運営者 Bitlet 姉妹サービス
八潮市議会 > 2013-06-20 >
平成25年  6月 定例会(第2回)-06月20日−06号
平成25年  6月 定例会(第2回)-06月20日−資料

ツイート シェア
  1. 八潮市議会 2013-06-20
    平成25年  6月 定例会(第2回)-06月20日−06号


    取得元: 八潮市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-17
    平成25年  6月 定例会(第2回) − 06月20日−06号 平成25年  6月 定例会(第2回)           平成25年第2回八潮市議会定例会 第18日 議事日程(第6号)                  平成25年6月20日(木曜日)午前10時開議  日程第1 議案の委員会報告        o総務文教常任委員会        o建設水道常任委員会        o福祉環境常任委員会  日程第2 議案の委員会報告に対する質疑  日程第3 議案に対する討論        議案第49号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市税条例の一部を改正する条例)        議案第50号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市都市計画税条例の一部を改正する条例)        議案第51号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)        議案第52号 平成25年度八潮市一般会計補正予算(第1号)        議案第53号 八潮市税条例の一部を改正する条例について        議案第54号 八潮市都市計画税条例の一部を改正する条例について        議案第55号 八潮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について        議案第56号 八潮市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例の一部を改正する条例について        議案第57号 八潮市介護保険条例及び八潮市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例について
           議案第58号 物品購入契約の締結について        議案第59号 工事請負契約の締結について  日程第4 議案に対する採決        議案第49号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市税条例の一部を改正する条例)        議案第50号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市都市計画税条例の一部を改正する条例)        議案第51号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)        議案第52号 平成25年度八潮市一般会計補正予算(第1号)        議案第53号 八潮市税条例の一部を改正する条例について        議案第54号 八潮市都市計画税条例の一部を改正する条例について        議案第55号 八潮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について        議案第56号 八潮市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例の一部を改正する条例について        議案第57号 八潮市介護保険条例及び八潮市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例について        議案第58号 物品購入契約の締結について        議案第59号 工事請負契約の締結について  日程第5 埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙 本日の会議に付した事件  日程第5まで議事日程のとおり  日程追加 議案の上程及び提案理由の説明        議案第60号 平成25年度八潮市一般会計補正予算(第2号)        議案第61号 平成25年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)        議案第62号 平成25年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)        議案第63号 平成25年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第64号 平成25年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第65号 平成25年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第66号 平成25年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第67号 平成25年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第68号 平成25年度八潮市上水道事業会計補正予算(第1号)        議案第69号 八潮市職員の給与の特例に関する条例について       議案に対する質疑        議案第60号 平成25年度八潮市一般会計補正予算(第2号)        議案第61号 平成25年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)        議案第62号 平成25年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)        議案第63号 平成25年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第64号 平成25年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第65号 平成25年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第66号 平成25年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第67号 平成25年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第68号 平成25年度八潮市上水道事業会計補正予算(第1号)        議案第69号 八潮市職員の給与の特例に関する条例について       議案に対する委員会付託        議案第60号 平成25年度八潮市一般会計補正予算(第2号)        議案第61号 平成25年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)        議案第62号 平成25年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)        議案第63号 平成25年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第64号 平成25年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第65号 平成25年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第66号 平成25年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第67号 平成25年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第68号 平成25年度八潮市上水道事業会計補正予算(第1号)        議案第69号 八潮市職員の給与の特例に関する条例について       議案に対する討論        議案第60号 平成25年度八潮市一般会計補正予算(第2号)        議案第61号 平成25年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)        議案第62号 平成25年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)        議案第63号 平成25年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第64号 平成25年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第65号 