運営者 Bitlet 姉妹サービス
我孫子市議会 > 2000-03-13 >
平成12年  3月 予算審査特別委員会-03月13日−01号

ツイート シェア
  1. 我孫子市議会 2000-03-13
    平成12年  3月 予算審査特別委員会-03月13日−01号


    取得元: 我孫子市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-17
    平成12年  3月 予算審査特別委員会 − 03月13日−01号 平成12年  3月 予算審査特別委員会 − 03月13日−01号 平成12年  3月 予算審査特別委員会  我孫子市議会 予算審査特別委員会会議録 1 招集日時    平成12年3月13日(月) 午後1時開議 2 招集場所    議事堂第1委員会室 3 出席委員    増田文俊君     印南 宏君           関谷俊江君     松島 洋君           掛川正治君     吉松千草君           佐々木豊治君    鈴木美恵子君 4 欠席委員    なし 5 出席事務局職員 事務局長  飯合節夫 6 出席説明員   市長          (福嶋浩彦君)           助役          (土田栄吉君)           収入役         (池田友二君)           教育長         (今関敏男君)           秘書室長        (澤 次男君)           企画財政部長      (渡辺 武君)           総務部長        (花島 隆君)           市民部長        (森田 渉君)
              保健福祉部長      (渡辺耕三君)           経済環境部長併任農業委員会事務局長                       (水村哲也君)           建設部長        (中村友教君)           都市部長        (高山嘉信君)           行政改革推進室長    (豊嶋 誠君)           消防長         (林  勇君)           監査委員事務局長    (高田利男君)           選挙管理委員会事務局長 (風澤 光君)           教育総務部長      (鈴木光治君)           社会教育部長      (若泉 薫君)           企画財政部次長兼財政課長(村越 隆君)           企画財政部次長兼収税課長(坂上正之君)           総務部次長兼文書課長  (水内 昭君)           総務部次長兼管財課長  (鳥飼辰雄君)           保健福祉部次長兼介護支援課長                       (鈴木由男君)           経済環境部次長兼農政課長(飯島 守君)           経済環境部次長兼クリーンセンター課長                       (菊池迪紀君)           都市部次長兼公園緑地課長(中野 洋君)           都市部次長兼都市改造課長(根本 勇君)           教育総務部次長兼総務課長(大類泰久君)           社会教育部次長兼社会教育課長兼市史編さん室長                       (伊藤 久君)           秘書課長        (坂本良樹君)           広報広聴課長      (田中 修君)           企画課長        (青木 章君)           交通整備課長兼成田線複線化推進室長                       (三門 輝君)           課税課長        (山崎康夫君)           人事課長        (丹羽建一君)           情報システム課長    (尾井川 一君)           総務部付け       (竹井正晴君)           行政改革推進室次長   (村越克己君)           行政改革推進室次長   (富田佐太郎君)           市民課長        (竹井静江君)           地域振興防災課長    (浅倉泰司君)           生活支援課長      (松本道雄君)           生活支援課施設長兼あらき園長                       (鷲見公雄君)           子育て支援課長     (尾高朝雄君)           保健センター課長    (遠藤恭平君)           保健福祉部主幹     (鈴木 孝君)           商工観光課長      (飯田孝司君)           手賀沼課長       (岩井和子君)           道路課長        (戸辺憲興君)           治水課長        (広瀬忠良君)           会計課長        (小熊孝一君)           消防本部総務課長    (椎名治雄君)           消防本部予防課長    (荒井和夫君)           消防本部警防課長    (荒川忠浩君)           監査委員事務局次長   (伊東幸雄君)           選挙管理委員会事務局次長(今井正夫君)           学校教育課長      (竹林幸夫君)           指導課長        (和田篤志君)           体育課長        (飯嶋政光君)           公民館長兼中央公民館長 (笈川 功君)           鳥の博物館長      (和田幹雄君)           秘書課長補佐      (岡島 清君)           広報広聴課長補佐    (岡田登志男君)           企画課長補佐      (渡辺 清君)           企画課長補佐      (渡辺和夫君)           交通整備課長補佐    (日暮規雄君)           財政課長補佐      (佐藤 隆君)           課税課長補佐      (星野憲久君)           収税課長補佐      (中島忠行君)           情報システム課長補佐  (遠藤幸太郎君)           文書課長補佐      (長田憲信君)           管財課長補佐      (斉藤 登君)           総務部付け       (角川よね君)           市民課長補佐      (小倉常明君)           地域振興防災課長補佐  (荒井茂男君)           介護支援課長補佐    (魚地明夫君)           身体障害者福祉センター所長                       (木川 一君)           保健センター課長補佐  (國分幹夫君           学校教育課長補佐    (浅野政義君)           教育研究所長      (野上純一君) 7 会議に付した事件 正副委員長の選出及び第1回定例会付託案件 8.会議の経過                  開会  平成12年3月13日(月)午後1時01分開議 ○臨時委員長(吉松千草君) ただいまから予算審査特別委員会を開会いたします。  年長のゆえをもちまして、私が臨時委員長の職務を行います。  直ちに議事に入ります。  お諮りいたします。委員長の選出方法につきましては、私からの指名推選により決定いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。                (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○臨時委員長(吉松千草君) 御異議ないものと認めます。よって委員長に増田文俊君を指名いたします。これに御異議ございませんか。                (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○臨時委員長(吉松千草君) 御異議ないものと認めます。よって増田文俊君が委員長に選任されました。委員長と交代いたします。               (増田文俊君、委員長席に着く) ○委員長(増田文俊君) それでは続いて副委員長の選出方法についてお諮りいたします。  副委員長の選出方法につきましては、委員長の指名推選により決定したいと思いますが、これに御異議ございませんか。                (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(増田文俊君) 御異議ないものと認めます。よって副委員長に印南宏君を指名いたします。これに御異議ございませんか。                (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(増田文俊君) 御異議ないものと認めます。よって印南宏君が副委員長に選任されました。
     暫時休憩いたします。                  午後1時03分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後1時13分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。  これより議案の審査を行います。  初めに議案第28号、平成11年度我孫子市一般会計補正予算(第3号)について、当局の説明を求めます。              (この後、財政課長より説明された) ○委員長(増田文俊君) 以上で当局の説明は終わりました。議案第28号につきましては、歳入、歳出、繰越明許費、地方債について一括審査いたします。  質疑に入る前に委員長よりお願いいたします。委員会運営を円滑に進めるため、質疑は一問一答で予算書及び予算資料のページを発言してからお願いいたします。特に答弁者におかれましては、議事運営を円滑に進めるため、委員の発言中にその趣旨を的確にとらえ、直ちに挙手するようお願いいたします。なお、質疑、答弁の際はマイクを持って発言していただくよう、あわせてお願いいたします。  これより質疑を許します。 ◆委員(松島洋君) 今、説明をされました。数字を読み上げられまして、金額プラスマイナスありましたですけれども、我々は何でそう減額したのか、なぜ増額したのか、全然わかりません。例えば土木費1,500万円−−大ざっぱですよ、1,500万の予算をつけてゼロとありますね。なぜゼロなのか。  ですから、ここにほとんどの方々がいるわけですから、その理由をずっと言ってください。大きなものだけ。財政課長ではこれは無理でしょうから、担当よりお願いします。 ○委員長(増田文俊君) 休憩いたします。                  午後1時26分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後1時36分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。総務の方から順次手を挙げてやっていきますので、私が指名したらお答え願いたいと思います。 ◎人事課長(丹羽健一君) 29ページ、人事管理費を御説明申し上げます。総額では475万円のマイナスとなっておりますが、主なものについて御説明いたします。29ページの一番下にありますけれども、臨時事務補佐員の賃金です。当初予算で182万4,000円取っていたのですけれども、この取っておいた内容につきましては、各課で予定していない、4級とか3級等の職員が出た場合の対応ということだったのですが、これの執行が7.3ヵ月ぐらいで済みそうということである程度目安がつきましたので、減額するものです。  そのほか主なものにつきましては、需用費で消耗品と印刷製本費等がございますが、消耗品費につきましては当初687万3,000円だったのですけれども、各消耗品を若干ずつ、買った内容が安くなりましたので、70万円ほど減額するものです。印刷製本費につきましては、当初予算が129万3,000円でしたけれども、昇級辞令等の印刷を予定していたものが現行で何とか足りましたので、これについては新年度で対応するということで60万円減額ということです。  そのほかにつきましても、内容につきましては実施しましたけれども、同じような内容で残ったものが数字で並べられております。以上です。 ◎情報システム課長(尾井川一君) 恐れ入ります。32ページをお開きいただきたいと思います。  目12の電子計算情報管理費752万円の減額について御説明を申し上げます。  まずコンピュータ保守点検委託料488万円でございますが、コンピュータ保守点検委託料は故障時の保守と予防の保守が複合的に組み合わされております。そのうち予防は我々職員でもできるだろうということで、予防保守の一部を職員でやっていますことから、この額が減額することができました。また、次のコンピュータ及び関連設備使用料264万円の減額につきましては、12年1月にホストコンピュータの機種を更新いたしました。新しくなりまして月額約100万円ぐらいのリース料が減りましたので、その3ヵ月分の減額でございます。説明は以上です。 ◎交通整備課長(三門輝君) 交通整備課でございます。歳入から御説明申し上げます。19ページをお開きください。  人にやさしいまちづくり事業補助金が599万1,000円の減額になっております。この内訳につきましては、まず人にやさしいまちづくり事業補助金、これは駅につけますエレベーター、エスカレーター、この工事費、そして今後展開していきます駅につけますエレベーター、エスカレーターの調査、設計費、この内容でございますが、特に我孫子駅南口、過日の3月9日に誕生しましたあのエレベーター、エスカレーターにつきまして、従来はエスカレーター2基、エレベーター1基という予定でございましたが、駅の構造上エスカレーター1基を廃止した計画になりましたもので、その補助対象となる額が減ったもので、1,089万1,000円の減額になったものでございます。  あと市民バスモデル事業補助金490万円につきましては、従来このモデル事業につきましては補助というものがあるかないか定かでなかったのですが、運輸省の方と交渉した結果、モデル事業として試行する期間補助対象になるということで、これにつきましては運行費から売り上げを引いた額、その2分の1が補助対象になりましたもので、その額490万円を計上したわけでございます。  歳出に移らせていただきます。33ページをお開きください。大変失礼しました。先ほど歳入のときに御説明いたしました次第でございますが、我孫子駅南口エレベーター、エスカレーターの設置工事、これにつきましておおむねエスカレーター1基分の工事を取りやめましたもので、3,000万の減額でございます。それから次に、湖北駅南口のエレベーター設置工事、この設計業務を委託しているわけでございますが、これにつきましては入札の結果、370万6,000円減額できる形になったものでございます。雑駁でございますが、以上でございます。 ◎地域振興防災課長(浅倉泰司君) 予算書32ページ、目14コミュニティ費について御説明いたします。今回350万円の備品購入費ということで増額補正をお願いしているわけでございますけれども、内容としましては、久寺家近隣センターの多目的ホールに備えます音響設備、ビデオプロジェクター及び調理室に備えます調理台、3台のうちの2台は通常型、1台につきましては車いす対応ということを考えております。以上です。 ◎介護支援課長(鈴木由男君) 補正予算書の18ページでございます。款13、目、民生費国庫負担金のうちの節の12介護保険円滑導入臨時特例負担金でございますが、6億1,453万2,000円。これは4月から始まります介護保険にかかわる部分でございますけれども、これにつきましては昨年の12月、国の2次補正に基づいて、皆さん御案内のとおり、1号被保険者の保険料を半年間無料にすると。その後1年間半額にしますよということを補てんするための、国からの円滑導入臨時特例交付金でございます。この中には平成12年度、13年度分の1号被保険者分の保険料です。それと保険料の変更に伴いまして、当然電算のシステム開発が必要になってきます。その分と、あとは事務経費ということで、トータル6億1,453万2,000円という計上をさせていただいております。  今の歳入の額ですが、歳出の37ページ。目の高齢者福祉費の中の節25積立金。これは同じ額で6億1,453万2,000円で載っております。これにつきましては、先ほど言いましたように、国の特例でこの額を一般会計の歳入で受けまして、いわゆる37ページの積立金から介護保険の特別会計に基づく基金の方へ積み立てていくということでございます。  それから前後して申しわけございませんが、25ページの繰入金でございます。17繰入金の特別会計繰入金。これは老人保健特別会計繰入金6,598万9,000円でございます。これは平成10年度の清算、いわゆる老人保健会計の清算をした分を一般会計で繰り入れるということでございます。以上です。 ◎生活支援課長(松本道雄君) 民生費のうち目3の身体障害者福祉費について御説明申し上げます。ページは36ページでございます。まず身体障害者更生援護施設措置費でございますが、740万円ほど減額になっております。その内容につきましては、入所者の措置費が当初21人で予定していたのですが、17人ぐらいで済んだということでございます。それから大きいもので福祉手当等給付事業1,300万円の減額でございますが、その主なものにつきましては、37ページをちょっと見ていただきたいのですが、在宅重度障害者福祉手当、これが1,100万円の減額になっております。