吉川市議会 > 2011-03-16 >
平成23年  3月 定例会(第1回)-03月16日−05号

ツイート シェア
  1. 吉川市議会 2011-03-16
    平成23年  3月 定例会(第1回)-03月16日−05号


    取得元: 吉川市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-07
    DiscussNetPremium 平成23年  3月 定例会(第1回) - 03月16日-05号 平成23年  3月 定例会(第1回) - 03月16日-05号 平成23年  3月 定例会(第1回)           平成23年第1回吉川市議会定例会 議事日程(第5号)                 平成23年3月16日(水)午前10時18分開議 第1 議会運営委員長の報告 第2 第1号議案 吉川市国民健康保険条例の一部を改正する条例 第3 第2号議案 吉川市介護福祉総合条例の一部を改正する条例 第4 第3号議案 吉川市保育所条例の一部を改正する条例 第5 第4号議案 吉川市学童保育条例の一部を改正する条例 第6 第5号議案 吉川市税条例の一部を改正する条例 第7 第6号議案 吉川市市民参画条例の一部を改正する条例 第8 第7号議案 吉川市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例 第9 第8号議案 吉川市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例 第10 第9号議案 町の区域を変更することについて 第11 第10号議案 財産の取得について 第12 第11号議案 財産の無償譲渡について 第13 第12号議案 工事請負契約の変更契約の締結について 第14 第13号議案 平成22年度吉川市一般会計補正予算(第3号)
    第15 第14号議案 平成22年度吉川市国民健康保険特別会計補正予算(第3号) 第16 第15号議案 平成22年度吉川市下水道事業特別会計補正予算(第3号) 第17 第16号議案 平成22年度吉川市老人保健特別会計補正予算(第2号) 第18 第17号議案 平成22年度吉川市介護保険一般会計補正予算(第3号) 第19 第18号議案 平成22年度吉川市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号) 第20 第19号議案 平成22年度吉川水道事業会計補正予算(第3号) 第21 第20号議案 平成23年度吉川市一般会計予算 第22 第21号議案 平成23年度吉川市国民健康保険特別会計予算 第23 第22号議案 平成23年度吉川市下水道事業特別会計予算 第24 第23号議案 平成23年度吉川市農業集落排水事業特別会計予算 第25 第24号議案 平成23年度吉川市介護保険特別会計予算 第26 第25号議案 平成23年度吉川市後期高齢者医療特別会計予算 第27 第26号議案 平成23年度吉川市水道事業会計予算 第28 請願第1号 吉川橋架け替え工事に関する請願 第29 請願第2号 「容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書」の採択を求める請願 本日の会議に付した事件     議事日程のとおり     追加日程     第1 議会運営委員長の報告     第2 会期の変更について     第3 議員提出第1号 TPPへ参加しないことを求める意見書     第4 議員提出第2号 容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書 出席議員(19名)    1番   松澤 正          2番   中嶋通治    3番   松崎 誠          4番   安田真也    5番   稲垣茂行          6番   伊藤正勝    7番   鈴木加蔵          8番   山崎勝他    9番   加崎 勇         10番   佐藤清治   11番   高野 昇         12番   互 金次郎   13番   五十嵐惠千子       14番   小野 潔   15番   野口 博         16番   齋藤詔治   18番   遠藤義法         19番   小林昭子   20番   日暮 進 欠席議員(なし) 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人    市長     戸張胤茂       副市長    蓮沼嘉一    政策室長   椎葉祐司       総務部長   会田和男    健康福祉部長    兼      松澤 薫       市民生活部長 酒井 誠    福祉事務所長    都市建設部長 青柳光雄       会計管理者  相川勘造    水道課長   萩原 澄       教育長    染谷宗壱    教育部長   岡田忠篤 本会議に出席した事務局職員    事務局長   戸張新吉       庶務係長   岡田なるみ    主任     互井美香       主任     金子哲也 △開議 午前10時18分 △開議の宣告 ○議長(日暮進) おはようございます。開会前に申し上げます。  去る、3月11日の金曜日に発生した大地震で多くの方々が亡くなられました。ここに、ご冥福をお祈りし、黙とうをささげたいと思います。よろしくお願いします。  黙とう。     〔一同黙とう〕 ○議長(日暮進) 黙とうを終わります。ご着席ください。  ただいまの出席議員は19名でありますので、定足数に達しております。  ただちに本日の会議を開きます。 --------------------------------------- △議会運営委員長の報告 ○議長(日暮進) 日程第1、議会運営委員長の報告を求めます。  山崎勝他委員長。     〔議会運営委員長 山崎勝他登壇〕 ◆議会運営委員長(山崎勝他) おはようございます。  議長の命により、議会運営委員会の協議の概要につきまして報告をいたします。  議会運営委員会を、3月14日に開催し、災害に伴う、今後の本定例会の運営について、協議をいたしました。  その結果、各委員長報告の方法につきまして、当日の朝、本日、委員長報告書を配付することに決定しましたので、配付させていただきました。  一般質問の時間制について、質問は2回まで。質問答弁を合わせて1時間以内とするということ、また、その他につきまして、市議会といたしまして、3月定例会終了後に義援金活動を実施すると、そのような形に決まりました。  議員各位のご協力をお願いを申し上げまして、ご報告といたします。 ○議長(日暮進) ただいまの委員長報告に対して、質疑がありましたら発言を許可いたします。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 質疑の発言がありませんので質疑なしと認めます。  以上で議会運営委員長の報告を終わります。 --------------------------------------- △第1号議案~第12号議案の委員長報告、質疑、討論、採決 ○議長(日暮進) 日程第2、第1号議案から日程第13、第12号議案までの各条例等を一括議題といたします。  まず、第1号議案から、第4号議案まで及び第10号議案、第11号議案について、文教福祉常任委員長より審査の経過及び結果についての報告を求めます。  松崎委員長。     〔文教福祉常任委員長 松崎 誠登壇〕 ◆文教福祉常任委員長(松崎誠) おはようございます。3番、松崎でございます。  議長の命により、ご報告申し上げます。  会議は3月9日水曜日、午前9時30分より行われました。出席委員は全員でございます。出席説明員は教育委員会及び健康福祉部の皆さんです。  審査の経過については、お手元に配付しておりますとおりでございます。  それでは、審査結果についてご報告申し上げます。第1号議案 吉川市国民健康保険条例の一部を改正する条例については、討論なし。賛成全員であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決とすることに決定いたしました。  第2号議案 吉川市介護福祉総合条例の一部を改正する条例については、討論なし。賛成全員であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決とすることに決定いたしました。  第3号議案 吉川市保育所条例の一部を改正する条例については、討論なし。賛成多数であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決とすることに決定しました。  第4号議案 吉川市学童保育条例の一部を改正する条例については、討論なし。賛成全員であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決とすることに決定しました。  第10号議案 財産の取得については、討論なし。賛成全員であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決とすることに決定しました。  