(豊島庸市君) 一緒に組んでいた水野さんが質問をしたやつなんですけれども、白山跨線人道橋というやつですか、あれの経過はどうなっているのか教えてください。彼女も知りたいみたいなんで。 ◎道路課長(星野幸夫君) 白山跨線人道橋の延伸の関係につきましては、これまでマンション側と5回ほど協議してきました、協議ではこちらでいろいろ案をつくりまして、9案程度提示してきたんですけれども、最終的には既存の道路のやはり設置スペースというのが限られていると、制約があると、それから安全性、それから利便性というところもありまして、残った案について検討を重ねたんですけれども、マンションの共有地上空を歩道橋が通過するということになりますので、その案がやはり区分所有者の同意が必要になるという前提で、なかなか同意が難しいと。例えば日照、それからプライバシー、騒音等で特別な影響を受ける方からの反対がありまして、これは意向が表明されていますので、今のところ白山跨線人道橋の延伸は難しいというふうに考えています。 ◆委員(豊島庸市君) 難しいということはやる気がないということ。 ◎道路課長(星野幸夫君) やる気は十分あるんですけれども、やはり同意がとれない以上はちょっと難しいということであります。 ◆委員(豊島庸市君) 見てもわかるように、もう大分傷んでいるじゃん。そしたら、位置をずらせばいいじゃん、あそこじゃなく。そういう考えとかは持ったことがないの、考えたこともないの。 ◎道路課長(星野幸夫君) 位置についても、その9案の中で検討しておりまして、それも検討した上で、最終的な案ということで今回の案が残りまして、それについて同意が得られないという状況であります。 ◆委員(豊島庸市君) 同意が得られないんだったら、また検討すりゃいいじゃない、違う位置に。そういう考えもないの。 ◎道路課長(星野幸夫君) それで、延伸案はちょっと難しいという状況ではありますけれども、さらにもう少し詳細に検討を進めて、また地元とも協議が必要かなというふうに考えています。 ◆委員(豊島庸市君) じゃ、それは検討していただいて、あのマンションを建てるときに、今の市長じゃなくて、福嶋さんのころなんですけれども、開発するときに開発業者に歩道橋とか整備をもっとしてもらえと、開発行為なんだからということを言ったことがあるんですよ。今度はまた大型マンションとかは、あんな大きいマンションとかはできないと思いますけれども、そういうときには開発のほうも考えてもっとやっていったほうがいいんじゃないか。もう後から直すというのは難しいし、検討をちゃんとして、開発行為のときに真剣にもっと皆さんが引っ越してきて児童のことを考えてやっていけば、こんなこともないし、こんな質問もしなくて済むんで、あなたが例えば答えることになっちゃったんですけれども、開発するときにそういうことを気をつけてやっていただきたいと思います。これは市長だね。 ◎建設部長(大谷正君) 先ほどの意見なんですけれども、今後このような大きな開発があった場合、私どもは道路関係になるんですけれども、大もとは開発行為ということで宅地課、あといろいろな部署が絡んできますんで、そこら辺を連携して、なるべく我孫子市にとってよくなるような形で進めるように今後進めていきます。 ◆委員(豊島庸市君) 道路課長、悪いんだけれども、今度違う質問なんだけれども、わかりやすいように写真を撮ってきたんだけれども、ガードレールというのは何のためにつけるのか、ちょっとお答えください。 ◎道路課長(星野幸夫君) ガードレールにつきましては、これは歩行者の保護が主な目的であります。 ◆委員(豊島庸市君) その映像をわざわざ自分で撮ってきたんだけれども、それで何をするのにその足場を組んで歩行者を邪魔にさせているの。 ○委員長(甲斐俊光君) それはどちらの場所でしょうか。豊島委員、どちらの場所ですか。 ◆委員(豊島庸市君) 場所は井上邸の屋根でしょう、それやっているの、工事ね。 ◎道路課長(星野幸夫君) 御指摘の写真につきましては、布佐、井上邸の改修の関係で仮設構造物を組んでおります。 ◆委員(豊島庸市君) それで人を守れるの。 ◎道路課長(星野幸夫君) 提示された写真につきましては、歩道を塞いでいる状況なので、これにつきましては歩行者の利便性、通行ができない状況なので、その点の配慮がちょっと欠けておりました。 ◆委員(豊島庸市君) それ、あいうえおの「あ」だよ、一番最初のことなの。何でそういうことをね、民間がこんなことをやったら大変じゃないの。教育委員会の発注でしょう。道路課はあれだよね、毎日警備、道路の警備をしていますよね。何でああいうのをそのままにしているの。もう1週間以上あるよ、あれ。 ◎道路課長(星野幸夫君) こういった歩道を塞ぐ場合には、また別の、例えば車道側に歩行者用通路を確保するとかという配慮も必要だったというふうに考えています。また、こういったことが生じないように注意したいと思います。 ◆委員(豊島庸市君) それ、きのうも道路認定、廃止、変更で行って、いつもその返答じゃん。それでどうするのよ、それ。早急にやらせるの。道路を管理している人としたらすぐやらせるしかないんじゃないの。それとも何だ、屋根のほうが大切なのか、人間より。 ◎道路課長(星野幸夫君) 歩行者の安全が確保できるように交通整理員を設置するとか、あるいは早急に撤去するとか、検討をすぐ指示します。 ◆委員(豊島庸市君) いつやるの。じゃ、今指示してこいよ。      (「はい」と呼ぶ者あり) ◆委員(豊島庸市君) だって、それ歩けないよ、違うの。民間がそんなことをやったら大変じゃないの、違う。それ右左にガードレールあるんだよ。そこ車も通って自転車も通って、歩行者も通って、そんな管理でいいの。 ◎道路課長(星野幸夫君) 今現在、歩道が通行できない状況になっておりますので、これは至急指示します。 ◆委員(豊島庸市君) 今してこいよ。      (「はい」と呼ぶ者あり) ○委員長(甲斐俊光君) 委員会が終了してからにしましょうか。      (「だめだよ。見てないの。じゃ委員長に見せてやれ、写真」と呼ぶ者あり) ○委員長(甲斐俊光君) 指示を今出していただいて、現場の方にですね。そういたしましょうか。ちょと今執行部から。      (「委員長が許可してくれれば行かせますよ」「補佐でも何でもいいから」と呼ぶ者あり) ○委員長(甲斐俊光君) 課長が答弁ありますんで。 ◎道路課長(星野幸夫君) 今至急対応しますので、ちょっとうちの補佐のほうから指示させていただきますので、ちょっと席を外させていただきます。 ○委員長(甲斐俊光君) はい、どうぞ。      (「ちょっと委員長休憩してください」と呼ぶ者あり) ○委員長(甲斐俊光君) 暫時休憩いたします。      午後1時09分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
         午後1時10分開議 ○委員長(甲斐俊光君) 再開いたします。 ◆委員(豊島庸市君) もういい。 ○委員長(甲斐俊光君) ほかにありませんか。 ◆委員(芹沢正子君) お願いします。6月の議会でお願いしたことですけれども、国交省に頼んでみましょうというふうに私は返事を受け取っています。6号線上の信号の点滅の仕方が変わったので、久寺家の交差点のところに地下の隧道はあるんですけれども、乳母車も車椅子も通れないから、上に白線を引いて上を通れるように、春日やの酒店の前なりに線を引いていただきたいと言ったんですが、あの件はどうなりましたでしょうか。 ◎道路課長(星野幸夫君) 道路管理者は国、国道なもんですから国になりますので、これについては国交省のほうに要望してまいりました。まだ、今のところ正式な回答がない状況です。 ◆委員(芹沢正子君) よろしくお願いします。  もう一つ、鈴木屋の下の並木の急な坂については調査してみるとおっしゃっているんですけれども、あれはどうなりましたでしょうか。 ◎道路課長(星野幸夫君) 調査につきましては、これは終わっていますので、間もなく結果を提示したいと思います。 ◆委員(芹沢正子君) よろしくお願いします。  それと、前も一度言っていて、余りいい返事ではなかったという記憶があるんですが、また住民からの要望がありました。皆さんだんだん年を取ってこられると、あびバス、結局阪東バスともで私どものそばは午前中と午後、1時間丸々あいてしまう時間帯があります。それをせめて1時間に1本調整して増便してもらえないかと複数の要望があるんですが、どうでしょうか。 ◎交通課長(田村広文君) 今うちのほうのあびバスにつきましては、一応1台で回っているものですから、それにつきましては時間は、増便することはちょっと難しいと思います。ただし、阪東バスのほうも含めましてちょっと話を持っていきたいと思います。 ◆委員(芹沢正子君) 関連してなんですけれども、今二階堂の周りが治水工事であびバスが久寺家の広い通りはとまらないために、そこの住民はほかの足の便がなくて、タクシーで隣の市立病院に行き、待っていてもらってそのタクシーで帰ってきているという話もあったりしたんですが、いつぐらいにもとのコースに戻れますか。 ◎交通課長(田村広文君) 今現在は治水といいますか、雨水排水のほうの工事等でコースを変更しています。これが完了次第、また再開するような予定です。恐らくことし、来年で完了というような話を聞いていますもんですから、その以降と思います。 ○委員長(甲斐俊光君) よろしいですか。  ほかにありませんか。 ◆委員(印南宏君) 私のほうは、新木駅北口広場について再度確認をしたいんですが、都市計画課、交通課、道路課等をまたがるとは思うんですが、我孫子市の東側地区の定住人口の増加とか活性化について考えると、どうしても東側地区の新木駅周辺の利便性向上は我孫子のまちづくりの重要な鍵を握っているというふうに思います。新木駅の橋上駅舎建設は執行部の方の努力の結果、平成28年度末完成へと確かな道筋が見えてきました。建設途上であるんですが、新木駅周辺で課題となるのは、幾つかあるんですが、1つは下新木踏切の拡幅と南北の交流道路、この整備ですね。2つは新木駅南口で売却のうわさが聞こえてきます、とある宗教団体の大規模保有地の利活用、また3つ目には、閉鎖的な形になっていますが、新木駅北口の利便性向上策、広場等の整備だというふうに考えます。  私は、過去何度も取り上げて、本会議では平成25年9月議会、新木駅北口広場の整備について質問をして、執行部からの御答弁としては、通勤・通学等の送迎に供する乗用車の利便性向上については必要であると認識をしていると。今後は回転広場の設置を含め、広場的な機能を備えた駅前空間の充実を図るために研究を進めていくと。  また、この常任委員会の平成27年6月議会でも、新木駅北口の整備を望む声に、建設部長からは、新木駅舎が平成28年末に完成することで、国道356号側からのアクセスについても考えなければならない。当然用地の取得も絡んでくるけれども、駐車場を含めた課題の洗い出し、そういうものを今後検討したい。これは議事録の抜粋でありますが、市長からも、職員が何件かは地主に打診をしている状況、そして用地交渉をしていて、少しでも広い駅前ロータリーといかないまでも、すれ違う場所を確保したりとか、今検討を進めている等々お答えをもらっています。  ここでは、質問の1は、この北口の回転広場を含め、広場的な機能を備えた駅前空間の充実を図る研究は現在どのように進んでいるのでしょうか。これについてお答えをお願いします。 ◎建設部長(大谷正君) お答えします。