八潮市議会 > 2011-09-21 >
平成23年  9月 定例会(第3回)-09月21日−06号
平成23年  9月 定例会(第3回)-09月21日−資料

ツイート シェア
  1. 八潮市議会 2011-09-21
    平成23年  9月 定例会(第3回)-09月21日−06号


    取得元: 八潮市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-15
    平成23年  9月 定例会(第3回) - 09月21日-06号 平成23年  9月 定例会(第3回)        平成23年第3回八潮市議会定例会 第21日 議事日程(第6号)              平成23年9月21日(水曜日)午前10時開議  日程第1 議案の委員会報告        o総務文教常任委員会        o建設水道常任委員会        o福祉環境常任委員会  日程第2 議案の委員会報告に対する質疑  日程第3 議案に対する討論        議案第39号 平成22年度八潮市一般会計歳入歳出決算の認定について        議案第40号 平成22年度八潮市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について        議案第41号 平成22年度八潮市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について        議案第42号 平成22年度八潮市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について        議案第43号 平成22年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について        議案第44号 平成22年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について        議案第45号 平成22年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について        議案第46号 平成22年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について        議案第47号 平成22年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について
           議案第48号 平成22年度八潮市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について        議案第49号 平成22年度八潮市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について        議案第50号 平成22年度八潮市上水道事業決算の認定について        議案第51号 平成23年度八潮市一般会計補正予算(第4号)        議案第52号 平成23年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)        議案第53号 平成23年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)        議案第54号 平成23年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第55号 平成23年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第56号 平成23年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第57号 平成23年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第58号 平成23年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第59号 平成23年度八潮市介護保険特別会計補正予算(第1号)        議案第60号 平成23年度八潮市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)        議案第61号 八潮市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例について        議案第62号 八潮市税条例等の一部を改正する条例について        議案第63号 八潮市都市計画税条例の一部を改正する条例について        議案第64号 八潮市社会体育指導委員設置条例及び八潮市スポーツ振興審議会条例の一部を改正する条例について        議案第65号 八潮市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例について        議案第66号 八潮市災害見舞金支給条例の一部を改正する条例について        議案第67号 埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少、同組合の規約の変更及び財産処分について        議案第68号 八潮市教育委員会委員の任命について  日程第4 議案に対する採決        議案第39号 平成22年度八潮市一般会計歳入歳出決算の認定について        議案第40号 平成22年度八潮市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について        議案第41号 平成22年度八潮市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について        議案第42号 平成22年度八潮市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について        議案第43号 平成22年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について        議案第44号 平成22年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について        議案第45号 平成22年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について        議案第46号 平成22年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について        議案第47号 平成22年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について        議案第48号 平成22年度八潮市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について        議案第49号 平成22年度八潮市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について        議案第50号 平成22年度八潮市上水道事業決算の認定について        議案第51号 平成23年度八潮市一般会計補正予算(第4号)        議案第52号 平成23年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)        議案第53号 平成23年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)        議案第54号 平成23年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第55号 平成23年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第56号 平成23年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第57号 平成23年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第58号 平成23年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)        議案第59号 平成23年度八潮市介護保険特別会計補正予算(第1号)        議案第60号 平成23年度八潮市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)        議案第61号 八潮市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例について        議案第62号 八潮市税条例等の一部を改正する条例について        議案第63号 八潮市都市計画税条例の一部を改正する条例について        議案第64号 八潮市社会体育指導委員設置条例及び八潮市スポーツ振興審議会条例の一部を改正する条例について        議案第65号 八潮市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例について        議案第66号 八潮市災害見舞金支給条例の一部を改正する条例について        議案第67号 埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少、同組合の規約の変更及び財産処分について        議案第68号 八潮市教育委員会委員の任命について  日程第5 埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙 本日の会議に付した事件  日程第5まで議事日程のとおり  日程追加 議案の上程及び提案理由の説明        議案第69号 八潮市監査委員の選任について        議第4号議案 介護保険施設整備等の充実に関する意見書        議第5号議案 津波対策に関する意見書        議第6号議案 地方議会の権能強化に関する意見書        議第7号議案 「除染に関する緊急実施基本方針」のすみやかな実施を求める意見書        議第8号議案 電力多消費型経済からの転換を求める意見書        議第9号議案 再生可能エネルギー買取法の実効性を確保することを求める意見書       議案に対する質疑        議案第69号 八潮市監査委員の選任について        議第4号議案 介護保険施設整備等の充実に関する意見書        議第5号議案 津波対策に関する意見書        議第6号議案 地方議会の権能強化に関する意見書        議第7号議案 「除染に関する緊急実施基本方針」のすみやかな実施を求める意見書        議第8号議案 電力多消費型経済からの転換を求める意見書        議第9号議案 再生可能エネルギー買取法の実効性を確保することを求める意見書       議案に対する委員会付託        議案第69号 八潮市監査委員の選任について        議第4号議案 介護保険施設整備等の充実に関する意見書        議第5号議案 津波対策に関する意見書        議第6号議案 地方議会の権能強化に関する意見書        議第7号議案 「除染に関する緊急実施基本方針」のすみやかな実施を求める意見書        議第8号議案 電力多消費型経済からの転換を求める意見書        議第9号議案 再生可能エネルギー買取法の実効性を確保することを求める意見書       議案に対する討論        議案第69号 八潮市監査委員の選任について        議第4号議案 介護保険施設整備等の充実に関する意見書        議第5号議案 津波対策に関する意見書        議第6号議案 地方議会の権能強化に関する意見書        議第7号議案 「除染に関する緊急実施基本方針」のすみやかな実施を求める意見書        議第8号議案 電力多消費型経済からの転換を求める意見書        議第9号議案 再生可能エネルギー買取法の実効性を確保することを求める意見書       議案に対する採決        議第69号議案 八潮市監査委員の選任について        議第4号議案 介護保険施設整備等の充実に関する意見書        議第5号議案 津波対策に関する意見書        議第6号議案 地方議会の権能強化に関する意見書        議第7号議案 「除染に関する緊急実施基本方針」のすみやかな実施を求める意見書        議第8号議案 電力多消費型経済からの転換を求める意見書        議第9号議案 再生可能エネルギー買取法の実効性を確保することを求める意見書  日程追加 財政健全化調査検討特別委員会の委員会報告の件        財政健全化調査検討特別委員会の委員会報告に対する質疑  日程追加 議長辞職の件  日程追加 議長の選挙  日程追加 副議長の選挙
