運営者 Bitlet 姉妹サービス

川口市議会 2011-05-18
平成23年5月臨時会 埼玉県川口市議会-05月18日−01号


取得元: 川口市議会公式サイト
最終取得日: -
ツイート シェア
  1. 平成23年5月臨時会 埼玉県川口市議会 − 05月18日−01号 平成23年5月臨時会 埼玉県川口市議会 − 05月18日−01号 平成23年5月臨時会 埼玉県川口市議会           ◯招集告示 川口市告示第343号   平成23年第2回(5月)川口市議会臨時会を次のとおり招集する。    平成23年5月11日                      川口市長  岡 村 幸四郎  1 招集の日  平成23年5月18日  2 招集の場所  川口市議会議事堂  3 付議事件     (1) 川口市議会議長の選挙について     (2) 川口市議会副議長の選挙について     (3) 議席の指定について     (4) 川口市議会運営委員会委員の選任について     (5) 川口市議会常任委員会委員の選任について     (6) 川口市監査委員の選任同意について     (7) 川口市監査委員の選任同意について     (8) 川口市農業委員会委員の推薦について     (9) 戸田競艇組合議会議員の選挙について     (10) 専決処分の承認について          ━━━━━━━━━━━━━━           ◯応招・不応招議員 平成23年5月臨時会                  会期 平成23年5月18日 1日間  応招議員   40名   1 番  前 田 亜 希 議員  2 番  永 瀬 秀 樹 議員   3 番  榊 原 秀 忠 議員  4 番  杉 本 佳 代 議員   5 番  福 田 洋 子 議員  6 番  芦 田 芳 枝 議員   7 番  小 林   宏 議員  8 番  富 沢 太 志 議員   9 番  近 藤 智 明 議員  10番  矢 野 由紀子 議員   11番  柳 田 つとむ 議員  12番  関   裕 通 議員   13番  若 谷 正 巳 議員  14番  吉 田 英 司 議員   15番  江 袋 正 敬 議員  16番  芝 崎 正 太 議員   17番  光 田 直 之 議員  18番  矢 作 太 郎 議員   19番  木 岡   崇 議員  20番  今 井 初 枝 議員   21番  稲 川 和 成 議員  22番  高 橋 英 明 議員   23番  宇田川 好 秀 議員  24番  板 橋 智 之 議員   25番  幡 野   茂 議員  26番  石 橋 俊 伸 議員   27番  松 本   進 議員  28番  谷 川 恵 子 議員   29番  唐 澤 義 達 議員  30番  松 本 幸 恵 議員   31番  篠 田 文 男 議員  32番  岩 澤 勝 徳 議員   33番  松 本 英 彦 議員  34番  田 口 順 子 議員   35番  立 石 泰 広 議員  36番  大 関 修 克 議員   37番  関 口 京 子 議員  38番  最 上 則 彦 議員   39番  板 橋 博 美 議員  40番  金 子 信 男 議員  不応招議員  な し 平成23年      埼玉県川口市議会会議録 第2回                         平成23年5月臨時会 ────────────────────────────────── 平成23年5月18日(水曜日) 本日の議事案件  1 臨時議長の紹介  1 開  会  1 開  議  1 出席理事者の報告  1 議事日程の報告  1 仮議席の指定  1 市長あいさつ  1 川口市議会議長の選挙について     議長就任のあいさつ  1 川口市議会副議長の選挙について     副議長就任のあいさつ  1 議席の指定  1 会期の決定  1 会議録署名議員の指名  1 川口市議会運営委員会委員の選任について  1 地方自治法第109条の2第4項に規定する事項の議会運営委員会付    託  1 議会運営委員会正副委員長の互選結果報告  1 川口市議会常任委員会委員の選任について  1 市長提出議案(議案第55号〜議案第60号)の一括上程  1 提案理由の説明  1 市長提出議案に対する質疑  1 委員会付託省略の決定  1 市長提出議案に対する討論  1 市長提出議案の一括採決−可決  1 議案第61号 川口市監査委員の選任同意について     上程、提案理由の説明、採決−同意  1 議案第62号 川口市監査委員の選任同意について     上程、提案理由の説明、採決−同意  1 川口市農業委員会委員の推薦について  1 戸田競艇組合議会議員の選挙について  1 市長あいさつ  1 議長あいさつ  1 閉  会         ━━━━━━━━━━━━━━ 本日の出席議員  40名   1 番  前 田 亜 希 議員  2 番  永 瀬 秀 樹 議員   3 番  榊 原 秀 忠 議員  4 番  杉 本 佳 代 議員   5 番  福 田 洋 子 議員  6 番  芦 田 芳 枝 議員   7 番  小 林   宏 議員  8 番  富 沢 太 志 議員
      9 番  近 藤 智 明 議員  10番  矢 野 由紀子 議員   11番  柳 田 つとむ 議員  12番  関   裕 通 議員   13番  若 谷 正 巳 議員  14番  吉 田 英 司 議員   15番  江 袋 正 敬 議員  16番  芝 崎 正 太 議員   17番  光 田 直 之 議員  18番  矢 作 太 郎 議員   19番  木 岡   崇 議員  20番  今 井 初 枝 議員   21番  稲 川 和 成 議員  22番  高 橋 英 明 議員   23番  宇田川 好 秀 議員  24番  板 橋 智 之 議員   25番  幡 野   茂 議員  26番  石 橋 俊 伸 議員   27番  松 本   進 議員  28番  谷 川 恵 子 議員   29番  唐 澤 義 達 議員  30番  松 本 幸 恵 議員   31番  篠 田 文 男 議員  32番  岩 澤 勝 徳 議員   33番  松 本 英 彦 議員  34番  田 口 順 子 議員   35番  立 石 泰 広 議員  36番  大 関 修 克 議員   37番  関 口 京 子 議員  38番  最 上 則 彦 議員   39番  板 橋 博 美 議員  40番  金 子 信 男 議員   欠席議員   な し 職務のため議場に出席した事務職員の職氏名  事務局長   押 田 善 司    事務局次長  渡 辺 悦 男  議事課長   金 子 孝 幸    課長補佐   風 間 祐 司  課長補佐   丸 山 清 代    係  長   川ノ上 清 隆  係  長   上 村 哲 也    書  記   佐 藤 貴 英  書  記   石 関 文 雄    書  記   岡   江 美  書  記   川 瀬 隆 之    書  記   高 橋 頼 彦  書  記   小 梶 利 昭    書  記   西 村 朋 子  書  記   嶋 田 健 一    書  記   奥 村 涼 太 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人  岡 村 幸四郎  市   長   渋 谷 祥 晴  副 市 長  橋 本 文 雄  副 市 長   西 川   亨  企画財政部長  高 田   勝  総務部長    渡 辺 正 之  理財部長  元 井 康 博  市民生活部長  大久保 光 人  福祉部長  安 田 恭 一  健康増進部長  叶   幸 夫  環境部長  桜 井 智 明  経済部長    橋 口 純 一  建設部長  高 木 直 人  技 監 兼   境 沢 孝 弘  都市整備部長           都市計画部長  伊 藤 幸 宏  