新木駅の北口なんですけれども、駅舎が日に日にでき上がってきているということで、356からの今度アクセスが重要になってくるということで、6月議会でもお答えしたんですけれども、今現在は自転車駐車場があって、突き当たりに階段があるというような状態なんですけれども、一つの考え方としては、今現在ある駐輪場、これは大きさもはかってきたんですけれども、車が回転するには十分な大きさなのかなと思われますんで、今ある駐輪場を車のスペースとするのも一つの案で、その代替として駐輪場をまた別のもっと線路側に求めていくというのも一つの案だと思いますんで、そこらを含めて今後さらに検討していきたいと思います。 ◆委員(印南宏君) 確かに新木駅の北口を見ると、今の駐輪場、そこを回転広場にして、逆に駐輪場をもっと駅の線路に近いほうにする、一つの方法だというふうに思いますが、6月議会の御答弁でもあったんですが、北口側の地主さんたちに北口の駅前広場、または道路幅員の拡幅について打診等をしているというような話も、6月議会では職員の方何人かがやっているという話も聞いています。道路幅員の拡幅等は検討していらっしゃるのか、お聞きしたいと思います。 ◎建設部長(大谷正君) 356から新木駅に行く道路なんですけれども、これにつきましては特に東側ですか、建物がかなり接近しているということで、道路を広げるというのは、課題はかなりあるのかなという考えでおります。ただ、あと356へ出るところのやはり隅切りの確保とか、そういうことも考えられますんで、そこら辺を今後検討していきたいと思います。 ◆委員(印南宏君) ありがとうございます。そうすると、道路の拡幅というのは東側が非常に建て込んでいるから難しいという御答弁、ということは道路の拡幅はまだ検討をしているわけではないということだろうというふうに思います。そういう意味では、地主さんと接触等をしているというのはどういう内容で接触、どういうところを買うおつもりで接触しているんでしょうか、打診をしているという内容については、道路の拡幅でないとすると、どのような解決策を考えての地主との打診、接触をしているんでしょうか、その点についてお聞かせください。 ◎建設部長(大谷正君) 地主との打診ということなんですけれども、道路を広げるということじゃなくて、やはり線路と突き当たったところ、そこを駐輪場としていくのも一つの考えでありますんで、そこら辺の地主さんの意向とか、そこら辺を今確認しているところです。 ◆委員(印南宏君) いずれにせよ、新木駅の北口を今後どうしていくのかというのをやはり整理する必要があるというふうに思うんですね。今建設部長からの御答弁は、新木駅のいわゆる奥のほう、線路に近いほうの土地を打診して広げるということだという御答弁だというふうに思いますが、もう一つのいろいろな方法としては、都市計画の関係でこれ検討というのはできないのか。例えば駅前広場の整備とか、北口ですよ、それから区画整理の手法、これは当然減歩等絡んできて我孫子市のお金の持ち出し等も発生するわけですが、都市計画上で今後新木駅北口側を、駅はこれから平成28年までにできるわけですが、北口側をどうしていこうかというようなことも含めて、都市計画上の検討はどのようになっているのか、全く検討していないのか、検討する方向にあるのかも含めてお答えください。 ◎都市計画課長(吉成正明君) 新木駅北口については、都市計画でということになりますと、やはり委員おっしゃるとおり、まず考えられるのは区画整理だと思います。ただ、やはり委員もおっしゃっていたように、地価の下落が続いている中、減歩をして、土地の面積が減って、資産価値の上昇も見込めないと、そういった中で、区画整理でそれに合わせて駅前広場ですとかアクセス道路なんかを整備していくのは、やはり事業化していくというのは非常に難しいものがあるというふうに私としては考えております。 ◆委員(印南宏君) 答えとしては、都市計画としては難しいと、一言で言えばそうだというふうに思いますが、いずれにせよ、新木駅北口の今後のあるべき方向性というものをやはりいろんな形、ある一定の土地を買うというのも一つの方法ですが、方向性を定めていかないと、目標みたいなものを定めていかないと、新木駅は、駅はできました、南口は確かに利便性はあると、しかし北口は今のままでは、さっき申し上げたとおり我孫子市の東側地区の人口増が図れるという有望な新木駅周辺そのもののやはり価値というものを上げるためにも、そういうことも必要だというふうに思うんですが、その点について市長のお答えがあれば、お考えがあればお答えいただきたいと思います。 ◎市長(星野順一郎君) 財政厳しい中では、やはり優先順位はあろうかと思っています。そういう状況の中で、今新木駅の北口については、両隣にかなり銀行や民家が張りついていて、道路拡幅というのはかなり厳しいものがあるかなと。また、その周辺にもいろんな看板等があって、非常にいろいろと調整を図る必要性がある方々が随分いるかなというふうに思っています。そういう中で、一つずつ今地主さんと交渉しながら、まずは、先ほど部長が答弁したように、待避所、あるいはUターンできる場所というところから一つずつ地主さんと交渉させていただいて、いい結果を出せればいいかなというふうには思っていますが、なかなか用地買収につきましては地主さんの理解と協力を得られるまでには多少お時間がかかるかなというふうには思っています。 ◆委員(印南宏君) わかりました。市長のほうの御答弁にある、一つずつ、それから財政的に厳しさの中で行っていくというのも重々承知の中で、Uターンできる場所をまずはつくるんだという市の基本姿勢があれば、それを実現するために一つずつ着実にやっていただきたい。ただ、新木駅全体を考えると、どうしても北口全体をどうするべきか、どうあるべきかというのを本当に構想的なものもしっかりつくっていかないと、まちの未来が見えないというものあります。先ほど言った、3つの大きな課題は申し上げましたけれども、その一つが新木駅北口だということを申し上げて、市長のお考えはわかりましたので、答弁は結構です。      (「関連」と呼ぶ者あり) ◆委員(豊島庸市君) 部長、あそこの京葉銀行のところを考えないで、あそこは人だけでもいいんだよ。あそこから前後50メートルか30メートルの地主さんと話をして、太い道をつくっちゃえばいいんだよ。それのほうが簡単だよ。売りたい人もいるんだから、わかっているんだから。だから、もう少し、我孫子のほうに行くか、布佐のほうに行くかをして、アクセスをつくっちゃえばいい。それのほうが簡単。どう考えているか。 ◎建設部長(大谷正君) まだそこまで大胆なところまで考えていませんので、今後、きょう御意見をいただきましたんで、今後検討の一つとさせていただきます。よろしくお願いします。 ◆委員(豊島庸市君) 民間だったら、そういうふうに考える。公務員だから、そんなことをやっている。もうとっととできちゃうよ、民間だったら。そういう考えの転換もしないと進んでいかない。だから、10年も20年もかかるの、駅舎つくるまで。だって、あれでしょう、歩道のところへ来る広場をつくってあればいいんだから、右につくろうが左がつくろうが、今あるところじゃなくつくるんだったら簡単だよ。例えば京葉銀行の道と下新木踏切への道があるじゃん、南に行く。あの間に広い道あるじゃん。そうするとまた、こんな質問をしていると騒がれるかもしれないけれども、あれを利用するのも一つの、中へ入れば土地って安いんだから、そうでしょう、道がないところを買収するんだから。そういう考えの転換もしなければできない。 ◎建設部長(大谷正君) 今後いろいろな方法とか、そこら辺を模索していくとともに、検討させていただきます。      (「本当か、やる気ねえな」と呼ぶ者あり) ○委員長(甲斐俊光君) よろしいですか。  ほかにありませんか。 ◆委員(茅野理君) 私は、若い世代の住宅取得補助金、この事業についてお伺いいたします。  平成26年232件、予算額として4,000万円計上したのを予備費500万円で4,500万円ほど予算をつけたわけですね。今年度5,000万円の予算をつけて補正等もされていくわけですけれども、この事業について、とりあえず平成26年、27年を総括してと言ったらまだあれですけれども、我々議員の任期が11月末なので、今の段階での総括、どういうふうに捉えているのか、お答えください。 ◎建築住宅課主幹(関根豊君) 平成26年度、27年度を見ました結果、今のところ、こちらが申し上げられることとしましては、一応、目的としました定住化、あと転入の目的ということで、この事業が始まったわけですが、転入の方につきましては大体申請者の3割ちょっと、あと定住化につきましても、平成25年度ですか、定住化のいろいろ検討の中で、定住化したいためには何が一番きっかけとなるかということありまして、その中で一つの要素としまして親兄弟、そういった者が市内にいるということがありましたんで、その点も考慮しますと、その申請者の中で大体5割前後が親兄弟が我孫子にいるということで申請が上がっておりますので、ですから、この事業の目的としましては、今のところ十分な結果が出ているかなと思っているところです。 ◆委員(茅野理君) 定住化と、やはり人口減、人口増加策ということで、我々会派の代表質問でも取り上げたわけですけれども、やはりその辺をPRしていくところがまだ不足しているなと感じているわけですね。情報源ということでこれ資料を見ますと、市の広報、市のホームページだったり、やっぱりこれ最終的な課税課、家屋調査の中でこの制度を知ったという方が一番多いわけですね。やはりその辺でもう少しPR、市外の方にしっかり我孫子市に来てもらう、その広報の一つとしてもらうためにもこの制度があるわけですから、4,500万円も5,000万円も使っているわけですね。ですから、その辺をもう少し意識を持っていただきたい。担当課だけではないと思うんですよ。やはり広報のほうとしっかり連携をとりながらやるできだと思います。ハウスメーカーからとか、不動産屋からの情報というのが非常に少ないんですね、この結果を見ると。ですから、その辺のPRについて、もう少し策を練っていただきながらやっていただきたいと思います。いかがですか。 ◎建築住宅課主幹(関根豊君) そうですね、市外の方からの転入につきましても、3割前後ということで、市外の方にこういったもののアピールが足りないのか、足りるのか、ちょっと今のところ判断はつきませんが、市外の不動産業者にもお願いしたところなんですが、やはり市外の不動産業者というものはそこの地元の市町村がメーンですので、ちょっとそれは無理かなということで、あと広報の関係等、庁内、一応、そういった広報できるような場面があればうちのほうからパンフレット等をそちらから渡していただいて、なるべく広い方、市外、市内に限らず、広い方にお渡しして周知できるように今後も努めていきたいと思っております。 ◆委員(茅野理君) ぜひお願いします。  それと、全体的な話になるんですが、この制度ですけれども、どの程度予算をつぎ込むのがいいのか、この辺ってどういうふうに捉えているんでしょうか。まだ、2カ年ぐらいの制度なので、なかなか総括的なものはあれでしょうけれども、やはりある程度人口目標、これを達成するためだったりもするわけですから、どの程度の予算が年間必要になるのか、どういうふうに考えていらっしゃいますか。 ◎建築住宅課主幹(関根豊君) ちょっとその辺は難しいところがございまして、人口増、今のところ毎月の人口を見ますと、月々ちょっと減っているかなと思うんですよね。