     日程追加 東埼玉資源環境組合議会議員辞職の件  日程追加 東埼玉資源環境組合議会議員の選挙  日程追加 各常任委員会委員及び議会運営委員会委員の選任  日程追加 閉会中の継続審査の件  日程追加 議員派遣の件  出席議員(21名)     1番   矢澤江美子議員   2番   福野未知留議員     3番   朝田和宏議員    4番   瀬戸知英子議員     5番   大久保龍雄議員   6番   中嶋善文議員     7番   大山安司議員    9番   池谷和代議員    10番   郡司伶子議員   11番   岡部一正議員    12番   戸川須美子議員  13番   小倉順子議員    14番   服部清二議員   15番   森 伸一議員    16番   吉田準一議員   17番   豊田吉雄議員    18番   鹿野泰司議員   19番   森下純三議員    20番   武之内清久議員  21番   荻野清晴議員    22番   柳澤功一議員  欠席議員(1名)     8番   宇田川幸夫議員  説明のための出席者   多田重美  市長         斎藤順一  副市長                          まちづくり   石黒 貢  教育長        豊田修由                          企画部長   宇田川浩司 税財政部長      飯塚嘉平  ふれあい福祉部長   宗形滋子  健康スポーツ部長   山本文夫  くらし安全部長   田中輝雄  くらし安全部理事   深井 章  市民活力推進部長   鈴木満男  建設部長       渡辺清貴  都市デザイン部長   古庄 亨  会計管理者      中村豊孝  水道部長         監査委員事務局長   臼倉利光             松澤利行  教育総務部長         兼公平委員会   大重育三  学校教育部長     羽場徳雄  消防長  事務局職員出席者   植原正道  事務局長       吉原敏夫  議事調査課長   鈴木 浩  議事係長       鈴木 武  調査係長   小倉紀子  議事係主任      奥 訓子  調査係主任 △開議 午前10時03分 △開議の宣告 ○瀬戸知英子議長 ただいまの出席議員数は21名で定足数に達しております。  よって、平成23年第3回八潮市議会定例会第21日目は成立いたしました。  直ちに本日の会議を開きます。 ----------------------------------- △議事日程の報告 ○瀬戸知英子議長 本日の日程について申し上げます。  本日の日程は、お手元に配付してあります。そのとおり議事を進めますので、ご協力のほどお願い申し上げます。 ----------------------------------- △議案の委員会報告 ○瀬戸知英子議長 日程第1、議案の委員会報告であります。  総務文教常任委員会に付託いたしました議案の審査結果について、総務文教常任委員会委員長の報告を求めます。  総務文教常任委員会委員長。  14番。      〔服部清二総務文教常任委員長 登壇〕 ◆服部清二総務文教常任委員長 おはようございます。  議長の指名がございましたので、議案審査結果の報告をいたします。  今定例会において本委員会に付託されました議案について、去る9月12日、委員会を招集し、執行部より関係職員の出席を求め、慎重に審査いたしました。その結果について報告いたします。  議案第39号 平成22年度八潮市一般会計歳入歳出決算の認定について。  1所管の歳入歳出、2実質収支に関する調書、3財産に関する調書、4款別収入及び執行割合表、賛成多数。  議案第51号 平成23年度八潮市一般会計補正予算(第4号)、第1条歳入歳出予算の補正、所管の歳入歳出予算補正、第2条地方債の補正、意見として、議案第51号について意見を述べさせていただき、賛成の討論といたします。庁舎の駐車場の関係で施行の際にはぜひ効率的な工事をしていただきたいという希望を申し上げますとの発言がありました。賛成全員。  議案第61号 八潮市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例について、賛成全員。  議案第62号 八潮市税条例等の一部を改正する条例について、意見として、株式の配当所得の関係ですが、今、東日本大震災の復興財源だということでその議論が国のほうでされているのですが、こういうものこそ本則に基づいたものにすべきと思い、改正については反対しますとの発言がありました。賛成多数。  議案第63号 八潮市都市計画税条例の一部を改正する条例について、賛成全員。  議案第67号 埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少、同組合の規約の変更及び財産処分について、賛成全員。  以上のように、会議に諮ったところ、原案のとおり可決すべきものと決しました。  これで、本委員会に付託されました議案審査結果報告を終わります。 ○瀬戸知英子議長 以上で、総務文教常任委員会委員長の報告を終わります。  次に、建設水道常任委員会に付託いたしました議案の審査結果について、建設水道常任委員会委員長の報告を求めます。  建設水道常任委員会委員長。  7番。      〔大山安司建設水道常任委員長 登壇〕 ◆大山安司建設水道常任委員長 ただいま議長の指名がありましたので、議案審査結果について報告いたします。  今定例会において本委員会に付託されました議案について、去る9月13日、委員会を招集し、執行部より関係職員の出席を求め、慎重に審査いたしました。その結果について報告いたします。  議案第39号 平成22年度八潮市一般会計歳入歳出決算の認定について、1所管の歳入歳出、3財産に関する調書、賛成多数。  議案第41号 平成22年度八潮市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、賛成多数。  議案第43号 平成22年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、賛成全員。  議案第44号 平成22年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、賛成全員。  議案第45号 平成22年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、賛成全員。  議案第46号 平成22年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、賛成全員。  議案第47号 平成22年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、賛成多数。  議案第50号 平成22年度八潮市上水道事業決算の認定について、賛成全員。  議案第51号 平成23年度八潮市一般会計補正予算(第4号)、第1条歳入歳出予算の補正、所管の歳入歳出予算補正、賛成全員。  議案第53号 平成23年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)、賛成全員。  議案第54号 平成23年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)、賛成全員。  議案第55号 平成23年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)、賛成全員。  議案第56号 平成23年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)、賛成全員。  議案第57号 平成23年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)、賛成全員。  議案第58号 平成23年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)、賛成全員。  以上のように、会議に諮ったところ、原案のとおり可決すべきものと決しました。  これで、本委員会に付託されました議案審査結果報告を終わります。  以上でございます。 ○瀬戸知英子議長 以上で、建設水道常任委員会委員長の報告を終わります。  次に、福祉環境常任委員会に付託いたしました議案の審査結果について、福祉環境常任委員会委員長の報告を求めます。  福祉環境常任委員会委員長。  13番。      〔小倉順子福祉環境常任委員長 登壇〕 ◆小倉順子福祉環境常任委員長 議長の指名がございましたので、福祉環境常任委員会の議案審査の結果報告をいたします。  今定例会において本委員会に付託されました議案について、去る9月14日、委員会を招集し、執行部より関係職員の出席を求め、慎重に審査いたしました。その結果について、報告をいたします。  議案第39号 平成22年度八潮市一般会計歳入歳出決算の認定について、1所管の歳入歳出、3財産に関する調書、賛成多数。  議案第40号 平成22年度八潮市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について、賛成多数。  議案第42号 平成22年度八潮市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、賛成全員。
     議案第48号 平成22年度八潮市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について、賛成多数。  議案第49号 平成22年度八潮市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、賛成多数。  議案第51号 平成23年度八潮市一般会計補正予算(第4号)、第1条歳入歳出予算の補正、所管の歳入歳出予算補正、賛成全員。  議案第52号 平成23年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)、賛成全員。  議案第59号 平成23年度八潮市介護保険特別会計補正予算(第1号)、賛成全員。  議案第60号 平成23年度八潮市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)、賛成全員。  議案第64号 八潮市社会体育指導委員設置条例及び八潮市スポーツ振興審議会条例の一部を改正する条例について、賛成全員。  議案第65号 八潮市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例について、賛成全員。  議案第66号 八潮市災害見舞金支給条例の一部を改正する条例について、賛成全員。  これで、本委員会に付託されました議案審査結果報告を終わります。 ○瀬戸知英子議長 以上で、福祉環境常任委員会委員長の報告を終わります。  以上で、議案の委員会報告を終了いたします。  議案の委員会報告に対する質疑の通告を受けるため、暫時休憩いたします。 △休憩 午前10時15分 △再開 午前10時15分 ○瀬戸知英子議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 ----------------------------------- △議案の委員会報告に対する質疑 ○瀬戸知英子議長 日程第2、議案の委員会報告に対する質疑であります。  議案の委員会報告に対して質疑の通告はありません。  以上で、議案の委員会報告に対する質疑を終了いたします。  議案に対する討論の通告を受けるため、暫時休憩いたします。 △休憩 午前10時16分 △再開 午前10時39分 ○瀬戸知英子議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 ----------------------------------- △議案に対する討論 ○瀬戸知英子議長 日程第3、議案に対する討論であります。  議案第39号、本議案につきまして、18番、鹿野泰司議員より討論の通告を受けております。  鹿野泰司議員の発言を許可します。  18番。      〔18番 鹿野泰司議員 登壇〕 ◆18番(鹿野泰司議員) 議長の指名がありましたので、議案第39号 平成22年度八潮市一般会計歳入歳出決算の認定について反対の立場から討論をいたします。  平成22年度決算は、リーマンショックによる世界的な景気後退の影響を大きく受けた決算となりました。特に個人市民税収に顕著にあらわれております。このこと自体は平成22年度当初予算時に見込まれていたものでしたが、決算は当初見込みどおりとなってしまったわけであります。  現年調定額で比較してみますと、1人当たりの額では11万4,786円から10万4,967円へと9,819円低くなりました。特別徴収、普通徴収、それぞれでは、特別徴収で2,800円、普通徴収では1万5,687円、いずれも対前年度比減となっておりますが、普通徴収でより大きく減額していることがわかります。こんなところに市民生活の状況が読み取れます。  法人市民税はどうでしょうか。決算では対前年度比で調定額で約1億円増額となっております。10.5%の伸びになります。平成22年度当初は、個人市民税同様前年度比で税収見込みで計上しましたが、決算ではそれを約1億8,000万円上回っております。地方財政計画では、個人とともに法人分の大幅な減収になるものとされていたものですが、法人については地域性があるとの指摘もされておりました。  同じ市民税でも個人と法人とで明暗が分かれたものとなっておりますが、法人の規模別ごとに前年度比較してみますと、9号、7号、5号、4号、3号、2号法人でプラス、6号、1号法人でマイナスとなり、特に1号法人では3,200万円の減額となっております。また、1号法人2,561社のうち1,919社、75%が均等割のみとなっております。  法人市民税全体では回復が見られた決算ですが、地元の小規模事業所はなお苦労されている様子がうかがえるわけであります。このようなときだからこそ、より一層市民生活の向上に腐心していただきたいと思います。  歳出では、執行割合が予算対比92.6%、不用額が6億4,574万9,835円となっております。  民生費、衛生費の不用額が多く、やむを得ない事業もありますが、的確な判断でより有効な財政措置が望まれます。  委員会審議の中でも議論となった家庭児童相談室の整備、高齢者在宅福祉サービスの拡充、さらには市民の健康づくりへの積極的支援を医師会等に働きかけ、より充実させることが求められます。健康であることはすべての方面へのプラス要因となります。  市民要望の高い道路照明灯やカーブミラー等の交通環境整備、地域の防犯施設整備などの積極的対応が望まれます。  地元事業者支援のための施策として、平成22年度リフォーム助成事業を大幅に内容も予算も拡充をして行いました。