下水道部長   上 山 健 三  消 防 長  有 山 敏 明  水道事業    押 田 好 正  水道部長           管 理 者  栃 木 武 一  病院事業    須 藤 和 利  医療センター           管 理 者            事務局長  神 山 則 幸  教 育 長   江 連 保 明  教育総務部長  新 海 今朝巳  学校教育部長  津 田   正  選管事務局長  鳥 海 和 男  代表監査委員  蓮 尾 重 徳  政策審議監 午前10時7分開会   出席議員  40名    1 番  2 番  3 番  4 番  5 番  6 番    7 番  8 番  9 番  10番  11番  12番    13番  14番  15番  16番  17番  18番    19番  20番  21番  22番  23番  24番    25番  26番  27番  28番  29番  30番    31番  32番  33番  34番  35番  36番    37番  38番  39番  40番   欠席議員  な し 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人  市   長   副市長(渋谷)   副市長(橋本)   企画財政部長  総務部長    理財部長     市民生活部長   福祉部長  健康増進部長  環境部長     経済部長     建設部長  技 監 兼   都市整備部長   下水道部長    消 防 長  都市計画部長  水道事業    水道部長     病院事業     医療センター  管 理 者            管 理 者    事務局長  教 育 長   教育総務部長   学校教育部長   選管事務局長  代表監査委員  政策審議監 △臨時議長の紹介 ◎押田善司議会事務局長 本日は、一般選挙後最初の議会でありますので、議長が選出されるまでの間、地方自治法第107条の規定により、年長議員が臨時議長の職務を行うことになっております。  本日の出席議員中、最上則彦議員さんが年長議員でありますので、ここに御紹介を申し上げます。
     最上議員さん、どうぞよろしくお願いいたします。       〔年長議員(最上則彦議員議長席に着く〕 ○最上則彦臨時議長 ただ今紹介されました最上でございます。地方自治法第107条の規定により、臨時議長の職務を行います。何とぞよろしくお願いします。         ━━━━━━━━━━━━━━ △開会と開議の宣告 ○最上則彦臨時議長 ただ今から、平成23年第2回市議会臨時会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。  出席議員は全員でありますので、この会議は成立しております。         ━━━━━━━━━━━━━━ △出席理事者の報告 ○最上則彦臨時議長 本臨時会に提出されました議案説明のため、地方自治法第121条の規定により、あらかじめ理事者の出席を求めておりますので、御承知おき願います。         ━━━━━━━━━━━━━━ △議事日程の報告 ○最上則彦臨時議長 本日ただ今からの議事は、さきに配付いたしております印刷物のとおりでございますので、よろしくお願いします。 〔参 照〕−議事日程−         ━━━━━━━━━━━━━━ △仮議席の指定 ○最上則彦臨時議長 これより、日程第1 仮議席の指定を行います。  仮議席は、ただ今着席の議席を指定いたします。 〔参 照〕  1 番  前 田 亜 希 議員  2 番  永 瀬 秀 樹 議員  3 番  榊 原 秀 忠 議員  4 番  杉 本 佳 代 議員  5 番  福 田 洋 子 議員  6 番  芦 田 芳 枝 議員  7 番  小 林   宏 議員  8 番  富 沢 太 志 議員  9 番  近 藤 智 明 議員  10番  矢 野 由紀子 議員  11番  柳 田 つとむ 議員  12番  関   裕 通 議員  13番  若 谷 正 巳 議員  14番  吉 田 英 司 議員  15番  江 袋 正 敬 議員  16番  芝 崎 正 太 議員  17番  光 田 直 之 議員  18番  矢 作 太 郎 議員  19番  木 岡   崇 議員  20番  今 井 初 枝 議員  21番  稲 川 和 成 議員  22番  高 橋 英 明 議員  23番  宇田川 好 秀 議員  24番  板 橋 智 之 議員  25番  幡 野   茂 議員  26番  石 橋 俊 伸 議員  27番  松 本   進 議員  28番  谷 川 恵 子 議員  29番  唐 澤 義 達 議員  30番  松 本 幸 恵 議員  31番  篠 田 文 男 議員  32番  岩 澤 勝 徳 議員  33番  松 本 英 彦 議員  34番  田 口 順 子 議員  35番  立 石 泰 広 議員  36番  大 関 修 克 議員  37番  関 口 京 子 議員  38番  最 上 則 彦 議員  39番  板 橋 博 美 議員  40番  金 子 信 男 議員         ━━━━━━━━━━━━━━ △市長あいさつ ○最上則彦臨時議長 この際、市長から発言を求められておりますので、これを許します。       〔岡村幸四郎市長登壇〕 ◎岡村幸四郎市長 本日、5月市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員の皆様には、公私ともに大変御多用の中、御健勝にて御参集を賜り、厚く御礼を申し上げます。  今回の統一地方選挙は、平成21年に国政の政権交代が実現してから初の選挙ということに加え、「東日本大震災」を受けての大変混乱した中での選挙となり、議員の皆様におかれましては、従来の選挙戦と異なり、大変な御苦労があったことと拝察をいたします。  そうした中、このたびの市議会議員選挙におきまして激戦を勝ち抜かれ、見事に当選の栄に浴されましたこと、改めまして心からお慶びを申し上げる次第であります。まことにおめでとうございました。  さて、去る3月市議会定例会におきまして、一般会計は対前年度当初比4.5パーセント増の1,489億7,000万円、特別会計・企業会計を合わせた予算総額は対前年度当初比3.1パーセント増の3,044億8,680万円となる平成23年度当初予算の御議決を賜りました。今年度予算は、依然として低迷を続ける景気の影響により市税収入の大幅な減が見込まれるなど、非常に厳しい財政状況が続く中で編成したもので、その特色は、市民の皆さんが安全・安心に暮らせる「市民生活の安定」に力点を置いたものとなっております。  私は、今後とも市民の皆さんとの相互信頼によるパートナーシップ基本に、市民の誰もが「住んでよかった」そして「これからも住み続けたい」と実感できる「ふるさと川口」の実現を目指して、引き続き全力を傾注して参りますので、議員の皆様におかれましては、格段の御指導、御協力、御支援を賜りますように心からお願いを申し上げる次第であります。  それでは、市政に関し、過日の初会合での重複を避け、数点述べさせていただきたいと存じます。  第1点は、「東日本大震災」に関してであります。  初めに、市内公共施設の被害状況について申し上げます。  長年、川口市役所シンボルとして親しまれてきた、本庁舎屋上の望楼が一部損傷を受け、落下のおそれもある危険な状態となりましたことから、やむを得ずその一部を解体撤去いたしました。また、市民会館におきましては、ホール内部壁のタイルの落下や天井材のひび割れ等が発生いたしましたことから、当分の間、休館するとともに耐震診断を実施し、施設の存続について総合的に検討して参りたいと存じます。そのほか一部施設におきましても、窓ガラスの破損等が発生いたしましたが、幸いにも市内での人的被害はなく、全体としては軽微な被害にとどまり、安堵いたしたところであります。  次に、今回の震災により本市へ避難されている方々への支援について申し上げます。  