草加市議会 > 1996-04-08 >
平成 8年  4月 臨時会(第1回)-04月08日-01号
平成 8年  4月 臨時会(第1回)−04月08日-目次

ツイート シェア
  1. 草加市議会 1996-04-08
    平成 8年  4月 臨時会(第1回)-04月08日-01号


    取得元: 草加市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-02-26
    平成 8年  4月 臨時会(第1回)-04月08日-01号平成 8年  4月 臨時会(第1回)                              草加市告示第104号 平成8年草加市議会第1回臨時会を次のとおり招集する。   平成8年4月1日                               草加市長 小澤 博  1 期日    平成8年4月8日  2 場所    草加市議会議場  3 付議事件   1 平成8年度草加都市計画新田西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)   2 草加市条例の一部を改正する条例の制定について   3 草加市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について   4 損害賠償の額を定めることについて                              草加市告示第112号 平成8年4月8日招集の草加市議会第1回臨時会に付議する事件を次のとおり追加する。   平成8年4月5日                               草加市長 小澤 博  教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて ◇応招議員 35名   1番  吉沢哲夫議員   19番  浅井康雄議員
      2番  佐藤敬三議員   20番  内田佳伯議員   3番  大野ミヨ子議員  21番  内藤光隆議員   4番  杉江登志雄議員  22番  大竹伸治議員   5番  大久保和敏議員  23番  小林敬悟議員   6番  有賀正義議員   24番  中山 康議員   7番  石村次郎議員   25番  喜多民人議員   8番  加藤修三議員   26番  新井貞夫議員   9番  木下博信議員   27番  京極利美議員  10番  斉藤幸子議員   28番  袖山みゑ議員  11番  瀬戸健一郎議員  29番  伊藤邦彦議員  12番  佐藤 勇議員   30番  牛嶋 實議員  13番  種子島久代議員  31番  吉田 滋議員  14番  田中與志子議員  33番  島崎幹也議員  15番  桜井 敏議員   34番  浅井満夫議員  16番  網代富雄議員   35番  岡田惠有議員  17番  黒川りつ子議員  36番  高梨久雄議員  18番  宇野 博議員 ◇不応招議員  1名  32番  長堀哲雄議員             平成8年草加市議会第1回臨時会                  議事日程                           平成8年4月8日(月曜日)                           午前10時  開会  1 開会  2 開議  3 新任者の紹介  4 新任者あいさつ  5 市長あいさつ  6 会議録署名議員の指名  7 会期の決定  8 諸報告   (1) 地方自治法第121条の規定による説明員の報告  9 市長提出議案の報告及び上程 10 市長提出議案の説明 11 市長提出議案に対する質疑 12 委員会付託省略 13 討論 14 採決 15 市長あいさつ 16 閉会 本日の会議に付した事件  議事日程に同じ 午前10時19分開会 ◇出席議員 35名   1番  吉沢哲夫議員   19番  浅井康雄議員   2番  佐藤敬三議員   20番  内田佳伯議員   3番  大野ミヨ子議員  21番  内藤光隆議員   4番  杉江登志雄議員  22番  大竹伸治議員   5番  大久保和敏議員  23番  小林敬悟議員   6番  有賀正義議員   24番  中山 康議員   7番  石村次郎議員   25番  喜多民人議員   8番  加藤修三議員   26番  新井貞夫議員   9番  木下博信議員   27番  京極利美議員  10番  斉藤幸子議員   28番  袖山みゑ議員  11番  瀬戸健一郎議員  29番  伊藤邦彦議員  12番  佐藤 勇議員   30番  牛嶋 實議員  13番  種子島久代議員  31番  吉田 滋議員  14番  田中與志子議員  33番  島崎幹也議員  15番  桜井 敏議員   34番  浅井満夫議員  16番  網代富雄議員   35番  岡田惠有議員  17番  黒川りつ子議員  36番  高梨久雄議員  18番  宇野 博議員 ◇欠席議員 1名  32番  長堀哲雄議員 ◇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者   小澤市長         青木市民生活部長   山下助役         津留都市開発部長   藤城収入役        冨岡建設部長   常田教育長        八木下水道部長   大草企画財政部長     田中消防長   森田総務部長       大山市立病院事務局長   秋元福祉部長 ◇本会議に出席した事務局職員   岩田事務局長       樋口調査係長   田中事務局次長      押田書記   三浦主幹兼庶務係長    水越書記   会田主幹(調査担当)   金子書記   井上議事係長 午前10時19分開会 △開会の宣告 ○喜多 議長  ただいまから平成8年草加市議会第1回臨時会を開会いたします。           ------------------- △開議の宣告 ○喜多 議長  直ちに本日の会議を開きます。           ------------------- △新任者の紹介 ○喜多 議長  新任者の紹介を行います。  4月1日付で異動及び昇格されました職員の職氏名につきましては、お手元に名簿を配布しておきましたので、ご了承願います。           ------------------- △新任者あいさつ ○喜多 議長  異動及び昇格されました次長及び課長から、あいさつのため発言を求められておりますので、これを許します。  池田企画財政部次長。   〔池田企画財政部次長登壇〕 ◎池田 企画財政部次長  このたびの人事異動によりまして、企画財政部次長、兼ねてコミュニティ室長を命じられました池田滋でございます。精いっぱい頑張ってまいりたいと思います。  よろしくお願いいたします。 ○喜多 議長  田中総務部次長。   〔田中総務部次長登壇〕 ◎田中 総務部次長  このたびの人事異動によりまして、総務部次長、兼ねて庶務課長を命ぜられました田中でございます。  よろしくお願いいたします。 ○喜多 議長  熊谷福祉部参事
      〔熊谷福祉部参事登壇〕 ◎熊谷 福祉部参事  このたびの人事異動によりまして、福祉部参事、福祉課長を拝命いたしました熊谷日出男でございます。  どうぞよろしくご指導のほどをお願いいたします。 ○喜多 議長  吉澤建設参事。   〔吉澤建設参事登壇〕 ◎吉澤 建設参事  このたびの人事異動に伴いまして、建設参事、道路課長を拝命いたしました吉澤正博でございます。  頑張ってまいります。どうぞよろしくご指導いただきたいと思います。 ○喜多 議長  志田市立病院副院長。   〔志田市立病院副院長登壇〕 ◎志田 市立病院副院長  4月1日付けをもって市立病院副院長を拝命しました志田多果夫です。  地域医療の発展のため今後とも尽力いたしますので、よろしくご指導、ご鞭撻をお願いいたします。 ○喜多 議長  藤浪市立病院事務局次長。   〔藤浪市立病院事務局次長登壇〕 ◎藤浪 市立病院事務局次長  このたび人事異動で市立病院事務局次長、兼ねて庶務課長を拝命いたしました藤浪誠でございます。  一生懸命頑張ります。ご指導、ご鞭撻のほどをよろしくお願いいたします。 ○喜多 議長  速水教育次長。   〔速水教育次長登壇〕 ◎速水 教育次長  このたび教育次長を拝命いたしました速水孝悦でございます。  どうぞよろしくご指導、ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。 ○喜多 議長  渋谷教育次長。   〔渋谷教育次長登壇〕 ◎渋谷 教育次長  このたびの人事異動によりまして、教育次長、兼ねて総務課長を拝命いたしました渋谷俊之でございます。  精いっぱい努力いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。 ○喜多 議長  藤掛水道部参事。   〔藤掛水道部参事登壇〕 ◎藤掛 水道部参事  このたび水道部参事、庶務課長を拝命いたしました藤掛邦雄でございます。  どうぞご指導のほどをよろしくお願い申し上げます。 ○喜多 議長  山中総務部参事。   〔山中総務部参事登壇〕 ◎山中 総務部参事  このたびの人事異動で総務部参事を命ぜられました山中啓司です。  また、チリ国へ海外派遣ということで、チリ国へ行きますので、皆様、よろしくお願いいたします。 ○喜多 議長  中越総務部参事。   〔中越総務部参事登壇〕 ◎中越 総務部参事  このたびの人事異動によりまして、総務部参事埼玉県草加文化会館に出向を命ぜられました中越でございます。  よろしくご指導をお願いいたします。 ○喜多 議長  金井車両課長。   〔金井車両課長登壇〕 ◎金井 車両課長  このたびの人事異動によりまして、総務部車両課長を命ぜられました金井捷昭です。  ご指導のほどよろしくお願いいたします。 ○喜多 議長  田中長寿・障害課長。   〔田中長寿・障害課長登壇〕 ◎田中 長寿・障害課長  このたびの人事異動によりまして、長寿・障害課長を拝命いたしました田中章夫でございます。  よろしくご指導をお願いいたします。 ○喜多 議長  熊埜御堂児童課長。   〔熊埜御堂児童課長登壇〕 ◎熊埜御堂 児童課長  このたびの人事異動で福祉部児童課長を拝命いたしました熊埜御堂轍治でございます。  よろしくお願いいたします。 ○喜多 議長  鶴岡保険年金課長。   〔鶴岡保険年金課長登壇〕 ◎鶴岡 保険年金課長  4月1日付けをもちまして保険年金課長を拝命いたしました鶴岡弘でございます。  今後ともよろしくご指導、ご鞭撻のほどをお願い申し上げます。 ○喜多 議長  加藤健康対策課長。   〔加藤健康対策課長登壇〕 ◎加藤 健康対策課長  このたびの人事異動によりまして、健康対策課長、兼ねて草加市保健センター所長を拝命いたしました加藤詔夫でございます。  どうかよろしくご指導のほどをお願いいたします。 ○喜多 議長  野島ごみ対策課長。   〔野島ごみ対策課長登壇〕 ◎野島 ごみ対策課長  4月1日付けをもちましてごみ対策課長を拝命いたしました野島でございます。  