運営者 Bitlet 姉妹サービス
日光市議会 > 2007-06-20 >
平成19年 第2回定例会(6月)-06月20日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号
平成19年 第2回定例会(6月)-06月20日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号

日光市議会 2007-06-20
平成19年 第2回定例会(6月)-06月20日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号


取得元: 日光市議会公式サイト
最終取得日: -
ツイート シェア
  1. 平成19年 第2回定例会(6月) − 06月20日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号 平成19年 第2回定例会(6月) − 06月20日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号 平成19年 第2回定例会(6月)              平成19年第2回日光市議会定例会議 事 日 程 (第6号)                            平成19年6月20日(水)午前10時開議日程第 1 議案第49号、議案第53号、議案第60号及び議案第65号について日程第 2 議案第50号から議案第52号まで、議案第59号及び議案第61号から議案第64号までに      ついて日程第 3 議案第54号について日程第 4 陳情第3号及び陳情第4号について                     [追 加]                     日程第 5 議員議案第4号について日程第 6 議員議案第5号について日程第 7 議員議案第6号について出席議員(30名)     1番   田  井     哲         2番   加  藤  雄  次     3番   三  好  國  章         4番   星     貞  光     5番   川  田  佳 久 子         6番   平  木  チ サ 子     7番   山  越  梯  一         8番   佐  藤  和  之     9番   小 久 保  光  雄        10番   塩  生  勇  一    11番   手  塚  雅  己        12番   田  村  耕  作    13番   大  門  陽  利        14番   福  田  悦  子    15番   藤  井     豊        16番   加  藤     優    17番   根  本  和  子        18番   野  沢  一  敏    19番   登  坂  理  平        20番   阿  部  博  美    21番   斎  藤  敏  夫        22番   中  川  恒  男    23番   齊  藤  正  三        24番   齋  藤  文  明    25番   川  添  芳  廣        26番   落  合  美 津 子    27番   山  越  一  治        28番   鷹  觜  孝  委    29番   生  井  一  郎        30番   高  橋  正  直欠席議員(なし)                                              地方自治法第121条の規定に基づき出席を要求した者の職氏名  市   長   斎  藤  文  夫      副 市 長   大  橋  芳  明  副 市 長   阿  部  哲  夫      教 育 長   金  田     勇  企 画 部長   湯  澤  健  一      総 務 部長   梶     孝  雄  市 民 環境   小  林  幹  広      健 康 福祉   星  野  保  治  部   長                   部   長  観 光 経済   齋  藤  貴  志      建 設 部長   縫  田  政  雄  部   長  上 下 水道   阿 久 津  光  司      会計管理者   平     英  一  部   長  教 育 次長   前  波  真  一      消 防 長   北  山  一  彦  日 光 総合   大  橋     忍      藤 原 総合   手  塚     甲  支 所 長                   支 所 長  足 尾 総合   桑  原     普      栗 山 総合   八 木 沢  正  弘  支 所 長                   支 所 長  総 務 課長   大  野  和  男                                              本会議に出席した事務局職員  事 務 局長   渡  辺  幸  雄      議 事 課長   見  目     昭  議 事 課長   星  野  隆  之      議 事 課長   駒  場  博  司  補   佐                   補   佐                                                △開議の宣告 ○田井哲議長 ただいまの出席議員30名であります。   これより本日の会議を開きます。                                       (午前10時01分)                                                ○田井哲議長 なお、大橋 忍日光総合支所長から欠席したい旨の届け出がありましたので、ご了承願います。   