八潮市議会 > 2018-06-20 >
平成30年  6月 定例会(第2回)-06月20日−06号
平成30年  6月 定例会(第2回)-06月20日−資料

ツイート シェア
  1. 八潮市議会 2018-06-20
    平成30年  6月 定例会(第2回)-06月20日−06号


    取得元: 八潮市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-15
    平成30年  6月 定例会(第2回) − 06月20日−06号 平成30年  6月 定例会(第2回)           平成30年第2回八潮市議会定例会 第20日 議事日程(第6号)                  平成30年6月20日(水曜日)午前10時開議  日程第1 議案の委員会報告        o総務文教常任委員会        o建設水道常任委員会        o福祉環境常任委員会  日程第2 議案の委員会報告に対する質疑  日程第3 議案に対する討論        議案第60号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市税条例の一部を改正する条例)        議案第61号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市都市計画税条例の一部を改正する条例)        議案第62号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)        議案第63号 平成30年度八潮市一般会計補正予算(第1号)        議案第64号 八潮市税条例等の一部を改正する条例について        議案第65号 八潮市都市計画税条例の一部を改正する条例について        議案第66号 八潮市国民健康保険条例の一部を改正する条例について        議案第67号 八潮市都市公園設置及び管理条例の一部を改正する条例について        議案第68号 物品購入契約の締結について
     日程第4 議案に対する採決        議案第60号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市税条例の一部を改正する条例)        議案第61号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市都市計画税条例の一部を改正する条例)        議案第62号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)        議案第63号 平成30年度八潮市一般会計補正予算(第1号)        議案第64号 八潮市税条例等の一部を改正する条例について        議案第65号 八潮市都市計画税条例の一部を改正する条例について        議案第66号 八潮市国民健康保険条例の一部を改正する条例について        議案第67号 八潮市都市公園設置及び管理条例の一部を改正する条例について        議案第68号 物品購入契約の締結について 本日の会議に付した事件  日程第4まで議事日程のとおり  日程追加 議案の上程及び提案理由の説明        議第6号議案 旧優生保護法による不妊手術の被害者救済を求める意見書        議第7号議案 学校教職員定数の大幅増員と学級編成基準の見直しを求める意見書        議第8号議案 子ども医療費の無料化等を求める意見書        議第9号議案 モニタリングポストの継続配置を求める意見書        議第10号議案 主要作物種子法廃止に際し日本の種子保全の施策を求める意見書       議案に対する質疑        議第6号議案 旧優生保護法による不妊手術の被害者救済を求める意見書        議第7号議案 学校教職員定数の大幅増員と学級編成基準の見直しを求める意見書        議第8号議案 子ども医療費の無料化等を求める意見書        議第9号議案 モニタリングポストの継続配置を求める意見書        議第10号議案 主要作物種子法廃止に際し日本の種子保全の施策を求める意見書       議案に対する委員会付託        議第6号議案 旧優生保護法による不妊手術の被害者救済を求める意見書        議第7号議案 学校教職員定数の大幅増員と学級編成基準の見直しを求める意見書        議第8号議案 子ども医療費の無料化等を求める意見書        議第9号議案 モニタリングポストの継続配置を求める意見書        議第10号議案 主要作物種子法廃止に際し日本の種子保全の施策を求める意見書       議案に対する討論        議第6号議案 旧優生保護法による不妊手術の被害者救済を求める意見書        議第7号議案 学校教職員定数の大幅増員と学級編成基準の見直しを求める意見書        議第8号議案 子ども医療費の無料化等を求める意見書        議第9号議案 モニタリングポストの継続配置を求める意見書        議第10号議案 主要作物種子法廃止に際し日本の種子保全の施策を求める意見書       議案に対する採決        議第6号議案 旧優生保護法による不妊手術の被害者救済を求める意見書        議第7号議案 学校教職員定数の大幅増員と学級編成基準の見直しを求める意見書        議第8号議案 子ども医療費の無料化等を求める意見書        議第9号議案 モニタリングポストの継続配置を求める意見書        