特定の地域、例えば南新木を見ますと、最近ふえている状況もありますので、全体、市の人口増加というと、この制度だけではなくて、いろいろな制度、あと支援策、そういったものがまた必要になってくるのではないかと思うんですが、予算的には今年度補正、今回の議会のほうでお願いしているわけなんですが、大体7,000万円前後にはなるんですが、一応申請も、人気というか、ありますので、そのあたりが、7,000万円前後が予算的には適当かなとは思っております。 ◆委員(茅野理君) 予算審査特別委員会も開催されるので、その辺については余り突っ込めないところかなというふうに思っておりますけれども、やはりその辺も、全体的な予算もしっかり検討をしていただくことも大事かなと思います。というのは、やはり私なんかも御意見をいただいたんですけれども、もっと手厚く市外にもPRできるように、100万円もらえるとか、そういった話を出す方もいるわけですね。私がその考えを正しいとは思わないんですけれども、一応そういったことまで期待している高齢者もいるわけですから、それで若い人に入ってきてほしいというふうに思っているわけですね。ぜひともその辺を検討していただきたいのと、これ制度、加算がありますよね、子どもとか、東側だったり、この辺の見直しみたいなのは全く考えられないんでしょうか。というのは、やはり転入者をふやさなきゃいけないと思うんですね。その辺で厚くするとかいう検討状況をお知らせください。 ◎建築住宅課主幹(関根豊君) 検討、一応、始めて3年間ということで、来年度いっぱいこの制度は続くわけなんですが、それ以降につきましては続行かどうかという話と、あと続行であれば、そういった加算条件ですね、また見直しをかけないといけませんので、そのあたり今年度、来年度にかけて検討してまいりたいと思っております。 ◆委員(茅野理君) ぜひよろしくお願いします。この制度、あるからいいだけじゃなくて、やはり見直ししていくという姿勢と、さらなるPRですね、これなかなか始まったばかりでというのはありますけれども、どんどん、今市長あちこちのFMへ出られたりとか、市外のところでいろんな我孫子市の魅力を発信しているわけですけれども、ぜひこの制度も、もう大々的にPRをしていただきたいなと思います。要望です。 ○委員長(甲斐俊光君) ほかにありませんか。 ◆委員(松島洋君) 担当の方には事前に言ってありますけれども、下水道未整備地区についてお伺いいたします。といいますのは、先ほど、水道もそうなんですけれども、発作踏切、私のところから行った発作踏切の手前左側、2街区にわたって下水道が整備されていません。そこは受益区域であります。それは先ほども委員会で言ったんですけれども、ハナガタ工務店というのが作造をして、そして井戸で給水をしていたと。今度井戸から水道になったと。私も近所で、うっかりしていたんですけれども、下水道管が入っていない。それについてはこの間お話ししましたですけれども、わかりますよね。 ◎下水道課長(寺田素春君) ご説明いたします。前もって松島議員のほうからお話がありまして、ちょっと調べさせていただきました。下水道の整備については、5カ年計画に基づいて着実に進めておりますが、どうも千葉竜ヶ崎線のアンダーパスがあるということが原因して、スポット的に抜けちゃっている状況がありました。アンダーパスが原因で下水道の整備をするには東側と西側に振り分けざるを得ないだろうということがありますが、端的に言いますと、酉町側のほうにも、先ほど井戸の跡というような話がありましたが、そこを通して出せるかなというざっくりした測量はしてみたんですが、酉町側のほうが浅いもんですから、非常に難しそうという状況です。これはもうちょっと正確にコンサルを入れてやってみないとわからないところがあります。そうなると、やはりアンダーパスの側道ができますので、それを通じて出していかざるを得ないと。そうすると、千葉県でやっている道路工事に合わせてになるのか、その辺はちょっと今後に協議になりますが、少し時間がかかってくるのかなということがあります。それと、反対側の西側のほうなんですかね、これにつきましては、ある程度簡単につなげられますので、来年度設計をしたいというふうに思います。平成29年度に施工というふうな感じで今考えております。 ◆委員(松島洋君) 忘れられちゃったというのが事実だろうと思います。それで、ハナガタ工務店というのが開発行為で40年も前にやりましたので、U字溝そのものも細いんですよね。地盤沈下なども起こしていまして、皆さん浄化槽でやっていますね。浄化槽というのは完全にきれいになるとは限らない。特に管理が悪いとそのまま出てきちゃうようなこともあり得る。ですので、特に今、寺田さんおっしゃった千葉竜ヶ崎線で分断された右側のほう、いわゆる西側といいますが、右側のほうは比較的やりやすいのではないかというふうに思います。ですから、早急に、先ほどおっしゃいましたように、もっとスピードを速めて、できるところはやってやらないと、といいますのは、大体平成28年度で千葉竜ヶ崎線が開通いたします。少なくともそれに間に合わせるぐらいなことでやらないと、側道も使うにしてもですね、ありますので、それをぜひお願いしたいと思います。それだけの返事をもらえばいいです。 ◎下水道課長(寺田素春君) できれば、私のほうも、先ほどちょっと千葉竜ヶ崎線の側道へ入れざるを得ないかなというようなところも話ししましたけれども、そちらも少し浅目に埋設することが可能であれば簡単に接続できますので、その辺も視野に入れながら、来年度設計のほうには入りたいなと考えていますので、ちょっとおくれちゃって申しわけありませんが、早急に対応を考えていきます。 ○委員長(甲斐俊光君) よろしいですか。  ほかにありませんか。 ◆委員(戸田智恵子君) 岡発戸市民の森についてお伺いいたします。  私の自宅からも近いんですけれども、なかなか厳しい評価をいただいています。平成2年にこの岡発戸市民の森をつくっていただきまして、25年がたっているわけですけれども、この岡発戸市民の森の位置づけとしては、さまざまな生き物が生息する緑豊かな自然環境空間であることから、地区の拠点的な緑地として積極的に保全しながら、市民の憩いの場として活用していきますということなんですけれども、なかなか今の現状は市民の憩いの場とはなっていないような状況なんですけれども、所管、担当のほうから見て現状をお知らせください。 ◎公園緑地課長(成嶋文夫君) お答えします。現状ではボランティアの方が主体となりまして、地権者の協力をいただきながら管理をしておりますが、やはり入り口付近が暗いとか、幾つか課題をうちのほうも把握しておりますので、一つずつ地権者とも協議しながら、市民が憩える場所、市民に親しまれる公園にしたいと考えています。 ◆委員(戸田智恵子君) 本当にボランティアの方たちが一生懸命やってくださるということで、最近見てきたんですけれども、下草刈りがしてあったりということであるんですが、特に私が感じましたのは展望広場なんです。随分手前に綱が張ってありまして、全く展望できない広場なんです。先のほうがほとんど木が生えていて、沼が見えないところを展望広場とするのはいかがなものかと思ったりもしているんですけれども、展望広場の管理というんですか、現状ですか、これからのことも含めてお知らせいただきたいです。 ◎公園緑地課長(成嶋文夫君) 確かに展望広場ですね、案内板では展望広場というような形で掲載していまして、実際にそれを見て行った方は余り手賀沼が見えないというようなことも聞いています。できればそこをもう少し木を切るなりして見晴らしよくできればいいんですけれども、何せその下に住んでいる方がおりまして、またプライバシーの問題等もありまして、なかなかそこまではできない今状況がありますんで、そこは誤解がないように、今後の整備とあわせて展望という広場が本当にふさわしいのかどうか、それも含めて検討していきたいと思います。 ◆委員(戸田智恵子君) あともう一つなんですけれども、ハリギリ広場というところがありまして、そこに鎖が張ってあるんですね。公園緑地課が鍵を管理していますという表示がしてあるんですけれども、何かとても不自然なんですね。何でこういうことになっているんだろうかということも含めて表示していただくなり理由をまずお聞かせいただきたいのと、表示していただきたいという思いがあるんですけれども、いかがでしょうか。 ◎公園緑地課長(成嶋文夫君) ただいまの御質問の場所につきましては、我孫子ゴルフ倶楽部が所有している土地でありまして、そこを奥にいる地権者が住んでいますので、その方が利用する際に使えるような形で、鍵については地権者に渡していまして、なぜそこを鍵をかけているかというと、以前かなり奥のほうに不法投棄があったということで、地権者としてはそれを防ぎたいというようなことでありました。今後についてはその辺がわかるような表示をやっていきたいと思います。 ◆委員(戸田智恵子君) これから整備していただくということで、案内板の場所とか表示の仕方とか、今随分工事をして、形が前の岡発戸市民の森とは変わっているところもありますので、そういうのも含めてしっかりと整備していただいて、市民の憩いの場に本当にふさわしい岡発戸市民の森にしていただきたいと思います。もう一回答弁よろしくお願いします。 ◎公園緑地課長(成嶋文夫君) 今のところ、利用する方も少ないんで、できれば多くの方が利用できるような、そういった森になればいいと考えていますので、その辺を地権者と協議していきたいと思います。 ○委員長(甲斐俊光君) よろしいですか。  ほかにありませんか。 ◆委員(印南宏君) 私のほうからは空き家対策について、都市部のほうにお聞きしたいと思います。  市内を巡回、見回してみますと、空き家が年々多くなってきて、空き家問題というのは深刻化していると実際私は肌で感じております。空き家対策には大きく2つの方向性があるというふうに思っています。一つは、老朽化空き家となった建物の撤去促進策、もう一つは空き家の利活用を推進して、先ほども御質問ありました、住宅補助の定住化の問題等が出ましたけれども、まちづくりに生かしていく、定住化促進策となるのかどうか。首都圏のベッドタウンとして発展した当市においては、地方都市でよく言う古民家といいますか、そういう家があるわけでもありませんし、所管は違いますけれども、市民安全課が管理する、通報があって管理する空き家というのでは利活用が難しいだろうという建物も空き家として多くあります。そういう中で、質問としては、庁内で関係部署の連携ということで、平成27年5月、ことし5月に関係部署が集まって勉強会を実施したと聞いております。空き家対策は庁内でどのように今後行っていくのか、勉強会等で市民安全課や建築住宅課が絡んでくると思いますが、市の方向性、方針はどのようになっていくのか、主体はどこでやるのかというのも含めて現状をお聞かせください。 ◎建築住宅課長(伊藤英昭君) お答えします。今委員がおっしゃったとおり、5月に関連部署が集まって勉強会を開催したところですが、その後も庁内の調整を進めているところでして、また県においても空き家等の対策の検討部会が発足されまして、我孫子市も当部会に参加していますんで、そこで情報収集を今しているところです。 ◆委員(印南宏君) 今御答弁いただきました。千葉県が主管する話も出ましたですね。空き家等対策検討部会というのが、第1回が何か6月2日に開催されたと聞いています。テーマは2つあったと、一つは空き家等の実態把握、データベース化の整備、もう一つは空き家等の対策計画を策定するというようなことだというふうに伺っております。これ2つとも今年度中に取りまとめるということも伺っているんですが、当市において空き家等の実態把握を、我孫子市としてはどのように行っていくつもりなのか、その方向性についてお考えをお聞かせください。 ◎建築住宅課長(伊藤英昭君) 現在、空き家等の対策、取り組みにつきましては、庁内調整を進めておりまして、その中で取り組みの方針や方向性がまとまった時点で関係部署と連携いたしまして、検討することになると思っております。 ◆委員(印南宏君) お答えとしては検討する方向にあると、わかりました。そういう中において、じゃ、空き家等、先ほど水道局等にも確認をしたんですが、実態把握というのはいろんな把握する方法があると思いますが、我孫子市として空き家を独自の調査をして、実態をですね、今どのぐらいの空き家があるのか、戸建て、マンションも含めて、そういうのをお金をかけて実態調査する方向性、そういう考えはあるのか、それともそういう方向性はないのか。実際、行ったら幾らぐらいかかるというふうに担当課のほうでは思っているのか、実態把握のことについてお答えください。 ◎建築住宅課長(伊藤英昭君) 先ほども御答弁させていただいたんですけれども、今時点は内部の中でその方向性を決めようという段階でして、まだ実態調査をするかどうかは決まっていない状態です。 ◆委員(印南宏君) そうすると、何も今のところまだ決まっていないという状況だというふうに思います。ただ、これだけ千葉県の空き家等対策検討部会もできる中で、本年度中という一つの区切りもある中でテーマも決まっていますので、庁内の中の方向性というのは、もう本当にどこの課が中心にやっていくのかというのも含めて、そういうことも決めることがいいのかどうかも含めて、やはり方向性というのもしっかりとっていただきたいなと思います。  それで、この間の固定資産税の通知の関係等のお答えもいただきましたけれども、これは御答弁では空き家等の賃貸活用を促す作戦ということで、平成26年度全不動産の23件中2件だったものが、平成27年度は8月末までで24件中8件と相談件数が増加したと、効果があるというふうに理解をしているということだったんですが、こういうことも含めて、不動産業界への橋渡しといいますか、そういうのも今後とも続けていくという方向でよろしいのかどうか、それともこういう方法とは別に何か違ったことも考えていくのか、利活用の活用策として、そういうことについてお答えください。 ◎建築住宅課主幹(関根豊君) 利活用につきましては、やはり相談となりますと専門的な分野も多いかなと思いますので、今ある不動産相談、あと住宅相談、それを今後もより一層充実させながら進めていきたいと思っております。 ◆委員(印南宏君) ありがとうございました。確かに利活用については専門的なスキルも必要になってくるのかなと。私が考える空き家の利活用という方向からいうと、どうしてもこれからの我孫子市の中を見ていっても、全体的にはコンパクトシティ化していくだろうし、利活用を進めるためにもいろんな、先ほど定住化策でもありましたけれども、リフォームするお金の補助なんかも含めてどれだけ財政が出せるのかというのは大変厳しいものもあるというように思います。そういう意味では、ある一定の補助、援助策をやるにしても、エリアを絞って重点的に行っていくことが必要だというふうに私は考えているんですが、そういう点も踏まえて、ぜひこれから空き家対策を行っていく上で、我孫子市としてとるべき策について、ある一定の条件を絞るような形でやらざるを得ないのかなと思うんですが、その点についてのお考えがあったらお聞かせください。 ◎都市部長(渡辺昌則君) 空き家対策につきましては、今庁内で方向性を密に整理をして、組織もどうするのかということも含めて、今検討をしているところです。将来的には、確かに全市的に調査を今協議の中、内部の調整の中では、今おっしゃられたように、全体的な調査だと非常に金額、費用も時間もかかるものですから、エリアを絞ってやるというのも一つの手ではないかと。ただ、それも、じゃ、どこの地区が本当に空き家が多いのかと、そういうところもまず調査しないと、そのエリアを絞れないということで、なかなかどういうような形でやるのかというところの結論までは至っていないところでございます。  また、国の支援策、そこがまだはっきりしていないものですから、基本的にそれを全部一般財源だけでやるということになってくると、それもかなり難しい状況なものですから、国の支援策がある程度メニューがはっきりした段階で、そこも考えて整理をしていきたいというふうに考えております。 ◆委員(印南宏君) 御答弁ありがとうございました。  先ほどのエリアというのは、実態を把握して、どこに、どのぐらいに空き家があるかと、そういうことを調査するエリアじゃなくて、私が言っているのは利活用できるエリアというのを絞る必要があるのかなと言った段階で、それは部長がそれを考えた上でも実態の把握が必要だということを言ったんだと思いますが、ぜひそういう意味では実態把握というのは、国のいろんな補助なんかの方向性も見定めた上で、やっぱり実態を把握しなきゃいけないと僕は思うんですね。私の考えとしては、空き家は今後住宅取得が難しい弱者とか若者等が住宅として活用できる余地は中古住宅というか、空き家は僕はあるというふうに思っています。しかし、あるんだけれども、非常にエリアなんかも絞る必要もあるのかなと。我孫子市としてのそういう利活用を、空き家の利活用を、戦略をつくっていくしかないんだろうというふうに思うと。ぜひ、そういう意味では今後の組織も明確にする中で、我孫子らしい空き家の利活用、それを行っていただきたい。強く要望をしておきたいと思います。御答弁は結構です。 ○委員長(甲斐俊光君) ほかにありませんか。 ◆委員(芹沢正子君) 久寺家の住民の複数からの要望です。  広い通りを左側にヤマトとかお菓子屋さんの前の歩行者用の押しボタンを押したときに、前は根戸小の子どもがぞろぞろ通ったわけですけれども、もう今はたった1人が通っても一定の時間信号が変わらないで、待っている人はしょっちゅういらいら、駅に送迎している人はその話を何人かでしていました。市役所の関係ではないとは思うんですが、押しボタンのその後の緑の時間を短くするように要望することはできますか。 ◎道路課主幹(南川秀一君) お答えいたします。確かに、信号機の青の時間の調整というのは警察のほうの判断になるんですけれども、あの時間というのも道路を渡る長さによってその時間をある程度調整していますが、要するに渡り切れないうちに赤になってしまうということはまずいことなもんですから、そういったものを含めて時間等のほうは警察のほうで調整しているもんですから、そういったものもありますので、そういうものを含めてちょっと警察のほうとは話をしていきたいと思います。 ◆委員(芹沢正子君) お願いします。  それと、ひかり幼稚園のところ、356号にようやく出てきたんですが、あそこの八坂神社からの一方通行が完成して通行できるようになるのはいつですか。 ◎建設部長(大谷正君) 今の質問なんですけれども、八坂神社から手賀沼に、要は公園坂通りということでよろしいですよね。ここについては、まず手賀沼公園久寺家線、今工事中なんですけれども、まずこれが完成して、交通の流れを見て、公園坂通りのどっちに一方通行にするか、それ以降考えていきたいと思います。それで、整備年月日なんですけれども、今現在、都市計画道路、まだできていない状態ですんで、これができて、交渉が完了して工事が2年はかかると思うんですけれども、それからということで、もう少し公園坂通りの一方通行化と、あと整備ですか、そこら辺については今現在何年度になるという整備年度は明確になっていないのが実情でございます。 ◆委員(芹沢正子君) ありがとうございました。  それから、並木小学校の校庭の穴についてお尋ねします。  小学校の校庭に穴があいたと子どもが言っていたというのを保護者から聞いた…… ○委員長(甲斐俊光君) ちょっと待って。      (「所管にないことはだめです」と呼ぶ者あり) ○委員長(甲斐俊光君) よろしいですか。  ほかにありませんか。 ◆委員(松島洋君) 手賀沼遊歩道について伺います。  報告第4号に、第3番目に手賀沼遊歩道で事故が起きたと。これ前にも私、手賀沼遊歩道の根が張ってあることについていろいろ質問をしました。これ非常に難しいことなんですね。例えばニセアカシアというのは意外と表面に根がきちゃうんですね。ですから、すぐ舗装を持ち上げてしまうと。それから、切っちゃうと今度は倒れやすくなっちゃうとか、いろいろ難しいんですけれども、いわゆる手賀沼遊歩道というのはどこの市町村も手賀沼に目を向けないときに、昭和40年代に我孫子市がもう本当にヒットですよね、あそこに遊歩道をつくったと。それ以来、なかなかきれいに整備されていないという実情だろうと思います。それで、この前のときにも、一番我孫子で常時人が来ているのは、動いているのはあそこではないですかというお話をしました。ですから、あの遊歩道をきちんと整備をすると。これは前にも聞いたんですけれども、予算が1本でないんですね、別建てではない。ですから、手賀沼の遊歩道の修理、保全については別建ての予算を組んできちんとやる必要があると。といいますのは、市長が今度は桜を植えると言いましたですね。桜を植えると、市長の考え方では大体3カ月ぐらい桜咲いていると、そういう勘定にもなるんですね。それから、私はあそこに句碑と歌碑をつくったらいいだろうと。いわゆる我孫子市が文化都市としてですね、そういうことも提案をいたしました。ですから、ぜひあの遊歩道の予算については別建てできちんと立てて、それで計画的に整備をしていくと。こういう事故が起こらないように。私も何回か歩きました。危なっかしいところがいっぱいあります。といいますのは、お年寄りになりますと、私もまあ年でありますから、畳のへりでつまずくんですよ、畳のヘりで、だから、このぐらい出っ張っていたらば、もうつまずくのは目に見えています。ぜひ、これは副市長答えていただけますか、別建ての予算ということについて。 ◎副市長(青木章君) 今御指摘のとおり、我孫子の手賀沼という財産を一番象徴的に皆さんが集まるのは遊歩道かなというふうに思っています。四季を通してたくさんの人たちが楽しんでいただいていますが、なかなか別建ての予算というのは、ある意味基金とかそういうことを意味しているのかなと思いますけれども、財政の許す範囲の中でやはり一つの大きな魅力づくり、今度はさくらプロジェクトも始まりますけれども、そういう意味では一定の予算の投資というものはしていくことになろうかと思いますので、少し念頭に置きながら遊歩道の整備というのは考えていきたいと。とりわけすぐに基金とか、そういうところまではちょっと今考えておりませんけれども。 ◆委員(松島洋君) 私は基金をつくれというのは後の話で、とりあえず我孫子市の予算の中でそこだけ遊歩道の整備、補修の予算というのをつけていただかないと。といいますのは、全体の中の一部なんですよね。そうすると、あそこだけの整備はなかなかできません。根っこを取り払ったり平らにするのもできませんから、やはり別建ての予算というのは、基金は別にして、当面はあそこだけの予算をちゃんとつけて毎年やっていただきたい、そういうことです。
