八潮市議会 > 2008-06-10 >
平成20年  6月 定例会(第2回)-06月10日−02号

ツイート シェア
  1. 八潮市議会 2008-06-10
    平成20年  6月 定例会(第2回)-06月10日−02号


    取得元: 八潮市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-15
    平成20年  6月 定例会(第2回) − 06月10日−02号 平成20年  6月 定例会(第2回)           平成20年第2回八潮市議会定例会 第9日 議事日程(第2号)                  平成20年6月10日(火曜日)午前10時開議  日程第1 諸報告  日程第2 議案に対する質疑        議案第44号 平成20年度八潮市一般会計補正予算(第2号)        議案第45号 八潮市監査委員に関する条例の一部を改正する条例について        議案第46号 埼玉県市町村総合事務組合の規約変更について        議案第47号 八潮市固定資産評価員の選任について  日程第3 議案に対する委員会付託        議案第44号 平成20年度八潮市一般会計補正予算(第2号)        議案第45号 八潮市監査委員に関する条例の一部を改正する条例について        議案第46号 埼玉県市町村総合事務組合の規約変更について        議案第47号 八潮市固定資産評価員の選任について 本日の会議に付した事件  議事日程のとおり  出席議員(24名)     1番   朝田和宏議員    2番   矢澤江美子議員
        3番   大久保龍雄議員   4番   吉田準一議員     5番   大山安司議員    6番   瀬戸知英子議員     7番   宇田川幸夫議員   8番   服部清二議員     9番   池谷和代議員   10番   郡司伶子議員    11番   戸川須美子議員  12番   小倉順子議員    13番   森 伸一議員   14番   織田 一議員    15番   荻野清晴議員   16番   柳澤功一議員    17番   豊田吉雄議員   18番   鹿野泰司議員    19番   森下純三議員   20番   武之内清久議員    21番   広沢 昇議員   22番   近藤晶作議員    23番   初山繁雄議員   24番   渋谷敏男議員  欠席議員(なし)  説明のための出席者    多田重美   市長        小澤政人   副市長    石黒 貢   教育長       斎藤順一   政策監    羽場徳雄   企画部長      大導寺正美  総務部長    小澤義美   ふれあい福祉部長  宗形雅二   環境経済部長           環境経済部理事    田中義夫             中嶋正昭   建設部長           (危機管理担当)    藤嶺公輝   都市開発部長    千代田美恵子 会計管理者                            監査委員事務局長    峯岸恒彰   水道部長      前原光二                            兼公平委員会    石井昭一郎  教育総務部長    甲田正樹   学校教育部長    廣瀬不二雄  消防長  事務局職員出席者    植原正道   事務局長      堀込 正   議事調査課長    藤波 勲   調査係長      鈴木 浩   議事係長    五十嵐陽子  調査係主任     小倉紀子   議事係主事 △開議 午前10時00分 △開議の宣告 ○吉田準一議長 皆さん、おはようございます。  ただいまの出席議員数は24名で定足数に達しております。  よって、平成20年第2回八潮市議会定例会第9日目は成立いたしました。  直ちに本日の会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議事日程の報告 ○吉田準一議長 本日の日程について申し上げます。  本日の日程は、お手元に配付してあります。その順により議事を進めますので、ご協力をお願い申し上げます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △諸報告 ○吉田準一議長 日程第1、諸報告であります。  「市道路線の整備に関する陳情書」が八潮市大字木曽根1244−3、原田宰臣氏から提出されております。その写しをお手元に配付してありますので、ご了承願います。  以上で諸報告を終わります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案に対する質疑 ○吉田準一議長 日程第2、議案に対する質疑であります。  議案第44号 平成20年度八潮市一般会計補正予算(第2号)、本議案につきまして、1番、朝田和宏議員より質疑の通告を受けております。  朝田和宏議員の発言を許可します。  1番。      〔1番 朝田和宏議員 登壇〕 ◆1番(朝田和宏議員) おはようございます。  議長から発言の許可がございましたので、議案第44号 平成20年度八潮市一般会計補正予算に対し、質疑させていただきます。  質疑に入る前に、文言の訂正をお願いいたします。  2の食育の観点からもという文章の中で、「意疑」の「疑」が私の勘違いで違っております。「義理」の「義」に訂正をお願いいたします。  5ページ、款10、項1、目5、節13、04教育研究委嘱事業、13委託料、豊かな体験活動推進事業委託料。1、八幡中が実施している事業が指定され委嘱されましたが、今回実施を予定している事業のノウハウを、今後どのように活用していくのか。2、食育の観点からも、大変意義のある事業だと考えますが、教育委員会として他の学校で実施する考えについてお尋ねいたします。 ○吉田準一議長 朝田和宏議員の質疑に対する答弁を、学校教育部長。 ◎甲田正樹学校教育部長 おはようございます。  質疑で、質疑要旨1についてお答えいたします。  八幡中学校では、毎年第2学年の自然教室を新潟県で、農家経営の民宿に宿泊し、田植えを中心とした農作業体験を実施しております。今回、文部科学省、農林水産省、総務省によりその成果を認められ、豊かな体験活動推進事業の単年度による委託を受けました。  そこで、体験活動の計画、実施したことをまとめる方法や、実施するノウハウ等を初め、具体的な取り組みの映像や写真など、報告書を作成する予定でございます。今後、充実した体験活動を実施するためのノウハウを含め、八幡中学校の記録や報告書を有効に活用しながら、八潮市内の小中学校に体験活動を広めていきたいと考えております。  質疑要旨2についてお答えいたします。  朝田議員のお考えのとおり、食育の観点からも大変意義のあるものでございます。八幡中学校では、新潟県の農家の方々と交流をしながら、つくる、食するを体験いたします。そして、収穫したお米を活用し、親子で食育を学ぶ活動を実施する予定でございます。  なお、単年度の委託事業であることから、今回のように他の学校で実施していくことはできません。しかし、八幡中学校の取り組みや実施したノウハウを他の学校にも紹介していき、より充実した体験活動を実施することができるよう、積極的に働きかけてまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。  以上でございます。 ○吉田準一議長 1番。 ◆1番(朝田和宏議員) 1点、再質疑させていただきます。  今のご答弁の中でも話がありましたように、単年度、今回委嘱を受けて予算もついたわけなので、来年度はまたこれは、この事業に関しては白紙というふうなことで認識をしているわけなんですが、現在も行った生徒たちが、私が聞いているところによりますと、感想文とかを向こうに送って交流を続けているというふうに認識をしているんですが、ぜひ、来年度も、もちろん、こういう大きな予算をとるというのはなかなか難しいと思うんですが、私は事業をしていく中でこれが到達点でなくて通過点で、これを、やはりノウハウを活用して、今後ほかの学校も含めて八潮の一つのこういった目玉、食育の観点からも早い段階から食物の大切さというものを、私は教えていく必要があるのかなと思いますので、来年度、もちろんこれは予算が伴うことですので、本来ならば市長部局に聞きたいところなんですが、これは質疑ですので、教育委員会として来年度どのようにこれを展開していくのか、お考えをもう一度、あればお聞きいたします。 ○吉田準一議長 朝田和宏議員の再質疑に対する答弁を、学校教育部長。 ◎甲田正樹学校教育部長 来年度、教育委員会としてどのようにこの体験活動について展開していくのかということについて、お答えしたいと思います。  ご答弁で申し上げましたとおり、単年度の委託事業でありますことから、今回のようにさまざまな体験活動を体験していくことはできません。しかしながら、今回の推進校としての取り組みの調査や研究結果を広げることができると思います。  例えば、教材開発として体験活動の計画から実践、そしてまとめ方という一連の流れのノウハウや具体的な取り組みの映像、写真、こういう報告書をまとめることができると思います。特に八幡中学校のこの活動の特色でございますけれども、非常に工夫された活動でございます。7つの体験がございます。具体的に申し上げますと、本来学校でこのような活動を行う場合は全校1館というんでしょうか、1つの宿泊先に学年全体が泊まるということが多いんですけれども、今回ですと、農家の民宿に少人数ごと分宿するような形をとっております。そういう中で郷土料理の体験、田植え体験、食体験、工芸体験、ぬか釜体験、このぬか釜体験といいますのは、ぬかでお米を炊くんですね、釜の中にぬかを入れて。そうしますとお米が立つというのでしょうか、おいしいお米ができて、カレーライスをつくってそのご飯を食べるというような、そういう体験もございました。あと、農作業体験、もちつき体験など7つの活動が予定されております。  こういう体験のほかにも当然、生徒の相互の心の琴線に触れるような、生徒相互同士というんでしょうか、また教員と生徒のこういう心の触れ合いも当然ございますので、非常に有意義な体験がございます。そういうものをプロのカメラマンに来ていただきまして、映像にしてDVDにまとめる、また報告書としてまとめるという、こういう方法をこの委嘱ではやっていきたいと思っております。実践校である八幡小学校や市内各小学校の今後の体験活動に十分に生かすことができると思います。  したがいまして、今回の八幡中学校の活動のまとめたものを各学校に配付をいたしまして、その中から自校で生かせるようなものを探っていくという、こういうことで教育委員会としては広めていきたいと考えております。  以上でございます。 ○吉田準一議長 以上で、朝田和宏議員の質疑並びに質疑に対する答弁を終わります。  次に、議案第45号から議案第47号につきましては、質疑の通告はありません。  以上で、議案に対する質疑を終了いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案に対する委員会付託 ○吉田準一議長 日程第3、議案に対する委員会付託であります。  議案第44号から議案第46号までにつきましては、お手元に配付してあります議案付託表のとおり所管の常任委員会へ付託いたします。休会中の審査をお願いいたします。  議案第47号につきましては、人事案件でありますので委員会付託を省略いたします。  以上で、議案に対する委員会付託を終了いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △散会の宣告 ○吉田準一議長 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。  本日はこれにて散会いたします。  ご苦労さまでした。 △散会 午前10時11分...