被災地から本市へ避難された方々を去る3月16日から婦人会館で、同17日から南平公民館でそれぞれ受け入れるとともに、さらなる避難者の増大が見込まれましたことから、同18日に250名の受け入れが可能な西スポーツセンターを新たな避難所として開設し、これまで延べ41世帯、137名の方々をボランティアの皆さんの協力も得ながら支援や運営に携わって参りました。発災から約2か月が経過し、現在避難者の方々は、御自宅へ戻ったり新たな住まいに移ったりされておりますので、本日をもって避難所としての機能を終了することといたしました。  そうした中、本市では、避難されている方々の経済的負担をできるだけ少なくするため、市内公共施設の使用料をはじめ、市立の保育所や幼稚園の保育料及び市立高等学校への入学料等々の免除のほか、避難されている方が、独自にアパートや戸建て住宅を借り上げたり親族等の家に身を寄せられた場合に、上下水道料金を入居から1年間全額免除するなどの支援策を講ずるとともに、電気・ガスなど公共料金の減免につきましても、それぞれの事業者あて強く要望いたしたところであります。  今後とも、長期に及ぶ避難生活を送られる方々に対しまして、幼児・児童・生徒の教育をはじめ、生活の安定、雇用の確保など、本市といたしましてでき得る限りの支援を行なって参りたいと存じます。  第2点は、「東日本大震災」に伴う市内中小企業者への支援についてであります。  「東日本大震災」による景気の影響を最も受けやすい中小企業の実情を把握するため、去る3月29日に、川口商工会議所をはじめ、工業・商業・運輸・建設農業等、各分野の市内12の産業団体及び金融機関や東京電力と「震災等の影響に関する経済団体との意見交換会」を開催いたしましたところ、ガソリン等の燃料の確保難、計画停電による経済活動の制約、受注の大幅な減少、原発事故による風評被害など、先行きへの不安等々が吐露され、改めまして市内産業界の厳しい経営実態を認識いたした次第であります。  また、川口商工会議所から本市へ「企業経営に配慮した電力の有効配給に係る緊急要望」が提出されたことを踏まえ、川口商工会議所会頭と私との連名で、東京電力に対しまして「計画停電の実施に関する要望書」を同社川口支社長に手渡し、市民の不安にこたえ得る正確な情報の迅速・丁寧な提供や市民の安全・安心、産業活動に配慮した合理的な電力規制の方法の検討について、強く要望いたして参ったところであります。  さらに、「東日本大震災」に伴う市内中小企業への金融支援策といたしまして、健全な企業体力の維持と運転資金の円滑な確保を図るため、緊急景気対策の一環として、昨年12月から実施いたしております中小企業制度融資の貸付利率の引き下げ措置を、本年4月以降も延長して実施いたすことといたしました。  一方、震災の影響で自粛ムードが広がり、市内の消費が低迷していることから、消費者の購買意欲の拡大を図るため、川口商工会議所及び川口市商店街連合会とともに「消費拡大事業」を開始いたしたところであります。  具体的には、去る4月28日に、市内での消費喚起を促す駅頭キャンペーンを実施いたしましたほか、6月を消費拡大月間と位置付け、川口駅東口のキャスティビジョンで消費拡大メッセージを放映するとともに、被災地復興の支援を行う市内の店舗や企業について市のホームページ等で店舗名や支援の内容を広く市民に情報提供を行い、売り上げの拡大を図る「消費拡大キャンペーン」を実施いたして参ります。本市では、市民の皆さんの消費活動が、結果的に被災地の支援につながるものと考え、このキャンペーンを積極的に展開し、市内の消費拡大に努めて参りたいと存じます。  今後におきましても、事業者の生の声の把握に努めるととともに、国・県等の動向も注視しながら、市内中小企業に対しまして、効果的な支援策を講じて参る所存であります。  第3点は、夏期における使用電力の削減に伴う、本市主催事業の取り組みについてであります。  政府はこのほど、東京電力管内の夏期における電力需給対策として、ピーク時の最大使用電力の削減目標を一律15パーセント減と決定いたしました。このことを受け、本市では、さらに徹底した節電に努めるとともに、市民サービスの低下を招くことのないよう、計画的な事業推進を図って参りたいと存じます。  そうした中、本年で8回目の開催となる「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2011」につきましては、例年どおり7月の開催に向けて準備を進めて参りましたが、夏にかけて予想される大幅な電力不足などを考慮し、本年は開催時期を10月に変更することといたしました。  映画祭の延期に際しましては、市民をはじめ、関係者あて広く周知に努めるとともに、大勢の皆さんに楽しんでいただける映画祭となりますよう、鋭意準備作業に取り組んで参りたいと存じます。  一方、震災以来、全国のオートレースにつきましては、開催を自粛して参りましたが、去る4月14日からの山陽オートレース場での開催を皮切りに、「東日本大震災復興支援レース」として、全国のオートレース場におきまして順次開催を行なっているところであります。川口オートレース場におきましても、車券発売窓口の縮小など、できる得る限りの節電方策を講じながら場外発売を行なって参りましたが、本日から本場開催もスタートいたしたところであります。  今後も開催にあたりましては、被災地の復興支援が継続できるよう、関係団体及びオートレース開催6場が緊密な連携を図りながら事業推進に努めて参りたいと存じております。  また、今後予定されているさまざまな事業やイベントなどの開催につきましては、時期や内容、影響等について慎重に検討した上で決定して参りますので、市民の皆さんの御理解を賜りますとともに、引き続き徹底した節電に御協力をいただきますように、あわせてお願いを申し上げる次第であります。  なお、本市最大の夏のイベント「たたら祭り」につきましては、まだ詳細についての決定はいたしておりませんが、市内の経済活動の活性化の一助とする意味からも、たとえ規模を縮小してでも何とか開催いたしたいと考えております。議員の皆様におかれましても、何とぞ御理解・御協力を賜りますようにお願いを申し上げる次第であります。  さて、本日提案いたしました議案は、平成22年度一般会計補正予算等の専決処分の承認議案6件、人事議案として、議会選出監査委員の選任同意議案2件であります。提案理由につきましては、後ほど御説明申し上げますので、慎重に御審議を賜り、何とぞ御可決くださいますようにお願いを申し上げる次第であります。  結びに、議員の皆様におかれましては、今後とも、本市行政に対しまして、格段の御指導、御協力、御支援を賜りますよう心からお願いを申し上げ、臨時市議会の開会にあたりましてのあいさつとさせていただきます。  以上であります。ありがとうございました。         ━━━━━━━━━━━━━━ △川口市議会議長の選挙について ○最上則彦臨時議長 次に、日程第2 川口市議会議長の選挙についてを行います。  選挙の方法は、投票により行いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。       〔「異議なし」と言う人あり〕 ○最上則彦臨時議長 御異議なしと認めます。  よって、投票をもって議長の選挙を行います。  議場の閉鎖を命じます。       〔議場を閉鎖する〕       〔このときの在席議員数 40名〕(仮議席)  1 番  2 番  3 番  4 番  5 番  6 番  7 番  8 番  9 番  10番  11番  12番  13番  14番  15番  16番  17番  18番  19番  20番  21番  22番  23番  24番  25番  26番  27番  28番  29番  30番  31番  32番  33番  34番  35番  36番  37番  38番  39番  40番 ○最上則彦臨時議長 ただ今の出席議員は40人であります。  会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、  4 番 杉 本 佳 代 議員  15番 江 袋 正 敬 議員  以上、お二人を指名いたします。  投票用紙を配付いたさせます。       〔投票用紙を配付する〕