    ◎副市長(青木章君) 予算編成、あるいは予算を措置する中で明確に、目的別予算ということでございますので、公園や全体をひっくるめた予算というよりも、手賀沼遊歩道には少し名目を持って予算をつけるような努力をしていきたいというふうに思います。 ○委員長(甲斐俊光君) よろしいですか。  ほかにありませんか。 ◆委員(芹沢正子君) すみません、桜のことでちょっと、もう議会で質問し、答えもいただいていることですけれども、けさ、わんぱく丸広場のところ、全部上を草刈って、もう平らになっていたんで、そこをちょっと寄ったんですけれども、わんぱく丸広場があって、既にここの歩道のところは桜の木が植えてあるんですよね。あそこで何本といった本数をちょっと忘れてしまったんですが、あれをまた、こことここと桜を植えたら、桜と桜と重なる格好になるかというのと、あちらの電研側は桜の木が大きくなると明かりが届かなくなるんです。昔、うんと鬱蒼としていたのが、木を切っちゃったために明かりがずっと届いて、夜の犬の散歩のとき余り怖くなくなったという状況があるので、よく調べてから桜を、あのときもう植えますとおっしゃったんで、もう一度調べてみてください。 ◎公園緑地課長(成嶋文夫君) わんぱく丸広場ですね、今現状は学校に行く通学路ですか、その左側ですね、そこにソメイヨシノが20本ほど植わっています。今回植樹する場所としましては水路ですね、学校側の水路側と、あと今6号側の建設をやっているところですかね、そちら側の、南側ですか、そちらに植える形になりますんで……      (「わかりました」と呼ぶ者あり) ◎公園緑地課長(成嶋文夫君) ですから、コの字になるような感じになります。      (「わかりました。それなら大丈夫です」と呼ぶ者あり) ○委員長(甲斐俊光君) よろしいですか。  ほかにありませんか。 ◆委員(松島洋君) 基金は後でいいなんていうことをちょっと言いましたですけれども、それはちょっと言い直します。  やっぱりお金を集めることも必要なんですね、お金を集めることも必要。ですから、句碑とか歌碑とかというのも、そういう形でお金を集めてやるということも大切ですので、当面、来年は我孫子だけの予算でいいですけれども、将来的というか近い将来に手賀沼基金みたいのでもやって、民間から個人からお金が集められるようなシステムもつくって手賀沼を整備するということがいいのではないかと思います。これも青木副市長で。 ◎副市長(青木章君) たしか今手賀沼ふれあい基金はまだ残って、予算は残って、たしか残っています。ですから、それを遊歩道そのものだけということではなくて、手賀沼の魅力アップ全体に使うという予算でしたけれども、ちょっと私も今そこを思い出したもんですから、その基金の活用、あるいは新たな基金が必要かどうかも含めて検討させていただきまして、先ほどお答えしましたとおり、一層の魅力化はしっかりと図っていきたいというふうに思います。 ○委員長(甲斐俊光君) よろしいですか。 ◆委員(印南宏君) 治水課のほうに1点お伺いしたいんですが、台風17号、18号に関する雨台風の影響というか、茨城や栃木や宮城のほうでもお亡くなりになった方もいらっしゃるし、心から哀悼の意を申し上げたいと思うし、被災された皆様にはお見舞い申し上げます。  我孫子のほうが結果的には、9月9日から9月10日、被害も、人的なものも家もなかった、本当によかったなというふうに思っています。ただ、道路冠水が10カ所あって、そのうち4カ所が道路交通をある一定時間遮断したというふうに聞いております。そういう中で、今回のこの雨台風を見てみますと、積算雨量では我孫子市東西に長い中で、北近隣センターが207.5ミリメートルが最高で、浸水の心配をしていた布佐地区については176.5ミリメートルでありました。やはりゲリラ的豪雨等のときとは違って、布佐の1時間当たりの雨量というものが随分以前の、平成25年の台風26号と違うなと思って、それでよかったなと思うんですが、今回新しいポンプを入れています。このポンプそのものも大変効果があったものというふうに推察をしているんですが、以前は葭立のほうにあるのは、暫定ポンプ、56.6立米ですから、水中ポンプとあれで、それが毎分でいくと今後、第1期で500立米ですから、能力が8倍、9倍になっているわけですから、効果があったと思うんですが、今回のこの質問は、平成27年9月9日、10日にかけた台風17、18号を介しての雨台風でどのように布佐の新しいポンプ、これが自動で動くような形になっていますが、効果があったのかどうかというものをしっかりと考察をしていると、分析をしていると思いますので、その内容をわかりやすくお教えください。 ◎治水課長補佐(井戸俊君) お答えいたします。布佐のポンプ場については、大ポンプ、1秒当たり3.45立米のポンプが2台、小ポンプ、1秒当たり0.75立米はけるポンプが2台、一応4台配置しております。今回、台風17号、18号につきましては、雨に対しては9日と10日大きな雨が降りました。小ポンプについては常時排水もありますので、1時間に1回、2回動いている状況でした。大ポンプにつきましては、9日については夕方の18時から45分間、10日につきましては夜の0時58分からおおむね11時間程度稼働した状況になっております。トータル的に、小ポンプのほうはずっと動いていますんで、大ポンプの稼働時間としては、全体で11時間1分稼働している状況です。 ◆委員(印南宏君) ありがとうございました。  そういう中で、もし万が一このような新型ポンプがなかった場合、今回のこの雨のケースだとどうなっていたと予想されていますか。 ◎治水課長補佐(井戸俊君) 雨量で、近隣センターふさの風では一番降ったときは10日の9時ごろに1時間当たり25ミリメートル、10分雨量ですと6.5ミリメートル降った雨があるんですけれども、ポンプ場ができる前はおおむね1時間20ミリメートル程度の雨で冠水していたという状況でありますが、今回はこういう形でポンプが動いたおかげで、雨水幹線の水位も低く保たれた結果、大きな冠水も起きなかったというふうに思っております。 ◆委員(印南宏君) ありがとうございます。やはりポンプの効果が大だということを理解しました。  私、ここで確認したいのは、今回のこの大型ポンプというのは自動で動きますよね、自動で。ということは、自動にはいろんな諸条件をセッティングしてあるんだろうと思うんですけれども、この自動の度合いを変えることによって、もっと微調整等あるのかどうかわからないんですが、それによってもっと効果を得るような、そういう自動の単位というか位置というのができるのかなと、素人的に考えたりするんですが、そういう点での今回の雨台風を経験して、自動で動くポンプの微調整とかそういうのは考えられないのかどうか、専門、担当部門からお答えを願いたいと思います。 ◎治水課長補佐(井戸俊君) 今の布佐ポンプ場が集めている排水区、布佐排水区とあるんですけれども、雨水幹線のほうはまだ全て整備されていないと。今の現状の中で排水する中では今の設定が最良なのかなというふうには考えておりますが、今後雨水幹線が何年かかけて着々と整備を進めていく中で、また排水量が変わってきますので、その辺についてもまた状況に応じて検討のほうをしていきたいと思います。 ◆委員(印南宏君) ありがとうございました。わかりました。確かに雨水幹線の網ですよね。末端のほうから水を集めるという意味では、これから整備していかなきゃいけないから、それにのっとってやっぱり自動調整も変わってくるんだろうと思います。それにしても、第1期の、今ポンプ場は第1期が毎分500立米ですね。これが計画でいくと毎分710立米になるというふうに聞いていますから、そういうのになれば、昔の12倍になるんですから、なお一層安全・安心に一歩近づくんだなと思いますんで、これから末端の雨水を集める幹線網への接続を含めて整備を積極的に行っていっていただきたい、要望しておいて、御答弁は要りません。ありがとうございました。 ○委員長(甲斐俊光君) ほかにありませんか。 ◆委員(茅野理君) 6月議会、この委員会でも公園緑地課のほうに求めたんですけれども、ドローンですね、この導入をぜひ、公園緑地課もそうですし、治水課においても導入すべきかなというふうに思うんですね。というのは、やはりこういった浸水被害のおそれがあるときに、なかなか人が、職員の方々が踏み入れられないようなところもドローンを飛ばして水位が上がっていく様子を、状況を見ることもできると思うんですよ。ぜひドローンの活用を検討していただきたいなというふうに思います。布佐においては水位監視システムがあるわけですけれども、それと同じような考えでもあると思うんですね。その辺いかがでしょうか。公園もそうですし、治水課のほうでもちょっといかがでしょうか。 ◎公園緑地課長(成嶋文夫君) 公園緑地課としましては、利根川ゆうゆう公園がありまして、そこが水没するかどうかというのを、今回もかなり心配していたところで、その基準となりますのが、栗橋の水位ですね、こちらが基準となりますので、なかなかゆうゆう公園の状況だけではちょっと判断がおくれてしまうということもありますんで、公園としてはやはり栗橋の水位を参考にこれからもやっていきたいと思います。  また、ドローンにつきましては、何か活用できることがあれば検討したいと思いますけれども、今のところちょっと思いつかないというような状況であります。 ◎治水課長(嵯峨弘喜君) 治水課でございます。ドローンの活用につきましては、関東地方整備局なんかでも最近飛ばして治水、浸水状況を確認しているということはございます。それから、土砂崩れなんかでもよく使われているというふうに聞いております。その辺はホームページを見てもらえれば報告をされているので、そんな状況かと思います。しかしながら、市役所で浸水被害を把握するといったときには、リアルタイムで雨が降っているわけで、リアルタイムで浸水するわけなんですね。そうした中、ドローンを飛ばしてどれぐらい観測できるかとは、またこれから検討していかなければならないんだと思いますが、そういう方法も治水上でいろいろあちこちで検討されていますので、市役所でも使えるかどうかというところ、まずはドローンというのはどういうものかも含めて勉強しながら考えていきたいと思います。 ◆委員(茅野理君) いろんな事件、事故があって、非常にドローンのイメージが悪かったわけですけれども、そういったやはり災害時でも状況を把握できる、人が踏み入れられないようなところも状況を把握できる、それで予測をしていくということがやっぱり大事だと思うので、ぜひ前向きにその活用について検討していただいて、導入をしていただきたいなと思います。御答弁にも、関東整備局でも使用されているということでありましたけれども、常総市の決壊した位置なんかでも、国交省のほうで状況把握で使ったりしているわけですね。ぜひ市で1台、はっきり言ってこれは大した予算じゃないと思うので、いろんな種類ありますけれども、災害時にも使える、また我孫子の風景をPRできるような、これは所管外ですけれども、そういうものにも使えるドローンですから、ぜひ検討のほうを、治水課、公園緑地課としていただきたいと思います。  副市長、はい。 ◎副市長(青木章君) ちょっと所管、商業観光課といえばここの所管ではないという気はしますが、今回、我孫子のCMをつくりましたけれども、それも一部やはりドローンを使って撮影をしているというようなところもありまして、その活用方法というのはかなりあるのかもしれませんので、今治水課長も話しましたとおり、どんな分野で活用できるかも含めて検討させていただきたいというふうに思います。 ○委員長(甲斐俊光君) よろしいですか。  ほかにありませんか。 ◆委員(芹沢正子君) 先ほどの印南さんの続きみたいなものなんですが、市長が若松と布佐と同じように必要なときにポンプを稼働させますというような意味のコメントが出ています。それに対して、市民で同じ人が前からファクスをもらったりいろんなことがあって、担当にはそのファクスは転送してあるんですけれども、今回若松は道路の状況はどんなだったでしょうか。 ◎道路課長(星野幸夫君) 若松の道路状況につきましては、一番手賀沼側の遊歩道に近い道路の一部で多少、冠水といえるかどうかの程度の、10センチメートル程度の冠水というのは確認しております。 ◆委員(芹沢正子君) わかりました。  その前に、道路は何でもないときに、また違う人から、あそこは冠水しているはずだから見てこいと言われて、私はすっ飛んでったことがあるもんですから、いろんなところを気にしている市民が何人かいらして、その手先になって私は何遍も走ったりしているわけです。それで、今回、全体的なことで言うと、上流で決壊があったために、本当にお気の毒でしたけれども、下のほうは余り心配しないで済んだ分があったかなと思うわけです。避難勧告とか避難指示のないところで決壊していますから、私たちも余り安心しないで、指示や勧告はもう本当に行政の責任だと思うんですね。普通の人は言われるまでほぼ何もしないだろうと思うんで、十分心してくださるようにお願いいたします。 ○委員長(甲斐俊光君) 要望でよろしいですか。      (「はい」と呼ぶ者あり) ○委員長(甲斐俊光君) ほかにありませんか。 ◆委員(豊島庸市君) せっかく何か調査してもらったんで、その結果をお知らせしてもらいたい。 ◎道路課長補佐(小野里勝君) 時間をいただいてありがとうございました。  現地のほうを早速確認をさせていただきました。私どものほうであそこの足場、工事については許可を出しているわけなんですが、許可要件にのっとりますと、安全保安員を2名つけることになっておりましたが、現況ではついていない状況で非常に危ない状態。あと実際には歩道を全部足場で潰しているような状況ですので、子どもあるいは通行者が通る部分としては確保されていない状況でしたので、作業をしていた業者の責任者のほうに大至急保安員を2名つけるよう指示するのと同時に、発注元と業者と合わせて今後、これから夜間もありますので、その対応について再度協議するよう近いうちに、近いうちというか、早急に協議するよう指示はしてきました。 ◆委員(豊島庸市君) 課長補佐が見て、緊急性あるよね。ない、あれ。あそこは小学生も歩くところだよね、学校があるんだから。そういうところにああいうふうにやっていちゃ、緊急性があるからすぐ行って来いと言ったんだけれども、間違っていないよね。誤解されると困るからちょっと聞いておかないと。 ◎道路課長補佐(小野里勝君) 委員おっしゃるとおり緊急性はございます。よって、うちのほうも大至急、ちょっと歩行者道の確保のような協議を早急にしたいと思います。 ◆委員(豊島庸市君) あした見に行くからね。 ○委員長(甲斐俊光君) よろしいですか。  ほかにありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(甲斐俊光君) ないものと認めます。  暫時休憩いたします。      午後2時22分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後2時39分開議 ○委員長(甲斐俊光君) それでは再開いたします。  次に、環境経済部及び農業委員会事務局に関する質問をお願いいたします。 ◆委員(芹沢正子君) よろしくお願いします。残土の埋め立ての問題になった場所のことなんですが、雑草が大分生えてそのままになっています。住民からの要望があるんですが、経過というか、状況を教えてください。 ◎農業委員会事務局次長(木村孝夫君) 先日、周辺の住民の方からあそこのヒザの地先の雑草についてということで、直接農業委員会に来られまして、それを受けて私どもも調査に行きました。それでやはり雑草の状況がそれは甚だしかったもので、私どものほうから、きょう農地の適正管理ということで指導通知を送るような手はずになっております。 ◆委員(芹沢正子君) よろしくお願いします。  それと、ずっと前の問題ですけれども、お一人だけ全部決裁が済んでいなかった方がいらしたと思うんですが、その後どうなりましたでしょうか。 ◎農業委員会事務局次長(木村孝夫君) 申請の取り下げの件だと思います。御存じのとおり3月まで地権者4人のうち3人、これが譲り受け人、事業者とともに取り下げ願いを提出しました。その後、1人残っておりましたけれども、やはり先日、これは相続の関係でやはり相続人が決定したということで、正式に取り下げ願いを受理いたしました。 ◆委員(芹沢正子君) どうもありがとうございました。長い年月かかりましたけれども、いい形で終わったと思います。どうもありがとうございます。 ○委員長(甲斐俊光君) ほかにありませんか。 ◆委員(戸田智恵子君) エコキャップの回収についてお伺いいたします。  本年4月10日に新聞等で結構話題になりましたけれども、NPO法人エコキャップ推進協議会がワクチン代に寄附していなかったということを報道された後に、本市でも引き渡しを中止しております。ホームページでは、方針が決定次第お知らせいたしますということでそのままになっておりますけれども、現状をお聞かせください。 ◎クリーンセンター課長(増田浩四郎君) お答えいたします。ペットボトルのキャップの回収事業につきましては、事業者の決算報告、また寄附先とか寄附金額、これ確認しておりますけれども、いまだに明確にされていない状況です。そのため、市としては現在も中断しております。また、新たな寄附先などがあるかどうかということも踏まえまして、市で確認をいたしましたけれども、市が委託できるような事業先はない状況です。さらに、この運搬収集業者について確認したところ、法規則に基づく運搬収集の許可、一般廃棄物のほうになるんですけれども、こちらのほうの許可を得ていないということも確認されましたので、市として庁内で検討いたしましたけれども、当該事業につきましては今年度末をもって今のところ終了する予定でおります。  なお、今後市として参画できるような事業がありましたら、それについてはその時点で検討して事業に当たりたいというふうには考えております。 ◆委員(戸田智恵子君) 今年度いっぱいで終わってという御回答だったわけですけれども、本当にペットボトルのキャップも、私もそうですけれども、もう出ると集めるところに置いて、かなりの量を一家族で、あるいはたまっているような状況で、とてもいいプラスチックの材料なんだそうです、エコキャップの。それを回収しなくなるというのは大変な、ある意味では問題になるんじゃないかなと思うんですけれども、守谷市では4月10日に新聞発表をされた後のすぐ1週間後にNPO法人キャップの貯金箱ネットワークを通し、ワクチン代として世界の子どもにワクチンを日本委員会に寄附ということで決めて、もう取り組んでいるわけですけれども、ワクチンと限らず福祉団体とかそういうところで使えるような場所というのは、ここのキャップの貯金箱ネットワークも含めてですけれども、どのような御検討をされたんでしょうか。 ◎クリーンセンター課長(増田浩四郎君) 基本的に、守谷市さんがやっているということなんですが、実は守谷市のどこの部署がやっているのかというのも課題だと思っています。といいますのは、私どもクリーンセンターが扱うということになりますと、廃棄物扱いにこれ全てなるんですね。そうしますと、清掃法に基づいて処理しなくてはいけないというような前提がございますので、先ほど申しましたように、収集業者が許可を受けていないところですと、市としてはその許可を受けていない業者に委託するということになります。市としても近隣市を含めて幅広く調べましたけれども、その中でこの事業をやっているというのは、大体が社会福祉協議会とかそういう福祉団体ということに聞いております。それで、一応私どももそのことを踏まえまして、社会福祉協議会のほうにはこのお話はさせていただいております。ただし、社会福祉協議会としては、実際にそれだけの量を滞留させる、とめ置くところが今のところ見当たらないというような話がありましたので、その点については今後福祉のほうで検討したいというふうに考えております。そのため、クリーンセンターとしては一応事業としては今年度をもって廃止したいということです。 ◆委員(戸田智恵子君) またさらに努力を、見つける努力をお願いしたいのと、研究をお願いしたいんですが、先ほど出ましたけれども、社会福祉協議会でやっているところも多くありまして、キャップの買い取りに今応じてくれる業者に依頼して、売却益をワクチンにということで寄附されている組織もあるようですので、そういうことも含めまして、市民にとってはクリーンセンターが回収してくれるからじゃなくて、人のために役に立つからキャップを出しているのでありますので、そこのところはよく市民の思いを酌んでいただいて、キャップを無駄にすることのないように取り組んでいただきたいと思っております。御答弁よろしくお願いします。 ◎クリーンセンター課長(増田浩四郎君) このキャップに限らず、資源になるものは資源にしていくというのが市の方針ですので、それはそれでさせていただきます。また、ペットボトルキャップの回収事業ということは、子どもから大人まで幅広くやっておりますし、市単独ではなくて、小中学校の子どもたちが単独でやっているものもございます。これにつきましては、この法律、規則には触れませんので、そちらのほうは私どものほうから情報提供させていただきまして、続けていただくところは続けていただくというようなことで進めておりますので、また新たな事業があったときには庁内で検討させてもらいたいと思います。よろしくお願いいたします。 ○委員長(甲斐俊光君) よろしいですか。  ほかにありませんか。 ◆委員(芹沢正子君) プレミアム商品券の販売した状況と、それからその後の利用状況を教えてください。 ◎商業観光課長(染谷明宏君) お答えいたします。プレミアム商品券につきましては、最初の募集のはがき募集につきまして、約78%の募集がありました。残りの冊数でいきますと、約1万3,000セット、これにつきましては8月9日、10日の日に直接販売を実施したということで一応完売していると、こういう状況でございます。 ◆委員(芹沢正子君) どことどこで販売しましたか。 ◎商業観光課長(染谷明宏君) お答えいたします。直接販売につきましては、8月9日が市役所の1階のロビーで販売しております。10日の日につきましては、あびこショッピングプラザ内の市民プラザ内ですね、こちらで販売しております。 ◆委員(芹沢正子君) ちょっと意地悪く聞きます。混乱はなかったでしょうか。 ◎商業観光課長(染谷明宏君) お答えいたします。当初予定していました人数を大幅に予想を上回る購入希望者の方があったことから、長時間並ばれました。市役所では約5,000冊を売ったわけでございますが、多くの方が御購入できなかったと。あびこショッピングプラザで行ったときも、やはり多くの方がそれ以上に並ばれまして、購入できなかった方が多数いたということで大変御迷惑をかけたと、このような状況でございます。 ◆委員(芹沢正子君) 私はその両方に並んだ人からと、片方に並んで買った人からの情報だったんですが、本当に暑い中、市役所はいつまでも、ここから後の人は買えませんというのを言わなかったために、並んだ結果買えなかった人がいたということ。交通渋滞だけではなくて、それを見ていてつらかったと。それで、救急車はどちらが呼ばれた状況でしたか。 ◎商業観光課長(染谷明宏君) お答えいたします。8月10日のあびこショッピングプラザ内で並ばれた方が、2名、女性の方なんですが、救急搬送をされております。軽い熱中症ということで。 ◆委員(芹沢正子君) やっぱりやり方が上手ではなかったというのと、それから安くといいますか、結果的に安いものを買うために、家族の分を買えた、幾つも買えたという人もいらっしゃるにしても、大勢がとてもつらい思いでこの経験をしたというふうに私は見えたもんですから、この次同じようなことがあったときに、よく考えて、同時に売れば同じ人が両方に並ぶことはなかったでしょうし、今のままだと、制限がないということは、1人でたくさん買えた人もいた反面、長いこと並んでも1冊も買えないでとてもつらかったというのも聞くわけなんで、お年寄りが多かったというふうに聞きましたので、その辺をこの次同じことのないようにお願いいたします。  それで、その後の利用状況は今どんなふうになっていますでしょうか。 ◎商業観光課長(染谷明宏君) 委員が今おっしゃいましたように、早速8月19日の日にプレミアム商品券の実行委員会、これは実質上の反省会を行いまして、その辺の議論を、皆さん十分反省をしたところでございます。今後やはり長く、長時間並ばれた方、それにもかかわらず買えなかった方たちには大変申しわけなかったということと、幾つかの反省点をいっぱい出しまして、これからどうなるかわかりませんが、将来こういったことがあったときにはそういうことのないように、しっかりとみんなで反省をしたと、こういう状況でございます。      (「よろしくお願いします」と呼ぶ者あり) ◎商業観光課長(染谷明宏君) 現在の利用状況につきましては、7月1日から利用可能で、約2カ月間、8月末の数値になりますけれども、約66.9%の商品券が今実際に使われていると。やはり大型店がその中でも多くて、個店につきましては約1割というような形の今の状況で商工会のほうから聞いております。 ◆委員(印南宏君) 関連して、プレミアム商品券について伺います。  まず、今議会の市政一般報告では、この6ページにプレミアム商品券の発行について書いてあります。6月にはがきによる事前申し込みを行い、7月に発行部数5万5,000セットに対して約4万2,000セット販売をしたと。残りの約1万3,000セットは8月に市役所と市民プラザで直接販売を行い、完売したと。商品券の使用期限は7月から11月まで5カ月。したがって、合計7億1,500万円の市内消費が見込まれ、地域経済の活性化に寄与するものと期待している。これだけ一般報告とされています。まるで何事もなかったような市政一般報告なんですが、反省等もひとかけらもないように、まず最初に読んで私は感じたんですが、質問は、声を大にして言いたいんですが、プレミアム商品券の直接販売について何事もなかったように市政に対する一般報告して、議会にこのように記載する。この文章でいいのかどうか、思っているのか、その点についてのお考えをぜひ聞かせてください。 ◎商業観光課長(染谷明宏君) お答えいたします。プレミアム商品券、非常に、本当に多くの方に御迷惑をおかけしたことを我々は本当に深く反省をしております。こちらのほうの市政一般のほうには載せてはなかったんですが、これは9月1日号の広報、さらには8月10日のホームページ等できちんとおわびと、商品券の直接販売のおわびということで皆さん方には御提示をしております。今回も市政一般報告の中で入れなかったのはということなんですが、そちらのほうでおわびをしたので、あえてこちらには触れていなかったということで、ただ、反省は十分しております。 ◆委員(印南宏君) 実はこんなことは私も議員をやって初めてなんですが、私のところへ何人かの市民の方がお電話とかメールとか、それからお手紙をいただいて、今回のこのプレミアム商品券の販売方法、つまりその後の直接販売方法、あわせて大変な苦情と怒りというか、お叱りが届いていて、私も市議会の一員としてこのプレミアム商品券の直接販売等について監視し切れなかったことを強く反省をしているんですが、まず、8月9日の日曜日の直接販売、先ほど芹沢議員のほうからも出ていました。当日の販売については、販売時間一つをとってみても、商工会のチラシでは10時となっていたけれども、暑いという理由で実際には9時に販売を行ったり、当日の販売枚数の周知がいいかげんで、人数見合いの1人2枚と決めていたんで、人数カウントそのものもはっきりすべきなのに、結局、暑い中、買えないで、無駄な時間を費やしちゃった。非常にお怒りが電話で伝わってくる、口調がですね。メールでは、市長への質問状ということで、その内容をコピーして送られてきたのもあります。その答えとしては、担当部門が市民の声として答えているのは、実行委員会でしっかりと反省し、検証してまいります。これ8月19日の反省会を言っているんだと思いますが、実際、実行委員会でしっかり反省し、検証しているというんだけれども、どのような反省をして検証したのか。今後その反省と検証を生かすためにはどのようなことを具体化していくのか、伝わってこないというんですね。私もメールは見ました。Eメールのあれも見ました。9月の広報も見ましたけれども、市民の怒りがそれだけではおさまっていないんですよ、きょう現在も。僕自身も非常に残念だなと、こういうこと初めてなんで、少し声が震えるようになってきますが、少し甘かったんじゃないかな、この販売方法とか、その姿勢が。例えば、2件の接触事故があったとか、道路渋滞とか、購入整理券の配布方法とか、実行委員会の責任にしたらだめだと僕は思いますよね、商工会のほうの責任。これについて、質問は、今後その反省と検証を生かすために、どのように具現化する、具体化していくのか。はっきりと、市民の方もネットで見ている方も多いと思いますから、お示しをください。 ◎商業観光課長(染谷明宏君) お答えいたします。8月19日の反省会におきましては、まず挙げた事項としましては、購入申し込みの配布方法は適切であったのか、さらにはやっぱり情報伝達が非常に不足していたんじゃないかとか、やっぱりスタッフの人数でそこでは足りていたのかとか、そういったことがまだまだ、駐車場に400台で足りていたのかとかいうような相当数の反省の内容が出ました。やはり我々当初の想定ですと、市役所ですと約5,000セットですので、1人2セット購入ということになれば、単純に2,500人、ただ、実行委員会の中では約2,800人から、多くて2,900人ぐらいじゃないかと、そういうような意見が多数ございました。そういった形での見通しの甘さ、こういったものもあるのではないかというようなことも出ております。やはり長時間です、本当に並ばれて、暑い中並ばれて、皆さん方に御迷惑をおかけしたということで、本当に実行委員会の中でも、これはやはり、今後、こういったものがある場合については、もう一度整理をし直して、適正なスタッフ、やり方、場所の確保、そういったものを慎重にやっていくべきだろうというようなことで、強くこの会議の中ではいろんな意見が出されまして、今後に十分それはもう、もう失敗は許されないということで生かしていこうというようなことで反省会を実施しております。 ◆委員(印南宏君) 私もこういうことを言うのは本当に嫌なんですが、多分市民の皆さんはそれでも何か怒りがおさまっていない方も多いのかなと思う。ただ、私が申し上げたいのは、そもそも論で言うのもおかしいですが、今回のはがきでの事前販売、5万5,000セットで4万2,000セットしか売れなかった理由は、担当部門と執行部としてはどういう理由で売れなかったと思いますか。 ◎商業観光課長(染谷明宏君) 約78%という数字でございます。この東葛6市の中では、パーセンテージでは我孫子市は3番目に高い数字でございました。やり方につきましても、ほかの市は往復のはがきでの申し込みということなんですが、我孫子市に限っていえば、一方的な片道の52円のはがきでの申し込みということで、それでもほかの市よりは高い78%という数字でした。ただ、やはり今回も、反省会でも出たんですが、我々いろんな形の中で周知をしたんですが、まだまだ周知が甘かったのかと。PRの仕方が足らなかったんじゃないか、こういったことも出ております。もう一方では、最初の78%という数字であれば、やはり皆さん方、そんなに市民の方、欲しくはなかったんではないかと、ただ、今回その78%の方が使ったのを聞いたり見たりして、そこで、あっ、それもいいわねといって新たに欲しがる方というのも出てきたんではないか、このようなことも反省会の中でいろんな意見が出されました。そういったことがあります。 ◆委員(印南宏君) 私が聞いた市民の声もちょっとお聞かせしますと、市民の声として聞こえた理由の一つに、私も申し上げたつもりがあります、この議会のほうでも。商品券の販売を東京の業者、外部業者に委託していますよね。そして、たしか北区東十条というような形で。6月1日時点で我孫子市の住民基本台帳に登録されている1人1セット、1枚のはがきで申し込みは1人のみ、こういう、つまり個人情報の突き合わせなどを、わけのわからないって、市民の方が言うのには委託業者に投げている不安感も、実は印南あるんだよ。これ市民感情を逆なでしているという声もありました。これもあれですよ、全部が全部じゃないけれども、そういう声もあるということで聞いていただきたいと思いますが、もちろん業務委託契約書を結んで、個人情報保護に関する契約書を結ぶのはもちろん当然ですけれども、全ての情報漏えい、これはみんなこういう契約が交わされていても、委託等さまざまな不備、いろんな方が雇われ、お仕事に従事されています。比較的安い賃金で業務をこなすというのも委託のほうではあるんですが、そんな管理の難しいところでプレミアム商品券の受付の処理をしているんですよ。そういうのだから、情報漏えいじゃないかと心配する市民の声も、ううん、なるほどなと私は思った。  ここで改めて、個人情報の保護とか住民基本台帳の保護は、担当課として万全な方策を行ってきたのか、確認をしたいと思います。これからもこのような商品券の販売等を行うことが起こった場合、先ほど将来は云々と言っていましたけれども、外部業者、委託を使って行っていくのか。今回のこの反省とか検証をぜひ十分に検証して、それを生かしていただきたいと思います。そういう意味での個人情報の保護、住民基本台帳の保護というのは万全かどうか、確認をしたいと思います。 ◎商業観光課長(染谷明宏君) お答えいたします。都内の業者ということですが、実行委員会におきましては、市内事業者にそういうものが委託できる業者を再三探しました。残念ながら、そういったノウハウを持っている会社がなかったということで、県外のこの業者に決定をしております。個人情報保護に関する部分につきましては、業務委託契約書を、先ほど言いましたように交わさせていただいています。その中で、きちんとその契約書の中に、個人情報保護に関する契約書を別途に設けまして、この条文としましては、全部で18条の条文になっております。これを別途に交わして、事細かに漏えい、個人情報の保護、秘密保持、こういったものをしっかりと守っていただくという形でお願いをして契約をしております。さらには、この業者につきましては、個人情報保護方針というものをしっかりと作成している会社でございます。インターネット等を見ていただいたらわかるんですが、そういったものをきちんと表に出しているところの会社なものですから、その辺については十分協議した中においても、個人情報については漏れがないということで、この業者に決定したということで商工会と契約をしていると、こういう状況でございます。 ◆委員(印南宏君) ありがとうございます。私もこの委託業者であるТ印刷株式会社については私なりに調べました、したがって、市民の方にもしっかりとした業務委託契約があり、個人情報に関する契約書もやっていますよと。ただ、こんなことも市民からあるんですね、今課長のほうが答弁したのだと78%、実際は九百十何件あるんですから、76%になったんですが、申し込んでも返信がないというんですね。