運営者 Bitlet 姉妹サービス
宮代町議会 > 2009-11-26 >
平成21年 12月 定例会(第5回)-11月26日−01号

ツイート シェア
  1. 宮代町議会 2009-11-26
    平成21年 12月 定例会(第5回)-11月26日−01号


    取得元: 宮代町議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-17
    平成21年 12月 定例会(第5回) − 11月26日−01号 平成21年 12月 定例会(第5回) − 11月26日−01号 平成21年 12月 定例会(第5回) 宮代町告示第137号  平成21年第5回宮代町議会定例会を次のとおり招集する。   平成21年11月19日                        宮代町長  庄司博光  1.期日    平成21年11月26日  2.場所    宮代町議会議場                ◯応招・不応招議員 応招議員(14名)    1番  小河原 正君      2番  中野松夫君    3番  赤塚綾夫君       4番  宮原一夫君    5番  合川泰治君       6番  飯山直一君    7番  角野由紀子君      8番  関 弘秀君    9番  丸藤栄一君      10番  加藤幸雄君   11番  石井眞一君      12番  金子正志君   13番  唐沢捷一君      14番  榎本和男君 不応招議員(なし)          平成21年第5回宮代町議会定例会 第1日
    議事日程(第1号)                平成21年11月26日(木)午前10時00分開会      開会      開議      議事日程の報告      諸般の報告 日程第1 会議録署名議員の指名について 日程第2 会期の決定について      町長あいさつ      ●議案の上程、提案理由の説明 日程第3 議案第74号 専決処分の承認を求めることについて      ●議案の上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決 日程第4 議案第75号 町長及び副町長の給与の特例に関する条例について 日程第5 議案第76号 教育委員会教育長の給与の特例に関する条例について 日程第6 議案第77号 宮代町職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について 日程第7 議案第78号 宮代町議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について 日程第8 議案第79号 町長及び副町長の給与等に関する条例の一部を改正する条例について 日程第9 議案第80号 教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例について 日程第10 議案第81号 平成21年度宮代町一般会計補正予算(第3号)について       ●議案の上程、提案理由の説明 日程第11 議案第82号 財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部を改正する条例について 日程第12 議案第83号 宮代町介護保険条例の一部を改正する条例について 日程第13 議案第84号 宮代町後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例について 日程第14 議案第85号 指定管理者の指定について 日程第15 議案第86号 宮代町公平委員会の委員の選任につき同意を求めることについて 日程第16 議案第87号 宮代町公平委員会の委員の選任につき同意を求めることについて 日程第17 議案第88号 宮代町固定資産評価審査委員会の委員の選任につき同意を求めることについて 日程第18 議案第89号 宮代町教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについて 日程第19 議案第90号 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて 日程第20 議案第91号 平成21年度宮代町一般会計補正予算(第4号)について 日程第21 議案第92号 平成21年度宮代町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について 日程第22 議案第93号 平成21年度宮代町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について 日程第23 議案第94号 平成21年度宮代町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について 日程第24 議案第95号 平成21年度宮代町介護保険特別会計補正予算(第3号)について 日程第25 議案第96号 平成21年度宮代町水道事業会計補正予算(第2号)について 日程第26 議案第97号 久喜地区消防組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について 日程第27 議案第98号 埼玉県市町村総合事務組合の規約変更について       閉議 出席議員(14名)    1番   小河原 正君      2番   中野松夫君    3番   赤塚綾夫君       4番   宮原一夫君    5番   合川泰治君       6番   飯山直一君    7番   角野由紀子君      8番   関 弘秀君    9番   丸藤栄一君      10番   加藤幸雄君   11番   石井眞一君      12番   金子正志君   13番   唐沢捷一君      14番   榎本和男君 欠席議員(なし) 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人   町長      庄司博光君   副町長     矢嶋行雄君   教育長     桐川弘子君   会計管理者兼会計室長                           岩崎克己君   総務政策課長  篠原敏雄君   町民生活課長  吉岡勇一郎君   健康福祉課長  折原正英君   産業建設課長  田沼繁雄君   教育推進課長  織原 弘君   上水道室長   森田宗助君 本会議に出席した事務局職員   議会事務局長  鈴木 博    書記      青木 豊   書記      根岸敏美 △開会 午前10時00分 △開会の宣告 ○議長(榎本和男君) 皆さん、おはようございます。  ただいまの出席議員は14名であります。定足数に達しておりますので、これより平成21年第5回宮代町議会定例会を開会いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △開議の宣告 ○議長(榎本和男君) 直ちに本日の会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議事日程の報告 ○議長(榎本和男君) 本日の議事日程はあらかじめお手元に配付したとおりであります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △諸般の報告 ○議長(榎本和男君) 日程に入るに先立ち、諸般の報告をいたします。  4点ほどございます。  1点目は、去る10月16日、三芳町文化会館コピスみよしにおいて、埼玉町村議会議長会主催の研修会が行われました。出席の皆さん、お疲れさまでした。有意義な講演だったと思います。  2点目は、去る11月7日、町民と議会の懇談会を開催いたしました。議員全員と町民参加者29名による活発な意見交換がありました。議員の皆さん、お疲れさまでした。  3点目は、全国町村議会議長会から唐沢議員が、創立60周年記念式典で特別表彰されましたので、ご報告いたします。おめでとうございます。  4点目は、行政視察の受け入れでございます。9月30日、福岡県岡垣町議会「農あるまちづくり」について、10月23日、大分県日出町議会「学校給食、学力向上について」、10月27日、京都府久御山町議会「六花」について、それぞれ実施されました。当日出席された皆さん、お疲れさまでした。  以上をもって諸般の報告を終わります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △会議録署名議員の指名 ○議長(榎本和男君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により議長において、3番、赤塚綾夫議員、4番、宮原一夫議員を指名いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △会期の決定 ○議長(榎本和男君) 日程第2、会期決定の件を議題といたします。  ここで議会運営委員会の審議結果の報告を求めます。  議会運営委員長。    〔議会運営委員長 中野松夫君登壇〕 ◆議会運営委員長(中野松夫君) おはようございます。議会運営委員長の中野でございます。  それでは、去る11月19日に開催されました議会運営委員会の審議結果について、ご報告申し上げます。  本定例会に提案される案件につきましては、執行部提案が25件、議員提出議案が2件、そして一般質問が12名となっております。  議員提出議案2件のうち1件につきましては、陳情書が提出され、その結果意見書案の提出となったものでございます。これらの内容を勘案し協議いたしました結果、本定例会の会期につきましては、本日から12月7日までの12日間とするものです。  日程の内容につきましては、本日11月26日午前10時から本会議で、議案第74号から議案第98号までの上程、提案理由の説明となります。  なお、議案第75号及び議案第76号、議案第78号から議案第80号、議案第83号及び議案第84号、議案第86号及び議案第87号につきましては、関連があることから一括上程となります。  また、議案第75号から議案第81号につきましては先議が必要であることから質疑、討論、採決を本日行います。  11月27日は調査日で休会となります。  11月28日、29日は土曜日、日曜日で休会となります。  11月30日は調査日で休会となります。  12月1日、2日、3日は、午前10時から本会議で一般質問となります。  なお、12名の質問者であり、12月1日は通告1号から5号、12月2日は通告6号から10号、12月3日は通告11号から12号となります。  12月4日は調査日で休会となります。  12月5日、6日は土曜日、日曜日で休会となります。
     12月7日は最終日となりまして、午前10時から本会議でございまして、先議した議案を除き、議案第74号から議案第98号の質疑、討論、採決となります。  以上、審議の結果をご報告申し上げます。よろしくご協力をお願いいたします。  以上です。 ○議長(榎本和男君) お諮りいたします。本定例会の会期は、委員長の報告のとおり本日から12月7日までの12日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。    〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(榎本和男君) ご異議なしと認めます。  よって、会期は12日間と決しました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △町長あいさつ ○議長(榎本和男君) ここで町長のあいさつをお願いします。  町長。    〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 皆さん、おはようございます。  平成21年第5回宮代町議会定例会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。  議員の皆様におかれましては、年末を控えまして公私ともに大変お忙しい中、ご参集を賜りまして心からお礼を申し上げる次第でございます。  本定例会におきましては、補正予算を初め条例改正や人事案件など合せまして25議案のご審議をお願い申し上げるものでございます。  提出議案の内容につきましては、後ほどご説明させていただきたいと存じますが、何とぞよろしくご審議を賜りまして、ご議決あるいはご同意をいただきますようお願い申し上げ、簡単ではございますが、開会のあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第74号の上程、説明 ○議長(榎本和男君) 日程第3、議案第74号 専決処分の承認を求めることについての件を議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  町長。    〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 議案第74号 専決処分の承認を求めることについて、ご説明申し上げます。  本議案は、埼玉県利根広域行政推進協議会を平成21年10月31日をもって廃止することの協議が、平成21年10月26日に締結されたことに伴いまして、緊急に宮代町老人児童福祉施設ふれ愛センターみやしろ設置及び管理に関する条例及び宮代町都市公園条例の一部を改正する必要が生じましたことから、平成21年10月29日に、埼玉県利根広域行政推進協議会廃止に伴う関係条例の整備に関する条例の専決処分をさせていただいた件について、ご承認をお願いするものでございます。  以上でございますが、詳細につきましては担当課長より補足説明いたさせますので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(榎本和男君) 補足説明を願います。  総務政策課長。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) それでは、補足説明を申し上げます。  埼玉県利根広域行政推進協議会につきましては、さきの9月定例会におきまして、平成21年10月31日をもって廃止することについての議決をいただいたところでございますが、その後、すべての構成市町の議会の議決を経まして、10月26日に廃止についての協議が調い、10月31日をもって廃止となったところでございます。  これに伴いまして、利根広域行政推進協議会を構成する市町の住民を対象とした利用料金設定、つまり利根広域行政推進協議会の設置を根拠といたしました使用料金設定がございましたふれ愛センター及び都市公園でありますぐるる宮代及びはらっパーク宮代の使用料金に関する条例を、緊急に改正する必要が生じましたことから、埼玉県利根広域行政推進協議会廃止に伴う関係条例の整備に関する条例を専決処分させていただいたものでございます。  具体的な改正内容でございますが、まず、ふれ愛センターにつきましては、行田市、加須市、羽生市、騎西町、北川辺町、大利根町にお住まいの方及び久喜市、蓮田市、幸手市、白岡町、菖蒲町、栗橋町、鷲宮町、杉戸町にお住まいの60歳未満の方の使用料金、いわゆる入館料でございますが、これが11月1日をもちましてこれまでの300円から通常の町外利用者と同一の500円に変更となります。  なお、久喜市、蓮田市、幸手市、白岡町、菖蒲町、栗橋町、鷲宮町、杉戸町にお住まいの60歳以上の方につきましては、田園都市づくり協議会によります相互利用協定に基づきまして、今後も町民と同様に入館料は無料となるものでございます。  また、児童生徒及び乳幼児とその保護者につきましては、これまでどおり町内、町外ともに無料となってございます。  続きまして、都市公園条例に基づくぐるる宮代とはらっパーク宮代の使用料金の関係でございますが、行田市、加須市、羽生市、騎西町、北川辺町、大利根町にお住まいの方の使用料金が、11月1日をもちまして基本料金の2倍からその他の町外利用者と同様に、基本料金の3倍に変更となります。ただし、ぐるる宮代につきましては、指定管理者でありますミズノ株式会社から今回の料金改正に伴い利用者数の減少が懸念をされるとの理由によりまして、指定管理者制度に基づき指定管理者が条例の範囲内において料金設定をできる仕組みを活用することにより、経過的な措置といたしまして平成22年3月末までの期間、これまでの料金設定を存続したいとの協議を受けまして、これを承認しております。  したがいまして、平成22年3月末までの間は、ぐるる宮代につきましては実態としての使用料金の変更はございません。  