一生懸命頑張ってまいりたいと思いますので、ご指導、ご鞭撻のほどをよろしくお願いいたします。 ○喜多 議長  中尾環境課長。   〔中尾環境課長登壇〕 ◎中尾 環境課長  このたびの人事異動によりまして、環境課長を拝命いたしました中尾正雄でございます。  どうぞよろしくご指導のほどをお願いいたします。 ○喜多 議長  菅原建築指導課長。   〔菅原建築指導課長登壇〕 ◎菅原 建築指導課長  このたびの人事異動によりまして、建築指導課長を拝命いたしました菅原春雄です。  どうぞよろしくお願いいたします。 ○喜多 議長  上村計画課長。   〔上村計画課長登壇〕 ◎上村 計画課長  このたび建設部計画課長を命ぜられました上村修です。  よろしくお願いいたします。 ○喜多 議長  永瀬薬局長。   〔永瀬薬局長登壇〕 ◎永瀬 薬局長  このたび市立病院薬局長を拝命いたしました永瀬治子です。  どうぞよろしくお願いいたします。 ○喜多 議長  岡野学務課長。   〔岡野学務課長登壇〕 ◎岡野 学務課長  このたび学務課長を拝命いたしました岡野栄二でございます。  どうぞご指導、ご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。 ○喜多 議長  三原体育課長。   〔三原体育課長登壇〕 ◎三原 体育課長  このたび体育課長、兼スポーツ健康都市記念体育館長を命ぜられました三原と申します。  どうぞよろしくお願いいたします。 ○喜多 議長  内田監査委員事務局長。   〔内田監査委員事務局長登壇〕 ◎内田 監査委員事務局長  このたび監査委員事務局長を拝命いたしました内田でございます。  一生懸命頑張りますので、皆様のご指導をよろしくお願いいたします。 ○喜多 議長  以上で新任者の紹介を終了いたします。           ------------------- △市長あいさつ ○喜多 議長  次に、市長からあいさつのため発言を求められておりますので、これを許します。  小澤市長。   〔小澤市長登壇〕 ◎小澤 市長  皆さん、おはようございます。  本日、平成8年草加市議会第1回臨時会を招集させていただきましたところ、議員の皆様には、公私とも極めてご多用の折にもかかわりませずご参集を賜りまして誠にありがとうございます。  さて、本日の臨時会でご審議をお願いいたしますのは、平成8年度草加都市計画新田西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)をはじめとする議案5件についてでございます。  いずれも重要かつ急施を要するものでございますので、何とぞ速やかなるご審議を賜りますようよろしくお願い申し上げます。  また、去る3月31日付けをもって退職されました職員の方々につきましては、本市行政運営の各分野におきまして、ご貢献をいただきました。  いずれの方々も、その功績は誠に大なるものがございます。  どうか、今後とも草加市政の向上・進展に、なお一層のご協力とご支援をいただきますようお願い申し上げますとともに、ますますのご健勝とご活躍を心からご祈念申し上げまして、お礼の言葉に代えさせていただく次第でございます。
     どうもありがとうございました。  また、先程、4月1日付けの人事異動に伴い、ごあいさつを申し上げました各新任者につきましては、議員の皆様方の温かいご指導を賜りますよう心からお願い申し上げまして、臨時会開会のあいさつとさせていただきます。  どうぞよろしくお願い申し上げます。           ------------------- △会議録署名議員の指名 ○喜多 議長  次に、会議録署名議員を会議規則第81条の規定により指名いたします。   2番 佐藤敬三議員   7番 石村次郎議員  18番 宇野 博議員  30番 牛嶋 實議員  以上、4名を指名いたします。           ------------------- △会期の決定 ○喜多 議長  次に、会期の決定を議題といたします。  お諮りいたします。  本臨時会会期は、本日1日間といたしたいと思います。  これにご異議ございませんか。   〔「異議なし」と言う人あり〕 ○喜多 議長  ご異議なしと認めます。  よって、本臨時会会期は本日1日間と決定いたしました。           ------------------- △諸報告 ○喜多 議長  次に、諸報告を行います。 △地方自治法第 121条の規定による説明員の報告 ○喜多 議長  本臨時会に説明員として出席通知のありました人の職氏名を一覧表としてお手元に配布しておきましたので、ご了承願います。           ------------------- △市長提出議案の報告及び上程 ○喜多 議長  次に、市長から議案の提出がありましたので、ご報告いたします。  付議議案を議会事務局次長をして朗読いたさせます。  議会事務局次長、朗読願います。   〔議会事務局次長朗読〕 草発第2044号 平成8年4月1日  草加市議会議長 喜多民人様         草加市長 小澤 博    平成8年草加市議会第1回臨時会に提出する議案について  平成8年4月8日招集の草加市議会第1回臨時会に次の議案を提出します。 