議第10号議案 主要作物種子法廃止に際し日本の種子保全の施策を求める意見書  日程追加 議員派遣の件  出席議員(21名)     1番   大泉芳行議員    2番   矢澤江美子議員     3番   福野未知留議員   4番   朝田和宏議員     5番   川井貴志議員    6番   金子壮一議員     7番   篠原亮太議員    8番   林 雄一議員     9番   池谷 正議員   10番   鹿野泰司議員    11番   鈴木貞夫議員   12番   前田貞子議員    13番   岡部一正議員   14番   寺原一行議員    15番   服部清二議員   16番   大山安司議員    17番   郡司伶子議員   18番   小倉順子議員    19番   森下純三議員   20番   瀬戸知英子議員    21番   荻野清晴議員  欠席議員(なし)  説明のための出席者    大山 忍  市長         宇田川浩司 副市長    石黒 貢  教育長        前田秀明  企画財政部長    柳澤 徹  企画財政部理事    會田喜一郎 総務部長    鈴木圭介  健康福祉部長     遠藤忠義  子育て福祉部長    武内清和  生活安全部長     戸澤章人  市民活力推進部長    荒川 俊  建設部長       中村史朗  都市デザイン部長    佐々木千秋 会計管理者      大山 敏  水道部長    古庄真理子 監査委員事務局長兼公平委員会                     香山庸子  教育総務部長    井上正人  学校教育部長  事務局職員出席者    峯岸恒元  事務局長       天野 茂  議事調査課長    栗原眞一  副課長兼調査係長   藤井隆彰  議事係長    木村敦子  議事係主任      千葉奈々子 調査係主事 △開議 午前10時00分 △開議の宣告 ○朝田和宏議長 皆さん、おはようございます。  ただいまの出席議員数は21名で、定足数に達しております。  よって、平成30年第2回八潮市議会定例会第20日目は成立いたしました。  直ちに本日の会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議事日程の報告 ○朝田和宏議長 本日の日程について申し上げます。  本日の日程は、お手元に配付してあります。その順により議事を進めますので、ご協力のほどお願い申し上げます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案の委員会報告 ○朝田和宏議長 日程第1、議案の委員会報告であります。  総務文教常任委員会に付託いたしました議案の審査結果について、総務文教常任委員会委員長の報告を求めます。  総務文教常任委員会委員長。  6番。      〔金子壮一総務文教常任委員長 登壇〕 ◆金子壮一総務文教常任委員長 皆さん、おはようございます。  議長の指名がございましたので、総務文教常任委員会の議案審査結果について報告いたします。  今定例会において、本委員会に付託されました議案について、去る6月12日に委員会を招集し、執行部より関係職員の出席を求め、慎重に審査いたしました。その結果について報告いたします。  議案第60号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市税条例の一部を改正する条例)。賛成全員。  議案第61号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市都市計画税条例の一部を改正する条例)。賛成全員。  議案第63号 平成30年度八潮市一般会計補正予算(第1号)、第1条歳入歳出予算の補正、所管の歳入歳出予算補正、第3条地方債の補正。賛成全員。  議案第64号 八潮市税条例等の一部を改正する条例について。賛成全員。  議案第65号 八潮市都市計画税条例の一部を改正する条例について。賛成全員。  議案第68号 物品購入契約の締結について。賛成全員。  以上のように、会議に諮ったところ、原案のとおり可決すべきものと決しました。  これで、本委員会に付託されました議案審査結果報告を終わります。 ○朝田和宏議長 以上で、総務文教常任委員会委員長の報告を終わります。
     次に、建設水道常任委員会に付託いたしました議案の審査結果について、建設水道常任委員会委員長の報告を求めます。  建設水道常任委員会委員長。  8番。      〔林 雄一建設水道常任委員長 登壇〕 ◆林雄一建設水道常任委員長 おはようございます。  議長の指名がございましたので、建設水道常任委員会の議案審査結果について報告させていただきます。  今定例会において、本委員会に付託されました議案について、去る6月13日委員会を招集し、執行部より関係職員の出席を求め、慎重に審査いたしました。その結果について報告いたします。  議案第63号 平成30年度八潮市一般会計補正予算(第1号)、第1条歳入歳出予算の補正、所管の歳入歳出予算補正、第2条継続費の補正。賛成全員。  議案第67号 八潮市都市公園設置及び管理条例の一部を改正する条例について。賛成全員。  以上のように、会議に諮ったところ、原案のとおり可決すべきものと決しました。  これで、本委員会に付託されました議案審査結果報告を終わります。 ○朝田和宏議長 以上で、建設水道常任委員会委員長の報告を終わります。  次に、福祉環境常任委員会に付託いたしました議案の審査結果について、福祉環境常任委員会委員長の報告を求めます。  福祉環境常任委員会委員長。  12番。      