運営者 Bitlet 姉妹サービス
我孫子市議会 > 2006-09-27 >
平成18年  9月 定例会(第3回)-09月27日−05号
平成18年  9月 決算審査特別委員会-09月27日−01号

ツイート シェア
  1. 我孫子市議会 2006-09-27
    平成18年  9月 定例会(第3回)-09月27日−05号


    取得元: 我孫子市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-17
    平成18年  9月 定例会(第3回) − 09月27日−05号 平成18年  9月 定例会(第3回) − 09月27日−05号 平成18年  9月 定例会(第3回)  平成18年9月招集     我孫子市議会定例会会議録(第5号) 9月27日(水)      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議事日程 議事日程(第5号)  平成18年9月27日(水)午後2時開議 日程第1.議案第1号ないし議案第14号及び議案第24号並びに陳情及び閉会中の継続審査総括審議 日程第2.議案第25号 日程第3.発議案第2号ないし発議案第4号      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後4時05分開議 ○議長(掛川正治君) これより本日の会議を開きます。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △時間延長の件 ○議長(掛川正治君) この際、会議時間を延長いたします。  暫時休憩いたします。
         午後4時06分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      午後5時45分開議 ○議長(掛川正治君) 休憩前に引き続き会議を開きます。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △市長の発言 ○議長(掛川正治君) ここで市長より発言を求められておりますので、これを許します。福嶋浩彦市長。      〔市長福嶋浩彦君登壇〕 ◎市長(福嶋浩彦君) 昨日の大雨による被害について、本日午後4時現在で把握している状況の報告をいたします。  昨日の夕方から深夜にかけて、前線や低気圧の影響により激しい雨が降り、特に布佐地区では午後10時から11時までの1時間に61ミリという雨を記録しました。この雨の影響で、市内では住宅の床下浸水2件、店舗内への浸水4件、また布佐地区を中心に道路冠水が発生しました。市では一時的に道路の交通規制を行いましたが、更に浸水被害のあった家屋や道路冠水地域を対象に消毒を実施していきます。被害に遭われた皆様には心からお見舞いを申し上げます。以上です。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第1号ないし議案第14号及び議案第24号並びに陳情及び閉会中の継続審査総括審議 ○議長(掛川正治君) 日程第1、議案第1号ないし議案第14号及び議案第24号並びに陳情及び閉会中の継続審査案件を一括議題に供し、総括審議を行います。  各委員会の審査結果について委員長の報告を求めます。総務企画常任委員長沢田愛子議員。      〔総務企画常任委員長沢田愛子君登壇〕 ◆総務企画常任委員長(沢田愛子君) 総務企画常任委員会に付託されました案件の審査結果について御報告申し上げます。  初めに、議案の審査結果について御報告申し上げます。  議案第1号、我孫子市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について  議案第10号、平成18年度我孫子市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)を定めることについて  以上、議案2件について慎重審査いたしました結果、全員異議なく、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。  次に、陳情の審査結果について御報告申し上げます。  陳情第59号、市民会館早期再建に関する要請について  陳情第60号、市民条例提案支援要綱の全面修正/無効廃止を求める陳情書について  以上、陳情2件について慎重審査いたしました結果、いずれの陳情も多数をもって、閉会中の継続審査とすべきものと決定いたしました。  なお、陳情第59号につきましては、委員会の協議の中で、「市民会館早期再建を」という願意については理解するところであるが、市民会館跡地利用検討委員会における検討結果を考慮すべきとの意見がありました。  以上をもちまして総務企画常任委員会の報告を終わります。 ○議長(掛川正治君) 教育福祉常任委員長豊島庸市議員。      〔教育福祉常任委員長豊島庸市君登壇〕 ◆教育福祉常任委員長(豊島庸市君) 教育福祉常任委員会に付託されました案件の審査結果について御報告をいたします。  初めに、議案の審査結果について御報告いたします。  議案第2号、我孫子市身体障害者福祉センターの設置及び管理に関する条例等の一部を改正する条例の制定について  議案第13号、平成18年度我孫子市介護保険特別会計補正予算(第1号)について  以上、議案2件について慎重に審査いたしました結果、いずれの議案も全員異議なく、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。  次に、請願の審査結果について御報告いたします。  