    ○最上則彦臨時議長 投票用紙の配付もれはありませんか。       〔「なし」と言う人あり〕 ○最上則彦臨時議長 配付もれなしと認めます。  投票箱を改めさせます。       〔投票箱を改める〕 ○最上則彦臨時議長 異状なしと認めます。  念のために申し上げます。  投票は、単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票をお願いいたします。  点呼を命じます。       〔点呼に応じ、1番議員より順次投票する〕 ○最上則彦臨時議長 投票もれはありませんか。       〔「なし」と言う人あり〕 ○最上則彦臨時議長 投票もれなしと認めます。  投票を終了いたします。  開票を行います。  杉本佳代議員、江袋正敬議員、立会いをお願いいたします。       〔立会人立会いの上、開票する〕 ○最上則彦臨時議長 選挙の結果を報告いたします。  投票総数 40票  有効投票 40票  無効投票  なし  有効投票中  篠 田 文 男 議員 35票  光 田 直 之 議員  5票  以上のとおりであります。  この選挙の法定得票数は10票であります。よって、35票を得られました篠田文男議員議長に当選いたしました。  ただ今議長に当選されました篠田文男議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。  議場の閉鎖を解きます。       〔議場の閉鎖を解く〕         ────────────── △議長就任のあいさつ ○最上則彦臨時議長 この際、篠田文男議員から当選のごあいさつをお願いいたします。       〔31番 篠田文男議員登壇〕 ◆31番(篠田文男議員) 甚だ僭越ではございますけれども、一言ごあいさつを申し上げさせていただきたいと存じます。  ただ今大勢の議員の皆様方の御推挙を賜り、川口市議会議長に当選をさせていただきました篠田でございます。まことにありがとうございます。心から感謝と御礼を申し上げる次第でございます。  さて、もとより浅学非才の身、さしたる経験があるわけでございませんけれども、議長職の職務の重さにつきましては、私は心身ともに緊張を覚えるところでございます。  ちなみに、私は4つの公約を出させていただいておりますけれども、その中で特別重要なことを2つだけ申し上げさせていただきたいと思います。  1つ目は、あくまでも議会は公平であり、公正な議会運営をすること、このことが第一義的でございます。  2つ目に、私もたまたま議会運営委員会の委員長をはじめとして、多くの役職をいただいて参りました。3期12年間の経験を生かし、議長として精いっぱい努力し、全力で全うする覚悟でございます。どうか議場の皆さん方、ふつつかな私、篠田でございますけれども、今後とも温かい御指導と御支援をいただきながら、よりよい議会運営を進めて参りたいと、かように考えておりますので、どうぞよろしくお願いを申し上げたいと思います。  結びに、川口市長の岡村さんをはじめとして、理事者サイドの皆さん方の御協力、御指導もあわせてお願い申し上げ、一言のごあいさつにかえる次第でございます。ありがとうございました。(拍手起こる) ○最上則彦臨時議長 私の職務は以上で終わりましたので、議長と交代いたします。  御協力ありがとうございました。         ━━━━━━━━━━━━━━ △休憩の宣告 ○最上則彦臨時議長 暫時休憩いたします。 午前10時35分休憩         ━━━━━━━━━━━━━━ 午前10時35分再開   出席議員  40名    1 番  2 番  3 番  4 番  5 番  6 番    7 番  8 番  9 番  10番  11番  12番    13番  14番  15番  16番  17番  18番    19番  20番  21番  22番  23番  24番    25番  26番  27番  28番  29番  30番    31番  32番  33番  34番  35番  36番    37番  38番  39番  40番   欠席議員  な し 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人  市   長   副市長(渋谷)   副市長(橋本)   企画財政部長  総務部長    理財部長     市民生活部長   福祉部長  健康増進部長  環境部長     経済部長     建設部長  技 監 兼   都市整備部長   下水道部長    消 防 長  都市計画部長  水道事業    水道部長     病院事業     医療センター  管 理 者            管 理 者    事務局長  教 育 長   教育総務部長   学校教育部長   選管事務局長  代表監査委員  政策審議監 △再開の宣告 ○篠田文男議長 再開いたします。         ━━━━━━━━━━━━━━ △川口市議会副議長の選挙について ○篠田文男議長 これより、日程第3 川口市議会副議長の選挙についてを行います。  選挙の方法は、投票により行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。       〔「異議なし」と言う人あり〕 ○篠田文男議長 御異議なしと認めます。  よって、投票をもって副議長の選挙を行います。  議場の閉鎖を命じます。       〔議場を閉鎖する〕       〔このときの在席議員数 40名〕(仮議席)  1 番  2 番  3 番  4 番  5 番  6 番  7 番  8 番  9 番  10番  11番  12番  13番  14番  15番  16番  17番  18番  19番  20番  21番  22番  23番  24番  25番  26番  27番  28番  29番  30番  31番  32番  33番  34番  35番  36番  37番  38番  39番  40番 ○篠田文男議長 ただ今の出席議員は40人であります。
     会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、  4 番 杉 本 佳 代 議員  15番 江 袋 正 敬 議員  以上、お二人を指名いたします。  投票用紙を配付いたさせます。       〔投票用紙を配付する〕 ○篠田文男議長 投票用紙の配付もれはありませんか。       〔「なし」と言う人あり〕 ○篠田文男議長 配付もれなしと認めます。  投票箱を改めさせます。       〔投票箱を改める〕 ○篠田文男議長 異状なしと認めます。  念のために申し上げます。  投票は、単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票をお願いいたします。  点呼を命じます。       〔点呼に応じ、1番議員より順次投票する〕 ○篠田文男議長 投票もれはありませんか。       〔「なし」と言う人あり〕 ○篠田文男議長 投票もれなしと認めます。  投票を終了いたします。  開票を行います。  杉本佳代議員、江袋正敬議員、立会いをお願いいたします。       〔立会人立会いの上、開票する〕 ○篠田文男議長 選挙の結果を報告いたします。  投票総数 40票  有効投票 40票  無効投票  なし  有効投票中  松 本   進 議員 33票  谷 川 恵 子 議員  5票  富 沢 太 志 議員  2票  以上のとおりであります。  この選挙の法定得票数は10票であります。