遠く九州の議会関係者も視察に訪れるなど、大きな反響を全国的に及ぼしました。今議会一般会計補正予算にも盛り込まれたところですが、今後より一層対象となる工事範囲の拡大や、助成金支給方法の検討などを進めていただきたいと思います。  実質収支が10億1,395万1,000円。過去20年の決算状況を調べてみましても、最高額となっております。  基金繰入金では、同様4番目に多い繰入額となっておりますから、当初予算編成には苦労されたことと思われますが、決算状況そのものはそれとは随分と趣を変えたものになっていると言うことができます。  さらには、国保会計や公共下水道会計、八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計などで財政支援という性格が強い繰出先会計で、実質収支が巨額となっております。  国保会計では3億2,900万円、公共下水道会計では1億400万円、南部東では3億5,300万円、3つの特別会計で7億8,600万円ということになります。仮にこれら会計への繰り出し額を実態に合わせたものにすれば、一般会計の実質収支はさらに高額になるということであります。財政が大変とよく言われておりますが、さらなる効率的な財政運営で市民生活応援の市政運営が実行できるのではないでしょうか。執行部のより一層のご努力を期待して討論といたします。 ○瀬戸知英子議長 以上で、鹿野泰司議員の討論を終わります。  次に、同議案につきまして、6番、中嶋善文議員より討論の通告を受けております。  中嶋善文議員の発言を許可します。  6番。      〔6番 中嶋善文議員 登壇〕 ◆6番(中嶋善文議員) 議長の許可がございましたので、議案第39号 平成22年度八潮市一般会計歳入歳出決算の認定について、賛成の立場から討論させていただきます。  現在の経済情勢は、東日本大震災の影響により電力供給の制約や原子力災害、金融資本市場の変動など依然として厳しい状況にあります。  さて、決算年度中の経済情勢を見ますと、海外経済の改善や緊急総合経済対策の効果などを背景に景気は持ち直しに転じておりましたが、震災により経済活動の安定が懸念されたところでありました。  一方、雇用情勢におきましては、失業率が高水準であるなど依然として厳しいものとなっておりました。  このような状況の中で、本市における平成22年度八潮市一般会計歳入歳出決算を見ますと、初めに歳入でありますが、総額270億3,355万4,000円であります。市税の確保が極めて厳しい環境の中、収納率は前年度対比現年度分で0.1ポイント増、滞納繰越分で1.4ポイント増となっており、市税全体では前年度比0.4ポイント減の89.7%であります。今後も自主納付の啓発及び納付しやすい環境の整備に努め、自主財源の確保に努めていただくよう強く要望いたします。  次に、歳出でありますが、予算現額280億1,488万6,000円に対して、決算額259億5,319万 1,000円で、執行率は92.6%であります。歳出全体では歳入不足を勘案しながら予算化された事業を効率よく執行し、さらに経済削減が図られたことが認められるものであります。  続いて、平成22年度の主な事業についてでありますが、初めにつくばエクスプレス八潮駅が開業し、5年目を迎えた駅周辺整備関連事業としては、南部中央地区を中心としたまちづくり交付金事業及び区画整理事業をはじめ、八潮駅南口周辺のまちづくり計画の策定業務委託を行い、また、自治基本条例を制定し、市政運営の基本理念や市民と行政との協働によるまちづくりを進めていくために必要な考え方や仕組みなどの基本的なルールを定めたことなど、今後のまちづくりに期待するものです。  福祉関係では、中学校修了までの子どもについて、子ども手当支給事業の実施や地域における子育て拠点の整備を図るなど、子育て支援の充実を図っております。  また、障がい者の通所施設やまびこの整備や、おおぜ学童保育所の増設などきめ細やかな地域福祉の充実が図られております。  防災関係では、地域自主防災組織の育成と強化を図る補助事業や、地震ハザードマップを作成し、全戸に配布されるなど、防災体制の充実が図られております。  環境関係では、環境基本計画に基づく太陽光発電システムなどの新エネルギー等を活用したシステムの設置に対する補助制度など、快適な生活環境の保全に向けた取り組みに期待するものであります。  商工観光関係では、中小企業への支援として、資金融資関係で利子補給率の引き上げ、不況対策資金融資制度の充実、さらに緊急雇用創出事業、住宅改修資金補助制度の実施など、商工業振興施策の充実が地域経済の発展につながるものと期待します。  土木関係では、水に親しむ潤い空間を図るため、火災用水路の親水化整備。また、厳しい財政状況の中、生活に密着した道路維持管理及び水路整備など、市民要望にできる限り対応しようとする姿勢は高く評価するものであります。  消防関係では、市民の生命・財産の安全を確保するため、化学消防ポンプ自動車の購入や火災予防態勢及び緊急救助態勢の充実、さらには救命率の向上のため救急救命士の育成など、計画的に事業を実施していることがうかがえます。  教育関係では、学校施設の維持管理として改修工事や緊急修繕及び小中学校校舎等の第二次耐震診断や、耐震補強大規模改修工事を実施したことは評価するものであります。また、小中学校の連続性と系統性を生かした小中一貫教育の教育課程の市内全面実施のため、英語学習指導助手の派遣委託及び小中一貫教育の研究に対する助成の実施など、学校教育の充実を期待するところであります。  以上申し上げましたとおり、歳出においても厳しい財政状況のもと予算の適切な執行が行われたことに対し、評価するものであります。  最後に、景気は依然として厳しい状況であり、また地方分権、少子・高齢化社会の進展など地方を取り巻く環境も大変厳しいものがありますが、引き続き増大する行政需要に的確に対応するとともに、税源の確保、効率的な財政運営をお願いし、平成22年度八潮市一般会計歳入歳出決算の認定について賛成の意を表し、討論を終了いたします。 ○瀬戸知英子議長 以上で、中嶋善文議員の討論を終わります。  次に、議案第40号、本議案につきまして、9番、池谷和代議員より討論の通告を受けております。  池谷和代議員の発言を許可します。  9番。      〔9番 池谷和代議員 登壇〕 ◆9番(池谷和代議員) 議長の指名がありましたので、議案40号 平成22年度八潮市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について、反対の立場で討論いたします。  成果報告書に示されている八潮市の平成22年度の国民健康保険税現年分の調定額を見ますと、昨年より2億4,629万5,100円下がっており、1人当たりにしますと7,416円の落ち込みとなっています。これは年金生活者の増加や、経済不況から脱し切れない自営業者、非正規労働者が過去最高の割合を示していることの反映であると見られます。  平成22年度の収納率は、現年分は昨年より0.31%、81.43%になっているものの、約2割の国保加入者が保険料を支払えない事態が続いています。決算資料によりますと、国保加入1万7,214世帯のうち4,444世帯、加入者の25.8%の未納世帯となっています。個人の努力を超える保険料の高さが影響しているとみられます。  平成22年度、市から法定外、その他繰り入れが4億4,038万5,000円ありましたが、1人当たり1万5,382円になります。県内23番目の繰入額ですが、実質収支3億2,949万2,000円となり、次年度への繰り越しとなっていくため、実際には約1億円しか国保加入者に還元されておりません。市民の命の最後のとりでとなる国民健康保険ということから、委員会でも指摘したように高い保険料が収納率の低下を招く悪循環をとめるためにも、今こそ国保税の引き下げに本腰を入れ、検討していくときと考えます。  また、資格証明書の発行数は478件です。生活苦や経営難で国保税が払えなくなった人が医療費を全額出せるものではありません。厚労省が慎重な対応をするよう指示をしているのですから、市も再度検討するべきであると思います。保険税滞納者の差し押さえも、件数、金額とも増加しています。給与、年金の生計費相当額や、子ども手当てなどの給付額は法的に差し押さえが禁止されていますが、学資保険を差し押さえることを否定しない市の考えでしたが、子どもに教育を受けさせ、自立の道を歩ませたい、この思いで保護者が積み立ててきた保険を一般の資産と同等に見ていくことは見直していくべきではないでしょうか。  医療費についてですが、一般分は1人約25万1,000円で県内でも低いほうですが、退職分が1人約46万3,000円で県内1位となっています。先日、兵庫県の尼崎市が健診の項目をつけ加え、充実させ、病気の早期発見により医療費の削減ができている、このようなテレビ番組がありました。健診の取り組みを工夫、検討し、市民の健康な暮らしを支援し、医療費の削減にもつながることを踏まえた国保行政を求め、討論といたします。 ○瀬戸知英子議長 以上で、池谷和代議員の討論を終わります。  次に、同議案につきまして、11番、岡部一正議員より討論の通告を受けております。  岡部一正議員の発言を許可します。  11番。      〔11番 岡部一正議員 登壇〕 ◆11番(岡部一正議員) 議長の指名がありましたので、議案40号 平成22年度八潮市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について、賛成の立場から討論を行います。  国民健康保険制度は、制度施行以来半世紀もの間、我が国の国民皆保険制度の中心的立場で地域医療の確保と市民の健康保持増進に大きく貢献してきたことは周知のとおりであります。しかしながら、発足当初と現在では制度の内容等も大きく様変わりし、近年においては高齢化の進展に加え、長引く経済の低迷などもあいまって、国保加入者も低所得者層が一段と増加するなど、他の医療保険制度には見られない国保ならではの構造的な悩みや課題を抱えております。  このように保険者を取り巻く環境は年々厳しさを増しておる状況でありますが、平成22年度の八潮市国民健康保険特別会計の歳入歳出決算状況は、歳入総額95億4,641万3,247円で、前年度と比較し、2.6%伸びております。歳入においては、財源の根幹である保険税は毎年低下傾向にあった収納率が若干改善されたことは保険者として努力された結果であり、大いに評価しております。  しかしながら、景気の影響をまともに受け、保険税額そのものが減少し、前年度の収入額を下回る結果となっておりますが、安定した国保財政の運営のためにも引き続き自主財源の確保に努めていただきたいと思っております。  また、繰入金のうち一般会計からの法定外繰入金は、税収の落ち込みの補てんを目的としたものであり、県内40市の中では八潮市は加入者1人当たりで25番目、1世帯当たりでも23番目となっており、必要最小限度にとどめたものとして妥当な金額であると思っております。  さらに、国庫補助金の中で特別調整交付金が前年度と比較し、大きく増額されておりますが、これは八潮市国保が他の保険者と比べ、医療費の適正化や後発医薬品の普及啓発に積極的に進めるなど、国保事業の健全経営に向けて取り組んだ結果に対する国からの評価のあらわれであると理解できるものであります。  一方、歳出総額の92億1,692万455円は、前年度の0.5%増とわずかな伸びとなっております。歳出のほとんどを占めるのが療養費相当であり、保険給付費と共同事業拠出金を合わせると71億5,168万4,988円となりますが、この金額は前年度から1.5%だけの伸び率であることから、これまで保険者として特定健康診査をはじめとする医療費の抑制に取り組んできたたまものであります。その努力に対し、心から敬意を表するものであります。  現在、社会保険に加入されている方も、いずれ退職した後は国民健康保険の世話になるわけであります。だからこそ国民健康保険制度が将来にわたって安定した経営が保障されることが必要と考えます。今後も円滑な国保財政運営に向けて、保険者としてさらなる努力をお願い申し上げ、本議案に賛成の意を表するものでございます。 ○瀬戸知英子議長 以上で、岡部一正議員の討論を終わります。  次に、議案第41号から議案第47号までにつきましては、討論の通告はありません。  次に、議案第48号、本議案につきまして、10番、郡司伶子議員より討論の通告を受けております。  郡司伶子議員の発言を許可します。  10番。      〔10番 郡司伶子議員 登壇〕 ◆10番(郡司伶子議員) 議長の指名がありましたので、議案第48号 平成22年度八潮市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について、反対の立場で討論します。