当初予算額が1億5,000万円のうち、1,000人ほどを見込んでいたのですが、900人ぐらいでおさまったということでございます。以上でございます。 ◎クリーンセンター課長(菊池迪紀君) それではページ数としては43ページになります。ここの衛生費のうちの清掃総務費。節といたしましては積立金でございます。この清掃工場建設基金積立金1億924万円につきましては、建築開発指導要綱によるものでございます。なお内訳といたしましては、建築指導要綱分として9,995万9,000円、それと開発指導要綱として919万9,000円でございます。それと44ページのじん芥処理費、これにつきましては排ガス高度処理施設整備工事費、私どもとしてはダイオキシンの低減対策工事費として呼んでおりますけれども、この1,680万円の減額につきましては、入札の結果、予算額を下回ったために減額されたものでございます。以上です。 ◎農政課長(飯島守君) 45ページの農業振興費。1,499万7,000円を減額させていただいておりますけれども、その主な理由でございますけれども、緊急生産調整推進対策事業で432万8,000円ほど減額をさせていただいております。転作の個人達成率が低かった理由によります。  それと46ページ、農業振興対策事業で969万2,000円ほど減額をしておりますけれども、その中で下から2行目に園芸農産振興対策事業補助金、600万円ほど減額をさせていただいておりますけれども、これは認定農業者が乾燥機導入を当初予定しておりましたけれども、これが事業に至らなかったものでございました。  それから農業土木費も同じく46ページですけれども、1,738万9,000円ほど減額をさせていただいておりますが、次の47ページの負担金・補助金、その中で4番目に経営担い手育成基盤整備事業費負担金1,201万8,000円ほど減額させていただきましたけれども、これは客土工事が執行できなかったというようなことで、工事費の減額に伴いまして負担金も減ったというものでございます。以上です。 ◎道路課長(戸辺憲興君) 50ページ、6の街路事業について御説明申し上げます。補正額2,130万円の減額でございます。内訳としましては、17公有財産購入費。当初付託で1,673.39平米の買収費ですけれども、交渉の結果1,970万円安くなったということでございます。  次に22の補償補填及び賠償金の160万円について御説明申し上げます。これは手賀沼公園・久寺家線に当たります2戸、おうちが当たりますけれども、その分について交渉の結果160万円安くなるということでございます。 ◎治水課長(広瀬忠良君) 同じく50ページの目7、都市排水費のうちの委託料でございます。最初に雨水排水整備基本計画の策定事業の1,000万円の減額なのですけれども、当初は私どもは我孫子市全域の治水計画を立てるべく調査をしていたわけですけれども、この当初の予定では開発地域がかなりあるという判断から、開発の当初の既に埋設されている管だとか、U字溝の高さ、勾配とか、そういうものがある程度開発の中で明確になっているという判断のもとで、委託料を発注したわけでございますけれども、実際に調査をしていきますと、その資料とA地区ならA地区とB地区の開発の整合性というものがとれていないために、結局は最初からやり直さなければならない状況になりました。そのために、当時やっておりました布佐地区と新木地区については、測量から始めまして整備を進めたところですが、全域を進めるためには余りにも測量費がかかり過ぎるということから、その他の地域につきましては少し休止をするという判断をもちまして、今回の1,000万を減額補正するものでございます。  それから次の根戸グリーンタウン排水路改修事業につきましては、この委託料も当初は1,800万余りのお金があったわけですが、最初に測量費として340万円余りの測量を発注しました。その結果、水路の境界が明確にならないために、次のステップの水路改修をするための用地買収ですとか、どういう構造を入れたら物件補償的に家屋がかかってしまうとか、立ち木がかかるとかということが明確になりませんでしたので、暫定として測量だけにとどめまして、次のステップとしては補修という考え方で新年度から出発しようというものであります。そのために、設計を含む1,475万5,000円を減額するものでございます。 ◎公園緑地課長(中野洋君) 24ページ、寄附金を説明させていただきます。その中の5、土木費寄附金。このうち8,835万4,000円の内訳ですけれども、緑の基金寄附金といたしましては、7,348万2,000円のうち、補正前の額を引いた額が7,198万2,000円。この7,300万円の大きな内訳といたしましては、平成9年度に手続が行われました緑1丁目の開発行為による公園用地の帰属にかわるべき負担として寄附をしていただきました。それから緑地保存寄附金ですけれども、このうち大きなものといたしましては、我孫子駅北口で今現在建築中であります三菱地所他2社によります共同住宅、そのうち462戸分の負担金として1,446万円。その他につきましては、他の建築負担金を含めまして1,499万3,000円となっておりまして、その他といたしましては開発負担金としてまた137万9,000円があります。その合計額が1,637万2,000円ということでございます。これらの寄附金は、51ページの方の歳出の方の中に緑の基金積立金として8,890万円として計上されております。以上です。 ◎学校教育課長(竹林幸夫君) それでは最初に歳入の方で、20ページの方から説明させていただきます。20ページの節の6、教育施設整備費等補助金減額が555万5,000円となってございます。これは理科教育振興法に基づきまして、当初交付希望額が小学校400万円、中学校400万円、計800万円の交付希望額でございました。ところが本年、残念ながら追加配当希望も認められませんでして、交付額の決定が小学校が101万7,000円、中学校が142万8,000円、合わせて244万5,000円でございました。したがいまして、555万5,000円の減額補正をさせていただきました。  続きまして歳出の方の53ページの方でございますが、まず小学校費の方で目の2、教育振興費でございますが、こちらの方も理科備品購入費が596万円の減額補正をさせていただいております。これは備品の交付金の方は2分の1の補助でございまして、当初計画では800万円のところで、実際の支出の方につきましては、小学校の方の備品が204万円ということになりますので、596万円を減額させていただきました。  続きまして中学校の方も同様でございますが、2の教育振興費の理科備品購入費の方につきましては、先ほど申し上げましたように、支出額が少なかったために514万円の減額補正をさせていただきました。以上でございます。 ◎社会教育課長(伊藤久君) それでは歳入から説明させていただきます。17ページをお開きください。分担金及び負担金、教育負担金の発掘調査負担金について説明をさせていただきます。歳入当初予算5,800万円を予定いたしましたが、ここで減額補正をしております。減額金額は4,928万4,000円としまして、現予算額871万6,000円に減額するものです。この内容は、民間の開発に伴いまして埋蔵文化財の発掘調査を行う場合、この費用を事業者から全額負担をしていただくということで予算計上をしております。平成10年度並みの予算計上額であったわけですが、発掘事業が非常に少なかったということに伴いまして、この減額となっております。  関連しまして55ページをお開きください。款9、教育費の4、文化費、民間開発発掘調査事業、当初予算歳入と同じく5,800万円を予定をしました。同じく4,928万4,000円を減額し、現行予算871万6,000円に変更しております。これにつきましては先ほど申し上げました民間開発事業の費用の執行予算でありますけれども、これもあわせて執行されないということで減額いたしました。以上です。 ○委員長(増田文俊君) 以上で説明は終わりました。ほかにありませんか。  休憩いたします。                  午後2時01分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後2時02分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。 ◆委員(吉松千草君) 今回、財政調整基金を初め緑の積立金そのほか積立金をずうっとやっていまして、年度末での基金の状況がどうなるのか、ちょっと報告をしていただきたいと思います。 ◎財政課長(村越隆君) 見込み額で御説明をいたします。財政調整基金につきましては8億130万円ということでございます。緑の基金につきましては3億1,000万円でございます。清掃工場につきましては3億3,600万円ほどになる見込みでございます。以上でございます。 ◆委員(鈴木美恵子君) 歳入についてお伺いをいたします。非常に不況が長引いている中で、いまいちまだ景気が回復してきていないという現状の中で、税収については非常に大事な問題であろうかと思います。そういう中で現年度について市税の個人税ですね、現年度についてかなりの伸びを示している反面、滞納分についてはマイナスになっております。また法人分につきましては、現年分が減少しているのと反対に滞納分が増額をしておりますが、これらの中身というか、この要因についてお教えください。 ◎課税課長(山崎康夫君) お答え申し上げます。まず現年度分の個人市民税でございますけれども、確かに平成11年度の当初予算より約1億2,000万円の調定が増をしております。これらにつきましては、当初私の方で予算作成する時点で、確実に賦課できるものをというようなことの中で判断しておりますが、ただ、その後やはり未申告者とか税務調査、いろいろな修正申告等の部分もございます。それは当初案としてなかなか見込めないものでございますので、最終的には毎年こういう形で、少しの金額でございますけれども、大体1億前後の誤差が出てしまうということで、なかなか見込みが難しいものですから、3月の補正で調整をさせていただくと。  それから、あとは金額の伸びにつきましては、当初の徴収率が97.4%ということで設定されておりますので、今回の補正では98%。0.6%伸びがあると。そういうものも含めて今回こういう形で増加になったのではなかろうかと私の方では考えております。  それから法人につきましては、同じく先ほどの御質問の中でもお話がありましたように、大変11年度の予算計上を作成するに当たる時期につきましては、話では緩やかに景気回復傾向が見えるというお話もございました。我々もどう見るかということで大変悩んだのですけれども、10年度の実績決算で調定で6億1,600万円ございました。そこで、11年度につきましては、しかしながら市場がなかなか見えてこない、そういう状況であるにしてもなかなか、いろいろな状況を見ますとそういう傾向が見られないということで、同年ということで見ていたのですね。ところがやはり思ったより景気回復がなくて収入が落ち込んでしまったということで、今回約6,400万円、現年課税分で減額させていただいたということでございます。以上です。 ◆委員(鈴木美恵子君) ただいまの御説明によりますと、法人税が若干現年分が落ち込んでいますから、景気が回復しているということではないような御説明でございます。その中で個人税の分についてかなりの増額になってきておりますけれども、この増額になった要因は何ですか。 ◎課税課長(山崎康夫君) お答え申し上げます。先ほども御説明しましたけれども、当初課税の後に、11年度中に10年分の所得に対しての税務署や市の方で、未申告者とかそういう過年度分の修正とか、いろいろな要素が重なりまして約1億2,000万円ぐらいの調定がふえたということでございます。 ◎収税課長(坂上正之君) お答え申し上げます。当初予算で1億1,324万7,000円、徴収率で21%を見込みましたが、長引く景気低迷により個人の市民税の収納状況は余りよくありません。今回の補正の算出方法でございますけれども、一応昨年度12月の収納状況をもとに、残り1月から3月までの3ヵ月間の収入見込み額を加えてみましても、最終収入見込み額は8,614万5,000円。徴収率も当初で21%を見込みましたが、16%しか想定できませんので、2,710万2,000円の減額をするものです。  それから、法人の滞納繰越分につきましては、当初予算で534万7,000円。徴収率で10%を見込みましたが、当初に想定されていなかった、ある法人の破産事件が終了しましたことにより、約600万円ほどですけれども税の配当がありました。この関係で、667万3,000円を増額するものでございます。以上です。 ◆委員(鈴木美恵子君) 一問一答なので非常に難しいのですが、個人分の現年度の滞納繰越分それぞれ増減あるわけですけれども、その増した部分についてお尋ねします。伸びましたのは、普通徴収、特別徴収に分けてどのようになっていますか。 ○委員長(増田文俊君) 休憩いたします。                  午後2時11分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後2時12分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。 ◎課税課長(山崎康夫君) この御質問ですけれども、1億7,500万円の内訳というのは特につかんでおりません。ただ、普通と特別徴収の割合が大体8割から9割という傾向がございますので、その辺の率からのとらえ方しかできないと思います。大変申しわけないのですけれども。 ◆委員(鈴木美恵子君) わかりました。それでは法人市民税についての方ですが、まだ現年分未納分、それから滞納分についてなのですが、当初は11年度予算書で示されました資料の中で、階層に分けて法人件数、それから課税額について示した資料がございますが、この中でどの辺のランクが一番大きな影響を受けているのでしょうか。 ○委員長(増田文俊君) 休憩します。                  午後2時14分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後2時16分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開します。 ◎課税課長(山崎康夫君) お答え申し上げます。先ほどの法人の補正額の6,430万円の主な減額の範囲ということでよろしゅうございますか。 ○委員長(増田文俊君) 休憩いたします。                  午後2時17分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後2時18分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。 ◎課税課長(山崎康夫君) 予算書の説明の中での階層のどこがということですよね。実は1号法人から3号法人、それから金融機関が主に、正直言って……。それの原因が主です。 ◆委員(鈴木美恵子君) わかりました。あともう1点、税収のところの固定資産税の部分についてお尋ねをしたいのですが、この固定資産税の中で厳しい直撃を受けるのは恐らく家屋分の中の、いわゆる貸店舗ですとか、貸アパートですとか、そういった家屋を持っている方々の固定資産というのはかなり厳しいものになっているのであろうと思います。要するに、店舗または住宅として貸すことによって家賃を収益としてもうけた中で固定資産税を生み出そうとしているという方々が多いと私は思っておりますけれども、不況の中で店舗はお店が入らない、またアパートについては、だんだん老朽化してくれば借り手も遠のいていく。そういう状況の中で年額かなり大きな負担をこの固定資産税はかかってくるわけでありますけれども、こういうことの中で滞納を余儀なくされているというようなケースはあるのでしょうか。 ○委員長(増田文俊君) 休憩します。                  午後2時19分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後2時20分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。 ◎収税課長(坂上正之君) お答え申し上げます。確かにございます。それで私どもの方で今回、昨年の12月からなのですけれども、一応大口滞納者ということで個人の市民税あるいは法人、あるいは固定資産税の大口滞納者ということで、たしか330名ほどリストアップいたしまして、集中的に臨戸訪問やあるいは会社訪問、あるいは呼び出し等いろいろやりまして粘り強い交渉をやったのですけれども、先生が今おっしゃったような形で、例えば我孫子の駅前とか、あるいは天王台の駅前とか、そういった方々とも、私も直接何人かの方といろいろお話はさせていただきました。いろいろ聞きますと、先ほど先生が御質問なさったような形でいろいろ相談を受けてしまったのですけれども、とりあえずことしにつきましてはとても免税額に届かない額で、例を申し上げますと、1万円から5万円ぐらいの額で、現段階では分割納付という形でとどめております。今後につきましてはもう少し調査をいたしまして、当然新年度になりましたら理事者等々といろいろ協議をさせてもらって、方針といいますか、そういうものを仰ぎまして、今後そういった方々の徴収事務について行っていきたいと思っております。 ◆委員(鈴木美恵子君) ただいまの御答弁のとおり、非常にこれは大きな問題なのだろうというふうに思っております。ただ、これは補正予算の場でありますから、これ以上の論議というのは範囲を出ることになりますので、また後ほど所管のところでもお尋ねしたいかと思っておりますが、これらに対する対策をきちんとしていかない限り、増収だけしていたのではやはり事済む問題ではないのではないかというふうに考えておりますので、また後ほど発言させていただきます。 ◆委員(印南宏君) 14ページ、都市計画税についてお伺いいたします。今回のこの3月補正で現年課税分がマイナスの3,460万円というふうになっているわけです。私は常々考えるのですが、税金というのは現年度分をいかに確保するかというのがポイントかなというふうに思っています。滞納にすると、もちろん徴収率も減りますし、行く行くは不納欠損にいってしまうと。そういう意味では現年度分をいかに確保するかということがポイントかと思いますが、今回の14ページの下から2行目ですか、この3,460万円の内訳をお示しください。 ◎課税課長(山崎康夫君) お答え申し上げます。この都市計画税の中の金額3,460万円ですけれども、実はそれにつきましては当初の予算積算徴収率97%から95%に落ちております。それからちょっと詳しい内訳は今わかりませんけれども、ほとんどその状況でこういう金額になっております。あとは調定で若干当初年度よりも、100万単位にはいかないのですが、軽減税率の関係で少し落ちております。以上です。 ◆委員(印南宏君) 確かに平成10年度の決算等を見ても、現年度分の徴収率は97%でありました。そういう意味では、今回は95%というふうになってしまったわけですが、この軽減分を除いて、徴収率が下がった理由についてわかる範囲でお示しください。 ○委員長(増田文俊君) 休憩いたします。                  午後2時26分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後2時27分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。 ◎課税課長(山崎康夫君) お答え申し上げます。申しわけありません。実は徴収率につきましても、たしか土地の方につきましても95%改正していると思います、今回の補正の方で。実は先ほど来からいろいろな状況で厳しい状況で、どうしても徴収率が達成できないという判断から、こういう形で0.2%落とさざるを得ないという判断でしたということでございます。