なお、田園都市づくり協議会及び春日部市を中心といたします東部中央都市連絡協議会で実施をしております相互利用協定は存続をいたしますので、その構成市町の住民につきましては町民と同じ基本料金となるところでございます。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) これをもって提案理由の説明を終わります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第75号、議案第76号の一括上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(榎本和男君) 日程第4、議案第75号 町長及び副町長の給与の特例に関する条例について、日程第5、議案第76号 教育委員会教育長の給与の特例に関する条例についての件を一括議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  町長。    〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 議案第75号 町長及び副町長の給与の特例に関する条例及び議案第76号 教育委員会教育長の給与の特例に関する条例につきまして、一括してご説明申し上げます。  これらの議案は、行財政改革の内部努力の一つとしまして前町長の在任期間中に実施されておりました町長、副町長及び教育長の給与の減額につきまして、その根拠となります特例条例が前町長の任期満了日をもって失効となったところでございまして、今後においても同様の趣旨に基づきまして、ことし12月から町長、副町長及び教育長の給与を減額させていただくため、新たに特例条例を制定させていただくものでございます。  その内容としましては、私みずからが率先垂範する趣旨から給与を20%減額し、副町長及び教育長につきましては10%減額するものでございます。  以上でございますので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(榎本和男君) これをもって提案理由の説明を終わります。  これより質疑に入ります。  本2案に対する質疑はありません。  丸藤議員。 ◆9番(丸藤栄一君) 9番議員の丸藤でございます。おはようございます。  まず1点目なんですが、確かに庄司町長は今回の町長選の中で、町長及び副町長、教育長のそれぞれ20%、10%カットを提唱しておりました。それを実行するということなんですけれども、今、提案説明がありましたが、これまでの同様の趣旨でということで提案されておりますけれども、一端はさきの決算議会でも伺いましたが、現埼玉県内の町長、副町長そして教育長の給与体系はどのようになっていますか。県平均と、それから宮代町の順位ですね、位置がどのようになっているのか、まずお聞きをしたいと思います。 ○議長(榎本和男君) 答弁願います。  総務政策課長。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) 具体的なデータに関するご質問でございますので、私のほうからお答えをさせていただきます。  埼玉県内30町村ございますけれども、この中でこうした特例条例を設けまして特別職の給与を減額している団体、それから、そうした特例条例を設けていない団体等ございます。減額をされているところはその減額後の数値、していないところはそのままの数値ということで平均と順位を申し上げます。  まず、町長でございますけれども、県内30町村の平均で60万7,588円でございまして、宮代町が減額後で58万5,600円になりますので順位としては22番目になります。  それから、副町長につきましては平均で55万54円、減額後宮代町が58万3,200円でございまして順位は14番目でございます。  次に、教育長でございますが、平均が54万1,643円、宮代町が減額後で53万5,500円となりまして順位は18番目でございます。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) 丸藤議員。 ◆9番(丸藤栄一君) 今、県内の平均額を、体系額を答弁いただきましたが、これは今答弁がありましたように特例と特例ではないというふうに言いましたが、これは非常にわかりづらいです。そうしますと、特例で減額されている自治体は幾つあって、減額されていないところは幾つ、残り引けばわかりますが幾つなのか。  それから今回、同趣旨ということなんですけれども、この辺の20%、10%カットの提案説明は聞きましたが、これはどういう結果でこの20%カット、10%カットになったんでしょうか、その辺の経過ですね。これはもちろん町長の考え方もありますが、前回職員の給与の関係のときにも伺いましたが、もちろんこれは課長連中も入っての体系だと思うんですけれども、その辺の経過ですね、どうして20%、10%になったのか。もちろん言い方では前回同様という考え方もあるんですけれども、その辺新たに新しく町長が選出されての改定ですので、その辺についての説明もお願いしたいと思います。  以上です。 ○議長(榎本和男君) 答弁願います。  総務政策課長。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) それでは、私のほうから特例条例を設けている団体数につきまして、お答え申し上げます。  こうした特例条例を設けております団体は、町村30団体のうち18団体でございます。したがいまして、残りの12団体がこうした特例条例を設けていないということでございます。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) 町長。 ◎町長(庄司博光君) 特別職の給与の減額に関しましては、私のマニフェストに掲げた項目であり、今回の議会において議案としても提案させていただきました。  長引く不況の中で、町の財政は逼迫しております。その中でこれからも行財政改革を進めていく必要がありますので、まず模範として私が特別職として減額していかなければならないと考えた次第でございます。その割合、どうしてこの20%なのかという根拠はございません。やはり、生活する以上生活給というのは必要だと思います。私としては、総支給が定まっている金額が73万2,000円、これの2割カットということになりますと総支給で58万5,600円、これぐらいは生活給として必要ではないかと考えました。  副町長、教育長に対する給与体系なんですが、1割ずつ申しわけないと思うのですがカットさせていただきますと、ほぼ同じような金額になるかとそのような考えでマニフェストにおきまして、20%、10%という減額割合を示させていただきました。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) 丸藤議員。 ◆9番(丸藤栄一君) ありがとうございます。最後になりますのでお聞きしたいんですが、今、町長から20%、10%カットの理由が述べられました。ただ、根拠についてはないということなんですが、生活給としてこれぐらいは必要だろうという答弁でありましたが、であるならば私も当然これはそれぞれ考え方があろうかと思いますが、減額については当然だと思います。  ただ、今、町長も言ったように、これは生活給としてこれぐらいは必要であるということであるならば、私はあえて今回も特例なんていうふうにしないで、これを給与体系にしたらどうなんですか。これは報酬審議会等々もありますし、これはあくまでも特例なんです。前町長も新しく代わるから新しい町長になった時点でということなんですけれども、今、これぐらいが生活給、副町長にしても教育長にしても必要だということであれば、これは特例にしないで普通の給与体系にしていいんではないですか。  こういう自治体が18あるわけなんですけれども、ほかの12の自治体は特例をとっていないわけですから、私はその都度条例で提案できるわけですから、何も特例にしなくてもいいのではないかというふうに思いますが、最後にその点についてどうして特例にしているのか、お願いしたいと思います。 ○議長(榎本和男君) 答弁願います。  町長。 ◎町長(庄司博光君) 私が生活給と申し上げましたこの58万5,600円は、これは私の個人的な見解でございます。町の規定としましては73万2,000円認めていただいているわけでございまして、その時々の社会情勢によっても変わってくると思います。私の主観ですべてを変えていいのかという問題もございますので、私はこの特例でお願いしたいと考えております。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) 休憩いたします。 △休憩 午前10時28分 △再開 午前10時28分 ○議長(榎本和男君) 再開いたします。  ここで休憩いたします。 △休憩 午前10時28分 △再開 午前10時45分 ○議長(榎本和男君) 再開いたします。  ほかに質疑ありませんか。  赤塚議員。 ◆3番(赤塚綾夫君) 3番の赤塚です。5年ぶりで公の場で話するものですから、ちょっとつらいんですけれども、町長さんね、本当はカットしたくなかったんだよね。ということは、4年で効力を失うと書いてあるんです。ただ、選挙のためにマニフェストにも20%カットするようなことを言ってきた。やむを得ず4年間だけカットすると。本当はしたくないんではなかったんですか、その辺の気持ちをお聞かせください。 ○議長(榎本和男君) 答弁願います。  町長。 ◎町長(庄司博光君) 何ともお答えのしようのない難しい質問をちょうだいしまして、やはりこういう時代ですから、行財政改革の一環としまして前任の方よりも報酬を上げることはできないのではないかと考えております。  以上でございます。
    ○議長(榎本和男君) ほかに質疑ありませんか。  小河原議員。 ◆1番(小河原正君) 1番の小河原です。  素朴な質問なんですけれども、これは町長、20%、あと副町長、教育長10%。提案の説明が生活給だと。そうすると副町長、教育長も生活給が生活しているんだからあるわけですね。この2人の考え方はどうなのか、副町長、教育長のご意見を聞かせてもらいたいと思います。多分相談はあったんだと思いますけれども、気持ちよく納得したのかどうかそれを聞かせてもらいたいと思います。2人にね。 ○議長(榎本和男君) 答弁願います。  副町長。 ◎副町長(矢嶋行雄君) ただいまの小河原議員のご質問に対して、お答え申し上げます。  もともと私が赴任してきたときに10%減額でございましたので、当然、町長が変わっても同等レベル及び場合によってはそれ以下になっても仕方がないかなという状況でございましたので、今回の10%、あと周辺の副町長の給与等を見ても、逆に10%カットでないと平均よりも多くなってしまう部分もございますので、そういった意味で当然10%カットということで考えておりましたので、今回については納得をしておりました。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) 教育長。 ◎教育長(桐川弘子君) 小河原議員のご質問にお答えいたします。  私も当然のごとく受けとめてございます。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) ほかに質疑はございませんか。  金子議員。 ◆12番(金子正志君) 12番、金子です。  基本的な質問で申しわけありません。期末手当も条例で下げることができるんでしょうか。  もう一つ、2カ月前に新聞に載りましたけれども、経常収支比率、埼玉県で30町村のうち30番目ということで一番下でした。今、町長さん、副町長さん、教育長さんの給料は各22番目、14番目、18番目ということです。財政に合せて30番目にするという考えはありませんでしょうか。3人の方にお答えをお願いいたします。 ○議長(榎本和男君) 答弁願います。  総務政策課長。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) それでは、ご質問にお答え申し上げます。  初めに期末手当、これを条例で下げることができるのかというお尋ねだったかと思いますが、これはできます。したがいまして、後ほどご提案させていただきますが、町長、副町長、教育長の期末手当の支給率を引き下げる条例案を、今回提案させていただくこととしております。  それと、経常収支比率の関係等特別職の給与の関係へのお尋ねかと思いますけれども、確かに宮代町経常収支比率が直近の数値で一番悪いと、これは事実でございます。その理由といいますか背景といいますか、やはり宮代町の場合にはいわゆる税収面で増収につながるような部分が、なかなか実態としてはないという部分があります。これは人口が少しずつ減ってきていたりとか、あるいは高齢化が進む、重立ったといいますか法人関係も特に大きなものといったものもございません。そうしたことで個人町民税あるいは固定資産税、これがメインになってまいります。  個人町民税につきましては、先ほど申し上げましたように人口の減少ですとか高齢化に伴って、やはりこれはどうしても減少していく傾向にあると。固定資産税につきましても地価の上昇等がなければ基本的には横ばい、建物については年がたつほど評価は下がってきますから、新築がたくさん出てこない限りは、これも減少傾向になっていかざるを得ないということで、まず歳入面でやはり弱い面があるというのが一つ背景にあります。それをどうにかしようということで、今、例えば道仏での区画整理事業ですとか、あるいは東武の動物園の西口の開発とか、そうしたことでもって、人口の増加ですとか宅地の増加ですとかそういうことをしながら、若い人にも入ってきていただいて町を何とか元気にしていきたいというような取り組みをしているわけでございます。  ですから、いずれ経常収支比率についても改善をしていくような方向でおりますけれども、経常収支比率イコール特別職の給与というのは、少し考え方としてはなじまないのかなというふうに考えております。特別職につきましてはやはりそれぞれの職務、職責に応じた報酬ということもございますし、あとはその近隣とのバランスというのも当然ございます。そうしたことを踏まえて報酬審議会でもってご審議をいただいた結果として、今の特別職の給与があるわけでございまして、それをそうした経済情勢等を勘案して、今回、特別職の減額の特例条例を提案させていただいているということでございまして、繰り返しになりますが経常収支比率だけをもって特別職の給与を考えるべきというのはなじまないというふうに考えております。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) 再質問ございますか。  休憩いたします。 △休憩 午前11時46分 △再開 午前11時46分 ○議長(榎本和男君) 再開いたします。  町長。 ◎町長(庄司博光君) 経常収支比率がすべてとは私は判断しておりませんので、私が先ほど申し上げたとおり、生活給といたしましてこの程度はちょうだいしても、この職責に応じたものなのかなと考えております。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) 休憩いたします。 △休憩 午前11時47分 △再開 午前11時48分 ○議長(榎本和男君) 再開いたします。  ほかに質疑はございますか。  宮原議員。 ◆4番(宮原一夫君) 4番の宮原です。  行財政改革を進めていく上で、町長さんがみずからの報酬を当面の間、当分という表現が正しいかどうかわかりませんが、引き下げるご提案があったわけですけれども、それでは行財政改革の宮代町が目指す、町長として目指される目標、片仮名でターゲットという表現もいいのかもしれませんが、それは財政の指数を見ておられるのか、先ほど総務課長さんがご答弁なさったような、大変失礼かもしれませんけれども、総論的な目標を目指されているのか。行財政改革が成功すれば私はみずから町長の報酬を審議会に諮るんだろうと思いますけれども、上げるという提案をなさる時期が早目にきてもいいのではないかと私はそういうふうに思っております。  質問の内容は、目標をどこに置いておられるのか、それを指数で示すことができればぜひお示しいただきたいと、こういうことでございます。 ○議長(榎本和男君) 答弁願います。  町長。 ◎町長(庄司博光君) 行財政改革の目指すところを指数でお示しいただけないかというような質問の内容と受けとめましたが、今、指数で示すことはちょっと考えておりません。準備しておりません。私の基本的な考え方といたしまして現在は、財政調整基金を取り崩しながら町の運営をしている状態でございます。それをできれば単年度のバランスシートのバランスをとっていきたいと、その取り崩し額をできるだけ早い段階で少なくしていきたいと、それを強く考えております。