     介護保険は施行後10年、保険あって介護なしの言葉に象徴されるように、高過ぎる保険料と利用者負担、深刻な施設不足、実態を反映しない介護認定や利用限度額によって利用できる介護が制限されるなど多くの問題が噴出し、介護に疲れた家族が引き起こす痛ましい事件がたびたび報道されております。社会全体で支えるとして発足した介護保険制度であったはずですが、その役割は果たされてはおりません。  さて、平成22年度の決算ですが、当初予算時の討論でも指摘したように介護保険料の収納状況は普通徴収収納率79.6%と5人に1人が納められない状況で、年々保険料納入困難者が増加しております。そのような状況下での保険料減免者は30人、第3段階保険者も16.7%と少なく、減免制度の周知徹底、拡大が求められると思います。  歳出では、サービスの利用について、決算資料によりますと平成22年度1人当たり平均給付額は175万5,973円で、前年度より平均受給者数1,483人と100人ふえているにもかかわらず、給付額は4,463円の減となっております。  さらには、事業計画に対する実際の執行率を見てみますと、介護サービス給付費、平成21年度0.94、平成22年度0.89と減。予防サービス費も平成21年度0.94、平成22年度0.87と、減となっています。中でも訪問介護ヘルパーの利用率は前年1.02に対し、0.96。特養入所者は0.91に対して、平成22年度は0.81。老健施設は同じく平成21年度0.87に対して平成22年度0.78といずれも低くなっており、利用者はふえているにもかかわらず、利用を控えなければならないという深刻な現状が八潮市にもあらわれてきているのではないでしょうか。介護が必要になったときに必要なサービスが受けられ、高齢者が安心して暮らせる八潮市の介護保険制度であってほしいとだれもが願うことです。  第5期の介護保険事業計画の審議が始まっていますが、3年間の決算状況を十分に精査し、八潮市の実態に即した計画になるよう議論を尽くすこと。同時に、市町村の役割がこれまで以上に重大になることを心し、八潮市民が安心して老後を迎えられる介護保険制度となることを求め、討論といたします。 ○瀬戸知英子議長 以上で、郡司伶子議員の討論を終わります。  次に、同議案につきまして、20番、武之内清久議員より討論の通告を受けております。  武之内清久議員の発言を許可します。  20番。      〔20番 武之内清久議員 登壇〕 ◆20番(武之内清久議員) 議長の指名がございましたので、議案第48号 平成22年度八潮市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について、賛成の立場で討論を行います。  我が国の高齢化の現状は、平成22年10月1日現在、65歳以上の高齢者人口は2,962万3,000人で、高齢化率は23.1%であります。八潮市においても、平成23年3月末日の65歳以上の高齢者人口は1万5,567人で、高齢化率は18.8%となっており、対前年比で0.35ポイント増加しております。  このように、高齢者人口が増加する中、介護の問題はこれまでにも増して重要な社会問題として取り組んでいかなければならないテーマであります。  そこで、平成22年度八潮市介護保険特別会計歳入歳出決算の状況を見ますと、歳入については31億3,402万3,422円であり、対前年度比で5.1%増、そのうち保険料収入は7億2,699万610円で、収入率は91.2%であります。  次に、歳出については、30億5,021万9,658円で、対前年度比5.9%の増で、そのうち保険給付費は27億6,827万3,858円と、7.4%の増となっております。  また、予算現額に対する執行率では、歳入においては92.5%、歳出においては90.0%となっており、第4期八潮市介護保険事業計画における見込み額に対する達成率についても、保険給付費で88.9%、予防給付費で87.5%でありますことから、平成22年度の八潮市介護保険事業は安定的かつ事業計画に即した運営がなされているものと評価をいたします。  今後におきましても、八潮市の介護保険事業が安定的かつ計画的に運営されることを期待し、賛成の討論といたします。 ○瀬戸知英子議長 以上で、武之内清久議員の討論を終わります。  次に、議案第49号から議案第68号までにつきましては、討論の通告はありません。  よって、討論を終了いたします。 ----------------------------------- △議案に対する採決 ○瀬戸知英子議長 日程第4、議案に対する採決であります。  議案第39号 平成22年度八潮市一般会計歳入歳出決算の認定について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第40号 平成22年度八潮市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第41号 平成22年度八潮市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第42号 平成22年度八潮市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第43号 平成22年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第44号 平成22年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第45号 平成22年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第46号 平成22年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第47号 平成22年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第48号 平成22年度八潮市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第49号 平成22年度八潮市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第50号 平成22年度八潮市上水道事業決算の認定について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第51号 平成23年度八潮市一般会計補正予算(第4号)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第52号 平成23年度八潮市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第53号 平成23年度八潮市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第54号 平成23年度稲荷伊草第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第55号 平成23年度鶴ヶ曽根・二丁目土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第56号 平成23年度大瀬古新田土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第57号 平成23年度西袋上馬場土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第58号 平成23年度八潮南部東一体型特定土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。
         〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第59号 平成23年度八潮市介護保険特別会計補正予算(第1号)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第60号 平成23年度八潮市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第61号 八潮市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第62号 八潮市税条例等の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第63号 八潮市都市計画税条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第64号 八潮市社会体育指導委員設置条例及び八潮市スポーツ振興審議会条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第65号 八潮市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第66号 八潮市災害見舞金支給条例の一部を改正する条例について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第67号 埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少、同組合の規約の変更及び財産処分について、本議案につきまして、委員長報告のとおり原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり可決いたしました。  議案第68号 八潮市教育委員会委員の任命について、本議案につきまして、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案のとおり同意することに決しました。  以上で、議案の採決を終了いたします。 ----------------------------------- △埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙 ○瀬戸知英子議長 日程第5、埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行います。  埼玉県後期高齢者医療広域連合は県内の全市町村で組織する特別地方公共団体で、今回、連合議会の市議会議員枠に欠員が生じたため選挙を行うものであります。  この選挙は、すべての市議会の選挙における得票総数により当選人を決定することになりますので、選挙結果の報告のうち当選人の報告及び当選人への告知は行いません。  お諮りいたします。  選挙結果の報告については、会議規則第32条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを報告することとしたいと思いますが、ご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○瀬戸知英子議長 異議なしと認めます。  よって、選挙結果の報告については、会議規則第32条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを報告することに決しました。  選挙は投票で行います。  議場の閉鎖を命じます。      〔議場閉鎖〕 ○瀬戸知英子議長 ただいまの出席議員数は21名であります。  投票用紙を配付いたします。      〔投票用紙配付〕 ○瀬戸知英子議長 投票用紙の配付漏れはございませんか。      〔「なし」と言う人あり〕 ○瀬戸知英子議長 配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めます。  事務局長。      〔投票箱点検〕 ○瀬戸知英子議長 異状なしと認めます。  念のため申し上げます。  投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。  点呼を命じます。  事務局長。      〔事務局長氏名点呼、投票〕 ○瀬戸知英子議長 投票漏れはございませんか。      〔「なし」と言う人あり〕 ○瀬戸知英子議長 投票漏れなしと認めます。  投票を終了いたします。  議場の閉鎖を解きます。      〔議場開鎖〕 ○瀬戸知英子議長 開票を行います。  会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に17番、豊田吉雄議員、19番、森下純三議員を指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○瀬戸知英子議長 異議なしと認めます。  よって、両名の立ち会いをお願いいたします。      〔開票〕 ○瀬戸知英子議長 選挙の結果を報告いたします。  投票総数21票。  これは先ほどの出席議員数に符合いたします。  そのうち有効投票   21票      無効投票    0票  有効投票中   松井優美子議員   13票   高橋督儀議員     0票   菅原 満議員     3票   加川義光議員     5票  以上のとおりであります。  なお、ただいまの選挙結果を埼玉県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙の選挙長に報告いたしますので、ご了承願います。  暫時休憩いたします。 △休憩 午前11時37分 △再開 午前11時39分 ○瀬戸知英子議長 休憩前に引き続き会議を開きます。