    ◆委員(印南宏君) ということは、やはり徴収率そのものの設定予算に無理があったという理解でよろしいのでしょうか。 ◎課税課長(山崎康夫君) 確かに0.2%落とした補正をやらせていただきましたけれども、最終的にはこれ以上いくような形で努力していくということでいきたいと思います。一応補正を組んだ段階から、非常に厳しい状況なので95%ということで設定させていただいたわけでございます。以上です。 ◆委員(印南宏君) これ以上はいいのですが、私はこの歳入のことを考えますと、本当に調定額というのを幾らに見積もるのかということと、それと新年度予算なんかもそうですが、徴収率を何%に設定するかによって当然全然違ってきますよね。そういう意味では、これは重要なことだろうと思います。ですから95%に、2%下げても97%という当初の目標に沿って、どのような対策をするかが重要ではないかなというふうに思っています。  質問を変えますが、その上の14ページの市税、目、特別土地保有税についてです。これについても今回、現年課税分が140万円減っております。額は140万円でございますが、実際補正前の金額そのものが977万1,000円のところで、140万円という現年課税分がマイナスされているわけなのですが、この特別土地保有税、年々年々非常に厳しい状況、つまりお金がなかなかいただけない状況になっているふうに見えます。特に我孫子市外にそういう土地を持っている方もいらっしゃるかもしれないし、いろいろな業者の方かもしれないし、この140万円のマイナスの内容についてお知らせください。 ◎課税課長(山崎康夫君) お答え申し上げます。この特別土地保有税額の減税につきましては、現在該当するのが2社ございます。そのうちの1社が納入不能ということで、いわゆる倒産的な形になったということでございます。それにつきましては、収税の方で今年度140万円入る予定だったのだけれども、それを全部払えないということで、とりあえず調定は落としません。あくまでも予算としてはこれだけ入らないということで、減額させていただいた。しかしながら、それについては私の方では収納の方で分納でやっているという話を聞いております。以上です。 ◆委員(掛川正治君) 19ページの款項国庫補助金ですね。これの節の1の人にやさしいまちづくり事業補助金です。これは先ほどエスカレーターですか、それが1基除外した結果ということで、きちっとした御答弁をいただいているのですが、市とJR、そして運輸省を絡めて、基本設計の段階からずっと、これは恐らく上りと下りのエスカレーターということで2基という想定をしたと思うのですが、そういう打ち合わせの過程からやはりどういう結果1台になってしまったかということが疑問に残るのですが、お知らせ願います。 ◎交通整備課長(三門輝君) 御答弁申し上げます。我孫子駅南口の昇降機の工事につきましては、JRに補助をしていただくという関係で、数多くの協議をいたしております。その中で当初は他の駅にも設置されている形、つまり現状の階段の上にかぶせていこうというようなことで進んでまいった次第なのですが、実は現状の階段の上にかぶせるということは、現駅舎を建築基準法上で改築する、いじるという結果になった次第になっております。そうしますと、現駅舎はただいまのあの地域に生きている建築基準法の用途にはそぐわない建物になっておりまして、そのような関係から、もしも階段の上にかぶせるというと、あの駅舎全体を現用途に合った形につくり直す、イコール大変なお金がかかるという答が中間で出ました。そこで、現場で見ていただきますれば、形からといいますか、現駅舎の階段と都市改造の駅前広場の施行区域の境界線にJRの空き地がございました。そこに2基エスカレーター、それからエレベーターを考慮したわけなのですが、その用地の範囲におきましてはエスカレーター2基は無理なスペースでございまして、そこで上りにつきましてはエスカレーターで補い、そして下り上りはエレベーターで十二分用を足すということで、このような結果からエスカレーター1基、エレベーター1基というようなことになった次第でございます。 ◆委員(掛川正治君) 大体、三門さんの説明でわからないことはないのですけれども、市というのは基本計画そして実施計画、そして施工するという、そういうような計画の中でやってきているわけですね。当然設計する段階でそういうことがわかっていなくてはおかしいのではないかと思いますが、当初計画の中では何とか上下のエスカレーターをつくりたいというような中で御努力はしたのだと思うのですが、将来計画というのはあるのでしょうか。階段の上につくかつかないかというのは、これはやはり専門家に当然基本計画を委託するわけですから。それは当初からわかっていたと思うのですよね。ですから、そういうのはちょっと私ら市民サイドから見ますと、ちょっと残念かなと思うのですが。それは今三門さんが言ったように、上りはエスカレーターで、エレベーターもついておりますので、当面はその形ででき得ると思いますが、将来的には、やはり南口は我孫子市の玄関ですよね。計画があるのかないのか、できるのか。そのことを含めて御答弁いただきたい。 ◎交通整備課長(三門輝君) 御答弁申し上げます。まず1点目、御指摘のありました当初から慎重に協議を重ねて変更のない取り組みをいたせという御指摘でございますが、正直に申しまして反省いたしております。今後のかような工事等の推進につきましては気をつけてまいりたいと思います。  それから、南口に下りのエスカレーターの計画はあるかということなのですが、現状では持っておりません。しかしながら、個人的な考えなのですが、福祉ふれあいプラザ等できますれば、また違った形で人にやさしい設備等が必要ではないかと思います。現状ですと、このような御答弁でございます。 ◆委員(掛川正治君) 担当が大変よくやっていただいて、次は湖北駅の南口、そしてその後は天王台の南北。そのように大変順調に、人にやさしいまちづくりのために御努力しているということもあわせて皆様方に感謝はしたいと思います。今謙虚な答えをいただきましたので、将来的に当初計画どおり上下エスカレーターがつくことを期待いたします。  次は19ページのやはり目の今度は4番目ですか、我孫子駅前土地区画整理事業補助金、これが5,450万円減額補正して、その反面北口土地区画整理事業の補助金が7,000万円逆に上積みしている。まさに今南北の区画整理事業の、片一方では大変低迷している。片一方はおかげさまで、北口の方は13年度の完成を目途に順調に進んでいる。この数字がここにあらわしていると思うのですが、これの主な原因というものを担当としてきちんとお知らせ願えればありがたいと思っております。 ◎都市改造課長(根本勇君) お答えいたします。南の区画整理という事業の方の減額につきましては、当初予定していました物件がなかなか交渉に至らずに減額せざるを得なかったということでございます。その背景といたしまして、北口の土地区画整理事業の中で、当初予定していないものの大きな物件が急遽解決を見ましたものですから、あえて南口の方の予算をこちらに回したということでの補助金の内訳でございます。 ◆委員(掛川正治君) 今の課長が大変事業家として一生懸命やっているということは、私も都市建設常任委員会の中でお話をしましたが、北口の方がすっきり片づきまして、今みたいな課長の答になったと思いますが、この減額した件については次年度、今年度ですか、次年度といいますか、12年度の中ではどのような位置づけになるのでしょうか。 ◎都市改造課長(根本勇君) 今このページでは補助金のことで御説明をさせていただくわけですけれども、南口の先ほど申し上げました交渉が進まなかった原因についてどうするのかということでございますが、一部明許繰り越しということで来年度予算に回してございます。 ◆委員(掛川正治君) 11年度予算に5,450万円のこの措置はしたわけでございますので、当然見通しがある中で11年度に盛り込んだわけでございますので、ぜひ12年度にもこの積み残した事業を確実に進めていただきたいとお願いいたしまして、質問を終わります。 ◎都市改造課長(根本勇君) ただいまの御意見に沿いまして全力を尽くしまして、南口の方についても、早い時期にすべて完了するよう努力してまいります。 ◆委員(鈴木美恵子君) それでは45ページの北千葉広域水道企業団出資金についてお尋ねをいたします。これにつきましては当初予算では既に7,836万有余の出資金が計上されております。さらに北千葉広域水道企業団につきましては、このほかに補助金も5,200万円ほど出ておりまして、既に1億3,000万円の出資を見ているわけでありますが、さらに追加180万円という、これはどうして追加をされたのでしょうか。 ◎財政課長補佐(佐藤隆君) お答え申し上げます。この件につきましては国の方から事業費として国の第2次補正で12月の時点で決定されて、事業費が強制的におりてきたと。それに伴って起債をこちらの方で、各構成団体に分配しますので、それに基づいてこちらの方で計上をさせていただいたということです。 ◆委員(鈴木美恵子君) といいますと、県の事業ですからわからなければ結構なのですが、わかる範囲でということになりますと、新たな事業が起こされるというふうに考えてよろしいのでしょうか。 ◎財政課長補佐(佐藤隆君) そのとおりでございます。 ◆委員(鈴木美恵子君) 具体的な中身についてわかれば御説明いただけますか。 ◎財政課長補佐(佐藤隆君) ちょっと内容については今ここに資料を手元に持ってきていませんので、至急に取り寄せて後でお答えしたいと思います。 ◆委員(印南宏君) 31ページ、一番上の基金の積立金の中の財政調整基金積立金3億1,020万円についてお聞きしたいのですが、先ほど吉松委員の方からもこの質問がありました。この3月補正によって3億1,000万円積み立てすることによって14億5,000万円ぐらいになるわけでありますが、ちょっと確認の意味で財政の方に確認したいのですが、この3月補正で3億1,000万円財調に積み立てるということは、当市の予算の特徴であります、いわゆる繰越金を毎年5億円見ているような予算をずっと組んでいるわけですが、3月末の段階になりますからそれなりの見方を見ていると思いますが、3億1,020万円、これを積み立てるということは、それでも一応収支の方の剰余金は5億円ぐらいは見れるということの理解でよろしいでしょうか。確認をしたいと思います。 ◎財政課長(村越隆君) できるだけ50万円以上につきましては補正をしていただいております。そういう結果、財調の方へ回すお金が当初の予定よりも出てきたということなのですが、あわせて5億円の繰越金もそれは達成できるものと見込んでおります。 ◆委員(印南宏君) 十分精査をしての内容だと思います。そこで私の方で確認したいのは、いわゆる繰越金のあり方なのですが、これはちょっと9ページのものを計算しても、例えば繰り越し明許の関係でもちょっと計算すると2億7,900万円あるのですが、いろいろと繰越金というのは仕事をやらなければそれだけ残るというのもあると思いますが、実質の繰越金、例えば見込みですけれども収支をして、それから繰り越しになるべきもの、当然事故繰り越しとかそういうものを引いていって、実質繰り越しとなるものはどのくらいあるというふうに見ているのですか。この暫定予算の方の段階で。3億1,000万円をした上で、実質の繰越金の数字というのはどのぐらい見込んでいるのですか。 ◎財政課長(村越隆君) できるだけ5億円以上は出していただきたいということで考えておりますけれども、事業の数……。ちょっと休憩していただけますか、すみません。 ○委員長(増田文俊君) 休憩します。                  午後2時45分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後2時49分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。 ◎財政課長(村越隆君) 一般的な希望的な観測ということでお答えをさせていただきます。12年度には5億円ということで見込んでおりますから、できるだけそれ以上の繰り越しが出るようにしていただきたいと思っておるところでございます。 ◆委員(印南宏君) それではより効率化、そして実質繰越金が多く残るように努力していただきたいということを申し添えておいて、この財政調整基金積立金の下のページ、32ページに、成田線複線化整備基金積立金というのがあります。これは80万円なのですけれどもね。額がかなり違うのですけれどもね。これは考え方なのですよ、その基金についての。それは厳しい財政状況というのはものすごく知っているのですが、運政審の結果が出たり、成田線の利便化について力を入れていかなければいけないというので、毎年私が期待しているのは、年度末にどの程度までは本当に我孫子市が成田線の複線化整備基金に意欲を見せてくれるかというのを気にしているのですが、たしか当初予算は20万円でしたか。これで今回80万円で、ジャスト100万円になると思うのですが、この複線化基金の現在残高、これを補正した後の現在残高をお知らせください。 ◎財政課長(村越隆君) 9,200万円でございます。 ◆委員(印南宏君) 9,200万円ということで、この成田線複線化整備基金なのですが、これは部分複線化も含めて成田線を整備するのに必要なお金ということの理解はしているのですが、この基金がなくても起債関係でできるようなことも伺っているのですが、この成田線複線化整備基金のあり方として、成田線複線化整備基金をどのぐらいまで積み立てようという今お考えをしているのか、お聞きしたいと思います。 ◎成田線複線化推進室長(三門輝君) 御答弁申し上げます。この成田線に関する基金でございますが、それなりに目標設定はされております。その目標設定はどのような根拠で設定されておるかと申しますと、ごく最近に部分複線化がなされました外房線がございます。この外房線の負担割合から算出してございます。JRが3分の1、残りを地元、県、市町村とそして寄附で補うことになっております。そしてまたこの事業につきましては、起債が起こせる事業でございまして、そのようなもろもろのことを考えまして、しからば実際に工事着手するときにキャッシュ、現金は幾らかという試算をしたわけなのですが、約1億強あれば足りるという試算で受け継いでおります。 ◆委員(印南宏君) そういう意味ではもう9,000万を超えているのだから、何もそんなに積まなくてもいいということですか。私は成田線の問題についてもう一度認識を新たにしなければいけないと思っているのですよ。やはり我孫子市のいろいろな問題がある中で、我孫子の財政を豊かにするのも含めて、キーは成田線沿線の利便化というか、成田線沿線が発展しない限り、なかなか厳しい状況になるんじゃないかと思っているのです。  そういう意味では成田線複線化の100周年という機もあるし、成田線複線化期成会の会長の市でもあるから、つまりこういう成田線複線化整備基金1つとってみても、やはり他市に誇れるようなものにしていかなければならないと思っているのです。ぜひともそういう意味で、成田線複線化の基金についてもそういうことを踏まえて強化していただきたいと要望しておきます。  それとちょっと確認なのですが、この成田線複線化の整備基金なのですが、使用目途なのですけれども、これは複線化のためだけしか使えないのですか。そのほかにも使えるのですか。それをちょっと確認をしたいと思います。 ◎成田線複線化推進室長(三門輝君) 御答弁申し上げます。まず1つおわび申し上げたいと思います。目標は1億円というような答弁をいたしましたことに対しまして、もっとそういうことにとらわれないで取り組めというお話がありましたが、これはごもっともと改めて感じました。  それからただいまの基金の使途目的でございますが、ちょっと基金条例を持参しているのですが、瞬時に出ませんもので時間をいただきたいと思います。 ○委員長(増田文俊君) 財政課長より答弁を求められています。これを許します。 ◎財政課長(村越隆君) 先ほど吉松委員さんの財調の11年度末の決算予想額につきまして、8億130万円と申し上げましたけれども、14億5,000万円の間違いでございます。12年度に繰り入れる額を差し引いた額を申し上げてしまいました。訂正してあわせておわびいたします。 ○委員長(増田文俊君) 暫時休憩いたします。                  午後2時53分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後2時54分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。 ◎成田線複線化推進室長(三門輝君) 御答弁申し上げます。先ほどの基金の設置目的ということでございますが、成田線の複線化に伴う地元負担金の財源を確保するため、我孫子市成田線複線化整備基金を設置するということでございまして、実は委員さんから御提案ありましたように、複線化にとらわれないで、例えば複線化に導くため今期成会が活動しておるのは、現有路線の利便化でふやしていこうという段階を踏んでおります。そのようなことで、現有路線で利便化を図っていくという手法のために必要であるならば、差し支えないかなと考えています。 ◆委員(印南宏君) 今の御答弁ですと、この基金についてなのですが、複線化にとらわれることなく現有路線の利便化にも使用できるという理解でよろしいということですね。確認します。 ◎成田線複線化推進室長(三門輝君) お答え申し上げます。大変恐縮なのですが、できないと表現してございますもので、やはり市民のことを考えれば有利に解釈していけるかと思います。(笑声) ○委員長(増田文俊君) 休憩します。                  午後2時55分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後2時56分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。  休憩いたします。                  午後2時57分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後2時58分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。  ほかにございませんか。                 (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(増田文俊君) ないものと認めます。議案第28号に対する質疑を保留いたします。  暫時休憩いたします。                  午後2時59分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後3時12分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。  議案第28号に対する質疑中、鈴木委員の答弁が保留となっておりますので、この点について保留とし、その他については質疑を打ち切ります。      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○委員長(増田文俊君) 次に議案第35号、平成12年度我孫子市一般会計予算について審査いたします。  議事整理の都合上、歳入、歳出を分割して審査いたします。なお、議会費については、議会運営委員会で十分議論しておりますので、これを省略いたします。  初めに、歳入に対する説明を求めます。             (この後、企画財政部長より説明された) ○委員長(増田文俊君) 以上で歳入に対する説明は終わりました。これより歳入について質疑を許します。 ◆委員(印南宏君) 歳入の市民税について伺います。予算に関する資料の4ページをあけていただきたいと思います。ここに総括書が載っております。これを見て一般的に感じることは、当市の歳入見込み、市民税ですが、かなり近隣の類似都市に比較して、言葉で言うと強気と言ったらあれなのですが、かなりの実績を中心に今年度もいけるというふうに組んでいるように私には見られました。ただ、近隣市の状況を見てみました。そうしたら柏市は市税で3年連続減少しているし、鎌ヶ谷市なんかというのは市税は前年度に比べて4億9,000万円減少しています。八千代市についても歳入の6割近くを占めている−−ちょっと当市と似ているのですが−−市税収入は、5%ぐらい落ちていました。そういう中で当市においては、市民税を中心に、徴収率98、それから調定額についてもかなり思い切って強く見ているというふうに私は思うのですが、強く見たというふうに私は感じているのですが、その背景というか、どうしてこういうような形で見ているのかをまずお聞きいたしたいと思います。 ◎課税課長(山崎康夫君) お答え申し上げます。今の御質問にお答えしますけれども、確かに平成11年度の当初予算から比べて平成12年度の当初予算、調定額で申しますと、約6,000万円から6,500万円の増となっております。御指摘のとおり、強気ではないかということでございますが、先ほどの御説明の中でもありましたように、11年度の最終的なものから見ますと、減となっております。これはその辺の状況を見まして、先ほども補正の方で御説明しましたけれども、見えない部分が11年度もございました。増加する要因が当初はっきりわからないものとかありましたので、その辺を加味してこれくらいであるものがいけるであろうということで、私どもは見させていただいております。  それから、徴収率についても補正で95ということで落としてございますが、去年は96.2、たしか……。98ですか、にとってございます。それらにつきましては、今後の徴収等を含めまして、体制強化の中で徴収に努めると。税全般でその予算に対して確保に全力を向けていくということで、私どもは予算を組ませていただきました。以上です。 ◆委員(印南宏君) わかりました。一般的に新しい仕組みというか、ことしについては介護の関係が新しく、介護の税が入ってくるわけですが、そういう年とか、それから昨今の景気動向等を見ていると、必ずしも景気が向上しているかというと、私が見る限り、リストラを含めてこれからが本格化しているような状況だと思うのですが。そういう中において平成11年度の実績ベース、もしくは一部下げているというふうに御答弁ございましたが、この強気の方の予算をつくったというふうな御説明を受けました。しかしこの中で、例えば4ページの総括書の中で、例えば固定資産税、これは徴収率だけを見てみますと、プラス95%から、12年度は1.2%ですか、96.2と。また都市計画税も、先ほどもちょっと出ましたけれども、これもかなり強気の徴収率にしているのですが、そういう……。市民税については維持を、徴収率は見込みはこのぐらいで来ているのですが、この2つだけはアップをする歳入の見込みになっているのですが、これは何か理由があるのですか。何か施策があってこういうふうにしているのですか。 ◎課税課長(山崎康夫君) お答え申し上げます。今の御質問でございますけれども、確かに11年度の最終見込みの徴収率としては、95%、これは都市計画税ですが、今年度も96.2%、1.2上がっております。それから固定資産税についても、同じような形で対応しておりますけれども、これらにつきましては先ほど来から収税課長さんの方、また私どもの方から、滞納整理を中心とした徴収体制、また税部門の強化を行いまして、その徴収率に向けて対応していくということのあらわれでこういう形になったということで御理解いただきたいと思います。 ◆委員(印南宏君) わかりました。その具体的な施策というか、裏づけというものはどういう点を考えていらっしゃるのですか。 ◎収税課長(坂上正之君) お答えいたします。来年度につきましては、徴収体制の強化ということで4名ほど滞納整理事務にかかわれる人数が増強される予定になっておりますので、一応今年度納税者に対していろいろ交渉はいたしましたけれども、もう少し来年度はきめ細かな対応ができるのではないかと思っております。また、毎年年度当初に作成します事業計画書の中で、今年度はちょっと実績が上がったものがあるのです。それは休日の昼間・夜間の臨戸徴収、あるいは夜間の電話催告、会社訪問、ボーナス時期の臨戸。これがことし徴収率が、昨年から比べると、少しではありますけれども上がっておりますので、新年度はこの回数をふやしていきたいなと。それから近隣あるいは近県で徴収率のいい類似市の視察をやらせてもらったり、あるいは先ほどもちょっと申し上げましたが、年間事業計画の中で徴収率向上を目標とした新しい取り組みを取り入れて、毎年つくっております事業計画の見直しを行い、滞納者の削減あるいは滞納金額の圧縮等に努力してまいりたい、そう考えております。 ◆委員(印南宏君) わかりました。期待をしております。予算というのは、これはどうやって見るかなのですが、原則としては歳入というのは余り大きく見てしまうと、後で大変厳しい状況になりますが、そういう意味では実績ベースでこれでやれるという執行部の御判断なので、ぜひこれでやっていただきたいと思いますが、市税を離れて地方交付税を見ますと、先ほども説明を受けました。これももう実績ベースということでしたけれども、地方交付税そのものは前年度に比べて10億円増の29億3,000万円を見込んでいます。私はこの種の税がふえるというのは大変いいことだというふうに思っているのですが、裏腹に地方交付税をもらうということはそれだけ我孫子市の財政状況が、基準財政需要額と収入額の差で悪化しているからくれるのだろうと思うのですが、今回10億増になった、過大見積もりであってはいけませんので、そういう意味で実績ベースでいくんだと、ふえると積算した根拠についての自信のほどをお聞かせいただきたいと思います。 ◎財政課長(村越隆君) 11年度の実績から申し上げますと、比較的都市部に手厚い配慮がなされた結果というふうに受けとめております。現在のところ、そういう方針が12年度に変わることはないというような、私どもの情報ではそういう判断をしておるところであります。したがいまして、今年度予算を計上している額程度が何とかいただけるものというふうなことで計上させていただきました。 ◆委員(印南宏君) 歳入の見込みで1点気になることをお聞きしたいのですが、ページ数が56ページ、これは使用料の関係ですね。使用料及び手数料ということで、56ページの真ん中の5の土木使用料の中で道路占用料というのが7,100万円ほどあります。これについては道路の占用料でありますから、これは本議会の第23号議案だったかな、その議案等とも関係が深いというふうに思うのですが、これは前年度と同じ金額で出しているのですが、私の理解するところによりますと、この道路占用料については平成8年に改定をされて、この平成12年の5月からですか、本会議で可決されれば新しくなるというふうに思うのですが、これは電信も電話もそうですが、使用料そのものが必ず上がるわけです、上がると思います。特にこういう公共的な要素の深いものは経過措置というものがあって、上がっても10%、大体この1年間は推移すると思いますが、確実に上がるのではないかなというふうに私は思うのですが、この予算そのものは7,100万円という結構控え目な数字だというふうに私は理解するのですが、この点についての考えがありましたらお聞かせください。 ◎道路課長(戸辺憲興君) お答え申し上げます。この道路占用料につきましては、私どもの近辺の市では既に、建設省から出された政令に基づきまして改正してございます。たまたま我孫子市の方についてはやっていなかったということで、急遽ここでお願いしたわけでございます。この来年度の占用料7,100万円、この質問については上がるのではないのかということでございますけれども、私どもの現課が調べて積算してございますけれども、上がるのは電柱のみでございまして、逆に新たに地下埋設物という項目が設置されました。その関係上、よくてこの金額、逆に下がるのではないかと、そういうふうに考えてございます。今回につきましては、緊急的に占用料を条例化した関係上、昨年度プラス100万円程度計上したわけでございます。以上です。 ◆委員(印南宏君) そうですか。そうすると試算した結果としては、この7,100万円より−−23号議案の関係もあるのですけれども−−下がるということですか。下がるということでいいのですね。確認いたしたいと思います。 ◎道路課長(戸辺憲興君) お答え申し上げます。上がるのは電柱のみで、地下ケーブル等につきましては下がります。 ◆委員(鈴木美恵子君) 地方消費税交付金についてお尋ねをいたします。この地方消費税交付金につきましては、前年度並みの9億円という御説明があったように記憶しておりますが、実はこれは補正予算で4,300万円ほどの増額をしております。この前年度並みという御説明をどう……、深い意味があるのだろうと思っておりまして、どのようにそれを理解したらいいのかなと思っているのですが。この地方消費税交付金は、要するに全国の消費税にかかわるものに対して一定の算出基準をもとに各市町村に戻ってくるお金というふうに受けとめておりますが、これは算出基準については恐らく同じ金額を計上しているということは、算出基準が変わったということは考えられないのであろうと。そうなってくると一時的に昨年に消費喚起、消費上向き傾向があって、それが4,300万円という金額で返ってきたけれども、新しい12年度ではそれは期待できないというふうに私は受けとめて聞いたのですが。昨年は地域振興券等がありましたから、いろいろな形でそれにまつわる商工会等の雰囲気づくり、あるいはそれに絡んでの消費、そういったものも考えられると思うのですが、その前年度並みという御説明をいただいた根拠についてお伺いします。 ◎財政課長(村越隆君) 多分に景気等も影響するものと思っております。したがいまして、できるだけ安全な線で計上をさせていただいたということであります。 ◆委員(鈴木美恵子君) そうしますと、補正に出ております4,300万円というのはあくまでも一時的な消費の拡大であったというふうに理解してよろしいですか。 ◎財政課長(村越隆君) ただいま委員のお話のような部分もあると思いますし、なかなか正確に見通しすることは難しい税なのかなと思っております。都道府県税でありますから2分の1が交付されるわけですけれども、できるだけ補正額に合いましたような消費が拡大することは願っているところでございます。 ◆委員(松島洋君) 歳入というのは、税なんかですと、1つは当てっこみたいになってしまいます。これは調定額をどこに置くか、それに徴収見込みをかけていくわけですね、大体が。そうすると、今まで統計的に見てまいりますと、11年度市民税について申し上げます。10年度は徴収率は98.4%でした。当初の予算ですよ、実質ではありません。98.4%。11年度はそれより1%落として、97.4%。今度は0.6%上げて、98%。これは間違いございませんか。当初予算のやつで。 ◎収税課長(坂上正之君) お答え申し上げます。そのとおりでございます。 ◆委員(松島洋君) そうすると、例えば昨年は97.4%、ことしは98%。0.6%ですね。約1%というのは9,000万円ぐらいに当たるわけですよね、その関係は。そうすると0.6%ふやしたというのは、何をもってふやすのですか。 ○委員長(増田文俊君) 休憩いたします。                  午後4時03分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                     午後4時06分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。 ◎課税課長(山崎康夫君) ただいまの質問ですけれども、平成11年度の97.4から98に、個人市民税の0.6伸びたということですけれども、この徴収率については先ほど来御答弁申し上げているとおり、徴収率の体制を図りながらそのくらいは達成できるであろうということで98に設定させていただきました。それから調定で6,000万円ほどですか、11年度当初から比べて確かにふえております。それにつきましては確かに私ども予算を組む場合に歳入欠陥を出してはいけないということの中で、ある程度余裕を見ていました、正直なところ。しかしながら、いろいろ財政事情もございましたので、最終的にはこのくらいなら大丈夫だろうということで、そのくらい伸ばしたということもございます。以上です。 ◆委員(松島洋君) 体制を整えると言いましたね。具体的にはどうですか。 ◎収税課長(坂上正之君) お答え申し上げます。一応人事サイドの方から4名というお話はしております。私ども3月の初めになるのですけれども、課内会議をいたしまして、4名ふえるからどういった徴収体制がいいかというようなことで、今、係員と話し合いを行っている状態なのですけれども、一応大口滞納者、先ほどもちょっと御答弁申し上げましたけれども、大体市内近隣に300、法人も含めまして320〜330件の大口滞納者がございます。それで、今年度緊急ということでリストアップをしまして徴収をある程度はしたのですけれども、残りが約3分の2ほどまだ残っておりますので、その関係で2名ないし3名が特別徴収班みたいなものを設けてやっていただこうかなと。まだ決まったわけではないですけれども。それが1つと、それから現在我孫子地区あるいは湖北・布佐地区、近隣ですか、その3組体制でやっているのですけれど、我孫子地区が件数がちょっと多いものですから、そこに1名ないし2名増強したいなと。そういう形できめ細かな徴収体制をしきたい。現在はそう考えております。 ◆委員(松島洋君) ある一面はわかります。表でいきますと、そういう態勢を整えるから個人市民税の現年度分は98%だと。5億8,000万円ぐらい滞納があるんですよ。滞納についてはそういう態勢を整えながら、昨年は21やっているんです。