我孫子市議会 > 2012-04-20 >
平成24年  4月 放射能対策特別委員会-04月20日−01号

ツイート シェア
  1. 我孫子市議会 2012-04-20
    平成24年  4月 放射能対策特別委員会-04月20日−01号


    取得元: 我孫子市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-20
    平成24年  4月 放射能対策特別委員会 − 04月20日−01号 平成24年  4月 放射能対策特別委員会 − 04月20日−01号 平成24年  4月 放射能対策特別委員会  我孫子市議会 放射能対策特別委員会会議録 1 招集日時     平成24年4月20日(金)午後1時開議 2 招集場所     議事堂第1委員会室 3 出席委員等    掛川正治君    坂巻宗男君            椎名幸雄君    関 勝則君            甲斐俊光君    内田美恵子君            (委員外議員)  芹沢正子君 4 欠席委員     なし 5 出席事務局職員  主任  段林恭子 6 出席説明員     市長          (星野順一郎君)     副市長         (青木 章君)     教育長         (中村 準君)     健康福祉部長      (長塚九二夫君)     子ども部長       (瀬戸井信之君)     環境経済部長      (海老原美宣君)     環境経済部参与     (鈴木正己君)
        建設部長        (今井正直君)     都市部長        (五十嵐 誠君)     教育総務部長      (高橋俊明君)     総務部参事兼施設管理課長(香取孝俊君)     子ども部次長兼保育課長 (田口盛邦君)     環境経済部参事兼農政課長(徳本博文君)     環境経済部次長兼放射能対策室長                 (宮田幸雄君)     都市部次長兼公園緑地課長(大塚基勝君)     教育総務部次長兼総務課長(湯下文雄君)     健康づくり支援課長   (松谷浩光君)     子ども支援課長     (増田正夫君)     手賀沼課長       (成嶋文夫君)     クリーンセンター課長  (板東洋司君)     商工観光課長      (杉山敦彦君)     商工観光課主幹     (長谷川敬一君)     農政課主幹       (増田浩四郎君)     放射能対策室主幹    (柏木幸昌君)     下水道課長       (後藤秀和君)     下水道課主幹      (大里芳久君)     公園緑地課主幹     (寺田素春君)     学校教育課長      (直井 淳君)     健康づくり支援課長補佐 (森 和枝君)     健康づくり支援課長補佐 (小笠原雅夫君)     保育課長補佐      (増田謙二君)     手賀沼課長補佐     (宮原辰己君)     クリーンセンター課長補佐(成嶋 茂君)     公園緑地課長補佐    (吉原正之君) 7 会議に付した事件 ・中学生以下の健康診断について            ・放射能対策総合計画策定スケジュールについて            ・4市1組合の放射性物質を含む焼却灰等の一時保管場所について            ・その他の放射能問題について 8.会議の経過  平成24年4月20日(金)午後1時08分開議 ○委員長(掛川正治君) ただいまから、放射能対策特別委員会を開会いたします。  初めに、中学生以下の健康診断について、当局の説明を求めます。      (この後、健康づくり支援課長より説明された) ○委員長(掛川正治君) 以上で説明は終わりました。  ただいまの件について質問があれば許します。 ◆委員(甲斐俊光君) ご説明ありがとうございました。  数値としまして、ただいま58件の申し込みがあったということですけれども、妊婦さんだとか、乳幼児、小学生、中学生、その内訳を教えてください。 ◎健康づくり支援課長(松谷浩光君) 細かくどこのどなたかということまでは把握しておりません。大体の中で人数だけの把握しかしておりませんので、実際に申請が上がってきた上で把握する形になるかと思います。 ◆委員(甲斐俊光君) 年齢を聞きたいんですけれども、申請書のほうには書く場所はないということなんですか。 ◎健康づくり支援課長(松谷浩光君) 失礼いたしました。相談の方の数字を言ってしまいました。  現在、8名の方が申請されております。内容につきましては、幼児、1歳以上入学前の方が6名、それから小学生の方が2名、計8名という形になります。 ◆委員(甲斐俊光君) やはり、より小さなお子さんを持たれる方や乳幼児を持たれる方が多いかと思うんですけれども、そういった方に個別にご連絡だとか、そういうことは考えられていないんでしょうか。 ◎健康づくり支援課長(松谷浩光君) 現行の中では個別には考えておりません。ただし、メール配信で登録されている方、もしくはすくすく・わくわく広場等の方たちに対してはチラシの配布など、または少し拡大した形の掲示、それから行政サービスセンターなどのところにもそういったものをお知らせしていく予定でございます。 ◆委員(内田美恵子君) 同じく関連なんですけれども、今、8名が既に申請が済んだということで、昨日までに相談が58件ということですか。 ◎健康づくり支援課長(松谷浩光君) 相談ではございません。申請をしたいという旨の意向です。 ◆委員(内田美恵子君) そうすると、58件の方はこれからホールボディカウンタの測定をするということですよね。既に申請済みの方と合わせると66人ということだと思うんですけれども、そういうことでよろしいんですね。8人は込みなんですか。込みでね。わかりました。  そうすると、全体で今の時点で1カ月の3分の2が過ぎた時点で58件。市がこの計画をしてくださったとき、当初は135人だったということだと思うんですが、今の説明だと150人分の予算を予備費で対応していらっしゃるということでよろしいんですよね。 ◎健康づくり支援課長(松谷浩光君) 予備費でいただきましたのは3カ月分で450人ですから、1月当たり150人ということになります。 ◆委員(内田美恵子君) 始めてすぐなので、今の段階でこの現状が多いのか少ないかとかいうことは時期尚早かなとは思いますけれども、少し少ないのかなと私は今の段階では思うんですけれども、この辺のことについて担当者としてはどのような見解をお持ちかお伺いいたします。 ◎健康づくり支援課長(松谷浩光君) おっしゃるとおり、150人から比べれば50人ですから3分の1程度にとどまっているということはあるかと思います。ただ、小学生や保育園、または小中学生のお子様については今後夏休み等がありますので、そこら辺である程度数はふえてくるかなとは思います。  いずれにしても、今回初めてということで試算をしたんですが、約2万人対象の中で1,500を超える数字の中の計算ですから、今後推移をし、確認をしながら申請が多くなるようであれば、当然補正予算という形で対応させていただきたいとは思っております。 ◆委員(内田美恵子君) せっかく市のほうで思い切ってホールボディカウンタの測定ということを実施していただいたので、ぜひ子どもたちの安全の確保と心配を少しでもやわらげていただくためにということで、これを活用していただきたいなと思うんですが、これから2つ私は懸念されることがあるんですが、1つはこの情報をどのぐらい周知徹底できるかということだと思うんですが、先ほど小中学校とかいろいろなところでお知らせをするということなんですが、それぞれのところでお便りを出すということですか。それともどういう情報の提供をするんでしょうか。 ◎健康づくり支援課長(松谷浩光君) 保育園、幼稚園、そして小学校、中学校の保護者の皆さんに配布できるチラシを作成するということでございます。  それから、それ以外の周知の方法につきましては、先ほど申し上げましたように、行政サービスセンターやすくすく広場、わくわく広場、いろいろ公共施設の中で拡大したポスターといいますかチラシですね、それからもう一つは、私どものほうで保健センター内にもいろいろ各種健診や相談等がございますので、その中でもチラシとか、そういったものも積極的に配布していきたいというふうに考えております。 ◆委員(内田美恵子君) 情報は可能な限り提供していただきたいと思います。  そしてもう1点、私ちょっと気になっているのが、これは市民の方から声が上がっているんですが、このホールボディカウンタの検出限界値がちょっと大きいのではないかという声が上がっているんですが、それぞれの医療機関、今3カ所ですけれども、それぞれの機器の検出限界値を教えてください。 ◎健康づくり支援課長(松谷浩光君) まず、放射線リスクリサーチセンターでございますが、5分程度の場合につきましては、セシウム134で240ベクレル、セシウム137で500ベクレルという形になっております。  それから高輪クリニックでございますが、これにつきましては50から150ベクレルというような数値になっております。  プレミアムドックセンターにつきましては、後ほど資料を提出させていただきたいと思います。 ◆委員(内田美恵子君) ホールボディカウンタの性能については、私、よくわからないんですけれども、ただ、一般的に例えばチェルノブイリのときにベラルーシというところでは1キログラム当たり20ベクレル以上が検出されるとペクチン剤というお薬が配られるというようなことも聞いておりますので、この辺の検出限界値でそれ以下のものは出ないわけですよね。そうすると、これで安心だよと言われても心配だという声も聞かれているんですが、その辺いかがでしょうか。 ◎健康づくり支援課長(松谷浩光君) ホールボディカウンタの測定値の限界についていろいろこれでいいのかとか、そういうこともあるかと思いますが、私どものほうとしては、今後、今回申請を上げていただいた方の数値をもとに、専門機関もしくは専門医等にこの数値が日常生活上に支障ないのかどうか、そういったものを今後進めていきたいとは考えております。 ◆委員(内田美恵子君) 私は、1つお願いしたいのは、やはり安心という部分はそれぞれの個人の気持ちの問題ですから、それぞれの方がどれぐらいだったら安心できるということはまちまちだと思うんですね。それで市もこういう政策を実施してくれたんですが、ぜひこれで出ないから、じゃ、あなた心配しなくていいよというような対応ではなくて、ぜひ保健センターか何かでいろいろな医療機関なり、それぞれのところで市民の方の気持ちに寄り添った相談体制みたいなものをきめ細かに対応していただきたいなということを思っているんですが、いかがでしょうか。 ◎健康づくり支援課長(松谷浩光君) もちろん市民の皆様から、例えば私どものほうに幼児健診等の中で、この放射線に対する不安等のお話があれば、それなりに対応していきたいというふうには思っております。  ただ、こちらから積極的にということが逆に不安をあおるというようなものに変わってしまわないように、うまくそこら辺は個々の親御さんに対してケアをしていきたいというふうには考えております。 ◆委員(内田美恵子君) 市が思い切ってホールボディカウンタの測定というところまで踏み込んでいただきました。これは本当に評価するところなんですが、私は前回も言いましたけれども、健康調査というのも必要だろうなと今でも思っています。  ですから、そういうこともありまして、ぜひ気持ちを安心に寄り添うというんですかね、カウンセリングまではいかなくても、いろいろお母様たちは不安を持っていらっしゃる方が多いです。それに対して、これだったら安全だから大丈夫だということはだれも言えませんので、本当に寄り添った相談体制というか、聞く窓口みたいなのをぜひ、新たにつくるかどうかわかりませんが、今の体制でも保健センターにお電話かけて保健師の方にご相談したら、こういうお話を伺って安心したとかいうような体制をぜひ敷いていただきたいと思います。よろしくお願いします。 ◎健康づくり支援課長(松谷浩光君) 委員ご指摘のとおり、今言ったように不安を解消できるような取り組みとして日々私どものほうも保健師を初め、職員一同対応してまいりますので、具体的に特別な相談室を開設するとか、そういう状況は今考えてございませんけれども、業務の中でできる限り頑張っていきたいというふうに思っております。 ◆委員(関勝則君) 今の質問にちょっと関連するんですが、ホールボディカウンタの検出限界は、検出時間が長くなれば限界値は下がるというふうに思うんですが、それでこの資料の14ページに、検出限界が5分、10分、20分の測定時間に対して、99ベクレルから45ベクレルまで約半分以下に下がっていますよね。ですから、5分の検査ということ自体が若干検出限界値を高くしてしまうということでしょうから、これを例えば10分にするとか、そういったお願いができるのかどうか、その辺はいかがでしょうか。 ◎健康づくり支援課長(松谷浩光君) 恐らく、この5分というのが基本的な数字で、委員おっしゃるように、時間をかければ食品と同じように検出限界値が下がっていくものでございます。  ここにつきましては、この測定機関に、例えば同じ時間をより精度を上げるためにやっていただけないかというような話をすることは可能だと思っております。ただ、それができるかどうか、その必要性があるかどうかについては、この測定機関にゆだねざるを得ないところもありますし、例えばこの測定費用の本人負担分が変わってくるのかというのは、まだここでは何とも把握しておりませんので、随時そこら辺も確認をして後で報告させていただきます。 ◆委員(関勝則君) そうお願いしたいと思います。  今、これのマニュアルを見た限りでは、実測値とかスペクトルを解析して必要と判断した場合はさらに10分間の追加測定を行っていますと出ていますので、費用はそれ以上かさむということがなければぜひお願いしたいと思いますし、また場合によってはオプションで多少払ってでも、そこまでやってくれるのであればその辺もお願いしたいと思うんですが、いかがでしょうか。 ◎健康づくり支援課長補佐(森和枝君) 先ほどの課長からの追加なんですけれども、先ほど限界値のお話があったんですが、こちら正確ではないんですけれども、これ以下でもある程度の数字が出ているようなんですね。正確ではないですが、ご心配の親御さんには、その数値も教えてということで、実際には、例えばセシウム134で240ベクレルとありますけれども、83ベクレルとか、そのくらいの数字が出ていても、かなり正確ではないんですけれども、そのぐらいの幅でというような、その前後ぐらいでという形の数字は出ているようです。 ◆委員(関勝則君) どうもありがとうございます。  もう一つ、ちょっと関連してしまうんですが、先ほど、今現在乳幼児とか子どもに対する幼児健康診査というのはどのような形で行われているんでしょうか。一般的な幼児健康診査ですね。 ◎健康づくり支援課長補佐(森和枝君) 幼児のほうの検査診査は、母子保健法にのっとりまして1歳半健康診査、3歳児健康診査、3歳は実際には3歳7カ月で行っております。あと、母子保健法にはないんですけれども、5歳児健康診査というのを行っております。それと歯科健診のほうがプラスされていまして、2歳8カ月の歯科健診というのも保健センターのほうで行っております。 ◆委員(関勝則君) そのような幼児健康診査の中で、当然子どもの発育とか発達といったものを確認したり、それから疾病の発見とか生活習慣形成の援助とか、いろいろ子育て支援のための幼児健康診査、そういったものにおいて問診というのが行われていると思うんですが、この問診の中で、例えば医者とか保健師等による健康相談とか育児相談といったものも行われているんでしょうか。 ◎健康づくり支援課長補佐(森和枝君) すべて行っております。問診については、各個人に通知のときに問診票というのを送っておりまして、そちらのほうにいろいろな、今気になる症状なんかも書いていただくような形をとっております。  それと、お医者さんによる個別のそこでの健康診査がありまして、それと保健師のほうでも一人一人個別に健康相談を行っております。 ◆委員(関勝則君) そのようなことが既に行われているのであれば、その中で特に放射能に対する不安を抱えたお母様方、または妊婦の方々に対して、いわゆる健康相談、育児相談、その一環として行うということはできるんじゃないでしょうか。いかがでしょうか。 ◎健康づくり支援課長補佐(森和枝君) そちらの中で不安なんかが聞かれた場合には、もちろんご相談に乗ることはできると思うんですけれども、それに加えて、今回この制度についてのチラシなんかをつくっておりますので、その健診なんかでも配布させていただきながら、その中に日常の予防についてなんかも載せているんですけれども、それプラス何かご相談がありましたら、ぜひ気軽にご相談くださいという形で声かけはしたいと思います。  ただ、お一人お一人にそれについて、すごい心配なことはないですかとかという形で聞いてしまうと、中には家からも出られないぐらいに不安で不安でということでストレスを抱えてしまっている現状もあるんですね。そういう方には、もちろん丁寧にお話はするんですけれども、逆にあおるようなことがないように、けれども心配な方にはきちんとお話を受け取ることができるようにという形で対応していきたいと思います。 ◆委員(関勝則君) ぜひ、そのような中で、お母様方の不安を解消していただくようによろしくお願いしたいと思います。 ◆委員(坂巻宗男君) 今の関委員の関連なんですが、いわゆる通常の健康診断の中でもう少し拡充できないかというご趣旨だと思うんですが、こういう趣旨で松戸市がそのような健康調査をしていくというふうな新聞報道なども出ている。それから、今私手元に松戸市の放射能対策総合計画の案、今パブリックコメントを松戸市でやられているものなどもあるんですが、そこでもそういった形で既存の健康診査を活用して、問診の充実を図っていこうというふうな方向性が出ているんですが、例えばその辺の松戸市の事例などについて我孫子市として把握をしているということはございますか。 ◎健康づくり支援課長(松谷浩光君) 現状の中では把握しておりません。委員ご指摘のようなものを早急に松戸市に確認したいと思います。 ◆委員(坂巻宗男君) ぜひ確認をして、どういうやり方で問診などを充実させようとしているのか、我孫子市は我孫子市でホールボディカウンタで先んじて行って非常にいい試みだと思うんですね。同じようにそれぞれのまちが東葛管内でもそうでしょうし、茨城県だとか福島県だとか、いろいろなところでいろんな自治体が、特にお子さんの健康についての不安とか実際の健康の問題をさらに真剣に取り組んでいくという事例が起きてきていると思うんですね。  そういったものをやはり市として積極的に調査をして、我孫子市だったらこういうことができるんじゃないかというふうな形で施策を展開していくということが大切だと思いますので、特に松戸市は、繰り返しになるんですが、もう放射能の総合計画の中に位置づけをしているんですね。だから、私はホールボディカウンタとあわせて我孫子市でも今の健康診査の中で拡充できるものがないのか、そういう取り組みを進めるように提言をしたいというところなんですが、重ねてちょっと松戸市の事例などをよく調べて対策を練っていただきたいというふうに思います。答弁をお願いします。 ◎健康づくり支援課長(松谷浩光君) 委員のご指摘のとおり、市といたしましても、これは私がコメントするのかどうかなんですが、放射線に対する総合計画策定の中でこういったものが含まれてくるのかなと思います。  今後、ご指摘のとおり松戸市を参考に勉強していきたいというふうに思います。 ◆委員(坂巻宗男君) ぜひお願いしたいと思います。  既に時間としては1年たっていますので、お母さん方からの声としては、一刻も早くという声がやはり聞こえてきます。もちろん、その中でホールボディカウンタというところに踏み切っているのでいろいろな手は打っているわけですが、またできることをいろいろとお願いしたいというふうに思います。  それと、今までの質疑の中で1点確認をさせていただきたいのが、最初、課長のほうでホールボディカウンタで8件行ったところ、いわゆる放射能が測定されていないというふうな答弁だったかと思うんですね、最初の説明であったのかな。それから、先ほど補佐のほうで、実は250ベクレル以下であっても、87ベクレルなどの数値も実は出ているんですというふうなお話がありました。そうなってしまうと、測定されていないということと、実は測定されているんだけれども、250ベクレル以下だったというところで違いが出てしまうんでずか、この辺の8件のデータというのは市のほうですべてお持ちになっているということでよろしいんですか。 ◎健康づくり支援課長(松谷浩光君) 8件のデータにつきましては測定結果の写しを私どものほうで確認しておりますが、記載の内容では先ほどの検出限界値以下、検出されずと書かれているものと、状況によってはそこに検査員が測定限界値以下と言っても細かく数字が出ているというもの、要するに、安定したものではなくても計測された数値として念のためにこのぐらいは出てきますよというもので書かれているものもございます。  ですから、正確に言うのであれば、検出限界以下をもって私が先ほど検出されていないというふうにお答えした、そういうふうに理解していただきたいと思います。 ◆委員(坂巻宗男君) わかりました。
     それで、もしそれが個人情報で無理だということならば別なんですが、個人情報がわからない形でもしできればその辺のデータも我々のほうにも提供していただければというふうに思います。これは個人情報との兼ね合いも含めてぜひ検討していただきたいというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。答弁は結構です。 ◆委員(椎名幸雄君) ホールボディカウンタの発表が、我孫子市は日本で一番最初にされたんだと思います。また、それの反響は非常に多かったということでございまして、いろいろ問い合わせや何かも、多分、市や何かにたくさんあったと思います。  また、先日16日には、放射能対策ニュースが発行されまして、この中でも詳しく発表されております。これで、4月1日からやるということになっていましたので、4月1日から発表される日までの申し込みと、それからまだ広報が出てから日が少ないですけれども、出てから申し込みがあったという数字的なものはどのような、前にはどのくらい、発表されてから、広報に載ってから何件ぐらいあったか、その辺おわかりになりますか。 ◎健康づくり支援課長(松谷浩光君) まず、3月22日を起点といたしまして、これは前回の放射能対策特別委員会でございますが、翌日に毎日新聞の掲載がございました。そのまた翌日の3月24日には朝日新聞の掲載がございました。その段階で6名の方が申請をしたいということと、その後、4月4日時点の子育て応援メール配信の段階で2名の方、それからまた、4月5日に読売新聞の掲載で3名の方、一番効果が大きかったのはNHKの「おはよう日本」という放送があった翌日は31人の方と、そして放射能対策ニュース4月16日号で3名の方、そして現在の58人という形に流れていっております。 ◆委員(椎名幸雄君) そうすると、やはりマスコミというか、それらの発表が非常に大きいということが言えると思うんですね。わかりました。  また、先ほどのいろいろな答弁の中から、各施設においてもこれについての説明をする、あるいは個別にでも配信するというふうなことでやっていられるので、これから、先ほどお話があったように夏休みや何かに子どもたちが多くなるのではと思いますけれども、各紙のマスコミ等の問い合わせが非常に多いと思いますので、その辺、我孫子市の現状あるいは状況をきちっと説明して、我孫子市が放射能に対して頑張っているんだということをアピールしていただきたいと思います。よろしくお願いします。 ◆委員(内田美恵子君) すみません、先ほど聞き忘れましたので。  今回のホールボディカウンタの測定の後、例えば検出しませんでしたということと、あとは例えば検出されました、これだけの値が出ましたというときに、その先の制度設計というか、どういう対応をとるということは決まっているんでしょうか。 ◎健康づくり支援課長(松谷浩光君) 現行の要綱につきましては、期限等ございます。ですから、この後、おっしゃるとおり制度設計の中で検出されて、今後のその方の状況の追跡が必要であるということであれば、当然、それに対して新しく規則なり予算立てとか、そういったものは対応していきたいというふうに考えております。 ◆委員(内田美恵子君) 先ほどのご説明で今回の測定はあくまでも体内に蓄積された放射性物質の量を測定するんだということなので、多分測定機関という表現をされていますので、いわゆる対体に対する影響とか量的な症状に対してのコメントなんかはないと思うんですね、そこの医療機関ではありませんので。例えば放射性物質の量がある程度高い量が出たりした場合には、今後あなたはこういうふうにしたほうがいいですよと、例えば医療機関へつなぐとか、そういういろいろなケースが考えられると思いますが、その辺のことも市としてはきちんと、この先のことを考えておいていただきたいなと思いますが、いかがでしょうか。 ◎健康づくり支援課長(松谷浩光君) そのようにしたいと思います。 ○委員長(掛川正治君) ほかにありませんか。  では、この項目についてはないようでしたら次に進みたいと思います。  まさに、前回の放射能対策特別委員会、3月22日に星野市長の英断で千葉県下で初めてのホールボディカウンタの補助制度を立ち上げて、本当にまだ1カ月もたたないうちに、このように市民に関心があって前に進んでいるということに対しては大変誇りを感じております。  次に、放射能対策総合計画策定スケジュールについて、当局の説明を求めます。      (この後、放射能対策室長より説明された) ○委員長(掛川正治君) 以上で説明は終わりました。  ただいまの件について質問があれば許します。 ◆委員(関勝則君) 先ほど宮田室長のほうからお話いろいろありました。その中で、この放射能総合計画をつくるという、今資料の2枚目にあるとおり、かなりいろいろな分野にわたって取り組みがされてきたと。この辺の個別の実施計画と全体を取りまとめる基本計画というのがあると思うんですね。この辺の例えば個別の実施計画というものについては、どのような内容にまとめていくかというふうにお考えになっておられますでしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) 実は、除染計画というのは策定したところなんですけれども、それ以外の取り組みについては放射能対策会議を中心にいろいろ決めまして、これまでも取り組んできたところです。ただ、除染計画とは別に、それ以外の取り組みについてまず1本の計画として体系的に整理したいというのがこの総合計画策定のねらいでもございます。  その中で、これまでさまざまな取り組みを進めてきましたけれども、これに加えてさらに充実させていったほうがいいというもの、それから新たな項目もあるかもしれません。そういうようなものを実施計画というふうに策定したいというふうに思います。  ただ、除染計画とは違って目標になると思いますけれども、除染計画みたいに0.23マイクロシーベルト未満を目指すという、または1ミリシーベルト以下を目指すというふうな、そういう数値的な目標はなかなか設定しづらいのかなと。そうすると、やっぱり安全で安心に暮らしていけるようなまちを目指すと、そういうふうな大前提があってこういう取り組みを、除染の計画とその他の総合計画の両方を推進していきたいというふうな計画になっていくのかなというふうに考えております。 ◆委員(関勝則君) この2枚目の内容にこれまでの取り組みの中から言うと、例えば個別になると食品等の安全であるとか、食物安全の計画とか、それから廃棄物処理といったものとか、健康管理に関する計画とか、その他風評被害とかいろいろあるかもしれませんけれども、その辺、今のお考えでは、まだ絞り込まれてはおられないですか。その辺お聞きしたいんですが。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) これまでの取り組みの中でカテゴリーごとに整理してございますけれども、どういう表現になるかわかりませんけれども、こういう項目が一つの骨子になって、その下に施策みたいなのが出てきて実施計画になっていくんだろうなというふうなイメージでおります。 ◆委員(内田美恵子君) 関連なんですけれども、この総合計画はそもそもどういう目的でこれをつくるのか。例えば、放射能除染以外の放射能汚染対策のこれからやるべきことを入れるのか、それともこれまでやったものを総合的にカテゴリーで分けてまとめたものなのか、どちらの側を目指すのでしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) 先ほど松戸市の例も出ましたけれども、松戸市につきましては、除染計画も含めた総合計画にしております。当然、放射能総合計画になれば、除染も含めたふうにはなってくると思います。これまで除染計画は、先ほども言いましたようにもう既にできております。ですから、まずは除染計画以外のものについても一つの計画としてまとめていきたい。それでどういうくくり方をするかわかりませんけれども、除染計画もあるでしょうし、それ以外のこういう計画もあると思います。そういうのが1本になって総合計画になっていくんだろうなというふうに思います。 ◆委員(内田美恵子君) 以前の委員会で除染計画以外の放射能汚染対策を一つの総合計画にまとめますって、それはそれで理解できるんですが、今、ここの2ページ目を見せていただくと、これまでに手がけたことがほとんどですよね。例えば健康管理12、13、14番に書いてありますけれども、そうすると、今先ほどの例えば松戸市のように健康診断みたいなものをちょっと参考にしてやったらいいんじゃないですかという提案なんかがあったときに、この計画の12、13、14には入らないですよね。そういう場合、例えば安全・安心を今おっしゃるように目指すのであれば、これからより一層充実させていく施策というのが出てくると思うんですけれども、その辺の部分はどういうふうにくくるんでしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) ですから、これにつきましては既に取り組んでいるものなんですね。ですから、この取り組みの中でさらに充実・強化したほうがいいものもあると思います。それから、今言いました健康相談という話も先ほどございましたけれども、それにつきましてもこの計画に位置づけていくというふうな、どうかわかりませんけれども、今の取り組みはこれですけれども、これ以外の新たな取り組みも市民の意見をいただきながら、また議会の意見をいただきながらまとめていきたいというのが今回の策定の趣旨でございます。 ◆委員(内田美恵子君) そうすると、そのスケジュールで8月下旬に完成させるとさっき説明がありましたけれども、この辺までに見えてきた政策とか事業をここに位置づけるということですか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) ここでというよりも総合計画の中に位置づけていきたいと。