第32号議案 平成8年度草加都市計画新田西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号) 第33号議案 草加市条例の一部を改正する条例の制定について 第34号議案 草加市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について 第35号議案 損害賠償の額を定めることについて  草発第2146号  平成8年4月5日  草加市議会議長 喜多民人様         草加市長 小澤 博    平成8年草加市議会第1回臨時会に提出する議案について  平成8年4月8日招集の草加市議会第1回臨時会に次の議案を提出します。 第36号議案 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて ○喜多 議長  ただいま報告いたしました議案は、既にお手元に配布しておきましたので、ご了承願います。  第32号議案から第36号議案を一括議題といたします。           ------------------- △市長提出議案の説明 ○喜多 議長  市長から提案理由の説明を求めます。  小澤市長。   〔小澤市長登壇〕 ◎小澤 市長  ただいま提出いたしました議案5件について、その概要並びに提案理由のご説明を申し上げます。  まず、第32号議案 平成8年度草加都市計画新田西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、第35号議案の損害賠償の額を定めることについてに係る議案に関連するものでございますので、併せてご説明申し上げます。  この2議案は、平成7年12月14日の午後6時45分ごろ、川口市大字安行吉蔵4番地8の東山悦子氏運転の普通自動車が、新田西部土地区画整理事業区域内の区画街路6の65号線を新栄中学校方向から南西に進行し、伝右川沿いの市道10080号線に出ようとして左折した際、草加市栄町 278番地先の市が管理する水路に設置されていた防護柵が移動されていたため、同水路に転落し、同氏は額を切傷するとともに、所有車両のフロントガラス、エンジンルーム等を損傷した事故に対し、同氏からなされた損害賠償請求について、施設の管理者としての責任の一部を認め、損害賠償金額について、同氏と話し合いを重ねた結果、18万7,690円の賠償を行う必要を認めましたので、地方自治法第96条第1項第13号の規定に基づき、議会の議決をお願いするものでございます。  なお、損害賠償金額の算出に当たりましては、通院慰謝料8,200円、車両に係る修理費等61万7,435円の計62万5,635円を事故損失額と算定するとともに、裁判例などを参酌する中、事故現場直前の道路上には、一時停止の標示や標識、道路照明灯などが設置され、安全の確保が図られていたものの、水路への転落防止用の柵が移動されていたという市の管理上の過失を認め、また運転者側については、交差点での安全通行の確認義務の過失を認め、その過失割合を市が3割、運転者側が7割として、双方合意に達したものでございます。  次に、第33号議案 草加市条例の一部を改正する条例の制定について申し上げます。  この議案は、地方税法等の一部が改正されたことに伴い、住民負担の軽減及び合理化等を図るため、平成8年度分の個人市民税について定率による特別減税を実施するとともに、長期譲渡所得に係る個人市民税の税率の見直し及び個人市民税均等割の税率の見直し等を行い、併せて宅地等に係る平成8年度分の固定資産税及び都市計画税について課税標準の特例措置を講ずるとともに、条文の所要の整備を行うものでございます。  改正の主な内容でございますが、まず個人市民税につきましては、現在の社会経済情勢にかんがみ、住民負担の軽減及び合理化等を図るため、平成8年度におきましては、平成7年度に引き続き定率による特別減税を行うもので、その額につきましては、平成7年度と同様、当該年度分の個人住民税の所得割の15%相当額、この額が2万円を超える場合は2万円を、特別減税の額として所得割額から控除するものでございます。  また、土地税制を巡る状況変化に対応するという観点から、個人土地等の譲渡に係る長期譲渡所得の課税について、特別控除後の譲渡益4,000万円以下の部分に係る税率については、現行「 5.5%」から「4%」に改めるとともに、4,000万円を超える部分の税率については、現行「6%」とあるのを、新たに「4,000万円を超え8,000万円以下の部分」と「8,000万円を超える部分」を設け、それぞれ「 5.5%」と「6%」の税率により課税することとし、平成8年1月1日以後に行う土地等の譲渡について適用することとするものでございます。  また、これに併せて土地の切り売り防止措置としての税額計算の特例については、廃止することとするものでございます。  さらに、優良住宅地の造成等のために、土地等を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例の課税方法について、現行一律「 3.4%」の税率を特別控除後の譲渡益4,000万円以下の部分については「 3.4%」、4,000万円を超える部分については「4%」の税率により課税することとし、平成9年1月1日以後に行う土地等の譲渡について適用することとするもので、その適用期間平成14年度まで延長することとするものでございます。  また、昭和60年度の改正以来、据え置かれている個人市民税均等割について、定額課税の見直しという観点から、その税率を「2,000円」から「2,500円」に改定することとし、平成8年度分の個人市民税から適用することとするものでございます。  