平成25年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第66号 平成25年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第67号 平成25年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第68号 平成25年度八潮市上水道事業会計補正予算(第1号)        議案第69号 八潮市職員の給与の特例に関する条例について       議案に対する採決        議案第60号 平成25年度八潮市一般会計補正予算(第2号)        議案第61号 平成25年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)        議案第62号 平成25年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)        議案第63号 平成25年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第64号 平成25年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第65号 平成25年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第66号 平成25年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第67号 平成25年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第68号 平成25年度八潮市上水道事業会計補正予算(第1号)        議案第69号 八潮市職員の給与の特例に関する条例について  日程追加 議案の上程及び提案理由の説明        議第9号議案 ダンス規制(風営法)の見直しを求める意見書        議第10号議案 国連の勧告に従い、原発被害者の「健康に生きる権利」の保障を求める意見書        議第11号議案 副反応事例が多発している子宮頸がんワクチン接種事業の精査・検証と副反応被害者に対する救済体制を整えることを求める意見書        議第12号議案 地方選挙における候補者に関する情報の充実等を図るための公職選挙法の改正を求める意見書        議第13号議案 建設業従事者のアスベスト被害者の早期救済・解決を求める意見書        議第14号議案 橋下徹大阪市長の「慰安婦に関する発言」等に対する決議       議案に対する質疑        議第9号議案 ダンス規制(風営法)の見直しを求める意見書        議第10号議案 国連の勧告に従い、原発被害者の「健康に生きる権利」の保障を求める意見書        議第11号議案 副反応事例が多発している子宮頸がんワクチン接種事業の精査・検証と副反応被害者に対する救済体制を整えることを求める意見書        議第12号議案 地方選挙における候補者に関する情報の充実等を図るための公職選挙法の改正を求める意見書        議第13号議案 建設業従事者のアスベスト被害者の早期救済・解決を求める意見書        議第14号議案 橋下徹大阪市長の「慰安婦に関する発言」等に対する決議       議案に対する委員会付託        議第9号議案 ダンス規制(風営法)の見直しを求める意見書        議第10号議案 国連の勧告に従い、原発被害者の「健康に生きる権利」の保障を求める意見書        議第11号議案 副反応事例が多発している子宮頸がんワクチン接種事業の精査・検証と副反応被害者に対する救済体制を整えることを求める意見書        議第12号議案 地方選挙における候補者に関する情報の充実等を図るための公職選挙法の改正を求める意見書        議第13号議案 建設業従事者のアスベスト被害者の早期救済・解決を求める意見書        議第14号議案 橋下徹大阪市長の「慰安婦に関する発言」等に対する決議       議案に対する討論        議第9号議案 ダンス規制(風営法)の見直しを求める意見書        議第10号議案 国連の勧告に従い、原発被害者の「健康に生きる権利」の保障を求める意見書        議第11号議案 副反応事例が多発している子宮頸がんワクチン接種事業の精査・検証と副反応被害者に対する救済体制を整えることを求める意見書        議第12号議案 地方選挙における候補者に関する情報の充実等を図るための公職選挙法の改正を求める意見書        議第13号議案 建設業従事者のアスベスト被害者の早期救済・解決を求める意見書        議第14号議案 橋下徹大阪市長の「慰安婦に関する発言」等に対する決議
          議案に対する採決        議第9号議案 ダンス規制(風営法)の見直しを求める意見書        議第10号議案 国連の勧告に従い、原発被害者の「健康に生きる権利」の保障を求める意見書        議第11号議案 副反応事例が多発している子宮頸がんワクチン接種事業の精査・検証と副反応被害者に対する救済体制を整えることを求める意見書        議第12号議案 地方選挙における候補者に関する情報の充実等を図るための公職選挙法の改正を求める意見書        議第13号議案 建設業従事者のアスベスト被害者の早期救済・解決を求める意見書        議第14号議案 橋下徹大阪市長の「慰安婦に関する発言」等に対する決議  出席議員(22名)     1番   福野未知留議員   2番   朝田和宏議員     3番   矢澤江美子議員   4番   森 伸一議員     5番   大久保龍雄議員   6番   大山安司議員     7番   宇田川幸夫議員   8番   中嶋善文議員     9番   池谷和代議員   10番   郡司伶子議員    11番   岡部一正議員   12番   戸川須美子議員    13番   小倉順子議員   14番   瀬戸知英子議員    15番   服部清二議員   16番   吉田準一議員    17番   豊田吉雄議員   18番   鹿野泰司議員    19番   森下純三議員   20番   武之内清久議員    21番   荻野清晴議員   22番   柳澤功一議員  欠席議員(なし)  説明のための出席者    多田重美   市長        斎藤順一   副市長                            まちづくり    石黒 貢   教育長       豊田修由                            企画部長    宇田川浩司  税財政部長     秋山 隆   ふれあい福祉部長    戸澤章人   健康スポーツ部長  田中輝雄   くらし安全部長                            市民活力推進部    深井 章   市民活力推進部長  村上誠弥                            理事    吉野公一   建設部長      高木哲男   都市デザイン部長    堀間 清   会計管理者     成嶋豊次   水道部長           監査委員事務局長    中村豊孝             山下宏久   教育総務部長           兼公平委員会    榎本 隆   学校教育部長    豊田勝次   消防長  事務局職員出席者                            参事兼    田中 勉   事務局長      吉原敏夫                            議事調査課長    鈴木 浩   議事係長      鈴木 武   調査係長    奥 訓子   調査係主査 △開議 午前10時00分 △開議の宣告 ○森伸一議長 皆さん、おはようございます。  ただいまの出席議員数は22名で定足数に達しております。  よって、平成25年第2回八潮市議会定例会第18日目は成立いたしました。  直ちに本日の会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議事日程の報告 ○森伸一議長 本日の日程について申し上げます。  本日の日程はお手元に配付してあります。その順により議事を進めますので、ご協力のほどお願い申し上げます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案の委員会報告 ○森伸一議長 日程第1、議案の委員会報告であります。  総務文教常任委員会に付託いたしました議案の審査結果について、総務文教常任委員会委員長の報告を求めます。  総務文教常任委員会委員長。  22番。           〔柳澤功一総務文教常任委員長 登壇〕 ◆柳澤功一総務文教常任委員長 おはようございます。  議長の指名がありましたので、総務文教常任委員会の議案審査の結果について報告をいたします。  今定例会において、本委員会に付託されました議案について、去る6月12日に委員会を招集し、執行部より関係職員の出席を求め、慎重に審査をいたしました。