市民の方からは、はがきで申し込んだのに返信はがきが送られてこなかったと。市役所や商工会議所に問い合わせすると、全て住所が記載されていなかったからだと言われたと。市民の皆さんの何人かは、そんなことはない、自分の名前はちゃんと書いたと、住所も書いたと、業者が、これ市民の方の見方としては、発送ミスをしていると疑っている、そういう方もいらっしゃいました。私はそんな疑問に対しては真摯に市役所としてやっぱり答えていく、そういう姿勢が重要だったのかなと思う。その姿勢が、市民の方にすると、見られないと。例えば住所などの記載のないはがきをPDFで忘れた人のはがきをネットで見せてもらう。これは大変なことですが、自分の字かどうかわかるんで納得したんじゃないか。いろんな方法で、なぜ送ったのに、申し込んでも返信がないのかというのも、やっぱり真摯に対応するということが必要だったのかなと思いますが、そういう点での対応はいかがでしたか。例えば、申し込んでも返信がないという人にはどのような対応をしたんですか。 ◎商業観光課長(染谷明宏君) そういう問い合わせ等多数ございまして、とった対応としましては、しっかりとそのはがきをまず、その方かどうかというのをはっきり調べまして、その中でやはり相当数、約1,000件近い方が住所がなかったり、あと名前がなかったり、そうなると自動的にそれははじかれてしまうと。そういう問い合わせに関しては、全てそういうお答えを1件1件に対して、住所がありませんでしたというようなことを、お名前がなかったですと、そういう形の中で1件1件丁寧に回答させていただいております。 ◆委員(印南宏君) 無効になった枚数は949件ですよ。その中の住所と氏名等の未記入が750件、そして複数応募の排除、いわゆる住民の登録の関係をチェックして、ダブりでしょうね、1人1枚だというのに、そういう関係が199件あったと聞いていますが、市民からすると、どうしても私自身の書いたのを、送った内容を控えている人もいて、なぜ返ってこないか不思議だという方もいた。でも、これを私が一つ一つチェックするわけにいかないので、私としては、無効になった枚数というのはそういう名前とか住所が把握できなかったから来なかったんですよという説明はしましたが、問題は、8月9日は日曜日なんですよ、市役所での販売。つまり売れ残ったからこそ、こういう販売をするわけですよね。そもそも100%こういうはがきでできたらこういうのはやらなかったはずですけれども、ここでの対応で、市民の方の怒りは本当にすさまじいものです。確かに猛暑でした。並んでいて、先ほど答弁もありましたけれども、整理する職員の数が少なかった。そして余りにも、やっぱり甘かったんでしょうね、想定外のことが起こっているんでしょうね、人数が。そういう並んでいる市民が、市の職員に、お手紙の中では、市の職員に聞いた、すごいねと、そしたら職員がこんなに集まるとは思わなかった、想定外なんです、驚いていますと、職員のほうで他人事のように返答があった。市役所の職員に市民の方が大変ですねと声をかけた、これもいろんな、7人の方から私は言われているんですけれども、そうなんですと、花火大会の次の週なので準備不足でと。市民のその方はあきれたんだそうです。次の言葉が出なかったですよ。このような並び方とか体たらくにやっているのを、花火大会を理由にするなんて何だと、その市民の声ですよ。私はそんなことはありませんというふうには答えていますが、私は、数年前だったかな、定額給付金とか市役所で配布されたさまざまなのがありましたよね、そういうのも。でも、そのときには、職員の数とか、警備員と警察官の方も動員されていた、お金の関係あったので。それで誘導も的確でスムーズでしたよ。そして、何かその市民からは、我孫子市役所っておもてなしの心が感じるよというふうに言われたんです。
     しかし、今回のこのプレミアム商品券の販売のその後の直接販売は、少し声が震えますけれども、あんまりにもね、やっぱりね、市民を逆なでしていますね。暑い中でですよ、御高齢者の方も並んでいたんでしょう。ぐあいの悪くなるお年寄りも出て、救急車も出たと、先ほど芹沢議員がおっしゃいました。そんな、並んでいて、しかもですよ、途中で、予定に達したので販売中止です。もう怒りを越して何も言えなかったというんですね。やっぱりこれは甘過ぎますね、これ対応が。そして答えが、商工会議所と実行委員会にお願いしている、そんな他人事のようなことを言ったら、余計だめですよ。素直に、自分たちの準備が怠っていたと素直に認めるべきで、実行委員会があり、商工会議所なんか、そんな商工会があって、そういうことでは市民は余計お怒りになっていましたよ。私も怒られて、本当に真摯に聞いていました。  私、質問としてあるのは、8月10日のエスパの販売ですよ。これも正直、暑い中、中に入れないから、市役所は人殺しするのかと。これは言葉は悪いんですが、細かく言うと切りがないんで簡単に言いますけれども、もうこういうふうに言うのごめん、簡単に言います。いわゆる整理券の配布が全部終わった。もう残りがないということ。整理券の引きかえは午後3時だと。でも、知り合いのおじいさんは、体のぐあいが悪くなって午後3時までの引きかえに行けなかったんです。夕方市役所に電話したら、だめですよと、3時に行かなければ引きかえはできないという返事、冷たい返事だと言っていました。ところが、これ事実かどうか確認したいんで、翌日エスパに行くと、驚くことに整理券の引きかえをエスパの従業員がやっている、そういうふうに市民言うんです。いや、そんな、前日の説明で午後3時打ち切りと市役所の人は言っていたのに、市役所がうそをついたことになりますよね。エスパが勝手に引きかえを行うとか、そんなことはあり得ないと思うんですね、エスパが勝手に。明らかに不公平な対応をしているこの問題については私自身も、もしこれが事実ならば、はらわたが煮えくり返りますよ。御高齢者のね、その知り合いのおじいさんは結局引きかえをしなかったと。こういう点についてはあったんですか、こういう事実。市役所の職員の答えと、もう3時で終わりだのにというのに、翌日にエスパの従業員が、整理券を持っている人、じゃ、これで買えますよと。おかしいですよね、不公平ですよね。これ、こんなことがあっては絶対いけない。その点について真実を教えてください。 ◎商業観光課長(染谷明宏君) お答えいたします。8月11日ですね、8月10日のあびこショッピングプラザ内の販売の翌日なんですが、私の課のほうでそういったことがないかどうか電話を、状況確認ということで入れました。そしたら、その実態が確かにありました。それを聞いて速やかに、もう早急にそれをとめてくれということを伝えました。ただ、10日の日の午後3時までが引きかえ券の引きかえ期限だったんですが、そこから来た方と、次の日の我々が電話した午前中の、たしか11時前ぐらいの電話、その前までに、このヨーカドーの担当者は10件までは行かないが、それに準ずるぐらいの数の券を引きかえてしまったかもしれませんというようなことはきちんと確認をとっております。そういったことがあったことは事実でございます。 ◆委員(印南宏君) 何でそんなことがあるんですか。だって、3時で終わってもうだめだ、もう引きかえできませんと言ったのに、翌日行って、ええっ、何で、市役所はうそついたことになりますよ。それで今、もう事実あったと、何件かも調べていないみたいですが、もっとあったのかもしれません。ただ、そういうことがあっても、市政一般報告では、ただ、直接販売をし、完売しました。使用期限は11月までですと、7億2,500万円は市内消費に見込まれるから、地域経済の活性化に寄与する。活性化が寄与する問題と、市民の心を怒りに変えたら、何の役にも立たない、こんなの。多分、この人たちは我孫子市役所に不信感を持っていますよ、きっと。  いやいや、これは声を大にして言いますけれども、私もずっと言われて一生懸命自分なりに、市役所の職員も一生懸命やっているのを知っているし、誤解ないようにというふうにやったけれども、そういう事実が出てくると、やはり市役所として問題があるというふうに僕は思います。  それで、最後に申し上げます。3点について手紙がまとまっているんですが、1つには職員の対応。商工会議所や実行委員会に責任を転嫁するような言いわけ、あんな言いわけは市職員としては許されない。責任ある処分をしてほしい。これは手紙の内容ですよ。2つ目、炎天下の対応など高齢者に冷たい対応。救急車で運ばれた高齢者に市は後で謝罪に行ったのか、ぜひ確認をしたいと。それから、不公平・不平等の対応。担当の方に対して処分が行われなければ、私たちは柏市や流山市に引っ越す覚悟と手紙には書いてある。僕は悲しかったんです。このようなことが、せっかくプレミアム商品券として1万円が1万3,000円で市内消費につながる。そんな渡し方でこういう逆なような、引っ越したいというような、定住化策を一生懸命やっているのに、そんなことをやったらだめですよね。少なくとも、3時で終わったというものを翌日に販売するようなことがあったら、これはうそをついたことになります。ぜひ、このような内容です。この手紙に対する執行部の答弁を、部長のほうに求めたいと思います。 ◎環境経済部長(海老原美宣君) 今回のプレミアム商品券の直接販売に際しましては、課長のほうからも話ありましたけれども、まず最初の申し込みの時点で販売枚数に達しなかったということがあります。希望者は全て入手することができたんだろうという判断が一つありました。ただ、直接販売ということになれば、やはり多くの方がいらっしゃるだろうということで、駐車場が確保できるところ、あるいはその配布場所が広くとれるということで市役所とエスパということで2カ所で実施させていただきました。ただ、課長からも話ありましたとおり、当初我々3,000だ、2,000だ、2,000だ、3,000だというような数で予想をしていたんですけれども、それを大きく上回る購入希望者の方が見えられたということで、大変な混乱と、いらっしゃった方に御迷惑をおかけしました。これはもう少し市役所のほうできっちりと体制をとっていれば、例えば無駄に並ばせることもなく、誘導であるとか、並んでいる方への情報の伝達であるとか、そういったことがきちんとできたかと思います。要は、一つは見込みが甘かったということと、我々の体制が不十分であったと、その結果としていらっしゃった方に大変な御迷惑をかけてしまったというふうに思っています。これは本当に申しわけなく思っておりまして、今後またこのようなことあるかはわかりませんけれども、今回の反省をしっかりと次に生かす、もう二度とこのようなことがないようにするということが、我々としての責任のとり方だというふうに思っております。 ◆委員(印南宏君) もう多くは語ることはないんですが、実は私も残念なんですよ、こういうことが市民からお手紙や電話やメール等で来るのが。ですから、このお手紙の内容をお見せするというのは、これは個人情報あるからちょっとこれやめますけれども、じゃ、うそだろうといったら、僕はちゃんと訴えられてもこれはこうですとやれるんですが、ただ、本当に今回の件を含めて、実行委員会でしっかりと反省した、検証したことを、もう一度市民に、怒りを持っている方にわかるように謝罪等を考えてください。そしてきっちりとその処分も含めてやってほしいということを強く要望しておきます。 ○委員長(甲斐俊光君) ほかにございませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(甲斐俊光君) ないようですので、所管事項に対する質問を打ち切ります。  以上で本委員会を散会いたします。      午後3時19分散会...