6月15日の一般質問における星 貞光議員の質問に対する答弁については、会議規則第66条の規定に基  づき、議長に答弁書の提出がありました。内容は、お手元に配付したとおりであります。 ┌──────────────────────────────────────────────┐│                                      日学教第190号  ││                                     平成19年6月19日 ││ 日光市議会議長 田井 哲 様                                ││                                              ││                                  日光市教育長 金田 勇 ││                                              ││一般質問の答弁について                                   ││ 6月15日の一般質問の星貞光議員の給食費滞納額の回収状況に対する答弁について、別紙のとおり ││ご報告いたします。                                     ││ よろしくご配慮のほどお願い申し上げます。                         ││                                              ││                                              ││一般質問の答弁(給食費滞納額の回収状況について)                      ││                                              ││ 今年3月末現在の滞納状況は、学校数16校、児童生徒数104人、滞納額299万6,463円でしたが、その ││後、各学校で督促に努めた結果、4月・5月の2か月間で、12人から、20万4,800円の納付がありまし ││た。これは滞納額の約7%に相当します。                           ││ なお、5月末現在の滞納状況は、学校数14校、児童生徒数92人、滞納額279万1,663円であります。 │└──────────────────────────────────────────────┘ △議事日程の報告 ○田井哲議長 本日の議事日程について、事務局長に朗読させます。 ◎渡辺幸雄事務局長 議事日程を申し上げます。   日程第1 議案第49号、議案第53号、議案第60号及び議案第65号について   日程第2 議案第50号から議案第52号まで、議案第59号及び議案第61号から議案第64号まで        について   日程第3 議案第54号について   日程第4 陳情第3号及び陳情第4号について   以上であります。                                                                                      △議案第49号、議案第53号、議案第60号及び議案第65号の委員会審査結果報告、質疑、討論、採決 ○田井哲議長 日程第1、議案第49号、議案第53号、議案第60号及び議案第65号についてを一括議題とし、観光経済教育常任委員会の審査結果について報告を求めます。   三好國章委員長。                  〔三好國章観光経済教育常任委員長登壇〕 ◎三好國章観光経済教育常任委員長 おはようございます。観光経済教育常任委員会の審査結果についてご報告申し上げます。   本委員会に付託された事件は、議案第49号「日光市工場立地条例の全部改正について」、議案第53号「日光市勤労青少年ホーム条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第60号「財産の取得について[日光市立小中学校パソコン教室パソコン等更新事業]」及び議案第65号「財産の交換について」の4件であります。   審査は、去る6月11日、市長、副市長、教育長及び関係部課長等の出席のもとに行いました。   初めに、議案第49号について、観光経済部長から詳細な説明を受け、質疑、討論の後、採決を行った結果は、全会一致をもって原案可決であります。   次に、議案第53号について、教育次長から詳細な説明を受け、質疑、討論の後、採決を行った結果は、全会一致をもって原案可決であります。   次に、議案第60号について、教育次長から詳細な説明を受け、質疑、討論の後、採決を行った結果は、全会一致をもって原案可決であります。   最後に、議案第65号について、観光経済部長から詳細な説明を受け、質疑、討論の後、採決を行った結果は、全会一致をもって原案可決であります。   以上で、審査結果についてのご報告を終わります。 ○田井哲議長 委員長の報告が終わりました。   本案については、質疑、討論の通告がありませんので、これより採決いたします。   議案第49号「日光市工場立地条例の全部改正について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。                  〔起立全員〕 ○田井哲議長 起立全員であります。   よって、議案第49号は原案のとおり可決されました。   議案第53号「日光市勤労青少年ホーム条例の一部を改正する条例の制定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。                  