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) ほかに質疑はありませんか。    〔発言する人なし〕 ○議長(榎本和男君) 質疑なしと認めます。  これをもって質疑を終了いたします。  これより討論に入ります。  始めに、議案第75号 町長及び副町長の給与の特例に関する条例についての件について討論をお受けいたします。  まず、本案に対する反対討論の発言を許します。    〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(榎本和男君) 反対討論なしと認めます。  次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。  丸藤議員。 ◆9番(丸藤栄一君) 議席9番の丸藤でございます。  議案第75号 町長及び副町長の給与の特例に関する条例について、賛成の立場から討論いたします。これは、次の議案第76号にも加味しておりますのであわせて討論したいと思います。  今回の町長及び副町長の給与の特例の関係でございますが、町民感情もあわせての給与体系にしたということだと思いますけれども、ただ、私は先ほども質疑で行いましたように宮代町の町長及び副町長、教育長の体系につきましては、これは特例ということであわせて町長の場合は、県内で第22位、それから副町長については14位ということなんですが、特例でない場合はトップが伊奈町の77万円、2番目に高いのが騎西町の76万9,000円、それから3番目が三芳町の75万円、それから4番目が毛呂山町の73万9,000円、それに次ぐ第5位が宮代町の73万2,000円、これは町長でございます。  それから、副町長においては第1位が騎西町の65万3,000円、それから宮代町が第2位の64万8,000円と、こういうふうになっております。ですから、私は今後こういうふうに特例ではなくてきちっと給与報酬審議会等でのやはり実質県内の状況、先ほど近隣とのバランスということも言われておりましたが、こういった点でもやはり実質に合せていくべきではないかと、こういうことを申し上げて本案に賛成いたします。 ○議長(榎本和男君) ほかに討論はありませんか。    〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(榎本和男君) 討論なしと認めます。  これをもって討論を終了いたします。  これより議案第75号 町長及び副町長の給与の特例に関する条例についての件を起立により採決いたします。  本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。    〔起立全員〕 ○議長(榎本和男君) 起立全員であります。  よって、本案は原案のとおり可決されました。  次に、議案第76号 教育委員会教育長の給与の特例に関する条例についての件について討論をお受けいたします。  まず、本案に対する反対討論の発言を許します。    〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(榎本和男君) 反対討論なしと認めます。  次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。    〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(榎本和男君) 賛成討論なしと認めます。  これをもって討論を終了いたします。  これより議案第76号 教育委員会教育長の給与の特例に関する条例についての件を起立により採決いたします。  本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。    〔起立全員〕 ○議長(榎本和男君) 起立全員であります。  よって、本案は原案のとおり可決されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第77号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(榎本和男君) 日程第6、議案第77号 宮代町職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例についての件を議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  町長。    〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 議案第77号 宮代町職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について、ご説明申し上げます。  本議案は、本年度の人事院勧告に基づく国家公務員の給与改定に準じまして、町職員の給与を改定させていただくものでございます。  条例改正の内容でございますが、給料月額の引き下げ及び住居手当の改正を行うとともに、期末・勤勉手当の支給割合を引き下げるものでございます。  以上でございますが、詳細につきましては担当課長より補足説明をいたさせますので、よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(榎本和男君) 補足説明を願います。  総務政策課長。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) それでは、補足説明を申し上げます。  この条例改正は、人事院勧告に基づきます国家公務員の給与改定に準じまして町職員の給与を改定させていただくものでございます。  ご案内のように国家公務員の給与につきましては、市場原理による決定が非常に困難でありますことから、その時々の経済、雇用情勢等を反映して決定をされます民間の給与に準拠して定めることが最も合理的であるとされております。地方公務員、つまり町職員におきましても同様に民間準拠及び国準拠の考え方に基づきまして月例給などを民間の水準まで引き下げ、いわゆる官民給与の格差を解消するため所要の改定をさせていただくものでございます。  具体的に申し上げますと、本年は公務員と民間の給与比較におきまして公務員の給与が民間の給与を上回っていることが明らかになりましたため、初任給を中心とした若年性を除きすべての給料月額について平均で0.2%引き下げるため、給料表の改定を行いますほか自宅に係る住居手当を廃止するものでございます。
     また、期末・勤勉手当につきましては、民間で言うところのボーナスの支給割合と公務員の年間支給月数を比較したところ、民間の支給割合の平均が4.17月であったため、このたび民間の支給割合に見合うよう0.35月引き下げまして年間で4.15月とさせていただくものでございます。  改正条文の内容でございますが、第1条におきましては自宅の新築または購入から5年間支給しております住居手当及び自宅の新築または購入から5年経過後に支給しております住居手当を廃止するほか、本年度の措置といたしまして12月期の期末手当の支給月数を1.6月から0.25月引き下げまして1.35月といたします。また、勤勉手当の支給月数を0.75月から0.1月引き下げまして0.65月といたします。  これによりまして、本年6月に支給をいたしました期末手当及び勤勉手当と合せまして年間の支給月数を4.15月とするとともに別表にあります行政職給料表につきまして、初任給を中心とした若年性を除きましてすべての給料月額について平均で0.2%引き下げる減額改定を実施するものでございます。  続きまして、第2条におきましては来年度以降の措置といたしまして、期末手当の支給月数を6月期においては1.25月、12月期においては1.5月とし、年間で2.75月といたします。また、勤勉手当の支給月数を6月期及び12月期ともに0.7月とし年間で1.4月といたします。これにより、期末手当及び勤勉手当の年間支給月数を4.15月とさせていただくものでございます。  このほか附則の第2項にございますように、本年4月から11月までの期間に係る公務員と民間の給与を年間で均衡させるための所要の調整措置といたしまして、4月の給与月額に公務員と民間の格差率0.24%を乗じて得た額に4月から11月までの月数を乗じて得た額と、本年6月に支給をされました期末手当及び勤勉手当の額に同じく格差率0.24%を乗じて得た額の合計額を、12月期の期末手当の額から減額をさせていただくものでございます。  このたびの給与改定に伴いまして、月例給につきましては職員1人当たり平均で月額1,081円、年間で1万2,972円の減額となります。また、期末手当及び勤勉手当につきましては、職員1人当たり平均で年間12万3,869円の減額となります。したがいまして、平均年間給与で13万6,835円の減額、率にしまして2.4%のマイナスとなるものでございます。  町といたしましては、町の現行の給与実態、納税者であります町民の皆様のご理解とご納得、近隣市町の状況、厳しい町の財政状況等を踏まえまして人事院勧告制度を尊重するという基本姿勢に立ちまして今回の給与改定をさせていただくものでございますので、何とぞご理解をいただきたいと存じます。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) これをもって提案理由の説明を終わります。  これより質疑に入ります。  本案に対する質疑はありませんか。  丸藤議員。 ◆9番(丸藤栄一君) 議席9番の丸藤でございます。  特に第1条の住居手当の関係ですが、これまで新築購入後5年間2,500円の支給が行われまして、新築購入後5年間経過後1,000円の支給だったわけなんですが、これも廃止をするということなんですが、これに至った経緯、それからもちろん経緯の中には先ほども言われたように、近隣とのバランスもあると思うんですけれども、近隣では住居手当の見直しについてはどういった状況なんでしょうか。少なくとも埼葛町の状況なども踏まえて、お答えいただきたいと思います。 ○議長(榎本和男君) 答弁願います。  総務政策課長。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) お答えを申し上げます。  住居手当の廃止の経緯ですとか近隣の状況についてのお尋ねでございますが、この住居手当の廃止の関係につきましては、このたびの人事院勧告の中でもそうした勧告がされているということで、町としてはその勧告を尊重する立場から廃止をさせていただくというものでございます。  近隣の状況なんですが、はっきりとしたデータが手元にありませんので正確なお答えは申し上げられませんが、こうした住居手当につきましては、近隣についてもほぼ同様、金額的には若干うちよりも高い手当を支給しているところもあるようでございますが、大体似たような額で支給をされてきていると思います。今回の人事院勧告ということでございますので、近隣におきましても同じように廃止をされていくものと考えております。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) 丸藤議員。 ◆9番(丸藤栄一君) 正確な資料がないということなんですが、資料がないということなのでそれ以上ちょっと聞くことはできないんですけれども、やはりこういった点も含めましてかなり職員については厳しい状況だというふうに思います。  では、もう1点伺いたいんですが、確かに今も上程説明等々ありまして、宮代町の職員の給与改定については人事院勧告の勧告を私から言わせると最大限考慮しているというふうに思うんですけれども、最近の政府発表でも今、デフレ状況にあるというふうに最近のニュースでも言われておりますが、デフレ、つまり物、需要と供給のバランスが悪くて非常に需要がないために物が安くなっている。物を安くするとやはりそれなりに収入が上がらない。だから、給料も下げていかなければいけないということなんですけども、これがサイクルになってどんどん悪い方向にいっていると思うんですけれども、そういった点では人事院勧告ではもちろんその辺のことは考えていると思うんですけれども、マクロ的に見てもそういうふうな状況ですから、えてしてこの宮代町の職員の給与を改定する場合、民間との格差ということをおっしゃるんですけれども、これはもう民間はこういう状況ですからどんどん下げていく。せめて、やはりこのデフレ、経済状況をよくするために公務員のほうである程度抑えていかないと、また、公務員がこういうふうにしたので、さらに景気が悪くなるサイクルになっていくと思うんですが、その辺で今のこういったデフレという状況なんかは、町としたらどのように考えているのか。そういう状況のもとで、こういうふうな体系にしたということなんですけれども、その辺の状況なんかは加味されているんでしょうか、お聞きしたいと思います。 ○議長(榎本和男君) 答弁願います。  総務政策課長。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) お答えを申し上げます。  現在の経済状況を考えると、公務員の給与は下げないほうがいいんではないかといった趣旨のご質問かと思いますけれども、補足説明の中でも申し上げましたように、大原則として公務員の給与というのは民間に準拠して決められていくものだと、これがございました。ですから、確かに議員さん言われるように、給料が減って物が安くなって経済状況が悪くなってと、そういうご指摘も理解はいたします。いたしますが、やはり公務員の給与の大原則というのがございますので、それを最大限尊重をしてこうした提案をさせていただいているということでございます。 ○議長(榎本和男君) 丸藤議員。 ◆9番(丸藤栄一君) 最後なんですけれども、いつも質問に出るかと思うんですけれども、宮代町ではもちろん労働組合がありません。この給与体系の改定に当たりまして、やはりその辺の職員の声はどういうふうに集約されているのか、また、給与体系は前回もお聞きしておりますけれども、変わっていないのかどうかその点だけお聞きしたいと思います。 ○議長(榎本和男君) 答弁願います。  総務政策課長。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) お答えを申し上げます。  職員の声ということでございますけれども、町ではこうした給与改定を行う際には、職員すべてに改定内容について周知をいたしますし、また、必要な場合には室長クラスを集めまして詳細について説明もしてございます。  そうした中で、職員につきましては公務員である以上、こうした公務員の給与の原則については当然のこととして十分に理解しておりますので、そうした給与改定について職員は納得をしているというところでございます。  以上でございます。    〔「あと、給与の決め方は変わってないんだったら変わってないでいいです」と言う人あり〕 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) 失礼をいたしました。  給与の決め方について特段変更はございません。 ○議長(榎本和男君) ほかに質疑ありませんか。  小河原議員。 ◆1番(小河原正君) 1番の小河原です。  前段者と関連する部分も1点あるかもしれませんけれども、1点目は住居手当の関係で居住住宅を借り受けている場合の関係なんですが、親がアパート経営をしていて、そこを借りて家賃を払っているんだか払っていないかわからないけれども、そういう場合も住居手当を払っているのかなと私は想像しているんですけれども、その場合はどうなのか。親だから無償で貸しているかもしれませんので、それでまた払っているとなると何かちょっと私そこら辺が理解できないんだけれども、そういうことがあるのかどうか、それが1点。  もう1点は、今、前段者が言った労働組合がないということで、この職員組合との関係なんですけれども、職員組合というのがあるのかどうかわかりませんけれども、その意見集約を今説明の中で本当に職員の声が上に届いているのかどうか、多分私は今、公務員の立場だからそういうことはありませんということを言っていたようですけれども、そんな簡単なものではないなと私は思っているんですけれども、本音のところをもう少し聞かせてもらいたい。職員がどう思っていたのかどうか、その2点をお聞きしたいと思います。 ○議長(榎本和男君) 答弁願います。  総務政策課長。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) それでは、お答え申し上げます。  初めに住居手当の関係で親がアパートを経営していて、そこに職員が住んでいた場合に住居手当なり借り上げに係る部分が支給されるかどうかということでございます。