〔前田貞子福祉環境常任委員長 登壇〕 ◆前田貞子福祉環境常任委員長 議長の指名がございましたので、福祉環境常任委員会の議案審査結果について報告いたします。  今定例会において、本委員会に付託されました議案について、去る6月14日委員会を招集し、執行部より関係職員の出席を求め、慎重に審査いたしました。その結果について報告いたします。  議案第62号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)。賛成全員。  議案第63号 平成30年度八潮市一般会計補正予算(第1号)、第1条歳入歳出予算の補正、所管の歳入歳出予算補正。賛成全員。  議案第66号 八潮市国民健康保険条例の一部を改正する条例について。賛成全員。  以上のように、会議に諮ったところ、原案のとおり可決すべきものと決しました。  これで、本委員会に付託されました議案審査結果報告を終わります。 ○朝田和宏議長 以上で、福祉環境常任委員会委員長の報告を終わります。  以上で、議案の委員会報告を終了いたします。  議案の委員会報告に対する質疑の通告を受けるため、暫時休憩いたします。 △休憩 午前10時07分 △再開 午前10時07分 ○朝田和宏議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案の委員会報告に対する質疑 ○朝田和宏議長 日程第2、議案の委員会報告に対する質疑であります。  議案の委員会報告に対して、質疑の通告はありません。  以上で、議案の委員会報告に対する質疑を終了いたします。  議案に対する討論の通告を受けるため、暫時休憩いたします。 △休憩 午前10時08分 △再開 午前10時08分 ○朝田和宏議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案に対する討論 ○朝田和宏議長 日程第3、議案に対する討論であります。  議案に対して、討論の通告はありません。  以上で、議案に対する討論を終了いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案に対する採決 ○朝田和宏議長 日程第4、議案に対する採決であります。  議案第60号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市税条例の一部を改正する条例)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○朝田和宏議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第61号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市都市計画税条例の一部を改正する条例)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○朝田和宏議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第62号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○朝田和宏議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第63号 平成30年度八潮市一般会計補正予算(第1号)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○朝田和宏議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第64号 八潮市税条例等の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○朝田和宏議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第65号 八潮市都市計画税条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○朝田和宏議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第66号 八潮市国民健康保険条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○朝田和宏議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第67号 八潮市都市公園設置及び管理条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○朝田和宏議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第68号 物品購入契約の締結について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○朝田和宏議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  以上で、議案に対する採決を終了いたします。  暫時休憩いたします。 △休憩 午前10時13分 △再開 午前10時14分 ○朝田和宏議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △日程の追加 ○朝田和宏議長 お諮りいたします。  