第11号議案 財産の無償譲渡については、討論なし。賛成多数であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定しました。  以上でございます。 ○議長(日暮進) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 質疑の発言がありませんので、質疑なしと認めます。  ご苦労さまでした。  次に、第5号議案、及び第7号議案から第9号議案までについて、総務水道常任委員長より審査の経過及び結果についての報告を求めます。  互委員長。     〔総務水道常任委員長 互 金次郎登壇〕 ◆総務水道常任委員長(互金次郎) 12番、互でございます。  議長の命により、ご報告をいたします。  会議は3月9日水曜日、午前9時30分から行われました。出席委員は全員でございます。説明員として水道課、政策室、総務部及び議会事務局の皆さんでございます。  審査の経過でございますが、お手元に配付してございますのでよろしくお願いいたします。  審査結果をご報告申し上げます。  第5号議案 吉川市税条例の一部を改正する条例については、討論なし。賛成多数でございました。よって、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定をいたしました。
     第7号議案 吉川市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例については、討論なし。賛成全員でございます。よって、当議案は原案のとおり可決することに決定いたしました。  第8号議案 吉川市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例でございますが、討論なし。賛成全員でありました。よって、当議案は原案のとおり可決することに決定をいたしました。  第9号議案 町の区域を変更することについては、討論なし。賛成全員でございました。よって、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定をいたしました。  以上でございます。 ○議長(日暮進) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 質疑の発言がありませんので、質疑なしと認めます。  次に、第6号議案、及び第12号議案について、建設生活常任委員長より審査の経過及び結果についての報告を求めます。  松澤委員長。     〔建設生活常任委員長 松澤 正登壇〕 ◆建設生活常任委員長(松澤正) 1番、松澤でございます。  議長の命により、ご報告を申し上げます。  会議は3月11日金曜日、午前9時30分より行われました。出席委員は全員でございます。出席説明員は都市建設部及び市民生活部の皆さんです。  審査の経過につきましては、お手元に配付してありますので後でごらんになっていただければと思います。  それでは、審査結果についてご報告申し上げます。  第6号議案 吉川市市民参画条例の一部を改正する条例については、討論なし。賛成全員であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定しました。  第12号議案 工事請負契約の変更契約の締結については、討論なし。賛成全員であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定いたしました。  以上です。 ○議長(日暮進) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 質疑の発言がありませんので、質疑なしと認めます。  これより、第1号議案 吉川市国民健康保険条例の一部を改正する条例の討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第1号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  これより、第2号議案 吉川市介護福祉総合条例の一部を改正する条例の討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第2号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  これより、第3号議案 吉川市保育所条例の一部を改正する条例の討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第3号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立多数〕 ○議長(日暮進) 起立多数であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  これより、第4号議案 吉川市学童保育条例の一部を改正する条例の討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第4号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  これより、第5号議案 吉川市税条例の一部を改正する条例の討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第5号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立多数〕 ○議長(日暮進) 起立多数であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  これより、第6号議案 吉川市市民参画条例の一部を改正する条例の討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第6号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  これより、第7号議案 吉川市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第7号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  これより、第8号議案 吉川市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第8号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  これより、第9号議案 町の区域を変更することについての討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第9号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決することに決定しました。  これより、第10号議案 財産の取得についての討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第10号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。
     よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  これより、第11号議案 財産の無償譲渡についての討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第11号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立多数〕 ○議長(日暮進) 起立多数であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  これより、第12号議案 工事請負契約の変更契約の締結についての討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第12号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。 --------------------------------------- △第13号議案~第19号議案の委員長報告、質疑、討論、採決 ○議長(日暮進) これより日程第14、第13号議案から日程第20、第19号議案までの補正予算関係を一括議題といたします。  まず、第13号議案担当分及び第19号議案について、総務水道常任委員長より審査の経過及び結果についての報告を求めます。  互委員長。     〔総務水道常任委員長 互 金次郎登壇〕 ◆総務水道常任委員長(互金次郎) では、ご報告を申し上げます。  会議は先の条例審査の後に行われました。経過でございますが、お手元に配付してございますのでよろしくお願いをいたします。  結果ご報告申し上げます。  第13号議案 平成22年度吉川市一般会計補正予算(第3号)の担当分につきましては、討論なし。