21%の予算を立てている。その前は23.1%です。ところが、ことしは17.5%。そういう体制を整えると言いながら、減っているわけです。それから固定資産税、償却資産税、土地保有税等につきましても、全部パーセントを落としている。それはちょっと坂上さんの言う体制を整えて徴収率を上げるということと矛盾しませんか。 ◎収税課長(坂上正之君) お答え申し上げます。先生も御存じのとおり長期にわたる景気低迷で、企業が倒産したり、あるいは失業者の増加とか雇用不安という、税を取り巻く環境は本当に厳しいと私も思っております。増強されたから徴収率が上がるというのは、ちょっと私も、上がりますよというような形で答弁はできないのですけれども、とにかく体制が強化されますので、最善の努力をして、当初にこのくらいの徴収率アップというようなことで出してありますので、できるだけそれに届くように努力してまいりたいと、そう考えます。 ◆委員(松島洋君) それはぜひ努力をして上げていただきたいのですけれども、予算の立て方上、税にはいろいろな、それぞれの税によって特色がありますよ。固定資産税はどうとか市民税はどうとか、法人はどう、個人はどうといろいろありますけれども、数字の立て方として、そういう体制で個人市民税だけをアップして、あとは下げているというのは矛盾しませんかという話をしたわけです。ですから、もうそれについては答弁は要りません。  それともう1つ、税によっては前年の実績をもってやってくる、そういう考え方がありますね。それが1つは、交付税がそうでした。実績が10億円アップして29億円になったから、ことしもそれでいくのだろうと。ですから29億円を立てます。  それでは伺います。ゴルフ場。景気等々を勘案しますよ。ゴルフ場利用税交付金。これは前年度は6,000万円の予算を立てました。それで補正で1,000万円を削っていると思います。実質5,000万円です。違っていたら、違ったって言って結構ですよ。ですから実績はない。それから景気の動向等を含めて、また同じ予算を立てるのはおかしいのではないか。  それからその次の、2つ下の欄。自動車取得税交付金。これは昨年度は3億2,000万円を立てました。それで補正で5,000万円を落として2億7,000万円になりました。これ等も景気等の低迷の中で昨年の実績を上回った3億円というのは理屈に合いますでしょうか。 ◎財政課長(村越隆君) 確かに御指摘のとおり、税によって見込み額といいますか、計上した額に若干ばらつきがございます。すべてが前年度並みという立て方はできないと思っていますし、それは難しい話なのですけれども、自動車等につきましては消費といいますか、購入の拡大等を期待した数字という部分がございます。また、ゴルフ場利用税につきましても、できるだけ前年度当初予算並みに利用者がふえていただければということで計上したというところで、大変苦しい答弁になってしまいますけれども、御理解をいただきたいと思います。 ◆委員(松島洋君) 考えているのはそうだと思いますけれども、幾ら考えてみても、これはそういう努力して取るお金ではないのですね。例えば調定額を1,000つくって、それで98で980を取りたいと、納めていただきたいと。それを98.5にしてということはできますよね。ところが、ゴルフ場利用税とか自動車取得税交付金というのは、これは他力本願なんです。他力本願。ですから買ってくれなければだめ、ゴルフ場を使ってくれなければだめ。それは今の社会情勢からいくと、非常に難しいのではないか。ゴルフの練習場から皆だめです。自動車も今まで5年で買っていたものを7年、8年という統計が出ています。先ほどおっしゃったように、普通自動車から軽自動車、そういう動きがあるんです、世の中の。  そういう中で前年実績を上回って、実績を上回るんですよ。増じゃなくて上回るんです。そういう立て方は予算の立て方としては私は矛盾をしているんじゃないかと。希望的な観測で、努力してはできないのです。市長が努力して我孫子市の景気をよくするのはできないんですよ。そういうことから言えば、立て方に矛盾があるのではないですかと。 ○委員長(増田文俊君) 休憩します。                  午後4時17分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後4時19分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。 ◎企画財政部長(渡辺武君) お答えいたします。確かに今財政課長がお答えし、ちょっと苦しい答弁になっているのですけれども、この見通しについては国の将来、来年の経済見通し、これは今何%とはちょっと言えませんけれども、ことしよりもある程度伸びていくというような予測を立てているわけです。その中で私たち、少しでも景気がよくなって、ゴルフ場の利用者も多少はふえていくのではないかと。車もある程度は伸びていくのではないかと。そういうことを見て、多少無理がありますけれども、予算を計上させていただいたというようなことでございます。 ◆委員(松島洋君) 希望的な観測で予算をつけたというふうに理解はします。ただ、経済見通しというのは、私は政府が言っていることは余り信用できないんです。大企業はリストラとか何とかで景気よくなっているんです。ところが、リストラされているのは普通の市民なんです。ですから、消費が伸びないというのは、そこに原因している。ですから、ゴルフ場も自動車も、ほかのそういうたぐいがだめだというのは、私は景気が政府が上向いたと言うのとはまた違うだろうと。今までずっと見まして、そう思っているんです。だから希望的にこうあればいいなということでつけたということで理解します。 ◆委員(吉松千草君) 資料だけでも要求しておきたいと思いますが、予算書のあれは出ているのですけれども、資料にも出ていますけれども、鑑定の資料をお願いします。  それでは2点目ですけれども、地方特例交付金、これは恒久減税との関係で、53ページですね。これは将来はどんどん減らしていくんだというのですけれども、もう少し詳しくお知らせ願いたいと思います。これから交付税の方に算定されていくということになるんですが、という御説明でしたけれども、毎年こうして2億円ずつ削っていくという方向なのか、その辺をお話しください。 ◎財政課長(村越隆君) 当分の間、こういう形で推移するものと思われます。 ◆委員(吉松千草君) ことしは2億円減らして予算計上されているわけですけれども、これについて2億円ずついってしまうと、3年か4年ぐらいの間でなくなっちゃうというふうに思われるのですけれども。そういうことを聞いているんです。毎年2億円というような形なのでしょうか。 ◎財政課長補佐(佐藤隆君) 毎年に充てたわけではございません。たまたま交付税算定とこれは一緒になっておりまして、交付税算定のときに地方交付税特例交付金は支給されることになります。ですから算定は同じときに行われます。交付税が上がれば特例交付金が下がるというようなことになっています。これの算出根拠ですけれども、これは恒久減税の補てんということでなっていますので、そのときによって算定根拠が変わってきます。だから必ずしも毎年2億円ずつ下がっていくというわけではなくて、そのまま前年と同額ということもあり得ます。以上です。 ◆委員(鈴木美恵子君) 55ページの使用料についてお伺いをいたします。ここの中で、一番下の欄ですが、我孫子駅北口自転車駐車場使用料、これについては平成11年度の当初予算よりも400万円ぐらい減額になっております。その一方で、次のページの3行目、屋外有料自転車駐車場使用料、これが100万円ほどアップになっております。そこの間に300万円の誤差があるわけでありますが、この北口周辺の自転車の動向については、使わなくなっているのか、別のところに動いているのか、さもなければ放置をしているのか、この3つしか考えられないのであろうと思いますが、担当の方としてはどのような判断でこういう予算計上をされたのか、その根拠についてお尋ねいたします。 ◎交通整備課長(三門輝君) 御答弁申し上げます。まず我孫子駅北口の使用料でございますが、これにつきましてはこの平成10年度の当初の額は、過日御披露いただきました、平成11年度の補正の額の結論とほぼ同じでございます。と申しますのは、やはり我孫子北口につきましては、特に新たな保管所もあり、職員も3人在駐いたしておりますことから、常に自転車の乗り込む実態を把握しております。その中で我孫子駅北口からあけぼの山公園のバス路線の開設とか、それからやはり都市改造事業が進むことによって道路動線が非常によくなった関係とかで減っているのが確かでございまして、この程度が定着しているという結論のもとに計上したわけでございます。 ◆委員(鈴木美恵子君) そういたしますと、平成11年の補正の額でということで御説明がありましたが、その額云々は伺っているわけではないわけで、減ってきたその方々が今は使わなくなったというふうに考えられるという御答弁というふうに受けとめますが、その方々は自転車を使用しなくなったので、この額については別に放置自転車になっているとかという状況ではないという御説明というふうに受け取ってよろしいでしょうか。 ◎交通整備課長(三門輝君) 御答弁申し上げます。放置には至っておりません。 ◆委員(佐々木豊治君) それでは款の14の県出資金の一覧表をちょっと見ていただきたいのですけれども。この中で県の緊急地域振興雇用特別基金とございますけれども、このようなものが約9項目にわたりましてあるようでございます。これは単年度予算のみの緊急対策で講ぜられたのかということをまずお聞かせ願いたいわけでございますが、お願いいたします。 ○委員長(増田文俊君) 休憩いたします。                  午後4時28分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後4時29分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。 ◎商工観光課長(飯田孝司君) お答えいたします。緊急地域雇用特別基金事業についてでございますけれども、この事業につきましては、市としましては当初10本の事業ということで7,800万円ほどの事業を県の方に要望したところでございますけれども、その後調整をされまして、最終的には9事業、全体で6,900万円ということで内定がございました。この事業につきましては、事業期間としまして平成11年から13年度までということでございます。それでこの9事業の中で2本、中高年の就業パソコン研修とそれから創業者支援につきましては12月の補正で計上させていただきまして、これを行っているところでございます。それで、この事業につきましては13年度で終了ということでございます。 ◆委員(佐々木豊治君) わかりましたけれども、これは字のごとく雇用対策に県の方で特別緊急として計上されたと私は思うのですけれども、しからば先ほども松島議員がお話しされておりましたけれども、このまま推移してずっと景気が向上しますと大変いいわけでございますけれども、このまま衰退がずっと続きますと、これらの予算が今後市民の要求、あるいは今まで計上された予算について、どのように13年度以降考えていくのかということ。将来構想ですけれども、予算の将来構想について、まずお伺いしたわけでございます。 ◎商工観光課長(飯田孝司君) お答えします。かなり最近経済が低迷しているということで、また雇用の方も悪化しているというような状況の中で、国の方でこのような緊急雇用特別基金事業ということで出したわけでございますけれども、この事業におきまして、国の方としては30万人強の雇用を創出するということでなっております。県といたしましても、事業費としまして80億9,700万円の事業費に対しまして1万2,000人の雇用を目標としているということでございます。この事業につきましては、あくまでも期間限定ということでなっておりますけれども、雇用の方がかなり厳しいという状況の中では、できれば私どもといたしましては、これは予算の関係もございますけれども、引き続き事業については行っていきたいと。それは私どもの所管してございますパソコン研修と、それから創業者支援事業ですね。そういったものについては引き続き行っていきたいということで考えてございます。以上です。 ◆委員(吉松千草君) 56ページ。保健衛生使用料で、今度、休日診療所の使用料、それからこれは保険からくる分、個人が負担する分が計上されていますけれども、これの積算根拠というのは、初めてのことですので、初めてというか本格的にはこれから始まるわけですから難しいと思いますけれども、大体どういうふうにしてこの金額が出たのかをお知らせください。 ◎保健福祉部主幹(鈴木孝君) お答えします。数字につきましては9年度の初期と2次の我孫子市における受診者数ですか、これを一応根拠にさせていただきました。この数字が2,790人という数字がございまして、これの約65%、1日平均25人ということで推計をした数字でございます。この数字につきましては近隣市におきます流山市におきましても大体年間−−9年度でございますけれども−−2,436人という数字が出ております。これを単純に計算しても、大体1日平均34人というような数字が出ております。この人数に医療費1人5,000円という数字を掛けまして、医科につきましては900万円、歯科につきましては年間230人という数字を見込みまして、医療費4,500円を見込みまして103万5,000円、トータルとしまして1,003万5,000円ということで歳入見込みというような数字を出しております。 ◆委員(吉松千草君) これは流山市とか、それから今現在の状況を勘案して、こういう数字が出たということというふうに承りました。今の状況からいくと、1日大体25人というお話でしたけれども、これまでの実績ではどれくらいになっていますでしょうか。 ◎保健福祉部主幹(鈴木孝君) お答えします。2月分の実績としまして、医科につきましては345名、歯科につきましては14名の実績がございます。単純に言いますと、実質的には1日当たり70名前後の実績があるというふうなことでございます。 ◆委員(吉松千草君) これがそのままで維持するとなると相当大幅に補正が出てくるということになろうかと思いますし、1年様子を見なければわからないということなのだろうと思いまして、ちょっとお聞きしておいたわけですけれども。この数字は確実に担保されるという見通しだということですね。 ◎保健福祉部主幹(鈴木孝君) これは最低のラインだと考えております。 ◆委員(吉松千草君) 先ほど鈴木委員の関連でお聞きしようと思ったのですけれども、北口の自転車駐車場の使用料、補正のこともあって減額されているのですけれども、それによりますと北口の自転車駐車場の使用率というのですか、大体どれくらいに今なっているのでしょうか。 ◎交通整備課長(三門輝君) 御答弁申し上げます。2月29日に調査してございます実数から申し上げますと、69%でございます。2,889台のキャパシティがあるところに1,993台、69%でございます。 ◆委員(吉松千草君) 同じく農業使用料で、市民農園の使用料が前年に比べると100万円ぐらいふえているのですけれども、これは今高野山新田のところに随分広くつくられていますけれど、あれが使用開始されることが見込まれた数字でしょうか。お答えください。 ◎農政課長(飯島守君) お答えいたします。ふえている理由ですけれども、例えば吉松委員さんがおっしゃられましたようなことでございまして、95区画、高野山ふれあい市民農園でふえる分が増額となっております。 ◆委員(掛川正治君) 65ページの款県支出金の節2ですね。自転車駐車場整備事業費補助金として170万円いただいていますが、説明では布佐東駅前整備のためということになっております。前に布佐駅の橋上駅舎のときに川を渡った隣の利根町からそれなりの補助金をかなりいただいたという記憶があるのですが、かなり利根町の人もこの駐輪場を使うかなという気がいたします。そういう中で利根町とのまちづくり協議会等もございますが、そのようなことを諮ったことがあるのでしょうか。これは県の支出金なのでちょっとなじまないかもしれませんが、やはり事業費はかかるわけであります。そういう中でそのような経過措置があったか否や、お答えください。 ◎交通整備課長(三門輝君) 御答弁申し上げます。利根町とのまちづくり協議会があるわけですが、その中でいろいろな議題を設定しましてお話し合うわけですが、特にこの布佐駅の駐輪場に関しましての議題設定をして細かく話してございません。しかしながら、既に市長への手紙あるいは電話やら生の声で、布佐駅東につきましては、現在、本来置くべきところではない水路のふたの上に置いたりとかという実態がございまして、利根町の方からも、ぜひ駅前の方にしっかりした自転車駐輪場をという声もございまして、それがまた利根町なりの声を集約した代弁だとも考えておりまして、このたびのしっかりした整備に踏み切る次第でございます。 ◆委員(掛川正治君) この項目での質問になじまないかもしれませんけれども、今言ったように利根町の方の方たちがかなり使うやに聞いております。そういう中でやはり向こうの方に負担金を求めるという行為が、また話をすることは一向に構わないと思うのです。ですから、実際にいただけるかいただけないかは非常に難しいと思うのですけれども、そういう御努力を願いたいと思います。それは答弁は結構です。  次は55ページの款の11ですね。目2の土木費負担金で、柏市から排水整備負担金をいただいております。それは金谷堤樋管流域の柏市ともども都市排水のために、635ヘクタールの金谷堤樋管流域の26%が柏流域であるという中で、その協議がいまだ続いている中での負担金措置というふうに考えてよろしいのでしょうか。 ◎治水課長(広瀬忠良君) お答えいたします。金谷堤流域の柏市と我孫子市の協定に基づく負担金でございます。ですから、掛川委員から言われた、細かいパーセンテージは流域によって違ってきますけれども、例えば4号排水路ですと、柏市さんが20.2%の負担金。