次に、固定資産税及び都市計画税については、地価の下落傾向にかんがみ平成7年度に引き続き、負担の調整を行うため、宅地等及び市街化区域農地に係る平成8年度分の固定資産税及び都市計画税の課税標準の特例措置を講ずることとし、その負担調整率を負担調整率表の上昇率の区分に応じ、「1.05」を「 1.025」に、「 1.075」を「1.05」に、「 1.1」を「 1.075」に、「1.15」を「1.1」に、「1.2」を「1.15」に、「1.25」を「1.2」にそれぞれ改めるとともに、農地に係る負担調整率の上限を「 1.2」から「1.15」に改めることとするものでございます。  これによる税額の具体的な例として申し上げますと、150㎡程度の住宅用地では、固定資産税都市計画税を合わせまして、今回の法改正前では3万7,200円と試算されるものが、法改正後の試算では3万6,300円と、900円程度の減額となるものでございます。  同様に、300㎡程度の非住宅用地では、改正前では23万4,600円と試算されるものが、改正後の試算では22万9,100円と、5,500円程度の減額となるものでございます。  次に、第34号議案 草加市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について申し上げます。  この議案は、地方税法施行令の一部が改正されたことに伴い、低所得者に対する負担の軽減を図るため、国民健康保険税の4割軽減を行う場合における納税義務者以外の被保険者1人につき加算する軽減の基準額を「23万5,000円」から「24万円」に引き上げるものでございます。  次に、第36号議案 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて申し上げます。  この議案は、教育委員会委員神白高子氏の任期が、平成8年5月31日で満了となりますので、引き続き同氏を教育委員会委員に任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会同意をお願いするものでございます。  なお、同氏の経歴等につきましては、議案に添付してございます参考資料のとおりでございますので、ご了承をいただきたいと存じます。  以上、議案5件につきまして、その概要並びに提案理由のご説明を申し上げましたが、いずれも重要かつ急施を要するものでございますので、議員の皆様の格別なご理解をいただき、速やかに原案どおり議決・ご承認を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。  どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○喜多 議長  以上で提案理由の説明を終了いたします。           ------------------- △休憩の宣告 ○喜多 議長  暫時休憩いたします。 午前10時40分休憩 午前10時58分開議 △開議の宣告 ○喜多 議長  休憩前に引き続き会議を開きます。           ------------------- △市長提出議案に対する質疑 ○喜多 議長  市長提出議案に対する質疑を行います。  発言通告により、発言を許します。  16番、網代議員。   〔16番 網代議員登壇〕 ◆16番(網代議員) 市長提出議案に対する質疑を行いたいと思います。  発言通告は第33号議案だけでございます。草加市条例の一部を改正する議案について、何点か質疑を進めてまいりたいというふうに思います。  議案に対する態度表明についてでありますけれども、少なくとも市民代表する私どもは、やはり市民の立場に立って内容を十分に知ることなしには、正しい判断や市民の求める判断を下すということは困難であると考えているところであります。  この種の議案には、減税の部分、さらには増税になる部分、こういう複雑に含まれているという、こういう点で質疑で明らかにしていくことが大変重要なことではないか、このように考えているところであります。  特に、市税条例の改正は、私ども手元に配布されている議案だけでは到底内容を十分に理解できるような議案の内容になっていないということが特徴の一つであろうかというふうに思います。  しかも、今回のこの税法の経過を考えてみたときに、3月末の国会で可決されたものの、これが自動的に市税条例の改正がそれぞれの自治体で、今、議案あるいは専決などで進められているというのが実態ではないかというふうに思っているところであります。  私は、この際内容を理解する上で、以下4~5点にわたって重要な点を、特に簡潔に質疑を進めてまいりたい、このように思いますので、答弁の方もよろしくお願いをしておきたいというふうに思います。  まず最初に、議案の新旧対照で質疑を進めてまいりたいというふうに思いますので、その点よろしくお願いしたいと思います。  第31条であります。均等割の税率改正が提案されているわけであります。年額2,000円であったものが、今回の改定案は2,500円に25%、500円の値上げが提案されているわけであります。  このことは、3月の新年度予算審議の中で一定のことは承知しておりますけれども、この後質疑をすることとも関連してまいりますので、改めてお伺いをしておきたいと思うわけであります。