その結果について報告をいたします。  議案第49号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市税条例の一部を改正する条例)。意見として、本議案は、政令の改正によるものとされています。議案では、耐震工事にかかわる工事費を30万円から50万円とされておりますが、質疑の中でも明らかにされましたようにバリアフリー改修や省エネ改修についても同様に引き上げられます。市民にとっては、より負担増となります。よって本議案に反対しますとの発言がありました。賛成多数。  議案第50号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市都市計画税条例の一部を改正する条例)、賛成全員。  議案第52号 平成25年度八潮市一般会計補正予算(第1号)、第1条歳入歳出予算の補正、所管の歳入歳出予算の補正、賛成多数。  議案第53号 八潮市税条例の一部を改正する条例について、賛成全員。  議案第54号 八潮市都市計画税条例の一部を改正する条例について、賛成全員。  議案第56号 八潮市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例の一部を改正する条例について、賛成全員。  以上のように、会議に諮ったところ、原案のとおり可決すべきものと決しました。  これで、本委員会に付託されました議案審査結果の報告を終わります。 ○森伸一議長 以上で、総務文教常任委員会委員長の報告を終わります。  次に、建設水道常任委員会に付託いたしました議案の審査結果について、建設水道常任委員会委員長の報告を求めます。  建設水道常任委員会委員長。  8番。           〔中嶋善文建設水道常任委員長 登壇〕 ◆中嶋善文建設水道常任委員長 議長の指名がありましたので、建設水道常任委員会より、議案審査結果報告をいたします。  今定例会において、本委員会に付託されました議案について、去る6月13日委員会を招集し、執行部より関係職員の出席を求め、慎重に審査いたしました。その結果について報告いたします。  議案第58号 物品購入契約の締結について、賛成全員。  議案第59号 工事請負契約の締結について、賛成全員。  以上のように、会議に諮ったところ、原案のとおり可決すべきものと決しました。  これで、本委員会に付託されました議案審査結果報告を終わります。 ○森伸一議長 以上で、建設水道常任委員会委員長の報告を終わります。  次に、福祉環境常任委員会に付託いたしました議案の審査結果について、福祉環境常任委員会委員長の報告を求めます。  福祉環境常任委員会委員長。  19番。           〔森下純三福祉環境常任委員長 登壇〕 ◆森下純三福祉環境常任委員長 議長の指名がございましたので、福祉環境常任委員会における議案審査結果報告を行います。  今定例会において、本委員会に付託されました議案について、去る6月14日委員会を招集し、執行部より関係職員の出席を求め、慎重に審査いたしました。その結果について報告をいたします。  議案第51号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)。意見として、今回の改正は、特定世帯の減額措置の期限を延長するというものですが、実際には、これまでよりも負担が重たくなります。これまで国保に加入していた世帯で、一方が75歳になって後期高齢者医療制度に移行した場合、特定世帯として、国保税の平等割2万3,000円が5年間に限り半額の1万1,500円になっていました。ここで期限が切れてしまうことから、減額期間を3年間延長することになり特定継続世帯と新たな名称となります。しかし、延長される3年間は半額の1万1,500円ではなく、4分の3に当たる1万7,250円になります。国は、延長しなければ2万3,000円になるところ、3年間は1万7,250円になるので一般世帯よりは軽減されると説明していますが、支払う側にとっては5,750円の値上げです。また、3年後は一般世帯と同額となります。そもそも、75歳で差別する後期高齢者医療制度は問題を引き起こしています。物価が上がり、年金が引き下げられる中、高齢者にとって事実上の値上げとなる改正には反対ですとの発言がありました。賛成多数。  議案第52号 平成25年度八潮市一般会計補正予算(第1号)、第1条歳入歳出予算の補正、所管の歳入歳出予算補正、第2条債務負担行為の補正、賛成多数。  議案第55号 八潮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、賛成全員。  議案第57号 八潮市介護保険条例及び八潮市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例について、賛成全員。  以上のように、会議に諮ったところ、原案のとおり可決すべきものと決しました。  これで、本委員会に付託されました議案審査結果報告を終わります。 ○森伸一議長 以上で、福祉環境常任委員会委員長の報告を終わります。  以上で、議案の委員会報告を終了いたします。  議案の委員会報告に対する質疑の通告を受けるため、暫時休憩いたします。 △休憩 午前10時10分 △再開 午前10時11分 ○森伸一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案の委員会報告に対する質疑 ○森伸一議長 日程第2、議案の委員会報告に対する質疑であります。  議案の委員会報告に対して質疑の通告はありません。  以上で、議案の委員会報告に対する質疑を終了いたします。  議案に対する討論の通告を受けるため、暫時休憩いたします。 △休憩 午前10時12分 △再開 午前10時21分 ○森伸一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案に対する討論 ○森伸一議長 日程第3、議案に対する討論であります。  議案第49号から議案第51号までにつきましては、討論の通告はありません。  次に、議案第52号、本議案につきまして、10番、郡司伶子議員より討論の通告を受けております。  郡司伶子議員の発言を許可します。  10番。           〔10番 郡司伶子議員 登壇〕 ◆10番(郡司伶子議員) 議長の指名がありましたので、議案第52号 平成25年度八潮市一般会計補正予算(第1号)について、反対の立場で討論します。  本補正予算は、国・県の補助金を活用し市民生活向上の施策に一定程度対応されているところは評価できるところですが、1点、セーフティーネット支援対策事業として生活保護業務システム改修委託料については認めるわけにはいきません。8月から実施予定という、これへの生活扶助基準の引き下げのためのシステム改修の内容だからです。  生活保護は5年ごとに検証が行われ、昨年は民主党政権のもとで生活保護基準母体の議論が行われてきました。自民党は、選挙公約で生活保護の1割削減を掲げ、この方向は予算編成の基本方針の中でも生活扶助基準や医療扶助の適正化と挙げられ、生活扶助基準の引き下げは本年8月から2015年度の3年間で国ベースで670億円と期末一時扶助70億円を削減するとしています。そのうち、2013年度は生活扶助基準の引き下げは150億円と期末一時扶助70億円を削減するとしています。  生活保護基準とは、最低生活費とも言いますが、ナショナルミニマムといって国家が国民に対し最低限これだけは生活を保障しますという最低生活保障基準でもあります。生活保護をもらえる基準というよりは、国の国民に対する生活保障責任の基準と考えられます。これを引き下げることは、ある意味国の責任放棄です。  引き下げの理由とされている不正受給の金額は、ここ数年生活保護費全体の0.4%弱で推移され、報道されることが多いので不正受給が横行しているかのような印象がありますが、実際にはその程度でしかありません。逆に、生活保護の捕捉率、これは制度利用ができるはずの収入・資産の中で実際に利用できている人の割合ですが、20%しかありません。生活保護の利用要件を満たしている人で、80%が利用できていません。餓死等の痛ましい事件が起きることが、このことを実証しています。  さらに、生活保護基準の引き下げは、個人住民税の均等割、就学援助、介護保険料や国民健康保険税の一部負担金減免、さらには最低賃金の引き下げで労働条件の悪化など、影響を受けることになります。  八潮市は、平成24年9月現在で、県内6番目に高い保護率1.67パーミルとのことでした。受給者への影響は多大です。また、生活保護法改正案が衆議院で十分な審議もなく可決され、参院での審議に移っています。親族の扶養義務を強化、働ける年齢層は低額でも終了、制度締め出しを強める内容のものです。市は、その防波堤となり、生活困窮者が健康で文化的な最低限の生活を失うことのないような対応が求められます。国の制度改悪に反対するとともに、本議案に反対するものです。 ○森伸一議長 以上で、郡司伶子議員の討論を終わります。  次に、同議案につきまして、6番、大山安司議員より討論の通告を受けております。  大山安司議員の発言を許可します。  6番。           〔6番 大山安司議員 登壇〕 ◆6番(大山安司議員) 議案第52号 平成25年度八潮市一般会計補正予算(第1号)について、賛成の立場から討論いたします。  