〔起立全員〕 ○田井哲議長 起立全員であります。   よって、議案第53号は原案のとおり可決されました。   議案第60号「財産の取得について[日光市立小中学校パソコン教室パソコン等更新事業]」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。                  〔起立全員〕 ○田井哲議長 起立全員であります。   よって、議案第60号は原案のとおり可決されました。   議案第65号「財産の交換について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。                  〔起立全員〕 ○田井哲議長 起立全員であります。   よって、議案第65号は原案のとおり可決されました。                                                △議案第50号から議案第52号まで、議案第59号及び議案第61号から議案第64号までの委員会審査結果報告、質疑、討論、採決 ○田井哲議長 日程第2、議案第50号から議案第52号まで、議案第59号及び議案第61号から議案第64号までについてを一括議題とし、総務常任委員会の審査結果について報告を求めます。   齊藤正三委員長。                  〔齊藤正三総務常任委員長登壇〕 ◎齊藤正三総務常任委員長 総務常任委員会の審査結果についてご報告を申し上げます。   本委員会に付託されました事件のうち、議案第50号「日光市防災会議条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第51号「日光市行政財産使用料条例及び日光市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第52号「日光市公有財産処理委員会設置条例及び日光市農村地域工業等導入促進審議会条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第59号「財産の取得について[日光市職員情報端末機器整備事業]」、議案第61号「財産の取得について[災害対応特殊はしご付消防ポンプ自動車購入事業]」、議案第62号「財産の取得について[水槽付消防ポンプ自動車購入事業]」、議案第63号「財産の取得について[災害対応特殊救急自動車購入事業]」、議案第64号「財産の取得について[消防団消防ポンプ自動車購入事業]」の以上8件につきましては、去る6月12日に市長、副市長、関係部課長の出席のもと審査を行いました。   初めに、議案第50号につきましては、総務部長から詳細な説明を受け、質疑、討論の後、採決を行った結果は、全会一致で原案可決であります。   次に、議案第51号につきましては、総務部長から詳細な説明を受け、質疑、討論の後、採決を行った結果は、全会一致で原案可決であります。   次に、議案第52号につきましては、総務部長から詳細な説明を受け、質疑、討論の後、採決を行った結果は、全会一致で原案可決でございます。   続きまして、議案第59号につきましては、企画部長から詳細な説明を受け、質疑を行いました。   質疑の中では、「更新対象機器は使用期間が5年以上経過したパソコンで、平成12年度から平成15年度に整備しており、リサイクル法施行前のために再資源化料金を支払わなければならない。また、産廃費用も必要と思われるが、契約金額に入っているのか」という質疑に対しまして、「今回の取得価格には入っていない。9月末に納入されるので、それ以後に対応したい」と答弁がございました。また、その際旧パソコン内のデータ消去の方法についての質疑があり、「ハードディスクを破壊するなどの方法で、外部にデータが漏れることのないようにしたい」との答弁がございました。これらのほかにも質疑が展開されましたが、討論の後、採決を行った結果は、全会一致で原案可決でございます。   次に、議案第61号、議案第62号、議案第63号及び議案第64号につきましては、一括議題とし、消防長から一括説明を受けました。   質疑の中で、議案第61号においては、配備についての質疑があり、「栃木県を五つに分けた消防援助体制があり、日光市は鹿沼市と援助体制になっているので、広域で見ても配備は必要である」という答弁がございました。   議案第64号においては、「消防団消防ポンプ自動車3台の一括購入で価格への影響は」との質疑がございまして、「3台は、湯元、野口、足尾掛水の車両でホイールベースが短い等仕様が同じなので、一括購入することによる効果はあった」と答弁がございました。   これらのほかにも活発な質疑が展開されましたが、討論の後、採決を行った結果は、全会一致で原案可決であります。   以上、総務常任委員会審査結果についてご報告を終わります。 ○田井哲議長 委員長の報告が終わりました。   本案については、質疑、討論の通告がありませんので、これより採決いたします。   議案第50号「日光市防災会議条例の一部を改正する条例の制定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。                  〔起立全員〕 ○田井哲議長 起立全員であります。   よって、議案第50号は原案のとおり可決されました。   議案第51号「日光市行政財産使用料条例及び日光市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。                  〔起立全員〕 ○田井哲議長 起立全員であります。   よって、議案第51号は原案のとおり可決されました。   