ただいま議員提出議案として、議第6号議案 旧優生保護法による不妊手術の被害者救済を求める意見書、議第7号議案 学校教職員定数の大幅増員と学級編成基準の見直しを求める意見書、議第8号議案 子ども医療費の無料化等を求める意見書、議第9号議案 モニタリングポストの継続配置を求める意見書、議第10号議案 主要作物種子法廃止に際し日本の種子保全の施策を求める意見書が追加提出されました。  この際、これを日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○朝田和宏議長 異議なしと認めます。  よって、議第6号議案から議第10号議案を日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議第6号議案〜議第10号議案の上程及び提案理由の説明 ○朝田和宏議長 議案の上程及び提案理由の説明であります。  議第6号議案から議第10号議案を一括上程いたします。  議第6号議案について、提出者より提案理由の説明を求めます。
     18番。      〔18番 小倉順子議員 登壇〕 ◆18番(小倉順子議員) おはようございます。  議長の指名がありましたので、朗読をもって説明といたします。  議第6号議案     旧優生保護法による不妊手術の被害者救済を求める意見書  上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。  平成30年6月20日                   提出者 八潮市議会議員 小倉順子                   賛成者 八潮市議会議員 大山安司                   賛成者 八潮市議会議員 福野未知留                   賛成者 八潮市議会議員 郡司伶子                   賛成者 八潮市議会議員 矢澤江美子  八潮市議会議長 朝田和宏様        旧優生保護法による不妊手術の被害者救済を求める意見書  昭和23年に施行された旧優生保護法は、知的障がいや精神疾患を理由に本人の同意がなくても不妊手術を認めていた。同法は平成8年に障がい者差別に該当する条文を削除して母体保護法に改正された。  厚生労働省によると、旧法のもとで不妊手術を受けた障がい者らは約25,000人。このうち本人の同意なしに不妊手術を施されたのは16,475人と報道されている。  本人の意思に反して手術が施されたとすれば、人権上問題がある。また、同様の不妊手術を行っていたドイツやスウェーデンでは当事者に対する補償等の措置が講じられている。旧法のもとで不妊手術を受けた障がい者らの高齢化が進んでいることを考慮すると、我が国においても早急な救済措置を講じるべきである。                 記  1 国は、速やかに旧生保護法に基づく不妊手術の実態調査を行うこと。  2 その際、都道府県の所有する「優生保護審査会」の資料などの保全を図るとともに、資料保管状況の調査を行うこと。併せて個人が特定できる資料について、当事者の心情に配慮しつつ、できる限り幅広い範囲で収集できるよう努めること。  3 旧法改正から20年以上が経過しており、関係者の高齢化が進んでいることから、的確な救済措置を一刻も早く講じること。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  平成30年6月20日                            埼玉県八潮市議会  提出先   衆議院議長   参議院議長   内閣総理大臣   厚生労働大臣  議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。  失礼いたしました。訂正をお願いしたいと思います。5行目の報告を「報道」と読み上げましたので、「報告」ということに訂正をお願いいたします。また、記の1、速やかに、「旧生」と読んだようで、「旧優生保護法に基づく」に訂正をよろしくお願いいたします。 ○朝田和宏議長 次に、議第7号議案及び議第8号議案について、提出者より提案理由の説明を求めます。  17番。      〔17番 郡司伶子議員 登壇〕 ◆17番(郡司伶子議員) 議長の指名がありましたので、意見書の提案をさせていただきます。意見書本文の朗読をもって提案とさせていただきます。  議第7号議案     学校教職員定数の大幅増員と学級編成基準の見直しを求める意見書  上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。  平成30年6月20日                   提出者 八潮市議会議員 郡司伶子                   賛成者 八潮市議会議員 矢澤江美子                   賛成者 八潮市議会議員 福野未知留                   賛成者 八潮市議会議員 池谷 正  八潮市議会議長 朝田和宏様      学校教職員定数の大幅増員と学級編成基準の見直しを求める意見書  文部科学省は2018年度当初予算で新学習指導要領の円滑な実施と学校における働き方改革と称して、小学校英語専科指導教員、中学校のいじめ・不登校等への対応など、合わせて1595人の教職員定数の改善を図りました。  他方、少子化による自然減などで4456人の定数減を行い、差し引き2861人の大幅な定数削減となっています。  今、学校現場では、手厚い指導が必要な子どもが増え、立ち歩きやトラブルの増加など様々な教育困難が広がっており、中央教育審議会初等中等教育部会の2010年の「提言」でも「40人という学級規模では、学級経営が困難になっている」と指摘されているところです。  このため、35人以下学級など少人数学級の実現は、日本PTA全国協議会、全国レベルの校長会、教頭会、教育委員会の協議会、様々な教職員組合が求める文字通り国民共通の切実な要求になっています。  