今回の補正予算を見ますと、主なものとして、歳入では定期巡回随時対応型訪問介護看護サービスのシステム整備に係る国庫補助金やLED街路灯の導入計画策定に係る国庫補助金、または緊急雇用創出基金市町村事業費に係る県補助金など、収入の見込み等を的確に捉えるとともに、他の財源を有効に活用した適切な措置がなされているものと考えます。  一方、歳出についてでございますが、民生費では歳入に連動した定期巡回随時対応型訪問介護看護サービスのシステム整備やLED街路灯の導入計画策定委託により市民生活の安全・安心が図られ、また生活保護基準の改正を視野に入れたシステム改修経費など、適切に予算措置されているものと考えております。  また、労働費では2つの緊急雇用創出基金市町村事業が予算化され、新規の雇用拡大と市民サービスの向上が図れるものと考えております。その他、教育費などにおいて寄附金をその目的に沿うように予算計上している点など、適切な予算措置がされているものと考えます。  また、債務負担行為ではLED街路灯借上料が追加されており、将来に市民生活の安心・安全に大きく寄与する事業について適切に予算措置されていると考えております。  以上、今回の補正予算の内容については、年度開始の間もない時期ではありますが、財源の有効活用を図りながら健全な財政運営を念頭に置いた適切な措置であり、また、市民の安心・安全につながる予算措置がされているなど、大いに評価できるものであります。  よって、ここに議案第52号 平成25年度八潮市一般会計補正予算(第1号)について賛成の意を表し、討論を終わります。 ○森伸一議長 以上で、大山安司議員の討論を終わります。  次に、議案第53号から議案第59号までにつきましては、討論の通告がありません。  よって、討論を終わります。  以上で討論を終了いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案に対する採決 ○森伸一議長 日程第4、議案に対する採決であります。  議案第49号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市税条例の一部を改正する条例)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第50号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市都市計画税条例の一部を改正する条例)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第51号 専決処分の承認を求めることについて(八潮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第52号 平成25年度八潮市一般会計補正予算(第1号)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第53号 八潮市税条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第54号 八潮市都市計画税条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第55号 八潮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第56号 八潮市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第57号 八潮市介護保険条例及び八潮市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第58号 物品購入契約の締結について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第59号 工事請負契約の締結について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  以上で、採決を終了いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙 ○森伸一議長 日程第5、埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行います。  埼玉県後期高齢者医療広域連合は、県内の全市町村で組織する特別地方公共団体で、今回、連合議会の市議会議員枠に欠員が生じたため選挙を行うものであります。  この選挙は、全ての市議会の選挙における得票総数により当選人を決定することになりますので、選挙結果の報告のうち、当選人の報告及び当選人への告知は行いません。  お諮りいたします。  選挙結果の報告については、会議規則第32条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを報告することとしたいと思いますが、ご異議ございませんか。           〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 異議なしと認めます。  よって、選挙結果の報告については、会議規則第32条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを報告することに決しました。  選挙は、投票で行います。  議場の閉鎖を命じます。
              〔議場閉鎖〕 ○森伸一議長 ただいまの出席議員数は22名であります。  投票用紙を配付いたします。           〔投票用紙配付〕 ○森伸一議長 投票用紙の配付漏れはございませんか。           〔「なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 配付漏れはなしと認めます。  投票箱を改めます。  事務局長。           〔投票箱点検〕 ○森伸一議長 異状なしと認めます。  念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。  点呼を命じます。  事務局長。           〔事務局長氏名点呼、投票〕 ○森伸一議長 投票漏れはございませんか。           〔「なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 投票漏れなしと認めます。  投票を終了いたします。  議場の閉鎖を解きます。           〔議場開鎖〕 ○森伸一議長 開票を行います。  会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に10番、郡司伶子議員、11番、岡部一正議員を指名いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。           〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 異議なしと認めます。  よって、両名の立ち会いをお願いいたします。           〔開票〕 ○森伸一議長 選挙の結果を報告いたします。  投票総数22票。  これは先ほどの出席議員数に符合いたします。  そのうち、有効投票  22票       無効投票   0票  有効投票中   新井正夫議員     0票   吉田英三郎議員    0票   浅海 忠議員    15票   岡嵜郁子議員     7票  以上のとおりであります。  なお、ただいまの選挙結果を埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙の選挙長に報告いたしますので、ご了承願います。  暫時休憩いたします。 △休憩 午前10時47分 △再開 午前10時48分 ○森伸一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △日程の追加 ○森伸一議長 お諮りいたします。  ただいま、市長から追加議案が提出されました。この際、これを日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。           〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 異議なしと認めます。  よって、直ちに日程に追加し、議題とすることに決しました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第60号〜議案第69号の上程及び提案理由の説明 ○森伸一議長 議案の上程及び提案理由の説明であります。  議案第60号から議案第69号までを上程いたします。  提案者より提案理由の説明を求めます。  市長。           〔多田重美市長 登壇〕 ◎多田重美市長 追加提案をいたしました議案の提案理由につきまして、順次ご説明を申し上げます。  議案第60号から議案第68号までにつきましては、職員の給与減額に伴う補正予算でございます。また、議案第69号につきましては、職員の給与の特例に関する条例でございます。  