それが久寺家ですと、ちょっと多くなって33%程度だったと思いますが、負担金をもらうということで、おのおのばらばらにはありますが、いずれにしろ金谷堤に流れてくる柏市と我孫子市の流域の面積割合によって負担金をもらっている金額でございます。 ◆委員(掛川正治君) 大体そんなところかと思って質問もしてみたのですけれども、ただ金谷堤や何か、常設ポンプがありますよね。そういう維持管理とか、いろいろこれからずうっと続くわけですけれども、やはり柏市との流域のこれはずうっと続けていって、ずうっと負担をしていただく。近隣の町、市とこういう協議会の中で負担金をいただくというのは大変まれに見るケースと聞いておりますが、今課長が答弁したように、今後もこの金谷堤流域の協議会を柏市と持って、半永久的にといますか、ずうっといろいろな行為で負担をしていただくということになっているのか否かを質問いたします。 ◎治水課長(広瀬忠良君) 今のところですと、柏市さんとそういう協議会を結んでおりますので、今後とも維持管理にかかる以上は続くと思っております。 ◆委員(吉松千草君) 64ページ、県支出金のうち総務費県負担金。今年度は昨年度より150万円ですけれども減っていますね。地方分権ということで県からの仕事がいろいろおりてきているというふうに思うのですが、それがふえているのに予算の方が減るというふうに読み取れるのですけれども、これまで……。まず1点目の質問は、今年度なぜ減ったのかということについてお答えください。 ◎行政改革推進室次長(富田佐太郎君) この権限委譲交付金については、処理した件数によって県の方で算定するということになっています。地方分権の拡大に伴ってということではなくて、年間の実績によって算定されますので、それによって減額をされているということです。 ○委員長(増田文俊君) ほかにございませんか。                 (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(増田文俊君) 歳入に対する質疑を保留いたします。  休憩いたします。                  午後4時47分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後5時02分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。これより歳出等について当局の説明を求めます。             (この後、企画財政部長より説明された) ○委員長(増田文俊君) 以上で説明は終わりました。これより歳出等について質疑を許しますが、質疑は款別に順次行います。市政に対する質問については各款別の審査に含めて発言を許します。  これより総務費について質疑があれば許します。                 (「休憩」と呼ぶ者あり) ○委員長(増田文俊君) 休憩いたします。                  午後5時48分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後5時56分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。これより総務費について質疑があれば許します。  暫時休憩いたします。                  午後5時57分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後5時58分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。 ◆委員(関谷俊江君) 予算書の104ページ、高野山・東我孫子地区近隣センター建設事業というのがありますけれども、これについてお尋ねします。当初12月の懇談会のときには、3・5・15号の下の農用地はどうだろうというような説明会があったのですけれども、次の説明会の中では、それは農用地なのでまずいのではないかという説明の中で、区画整理のための先行取得してありました今現在ここにあります高野山の土地、実施設計をしようとしているここになったということで説明を受けましたけれども、この辺の話をもうちょっと詳しく知りたいなと思います。どういうことで変更になったのかということをまず聞かせてください。 ◎地域振興防災課長(浅倉泰司君) お答えいたします。必ずしも当初から特定の場所にこだわって用地の選定に入ったわけではありませんでして、私どもB−3住区、高野山・東我孫子地区に近隣センター用地を候補地と選びましたのは、実は現在希望しております高野山453番地の都市部の行政財産のところ、あるいは今御質問にありました高野山新田地先の農振の農用地の水田、あるいは356沿いのまさに近隣センターの建設にはふさわしいだろうという場所等々7ヵ所を候補地としてピックアップしていたわけでございますけれども、予算のヒアリングの中で、こういうように財政事情の逼迫したときであるので、現在利用のされていない市有地を第1の候補地にしたらどうだと、こういうふうなことが主な理由でございまして、もちろん高野山新田地先を断念したについては、それなりの私どもの方でも農政サイドとの協議の中で断念した理由は2〜3ございます。以上でございます。 ◆委員(関谷俊江君) 今のおっしゃり方だと、断念したという言葉ばかり耳に残ったのですけれども。ということは、第1希望ということだったのでしょうか。 ◎地域振興防災課長(浅倉泰司君) お答えいたします。必ずしも第1の候補ということではございません。ただ、現在の用地が何分都市部の行政財産ですので、それともう一方では、当該地が、予定しているところが進入路が非常に狭いというようなことで、それらの整備と総合的に、また私どもでは、現計画ですと既存の道路を使うことなく新たに進入路を設けたいというような考えも一方では持っております。そういった中で、現在使用されております中学校、あるいは地権者が6名おります、それらの方々の同意が得られるというような複数の前提がクリアできれば、そういうところに、現在予定しております高野山地先に決めたいということでございます。 ◆委員(関谷俊江君) わかりました。そうすると、当初先行取得していたということで区画整理の方は行政としてはどのように考えているのでしょうか。 ○委員長(増田文俊君) 休憩します。                  午後6時02分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後6時03分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。 ◆委員(関谷俊江君) このことについては所管外だということで、最終日にということですので、そのようにさせていただきます。 ◆委員(吉松千草君) 施政方針の中で、この高野山の近隣センターについては「子ども交流広場と天王台地区社会福祉協議会を予定しています」というふうに出ているのですけれども、これはどういう経過でこういうことを決められたのでしょうか。私は、こういう近隣センターを建てていく場合、まちづくり協議会がつくられていてそこでいろいろ話がされているというふうに思うのですけれども、その話された経過をお尋ねしたいと思います。 ◎地域振興防災課長(浅倉泰司君) お答えいたします。実はこの第7館目の高野山地先につくります近隣センターにつきましては、コミュニティ整備計画の見直しの中で複合ということを位置づけております。そういった中でありまして、庁内的に平成11年度−−まさに今年度なのですけれども、いかような行政目的の用途のものを、どの程度の規模に、どこに建てるかというようなことがテーマでありまして、私どもは庁内の複合化の検討を6月6日を第1回としまして幅広く庁内の各課、あるいは行政委員会も含めまして、複合化に向けまして十数回に及ぶ検討をしてきたところでございます。  一方、現在、正式にはこの地域に近隣センター建設推進委員会というものがございます。その方々は有志からなっておりまして、この推進委員会の方から行政側に対しまして、近隣センター部分としてはこういうような施設を望みます、一方、複合についてはこのような複合の施設を望みたいという形で要望書が出ておったわけですけれども、それはそれとしまして私どもの方では要望書はいただきましたけれども、地区の要望のみならず庁内的な私どもだけで答えることはできませんので、今庁内の意見聴取をしているところですので、いましばらくこの複合部分についての用途については御容赦いただきたいということで帰っていただいたというようなことでございます。  そういう結果、6月4日を皮切りに今年度を迎えるごろまで数回にわたりまして庁内の検討の中から、市長が施政方針で述べました用途を決定したというようなことでございます。 ◆委員(吉松千草君) ちょっと唐突に出てきたので、おやっと思ってしまったのですけれども。今、庁内の検討の結果こういうことに決めたというお話のようですけれども、広域的にどういう施設をどこに配置していくかという計画書はあるのでしょうか。 ◎地域振興防災課長(浅倉泰司君) お答えいたします。私どもの方ではコミュニティ整備計画で近隣センターをつくる計画は持っておりますけれども、その中に複合として入る部分の用途あるいは規模等については私どもの方の所管ではないわけでして、ちょっとここでの答弁は御容赦いただきたいと思います。 ○委員長(増田文俊君) 休憩いたします。                  午後6時08分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                     午後6時10分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。 ◎企画課長(青木章君) 正確な答弁にはなりませんですけれども、複合施設を調整するに当たりましての経過も含めまして、ちょっとお話をさせていただきたいと思います。地域振興防災課の方のただいまの答弁のとおり、年度当初から地域振興防災課で複合機能の調整を行ってまいりましたが、予算編成も近づいてまいりまして、私ども企画課も一緒に入りまして調整を行いました。その中で、ただいま福祉総合計画の中の後期計画の中に児童館のモデルの設置というのがございまして、小規模の児童館をモデルとして後期に設置をするというような位置づけがございました。そういうようなことから、子育て支援課の方と協議をいたしまして、今回複合機能の中に入るというようなことで調整をとったというようなことでございます。全市的な計画につきましては、ちょっと私どもにはわかりかねるものでございます。 ◆委員(吉松千草君) こういうものにつきましては、そういう計画なりが示されていないままでポンと出されますと、本当にこれはわからないのですよね。どうしてこういう経過になったのかなというふうに思わざるを得ないんです。それで、やはりモデル事業ということになったとしても、もう近隣センターは幾つも建ってきているわけですから、例えばここで今議論をするのがいいかどうかわかりません、所管外ということになろうかと思いますね。今出されました児童館についてはここで言えないので、最終に持ち越しかなというふうに思いますけれども、計画は示されていない。福祉協議会についても、これは6ヵ所に配置するということが、地域の地区社協ですか、それは計画はあるというのは聞いていますけれども、今出てきた児童館なんていうのは、まだこれからのことじゃないかというふうに思うんですよね。それで、やはり計画をきちんと立てておいていただかなければ、これは本当にそのときばったりの対策と言ってもいいんじゃないかというふうに私は思っていますので、その辺を示していただいてからにお願いしたいと思っております。いろいろかかわりがありますので、総合的な最終日になろうかと思いますので保留いたします。 ◆委員(掛川正治君) 高野山のことは当然位置づけがされて近隣センターを粛々とやっていただくのは大いに結構なのですが、場所選定が区画整理、高野山のまちづくりをダイナミックに、道路の供用に使うとか、そういうような目的であの土地を買ったやに聞いております。あれはたしか補助金をもらわないで単費で買ったのだと思うのですけれども、一般行政財産に戻してというなら構わないと思いますが、そういうような……。将来、高野山はやはり道路が狭隘で、あのままでいいなんて思っている人はだれもいないのですよね。そういう中で今担当課長の方からお話がございましたが、6メートル以上の道路が近隣センターに取りつけられて、将来的に高野山に消防車、救急車、そういう車が入れるようなまちづくりがこれに加味されていけば、これは議会としてだれも反対する人はいないと思うのですが、その見通しがあるやには話はございましたが、やはり手続をきちっとしないと、あの土地をなぜ買ったのだと。その土地を買ったのは、そのとき間違いだったのかということにもなってしまうのですね。ですから、行き当たりばったりで土地を買ったのかということにもなりますので、内部協議等々がどのように決まって現在があるか。また、所管が違いますので申し上げられませんけれども、最終日の総合の中で、今吉松さんも言っておりましたけれども、やはりトータルのまちづくりの中で果たして、今まで7ヵ所といういろいろな候補地があって、その中から−−予算が大変厳しい中ですから−−あの場所が選ばれた、これはこれなりに仕方ないと思いますけれども。ただ行政ですから、手続を踏んだのか踏まないのか、そこいらのことをまずお示し願いたいと思います。 ◎地域振興防災課長(浅倉泰司君) お答えいたします。先ほど私、7ヵ所と答弁させていただいたわけですけれども、当然この7ヵ所につきまして候補地の比較検討を用途地域あるいは位置の関係、道路、交通アクセス、土地の形状、あるいは下水、それから用地の経済性、造成費等々について比較検討させていただいたわけでございますけれども、私どもの方が管理している土地でない都市部の行政財産をその候補地の中に、私どもの方では現在我孫子市所有地という形で記載させていただいたわけでございますけれども、冒頭回答しましたように、こういう財政事情が逼迫しているのでこの地がよろしいのではなかろうかと、このような結論に至ったわけでございます。 ◆委員(掛川正治君) ということは、目的外なんですね、この土地がね。行政内部できちっと手続もとられたということでございますか。 ◎地域振興防災課長(浅倉泰司君) そういう面では事後承諾といいますか、一定の私どもの近隣センターを建てることにつきまして都市部の理解は得られております。ただ、取りつけ道路等について、まだ若干幅員、あるいは面的な整備なのか、あるいは線的な整備にするのかということで、全体20.7ヘクタールを都市部は考えておりますので、進入路等あるいは周辺の道路整備については、まだ若干詰め切れないところがございます。しかしながら、何とか事後承諾でも都市部の理解は得られたというふうに判断しております。 ◆委員(掛川正治君) 都市部が当然、高野山の区画整理ということであの土地を、大変高い、当時は、議会でも単価的に高いんじゃないかというようなことでえらい問題になった中で、やっと取得した土地ですよね。それが今都市部の方で理解が得られたからということで、担当部同士でそのような行為が行政の中でなされていいのかというのは大変疑問に感じるのですけれども。 ◎地域振興防災課長(浅倉泰司君) この場で私の方からこれ以上の踏み込んだ回答はちょっとできませんので、きょうのところはこれ以上の回答は控えさせていただきたいと思います。 ◆委員(掛川正治君) なかなか担当としても、一生懸命やった中でこういうことを言われるのも大変つらいところでございますけれども、私たちも議員として行政を監視し、またきちっとした形で税金が使われることをやはり監査するという立場の中で、やはりこういう土地利用に関しては、それこそ何でもありというようなことがあってはならないという中で、私も今質問をしております。これ以上担当の方に聞くというのは大変厳しいことでございますが、今市長以下部長、そうそうたるメンバーがここにいるわけですから、これは最終日にそのことをきちっとまとめてまた質問いたしますが、きちっとした市民にわかるような答弁をしてもらいたい。  そしてまた、先ほども言ったように、あの場所で私も大いに結構、あの場所はすばらしいところで、東我孫子、高野山の市民が、また我孫子市民が使える土地としては、私はあの場所はすばらしい土地だと思います。また逆に30、50というようなことで、それこそ建築、また容積ともども空間を大変伴う場所でございますので、利用の仕方によっては高野山の近隣センターはすばらしく、今からでき上がるのが楽しみかなという思いもいたします。  ただ、私もやはり先ほども申し上げましたように、高野山がもう何十年、20何年、とにかく違反建築は高野山だと言われるような、それで行政の手が全く入らないという中で、やはり行政が将来的に高野山の面整備をするには、やはり道路そして下水やなんかも通さなければならない。そういう宿題を抱えて都市部があの土地を買ったんですよね。ですからこのことをやはり皆さんがよく頭に入れていただいて、進入路が、私も会派の予算説明の中でも申し上げましたが、6メートルというようなことで、地主さんが一部協力するやに聞いておりますけれども、せっかくつくるところですから、それこそ片側1.5メートルか2メートルの歩道をつけて、桜並木でもどんなのでもいいですから、我孫子の中学校の前から高野山へ将来的には迂回ができるような道路の一助になればと、私は個人としては思っております。ですから、その道路の見通しというものをやはり担当課としてはきちっとつけるということが、やはりあの地に高野山の近隣センター並びに複合施設ができる1つの大事な答えではないかなと思っておりますが、もう一度その点のことを御答弁願います。 ◎助役(土田栄吉君) それでは私の方から、都市部所管もちょっと入っておりますので、総括的にお答えをしたいと思います。