よって、33票を得られました松本 進議員が副議長に当選いたしました。  ただ今副議長に当選されました松本 進議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。  議場の閉鎖を解きます。       〔議場の閉鎖を解く〕         ────────────── △副議長就任のあいさつ ○篠田文男議長 この際、松本 進議員から当選のごあいさつをお願いいたします。       〔27番 松本 進議員登壇〕 ◆27番(松本議員) ただ今議員各位の御信任をいただきまして副議長の職に就任をいたしました。御支援賜りました皆様に心から感謝と御礼を申し上げます。身に余る光栄でありますとともに、責務の重さに身の引き締まる思いでございます。  特に本年10月には鳩ヶ谷市との合併を控え、川口市政にとっても歴史を刻む大変重要な時期でもあります。人望厚き篠田議長を支え、日本一の模範の川口市政の構築に全力で邁進していきたいと決意をしております。  市民の皆様にとりましても、開かれた公平で、かつ円滑な議会運営を進めますとともに、議員の皆様の御指導、また市長をはじめとする理事者の皆様のお力、またさらには議会事務局の御指導、御鞭撻を心からお願いを申し上げまして、副議長就任のあいさつとさせていただきます。  本日はまことにありがとうございました。(拍手起こる)         ━━━━━━━━━━━━━━ △議席の指定 ○篠田文男議長 次に、日程第4 議席の指定を行います。  議席は、会議規則第4条第1項の規定により、議長において指定いたします。  議員氏名とその議席番号を、職員をして朗読いたさせます。       〔書記朗読〕  1 番  前 田 亜 希 議員  2 番  永 瀬 秀 樹 議員  3 番  榊 原 秀 忠 議員  4 番  杉 本 佳 代 議員  5 番  福 田 洋 子 議員  6 番  芦 田 芳 枝 議員  7 番  小 林   宏 議員  8 番  富 沢 太 志 議員  9 番  近 藤 智 明 議員  10番  矢 野 由紀子 議員  11番  柳 田 つとむ 議員  12番  関   裕 通 議員  13番  若 谷 正 巳 議員  14番  吉 田 英 司 議員  15番  江 袋 正 敬 議員  16番  芝 崎 正 太 議員  17番  光 田 直 之 議員  18番  矢 作 太 郎 議員  19番  木 岡   崇 議員  20番  今 井 初 枝 議員  21番  稲 川 和 成 議員  22番  高 橋 英 明 議員  23番  宇田川 好 秀 議員  24番  板 橋 智 之 議員  25番  幡 野   茂 議員  26番  石 橋 俊 伸 議員  27番  松 本   進 議員  28番  谷 川 恵 子 議員  29番  唐 澤 義 達 議員  30番  松 本 幸 恵 議員  31番  篠 田 文 男 議員  32番  岩 澤 勝 徳 議員  33番  松 本 英 彦 議員  34番  田 口 順 子 議員  35番  立 石 泰 広 議員  36番  大 関 修 克 議員  37番  関 口 京 子 議員  38番  最 上 則 彦 議員  39番  板 橋 博 美 議員  40番  金 子 信 男 議員 ○篠田文男議長 ただ今朗読いたさせましたとおり、議席を指定いたします。         ━━━━━━━━━━━━━━ △会期の決定 ○篠田文男議長 次に、日程第5 会期についてお諮りいたします。  本臨時会の会期は本日1日と定めたいと思いますが、これに御異議ありませんか。       〔「異議なし」と言う人あり〕 ○篠田文男議長 御異議なしと認めます。  よって、会期は本日1日と決定いたしました。         ━━━━━━━━━━━━━━ △会議録署名議員の指名 ○篠田文男議長 次に、日程第6 会議録署名議員を会議規則第81条の規定により議長において指名いたします。  1 番  前 田 亜 希 議員  15番  江 袋 正 敬 議員  28番  谷 川 恵 子 議員  以上、3名の議員にお願いいたします。         ━━━━━━━━━━━━━━ △川口市議会運営委員会委員の選任について ○篠田文男議長 これより、日程第7 川口市議会運営委員会委員の選任についてを行います。  議会運営委員会の委員の選任は、委員会条例第8条第1項の規定により、  11番  柳 田 つとむ 議員  19番  木 岡   崇 議員  23番  宇田川 好 秀 議員  24番  板 橋 智 之 議員  26番  石 橋 俊 伸 議員  28番  谷 川 恵 子 議員  30番  松 本 幸 恵 議員  32番  岩 澤 勝 徳 議員  34番  田 口 順 子 議員  35番  立 石 泰 広 議員  36番  大 関 修 克 議員  37番  関 口 京 子 議員  40番  金 子 信 男 議員  以上13名の議員を指名いたします。         ━━━━━━━━━━━━━━ △地方自治法第109条の2第4項に規定する事項の議会運営委員会付託 ○篠田文男議長 この際、お諮りいたします。
     地方自治法第109条の2第4項に規定する事項については、議会運営委員会に付託の上、その目的達成までの期間、閉会中の継続審査といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。       〔「異議なし」と言う人あり〕 ○篠田文男議長 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。         ━━━━━━━━━━━━━━ △休憩の宣告 ○篠田文男議長 この際、議事の都合により、暫時休憩いたします。 午前10時51分休憩         ━━━━━━━━━━━━━━ 午前11時47分再開   出席議員  40名    1 番  2 番  3 番  4 番  5 番  6 番    7 番  8 番  9 番  10番  11番  12番    13番  14番  15番  16番  17番  18番    19番  20番  21番  22番  23番  24番    25番  26番  27番  28番  29番  30番    31番  32番  33番  34番  35番  36番    37番  38番  39番  40番   欠席議員  な し 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人  市   長   副市長(渋谷)   副市長(橋本)   企画財政部長  総務部長    理財部長     市民生活部長   福祉部長  健康増進部長  環境部長     経済部長     建設部長  技 監 兼   都市整備部長   下水道部長    消 防 長  都市計画部長  水道事業    水道部長     病院事業     医療センター  管 理 者            管 理 者    事務局長  教 育 長   教育総務部長   学校教育部長   選管事務局長  代表監査委員  政策審議監 △再開の宣告 ○篠田文男議長 再開いたします。         ━━━━━━━━━━━━━━ △議会運営委員会正副委員長の互選結果報告 ○篠田文男議長 この際、御報告いたします。  休憩中に議会運営委員会正副委員長の互選を行いました結果、委員長には24番 板橋智之議員、副委員長には26番 石橋俊伸議員がそれぞれ互選されましたので、御報告いたします。         ━━━━━━━━━━━━━━ △川口市議会常任委員会委員の選任について ○篠田文男議長 次に、日程第8 川口市議会常任委員会委員の選任についてを行います。  