初めに、議案第60号 平成25年度八潮市一般会計補正予算(第2号)についてでございますが、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億74万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ264億3,983万1,000円とするものでございます。  内容につきましては、国家公務員の給与減額支給措置を踏まえ、平成25年7月1日から平成26年3月31日までの間における職員の給与を減額するとともに、総務費では給与減額支給に伴う人事総合システムの改修委託料について補正するものでございます。  次に、議案第61号 平成25年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてでございますが、既定の歳入歳出予算の総額の変更はなく、歳出科目の金額の組み替えを行うものでございます。  内容につきましては、総務費で241万2,000円を減額し、同額を予備費に増額するものでございます。  次に、議案第62号 平成25年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてでございますが、既定の歳入歳出予算の総額の変更はなく、歳出科目の金額の組み替えを行うものでございます。  内容につきましては、総務費で231万3,000円を減額し、同額を予備費に増額するものでございます。  次に、議案第63号 平成25年稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)についてでございますが、既定の歳入歳出予算の総額の変更はなく、歳出科目の金額の組み替えを行うものでございます。  内容につきましては、総務費で20万8,000円を減額し、同額を予備費に増額するものでございます。  次に、議案第64号 平成25年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)についてでございますが、既定の歳入歳出予算の総額の変更はなく、歳出科目の金額の組み替えを行うものでございます。  内容につきましては、総務費で20万7,000円を減額し、同額を予備費に増額するものでございます。  次に、議案第65号 平成25年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)についてでございますが、既定の歳入歳出予算の総額の変更はなく、歳出科目の金額の組み替えを行うものでございます。  内容につきましては、総務費で41万8,000円を減額し、同額を予備費に増額するものでございます。  次に、議案第66号 平成25年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)についてでございますが、既定の歳入歳出予算の総額の変更はなく、歳出科目の金額の組み替えを行うものでございます。  内容につきましては、総務費で61万円を減額し、同額を予備費に増額するものでございます。  次に、議案第67号 平成25年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)についてでございますが、既定の歳入歳出予算の総額の変更はなく、歳出科目の金額の組み替えを行うものでございます。  内容につきましては、総務費で80万7,000円を減額し、同額を予備費に増額するものでございます。  次に、議案第68号 平成25年度八潮市上水道事業会計補正予算(第1号)についてでございますが、第2条の収益的支出の予定額につきましては、営業費用305万9,000円を減額し、水道事業費用の総額を17億7,374万7,000円に改めるものでございます。  次に、第3条の資本的支出の予定額につきましては、建設改良費190万3,000円を減額し、資本的支出の総額を14億5,307万3,000円に改めるものでございます。  また、これにあわせ、当初予算本文括弧書き中の補填財源も改めるものでございます。  次に、第4条の予算第8条に定めた経費の金額につきましては、職員給与費496万2,000円を減額し、2億2,898万円に改めるものでございます。  最後に、議案第69号 八潮市職員の給与の特例に関する条例についてでございますが、本議案は国家公務員の給与の改定及び臨時特例に関する法律に基づく国家公務員の給与減額支給措置を踏まえ、平成25年7月1日から平成26年3月31日までの間における職員の給与の支給額を減額したいため、提案するものでございます。  以上、追加提案いたしました各議案の提案理由についてご説明を申し上げました。何とぞご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○森伸一議長 以上で、議案第60号から議案第69号までの提案理由の説明を終わります。  質疑の通告を受けるため、暫時休憩いたします。  なお、休憩中に執行部から議案についての説明がありますので、委員会室にお集まりください。 △休憩 午前10時56分 △再開 午前11時20分 ○森伸一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案に対する質疑 ○森伸一議長 議案に対する質疑であります。  議案第60号から議案第69号までにつきましては、質疑の通告はありません。  よって、質疑を終了いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案に対する委員会付託 ○森伸一議長 次に、議案に対する委員会付託でありますが、議案第60号から議案第69号までにつきましては、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。           〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 異議なしと認めます。  よって、委員会付託を省略することに決しました。  討論の通告を受けるため、暫時休憩いたします。 △休憩 午前11時21分
    △再開 午前11時34分 ○森伸一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案に対する討論 ○森伸一議長 議案に対する討論であります。  議案第60号から議案第68号までにつきましては、討論の通告はありません。  次に、議案第69号、本議案につきまして、18番、鹿野泰司議員より討論の通告を受けております。  鹿野泰司議員の発言を許可します。  18番。           〔18番 鹿野泰司議員 登壇〕 ◆18番(鹿野泰司議員) 議長の指名がありましたので、議案第69号 八潮市職員の給与の特例に関する条例につきまして、反対の立場で討論をいたします。  本条例案は、一般職の職員の給料の月額を部長・次長級でマイナス8.2%、課長・課長補佐級でマイナス6.89%、係長・主任級でマイナス5.7%、主事級でマイナス3.00%、平均でマイナス5.95%という大幅な減額をしようという内容になっております。  第1に、言わなくてならないことは、この措置が政府の地方自治を踏みにじる形で引き起こされたということであります。本年3月29日、共産党、民主党、社民党の3党が反対する中で、地方交付税法等の一部を改正する法律案が成立をいたしました。7.8%となる地方公務員給与削減を含む法的根拠が整ったということであります。  ここに至る中で、全国市長会は緊急アピールを発表し、その中で地方公務員の給与は、公平・中立な知見を踏まえ、住民や議会の意思に基づき、各自治体が自主的に決定すべきものであり、ましてや地方の固有の財源である地方交付税を地方公務員の給与削減のために用いることは地方分権の流れに反し、地方の財政自主権を侵すものであり、まことに遺憾であると表明しています。全く、そのとおりであります。  第2に、労働者の賃金が減り続ける一方で、大企業を中心に莫大な内部留保を抱えていることから、その一部を労働者の賃金に回せという声に応える形で、政府は経済界に民間給与の引き上げを要請をいたしました。その一方で、地方公務員への給与引き下げは全く矛盾するところであります。デフレの中、無理してもインフレにするんだという政策とも相入れないものと言わなければなりません。  第3に、給与費削減額、国全体で8,504億円、これに見合う形で事業費を組んだとしている点です。具体的には、1、全国防災事業費の地方負担分、直轄補助事業になりますが、973億円、2、緊急防災・減災事業費、地方単独事業であります、4,550億円、3、地域の元気づくり事業費、3,000億円の3つから成っております。このうち、3の地域の元気づくり事業費の一部3,519万7,000円が八潮市には交付されるとのことでありますが、1の全国防災事業費と2の緊急防災・減災事業費は前年度から引き続いて行われているもので、特に2の緊急防災・減災事業につきましては、昨年度その使い道に大きな批判がされ、本年度、1の全国防災事業と2の緊急防災・減災事業にと衣がえしたものであります。したがって、本年度、これを機に新たに事業を組んだと言えるものではありません。  