運営者 Bitlet 姉妹サービス
木更津市議会 > 2010-03-03 >
2010.03.09 平成22年教育民生常任委員会 名簿
2010.03.09 平成22年建設常任委員会 名簿
2010.03.10 平成22年予算審査特別委員会 本文
2010.03.08 平成22年経済環境常任委員会 本文
2010.03.10 平成22年予算審査特別委員会 名簿
2010.03.05 平成22年予算審査特別委員会 名簿
2010.03.09 平成22年みなと木更津活性化特別委員会 本文
2010.03.12 平成22年予算審査特別委員会 名簿
2010.03.12 平成22年予算審査特別委員会 本文
2010.03.05 平成22年議会運営委員会 本文
2010.03.09 平成22年みなと木更津活性化特別委員会 名簿
2010.03.19 平成22年議会運営委員会 名簿
2010.03.03 平成22年3月定例会(第4号) 名簿
2010.03.03 平成22年3月定例会(第4号) 本文
2010.03.09 平成22年教育民生常任委員会 本文
2010.03.19 平成22年教育民生常任委員会 名簿
2010.03.05 平成22年議会運営委員会 名簿
2010.03.11 平成22年予算審査特別委員会 名簿
2010.03.09 平成22年建設常任委員会 本文
2010.03.08 平成22年総務常任委員会 本文
2010.03.11 平成22年予算審査特別委員会 本文
2010.03.08 平成22年総務常任委員会 名簿
2010.03.19 平成22年教育民生常任委員会 本文
2010.03.19 平成22年議会運営委員会 本文
2010.03.05 平成22年予算審査特別委員会 本文
2010.03.08 平成22年経済環境常任委員会 名簿

木更津市議会 2010-03-03
2010.03.05 平成22年予算審査特別委員会 本文


取得元: 木更津市議会公式サイト
最終取得日: -
ツイート シェア
  1. 2010.03.05 : 平成22年予算審査特別委員会 本文 (17発言中0件ヒット)   ▼最初の箇所へ(全 0 箇所)                                (午後2時06分)   ─────────────────────────────────────── ◯事務局長(小出 操君) それでは、ただいまから予算審査特別委員会を開催するわけでありますが、本日の本会議において、予算審査特別委員会の委員が選任されまして初めての委員会であります。  正副委員長が決まっておりません。まず、この正副委員長の互選を行っていただきますが、委員会条例第8条第2項の規定に「正副委員長がともにない時の互選の場合には、年長の委員が委員長の職務を行う」とあります。この規定により、出席委員中、國吉俊夫委員が年長者でありますので、國吉俊夫委員に臨時委員長をお願いいたしたいと思います。  よろしくお願いいたします。   ─────────────────────────────────────── ◯臨時委員長(國吉俊夫君) 年長者ということで、委員長が選任されるまでその職務を行わせていただきますので、ご協力をお願い申し上げます。  ただいまの出席委員数は9名であります。定足数に達しておりますので、これより予算審査特別委員会を開会いたします。  直ちに委員長の互選を行います。  お諮りいたします。  委員長の選任については、慣例により総務常任委員会委員長の白坂英義委員にお願いしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯臨時委員長(國吉俊夫君) ご異議ないものと認め、さよう決定いたします。  白坂英義委員長から、就任のあいさつをお願いいたします。  白坂英義委員長。 ◯委員長(白坂英義君) 予算委員会の委員長を仰せつかることになりました白坂です。  財政厳しい中、3日間、平成22年度の予算を審査していただきます。スムーズな委員会の運営を心がけますので、皆さんの協力をよろしくお願いしまして、あいさつとさせていただきます。  お願いいたします。 ◯臨時委員長(國吉俊夫君) 以上で私の職務は終了いたしました。ご協力ありがとうございました。  白坂英義委員長、委員長席にお着きください。   ─────────────────────────────────────── ◯委員長(白坂英義君) 委員長席、交代いたしました。  それでは、次に、副委員長の選任についてお諮りいたします。  副委員長の選任については、慣例により委員長指名といたしたいと思いますが、これでご異議ありませんか。           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯委員長(白坂英義君) ご異議ないものと認め、副委員長に斉藤高根委員を指名いたします。  斉藤副委員長からごあいさつをお願いいたします。 ◯副委員長(斉藤高根君) 委員長を補完して一生懸命副委員長を務めますので、どうかよろしくお願いいたします。 ◯委員長(白坂英義君) 次に、会期の件をお諮りいたします。  会期は来る3月10日から12日までの3日間とし、書類審査とすることにご異議ありませんか。           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯委員長(白坂英義君) ご異議なしと認め、さよう決定いたします。  次に、予算の概要説明省略について、お諮りいたします。  例年どおり、関係部長による予算の概要説明を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯委員長(白坂英義君) ご異議なしと認め、さよう決定いたします。  次に、資料についてお諮りいたします。  まず、平成22年度当初予算審査用資料についての1の資料については、既に配布済みであります。審査当日ご持参くださるよう、お願いいたします。  次に、2の資料につきましては、例年どおり執行部へ事前に請求し、提出を求めた資料であります。参考にしていただければと思います。  以上、資料につきまして、ご異議ございませんか。  鶴岡委員。 ◯委員(鶴岡大治君) 資料の補完的な資料をお願いしたいんですが、これはなぜ申しますかというと、決算審査、予算審査等で、私、何度も思うんですけど、歳入は歳出のときに、審査をお願いするというときに、歳入に関する補完的な資料が特に示されておりません。簡単に言うと、予算書の歳入の備考に関して出ているものが歳出のどこに該当するかという補完的な資料をぜひそろえていただきたいというふうに思います。  これは別に10枚程度つくっていただければ、結構だと思います。簡単に言うと、この補助金がどこの歳出のどこに当たるというものがわかれば、逆引きで歳出の方でこれはこのお金が入ってきているということになりますので、歳出の全般にわたってやると非常に多くなるので、逆に歳入がどこの歳出に行ったかという補完的な資料を早急にそろえていただければ、審査に非常に役立つのではないかと思いますので、ぜひお願いいたします。 ◯委員長(白坂英義君) ただいまの意見につきまして、私の方で各関係部長の方にお願いをしておきます。  ほかにございませんか。  三上委員。 ◯委員(三上和俊君) いつも税関係でいろいろ収納率とか、何だかんだいうわけですが、今この場でどういう資料がないかわかりませんが、大体聞かれるようなことは皆さんわかっていますよね。それをちょっと資料を事前につくっておいていただきたいんですが。これを見て足りないところ、よろしくお願いします。 ◯委員長(白坂英義君) ただいま出されました三上委員の件につきましても、私の方で要請をしておきたいと思います。  ほかにございませんか。           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯委員長(白坂英義君) ご異議なしと認め、さよう決定いたします。   ─────────────────────────────────────── ◯委員長(白坂英義君) 以上で、本日の会議はすべて終了いたしました。  次回は、10日午前10時より当会議室で開催いたします。ご苦労さまでした。                                  (午後2時11分)