常任委員の選任は、委員会条例第8条第1項の規定により、  総務常任委員会には  1 番  前 田 亜 希 議員  13番  若 谷 正 巳 議員  16番  芝 崎 正 太 議員  19番  木 岡   崇 議員  20番  今 井 初 枝 議員  23番  宇田川 好 秀 議員  28番  谷 川 恵 子 議員  35番  立 石 泰 広 議員  37番  関 口 京 子 議員  39番  板 橋 博 美 議員  以上10名の議員を、  福祉環境常任委員には  3 番  榊 原 秀 忠 議員  4 番  杉 本 佳 代 議員  5 番  福 田 洋 子 議員  9 番  近 藤 智 明 議員  14番  吉 田 英 司 議員  15番  江 袋 正 敬 議員  18番  矢 作 太 郎 議員  24番  板 橋 智 之 議員  27番  松 本   進 議員  30番  松 本 幸 恵 議員  以上10名の議員を、  経済文教常任委員には  6 番  芦 田 芳 枝 議員  7 番  小 林   宏 議員  11番  柳 田 つとむ 議員  17番  光 田 直 之 議員  21番  稲 川 和 成 議員  26番  石 橋 俊 伸 議員  29番  唐 澤 義 達 議員  32番  岩 澤 勝 徳 議員  34番  田 口 順 子 議員  40番  金 子 信 男 議員  以上10名の議員を、  建設常任委員には  2 番  永 瀬 秀 樹 議員  8 番  富 沢 太 志 議員  10番  矢 野 由紀子 議員  12番  関   裕 通 議員  22番  高 橋 英 明 議員  25番  幡 野   茂 議員  33番  松 本 英 彦 議員  36番  大 関 修 克 議員  38番  最 上 則 彦 議員と私、篠田文男  以上10名の議員を、以上のとおり各常任委員会委員に指名いたします。         ━━━━━━━━━━━━━━ △市長提出議案(議案第55号〜議案第60号)の一括上程 ○篠田文男議長 これより、日程第9 議案第55号「専決処分の承認について」ないし日程第14 議案第60号「専決処分の承認について」までの以上6議案を一括議題といたします。 〔参 照〕−市長提出議案−         ━━━━━━━━━━━━━━ △提案理由の説明 ○篠田文男議長 提案理由の説明を求めます。       〔岡村幸四郎市長登壇〕 ◎岡村幸四郎市長 それでは、提案理由の説明を申し上げます。  1ページの議案第55号から11ページの議案第60号までの6議案は、専決処分の承認議案であります。いずれも緊急を要する案件でありましたので、地方自治法第179条第1項の規定により、それぞれ専決処分をいたしたものであります。  まず、1ページの議案第55号「平成22年度川口市一般会計補正予算」でありますが、繰越明許費の補正は、都市公園等施設維持管理事業について、荒川下流河川事務所との占用に関する協議に時間を要したことなどにより、また、仮称仲町西公園整備事業ほか5事業につきましては、関係者との調整、移転先の新築計画に不測の日数を要したこと及び東日本大震災の影響で資材調達が遅れたことなどから、年度内に事業が完了できなかったため、それぞれ予算を繰り越したものであります。  次に、3ページの議案第56号「平成22年度川口都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算」でありますが、繰越明許費の補正は芝東第3事業費ほか2事業について、移転交渉及び移転先の新築計画に不測の日数を要したことから、年度内に事業が完了できなかったため、それぞれ予算を繰り越したものであります。  次に、5ページの議案第57号「川口市国民健康保険条例の一部を改正する条例」でありますが、健康保険法施行令が平成23年3月30日に一部改正され、暫定的に4万円引き上げられていた出産育児一時金の支給額が、同年4月1日から恒久化されたことに合わせて、本市の国民健康保険において同様の措置を行う必要が生じましたことから、当該措置に緊急を要するため、専決処分により一部改正したものであります。  次に、7ページの議案第58号「川口市高等学校授業料等に関する条例の一部を改正する条例」でありますが、東日本大震災被災者またはその保護する者の就学の機会を確保するため、これらの者の平成23年度の入学に係る入学選考手数料及び入学料を免除することとし、当該措置に緊急を要することから、専決処分により一部改正したものであります。  次に、9ページの議案第59号「川口市立幼稚園保育料等徴収条例の一部を改正する条例」でありますが、東日本大震災被災者の保護する幼児の就園の機会を確保するため、これらの者の平成23年度の保育料並びに同年度の入園に係る入園選考手数料及び入園料を免除することとし、当該措置に緊急を要することから、専決処分により一部改正したものであります。  次に、11ページの議案第60号「川口市条例の一部を改正する条例」でありますが、地方税法が平成23年4月27日に一部改正され、東日本大震災の被災納税者にかかわる特例が設けられたことに伴い、市税の賦課事務に緊急を要したため、専決処分により一部改正したものであります。  その主な内容といたしましては、住宅や家財にかかわる損失の雑損控除について、平成23年度の市民税での適用を可能とするもの、住宅ローン控除の対象の住宅が滅失しても当該控除の残存期間について控除の適用を可能とするなどの改正を行なったものであります。  以上が提案理由の概要であります。よろしく御審議を賜りまして、御可決くださいますようお願い申し上げる次第であります。  以上であります。 ○篠田文男議長 以上で提案理由の説明は終わりました。         ━━━━━━━━━━━━━━ △休憩の宣告 ○篠田文男議長 この際、議事の都合により、暫時休憩いたします。
    午前11時55分休憩         ━━━━━━━━━━━━━━ 午後1時1分再開   出席議員  40名    1 番  2 番  3 番  4 番  5 番  6 番    7 番  8 番  9 番  10番  11番  12番    13番  14番  15番  16番  17番  18番    19番  20番  21番  22番  23番  24番    25番  26番  27番  28番  29番  30番    31番  32番  33番  34番  35番  36番    37番  38番  39番  40番   欠席議員  な し 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人  市   長   副市長(渋谷)   副市長(橋本)   企画財政部長  総務部長    理財部長     市民生活部長   福祉部長  健康増進部長  環境部長     経済部長     建設部長  技 監 兼   都市整備部長   下水道部長    消 防 長  都市計画部長  水道事業    水道部長     医療センター   教 育 長  管 理 者            事務局長  教育総務部長  学校教育部長   選管事務局長   代表監査委員  政策審議監 △再開の宣告 ○篠田文男議長 再開いたします。         ━━━━━━━━━━━━━━ △市長提出議案に対する質疑 ○篠田文男議長 これより、上程議案に対する質疑を行います。  発言通告を受けておりますので、これを許します。  30番 松本幸恵議員       〔30番 松本幸恵議員登壇〕(拍手起こる) ◆30番(松本幸恵議員) 私は、ただ今提案をされました議案第55号から議案第60号までの専決処分の承認について、日本共産党市議団を代表し、質問を行います。  初めに、3月11日の東日本大震災の多くの犠牲者の皆さんに心より哀悼の意を表するとともに、被災をされた方々にお見舞いを申し上げます。  今回の専決処分では、この地震による被災者の方々に配慮した内容もあり、一日も早く生活再建が図られるよう願う立場で、若干の質問をさせていただきます。  議案第55号の平成22年度一般会計の繰越明許費について、震災の影響により資材の調達ができなかったものがあったとの説明がなされました。