我孫子市議会 > 2007-03-14 >
平成19年  3月 予算審査特別委員会-03月14日−01号

ツイート シェア
  1. 我孫子市議会 2007-03-14
    平成19年  3月 予算審査特別委員会-03月14日−01号


    取得元: 我孫子市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-20
    平成19年  3月 予算審査特別委員会 − 03月14日−01号 平成19年  3月 予算審査特別委員会 − 03月14日−01号 平成19年  3月 予算審査特別委員会  我孫子市議会 予算審査特別委員会会議録 1 招集日時     平成19年3月14(水) 午後1時開議 2 招集場所     議事堂第1委員会室 3 出席委員     松島 洋君    鈴木美恵子君            青木宏榮君    管 剛文君            早川 真君    勝部裕史君            内田美恵子君 4 欠席委員     なし 5 出席事務局職員  次長  倉部俊治 6 出席説明員    市長        (星野順一郎君)    助役        (渡邊 武君)    教育長       (今関敏男君)    企画調整室長    (豊嶋 誠君)    総務部長併任選挙管理委員会事務局長(中野 洋君)    総務部参与     (富田佐太郎君)市民部長      (根本 勇君)    環境生活部長    (新田茂人君) 保健福祉部長    (飯島 守君)
       建設部長      (尾高朝雄君) 都市部長      (川崎政彦君)    消防長       (田口 宏君) 監査委員事務局長  (角川よね君)    教育総務部長    (鈴木由男君) 社会教育部長    (村越 隆君)    生涯学習推進室長兼生涯学習センター長併任生涯学習推進担当参与                                (荒井茂男君)    企画調整室次長兼企画調整担当主幹兼成田線複線化推進室長                                (峯岸幹男君)    総務部次長兼総務課長(高橋俊明君) 総務部次長兼管財課長(丹羽健一君)    総務部次長兼情報システム課長(遠藤幸太郎君)    市民部次長兼市民課長(湯浅 操君)    環境生活部次長兼市民活動支援課長(青木 章君)    環境生活部参事兼男女共同参画担当主幹(椎名智子君)    保健福祉部次長兼生活支援課長    保健福祉部次長兼介護支援課長              (松本道雄君)           (坂本良樹君)    保健福祉部次長兼保育課長(鈴木 孝君)    建設部次長兼道路課長(戸辺憲興君) 建設部次長兼治水課長(飯田孝司君)    都市部次長兼都市計画課長      都市部参事兼住宅課長(津谷 豪君)              (魚地明夫君)    企画調整担当主幹  (山根雄二君) 財政担当主幹    (十文字栄一君)    財政担当主幹    (松本正樹君) 総務課主幹     (池田 進君)    総務課主幹兼政策法務室長併任選挙管理委員会事務局次長(鈴木正己君)    総務課主幹     (深山まさ江君)秘書課長      (青木 隆君)    広報室長      (日暮規雄君) 工事検査室長    (大井栄三君)    収税課長      (佐藤 隆君) 課税課長      (竹井正晴君)    市民課主幹     (大井敏道君) 市民課主幹     (椎名康雄君)    市民安全室長    (國分幹夫君) 商工観光課長    (斉藤久行君)    農政課長      (齋藤 登君) クリーンセンター課長(渡邊 清君)    福祉総合相談室長  (大目みち子君)保健センター課長  (新保寛子君)    保健センター主幹  (河辺好美君) 交通課長      (大畑 章君)    公園緑地課長    (鈴木重和君) 地域整備課長    (高木範義君)    消・総務課長    (大井猛雄君) 教・総務課長    (義隆伸敏君)    教育研究所長    (川島益雄君) 企画調整担当副主幹 (黒川友幸君)    財政担当副主幹   (岩瀬雅史君) 総務課長補佐    (海老原美宣君)    管財課長補佐    (渡辺良宏君) 管財課長補佐    (枝村 潤君)    収税課長補佐    (荒川輝和君) 収税課長補佐    (宗村直治君)    課税課長補佐    (中迫哲朗君) 市民課長補佐    (飯島洋子君)    市民活動支援課長補佐(杉山敦彦君) 市民活動支援課長補佐(小林信治君)    住宅課長補佐    (斉藤 博君) 7 会議に付した事件 第1回定例会付託案件 8.会議の経過 △開会  平成19年3月14日(水)午後1時01分開議 ○臨時委員長(青木宏榮君) ただいまから予算審査特別委員会を開会いたします。  年長のゆえをもちまして、私が臨時委員長の職務を行います。  直ちに議事に入ります。  委員長選出の方法についてお諮りいたします。委員長の選出につきましては、私から指名推選により決定したいと思います。これに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○臨時委員長(青木宏榮君) 御異議ないものと認めます。よって委員長に松島洋委員を指名いたします。これに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○臨時委員長(青木宏榮君) 御異議ないものと認めます。よって松島洋委員が委員長に選任されました。委員長と交代いたします。  暫時休憩いたします。      午後1時02分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後1時04分開議      (松島洋君、委員長席に着く) ○委員長(松島洋君) 再開いたします。  続いて副委員長の選出方法についてお諮りをいたします。副委員長の選出につきましては、委員長の指名推選により決定したいと思います。これに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(松島洋君) 御異議ないものと認めます。よって副委員長に鈴木美恵子委員を指名いたします。これに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(松島洋君) 御異議ないものと認めます。よって鈴木美恵子委員が副委員長に選任されました。  暫時休憩いたします。      午後1時05分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後1時14分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。  これより議案の審査を行います。  初めに、議案第15号、平成18年度我孫子市一般会計補正予算(第3号)を定めることについて、当局の説明を求めます。      (この後、財政担当主幹より説明された) ○委員長(松島洋君) 以上で説明は終わりました。議案第15号につきましては、議事整理の都合上、歳入、歳出、繰越明許費、地方債補正を一括して審査いたします。補正予算につきましては、議案に対する審査のみとなります。ですから、市政に対する一般的な所管事項の質問はできません。御承知置きを願います。  これより質疑を許します。  暫時休憩いたします。      午後1時33分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後1時34分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◆委員(鈴木美恵子君) 何点かあるんですが、一問一答なので、まず27ページの交通安全対策費のうちの放置自転車対策事業について伺います。当初の予算では226万円の計上だったと思いますが、半分近く減額になっているんですが、放置自転車が減ってきているということなのか、それとも内容的に何か違ってきているのか、この減額の根拠について教えてください。 ◎交通課長(大畑章君) この減額につきましては、現在シルバー人材センターの方に委託していた分を、日数で言いますと206日を58日と減らして、職員対応で行ったことによる減額でございます。 ◆委員(鈴木美恵子君) そうしますと、放置自転車そのものについては増加傾向にあるのか、減少傾向にあるのか、その辺についてはわかりますか。 ◎交通課長(大畑章君) はっきりした数字は申し上げられませんが、横ばい状態だとは思います。 ◆委員(勝部裕史君) これも簡単な確認事項だけです。ページでいうと19ページ、教育費委託金で、これはもともとなかったものができたのだろうなと思いますので、具体的にこのスクーリング・サポート・ネットワーク整備事業というものがどういうもので、どういうことをされる予定になっているのかだけをお聞かせください。 ○委員長(松島洋君) 暫時休憩いたします。      午後1時36分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後1時38分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◆委員(勝部裕史君) では繰り返します。補正予算19ページの教育費委託金、スクーリング・サポート・ネットワーク整備事業というのが、もともとなかったものがつけ加えられておりますので、具体的にこれはどういう事業でどういうことをされるものなのか、ちょっとお聞かせいただければなと思います。 ◎教育研究所長(川島益雄君) スクーリング・サポート・ネットワーク事業というのは、不登校児童・生徒のための事業で、主に適応指導教室の整備事業に使用するということです。 ◆委員(内田美恵子君) 補正予算書7ページ、先ほど御紹介がありました社会福祉施設整備促進事業、1億4,250万円について、繰り越し明許となっておりますけれども、先ほどこの理由として、社会福祉法人及び民間事業者が、建設用地の地権者との用地取得交渉に時間を要したこと、また地元自治会からの施設建設の同意に時間を要したことで繰り越し明許になりましたという御説明でしたけれども、これは具体的にはどこの施設整備であったのか、お聞かせください。 ◎介護支援課長(坂本良樹君) 1つは我孫子北地区でございます。小規模特別養護老人ホーム、それから小規模多機能型居宅介護等の整備です。もう1つが、湖北地区でございます。認知症高齢者グループホーム、小規模多機能型居宅介護等の施設整備でございます。最後に湖北台地区です。同じく認知症高齢者グループホーム、小規模多機能型居宅介護施設の整備でございます。 ◆委員(管剛文君) 41ページの商工費、職業相談室移転・運営についてなんですが、ここで事務補佐員の賃金が減額されておりますが、この職業相談室の移転の話はちょっと見えていないというか、本当に移ったのかなと。準備をしているのは聞いたんですけれども、現状はどのようになっているんでしょうか。 ◎商工観光課長(斉藤久行君) 来年4月2日に我孫子駅前に移るということで事務を進めております。 ◆委員(管剛文君) その広報活動などは行うんでしょうね。「広報あびこ」とかでは、そういうお知らせは市民の方になされるんでしょうか。 ◎商工観光課長(斉藤久行君) 広報、またホームページ、またはハローワークの方も併設されておりますんで、そちらも含めまして周知するつもりでおりますし、そうしたいと思います。 ◆委員(鈴木美恵子君) 37ページの生活扶助費について伺います。先ほどの御説明では、1人当たりの支出額が見込みより減少したというふうに御説明がありました。この1人当たりの支出額が見込みより減少したということは、1人ひとりが自立の方向に向かって、ある程度の収入を得るようになったということなのでしょうか。その中身についてお知らせください。 ◎生活支援課長(松本道雄君) 生活保護を受ける方自体は増加傾向にあります。増加傾向にあれば当然生活扶助費と医療費、これは増大していくんだと思うんですが、生活扶助費につきましては、今年度は74件開始しまして、そのうち稼働収入のあるケースが33件ありました。そういうことで、稼働収入といいますか、何らかの収入のある方の開始が増えたということと、もう1つは、高齢加算が廃止になりましたので、そういうことで扶助費も額が減っていますんで、減少してきたと。1人当たりの生活扶助費の額が減ってきたということになります。 ◆委員(鈴木美恵子君) 生活保護を受ける方自体は増加傾向にあるというお話がありました。確かに生活に困っていらっしゃる方はたくさん御相談を私どももいただきますが、この減額する時点までといいますか、要するに18年度、相談件数とそれから受給者件数というのは明らかに違うんだろうと思います。要するに、生活保護の相談があっても、いろいろな条件によって受給者とならない場合、これは数多くあるんだろうと思うんですが、その相談件数はどのくらいあったかというのはわかりますか。
    ○委員長(松島洋君) 暫時休憩いたします。      午後1時44分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後1時45分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◎福祉総合相談室長(大目みちこ君) 11月現在なんですけれども、面接の件数としては259件ございました。 ◆委員(鈴木美恵子君) 先ほどの御説明ですと、受給者の件数は74件というふうに御説明ありました。御相談件数が259件ですから、かなりの方は受給まで至らない、何らかの事情があって受給対象者とはならないということなんだろうと思いますが、困っているから相談に行くということもあるんでしょうけれども、私どもも具体的に言いますと、例えば正の財産、負の財産、要するに財産を持っている場合は対象者とはならないわけですね。例えば、財産を持っていても、預託制度が我孫子市はないですから、そうするとその財産を売却しない限りは、売却してそれを消化しない限りは、対象者とはならないわけですね。  ところが、今すぐその売却云々ということが難しかったりとか、あるいはまた負の財産の場合、その整理の仕方について整理が終わらなければ対象者とはならない。いわゆるそういう生活相談とならざるを得ないような内容がこの生活保護の相談者には多々あるんだろうと思うんですが、そういった生活相談そのものについては、十分なされた上でこの74件なのか、あるいは例えばそういう条件が満たされない限りはだめですよということで、そこで断ってしまって74件なのか、それとも最後まで細かに面倒を見てあげて74件で済んだのか、その内容によっては非常に大きな差があると思うんですが、この生活保護の相談というのは非常に深刻であり、難しい部分があるんだと思いますが、この74件に至るまでの相談の受け方の対応といいますか、それはどのような対応でなされているのでしょうか。 ◎福祉総合相談室長(大目みちこ君) いろいろな方が御相談に見えられます。それで、例えば車を持っていてはいけないとかといろいろあるんですけれども、どうしてもやはり車は手放せないというようなことで、ではほかの方法を考えますというようなこともおっしゃられる方もいらっしゃいますし、それから今家のことをおっしゃっておられましたけれども、そのときにも売れるような財産については売っていただきたいと。ただ、それまでの間どうするかといったときに、売れるまでの間に生活保護になったときに、その間にかかった医療費というのは、後から売れたときに清算をするんですけれども、10割負担になってしまうんですね。そうでなければ3割負担で医療費は済みますけれども、先に生活保護を受けてから家・土地を売ってそのお金を返還といったときには、医療費は10割負担となってしまったりするので、かえって本人にとって不利になってしまうようなこともあります。そういうようなお話を全部した上で、それからそのほかにほかの制度が利用できないか、そういうものも細かくいろいろお話を聞いた上で精査して申請を受け付けております。 ◆委員(鈴木美恵子君) ということは、この259件の相談者のうち、74件以外のその百数十名の方々については、きちっと手だてをした上での4,000万円の減額ということと理解して、当然いいわけですよね。その日の暮らしから困っているということはないような手だてをきちっとした上での減額、ここまでかからなかったと、皆さん大丈夫だったということと理解してよろしいですね。 ◎福祉総合相談室長(大目みちこ君) 相談を受ける者として、そういうふうにきちっとした細かい相談を受けた上で判断をしているというふうに考えております。 ◆委員(青木宏榮君) それではちょっと関連でお伺いいたします。年々この生活保護の受給というのは多くなってくると思うんですけれども、いわゆる不正受給とも言えるような、そういった人はいないんですか、これで。 ◎福祉総合相談室長(大目みちこ君) いないかというふうな御質問だと答えにくいんですけれども、ケースワーカーそれぞれ担当地区がありまして、間違いなく訪問したりしておりますので、そういうことはないというふうにお答えいたします。 ◆委員(青木宏榮君) ちょっと今の言い方が悪かったかもしれないんですけれども、実は裏社会と申しますか、その手のやからが最近その方に目をつけて、何とか受給資格者から奪い取ろうというようなことを聞いております。また、実際に、そういうのを手にして、何といいますか、飲み歩くというか、そういう人たちもいるというようなことがありますんで、そういう場合にはカットするというようなことを、なかなか追跡調査みたいなのは難しいんだと思いますけれども、できるかどうか。 ◎福祉総合相談室長(大目みちこ君) 不正受給といいますか、一見ほかの方から見れば働けそうに見える方でも、必ず検診命令をかけて、お医者様の方の判断で働けるか働けないかというのを判断して、それで働けないという方についてお話を進めておりますので、外から見ると何でもなさそうに見えたりする方でも、実際にはいろいろなところが悪かったり、精神的な方もいらっしゃいますし、内臓疾患の方もいらっしゃいますので、わかりにくい部分は多いと思います。それから、今飲み歩いたりというお話がありましたけれども、そういうときには、やっぱりこちらの方である程度そういう情報が入りましたら、ちょっと言葉は悪いんですけれども、ケースワーカーが何回か様子を見に行っていて、その場をきちっとつかまえてというか、そういうようなときにその場できちっと現場を見て、その上で文書指導をして、それでそういうことではだめですよということでお話をしております。 ◆委員(勝部裕史君) 27ページの国際化推進事業、国際交流基金積立金、これは毎年のことなんでしょうが、一応1,000円で項目をつくっておいて、この補正で大体残りの99万9,000円入れて約100万円毎年積み立てておりますが、今後もそうなんですけれども、この国際交流基金の運用方針というのはどのようになっていますか。 ◎企画調整担当主幹(山根雄二君) 非常に大ざっぱな説明なんですけれども、国際交流の推進に寄与するため基金を設置するというような、非常に大まかな方針でございます。 ◆委員(勝部裕史君) 過去を見て、つい最近使ったものとすると、外国人のために外国語に翻訳したガイドブックでしたかね、あれをつくったぐらいかなと思いますが、逆に言うとそれをわざわざ基金を取り崩してつくるべきなのかなと思ったりもして、これだけの、今幾らでしたかね、4,800万円ぐらいでしたかね。ある程度額が大きいですので、今おっしゃったような運用の方針ということがあれば、そういう細かいことに切り崩して使うというよりは、もうちょっと大きな方針で何か国際交流に寄与するようなことを考えた方がいいのかなと思いますが、いかがですか。 ◎企画調整担当主幹(山根雄二君) 18年度末残高が4,900万円でございます。その辺については御指摘のとおり、少し検討していかなくてはいけないかなとは思っていますけれども、現在のところちょっと何に使うかというのが細かく検討できておりません。 ◆委員(内田美恵子君) 補正予算書15ページ、款14目2節4、老人福祉費補助金のうち、地域介護・福祉空間整備費交付金3,875万円の減額についてお尋ねします。この減額については資料をいただきましたが、資料によりますと、我孫子南地区、我孫子北地区、天王台地区の一部について、施設整備を希望する業者がいなかったため交付金の減額につながったという御説明がありましたけれども、未整備となった理由が各地区多少違うようですので、3地区の未整備理由をお聞かせください。 ◎介護支援課長(坂本良樹君) 御説明いたします。まず我孫子南地区でございますけれども、小規模多機能型居宅介護を予定しておりました。当初、東京の方の事業者ですけれども、事業展開したいということで申し入れがございました。それで話を進めていたんですけれども、小規模多機能型そのものが全国展開されていますけれども、なかなか経営がしっくり行っていないというようなことを踏まえたこと、また借りる予定だったビル、貸し主の方に問題が発生したということで挙げた手をおろしたということでございます。  それからもう1点、我孫子北地区です。グループホームと小規模多機能型居宅介護、これは応募者がなかったということです。  それから、天王台北地区ですけれども、計画上1介護予防拠点として載せておりました。これは天王台地区に老人保健施設、「葵の園・我孫子」という老人保健施設ができますけれども、その中に入り込んでおります。これは特に一体としての整備ということでございますので、対象とはしていないということでございます。 ◆委員(内田美恵子君) ありがとうございました。確認なんですけれども、我孫子南地区についての未整備理由というのは、事業者が途中で辞退してしまったということですよね。それから、我孫子北地区については、応募する事業者がいなかったということでしたよね。このような未整備理由をちょっと伺うと、素朴な疑問なんですが、この交付金を使って地域密着型サービス拠点の整備をする場合、事業者が確定しないうちに交付金の申請をするというような事業の進め方をしていらっしゃるんでしょうか。 ◎介護支援課長(坂本良樹君) そのとおりです。 ◆委員(内田美恵子君) そうすると、国の交付金の交付が確定した段階で事業者を公募するということになるのでしょうか。 ◎介護支援課長(坂本良樹君) 例えば、今年度で申し上げますと、国の方針確定が昨年の8月ぐらいにこの交付金の詳細が国から通知されております。そこからの本来スタートということになります。ただ、それではもう事業者の選定にしても、予算取りにしても間に合いませんので、事前に前年度に予算を見積もって、その年の予算として計上しているということでございます。そこからスタートしたんでは、幾ら繰り越し明許をしたとしても、翌年度には終わらないという結果になることから、前倒しで事業者の募集をかけたりしているということでございます。 ◆委員(内田美恵子君) 前倒しで事業者の公募をしても、今回のように公募者がいなかったというような事例も出てくるわけですよね。そうすると、今回こういう地域密着型施設整備の場合なんかを見ますと、とてもそういうケースが目立つと思うんですが、何か事業の進め方として、希望する事業者待ちというような印象があるんですけれども、このような進め方というのがどうなのかなという気もいたしますので、これは19年度予算でさせていただきます。 ○委員長(松島洋君) 答弁は要りませんね。ほかにありませんか。 ◆委員(勝部裕史君) 30ページ、総務費の県会議員選挙の費用で、これは約260万円、そのうち大きく占めているのが、次のページになりますけれども、通信運搬費が250万円増額ということですが、具体的に何でこんなに増額になってしまったんでしょうか。 ○委員長(松島洋君) 暫時休憩いたします。      午後2時01分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後2時02分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。今の質問は保留にしまして、次にどなたかございますか。 ◆委員(青木宏榮君) 34ページにありますレセプトに関してちょっとお聞きしたいんですけれども、今この委託料が出ているわけですけれども、長いことこのレセプトに関しては随意契約でされていたと思うんですけれども、今も同じところでやっているんですか、これは。 ◎介護支援課長(坂本良樹君) 過去の決算委員会等でも御指摘を受けてございますので、18年度から公募型の競争入札で実施しております。 ◆委員(青木宏榮君) 公募型の入札というようなことなんですけれども、確かにそれはそうだと思うんですけれども、実績のないところは入れないというようなことだと思うんですけれども、これだとベンチャー企業だとか、とにかくそういう新規になかなか参入できないと思うんですけれども、その辺は仕方がないのかなと思うんですけれども、どうでしょう。 ◎介護支援課長(坂本良樹君) あくまでも広く市のホームページで公募しておりますので、どなたでも御参加できる形にはなっております。ただし、仕様がございますので、仕様に基づいて委託を受けられる、受託できるという事業者の参入ということだったと思います。 ○委員長(松島洋君) 暫時休憩いたします。      午後2時03分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後2時04分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◆委員(鈴木美恵子君) 39ページの浄化槽対策事業について伺います。730万円ほどの減額をしております。今年度の浄化槽対策事業としては、どの程度進捗したのでしょうか。中身について教えてください。 ○委員長(松島洋君) 暫時休憩いたします。      午後2時05分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後2時06分休憩 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◆委員(内田美恵子君) 23ページ節2、街路事業債、手賀沼公園・久寺家線道路改良事業債、2億5,260万円の減額についてお尋ねいたします。これは、聞くところによりますと、用地交渉が難航していて、契約締結に至らないため減額ということですが、現在の状況についてお聞かせください。 ◎交通課長(大畑章君) 現在、手賀沼公園・久寺家線では、あと2名の方が残っていまして、私の方も部長も含めて積極的に交渉は重ねております。まだ合意には至っておりません。 ◆委員(内田美恵子君) この2件の物件が残ってからどのぐらいたちますかね。2件交渉が難航してからどのぐらいたちますでしょうか。 ◎交通課長(大畑章君) 交渉は事業が始まって以来続けてきております。 ○委員長(松島洋君) 暫時休憩いたします。      午後2時07分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後2時08分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◎交通課長(大畑章君) 交渉を始めてから8年行っておりますが、ただ権利者の方が用地を必ず売らないというような、拒んでいることではありませんで、ちょっと条件提示がありまして、それについて交渉している段階です。 ◆委員(内田美恵子君) 例えば駐車場を探してくれとかいろいろな条件があるみたいなんですが、それも何かままならないような状況に今至っているように聞いていますけれども、最終的にこの2件が残って今ちょっと難航しているんだと思うんですが、もう既に数年たっているのかなと思うんですが、交渉いろいろ御苦労されているのは重々承知しているんですけれども、この道路ができないと、やはり公園坂通りの問題だとか、いろいろまちづくりにかかわってくると思いますが、このような状態、大変このままではいけないんだろうなと思いますが、担当者としていかにこの取得が可能になるような方針というか、今後どのような方策をお考えでしょうか。 ◎交通課長(大畑章君) 交渉は基本的には話し合いによる任意交渉を今後も粘り強く続けていきたいと考えております。 ◆委員(内田美恵子君) 交渉を粘り強くしていただきたいと思いますが、その方策、例えば何かちょっとお聞きしますと、もう用地取得ができたところから道路をつくっていって、何となくどかざるを得ないような状態にというような話もちらちら伺うんですが、その方策みたいなものがありましたら、いかがなものでしょうか。 ○委員長(松島洋君) 暫時休憩いたします。      午後2時10分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後2時11分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◎建設部長(尾高朝雄君) 2名の地権者の方とは、信頼関係は抜群に持っているんですね。その信頼関係のもとに、土地を売りますよと。ただし、1名の方はお寺さんだとか幼稚園経営、その駐車場の用に供している土地なんですね、買収予定地が。檀家さん、あるいは幼稚園の送迎用のバスだとか、そういうような用に供していますもので、どうしても土地が必要だと。我々は近傍地の土地、あるいは不動産屋さんの方を回って、いろいろとやっているところなんですね。ですから、ここは粘り強くやっていこうと。  もう1つは、先ほど委員の方からも御指摘がありましたように、起点と終点が残っちゃっているんですね、起点と終点が。ですから、その中を道路形態をつくってやるんだという意思も1つあらわそうと。そういうことで、それは1つの攻め、いわゆる方策の1つになるのかなと。こういうようなことを2つ併せて、積極的に粘り強く、かつ親切に対応していきたいと考えております。 ◆委員(内田美恵子君) 粘り強く親切にしていただきたいと思いますけれども、この事業の認可期間はいつからいつまででしょうか。 ○委員長(松島洋君) 暫時休憩いたします。      午後2時12分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後2時13分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◎交通課長(大畑章君) 事業の認可期間は平成10年から平成21年度までです。 ◆委員(内田美恵子君) 先日伺ったところだと、22年3月31日までではないんですか。そうすると、工事の期間を差し引きますと、大体今年というか19年度とか20年度がちょっと限度かなという気がするんですが、その辺いかがでしょうか。 ◎交通課長(大畑章君) 今、旧千葉銀行の前の交差点の公安委員会協議が終わりまして、その関係で、交番の方にちょっと用地の取得が生じまして2件ほど追加になります。その認可変更申請を今行っておりまして、千葉県と協議してきております。その中で、認可変更の中で工期といいますか、期間の延期を考えていたんですが、県の方から、まだ2年ほどありますので、近くなってから考えたいということで、今回は認可変更の中では工期の変更は行っておりません。このままでいけば、当然認可変更の期間の延長は生じることになると思います。 ◎選挙管理委員会事務局次長(鈴木正己君) 先ほどの250万円の件なんですが、これは県会議員選挙の入場整理券の発送で、当初選挙期日の方が決定していなかったものですから、19年度に見込んでいたものを3月30日告示に決定いたしましたんで、250万円補正したものです。 ◎クリーンセンター課長(渡邊清君) 浄化槽対策費ですけれども、平成18年度の予算は、平成17年度の決算ベース、基数は大体45基で見込んでいたんですけれども、思うように伸びませんでした。結果として35基。手賀沼流域が16基、利根川流域が19基の35基、10基マイナスになってしまった状況であります。 ◆委員(鈴木美恵子君) 思うように伸びなかったということで、様々な要因があろうかと思いますが、これについてはどうなんでしょうか、広報不足とかというようなことはないのでしょうか。 ◎クリーンセンター課長(渡邊清君) 事務局としては、広報等は広報紙等でやっておりますので、十分とは言えませんけれども、それなりの対応はしていると考えております。 ◆委員(鈴木美恵子君) 今後公共下水道がなかなか効率的でないところの地域等については、こういった高度処理の合併浄化槽をどんどん進めていかなければいけない状況のところはたくさんあるんだろうというふうに思いますが、やっぱり今思うように伸びなかったということになりますと、また新年度から以降も同じような状況を引きずっていくのかなというふうに思うんですが、その辺の解決策としては今どのように考えておられますか。 ◎クリーンセンター課長(渡邊清君) ただ、これが合併浄化槽が伸びないというよりも、景気の上昇によりまして、むしろ下水道を完備しているところに人が張りついていくような状況も考えられるのかなと考えておりますが、とりあえずうちの方としては、高度処理型合併浄化槽、これは平成16年度からそれまでの合併浄化槽と変えまして、手賀沼と、それから利根川もそうなんですけれども、窒素と燐も併せて−−生活雑排水だけではなく−−除去できるような高度処理型合併浄化槽に対象を変えました。ですから、そのような形でPRも含めて周知していきたいと考えております。 ◆委員(鈴木美恵子君) 要望ですので、これは答弁はいいんですが、新築についてはそういったより整備のいいところに移転してくる傾向が強いんだろうと思いますが、問題は既存の住宅の部分で、公共下水道が期待できないところ等についての今後の普及啓発なんだろうというふうに思います。そういう意味で、また新たな取り組みの展開というか、そういったものも考えていく必要もあるのかなと思っておりますので、答弁は結構ですから、また今後の対策をどうぞよろしくお願いいたします。 ○委員長(松島洋君) 暫時休憩いたします。      午後2時19分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後2時20分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◆委員(勝部裕史君) せっかくいらしていただいたのでクリーンセンターに。