これは職員がそのアパートを経営している親を扶養家族としている場合は、これは支給されません。扶養関係がないということになりますと、これは個人対個人ということになりますので、この場合は支給をされているという扱いです。  それから、職員の声ということなんですが、これは先ほど申し上げましたように、職員にはすべてきちんとお知らせしておりますし、特に宮代町みたいな少人数の職場でございますので、常に顔を合せているようなそうした職場でございますから風通しもいいと思っています。ですから、職員に何か不満があれば、それは自然と入ってくるというふうに私は受けとめています。そういったものが聞こえてこないということは、先ほど申し上げましたように職員としてきちんとその辺は理解、納得しているものというふうに私は理解をしております。  以上です。 ○議長(榎本和男君) 小河原議員。 ◆1番(小河原正君) わかりました。2点目についてもう1回しつこいようですけれどもお聞きしたいと思うんですけれども。説明の中で、宮代の職員の人は公務員の立場を十分理解していると、そういう説明が先ほどありましたけれども、また、町長や三役も給料を下げる行財政改革、または生活を考えて下げているそういう指導をしていることもあるのかもしれませんが、職員も喜んでこの内容については公務員としてやむを得ないと、こういう声でみんな大多数が賛成していたのかどうかその点だけ1点聞かせてもらいたいと思います。 ○議長(榎本和男君) 答弁願います。  総務政策課長。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) 再質問にお答え申し上げます。  職員の気持ちを一人一人聞いて確認をしているわけではないので何とも申し上げにくいんですが、正直なところを言えば、やはり給与が下がるというのはうれしくはないと思います、どのような職員であっても。ただし、やはりそうした大原則、公務員の給与というのは民間に準拠して人勧を尊重して決まるんだというところは、十分理解をしているはずですので、ですから、うれしくはないけれども理解し納得をしているということだと私は思います。 ○議長(榎本和男君) ほかに質疑はありませんか。  加藤議員。 ◆10番(加藤幸雄君) 10番議員の加藤ですが、1点お願いしたいと思いますが、今、課長さんの説明で職員は仕方がないということで公務員の立場として納得をしているはずだということなんですけれども、私は役場の外でも職員さんと会うというか、約束をして会うんではなくてすれ違ってお話をしたりするときに、やはり役場への思いというものを聞く場合があります。また、賃金、給与についてもいろいろな考え方があるんだということもお聞きをしております。  今は、宮代町役場は、小ぢんまりしているので風通しがいいとおっしゃいましたけれども、やはり町長以下階級といいますか階層があるわけで、その中の1人としてこの役場の中で不満を言うそういう雰囲気ではないと思います。私がお聞きしたいのは、たしかこの人事院勧告のマイナス勧告が始まってもう十何年かたつんだと思うんです。マイナス勧告が何年から始まっているのかそのあたりを。今、ことしの勧告でマイナス勧告が何年続いているのか、そのあたりをちょっと確認させてください。 ○議長(榎本和男君) 答弁願います。  総務政策課長。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) お答えを申し上げます。  マイナスがいつごろから始まったのかということですが、私の手元の資料では平成13年度からマイナスの勧告が始まっております。個別に申し上げますと13年度、14年度、それから15年度とマイナスです。17年度は若干プラスです。それから、19年度も若干プラスです。そして今年度がマイナス勧告と、そういった状況でございます。 ○議長(榎本和男君) 加藤議員。 ◆10番(加藤幸雄君) そうしますと、11年から12年たっているわけですね。この平成13年度からの途中若干のプラスがあったということですけれども、ことしまでで総額でどれぐらい平均で減額になっているのか、わかったらご説明ください。 ○議長(榎本和男君) 答弁願います。  総務政策課長。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) お答え申し上げます。  ご質問は、これまでのマイナスで総額どれぐらいの影響かというお尋ねかと思いますが、申しわけありませんが、そうしたデータをちょっと持ち合わせておりませんのでお答えできません。 ○議長(榎本和男君) ほかに質疑ありませんか。    〔発言する人なし〕 ○議長(榎本和男君) 質疑なしと認めます。  これをもって質疑を終了いたします。  これより討論に入ります。  まず、本案に対する反対討論の発言を許します。  加藤議員。 ◆10番(加藤幸雄君) 議席10番の加藤です。  私は議案第77号 宮代町職員の給与に関する条例の改定について、本案に反対する討論を行います。  2009年の人事院勧告の主な内容は、官民格差を0.22%、平均マイナス863円として若年層を除いて俸給を切り下げて4月にさかのぼって適用する。一時金を0.35月、これは期末手当を0.25月、勤勉手当を0.1月の内容でありますが、これは過去最大の削減であります。そして持ち家の住居手当を廃止するなどであります。  勧告による給与の削減は、公務労働者に耐えがたい生活悪化をもたらしています。今ご説明のありました平成13年度から昨年までの11年間では、これは国のほうですけれども一時金で1.1月、平均年間給与は、これも国のほうですが61万5,000円減額となっておりまして、労働者の生活改善の要求に逆行するものでありました。公務労働者の労働基本権を奪われているというそういう中で、この代償制を補償すべき人事院勧告が不当なものとなっております。  6月に行われた夏季一時金勧告は、ルール無視の0.2月削減を行いましたが、その影響はその後の民間中小企業の夏季一時金に波及しています。国民春闘共闘集計、これは7月17日付でありますが、月数では公務員並みの0.2月減となっております。まさに財界の要求によって官民ともに賃下げさせようとの意図から出されたもので、公務労働に賃下げを強行するとともに官民の賃金削減サイクルを加速させるものであります。  今の経済状況は、政府も認めているようにデフレに陥っており、被雇用者の給与が1992年の水準にまで戻っていることが最大の原因であります。懐が寂しいから物を買えない、それによって値段が下がり経済が冷え込むという悪循環になっているわけで、これを打開するには国民の購買力を上げる必要があります。つまり給与を上げる必要があるのであります。民間給与が下がっているから官も下げるのだということにはなりません。職員の生活を切り詰めさせるのではなく、生活向上を保障する給与にするべきであります。  住宅手当についても、方針どおり持ち家への手当を廃止するとのことですが、多くの職員は持ち家の場合、住宅ローンを抱えているものと考えられます。借家、アパート住まいの職員との関係としても不公平感をぬぐえません。この部分についても廃止することは、職員と家族の生活をさらに圧迫することになります。このこともあわせて指摘をして、本案に反対をいたします。 ○議長(榎本和男君) 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。    〔発言する人なし〕 ○議長(榎本和男君) 賛成討論なしと認めます。  ほかに討論はありませんか。    〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(榎本和男君) 討論なしと認めます。  これをもって討論を終了いたします。  これより議案第77号 宮代町職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例についての件を起立により採決いたします。  本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。    〔起立多数〕 ○議長(榎本和男君) 起立多数であります。  よって、本案は原案のとおり可決されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第78号から議案第80号の一括上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(榎本和男君) 日程第7、議案第78号 宮代町議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について、日程第8、議案第79号 町長及び副町長の給与等に関する条例の一部を改正する条例について、日程第9、議案第80号 教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例についての件を一括議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  町長。
       〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 議案第78号 宮代町議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例、議案第79号 町長及び副町長の給与等に関する条例の一部を改正する条例及び議案第80号 教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例につきまして、ともに関連議案となりますので一括してご説明申し上げます。  これらの議案は、人事院勧告に基づく国家公務員及び町職員の給与改定に準じまして、町議会議員を初め町長、副町長及び教育長の期末手当の支給割合を改正させていただくものでございます。  以上でございますが、詳細につきましては担当課長より補足説明をいたさせますので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(榎本和男君) 補足説明を願います。  総務政策課長。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) それでは、関連議案でございますので、補足説明につきましても一括して申し上げさせていただきます。  これらの条例改正は、先ほどの町職員の給与条例の一部改正の際にご説明を申し上げましたとおり、人事院勧告に基づきます国家公務員の給与改定及び町職員の給与改定に準じまして、議会議員の皆様方を初め、町長、副町長及び教育長の報酬条例等を改正させていただくものでございます。  改正の内容でございますが、6月期の期末手当の支給率を100分の215から100分の20引き下げまして100分の195とし、12月期の期末手当の支給率を100分の235から100分の15引き下げまして100分の220とさせていただくものでございます。これによりまして年間の支給月数は4.5月から4.15月になるものでございます。  なお、今回の人事院勧告に基づきます近隣市町における特別職の期末手当の取り扱いにつきましては、久喜市、蓮田市、幸手市、白岡町、菖蒲町、栗橋町、鷲宮町及び杉戸町におきましても同様の措置がなされると聞いておるところでございます。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) 以上、これをもって提案理由の説明を終わります。  これより質疑に入ります。  本3案に対する質疑はありませんか。  赤塚議員。 ◆3番(赤塚綾夫君) 3番の赤塚です。  議員のことだけとりあえず聞きますが、国家公務員及び町職員の給与改定に準じて町議員の報酬等を減額するという提案なんですが、三役の場合は生活給とおっしゃっておりましたが、何で人事院勧告に我々特別職の議員まで準じなければならないのか、その理由がまず一つ。  もう一つは、埼葛は今現在8町かな、その中で報酬の最高額と最低と、それから宮代町の報酬は8町の中で何番目になるのか、それを教えていただきたいと思います。議会の報酬審議会というのがあったと思うんですが、設置されているはずなんですが、それを無視して町長から提案をされるのはおかしなことではないかと思います。  もう一つは、消費税が3%という法律で決まった時点で、議員にはそのときは報酬審議会から報酬アップの提案がされたんです。だけど、納税者の皆さんのことを考えて宮代町議会ではその報酬審議会がやってきた報酬アップを反対したんです。それ以来、宮代町の議員報酬は上がっていないんではないかと思うんですが、そのときの変化があったかなかったか。ただ、聞いているのは減額される話は聞いているんですが、アップは全然されていなかったのかどうか、その辺を教えてほしいと思います。まず1点目、以上です。  質問の趣旨わかってくれましたよね。 ○議長(榎本和男君) 答弁願います。  総務政策課長。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) それでは、ご質問にお答え申し上げます。  まず初めに、議員報酬につきまして国家公務員ですとか町職員に準じて提案をされるというところの理由についてというお尋ねでございますけれども、原則論から申し上げますと、議員さんの報酬等につきましては議員さんみずからご提案をいただきたいというのが原則だろうと思います。ただ、これまで宮代町では執行部提案という形で議員さんの報酬等期末手当につきましてもご提案をさせてきていただいていると。その際、当然事前にご相談はさせていただいておりますけれども、そういう形でもって今回も職員の関係は引き下げがあるので、議員さんについても引き下げということでよろしいですかということで話をさせていただいて、それで議会からは特段そのことについて反対とかそういう声もなかったというふうに私は受けとめておりますので、執行部提案という形でさせていただいたと、できれば、議員提案という形でやっていただければいいのかと私は思っています。  それから、埼葛8町の議員さんの報酬の関係ですけれども、埼葛で申し上げますと議長さん、副議長さん、委員長さん、議員さんそれぞれ違うんですが、いわゆる議員さんの報酬ということでいいですか。    〔「平均では出ないんですか」と言う人あり〕 ○議長(榎本和男君) 議員の報酬で。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) では、議員報酬ということで申し上げます。  まず、栗橋町が23万6,000円、鷲宮町が23万6,000円、杉戸町23万5,000円、それから松伏町23万5,000円、菖蒲町22万9,000円、白岡町22万2,000円、宮代町が22万1,000円が一応埼葛の7町の議員さんの報酬の状況ということで、一番高いのが栗橋町、鷲宮町で23万6,000円、最低が宮代町の22万1,000円という状況でございます。  それから、報酬審議会に諮らないで期末手当を引き下げることはいかがなのもかというそういうご質問かと思いますけれども、報酬審議会につきましては特別職、町長、副町長、教育長、それから議会議員さんのいわゆる給料なり報酬なりの部分についてご審議をいただくということでございまして、いわゆる期末手当の支給率等につきましては審議会の審議案件とはなっていないということでございます。  それから、議員さんの報酬の変化の経緯ということなんですが、これもちょっと手元に資料がないのではっきりしたことは申し上げられませんが、相当長い期間変化がないままにきている状況にあるというふうには理解をしております。ただ、期末手当の関係につきましては、先ほど申し上げましたように職員に準じているという形でこれまでもやらせていただいておりますので、下がったときもあれば若干よくなったときもあると、そういった状況でございます。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) 赤塚議員。 ◆3番(赤塚綾夫君) 質問します。  私が言ったとおり、議員が提案すべきだといっても議員みずからはなかなか提案が難しいということで報酬審議会を設置したはずなんです。その報酬審議会が全般を見てアップしたり下げたりするということは議会としても認めていたんですが、3%のときに報酬審議会を提案したことについて無視したということで、それ以後報酬審議会が開催されていないと聞いているんですが、今でも審議会そのものは設置されているのか解散してしまっているのか。  もう一つは、ここにも書いてあるんですが議員報酬及び費用弁償等と言っているけれども文言でやむを得ないのか、現在費用弁償は出ていないと伺っているんですが、文言上こういうふうに書かなければいけないのかどうか。  