     そのポイントは2点ございます。  1点は、納税義務者数が幾らに見ているのかということと同時に、値上げ相当額の合計額が幾らになるのかということについてお示しを願いたいと思います。  第2点目でありますけれども、附則第5条の2になります。個人市民税の所得割の特別減税措置が前年同様に平成8年度限りと規定されつつ減税措置がとられる改定の内容であります。この特別減税の総額が幾らに相当するのか、その金額をお示し願いたいということが第2点目であります。  第3点目でありますけれども、低額所得者が今回の条例改定で所得割、先ほども説明にありましたように、15%程度減税になっても、プラスマイナス増税になる市民も一定数生じることが調査の中で明らかになっております。今回、ご案内のとおり、市民税だけではなくて県民税の均等割も 300円アップされております。  したがいまして、合わせて 800円増税になることで、所得割減税があったとしても、実質的には増税になる者の状況、そしてその内訳、これを明らかにしていただきたいというふうに思います。  そのことでは、細かくなりますけれども、例えば、課税標準額ゼロの人、あるいは10万円以下の人の対象の方がどれほどいるのか、そういうことに触れて、具体的にお示し願いたいというふうに思うところであります。  第4点目でありますけれども、宅地等に対して課せる平成6年度から平成8年度までの各年度の固定資産税の特例として第15条第3項に規定されているわけであります。  これは、平成8年度分の固定資産税に限りとしてそれぞれ負担調整率の見直しが行われるものであります。それは、細かく提案されているわけであります。したがいまして、固定資産税の改定前と今回の調整率を改定した後の影響額、それが幾らになるのか明らかにしていただきたい。  同時に、2点目といたしまして伺いたいことは、前年度の課税標準額を据え置きにしたとき、平成8年度、今回の調整率を適用した場合の増収相当部分、増収相当額、この額は幾らになるのかということについて明らかにしていただきたいと思います。  今回の調整率の見直しは、提案理由でも説明があったように、地価の下落による調整率の見直しでありますから、前年度に据え置きしても市民の立場で、納税義務者の立場で考えたときに、その重税感が解消されない経済情勢にあるということ、これは否めない事実であると思います。この点について、ぜひとも明らかにしていただきたい、このように思います。  以上、4点でありますけれども、具体的には5~6点になろうかと思いますが、ご答弁のほどをよろしくお願いを申し上げます。  以上でございます。 ○喜多 議長  森田総務部長。   〔森田総務部長登壇〕 ◎森田 総務部長  網代議員さんから、第33号議案につきましてのご質疑をいただきましたので、それぞれお答え申し上げます。  まず、市民税に係わる点でございますが、均等割の状況でございますが、個人市民税均等割の税率につきましては、昭和60年度の改正以来11年間据え置いていたもので、今回税額課税の見直しの観点から、前回の改正以降の所得等の推移や、地域社会の費用の一部を等しく負担するという均等割の性格を考慮して、相応の負担水準となるよう引き上げるものでございまして、この改正による影響額は均等割を納める者が8万9,200人を見込みまして、4,460万円の増額と積算をいたしております。  次に、特別減税につきましては、当面の景気に特に配慮する観点から、平成7年度と同様な減額措置を講ずるものでございまして、平成8年度の影響額は、所得割を納める者が10万2,700人を見込み、約9億1,000万円の減額となります。  また、個人市・県民税につきましては、特別減税と均等割の税率改正により、年税額が実質増額になる納税義務者は約4,500人を想定しておりまして、見込ましていただいておりまして、その内訳は均等割のみを納める者が約2,900人、均等割と所得割を納める者が約1,600人でございます。  次に、固定資産税に係わる質疑でありますが、今回の改正に伴う固定資産税の影響額につきましては、改正前の収入見込額では53億5,500万円ございます。改正後は52億2,300万円となりまして、約1億3,200万円の減額が見込まれております。  それから、前年度に据え置いた場合はどうかというお話でございますが、このたびの地方税法の改正に伴って改正をお願いしております市税条例は、先ほども申し上げましたように、固定資産税都市計画税の負担調整率の引き下げでございます。据え置きとか引き上げではございませんので、この点につきましてはご理解を賜りたいと存じます。 ○喜多 議長  16番、網代議員。   〔16番 網代議員登壇〕 ◆16番(網代議員) ご答弁をいただいたわけでございますけれども、一番最後の点のご答弁については、ご理解をいただきたいということで、ご説明なかったわけです。  これは、もともと考えてみましたときに、固定資産税そのものについて、平成6年度から平成8年度まで、これが負担調整率が確認をされてきた経緯があるのは事実であります。  しかし、今の急激な経済変動、バブル崩壊後の経済変動、地価の下落、こういうことを考えましたときに、当然我々が考え得る点、これは平成8年度の予定された負担調整率、これが引き下げになるというのが提案の趣旨であるということは理解に立っているわけでありますけれども、経済情勢を我々が国民的な立場、市民的な立場で考え、そして今の実際の経済変動の大きさというものを考え合わせたとき、やはり前年度の課税標準額がどれだけであって、そして今度の調整率を減額してもさらにこれが負担増という、こういう立場でこの条例の性格を見ることが非常に重要なポイントの一つになる、そのように理解しているわけであります。  したがいまして、前年度の課税標準額を据え置いた場合に、今回の調整率を引き下げてもまだ調整率がかかっているわけであります。この差額というものはどの程度なのかということは、これは試算すぐできるはずであります。