同じページの1つ上ですね、資源化事業、再資源化事業促進奨励金が約200万円減額ということですが、これは単純に資源化されるとか、ゴミの量が減ったという理解でよろしいんですか。 ◎クリーンセンター課長(渡邊清君) ゴミの量が減ったというよりも、当番制をしいておりますけれども、それがアンケート調査によりまして、そのアンケート調査といいますのは、奨励金を交付してもらって、自分たちで分別をする、それが1点。2点目として、奨励金をもらって自治会等資源回収登録団体の方で第三者に委託する。それが2点目。3点目として、奨励金はもらいません、そのかわり用具の出し入れを市の方でやってくださいと。その3点のうち選択してもらって、年1回調査をしているんですけれども、その調査の結果、16年度が38団体、その3番の選択ですね。要するに、奨励金は要らないから市の方で出し入れをやってくれるというその選択ですけれども、それが平成16年度が38団体。それから17年度が53団体ですね。失礼しました、平成18年ですね。16年度のアンケート調査ですので、17年の実施が38団体、それから今年度の実施が53団体でございます。ですから、その辺が奨励金の減った原因であると思います。 ◆委員(勝部裕史君) 私も予想以上に、市にお願いしますという自治会が増えたんだなと思っていたんですが、そこまで行っていたのかなと。1つお聞きしたいんですが、奨励金要らないから市でやってくれと言われた場合と、奨励金をもちろん差し上げるから自分たちでやってくれという場合と、こういうふうに2通り大きく分けてありますが、こうやって奨励金要らないから市で全部やってくださいよと言われたときは、逆に市の人件費も含めて、支出というのは増えてしまうんでしょうか。 ◎クリーンセンター課長(渡邊清君) 市でやる場合には、当然それを委託でやっておりますので、その分が委託費として増えてきます。その辺の比較をしますと、大体とんとんというところです、今のところは。 ◆委員(勝部裕史君) 我孫子市の特徴でもありますので、できれば高齢者ばかりでどうしても自分たちじゃもうきついよという場合は別として、なるべく本当は自治会でやっていただくように、奨励金を出して進めた方がいいのかなとは思います。それは勝手な私の意見です。  あともう1点は、これは逆に奨励金をもらっていらっしゃる自治会の奨励金の算定方法というのは、実際これは目分量でやっているところが多いですよね。今はどうなっていますか。 ◎クリーンセンター課長(渡邊清君) 当初は、個々に計量していました。作業効率を考えまして、データに基づいて缶1袋7キロとか、それから瓶が1袋20キロとか、そのような換算で把握をしております。 ◆委員(勝部裕史君) 効率もいいんですけれども、もう御存じだと思うんですが、ある自治会が、実は自分たちの世帯数よりもはるかに少ない世帯数の方が奨励金が多いということで、本当に1年間きっちり調査をしたところがありました。そこで私も一緒に調査をさせていただいて、今おっしゃったように目分量というのを初めて私も知りまして、となると逆に今度は奨励金をたくさんもらいたいところはどうするかというと、せっかくペットボトルや缶をつぶして入れているのを、わざとつぶさないで丸々のまま入れれば袋の数が増えますよね。だんだんそういうことも出てきちゃうのかなと思いますので、ひとつ目分量も結構なんですけれども、きちんとはかる方策が1つと、あとこれはもう疑ったら切りがないんですが、クリーンセンターに持っていくまでの間、つまりゴミステーションからクリーンセンターに持っていくまでの間というのは誰も見ていないんですよね。抜き取られるケース、それから逆に、指定業者じゃない人が勝手に持って行っちゃうケースがありますので、これは我孫子市全域できちんとチェックした方がいいと思うんですが、いかがでしょうか。 ◎クリーンセンター課長(渡邊清君) 1点目の方なんですけれども、回収後クリーンセンターのトラックスケールで再度計量します。そのときの誤差を収集量に案分しまして、それに奨励金を上乗せするような形をとっておりますので、そんなに差は出ないと考えております。それから、ゴミステーションからクリーンセンターまでの間に抜き取りがあるかないかという、今までの資源の収集状況を見ますと、ここのところ例えば金属類が盗難に遭っているとか、半鐘とか、そういうものが新聞に出ておりますけれども、うちの方の場合には、前年度と比較して紙類等は収量としては増加しております。ただ、スチール缶とか金属類は逆に少し減ってきている。でもそんなに差はありませんので、まず盗難はないのかなと。ただ、その辺は市民からの通報によりまして、即通報があった場合には駆けつけるようにはしております。
    ◆委員(勝部裕史君) これで最後にしますが、1つの事例として、もちろんこの我孫子市周辺より少し離れたところの、明らかに車のナンバーが、ここの地域でないナンバーが軽トラックで来て持っていっているところをかなり写真撮られたりとか、そういう事例が結構あります。ですから、クリーンセンターに行くまでどころか、ゴミステーションに置いた瞬間に持っていっちゃう人たちがいるというので、それはきちんとチェックをした方がいいのかなと思います。  それから参考までに、先ほど挙げた自治会の方が、何回かにわたってゴミステーションからクリーンセンターに行くまでの間、清掃車の後ろをずっと車でついていったと。それはもちろんクリーンセンターの方々もきちんと承諾していただいた上でやっていたところ、その月の分はかなり奨励金が上がったとおっしゃっていましたので、一応ちゃんとチェックをした方がよろしいかなと思います。 ◎クリーンセンター課長(渡邊清君) その辺は十分チェック等をしたいと思います。ただ、持ち去りの禁止に関して、条例を想定したんですけれども、それによりましてかなり持ち去りが減っていると。例えばその条例制定前は、4月から8月まで44件あったものが、前年度がたしか14件、今年度は4月から8月なんですけれども、4件に減っているということで、かなり持ち去り禁止条例の効果はあるのかなと思いますけれども、更に気を引き締めてパトロール等を強化していきたいと考えております。 ◆委員(内田美恵子君) 23ページ節2の住宅債、市営住宅小暮団地用地取得事業債2,310万円の減額についてなんですが、これは減額理由として、用地取得費の減及び公募面積と実績面積との差により減額という理由なんですが、用地取得費というのがなぜ減額になったのかお聞かせください。 ◎住宅課長(津谷豪君) 用地取得費は、当初1億1,000万円を見込んでいたんですが、抵当権者である銀行と地権者、土地所有者、それと市の三者の協議によりまして、1億円で購入できるようになった、その1,000万円が減になりました、ということです。 ◆委員(内田美恵子君) 交渉により下がったということですか。地価が下がっているからということで減額になったということですか。 ◎住宅課長(津谷豪君) 地価が下がったということではなくて、三者の協議によって交渉が妥結したということです。 ◆委員(内田美恵子君) それからもう1点、公簿面積と実測面積との差が生じたということなんですが、これは私素人でわからないんですが、なぜこういうふうに差が生じるんでしょうか。 ◎住宅課長(津谷豪君) 実は、小暮団地の全体は変わらないんですが、1人の方がお持ちになっていたんですが、それが亡くなられまして、家族の方2人が所有されるようになりました。それで、借りている面積そのものは変わらないんですが、個々の借りていた面積、市が借りていた面積が、1人の方は借地上の面積よりも実際の面積が多かったり、つまり市が得をしていたり、もう1人の方に対しては、実際は少なかったんですが、測量してみたら多かった。  つまり、1人の方が持っている分には全然影響がないんですが、購入するに当たりまして正確に調査しましたところ、一方の方の面積が食い込んでいたというようなことが明らかになりましたので、その分公簿面積と実測面積というような表現になっていますが、そういった状況が生じたから、何といいますかね、実測した結果、想定した面積の方が多かったんですが、実際に借地した面積を購入したということです。 ◆委員(内田美恵子君) 市の公簿面積そのものが誤っていたというようなことだと思うんですが、そうじゃないんですか。 ○委員長(松島洋君) 暫時休憩いたします。      午後2時30分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後2時31分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◎都市計画課長(魚地明夫君) 実は、市営住宅の用地は複数の地主さんから土地を借りて全体の面積が出ています。しかしながら、旧の登記面積というのは、現在実測しますと、おのおのの面積と一致しません。と同時に、今回は全部を買うということではなく、その中の一部の方、1人の方の取得でございますので、その借りている人同士の境界が確定してから測量し、実測します。こういうことによって、当初の見込みの数字より誤差が発生したということでございます。 ◆委員(内田美恵子君) そうすると、この事業債の額をこちらが決める場合に、予算化する場合に、私なんか素人考えなんですが、実測面積をきちんとはかった上で予算化するのが筋じゃないのかなと思うんですが、いかがでしょうか。 ◎都市計画課長(魚地明夫君) ケース・バイ・ケースでございまして、そういう場合もございますし、今回のように境界確定という作業になりますと、それなりに測量屋さんに発注するなり、そういう事業費がかかります。こういう場合は、見込みで予算措置をして、今回のようなこういう形になるということは、債務負担行為などでもこういうことがあり得ます。 ○委員長(松島洋君) 暫時休憩いたします。      午後2時33分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後2時34分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。ほかにありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(松島洋君) ないものと認めます。議案第15号に対する質疑を打ち切ります。  暫時休憩いたします。      午後2時35分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後2時45分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。  これより議案第20号、平成19年度我孫子市一般会計予算を定めることについて審査いたします。議事整理の都合上、歳入、歳出を分割して審査いたします。  初めに、歳入について当局の説明を求めます。      (この後、財政担当主幹より説明された) ○委員長(松島洋君) 以上で説明は終わりました。  これより歳入について質疑を許します。 ◆委員(早川真君) 予算書の67ページ、財産売払収入についてお尋ねいたします。先ほどの説明では、市の未利用地、新木野1丁目、それから南新木の3丁目をそれぞれ売却して収入を得るという御説明でしたけれども、それではそのそれぞれの平米数、それから値段について教えてください。 ◎管財課長(丹羽健一君) 新木野1丁目が346平米で1,492万円ということで予定しております。南新木3丁目は1,458平米、7,980万9,000円で予定しております。 ◆委員(早川真君) 現在の平米数、平米数はともかく価格はそうだということですけれども、それではこれのそれぞれの買い取りをしたときの金額を教えてください。 ◎管財課長(丹羽健一君) 新木野1丁目は寄附という形でいただいております。それで、南新木1丁目ですが、失礼しました、南新木3丁目ですが、買い取りのときの価格が2億4,839万7,000円でございます。 ◆委員(早川真君) ここの地域の土地が下落しているのはわかるんですが、新木野1丁目については寄附ということですけれども、問題は南新木の3丁目の方だと思うんですね。幾ら下落しているといっても、2億4,839万7,000万円で市が購入したものを、幾ら財政難とはいっても7,980万9,000円で売却してしまうというのは、余りにもちょっとこう、市民の財産を3分の1で売却するというのは、ちょっといかがなものかなと思うのですけれども、その辺の御所見をお聞かせください。 ◎管財課長(丹羽健一君) 当初目的があって行政財産ということで取得をしたときの今の値段なんですけれども、その後時間的な経過もたっております。それと、この土地について、当初の目的が失われて、私どもの方でもこの土地についてはどういう形かで利用できないかということで、全庁に投げかけて、ここ数年じゃなくて将来的にでもいいから目的利用できないかということで投げかけたんですが、利用がないというようなこと。  それから、市の財政的な中で、不要土地については処分が適当だろうというようなことで、確かにおっしゃるように、買った値段と、今もし処分すると値段が相当な差がございますが、現在の値段でいいということで、確かにおっしゃることはわかるんですが、これ以上、もし売るとすれば高い値段ということはちょっと想定できない。それと、このまま持ち続けても、利用目的がないということでただ維持費だけがかかるということで、今回予算計上をしたような次第です。 ◆委員(早川真君) 今のお答えを聞いていますと、ここの土地が、今の7,980万9,000円、これ以上はもう上がることはないだろうと。私はむしろ底なんじゃないかなと思うんですけれどもね。いかがですか。 ◎管財課長(丹羽健一君) 先の将来的なことはちょっと非常にお答えしづらくて難しいんですけれど、ここのところずっと下落を続けておりまして、今年度も我孫子市においては住宅地においても、よその地域で安定したりちょっと上昇したりしているところもあるんですが、現時点では我孫子市の住宅については、昨年よりも下がっておるような状態です。 ◆委員(早川真君) それではちょっと、新木駅の南側土地区画整理の、その後は今どういう状況になっているのかというところで私なりにも調べてみたんですが、現在計画人口が5,580人のところを、人口として3,114人。世帯数とすると1,032世帯。計画に対しての人口というのが55.8%という状況なんですね。じゃあ管財の方では、これ以上ここの人口が増加するということはないと御判断されておりますか。ちょっと管財に聞くのも苦しいかもしれないですけれども。 ◎管財課長(丹羽健一君) 造成地ということで、空き地とかいろいろありますので、人口は徐々に伸びていくとは思いますけれども、ただ早急にその土地の値段が目に見えるような形で上がっていくというようなことについては、ちょっと予測がしがたいのかなというふうに思っております。 ◆委員(早川真君) 土地の値段ということでのお答えですけれども、それでは人口が伸びていくんではないかと。緩やかではありますけれどもね。では、ここの土地、そもそも何の目的で購入されたのか教えてください。 ◎管財課長(丹羽健一君) 現在は目的がないということで普通財産になっておりますが、当初は近隣センター用地というようなことの目的があったというふうに聞いておりますが。 ◆委員(早川真君) そのとおりだと思います。ここの南新木のこの地域の住民の皆さんに、以前の、現在の11館構想になる前の、17館でしたかね、その近隣センターの構想の中で、ここの地域の皆さんにコミュニティの施設をここにつくるんだということで、この用地というのは取得したはずなんですよ。それが11館構想という形でなったからといって、これから人口が増えていくこの南新木の地域の人たちが、どこの場でそういったものを求めていくのか。そういった問題がまず1つあると思います。  それから、そこの地域の人たちの住民感情を考えますと、近隣センター用地として市が取得したものを、計画が変わって現在なかなか箱物をつくるというのは難しいでしょうけれども、現在予定がないからといって2億4,839万7,000円で市民の税金で購入したものを、3分の1の7,980万9,000円で売却すると。幾ら財政が厳しいからといって、これでこの南新木の地域の方が納得されるでしょうか。 ◎総務部長(中野洋君) 私どももできれば持っていたいという気持ちはありますけれども、将来にわたって使用目的がないということですので、これはやはり市の財産である、現金化すべきだというふうな判断の中で売却することに決定したということでございまして、確かに地域的には、市の土地がたくさんあればあるほど、将来的には何十年か後にはいろいろな用途があろうと思いますけれども、現在の段階ではそれは確定できないということから処分する方向に決めたということでございます。 ◆委員(早川真君) 将来利用する目的がないからという形で、未利用地をこれからどうしていこうかという一連の中で幾つか市内に点在している未利用地の中でこの2ヵ所をピックアップして売却を決めたということですけれども、では現在未利用地は市内に幾つあって、そしてなぜこの2ヵ所にしたのかというのを教えてください。 ◎管財課長(丹羽健一君) 普通財産で処分できる未利用地については、処分するということで今回2ヵ所、それからつくし野の方に1ヵ所ありますものについても、ちょっと用地を確定した中で、処分ということで進めていきたいと思っております。その他については、調整区域に何ヵ所か持っているんですが、それらについては今後どういうふうにするかということで、処分できればいいとは思うんですが、その辺がちょっと難しいんで、まだ今回の予算には計上していないというようなことです。 ◆委員(早川真君) 調整区域という形で、売却するときにしづらいという点はわかるんですけれども、それではちょっとこれ、私は大きな問題だと思いますので、現在の市の未利用地がどういった形で点在していて、そして今回2ヵ所をピックアップしたということで、そこの面積、それから取得金額、それから売却予定金額、それぞれ一覧とした形での資料を委員会に提出していただきたいと思うんですけれども。 ◎管財課長(丹羽健一君) ちょっとまとめるのに時間いただいてよろしいですか。なるべく早く出しますので。 ◆委員(鈴木美恵子君) 46ページ、市税についてお尋ねをいたします。先ほどの御説明で、税源移譲ですとか、それから定率減税の全廃、様々な要因があって前年度より15%の伸びを示しているということであります。また、予算説明資料によりますと、調定見込みにおいても11%以上を前年度より多く見込んでおりますが、前市長の時代からずっと定住人口の増加、こういったものを掲げて政策が進められてきました。こういった税制の変化がない場合、前年度より実質的に伸びているのかどうなのか、そこら辺についてお教えください。 ◎課税課長(竹井正晴君) 実質的なものにつきましては、若干、0.5%程度減なのかなというようなことで、私どもの方は計画を立てました。 ◆委員(鈴木美恵子君) 景気回復がしていると言いながらも、若干の微減であるということでありますので、大変厳しい状況かなというふうに思っているんですが、その一方で法人の分を見ますと、資料の方では16.2%の滞納繰り越し分の収納を見込んでいます。一般質問のときも御答弁がありました中に、個人については余り景気回復の影響はないけれども、法人については体力が回復している傾向にあるというような御答弁があったと思うんですが、この滞納繰り越し分を前年度より10ポイント以上多く見込んだ、その理由についてお教えください。 ◎収税課長(佐藤隆君) 委員が今御指摘のとおり、また当初説明のとおり、景気回復は確かに徐々にしております。ただし、過去の分の滞納繰り越し分の税額がかなりまだ残っている会社がありまして、法人税で滞納者がおりまして、その部分を徴収できる見込みがある社がありまして、その部分を見込んでということです。かなり大口が1件あります。この分を見込んだということです。 ◆委員(鈴木美恵子君) 現在滞納件数というのは、法人滞納分について何件ぐらいあって、この16.2%というのは何件ぐらいを見込んでいるのか、その内訳を教えていただければお願いいたします。 ◎収税課長(佐藤隆君) 法人の現在滞納件数ですけれども、期別件数という形になってしまうんですけれども、一応259件です。このうち、期別ですから40件ぐらいの分が大体大口として、収入見込みとして見込んでいる件数です。 ◆委員(鈴木美恵子君) 今、期別件数でお教えをいただきましたけれども、これは企業の数にしますと何社ぐらいに当たるんでしょうか。 ◎収税課長(佐藤隆君) 28社です。 ◆委員(鈴木美恵子君) そのうち、収納を見込んでいる会社というのは何社に当たるんでしょうか。 ◎収税課長(佐藤隆君) 2社です。失礼しました。全体としてということで、大口として2社普通より見込んでいるために10%増にしたということです。 ◆委員(鈴木美恵子君) そうしますと、大口でない中小の企業にとっては、やっぱりまだまだ体力的に回復している状況にはないというのが現状と見ていいのでしょうか。 ◎収税課長(佐藤隆君) 委員御指摘のとおりだと思います。 ◆委員(内田美恵子君) 関連で、法人市民税についてちょっとお伺いします。説明資料の4ページがよろしいでしょうか。歳入予算総括表を見ていただくとわかると思いますが、平成19年度の法人市民税6億5,278万3,000円と見込んでおりますが、この額が対前年度比0.6%増ということですが、法人市民税が上向きになってきた要因、今鈴木さんの御質問もありましたけれども、これはどうも景気回復ということでもないのかなということなんですが、法人数そのものが増えたというようなことなのでしょうか。その要因について。 ◎課税課長(竹井正晴君) 多少法人数も増えておりますけれども、主に業種といたしまして、総合工事業、それから各種商品小売業、それから銀行信託業、あとは社会保険、社会福祉ですか、そういった業種が一部伸びているというようなことで引き上げている要因でございます。 ◆委員(内田美恵子君) 法人市民税においては、この数年というか、このところ約6億台という推移をしていると思うんですが、この6億円という額は市民税の法人・個人とを合わせた市民税総額の何%でしょうか。 ◎課税課長(竹井正晴君) およそ7%程度かなと、暗算ですけれども大体そのぐらいかなと。 ◆委員(内田美恵子君) 私も7%か8%ぐらいかなというふうに見ているんですけれども、我孫子市は、今お話ありましたように、ずっと住宅都市として推移して、個人市民税にずうっと依存してきたと。その個人市民税に依存した財政構造というのが、2007年問題ではありませんが、団塊の世代が一斉退職して、ますますこれから個人市民税は減少するということになっていますよね。そんな中で、今度星野市長が公約に、地域経済の活性化策というのを掲げております。大変今的な、今の課題かなと思っておりますが、市長に当選されて、こういう法人市民税と個人市民税の割合を見ていただいて、我孫子市の財政構造に対してどうお考えでしょうか。印象でよろしいのですけれども。 ○委員長(松島洋君) 暫時休憩いたします。      午後3時25分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後3時26分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◎市長(星野順一郎君) 感覚的なものでよろしいということなんで、感覚的に言えばこの法人市民税を上げるように努力していかなくてはいけないとは思っているんですが、実際に市内の事業者数の数が減っているというのが現実的にありますから、この数が減っている中での増収はなかなか厳しいものがあると思います。この数が増えながら全体が増えていくような支援策を考えることから始めなければいけないかなというふうには思っています。 ○委員長(松島洋君) 暫時休憩いたします。      午後3時27分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後3時28分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◎課税課長(竹井正晴君) 法人数は18年度と比べまして約130社ほど増えている現状でございます。ただ一番、9号法人というんですけれども、一番均等割の低いランクの法人ということでございます。 ◆委員(内田美恵子君) これからの我孫子市の大きな財政問題としての課題かなと、この財政構造をどうしていくかというのが課題かなと思っているんですが、やはり住宅都市という基本路線は変わらない中で、それこそ既存の法人とかいうようなところにただ歳入の確保策を見出すというのも難しいのかなというところも思うんですね。ですから、これから我孫子市に適したような本当に歳入の確保策、法人にしてもその辺を十分に検討していただかないと、自立したまちとして我孫子市はやっていけないのかなと思っておりますので、御検討をお願いします。 ○委員長(松島洋君) ほかにありませんか。  暫時休憩いたします。      午後3時29分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後3時30分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◆委員(鈴木美恵子君) 54ページ、住宅使用料について伺います。これは市営住宅なんだろうというふうに思いますが、この滞納繰り越し分について501万8,000円計上しておりますけれども、現在滞納世帯というのは何世帯ぐらいあるのでしょうか。 ◎住宅課長(津谷豪君) 今年の2月末現在の滞納世帯数は60名おります。 ◆委員(鈴木美恵子君) この60名の方々の滞納繰り越し分について今後徴収努力をされていくわけですが、これは実際には大丈夫といいますか、その生活とのバランスなんだと思いますけれども、それについては大丈夫と見込んでのこの501万8,000円なんだろうというふうに思いますが、現状はどうなんでしょうか。 ◎住宅課長(津谷豪君) まず、滞納整理の方法としましては、現年分で1ヵ月分滞納しますと、督促状を送付します。それでも滞納されている方、3ヵ月になりますと、直接お住まいの方に行って督促したり、あるいはこちらに来て督促指導して、家庭の収入の状況に応じて納付計画書をつくっていくんですけれども、なかなかこちらの思うとおりには進みませんが、これが徴収の決め手だというのがなかなかないものですけれども、とにかく足しげく通って地道に督促をする、それが最良の方法だというふうに考えています。 ◆委員(鈴木美恵子君) 確かにそうなんですが、かなりこれは生活とのバランスの中で非常に難しい状況なんだろうというふうに思います。担当としては、やっぱり徴収に全力を挙げるとしか、それは答えようがないんだろうと思いますが、生活指導の部分できちんとやっぱりしていってあげないと、徴収だけが前面に出て働きかけていくということになりますと、かなり難しいし、住民の皆さんも大変な場合もあろうかと思いますので、是非そこら辺は福祉との連携をよくとっていただいて、個別の生活指導をきちっとしてあげていただいた中で、徴収に当たっていただくというような配慮を是非お願いしたいと思います。 ◎住宅課長(津谷豪君) 私も夜間徴収に何回か行っているんですけれども、直接担当する職員も、やはり相手の生活状況を十分聞きながら、話のできるような状態で一生懸命努力をしています。そのような形で今後もきちんと徴収努力を続けていきたいと思っています。 ◆委員(内田美恵子君) 予算書の43ページ、44ページ、それから75ページぐらいをあけていただいて、予算総額と市債について関連してちょっとやってしまっていいですか。  ここ5年間の当初予算を見ますと、借りかえ債のために大幅な前年度よりも上回った16年度以外は、対前年度を下回った予算をこのごろとってきたと思いますけれども、平成19年度予算においては、先ほども御説明ありましたように、対前年度比2.9%の増、8億8,900万円の増というふうになっておりますけれども、予算編成方針を見せていただいたときに、当初6億9,000万円の財源不足というふうに大変厳しい財政状況だったと思いますが、そんな中で前年度より増額予算になったという一番大きな要因をお聞かせください。
    ◎財政担当主幹(十文字栄一君) それでは歳出の方でちょっと御説明いたしますけれども、特に大きな伸びを示したというのは、款で言えば民生費と土木費と公債費、この3つが大きな要因として挙げることができます。  民生費については、御承知のように扶助費が年々伸びておりまして、19年度におきましても民生費で100億円を超えるという大きな伸びを示したということでございます。  それから、土木費については普通建設事業が伸びておりますけれども、これも全体というわけじゃなくて、先ほどもちょっと説明いたしましたけれども、高野山のまちづくり、これが公園用地の買収費で7億円かかるということで、前年よりも4.9億円ほど伸びている。その影響によって土木費が大きく伸びたということ。  それから、もう1つの要因が公債費でございますけれども、公債費の中で元金の償還金、これが約1億5,000万円ほど伸びています。これは平成15年度に、臨時財政対策債というものが、大きい額を借り入れたんですね。約24億円ほど借り入れいたしました。それが据え置き期間というのが終了いたしまして、19年度からは元金の償還が始まる。そのために1億5,000万円程度伸びてしまった。この3つの大きな要因として挙げることができます。 ○委員長(松島洋君) 歳入でありますので、余り個々の問題に入ってきますと違うところに入っていってしまいますので、総括のときにそれらをひっくるめてうまく質問をしてください。 ◆委員(鈴木美恵子君) 同じく市債についてお尋ねをいたします。この新年度では市債を30億540万円計上しております。必ずしも市債について悪いということではなくて、借り入れと償還のバランスの問題で、上手にバランスをとりながら運用していくのが上手な市政運営なんだろうと思いますから、その市債の額が多いとか少ないとかということなのではないのですが、予算説明資料の14ページのところをちょっと見てみますと、借り入れとそれから元金償還のバランスですね、大体ほとんどバランスよく推移しているのですが、年々微増を、若干ずつ若干ずつ微増をしていっているという傾向にあります。  一般会計ですからほかの方には触りませんが、一般会計ベースで283億185万5,000円の年度末の残高ということになってきます。そうすると、この30億540万円の今回の市債の借り入れでありますが、1人が抱えていくその借金の金額ですね、これがこの当初のベースでどのくらいになるのか、ちょっとそこら辺についてお教えください。 ◎財政担当主幹(十文字栄一君) 申し訳ありませんけれども、1人当たりの借金残高というのは、ちょっと今は手元にございません。ただ、言えることは、私ども行革の市民推進委員会から提言を受けまして、その中で目標値というものを、3ヵ年平均ですけれども、15億円程度に抑えようというふうにやっているんです。それは特例債というものを除いて、15億円と設定しているんですけれども、今回市債の借り入れは30億円を超えております。その中で特例債というのは、この7番に臨時財政対策債というものがありますから、それを除きますと19億540万円。これは平均値より伸びているというふうになりますけれども、実は18年度は、通常債というのは初め14億2,800万円ほど予定しておりました。でも、実際事業で繰り越しになったりできなかったものというのは多数ありましたので、今現在で約10億円程度の借り入れになると思っていますので、それを合わせますと平均的な、15億円という線は今のところは守られているという、そのように思っています。  それから、残高ですけれども、ピークの予想としては、20年あたりがピークになるのかなというふうに見ています、現在高がですね。償還は2〜3年ちょっと遅れますけれども、ですからピークの20年度を超えれば、よほど大きな事業の起債、借りない限りは年々下がっていくだろうという、そういう試算はしております。 ○委員長(松島洋君) ほかにありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(松島洋君) ないようですので、歳入を保留いたします。  暫時休憩いたします。      午後3時40分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後3時59分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。  これより、歳出等について当局の説明を求めます。      (この後、財政担当主幹より説明された) ○委員長(松島洋君) 以上で説明は終わりました。これより歳出等について質疑を許しますが、質疑は款別に順次行います。また、市政に対する質問につきましては各款別の審査に含めて発言を許します。  これより歳出のうち総務費について許すわけでありますけれども、総務費は非常にボリュームが多いので、項1総務管理費について質疑を許します。ページでいきますと、総務管理費は99ページまでであります。99ページまでと99ページ以降の2つに分けて質疑を許します。 ◆委員(勝部裕史君) では、ページでいえば78ページ、下の段、目でいうと2番ですか、人事管理費の中の特別職報酬等審議会委員報酬についてお聞きします。この額面そのものは人数によって1人幾らですから、この額面でもちろん構わないと思いますけれども、たしか今回また人員を新たに集まったのかな、この間1回、特別報酬審議会もあったと思いますけれども、まずこの10名のメンバーの方のいわゆる専門性というんですか、どの程度担保されているのかをお聞かせください。 ◎総務課長(高橋俊明君) 10名の方なんですけれども、公募の委員の方もいらっしゃいますけれども、専門性ということで各団体の役員の方ですとか、あとは大学の事務長の方ですとか、そういった各種団体、そういった役職の方を一応お願いをしております。 ◆委員(勝部裕史君) 学識経験者、各種団体代表、そして市民公募委員という大体大まかな構成だと思いますが、学識経験者、例えば研究者であったりどこかの大学の先生だったり、何かの専門なんでしょうけれども、この特別職の報酬を審議する上での専門性というのはきちんと担保されていますか。 ◎総務課長(高橋俊明君) 学識経験者といっても、こういった報酬等の専門家ということではございませんので、一般的にそういう、ある程度の価値判断ですとかそういった常識的な知識を持っている方ということで考えております。 ◆委員(勝部裕史君) 一般市民の公募の方々は、むしろそういう変に専門的な知識を持っていない人で、いい意味で素人目でその報酬が妥当なのか妥当じゃないのか判断するのはすごくいいことだと思います。裁判員制度とかね。素人が入ることでむしろいい判断ができる場合もありますが、学識経験者であったり各種団体の方まで皆さんその専門がないとなると、ちょっとこれは問題だと思うんですね。報酬ということは、いわゆるその仕事に対してどれぐらいの金額が妥当なのかということを、感情論ではなくてきちんとした基準で話し合える人を選んでおかなければいけないと思うんですが、いかがですか。 ◎総務課長(高橋俊明君) そういう意味でいえば、当然公務員の場合民間の賃金とかそういった報酬が基礎になりますので、そういった民間のそこで働いている方または役員の方ですから、その団体なり民間の会社の賃金体系とか報酬体系はよく知っているということで、民間並みの常識をもって審議をしていただくということだと思います。 ◆委員(勝部裕史君) 民間の基準と多分こういう、いわゆる特別職ですから普通の人とは違うんですよね、やっぱり。別に偉いとかそういう意味じゃないですよ。普通の職業とはまたちょっと違う職業ですので、単純に民間の給与レベルの考え方で審議されてしまうと、ちょっと違うところがあるのかなと。例えば私も何度かこの報酬審議会を傍聴させていただきましたが、こういう質疑もありました。そもそも水道局の局長さんが何で給料をもらっているんですかと。そういったことまで審議委員の方が、素朴な質問は結構なんですけれども、ある程度レクチャーを受けるか、もしくはある程度きちんとした、いわゆる知識を持った上で報酬のことを審議していただかないと、いわゆる公務員は、議員は、民間に比べてぬるま湯につかっているんだから下げられるだけ下げればいいんだ、結局そういう議論になっちゃうんですよ、最後。現にそうでした。私が傍聴している限りにおいて。水道局長が何でわざわざ給料をもらっているのと。公営企業法をただ御存じないだけですよね、そんなのは。感情論でやっていい部分と、きちんとした理屈に基づいて話をしていただかないといけないということもありますので、審議公募委員はもちろん市民感情でも構いません、素人の目で本当に議員がこれだけもらっていいのか、市長がこれだけもらっていいのか、素直にいろいろ考えていただいて結構です。ただし学識経験者、それから各種団体の方々までそういう素人のようなことを言われてしまうとちょっと困っちゃいますので、そこら辺きちんと、もし今更メンバーをかえられないのであれば、きっちり研修していただけませんか、彼らを。 ◎総務課長(高橋俊明君) その辺は事務局の方でしっかりサポートして、近隣の状況ですとか、そういうものは常日ごろから各委員さんの方にはお示しして、きちんと正しい判断ができるようにしていきたいというふうに考えております。 ◆委員(早川真君) 関連で質問させてください。先ほど学識経験者というのが各種団体とか言われていたんですけれども、その各種団体というのはどんなものですか、教えてください。 ◎総務課長(高橋俊明君) 各種団体といいますと、先ほど言った大学の事務長さんですとか、あと金融関係の理事長さんですとか、あとは市民団体の方、そういう方を選んでおります。 ◆委員(早川真君) もう少し具体的に教えていただけますか。 ◎総務課長(高橋俊明君) 具体的に、それ以上具体的というと……、ちょっと休憩よろしいですか。 ○委員長(松島洋君) 暫時休憩いたします。      午後4時37分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後4時43分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◎総務課長(高橋俊明君) それでは具体的にお答えをいたします。そういった公共的団体の代表ということでJA東葛ふたばの会長、こもれびまちづくり協議会の代表職務代理者、あと社会教育団体、中央学院大学、それから社会福祉協議会の委員さん、あと我孫子市商工会のメンバーということで、公共的団体等の代表者ということで選んでおります。 ◆委員(鈴木美恵子君) 86ページの自動体外式除細動器購入費214万円についてお尋ねをいたします。これは新たに増設されるのだろうと思いますが、どこに何台設置されていくのか、具体的にお教えください。 ◎管財課長(丹羽健一君) 19年度で市民プラザ、西部福祉センター、湖北台図書館、鳥博の4ヵ所を予定しております。 ◆委員(鈴木美恵子君) これにつきましては、総合的な整備計画等は持っている中での4ヵ所の選定なのか、それとも全くそういうことではなく4ヵ所を選んだのか、それはどういうことになっているんでしょうか。 ◎管財課長(丹羽健一君) 管財課担当としては、公共的施設の中の整備ということで、18年度、19年度2ヵ年間で事業を進めております。18年度は市役所ほか5ヵ所というようなことで考えておりました。ただ、予定していた中でその事業者が設置した場所とか、それから例えば保健センターなどについては寄附をいただいたということがありますので、それらは除外しております。 ◆委員(鈴木美恵子君) ということは、18年度、19年度で主な公共施設についてはこれですべて設置は終わったということでよろしいんでしょうか。 ◎管財課長(丹羽健一君) 管財課で進めている公共施設についてはそのようなことで考えておりますが、このほか例えば近隣センターとか学校などについては、それぞれの所管でということで進めているというふうに聞いております。 ◆委員(鈴木美恵子君) そういたしますと、それぞれの所管で今後設置されていくということになると、全体的なそういう設置状況掌握というのは市としてどこかが掌握していくということになるんでしょうか。 ◎管財課長(丹羽健一君) 消防署がすべて、今まででどこに設置したとか、どういう形で設置されているか、講習を受けるとかについて、すべて掌握しております。 ◆委員(鈴木美恵子君) 消防の中では、救急ということに対応するためのそういった市内全体の設置計画みたいなものは最終的には持っているのですか。それとも全くその都度その都度の掌握という形になっていくんでしょうか。理想的にはやっぱりすべての施設に一日も早く設置していくことが望ましいんだと思いますが、例えば何年度までには全部完了する方向で推進するとかという、そういう方向性というのは全くないままに、その年その年でやれる範囲で進めていくという形で今後も取り組まれていかれるのか、その方向性だけちょっとお尋ねをしておきます。 ◎管財課長(丹羽健一君) 今言った具体的に何年度にどこどこということまで具体的にはされていないのかもしれないんですが、消防の方でそれらの計画がございまして、それらに沿って私たちも進めてきたというふうに考えております。 ◆委員(管剛文君) 予算書は93ページですね。説明資料の方がわかりやすいので、説明資料の21ページ、防災カードについてお尋ねします。この防災カードが、この文面を読む限り、市民の方が身近に携帯して持ってもらえるようなカードが本当にできるのかなと。何かすぐ捨てられてしまうんじゃないかなという懸念をしているんですけれども、これはどのような内容になるのか、お教えいただけますでしょうか。 ◎市民安全室長(國分幹夫君) この防災カードにつきましては、仮称を持っておりまして、「私の防災カード」という形でつくりたいと考えておりまして、具体的な内容でございますが、これにつきましては私どもいろいろな形で検討いたしまして、やはり常に携帯できる形で大きさというものを配慮いたしました。それと併せまして、近隣から、あるいは全国こういうものをつくられているところ、そういった情報も集めまして精査いたしました。具体的な内容といたしましては、確かにいろいろな情報がございます。  うちの方では今、市民安全室では防災マップ、あるいはハザードという形のマップ的なものも取り込んでいますが、やはり皆さんが常に携帯していざというときに役立っていただこうというために、必要な情報ということで、まずは氏名、住所、電話番号、あるいは生年月日、性別、あるいは血液型、あと既往症ですね、あと常備薬だとか、お薬の関係ももし書いていただけるならばということで、その小さい中だけですけれどどうしても必要な情報を厳選いたしまして、できるならば中にちょっと写真を張れるようなスペースを設けまして設定をしたいなと考えております。あるいは、内容的に家族、親戚、友達などの連絡先及び困ったときの連絡先ということでライフライン関係、例えば市役所、警察、消防、ライフラインのガス、電気、水道ですね、その辺もちょっとうちの方から番号を記載して、それもちょっと入れ込みたいなと考えています。  あと、やはり内容的に一番私どもで懸念しているのは、やはり災害というのはまず起こらないなというそういうふうにまだお思いの人がおられるということがありますので、やはり日ごろから家族の集まる場所、私の住まいの近くに避難場所があるんだろうかということで、その1つだけではなくて、複数形でそこを家族の皆さんで話し合って記載していただきたいなというふうに考えております。  以上が防災カードの内容でございますが、ちょっと補足になってしまいますが、これは内容的にはちょっと検討しているところで、まだ正式に決まったわけではございませんが、地震から身を守るということで、時間ごとの行動、あるいは初動体制、そういったものもわかりやすくちょっと入れ込みたいなと考えております。 ◆委員(管剛文君) もう計画されてしまっているようであれなんですけれども、これは1つの提案なんですけれども、例えば小さな小学生なんかは漢字は読めませんね。そういう人用につくらなければいけないなと。あと、例えば高齢者だと目が老眼で眼鏡をかけなければ見えない人は字を大きくしなければいけないなとか、あと例えばひとり暮らしの人は、もし地震が起きたというときには誰かに連絡したいなというような、人によって防災カードで何を行動するかという行動パターンがみんな違うと思うんですよ。それを一律市民、小学生、就学前の児童を除く全市民が同じカードというのは、何かあり得ないように思うんですけれど、もし変えられるようでしたらば細かくニーズというか、対象者に合わせた内容に、できるならしていただきたいなと。そうしないと、身近に携帯して持っているというふうなカードにならないんじゃないかなと思うんですね。すぐ捨てられてしまいそうな気がするので、せっかくつくるカードなので是非ちょっと検討していただきたいと思いますが、いかがでしょうか。 ◎市民安全室長(國分幹夫君) 今委員御指摘のように、子供さんから大人までいろいろな年齢幅がございます。ただ私どもが今検討しておりますのは、当然このカードにおきましてはわかりやすく、しかも極力漢字を使わずに、振り仮名も入れて、できることなら外国人の方も配慮してネームとアドレスというのはちょっと英語で入れまして、やはり小学生以上を対象に配りたいと思っていますので、ですから内容的には小学生にもわかるし中学生にもわかる内容のもので基本的な事項、どうしても災害時に必要な事項を厳選して入れていきたいと考えております。  あと工夫といたしましては、雨にぬれても大丈夫のように表面にはコーティング等もかけていきたいなと考えています。 ◆委員(勝部裕史君) 同じ項目で質問をします。一問一答式なので、1つは、先ほどの説明でもありましたとおり、このカードに記載する個人情報というのはかなり細かいですよね。身につけるというふうに書いてありますけれども、具体的にどういう形の身につけ方を想定されているんでしょうか。 ◎市民安全室長(國分幹夫君) この55ミリ掛ける85ミリというサイズは、ちょうど財布等に入るサイズでございます。ですから、財布等あるいは手帳等に入れて携帯しやすい形での大きさを考えております。 ◆委員(勝部裕史君) 大人の方であれば、例えばクレジットカードであるとか、あと免許証であるとか財布に入れているので、同じように入れておけばいいのかなと思いますけれども、今おっしゃったようにお子さんたちですね、子供たちは当たり前のように免許証をどこかに携帯しているというわけではないので、本当に文字どおり身につけるような形でいつも肌身離さず持たせるような何か工夫をしないと、子供だからなくす可能性がすごくあるんですよね。これをなくして誰か知らない人が拾った途端に、これは泥棒に何か自分の住所と連絡先を教えているのと同じですから、何かそういう工夫を一工夫子供のためにした方がいいんじゃないのかなと思いますので、これも1つの提案です。  あと第2点目なんですが、せっかくこういう防災カードを、すばらしいものをつくろうということですので、今はまだきちんとでき上がっていませんけれども、災害だけではなくて国民保護の関係で有事の際のこともありますよね。そこら辺の計画もきちんと立てた上で併せて使えるようなものにした方がいいのかなと思いますが、いかがでしょうか。 ◎市民安全室長(國分幹夫君) 実はこの「私の防災カード」の趣旨につきましては、あくまでも地震を主体に置いて作成するものでございます。確かにいろいろな、例えば水害の問題、台風の問題、地震の問題、いろいろ災害は非常に広範囲に及びますので、この防災カードというのは1つ地震を主眼に内容的に今検討しているものでございます。 ◆委員(勝部裕史君) わかりました。ただ、地震を主眼にというつもりでつくっても、結果的に地震以外の災害でも使えますよね、これは。別に地震に特定しなくてもいいんじゃないかなと思いますので、いずれにしても別に地震に強いカードをつくってください。 ◎市民安全室長(國分幹夫君) 「私の防災カード」ということで、今地震について主体につくり上げると申し上げましたが、やはり災害、すべての自然災害、あるいはそういったものも活用できるように、幅広く活用できるような趣旨で配慮していきたいと考えております。 ◆委員(内田美恵子君) 予算書86ページ、説明資料の18ページ、庁舎耐震補強等改造工事1億2,200万円についてお尋ねします。まず現在の庁舎の耐用年数と築年数をお聞かせください。 ◎管財課長(丹羽健一君) 昭和43年9月につくっておりまして、築38年となっております。(「耐用年数は」と呼ぶ者あり)すみません、耐用年数ですけれども、一般に50〜60年というふうに言われております。税法上の減価償却では一応50年というふうに決まっております。 ◆委員(内田美恵子君) 今回改造工事をすると耐震性がどのぐらい強まるのかということと、それから耐用年数はどのぐらい延びるというか、その辺がわかれば教えてください。 ◎管財課長(丹羽健一君) 耐震性につきましては0.6というのが1つの基準なんですが、耐震工事を行うことによりまして0.72まで上げる予定でおります。それと耐用年数ですが、先ほど何年ぐらいということで申し上げましたが、庁舎のコンクリートの中性化がどのくらい進んでいるかという前に調査をしたことがございます。それによりますと35年ぐらいたっている庁舎の中性化ですと20ミリぐらい中性化が進むだろうということであるんですけれども、我孫子市の幾つかの場所を調査しましたらそれ以下ですので、今後そういう例えば外壁の工事とかいろいろやることによって、耐用年数以上にできるのではないかというふうに考えております。 ◆委員(内田美恵子君) 耐用年数が最初は50〜60年ということだったというんですが、それがどのぐらい延びるかとかいうことはこの工事によっての効果をはかることだと思うんですが、わからないですか。 ◎管財課長補佐(渡辺良宏君) 今回の耐震補強工事につきましては、耐用年数の問題もさることながら、やはり本来の建物として安全性を求めた工事でありますので、必ずしも耐久性を何十年延ばすとかということとは、ちょっと目的が違っております。また建物が本来の強度を持ちましても、設備等につきましては、耐用年数ということを考えればまた別の問題として生じてくるんじゃないかと思われます。 ◆委員(内田美恵子君) 今回の工事が耐用年数よりも耐震性の安全性を担保するものだということなんですが、そうするとこの庁舎、50年ということなんですが、今後庁舎問題に関しては管財課としてはどのような方向性を考えていらっしゃるのか、その辺、以前報告書なんかも出ましたけれども、基金にしても全然積み残しがないと思うんですね。厳しい財政状況ですから、これから10年20年先を考えてみるとすごく大きな問題が出てくると思うんですが、その辺いかがでしょうか。 ◎管財課長(丹羽健一君) 現在の庁舎を耐震性を主にということで改修して今後使っていくということが1つの今方向性として出ているわけですけれども、将来的には今言ったように庁舎についても何十年たった時点ではやっぱり改修していかなくてはならないと思いますが、それにはやっぱりある程度基金等も積み立てしたりしていかなくてはならないというふうに考えています。