賛成全員でございました。よって、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定をいたしました。  第19号議案 平成22年度吉川市水道事業会計補正予算(第3号)につきましては、討論なし。賛成全員でありました。よって、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定をいたしました。  以上でございます。 ○議長(日暮進) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 質疑の発言がありませんので、質疑なしと認めます。  次に、第13号議案担当分、第14号議案及び第16号議案から第18号議案までについて、文教福祉常任委員長より審査の経過及び結果についての報告を求めます。  松崎委員長。     〔文教福祉常任委員長 松崎 誠登壇〕 ◆文教福祉常任委員長(松崎誠) それでは、ご報告申し上げます。  会議は条例審査の後に行われました。  審査の経過については、お手元に配付してあるとおりでございます。  それでは、審査結果についてご報告申し上げます。  第13号議案 平成22年度吉川市一般会計補正予算(第3号)の担当分については、討論なし。賛成全員であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定いたしました。  第14号議案 平成22年度吉川市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)については、討論なし。賛成全員であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定いたしました。  第16号議案 平成22年度吉川市老人保健特別会計補正予算(第2号)については、討論なし。賛成全員であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定いたしました。  第17号議案 平成22年度吉川市介護保険特別会計補正予算(第3号)については、討論なし。賛成全員であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定いたしました。  第18号議案 平成22年度吉川市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)については、討論なし。賛成全員であります。よって、当議案につきましては議案のとおり可決することに決定いたしました。  以上です。 ○議長(日暮進) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 質疑の発言がありませんので、質疑なしと認めます。  次に、第13号議案担当分及び第15号議案について、建設生活常任委員長より審査の経過及び結果についての報告を求めます。  松澤委員長。     〔建設生活常任委員長 松澤 正登壇〕 ◆建設生活常任委員長(松澤正) ご報告申し上げます。  会議は条例審査の後に行われました。  審査の経過につきましては、お手元に配付してありますとおりでございます。  それでは、審査結果についてご報告申し上げます。  第13号議案 平成22年度吉川市一般会計補正予算(第3号)担当分については、討論なし。賛成全員であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定しました。  第15号議案 平成22年度吉川市下水道事業特別会計補正予算(第3号)については、討論なし。賛成全員であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定いたしました。  以上です。 ○議長(日暮進) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 質疑の発言がありませんので、質疑なしと認めます。  これより、第13号議案 平成22年度吉川市一般会計補正予算(第3号)の討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第13号議案を採決いたします。  本案に対する各常任委員長の報告は可決であります。本案は、各常任委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本案は各常任委員長の報告のとおり可決されました。  これより、第14号議案 平成22年度吉川市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)の討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第14号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  これより、第15号議案 平成22年度吉川市下水道事業特別会計補正予算(第3号)の討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第15号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  これより、第16号議案 平成22年度吉川市老人保健特別会計補正予算(第2号)の討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第16号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  これより、第17号議案 平成22年度吉川市介護保険特別会計補正予算(第3号)の討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第17号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。
     よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  これより、第18号議案 平成22年度吉川市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第18号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  これより、第19号議案 平成22年度吉川市水道事業会計補正予算(第3号)の討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第19号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。 --------------------------------------- △第20号議案~第26号議案の委員長報告、質疑、討論、採決 ○議長(日暮進) これより日程第21、第20号議案から日程第27、第26号議案の当初予算関係を一括議題といたします。  まず、第20号議案担当分及び第26号議案について、総務水道常任委員長より審査の経過及び結果についての報告を求めます。  互委員長。     〔総務水道常任委員長 互 金次郎登壇〕 ◆総務水道常任委員長(互金次郎) それでは、議長の命によりご報告を申し上げます。  会議は3月10日木曜日、9時30分から行われました。出席委員は全員でございます。説明員として水道課、工事検査課、政策室、総務部、会計課及び議会事務局の皆様でございました。  経過でございますが、お手元に配付してございますのでよろしくお願いいたします。  審査結果ご報告を申し上げます。  第20号議案 平成23年度吉川市一般会計予算担当分については、討論なし。賛成多数であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定をいたしました。  第26号議案 平成23年度吉川市水道事業会計予算については、討論なし。賛成全員でありました。よって、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定をいたしました。  以上でございます。 ○議長(日暮進) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 質疑の発言がありませんので、質疑なしと認めます。  次に、第20号議案担当分、第21号議案、第24号議案及び第25号議案について、文教福祉常任委員長より審査の経過及び結果についての報告を求めます。  松崎委員長。     〔文教福祉常任委員長 松崎 誠登壇〕 ◆文教福祉常任委員長(松崎誠) それでは、ご報告申し上げます。  会議は3月10日木曜日、午前9時30分より行われました。出席委員は全員でございます。出席説明員は教育委員会及び健康福祉部の皆さんです。  審査の経過については、お手元に配付してあるとおりでございます。  それでは、審査結果についてご報告申し上げます。  第20号議案 平成23年度吉川市一般会計予算担当分については、討論なし。