震災の影響があった事業について詳細な説明を求め、伺います。  次に、議案第57号の国民健康保険条例の一部改正は、出産育児一時金を39万円に改め、産科医療補償制度に加入する医療機関には3万円を上乗せするものですが、この補償制度に加入する医療機関の市内をはじめとした近隣の状況をお示しください。  次に、議案第58号と59号についてですが、被災者の市立高等学校の入学金等の免除と市立幼稚園の入園料、保育料等の免除に関してですが、4月からの適用となっています。3月11日の地震後、避難生活を送られている中、4月を待たずに幼稚園、高等学校をはじめ、小中学校への入学、入園希望がどういう状況であったのでしょうか。また、高等学校の場合には義務教育ではありませんので入学金以外の負担もあります。教科書などをはじめ、負担の軽減策を図ることが望ましいと考えますが、どのような対応を図られているのでしょうか。  議案第60号の市税条例の一部改正は、国の法改正により4月28日の専決処分となっています。被災納税者への特例にかかわっての改正ですが、被災納税者への対応として、これまで市としてどのような対応を行なってきたのか、また、今回の法改正についても広く周知を図ることが必要と考えますが、市としてのお考えを伺います。  以上で質問を終わります。 ◎高木直人技監都市計画部長 質問に御答弁申し上げます。  議案第55号の繰越明許費の補正のうち、震災の影響に起因して繰り越しをお願いいたします事業につきましては、戸塚立山公園整備事業でございます。その主な原因は、舗装用材料、コンクリート資材の調達が困難であったこと、また、工事用機械の燃料の不足によるものでございます。  なお、竣工の予定につきましては今月末を予定しておりますので、御理解を賜りたいと存じます。  以上でございます。 ◎境沢孝弘都市整備部長 御答弁申し上げます。  続きまして、都市整備部にかかわります事業について御説明いたします。  まず、1点目でございますが、岩渕鳩ヶ谷線県受託事業について繰り越ししてございますが、その震災による影響の理由でございますが、当該現場で使用するコンクリート資材が北茨城市内の工場で生産されており、このたびの東日本大震災により流通等の影響を受けたことにより資材の調達が困難になったこと及び燃料の調達が困難となったため繰り越しをしたものでございます。  なお、繰り越し事業の完了は今月末を予定してございます。  続きまして、2点目でございますが、川口駅東口周辺個別案内板等設置業務委託についてでございますが、JR川口駅東口の総合案内板設置に伴い、川口駅からの公共施設や文化施設への誘導ルートの案内などの情報提供を目的とした個別案内板の製作、設置を行うものでありますが、山形県の製作工場からの配送中に震災が発生し、材料の流通が滞ったことにより期限内製作が困難となったため23年度に繰り越したものでございます。  なお、繰り越し事業の完了は今月末を予定してございます。  以上でございます。 ◎江連保明教育総務部長 御答弁申し上げます。  議案第55号、震災の影響による事業のうち、公民館施設維持補修費の繰越明許費の御質問でございますが、芝園公民館の受変電設備改修工事につきましては、東京電力から東日本大震災の影響により災害復旧対応に人員、資材を集中させているために、同工事の延期の申し出がございました。そのため年度内に工事完了の見込みがなくなりましたことから繰り越しを行なったものでございます。  なお、この工事につきましては、5月17日に工事が完了してございます。  以上でございます。 ◎安田恭一健康増進部長 御答弁申し上げます。  続きまして、議案第57号にかかわる御質問の産科医療補償制度川口市の近隣の加入機関の状況についてでございますが、公表されている産科医療補償制度の加入状況によりますと、川口市及び鳩ヶ谷市内の分娩機関におきましては12機関すべてが加入しております。また、埼玉県内におきましては151分娩機関がすべて加入しております。  以上でございます。 ◎新海今朝巳学校教育部長 御答弁申し上げます。  議案第58号、59号についての1点目、4月1日以前の希望者への対応についてのお尋ねでございますが、3月14日付の国からの平成23年東北地方太平洋地震における被災地域の児童・生徒等の就学機会の確保についての通知を受け、本市でも条例の一部改正を行い、平成23年度から受け入れを行なってきたものでございます。3月中におきましては、相談を実施して参りましたが、実際の受け入れにつきましては4月1日以降となっておりまして、現在は小学校38名、中学校10名、高等学校5名、幼稚園1名を受け入れているところでございます。  続きまして、2点目の高等学校における授業料、入学金以外の負担軽減策についてのお尋ねでございますが、教科書を市費で購入しているほか、制服につきましては寄附をいただいたものを支給するなどの対応をとっておるところでございます。  今後も被災生徒の実情に応じ、柔軟な対応をとって参りたいと考えております。  以上であります。 ◎渡辺正之理財部長 御答弁申し上げます。  議案第60号に関しますお尋ねでございますが、今回の東日本大震災に関する市税の対応にかかわる周知でございますが、市内で被災した家屋等に関しましては、固定資産税都市計画税の減免措置の申請方法等を3月22日に市ホームページに、また5月号の市広報に掲載したところでございます。  次に、被災5県在住の川口市税納税義務者を対象に、市税の納付期限の延長を行い、市ホームページに掲載するとともに、御本人あてに期限延長のお知らせをお送りしたところでございます。  今回、専決処分しました税の特例措置の周知でありますが、今後、市のホームページや広報等に掲載するとともに、被災地の納税義務者に対しましては個別に通知するなど、周知に努めて参りたいと存じます。  以上でございます。 ○篠田文男議長 ほかに、発言通告を受けておりませんので、以上で質疑を打ち切ります。         ━━━━━━━━━━━━━━ △委員会付託省略の決定 ○篠田文男議長 この際、お諮りいたします。  上程中の諸議案につきましては、委員会付託を省略し、直ちに確定議といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。       〔「異議なし」と言う人あり〕 ○篠田文男議長 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。         ━━━━━━━━━━━━━━ △市長提出議案に対する討論 ○篠田文男議長 これより、上程議案に対する討論を行います。  発言通告を受けておりませんので、以上で討論を打ち切ります。         ━━━━━━━━━━━━━━ △市長提出議案の一括採決−可決 ○篠田文男議長 ただ今上程中の諸議案につきましては一括採決いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。       〔「異議なし」と言う人あり〕 ○篠田文男議長 御異議なしと認め、一括採決いたします。  お諮りいたします。  議案第55号「専決処分の承認について(平成22年度川口市一般会計補正予算)」ないし議案第60号「専決処分の承認について(川口市条例の一部を改正する条例)」までの、以上6議案を原案どおり決することに賛成の議員の起立を求めます。       〔起立者全員〕 ○篠田文男議長 起立者全員であります。  よって、上程議案はいずれも原案どおり可決されました。         ━━━━━━━━━━━━━━ △議案第61号 川口市監査委員の選任同意について
