運営者 Bitlet 姉妹サービス
ツイート シェア
  1. 我孫子市議会 2015-03-04
    平成27年  3月 議会運営委員会-03月04日−02号


    取得元: 我孫子市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-17
    平成27年  3月 議会運営委員会 − 03月04日−02号 平成27年  3月 議会運営委員会 − 03月04日−02号 平成27年  3月 議会運営委員会  我孫子市議会 議会運営委員会会議録 1 招集日時     平成27年3月4日(水)午後2時26分 開議 2 招集場所     議長応接室 3 出席委員等    掛川正治君    早川 真君            茅野 理君    戸田智恵子君            甲斐俊光君            議長    佐々木豊治君            (委員外議員)副議長  日暮俊一君 4 欠席委員     なし 5 出席事務局職員  局長    藤代 勉            次長    増田信也            主幹    鈴木 肇            主任    栗原卓哉 6 出席説明員    要求せず 7 付議事件     ・都市計画審議会委員及び土地開発公社評議員の推薦について            ・予算審査特別委員会委員の選任について            ・その他
    8.会議の経過  平成27年3月4日(水)午後2時26分開議 ○委員長(掛川正治君) ただいまから議会運営委員会を開会いたします。  お手元の次第に従い進めさせていただきます。  初めに、1の都市計画審議会委員及び土地開発公社評議員の推薦について、会派の御意見をお願いいたします。  暫時休憩いたします。      午後2時27分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後2時31分開議 ○委員長(掛川正治君) 再開いたします。  会派の意見を休憩中に聞きましたが、それにより緑政の甲斐議員が都市計画審議委員に今指名されましたので、よろしくお願いします。  なお、土地開発公社評議員については、無所属に割り当てたいと思いますが、いかがでしょうか。よろしいですか。      (「はい」と呼ぶ者あり) ○委員長(掛川正治君) といういことで、意見の集約を諮りました。  次に、2の予算・決算審査特別委員会委員の選任について、会派の御意見をお願いいたします。 ◆委員(早川真君) 私どもの会派で話し合いましたが、結論としては、休憩前に委員長が提案された内容でよろしいのではないのかなと。  本来であれば、当然2人会派を組めば委員が出られるので、それをしていただくというのが本来であるとは思うんですけれども、2点の理由から、今回については無所属の方々から2人出ていただいてよろしいんじゃないかなと思うのは、1つは予算審査特別委員会、決算審査特別委員会というのは、常設の委員会という形ではなくて、設置そのものもこの議運の中で決定されているということを考えれば、そこは少し柔軟にしてもいいのかなと。約4分の1、無所属の方がたくさんいらっしゃるということと、それとあと会派を組むといっても、もう11月に改選を迎えますので、今回の予算審査については、そういう意味では、やっぱり委員長を除いて4人で審査するというのも余りにも少ないので、ぜひ、何人というのは、ちょっと私はすぐはわからないんですけれども、無所属の方から出ていただく形でよろしいのかなと思います。 ○委員長(掛川正治君) わかりました。 ◆委員(茅野理君) 清風会としては、現行制度で委員外質問ができるわけです。そういう制度がありますので、その制度を5分間ということではなくて、少し拡張して、配慮してもいいんじゃないかという意見がほとんどでした。  やはり会派で代表して出ているという以上、そういうところが特別委員会という制度上ありますので、現行制度というのもしっかり考えておく必要もあるだろうというふうに思います。やはり異例中の異例のことだと思います、これは。  ただ、人数が減ってきているのでということでありますので、6名中1人でもというような話もありましたけれども、一応会派の意見としては委員外質問の拡充ということでまとまりました。 ○委員長(掛川正治君) いや、まとまってはいない。一応私は異議を、私が委員長として言ったとおりのことを伝えました。これは、今、茅野委員が言ったように、満場一致じゃなかったというような、そういう意見も強かったということでございます。 ◆委員(戸田智恵子君) 今任期中に限り、11月までですけれども、無所属の方1名ということでという話がまとまりました。会派の代表ということでそもそも充てるのであって、無所属の方から2名出てしまうと、出方によっては、いろいろな御意見、集約できないのかなというのも意見が出まして、1名ということで。 ◆委員(甲斐俊光君) 私たちも、やはり現行制度2名で1人出られるという、一番低い条件に抑えてはいるんですけれども、今回はたしか4人で決算・予算をやるのは、議論としてまとまらないとも思いますので、無所属の方2名というのは多いので、やはり1名で選んでいただきたい。  ただ、無所属の方は皆さん、お考えが違って無所属でしょうから、誰が出るかというのも、またちょっと問題があって、その方が無所属の方の意見を代表しているのかというと、またちょっと問題があるので、そこら辺がちょっと疑念の残るところではあります。 ◆委員(早川真君) さっき人数のことはまだという形だったんですけれども、今の話を聞いていて、確かに1名という、無所属という、それもそうだなと思ったんですけれども、今甲斐委員のおっしゃったとおり、どなたが出るかによって、それが総意となるとあれなので、逆にそうであれば、多様な方が6人いらっしゃるから、2名でもいいのかなというふうに私は感じました。 ○委員長(掛川正治君) わかりました。  今、皆さんの御意見を逐一お伺いいたしましたが、無所属から選んでもいいという、これは特例中の特例ですよね。