賛成多数であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決とすることに決定いたしました。  第21号議案 平成23年度吉川市国民健康保険特別会計予算については、討論なし。賛成多数であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定しました。  第24号議案 平成23年度吉川市介護保険特別会計予算については、討論なし。賛成全員であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定しました。  第25号議案 平成23年度吉川市後期高齢者医療特別会計予算については、討論なし。賛成多数であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定しました。  以上です。 ○議長(日暮進) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 質疑の発言がありませんので、質疑なしと認めます。  次に、第20号議案担当分、第22号議案及び第23号議案について、建設生活常任委員長より審査の経過及び結果についての報告を求めます。  松澤委員長。     〔建設生活常任委員長 松澤 正登壇〕 ◆建設生活常任委員長(松澤正) 議長の命によりご報告申し上げます。  会議は3月14日、午前9時30分より行われました。出席委員は全員でございます。出席説明員は都市建設部及び市民生活部の皆さんです。  審査の経過につきましては、お手元に配付してありますとおりでございます。  それでは、審査結果についてご報告申し上げます。  第20号議案 平成23年度吉川市一般会計予算担当分については、討論なし。可否同数であります。つきましては、委員長裁決の結果、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定しました。  第22号議案 平成23年度吉川市下水道事業特別会計予算につきましては、討論なし。賛成全員であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定いたしました。  第23号議案 平成23年度吉川市農業集落排水事業特別会計予算については、討論なし。賛成全員であります。よって、当議案につきましては原案のとおり可決することに決定しました。  以上です。 ○議長(日暮進) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 質疑の発言がありませんので、質疑なしと認めます。  ここで休憩いたします。約20分ぐらい。 △休憩 午前10時53分 △再開 午前11時15分 ○議長(日暮進) 休憩前に引き続き会議を開きます。  これより、第20号議案 平成23年度吉川市一般会計予算の討論に入ります。  まず、反対の討論の発言を許します。  10番、佐藤議員。 ◆10番(佐藤清治) 佐藤でございます。  討論をさせていただきたいと思いますけれども、11日に発生をいたしました、東日本大震災、被災者の方々にまず、お見舞いを申し上げたいと思います。亡くなられた方や、安否のわからない方を合わせて、1万人を超えるという、戦後最大の災害となっているわけでありますけれども、私たちとしてもその救援の為に全力を尽くしていきたいというふうに思います。  さて、平成23年度当初予算は、総額204億8,000万円となっております。前年比20.4%の大幅な伸びとなっております。これは、(仮称)美南小学校建設工事や、吉川美南駅建設に伴う負担金など、これが大きく影響をしております。  民主党に政権がかわりまして、国の予算について、民主党政権がゼロから編成したものですけれども、その中で、地方自治体にとっての指針である、地方財政計画では、地域主権改革に沿った財源の充実を図るため、地方交付税総額を0.5兆円増額したことや、一般財源の総額の確保があげられています。  しかし、社会保障関係費の自然増が大きいにも関わらず、それに見合った財源が全くなされていない。これも事実でありますけれども、質疑を通して、自然増について、歳入歳出で均衡が取れている、こういう市の認識ではまずいというふうに言わざるを得ません。市税が伸びない中、また、事業の大幅増のなかで、臨時財政対策債が11億円と、平成22年と同額であり、地方交付税14億2,000万円は低すぎますし、(仮称)美南小学校建設に対する国庫支出金の割合も低すぎますので、改善を強く国に申し入れていくべきであります。  市民生活は、長引く不況と、雇用の不安定さから、市民税の所得割金額は、昨年度と比べほぼ横ばい、平成19年度に比べると、1万2,000円も減っています。働く方は増えているが、その方々含めて、なかなか課税できない所得状況であります。私どもが取り組んだ市民アンケートでも、53%の方が生活が苦しくなったと回答しております。  こうした時期だからこそ市の施策は、この子ども達や高齢者、障がいを持つ方々に、行き届いた福祉の施策が必要であります。同時に、経済波及効果があり、住民の方にも喜ばれる住宅リフォーム制度を実施することが求められております。  これらをまとめて提出させていただいたのが、予算編成に当たっての重点6項目であり、早急な実施を求めるものであります。  事業面で学校施設の耐震化や、子供医療費無料化の拡大、駅南二郷半領緑道の整備などは、私たちも要望してきたものであり、評価できるものでございますけれども、歳出面で、何点か指摘をさせていただきたいというふうに思います。  吉川美南駅については、今建設が行われているわけでございますけれども、この美南駅について、吉川駅の混雑を解消する、これが目的の一つとされていたわけでありますけれども、新駅のアクセス道路について、2-359号線と2-466、650号線の道路改修が予算化されておりますけれども、2-359号線は普通車で大型車は通れない、2-466、650号線は、歩行者、自転車への対応ということであり、これでは極めて不十分であり、バス路線の問題は未解決のままとなっているわけでございます。市民生活に関わる、道路照明等整備費の関係でございますけれども、2,854万8,000円ということになっております。3月補正で1,341万補正されているとはいえ、昨年当初5,064万1,000円に比べ、大幅に減らされております。  また、大型合併浄化槽設置事業補助金は、補助制度の変更があったとしても、22年当初714万円が234万円と、大幅に減額をされており、取り組みの姿勢が問題だと言わなければなりません。  福祉関係では、民間保育園の看護師配置は、長年保護者が要望し、民間保育園関係者からも望まれていたものであります。今回予算化されている621万円は、3施設分であり、不足分は今後補正予算で対応するとのことでありますが、第3保育所の指定管理者を募集する際策定された募集要項や、指定管理者との間で確認された仕様書では、看護師は正規職員とし、常勤で配置することと記載されています。第3保育所の運営を移管する新しい法人においても、当然この内容は継続すべきであり、当初からそれに見合った予算額とすべきであります。  健康増進事業では、特定健診の受診率と後期高齢者の健康診査の受診率が、いずれも昨年度よりも向上し、受診率向上の努力がうかがわれますが、後期高齢者の健康診査の受診率は8.8%と、近隣の他の市との比較でも極めて低い受診率となっております。他の自治体で既に実施されている、対象者への受診案内の配布や、受診券の発行など、受診率向上のためのさらなる努力が求められております。  文教関係では、外国語教育推進事業で、語学指導助手の派遣委託料が計上されております。児童・生徒が英語になれ親しみ、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育成する上で、教育の現場において、語学指導助手と日本人教師とが綿密に打ち合わせをしながら進めることが不可欠であります。外国人指導助手の雇用形態が、業務委託となっておりますけれども、現場での教師との打ち合わせや、教師からの指示が、偽装請負となることから、文部科学省も、業務委託ではなく、派遣か直接雇用が望ましいとの指導文書を出しております。当市では、費用対効果を検証し、業務委託としているとのことでありますが、児童・生徒が外国語活動に取り組むうえで、より効果を上げられる雇用形態とすべきであります。  以上の点を指摘し、反対の討論といたします。  以上。 ○議長(日暮進) 次に、賛成の討論の発言を許します。  8番、山崎議員。 ◆8番(山崎勝他) 8番の山崎です。賛成討論をさせていただきます。  討論の前に、一言、申し上げさせていただきます。去る11日午後2時46分ごろ、三陸沖を震源とする大地震があり、多数の被災者、人命が失われました。心からお悔やみを申し上げますとともに、お見舞いを申し上げます。また、震源から遠い本州でも、震度5強という揺れがあり、住宅建物等の被害がありました。心からお見舞いを申し上げます。  それでは、討論に入らせていただきます。  平成23年度吉川市一般会計当初予算案に対しまして、自由民主党を代表して賛成の立場で討論させていただきます。  