    ----------------------------------- △日程の追加 ○瀬戸知英子議長 お諮りいたします。  ただいま市長から追加議案が提出されました。  この際、これを日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○瀬戸知英子議長 異議なしと認めます。  よって、直ちに日程に追加し、議題とすることに決しました。 ----------------------------------- △議案第69号の上程及び提案理由の説明 ○瀬戸知英子議長 議案の上程及び提案理由の説明であります。  議案第69号を上程いたします。  ここで、地方自治法第117条の規定により、20番、武之内清久議員の退席を求めます。      〔20番 武之内清久議員 退席〕 ○瀬戸知英子議長 提案者より提案理由の説明を求めます。  市長。      〔多田重美市長 登壇〕 ◎多田重美市長 追加提案をいたしました議案の提案理由につきまして、ご説明を申し上げます。  議案第69号 八潮市監査委員の選任についてでございますが、本議案は、議員のうちから選任されておりました監査委員の吉田準一氏が、このたび一身上の都合により退職を申し出られましたので、今回、後任といたしまして武之内清久氏を選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により議会の同意を求めるものでございます。  武之内氏は、昭和27年11月15日生まれで、現住所は八潮市緑町四丁目26番地9でございます。  略歴を申し上げますと、市議会議員として6期目を迎え、これまで市議会副議長、文教水道常任委員会委員長、建設常任委員会副委員長、福祉環境常任委員会委員長、決算特別委員会副委員長、合併推進特別委員会副委員長、八潮市都市計画審議会委員、東埼玉資源環境組合議会議員等を歴任されております。  以上、議案第69号の提案理由についてご説明を申し上げました。何とぞご審議の上、ご同意賜りますようお願い申し上げます。 ○瀬戸知英子議長 以上で、議案第69号の提案理由の説明を終わります。  質疑の通告を受けるため、暫時休憩いたします。 △休憩 午前11時42分 △再開 午前11時42分 ○瀬戸知英子議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 ----------------------------------- △議案に対する質疑 ○瀬戸知英子議長 議案に対する質疑であります。  議第69号について、質疑の通告はありません。  よって、質疑を終了いたします。 ----------------------------------- △議案に対する委員会付託 ○瀬戸知英子議長 次に、議案に対する委員会付託でありますが、議案第69号につきましては、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○瀬戸知英子議長 異議なしと認めます。  よって、委員付託を省略することに決しました。  討論の通告を受けるため、暫時休憩いたします。 △休憩 午前11時43分 △再開 午前11時43分 ○瀬戸知英子議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 ----------------------------------- △議案に対する討論 ○瀬戸知英子議長 議案に対する討論であります。  議案第69号につきましては、討論の通告がありません。  よって、討論を終了いたします。 ----------------------------------- △議案に対する採決 ○瀬戸知英子議長 次に、議案に対する採決であります。  議案第69号 八潮市監査委員の選任について、本議案につきまして、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案のとおり同意することに決しました。  先ほど退席いたしました20番、武之内清久議員の入場を求めます。      〔20番 武之内清久議員 入場〕 ○瀬戸知英子議長 暫時休憩いたします。 △休憩 午前11時45分 △再開 午後零時00分 ○瀬戸知英子議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 ----------------------------------- △日程の追加 ○瀬戸知英子議長 お諮りいたします。  ただいま委員会提出議案として、議第4号議案 介護保険施設整備等の充実に関する意見書、議員提出議案として、議第5号議案 津波対策に関する意見書、議第6号議案 地方議会の権能強化に関する意見書、議第7号議案 「除染に関する緊急実施基本方針」のすみやかな実施を求める意見書、議第8号議案 電力多消費型経済からの転換を求める意見書、議第9号議案 再生可能エネルギー買取法の実効性を確保することを求める意見書が追加提出されました。  この際、これを日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○瀬戸知英子議長 異議なしと認めます。  よって、議第4号議案から議第9号議案を日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。 ----------------------------------- △議第4号議案から議第9号議案の上程及び提案理由の説明 ○瀬戸知英子議長 議案の上程及び提案理由の説明であります。  議第4号議案から議第9号議案を一括上程いたします。  議第4号議案について、提出者より提案理由の説明を求めます。  13番。      〔13番 小倉順子議員 登壇〕 ◆13番(小倉順子議員) 議長の指名がございましたので、議第4号議案について、朗読をもって提案理由といたします。  議第4号議案           介護保険施設整備等の充実に関する意見書  上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。  平成23年9月21日                      八潮市財政健全化調査検討特別委員会                          副委員長  小倉順子  八潮市議会議長 瀬戸知英子様           介護保険施設整備等の充実に関する意見書  介護保険制度は、住み慣れた地域や住まいで、自らサービスを選択し、自らの能力を最大限発揮して尊厳ある自立した生活を送れるよう2000年に創設されました。制度施行後11年が経過し、介護サービスを受ける高齢者の数は、2000年の制度創設当初と比較して、2009年では約2.6倍となるなど、介護保険制度は高齢者を支える制度として着実に機能しており、少子高齢化の日本において必要不可欠な制度となっていると考えられます。  その一方で、都市部を中心とする急速な高齢化の進行に伴い、ひとり暮らし高齢者の増加、医療ニーズの高い高齢者や重度の要介護者の増加への対応など様々な課題が明らかになってきました。  このような課題を解決するため、第5期介護保険事業計画に向けた制度の見直しにおいては、「地域包括ケアシステム」の実現に向けた取組みを進めることや給付の効率化・重点化などを進め、給付と負担のバランスを図ることなどを基本的考え方としており、これらを踏まえた介護施設等の拡充や在宅介護の支援の強化とともに、利用者の経済的負担の軽減や介護報酬等の改善が強く望まれるところです。  そこで、地域の実情に応じた重点事項として、下記の点について強く要望するものである。                記  1 特別養護老人ホームや地域密着型施設等を増設すること  2 夜間訪問介護・看護の強化を図ること  3 生活保護や低所得者でも安心して入所できる施設の整備を促進すること  4 国庫負担割合を引き上げ、介護保険料の増額を防止すること  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  平成23年9月21日                                埼玉県八潮市議会  提出先   内閣総理大臣、厚生労働大臣  議員各位のご賛同をお願いいたします。 ○瀬戸知英子議長 次に、議第5号議案について、提出者より提案理由の説明を求めます。
     22番。      〔22番 柳澤功一議員 登壇〕 ◆22番(柳澤功一議員) 議長の指名がありましたので、議第5号議案について、朗読をもって提出させていただきます。  議第5号議案           津波対策に関する意見書  上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。  平成23年9月21日                      提出者 八潮市議会議員 柳澤功一                      賛成者 八潮市議会議員 武之内清久                      賛成者 八潮市議会議員 郡司伶子                      賛成者 八潮市議会議員 大久保龍雄                      賛成者 八潮市議会議員 矢澤江美子                      賛成者 八潮市議会議員 大山安司  八潮市議会議長 瀬戸知英子様           津波対策に関する意見書  平成22年2月に発生したチリ津波を契機に、同6月11日に議員立法として衆議院に「津波対策の推進に関する法律案」が提出され、漸く平成23年6月17日に可決、24日に公布された。  同法案は①目的は津波による被害から国民の生命、身体及び財産を保護するため、津波対策を推進するに当たっての基本的認識を明らかにするとともに、津波の観測体制の強化及び調査研究の推進、津波に関する防災上必要な教育及び訓練の実施、津波対策のために必要な施設の整備その他の津波対策を推進するために必要な事項を定めることにより、津波対策を総合的かつ効果的に推進し、もって社会の秩序の維持と公共の福祉の確保に資することとされ、以下、②津波対策を推進するに当たっての基本的認識、③この法律の趣旨及び内容を踏まえた津波対策の実施、④連携協力体制の整備、⑤津波の観測体制の強化及び調査研究の推進、⑥地域において想定される津波による被害の予測等、⑦津波に関する防災上必要な教育及び訓練の実施等、⑧地域において想定される津波による被害についての周知等、⑨津波からの迅速かつ円滑な避難を確保するための措置、⑩津波対策のための施設の整備等、⑪津波対策に配慮したまちづくりの推進、その他財政上の措置等17の条文で構成されていた。  しかし、同法は公布の日から施行することとはされてはいるが、調査・研究・シミュレーション・被害想定には相応の期間が必要である。  同法可決前に既に東京都では、5月27日に発表した「東京緊急対策2011」の中で、これまでの高潮対策に加えて津波対策にも取り組むことがもりこまれたが、近隣市町村としても調査結果を基にした速やかな津波対策の実施が待たれているところである。  東京都に隣接している八潮市は、中川八条橋下流地点でのA.P.(荒川工事基準面)は2メートル前後であり、津波対策の具体的検討は喫緊の課題であるが、市独自の対策を講じる為の被害想定等の資料が無く、国・県からの的確な情報を待たざるを得ないのが現状である。  よって、本市議会は国及び政府に対し、既に先行している東京都と情報を共有しつつ、特に下記の事項について早期に実現するよう強く要望する。                記  1.東海から連動する巨大地震や東京湾での地震による津波など、あらゆる可能性をふまえた津波のシミュレーションと被害想定を早期に行うと共に、津波被災想定地域に対して津波ハザードマップを作成し配布すること  2.津波対策のための施設の整備を可及的速やかに実施すること  3.津波を想定した防災訓練や津波教育の取り組みを推進すること  以上、地方自治法第99条の規定に基づき意見書を提出する。  平成23年9月21日                                埼玉県八潮市議会  提出先   衆議院議長   参議院議長   内閣総理大臣   財務大臣   文部科学大臣   国土交通大臣   内閣官房長官   国家戦略担当大臣   防災担当大臣  議員各位のご賛同を賜りますようお願い申し上げます。 ○瀬戸知英子議長 次に、議第6号議案について、提出者より提案理由の説明を求めます。  14番。      〔14番 服部清二議員 登壇〕 ◆14番(服部清二議員) 議長の指名がございましたので、議第6号議案について、朗読をもって提案理由といたします。  議第6号議案             地方議会の権能強化に関する意見書  上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。  平成23年9月21日                      提出者 八潮市議会議員 服部清二                      賛成者 八潮市議会議員 武之内清久                      賛成者 八潮市議会議員 郡司伶子                      賛成者 八潮市議会議員 大久保龍雄                      賛成者 八潮市議会議員 矢澤江美子                      賛成者 八潮市議会議員 中嶋善文  八潮市議会議長 瀬戸知英子様             地方議会の権能強化に関する意見書  地方議会が住民の負託に応え、その機能を十分に発揮していくためには、議会の自主性・自律性を高め、各議会が地域の実情に応じ、自らの判断により権能を行使できる「強い議会」の構築が不可欠である。  総務省は、本年1月に「地方自治法抜本改正についての考え方」を示し、地方公共団体の基本構造のあり方等については、引き続き検討するとする一方、長が臨時会の招集義務を果たさない場合など当面早急に改善すべき事項等については、速やかに制度化を図るとしたが、この当面早急に改善すべき事項についての地方自治法の一部改正法案は、未だ国会提出がなされていない状況にある。  よって、国においては、当面早急に改善すべき事項について速やかに法改正を行うとともに、引き続き、更なる地方議会の権能強化を図るための法改正を行うよう強く求める。                記  1.当面早急に改善すべき事項に係る地方自治法の改正   「地方自治法抜本改正についての考え方」で、速やかに制度化を図るとされている下記事項について、早急に法改正を行うこと  (1)議長等の臨時会の招集請求に対して長が招集しないときは、議長が臨時会を招集することがでることとすること  (2)副知事及び副市町村長の選任を専決処分の対象から除外すること  (3)条例・予算の専決処分について議会が不承認としたときは、長は条例改正案の提出、補正予算の提出など必要な措置を講じなければならないこととすること  (4)長は、条例の送付を受けた日から20日以内に再議に付す等の措置を講ずる場合を除き、当該条例の公布を行わなければならないこととすること  2.更なる地方議会の権能強化   今後の地方自治法の抜本改正においては、下記事項について、その実現を図ること  (1)地方議会議員の職責・職務について地方自治法に規定するなど、地方議会議員の法的な位置付けを明確にすること  (2)議長に議会招集権を付与すること  (3)議会の予算修正権を全面的に認めることとし、地方自治法第97条第2項ただし書きの制限規定を削除すること  (4)議長に議会費予算執行権を付与すること  以上、地方自治法第99条の規定に基づき意見書を提出する。  平成23年9月21日                                埼玉県八潮市議会  提出先   内閣総理大臣、総務大臣  議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。 ○瀬戸知英子議長 次に、議第7号議案について、提出者より提案理由の説明を求めます。  10番。      〔10番 郡司伶子議員 登壇〕 ◆10番(郡司伶子議員) 議長の指名がありましたので、議第7号議案について、朗読をもって提案理由の説明といたします。  議第7号議案     「除染に関する緊急実施基本方針」のすみやかな実施を求める意見書  上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。  平成23年9月21日                      提出者 八潮市議会議員 郡司伶子                      賛成者 八潮市議会議員 柳澤功一                      賛成者 八潮市議会議員 武之内清久                      賛成者 八潮市議会議員 大久保龍雄                      賛成者 八潮市議会議員 矢澤江美子                      賛成者 八潮市議会議員 豊田吉雄  八潮市議会議長 瀬戸知英子様     「除染に関する緊急実施基本方針」のすみやかな実施を求める意見書  8月26日、福島第一原子力発電所の事故により生じた放射性物質による汚染に対し、不安を一日も早く解消するため、国は汚染除去に責任を持って取り組んでいくとの方針を決定しました。追加被ばく線量がおおむね年間1~20ミリシーベルトの間の地域については、市町村で除染計画を策定し、国はその円滑な実施を支援していくとされています。  当市は、埼玉県内でも線量の高い地域となっており、すでに市独自で保育園園庭や学校校庭の除染をはじめたところですが、ホットスポットも存在しています。  よって、基本方針に示されている財政支援、専門家の派遣等すみやかに実施するよう強く求めるものである。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  平成23年9月21日                                埼玉県八潮市議会  提出先