議案第52号「日光市公有財産処理委員会設置条例及び日光市農村地域工業等導入促進審議会条例の一部を改正する条例の制定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。                  〔起立全員〕 ○田井哲議長 起立全員であります。   よって、議案第52号は原案のとおり可決されました。   議案第59号「財産の取得について[日光市職員情報端末機器整備事業]」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。                  〔起立全員〕 ○田井哲議長 起立全員であります。   よって、議案第59号は原案のとおり可決されました。   議案第61号「財産の取得について[災害対応特殊はしご付消防ポンプ自動車購入事業]」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。                  〔起立全員〕 ○田井哲議長 起立全員であります。   よって、議案第61号は原案のとおり可決されました。   議案第62号「財産の取得について[水槽付消防ポンプ自動車購入事業]」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。                  〔起立全員〕 ○田井哲議長 起立全員であります。   よって、議案第62号は原案のとおり可決されました。   議案第63号「財産の取得について[災害対応特殊救急自動車購入事業]」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。                  〔起立全員〕 ○田井哲議長 起立全員であります。
      よって、議案第63号は原案のとおり可決されました。   議案第64号「財産の取得について[消防団消防ポンプ自動車購入事業]」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。                  〔起立全員〕 ○田井哲議長 起立全員であります。   よって、議案第64号は原案のとおり可決されました。                                                △議案54号の委員会審査結果報告、質疑、討論、採決 ○田井哲議長 日程第3、議案第54号についてを議題とし、民生環境常任委員会の審査結果について報告を求めます。   阿部博美委員長。                  〔阿部博美民生環境常任委員長登壇〕 ◎阿部博美民生環境常任委員長 民生環境常任委員会の審査結果について、ご報告申し上げます。   本委員会に付託された事件のうち、議案第54号「日光市予防接種健康被害調査委員会条例の一部を改正する条例の制定について」は、去る6月11日、市長、副市長、所管部課長等の出席のもとに審査を行い、議案内容について、健康福祉部長から詳細な説明を受けました。質疑、討論の後、採決を行った結果は、全会一致で原案可決であります。   以上で審査結果についてのご報告を終わります。 ○田井哲議長 委員長の報告が終わりました。   本案については、質疑、討論の通告がありませんので、これより採決いたします。   議案第54号「日光市予防接種健康被害調査委員会条例の一部を改正する条例の制定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。                  〔起立全員〕 ○田井哲議長 起立全員であります。   よって、議案第54号は原案のとおり可決されました。                                                △陳情第3号及び陳情第4号の委員会審査結果報告、質疑、討論、採決 ○田井哲議長 日程第4、陳情第3号及び陳情第4号についてを一括議題とし、民生環境常任委員会の審査結果について報告を求めます。   阿部博美委員長。                  〔阿部博美民生環境常任委員長登壇〕 ◎阿部博美民生環境常任委員長 民生環境常任委員会の審査結果について、ご報告申し上げます。   本委員会に付託された事件のうち、陳情第3号「『障害者自立支援法』の緊急見直しを求める意見書の採択を求める陳情」及び陳情第4号「医師看護師不足対策に関する陳情」の以上2件につきましては、去る6月11日に審査を行いました。   初めに、陳情第3号につきましては、陳情内容について慎重に審査を行いました。その結果は、「障がい者施設等においても、利用料等が大きな負担となっている。応益負担は財政的に問題もあるかもしれないが、障がい者の負担等を考えると、陳情者の願意は妥当である」との結論に達し、全会一致をもって「採択するべきもの」と決定いたしました。   次に、陳情第4号につきましては、同日及び12日の2日間、陳情内容を十分検討し、審査を行いました。11日の審査は、採決には至らず、さらに詳細な調査研究をする必要があるとの意見があり、会期中に再度委員会を開催し、引き続き審査することとしました。   審査2日目の12日は、各委員で調査研究をした結果を踏まえ、審査を行いました。審査の過程においては、「地域格差・医療格差が全国的に問題となっている。法の見直しは、時代に合ったものにするよう陳情するもの。このような声は国に伝えるべきである」と本陳情に賛同する意見の一方で、「趣旨には賛同する部分もあるが、陳情項目は、看護従事者の待遇改善が強く要望されている。日光市の実情と合わない。看護従事者の待遇だけではなく、広範囲の医療の充実を求めてほしい」と本陳情に賛同しない意見がありました。   意見が出尽くしたところで採決をした結果、採択することに賛成の委員が少数でしたので、「不採択とすべきもの」と決定いたしました。   