運営者 Bitlet 姉妹サービス
我孫子市議会 > 2011-07-22 >
平成23年  7月 議会運営委員会-07月22日−01号

ツイート シェア
  1. 我孫子市議会 2011-07-22
    平成23年  7月 議会運営委員会-07月22日−01号


    取得元: 我孫子市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-17
    平成23年  7月 議会運営委員会 − 07月22日−01号 平成23年  7月 議会運営委員会 − 07月22日−01号 平成23年  7月 議会運営委員会  我孫子市議会 議会運営委員会会議録 1 招集日時     平成23年7月22日(金)午後2時46分 開議 2 招集場所     議長応接室 3 出席委員等    松島 洋君    毛塚和子君            茅野 理君    椎名幸雄君            宮本慈子君    久野晋作君            議長   青木宏榮君            (委員外議員)副議長  木村得道君            オブザーバー      印南 宏君            オブザーバー      岩井 康君 4 欠席委員     なし 5 出席事務局職員  局長    藤代 勉            次長    増田信也            主査長   松本 清            主査長   小林 修 6 出席説明員     市長          星野順一郎君
        副市長         青木 章君     総務部長        倉部俊治君     企画財政部長      峯岸幹男君 7 付議事件     ・平成23年第1回臨時会提出予定議案及び会期日程等について            ・女性農業委員の推薦について            ・放射線に対する議会の対応について            ・新型の核性能実験に対する抗議文について            ・議員合同研修会開催の申し入れについて            ・その他 8.会議の経過  平成23年7月22日(金)午後2時46分開議 ○委員長(松島洋君) それでは、ただいまから議会運営委員会を開会いたします。  お手元に配付のとおり、この次第によって進めていただきます。よろしくお願いをいたします。  それでは、初めに、平成23年第1回臨時議会提出予定議案及び会期日程のうちの(1)の提出予定議案について、説明をお願いいたします。 ◎市長(星野順一郎君) 貴重なお時間をちょうだいしてありがとうございます。  御存じのように、震災対応の臨時議会を招集させていただきました29日の提出予定議案でございますが、詳しくは総務部長のほうから説明させていただきます。よろしくお願いいたします。      (この後、総務部長、企画財政部長より説明された) ○委員長(松島洋君) 以上で説明は終わりました。  何かございますか。 ◆委員(宮本慈子君) 今、衛生費の2で変更があったという説明でしたけれども、これは要綱をつくって実施するということですが、要綱についてはもうでき上がっていますか。 ◎企画財政部長(峯岸幹男君) 案という形で大体固まっております。まだ最終決定は当然、予算をお認めいただいてからということになりますけれども、案という形では大体まとまっております。 ◆委員(宮本慈子君) 29日の臨時議会のときには、その案というのは示されますよね。 ◎企画財政部長(峯岸幹男君) はい、お出しできます。 ○委員長(松島洋君) ほかにありませんか。      (発言する者なし) ○委員長(松島洋君) ないものと認めます。  暫時休憩いたします。      午後2時52分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後2時52分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。  それでは、(2)の会期等について事務局より説明いたします。      (この後、事務局長より説明された) ○委員長(松島洋君) 以上、説明がありました。  何かありますか。      (発言する者なし) ○委員長(松島洋君) 今、予算審査特別委員会を設けるということですが、それでよろしゅうございますか。議案第2号についてどうですか。      (「ありません」と呼ぶ者あり) ○委員長(松島洋君) いいですか、設けることでよろしいですか。      (「はい」と呼ぶ者あり) ○委員長(松島洋君) では、設けることにします。  そうすると、今度は委員の選任は27日ですので、大綱質疑が27日午後5時まで、これをお忘れなくお願いいたします。  後はありますか。 ◆委員(宮本慈子君) 念のためになんですけれども、委員外質問の申し出では。 ◎事務局長(藤代勉君) 委員外議員ですか。 ◆委員(宮本慈子君) 委員外議員。 ◎事務局長(藤代勉君) 委員外議員ですね、委員会の。 ◆委員(宮本慈子君) そうですね。 ◎事務局長(藤代勉君) それは開会前までです。 ◆委員(宮本慈子君) 開会前でいいんですね。 ◎事務局長(藤代勉君) 委員会開会前までに通告ということです。ただできるだけ、もしご予定があれば早目にお願いいたします。 ◆委員(宮本慈子君) ないけど、一応聞いておかなければと思いまして。 ○委員長(松島洋君) ほかにありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(松島洋君) ないものと認めます。  以上、決定いたしました。  暫時休憩いたします。      午後2時57分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後2時58分開議 ○委員長(松島洋君) それでは、再開いたします。  女性農業委員の推薦について、会派に持ち帰ってきょう話してきた、これはね。      (「はい」と呼ぶ者あり) ○委員長(松島洋君) それをお願いします。  暫時休憩いたします。      午後2時58分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後3時08分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。  2番目の農業委員の推薦につきましては、農業委員会の審議を待って改めてここで審議したいと、そのように思います。  よろしゅうございますか。      (「はい」と呼ぶ者あり) ○委員長(松島洋君) さようにいたします。  放射線に対する議会の対応について、議決意見書の提出について、いかがいたしましょうか。  これも宿題になっているんだよね。なってないか。      (「一応会派でどうするかというのはありました」と呼ぶ者あり) ○委員長(松島洋君) なっているよな、なっているんだよ。      (「案を持ち寄ろうというあれでしたっけ」「ではなくて、どうするかと」と呼ぶ者あり) ◎事務局長(藤代勉君) 一応会派で、市議会としてどういうふうに対応するとかというのを会派で話し合っていただいて、議員間で協議しましょうということだったと思います。 ◆委員(久野晋作君) 6月の議会で個人質問でありましたけれども、各会派からも満遍なくこの問題が取り上げられましたので、できれば集約する形で決議ないし意見書なり、まとめられれば幸いだと、かように思っております。 ○委員長(松島洋君) 国に出すと。 ◆委員(久野晋作君) この中であれ、国であれ。 ○委員長(松島洋君) ただ決議をするということですか。 ◆委員(久野晋作君) そうですね、両方あってもいいのではないでしょうか。その両方、我孫子市としてこの放射線問題に対してどのようなスタンスをとっていくか、市議会としての決議文があってもよかろうかと思います。会派としての意見です。 ◆委員(茅野理君) そうですね。守谷市等で行っているので、我孫子市としても守谷市、取手市と接している部分がありますので、私も必要な部分だと思いますし、久野委員がおっしゃっていたように本会議等でも多くの方、私自身もそうでしたけれども、市の対応等を求めていましたから、必要ではないかなと思います。やはり、国なり東京電力なりに経費を求めたりという動きも必要だと思うので、意見書のほうも私は提出するべきだと思います。 ◆委員(毛塚和子君) すみません。ちょっと私の解釈の仕方が間違っていて、議会として市長に要望をという形で何か言われたかなと思ったものですから。だから、中のというご意見だったので。市としては今、ある程度基準値を超えているというようなところはないので、そういうものがあればあえて市長に対して出していくということはありかなと思うんですが、今の時点では、基準値内でもあるし、一応市としてやれること、計測もしているし計測器も用意したりとか、一応は対応できているかなという部分で、会派としては市に対してというふうに解釈していたものですからいいのではないかと。今、皆さんのご意見の中では、国や東京電力に対してということであれば、また別かなと思っております。 ◆委員(宮本慈子君) 私もやり方はいろいろな形があるんだろうなというふうに、会派の中では話が出たんですけれども、できることをできるだけ早い時期にやっていこうということには異論はありませんので。 ○委員長(松島洋君) 決議とか何かはどうするの。 ◆委員(宮本慈子君) だから何をどうというのが、ちょっと具体的になかなか。ただ、これは結局、市議会として相手が国だったり、東京電力だったり、市だったりということですよね。 ○委員長(松島洋君) その三者だからね、相手は。 ◆委員(宮本慈子君) では、それぞれにやっていこうということでいいと思います。 ○委員長(松島洋君) いかがいたしましょうか。      (発言する者なし) ○委員長(松島洋君) では、やっていこうということでいいですか。      (「はい」と呼ぶ者あり) ○委員長(松島洋君) 毛塚委員から市はそれなりのことをしているからという話もありましたけれども、そこら辺はどうしますか。 ◆委員(毛塚和子君) 今回、勉強会も27日にありますよね。ですから大体、中央学院大学のほうで講演会もやりますし、一応対応はされているのかなというふうには思いますけれども。 ○委員長(松島洋君) 今度は宮本委員だな。 ◆委員(宮本慈子君) でも、具体的にはもう市がやらないからPTAがやったり有志がやったりということも出てきていますし、あと土をはかるというのと、農産物をはかるというので機械を買おうとしていますけれども、それ以外のものをどうするかというのはまだ出ていないとかという、いろいろなやろうとしていることはあるけれども、それが全体の網羅されているものになっていないというところもあるので、そういうのも総合的に含めて、市でやれていないところをやるべきだということを言っていくというのは大事かなと思いますので。相手は市に対しても余り関係ないかなと思います。