一方、政府の「骨太の方針2017」には教職員の働き方改革が盛り込まれていますが、教職員の多くは業務が増え続け「過労死ラインで働いても、授業準備や子どもと接する時間が取れない」という深刻な状態で苦しんでいます。また、少人数学級への移行の見通しがないもとで都道府県は、教職員の正規採用を手控え、非正規教職員への依存が強まり、多くの非正規教職員が来年はどうなるかわからない不安の中で働いています。このため、全国知事会も「中長期的な教職員定数改善」を求めています。  よって、政府においては、学校教職員の大幅増員を図るとともに、学級編成基準を見直し、少人数学級の実現でどの子にも行き届いた教育を実現されるよう強く要望します。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。  平成30年6月20日                            埼玉県八潮市議会  提出先   衆議院議長   参議院議長   内閣総理大臣   財務大臣   総務大臣   文部科学大臣  議第8号議案     子ども医療費の無料化等を求める意見書  上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。  平成30年6月20日                   提出者 八潮市議会議員 郡司伶子                   賛成者 八潮市議会議員 矢澤江美子                   賛成者 八潮市議会議員 福野未知留                   賛成者 八潮市議会議員 池谷 正  八潮市議会議長 朝田和宏様           子ども医療費の無料化等を求める意見書  親などが貧困の状態にある家庭で育つ18歳未満の子の割合をしめす日本の子どもの貧困率は13.9パーセント、約7人に1人の子どもが「貧困ライン」を下回っています(厚生労働省、2017年6月公表「国民生活基礎調査」)。  憲法第25条は、すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有すること、国は社会福祉、社会保障、公衆衛生の向上と増進に努めなければならないとうたっています。国と社会の責任で、子どもたち一人ひとりを大切にし、未来に希望をもち生きていける社会の仕組みをつくることが、いま緊急に求められています。  なかでも子ども医療費助成制度は、子育て世代の強い要望であり、これまでは自治体独自の努力で実施されてきました。埼玉県内では全ての市町村が中学卒業までの医療費無料化を実施し、高校卒業まで実施する自治体も8市9町村に及んでいます(2018年4月1日現在)。  しかし、厳しい地方財政の中で子ども医療費無料化を維持・拡充することは、どの市町村にとっても大きな財政負担となっています。子ども医療費無料化制度を国の制度として実施することによって、地方自治体は安心して制度を維持・拡充することが可能となります。  よって、国においては以下の施策を講ずるよう強く要望します。                 記  1 子ども医療費の無料化を国の制度として実施すること。  2 子ども医療費無料化を実施している自治体に対する国民健康保険への国庫負担の減額調整のペナルティは未就学児については廃止しましたが、未就学児以降についても同様に廃止すること。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。  平成30年6月20日                            埼玉県八潮市議会  提出先 衆議院議長 参議院議長 内閣総理大臣 財務大臣 総務大臣 厚生労働大臣  皆様のご賛同をよろしくお願いいたします。 ○朝田和宏議長 次に、議第9号議案及び議第10号議案について、提出者より提案理由の説明を求めます。  2番。      〔2番 矢澤江美子議員 登壇〕 ◆2番(矢澤江美子議員) 議長の許可がありましたので、議第9号議案と議第10号議案の提案理由を意見書本文の朗読をもって説明にかえさせていただきます。  議第9号議案     モニタリングポストの継続配置を求める意見書  上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。  平成30年6月20日                   提出者 八潮市議会議員 矢澤江美子                   賛成者 八潮市議会議員 郡司伶子                   賛成者 八潮市議会議員 福野未知留                   賛成者 八潮市議会議員 大泉芳行  八潮市議会議長 朝田和宏様          モニタリングポストの継続配置を求める意見書  原子力規制委員会は、2018年3月20日、福島第一原発事故後7年が経過したことから、避難指示が出た12市町村以外にある約2400台の学校や保育園、公園など子ども達の生活空間にあるモニタリングポスト(リアルタイム線量測定システム)を2021年3月末までに順次撤去することを決定した。