それは、タウンミーティングであり、ふれあい懇談会での意見をいただきながら位置づけていきますということです。 ◆委員(内田美恵子君) 総合計画という概念がちょっとわからないんですが、いわゆる総合計画ですから、子どもたちだけじゃなくて、いわゆる市民の安全・安心を守っていただけるような計画をしていただくというのが究極の目的だと思いますけれども、そういう場合に、いわゆる策定の期限がありますけれども、その後においてもいろいろもっと充実させるということは出てくるわけですよね。この放射能汚染対策自体も、除染に関しても我孫子市は平成25年度末までは一応計画しているわけですよね。そういうことを考えますと、この先もよりよい事業ができるような含みのある計画に私はぜひしていただきたいと思いますが。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) はい、そのとおりでございます。除染計画につきましても、平成23年度から平成25年度3カ年の計画ですけれども、必要に応じて見直しをしていくというふうになっています。これにつきましても今後検討していきますけれども、先のこともある程度見通してつくれればいいわけですけれども、そのときそのときで新たな状況が生まれればその対策も変わってくると思います。常にそういう場合には必要ですので、そういう見直しまでさらにしていくというふうにしていきたいと思います。 ◆委員(内田美恵子君) それから、先ほどのご説明で、タウンミーティングなどで意見を聞くというお話は伺いましたけれども、この作成の段階で市民を入れるというお考えはないんでしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) 3月議会の本特別委員会でそういうご提言をいただきました。それで内部でも検討させていただきました。例えば、市民参加を得た策定委員会をつくるというふうになった場合におきましては、例えば広報に募集をかけて2週間ぐらいの期間を置いて、その後選考委員会を開催して、それから委員会の開催となると、どう急いでも1カ月近くかかってしまうなというようなところもございまして、こう言ってはちょっと語弊もあるかもしれませんけれども、8月の目標までにはなかなか策定は難しいのかなというようなことから、一応検討はしましたけれども、こういう形で今回は策定を進めていきたいというふうに判断をしたところです。 ◆委員(内田美恵子君) 当初は確かに選考云々という時間がかかると思いますけれども、その先、検討に入った段階で数回のタウンミーティングあたりで出た意見に対してまた検討してそちらに回答して戻すとかいう作業を考えれば、私は当事者、例えば子どもの親御さんとか自治会の関係の方だとか、そういう方たちと一緒に除染活動をしていこうとか、放射能汚染対策をしていこうというスタンスを打ち出したんですから、私は、この計画策定の中に実際メンバーとしてその方たちを含めて策定したほうがよりよいものができてくるのではないかなと考えるんですが、もうその辺は決定ということなんでしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) 本来であれば、まさしく内田委員のご指摘のとおりと思います。市民を入れてつくっていくのが望ましいというふうに思います。  ただ、除染実施計画のときもタウンミーティングを開催しました。余り人数は多くございませんけれども、貴重ないろんなご意見もいただきました。それから、2週間のパブリックコメントを行いましたけれども、129件という多くのご意見をいただきました。というようなことで、なるべく市民の意見を吸い上げる、反映できるような仕組みをしながら、このスケジュールで進めていきたいというふうに思います。 ○委員長(掛川正治君) 室長、市民と我々議会と、今までずっと除染をやってきましたよね。結局、総合計画というと、何か随分後やり的なふうに見えるんだけれども、今までやってきたものの強化充実策というふうにとれるんだけど、そういうことなのかな。  我孫子市の場合は、要するによその市より先駆してかなり先行してやってきたわけですよ、除染にしてもね。だから、何かほかの市は、総合計画として松戸市でも柏市でも出してきていますよね。こういう中で、何か総合計画が8月にまとめるということになると、今まで除染計画だとか先に進んできた、各種いろいろやってきたことを8月に強化策としてまとめていくということでもないのかな。どうなんだろう。私はそういうふうに受け取れるんだよ。  今までいろいろやってきて、そのやつをパブリックコメントもらったりしてキャッチボールして、その強化・充実したものが8月にまた出来上がるのかなと、2段ロケット的にね。除染計画は今第2期をやっていますが、実際私は3期目だと思っているんですよ、除染計画の。1期は、もう我々の改選前。12月の予備費で予算つけて2期。今回3期目だと私は思っているんだよ。2期除染計画となっておりますけどね。今まですごく汗はかいてきた。それは満足じゃないかもしれないけどね。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) 確かに委員長のおっしゃるとおりと思います。  除染のほうも10月に策定しましたけれども、東葛6市の中では一番早く策定して本格的な小学校の除染を始めていった。それから、除染以外の部分の対策についても測定器の市民への貸し出しやら、いろいろ他市でもやっていましたけれども、積算線量であるとか、分析機を3台に4月から体制強化したとか、それから今回のホールボディカウンタ測定など、さまざまな取り組みをして進んだことをやって、確かにやっているという、言い切っていいかどうかわかりませんけれども、やっているんだというふうに私は思っています。  ですから、そういうやっていることを一つのものにまとめていきたい。もし、そのほかに取り組みがあれば、それも取り込んだ計画にしていきたいというふうに考えております。 ○委員長(掛川正治君) わかりました。  ほかにありませんか。 ◆委員(坂巻宗男君) これは3月の委員会のときなどにも申し上げて総合計画の策定というところまで進んできて、当初6月をめどにつくろうというお話だったんですよね。それを当委員会の意見などを踏まえてもう少し市民参加を充実できないかということで8月末の完成というところにしたというふうに思っております。  これは、先ほど内田委員からもあったように、確かに市民参加といったところで、市民の人が実際に入っていろいろな意見を提言してもらうということが本来の趣旨であろうと思うんです。私も3月でそういうふうに申し上げたところなんですが、一方では、さっきも申し上げたけれども、もう既に1年たっているというところの中で、余り時間をかけて計画づくりに取り組むということが本当に市民の側から見たときに望まれていることなのかというジレンマがあるということも、担当としての悩みであろうというふうにも思っております。  そういう中で、今回は市政ふれあい懇談会とタウンミーティングを2回開催するというところで市民の意見を聞いてというところだと思いますが、さらに細かく聞けるやり方などがあれば、それは随所随所で取り入れていただいて、市民参加の手法としてこれだけにとどまるんではなくて、もちろんこれとパブリックコメントというところも入っているわけですが、いろいろな形で意見は取り入れていただきたいというふうに思っておりますが、その点はいかがでしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) 市のほうには、例えば市政へのメールですとかございます。それから、これから自治会等に市のほうが入っていきまして一緒に取り組むようなこともしたいと思います。その中で自治会の中で出たような意見も、それから市政への手紙で出たような意見も全体的にとらえまして、この策定に生かしていきたいというふうに思います。 ◆委員(坂巻宗男君) ぜひお願いしたいと思います。  それから、先ほどの松戸市の事例も申し上げましたけれども、他の市でもいろいろな取り組みが行われてきているわけですよね。これはこの4月からいろんなところでいろいろなことが行われていくだろうと思うんですね。それもそれぞれの自治体、我孫子市でもそうですけれども、試行錯誤で進んでいく。そういう中で、いいとこ取りをしていく必要もあるだろうというふうに思うので、その辺、我孫子市だけで行われている目線だけじゃなくて、やはり視野を広げていただいて、ほかのまちでどういうことが行われているのか、茨城県、それからもっと言えば福島県でどういったことが行われているのかということも含めて、やはり総合計画というところに情報を入れて、その中から取捨選択をして、我孫子市はこういった形でいこうというふうに選択をしていく必要があると思うので、その辺もぜひ我孫子市の外の情報ですよね。その自治体もそう、それから専門的な機関もそうですね。大学とかもそうですよね。そういったところとの連携も含めて、いろいろな情報をぜひ収集をしていただきたいと思いますが、この点はいかがでしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) さまざまな情報を収集しまして、また他市の事例等も研究させていただきましてよりよいものを選択していきたいというふうに思います。 ◆委員(坂巻宗男君) 本当のこの放射能というのは、我々我孫子市という自治体では今まで経験したことのないことでありますから、それに対する計画づくりというのも難しいものだと思うんですが、本当に前向きにいろいろなものを取り入れながら行っていただきたいと思うんですね。  一方ではこういう話もあって、先日もあったんだけれども、例えば自治会で清掃活動などがあって、側溝清掃など、昔で言うところのいわゆるどぶさらいですね、そういったことが我孫子市で行われる。ところが側溝などは、我々の感覚で言えば非常に今放射能が高く側溝にはたまっている。特に、ましてやそこに土砂がたまったり、落ち葉がたまっているようなところであれば、かなりのベクレル数になるというのがわかるわけですけれども、そこに普通に例えばお子さん連れで参加をしているような保護者の方がいるというふうなことなども聞くんですよね。  そういうふうなときに、情報というものがやはりなかなか伝わっていないなという意見を持っている市民の方などもいらっしゃるんですね。自分のところではとても、親としてそこに参加をすることはあったとしても、今の実態を考えたら子どもにそういうふうな、例えば側溝清掃みたいなことなどはさせられないだろうと。ところが、そういうふうなお子さんがいたりするのを間近で見て、ちょっとどうすればいいんだろうかというふうに思い悩むというような声なども聞く。  だから、ここでいろんなことを議論をして専門的なことをどんどん、どんどん詰めていくんだけれども、一方では、市民の人たちの中では、実は全く放射能のどこが高いかとか、そういったところまで伝わっていないような事柄もあったりするものですから、ちょっと矛盾するような話になってしまうかもしれないですが、いわゆる我孫子市の市外の情報とか、いろんな専門的な知見などもぜひ取り入れていただきたいということと、同じぐらい重要なこととして、我孫子市の今の現状をもう一度見詰め直して、市民の人たちがどういう感覚で放射能と向き合っているのかというところもぜひ注視してこの計画づくりに生かしていただきたいというふうに思うんですが、その点お願いいたします。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) 例えば、市のほうで市民向けの除染作業マニュアルも策定しました。重要なことだと思います。その中に、6つの原則ございましたけれども、子どもには参加させないというようなことも定めてございます。それについてはホームページですとか公表したところなんですけれども、そういう情報もこれから積極的に提供していきたい。  それから、委員ご指摘のとおり、今、市民の方がどういう目線で放射能に向き合っているのかというようなことも十分見て、この対策に生かしていきたいというふうに思います。 ◆委員(坂巻宗男君) ぜひお願いします。  そういう意味で言うと、少し広範に、例えばアンケート調査などをやられてみるとか、そういうふうな形の市民の声の反映の仕方、市民参加の仕方なども検討の一つなのかもしれないなとも思いますので、いずれにしても最初に申し上げましたように、いろんな形の市民の皆さんの参加の形というものを考えて、本当にいい総合計画がつくれるように取り組んでいただきたいというふうに思います。答弁は結構です。 ◆委員(甲斐俊光君) 今、委員の皆様方が話したことにちょっと重なる部分もあると思うんですけれども、今回、こちらの総合計画というのは、今まで他市もつくったことのない未知の分野だと思うんですけれども、例えば今までもいろんな対策が急に出てくるわけです。例えば自動車走行のサーベイによる道路空間放射線量測定も、こちらは3月ですし、ホールボディカウンタも4月だということで、総合計画といいますと、結構先を見通してかなりしっかりした目的を持って行ってくるような感じがあるんですけれども、今回に限っては柔軟性を持って、ある程度見直しの時期も近々に3カ月後、4カ月後と決めて、こういう計画も素早い対応ができるように考えていくことも必要だと思われますが、この点いかがでしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) ご指摘のとおりだというふうに思いますので、そういうような方向で見直しもしていきたいというふうに思います。 ◆委員(甲斐俊光君) そしてちょっと重なるんですけれども、この総合計画の下の部分ですね。各所かなり分担というか、各所にまたがっている部分だと思うんですけれども、各部署によっても実施計画だとか、タイムスケジュールだとかも個別に決められるというお考えはどのように思われているでしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) 実は、今考えておりますのは、この策定に当たりましては市の放射能対策会議の下部組織に課長級で組織する幹事会がございます。幹事会で策定していきたいというふうに考えておりますけれども、その中で当然この右側に担当部署が列記しておりますけれども、こういうところが参加してきますので、いま一度見直していただいてよりよいものにしていきたい、充実させていきたいというふうに考えております。 ◆委員(甲斐俊光君) 今回の放射能問題に関しましては、東葛全体が同じような方向性を持って各市が市民の皆様方の安全・安心のために行っていくことなんですけれども、やはり他市の情報も非常に必要になってくるかと思うんですけれども、例えば我孫子市の根戸のほうでしたら、隣の柏市の根戸のほうで高い放射線量が検出されただとか、近くの子どもさんから放射線、セシウムが検出されただとか、そういう情報を常に市から直接柏市や流山市等の放射能対策担当課のほうから得られるような相互の情報交換のシステムをこの総合計画の中に盛り込むべきだと考えるんですけれども、その点についてはいかがでしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) その点につきましても大変重要なことと思っております。  現在も東葛6市、これまで放射線対策協議会がございます。今も生きておりますけれども、3月、6月、9月、12月の議会がございまして、これまではその議会の前に一堂に会しましていろいろな情報交換をしていきました。当然大事なことですので、近隣市との連携についても、放射能対策を進めていく上では重要なことですので、計画の中に位置づける方向で検討させていただきます。 ◆委員(関勝則君) 今、甲斐委員のほうからもありましたけれども、ちょっと関連して、こういった取り組みを進めるに当たって、これだけ多くの担当課がすべてかかわってくるということで、この権限とか情報が分散してしまうことをちょっと恐れるんですけれども、先ほど課長クラスが計画立案をされるということのお話もありましたけれども、基本的には市としては、市長を委員長とする放射能対策会議ですか、これが最高意思決定機関で、事務局は放射能対策室であると。その役割というのは情報収集とか関係部署との総合調整というふうに、これまでの第2次除染計画においての役割というのはそういうことだったと思うんですが、この総合計画をやるに当たってのその役割であるとか、またいわゆる組織体制はどのようにお考えでしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) 放射能対策会議につきましては市長が委員長ですので、放射能対策についてはそこですべて決定する組織になっています。その下の幹事会、これは課長級で組織していますけれども、市長に報告する重要な事項について調査、審議することができるというふうな規定がございますので、それが幹事会の役割になっていますので、そこで市長の命を受けて、その中で検討して、随時報告していきながら計画をつくっていきたいというふうになっております。 ◆委員(関勝則君) 今後、その総合計画をつくるに当たって、各部署、例えばここで言うと食品等の安全にしても学校教育課とか保育課とか、いろんなものもかかわってくると思うんですが、それはそれで各部署で今のお話ですと総合計画の一環の中で各部署で計画を策定したり、またその情報を収集したりとか、まとめたりとか、そういったすべてそういうふうにやるということになるんでしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) 当然、担当課がございます。ここに列記した部署につきましては、ほとんど幹事会のメンバーになっております。要は、あくまでも例えば農産物の分析であれば、それにつきましては農政課の課長が出てきますので、その中で今の部署の体制であるとか、いろんなところを再検証していただきまして、その農政課だけで決めるのではなくて、幹事会みんながメンバーにおりますので、その中でいろいろ検討していくと。それで、検討したものは市長に報告していくんですけれども、検討状況についても市長が委員長の放射能対策会議に検討状況も含めて逐一報告していきたい。そういうふうにして策定していきたいというふうに考えております。 ○委員長(掛川正治君) ほかにありませんか。  ないようですので、次に進みますが、ここで暫時休憩いたします。      午後2時21分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後2時35分開議 ○委員長(掛川正治君) 再開いたします。  次に、4市1組合の放射性物質を含む焼却灰等の一時保管場所について、当局の説明を求めます。      (この後、環境経済部長、環境経済部参与より説明された) ○委員長(掛川正治君) 以上で説明は終わりました。  ただいまの件について質問があれば許します。 ◆委員(内田美恵子君) 今、ご説明があったんですけれども、まずこちらからも3月の委員会あるいは議会の後の状況をちょっと動向を確認させていただきたいと思うんですが、先ほど海老原部長のほうからご説明のあった会というのは、これまで行ってきた副市長会議とは別のものと考えてよろしいですか。 ◎環境経済部長(海老原美宣君) 関係市が集まって行った会議ですけれども、まず、10月に提案があったわけなんですけれども、その後、12月22日に第1回の会議、これは我孫子市が呼びかけて会議を開催しました。これは副市長会議という設定だったと思います。その後、1月5日に2回目、それから1月31日に3回目、それから2月になって市長会議ということで、1回目の市長会議が行われました。それで、3月29日に行われたのは、2回目の市長会議という設定です。 ◆委員(内田美恵子君) 2回目の市長会議ということですけれども、そうすると、以前行っていた4市1組合の副市長会議というのはもう開催されないということと考えてよろしいんでしょうか。 ◎副市長(青木章君) 経過を細かく説明しなくて大変恐縮でしたけれども、ここでのいわゆる3月議会での特別委員会のいろんなご意見もいただきまして、早速3月28日に私のほうで印西市の副市長のところに、今後、副市長会議また再開しなければならないのではないか。それはここでもご指摘いただきましたように、さまざまな状況がかなり変わってきている。そういう中でまた情報を共有するためにも、そういう方向性にいかなければならないのではないかということもありましたものですから、まず我孫子市と印西市が意を同じくして動かなければならないのかなということも踏まえて、印西市の副市長との打ち合わせを28日にやりました。  それから戻ってきましたら、柏市の副市長から連絡がありまして、それで今、海老原部長から話がありましたような、あした出てこいと。市長がだめなら副市長、副市長がだめなら担当部長でいいよというようなことで、それがちょっと交錯してしまったものですから、とりあえずは首長会議といいますか、そちらの会議のほうの様子を見ようというふうなことで、今のところ副市長会議の延長線上のものはまだ開けていないという状況でございます。 ◆委員(内田美恵子君) そうすると、3月29日に柏市の要請で開かれた会議というのは、副市長会議とは別のもの。もう1点、副市長会議はなくなってしまったわけではなくて、そのままの状態にあると理解してよろしいんですか。 ◎副市長(青木章君) もともと副市長会議という正式な名前の会議ではなくて、12月に、ちょっと繰り返しになりますけれども、10月31日に県からいわゆる提案があった。それで我孫子市、印西市で共同しながら県との調整をしていましたけれども、それが全く進展もない中で、このまま情報を出さないでいるわけにはいかないというようなことで、12月議会で皆様に報告をさせていただいて、それに当たっても、やはり各市での自区内処理という基本原則にのっとった皆様の各市の努力もお願いしたいというようなことで、私どもからお願いして会議を開いたものですから、何か副市長会議みたいな形で名づけられましたけれども、もともと公式な会議というか、もともとのあれにのっとった会議ではありませんから、継続しているのか、していないのかというようなことはなかなか難しいんですが、ただ、いわゆる首長会議だけでは整理のできない、その一つ手前の物事を整理していく段階での会議としては、今後も開いていかなければならないのではないかというふうには私自身は考えております。 ◆委員(内田美恵子君) それからもう1点確認なんですが、先ほど3月29日に開催された会議はどういう位置づけのものとして柏市が要請してきたんでしょうか。  それともう1点ついでに。継続するものなんでしょうか。 ◎副市長(青木章君) また説明が不十分で大変申しわけありませんでした。柏市が要請してきたのではなくて、柏市はあくまでも連絡役でして、招集は千葉県です。千葉県が1市1市に連絡するのではなく、柏市の副市長に電話をし、それで柏市の副市長が各市に連絡をとったというふうに伺っております。そういう状況での招集です。 ◆委員(内田美恵子君) もう1点、今後の継続。 ◎環境経済部長(海老原美宣君) 説明の中で申し上げたとおり、開催の趣旨は各市の状況報告と、それから説明会開催の再要請ということで通知が回ってきたわけなんですけれども、内容もまさにそのとおりで各市の状況を報告した後、先ほど申し上げたとおり、3点の県からの要請、この内容に尽きる、そういった会議でした。  今後、どうするかという話は、その会議の中では出ておりません。 ◆委員(内田美恵子君) そうすると、3月29日に開催された会議は、千葉県が主催というんですかね、招集した会議と認識してよろしいということですね。  そして、内容についてなんですが、最初の部長からのご説明を伺うと現状報告と、それから説明会開催の要請ということなんですけれども、現状報告の中で4市1組合の現状が話されたかと思うんですが、柏市で南部クリーンセンターに建屋を建てる計画があるとかいろいろなお話がありましたけれども、それとか柏の葉の国有地の柏市としての検討ですね、その辺はお話ありましたでしょうか。 ◎環境経済部長(海老原美宣君) 各市の現状報告の中では、我孫子市を除いては、先ほど申し上げたとおりごみ処理の焼却灰の処理の現状についての報告が主でした。例えば、松戸市では、1日一、二トン発生していて駐車場が満杯でほぼ限界に近づいているといったことであるとか、あるいは柏市も1日1トン強焼却灰がふえていて、当面は南部クリーンセンターに周辺の住民の理解を得て置かせてもらっているというような報告で、柏市側から特に柏の葉国有地に関する検討状況といいますか、そういった説明はございませんでした。 ◆委員(内田美恵子君) そうすると、柏の葉の国有地に関しては千葉県のほうから財務省とか環境省に問い合わせたということだったんでしょうか。 ◎環境経済部長(海老原美宣君) 当初は我孫子市のほうで市内の国有地、県有地の洗い出しをしていただけないかというお願いをしておりました。そういった中で、柏市が千葉財務事務所に、柏の葉の国有地の打診を行ったということです。正式な要請はしていないということで、今回の副知事が説明したのは、柏の葉国有地の新聞報道について事実関係どうなのかということで環境省、それから千葉財務事務所に照会した結果が報告されたものです。 ◆委員(内田美恵子君) では、新聞報道については、全く事実無根だということでしょうか。ただ、照会はしたけれども、国のほうからそういう計画があったということではないと理解してよろしいんでしょうか。
    ◎環境経済部長(海老原美宣君) 当初、たしか3月9日の朝日新聞だったかと思いますけれども、国は柏市内の国有地を提供する方針を決め、市との協議に入ったというような報道からスタートしたかと思うんですけれども、このような事実はないといった趣旨の報告だったと思います。 ◆委員(内田美恵子君) それで、前委員会のときだったと思うんですが、4市1組合が集まったところで、前回のときは副市長会議しかなかったので、その副市長会議でもあったら、手賀沼流域下水道終末処理場に既に下水道の焼却汚泥が1,000トン以上ありますと。私、これからも建屋がいっぱいになるほどふえていきますというような現状をぜひ皆さんにお話ししていただきたいというような要望をしたつもりがあるんですが、その辺のお話は我孫子市としては全然そういう場では出してはいないんでしょうか。 ◎環境経済部長(海老原美宣君) 3月29日の会議の中ではそういったお話はしておりません。 ◎副市長(青木章君) 私の話が途切れ途切れで大変恐縮なんですが、そういうことで3月28日、それから29日の首長会議と。さらに私はそれを受けて4月10日に柏市の副市長と懇談をしました。  それはやはり、今後の話も、あるいは柏市の現状なども多少聞かなければならないなというようなこともありまして、そういう中では、当然、この委員会でどんな議論をしたかも、簡単な私なりのこんなやりとりがありましたよというメモも含めまして、柏市の副市長には伝えましたけれども、ただ、先ほどお話ししましたように、そういう千葉県との、あるいは首長会議との余韻がある中で、さらにそれを乗り越えて副市長会議を招集するというところまでの話には至らなかったものですから、そこまでまだ進んでおりませんが、一応のそういう我孫子市の状況や我孫子市議会の意向などは、柏市の副市長との協議の中では伝えてあります。 ◆委員(内田美恵子君) 今のご答弁だと、柏市の副市長にはお知らせしてあるということで、その他の地域の方はあんまり現状はご存じないのかなと思いますけれども、ご説明を伺うと、やはり他市は我孫子市と印西市にまたがる手賀沼終末処理場に置いていただければ、もう事が片づくので、自助努力的なものをあえてしているよとか、しようとしているよとかいうお話は全然なかったように今お聞きしたんですけれども、例えば建屋の検討をするだとか、一時期そういう検討も、例えば柏市で南部クリーンセンターに建屋を計画してみるとか、いろいろ流山市でもあるところにというようなお話も伺っていたんですが、そういうお話が一切出されないということは、我孫子市の手賀沼終末処理場に置いていただければ事が片づくので、ある意味出さないほうがいいのかなというようなこともあって出さないのかなというふうに思いますけれども、その辺の感触はいかがだったでしょうか。 ◎副市長(青木章君) 前回の会議でもこういう言い方をしたんですけれども、各市の皆さんのさまざまな判断がある中で、私どもが各市の状況までつぶさにお話しすることがなかなか難しいという点は正直言ってあるんですが、いろいろ柏市も含めて事務レベルあるいは副市長レベルで接していろいろな情報収集やお話をしているときに、各市がかなり切迫した状況の中で自分たちが何ができるかという検討といいますか、そういうものはかなりしているなというのは最近の実感として私にはあります。  といいますのは、説明が難しいんですが、そういう各市の検討の中身が全部表に公表してしまいますと、いろいろ検討している中身がすべてその地域の住民とかと絡んでくるものですから、じゃ、うちのをやめてあそこにすればいいじゃないかといった、アブハチ取らずといいますか、なのでどれも成立していかなくなってしまうというような危惧が各市の切迫している中であるものですから、私も2回副市長会議でお願いして、その回答というのはありませんでしたという結論だけしか表向き聞いていなかったものですから、その検討の経過みたいなものがいまいち見えなかったのですが、ゆっくりといろいろ内々にお話をしてみると、各市かなり努力をしていただいているけれども、なかなかそれがすべて皆さんに公表できるような状況にはない中で、かなり皆さん苦労しているなという実感はありますけれども、なかなかそれは私どもにも情報としてすべてを話していただけないというような状況でした。 ◆委員(内田美恵子君) それで、各市が努力をしているというふうに感じられたということなんですが、その努力をしても、そこの手賀沼終末処理場にまださらに置かなければ間に合わないというところまでなんでしょうか。それとも各市の努力をもうちょっと、自区内処理が原則ですから、その辺は十分可能性があるというふうな感触を得たのか、その辺ちょっとお聞かせください。 ◎副市長(青木章君) 当面の対策として、かなり皆さん切迫した状況の中では努力はしておりますが、こういう状況がいつまで続くかわからないという中で、また国もいわゆる特定廃棄物みたいな放射線を含んだ廃棄物みたいなものが、国の特別措置法によれば国が責任を持つことになっているんですが、それがいまいち最近になってまたあやふやになって、国も対応していただけるんだか、いただけないんだかわからないような国の状況を見ますと、各市ともいつまでこれが続いていって、どれだけの量になっていくかというのがはかり知れないという中では、自分たちの今現在の自己努力は、先ほども話が出ていますから、柏市の場合ですと南部クリーンセンターとかの中に建屋を建ててやっていこうとかというようなおのおのの努力はしているんですけれども、それと並行して、それもいつ足りなくなるかわからなくなるものですから、手賀沼終末処理場の話はその話として進めてほしいといいますか、できたらなと思っているのは、それも事実のようです。 ◆委員(内田美恵子君) それで、副知事のほうから3点、これからの、国はあてにならないから県が何とかしなければいけないということで、さっき住民説明会ということと、各市から説明会の要望があれば受けたいということと、市議会への説明会をしたいというようなことを要望されたというような部長からのご説明がありましたけれども、これに対して市としては、今の現状どういうふうに考えていらっしゃるか、その辺をお聞かせください。 ◎副市長(青木章君) まず、手賀沼終末処理場周辺の住民説明会を実施したいということですけれども、これは最初から市長も前回の特別委員会で、あるいは新聞等々でお話ししているかと思いますが、県が自分の場所を使って何らかの通知をし、やるということを強制的に実力行使でとめるということはなかなか難しいのではないかというようなことで、それが県が主体的にそれをやるということであるならば、それはもういたし方ないというようなことであるけれども、協力はできないというスタンスでこれまで来ましたので、そのスタンスは今も変わっていないというふうに思います。  それから、2点目の各市から説明会の要望があれば県としては積極的に対応しますというようなことにつきましては、とりあえず我孫子市として説明会を県にお願いするというようなスタンスには今ありません。  それから3つ目の我孫子市議会に対して説明を行いたいので日程調整をお願いしたいということにつきましては、最初の会議から申し上げていますように、我孫子市議会という独立した機関ですので、市長部局、私どもが日程調整をするとかという問題ではなくて、それは県と我孫子市議会とが話し合って決めるべきことだろうというようなことで考えております。 ◆委員(内田美恵子君) 最後にします。  今お話をずっと伺っていると、県は、やはり県議会の決議もあったということもありまして、手賀沼終末処理場案を進めたいという方向性で一歩出てきたなというふうに考えます。その中で、やはり私は最初ちょっとボタンをかけ違えたのかなと思うんですが、やはりこれは県が、今は中央集権ということではないですから、分権の中でそれぞれ当事者である自治体が、まずはこういうことをどうしようかと、自区内処理を原則として、今後の問題も考えていこうじゃないかというスタンスに立つのが本来の姿だろうと思っているんですが、それが県が強権的な感じで出てきたということが大変理不尽だなと思うんですが、そういうことを踏まえると、やはり今後当事者間というか、関係自治体間でどうやってこれを解決していくのかというか、解決というかお話し合いをしていくのかということがまず一つ大切なんだろうなと思うんですね。県ということじゃなくて。  先ほどるるご質問しましたけれども、副市長会議でやるのか、それともどういう場でそれをするのかということが、今まだ見えない状態なんですよね。何しろ県が音頭を取らないと、なかなかそれぞれの利害が絡むのでというところがあるけれども、それを一歩出ないと、結局は県とか国に依存しちゃうことになっちゃうので、それは一つのこれからの課題だなと思っています。  その中で、原則はやはり自区内処理ということで、こういうことはとことん限界までそれを追求して、その先自区内処理という可能性、もうそれができないということであれば、また協議するということなんだろうなということが一つあります。  それから、放射性物質というのは、今瓦れきの広域処理というのが全国的に問題になっていますけれども、これもマスコミなどでは自治体が受け入れないと、それは地域エゴだろうというような論調で最初出てきましたけれども、最近では、それこそ本来は出た自治体で処理したほうが雇用の確保もなるし、財源はその辺は国からいただくというような、当事者である東北地方なんかでもそういう考え方が強くなってきたかなと私は見ているんですが、それに輪をかけてこの放射性物質を含んだ焼却灰等に関しては、移動させて拡散をするということが一番問題ではないかという考え方が専門家なんかでも強くなってきたかなと思います。その辺を強くアピールしていただきたいということ。  もう一点は、我孫子市に既に下水道の焼却汚泥がこれだけあるということを市民の方も知らないんですね。市民も知らないし、近隣市の方も十分把握しているとは私は思っていないんですね。というのは、マスコミの論調がどうしても我孫子市は地域エゴだよというような書き方をされてしまったものですから、私なども市民の方からどうしてそういう地域エゴ的な、ニムビー(NIMBY)的な対応をするのということを聞かれることがあるんですが、現状をお話しすると、そういうことは全然知らなかったということを聞きますので、この辺を市としても、私たち議会もそうですけれども、しっかり情報を公開していきたいなというふうに思いますが、その辺いかがでしょうか。 ◎副市長(青木章君) 実は、3月のときにたしか坂巻委員の質問に対して、私のほうで今後は放射能対策ニュースなども出しますので、手賀沼終末処理場の状況なども報告しながら、そういうこともというふうなことで検討するということで答弁しているんですが、第1号というようなことで除染計画を中心の特集となっているものですから、あといわゆる災害、液状化も含めたほうの制度の見直しとかの情報が出されているものですから、今回、ちょっとその部分は載せておりませんけれども、次号以降でその点はしっかりと考えていきたいというふうに思います。  あと近隣の状況なんですけれども、私としては少し動き出さなくちゃならないんだろうなということで、印西市を皮切りに動き出そうと思った矢先に千葉県のほうが次の日に出てこいみたいな、ああいう会議を招集されてしまったものですから、ちょっと今動きをとめているところなんですが、確かに各市の切迫した状況等も踏まえる中で、今、まさにそういう会議よりも各市では、各市というのは特に3市の話になりますけれども、3市では、いわゆる地元説明会やらそういうことに努力を傾注しているところですので、その会議がどんなふうに持っていけるかも含めまして、少し時間をいただいて私のほうで調整をしていきたいなというふうに思います。 ◆委員(坂巻宗男君) 重ならないように、できるだけコンパクトにいきたいと思いますが、まずちょっと1点、最初に簡単な部分で、千葉の財務局のほうに国有地の照会じゃないんですね、直接行っていただいたんですよね。そうしたら、4市1組合の問題に波及するので情報は積極的には出せませんみたいな、ホームページで見てくださいというふうなことだったというんですけれども、それは全くもって非常識な発言で、4市1組合の問題に波及するかどうかなんていうのは、情報を得た我々がいろいろな形でやっていく問題なのであって、情報を出す側がそんなことを考えて出すか出さないかを判断するわけではないので、鈴木参与に怒っているわけではないんですよ。財務局は何だろうなということなんです。  1点お願いしたいのは、であれば、文書で照会していただけませんかね。文書で向こうの回答を明らかにしていただきたいんです。もし仮にそういう文書が回答で出てくるのであれば、それはそれでまたそこからの話になるんですが、同じことをわざわざ1度出向かれてそういう対応だったわけなので、文書にて照会をして、文書にて回答してくださいという形でお願いしたい。まず、その1点お願いします。 ◎環境経済部参与(鈴木正己君) それについては、文書をもって照会をしたいと思います。 ◆委員(坂巻宗男君) お願いします。  それから、もう今、詳しく内田委員が質問されていますので、その部分は省いて、部長のほうからお話のあった点でちょっと確認をしたいと思ったのが、3つの今後住民説明会をやりたいと思っているとか、他市でもそういうことをやりたいと思っているのか、市議会と何とかならないかというふうなときに、他市のほうからぜひ持ち帰ってもらいたいという発言があったというふうなことをお話があったかと思うんですが、この他市というのはどこですか。 ◎環境経済部長(海老原美宣君) 意見交換の中で、私いろいろ記録をとっておりましたが、今の内容についてどの市が発言をしたかという記録はちょっと残っておりません。申しわけありません。 ◆委員(坂巻宗男君) これはその集まったすべての市ですか。ちょっとそこが記憶でもしわかれば。あるいはどこか特定の市ですか。それともその集まっていたすべての市が我孫子市さんお願いしますよということだったのか、ある特定の市がそういうことを言ってきたのか、その辺はおわかりになりますか。特定の市はわからないということなんですが、その1つの市なのか、全体の話だったか。 ◎環境経済部長(海老原美宣君) 私が紹介した発言は、特定の市から出た発言でございます。 ◆委員(坂巻宗男君) 特定の市ということでありますが、そこのところはちょっとわからないということなので、また終わってからでも聞きたいと思うんですが。  それで実は、先ほど来から出している松戸市の放射能の総合計画というのがあって、今回これをいろいろ見ていたんですね。その中に、まさに焼却灰をどうするかというのを松戸市はこの総合計画の中に組み入れているんですよね。そこには、今、副市長からお話あったように地元の対策もやっていきますというふうなことが書かれています。つまり、国・県の動きというのが、動きはあるけれどもどうなるかわからないから、自分のところでしっかりと整理していくんですとあります。  一方で、市外等広域での保管として県の提案している手賀沼流域下水道終末処理場というのがもうここに明記されているんですよね。平成24年3月が県による地元説明会の開催準備期間、4月が地元への説明会のへの開催、クエスチョンマーク、その後未定になっていて、9月になると使用可能になった場合、自分たちのクリーンセンター以外で保管してきた灰を移送すると。こういうスケジュールが組み込まれているんです。  この辺のスケジュールなどについて、何か今の市長会議でしたっけ、県の副知事との話なり、副市長会議なりで、今まで具体的に提示されたということはあったんですか。それともこれは松戸市が独自につくっているんですか。 ◎環境経済部長(海老原美宣君) 3月29日の会議の中では、そういったスケジュール等は一切示されておりません。 ◎副市長(青木章君) 副市長会議もここしばらく開いていませんが、当然まだそういう総合計画とかがなかった時期ですので、そういう話は一切ありませんでした。 ◆委員(坂巻宗男君) そうしましたら、これは別に抗議するとか、そういうふうなことではなくて、一体これはどういうことなのかというのは、市として、これは今パブリックコメントをまだ求めているのかな、とにかくこれは松戸市のホームページに情報公開されているんです。そこで私も確認をしたんですけれども、一体これはどういうことなのかということは、ぜひ担当のほうに確認をしていただきたいんですね。このスケジュールを。クエスチョンマークなどがついているし、それから使用可能となった場合というところがあります。これは誤解のないように言っておきます。だから、確定した情報ではないけれども、かなり具体的に何月になったら何を移送しますとか、そんなふうな話になっていますので、この辺、松戸市のほうにぜひ確認をとっていただきたいと思います。この点、ご答弁をお願いします。 ◎環境経済部長(海老原美宣君) 早速松戸市のほうに確認をとりたいと思います。 ◆委員(坂巻宗男君) わかりました。  今、いろいろとある意味で県というのかな、そのほかの自治体も何とか手賀沼終末処理場にならないかということの動きがある中で、我々がずっと主張しているのは、既に手賀沼終末処理場のところには7市の汚泥があって、それから発生した放射性物質というものをあそこで我々は許容しているんだと、広域的責任を我々の地区は果たしているんだぞということ。なおかつそこにさらにほかのまちで燃やした焼却灰まで持ち込まれるということは、これは幾ら何でも無理な話ですよということがまずある。  あるいは当然、布佐地域というものが液状化の被害を受けているということなど含めて、我々は2度の決議文を出しているということが前提としてあるわけなんですが、そういう中で市とこの議会、執行部と議会というものが一枚岩になって、この件に関して対応しようとしている。  一方で、先ほど内田委員からもあったように、市民の方に対してしっかりと情報提供をして、実はこの間、会派でも意見交換会を南新木のほうでやりましたけれども、南新木の住民の方々も当然この件に関しては非常に強い関心を示しておりました。一方で、やはり情報が届いていないという声もありますので、その点に関しては、先ほどもご答弁あったのでご答弁は結構なんですが、要望として、ぜひ放射能対策ニュースで詳しくこの問題を市民の皆さんにしっかりお示しをして。市民の皆さんも我孫子市の中であそこに置かれることはおかしいではないかと。それは我孫子市の地域エゴなどの問題ではまるでなくて、なぜあそこだけに東葛地域の灰が集中をしてしまうのかということに対していろいろな声の上げ方をしていかなくちゃいけないだろうというふうに思います。  繰り返しですけれども、どこか1カ所に、我孫子市じゃなくてどこか1カ所へというのではなくて、それぞれのまちで今は現状保管していくしかないだろうというのが、少なくとも今の私の考え方なんです。そういう中で、執行部と議会と市民の方といろいろ連携していこうと。  私、もう一つ大切なのが地元県議だと思っているんですね。地元の県議会議員の方がお二人いる。この2人がこの問題に対して一体どういう考え方を持っているかということは非常に重要なことだというふうに思っているんですが、少し前に県議の方が出した会報なども折り込みで見ましたけれども、その件に関しては特にコメントがなかったりしました。お二人の県議の方の中で、少なくともまだ私はこの問題に対してどういう見解なのかということを受け取れていない。  一方で、千葉県議会では、千葉県が責任を持って焼却灰を処理しなくてはいけないのではないかという趣旨の決議文でありますけれども、全会一致で可決をされたという事実があって、千葉県の執行部は、手賀沼終末処理場へのエールだと感じているというような新聞記事などもあった。そうすると、やはり我々として議会、執行部、住民、そして地元県議、この4者が一体になってこの問題に対して対応していくんだというふうな体制づくりをこれからしていかなければいけないだろうと強く思うんですが、その点、例えば市長なり副市長なり、地元の県議がお二人、この問題に対してどのようなスタンスで取り組まれているのかということをもし把握をされていればお聞かせいただきたいというふうに思うんですが。もし、この件に関して、特にこの場で発言できるようなものがなければ、それはそれで結構でありますけれども、お願いします。 ◎副市長(青木章君) 特に今現状において県議と意見交換等々もしておりませんし、接触もしておりませんので、ちょっと意向は確認できておりません。 ◆委員(坂巻宗男君) わかりました。  そうしましたら、これはもちろん執行部の問題というのかな、執行部としての意見の聞き方もあるし、我々議会としてこれを確認していくというやり方も当然あるわけですね。この特別委員会に例えば参考人として来ていただいて、お二人の見解を明確にして、繰り返しですが、地元の議会と執行部と住民と地元の県議が一致団結をしてこの問題に対処していくと。やはりこういうことがこれから我々としてやはりやっていかなければならないことではないかというふうに感じております。  もちろん、これは執行部に答弁を求めるものではないんですが、今後、そういった形も重要だというふうに思っておりますので、ぜひその辺もご認識の上、いろいろと事に当たっていただきたいというふうに思います。答弁は結構です。 ○委員長(掛川正治君) 暫時休憩します。      午後3時19分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後3時19分開議 ○委員長(掛川正治君) 再開いたします。 ◆委員(椎名幸雄君) ここで配られました新聞のコピーなんですが、印西市議会に4月26日説明会があるというようなニュースが載っております。