したがいまして、その点についてぜひご答弁をいただきたい、このように考えるわけであります。  あわせて、もう1点再質疑しておきたいと思いますけれども、今回ここに市税条例の改正案が提案をされているわけであります。ところが2月の段階で平成8年度の予算編成を行ったわけであります。  ところが、その段階では国会では税法が通っていないんですね。にもかかわらずそれを見込まれての平成8年度の予算編成になってきているというのは事実であります。  そうしますと、何らかの国あるいは関係省庁の指示等があったかと思うんです。それが国会側ではまだ通っていないわけですから指示を出すはずがない。我々は常識的に考えて省庁からのそれなりの指示があったからそういう手立てを講じた、予算編成を行った、こういうふうに理解せざるを得ないわけですけれども、その指示の内容がどこからどのような形で指示されたのかということを明らかにしていただきたい。  その2点を再質疑しておきたいというふうに思います。 ○喜多 議長  森田総務部長。   〔森田総務部長登壇〕 ◎森田 総務部長  再質疑にお答え申し上げます。  仮に据え置いた場合には、2億4,000万円程度の増ということになります。  それから、今回の改正の内容について、どのように情報といいますか、流れてきたんだというお話でございますが、先ほど網代議員さんのお話の中にもございましたように、平成8年度の税収につきましては、3月定例会で改正を見込ませていただきまして、議決いただいたわけでございますが、この内容につきましては、昨年国から県を通じまして、平成8年度の改正についてはこのようになるというようなことで、準則等も含めまして通知をいただいた次第でございます。したがいまして、それに基づきまして見込ませていただいたところでございます。  以上でございます。 ○喜多 議長  以上で、発言通告者の市長提出議案に対する質疑を終了いたします。  ほかに質疑ございますか。   〔「なし」と言う人あり〕 ○喜多 議長  ないようでございますので、市長提出議案に対する質疑を終了いたします。           ------------------- △委員会付託省略 ○喜多 議長  次に、委員会付託の省略を議題といたします。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております第32号議案から第36号議案につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。  これにご異議ございませんか。   〔「異議なし」と言う人あり〕 ○喜多 議長  ご異議なしと認めます。  よって、第32号議案から第36号議案につきましては、委員会付託を省略することに決しました。           ------------------- △休憩の宣告 ○喜多 議長  暫時休憩いたします。 午前11時21分休憩 午前11時22分開議 △開議の宣告 ○喜多 議長  休憩前に引き続き会議を開きます。           ------------------- △討論 ○喜多 議長  討論を行います。  発言通告により、発言を許します。  14番、田中議員。   〔14番 田中議員登壇〕 ◆14番(田中議員) 第33号議案について、賛成でありますが、意見を付けておきたいと思います。  今回の市税条例の一部改正の内容には、主に3点あると思います。質疑で明らかになったことを踏まえて討論いたします。  第1は、個人市民税の均等割を 500円引き上げるものであり、同時に県民税の均等割額も 300円引き上げられるものであります。納税義務者にとっては、合計 800円の増税となるものであります。草加市へのこの影響額は8万9,200人見込みで4,460万円の増税額となるという点が明らかにされました。  第2は、個人市民税の所得割の15%相当額を限度額2万円として減税される内容のもので、9億1,000万円の減税額があると示されました。  そして第3は、固定資産税の宅地等に係わる負担調整率の引き下げで、これにおいては1億3,200万円の減税額があると示されました。これら税条例の改定によって、全体として見ると減税になるものでありますが、第1にも、第2にも、第3にも問題が残るものであります。  具体的に指摘しておきたいと思います。  第1に指摘したいことは、所得割の15%相当額を減税したとしても、市民税の均等割500円、県民税の均等割 300円、800円引き上げられますので、低所得者にとっては大変問題であります。所得割の15%相当額が 800円以上なら減税になりますが、800円以下の低所得者は増税になるわけです。  質疑で明らかになったように、均等割のみの人で2,900人、均等割と所得割含めての人で1,600人、合計約4,500人は増税に見舞われるものです。減税の恩恵どころか増税が直撃する、この方たちへの対策が強く求められるところであります。そして、均等割の引き上げは来年度以降減税措置のない中で、全ての納税者に影響大となるものであります。  第2に指摘したいのは、もともとこの特別減税は消費税の見返りとしてのものであり、ことしで打ち切られるというものであります。来年度は消費税の増税が待ち受けています。しかもこの減税の財源は、草加市借金増となっています。減税といっても、実質的には実際の見返りが市民に置いてないという点を明らかにしておきたいと思います。  同時に求めておきたいのは、来年度以降の実質的減税対策とともに、消費税引き上げをやめ、廃止すべきことであります。  