     2017年12月に福島県内各市町村へ意見照会した結果、各自治体からは継続配置を求める意見が提出されているのにも関わらず、住民の意思が無視されている。  報道によれば、撤去の基準は国の除染基準である毎時0.23マイクロシーベルトを下回る地点、撤去の理由としては「線量に大きな変動がなく安定しているため、継続的な測定の必要性は低いと判断した」とされている。  多くの地点で国の除染基準を下回っているとしているが、福島原発事故以前の状態からすれば依然として数倍の高さである。福島原発事故の「廃炉」は今後数十年かかる見込みであり、その間の事故や天災などにより再び放射性物質が周辺に拡散する可能性がある。事故7年後の今でも、広い範囲で除染土や除染ごみが仮置きされ、自然災害や火災などで周辺に再拡散する可能性がある。  モニタリングポストの目的からすれば、福島県内で「廃炉」作業が行われ、中間貯蔵施設や仮置き場に除染土や除染ごみが存在している限り、福島原発事故以前のレベルに戻るまで設置を継続すべきである。  よって八潮市議会は政府に対し、モニタリングポスト撤去を撤回し、継続配置を求めるものである。                 記  1 東京電力福島第一原子力発電所事故による不安の要因は、空間線量の高低だけに留まるものではない。モニタリングポストの設置が不要かどうか判断する「決定の権利」は住民が持つべきである。  2 原発事故はいまだ継続中であり、空間線量を可視化して安全を確認できるモニタリングポストは、住民の最低限の「知る権利」を保障するものである。配置を継続し、撤去は廃炉作業が全て終了してから行うべきである。  3 帰還困難区域内の山火事の発生や産廃処分場における火災などが発生している。放射能を含む大気中粉じんの実態も県民にとって大きな関心である。大気中粉じん濃度測定のためのダストモニターのより広い範囲での設置を求める。  4 モニタリングポスト撤去について、広く住民からの意見の聴取を行うよう求める。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  平成30年6月20日                            埼玉県八潮市議会  提出先   衆議院議長   参議院議長   内閣総理大臣   復興大臣   内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構)   内閣府特命担当大臣(原子力防災)   原子力規制委員会  議第10号議案     主要作物種子法廃止に際し日本の種子保全の施策を求める意見書  上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。  平成30年6月20日                   提出者 八潮市議会議員 矢澤江美子                   賛成者 八潮市議会議員 郡司伶子                   賛成者 八潮市議会議員 福野未知留                   賛成者 八潮市議会議員 大泉芳行  八潮市議会議長 朝田和宏様      主要作物種子法廃止に際し日本の種子保全の施策を求める意見書  今年4月より種子法は廃止となり、1952年より我が国の農業と国民の食生活を支える主要作物としての米、麦、大豆の種子を100パーセント国産で賄うことを維持してきた法的根拠とその財源が失われることになった。とりわけ基幹作物としての米は、価格面、優良品種の維持や開発、品種の多様性などの面で危機的な影響を受けることが懸念される。  そもそも種子法は、主要作物の自給を維持し、産地の分散化や品種の多様性という食料安全保障上極めて重要な部分を支えてきたものである。それを財界からの圧力を受け「国が管理する仕組みが民間の品種開発意欲を阻害している」との規制緩和路線のもとに、国の責任を放棄し、外国資本も含む民間の種子開発への参入を積極的に進めることは、食料の安定供給の確保を任務と定めている農林水産省設置法にもとるものである。  さらに、本法と並行して成立した農業競争力強化支援法においては、品種に関する知見と施設を全て民間に積極的に譲渡すること、また銘柄の集約の取り組みを促進することも定められており、同じく成立している改正農村地域工業等導入促進法では農地の転用規制の緩和がさらに進められている。これらが相まって、中小農家の撤退、大規模経営の農家への集約が進むこと、大手資本参入による多様な品種の淘汰が起こることが危惧される。  参議院での決議に当たっての附帯決議では、都道府県での財源確保、種子の国外流出防止、種子独占の弊害の防止などが求められている。政府においては食料主権の観点から本附帯決議の実現に努めることはもちろんのこと、日本の種子を保全するための新たな法整備を行うなど、積極的な施策を求めるものである。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  平成30年6月20日                            埼玉県八潮市議会  提出先   衆議院議長   参議院議長   内閣総理大臣   農林水産大臣   経済産業大臣  この種子法の件に関しては、埼玉県議会では、埼玉県独自の施策ということで条例を3月につくっております。ただ、地方議会は財源が大変厳しくなっておりますので、どこまでこれまで国がやってきたことができるかどうかとても不安です。ぜひとも、八潮市でもまだ農業をやっている方がたくさんいらっしゃいますので、皆さんの賛同をよろしくお願いいたします。 ○朝田和宏議長 以上で、提案理由の説明を終わります。  議第6号議案から議第10号議案について質疑の通告を受けるため、暫時休憩いたします。 △休憩 午前10時40分 △再開 午前10時40分 ○朝田和宏議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案に対する質疑 ○朝田和宏議長 議案に対する質疑であります。  議第6号議案から議第10号議案につきましては、質疑の通告がありません。  