請願第8号、旧東武マインの建物を活用した公共施設の早期整備に関する請願書について  慎重に審査いたしました結果、初めに継続審査とすることについて採決しましたところ、過半数の賛成が得られず、続いて願意について採決しました結果、起立少数により不採択すべきものと決定いたしました。  次に、陳情の審査結果について御報告いたします。  陳情第19号、新図書館を湖北台地区に建設することに関する陳情書について  陳情第56号、「義務教育費国庫負担制度の堅持に関する意見書」採択を求める陳情書について  陳情第57号、「国における平成19(2007)年度教育予算拡充に関する意見書」採択を求める陳情書について  以上、陳情3件について慎重に審査いたしました結果、陳情第19号につきましては、継続審査とすることについて採決しましたところ、可否同数となり、委員長裁決の結果、多数をもって、閉会中の継続審査とすべきものと決定いたしました。陳情第56号及び陳情第57号につきましては、多数をもって、採択すべきものと決定いたしました。  なお、陳情第19号につきましては、湖北高校・布佐高校の統廃合が千葉県教育委員会より発表されたことに伴い、今後の県の動向、我孫子市の判断を見守るべきとの意見がありましたことを申し添えまして、教育福祉常任委員会の報告を終わりにいたします。 ○議長(掛川正治君) 環境経済常任委員長宮本慈子議員。      〔環境経済常任委員長宮本慈子君登壇〕 ◆環境経済常任委員長(宮本慈子君) 環境経済常任委員会に付託されました案件の審査結果について御報告します。  初めに、議案の審査結果について御報告します。  議案第5号、財産の取得について  議案第12号、平成18年度我孫子市手賀沼浄化事業特別会計補正予算(第1号)について  以上、議案2件について慎重に審査しました結果、全員異議なく、原案どおり可決すべきものと決定しました。  次に、陳情の審査結果について御報告します。  陳情第58号、石綿(アスベスト)問題に関する陳情書について  以上、陳情1件について慎重に審査しました結果、全員異議なく、閉会中の継続審査とすることに決定しました。  以上で環境経済常任委員会の報告を終わります。 ○議長(掛川正治君) 都市建設常任委員長青木宏榮議員。      〔都市建設常任委員長青木宏榮君登壇〕 ◆都市建設常任委員長(青木宏榮君) 都市建設常任委員会に付託されました議案の審査結果について御報告申し上げます。  議案第3号、我孫子市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定について  議案第4号、我孫子市景観条例の全部を改正する条例の制定について  議案第6号、市道路線の認定について  議案第7号、市道路線の変更について  議案第8号、訴えの提起について  議案第11号、平成18年度我孫子市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)  議案第14号、平成18年度我孫子市水道事業会計補正予算(第1号)  以上、議案7件について慎重審査いたしました結果、全員異議なく、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。  以上で都市建設常任委員会の報告を終わります。 ○議長(掛川正治君) 自治基本条例審査特別委員長津川武彦議員。      〔自治基本条例審査特別委員長津川武彦君登壇〕 ◆自治基本条例審査特別委員長(津川武彦君) 自治基本条例審査特別委員会に付託をされました議案の審査結果について申し上げます。  本案は、我孫子市の自治体運営の基本ルールを定めようとする重要な議案でありますので、議会では、各会派から審査に参加できるように、特例をもって13名の委員をもって構成する特別委員会を設置して慎重に審査を行ってまいりました。一昨日の25日には、午前10時から午後10時20分まで延々12時間以上にわたり、そしてまた本日27日、最終日には、午前9時から5時間以上にわたり審査をしてまいりました。  審査の過程では、この条例を今制定することに対する疑義を含めまして、条例の手続や、またスケジュールについて、これは多くの委員から大きな声で不満が述べられておりました。  内容審査におきましては、全34条中ほとんどすべての条項において質疑が行われまして、数多くの疑問が出されました。第1条、我孫子らしい自治とは何か、第2条、市民の定義、第4条、最高規範性について、第5条では市民の権利、第6条では子どもの権利の特出し、第7条、「市民一人ひとりの状況に応じ」とはどういうことなのか、第9条第2項では、市議会が行政に対する市民からの苦情を受け付け、調査を行うための機関を置くことは、自治法上規定はないけれども、具体的に何を示すのか、第10条第3項、議員定数について、4年を超えない期間ごとに、市民の意見を聴かなければならない、こういう規定は自治法に抵触をしていないか。更に、策定委員会での意見でなく、最終案として政策法務室によって加えられるのは字句の調整の範囲を超えていないだろうか、第13条においては、ローカル・マニフェストの配布時期と配布方法によっては公職選挙法の違反になるのではないか、第14条では、3期を超えて在任しないよう努めるという、努力規定とはいいましても、市長の4選についてどうなのかと、こういう質疑。また、第2項の解釈規定は全く不必要ではないか、このような疑問も述べられました。第20条では、必要に応じて外部監査制度を導入するという規定は、議会による議決を拘束してしまうものではないだろうか、第22条、個々に市民参加の制度をこの条例に加えるのではなく、市民参加条例をつくるべきだと思うがいかがか、また第27条、市民による条例づくりへの協力においては、本来の自治法に基づく直接請求によって行うべきではないのか、第28条では、市民投票条例における年齢要件の見直しを具体的にどうするのか、そして第33条、自治推進審議会のメンバー構成や、第34条における4年を超えない期間ごとに条例の改正を検討するとは、最初から改正ありきの条例提案ではないのか。