第3に、固定資産税でありますが、この点で指摘したいのは、今回の措置は平成6年度評価替えの措置によって固定資産税の評価額を公示価格の70%にするとして、平均 5.4倍という状況のもとにあるということであります。引き上げ過ぎたために、各地で問題が起きたために、そうした不満を抑えるため特別に宅地等に係わる負担調整率を若干引き下げる程度のものであります。  しかも、この減税措置があったとしても、平成7年度と比較して全県では77億円、草加市では2億4,000万円の増収となるもので、実質市民においては増税となる内容のものであります。この点では、地価の下落、不況の影響などを考慮して、本質的な減税対策、見直しがあってしかるべきものであります。  全体として、減税になるという点からこの議案に賛成するものの、こうした問題点が根本的にありますので、今後国や草加市に抜本的減税対策を求めておきたいと思います。 ○喜多 議長  以上で、討論を終了いたします。           ------------------- △採決 ○喜多 議長  直ちに採決を行います。 △第32号議案の可決 ○喜多 議長  第32号議案 平成8年度草加都市計画新田西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)は、原案に賛成の諸君のご起立を求めます。   〔起立全員〕 ○喜多 議長  起立全員であります。  よって、第32号議案は原案のとおり可決することに決しました。 △第33号議案の可決 ○喜多 議長  次に、第33号議案 草加市条例の一部を改正する条例の制定については、原案に賛成の諸君のご起立を求めます。   〔起立全員〕 ○喜多 議長  起立全員であります。  よって、第33号議案は原案のとおり可決することに決しました。 △第34号議案の可決 ○喜多 議長  次に、第34号議案 草加市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定については、原案に賛成の諸君のご起立を求めます。   〔起立全員〕 ○喜多 議長  起立全員であります。  よって、第34号議案は原案のとおり可決することに決しました。 △第35号議案の可決 ○喜多 議長  次に、第35号議案 損害賠償の額を定めることについては、原案に賛成の諸君のご起立を求めます。   〔起立全員〕 ○喜多 議長  起立全員であります。  よって、第35号議案は原案のとおり可決することに決しました。 △第36号議案の同意
    ○喜多 議長  次に、第36号議案 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについては、無記名投票をもって行います。  議場の閉鎖を命じます。   〔議場閉鎖〕 ○喜多 議長  ただいまの出席議員数は34名であります。  投票用紙を配布いたさせます。   〔投票用紙配布〕 ○喜多 議長  投票用紙の配布漏れはありませんか。   〔「なし」と言う人あり〕 ○喜多 議長  配布漏れなしと認めます。  投票箱を改めさせます。   〔投票箱点検〕 ○喜多 議長  異状なしと認めます。  念のため申し上げます。  本案を可とする諸君は賛成と、否とする諸君は反対と記載の上、点呼に応じて順次投票願います。  なお、重ねて申し上げます。  投票中、賛否を表明しない票及び賛否の明らかでない票は否とみなします。  点呼を命じます。   〔氏名点呼、投票〕 ○喜多 議長  投票漏れはありませんか。   〔「なし」と言う人あり〕 ○喜多 議長  投票漏れなしと認めます。  投票を終了いたします。  議場の閉鎖を解きます。   〔議場開鎖〕 ○喜多 議長  開票を行います。  会議規則第31条第2項の規定により、立会人に3番、大野議員、23番、小林議員を指名いたします。  よって、両議員の立ち会いをお願いいたします。   〔開票〕 ○喜多 議長  開票の結果を報告いたします。  投票総数34票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。  そのうち賛成  28票      反対   6票  以上のとおり賛成多数であります。  よって、第36号議案は原案に同意することに決しました。 ○喜多 議長  以上で、本臨時会の議事はすべて終了いたしました。           ------------------- △市長あいさつ ○喜多 議長  市長からあいさつのため発言を求められておりますので、これを許します。  小澤市長。   〔小澤市長登壇〕 ◎小澤 市長  平成8年草加市議会第1回臨時会の閉会にあたりまして、一言お礼のごあいさつをさせていただきます。  本日は、議員の皆様には誠にご多用の折にもかかわりませずご参集を賜り、本臨時会に提出いたしましたすべての付議事件につきまして、速やかなるご審議のもと、原案どおり議決ご承認を賜りまして誠にありがとうございました。厚く御礼を申し上げる次第でございます。  さて、4月に入り、気候も大変暖かくなってまいりましたが、議員の皆様には健康に留意され、ますますのご活躍を心からお祈り申し上げまして、臨時会閉会のあいさつとさせていただきます。  どうもありがとうございました。           ------------------- △閉会の宣告 ○喜多 議長  以上で、平成8年草加市議会第1回臨時会を閉会いたします。 午前11時41分閉会   議長    喜多民人   署名議員  佐藤敬三   署名議員  石村次郎   署名議員  宇野 博   署名議員  牛嶋 實...