この高野山の近隣センターの用地につきましては、先ほどから答弁がありましたとおり、企画財政部、また担当の市民部、あと経済環境部ということで三者が、いろいろ協議をしておるところでございます。土地の選定につきましては、先ほど関谷委員の方からもありましたとおり、3・5・15号線の農地ということもありましたけれども、あれにつきましてはちょっと農政上の問題があるということで、高野山の方に今の段階では絞らせていただいたと。それで、今議論になっております土地区画整理の用地はそれを目的として購入いたしましたので、都市部との協議をしております。都市部は、御存じのように、高野山地区につきましては区画整理ということで何回も検討したわけですけれども、非常に難しい問題が残っていまして、なかなか進んでいないというような現状がございます。そういう点におきまして、あの土地を−−財政的な見地もありますけれども−−利用したらどうかというような内部で話が持ち上がりまして、都市部との協議に入りました。都市部の方でも、非常に利用に向けては非常に難しいというような基本的な考えに立って、できれば将来のまちづくりということの1つの、問題点は残しますけれども、今のところ土地を利用してもいいのかなというような話になっております。  ただ1つ条件といたしましては、まだまちづくりは断念したわけではありませんので、基本的に先ほど掛川委員から出ましたとおり、できれば幹線道路、これはぜひ必要だということで、都市部としては、あの近隣センターの構築とあわせて8メートルの道路を何とかつくっていただきたいというのが都市部の基本的な考えです。それで迂回道路のようなやつでまた356に戻す計画とか、それとか356から3・5・15号線に抜く道路とかいろいろな考え方はありますけれども、都市部とすれば、その土地の利用の状況に応じて8メートルの道路と。今ちょっと調整が入っておりますのは、実際は6メートルの道路の用地の手当てがありまして−−これは民地ですけれども、そこにまたあと2メートル拡幅するということになると、いろいろな地権者に対しての障害も講ずるということがありますので、最終の詰めを今都市部の方と調整をしていると。まだ正直言って、この段階では結論は出しておりませんけれども、都市部との協議の段階で道路の築造とあわせて土地の利用については協力いただけるのかなと、このような状況であります。 ◆委員(掛川正治君) 助役から大変丁寧な御答弁をいただきましてありがとうございます。高野山がああいう狭隘な土地で何か区画整理からも見放されて、制度上は調整区域に繰り戻すところを、30、50という何か風致地区みたいな形で、何か違反建築の巣みたいになっている。そういう中で、ぜひ今助役さんが言ったように8メートルの道路を何とかつくっていただいて、将来的に、やはり高野山あたりはすごく我孫子市内でも高台ですばらしいところですよね。ですから私も個人的には皆さんがあのところに近隣センターをつくる、また地元のある程度の同意も得ている。そしてまた合築も、庁内で論議してそれなりの合築相手を見つけて、今回設計に供すると。担当課も大変努力して、その汗も認めるところでございますけれども、ひとつそのことはよろしくお願いします。  あともう1つ、先ほど浅倉課長の方からお話がございましたけれども、近隣センターをつくるに際して、有志がまちづくり協議会のかわりみたいなものをつくってというようなお話がございましたが、1点確認したいのですが、大概今までは自治会を中心にして、その連合会ですか、そういうものの中からまちづくりというものをやはり話し合いの中でつくっていくと。そういう手法がとられてきたわけでございますが、一部の有志が勝手に意見を言って勝手につくるというようなふうには考えておりませんけれども、やはりそこら辺をきちっと整備していかないと、将来地元でいろいろな意見が出てくる。やっぱり市民という言葉の定義は難しいのですよね。やはり自治会とかそういうきちんとした形の中で取り組んできた。今回、高野山はそのスタイルが違うんでしょうか。 ◎地域振興防災課長(浅倉泰司君) お答えいたします。先ほど私、建設推進委員会というふうに申し上げました。これは有志からなっておりますことも申し上げたところでございますけれども、これから高野山・東我孫子地区には自治会が8つございます。ですから自治会の役員さん、それから子ども会、あるいは老人会、サークル、ボランティア団体等から、幅広い階層からなる建設準備会もしくはまちづくり協議会の準備会というようなものを立ち上げまして、広く基本設計、実施設計に反映していきたいと考えております。 ◆委員(掛川正治君) 担当から今そういうようなお話をいただいたので、私も安堵しています。個人的にも高野山の近隣センター、またその複合施設に向けて応援をしていきたいと思います。どうか先ほど私がるるお話をした中で、ぜひ道路の件、いろいろございますが、今の自治会の件、そういうことをトータルにきちっと、どこから見ても高野山のあの場所に近隣センターをつくってよかったなと、そんなように言われるような立派な施設、それをつくってもらいたいと思います。規模等というのはどのぐらいの規模か、そのこともちょっと最後に伺って、駐車場の問題とかいろいろなことも当然担当としてはやっていると思いますが、含めて最後に御答弁願いたいと思います。 ◎地域振興防災課長(浅倉泰司君) まだこれは私どもの机上の案でございますけれども、近隣センター部分でおおむね550平方メートル程度、それから複合部分で300ぐらいになるのかなと。それで1階にした場合には870〜880平米の延べ床面積、2階建てにした場合には階段あるいはエレベーター、あるいはトイレ、給湯室等々ありますので、おおむね1,000平米を若干切るような延べ床面積になるのかなということをイメージしてございます。  それと駐車場につきましては、駐輪場45台、駐車場も45台程度は敷地内に確保したいというふうに考えております。 ◆委員(掛川正治君) 大体施政方針やなんかに書いてあるとおりでございますが、ぜひ地域住民の声を聞いて、その900平米という形だけにとらわれないで、それこそ20平米、30平米多くなっても、これからは私も再三言ってまりいましたけれども、近隣センターには厨房施設があり、いよいよ男女参画時代という中で、男が厨房に入る時代にますますなっていきます。ですから、そういうことも地域住民の声を聞きながらしっかり施設をつくってもらいたい。これはお願いでございます。答えは結構です。              (「休憩してください」と呼ぶ者あり) ○委員長(増田文俊君) 休憩いたします。                  午後6時30分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後6時31分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。  休憩いたします。                  午後6時32分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後6時34分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。 ◆委員(松島洋君) 今、高野山の近隣センターの問題で、ちょっと私は不思議に思ったのですけれども。浅倉さんに聞きますけれども、近隣センターというのは今までどういう形でつくってきましたか。どういう形で。例えば湖北の近隣センター。まちづくり協議会というのがあって、さんざんやりましたね。布佐平和台から始まって、全部そういう姿勢で近隣センターというのはつくってきたんじゃないんですか。近隣センターができるまでのことをちょっと言ってくれますか。私は高野山の近隣センターはだめだとか言っているんじゃないですよ。ちょっと今までと違ったんじゃないかなと。 ◎地域振興防災課長(浅倉泰司君) お答えいたします。高野山が別に異質なわけではありませんで、現在つくっております久寺家にしましても、最初の立ち上がりは、やはりこの地に近隣センターが欲しいですよと。こういう形で、まず集まった方が建設推進委員会なりあるいは建設準備会と、名称はさまざまでありましたけれどもそういう形で出発しまして、まちづくり協議会あるいは前段の準備会という形でできたときに初めて立ち上がりのための活動補助金というものを、近隣センターのないまちづくり協議会については低いわけですけれども、そういう形で補助金を出して、それででき上がった後に活動補助金という形で一定額の定額で補助金を出してきたというふうなことで、必ずしも私が先ほど言いました建設推進委員会あるいは建設準備会、いろいろな名称、呼び方はあろうかと思いますけれども、高野山につきましても他の地域とそんなに大きく変わっているというふうには判断しておりません。 ◆委員(松島洋君) 近隣センターというのは大体、場所はこれはしようがないですね、土地の関係がありますから。土地はここですよと。大体こういう計算によって、平米数がこのぐらいですよ。予算はこのぐらいです。そういうことを提示をして、それで皆さん方がいろいろ協議をしてつくったというふうに記憶をしているんです。ですから、外から見るとちょっとこれはこうだなという気もする近隣センターもございます。しかしながら、地域の人たちがさんざん一生懸命協議をしてきた結果がそうです。しかしながら今度の近隣センターは、今、浅倉さんがもう既に面積を言いましたですね。それで近隣センターとしては初めて児童館らしきものを併設すると。これは我孫子の近隣センター構想の大きな変化ですよ。変化じゃないんですか。近隣センターの併設というのは我孫子で初めてでしょう。そういうことからして、もう市の方針は既に決まってしまっている。そうじゃないですか、市長が施政方針で言ったのですから。それでこれから地元にどう広げるんですか。今までと違うんじゃないですか。 ◎地域振興防災課長(浅倉泰司君) お答えいたします。実はもともと10年ほど前にコミュニティ整備計画というものができまして、一昨年3月に各委員さんにも配付させていただいていると思いますけれども、年々できる近隣センターが規模が大きくなり、かつグレードが華美になってくるというようなことで、一昨年の3月に見直したわけでございます。そうした中で、第6館目の久寺家についてはミニのモデル館としましょうと。第7館の高野山・東我孫子地区については複合館のモデル館という形で位置づけておるわけです。したがいまして、地域の住民の方々も当地区にできる近隣センターは複合館になるということは、当然皆さんが御存じの内容になっているわけでございます。  さらに私どもの方では、おおむね先ほど冒頭申し上げましたように、延べ床面積というものを考えておりました。そういった関係で、用途地域からいった場合に建ぺい率6割、もしくは容積率150というような場合ですと、おおむね2,200平米ぐらいの敷地が必要なのかなと。それでアバウトな数字ですけれども、地価がかなり下がってきたとはいえども、おおむね平米当たり16〜17万円の債務負担をお願いしなければならないのかなとか、いろいろ7ヵ所の中でも検討したわけですけれども、当該地が建ぺい率が30、容積率が50と非常に低層な、また高度利用できない地域ですので考えたわけですけれども、おおむね私が先ほど言いました規模ですと物理的には建つ規模なのかなと、そんなことで決まったというような次第でございます。 ◆委員(松島洋君) あの地区は多分50、100ぐらいですか。30、50ですか。すごいんですよね。そういうところに建てるのですから、いろいろな制約が確かにあろうかと思います。しかしながら、私は知りませんでしたから言うのですけれども、近隣センターが今度は複合館とするということは、それはいつ決めたんですか。議会には何かそういう話はしたのですか。これは大きな変化なんですよ。それで児童館というのは、私はよく知りませんですけれども、児童館はつくった方がいいと自分では思っています。ただ複合施設、子供との複合施設というのはいろいろ問題があるんですよ。いい面もあるんですよ。安くできるとかいろいろな面もありますけれども、子供との複合施設ということには非常に問題がある。そこら辺はどう協議をされて方針を出したのですか。 ◎地域振興防災課長(浅倉泰司君) 複合そのものは、先ほど申し上げましたようにコミュニティ整備計画の見直し報告書の中で複合にするということは位置づけてあるわけですけれども、しからばその複合がいかような機能の、また、いかような規模のものになるかというものについては、全く見直しの中ではなかったわけでございます。それで広く庁内から計画等についてのお話等をいただきまして今日に至ったわけでございまして、なかなか他の部の施設につきましては、なぜそこにそれだけの規模のものが必要なのかというものにつきましては、私の方からはなかなか説明はできないところでございます。 ◆委員(松島洋君) 近隣センターそのものを見直すということは私は賛成なんです。盛んに言ってきたんです。どことどこを比較してくださいよと。平米当たりの単価はこうなっています。ですから、一番最初−−これはもらった近隣センターですけれども、平和台、布佐南近隣センターと、その次の次あたりにつくったのと比べると雲泥の差ですよ。雲泥の差。そういうことをずうっとやってきてみても、見直さなくちゃいけません。面積と金額はきちっと押さえてやった方がいい。それで住民に提示をして、それで住民の方々が、その枠内で考えていく。それはやはり行政というのは1つの責任があります。責任があるし、全市的に公平でやらなくてはいけない。それは当然なことであります。当然です、それは。やって当たり前。今まで放置してきたのがおかしい。ある近隣センターにはシャンデリアが下がっているんですね。これは本当かうそか、そう聞きました。近隣センターの吹き抜けにシャンデリアがあっていいものかどうかということも聞きました。だから見直しは結構です。ただ、複合施設となって形ができちゃって−−ほぼですよ。それで地元に広げるというのおかしいのではないか、今までのいきさつからいけばです。それは私と意見が違うでしょうから答弁は要りませんですけれども、私はそう思っています。答弁要りません。 ◆委員(佐々木豊治君) 関連質問になると思いますけれども、高野山・東我孫子という位置づけで今日まで来たと思うんですよ。場所の設定につきましては少なくとも、私も先ほど来各委員の皆さんがお話しされておりましたけれども、予算の各会派の説明会でそれなりに聞いておったのですけれども、しからば東我孫子・高野山という拠点につくるという形で、いつの間にか高野山のあの土地ですね、購入されたあの土地に、突如あの場所に限定されたような話がもう既に流れている。しからばまちづくり協議会というものを考えた場合、東我孫子の皆さんとよく御協議されたのかということをまずもってお伺いしたいわけでございます。お願いいたします。 ◎地域振興防災課長(浅倉泰司君) お答えいたします。そういった面では、私が先ほど言いました建設推進委員会というものは広範囲に委員が出ておりますので、そういう面では反映されているなと。それとその委員さんの方から、私たちはこの場所につくってくださいということは言いませんよと。そうしますと、それはどこかの法人が持っているか、あるいは特定の個人が持っているところを買ってくださいということに直接つながることになりますから、用途、規模については私どもから幾らでも行政に対しては要望はしますけれども、場所はここでなければ困りますよと、そういう具体的なことは行政に対しては具体的には用地選定については言いませんと、このようなことで今まで来たわけでございます。そういうことで御理解いただきたいと思います。 ◆委員(佐々木豊治君) 御理解はできないですよ。というのは、そういう方々が集まってという形、不特定多数の皆さんを指していると私は思うのですけれども、しからばどういう方々がその場所に集って東我孫子・高野山の位置づけとして近隣センターが浮上されたのか、その点私は理解できないのですよ。 ◎地域振興防災課長(浅倉泰司君) お答えいたします。必ずしも的を得た回答にはならないかと思いますけれども、たまたま7ヵ所のうちのここに現在の市有地があると。たしか平成5年だったと思いましたけれども、あの2,855平米を取得するに当たっては3億1,400万円というような債務負担を組んでいただきまして市が取得したと。そういった中で、今必ずしも有効な土地利用がなされていないというところに着目いたしまして、理事者との、また財政当局との協議の中で、この場所でいこうやということで決めまして、早速委員さん方に、今当面私どもの方では高野山地先のこの地を考えていますよと、こういうふうに私どもの方からはお話ししたわけでございますけれども、今それは第一の私どもの希望でここに絞っているということはお話ししたわけで、そこの地が必ずしも困りますというようなことは私は耳にしていないのが今までのところなのです。 ◆委員(佐々木豊治君) 基本的には、何遍か申し上げますけれども、高野山そして東我孫子の皆さんがこぞってよいとなればそれは別ですけれども、私どもが議員活動といたしまして今日承っている問題といたしましては、近隣センター12館構想から7館構想までいったわけですね。その中であの土地を買収するときには、大変いい土地だということも承っております。しかもあの土地は将来代替地として使えればという形で購入されたと私は聞いているのですけれども、その辺どういうふうに今変わったのかということを、まずお伺いしたいわけでございます。 ◎助役(土田栄吉君) お答えします。先ほどの掛川委員のお話と重複しますけれども、確かに今言われましたとおり目的は区画整理、都市改造的な用地の手当てとして買ったことは事実です。その後そういうことで財産所有もなされております。