よって、質疑を終了いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案に対する委員会付託 ○朝田和宏議長 次に、議案に対する委員会付託でありますが、会議規則第37条第3項の規定により、議第6号議案から議第10号議案につきましては委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○朝田和宏議長 異議なしと認めます。  よって、委員会付託を省略することに決しました。  討論の通告を受けるため、暫時休憩いたします。 △休憩 午前10時41分 △再開 午前10時41分 ○朝田和宏議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案に対する討論 ○朝田和宏議長 議案に対する討論であります。  議第6号議案から議第10号議案につきましては、討論の通告はありません。  よって、討論を終了いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案に対する採決 ○朝田和宏議長 次に、議案に対する採決であります。  議第6号議案 旧優生保護法による不妊手術の被害者救済を求める意見書、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○朝田和宏議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議第7号議案 学校教職員定数の大幅増員と学級編成基準の見直しを求める意見書、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○朝田和宏議長 起立少数であります。  よって、本議案は否決いたしました。  議第8号議案 子ども医療費の無料化等を求める意見書、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○朝田和宏議長 起立少数であります。  よって、本議案は否決いたしました。  議第9号議案 モニタリングポストの継続配置を求める意見書、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○朝田和宏議長 起立少数であります。  よって、本議案は否決いたしました。  議第10号議案 主要作物種子法廃止に際し日本の種子保全の施策を求める意見書、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○朝田和宏議長 起立少数であります。  よって、本議案は否決いたしました。  なお、ただいま可決いたしました意見書は、早急に関係機関に対し議長において提出いたしますので、ご了承願います。  暫時休憩いたします。 △休憩 午前10時44分 △再開 午前10時44分 ○朝田和宏議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △日程の追加
    ○朝田和宏議長 お諮りいたします。  この際、議員派遣の件を本日の日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○朝田和宏議長 異議なしと認めます。  よって、議員派遣の件を本日の日程に追加し、直ちに議題にすることに決しました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議員派遣の件 ○朝田和宏議長 議員派遣の件を議題といたします。  議員派遣の件につきましては、埼玉県市議会議長会第4区議長会議員研修会へ参加するものであり、お手元に配付してありますとおり、派遣することにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○朝田和宏議長 異議なしと認めます。  よって、会議規則第167条の規定により、議員を派遣することに決しました。  以上で、本日の日程は全部終了いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △市長挨拶 ○朝田和宏議長 ここで、市長から発言を求められておりますので、市長の発言を許可します。  市長。      〔大山 忍市長 登壇〕 ◎大山忍市長 平成30年第2回市議会定例会の閉会に当たり、一言ご挨拶を申し上げます。  去る6月1日から本日まで20日間にわたり開かれました本定例会におきまして、私からご提案申し上げました平成30年度八潮市一般会計補正予算(第1号)の議案を含む10議案につきまして、いずれも原案のとおりご承認いただきましたことに心から感謝申し上げます。  ご承認いただきました案件につきまして、遺漏のないように執行してまいりますとともに、今議会で承りました貴重なご意見、ご要望につきましては、今後の市政運営に十分反映させてまいりたいと考えております。  結びに、朝田議長、寺原副議長をはじめ議員の皆様方におかれましては、健康に十分ご留意いただき、今後とも市政進展のため、より一層のお力添えを賜りますよう心からお願い申し上げ、お礼の挨拶とさせていただきます。  ありがとうございました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △閉会の宣告 ○朝田和宏議長 以上で、平成30年第2回八潮市議会定例会を閉会いたします。  皆さん、ご協力ありがとうございました。  大変ご苦労さまでした。 △閉会 午前10時47分  地方自治法第123条の規定により署名する。   平成  年  月  日          議長      朝田和宏          署名議員    林 雄一          署名議員    池谷 正...