今、私が22名の議員がいたときには、当時埼葛10町だったんですがその後、幸手とそれから吉川が市になった関係で私は8町と言ったんですが、そのときは上から3番目あたりだったんです。そのとき栗橋が一番悪かったんです。あっと言う間に栗橋がトップになってしまって、宮代町が最低になってしまった。こんなことってありますかね。報酬審議会、議員の提案はたしかなんだけれども、議員だけでは提案できないから報酬審議会をつくってもらって、そこで特別三役並びに議員の報酬等を決めてもらっていたんですが、何も国家公務員が、地方公務員が、国家公務員の人事院勧告の勧告に従ってやらなければならない理由をもう一度聞きたいです。なぜ報酬審議会に申請して審議してもらって、それを議員提案という形で出せるようになぜしなかったのか。  それが、議員みずからやればいいんですが、ばらばらになってしまうから報酬審議会をつくった経緯があるんです。なぜそれを利用しないのかお尋ねします。議員軽視だよ。 ○議長(榎本和男君) 答弁願います。  総務政策課長。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) 再質問にお答え申し上げます。  まず、報酬審議会が設置をされているのかどうかということがありましたけれども、報酬審議会につきましては審議会を開催する必要が生じたときに設置をさせていただくというものでございまして、現在は設置をされておりません。  それから、費用弁償の文言がということでございますが、議員さんの会議があった際には日額報酬が支払われるということがありますので、その文言が入っているということでございます。  それから、一番最初の質問と同じかと思いますが、それぞれの市町でおそらくやり方がいろいろあるんだろうと思います。宮代の場合には、これまで職員の給与改定に準ずる形でもっていかがでしょうということで執行部から提案をさせていただいていると。今回もそういった形を踏襲をさせていただいて、ご提案をさせていただいたということでございます。  その審議会の関係でございますが、議員さんみずから議員提案という形ではなかなか言いにくい、確かにおっしゃるとおりかと思います。ですから、例えば議会として宮代町の議員報酬がどうなんだということで質問を報酬審議会で議論をしてほしいという申し出が議会としてあれば、これは審議会を開かせていただいてその中でご検討いただくということはできると思いますので、そういう形があれば対応はさせていただきます。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) 赤塚議員。 ◆3番(赤塚綾夫君) よくわかりました。今後は万が一人事院勧告等でこれからどんどん出てくるんではないかという感じがします。ましていわんや町長は、さらに構造改革を進めますと言っていますので、そういうことが起きてくると思います。そのときには報酬審議会を設置してほしいということを、議長を通じてお願い申し上げますのでよろしくそのときはお願いいたします。  以上で終わります。 ○議長(榎本和男君) ほかに質疑ありませんか。  小河原議員。 ◆1番(小河原正君) 小河原です。前段者の質問でちょっと聞き捨てならない答弁があったので一つ確認をしたいんですが、今まで人事院勧告の引き下げに基づいて議員の報酬等を引き下げる条例の問題について、本来なら議員提案すべきだというのは始めて聞いたんです。今まで長いこういう議案の中で、そういう説明をしたのを私は初めて聞いたように記憶しておりまして、何かおかしいなと私は思うんです。そういう気持ちがあるんでしたら、なぜ早く議員に、こういうことで赤塚さんに関連してくるかもしれないけれども、議員さん、どうですかという話がないんですか。  それは、全員協議会とかで事前に話はしているとそういう問題ではないと思うんです。私は今まで長い歴史の中で初めて聞きました。本来なら議員提案だと、それはないでしょう。だったら初めからなぜ今までも何回もこういうことがあった中でそういうことを言ってくれなかったのか。そのことについてどう考えているのか。特に町長、それを今後どうするのかちょっと聞かせてもらいたいと思います。 ○議長(榎本和男君) 休憩いたします。 △休憩 午前11時57分 △再開 午後1時00分 ○議長(榎本和男君) 再開いたします。  丸藤議員から発言の訂正の申し出がありますので、これを許可いたします。  丸藤議員。 ◆9番(丸藤栄一君) 9番議員の丸藤でございます。  先ほど、議案第75号の町長及び副町長の給与の特例に関する条例についてのところでの討論でありましたけれども、町長につきましては条例では第5位と言いましたが、これは平成21年4月1日現在の埼玉県町村議会議長会の資料で私は申し上げたんですが、現在は14番目だと思います。若干またあるかもしれませんが、ざっと見たところ14位です。副町長のほうにつきましては、騎西町の次に高いということで第2位と言いましたが第7位ということで、これが一番新しい順位だそうですので、そのように訂正していただければと思います。 ○議長(榎本和男君) 丸藤議員の申し出のように発言を訂正してよろしいでしょうか。    〔「いいです」と言う人あり〕 ○議長(榎本和男君) では、そのように訂正いたします。  次に、午前中に引き続き小河原議員の質問に答弁願います。  総務政策課長。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) それでは、ご質問にお答えを申し上げます。  先ほど、私、赤塚議員さんへの答弁の中で、議員さんの報酬等の関係について、原則として議員さんからご提案いただくのがと、そういった趣旨の発言をいたしましたが、これは不適切な発言でございまして訂正をさせていただきたいと思います。  と言いますのは、議員さんもおっしゃられましたように、議員さんみずから提案するのはなかなか提案しにくい。逆に執行部側としてもやはり議員さんの報酬なりを上げる場合はともかく、引き下げる場合というのは執行部としてもなかなか提案しにくい。お互い多分そういう状況なんだろうと思います。こういった状況はこれからもあるかと思いますので、議員さんの報酬等につきましては当然審議会というものがありますから、そこできちんと議論をしていただいてということになりますが、期末手当等につきましてどのような取り扱いをするかにつきましては、町と議会とのほうのやり取りにつきましてはきちんと何かルール化をしておくほうがいいのかなというふうに感じておりますので、その辺について今後きちんとお話をさせていただいて、そのルールを例えばつくらせていただいてそのルールにのっとって取り扱いを決めさせていただくと、そういった方向で考えさせていただきたいと思いますので、ご理解をいただきたいと思います。  以上でございます。    〔「了解しました」と言う人あり〕 ○議長(榎本和男君) ほかに質疑ありませんか。  金子議員。 ◆12番(金子正志君) 12番、金子です。  議案第78号についてお尋ねいたします。  今回、これを提出するに当たりまして議員の日当制ということは検討されたんでしょうか、お答えをお願いいたします。 ○議長(榎本和男君) 休憩いたします。 △休憩 午後1時04分 △再開 午後1時04分 ○議長(榎本和男君) 再開いたします。  金子議員。 ◆12番(金子正志君) 質問を変えます。 ○議長(榎本和男君) 今の質問を取り下げて新しい質問ということで。 ◆12番(金子正志君) 今回の議員報酬の提案に当たりまして、宮代町の財政を考えてボーナス100%カットということは考えなかったんでしょうか。よろしくお願いいたします。 ○議長(榎本和男君) 答弁願います。  総務政策課長。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) お答えを申し上げます。  今回の条例改正案につきましては、議員さんの期末手当を引き下げさせていただくというご提案でございます。この議員さんの期末手当等の取り扱いにつきましては、これまで職員の期末勤勉手当の取り扱いに準じた形でご提案をさせていただくということで、これは議会の方ともお話し合いをさせていただいた上で、そういった取り扱いをさせていただいてきております。今回につきましても、先ほど申し上げましたように今回、人事院勧告で職員の期末・勤勉手当を引き下げるということになりましたので、議員さんについてもいかがでしょうということでお話をさせていただいて、同じように引き下げるという形で今回ご提案をさせていただいたと。ですから、金子議員さんがご質問されましたように、議員さんの期末手当を例えば100%カットする云々ということにつきましては、これは議員さん同士の中でお話し合いをいただいて、仮にそうすべきだということになった場合には、これは例えば執行部で提案をしろといえば執行部でご提案申し上げますし、議員提案でやるべきだということになれば議員さんとしてご提案をいただくと。やはり職員の取り扱いとは全く違う扱いをするということについては、議員さんの中でぜひお決めをいただきたいというふうに思います。 ◆12番(金子正志君) わかりました。 ○議長(榎本和男君) ほかに質疑ありませんか。    〔発言する人なし〕 ○議長(榎本和男君) 質疑なしと認めます。  これをもって質疑を終了いたします。  これより討論に入ります。  初めに、議案第78号 宮代町議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例についての件について討論をお受けいたします。  まず、本案に対する反対討論の発言を許します。    〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(榎本和男君) 反対討論なしと認めます。  次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。  金子議員。
    ◆12番(金子正志君) 賛成討論をいたします。  大変甘い案が出てきましたが賛成いたします。  以上です。 ○議長(榎本和男君) ほかに討論はありませんか。    〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(榎本和男君) 討論なしと認めます。  これをもって討論を終了いたします。  これより議案第78号 宮代町議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例についての件を起立により採決いたします。  本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。    〔起立全員〕 ○議長(榎本和男君) 起立全員であります。  よって、本案は原案のとおり可決されました。  次に、議案第79号 町長及び副町長の給与等に関する条例の一部を改正する条例についての件について討論をお受けいたします。  まず、本案に対する反対討論の発言を許します。    〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(榎本和男君) 反対討論なしと認めます。  次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。    〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(榎本和男君) 賛成討論なしと認めます。  これをもって討論を終了いたします。  これより議案第79号 町長及び副町長の給与等に関する条例の一部を改正する条例についての件を起立により採決いたします。  本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。    〔起立全員〕 ○議長(榎本和男君) 起立全員であります。  よって、本案は原案のとおり可決されました。  次に、議案第80号 教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例についての件についての討論をお受けいたします。  まず、本案に対する反対討論の発言を許します。    〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(榎本和男君) 反対討論なしと認めます。  次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。    〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(榎本和男君) 賛成討論なしと認めます。  これをもって討論を終了いたします。  これより議案第80号 教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例についての件を起立により採決いたします。  本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。    〔起立全員〕 ○議長(榎本和男君) 起立全員であります。  よって、本案は原案のとおり可決されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第81号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(榎本和男君) 日程第10、議案第81号 平成21年度宮代町一般会計補正予算(第3号)についての件を議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  町長。    〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 議案第81号 平成21年度宮代町一般会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。  本議案は、既定の予算額に歳入歳出それぞれ2,591万9,000円を追加いたしまして、予算の総額を90億5,894万7,000円とさせていただくものでございます。  補正予算の主な内容でございますが、いわゆる新型インフルエンザ予防接種の実施に係る経費の増額でございます。  以上でございますが、詳細につきましては担当課長より補足説明をいたさせますので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(榎本和男君) 補足説明を願います。  総務政策課長。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) それでは、補足説明を申し上げます。  恐れ入りますが、補正予算書(第3号)の1ページ目をごらんいただきたいと思います。  第1条、歳入歳出予算の補正につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に2,591万9,000円を追加し、総額を90億5,894万7,000円と定めるものでございます。  補正予算の内容でございますが、事項別明細書によりご説明を申し上げます。  初めに、歳入から申し上げます。  予算書の6ページをごらんをいただきたいと思います。  14款県支出金、2項県補助金、2目衛生費県補助金の予防接種補助金につきましては、新型インフルエンザの予防接種経費に対して交付される補助金でございます。  次に、17款繰入金、2項基金繰入金、2目財政調整基金繰入金につきましては、このたびの補正に伴います財源調整といたしまして基金からの繰り入れを増額するものでございます。  次に、歳出でございますが、8ページをごらんをいただきたいと思います。  2款総務費、2項徴税費、1目税務総務費の(2)税務総務事業でございますが、新型インフルエンザ予防接種の実施に当たりまして、優先的にワクチンを接種する対象とされている方のうち、生活保護世帯や町民税非課税世帯の方につきましては、予防接種費用が免除されることになってございます。また、予防接種費用の免除を受けるためには医療機関に対しまして生活保護受給者証、もしくは町民税非課税世帯証明書を提示することとされております。  町ではこの町民税非課税世帯証明書を税務の窓口で発行することとしておりますが、通常業務に加えましてかなりの事務量が予想されますことから、臨時職員を雇用するための賃金を計上するものでございます。  次に、4款衛生費、1項保健衛生総務費、2目予防費の(1)保健予防事業につきましても、新型インフルエンザの予防接種に係る経費でございます。委託料につきましては、予防接種費用が免除される方が医療機関において予防接種を受けられた場合、その費用を町から医療機関に支払うための経費でございます。