    ○篠田文男議長 これより日程第15 議案第61号「川口市監査委員の選任同意について」を議題といたします。 〔参 照〕−市長提出議案− ◆21番(稲川和成議員) 議長、21番 稲川和成 ○篠田文男議長 21番 稲川和成議員 ◆21番(稲川和成議員) 21番 稲川和成です。  私の一身上にかかわる議案でございますので、地方自治法第117条の規定により退席いたします。       〔21番 稲川和成議員 退席する〕         ────────────── △提案理由の説明 ○篠田文男議長 提案理由の説明を求めます。       〔岡村幸四郎市長登壇〕 ◎岡村幸四郎市長 それでは、議案第61号「川口市監査委員の選任同意について」御説明を申し上げます。  このたび、市議会議員の改選が行われましたことに伴いまして、新たな監査委員とし、稲川和成議員を選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により、同意を求めるものであります。  稲川和成議員につきましては、御承知のとおり、平成15年以来、市議会議員として市民の信託にこたえ、活躍されておられる方であります。この間、経済文教常任委員会委員長をはじめ、総務常任委員会委員、その他各種委員会の要職を歴任され、立派に務めてこられました。  その人格、識見ともに高く評価されているところであり、監査委員として遺憾なくその手腕を発揮されることと存じますので、よろしく御賛同賜りますようにお願いを申し上げる次第であります。  以上であります。 ○篠田文男議長 以上で説明は終わりました。         ────────────── △議案第61号の採決−同意 ○篠田文男議長 本案については、直ちに採決いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。       〔「異議なし」と言う人あり〕 ○篠田文男議長 御異議なしと認め、採決いたします。  本案同意することに御異議ありませんか。       〔「異議なし」と言う人あり〕 ○篠田文男議長 御異議なしと認め、本案同意されました。       〔21番 稲川和成議員 入場する〕         ━━━━━━━━━━━━━━ △議案第62号 川口市監査委員の選任同意について ○篠田文男議長 次に、日程第16 議案第62号「川口市監査委員の選任同意について」を議題といたします。 〔参 照〕−市長提出議案− ◆37番(関口京子議員) 議長、37番 関口京子 ○篠田文男議長 37番 関口京子議員 ◆37番(関口京子議員) 私の一身上にかかわる議案でございますので、地方自治法第117条の規定により退席いたします。       〔37番 関口京子議員 退席する〕         ────────────── △提案理由の説明 ○篠田文男議長 提案理由の説明を求めます。       〔岡村幸四郎市長登壇〕 ◎岡村幸四郎市長 議案第62号「川口市監査委員の選任同意について」御説明を申し上げます。  このたび、市議会議員の改選が行われましたことに伴い、新たな監査委員として、関口京子議員を選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により、同意を求めるものであります。  関口京子議員につきましては、御承知のとおり、平成15年以来、市議会議員として市民の信託にこたえ、活躍されておられる方であります。この間、福祉環境常任委員会委員長をはじめ、経済文教常任委員会副委員長、その他各種委員会の要職を歴任され、立派に務めてこられました。  その人格、識見ともに高く評価されているところであり、監査委員として遺憾なくその手腕を発揮されることと存じますので、よろしく御賛同賜りますようお願いを申し上げる次第であります。  以上であります。 ○篠田文男議長 以上で説明は終わりました。         ────────────── △議案第62号の採決−同意 ○篠田文男議長 本案については、直ちに採決いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。       〔「異議なし」と言う人あり〕 ○篠田文男議長 御異議なしと認め、採決いたします。  本案同意することに御異議ありませんか。       〔「異議なし」と言う人あり〕 ○篠田文男議長 御異議なしと認め、本案同意されました。       〔27番 関口京子議員 入場する〕         ━━━━━━━━━━━━━━ △川口市農業委員会委員の推薦について ○篠田文男議長 次に、日程第17 川口市農業委員会委員の推薦についてを行います。  お諮りいたします。  推薦については、議長の指名者をもって川口市農業委員会委員として推薦いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。       〔「異議なし」と言う人あり〕 ○篠田文男議長 御異議なしと認め、よって、  12番  関   裕 通 議員  16番  芝 崎 正 太 議員  39番  板 橋 博 美 議員  以上3名の議員川口市農業委員会委員として推薦することに決定いたしました。         ━━━━━━━━━━━━━━ △戸田競艇組合議会議員の選挙について ○篠田文男議長 次に、日程第18 戸田競艇組合議会議員の選挙についてを行います。  お諮りいたします。  選挙については、議長の指名者をもって戸田競艇組合議会議員といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。       〔「異議なし」と言う人あり〕 ○篠田文男議長 御異議なしと認め、よって、  13番  若 谷 正 巳 議員  17番  光 田 直 之 議員  22番  高 橋 英 明 議員  30番  松 本 幸 恵 議員  32番  岩 澤 勝 徳 議員  33番  松 本 英 彦 議員  36番  大 関 修 克 議員  37番  関 口 京 子 議員  以上8名の議員が戸田競艇組合議会議員に決定いたしました。         ━━━━━━━━━━━━━━ △市長あいさつ ○篠田文男議長 以上をもちまして、本臨時会に提出されました案件はすべて議了いたしました。  この際、市長から発言を求められておりますので、これを許します。       〔岡村幸四郎市長登壇〕 ◎岡村幸四郎市長 ただ今議長のお許しをいただきましたので、閉会にあたりまして、一言ごあいさつを申し上げたいと存じます。  今回提案いたしました各議案につきましては、慎重な御審議をいただき、いずれも原案のとおり御可決を賜りましたこと、厚く御礼を申し上げる次第でございます。  また、本日は選挙後の初議会ということで、正副議長の選挙が行われましたが、新たに篠田文男議員が第64代議長に、また松本 進議員が第62代副議長に、それぞれ御就任をされたところであります。心からお慶びを申し上げる次第であります。  お二方とも議員としての経験も豊富であり、その手腕を存分に発揮され、議会運営にあたられるものと御期待を申し上げますとともに、今後議会の代表者として一層御活躍されんことを心からお祈り申し上げる次第であります。  結びに、来月には6月市議会定例会が予定されているところでありますが、向暑のみぎり、議員の皆様におかれましては、御健康には十分御留意をなされまして、本市のさらなる発展のため御尽力を賜りますよう心からお願いを申し上げまして、閉会のあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。         ━━━━━━━━━━━━━━ △議長あいさつ ○篠田文男議長 本日は、早朝から御審議をいただきましてまことに御苦労さまでした。議員各位には、議事運営につきまして御協力を賜り、ここに初議会が終了いたしましたこと心から厚く御礼申し上げます。         ━━━━━━━━━━━━━━ △閉会の宣告 ○篠田文男議長 これをもちまして、平成23年第2回市議会臨時会を閉会いたします。  どうもありがとうございました。 午後1時22分閉会         ━━━━━━━━━━━━━━    議  長
       臨時議長    議  員    議  員    議  員