    ◆委員(椎名幸雄君) それから、市でやっているやつの情報の開示というか、これはぴしっと定期的に開示をわかるような、いろいろなホームページや何かでやっていますけれども、一般市民またはホームページも見られない方もいらっしゃいますから、その辺が非常に難しいかなと思うんですけれども。 ◆委員(茅野理君) そうですね。意見の集約をどうするかですけれども、大分6月議会で委員会、本会議でもそうですし、委員会でも提案されたことがそれで動いている部分がありますから、ある程度議会での提案をまとめていただいて、動いたものは外していくという感じでまとめていくべきかな、市に対する要望はそういうことで考えています。 ○委員長(松島洋君) 三者に出そうか。      (「そうですね」と呼ぶ者あり) ○委員長(松島洋君) たたき台つくりますから。  暫時休憩します。      午後3時14分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後3時19分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。  皆さん、一通りご意見がございましたので、三者に何かの形で出すと。それで、そのたたき台は8月29日の議会運営委員会に出して、御検討を願うということでよろしゅうございますか。      (「はい」と呼ぶ者あり) ○委員長(松島洋君) では、さよう決定いたします。  4番目の議員合同研修会について、お諮りいたします。      (この後、事務局長より説明された) ○委員長(松島洋君) 今、説明があったとおりでございます。  何かご意見は。 ◆委員(久野晋作君) 私どもの会派は賛成でありまして、ぜひ9月定例会前にこういう場がもたれて、議会に臨めれば幸いに思います。よろしくお願いします。 ◆委員(毛塚和子君) やっていただいて結構でございます。 ◆委員(茅野理君) いいと思いますけれども。講師をどうするとか、そういうのはどういう話し合いをしているのでしょうか。 ○委員長(松島洋君) そこら辺が、やるとなったらどんな講師を呼ぶか、講師によってかなり違いますよね。      (「そうですよね」と呼ぶ者あり) ○委員長(松島洋君) 中央学院大学で何かあるんだよな。 ◎事務局長(藤代勉君) 27日に財団法人電力中央研究所、原子力技術研究所の研究センター所長の吉田さんという方が、「正しく知って正しく怖がろう、放射線のこと」ということで、7月27日水曜日、15時から16時30分、定員400人ということで講演会があるそうです。  なお、定員に達した場合については、また別教室で90人までビデオ中継による受講となります。なお、ブロードバンド環境があれば聴講することができるように、インターネット生中継も予定しているというふうなことで開催されるというふうに聞いております。 ◆委員(茅野理君) なんか8月も予定されているというように聞いていますけれども、また別の方を呼んでという。何か市がかかわっている、8月20日の予定で今進めているというふうに聞いたのです。市のほうでもそういったことをやっているので、議会でこれをやるのはどういうふうにその辺を、同じことをやってもしようがないので。 ◆委員(宮本慈子君) 私は、環境生活常任委員会のメンバーでもありますので、やってほしいというほうの立場なんですけれども、結構聞かれるんですよね、市民の方から。そのときに結局、議員によってばらばらで答えるということがあると、余りよくないのかなと。そういう意味では、議会としてもこういうふうな勉強をしたんだということは、やはり大事なのかなと思いますので、講師をだれにするのかということは大きいと思いますけれども、ぜひもっとシビアに考える講師を呼んでいただいて、安全だ安全だではなくて、もっと逆の立場の人をぜひ呼んで私は聞きたいなと思います。 ○委員長(松島洋君) やるかやらないかだけ。 ◆委員(久野晋作君) ぜひやっていただければと。議会としてやることは必要だと思います。      (「大事ですよね」と呼ぶ者あり) ◆委員(椎名幸雄君) やることは必要だと思いますけれども、この間、千葉商科大学の学長の話を聞いたんですけれども、島田先生の。やはり人によって意見というか考え方が違うので、お客さんとしても、皆さん大丈夫ですよと。幾ら放射能をあびても全然関係ないですから、病気や何か出るころには皆さんいらっしゃいませんからと。やるだけどんどんやってくださいという、そういうような話も、お子さんだとかそういうのは違いますけれども、皆さんの年齢の方は大丈夫ですからと。極端なあれがありますので、その先生によって随分違うと思うんですよ。 ○委員長(松島洋君) 暫時休憩します。      午後3時24分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後3時39分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。  今申し上げましたとおり、29日に持ち寄るということでよろしゅうございますか。      (「はい」と呼ぶ者あり) ○委員長(松島洋君) 議会終了後、集まっていただきます。  その他ありますか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(松島洋君) 以上をもって、本日の議会運営委員会を散会いたします。      午後3時39分散会...