最後に、デフレ不況のもとで労働者の賃金が減り続けております。公務員の賃金も同様であります。公務員を目のかたきにするような風潮が一部に見られます。今回の措置は、こういう風潮に応える形をとりながら、すなわち公務員もこんな思いをしているんだという体裁をとりながら、さらには生活保護制度を殊さら問題だらけのような体裁をとりながら、全体の削減、制度改悪の突破口としようとしていることであります。  よって、本議案に反対をいたします。 ○森伸一議長 以上で、鹿野泰司議員の討論を終わります。  よって、討論を終わります。  以上で討論を終了いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案に対する採決 ○森伸一議長 次に、議案に対する採決であります。  議案第60号 平成25年度八潮市一般会計補正予算(第2号)、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第61号 平成25年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第62号 平成25年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第63号 平成25年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第64号 平成25年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第65号 平成25年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第66号 平成25年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第67号 平成25年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第68号 平成25年度八潮市上水道事業会計補正予算(第1号)、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第69号 八潮市職員の給与の特例に関する条例について、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  暫時休憩いたします。 △休憩 午前11時44分 △再開 午前11時45分 ○森伸一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △日程の追加 ○森伸一議長 お諮りいたします。  ただいま、議員提出議案として、議第9号議案 ダンス規制(風営法)の見直しを求める意見書、議第10号議案 国連の勧告に従い、原発被害者の「健康に生きる権利」の保障を求める意見書、議第11号議案 副反応事例が多発している子宮頸がんワクチン接種事業の精査・検証と副反応被害者に対する救済体制を整えることを求める意見書、議第12号議案 地方選挙における候補者に関する情報の充実等を図るための公職選挙法の改正を求める意見書、議第13号議案 建設業従事者のアスベスト被害者の早期救済・解決を求める意見書、議第14号議案 橋下徹大阪市長の「慰安婦に関する発言」等に対する決議が追加提出されました。  この際、これを日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。           〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 異議なしと認めます。  よって、議第9号議案から議第14号議案を日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議第9号議案〜議第14号議案の上程及び提案理由の説明 ○森伸一議長 議案の上程及び提案理由の説明であります。  議第9号議案から議第14号議案を一括上程いたします。  議第9号議案から議第12号議案までについて、提出者より提案理由の説明を求めます。  3番。           〔3番 矢澤江美子議員 登壇〕 ◆3番(矢澤江美子議員) 議長の指名がございましたので、議第9号議案から議第12号議案まで、提案理由を述べさせていただきます。提案理由は、議案の朗読をもってかえさせていただきます。  議第9号議案          ダンス規制(風営法)の見直しを求める意見書  上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。  平成25年6月20日                       提出者 八潮市議会議員 矢澤江美子                       賛成者 八潮市議会議員 服部清二                       賛成者 八潮市議会議員 朝田和宏                       賛成者 八潮市議会議員 郡司伶子                       賛成者 八潮市議会議員 大久保龍雄  八潮市議会議長 森 伸一様          ダンス規制(風営法)の見直しを求める意見書  ダンスは人の表現行為であり、文化の一翼を担う存在であると同時に、多くの国民の愛好する趣味としても重要な地位を占めている。平成24年度からは中学校の教育現場にダンスが取り入れられ、今後、我が国におけるダンス文化はますます発展し、さらに多くの国民がダンスに親しみ、ダンスを愛好することが期待されている。  しかるに、終戦直後の昭和23年に制定された「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」(「風営法」)は、ダンスを「不健全な風俗」として位置づけ、犯罪取り締まりの観点からダンスをさせる営業を「風俗営業」として規制してきた。  しかしながら、時代の流れとともに、ダンスをめぐる状況はさらに大きく変化し、社交ダンス以外にも多種多様なダンスが愛好されるようになり、ダンスを楽しむ場としても、ダンス教室だけではなく、ダンスクラブのような新たなダンスを楽しむ場が数多く誕生した。こうした新しいダンスやダンスクラブは、引き続き風営法の規制下にあり、それにより、公共施設でのダンス教室が禁じられるなど、様々なひずみが生じている。  ダンスは、一部の愛好者だけに愛好されるものではなく、多くの国民が日常的に楽しむものになりつつある。そのような時代の変化を受け、あらためて、風営法のダンス規制の見直しを求める機運が高まりつつある。  よって、国に対し、ダンス文化が委縮しないよう風営法の「ダンス規制」を見直すとともに、同法第2条第3号の深夜営業に由来する問題については、個別の法規で規制をするよう強く求めるものである。
     以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  平成25年6月20日                            埼玉県八潮市議会  提出先   衆議院議長   参議院議長   内閣総理大臣   総務大臣   法務大臣   国家公安委員会委員長  次に、議第10号議案   国連の勧告に従い、原発被害者の「健康に生きる権利」の保障を求める意見書  上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。  平成25年6月20日                       提出者 八潮市議会議員 矢澤江美子                       賛成者 八潮市議会議員 武之内清久                       賛成者 八潮市議会議員 荻野清晴                       賛成者 八潮市議会議員 朝田和宏                       賛成者 八潮市議会議員 郡司伶子                       賛成者 八潮市議会議員 大久保龍雄  八潮市議会議長 森 伸一様   国連の勧告に従い、原発被害者の「健康に生きる権利」の保障を求める意見書  5月27日、国連人権理事会において、福島原発事故後の人権状況を調査した国連「健康に対する権利」の特別報告者のアナンド・グローバー氏が、調査内容を報告し、日本政府に対する勧告を発表した。追加被ばく量1mSv以上の地域での健康調査の実施や、1mSvを下回るまでは帰還を強いるべきではないなど、原発被害者の「健康に生きる権利」を具体的に示している。  日本政府が「年20mSv」を基準とした避難政策を採用したことにより、多くの被害者が、「自主的避難」の名のもとに、賠償のあてもない避難を強いられた。さまざまな事情から避難したくても避難できずに高い汚染地域での生活を強いられている方々もたくさんいる。  また、福島県県民健康管理調査に対しては、調査の対象が狭く、内容も不十分で、情報開示にも問題があることを多くの住民、専門家や弁護士が指摘してきた。  さらに、昨年6月に制定された原発事故子ども・被災者支援法の基本方針は未だ策定されておらず、実施されていない。これらは国連特別報告者の報告でも指摘されている通りである。よって、国に対し、以下の事項を実現するよう強く求めるものである。                  