国の平成23年度経済見通しでは、世界経済の緩やかな回復が期待される中、予算、税制度による新成長戦略の本格実施等を通じて、雇用、所得環境の改善が、民間需要に波及する動きが徐々に強まることから、景気が持ち直し、経済成長の好循環に向け、動きが進むと見込まれております。  しかし、現在の国政は適切な手段が取られておらず、国民生活や市況に影響しかねない不安定な状況であり、懸念を抱いております。  一方、地方財政に目を向けますと、企業収益の回復等により、地方税収や地方交付税の原資となる国税収入の増加が見込まれながらも、なお大幅な財源不足が生じる状況にあります。そうした中、編成されました平成23年度吉川市一般会計予算は、総額204億8,000万円、前年度に比べますと、20.4%、額にして34億7,500万円の大幅な増額となっているところでございます。これを踏まえて、歳入歳出別に目を向けてまいりますと、まず、歳入ですが、その骨幹となります市税では、個人市民税は若干の減少となったものの、法人市民税は景気が緩やかに回復していくと見込まれ、増収となったことから、対前年度比で約600万円の増額となっております。地方交付税につきましても、前年度比で、4億2,000万円の増額となっております。  しかし、一方で財政調整基金から、7億4,400万円を繰り入れており、現下の厳しい財政状況におきまして、新たな行政事業などへの対応するため、歳入歳出の均衡を図ったものと認識しております。  続きまして、歳出を個別事業ごとに申し上げます。  まず、この度の平成23年度予算では、平成22年度に引き続き、埼玉県緊急雇用創出基金市町村事業費補助金の有効活用が図られております。雇用創出のため、積極的に事業展開していく市の姿勢に共鳴するところでございます。これからも、限られた財源を効果的に活用するために、国や県などの動きに対し感覚を研ぎ澄まし、補助制度の有効的な活用に努めていただきますよう、お願いいたします。  次に、教育関係ですが、吉川駅南特定土地区画整理地内の開発に伴う児童の増加に対応するため、平成23年度から2カ年度にわたる新設小学校建設が着手されます。学校は、子どもたちが学習し生活する場であることはもちろんですが、これからは地域コミュニティとの関わりがより強く求められてきているところであり、市民協働により寄せられた意見、要望が反映された、地域から愛される学校が建設されることを願っております。  また、子どもたちの安全、ひいては災害時の避難場所として地域の住民の安全を担う上で、学校施設の耐震化が求められております。  そのような中、平成23年度の繰り越し事業として実施される旭小学校、関小学校体育館の、耐震補強、大規模改修工事に引き続き、北谷小学校の体育館耐震診断が実施されることは、早期の耐震化に向けて果断で迅速な対応が図られたものと大いに評価しているところであります。
     次に、福祉関係ですが、児童数の増加に対応するため、関学童保育室の新設及び中曽根学童保育室の拡張が行われるところでございます。  また、子ども医療費の通院分の対象者が、新たに中学3年生まで拡大されました。安心して子どもを産み育てられるよう、仕事と子育ての両立支援が進められていることを評価いたします。  さらには、第3保育所につきましては、平成23年4月からの民営化が決まっております。差し当たり円滑な移行をお願いするとともに、移行後につきましても、適正な施設の管理運営を支援していただきたいと考えます。また、待機児童の解消に努めていただきたいと思います。  次に、土木建設関係ですが、吉川美南駅の開設に向け、東口暫定駅前広場の整備を始め、周辺道路の整備が重点的に行われているところでございます。駅の利用に当たり、完全、安全かつ利便性の高い道路が整備されていることは重要な要素であり、効率的かつ効果的な周辺道路の整備を進めていただき、市長のリーダーシップの下、魅力あるまちづくりに邁進していただくことを切に願っております。  以上、個々の事業内容について、触れさせていただきました。平成23年度の我が国の経済は、緩やかに回復していくと見込まれるとありましたが、しかし、この度の東北地方太平洋沖地震で、被災した東京電力福島原発事故など、復興が不透明であり、社会経済に大きく影響し、国民生活は不安定な状況が懸念されます。そういう中でありますが、地方自治体の果たす役割は、ますます大きなものとなっております。  この財政運営の厳しい折、吉川市政の真価と飛躍が期待されるところでございます。つきましては、引き続き第4次総合振興計画の最終年度としてのふさわしい、住みよいまちづくりに向けて、市政運営に取り組んでいただきますよう、お願いをいたしまして、賛成の討論とさせていただきます。  ありがとうございます。 ○議長(日暮進) 次に反対討論の発言を許します。     〔発言する人なし〕 ○議長(日暮進) 次に賛成の発言を許します。  14番、小野議員。 ◆14番(小野潔) 14番、小野でございます。23年度吉川一般会計当初予算案について、公明党を代表して賛成の立場から討論をさせていただきます。  討論に入る前に、この度の東日本大地震の壊滅的な未曾有の甚大な被害を連日の放送を目のあたりにして、被災された皆様、亡くなられた方々に心から哀悼の意を捧げるものであります。10万人規模で救援活動をされている自衛隊の皆様、消防、警察、海外からの援助の方々、ボランティアによる救援活動をされている方々に感謝の思いとともに、一刻も早い復興をお祈り申し上げます。  それでは、討論に入らせていただきます。  我が国の経済は、世界規模の金融不安の傷が癒える間もなく、昨年8月には、急激な円高に見舞われ、特に若年層に及ぶ雇用の悪化は目を覆わんばかりであります。引き続き困難な状況が続いております。  国会においても、前原外務大臣の献金問題による辞任、細川厚生労働大臣の主婦年金問題での、「私は知らなかった」発言と、混乱に混乱を重ねていた民主党政権、このような状況の中で、今回の東日本大地震の発生であります。  11日、12日、2度と開催された、与野党党首会談、それを受けまして、わが党の山口代表も、今後の国会対応については、いったん休会をして、2010年度第2次補正予算を編成したうえで再開し、早期成立を図るべきとの考えを表明をいたしました。  さらに、来年度予算の取り扱いについても、本予算というよりも、暫定予算を早急に編成し、対応策をつくることも検討される可能性があるとの見解を示しました。一刻も早く2010年度補正予算を編成し、被災地の救援、復興に全力をあげることを国会に望むものであります。  さて、平成23年度吉川市一般会計当初予算でありますが、平成23年度一般会計当初予算案は、204億8,000万と、初めて200億を超える規模となっております。厳しい財政状況においても、取り組むべき課題をまっすぐに見据え、創意工夫に努められた予算編成であることがうかがえます。今回の予算編成の中で、注目すべき点をいくつか挙げておきたいと思います。  はじめに、毎日を元気で明るく暮らすことは、市民みんなの願いであります。市長の施政方針には、子宮頸がんワクチン、ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチンの公費負担による予防接種を実施とあります。このうち、ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチンについては、接種した乳児が死亡するということを受けて、厚生労働省では、因果関係の調査のためと、予防接種の中止を発表いたしました。市では、厚生労働省の通達に準ずることになりますが、子宮頸がんワクチンについては、4月から実施と聞いております。当初予算編成の段階で、市民の要望、気持ちを受けとめて、公費負担による予防接種の無料実施を予算措置されたことは、まさに必要とされるサービスを実現する選択と集中を行った結果であると高く評価をいたします。  あわせて、新たにAEDの無料貸出制度を実施しますことも、市民の健康増進に取り組むことへのあらわれであると評価をいたしております。  次に充実した子育て支援を実施し、少子化に歯どめをかけることは、引き続き国地方ともに取り組まなければならない重要課題であります。  そのためには安心して子どもを産み育てることができる環境を整え、未来を担う子どもの健やかな成長を市民全員で支えていくことが大切であります。  当市におきましては、平成22年度に病児病後児保育事業などの取り組みを行ってまいりましたが、新たに、子ども医療費の給付につきまして、通院分を中学3年生まで拡大するとしました。  国が率先して効果的な対策を実施できず、そのうえ子ども手当によって、地方自治体に混乱をきたすであろうとしている中、必要なサービスを必要な方へ、提供する真に実効性のある政策を、スピード感を持って実施するものであると大いに評価をいたしております。  次に、健康福祉関連でありますが、平成23年度に満了を迎える、地域福祉の指針である、地域福祉計画をはじめ、障がい者計画、障がい者福祉計画、そして高齢者福祉計画、介護保険事業計画の策定に取り組むための、予算措置がなされております。