      内閣総理大臣   財務大臣   文部科学大臣   厚生労働大臣   経済産業大臣  議員各位の皆さんのご賛同をよろしくお願いいたします。 ○瀬戸知英子議長 次に、議第8号議案について、提出者より提案理由の説明を求めます。  20番。      〔20番 武之内清久議員 登壇〕 ◆20番(武之内清久議員) 議長の指名がございましたので、議第8号議案につきまして、朗読をもって説明といたします。  議第8号議案           電力多消費型経済からの転換を求める意見書  上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。  平成23年9月21日                      提出者 八潮市議会議員 武之内清久                      賛成者 八潮市議会議員 柳澤功一                      賛成者 八潮市議会議員 郡司伶子                      賛成者 八潮市議会議員 大久保龍雄                      賛成者 八潮市議会議員 矢澤江美子                      賛成者 八潮市議会議員 岡部一正  八潮市議会議長 瀬戸知英子様           電力多消費型経済からの転換を求める意見書  3月に発災した東日本大震災の影響もあり、日本経済の先行きは今後も予断を許さない状況にある上、東京電力福島第一原発の事故を受けて、エネルギー供給が制約されるなかで長期的な電力消費の抑制が必至となっています。  現在、各家庭では省エネ・節電対策を励行し、大口消費者である企業などでも電力消費の抑制に努める動きが定着しています。しかし、節電努力の要請が長引くと見込まれるなか、現在のような個々の努力に委ねられている場当たり的な「節電対策」のままでは、社会全体の対応としては限界があります。  そのため、これまでのいわゆる“当面の対応”から脱却し、「電力多消費型」経済社会からの転換を図り、省エネ・節電対策が日常的・安定的に実施できる社会を早急に実現する必要があります。  よって、政府におかれては、電力消費を低減する対策とともに、「電力多消費型経済」から転換させるため、以下の項目を早急に決定・実施するよう強く求めます。                記  1 家庭での省エネ、エコ化の早期推進のため「節電エコポイント」(仮称)を創設し、省エネ型家電への買い替え(旧式の冷蔵庫・エアコンの買い替え)、LED照明の普及を促進する。住宅エコポイントは改修工事の対象範囲などを拡充したうえで再実施する  2 事業所等における太陽光発電設備やLED照明導入など省エネ投資を促進するため、税制、財政、金融面での支援措置を講じる  3 企業における長期休暇取得や輪番操業の徹底、在宅勤務の推進などを図る  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  平成23年9月21日                                埼玉県八潮市議会  提出先   内閣総理大臣   財務大臣   厚生労働大臣   経済産業大臣   国土交通大臣  ご賛同を皆様よろしくお願いいたします。 ○瀬戸知英子議長 次に、議第9号議案について、提出者より提案理由の説明を求めます。  1番。      〔1番 矢澤江美子議員 登壇〕 ◆1番(矢澤江美子議員) 議長の指名がありましたので、議案の朗読をもって説明にかえさせていただきます。  議第9号議案      再生可能エネルギー買取法の実効性を確保することを求める意見書  上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。  平成23年9月21日                      提出者 八潮市議会議員 矢澤江美子                      賛成者 八潮市議会議員 武之内清久                      賛成者 八潮市議会議員 鹿野泰司                      賛成者 八潮市議会議員 大久保龍雄  八潮市議会議長 瀬戸知英子様      再生可能エネルギー買取法の実効性を確保することを求める意見書  電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(以下「再生可能エネルギー買取法」)が、8月26日、参議院本会議で可決・成立した。エネルギー利用・政策を持続可能なものへと大きく転換していくために、再生可能エネルギーを普及・拡大させる同法の成立は欠かせない。  国会審議を通して当初の政府案は修正され、太陽光以外は「一律」とされていた買取価格を「電源種・規模ごとによる設定」としたことで地域ごとの適切なエネルギーの選択や促進が可能となった。また、その決定については第三者的な「調達価格等算定委員会」の設置と国会や他省庁の関与が定められるなど、一定の前進も見られた。  しかし、なお、重要な問題について政省令に委ねるものが多いなど、実効性については大いに危惧されると指摘せざるをえない。  よって当市議会は、再生可能エネルギー買取法の実効性を確保するために次の事項を求めるものである。                記  1 「脱原発」の実現に向けた再生可能エネルギーの導入目標を明示すること  2 投資回収が見込める適切な買取価格と期間を設定すること、価格設定の際は、現在の電源開発促進税などを利用して電気料金への転換を押さえるように一定の配慮をすること  3 産業向けの負担軽減措置の悪用を防止するため、負担が免除される電力多消費産業の情報を公開すること  4 電力会社に業務づけられることになった再生可能エネルギーの送電網への接続については、あいまいな例外規定を見直し優先性を確保すること  5 発電・送電・配電事業の独占構造の切り分け、電力自由化、地域間の系統連係強化およびスマートグリッド導入などをすすめ、国立公園法、温泉法などの関連制度を整備すること  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  平成23年9月21日                                埼玉県八潮市議会  提出先   衆議院議長   参議院議長   内閣総理大臣   総務大臣   財務大臣   経済産業大臣   環境大臣  皆様のご賛同をよろしくお願いします。 ○瀬戸知英子議長 以上で、提案理由の説明を終わります。  議第4号議案から議第9号議案について質疑の通告を受けるため、暫時休憩いたします。 △休憩 午後零時34分 △再開 午後零時34分 ○瀬戸知英子議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 ----------------------------------- △議案に対する質疑 ○瀬戸知英子議長 議案に対する質疑であります。  議第4号議案から議第9号については、質疑の通告はありません。  よって、質疑を終了いたします。 ----------------------------------- △議案に対する委員会付託 ○瀬戸知英子議長 次に、議案に対する委員会付託でありますが、会議規則第37条第2項及び第3項の規定により、議第4号議案から議第9号議案までにつきましては、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○瀬戸知英子議長 異議なしと認めます。  よって、委員会付託を省略することに決しました。  討論の通告を受けるため、暫時休憩いたします。 △休憩 午後零時35分 △再開 午後零時35分 ○瀬戸知英子議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 ----------------------------------- △議案に対する討論 ○瀬戸知英子議長 議案に対する討論であります。  議第4号議案から議第9号議案につきましては、討論の通告がありません。
     よって、討論を終了いたします。 ----------------------------------- △議案に対する採決 ○瀬戸知英子議長 次に、議案に対する採決であります。  議第4号議案 介護保険施設整備等の充実に関する意見書、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案どおり可決いたしました。  議第5号議案 津波対策に関する意見書、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案どおり可決いたしました。  議第6号議案 地方議会の権能強化に関する意見書、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案どおり可決いたしました。  議第7号議案 「除染に関する緊急実施基本方針」のすみやかな実施を求める意見書、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案どおり可決いたしました。  議第8号議案 電力多消費型経済からの転換を求める意見書、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立全員であります。  よって、本議案は原案どおり可決いたしました。  議第9号議案 再生可能エネルギー買取法の実効性を確保することを求める意見書、本議案につきまして、原案に賛成の議員の起立を求めます。      〔賛成者起立〕 ○瀬戸知英子議長 起立多数であります。  よって、本議案は原案どおり可決いたしました。  なお、ただいま可決いたしました意見書は、早急に関係機関に対し議長において提出いたしますので、ご了承願います。  暫時休憩いたします。 △休憩 午後零時37分 △再開 午後零時37分 ○瀬戸知英子議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 ----------------------------------- △日程の追加 ○瀬戸知英子議長 お諮りいたします。  ただいま財政健全化調査検討特別委員会副委員長から報告書が提出されました。  この際、財政健全化調査検討特別委員会の委員会報告の件を日程に追加し、直ちに議題として副委員長に報告を求めたいと思いますが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○瀬戸知英子議長 異議なしと認めます。  よって、直ちに議題として、財政健全化調査検討特別委員会副委員長に報告を求めます。 ----------------------------------- △財政健全化調査検討特別委員会の委員会報告の件 ○瀬戸知英子議長 財政健全化調査検討特別委員会副委員長。  13番。      〔小倉順子財政健全化調査検討特別委員会副委員長 登壇〕 ◆小倉順子財政健全化調査検討特別委員会副委員長 ただいま議長より発言の許可がございましたので、八潮市財政健全化調査検討特別委員会の調査検討結果についてご報告を申し上げます。  本市の課題となっている財政健全化に関する諸問題について調査検討するため、平成22年3月19日に特別委員会を設置いたしました。  特別委員会では調査事項の抽出、分類から始まり、調査事項について執行部から説明を受けるなど、平成23年8月18日の協議終了まで16回にわたり調査検討を重ねてまいりました。  調査検討項目は、歳入に関する項目で27件、歳出に関する項目で30件、合計57件であり、これらの項目に対する調査検討結果については市政運営に参考としていただけるよう中間報告書及び意見報告書を議長から市長に対し、提出したところであります。  以上、このような経過を踏まえ、このたび調査検討の終了に伴い、皆様のお手元にありますように最終報告書の提出を見たところでございます。詳細につきましては、報告書をごらんいただければと思います。  最後に、特別委員会委員各位のご尽力に感謝申し上げますとともに、本調査にご協力いただきました執行部の皆さんに御礼を申し上げ、報告といたします。ありがとうございました。 ○瀬戸知英子議長 以上で、財政健全化調査検討特別委員会副委員長の報告を終わります。  財政健全化調査検討特別委員会の委員会報告に対する質疑の通告を受けるため、暫時休憩いたします。 △休憩 午後零時40分 △再開 午後零時40分 ○瀬戸知英子議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 ----------------------------------- △財政健全化調査検討特別委員会の委員会報告に対する質疑 ○瀬戸知英子議長 財政健全化調査検討特別委員会の委員会報告に対する質疑であります。  財政健全化調査検討特別委員会の委員会報告に対する質疑の通告はありません。  よって、質疑を終了いたします。  以上、これをもって八潮市財政健全化調査検討特別委員会に付議しておりました市行財政の財政健全化に関する諸問題についての調査検討を終了いたします。  会議の途中ですが、ここで暫時休憩をいたします。 △休憩 午後零時41分 △再開 午後零時51分 ○森伸一副議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 ----------------------------------- △日程の追加 ○森伸一副議長 ただいま議長、瀬戸知英子議員から議長の辞職願が提出されました。  お諮りいたします。  この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一副議長 異議なしと認めます。  よって、議長辞職の件を日程に追加し、直ちに議題といたします。  ここで、地方自治法第117条の規定により4番、瀬戸知英子議員の退席を求めます。      〔4番 瀬戸知英子議員 退席〕 ----------------------------------- △議長辞職の件 ○森伸一副議長 それでは、辞職願を事務局長より朗読させます。  事務局長。      〔植原正道事務局長 朗読〕 ◎植原正道事務局長 朗読いたします。                辞職願  私儀、このたび一身上の都合により、八潮市議会議長職を辞職いたしたく、お願い申し上げます。  平成23年9月21日                          八潮市議会議長 瀬戸知英子  八潮市議会副議長 森 伸一様  以上です。 ○森伸一副議長 お諮りいたします。  ただいまの辞職願のとおり、瀬戸知英子議員の議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一副議長 異議なしと認めます。  よって、瀬戸知英子議員の議長の辞職を許可することに決しました。  4番、瀬戸知英子議員の入場を求めます。      〔4番 瀬戸知英子議員 入場〕 ----------------------------------- △議長辞任あいさつ ○森伸一副議長 ただいま議長職を辞職されました瀬戸知英子議員から、あいさつのため発言を求められておりますので、これを許可いたします。  4番。
         〔4番 瀬戸知英子議員 登壇〕 ◆4番(瀬戸知英子議員) 議長退任に当たり、一言お礼のごあいさつをさせていただきます。  2年前の9月定例会におきまして自民クラブの皆様のご推薦をいただきまして、歴史と伝統ある八潮市議会の名誉ある議長を拝命いたしまして、職務に専念してまいりました。  つつがなくそのような大役を終えることができましたのも、森副議長をはじめ自民クラブの皆様、公明党の皆様、日本共産党の皆様、民主市民クラブの皆様、市民と市政をつなぐ会や退職された諸先輩の皆様や植原局長をはじめとする議会事務局の皆様、執行部の皆様、そして常に安全運転を心がけてくださいました2名のドライバーさんや、温かく見守り、支援してくださいました市民の皆様のおかげと心より感謝し、お礼を申し上げます。  特に、森副議長には、難しい局面にあったときには冷静な判断力と卓越した力量をもって常に私を支え、助けていただきました。また、女性議員の皆様は、常に私を気遣い、声をかけていただきましたことは、私にとって本当に大きな励みとなりました。ありがとうございました。  公務でいろいろな場に出席いたしましたが、女性の議長は非常に少なく、私も八潮市で初めての女性議長ということで大変珍しく思われたものでございました。しかし、私は常に八潮市議会は開かれた議会であり、3分の1は女性議員であること、男だから女だからということはありませんと常に皆様に対して答えておりました。このことがこれからのすべての女性議員の飛躍の第一歩になればと私は願ってやみません。  さて、この2年間において忘れられないことは、3月11日の東日本大震災でした。日本が経験したことのない大きな災害に見舞われたことは、大変大きな出来事でございました。多くの人たちが被害に遭い、亡くなり、一瞬にして町が消えてしまうという大変な出来事でございました。  そのような状況であり、混乱しているにもかかわらず議員全員が立ち上がり、会派を超えて困難に立ち向かい、被災地の人たちのために少しでも役に立てるならと2回にわたり募金活動を行ったことでございました。日々、それぞれが違う立場で議員活動をしているわけでございますが、被災者の方々のことを思い、復興に向けて支援の気持ちが一つになったことは大変心強いものを感じたものでございます。  私たち議員は、この出来事を決して忘れてはいけない。この八潮にもいつ災害がやってくるかもしれない。そう思いながら、市民の皆様が安心して暮らせるまちづくりをしなければならないと決意を新たにしたところでございます。  お話が長くなりましたが、議員として、また、私の人生において深く心に残る2年間でございました。一生懸命中立公平な立場を心がけ、頑張ってきたつもりでございますが、まだまだ力の不足することがありましたことを改めて深くおわび申し上げたいと思います。  これからは新しい議長のもとで一層開かれた議会を目指し、市民のため、八潮市のため、誠心誠意頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。八潮市議会のますますの発展と皆様のご活躍を心よりお祈り申し上げまして、私の退任のあいさつといたします。  皆様、まことにありがとうございました。(拍手) ○森伸一副議長 会議の途中でありますが、昼食のため午後2時まで休憩いたします。 △休憩 午後零時59分 △再開 午後2時02分 ○森伸一副議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 ----------------------------------- △日程の追加 ○森伸一副議長 ただいま議長が欠員となりました。  お諮りいたします。  この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一副議長 異議なしと認めます。  よって、この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。 ----------------------------------- △議長の選挙 ○森伸一副議長 お諮りいたします。  選挙の方法は、投票または指名推選のいずれの方法にいたしますか。      〔「投票」と言う人あり〕 ○森伸一副議長 投票ということですが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一副議長 異議なしと認めます。  よって、選挙の方法は投票によることに決しました。  議場の閉鎖を命じます。      〔議場閉鎖〕 ○森伸一副議長 ただいまの出席議員数は21名であります。  投票用紙を配付いたします。      〔投票用紙配付〕 ○森伸一副議長 投票用紙の配付漏れはございませんか。      〔「なし」と言う人あり〕 ○森伸一副議長 配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めます。  事務局長。      〔投票箱点検〕 ○森伸一副議長 異状なしと認めます。  念のため申し上げます。  投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。  点呼を命じます。  事務局長。      〔事務局長氏名点呼、投票〕 ○森伸一副議長 投票漏れはございませんか。      〔「なし」と言う人あり〕 ○森伸一副議長 投票漏れなしと認めます。  投票を終了いたします。  議場の閉鎖を解きます。      〔議場開鎖〕 ○森伸一副議長 開票を行います。  会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に18番、鹿野泰司議員、20番、武之内清久議員を指名いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一副議長 異議なしと認めます。  よって、両名の立ち会いをお願いいたします。      〔開票〕 ○森伸一副議長 選挙の結果を報告いたします。  投票総数21票。  これは先ほどの出席議員数に符合いたします。  そのうち有効投票   20票      無効投票    1票  有効投票中   森 伸一議員    12票   郡司伶子議員     7票   矢澤江美子議員    1票  以上のとおりであります。  この選挙の法定得票数は6票であります。  よって、私森伸一が議長に当選いたしました。 ----------------------------------- △議長就任あいさつ      〔15番 森 伸一議員 登壇〕 ◆15番(森伸一議員) まずもって多くの皆様からのご支持をいただいたことに対し、衷心より感謝申し上げます。  慎んで誇りと伝統ある八潮市議会第29代議長の大任を受諾させていただきます。以後、前任の瀬戸議長をはじめ、歴代議長のご労苦、ご功績に敬意を表し、円滑な議会運営と信頼の向上、そして、議会の権能強化のため一意専心努力してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手) ○森伸一議長 以上で、議長の選挙を終了いたします。 ----------------------------------- △日程の追加 ○森伸一議長 ただいま副議長が欠員となりました。  お諮りいたします。  この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 異議なしと認めます。  よって、この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。 ----------------------------------- △副議長の選挙 ○森伸一議長 お諮りいたします。  選挙の方法は、投票または指名推選のいずれの方法にいたしますか。      〔「投票」と言う人あり〕 ○森伸一議長 投票ということですが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 異議なしと認めます。  よって、選挙の方法は投票によることに決しました。  議場の閉鎖を命じます。      〔議場閉鎖〕 ○森伸一議長 ただいまの出席議員数は21名であります。
     投票用紙を配付いたします。      〔投票用紙配付〕 ○森伸一議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。      〔「なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めます。  事務局長。      〔投票箱点検〕 ○森伸一議長 異状なしと認めます。  念のため申し上げます。  投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。  点呼を命じます。  事務局長。      〔事務局長氏名点呼、投票〕      〔「議長、議席番号が違う順番の呼び方じゃ、選挙が成り立たないんじゃないですか」と言う人あり〕 ○森伸一議長 ただいま、郡司伶子議員から投票の効力に関する異議の申し出がございました。  法律上、ただいまの議事の進行等につきましては、違法ではございませんが、副議長選挙の重要性を鑑み、再度、副議長選挙の投票から始めたいと思いますが、ご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 異議なしと認め、再度、副議長選挙の投票時から行うとともに、先ほどの投票を無効といたします。  議場を開鎖します。  投票の準備のため、暫時休憩します。 △休憩 午後2時24分 △再開 午後2時40分 ○森伸一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。  選挙の方法は投票によることに決していますので、直ちに議場の閉鎖を命じます。      〔議場閉鎖〕 ○森伸一議長 ただいまの出席議員数は21名であります。  投票用紙を配付いたします。      〔投票用紙配付〕 ○森伸一議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。      〔「なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めます。  事務局長。      〔投票箱点検〕 ○森伸一議長 異状なしと認めます。  念のため申し上げます。  投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。  点呼を命じます。  事務局長。      〔事務局長氏名点呼、投票〕 ○森伸一議長 投票漏れはございませんか。      〔「なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 投票漏れなしと認めます。  投票を終了いたします。  議場の閉鎖を解きます。      〔議場開鎖〕 ○森伸一議長 開票を行います。  会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に1番、矢澤江美子議員、2番、福野未知留議員を指名いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 異議なしと認めます。  