2人で1人の特別委員会、どこでも出られるやつを、その努力をどこまでしたのかということをさておいて、果たして無所属が6人いるからそうだということで決めていいのかと。  今言ったように、いろいろな考えの方がいて、6人なわけですから、それをして、じゃ議会運営上の賛成、反対ということを求めていいのかということも見えてきました。  しかしながら、議会構成上22人、もう少しで22人になるわけですけれども、そのうちの6人という中で、全く配慮しないということは、これはちょっとどうなのかと。  今、2人で会派をつくるというのは異例中の異例なんですよね。今までずっと3人で。柏等々も2人でというふうに今やっておりますけれども、議会運営をやっていくということに関しては、やはり1人でも多く議運にも、また特別委員会にも出ていただきたい、それが本意であります。  ちょっと休憩をしまして、忌憚のない話をして、それで再開して決めていきたい、そのように思っています。  暫時休憩します。      午後2時38分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後3時05分開議 ○委員長(掛川正治君) 再開いたします。  ただいま休憩中にるる大変貴重な御意見をたくさんいただきました。そういう中で、今回は4分の1以上の無所属がいるという中で、この380億円を超える予算を審議するのに、その6人の議員の意見が入れられないというのは、ちょっとまた異常ではないかと。また、制度論の話もございました。しかし、議長、副議長からも御意見をいただき、無所属から1人予算・決算に招聘をするということでやっていきたいと思いますが、それに御意見はよろしいですか。      (「はい」と呼ぶ者あり) ○委員長(掛川正治君) じゃ、そのように取り計らってまいります。  あと、局長のほうからお話がありましたように、予算・決算の委員の選任については、局長のほうからもう一回皆さんに。      (この後、事務局長より説明された) ○委員長(掛川正治君) 暫時休憩します。      午後3時07分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後3時08分開議 ○委員長(掛川正治君) 再開いたします。  以上、そのように決まりましたので、新しく設置されます予算、または補正予算の委員会では、本日の5時までのところを、またこれは特例中の特例で、明日のお昼までということで、委員の選出を諮ってもらいたい、そのようにお願いをいたします。  次に、3のその他で何かございますでしょうか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(掛川正治君) 私から1つ、前から何人かの議員から聞かれていたんですが、分裂しました無所属ネットワーク、会派構成をした場合、結局1人がやらないで、今回の場合はもう1人の方がずっと各特別委員会に出っ放し、こういうことは会派を組むということではおかしいんじゃないかという意見を何人かから私は委員長として聞いておりますので、会派を組む場合には、バランスよく、それは半々とは言わないですよ、3対2でもいいですけれども、バランスよく委員構成を出してもらいたいということは、やっぱりある程度議会運営のほうでも諮っておかないとまずいんじゃないかなと思っております。  もちろん、会派の事情といえばそれまでなんですけれども、ほとんど今まではそういうふうにバランスよく委員をそれぞれ出してきたんですよね。ですから、偏り過ぎちゃったんだよね、この間までは。そういうことで、そういう意見がありましたが、そのことについて何か御意見があればちょっと賜りたい。どうでしょうか。 ◆委員(戸田智恵子君) そういう意見があったのは、私は初めてお聞きしたんですけれども、確かに委員長おっしゃるように、何のために会派を組むのかというところが非常に不明確になってしまったなということなので、その意見は尊重していきたいと思っております。 ◆委員(甲斐俊光君) 私も前々から思って、ちょっと言ったこともあるんですけれども、受け入れられていなかった、公にはしていないし、同様の意見です、私も思っています。 ◆委員(茅野理君) 委員長おっしゃるとおりだと思います。ただ、規定はできない部分なので、会派のほうに、努力義務じゃないけれども、しっかり伝えていくということが大事かなと思います。 ◆委員(早川真君) 本当にだから逆に言うと、今6人の無所属の方のうちの会派がなくなって、1人を除いた5人の方が、自分の政策に真摯に活動されているということなのかなと。つまり会派を組むだけだったら2人で、組むだけのための、そういう行為だったのかなという、会派を組んで委員を出すだけ、考え方が全く違っても。だから、1人の人だけがずっと出て、1人の人は出ないという形。  だから、やっぱりそれは確かに会派を組むというのは慎重に、こっちからどうとは言えないですけれども、でも組んだ以上は、委員長おっしゃったとおりにきちんとやらないと、まして何となく市民の方は、あそこの会派、2人で組んでいるということ、ほとんど知らないんじゃない、お1人でやっているんじゃないかなというイメージがすごく定着しているのかなという気もするので、またそれもアピールしているような気もしますし。だから、やっぱりそこはきちんと会派を組んだ以上はしっかりとやっていただくということだと思います。 ○委員長(掛川正治君) わかりました。  暫時休憩します。      午後3時11分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後3時11分開議 ○委員長(掛川正治君) 再開いたします。  今の話、私から出た議題の中で、新しく会派を組んだ場合、やはりバランスよく委員を選出してもらいたいということを議会としては求めていきたい、そのようなことでよろしいですよね。  ほかにございませんか。よろしいですか、何かこの際。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(掛川正治君) ないようですので、以上で本委員会を散会いたします。      午後3時12分散会...