策定に当たっては、だれもが元気に安心して暮らせるまちづくりを目指すとして、核家族の増加、隣近所との交流の希薄化、孤独死や虐待、高齢者所在不明問題の発生など、また、大規模な地震や水害時の要援護者への個々の具体的な計画を含めた地域での支援体制構築を視野に入れながら、市民の皆様のご意見をいただきながら策定するとされております。心強い限りであります。そこで、重要な一点をひとつ、この度の東日本大地震の連日の報道において、今回は政府が、激甚災と位置づけを致しました。この激甚災も大いに教訓ととらえて、策定にあたっていただければと思います。これは、要望として訴えておきます。  次に、私ども公明党が強く提案をさせていただきました、施設などで行ったボランティア活動に対して、ポイントを付与する介護支援ボランティア制度を創設されます。大いに評価を致します。次に、契約行為でのトラブルや借金問題は、近年特に深刻な問題となっており、消費者行政の充実は強く求められているところです。架空請求や、悪徳商法に加え、未公開株や投資による被害もメディアで取り上げられ、被害額も多額に上っております。決して見過ごせる状況ではありません。これに対する取り組みとして、消費者生活相談が、週3日から4日に拡充されることは、被害を未然に食いとめ、また、トラブルを抱える市民に対して、問題解決の筋道を示し、安心して暮らせるために意義のあることと認識しております。  つぎに、仮称でありますが美南小学校の建設事業につきましては、2カ年度にわたって実施されます、まさに、ビッグプロジェクトであります。子ども達が健やかに学び、育つために、ふさわしい教育環境の整備は、吉川市の未来に投資することに他なりません。この美南小学校は、太陽光発電の設置や、屋上の緑化、人と環境に優しいエコスクールにするとともに、複合施設として地域の人々の生涯学習の場としたいとしております。厳しい財政状況の中、このような小学校の建設に取り組まれますことは、教育の重要性を認識した上で、長期的な視野に立った英断であると高く評価をしております。  また、国の臨時交付金の財源として、繰り越し事業を計上するなど、各種制度の活用が積極的に図られております。中でも、緊急雇用対策事業につきましては、17事業、事業費では実に2億円に上ります。厳しい財政状況の中、創意工夫によって雇用対策、経済対策に取り組まれる姿勢のあらわれであると、認識いたしております。  これまで当市は、吉川行財政計画推進プランなどに基づき、計画的かつ効率的な財政運営を進めてまいりましたが、なお引き続き市の財政は楽観できる状況にはないと言わざるを得ません。平成22年度からスタートしました第3次吉川行財政改革を着実に推進するとともに、引き続き選択と集中を徹底する取り組みが求められております。  また、平成23年度は、平成24年度を廃止年度とする、第5次総合振興計画の策定年度にもなります。市長の施政方針にもございましたが、初心忘れるべからずの言葉を忘れることなく、住みよさ日本一の実現を目指し、英知を結集し、常に創意工夫をもって、市政運営に取り組まれることを切望いたしまして、新年度予算案についての賛成討論とさせていただきます。 ○議長(日暮進) ほかに討論は、ありますか。反対の討論を許します。     〔発言する人なし〕 ○議長(日暮進) 賛成の討論、6番、伊藤議員。 ◆6番(伊藤正勝) 23年度予算に賛成の立場で発言をさせていただきます。  今回の、未曾有の災害によって不安感が広く、深く、全域に広がっております。東北関東大震災の発生から6日目を迎えました。マグニチュード9、最大級の地震であります。想定を超える大津波が発生をしました。現段階で死者、行方不明者は2万人に迫ると報道は伝えております。避難住民は50万人を超え、全半壊の家屋は6万戸に迫っていると伝えられています。大変悲惨な状況でございます。加えて、いわば第2次、第3次ともいえる、原子力発電所の異常事態の発生も伝えられております。超高濃度の放射能が漏れて、周辺30キロの住民に避難の勧告指示が出され、東京、埼玉でも、微量ではありますけれども、放射線が観測をされています。道路、鉄道、港湾、空港、電気、水道、通信、生命線であるライフラインはずたずたで、まだ援助物資さえ届かない、そういう地域もあります。この災害、そして、原発の異常の拡大は、経済、社会、私たちの暮らし全般に重くのしかかり、この吉川でも計画停電が始まりました。JR武蔵野線は、事実上、機能不全に陥っており、ガソリンは不足して買うことがままなりません。スーパーでは、パン、モチ、あるいは冷凍餃子など、夕方になると、ほとんど重要な生活必需品が棚から消えている、そういう事態でもございます。お店や、各種の商業は、営業に大変な支障をきたし、打撃を受けています。停電で信号機が全面的にストップすることになれば、大混乱が生じることは間違いないのではないかと恐れています。吉川警察署では、吉川では、駅前など、二、三カ所でしか警察官が手信号で対応することはできないと、そういう報告がさきにございました。こうした事態の中で、吉川市として、市民の安全と混乱をどのようにして防ぐのか、交通安全をはじめ、当面、予備費の1,500万円の活用を含めて、万全の備えをしなければならない状況であると受けとめています。  スピード感を持って効果のある取り組み、特に計画停電への対応、信号機ストップへの対応は、喫緊の課題だと改めて指摘をさせていただきます。  23年度予算全般について一言申し上げます。  初めて一般会計の規模が200億円を超えました。伸び率20.4%でございます。特別会計を合わせて、309億5,000万円、13.3%の伸びでございます。周辺自治体の中では、異例の、突出をした、積極的な大型予算と言えます。内外経済の激変、あるいは民主党政権の誕生と混迷のさなかの予算編成、しかも吉川市では、2月20日に市長選挙も実施をされました。吉川の新駅の開業が来年にせまり、駅南には新設の小学校の建設が予定をされています。小・中学校の大規模改修の継続、あるいは子ども手当など、必要な歳出を見据えて編成をする一方で、適正で効果的な歳入の確保にも努めております。さらに都市計画税による増収を見込みながら、意欲的な編成であると受けとめております。市長選挙による空白がほとんど感じられない、それだけ、各担当者、責任者のレベルと熱意がうかがえる予算であると受けとめまして、今後の執行につきましても、引き続いて、確かな目配りと、そして必要な継続事業については補正等で万全を期していただくことを、期待をしております。  最後に、いつも申し上げることでありますけれども、予算をもっとわかりやすく、見えやすく、市民が納得できるものとして説明をいただけるように、重ねてお願いを申し上げておきます。予算の数字、金額は、いわば行政の仕事の中身、税金の使い方を具体的に示したものでございます。しかし、数字の羅列だけでは、プロフェッショナルな人々が見ても分かりにくく、多くの市民にとっては、なかなか理解しがたいのではないかと見ております。一般会計の関係資料も、年ごとに改善はされておりますけれども、さらにですね、この予算、あるいは決算の時期に具体的な説明とそれを保管する資料の提供の準備を進めていただきたいとお願いをしておきます。ここに、平成23年度の小平市議会、小平市のですね、予算特別委員会の参考資料をひとつ持ってまいりました。いろんな取り組みが各所で行われております。例えば、この小平市議会の関係資料はですね、80項目、一般予算で80項目、特別会計予算で9項目について、資料を提示しております。  例えば、保育園につきましては、保育園の状況、保育園の入園状況、保育料の徴収基準額等ですね、基本的なことを丁寧にですね、資料提供していて、こういうものを見ますと、それを受けて、数字が生きて見えてくる、あるいは議会の質問がですね、より分かりやすく、そして相互に納得のできる質疑ができるのではないかと、そんなふうに考えております。いろんな工夫が、各自治体で行われています。この評価の高いところの資料等を集められてですね、吉川市の予算が、あるいは予算審議が、より充実したものになるように、さらにご尽力をいただきたい、そのことを申し上げて賛成討論といたします。 ○議長(日暮進) 他に討論はありますか。  これで討論を終わります。  これより、第20号議案を採決いたします。  本案に対する各常任委員長の報告は可決であります。本案は、各常任委員長の報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立多数〕 ○議長(日暮進) 起立多数であります。  よって、本案は各常任委員長の報告のとおり可決されました。  次に、第21号議案 平成23年度吉川市国民健康保険特別会計予算の討論に入ります。     