印西市の議会のほうから我孫子市に関してこれについて何かコメントというか、連絡というかありましたでしょうか。あるいはまた、我孫子市のほうから印西市のほうにお話というか、コメントというか、何かしましたでしょうか。 ◎副市長(青木章君) 印西市の副市長からこういうことが議会で県との間で印西市議会との間で決まったようですという報告はありましけれども、それ以上のものは一切ありません。 ◆委員(椎名幸雄君) わかりました。 ◆委員(内田美恵子君) 1点お聞きしたいんですが、手賀沼終末処理場の直近の汚泥の量を教えていただきたいんです。以前1,040トンだったというのをいただいたんだけれども、その後の。 ◎下水道課長(後藤秀和君) 汚泥の量という何トンあるかというのはちょっと把握はしていないんですが、2月議会で2,000袋あったものが、現在は2,300袋あるというふうに確認しております。 ○委員長(掛川正治君) あれは日量4トンじゃなかったっけ。 ◎下水道課長(後藤秀和君) 日量150トン脱水汚泥として出ているような状況。10トンは要するに脱水汚泥として搬出をして、140トンの焼却灰、それが大まかに燃やすと30分の1ですので、4トン弱、日量としては一応出ているような形です。 ○委員長(掛川正治君) 暫時休憩します。      午後3時22分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後3時23分開議 ○委員長(掛川正治君) 再開します。  では、今の休憩中のあれはまた資料として提出してください。  ほかにありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(掛川正治君) ないものと認めます。  次に進みます。  これより、その他の放射能問題に関する質問に入りますが、初めに、放射性物質除染実施計画(第2次)について、発言を求められておりますので、これを許します。      (この後、放射能対策室長より説明された) ○委員長(掛川正治君) 以上で説明は終わりました。質問があれば許します。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(掛川正治君) ないものと認め、暫時休憩いたします。      午後3時30分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後3時30分開議 ○委員長(掛川正治君) 再開いたします。  芹沢正子議員から、会議規則第110条第2項の規定により、市民との協働での除染作業について、委員外議員の発言申し出がありました。お諮りいたします。申し出のとおり、これを許可することにご異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(掛川正治君) ご異議ないものと認めます。  よって、申し出のとおりこれを許可することに決定をいたしました。  芹沢正子議員に申し上げます。申し合わせにより、発言は、ご承知だと思いますが、5分以内となっておりますので、ご了承願います。  これより発言を許します。芹沢正子議員。 ◆委員外議員(芹沢正子君) 質問させていただきます。  立派な計画ができ、2年間で多額の予算を使ってスケジュールどおりに今進行していることは了解しております。しかし、市民が自宅の庭も含めた近隣での正しい数値を知るようになり、自力での除染をしたいと思っても、まだ具体的な市からのアドバイスは何もないのが現状です。  まず、関連して幾つか質問させていただきます。  先日、根戸小学校の学童保育室周辺で県外も含めたボランティアがジェット噴射と同時にバキュームでそれを飛び散りを防ぐやり方で除染がなされましたけれども、教育長はそれをご存じでしたでしょうか。 ◎教育長(中村準君) 根戸小学校は学校支援地域本部事業が非常に活発な学校でありまして、地域の方々に大変学校がお世話になっております。ただ、今、芹沢議員おっしゃった件につきましては、私のほうでは把握しておりません。 ◆委員外議員(芹沢正子君) 広報のやり方と内部の連絡をよろしくお願いいたします。  次、除染実施計画の7ページ、数値が大きく出ていますが、これは何月何日の資料でしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) 7ページにつきましては、昨年9月の文部科学省が実施しました航空機モニタリングの結果です。 ◆委員外議員(芹沢正子君) 市の測定器は、県の財団の測定器あるいは私用の個人で買われた測定器よりも約2割低い数値でずっと出ていたんですが、出荷の際に校正されるというふうに議会の返事がなされています。校正とはどのようなことですか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) 校正といいますのは、例えばはかりなんかございますけれども、例えば肉や野菜が100キログラムのものであれば100キログラムに表示されるようにというふうにすることを校正と言っております。 ◆委員外議員(芹沢正子君) それでは、本題の質問というか要望なんですけれども、先日、他市でココ掘れワンワン隊という除染のための市民活動がテレビで紹介されていました。我孫子市の実施計画によると、市は空間線量計などの提供や貸すものをいろいろ貸して市民、自治会、管理組合などと協力しながら除染をすると書いてあります。市が主体になっていますが、研修を受けアドバイスをする市の職員は今年度の後半で何人ぐらいになりますか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) 現在、16名です。今月の24日なんですけれども、さらに受講者が6名ということで、22名。さらに来月8名、何名になるかわかりませんけれども、受講者が8名出れば、当初の目標の30名が確保できるなと、そういうふうにしていきたいなと思っています。 ◆委員外議員(芹沢正子君) そうしますと、平成24年度後半に予定されている一戸建てのスケジュールは、子どもたちの生活を考えると夏休み前に各家庭でこういうことをしてくれるといいというのを出していただきたいんです。私の今回の質問の大きな目的はそれです。汚泥の処理方法など、どういうふうに各家庭でやったらいいか、市から広報で出していただけないでしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) 戸建て住宅の除染につきましては10月から本格的にやりたいなというふうには思っているところなんですけれども、それ以前に議会のほうから予備費をいただきまして、自治会等への資機材の提供もこれからしていきたいと思います。アドバイザーのほうも派遣していきたいと思っていますので、その中で戸建て住宅の除染の仕方についても話し合っていきたいなというふうに思っています。
     ただ、なかなか強制ということもできませんので、市のほうで先ほども出ましたけれども、除染作業マニュアルをつくっておりますので、これが余り周知されていないようですので、もっと周知をしていきたいなというふうに考えております。 ◆委員外議員(芹沢正子君) 最後に、市政ふれあい懇談会ですけれども、数値の高い我孫子市の西北部に並木小学校、根戸小学校があるんですけれども、そこでの懇談会はなされていません。前はやりますと言ったんですが、今の予定を見ますと5月20日に再度、天王台北近隣センターと我孫子南近隣センターで2回目が行われます。これは「広報あびこ」に出していただけますでしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) 市政ふれあい懇談会の掲載ということでしょうか。 ○委員長(掛川正治君) 暫時休憩します。      午後3時37分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後3時39分開議 ○委員長(掛川正治君) 再開いたします。 ◆委員外議員(芹沢正子君) その件はわかりました。せっかちにしゃべりましてすみません。  いろんなことがうまくいくといいと思っているんですが、並木小学校のそばで見ているものは、突然30センチメートル土が盛られたんですね。いろいろ心配して聞いたら、あそこの学校は30センチメートル盛り上げると。でも、素人考えですが、後で削ってから盛ったほうがよかったんじゃないかと思ったりしました。大きなお金が動いていますから、それをチェックすることもなかなか難しいんじゃないかと思います。みんな素人が集まって、こういう研修をした、こういう書類をもらったって言って動いている感じが私にはするので、どうぞいろんなことをよく検討されて進めてください。  以上です。ありがとうございました。 ○委員長(掛川正治君) 以上で委員外議員の発言を打ち切ります。  次に、各施設の除染計画進行管理表について、発言を求められておりますのでこれを許します。      (この後、子ども支援課長、保育課長、公園緑地課長、総務課長より説明された) ○委員長(掛川正治君) 以上で説明は終わりました。  ただいまの件につきまして質問があれば許します。 ◆委員(関勝則君) 放射能対策ニュースには、小・中学校、公園の除染で※のところに並木小学校ほか3校、我孫子第一小学校と我孫子第二小学校と高野山小学校と並木小学校の4校は実施済みと書いてあるんですね。それで、今のご説明を伺うと、並木小学校なんか例えばこの校庭表土の全面除去及び校庭整備まではやっているんですが、そのほか5月からですか、4月の終わりから校庭外周部表土の除去、それから校舎、校舎周りの洗浄、これが一応計画されていますよね。  並木小学校の保護者の方から直接依頼がありまして、全部終わっていないんじゃないかという要望があったものですから今そういうことを聞いているんですけれども、この辺、この放射能対策ニュースではもう既に並木小学校は除染が実施済みとなっているのと、今のスケジュールとはちょっと合わないんですけれども。そこを確認したいんですけれども、お願いします。 ◎総務課長(湯下文雄君) 並木小学校地区については、大分放射線量が高かったものですから、先に校庭部分の除染作業を行っております。これは、一応3月末までに終わるということでやったんですけれども、雪の影響とかいろいろありまして、繰り越して昨日、一応検査は終わったという状況でございます。  そのほかに、校庭周り、遊具とかあるところがやはり放射線量が高いということで、今これから、既に公告をして入札を行って、契約すれば作業に入れる状態にしております。  それと、あと校舎周りについても、やはりほかの学校と同じように7月、8月までには終わらせるような形で進行してまいります。 ◆委員(関勝則君) そうしますと、この放射能対策ニュースは、いわゆる校庭の全面除染というところだけが一応終わったというふうに解釈すればよろしいということですね。 ◎総務課長(湯下文雄君) はい、そのとおりでございます。 ◆委員(坂巻宗男君) 今、学校のほうのお話があったので学校の関係でまず1点なんですが、いわゆる放射能の対策の除染計画をつくって、それに基づいて当然実施するわけなんですけれども、いわゆる予算措置ですよね。事前に放射能対策室のほうにお伺いしたときも、まず学校の除染の部分を先行して国への補助の申請などをしているというふうに聞いているんですが、今年度5億8,000万円全体で当初予算で除染費用として見ていて、5億3,000万円ぐらいを国の補助ということを見ている中で、国のほうがなかなか厳しいことを言ってきているという状況があるわけなんですが、その辺の進捗状況といいますか、いわゆる財源の部分での進捗についてお聞かせください。 ◎放射能対策室主幹(柏木幸昌君) その件につきましては、一応最初に4月末までに契約をしなければならない学校9校につきまして、まず補助金申請をさせていただいたというところで、その部分の金額が1億1,663万4,000円という形で先に申請をさせていただいて、その後、2次申請、3次申請をどんどんこれから設計が組めたものから順番にしていきたいというふうに考えております。 ◆委員(坂巻宗男君) わかりました。  では、1次申請を今1億1,000万円小学校関係かな、学校関係で行ったと。その結果、補助決定はいつごろ出るんでしょうか。 ◎放射能対策室主幹(柏木幸昌君) こちらの契約をしたい状況を環境省のほうに伝えておりますので、今月末にはいただける予定というような形にはなっております。 ◆委員(坂巻宗男君) そうすると、この1億1,000万円なんですが、補助申請、いわゆる補助の額ですね。これは全額というところなのか、あるいは今協議の中でなかなか厳しいというふうな話なのか、あるいはそういったところも含めて4月の下旬に判断されるということなのか、その辺おわかりになりますでしょうか。 ◎放射能対策室主幹(柏木幸昌君) 一応、補助金の確定というところで出してくれるというところですから、その最後のほうの年度末の作業として実績報告をして補助金を交付していだくというような形で作業は残るという形でございます。 ◆委員(坂巻宗男君) ちょっと私のほうで勘違いですかね。要は、補助金申請は先にしていて、それは受け付けはしてもらうんだけれども、補助額として決定をするのは年度末ということですか。 ◎放射能対策室主幹(柏木幸昌君) そのとおりでございます。要は、あくまでも実績、工事費がどれだけかかったかということを報告して、それに対して環境省がよしとしたものに対して補助金が交付されるという形でございます。 ◆委員(坂巻宗男君) そうすると、いわゆる我孫子市の独自基準で除染をしていこうという姿勢があるわけですよね。私も当然それを支持するわけなんですが。それを踏まえた上で、国のほうが難しいよということで、いわゆる国からの財源が足りなくなるよというふうなことが見えてくるのは、そうすると年度末ということになるわけですか。それともある程度、もう少し前に判断はできるんですか。  その辺によって、やはり財政調整基金からの取り崩しであるとか、当然それも含めてさらに除染を進めていけるかとか、平成24年度という意味ではここまでしかできないとか、いろいろその後の計画にもかかわってくるかと思うんですが、この辺の補助の判断がいつごろになるのかというのを、今、年度当初なんですが、どの段階でその辺が明確になってくるのかというのがわかればお聞かせください。 ◎放射能対策室主幹(柏木幸昌君) やはり補助金の実績報告を見て、環境省のほうがその補助金について適正だから交付しますよというような判断をするのが年度末ということになりますので、年度の途中でこれを対象になるのかどうなのかというのを判断するのはなかなか難しいかと思います。 ◆委員(坂巻宗男君) わかりました。そうすると、当然、この計画に基づいて粛々と我孫子市としては作業を進めていくと、そういうふうなことですね。その点は理解をいたしました。  わかりましたというのは、国のほうがしっかりと補助を出すように執行部も、あるいは議会という立場でもいろいろできることもあると思いますので、対応していきたいと思っているわけです。  今の学校の関係で補助申請の話だったんですが、1ページ前に行って公園の関係です。  公園が、今回80カ所というふうに聞いていて非常に除染の対象が多いわけなんですが、この除染の進行管理表、今回委員会のほうから出してもらいたいということで年度末からこの始まりにかけて忙しい時期だったと思うんですが、各担当課の方におつくりいただいて感謝申し上げるんですが、しかし、公園の部分に関して言うと、学区ごとのまとまりということで、7月から来年3月までというふうなところの帯になっているという状況もあって、それぞれ80カ所の公園が実際いつごろから除染が始まり、いつから安全な状態になるのかというのがこの表ではわからないんですけれども、この個別のそれぞれのスケジュールというのは出てきますでしょうか。 ◎公園緑地課長(大塚基勝君) 現段階では、例えば一番大きい上段で申しますと、根戸小学校区で全部で9公園を対象にして、この1年間通じてやっていくという考え方を持っております。そういう中では、この公園をこの時期からというのは、現段階ではまだ業者も決まっておりませんし、入札をまだかけていないというような状況の中で、スケジュールの中ではちょっと現在ここの場ではお示しすることはできない状況でございます。 ◆委員(坂巻宗男君) 80カ所と非常に多いんですよね。だから大変だというのはわかるんですけれども、そのほか保育園ですとかいろいろ幼稚園等、それぞれ個別に出てきていますよね。公園だけそれが出せないというところの理由は何かあるんですか。 ◎公園緑地課長(大塚基勝君) これは私ども1つの公園を1つずつ入札をかけるという方式を今年度はちょっと改めまして、先ほど申しました例で言えば、根戸小学校区の9公園を1つの入札案件として1本で出してしまおうというふうに考えております。決まった業者とまず詳細の9公園の線量を測定して除染をどこからやっていくかということを市と協議していきます。それで、その協議した結果を各自治会に、街区公園でありますので、各自治会と協議を詰めながら除染をして、年間で最終的に9公園を終わらせていきたいというふうに考えております。 ◆委員(坂巻宗男君) 入札で一括でやるということなんですけれども、一括でやるにしても個々の公園ごとのスケジュールというのは、当然施工管理の中でできるわけですよね、出てくるわけですよね。それはいつごろわかるんでしょうか。というのは、やはりこれ除染をするということは、当然、今0.23マイクロシーベルト以上の数値が出ていて、必ずしも子どもたちに安全に遊べるんですよという状況にはないんですよね。ですから、そういったお知らせ、今一応すべての公園にマップとまではなかなか呼べないかもしれないんですが、何カ所かはかった数値の表示はしてあるけれども、では、一体それがいつ安全になって、0.23マイクロシーベルト以下になって、ここから本当に皆さん、その地域の子どもたち含めて安全に遊べるんですよということをしっかりお示ししていかなくちゃいけないだろうというふうに思うんですが、このスケジュールだけ見てもわからない。  それで、今言ったような表示というのは、常にこの委員会でずっと出ているからもうおわかりだと思うんですけれども、現場でそういうふうな表示をしてもらわないと、子どもたち、親御さんには伝わらないという状況もあるんですが、それもその前段として今回のこの表ですと、一体いつから、どこの公園でどうなるのかがまるで見えないんですね。だから、その個々の公園でどういうふうなスケジュールでやるのかというのがいつごろになるとわかりますか。これをできるだけ早くお知らせをする必要があるだろうというふうに思うんですが、その辺お聞かせください。 ◎公園緑地課長(大塚基勝君) 今、私どものスケジュールでは、6月入札で予定しておりますので、6月末には業者が決まるというふうに考えております。7月いっぱいかけて各調査に入りますので、基本的には放射線量の高い公園から私どもはしていきたいなというふうに考えておりますが、そういった中で7月後半ぐらいには大体の年間のスケジュールはお示しできるんではないだろうかというふうに考えております。 ◆委員(坂巻宗男君) 入札等々、契約の関係で時間かかる部分もあるかもしれませんけれども、一刻も早く除染に入れるようにしていただきたい。  それで、その前の段階として、繰り返しになるんですが、やはりいつからは除染工事が始まって、ここから先は安全に遊べるんですよと。見方によっては、それまではどこか除染されたほかの公園で遊ぼうという考え方もあるでしょうし、いろいろと住民の人たちでそれは考えると思うんですね。だから、そういう表示も含めまして、やはりできるだけ早く、それも現場でしっかりと掲示をしていただく、目に見える形で表示をしていただくということが必要だというふうに考えていますので、ぜひできるだけ早くそういったことができるように動いていただきたいというふうに思います。もう一度ご答弁お願いします。 ◎公園緑地課長(大塚基勝君) 先ほど申しましたように、スケジュールが決まり次第、各公園のほうにもいつごろからということは含めて掲示していきますし、またホームページ上にも、ここの公園はいつごろ工事に入りますというようなことは、今後掲載しながら皆さんにわかるようにしていきたいと思います。  除染終了次第、これは工事検査の問題とも絡みますが、早く開放し供用していきたいというのが私ども担当課のほうの考え方でありますので、除染後はすぐに利用していただけるような方法で、その放射線量も今現在掲示しているような形でわかるように現場のほうに掲示してまいりたいというふうに考えております。 ◆委員(坂巻宗男君) お願いしたいんですけれども、市民としてみれば、当然除染された公園で早く遊びたいというのもわかるんですけれども、その除染がいつから行われるんだということも含めて、今の数値も含めて、公園も既に除染が終わっているようなところもあるわけですよね。だから、いろいろ選べたりもしてくるわけですよね。何も高いところでお子さんが遊ぶこともないわけですから、そういった表示も含めまして、先ほどご答弁で、ホームページの中でももちろんお知らせはしてもらいたいんですけれども、ぜひ見えるところでお願いしたい。  これは何でかというと、今回、私たちも市民の皆さんといろいろ意見聞くんですけれども、やっぱり公園が非常に関心が高いんですね。目立つんです。学校ももちろん学校などで関心はあるんだけれども、やはり公園のほうが開かれた空間の中でというのかな、通りに面しているとか、そういうことを含めて、市の除染の関係としては何か目玉みたいに非常にわかりやすいものなんですね。だから、やはりそういうところで市がどういうふうに取り組むのかというのを率先して行っていただきたいというふうに思います。  もう1点だけ。市民の方からの要望で多いのが、もう一つ現況復旧。芝のはぎ取りをしました。それをできるだけ早くもとの形に戻してもらいたいという要望があるんですね。それに対しては市長などもおっしゃっていますけれども、できるだけ早くまず除染をやりたいから、少し後になりますよということなんですよと我々も説明するようにしているんですけれども、ただ、そういう中で今回の公園などを見ると、9月から現況復旧というのが随分入ってきている。こういったところ、本当に頑張って早くやっていただきたいというふうに思うのでここはいいんですけれども、一方で、平成25年度になっているものもこの半分ぐらいありますよね。こういうのは前倒しはできないんでしょうか。できるだけ早く、私は現況復旧もしていただくということが適切ではないかなと思うので、この部分の前倒しも検討していただきたいなと思うんですが、これ最後にご答弁お願いします。 ◎公園緑地課長(大塚基勝君) 私どものほうも、少しでも早く現況復旧というふうには考えておりますが、除染対象となっている公園の残っているところも、まだ今現時点で平成25年度に30近くありますので、そういったことを考えますと、やはり少しでも早く除染も進めて前倒ししていかなければならないのかなというところとの接点であろうというふうに考えております。  除染を優先していくところで、現在の現況復旧については、このような方法で今考えております。 ◆委員(内田美恵子君) 学校の除染についてお尋ねします。  今、ご説明もあったんですが、これから校庭及び校舎周りの除染ということなんですけれども、市民の方からこの放射能対策ニュースが出ましてご質問いただいているんですが、校舎の壁面はこの校舎周りというところに含まれるんでしょうか。 ◎総務課長(湯下文雄君) 校舎周りについては、壁面も屋上も一応入れておりましたけれども、この間、放射能対策室のほうで全校を測定した結果、屋上については3校のみで大丈夫だろうということ、それから壁面については基準値、そんなに高くないということで全校やらなくてもいいという決定を見ておりますので、そういう状況でやっております。 ◆委員(内田美恵子君) そうすると、屋上は3校実施するということなんですが、市民の方なんかも除染というのは原則高いところから低いところにやるのが原則だろうということで、既に高い学校では校庭等、もう既に表土の削り取りとかやっていただいているんですが、そうなると例えば屋上を除染した、除染って多分高圧洗浄か何かでやると思うんですが、その辺の水の処理が大変気になるということなんですが、その辺いかがでしょうか。 ◎総務課長(湯下文雄君) そのとおり屋上のほうを後からやるということになりますとご心配もあるということなんですけれども、一応屋上から排水で流れるものについては、ある程度排水口とか一定のところに流れるということがあります。そこのところに処理の枠とかいろいろ置きまして、そこからほかに漏れないような形をとってやるという工法ということで、今、関係課と協議して、一番いい方法を検討しております。  それで、今、言いましたように、なるべく早く校舎周りやりますけれども、今、ほかの小学校についても校庭をやるということでありますので、それとあわせるような形で入札とかいろいろな検討をしながら、なるべく早く一緒にできればやっていきたいなというふうに考えております。 ◆委員(内田美恵子君) 率先してやっていただいた学校の校庭等がもう一回また汚染されると大変ですから、やはりその辺は配慮してぜひやっていただきたいと思います。  それからもう1点、事前の説明会についてなんですが、最初やってくださった並木小学校あたりでは、正式な説明会みたいなのがなかったようなことを聞いているんですが、そうすると今のお母様たちが事前にはかって、ここの校舎周りの植栽の下は高いとか、遊具の周辺が高いとか、既に把握しているんだけれども、そういう意見が反映されなかったというようなことがあったみたいなんですが、その辺説明会の実施についてはどのように。 ◎総務課長(湯下文雄君) 説明会については、先行した4校ともやってございません。説明会は基本的にやらない方向で。ただ、ご父兄の方に、学校を通じて、教育委員会と学校が協力して丁寧に説明していく。それともう一つ、近隣の皆様にも十分お知らせできるような内容を持っていきたいと今は考えております。ただ、今、先ほど申しましたように、既に入札等で業者関係も入っていますので、なるべく早くやりたいということで一応検討をさせていただいております。 ◆委員(内田美恵子君) 根戸小学校などでは校長先生が説明会をしますよというようなお話をされているようなんですが、それで父母の方が喜んでいるみたいなんですが、原則なぜやらないんでしょうか。 ◎総務課長(湯下文雄君) 一応、工程上、早急に入札とかやらなきゃなりませんし、それから実際に工事の計画を練るとき、どの業者とか、いろいろやったときには、説明会をしたときに、ちょっとうまく言えませんけれども、内容まで説明することになると、いろんな情報が確定していないと説明ができないという情報がありますので、そちらのほうが優先する。ただ、もう確実にやっていきますと、そのとき丁寧な説明をさせていただいてかえさせていただきたいと思います。実際に契約に入りますと、その仕様をつくったりなんかすると、今結構タイトなスケジュールでやっておりますので、その説明がなかなかそこまでできないという。  それから、今、根戸小学校というお話でありましたけれども、根戸小学校も5月の上旬ですかね、何か説明会を行うということで聞いているんですけれども、そこまでは仕様、中のどういった形で工事の内容をしていくとか、そういうものが把握できておりませんので、説明会を行ったとしても十分な説明ができるかどうかというのが、私どもはちょっと不安でおります。そういうことで説明をしていかないという表現にさせていただいて、学校と連携してやっていきたいという考えでおります。 ◆委員(内田美恵子君) 入札等の関係で細かな説明は、仕様的なものは説明できないということなんでしょうけれども、じゃなくて、すみません、何か違うそうです。 ◎総務課長(湯下文雄君) 仕様など説明できないのではなくて、仕様内容がまだ決定していないので説明ができないということです。 ◆委員(内田美恵子君) 決定していないことは説明できない、当然のことだと思うんですけれども、そういうことを説明会で事前に皆さんにお断りした上で、私は逆に言うと、実施するときに父母が持っている検査した情報だとか、そういうこと、あるいは先ほどもお話が出ましたけれども、工事中、市民が全然情報をつかんでいなくて、子どもを連れて見ているというか、そういう場面もこれまでいろいろあったようなので、そういうことへの注意を喚起する意味でも、逆に事前の説明会はしたほうがいいのではないかと。それで、決定していなくて発表できないことは、そういうことをご説明すればいいんじゃないかと思いますが、いかがでしょうか。 ◎総務課長(湯下文雄君) 今の学校の中に保護者が計器を持ち込んでという話は、ちょっと私は把握しておりませんのでわかりませんけれども、学校では各学校において20カ所以上定点観測をしていまして、定点で一番高いところとか、そういう状況は学校教育課のほうとあわせて把握はしております。そういった形を今度はホームページだとか、会報というか各学校にお知らせしておりますので、そこらのほうでご了解いただいてやっていきたい。  もちろん、説明会を時間があれば、時間があればと言ってはおかしいんですけれども、細かく説明に入れればいいんですけれども、どこの業者ということになるので、一応従前の例に倣うんですけれども、並木小学校、根戸小学校、特に生徒数が多いところとか、並木小学校はちょっと少ないんですけれども、そういうところについても十分な、学校を通じたり丁寧な説明でかえさせていただきたいなと、今検討はしております。 ◆委員(内田美恵子君) 並木小学校の場合なんかも、やっていただいたんだけれども、遊具の周りだとか、それから木の下なんかお母さんたちは事前にチェックしているんですよね、高いところ。そういうのを放射能対策室なんかにも資料をあげているようですけれども、話し合い、事前の説明会があれば、そういう情報をまたそこでお話しして、ぜひこういうところは注意して除染していただきたいというお話ができたのにというような声を後から伺っているので、これからやることに関してはそういうことが事前にできたら、より効率的な除染ができるのかなと思うんですが。 ◎総務課長(湯下文雄君) 並木小学校については、これから校舎周辺部、そのほうの情報を得ていますので、そちらのほうを周辺部として今契約のほうに進んでおります。根戸小学校とかほかの学校についても、学校を通じていろいろな情報を得ながら検討とかやって、校舎の除染の方法論を考えていきたいと思います。 ◆委員(内田美恵子君) 最後にしますけれども、今後やることに関しては、ぜひ時間的余裕があれば、あるいはさっき言ったように決定していないことは、今の時点では決まっていませんということを事前にお知らせして、ぜひ私は説明会を設けたほうがお母さんたちの安心も得られるし、効率的な除染ができると思いますので、ぜひそれを要望したいと思います。 ◎総務課長(湯下文雄君) そのような形でご父兄のご心配を払拭できれば、そのような形で検討したいと思います。その辺については、こちらのほうで検討させていただきたいと思います。 ◆委員(甲斐俊光君) この進行管理表、非常によくできているなと、私は、今まで委員のほうにもいただきました資料を思い出しながら、ああ、そういえばこの時期にこうやったなと思っているんですけれども、この今回施設の進行管理表なんですけれども、これからやはり公園、学校終わりましたら、やはり日ごろ子どもたちが通学します道路のほうの除染も心配になってくるかと思うんですけれども、その問題につきましてはどのように実施計画表なんか、進行管理表なんかはつくることを考えていらっしゃるのでしょうか。 ◎建設部長(今井正直君) 道路も通学路、高いところは順次はかっていく中で、計画的に進めていきたいと思いますので、この表に準じたようなものをつくっていきたいと思っております。 ◆委員(甲斐俊光君) ありがとうございます。  今、自動車ではかっていると思いますので、それに基づきましてきっちり公園のようなより詳しい進行表をできるだけ早くつくっていただきたいと思いますが、部長からいただきましたので、次の質問に行きたいと思います。  今回のこの進行表、今言ったように非常によくできていると思うんですけれども、この我々委員のほうに配られたと思うんですけれども、これは市民の方ですとか、ほかの方に掲示する予定だとか、そういうことは考えていらっしゃいますでしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) 大変よくできているというふうなお褒めの言葉をいただきましたので、お知らせすることはいいと思いますので、何らかの方法を考えていきたいというふうに思います。 ◆委員(甲斐俊光君) その際に、できるだけ皆さんも市民の方もいろいろなホームページを見ながら数値と照らし合わせて、除去の後、どれだけ数値が下がったのかというのもいろいろ見ても大変だと思いますので、こういうすばらしい資料を一つに情報をまとめていただいて、例えば除染前は地上50センチメートルで0.43マイクロシーベルトあったと。それが0.19マイクロシーベルトに下がったよだとかあると、非常に結果が見えると思うんです。そして市がこれだけやっているんだと。これだけ、もうずっと見るだけでも大変なぐらい今までやってこられたと思うんです。そういうのを積極的に利用していただきたいと思うんですけれども、まずは数値の書き込みですね、これについてどう思われますでしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) 各部署で頑張っておりますので、ちょっと数字の除染前と除染後がわかるように、あんまり何枚になってもしようがありませんので、ちょっと工夫してみたいなと思います。 ◆委員(甲斐俊光君) そのようにやっていただければ、簡単にでも構いませんので、地上50センチメートルで統一するだとか、1メートルで統一すればわかりやすいと思います。  あと掲示についてですけれども、我々のような議員はホームページに掲載してくれとよく言うんですけれども、それだけでなくて、行政サービスセンターが各地区にございますので、全体的ではなくて、ちょっと大変かもしれませんけれども、地域ごと、公園、学校、保育園というふうに地域ごと分けで掲示するというのも考えていただきたいと思いますし、最近ですと他市の議員の方とも話す機会もよくあるんですけれども、3.11の震災後、市の情報を高齢者の方がどこで見たかというと、意外にあったのは自治会の掲示板だというんですね。自治会の掲示板というのも、今、ホームページとかインターネットを使われない方にとっては、物すごく情報の得るいい手段だと。そしてそこで話し合われた口コミは、かなりの確率で人に広がっていくということですので、そういうことも考えていただきたいと思うんですけれども、その点についてはいかがでしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) 実は、各行政サービスセンターでその地域の放射線量もお知らせしているところですので、できないことはないと思いますので、やっていきたいと思います。  それから、掲示板へのという話もございましたけれども、これについても検討させてもらいたいと思います。 ◆委員(甲斐俊光君) そして、自治会単位で、内田委員もおっしゃっていましたけれども、説明会だとか、できればやればいいと思うんですけれども、その前にその地域の公園の除染がいつであるんだということも張り出すだけでも、見られた方が口コミで広がったりすると思いますので、そういうこともぜひとも自治会単位で公示できるように、これから計画があるんだということもやっていただきたいと思うんですけれども、いかがでしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) 公園の除染を行うに当たりましては、その地域の自治会のところに入っていきまして、どういうふうに除染したほうがいいのかというようなことも含めて、ご協力も含めまして相談していますので、学校、公園もございますけれども、掲示板にという話ですよね、含めまして考えさせてもらいたいと思います。 ◆委員(関勝則君) 私もこの進行管理表、大変よくできているというふうに思うんですけれども、ご苦労さまでございます。  それで、私、ちょっとこれはもしかしたら、もうこの中に含まれているのか、それとも抜け落ちているのか、プールサイドの除染というのが書いてあるんですが、これから夏、いわゆるプールを使用するに当たって、今、プールの底、恐らく水を張っているんじゃないかなと思うんですが、その場合、例えば落ち葉だとか、それからある程度の泥ですね、底のほうにたまっていると思うんですが、技術的な問題もありますが、それの測定をして、例えば水を抜いていくと。その辺のことはどのようにするようにお考えでしょうか。 ◎総務課長(湯下文雄君) 今、先ほどの表にプールサイドの除染ということがありましたんですけれども、そこには2校表示してあります。この2校については、まず特殊な工法でプールサイドに滑りどめ等をつくってありまして、昨年度プールをやったときに各学校でいろんな除染の方法がありますけれども、除染できなかったところがその2校で、ことしその2校をやろうということで、空間線量とかはかりましても、そこについては特に問題ないという指標が出ています。  それと水の部分についても、もう入れかえの水を去年から何回もやっていますので、ことしこれからプール清掃をしたときについては、まず水の放射線量をはかります。それから、十分その放射線量が低いと思われれば放流して、中に今ご質問の汚泥については、各学校でためておいて、ポリタンクとかビニールにためておいて、学校内の除染工事があったときに一緒に中に埋設するなりして処理するという方法を今考えております。 ◆委員(関勝則君) わかりました。ありがとうございます。 ◆委員(椎名幸雄君) 今日の新聞に年度内に県の施設の除染プランということで報道されております。この中で、まず当然我孫子市、この県の施設につきましては県がやるということで書かれておりますけれども、これらの施設についての除染を今、市がいろいろ住民にというようなお話がありましたけれども、県のほうから市のほうにいつごろ、例えば手賀沼の公園を除染するよとか、そういうような連絡だとか、そういうのはあるんでしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) これは4月19日付で、千葉県災害復旧復興本部から計画案、実施プランが示されておりますけれども、その中で結構多くの施設が対象になっております。実際、こういうところが、市の除染計画ができましたので、県のほうには投げました。投げたところ、県のほうからは、どういうような方法でいつごろやるというようなことについては今後協議させていただきますというふうなお返事をいただいていますので、我孫子市内のこういうところをやる場合には、県からの情報はいただけるものだというふうには思います。来なくてもこちらから問い合わせします。情報はいただきます。 ◆委員(椎名幸雄君) それから、あとこれは千葉日報なんですけれども、公園は3月に柏の葉公園で実施した除染の結果を踏まえ、工法を決めた上で実施するというような記事が載っております。すると、これは新たな公園の除染方法、何か試験的にやって、その試験結果がよかったのか、あるいはどうだったのかというのは把握あるいは連絡だとか、こういう方法があるとか、そういうような協議だとかはなされてはいますでしょうか。 ◎放射能対策室長(宮田幸雄君) そういうことについては、千葉県とは協議はしてはございません。ただ、我孫子市も天王台西公園であるとか柴崎台中央公園でどんな方法がいいかということで実証実験を行いました。多分、県もやったと思いますので、もし効果があるものがあれば、それに倣ってやるのがいいのかなというふうに聞いておりまして、そのようにしていきたいと思います。 ◆委員(椎名幸雄君) 多分、こういうことを発表しているということは、今までよりは効果がある、あるいは費用がかからない、あるいは時間が短くて済むというようなことだろうと思うんです。ですから、こういうものにつきましてはいち早く協議というか、それを取り入れる、あるいは確認をして、我孫子市の公園の除染にそれが利用できるのかどうかを検討していただいて、なるべく早く、安くやっていただきたいと思うので、その辺、一応相手方あるいは千葉日報でいただいているなら千葉日報でも確認をして、あるいは柏市との確認をして至急検討をしていただきたいと思います。 ◎公園緑地課長(大塚基勝君) 新たな工法を私どものほうもいろいろな情報を収集しているところです。経費等含めて、それら効果があるということであれば市内の公園の中でも対応していきたいというふうに考えております。
    ○委員長(掛川正治君) では、一部その他に入ったような感じがしますので、これでその他の放射能問題に関する質問に移ります。これを手短に、もう午後4時の目的がちょっと押しておりますので何とかご協力願いたいと思います。 ◆委員(内田美恵子君) それでは給食食材の検査体制についてお尋ねします。  4月16日の広報で給食食材の検査を週4日に強化という記事が掲載されておりました。今後、簡易型放射性物質分析機を1台購入してくださるということになっていますが、これが5月上旬にとここに書かれているんですけれども、この新しい機器の種類と検出限界値を教えてください。 ◎学校教育課長(直井淳君) 新しい機器につきましては、これまで農政課のほうにおいて使っていた機器と全く同じ種類の機器が導入されると聞いております。なお、導入時期ですけれども、当初、5月の上旬という予定だったんですが、若干早まりまして4月27日に設置されると。それから実際に使えるような調整等を行って、5月の最初から今までよりもたくさんの検査をしていきたいと考えております。  検出限界値も今までと同じように、それぞれが10ベクレルという形になっております。 ◆委員(内田美恵子君) 購入してくださった分析機を、広報によりますと教育委員会に設置にすると書いてあるんですが、教育委員会に置くということは、給食食材の検査だけに充てるというふうに考えてよろしいんでしょうか。 ◎学校教育課長(直井淳君) 週5日間検査できるわけですけれども、そのうち4日間を学校教育課、給食の関係の検査に充て、残り1日を福祉関係、発達センターあるいはあらき園等、福祉関係施設の食材等の検査に充てるという割り当てになっております。 ◆委員(内田美恵子君) これまで小中学校は1日半でしたよね、月曜日半日と火曜日。それから幼稚園と保育園が1日、その他の施設が1日ということですから、4日充てていただくというのはすごくすばらしいなと思うんですけれども、それですべて学校給食に充てていただくということで、それぞれの例えば小中学校の検査体制が週の何曜日に充てるとか、そういう詳細はいつ決まるんですか。 ◎学校教育課長(直井淳君) 割り当てにつきましては、既にこの機器を導入するという計画があったときに、月曜日から木曜日までを学校給食の検査に、金曜日を福祉関係の食材等の検査にということで割り当てを決めております。 ◆委員(内田美恵子君) では、保育園とか幼稚園なんかは、今まで1日使われていたのは、これまでの農政課の所有しているものでやるということですか。 ◎保育課長(田口盛邦君) 1台ふえますので、今まで使ってきた農政課は水曜日だけしかやっていないんですけれども、水、木の2日間割り当てることになりました。 ◆委員(内田美恵子君) そうすると、今度幼稚園、保育園も2日になると。  それで、農政課が持っていたのが、1日半小中学校が減ったわけですから、1日保育園、幼稚園がふえたとしても、少し余裕ができると思うんですが、ぜひ私、地元でとれる農産物の検査のさらなる充実をぜひお願いしたいなと思うのは、市民の方があびこんに買い物にいくと、野菜に検査結果が書いてあるそうで、大変安心して地元のものでも買えるという声も伺っていますので、やはり検査を徹底したものであれば安心感が増すのかなと思いますが、その辺いかがでしょうか。 ◎農政課長(徳本博文君) 農政課で配置している検査機を使う方法として、今、保育課のほうで2日、農政課のほうで3日運転することにします。今まで木、金、基本的に運転していましたけれども、それを3日間活用するということにしますので、今まで以上に充実して測定ができるというふうに思っています。 ◆委員(関勝則君) ただいまの質問にちょっと関連してしまうんですけれども、給食食材として納入された場合、これは業者とか、商店とかから納入されていると思うんですが、そこで食材の検査をしたときに、今まで農政課のほうでは、生産者のほうから来た材料については測定結果に対して市は簡易測定ですけれども、こういうふうに検査しましたというデータを出されて、それがあびこんなんかでは表示されているということで消費者の方は安心して買われるという行動に出るんですが、給食の食材にやはり提供された中間業者になってしまいますけれども、そういう業者に対して、やはり検査するわけですから、それに対しても同じように検査の結果を出すということはできないものなんでしょうか。 ◎学校教育課長(直井淳君) これまでも検査結果につきましては、通知という形でそれぞれの業者等に通知は出しております。ただ、農政課のように証明書と言っていいんでしょうか、そういう形ではございませんでしたので、今後、農政課の今、出されているものを参考にさせていただいて、検査結果の通知というものをもう少し明確なといいますか、それをもって業者のほうも安心して取り扱っていただけるようなものにしていきたいと考えております。 ◆委員(関勝則君) それはまた恐らく我孫子市内の業者であれば、その店先で給食食材としてこのように納入していますから安心ですと、皆さん消費者の方にうちで買っていただきたいというふうに、我孫子市内における活性化にもつながるのではないかと思いますので、ぜひその点よろしくお願いしたいと思います。 ◎学校教育課長(直井淳君) 委員ご指摘のとおりだと思いますので、早急にそのような形がとれるように努力してまいりたいと思います。 ○委員長(掛川正治君) いいですか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(掛川正治君) ないようですので、暫時休憩します。      午後4時42分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後5時01分開議 ○委員長(掛川正治君) 再開いたします。  参考人の出席要求の件について、お諮りいたします。  4市1組合の放射性物質を含む焼却灰等の一時保管場所につきましては、5月17日開催の委員会に千葉県議会議員の今井勝さん、同じく花崎広毅さんを参考人として出席を求め、意見を聞きたいと思いますが、これにご異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(掛川正治君) ご異議ないものと認めます。よって、そのように決定いたしました。  以上で、本委員会を散会いたします。      午後5時02分散会...