現時点では具体的に何年後にこういう計画だということは今のところ持ち合わせておりません。 ◆委員(内田美恵子君) 庁舎もそうですが、大きな財源を必要な事業に関しては、やはり長期的なスパンで考えていかないと、とてもこれからはやっていけないと思いますので、是非その辺の視点も持っていただきたいなと思います。 ◎総務部長(中野洋君) ここで耐震性の工事を本庁舎を初めに行いまして、その後議会棟についても行うということですから、最低でも10年以上は十分もつと私は思っていますし、その間に長期的な展望について今後検討していきたいと考えております。 ◆委員(勝部裕史君) 予算書80ページ、行政改革推進の関係で、職員提案報償費10万円ということですが、まず金額についてこの10万円というのは当然提案がされた、そしてその提案をした職員に報償を払うんでしょうけれども、この10万円というのは大体何件ぐらいを想定された費用でしょうか。 ◎総務課長(高橋俊明君) 件数的には100件から200件程度出ればいいなと思うんですけれども、目標は一応50件ということで考えております。失礼、目標は100件ということで考えております。 ◆委員(勝部裕史君) ただちょっと、実際にまだ現状では2005年度でも提案数が6件ということで、なかなかこの目標と現実のギャップというのは大きいとは思うんですが、ただそれはギャップはギャップとして是非100件でも200件でも提案が出るような環境を整えていただければとは思っています。これに関してちょっと提案というか、考え方をお聞きしたいんですが、どうしても職員の提案となると内部の中での話だけになって、我々議会もそうですし、一般市民には全然見えてないところで、ある日どこかで、ある職員が提案をする。ある日、どこかで市民の見えないところでそれが採用されたり採用されなかったりする、ではなくて、それが採用されるか採用されないかは別として、職員からこんな提案がされましたよということをもっと広く公に出して、しかもそれに対してのパブリックコメントを集めるぐらいのことをされたら、提案する職員さんもやる気が出るんじゃないかなと思いますが、いかがでしょうか。 ◎総務課長(高橋俊明君) 現在、庁内報である「かわら版」を通じて、どういう提案があったかということでは庁内的には周知はしているんですけれども、今後そういったホームページ等を通じて、こういった職員の提案が、どのような提案が上がってきたということを市民の方にもお示しをしたいというふうには思っております。 ◆委員(青木宏榮君) 草刈り業務の委託、85ページにありますけれども、ここに記載されているばかりじゃなくて、これは例えば公園だとか全庁的になると、たしか2億円ぐらいの委託料になってくるんじゃないかなと思っているんですけれども、その辺はどうですかね。 ○委員長(松島洋君) 暫時休憩いたします。      午後5時06分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後5時07分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◎総務部長(中野洋君) 確かに草刈り業務は道路課から公園、または我々の管財、または学校関係にも場合によると出てきているかなというふうに思います。そういうことでかなり広範囲な部、課にまたがっていますので、今後その辺の価格等についてどのような積算をしているのか内部的な調査をしていきたいと考えております。 ◆委員(青木宏榮君) それでは、何社ぐらいこの委託業務に携わっている会社というのはあるんですか。 ○委員長(松島洋君) 暫時休憩いたします。      午後5時08分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後5時09分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◆委員(内田美恵子君) 予算書80ページ、行政改革の推進事業についてお尋ねします。市民推進委員の報償費28万円計上されていますけれども、今回市長の施政方針でも4つの柱の1つに行革が挙げられていますけれども、是非分権社会を担う市役所づくりを徹底していただきたいと思いますけれども、現在市民委員会という設置がされておりませんが、今後の開催時期、それからメンバー構成、委員会の目的等についてお聞かせください。 ◎総務部参与(富田佐太郎君) 行革市民推進委員会、実は衣がえを考えていまして、行革委員会という形で立ち上げを今進めようとしています。実は構成メンバーは市民の方とそれから職員が一緒になって行革委員会ということで新しく立ち上げるということで、4月には実際立ち上げに向けて今準備をしているということでございます。目的としては、行革の第3次実施計画についての具体的には進行管理ということを中心になると思いますけれども、その辺については役割を含めてもう少し内部で検討していきたいと思っています。 ◆委員(内田美恵子君) 今衣がえをということなんですが、我孫子市の行革の進め方として、平成8年に第1期の市民委員会が始まってから今まで4期、提案を受けて行政が実施計画をつくりという進め方をしてきたと思うんですが、最初のうちはその形で効果があったのかなと思うんですね。というのは、民間の発想とか視点を提言されて、そのことに従って行政を見直していくということが最初の課題だったかなと思いますが、最近、結局行革課題としてもとても大きな問題、例えば歳入の拡大策だとか、そういう難しくて大きい問題、あるいは構造的な問題が残されてきたのかなと思っているんですが、そういう意味でやはり行革の今までの市民委員会という形を見直す時期かなと思っておりましたので、1つ衣がえをしていただくというのはいいことだろうなと思っているんですが、今提案型公共サービス民営化制度というようなことも導入されてきましたので、今までのように単なる行政内部の行革課題ということだけでは、もうその辺のくくりでは行革という、名前が行政改革という名前を使うとどうしても行政内部の課題というとらえ方をしてしまうのかもしれませんが、もう少しスタンスを大きなくくりでのいわゆる改革、例えば行政の領域だとか行政とは何ぞやとか、その辺の課題をこれからやっていかないと追いついてこないのかなというふうに思うんですが、その辺、行政の内部で検討する場が今ないんですね。提案型のときに審査会というものができていますよね、専門家を含めた。強いて言えばその辺なのかなと思うんですが、今後今までの行革委員会の見直しに当たって、そのような視点を持った議論の場というようなものを考えていただきたいと思うんですが、いかがでしょうか。 ◎総務部参与(富田佐太郎君) 今お話がありましたけれども、1つは今回の実施計画の1つの柱として民営化の推進というものが第1に挙げておりまして、これは実は官民の役割分担がどうなのかということを前提にしているものなんですけれども、その辺を少し新しい行革委員会では徹底できるような取り組みをしていったらどうかなというふうには実は思っていまして、これをそういうことの視点でいろいろ関係するところと内部で詰めていきたいなというふうに思っています。 ◆委員(内田美恵子君) その辺をやるときに1つの考え方としては、提案型民営化制度の審査会あたりとの連携というのも考えていく必要があるのかなと思いますが、いかがでしょうか。 ◎総務部参与(富田佐太郎君) 全く連携ということは考えないということではないんでしょうけれども、ただ第三者機関の評価ということを中心としていますのが提案型の審査委員会ですので、その辺の役割分担はきちんと置きながら、可能な限り、例えば意見交換をするとかそういうことは十分あるかと思いますので、少し検討課題として今後検討していきたいというふうに思います。 ◆委員(早川真君) 予算書の84ページ、財産管理事務運営費、うち入札についてお尋ねいたします。今行革についてもるる質疑が行われておりましたけれども、いろいろな形で工夫したり、それから身を削っていったり、そういういろいろな努力をしても、やはり事業を発注するに当たってそこがざるになっているようでは、なかなかそれはイタチごっこといいますか、非常に効率が悪いということで、ちょっと入札の方が今どうなっているんだろうかということで少し質問したいんですが、昨年の3月の市長の施政方針、市長といいましても前市長になりますが、施政方針で、「電子入札は県内市町村と共同利用するシステムが3月までに完成します。システムの運営は2006年度から我孫子市、松戸市、流山市など7自治体で始まり、2010年度までに26自治体で行います。市では10月までに職員研修や業者に説明を行い、その後建設工事を対象にシステムを執行します。そして2007年度から本格的に活用していきます」ということになっています。まさにこれから本格的に活用されていくということなんですけれども、現状我孫子市はどうなっているのかなということでお尋ねしたいんですが、現在この入札のルールですね、これは一般競争入札をやるんだよと、これは指名競争入札だよと、これは随意契約だよと、そういったものというのはどのようなルールにのっとってやられているのか教えてください。 ◎管財課長(丹羽健一君) 原則的には公募の入札が原則となっております。 ◆委員(早川真君) 原則的には公募という入札ということですけれども、私の方で幾つかちょっと調べたところでは、我孫子市にある入札についての実施要項というのがございますね。これがまず平成17年の5月に公募型競争入札の建設工事の実施要項、17年の2月の段階で建設工事以外の実施要項、それから平成元年に我孫子市委託事務事業の執行の適正化に関する運用要項と、これらに基づいてやられているのかなと思うんですが、昨年の3月の定例会、施政方針演説の中で、2007年度、つまり今度ですね、2007年度から本格的に活用していくということですので、ということになると、今まであるこのルールというのは、すべて昨年の施政方針演説よりも前にできているルールなんですね。これらを受けて、これから本格的に電子入札というのを導入していくんだということで、この1年間で新たに何かルールみたいなものは内部できちんと持ってやられたんでしょうか。
    ◎管財課長補佐(枝村潤君) 電子入札は当初は平成18年に10件ぐらいやりたいなというふうに予定しておりましたけれども、協議会の方のいろいろな調整がありましたので、やっとこの2月に模擬入札を行うことができました。本格的な電子入札は今年、平成19年の6月以降、建設工事を中心にやっていきたいというふうに考えております。 ◆委員(早川真君) わかりました。それでは、ちょっと今後の指標にしたいと思いますので、参考に今年度、新年度じゃなくて平成18年度の工事、それから工事以外の状況、この要項には、建設工事の実施要項には、例えば工事の方だったら軽微な建設工事には130万円以上500万円未満は有資格者のうち一般建設業許可を有する市内建設業者とか、それから小規模建設とか中規模建設、大規模建設とかいろいろ規定がされていますよね。それから、工事以外のというところでも、500万円未満は5社以上、500万円以上から1,000万円未満は6社以上、1,000万円以上5,000万円未満は7社以上とか区分けされていると。それでは、平成18年度の様々な公共工事、それからそれに伴う工事以外、つまり設計だとかもありますよね。公共工事については1,000万円以上、公共工事以外のものについては500万円以上で、入札状況が一般競争になったのか、指名競争だったのか、随意契約だったのか、その資料を出していただきたいと思います。よろしくお願いします。 ◎管財課長補佐(枝村潤君) 資料を作成してお出ししたいというふうに思っております。 ◆委員(鈴木美恵子君) 先ほど青木委員から草刈り委託について質問があったときと同じような状況になってしまうのかわかりません。どこに質問をして答えていただいたらいいのかというのがちょっとよくわからないのですが、恐らく管財になるんだろうと思います。財産管理の問題になりますから。第2次行政改革指針第3次実施計画の中で出されております公共施設維持管理の効率化について、2007年度全体的に見直しを図るというふうになっております。それぞれにその管理運営費、維持管理費、それぞれが計上しているわけですね。これは管財にかかわることだけではなくて、各担当課のところそれぞれに上がっておりますから、全体的なものになると答えられないのかもしれませんが、その公共施設の維持管理の効率化について、2007年度見直しを図っていく、この推進についてはどこがどのように行っていかれるのか、具体的にお答えください。 ◎総務部参与(富田佐太郎君) 実はここで出ていますのは、すべての公共施設の管理を一括でするというそういう意味ではなくて、実は今回の提案型公共サービスの中で団体から提案があった内容を今後検討していくということで載せているものです。それはどういうことかといいますと、今まで例えば庁舎の管理をする場合に、例えば清掃、警備、受付とかそういうのを個別契約で発注をしていますけれども、実は今回の提案の中でそれをまとめて一括で請け負うという、そういう提案がありました。そういうことの中の評価として、それは可能ならば是非導入すべきだというそういう結果が出ました。ただし、そういった場合にいろいろ諸問題、例えばまとめてやるということになれば、どうしても大手企業が強いというようなことも十分心配されますので、その辺の行政側としての考え方をまず整理する必要があるのではないかということでここに載せてあります。基本的にはそれぞれ部署、それぞれの公共施設、幾つも管理している部署がありますので、そこの関係者とまとまって、例えば検討委員会的なものをつくって、その可能性について今後協議をしていくということになります。ですから、そういうことになれば管財課ということが中心になって今後進めていくということで考えています。 ○委員長(松島洋君) 先ほどの青木委員の質問について答弁を求めます。 ◎管財課長補佐(枝村潤君) 業者登録という形では公園等除草樹木管理業務委託、こういった業種がございまして、こちらに登録している業者は全部で49社あります。うち市内業者扱いとなりますのは16社ということになっております。 ◆委員(青木宏榮君) なぜこの草刈りの委託業務を聞いたかといいますと、だんだん少子高齢化で公園自体で遊ぶ子供たちも少なくなってくると思うんですね、これからも。その中で、昔はそれこそ自治会でも出て勤労奉仕というか、ボランティアでやったりしたものですけれど、だんだんやっぱり高齢化してきているものだからできなくなってくると思うんですよね。だからますますそういうので草刈り業務なんていうのもお金がかかってくるんじゃないかなと思っております。そういう意味で、夕張みたいには我孫子はならないと思うけれども、やっぱりいろいろかかるこういう歳出の面で圧縮していかないといけないんじゃないかなと思っているので言ったんですけれど、答えはいいです。 ○委員長(松島洋君) 暫時休憩いたします。      午後5時24分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後5時27分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◆委員(管剛文君) 資料の20ページで、JOBANアートライン協議会のことで、これはイメージなんですけれど、大変期待しておもしろそうな協議会だなと思っていまして、ただ5万円という金額でこれだけの自治体が参加して大きなイベントにつなげられるのかなという疑問をちょっと持っています。現在ホームページ等で情報の共有ということの活動をされているのはわかるんですけど、アートライン協議会、多分取手市が呼びかけをしたと思うんですが、最終的に目指すような夢みたいな、それに賛同してこの10団体が参加されたと思うんですけれども、最終的にはどういう形を目指して発展させていこうとしているのか、お聞かせいただけますでしょうか。 ◎企画調整担当主幹(山根雄二君) 実は協議会規約の中でも途中の見直しをやっていこうということで、まだどういうイメージというのはございませんけれども、会則の中では常磐線沿線のイメージアップと沿線の自治体の活性化を図ることをまず目的にしようと。これは恐らく会則をごらんになっていただいているので御存じだと思いますけれども、それをアートを基調として沿線情報の共有とか連携強化、環境の整備を行っていこうと。それによって沿線内外の情報発信力の強化をつけるということ、それによって交流人口の拡大を目指していこうということ、これは会則で述べていることで繰り返しになってしまいますけれども、そういうイメージでございます。  18年度に発足しましたので、18年度は予算がございませんでした。19年度については調査研究、イベントの普及、啓発、それから資料の収集、情報交換ということをやっていこうということで、具体的にはアートラインボードを各駅に設置をしていこうと。これは8駅を今考えていますけれども、これはまだ事務レベルで総会に諮っておりませんけれども。それから、やはり沿線住民の人たちに関心を持っていただこうということで、ロゴの作成をしてポスター、チラシに活用していこうというような事務レベルでの話の中で、5万円ぐらいの負担はやむを得ないだろうというようなところで話し合っています。 ◆委員(管剛文君) そうしますと、具体的には19年度は5万円で今のお話の事業だけということで、例えばアートライン月間というようなものを設定しようとしている中で、例えばその中で我孫子市としてこういう事業というか、イベントをしていこうみたいなことは今のところ考えられていないということでよろしいんでしょうか。 ◎企画調整担当主幹(山根雄二君) これは企画だけではとてもできない話で、実は本当は教育委員会文化課等々と密接な連携をとりながらというところなんですけれども、まだ教育委員会と具体的な話を詰めていない段階というか、同じテーブルでまだ話ができていない段階でございます。 ◆委員(早川真君) 予算書の90ページ、防犯事業の、まずちょっと用語から入りたいと思っているんですけれども、生活安全パトロール車リース料というものがございますよね。今たしか1台でしたかね、稼動しているのが。非常に今市民の防犯の意識というのが高まっていて、例えば布佐平和台の自治会なんかを代表されるように、市民の防犯パトロールというのも全市的に広がってきています。それから、例えば今はどこでも大体自転車を見ると、自転車のかごに「防犯パトロール中」というものが掲示されていたりとかで、非常に防犯の意識が高まっているんだなと思うんですね。それで今、交番なんかに1台なので置いてあるということですけれども、今非常に防犯意識も高まっているし、様々な自治会なんかでも是非利用したいということもあるかと思いますので、今後限られた予算、厳しいですけれども、何か方法で、増台というんですか、そういったことができれば今後考えていっていただきたいなということが要望で、あと場所についても今は交番ということですけれども、例えば各自治会とか、それから地域のコミュニティということを考えると近隣センターとか、そういったところで置けるような態勢をとっていっていただければいいなというのがまず要望なんです。  質問というのは、近隣センターのことなんですけれども、すみません、1つということで無理無理な言い方になっていますが、我孫子の北区域の近隣センターについてです。これは御説明いただいたとおり我孫子市で初めて分散型ということで、国道6号より北側にメーン館ができて、そして国道6号より向こう、今あるつくし野のところに分散型でもう1つできるという形なんですけれども、ただちょっと気になるのが、これは地域の要望で分散型になったということなので、これはこれでやむを得ないのかなと思っているんですが、気になるのがまち協ですね、今準備会ですけれども、まち協が今後どういう形になっていくんだろうかというのが非常に気になるんです。ですので、準備会の今の状況というんですか、きちんと2つが1つになって、変にメーン館とサブ館のような形でいろいろな施設なんかも引っ張り合いとかにならなければいいなと思っているんですけれど、今まち協設立に向けて準備会の中がどのような状況なのか、ちょっと御説明ください。 ◎市民活動支援課長(青木章君) 分散型につきましてはいろいろな理由からなりまして、そのこと自体はちょっと今御質問にはなかったと思いますが、私どもから分散型を提案する条件の1つとしまして、まち協は1つでコミュニティとしては1つにまとまるということは1つの条件として提示をさせていただいております。それで今の現状は、19年度は基本設計に入るものですから、いわゆる建設委員会というのを立ち上げるという今準備をお願いしておりまして、今度の日曜日もまた会議をやるんですが、やはりそれも含めて1つということで話し合いを進めていただくというようなことで、これは確認できていることでございます。 ◆委員(早川真君) 確認できているということで少し安心したんですけれども、今後2ヵ所できた段階で、それぞれの地域の皆さんが、どうしたって利用しやすいのは近くのところ、国道6号という大きな道路で分断されちゃっていますからね、近くのところを利用することが多くなると思うんですよ。そこで皆さんが熱心に地域活動をやればやるほど、文化活動をやればやるほど、それぞれのところでコミュニティが構築されてきちゃって、将来万が一2つの、まち協が分裂という言い方は変ですけれども、それぞれのまちづくり協議会みたいな形の要望が出てくると、これはちょっとまずいなと思っているもので、その辺十分気をつけていただいて、今後地域の皆さんと本当に課長がおっしゃられたように1つに活動が充実していくように頑張ってやっていただきたいと思います。以上、お答えをお願いします。 ◎市民活動支援課長(青木章君) まち協が1つになるということも既に確認事項でしっかりと確認はしておりますし、施設をつくるときの機能ですけれども、それもできるだけ重複は避ける。会議室などは両方にできるというのはこれはいたし方ないとは思っておるんですが、例えば調理実習室などを両方に設けるとかということで、完全に2館構想のようにはならないということを地元とも確認し合って今進めておりますので、十分その辺は注意をしながら1つのコミュニティとして立ち上がるようにしていきたいというふうに思っています。 ◆委員(鈴木美恵子君) ページ数では97ページですね、起業のための研修等助成金についてお尋ねをいたします。ただいま資料として要項を配付していただきました。この要項を見させていただきましたけれども、中身についてはかなり柔軟なものになっているのかなという感じがいたします。このものについて悪いと言っているわけじゃなくて、こういうことは積極的にやった方がいいと思いながらの質問ですので誤解をしないように聞いていただきたいと思うんですが、我孫子市で起業をしようとする人に対し、その研修費の2分の1を補助するということになっております。この我孫子市内で起業しようと思う人たちというのは、これからリターンされてくる方々にとっては、夢を持ってやっていこうという考え方の方がたくさんいらっしゃるんだろうと思いますが、我孫子市内で起業をしようと思っていてもなかなか起業につながらないというのが現状の中で、それを積極的にサポートしようということなんだろうと思うんですが、これは結果的に起業につながらなくても、それはもう大いにいいという考え方の中で実施される事業なんでしょうか。まずそれをお伺いいたします。 ◎市民活動支援課長補佐(杉山敦彦君) 結果的に起業につながるかつながらないか、これは御本人の努力と周りのサポートということになろうかと思います。当面この要項に基づきまして、まず起業の意欲を持った方、まず研修を受けていただく、起業に向かって挑戦していただくということを率先してやっていきたいというふうに考えております。 ◆委員(鈴木美恵子君) 年間2万円を限度にするというふうになっておりますけれども、例えば何年間のうちに起業できなかった場合はもうそこで終わりですよとかという制限はなく、無制限に、そういう夢を持たれている方についてはずっと永遠に支援していくという考え方でよろしいんでしょうか。 ◎市民活動支援課長補佐(杉山敦彦君) もちろん考え方としてはそうなりますが、永遠にというところが、税金を使ってどこまでということにもつながると思いますので、その辺は十分考えた中で、むしろ1人年間2万円という限度額の設定をしてございますので、一度受けた方につきましては更なるレベルアップ、そういったものを中心にしていただくとか、それから商工会とも連携した中での周りのサポートというものも充実してやっていきたいというふうに考えております。 ◆委員(鈴木美恵子君) 研修内容については非常に幅広く考えられるんだろうというふうに思います。全国どこでやる研修に対してもいいのだろうというふうに思いますし、どんな内容のものでもいいのだろうと思いますが、ここに出てくるのは市長判断なんですね、それが。それについては具体的にこういうものというのは規定せず、あくまでも市長判断で判断していくという考え方でしょうか。 ◎市民活動支援課長補佐(杉山敦彦君) 現実的には私どもがその申請をお受けするという中で、必ず出たい研修の要項ですとか、そういったものをお持ちをいただく。それで、終了したというあかしを持ってきていただいた方に交付するという仕組みのもので考えております。 ◆委員(鈴木美恵子君) ということは、担当の資料なりパンフレットなりその中身を見た感じで担当の方が判断をしていくという考え方でよろしいのでしょうか。 ◎市民活動支援課長補佐(杉山敦彦君) はい、そのとおりでございます。 ◆委員(勝部裕史君) ページでいうと93ページ、国民保護対策事業について、予算でいえば2万8,000円となっておりますが、国民保護計画を策定するこの時期なんですが、この2万8,000円というのはどういうような活動を想定した金額でしょうか。 ◎市民安全室長(國分幹夫君) この2万8,000円につきましては普通旅費ということで、県との事務の連絡調整の旅費と、あと消耗品という形の中で19年度作成を検討しております国民保護計画に基づく避難要領パターンの作成の用紙代という形でございます。 ◆委員(勝部裕史君) 今お聞きした内容であれば、あらかじめ何かできているものを事務的に処理するための、もうほとんど事務処理費用だと思うんですね。ただあくまでもこれ、国民保護とはいっても我孫子市に滞在している人、我孫子市にたまたまそこにいる人も含めて、我孫子市が結局やることになるわけですから、我孫子市独自の何か調査研究をきちんとやっておいた方がよろしいんじゃないかなと思います。となると、2万8,000円でいわゆる連絡調整費と印刷するための用紙のお金だけだと、多分ちょっと足りないんじゃないかなと思うんです。 ◎市民安全室長(國分幹夫君) 実はこの国民保護計画に基づく避難要領のパターンにつきましては、当然これは中身を精査して庁内の関係各課、従前国民保護計画をつくるときもワーキンググループを立ち上げましてみんなで検討してきたんですが、当然避難要領のパターンの作成においても、中身的な内容につきましては、関係各課の職員等々と十分協議をしていきたいと考えております。 ◆委員(勝部裕史君) この予算書に載せる載せないはちょっとまた時期があるでしょうからあれですが、どこかタイミングを見計らっていわゆる有事の際の復旧支援基金であるとか、それのための何か財源をきちんと確保しておいた方がいいんじゃないかなと思うんですが、そういう検討はされていますか。 ◎市民安全室長(國分幹夫君) この国民保護法に関連する事業につきましては、当然国・県の指導のもとに私どもは事務を進めております。ですから、その点、内容充実等々につきましても県と十分協議して指導を仰ぎながら調整していきたいと考えております。 ◆委員(勝部裕史君) もちろん国や県との調整を中心に進めていかなければいけないと思うんですが、では国と県が何か武力攻撃があった際の被害ですね、被害に遭った市民の方々の例えば財産の損失であるとかといったことを何かで補てんしてもらえるんでしょうか。 ◎市民安全室長(國分幹夫君) その補てんにつきましては、市の国民保護計画の中で明記しているところでございます。 ◆委員(勝部裕史君) と普通の人は思っちゃうんですが、実は明記されてないんですよ。ここで明記されているのは、あくまでも国民保護法に基づいた施設の提供であるとか、移動による出た損失ですよね、つまり国民保護法に基づいて国から要請を受けた人に対しては復旧等を含めて損失が補てんされるんです。でもここで出されている例えば想定されている武力攻撃というのは、空からの爆撃であるとか、テロやゲリラによるいろいろな核攻撃、それから生物兵器使用等すべて含まれていますので、そういったことに対して別に国に要請されて家を明け渡したわけではないけれども、その攻撃によって壊されてしまった家は誰が損失を補てんしてくれるんですか。 ◎市民安全室長(國分幹夫君) ただいま委員から御指摘のありました点につきましても、実はこれは1市だけの問題ではございません。当然広域的なそういう武力攻撃災害というものでございますので、十分これは行動につきましても近隣との連携が当然必要でございますし、今の被害に遭われた方、あるいは被災された方のその被災の救助等々につきましても、当然関係機関と私どもは連携を図りながら動くというスタンスでございますので、御意見を今いただきましたが、その辺につきましても十分県と連携を図りながら調整していきたいと考えております。 ◆委員(勝部裕史君) これで最後にしますが、少なくとも今我々に出されている国民保護計画案では、それが一切明記されていませんので、まずそれをきちんと明記した上で県の方と調整をしないと、これはあくまでも国や県に我孫子市がどういう協力体制がとれるのかしか書いてないんですよ。どういう形で連絡をとり合うかとか、どういう形で我孫子市民が場所を提供するのかそれしか書いてなくて、ではその武力攻撃によって被害に遭われた人たちをどうやって救済してくれるのかということは、一切触れてないんですね。それはもう我孫子市としてきちんとこの計画に盛り込んだ上で、国や県ときっちり議論をしていただきたいと思いますが、最後よろしくお願いします。 ◎市民安全室長(國分幹夫君) 市の国民保護計画の策定につきましては、あくまでも法の趣旨にのっとりまして県の国民保護計画に基づいて作成するというふうになっておりますので、その趣旨を踏まえまして作成しているというものでございます。何とぞ御理解の方をいただきたいと思います。 ○委員長(松島洋君) 暫時休憩いたします。      午後5時47分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後5時50分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◎市民安全室長(國分幹夫君) 市の国民保護計画の中に損失補償及び損害補償ということで、損失補償につきましては市は国民保護法に基づく形をとりまして、施行令に定める手続等に従い補償を行うという形で明記をしております。 ◆委員(内田美恵子君) 予算書89ページ、説明資料の19ページ、第二次基本計画策定事業770万円についてお尋ねします。策定スケジュールによりますと、昨年の11月から策定作業が進んでいるようですが、進捗状況をお聞かせください。庁内の方です。 ◎企画調整担当主幹(峯岸幹男君) 現在は内部の職員のワーキングを中心に、現況の分析作業、それから第一次基本計画、これの到達点等の整理、それからそれに基づく課題の整理、整理というか抽出ですね、ここまでの作業を本年度中に終わらせるということで進めております。ただボリュームが大きくて、4つの分科会に分けてやっているんですけれども、各分科会は平均で10回程度やっているんですが、まだ少し終わらないというところがありまして、多少ちょっとスケジュールが延びているということが今現在の状況でございます。 ◆委員(内田美恵子君) スケジュールを見ますと一応19年の12月までですね、というふうに計画されているんですが、その辺は何か根拠があるんですか。 ◎企画調整担当主幹(峯岸幹男君) 実は、基本計画そのものもありますけれども、同時並行で第4期の実施計画を策定に入ります。そうしますと、平成20年度の予算に反映させる新たな計画が当然盛り込まれる話になりますので、それは第二次基本計画に裏づけられた事業ということの整理が必要になります。したがいまして、年内中にその予算を計上するに足るだけの基本計画の姿が見えていないとなりませんので、そういうスケジュールでまとめていくということを目標にしております。 ◆委員(内田美恵子君) 財源をこれからは担保していただくということで実施計画なんかもつくられていますので、是非来年度予算に位置づけていただきたいなとは思うんですが、大変な作業だなと思っているんですね。それはそれとして、ここに委託費558万7,000円が計上されているんですが、これはコンサルに委託する委託料というふうに伺っているんですが、庁内で今策定委員会があり、ワーキングチームが4分科会に分かれていて、また今後総合計画審議会が立ち上がる、パブコメもするという中で、このコンサルには何を委託するおつもりでしょうか。 ◎企画調整担当主幹(峯岸幹男君) 基本的には何本かの業務をお願いするということになると思うんですけれども、1つは、御存じと思いますけれども、今回の計画に反映させるために市民意識調査、これを入れる予定をしています。この意識調査の設計ですね、ここは少しそこのノウハウを持った支援をいただこうかなと。まずこれが1つあります。それから、総合計画審議会の運営、議事録等も含めてですね、運営のノウハウ、ここも支援していただこうと思っています。それから、肝心のところの基本構想に基づいて新たなものになりますので、ここの骨子の組み立て・整理、この辺も含めてノウハウを提供いただこうというふうに思っておりまして、基本的にはそういうもろもろの支援をいただこうと思っています。ただ予算がかなり厳しいものですから、すべてこちらの思惑どおりの支援をお願いできるかどうかというのは、ちょっとまだこれからの詰めになると思っております。 ◆委員(内田美恵子君) 今何本かコンサルに委託する事業というのを示していただいたんですが、コンサルに委託するときに、庁内の今策定作業をされているわけですが、その辺との連携、その辺をしっかりしていただかないと、結局現状把握をきちんと今やっていらっしゃるようですから、その辺が次の基本計画に反映されなければ何でもないと思うので、その辺ひとつよろしくお願いしたいなと思うんですが。  