そして附則の経過措置における条例制定の時期についてと、すべての委員から、このように多くの条項につきまして厳しい指摘がありました。  以上のような審査の経過を踏まえ、原案に対する数多くの条項、条文の削除や、そして訂正の意思を委員長として取りまとめ、市長に確認をいたしましたところ、市長から、ほとんどすべての指摘事項に対して、委員会の意向を踏まえて訂正したい旨の回答がありました。ただ、訂正の内容が多岐にわたり、訂正案を調整するには物理的に日数が欲しい旨の申し出がありましたために、委員会としても、訂正案について審議する必要性を感じました。  以上の理由から、閉会中の継続審査について採決をいたしましたところ、全員異議なく、閉会中の継続審査にすべきものと決定をいたしました。  以上をもちまして自治基本条例審査特別委員会の報告を終わります。 ○議長(掛川正治君) 予算審査特別委員長印南宏議員。      〔予算審査特別委員長印南宏君登壇〕 ◆予算審査特別委員長(印南宏君) 予算審査特別委員会に付託されました議案の審査結果について御報告いたします。  議案第9号、平成18年度我孫子市一般会計補正予算(第1号)について  慎重に審査をいたしました結果、多数をもって、原案どおり可決すべきものと決定をいたしました。  なお、各委員から、手賀沼水上バス運航事業、介護予防サービス計画、地産地消推進事業、小中学校の介助員などの補正内容について活発な意見がありましたことを申し添えて、予算審査特別委員会の報告を終わります。 ○議長(掛川正治君) 以上をもちまして委員長の報告は終わりました。  委員長報告に対する質疑はありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(掛川正治君) ないものと認めます。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(掛川正治君) これより討論を許します。  議案第2号及び議案第9号に対する反対討論、日本共産党関口小夜子議員。      〔関口小夜子君登壇〕 ◆(関口小夜子君) 日本共産党の関口小夜子です。議案第2号、我孫子市身体障害者福祉センターの設置及び管理に関する条例等の一部を改正する条例の制定について、反対の立場で討論します。  議案第2号は、これまでの支援費制度に基づく事業から、障害者自立支援法に基づく事業へ移行することに伴い、施設名の変更と利用者から徴収する使用料を定めることが主な提案理由です。  反対理由の第1は、障害者自立支援法は障害者福祉を大きく変える法律であり、障害者団体などからは、自立支援どころか自立を妨げ、生きる権利を奪うと強い反対の声が上がりました。戦後最悪とも言われるこの法律の提案から半年の間に、全国各地で10万人を超える人々の大きな反対行動が起こり、一度は廃案になったものです。ところが、自民・公明与党は強行成立を図りました。これに対し、障害者の方々及び御家族はもちろんのこと、障害者を支えている職員の間からも、大きな怒りの声が上がっています。議案第2号は、この障害者自立支援法を受けた条例案であること、これが反対理由の1つです。  反対理由の第2は、これまでの支援費制度から自立支援法に変わったことにより、障害のある方たちが、これまでと変わらず福祉の支援が受けられるのかという点に大きな問題があることです。  第3に、大きな反対理由として、使用料の問題があります。市長は、センターの使用料を応能負担にしたと言われますが、その実態は、使用料の負担を障害者の配偶者及び父母にまで広げております。これまでは原則障害者本人の所得による負担方式であったため、1割負担というものの、ほとんどの障害者の方の負担は実際には無料でした。それを「利用者等」として、「等」の中に障害者の父母や配偶者を入れることにより、どう変わるでしょう。真に本人の応能負担であれば、障害者の方が月20日間施設を利用したとして、ゼロになる人であっても、日額400円になったり、500円になったりします。年額では、6万9,000円とか、年額12万円の負担増となったりします。施設を使用するのは、障害者本人であり、利用者にかけられる使用料であれば、障害者本人の所得は少ないため、使用料はゼロになります。使用料は応能負担というのであれば、あくまでも施設利用者本人、障害者本人に応能負担を求めるべきであり、「利用者等」として障害者の親や配偶者にその負担を拡大し、求めるべきではないのではありませんか。  以上の理由から、議案第2号に反対をします。  次に、議案第9号、平成18年度我孫子市一般会計補正予算(第1号)に反対の立場で討論します。  若松地域の水害対策に排水ポンプ整備事業が予算計上されたことなどは評価しますが、何と言っても今回の補正予算の主たる問題点は、障害者自立支援法の施行に伴うものにあります。自立支援法の大きなねらいは、財源を支え合うといううたい文句のもと、国庫負担を削減することにあります。そのため、単に予算の組替えということでは済ませられない、障害者とその家族に新たな負担と困難をもたらす内容をはらんだものであることを指摘し、議案第9号に反対をします。  以上、討論を終わります。 ○議長(掛川正治君) 議案第1号及び議案第10号に対する反対討論、日本共産党吉松千草議員。      〔吉松千草君登壇〕 ◆(吉松千草君) 共産党の吉松千草です。議案第1号、我孫子市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について及び議案第10号、平成18年度我孫子市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)についての反対討論をさせていただきます。