なお、意見交換の中で、「本陳情は不採択とした上で、日光市でも医師看護師不足は問題であり、日光市の実情に合った独自の意見書を、この陳情とは別に議員議案として提出する必要がある」という意見もありましたので、申し添えます。   以上で審査結果についてのご報告を終わります。 ○田井哲議長 委員長の報告が終わりました。   本案については質疑、討論の通告がありませんので、これより採決いたします。   陳情第3号「『障害者自立支援法』の緊急見直しを求める意見書の採択を求める陳情」についての委員長報告は採択であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。                  〔起立全員〕 ○田井哲議長 起立全員であります。   よって、陳情第3号については委員長報告のとおり採択と決まりました。   陳情第4号「医師看護師不足対策に関する陳情」についての委員長報告は不採択であります。   そこで、原案についてお諮りいたします。本陳情を採択することに賛成の議員の起立を求めます。                  〔起立少数〕 ○田井哲議長 起立少数であります。   よって、陳情第4号については不採択と決まりました。   ここで暫時休憩をいたします。                                       (午前10時24分)                                                ○田井哲議長 休憩前に引き続き会議を開きます。                                       (午前10時35分)                                                △日程の追加 ○田井哲議長 ここで、お諮りいたします。   ただいまお手元に配付いたしましたとおり、議員議案第4号、議員議案第5号及び議員議案第6号が提出されました。   この際、これを本日の日程に追加し、審議したいと思います。これにご異議ありませんか。                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○田井哲議長 ご異議なしと認めます。   よって、議員議案第4号、議員議案第5号及び議員議案第6号を日程に追加し、審議することに決まりました。                                                △議員議案第4号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○田井哲議長 日程第5、議員議案第4号についてを議題とし、事務局長に朗読させます。   なお、意見書の朗読は省略いたします。                  〔事務局長朗読〕 ○田井哲議長 上程議案について、提出者の説明を求めます。   4番、星 貞光議員。                  〔4番 星 貞光議員登壇〕 ◎4番(星貞光議員) 議員議案第4号の提案理由について、ご説明申し上げます。   昨年4月、障害者自立支援法が施行されました。所得に応じて負担する「応能負担」に変わって、サービスの量に応じた「応益負担」が導入されるとともに、障がい者の就労を進め自立を支援する、すなわち障がい者がもっと働ける社会を目指して制定された法律です。しかし、この間、私たちが耳にしたものは、障がいのある方々が、通所や介護などの必要なサービスを減らす、さらには生活費を削るといった深刻な影響です。また、ホームヘルプ事業者やグループホームなど障がいのある人々の地域生活を支えてきた所も、大幅な減収などで経営困難に陥っており、これらの状況は、当市においても何ら異なるところがありません。   法律施行後、一定の改善策がとられたとはいえ、およそ法律の趣旨とは異なる状況を招いていると言わざるを得ません。   以上のことから、障がい者の意見を十分に反映するとともに、障がい者の生活の安定を図るため、応益負担の抜本的な見直し改善や就労支援の一層の拡充を図り、障がい者の所得向上とさらに障がい者の定義の見直し検討など、積極的対策を講じる必要があります。障害者福祉制度を改善、充実させるため、意見書を提出しますので、各員のご賛同を願うものであります。 ○田井哲議長 提出者の説明が終わりました。   議員議案第4号については、委員会付託を省略し、質疑、討論の後、採決したいと思いますが、これにご異議ありませんか。                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○田井哲議長 ご異議なしと認め、これより質疑を行います。   質疑はありませんか。                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○田井哲議長 質疑なしと認め、討論を行います。                  〔「原案賛成」と呼ぶ者あり〕 ○田井哲議長 討論を終結し、採決いたします。   議員議案第4号「『障害者自立支援法』の緊急見直しを求める意見書の提出について」は、原案のとおり提出することに賛成の議員の起立を求めます。                  〔起立全員〕 ○田井哲議長 起立全員であります。   よって、議員議案第4号は原案のとおり提出することに決まりました。                                                △議員議案第5号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○田井哲議長 日程第6、議員議案第5号についてを議題とし、事務局長に朗読させます。   