〔発言する人なし〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第21号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立多数〕 ○議長(日暮進) 起立多数であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  次に、第22号議案 平成23年度吉川市下水道事業特別会計予算の討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第22号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  次に、第23号議案 平成23年度吉川市農業集落排水事業特別会計予算の討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第23号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  次に、第24号議案 平成23年度吉川市介護保険特別会計予算の討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第24号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  次に、第25号議案 平成23年度吉川市後期高齢者医療特別会計予算の討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第25号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立多数〕 ○議長(日暮進) 起立多数であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  平成23年度吉川市水道事業会計予算の討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、第26号議案を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。 --------------------------------------- △請願第1号の委員長報告、質疑、討論、採決 ○議長(日暮進) 日程第28、請願第1号 吉川橋架け替え工事に関する請願を議題といたします。  建設生活常任委員長より審査の経過及び結果についての報告を求めます。
     松澤委員長。     〔建設生活常任委員長 松澤 正登壇〕 ◆建設生活常任委員長(松澤正) 議長の命により、ご報告を申し上げます。  会議は当初予算審査の後に行われました。審査は委員の意見聴取により行われました。  経過につきましては、お手元に配付してあります通りでございます。  それでは、審査結果についてご報告申し上げます。  請願第1号 吉川橋架け替え工事に関する請願につきましては、討論なし。賛成全員で採択することに決定しました。  以上です。 ○議長(日暮進) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 質疑の発言がありませんので、質疑なしと認めます。  これより、討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、請願第1号を採決いたします。  本請願に対する委員長の報告は採択であります。本請願を採択することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本請願は採択とすることに決定いたしました。 --------------------------------------- △請願第2号の委員長報告、質疑、討論、採決 ○議長(日暮進) 日程第29、請願第2号 容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書の採択を求める請願を議題といたします。  建設生活常任委員長より審査の経過及び結果についての報告を求めます。  松澤委員長。     〔建設生活常任委員長 松澤 正登壇〕 ◆建設生活常任委員長(松澤正) ご報告を申し上げます。  請願第2号 容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書の採択を求める請願につきましては、討論なし。賛成全員で採択することに決定いたしました。  なお、この請願第2号は、意見書提出の請願であるため、後に意見書を提出させていただければと思います。  以上です。 ○議長(日暮進) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 質疑の発言がありませんので、質疑なしと認めます。  これより、討論に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、請願第2号を採決いたします。  本請願に対する委員長の報告は採択であります。本請願を採択することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本請願は採択することに決定いたしました。  ここで暫時休憩いたします。 △休憩 午後零時04分 △再開 午後2時06分 ○議長(日暮進) 休憩前に引き続き会議を開きます。 --------------------------------------- △日程の追加 ○議長(日暮進) お諮りいたします。  議会運営委員長より、先ほど開催した議会運営委員会の報告をしたいとの申し出がありました。この際、日程に追加し、議題にしたいと思いますが、ご異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) ご異議なしと認めます。  よって、この際、日程に追加し、議題とすることに決定しました。 --------------------------------------- △議会運営委員長の報告 ○議長(日暮進) 議会運営委員長の報告を求めます。  山崎勝他委員長。     〔議会運営委員長 山崎勝他登壇〕 ◆議会運営委員長(山崎勝他) 議長の命により、議会運営委員会の協議の概要につきまして報告をいたします。  議会運営委員会を先ほど開催いたしまして、大災害に伴い、会期の変更について協議をいたしました。その結果、会期につきましては、本日をもって閉会することに決しましたのでご報告を致します。議員各位のご協力をお願いを申し上げまして、報告といたします。 ○議長(日暮進) ただいまの委員長報告に対して、質疑がありましたら許可をいたします。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 質疑の発言がありませんので質疑なしと認めます。  以上で議会運営委員長の報告を終わります。 --------------------------------------- △日程の追加 ○議長(日暮進) お諮りいたします。  ただいまの議会運営委員長の報告に基づき、会期の変更についてを、日程に追加し、議題にしたいと思いますが、ご異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) ご異議なしと認めます。  よって、この際、会期の変更についてを日程に追加し、議題とすることに決定しました。 --------------------------------------- △会期の変更について ○議長(日暮進) 会期の変更についてを議題といたします。  お諮りいたします。  本定例会の会期を変更し、本日までとすることに、ご異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) ご異議なしと認めます。  よって、本定例会の会期を、本日3月16日までに変更することに決定しました。 --------------------------------------- △日程の追加 ○議長(日暮進) お諮りいたします。  ただいま、遠藤議員ほか2名から議員提出第1号 TPPへ参加しないことを求める意見書が提出されております。  この際、本意見書案を日程に追加し、議題にしたいと思いますが、ご異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) ご異議なしと認めます。  よって、この際、本意見書案を日程に追加し、議題とすることに決定しました。 --------------------------------------- △議員提出第1号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(日暮進) 議員提出第1号を議題といたします。提出者から提案理由の説明を求めます。  18番、遠藤議員。     〔18番 遠藤義法登壇〕 ◆18番(遠藤義法) 18番の遠藤ですが、議員提出第1号 TPPへ参加しないことを求める意見書につきまして、提案をさせていただきます。  提出者は私、遠藤ですが、賛成者といたしまして、中嶋通治議員、小林昭子議員になっていただいております。  案文は朗読をさせていただきます。  TPPへ参加しないことを求める意見書。  政府は、環太平洋戦略的経済連携協定、TPPへの参加を検討し、アジア太平洋自由貿易圏の構築を目指すとしています。TPPは、すべての品目の関税撤廃を原則とする自由貿易協定で、もし、この協定に加わることになれば、多方面に深刻な影響が出ることは、政府自身の試算等でも明らかです。