記 1 国連の勧告に従い、追加被ばく線量1mSvを下回るまで、帰還が強制されないこと及び賠償を継続すること。また、追加被ばく線量1mSv以上の人々を対象とした健康調査を行うこと 2 原発事故子ども・被災者支援法の基本方針を速やかに策定すること及び追加被ばく量1mSv以上の地域を支援対象に含めること。また、実施に当たって事故被害者の意見を真摯に聞き、取り入れること 3 原発事故の収束作業員及び除染作業員の長期的な健康管理に関して、被ばく量によらず国が責任をもって取り組むこと  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  平成25年6月20日                            埼玉県八潮市議会  提出先 衆議院議長 参議院議長 内閣総理大臣 厚生労働大臣 経済産業大臣  議第11号議案     副反応事例が多発している子宮頸がんワクチン接種事業の精査・検証と副反応被害者に対する救済体制を整えることを求める意見書  上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。  平成25年6月20日                       提出者 八潮市議会議員 矢澤江美子                       賛成者 八潮市議会議員 朝田和宏                       賛成者 八潮市議会議員 郡司伶子                       賛成者 八潮市議会議員 服部清二                       賛成者 八潮市議会議員 大久保龍雄  八潮市議会議長 森 伸一様     副反応事例が多発している子宮頸がんワクチン接種事業の精査・検証と副反応被害者に対する救済体制を整えることを求める意見書  ヒトパピロマーウィルス(HPV)ワクチン、いわゆる子宮頸がんワクチンは、2013年4月より定期接種となった。  しかし、この「子宮頸がんワクチン」と呼ばれている「サーバリックス」、「ガーダシル」を接種した後の副反応事例が全国で多数発症している。5月16日に開催された厚生労働省厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会における副反応報告は1968件にのぼり、他のワクチンに比べ高率となっている。さらに医療機関からの重篤な症例報告は2種類合わせて106件で100万回接種当たり12.3件となり、インフルエンザワクチン(0.9件)や不活化ポリオ(2.1件)より桁違いに多い。  副反応の内容には「四肢の運動能力低下」、「歩行不能」など未回復の例もあり、ギランバレー症候群や自己免疫疾患等、報告漏れの多い遅発性疾患を考慮すると重篤な例はさらに増えると考えられる。  一方で、HPVワクチンの効果については、同委員会の資料においても、「導入後間もないことから、がんそのものを予防する効果は現段階では証明されていない」とされている。現在、有効期間は最大9年とされているが、厚生労働省の人口動態調査によれば、過去24歳までの子宮頸がんによる死亡者はほとんどいない。  同様に厚生労働省の統計によると、子宮がん(頸がんと体がんの合計)の10万人あたりの死亡率は1950年の19.7人から2009年の8.6人と半減している。一方で罹患率は20代、30代で増加しているが、若い世代では自然治癒率も高いことが報告されている。そもそもワクチンの対象となっているHPV16型と18型は、子宮頸がん患者の5〜7割で発見されているが、健康な女性では0.5%と0.2%の感染率であることが国会答弁により明らかになっている。飛沫・空気感染ではなく、接触感染のウィルス、しかも99%が感染しない型に対して、悉皆でワクチン接種することが公衆衛生上本当に有益なことなのか、高比率での重篤な副反応を見据えて、再検証すべきではないだろうか。  また、本年3月8日の報道によると、副反応を起こした女子中学生に対し、接種を行った杉並区が補償することが明らかになった。予防接種被害に対する補償がきわめて限定的であり、被害者自らの挙証責任で立証しなくてはならないのが現状である。  しかし、医者でも新発のワクチンと副反応の因果関係を立証することが困難であるため、補償を受けることは大変困難な状況である。接種を行った地方自治体が補償をしなければならない現状も、改善しなければならないと考える。よって、国に対し、下記のことを求めるものである。                  記 1 全国で重篤な副反応が発生している現状を重く受け止め、このワクチンの効果と危険性を精査し検証するまで、接種の一時見合わせをすること 2 副反応被害者の立場に立った速やかな補償、並びに相談事業の拡充をすること 3 子宮頸がんは、検診により早期発見早期治療が可能であることから、若い世代が受診しやすい検診体制の工夫と充実を図ること  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  平成25年6月20日                            埼玉県八潮市議会  提出先   衆議院議長   参議院議長   内閣総理大臣   厚生労働大臣  議第12号議案     地方選挙における候補者に関する情報の充実等を図るための公職選挙法の改正を求める意見書  上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。  平成25年6月20日                       提出者 八潮市議会議員 矢澤江美子                       賛成者 八潮市議会議員 朝田和宏                       賛成者 八潮市議会議員 郡司伶子  八潮市議会議長 森 伸一様     地方選挙における候補者に関する情報の充実等を図るための公職選挙法の改正を求める意見書  平成12年に地方分権一括法が施行されて以降、国と地方は対等・協力の関係へと大きく転換し、地方の自主性・自立性が高まるとともに、個性豊かで活力に満ちた地域社会の実現に向け、地方政治の責任は一層重くなっている。  このような中、有権者が候補者の政策等を知る機会を拡充するため、地方公共団体の長の選挙については、平成19年の公職選挙法改正により、候補者の選挙運動のためのビラを頒布することが可能となり、地方選挙におけるマニフェスト型選挙の実現に向け、一定の進展が見られた。しかし、二元代表制の一翼を担う地方議会の議員の選挙については、いまだ禁じられており、候補者の政策等を知る手段が十分とは言えない状況にある。  よって、国においては、地方公共団体の議員の選挙において、選挙運動のためのビラを頒布することができるように所要の法改正を行うよう強く要請する。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  平成25年6月20日                            埼玉県八潮市議会  提出先   衆議院議長   参議院議長   内閣総理大臣   総務大臣  以上です。以上、4点の意見書を、皆様の賛同を得てぜひとも可決していただきたいと思います。よろしくお願いします。 ○森伸一議長 次に、議第13号議案について、提出者より提案理由の説明を求めます。  10番。           〔10番 郡司伶子議員 登壇〕 ◆10番(郡司伶子議員) 議長の指名がありましたので、議第13号議案 建設業従事者のアスベスト被害者の早期救済・解決を求める意見書について、朗読をもって説明とさせていただきます。  上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。  平成25年6月20日                       提出者 八潮市議会議員 郡司伶子                       賛成者 八潮市議会議員 荻野清晴                       賛成者 八潮市議会議員 服部清二                       賛成者 八潮市議会議員 武之内清久                       賛成者 八潮市議会議員 朝田和宏                       賛成者 八潮市議会議員 大久保龍雄                       賛成者 八潮市議会議員 矢澤江美子                       賛成者 八潮市議会議員 豊田吉雄  八潮市議会議長 森 伸一様