なお、意見書の朗読は省略いたします。                  〔事務局長朗読〕 ○田井哲議長 上程議案について、提出者の説明を求めます。   民生環境常任委員会、阿部博美委員長。                  〔阿部博美民生環境常任委員長登壇〕 ◎阿部博美民生環境常任委員長 会議規則第14条第2項の規定により民生環境常任委員会として提出する議員議案第5号の提案理由を申し述べます。   近年、全国的に特に産婦人科、小児科などにおける医師不足が深刻な問題となっております。また、看護師も同様で、需要に供給が追いつかない状況にあり、さらに、本市においては、へき地診療対策も不十分であります。地域住民が安心して生活するためには、いつでも、だれでも安全で安心できる医療看護が受けられるようにすることが重要であり、こうした医師看護師不足問題の解消は喫緊の課題であります。よって、国及び政府に対して医療の地域格差が生じないよう抜本的な地域医療体制の再構築を図るため、安心できる地域医療体制の確保を求めるものであります。   以上、提出いたしました案件の説明といたします。議員各位のご賛同を願うものであります。 ○田井哲議長 提出者の説明が終わりました。   議員議案第5号については、質疑、討論の後、採決したいと思いますが、これにご異議ありませんか。                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○田井哲議長 ご異議なしと認め、これより質疑を行います。   質疑はありませんか。                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○田井哲議長 質疑なしと認め、討論を行います。                  〔「原案賛成」と呼ぶ者あり〕
    ○田井哲議長 討論を終結し、採決いたします。   議員議案第5号「安心できる地域医療体制の確保を求める意見書の提出について」は原案のとおり提出することに賛成の議員の起立を求めます。                  〔起立全員〕 ○田井哲議長 起立全員であります。   よって、議員議案第5号は原案のとおり提出することに決まりました。                                                △議員議案第6号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○田井哲議長 日程第7、議員議案第6号についてを議題とし、事務局長に朗読させます。   なお、意見書の朗読は省略いたします。                  〔事務局長朗読〕 ○田井哲議長 上程議案について、提出者の説明を求めます。   27番、山越一治議員。                  〔27番 山越一治議員登壇〕 ◎27番(山越一治議員) 議員議案第6号「年金問題への速やかな対応策を求める意見書の提出について」提案理由を説明いたします。   わが国における公的年金制度を信頼し、国民一人ひとりがこの国において、年金を積み立てています。国の政策の目的の一つとして、国民の高齢期等における自立した生活を支える為の重要な財源確保が大きな目的と考えます。   ところが、社会保険庁の年金保険料の納付記録の管理が、前代未聞のずさんな実態が、明らかになりました。その結果、保険料を納めたのに受給資格を満たさない方や、本来の受給額より少ない額しか受け取っていない方が、大勢いることが判明してきました。   この社会的問題によって、国民社会保険庁への不信感や年金への不安が急速に高まり、波紋のように広まっています。   よって本議会は、国に対して、国民の年金を守る為にも、徹底した年金記録の調査を行い、加入者が納付した保険料に見合った年金を確実に受給できるように、早期に対応策を実施するよう、強く要望するものであります。   以上の理由から、「年金問題への速やかな対応策を求める意見書」を提出するものであります。   提出先につきましては、内閣総理大臣厚生労働大臣総務大臣衆議院議長参議院議長あてに、それぞれ提出するものであります。   各議員の皆さんのご賛同を、お願いいたします。 ○田井哲議長 提出者の説明が終わりました。   議員議案第6号については、委員会付託を省略し、質疑、討論の後、採決したいと思いますが、これにご異議ありませんか。                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○田井哲議長 ご異議なしと認め、これより質疑を行います。   質疑はありませんか。                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○田井哲議長 質疑なしと認め、討論を行います。                  〔「原案賛成」と呼ぶ者あり〕 ○田井哲議長 討論を終結し、採決いたします。   議員議案第6号「年金問題への速やかな対応策を求める意見書の提出について」は、原案のとおり提出することに賛成の議員の起立を求めます。                  〔起立全員〕 ○田井哲議長 起立全員であります。   よって、議員議案第6号は原案のとおり提出することに決まりました。                                                △閉会の宣告 ○田井哲議長 以上で今定例会に付議された事件はすべて議了いたしました。   これをもちまして平成19年第2回日光市議会定例会を閉会いたします。                                       (午前10時48分)