また、負担金補助及び交付金につきましては、予防接種費用が免除される方が既に予防接種を受けられ、その費用を本人が支払ってしまっている場合にその費用を町からご本人に補助金として支給するための経費でございます。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) これをもって提案理由の説明を終わります。  これより質疑に入ります。  本案に対する質疑はありませんか。  丸藤議員。 ◆9番(丸藤栄一君) 議席9番の丸藤でございます。  1点だけお聞きしたいんですが、事項別明細書の8、9ページの関係でありますけれども、予算とも関係ありますけれども、この新型インフルエンザ予防対策経費なんですけれども、一応資料では4,163人ということなんですが、この生活保護者と町民税非課税世帯はどういうふうになっているのか、それから、今もう既に受けた方もいるということで、それらについては補助金を返すということなんですけれども、そうしますとこれは全員が受けるということを前提にして人数は決められているのか、その辺も伺いたいと思います。  以上です。 ○議長(榎本和男君) 答弁願います。  健康福祉課長。 ◎健康福祉課長(折原正英君) それでは、お答えを申し上げます。  まず1点目、非課税者、生保者の関係の人数ということでございますけれども、今回、対象者につきましては議員ご指摘のとおり4,163人ということでございます。この出すに当たっての積算の考え方でございますけれども、基本的に町民の方が約3万3,000人おります。その中で町民税の非課税者という方が約25%で8,409人おります。そこからさらに19歳から64歳の方は、基礎疾患とかそういう方は入っているかもしれませんが、そういう方が4,264人おります。つまり町民税非課税者の中からその19歳から64歳の方を引いた残りが4,163人ということで積算をさせていただいております。  しかるに、また一方、もう一つの算出方法としては宮代町民で接種されるであろう医療従事者とか優先接種の対象者等が約1万6,000人程度いるだろうと。そこで約3割弱、国は27%というのですが、その方々が今回の対象者になるだろうと、いわゆる免除になる人ということになると、さらに小中学生で罹患している生徒もいるということで約500人ぐらいいるということなんで、約4,100人から4,200人ということでおおむね概数は合っているということでございますが、中には1回接種の方もいますし2回接種の方もいます。一人一人わかりません。ですので、基本的におおむね皆さん2回だろうということを想定しまして、余り細かに人ごとに出すということも不効率ですし難しいということで、このような積算をさせていただいているということでございます。  ちなみに生活保護者の方については、今310人おります。その中でも約半分の方が優先接種対象者ではないかということで福祉事務所から報告を受けているということでございます。  次に、既に受けている方で全員が受けることを想定しているかということでございますけれども、これはあくまで義務接種ではない任意接種と、ご案内のとおりインフルエンザのワクチンを接種することによって、逆にそういったインフルエンザのワクチンの接種によって副作用とかというのが個々いろいろでございます。ポリオとかはしかとかそういったいろいろなものとの予防接種とはちょっと種類が違いましてあくまでも任意接種と。本人、個人の意思を尊重するようにというような国の考え方もありますので、一応そういう方ではあるんですが、基本的に対象者は全部受けるであろうという想定で予算は組ませていただいたということでございます。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) 丸藤議員。 ◆9番(丸藤栄一君) ありがとうございました。大体内容はわかりました。ただ、数字的には確かに細かく4,163人というふうになっていたものですから、おおよその数字でなかったものですからどういうふうになっているのかなということでお聞きしたんですが、任意だということなんですけれども、一応そうしますと全員を対象に考えてはいるということで通知等についてはどのようになっているのか。また、任意ということですので受けられなかった方に対してどういうふうに手だてをとるのか、それから、非課税世帯についても事務量が煩雑ということなんですが、やはりこれは受けるほうも、申請を出すほうも簡単なほうがいいと思うんですけれども、その辺での工夫なんかはどのようにされているのか、その点も確認をしたいと思うんですが。 ○議長(榎本和男君) 答弁願います。  健康福祉課長。 ◎健康福祉課長(折原正英君) お答え申し上げます。  まず1点目でございますけれども周知方法、いわゆる通知、個別通知をするのかしないのかというご質問かと思うんですが、正直申し上げて妊婦さんであるとか小学校1年生とか中学生とかそういった対象者はわかるんですが、この基礎疾患ということ等については、これは医者の判断ということです。特に重篤、この間の全員協議会でありましたけれども重篤であるとかないとか、優先接種はそれによって順番が変わってきますので、そういった判断は医者の判断ということでございますので、一律に個別通知というのは非常になじまないということでございますので、私どものほうとしましては町広報、12月広報と同時に全戸配布で一応チラシ等を配布をさせていただくとともに、この医療機関等にも周知を図らせていただいているということでご理解をいただきたいというふうに思います。  また、受けられない人にはということなんですが、これは受けられないというか受けたくても受けられないのか、あるいは受けないのかちょっとそこのところの意思はなかなか難しいんですが、基本的にはその人の個人の意思を尊重するようにということでございますので、それ以降のことについては本人の判断ということになるかとは思います。  あと、もう一点が申請方法の工夫ということでございます。今回、町民税非課税世帯証明書というのを町のほうで発行をさせていただいて、その上で医療機関に受診をいただくというようなやり方をさせていただいているんですが、この町民税非課税世帯の証明書をまた個別通知ということも、またこれも先ほど申し上げたように対象者の予測が非常に難しいということでございますので、あくまでも申請をしていただいて、役場の税務室のほうに来ていただいて書類を発行していただいて、それで医療機関にかかっていただくという。医療機関で直接受けるということにもなかなか難しいということですが、一段階役場に来ていただいて免除申請をいただくということで私どもとしては工夫をしているということと、あとは手数料等については300円かかるんですが、今回は特例ということで無料ということでさせていただいてということが一つの工夫ということでご理解をいただきたいと思います。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) ほかに質疑ありませんか。    〔発言する人なし〕 ○議長(榎本和男君) 質疑なしと認めます。  これをもって質疑を終了いたします。  これより討論に入ります。  まず、本案に対する反対討論の発言を許します。    〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(榎本和男君) 反対討論なしと認めます。  次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。    〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(榎本和男君) 賛成討論なしと認めます。  これをもって討論を終了いたします。  これより議案第81号 平成21年度宮代町一般会計補正予算(第3号)についての件を起立により採決いたします。
     本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。    〔起立全員〕 ○議長(榎本和男君) 起立全員であります。  よって、本案は原案のとおり可決されました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第82号の上程、説明 ○議長(榎本和男君) 日程第11、議案第82号 財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部を改正する条例についての件を議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  町長。    〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 議案第82号 財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。  本議案は、町所有の集会所を地区自治会へ移管するために普通財産の譲与を定めました財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部を改正させていただくものでございます。  以上でございますが、詳細につきましては担当課長より補足説明をいたさせますので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(榎本和男君) 補足説明を願います。  総務政策課長。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) それでは、補足説明を申し上げます。  ご案内のように集会所につきましては、公共改革プログラム2005により自治会と行政の役割分担を整理することとされ、これまでの間、自治会との話し合いを進め、町所有の集会所につきましては、原則として平成27年度までに地区自治会へ移管、無償譲渡を行うこととしてございます。現在、移管に向けて準備を進めておりますが、町有財産の無償譲渡につきましては、地方自治法におきまして普通地方公共団体の財産は、条例又は議会の議決による場合でなければ、これを交換し、出資の目的とし、もしくは支払い手段として使用し、または適正な対価なくしてこれを譲渡し、もしくは貸し付けてはならないと規定をされてございます。  したがいまして、自治会に集会所を無償で譲渡するためには集会所ごとに議会におきまして無償譲渡との議決をいただくか、条例に無償譲渡できる旨を規定するかのいずれかの方法によることになってまいります。町が無償譲渡を予定しております集会所は31カ所ございまして、譲渡の時期も数年にわたると思われますことから、仮に議会の議決によることとした場合は、その都度議会の議決をお願いすることとなってまいります。このため、条例におきまして無償譲渡できる旨を規定させていただき、移管の条件が整ったものから随時移管することができるよう条例の改正をお願いするものでございます。  具体的には財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例第3条におきまして、普通財産を譲与又は減額譲与できる場合を規定しておりますが、そこに自治会に対して集会所を譲与する場合を加えさせていただくものでございます。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) これをもって提案理由の説明を終わります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第83号、議案第84号の一括上程、説明 ○議長(榎本和男君) 日程第12、議案第83号 宮代町介護保険条例の一部を改正する条例について、日程第13、議案第84号 宮代町後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例についての件を一括議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  町長。    〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 議案第83号 宮代町介護保険条例の一部を改正する条例及び議案第84号 宮代町後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例について一括してご説明申し上げます。  本議案は、社会保険の保険料等に係る延滞金を軽減するための厚生年金保険法等の一部を改正する法律の施行に伴い、町の介護保険料及び後期高齢者医療保険料の延滞金につきましても法律に準じた取り扱いをするため、宮代町介護保険条例の一部及び宮代町後期高齢者医療に関する条例の一部を改正させていただくものでございます。  以上でございますが、詳細につきましては担当課長より補足説明をいたさせますので、よろしくご審議を賜りますようお願いを申し上げます。 ○議長(榎本和男君) 補足説明を願います。  健康福祉課長。 ◎健康福祉課長(折原正英君) 議案第83号 宮代町介護保険条例の一部を改正する条例並びに議案第84号 宮代町後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例について、両議案とも同じ内容の改正ということでございますので、一括して補足説明申し上げます。  議案書25ページから27ページを、新旧対照表につきましては22ページ、23ページをお開きいただきたいと存じます。  本議案は、介護保険料並びに後期高齢者医療保険料徴収に係る延滞金を計算する際、軽減措置の期間についての規定を今回改正をするものでございます。具体的には介護保険料並びに後期高齢者医療保険料を納期限後に納付する場合には、宮代町介護保険条例並びに宮代町後期高齢者医療に関する条例の規定に基づき、納期限を過ぎた期間に応じ納付するべき金額に年14.6%の割合をもって計算した延滞金も納付することとなっておりますが、延滞金の軽減期間といたしまして納期限の翌日から起算いたしまして一月を経過するまでの期間を年7.3%の割合をもって延滞金を計算することと定められております。  しかし、現下の厳しい経済社会情勢にかんがみ、国の社会保険の保険料等に係る延滞金を軽減するための厚生年金社会法等の一部を改正する法律が平成22年1月1日より施行されることとなりまして、当該法律におきまして延滞金の軽減期間が納期限の翌日から起算して三月を経過するまでの期間とされました。このため、同種の社会保険料であります介護保険料並びに後期高齢者医療保険料につきましても、国の法律が定める社会保険料と同様の取り扱いができるように宮代町介護保険条例の一部及び宮代町後期高齢者医療に関する条例の一部を改正し、保険料の延滞金の軽減期間につきまして「一月」から「三月」へと延長するものでございます。  なお、附則におきましてこの条例の施行期日は、国の法律と同様平成22年1月1日からとすることと、この規定が適用される介護保険料並びに後期高齢者医療保険料は、施行期日以降に納期が到来する保険料とすることを規定させていただいているところでございます。  以上で補足説明を終了いたします。 ○議長(榎本和男君) これをもって提案理由の説明を終わります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第85号の上程、説明 ○議長(榎本和男君) 日程第14、議案第85号 指定管理者の指定についての件を議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  町長。    〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 議案第85号 指定管理者の指定についてご説明申し上げます。  本議案は、平成22年4月1日からいきがい活動センターの指定管理を更新するに当たりまして、当該施設の管理運営を行う団体として引き続き社団法人宮代町シルバー人材センターを指定管理者に指定させていただくものでございます。  以上でございますが、詳細につきましては担当課長より補足説明をいたさせますので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(榎本和男君) 補足説明を願います。  教育推進課長。 ◎教育推進課長(織原弘君) それでは、議案第85号 指定管理者の指定につきまして補足してご説明させていただきます。  議案書の29ページをお開きいただきたいというふうに存じます。  本議案は、平成19年度から指定管理者制度を導入しておりますいきがい活動センターに、平成22年度からの指定管理者を更新するに当たり、当該施設の管理運営を行う団体として指定するものでございます。  