ただ、先ほど申しましたとおり、非常に高野山地区につきましては、何十年前からあそこの区画整理事業を何とかして、市街化区域でああいう用途でございますので解決すべくいろいろやったわけですけれども、これだというようなまちづくりができないということの中で、あの土地は先ほど出ましたとおり近隣センターの話が出まして、その土地利用ということになったときに都市部との協議をいたし、都市部としても確かにそういう目的で買ったということですけれども、今すぐに事業化ということがありませんということですので、先ほど言いましたとおり条件的なということはちょっとおかしいですけれども、ひとつまちづくりに近隣センターとあわせて道路を築造してくれることによって高野山地区のまちづくりに寄与できるというような観点から、あの土地利用についてはいいでしょうというような話に今なっております。詳細についてはまだいろいろ幅員の問題とか都市部としての考え方がありますので、そこら辺を調整次第、それが調整ができればあの土地でひとつ近隣センター用地ということでやっていきたいと、このように思っております。 ◆委員(佐々木豊治君) いろいろと承ったわけでございますけれども、いずれにいたしましても地域のあのエリアの皆さんがよしと言うならばよしで、いずれにしてもせっかくつくるのでありますから、皆さんが本当に賛同して禍根を残さないように行政として努力をしていただきたいと、これは要望して私の質問を終わりたいと思います。 ◆委員(印南宏君) 違ったことを御質問したいというふうに思います。  新年度予算を見る場合に、私なんかは最初に、市長が3月の施政方針でどのようなことを言っていて、そしてどのように予算に反映するかというのをよく見るのですが、例えば102ページ等からいきたいと思うのですが、新たな組織と予算編成という観点で見ますと、当市は4月1日から組織変更が行われる予定です。市長部局ではそういう意味で102ページも含めて男女共同参画担当とか、また市民活動支援課とか、これはスタートいたします。そういう予算がどうなっているのだろうというのを私たちは見ます。会派でも何日かかけて予算の中身をみんなで話し合いました。そういう中で一般的に申し上げれば、新たな組織ができるということは新たな仕事に対応するために人員が配置され、それに伴って予算がつけられるだろうというのが一般的だろうと思っているのですが、一般的にそのように考えていいでしょうか。それを確認をしたいと思います。 ◎行政改革推進室次長(富田佐太郎君) お答えします。それについては私どもの方で答えるのが適当かどうかということはあるわけですけれども、組織と人員の問題という御質問、さらに予算の配置ということの3点にわたって、新たな組織に伴ってそれらについてどうなのかという御質問だったと思いますけれども、基本的にはやはり組織再編に伴って新たな事業をおこすときには、人の配置、それからそれに伴う予算というものが当然措置をされるだろうと思います。ただその場合に、人の配置、人数がどれだけ必要なのか、あるいは予算の多い少ないということ、どこが適正な予算なのかということについては、例えば予算編成の中で、あるいは私どもで言えば事務的な措置の中で、関係各課との協議の中で整理がされてくるものだというふうに思っております。 ◆委員(印南宏君) その上で具体的にちょっと見てみますと、102ページの一番上から2行目ですか、男女共同参画推進事業。この男女共同参画担当の予算を見ていこうと思うのですが、これをちょっと調べてみますと、この推進事業なのですが、平成10年度には−−さかのぼってみたのですが−−145万円ありまして、11年度には130万円、そしてこの平成12年度の新年度の予算を見ると、新たな組織ができたにもかかわらず97万4,000円というふうに減額されているわけです。先ほどの富田さんのお答えの中にもありました。人の配置の人数とか予算の大小、いろいろあるだろうという話を聞きましたけれども、なぜこのような減額予算が新年度予算に組まれてしまうのでしょうか。その内容の理由だけお示しください。 ◎企画課長(青木章君) お答えいたします。予算的には確かに御指摘のとおり年々減ってきております。年々減ってきておりますというのもちょっとおかしいのですけれども、ここ2年間ほど減っております。平成11年度から12年度への減額の要素を見ますと、約30万円の減額でございますけれども、1つは今まで行っておりました講師謝礼、時代を反映しまして余り高い人は頼まず、できるだけ安い方をというようなことで、ここで10万円ほど減額をしております。人数は変わっておりません。それから、11年度はちょうどプランができた年でございますので、プランの印本費が20万円ほどありましたので、合わせまして約30万円が減額されていると。  中で進める仕事の内容でございますけれども、プランができましたので、昨年の8月に男女共同参画の推進本部を立ち上げまして、そこで具体的な議論をスタートをさせておりまして、来年度は重点事業を定めた中できちんと進行管理をしていこうというようなことで仕事を進めていきたいというふうに考えております。かつ男女共同参画という事業は、1つの課にかかわらず全体を通しての統一的な事業でもございますので、それらを通して全体を進行管理していきたいというふうに考えております。 ◆委員(印南宏君) 内容については印刷製本費から講師謝礼、時代に合わせてお安い謝礼の方をお願いしているという話でした。ただ男女共同参画というのは、非常にこれは簡単そうで難しいと思っているんですよ。意識啓発の問題だろうというふうに思います。そういう意味では、これからが正念場だと思うのですが、パンフレットの作成とかシンポジウムの開催など、かなりそれなりにやっていかなければならないというふうに思うんですよ。今、課長の方から講師謝礼のお話も出ました。講師の報奨費の方もいろいろ見てみたのですけれども、10年度に78万円だったのですが、11年度は40万円弱なんですよ。これは私の方もちょっと調べてきたのですが。新年度12万円。確かに78万円が12万円、安い人を選んでいいなというのは思いますが、私どもが言っているのは、これは会派でも話になったのですが、こういう中身を見ていると本当に男女共同参画を、施政方針等々でもそうなんですけれども、新しいことしの12年度の目玉として意識しているのかというのは非常にちょっと議員として疑問視を思うようになったのですね。  そういう意味で、やはりきちっとした予算をつけることが必要だなというふうに思っていまして、例えば同じような観点で104ページにちょっと飛びます。ここに市民活動支援センター設置事業というのが上から3行目あたりにあります。これは見てのとおり金額は10万円というふうに消耗品費で、先ほど企画財政部長の方から、少ないけれども、指針は平成11年度中につくって場所は今検討中だというお答えを説明でいただきました。この10万円についても、私どもの会派でもいろいろ意見が出ました。私はちょっと代表して言っているようなものなのですが。例えば市民活動の関係でいくと、新たに3名の職員が配置されるようなことを私どもは伺っていますが、市民活動支援の新たな政策費といって見てみたら、この市民活動支援センター設置の消耗品の10万円だけじゃないのかなというふうに私どもは感じたんです。一般事務費に関しても、今年度52万円あったものが来年度は38万円に逆に減少していますし、これはまた我孫子が市民活動を支援しようとしている中において、いや、皆さんはお金がなくてもやるのだといったらそれはそれでいいんですけれども、こういう予算で本当にやろうとしているのかというのは非常に意識の違いを感じてしまいます。我孫子が市民活動を支援しようとしている、そういう意味での予算としてこの10万円を見てよろしいんでしょうか。これについてのお答えをお願いいたします。 ◎企画課長補佐(渡辺和夫君) 先ほど部長から少しお話がありましたけれども、確かに10万円、非常に安いという消耗品のみです。といいますのは、現在、市民活動支援の指針をつくっておりまして、ほぼ99.9%でき上がっております。ただ、その指針に基づきまして今後市民の方たちと新しい、本当に市民の方が欲しがっているものは何かという生の声を聞いていかないと、あるいは行政側が予算を用意して空回りするようなことがあってはいけませんので、じっくり市民の方たちと、既に既存の団体、活発に活動しております。ボランティアセンターなども組織化されております。そういう方たちと新しい我孫子の市民活動支援はどういうものかというのを語り合っていきたいということで、まずそういった形の消耗品代をつけさせていただきました。  それから金額なのですけれども、私どもの意識としては、活発な市民活動に負けないだけの意識は高く持っているつもりでおります。 ◆委員(印南宏君) わかりました。渡辺課長補佐の意識を買いたいと思います。ただ、私どもの会派も、実は鎌倉市ですか、市民活動支援センターを見たりいろいろしてきたわけなのですが、やはり今この市民活動支援センターも場所等いろいろ探していると思います、お金のかからないところを含めて。でもいろいろ考えますと、これを立ち上げるにはそれなりの費用も私はかかってくると思うんですよ。ですからそういう意味では、そういうのも弾力的にこの平成12年度、ここに消耗品10万円だけども、そういうほかとの流用も含めてやっていただきたいなというのを要望しておきたいというふうに思います。  それと、最後にいたしますけれども、私は目に見える形で平成12年度、新しい我孫子としての仕事というのは予算に見えてほしいなというのは思ったんです。そういう形をしてほしいのですが、これは1つ提案なのですが、市民活動支援として3名の人員が確保されていて、同じく男女共同参画で2名の人員が配置されるというふうに伺っております。今後の総合計画との兼ね合いもいろいろ前提は出てくるでしょうけれども、こういう5名の方で新たな組織をつくって、これを強力に推進していくという市民活動支援室のようなものをつくってやっていくとか、そういうのもうちの会派の方でも意見が出ています。そういうことも含めて市民活動支援、男女共同参画、この2つの政策は1つの目玉だと思いますので、強力に推進していただきたい。そういうふうに思いますが、いかがでしょうか。 ◎行政改革推進室次長(富田佐太郎君) お答えいたします。先ほど企画課長からの答弁にもありましたように、男女共同参画にしろあるいは市民活動支援にしろ、プランからそういう意味で実行の段階に入ったというふうにとらえられるのではないかというふうに思っております。そういう意味で実行するに当たっての組織というものが当然必要だということで、1つは市民活動支援課という新たな組織、今までの地域振興防災課を衣替えとして市民活動支援課というところを設置をして、そこに先ほど質問でもありました3名の職員を配置をするということになっております。  それから、男女共同参画にしましても、今まで企画課の係相当の担当で進めておりましたけれども、新しい組織では課長相当職を配置をして、それなりの責任を持った体制で、その男女共同参画の進行管理なりを進められるような組織ということで設置をすることにしております。 ◆委員(鈴木美恵子君) ただいま男女共同参画について質問がありましたので、関連で質問させていただきます。この件につきまして私は以前にも全く同じ質問をさせていただいたことがあるのですが、この男女共同参画の基本理念というのは、あくまでもプランが達成すればそれでいいという内容の性質のものではないと思います。要するに基本的に一番問題なのは、どうやって人権を確保していくかというところから発しているという、そういう事業であるというふうに私は思っております。行政の中でさまざまな事業の中で、そういう全く人間の本質的なものを守るという、いろいろなものを守るのが行政の役割ですが、全く本当に人間の中の本質的なものを守っていくことを真剣に取り組まなければならない場所は、ここしかないのではないかというふうに思います。  例えば、先日、一般質問で幼児虐待の質問が出ました。これは子育て支援課で回答をしております。しかし、それは子育て支援という観点ではなじまない部分がたくさんあって、その本人の人権をどう守っていくかという体質の問題であろうかと思います。そういうことからしますと、この男女共同参画の担当部門というのは、ただそのプランに沿ってプランニングしていくということだけではなくて、もっと広い意味で市民の人権を確保するそういう場というか、それを担当する場であるというふうなそういう認識をしていかなければならないのではないかと思うのです。そして平成4年からこの担当の係ができて、ずうっと今まで1人ないし2人の担当という形で推進をされてきた。この方々には大変な思いをして進めてきていただいたわけですが、そういうふうに事業の本質をとらえた場合には、それだけでも私はこの事業はその域を出ないのではないかというふうに非常に心配をしているわけであります。  あちこちいろいろなところに勉強をしていきますと、いろいろなやり方があるわけですが、例えばこれが今度生活環境部に移ります。これについては私はそれを云々するつもりはありません。ここに男女共同参画担当が来たということはそれはそれでいいのですが、例えばこれを男女共同参画室のような形に設置して、例えば外部の有識者あるいはこういうことに通達している人を室長として市がその方を招いて、そこですべてこの事業を展開していただくというような考え方も1つの考え方なのではないかというふうに認識しております。そういう観点から、今回この生活環境部に移ってそして事業拡大をしようとしているその意欲というのは予算の面でもちょっと見えない。担当という形の中で、1人ないし2人の担当という形ではなかなか事業拡大も見えない。そういう中で市としては今後どういうふうにこの事業をとらえていこうとされているのか、それについてお答えいただきたいと思います。 ○委員長(増田文俊君) 休憩いたします。                  午後7時06分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後7時07分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。 ◎企画課長(青木章君) 今、御指摘いただきましたことについては全く同感に思います。まず一番大事なのは意識の改革であろうというふうに思いますので、これは時間がかかりますけれども、いろいろな場面を使いまして啓発といいますか、していかなければならないなというふうに思っておりまして、そういう面で組織ということになりますと、2人が適当なのか、予算が幾らが適当なのかというのは一概には言えませんけれども、常にそういう意識改革の気持ちを持ってあらゆる場面を利用しながら、またこれは役所内部だけの問題でもございませんし、市民あるいは市内の企業等もお願いしてまいらなければならないというふうに思いますので、そういう今御指摘の意識を持ちまして頑張っていきたいと思います。 ◆委員(吉松千草君) この女性参画の問題はもちろん役所の中だけではないことを承知しているんですけれども、今ここを眺めても、女性の管理職というのは圧倒的に少ないんですね。それでそこからやはり改善していくということがなければ、意識、意識と言っても大事な点じゃないかと思うのです。今のこの実態についてどのようにお感じになっていますか。やはり女性の管理職、本当に現実に少ないと思います。皆さんがお勤めされてきた年数とか、それと男性の昇進状況と比べられたことはあるのでしょうか。あれば資料をいただきたいと思います。 ◎人事課長(丹羽健一君) お答えいたします。女性の管理職の比率ですけれども、現在11%ぐらいあります。他市と比較して人数的には少ない方ではないというふうには思っておりますけれども、そういういろいろな意識改革、それから女性の意識向上等を考えれば、そういう意味で今後とも女性の管理職の登用等については男女差別なく図っていきたいというふうに考えております。 ◆委員(吉松千草君) この点は市長にもお尋ねしたいと思います。例えばこれから介護の問題、保健の問題、それから子育て支援、こういうところで本当に女性の職員の方が非常に活躍していると思うのですね。だけど見ていますと、そのトップはほとんど男性です。やっぱりこの点1つを見ても、ちょっと差が非常に大きいと感じ続けているものでございまして、市長はこれを今後どのように訂正されていくお考えか、お聞かせください。やはり男女共同参画ということを進めていくその中心になる市の姿勢というのは問われると思いますので、そういう観点からもお尋ねをするものです。 ◎市長(福嶋浩彦君) 私としては、結論を言えば、積極的に管理職へ女性の登用を図っていきたいと思います。男性、女性差別なくというのは当然ですが、現状を見れば、むしろ女性を積極的に登用していきたいと思っております。ただ、特に部長や課長レベルで男女の比率が一定、共同参画にふさわしいものになるには時間がかかると思っております。というのは、いきなり課長や部長になるわけではありませんから、長い間の積み重ねの中でそういう格差が生まれてきている現実があります。率直に申し上げて、実際に主査ぐらいに上がっていく年齢について、何年か前までは明らかに格差がありました。今はそれを一切なくしております。またもっとさかのぼれば、さかのぼればと言っても大昔ではなくて上級職の採用が男性に限られていた時代もあります。そういったゆがみが今あると思いますけれども、そういったものをぜひ直していきたい。そして部長、課長の比率も、またここにこうやって説明員として出てくる市の職員の比率も、男女共同参画にふさわしいものにしていきたいと思っております。              (「休憩してください」と呼ぶ者あり) ○委員長(増田文俊君) 休憩いたします。                  午後7時12分休憩      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                  午後7時22分開議 ○委員長(増田文俊君) 再開いたします。  総務費に対する質疑を保留いたします。  あすは午前10時より現地視察を行います。本日はこれをもって散会いたします。                  午後7時23分散会...