農林水産省の試算によれば、TPPによる農林水産業への影響は甚大で、海外からの安い農産物が大量に流入し、米の生産は9割減少、食料自給率は40%から13%に低下、農林水産業および関連産業で、8兆4,000億円の生産減、350万人の雇用が失われるなど、我が国の農林水産業や地域社会は壊滅的な打撃を受けることになります。世界で、食糧危機の解決が待ったなしという状況や、地球環境の保全や食の安全、安心も切に求められる下で、日本が更に食料を輸入に依存することは、許されません。今、TPPへの参加をめぐって問われているのは、成長か、農業かではなく、地域経済や雇用、国民の暮らしを破壊するのかどうかということです。よって政府におかれましては、TPPへの参加は日本の将来を危うくするものであり、参加しないことを強く要請する。  以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出いたします。  平成23年3月16日、埼玉県吉川市議会。  提出先といたしまして、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、外務大臣、財務大臣、農林水産大臣、経済産業大臣であります。  いろいろ付け加えたい点はありますけれども、今、いろいろ、情報も出されて、議員の皆さんも内容については周知していらっしゃるというふうに思いますので、以上で提案を終わらせていただきます。  以上です。
    ○議長(日暮進) これより質疑に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 質疑の発言がありませんので、質疑なしと認めます。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております、議員提出第1号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。     〔「異議あり」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 異議がありますので、起立をもって採決を致します。  ただいま議題となっております議員提出第1号について委員会付託を省略することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立多数〕 ○議長(日暮進) 起立多数であります。  よって、議員提出第1号については委員会付託を省略することに決定しました  これより、討論に入ります。     〔発言する人なし〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、議員提出第1号を採決いたします。  本意見書案は原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立多数〕 ○議長(日暮進) 起立多数であります。  よって、本意見書案は原案のとおり可決されました。  なお、意見書の提出については、議長に一任願います。 --------------------------------------- △日程の追加 ○議長(日暮進) お諮りいたします。  ただいま、松澤議員ほか4名から議員提出第2号 容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書が提出されております。  この際、本意見書案を日程に追加し、議題にしたいと思いますが、ご異議ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) ご異議なしと認めます。  よって、この際、本意見書案を日程に追加し、議題とすることに決定しました。 --------------------------------------- △議員提出第2号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(日暮進) 議員提出第2号を議題といたします。提出者から提案理由の説明を求めます。  松澤議員。     〔1番 松澤 正登壇〕 ◆1番(松澤正) 1番、松澤でございます。  議員提出第2号でございますが、これは請願を受けまして意見書という形になっております。案文をもちまして説明にかえさせていただきます。  議員提出第2号 容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書。  吉川市市議会会議規則第13条の規定により上記意見書を別紙のとおり提出する。  平成23年3月16日、提出者は私、松澤正です。賛成者といたしましては、小野潔議員、加崎勇議員、小林昭子議員、佐藤清治議員となっております。  それでは、案文の方でございますけれども、容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書。  それでは、朗読の方をしていきたいと思います。  容器包装リサイクル法(容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律)は、1995年に容器包装ごみをリサイクルするために制定されました。その後、法附則第3条に基づいて2006年に一部改正されたのですが、衆議院環境委員会で19項目、参議院環境委員会で11項目もの付帯決議が採択されるなど、多くの課題を抱えたままの成立となりました。このため、ごみ排出量は高どまりのまま、環境によいリユース容器が激減し、リサイクルに必要な総費用のうち、約9割が製品価格に内部化されていないことにあります。このため、容器包装を選択する事業者には、真剣に発生抑制や、環境配慮設計に取り組もうとするインセンティブ(誘因)が働かず、ごみを減らそうと努力している市民には、負担のあり方についての不公平感が高まっているのです。  今日、地球温暖化防止の観点からも、資源の無駄遣いによる環境負荷を減らすことが求められています。レジ袋などは、先進国だけでなくアジアの国々でも、無償配布禁止の法制化や課税など、国レベルの対策が取られています。  よって、我が国の一日も早い持続可能な社会への転換を図るため、政府及び国に対し、以下の通り、容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律を制定することを強く求めます。  1、容器包装リサイクル法の役割分担を見直し、分別収集、選別保管の費用を製品の価格に内部化する。  2、リデュース発生抑制、リユース再使用を促進するため、次のようなさまざまな制度を法制化する。  ①レジ袋など使い捨て容器の無料配布を禁止し、リユース容器の普及を促す。  ②リサイクルできる分別収集袋や、クリーニング袋等も容器包装リサイクル法の対象に加える。  ③製品プラスチックのリサイクルを進める仕組みを新たに法制化する。  以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出します。  平成23年3月16日埼玉県吉川市議会。  提出先といたしましては、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、環境大臣、経済産業大臣、農林水産大臣、厚生労働大臣、財務大臣、内閣府担当特命大臣、消費者及び食品安全行政刷新大臣でございます。  以上でございます。 ○議長(日暮進) これより質疑に入ります。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) 質疑の発言がありませんので、質疑なしと認めます。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております、議員提出第2号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(日暮進) ご異議なしと認めます。  よって、議員提出第2号については委員会付託を省略することに決定しました。  これより、討論に入ります。     〔発言する人なし〕 ○議長(日暮進) 討論の発言がありませんので、討論なしと認めます。  これより、議員提出第2号を採決いたします。  本意見書案は原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。     〔起立全員〕 ○議長(日暮進) 起立全員であります。  よって、本意見書案は原案のとおり可決されました。  なお、意見書の提出については、議長に一任願います。 --------------------------------------- △閉会の宣告 ○議長(日暮進) 以上で本定例会に付議された案件は、すべて終了いたしました。  これで、平成23年第1回吉川市議会定例会を閉会いたします。  長い間、大変ご苦労さまでした。 △閉会 午後2時21分 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。   平成23年 3月  日          議長      日暮 進          署名議員    中嶋通治          署名議員    伊藤正勝          署名議員    佐藤清治...