1にありますように指定管理者に管理を行わせる施設の名称及び所在地として、施設の名称がいきがい活動センター、施設の所在地が宮代町字山崎3番地となっております。  2といたしましては、指定管理者に指定する団体の名称及び住所として、団体名称が社団法人宮代町シルバー人材センター、団体の所在地が宮代町字山崎3番地となっております。  3の指定期間は、平成22年4月1日から平成25年3月31日までの3年間でございます。  今回の指定の管理に係る経緯でございますが、業務内容等を踏まえ平成19年度から指定管理者として管理業務を適正に実施している事情等を勘案し、随時指定とさせていただいたところでございます。  それでは、指定管理者候補者の選定結果についてということで、関係資料のほうをごらんいただきたいというふうに存じます。  まず、評価点でございますが、標準点を超えておりまして608点満点のところを379点となっております。今回、指定管理者としての選定基準に基づき総合的に審査し適切と認めましたことから、このたび指定をさせていただくものでございます。  選定理由につきましては、評価選定のポイントとなりました事業提案にありますように開館日、開館時間の拡大、施設ホームページの開設、自主事業の拡充などが提案として上がっておりますが、まず1つ目は、施設の管理運営に必要な業務水準を満たすとともに、利用者サービスの向上等に関する具体的な事業提案がされたこと、2つ目に随意指定の目的とされた団体の組織力の強化及び活動の活性化を通して施設の高齢者の活力や職業的ノウハウを集積し、まちづくりに生かす拠点とするための具体的な事業提案がされているということでございます。  裏面の3の選定までの過程というところをごらんいただきたいというふうに思います。  募集要項、業務要求水準書の配布につきましては9月2日、申請書類の提出は10月1日、選定委員会は10月26日、11月16日に開催しております。また、選定方法に当たりましてはお手元の指定管理者の候補者選定評価票に基づきまして選定評価かをしたものでございます。  なお、ご議決いただければその後速やかに指定管理者の指定、協定書作成の協議、締結ということで来年4月からの再スタートをする予定でございます。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) これをもって提案理由の説明を終わります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第86号、議案第87号の一括上程、説明 ○議長(榎本和男君) 日程第15、議案第86号 宮代町公平委員会の委員の選任につき同意を求めることについて、日程第16、議案第87号 宮代町公平委員会の委員の選任につき同意を求めることについての件を一括議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  町長。    〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 議案第86号及び議案第87号の宮代町公平委員会の委員の選任につき同意を求めることについて一括ご説明申し上げます。  これらの議案は、公平委員会委員2名の任期がことし12月27日をもって満了となりますことから浅野壽美氏を引き続き、また佐藤伸氏にかわり折原正司氏を新たに委員に選任したいので、地方公務員法第9条第2項の規定に基づき議会に同意を求めるものでございます。  浅野氏及び折原氏の経歴につきましては、お手元の資料のとおりでございます。  以上でございますので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(榎本和男君) これをもって提案理由の説明を終わります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第88号の上程、説明 ○議長(榎本和男君) 日程第17、議案第88号 宮代町固定資産評価審査委員会の委員の選任につき同意を求めることについての件を議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  町長。    〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 議案第88号 宮代町固定資産評価審査委員会の委員の選任につき同意を求めることについてご説明申し上げます。  本議案は、平成22年1月16日をもって固定資産評価審査委員会委員の任期が満了となる信原幸男氏を引き続き委員に選任したいので、地方税法第423条第3項の規定に基づき議会の同意を求めるものでございます。  信原氏の経歴につきましては、お手元の資料のとおりでございます。  以上でございますので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(榎本和男君) これをもって提案理由の説明を終わります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第89号の上程、説明 ○議長(榎本和男君) 日程第18、議案第89号 宮代町教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについての件を議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  町長。    〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 議案第89号 宮代町教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについてご説明申し上げます。  本議案は、本年12月10日をもって任期が満了となる青木千絵氏にかわり新たに中村雅昭氏を教育委員会の委員に任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により議会の同意を求めるものでございます。  中村氏の経歴につきましては、お手元の資料のとおりでございます。  以上でございますので、よろしくご審議を賜りますようお願いを申し上げます。 ○議長(榎本和男君) これをもって提案理由の説明を終わります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第90号の上程、説明
    ○議長(榎本和男君) 日程第19、議案第90号 人権擁護委員の候補者の推薦につきて意見を求めることについての件を議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  町長。    〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 議案第90号 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてご説明申し上げます。  本議案は、平成22年6月30日をもって任期が満了となる佐々木芳枝氏にかわり新たに人権擁護委員の候補者として岡野義男氏を推薦することについて人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものでございます。  岡野氏の経歴につきましてはお手元の資料のとおりでございます。  以上でございますので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(榎本和男君) これをもって提案理由の説明を終わります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第91号の上程、説明 ○議長(榎本和男君) 日程第20、議案第91号 平成21年度宮代町一般会計補正予算(第4号)についての件を議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  町長。    〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 議案第91号 平成21年度宮代町一般会計補正予算(第4号)についてご説明申し上げます。  本議案は、既定の予算額から歳入歳出それぞれ6,399万9,000円を減額いたしまして予算の総額を89億9,494万8,000円とさせていただくものでございます。  補正予算の主な内容でございますが、歳入につきましては各事業の実績に応じた国庫補助、負担金等の特定財源の増減でございます。  歳出につきましては、人事院勧告に基づく給与改定による人件費の減額のほか各事業の実績に応じた増減を行うものでございます。  以上でございますが、詳細につきましては担当課長より補足説明をいたさせますので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(榎本和男君) 補足説明を願います。  総務政策課長。 ◎総務政策課長(篠原敏雄君) それでは、補足説明を申し上げます。  恐れ入りますが補正予算書(第4号)の1ページ目をごらんいただきたいと思います。  第1条、歳入歳出予算の補正につきましては、既定の歳入歳出予算の総額から6,399万9,000円を減額し、総額を89億9,494万8,000円と定めるものでございます。  第2条、債務負担行為の補正につきましては、4ページをごらんいただきたいと思います。  平成22年4月早々からの事業実施が必要な事業につきまして、年度開始前に事務手続等を進めるためその限度額として設定をさせていただくものでございます。  次に、第3条、地方債の補正につきましては6ページをごらんいただきたいと思います。  第3表、地方債補正でございますが、道仏地区土地区画整理事業にあわせましてまちづくり交付金を活用して実施しております町道第807号線整備事業の事業実績に基づきまして限度額を減額するものでございます。  なお、平成21年度末の地方債残高見込みにつきましては、補正予算書の42ページに調書がございますので、後ほどご確認をいただきたいと存じます。  次に、補正予算の内容につきまして事項別明細書によりご説明を申し上げます。  初めに、歳入から申し上げます。  予算書の10ページ目をごらんをいただきたいと思います。  13款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金につきましては、対象児童数の増加に伴います児童手当に対する国庫負担金の増額でございます。  2項国庫補助金、3目土木費国庫補助金につきましては、町道第807号線整備事業の事業実績に基づきましてまちづくり交付金が減額となるものでございます。  3項国庫委託金、2目民生費国庫委託金につきましては、年金業務における年金情報紹介方法の変更に伴います情報端末の整備に要する交付金でございます。  14款県支出金、1項県負担金、1目民生費県負担金につきましては、国庫負担金と同様に児童手当対象児童数の増加に伴います県負担金の増額でございます。  次に、12ページをごらんいただきたいと思います。  2項県補助金、1目民生費県補助金でございますが、1節の社会福祉費補助金につきましては障害者施設に対する事務処理安定化支援事業の財源として交付されるものでございます。2節の乳幼児医療費補助金につきましては、子供医療費支給見込額の増加に伴い補助金が増額となるものでございます。3節の児童福祉費補助金につきましては、民間保育所の改修経費に対する補助金として交付をされるものでございます。  6目総務費県補助金につきましては、埼玉県自主防災組織結成活動支援事業の新規採択による増額及び全国瞬時警報システムの全国一斉整備に伴う交付金でございます。  15款財産収入、1項財産運用収入、2目利子及び配当金につきましては育英基金の預金利子収入でございます。  17款繰入金、2項基金繰入金、2目財政調整基金繰入金につきましては、このたびの補正に伴う財源調整といたしまして基金からの繰り入れを減額するものでございます。  なお、今回の補正後における財政調整基金の年度末現在高は約8億2,000万円の見込みとなっております。  20款町債、1項町債、2目土木債につきましては町道第807号線整備事業の事業実績にあわせまして国庫補助金と同様に減額をするものでございます。  次に、歳出でございます。  初めに人件費の関係でございますが、このたびの補正予算におきましては人事院勧告に基づきます給与改定に伴い、職員の給料、手当、共済費等の整理をさせていただいております。また、給与改定に伴いまして特別会計への繰出金につきましても職員の人件費分を減額してございます。このため恐れ入りますが、職員の人件費の関係につきましては説明を省略させていただきたいと存じますので、よろしくお願いを申し上げます。  それでは、14ページをごらんいただきたいと思います。  1款議会費、1項議会費、1目議会費の(3)議会運営事業費につきましては、職員の給与改定などに準じて改定をされました議員期末手当の減額でございます。  16ページをごらんいただきたいと思います。  2款総務費、1項総務管理費、6目企画費の(11)第4次総合計画策定事業につきましては、次期総合計画策定の基礎資料とするための住民意識調査の実施に要する経費でございます。町内在住の20歳以上の住民2,000人を対象として実施する予定としてございます。  次に、11目防災対策費の(1)防災活動事業につきましては、全国瞬時警報システムの整備に係る経費でございます。  次の(3)自主防災組織育成事業につきましては、自主防災組織の新規設置に対する補助金の新規採択を得たことにより財源更正を行うものでございます。  次に、18ページの中ほどをごらんをいただきたいと思います。  3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費の(4)難病患者等日常生活用具給付等事業につきましては、平成20年度の事業実績に基づきます県補助金の変換金でございます。  次の(10)障害者自立支援事業につきましては、事務処理安定化支援事業の創設によります障害者施設に対する補助金の計上及び平成20年度の事業実績に基づきます国・県補助金の返還金でございます。  次に、20ページの下段をごらんをいただきたいと思います。  3款民生費、2項児童福祉費、1目児童福祉総務費の(4)児童福祉対策事業につきましては、国の経済対策の一環として創設をされました民間社会福祉施設生活環境改善事業の採択を得ました百間保育園の改修に対する補助金でございます。  次の(5)子供医療費支給事業につきましては、平成21年度の上半期実績から支給額の増加が見込まれるため増額をするものでございます。  次の2目児童措置費の(1)児童手当支給事業につきましては、対象児童数の増加に伴い支給額を増加するものでございます。  次に、22ページの中ほどをごらんいただきたいと思います。  3目保育園費の(2)保育所管理運営事業につきましては、平成20年度事業の精算によります国・県支出金の返還金でございます。  次の3項国民年金事務取扱費、1目国民年金事務取扱費の(2)国民年金運営事業につきましては、日本年金機構の設立により年金業務における年金情報照会方法が変更されることに伴います情報端末の整備経費でございます。  次に、24ページの中ほどをごらんいただきたいと思います。  4款衛生費、2項清掃費、1目清掃総務費の(1)清掃総務事業につきましては、久喜宮代衛生組合における平成20年度決算の結果、剰余金が生じたため平成21年度の負担金を減額するものでございます。  次に、26ページの下段をごらんをいただきたいと思います。  8款土木費、1項道路橋りょう費、3目道路新設改良費の(3)地区生活道路整備事業につきましては、道仏地区土地区画整理事業とあわせてまちづくり交付金を活用し実施しております町道第807号線整備事業におきまして事業費が確定したことから減額をするものでございます。  28ページの下段をごらんをいただきたいと思います。  10款教育費、1項教育総務費、3目教育振興費の(1)奨学資金事業につきましては、育英基金の利子を基金に積み立てるための繰出金の増額でございます。  次に、30ページでございます。  2項小学校費、2目教育振興費の(2)小学校要準特別支援教育就学援助事業並びに3項中学校費、2目教育振興費の(2)中学校要準特別支援教育就学援助事業につきましては、いずれも支給認定者の増加に伴い就学援助費を増額するものでございます。  次に、32ページの下段をごらんいただきたいと思います。  11款公債費、1項公債費でございますが、平成20年度に借り入れを行いました地方債の償還方法にあわせまして、1目の元金については増額、2目の利子については減額をするものでございます。  以上でございます。 ○議長(榎本和男君) これをもって提案理由の説明を終わります。  ここで休憩いたします。 △休憩 午後1時57分 △再開 午後2時10分 ○議長(榎本和男君) 再開いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第92号の上程、説明 ○議長(榎本和男君) 日程第21、議案第92号 平成21年度宮代町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についての件を議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  町長。    〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 議案第92号 平成21年度宮代町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。  本議案は、既定の予算額から歳入歳出それぞれ135万5,000円を減額いたしまして予算の総額を36億2,213万4,000円とさせていただくものでございます。  補正予算の内容でございますが、給与改定に伴いまして歳入では一般会計からの繰入金を、歳出では人件費をそれぞれ減額するものでございます。  以上でございますので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(榎本和男君) これをもって提案理由の説明を終わります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第93号の上程、説明 ○議長(榎本和男君) 日程第22、議案第93号 平成21年度宮代町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)についての件を議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  町長。    〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 議案第93号 平成21年度宮代町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。  本議案は、既定の予算額に歳入歳出それぞれ370万9,000円を増額いたしまして、予算の総額を14億7,666万2,000円とさせていただくものでございます。  補正予算の主な内容でございますが、歳入につきましては道仏区画整理事業地内の雨水排水路整備工事の追加に伴う国庫補助金の増額並びに一般会計繰入金を増額計上させていただくものでございます。  次に、歳出につきましては職員の給与改定に伴う人件費の減額及び雨水排水路整備工事の増額をさせていただくものでございます。  以上でございますが、詳細につきましては担当課長より補足説明をいたさせますので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。
    ○議長(榎本和男君) 補足説明を願います。  産業建設課長。 ◎産業建設課長(田沼繁雄君) 議案第93号 平成21年度宮代町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)につきまして補足して説明させていただきます。  まず歳入からご説明させていただきます。  補正予算書64ページをお開きいただきたいと存じます。  国庫補助金及び繰入金につきましては、道仏土地区画整理事業地内の雨水排水路整備工事の新たな事業採択に伴い増額させていただくものでございます。  町債につきましては、管渠等整備の実績に伴いまして減額するものでございます。  続きまして、歳出についてでございますが、補正予算書66ページをお開きいただきたいと存じます。  1款公共下水道費、1項下水道管理費、1目下水道総務費につきましては、職員の給与改定に伴い人件費等を減額するものでございます。  2項下水道新設改良費、1目管渠等新設改良費、13節委託料につきましては事業の確定により減額させていただくものでございます。15節工事費、工事請負費につきましては、事業の確定により枝線布設工事、施設修繕工事の減及び道仏土地区画整理事業地内の雨水排水路整備工事の新たな補助採択により追加させていただくもので、これらにより合せて435万5,000円を増額させていただくものでございます。  以上で補足説明とさせていただきます。 ○議長(榎本和男君) これをもって提案理由の説明を終わります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第94号の上程、説明 ○議長(榎本和男君) 日程第23、議案第94号 平成21年度宮代町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)についての件を議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  町長。    〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 議案第94号 平成21年度宮代町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。  本議案は、既定の予算額から歳入歳出それぞれ14万5,000円を減額いたしまして、予算の総額を4,731万8,000円とさせていただくものでございます。  補正予算の内容でございますが、給与改定に伴いまして歳入では一般会計からの繰入金を、歳出では人件費をそれぞれ減額するものでございます。  以上でございますので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(榎本和男君) これをもって提案理由の説明を終わります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第95号の上程、説明 ○議長(榎本和男君) 日程第24、議案第95号 平成21年度宮代町介護保険特別会計補正予算(第3号)についての件を議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  町長。    〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 議案第95号 平成21年度宮代町介護保険特別会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。  本議案は、既定の予算額に歳入歳出それぞれ4,684万2,000円を増額いたしまして予算の総額を17億9,668万1,000円とさせていただくものでございます。  補正予算の主な内容でございますが、歳入につきましては国庫補助金及び介護保険給付費準備基金からの繰り入れの増額、人件費分の一般会計繰入金の減額でございます。  歳出につきましては、職員の給与改定に伴う人件費の減額、介護保険施設のスプリンクラー設置のための補助金の増額及び介護保険給付費を増額させていただくものでございます。  以上でございますが、詳細につきましては担当課長より補足説明をいたさせますので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(榎本和男君) 補足説明を願います。  健康福祉課長。 ◎健康福祉課長(折原正英君) それでは、議案第95号 平成21年度宮代町介護保険特別会計補正予算(第3号)につきまして補足説明をいたします。  補正予算書91ページをお開きいただきたいと存じます。  第1条におきまして、既定の歳入歳出予算の総額をそれぞれ4,684万2,000円増額をさせていただき、総額をそれぞれ17億9,668万1,000円とさせていただくものでございます。  第2条におきましては、債務負担行為の補正ということで93ページにございます4事業ということでございます。  続きまして、補正予算の内容につきましては95ページからの事項別明細書に従いましてご説明申し上げます。  それでは、歳入からご説明いたします。  補正予算書の98ページをお開きください。  第4款国庫支出金、第2項国庫補助金、第4目地域介護・福祉空間整備等交付金等、第1節地域介護・福祉空間整備等交付金につきましては309万5,000円の増額となっております。  平成20年度後半から認知症高齢者グループホーム等の小規模な介護保険施設へのスプリンクラー設置費用が国の補助金の交付対象事業となりまして、町内2カ所からのグループホームからの整備希望がありましたことから、9月議会におきまして国からの交付金を計上させていただきましたが、その後、国の交付基準に基準額項目の追加がございましたことからそのうち1カ所につき増額となって交付される分を計上させていただくものでございます。  次に、第7款繰入金、第1項一般会計繰入金、第4目その他一般会計繰入金につきましては、職員給与費繰入金といたしまして職員の給与改定等に伴い、一般会計からの繰入金を125万3,000円増額させていただくものでございます。  第2項基金繰入金、第1目介護保険給付費準備基金繰入金につきましては、介護保険給付費補てんのため4,500万円を増額させていただくものでございます。  続きまして歳出でございます。  100ページでございます。  第1款総務費、第1項総務管理費、第1目一般管理費につきましては、職員の給与改定に伴い人件費を125万3,000円減額するとともに小規模な介護保険施設のスプリンクラー設置に係る費用の補助基準額の項目が追加なったことにより、地域介護・福祉空間整備等補助金を309万5,000円増額させていただき、相殺いたしまして184万2,000円補正増をさせていただくものでございます。  次に、第2項保険給付費、第1項介護サービス等諸費、第3目地域密着型介護サービス給付費につきましては、当初予算を超える利用見込みがあり予算に不足が生じる可能性が出てきましたことから4,500万円を増額させていただくものでございます。  以上で補足説明を終了いたします。 ○議長(榎本和男君) これをもって提案理由の説明を終わります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第96号の上程、説明 ○議長(榎本和男君) 日程第25、議案第96号 平成21年度宮代町水道事業会計補正予算(第2号)についての件を議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  町長。    〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 議案第96号 平成21年度宮代町水道事業会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。  本議案は、宮代町水道事業会計予算の収益的支出のうち営業費用につきまして、職員の給与改定に伴う人件費として105万5,000円を減額いたしまして6億1,941万7,000円とさせていただくものでございます。  以上でございますので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(榎本和男君) これをもって提案理由の説明を終わります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第97号の上程、説明 ○議長(榎本和男君) 日程第26、議案第97号 久喜地区消防組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についての件を議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  町長。    〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 議案第97号 久喜地区消防組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてご説明申し上げます。  本議案は、平成22年3月23日に久喜市、菖蒲町、栗橋町及び鷲宮町が合併し久喜市となることから、久喜地区消防組合を組織する地方公共団体の数を減少させるとともに、同組合規約を変更することについて協議をいたしたく地方自治法第290条の規定に基づきましてこの案を提出するものでございます。  以上でございますが、詳細につきましては担当課長より補足説明をいたさせますので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(榎本和男君) 補足説明を願います。  町民生活課長。 ◎町民生活課長(吉岡勇一郎君) 議案第97号 久喜地区消防組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更につきまして補足説明をさせていただきます。  議案書の41、42ページをごらんいただきたいと存じます。  平成22年3月23日から久喜市、菖蒲町、栗橋町、鷲宮町が廃され、その区域をもって久喜市が設置されることに伴い久喜地区消防組合を組織する地方公共団体の数を減少させるとともに、同組合規約を変更することについて協議をすることにつきまして議決をお願いするものでございます。  それでは、規約の変更内容につきましてご説明申し上げます。  参考資料といたしまして配付させていただいております新旧対照表の24ページをあわせてごらんいただければと存じます。  変更の内容でございますが、第2条の組織でございます1市3町が合併し久喜市となりますことから、次の市町を「久喜市及び宮代町」に改め、久喜市から宮代町までを削るものでございます。  次に、第4条の事務所でございます。「大字」を削るものでございます。  次に、第5条の議員の定数及び選挙の方法でございます。議員定数「18人」を「12人」に改め、議員の選出区分のうち久喜市を「6人」から「9人」に改め、「鷲宮町3人」、「菖蒲町3人」、「栗橋町3人」を削るものでございます。  次に、第9条の執行機関の組織でございます1市3町合併後は、消防組合を構成する自治体が久喜市と宮代町となりますので、第1項中「4人」を削り、第2項を「管理者は久喜市長、副管理者は宮代町長をもって充てる」に改め、第3項を削るものでございます。  次に、第11条の職務権限でございます。副管理者が1人になるため第2項の「あらかじめ管理者が定めた順序により」を削るものでございます。  次に、第14条の経費の支弁方法でございます。均等割「20%」を「3%」に、均等割「80%」を「97%」にそれぞれ改めるものでございます。  次に、附則でございますが、附則の第1項は、施行日を1市3町合併日の平成22年3月23日とするものでございます。  第2項は、規約変更後の第14条第2項の経費支弁の負担割合につきましては、合併の日から同年3月31日までの期間は、なお従前の例によるとするものでございます。  以上でございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。 ○議長(榎本和男君) これをもって提案理由の説明を終わります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第98号の上程、説明 ○議長(榎本和男君) 日程第27、議案第98号 埼玉県市町村総合事務組合の規約変更についての件を議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  町長。    〔町長 庄司博光君登壇〕 ◎町長(庄司博光君) 議案第98号 埼玉県市町村総合事務組合の規約変更についてご説明申し上げます。  本議案は、加須市が埼玉県市町村総合事務組合規約第4条第3号に掲げます交通災害共済に関する事務を共同処理するため、同組合規約を変更することについて協議をいたしたく、地方自治法第290条の規定に基づきましてこの案を提出するものでございます。  以上でございますので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(榎本和男君) これをもって提案理由の説明を終わります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    △散会の宣告 ○議長(榎本和男君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。  本日はこれにて散会いたします。  ご苦労さまでした。 △散会 午後2時28分...