         建設業従事者のアスベスト被害者の早期救済・解決を求める意見書  アスベスト(石綿)を使用したことによる被害は多くの労働者、国民、そして建設従事者に広がっています。現在でも、建物の改修、解体に伴うアスベストの飛散は起こり、被害が広がっている公害です。東日本大震災でも破壊された家屋から大量のアスベストが発生し、健康被害の危険が指摘されています。  日本では、建設従事者にアスベスト被害者が多く生まれています。アスベストのほとんどは建設資材など建設現場で使用されました。国は危険性があきらかなのに、耐火のためとしてアスベスト建材の使用を法令で義務付け、推進し、建材企業も安価なアスベスト含有建材の販売を続け、被害を拡大させました。建設産業は3次、4次といった重層下請構造と、様々な建設現場に従事する特徴から、労災認定も困難が伴い、企業独自の上乗せ補償もありません。国は石綿被害者救済法を成立させましたが、極めて不十分なもので、一貫して抜本改正が求められています。  現在、アスベストの被害にあった建設従事者たちが、全国6つの地方裁判所に国と建材製造企業へ補償とアスベスト対策の抜本改正を求めて裁判を起こしています。そして昨年12月5日、東京地方裁判所は、「国は危険性を認識できた」として、建設アスベストの裁判としては初めて、国の責任を認め、賠償を命じる判決を言い渡しました。一方で、企業の共同不法行為は認められず、企業の責任は免罪したため、原告団は控訴しています。ただし、裁判長は判決文で「(業界として)責任を負わないのは疑問があるといわざるを得ない」と指摘、立法府に補償形態の再考を求める異例のメッセージを送りました。司法の場での結論を問わず、被害者の苦しみは変わりません。アスベスト被害者と遺族が生活できる救済の実施と、被害の拡大を根絶する対策を直ちにとり、アスベスト問題の早期解決を求めます。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  平成25年6月20日                            埼玉県八潮市議会  提出先   衆議院議長   参議院議長   内閣総理大臣   厚生労働大臣   国土交通大臣   環境大臣  今回の意見書、全会派の賛成をもって提出されたこと、大変感謝しております。 ○森伸一議長 次に、議第14号議案について、提出者より提案理由の説明を求めます。  3番。           〔3番 矢澤江美子議員 登壇〕 ◆3番(矢澤江美子議員) 議長の指名がございましたので、議第14号議案の提案理由を述べさせていただきます。朗読をもってかえさせていただきます。        橋下徹大阪市長の「慰安婦に関する発言」等に対する決議  上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。  平成25年6月20日                       提出者 八潮市議会議員 矢澤江美子                       賛成者 八潮市議会議員 郡司伶子                       賛成者 八潮市議会議員 小倉順子                       賛成者 八潮市議会議員 戸川須美子                       賛成者 八潮市議会議員 池谷和代                       賛成者 八潮市議会議員 瀬戸知英子  八潮市議会議長 森 伸一様        橋下徹大阪市長の「慰安婦に関する発言」等に対する決議  去る5月13日に、日本維新の会共同代表・橋下徹大阪市長は、「第二次世界大戦当時は慰安婦制度が必要だった」との発言をした。  この発言は、米軍幹部に対する発言も含めて、女性をはじめ多くの人々の人権を侵害し、国際社会での信用を失墜させた。  よって、八潮市議会は、橋下徹大阪市長に強く抗議し、そのような発言の撤回と謝罪を求める。  以上、決議する。  平成25年6月20日                            埼玉県八潮市議会  今回の提案者は私なんですが、賛成者のところをごらんいただくと、女性議員が全て名前を連ねております。1人除いて、5人の方の賛同を得ました。こういった問題は、女性が一丸となって取り組んでいく問題ではないかと思います。ご協力していただいた方々に感謝を申し上げます。ありがとうございます。 ○森伸一議長 議第9号議案から議第14号議案までについて質疑の通告を受けるため、暫時休憩いたします。 △休憩 午後零時10分 △再開 午後零時11分 ○森伸一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案に対する質疑 ○森伸一議長 議案に対する質疑であります。  議第9号議案から議第14号議案までにつきましては質疑の通告がありません。  よって、質疑を終了いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案に対する委員会付託 ○森伸一議長 次に、議案に対する委員会付託でありますが、会議規則第37条第3項の規定により、議第9号議案から議第14号議案までにつきましては委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。           〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 異議なしと認めます。  よって、委員会付託を省略することに決しました。  討論の通告を受けるため、暫時休憩いたします。 △休憩 午後零時12分 △再開 午後零時13分 ○森伸一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案に対する討論 ○森伸一議長 議案に対する討論であります。  議第9号議案から議第14号議案までにつきましては、討論の通告がありません。  よって、討論を終了いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案に対する採決 ○森伸一議長 次に、議案に対する採決であります。  議第9号議案 ダンス規制(風営法)の見直しを求める意見書、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立多数であります。  よって、原案のとおり可決いたしました。  議第10号議案 国連の勧告に従い、原発被害者の「健康に生きる権利」の保障を求める意見書、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立全員であります。  よって、原案のとおり可決いたしました。  議第11号議案 副反応事例が多発している子宮頸がんワクチン接種事業の精査・検証と副反応被害者に対する救済体制を整えることを求める意見書、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立多数であります。  よって、原案のとおり可決いたしました。  議第12号議案 地方選挙における候補者に関する情報の充実等を図るための公職選挙法の改正を求める意見書、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立少数であります。  よって、本議案は否決いたしました。  議第13号議案 建設業従事者のアスベスト被害者の早期救済・解決を求める意見書、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議第14号議案 橋下徹大阪市長の「慰安婦に関する発言」等に対する決議、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。           〔賛成者起立〕 ○森伸一議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  なお、ただいま可決いたしました意見書は、早急に関係機関に対し、議長において提出いたしますので、ご了承願います。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △市長挨拶 ○森伸一議長 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。  ここで、市長から発言を求められておりますので、市長の発言を許可いたします。  市長。           〔多田重美市長 登壇〕 ◎多田重美市長 平成25年第2回八潮市議会定例会の閉会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。  去る6月3日から本日まで18日間にわたり開かれました本定例会におきまして、私から提案申し上げました平成25年度八潮市一般会計補正予算(第1号)の議案を含む23議案につきまして、いずれも原案のとおりご承認をいただきましたことに心から感謝を申し上げます。  ご承認いただきました案件につきまして、遺漏のないように執行してまいりますとともに、今議会で承りました貴重なご意見、ご要望につきましては、今後の市政運営に十分反映させてまいりたいと考えております。  結びに、議員の皆様方におかれましては、健康に十分ご留意いただき、今後とも市政進展のため、より一層のお力添えを賜りますよう心からお願い申し上げ、お礼の挨拶とさせていただきます。  ありがとうございました。
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △閉会の宣告 ○森伸一議長 以上で、平成25年第2回八潮市議会定例会を閉会いたします。  皆さん、ご協力ありがとうございました。  大変ご苦労さまでした。 △閉会 午後零時16分  地方自治法第123条の規定により署名する。    平成  年  月  日           議長      森 伸一           署名議員    鹿野泰司           署名議員    森下純三...