     議案第1号の条例改正は、国の医療費制度の改革に基づき改定されるものです。今年6月に政府が強行成立させた医療改悪法に基づく患者負担増が10月から実施となります。その主な内容は、現役並み所得のある70歳以上の高齢者の窓口負担は2割から3割に、高額医療費制度の自己負担限度額の引き上げ、埋葬料の支給を1ヵ月の賃金相当額または最低でも10万円としていたものを一律5万円に引き下げます。また、出産一時金は30万円を35万円にする。特定医療費制度を廃止し、混合診療の本格的導入に向けた保険外適用診療制度を創設していく、これが6月の改悪案だったと思います。  以上の改正による国保条例の改正ですが、埋葬料については国の基準5万円を2万円上乗せしていますが、以前の10万円から見ると7万円に引き下げられました。こうした国の改悪を認めることができませんので、議案第1号、我孫子市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について反対をいたします。  議案第10号は、こうした医療費制度改悪に基づく国保会計の補正です。特に高額医療費制度の改悪で、自己負担が引き上げられます。レセプト1件当たりの交付基準額が70万円から80万円に引き上げられまして、割合も0.6から0.59に引き下げられます。このために高額医療費共同事業の負担金は、国の負担分が1,300万円引き下げられ、また高額医療費共同事業負担金、これは県の方も同額が引き下げになります。交付金は5,900万円余減額になってしまいます。合計で8,621万円が減らされてしまいます。一方、我孫子市の共同事業拠出金も5,300万円余減ることになります。高額医療費において、加入者の負担が増やされることが見込まれた結果です。  また、県内の保険料の平準化、財政の安定化を図るために、県内市町村が拠出金を出し合い、支出の多い市町村や少ない市町村が突出することのないよう、平成18年10月1日施行の新たな互助事業、保険財政共同安定化事業が始まります。この事業は、高額医療費制度がレセプト1件当たり70万円から80万円に引き上げられたこともあり、レセプト1件当たりの交付基準額を30万円を超えると思えるものを対象にして実施するものです。これの計算では、我孫子市の半年間の予算、歳入の交付金と歳出の拠出金との差は2,370万6,000円となっております。この事業は、国保事業を県単位としていくための第一歩だと思います。  共産党はこれに以前から反対しています。なぜなら、財政難の保険事業者を一緒にまとめたとしても、その苦しさは変わりません。我孫子市よりもっと財政難の市町村は千葉県下に多くありますので、保険料が高くなることは必至です。また、国は、今回も高額医療費を改悪したように、国の支出は減らす一方ですから、ますます保険料は引き上げられることにつながるのではないでしょうか。国保事業が身近な現在行っているような市町村から離れますと、滞納者へのきめ細かな対応などが行き届かず、情け容赦なく資格証を出してしまうというようなことが行われるでしょう。結局は無保険者がどんどん増えてしまうという結果になると思います。我孫子市では今年度、保険証の発送に当たり、資格証の対象者にも一たんは短期保険証を送り、その間に調査や訪問をし、その結果、悪質な滞納者には資格証を出すという対応をしております。これは道理のある、よい対応だと思います。住民の顔が見えない県になってしまえば、このような市独自の対応はできないと思います。保険料が高すぎて払い切れず滞納者が増え続けている中で、国保事業を県にまとめていくこと、これは行政にとっては楽かもしれませんが、住民にとっては命にかかわる問題であり、そして事務的な扱いになってしまうということは、国保の加入者にとって不利になるばかりだと思います。こうした医療制度改悪による補正が行われているこの補正予算に反対するものです。 ○議長(掛川正治君) 以上で討論は終わりました。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(掛川正治君) これより順次採決をいたします。  議案第24号、我孫子市自治基本条例の制定について、委員長報告のとおり、閉会中の継続審査を許可するに賛成の議員は起立願います。      (賛成者起立) ○議長(掛川正治君) 起立多数と認めます。よって議案第24号の閉会中の継続審査は許可されました。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(掛川正治君) 議案第9号、平成18年度我孫子市一般会計補正予算(第1号)を定めることについて、委員長報告のとおり、原案に賛成の議員は起立願います。      (賛成者起立) ○議長(掛川正治君) 起立多数と認めます。よって議案第9号は可決されました。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(掛川正治君) 議案第1号、議案第2号及び議案第10号を一括して採決いたします。  議案第1号、我孫子市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、議案第2号、我孫子市身体障害者福祉センターの設置及び管理に関する条例等の一部を改正する条例の制定について、議案第10号、平成18年度我孫子市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)を定めることについて、委員長報告のとおり、原案に賛成の議員は起立願います。      (賛成者起立) ○議長(掛川正治君) 起立多数と認めます。