よって、両名の立ち会いをお願いいたします。      〔開票〕 ○森伸一議長 選挙の結果を報告いたします。  投票総数21票。  これは先ほどの出席議員数に符合いたします。  そのうち有効投票   20票      無効投票    1票  有効投票中   服部清二議員    12票   大久保龍雄議員    7票   矢澤江美子議員    1票  以上のとおりであります。  この選挙の法定得票数は6票であります。  よって、服部清二議員が副議長に当選いたしました。  ただいま副議長に当選されました服部議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。 ----------------------------------- △副議長就任あいさつ ○森伸一議長 ただいま副議長に当選されました14番、服部清二議員のあいさつをお願いいたします。  14番。      〔14番 服部清二議員 登壇〕 ◆14番(服部清二議員) このたびは有志議員のご推挙によりまして、八潮市議会副議長という重責に選出されました。まさに身の引き締まる思いでございます。  もとより私浅学非才の身でございますので、皆様方のご指導、ご鞭撻をちょうだいいたしまして、今後、八潮市民の幸せのため、また市議会の発展のために微力ながら尽力していきたいと思いますので、よろしくご協力のほどお願いを申し上げます。(拍手) ○森伸一議長 以上で、副議長の選挙を終了いたします。 ----------------------------------- △議席の一部変更 ○森伸一議長 お諮りいたします。  ここで、議長選挙に伴い、議席の一部変更をいたしたいと思います。  議席番号4番、瀬戸知英子議員を15番議席に、議席番号15番、森伸一議員を4番議席にそれぞれ変更することにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 異議なしと認めます。  よって、ただいまのとおり議席の一部を変更することに決しました。  暫時休憩いたします。 △休憩 午後2時51分 △再開 午後2時59分 ○森伸一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 ----------------------------------- △日程の追加 ○森伸一議長 ただいま15番、瀬戸知英子議員、18番、鹿野泰司議員から東埼玉資源環境組合議会議員の辞職願が提出されました。  お諮りいたします。  この際、東埼玉資源環境組合議会議員の辞職の件を日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 異議なしと認めます。  よって、東埼玉資源環境組合議会議員の辞職の件を日程に追加し、直ちに議題といたします。  ここで、地方自治法第117条の規定により、15番、瀬戸知英子議員、18番、鹿野泰司議員の退席を求めます。      〔15番 瀬戸知英子議員、18番 鹿野泰司議員 退席〕 ----------------------------------- △東埼玉資源環境組合議会議員辞職の件 ○森伸一議長 それでは、辞職願を事務局長より朗読させます。  事務局長。
         〔植原正道事務局長 朗読〕 ◎植原正道事務局長 朗読いたします。                辞職願  私儀、このたび一身上の都合により、東埼玉資源環境組合議会議員を辞職いたしたく、お願い申し上げます。  平成23年9月21日                          八潮市議会議員 瀬戸知英子  八潮市議会議長 森 伸一様                辞職願  私儀、このたび一身上の都合により、東埼玉資源環境組合議会議員を辞職いたしたく、お願い申し上げます。  平成23年9月21日                          八潮市議会議員 鹿野泰司  八潮市議会議長 森 伸一様  以上です。 ○森伸一議長 お諮りいたします。  ただいまの辞職願のとおり、瀬戸知英子議員、鹿野泰司議員の東埼玉資源環境組合議会議員の辞職を許可することにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 異議なしと認めます。  よって、瀬戸知英子議員、鹿野泰司議員の東埼玉資源環境組合議会議員の辞職を許可することに決しました。  瀬戸知英子議員、鹿野泰司議員の入場を求めます。      〔15番 瀬戸知英子議員、18番 鹿野泰司議員 入場〕 ----------------------------------- △日程の追加 ○森伸一議長 ただいま東埼玉資源環境組合議会議員の2名が欠員となりました。  お諮りいたします。  この際、東埼玉資源環境組合議会議員の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 異議なしと認めます。  よって、東埼玉資源環境組合議会議員の選挙を日程に追加し、選挙を行います。 ----------------------------------- △東埼玉資源環境組合議会議員の選挙 ○森伸一議長 選挙の方法は投票で行います。  議場の閉鎖を命じます。      〔議場閉鎖〕 ○森伸一議長 ただいまの出席議員数は21名であります。  投票用紙を配付いたします。      〔投票用紙配付〕 ○森伸一議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。      〔「なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めます。  事務局長。      〔投票箱点検〕 ○森伸一議長 異状なしと認めます。  念のため申し上げます。  投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。  当選人の決定につきましては、投票数の多い順に2名を当選人といたします。また、投票数が同じのときは、くじにより当選人を決めることにいたします。  点呼を命じます。  事務局長。      〔事務局長氏名点呼、投票〕 ○森伸一議長 投票漏れはございませんか。      〔「なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 投票漏れなしと認めます。  投票を終了いたします。  議場の閉鎖を解きます。      〔議場開鎖〕 ○森伸一議長 開票いたします。  会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に3番、朝田和宏議員、6番、中嶋善文議員を指名いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 異議なしと認めます。  よって、両名の立ち会いをお願いいたします。      〔開票〕 ○森伸一議長 選挙の結果を報告いたします。  投票総数21票。  これは先ほどの出席議員数に符合いたします。  そのうち有効投票   21票      無効投票    0票  有効投票中   森 伸一議員    11票   大久保龍雄議員    9票   服部清二議員     1票  以上のとおりであります。  この選挙の法定得票数は3票であります。  よって、森伸一議員、大久保龍雄議員が東埼玉資源環境組合議会議員に当選いたしました。  ただいま当選されました私森伸一議員、大久保龍雄議員が議場におりますので、会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。  以上で、東埼玉資源環境組合議会議員の選挙を終了いたします。  暫時休憩いたします。 △休憩 午後3時13分 △再開 午後3時14分 ○森伸一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 ----------------------------------- △日程の追加 ○森伸一議長 お諮りいたします。  任期満了となります各常任委員会委員及び議会運営委員会委員の選任について、日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 ご異議なしと認めます。 ----------------------------------- △各常任委員会委員及び議会運営委員会委員の選任 ○森伸一議長 各常任委員会委員及び議会運営委員会委員の選任を行います。  委員会条例第7条第1項の規定により、議長より指名いたします。  各常任委員会委員及び議会運営委員会委員は、お手元に配付したとおりそれぞれ指名いたします。 ----------------------------------- △各常任委員会委員及び議会運営委員会委員正副委員長の互選 ○森伸一議長 ただいま選任いたしました各常任委員会委員及び議会運営委員会委員の方々によって委員会を開き、正副委員長の互選をお願いいたします。  その間、暫時休憩いたします。 △休憩 午後3時15分 △再開 午後3時38分 ○森伸一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。  休憩中に互選していただきました各常任委員会及び議会運営委員会における正副委員長の互選の結果を報告いたします。  総務文教常任委員会委員長、宇田川幸夫議員、副委員長、小倉順子議員。  建設水道常任委員会委員長、中嶋善文議員、副委員長、岡部一正議員。
     福祉環境常任委員会委員長、森下純三議員、副委員長、大山安司議員。  議会運営委員会委員長、吉田準一議員、副委員長、武之内清久議員。  以上のとおりであります。  以上で、常任委員会委員及び議会運営委員会委員の選任を終了いたします。  暫時休憩いたします。 △休憩 午後3時39分 △再開 午後3時39分 ○森伸一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。 ----------------------------------- △日程の追加 ○森伸一議長 お諮りいたします。  この際、閉会中の継続審査の件を本日の日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 異議なしと認めます。  よって、閉会中の継続審査の件を本日の日程に追加し、直ちに議題にすることに決しました。 ----------------------------------- △閉会中の継続審査の件 ○森伸一議長 閉会中の継続審査の件を議題といたします。  閉会中の継続審査の件については、本会議の会期日程等議会の運営に関する事項及び議長の諮問に関する事項について、お手元に配付してありますとおり、閉会中の継続審査事項として議会運営委員会に付託したいと思いますが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 異議なしと認めます。  よって、閉会中の継続審査として、議会運営委員会に付託することに決しました。 ----------------------------------- △日程の追加 ○森伸一議長 お諮りいたします。  この際、議員派遣の件を本日の日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 異議なしと認めます。  よって、議員派遣の件を本日の日程に追加し、直ちに議題にすることに決しました。 ----------------------------------- △議員派遣の件 ○森伸一議長 議員派遣の件を議題といたします。  議員派遣の件につきましては、全国都市問題会議及び東南部正副議長会議員研修会へ参加するものであり、お手元に配付してありますとおり派遣することにご異議ございませんか。      〔「異議なし」と言う人あり〕 ○森伸一議長 異議なしと認めます。  よって、会議規則第160条の規定により、議員を派遣することに決しました。  以上で、本日の日程は全部終了いたしました。 ----------------------------------- △市長あいさつ ○森伸一議長 ここで、市長から発言を求められておりますので、市長の発言を許可いたします。  市長。      〔多田重美市長 登壇〕 ◎多田重美市長 平成23年第3回市議会定例会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。  去る9月1日から本日まで21日間にわたり開かれました本定例会におきまして、私からご提案申し上げました平成22年度八潮市一般会計歳入歳出決算の認定についての議案を含む31議案につきまして、いずれも原案のとおりご承認をいただきましたことに、心から感謝申し上げます。  ご承認いただきました案件につきまして、遺漏のないように執行してまいりますとともに、今議会で承りました貴重なご意見、ご要望につきましては、今後の市政運営に十分反映させてまいりたいと考えております。  また、特に放射能の除染対策には積極的に対応してまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと思います。  結びに、議員の皆様方におかれましては健康に十分ご留意いただき、今後とも市政進展のため、より一層のお力添いを賜りますよう心からお願い申し上げ、お礼のごあいさつとさせていただきます。  ありがとうございました。 ----------------------------------- △閉会の宣告 ○森伸一議長 以上で、平成23年第3回八潮市議会定例会を閉会いたします。  皆さん、ご協力ありがとうございました。  大変ご苦労さまでした。 △閉会 午後3時42分  地方自治法第123条の規定により署名する。   平成  年  月  日          議長      森 伸一          前議長     瀬戸知英子          前副議長    森 伸一          署名議員    矢澤江美子          署名議員    柳澤功一...