それから、ここに報酬112万円とありますが、これは総合計画審議会の報酬だと思うんですが、これはいつ総合計画審議会は設置されるんでしょうか。 ◎企画調整担当主幹(峯岸幹男君) 当初の予定では4月末というふうに考えていたんですが、先ほども御説明申し上げましたように、多少ちょっと作業が遅れているものですから、その遅れ分だけずれ込むのかなというふうに今のところは考えております。 ◆委員(内田美恵子君) それから、この第二次基本計画策定方針というのを読ませていただきますと、この中に、「計画期間中に達成すべきまちづくりの目標を市長のマニフェストの反映を含めて明確に設定します」とありますけれども、この辺、基本構想、それから基本計画、実施計画という総合計画の体系というものがありますよね、まず。それとこの市長のマニフェストとの関係、前に自治基本条例のときにも似た議論があったと思いますが、その辺大変難しいことだと思うんですが、どのようにお考えでしょうか。 ◎企画調整担当主幹(峯岸幹男君) これは少し、議会が終わってすぐ新市長の方と調整する課題だというふうに思っていまして、その策定方針自体、それもこの方針で策定していっていいかという話を、まだ準備段階の作業ですので、そこの確認をまず新市長とさせていただきたいと思っています。そのときにマニフェストという話になりますと、当然マニフェストサイクルを考えて、例えば計画を8年間、今は7年ですけれども8年にして4年で見直しを入れるかとか、そういう話も出てきますので、ですからその辺は改めて理事者と協議をしていきたいというふうに考えています。 ○委員長(松島洋君) 内田委員に申し上げます。最初の約束の話と大分話が発展していっておりますので、もう1回でお願いします。 ◆委員(内田美恵子君) 最後にします。この間自治基本条例が流れてしまいましたので、基本計画を議会の議決案件にということはちょっと今のところ考えられないのかなと思うんですが、今回の基本計画策定に当たって、その辺の検討はされないんでしょうか。その辺をお聞かせください。 ◎企画調整担当主幹(峯岸幹男君) 議決事項の拡大ということなんですけれども、おっしゃられたとおり自治基本条例がああいう形になりましたので、今のところこちらサイドとしては検討は入れておりません。 ○委員長(松島洋君) 暫時休憩いたします。      午後5時56分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後5時57分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。総務費の項1総務管理費について質疑を保留いたします。  暫時休憩いたします。      午後5時58分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後6時10分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。  これより、総務費のうち項2徴税費から項6監査委員費について質疑を許します。 ◆委員(管剛文君) 簡単にですけれども、予算説明資料の26ページ、(仮称)新木行政サービスセンターの設計業務委託について質問いたします。ここに書いてある言葉を見まして、備考のところに選挙投票所の機能を有する行政サービスセンターを予定しているということなんですけれども、これはどんなイメージなのかお話を聞かせていただけませんでしょうか。 ◎市民課長(湯浅操君) まず新木の南側については、人口が現在で3,000人程度張りついてきてございます。今現在北側と南側、一緒の投票所で投票をしているというような事情がありまして、せっかく公共施設をつくるんであれば、住民サービスのためにも投票所機能を備えたものを併設したらどうだというようなことで、事務室を共用できるようなところは共用させていただいて、でも、いかんせん私ども市民課で考えていますのはプライバシーのものがございますので、その辺は区分けをして使えるような工夫をしていこうということで、まだ決定はしてございませんけれども、今年度早目にそういう建物規模も含めた中で検討をしていきたいというふうに考えています。 ◆委員(管剛文君) 別にこれにけちをつけているわけじゃなくて、もしそういう機能を有するならば、投票がないときにいかに市民の人に使ってもらえる機能にするのかなということを聞きたかったんですけれども、そこら辺までお考えにはなっていないんでしょうか。 ◎市民課長(湯浅操君) でき得ればその辺も含めて検討はしていきたい。先ほどもちょっと私申し上げましたけれども、プライバシーの保護の問題もありますので、その辺非常に、でき得る限りのことは検討をし、また実施に向けていきたいというふうに考えています。 ◆委員(鈴木美恵子君) 今の管委員の質問と関連しているんですが、この南側区域は、先ほど問題になりましたとおり近隣センター用地についても売却する方向になっていますし、自治会館等も南側の自治会の中にはありません。そういう意味で集会施設というのは全く南側には1つもないんですね。ですから、住民の皆さんが集会施設、いわゆる会議施設として使えるようなものを想定するということにはどうなんでしょうか。 ◎市民課長(湯浅操君) まず今鈴木委員さんが言われたことも視野に入れまして、私どもは検討はさせていただいているところです、実は。ただ地積といいますか、地べたの広さ、あそこは交番がありまして、北側に駐輪場、自転車置き場等がございます。集会施設等が併設できればいいんですけれども、ただあそこは用途的にもかなり強固な建物じゃないと、防火対策を施さないといけないようなものもあるんです、商業地域になってございますので。ですから、その辺も十分加味はしていきたいとは思うんですけれども、今ここで「それも検討して実施していきます」というお答えまで、私は今この場では非常にしにくいところでありますので、この辺は御容赦いただければと思います。 ◆委員(早川真君) すみません、今の答えを聞くとちょっと続けづらいんですけれども、私も関連なんですけれども、私も今鈴木委員が言われたとおりだと思うんですよ。ここ、南新木1丁目1番1号、しかも今のお答えの中で商業地域ということを考えたときに、本当にこの施設だけでいいんだろうかと。商業地域ということであれば、ある程度利用もできますね、高度利用も含めて、地べたが少なくても。そういったときに、本当にこの行政サービスセンター、それとあと投票所だけでいいのかなと、私も非常にそう思っているんです。いろいろな方法はあると思うんですけれども、例えば民間とPFIという形で提案を受けるということもあれば、それから民間のいろいろな商業施設を誘致できるような何か方法があるといいのか、非常に難しいと思います、あそこは実際商店が全然張りついていないので。  ただ、やはりここが本当に商業地域で、しかも駅の目の前の一等地というところで、本当にそれだけでいいのかというのがあるんですよ。是非その辺のことも、恐らくまだこれから検討していくということだと思いますけれども、やっていただきたいんです。というのも、例えば今回の議会なんかにも都市建設の方に請願なんかも出ているんですね。それは何かというと、鹿島が、あそこは商業地域ですから、商業施設を誘致したくてずうっといたんだけれども、実際それがならなかったといったところで、商業施設とは違うところに売却をして、そこへ何か建物が建つということでいろいろな形で議会の方にも声が届いているという現状もあります。ですから、あの地域というのは、実は商業者としては、新しい住民がたくさんこれから増えていく、しかも若い世代が多いということで、お店を出したい人はたくさんいると思うんですよ。だけれども自ら建物を建設して店舗を出店するというところまでのリスクということを考えたときには、なかなか踏ん切りがつかないと。そういった状況がありますので、是非これはいい機会なので、行政とそれから民間と何かいい形をとれたらなと思うんですけれども、もう少し、今の近隣センター的なというか、集会施設的なこともありましたけれども、商業との連携というのも少し考えられないでしょうか。      (「ちょっと休憩してください」と呼ぶ者あり) ○委員長(松島洋君) 暫時休憩します。      午後6時16分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後6時18分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。 ◎助役(渡邊武君) 新木の駅前の場所というのは、当初区画整理組合から我孫子市が買ったときの経緯がありまして、そのときは当初市役所の支所と言っていましたけれども、支所とあと民間の何か複合施設をつくったらどうかという考え方もあったと思います。またその後、新木駅の橋上駅舎の話も出てきました。橋上駅舎は10数億我孫子市の負担がかかるということで断念せざるを得なかったわけですけれども、そういう経過がずうっとあります。ですから、当初は、先ほどもいろいろ出ましたけれども、新木の近隣センターも当然建設予定地もありましたから、いろいろな計画があったわけですけれども、最終的にまとまってきたのは今出されている市民センターをあそこにつくるということになってきたわけですね。  ただ、市民センターだけではやはりもったいない、もったいないというかどうせつくるならもうちょっと市民に便利にしたらいいだろうということで、今課長の方からもお話ししましたけれども、選挙投票所を兼ねた、というのはもう一方ではただ投票所だけではなく、市民も多少使えるような会議室なんかもできたらいいなということで今進んでいるわけです。その話がもうちょっと大きな話になりますと、新年度で設計、その次で建設になるわけですけれども、またこれは大幅に遅れる話になってきちゃうと思うんですよね。いろいろな今までのいきさつがありますけれども、できるだけ市民が会議とかで使えるようにはしていきたいと思います。ですから、そういうことで少しこの計画を進めさせていただければというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。 ◆委員(早川真君) 私もこれをいろいろ考える上で、遅れてしまうというのは、それは確かに市民も待っている施設ですから、それは困るなと思っています。ですので、ちょっと質問の仕方は難しいんですけれど、ただ駅前にある公共施設のあり方というのは何なんだろうかということを、やはりこういったことが出てきたときに考えていかなければならないなと思うんですね。先ほどおっしゃられました市民のための集会施設もそうだし、私の方から言いました商業との連携もそう、そして今助役から御答弁いただきました新木駅の橋上駅舎との連携、そういったものをいろいろとこれから将来を考えて、是非夢のある駅前というんですか、特にあそこは我孫子市に夢を求めて若い人たちがみんな家を購入してあそこにだんだんと、スピードは遅いですけど、だんだんと張りついてきて、もう本当にあそこの道路なんかは通り抜けができないような形になっていますから、南側の日の当たるところなんかは子供たちがたくさん遊んでいるんですよね。本当に若い人たちが夢を持ってあそこに、我孫子市に住んできていますので、是非そういう夢のある駅前のあり方というのをこれを契機に少し考えていただけたらなと思います。 ◎助役(渡邊武君) 先ほど市民センターと言いましたけれども、行政サービスセンターということで訂正させていただきます。  確かに早川委員さんの御意見はもっともだと思います。確かに一度建物をつくりますと、40年、50年はそのままの姿でいくわけですから、理想的には確かに駅前の構想を練ってやはり一番いい方法を考えると、私もそれは同じです。そういうことで議員の皆様が是非そういうことをすべきだということになれば、それはもうちょっと時間をかけてやることもできると思います。そこはいろいろ地元の皆様の意向というものもあるでしょうし、ですからそこら辺は調整が必要だなと思います。ですから、これは一応予算どおり今はやらせていただきたいということを考えていますけれども、早川委員さんの御意見、また皆さんから御意見が出ましたけれども、一応念頭に置いてこれから進めていきたいなとは思っております。 ◆委員(鈴木美恵子君) 今の御答弁を伺いまして、ちょっとやっぱりもう1回黙っておけないかなという思いで質問をいたしますが、この行政サービスセンターについては、新木南側だけの問題ではなくて、北側の皆さんにとってはもう20年来の要望なんですね。今市民バスも湖北行政サービスセンターを通らなくなってしまったという中で、新木の皆さんにとっては本当にこの行政サービスセンターに行くのが非常に大変な状況になっているという現状があります。ただ、今新木の行政サービスセンターが計画に上ったということの中で、皆さんは湖北の行政サービスセンターまで通らなくても我慢して待っているという状況がありますから、これを理想的なものにしていただくのは本当にそのとおりなんですが、それによって遅らせるということになってしまうと、住民の皆さんの意向から大きくそれていくという現状に、私は新木に住んでいる一市民として皆さんの声を非常に強く感じておりますので、是非これはこの計画年度どおりにやっていただきたい。当初は、本当は19年に建設、そしてオープンだったんですから、それが1年先送りになっているわけですから、これを先延ばしにするということは絶対にしないでいただきたいと思うんですが、それについてのお考えをお聞かせください。 ◎助役(渡邊武君) 私もこれを、最初に答弁しましたけれども、先送りにするということはできないということをお話ししたと思うんですよね。ですから、この計画に沿って是非進めていきたいという考えを持っています。ただその中身についてはいろいろ御意見がありましたので、市民の皆様の考え方をもうちょっと入れて、投票所のあり方、それからもっとほかの会議室とか使えるように、そういう配慮はしていきたいということでございますので、御理解いただきたいと思います。2回目の答弁がちょっと誤解を招いたかなと思います。そういうことでございますので、よろしくお願いいたします。早川委員さんもどうぞ、そういうことなのでよろしくお願いいたします。 ◆委員(勝部裕史君) 私の方はちょっと簡単に数字だけの確認です。ページでいうと107ページ、項目でいうと千葉県議会の選挙の費用なんですが、いろいろ細かく詳細が出ている中の、今年は特に選挙年ですから、県会議員から、もう既に終わりましたけれども市長選から始まって補欠選挙、そして県会議員、参議院、我々も人ごとではなくなるんですけれども、県会議員のところだけポスター掲示場撤去委託料70万円ということで、撤去の委託料は載っているんですが、設置が出てないのは、これは何か理由があるんですか。 ◎選挙管理委員会事務局次長(鈴木正己君) 設置につきましては、3月30日に公示なものですから、今年度予算で設置の予算は提示しております。 ◆委員(鈴木美恵子君) 108ページ、市議会議員選挙についての上から3行目、時間外勤務手当についてお尋ねをいたします。時間外勤務手当として1,200万円ついております。先日の本会議等でも質問があって、スムーズに開票が進むように、短時間で終わるようにという努力を大変にされていて、今回の市長選また補欠選挙においても、非常に短時間で仕上げることができたというふうに御答弁がありました。実際に1,200万円の計上に対して今回の市長選、補欠選挙のようなペースでもし市議会議員選挙の開票事務が終わったとすると、時間外としてはどのくらいの見込みといいますか、見込んで1,200万円なんでしょうけれども、スムーズにするという観点の中からどのくらいまで短縮できるのかなというふうに考えております。ほかの県会選挙、参議院選挙については、これは全く100%県負担、国負担でありますので、市の負担が100%になるこの市議会議員選挙についてお尋ねをしたいと思いますが、どのくらいまで縮小できる可能性があると考えておられるのかお尋ねいたします。 ◎選挙管理委員会事務局次長(鈴木正己君) 予算書では開票時間は一応深夜の12時が確定の予定で予算は計上しておりますが、できるだけ早く皆さんに開票結果を知らせるように、少なくとも30分ぐらいもうちょっと早く、11時半ぐらいに確定するように努力してまいります。 ○委員長(松島洋君) ほかにありませんか。
     暫時休憩いたします。      午後6時27分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後6時28分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。総務費項2徴税費から項6監査委員費について質疑を保留いたします。  暫時休憩いたします。      午後6時29分休憩 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後6時33分開議 ○委員長(松島洋君) 再開いたします。  今皆様方が述べられました事項について最終日の総括でやることにいたします。  本日はこれをもって散会いたします。どうも御苦労さまでした。      午後6時34分散会...