よって議案第1号、議案第2号及び議案第10号は可決されました。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(掛川正治君) ただいま議決いたしました議案を除く各議案について、委員長報告のとおり、各原案に賛成の議員は起立願います。      (賛成者起立) ○議長(掛川正治君) 起立全員と認めます。よって各議案は可決されました。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(掛川正治君) これより請願及び陳情について採決をいたします。  請願第8号、旧東武マインの建物を活用した公共施設の早期整備に関する請願書について、委員長報告は不採択であります。願意妥当と認め採択するに賛成の議員は起立願います。      (賛成者起立) ○議長(掛川正治君) 起立少数と認めます。よって請願第8号は不採択と決定いたしました。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(掛川正治君) 陳情第19号、新図書館を湖北台地区に建設することに関する陳情書について、委員長報告のとおり、閉会中の継続審査を許可するに賛成の議員は起立を願います。      (賛成者起立) ○議長(掛川正治君) 起立多数と認めます。よって陳情第19号の閉会中の継続審査は許可されました。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(掛川正治君) 陳情第59号、市民会館早期再建に関する要請について、委員長報告のとおり、閉会中の継続審査を許可するに賛成の議員は起立を願います。      (賛成者起立) ○議長(掛川正治君) 起立多数と認めます。よって陳情第59号の閉会中の継続審査は許可されました。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(掛川正治君) 陳情第60号、市民条例提案支援要綱の全面修正/無効廃止を求める陳情書について、委員長報告のとおり、閉会中の継続審査を許可するに賛成の議員は起立を願います。      (賛成者起立) ○議長(掛川正治君) 起立多数と認めます。よって陳情第60号の閉会中の継続審査は許可されました。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(掛川正治君) 陳情第58号、石綿(アスベスト)問題に関する陳情書について、委員長報告のとおり、閉会中の継続審査を許可するに賛成の議員は起立を願います。      (賛成者起立) ○議長(掛川正治君) 起立全員と認めます。よって陳情第58号の閉会中の継続審査は許可されました。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(掛川正治君) 陳情第56号、「義務教育費国庫負担制度の堅持に関する意見書」採択を求める陳情書について、委員長報告のとおり、願意妥当と認め採択するに賛成の議員は起立を願います。      (賛成者起立) ○議長(掛川正治君) 起立多数と認めます。よって陳情第56号は採択と決定いたしました。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(掛川正治君) 陳情第57号、「国における平成19(2007)年度教育予算拡充に関する意見書」採択を求める陳情書について、委員長報告のとおり、願意妥当と認め採択するに賛成の議員は起立を願います。      (賛成者起立) ○委員長(掛川正治君) 起立多数と認めます。よって陳情第57号は採択と決定いたしました。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議長の報告 ○議長(掛川正治君) 本日、市長より追加議案の送付があり、これを受理いたしましたので御報告いたします。      (巻末資料に掲載) ○議長(掛川正治君) 議案の配付漏れはありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(掛川正治君) ないものと認めます。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第25号 ○議長(掛川正治君) 日程第2、議案第25号を議題に供します。提案理由の説明を求めます。福嶋浩彦市長。      〔市長福嶋浩彦君登壇〕 ◎市長(福嶋浩彦君) 追加議案について提案理由の説明をいたします。  議案第25号は、教育委員会委員のうち小野広和さんの任期が満了となりますので、同氏を再任するため、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により議会の同意を求めるものです。  御審議の上、可決いただきますようお願いいたします。 ○議長(掛川正治君) 以上で提案理由の説明は終わりました。  お諮りいたします。ただいま議題としております議案につきましては人事案件でありますので、この際成規の手続を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(掛川正治君) 御異議ないものと認めます。  これより採決いたします。  議案第25号、教育委員会委員の任命について、小野広和さんを教育委員会委員に選任することに賛成の議員は起立願います。      (賛成者起立) ○議長(掛川正治君) 起立多数と認めます。よって教育委員会委員に小野広和さんを選任することは同意されました。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △発議案第2号ないし発議案第4号 ○議長(掛川正治君) 日程第3、発議案第2号ないし発議案第4号を議題といたします。      (巻末資料に掲載) ○議長(掛川正治君) お手元に配付のとおり、所定の賛成者を得て、発議案が提出されました。  発議案の配付漏れはありませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(掛川正治君) ないものと認めます。  お諮りいたします。ただいま議題としております発議案につきましては、この際成規の手続を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(掛川正治君) 御異議ないものと認めます。  これより順次採決をいたします。  発議案第2号、義務教育費国庫負担制度堅持に関する意見書について、原案に賛成の議員は起立を願います。      (賛成者起立) ○議長(掛川正治君) 起立多数と認めます。よって発議案第2号は可決されました。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(掛川正治君) 発議案第3号、国における平成19(2007)年度教育予算拡充に関する意見書について、原案に賛成の議員は起立を願います。      (賛成者起立) ○議長(掛川正治君) 起立多数と認めます。よって発議案第3号は可決されました。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(掛川正治君) 発議案第4号、飲酒運転根絶に関する決議について、原案に賛成の議員は起立を願います。      (賛成者起立) ○議長(掛川正治君) 起立全員と認めます。よって発議案第4号は可決されました。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(掛川正治君) 可決されました意見書の取り扱いにつきましては議長に一任願います。
         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(掛川正治君) 以上で今期定例会に付議されました案件の審議はすべて終了いたしました。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(掛川正治君) これをもちまして平成18年第3回我孫子市議会定例会を閉会いたします。長い間御苦労さまでした。             平成18年9月27日午後6時28分閉会      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △本日の会議に付した事件 1.議案第1号ないし議案第14号及び議案第24号並びに陳情及び閉会中の継続審査総括審議 1.議案第25号 1.発議案第2号ないし発議案第4号      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 出席議員  議長   掛川正治君  副議長  渡辺光雄君  議員       関口小夜子君     芹沢正子君       海津新菜君      久野晋作君       内田美恵子君     茅野 理君       管 剛文君      木村得道君       毛塚和子君      吉松千草君       川村義雄君      早川 真君       坂巻宗男君      関谷俊江君       沢田愛子君      勝部裕史君       宇野真理子君     青木宏榮君       宮本慈子君      鈴木美恵子君       豊島庸市君      佐々木豊治君       印南 宏君      松島 洋君       津川武彦君      秋谷 明君      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 欠席議員         なし      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 出席事務局職員       事務局長            尾井川 一       事務局次長           倉部俊治       事務局次長補佐         藤代 勉       書記              佐野哲也      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 出席説明員       市長              福嶋浩彦君       助役              渡邊 武君       教育長             今関敏男君       水道局長            伊藤 久君       広報宣伝担当参与        田中 修君       企画調整室長          豊嶋 誠君       総務部長            中野 洋君       (併)選挙管理委員会事務局長       総務部参与           富田佐太郎君       市民部長            根本 勇君       環境生活部長          新田茂人君       保健福祉部長          飯島 守君       建設部長            尾高朝雄君       都市部長            川崎政彦君       消防長             田口 宏君       監査委員事務局長        角川よね君       教育総務部長          鈴木由男君       社会教育部長          村越 隆君       生涯学習推進室長        渥美省一君       (兼)生涯学習センター長...