運営者 Bitlet 姉妹サービス
我孫子市議会 > 1995-06-27 >
平成 7年  6月 予算審査特別委員会-06月27日−02号
平成 7年  6月 定例会(第2回)-06月27日−05号

ツイート シェア
  1. 我孫子市議会 1995-06-27
    平成 7年  6月 予算審査特別委員会-06月27日−02号


    取得元: 我孫子市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-17
    平成 7年  6月 予算審査特別委員会 - 06月27日-02号 平成 7年  6月 予算審査特別委員会 - 06月27日-02号 平成 7年  6月 予算審査特別委員会  我孫子市議会 予算審査特別委員会会議録 1 招集日時    平成7年6月27日(火) 午後12時30分開議 2 招集場所    議事堂第1委員会室 3 出席委員    渡辺太成君    佐々木豊治君           宮本慈子君    佐伯敬之君           村越新男君    坂巻 貢君           豊島庸市君    岡田 彰君           小林正侊君 4 欠席委員    なし 5 出席事務局職員 次長  鈴木重和 6 出席説明員   市長          (福嶋浩彦君)           助役          (松本成男君)           収入役         (飯泉四志夫君)           教育長         (中村 宏君)           秘書室長        (池田友二君)           企画財政部長      (土田栄吉君)           市民部長        (新井 洋君)
              消防長         (今井 敬君)           教育総務部長      (矢島 弘君)           財政課長        (丹羽健一君) 7 会議に付した事件 第2回定例会付託案件 8.会議の経過  平成7年6月27日(火)午後12時34分開議 ○委員長(渡辺太成君) ただいまから予算審査特別委員会を開会いたします。  議案第8号に対する討論はありませんか。 ◆委員(坂巻貢君) 反対の立場で討論に参加しますが、具体的な内容については特に本会議で明らかにしたいというふうに思いますが、骨子は、1月17日以降、全庁挙げての防災についての話し合いがなされていない。ごく一部の協議で防災に対する取り組みが組み立てられてきているということが明らかになりました。特に市長が言う市民参加という姿勢からすると、この6ヵ月間の中に、民間、それから専門的な立場の医師会あるいは薬剤師会、コミュニティ活動の中核である自治会、こうした組織的な人たちが全くこの防災について参加することができなかった。そして、その防災についての予算が提案されてしまった。これは市長の姿勢からすると全く反対の進め方であったというふうに思います。したがって予算の内容についても、言葉そのものを間違えるぐらい軽率な予算であるというふうに思います。特に具体的な例を挙げて言えば、携帯電話を配置するというようなことについて、配置される19の学校、教育委員会が、この対応について十分な検討もなされていない。そういうような状況で、情報についてどういうふうに把握して、その情報をどういうふうに整理して伝達すると。いわゆる情報についてコントロールする体制というものが全く検討されないまま、この備品を配置するというふうな予算になっている。全く思いつき予算でしかないというふうに思います。そういう立場で、細かい内容については本会議の中で申し上げますが、基本的にこの全庁挙げての討論の末の予算でない、しかも防災について市民参加の体制がない、思いつき予算であるというようなことから、この予算案に反対をします。以上です。 ○委員長(渡辺太成君) ほかにございませんか。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(渡辺太成君) ないものと認めます。      ----------------------------      (豊島庸市君退席) ○委員長(渡辺太成君) これより議案第8号について採決いたします。  議案第8号、平成7年度我孫子市一般会計補正予算(第1号)を定めることについて、原案に賛成の諸君は起立願います。      (賛成者起立) ○委員長(渡辺太成君) 起立多数と認めます。よって本議案は可決すべきものと決定いたしました。      ---------------------------- ○委員長(渡辺太成君) 以上で予算審査特別委員会を散会いたします。御苦労さまでございました。      午後12時38分散会...