神栖市議会 > 2018-06-25 >
06月25日-05号

ツイート シェア
  1. 神栖市議会 2018-06-25
    06月25日-05号


    取得元: 神栖市議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-13
    平成30年  6月 定例会(第2回)        平成30年第2回神栖市議会定例会会議録議事日程(第5号)  平成30年6月25日(月)午後2時開議日程第1 議案第1号 神栖市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例     議案第2号 神栖市介護保険条例の一部を改正する条例     議案第3号 平成30年度神栖市一般会計補正予算(第2号)     議案第4号 工事請負契約の締結について           ・30・31神栖市立神栖第二中学校校舎増築工事     議案第5号 工事請負契約の締結について           ・神栖市立中央図書館空調設備改修工事     議案第6号 神栖市道路線の認定について     議案第7号 損害賠償の額を定め、和解することについて     議案第8号 神栖市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例           〔教育福祉委員会及び都市環境委員会並びに予算決算常任委員会委員長報告・質疑・討論・採決〕日程第2 報告第1号 平成29年度神栖市一般会計継続費繰越計算書日程第3 報告第2号 平成29年度神栖市一般会計繰越明許費繰越計算書日程第4 報告第3号 平成29年度神栖市一般会計事故繰越し繰越計算書日程第5 報告第4号 平成29年度神栖市公共下水道事業特別会計継続費繰越計算書日程第6 報告第5号 平成29年度神栖市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書日程第7 報告第6号 平成29年度神栖市水道事業会計予算繰越計算書日程第8 報告第7号 公益財団法人神栖市文化・スポーツ振興公社の平成29年度事業報告及び決算並びに平成30年度事業計画及び収支予算について           〔質疑・報告〕日程第9 閉会中の継続審査の件日程第10 閉会中の所管事務調査件-----------------------------------本日の会議に付した案件日程第1 議案第1号 神栖市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例     議案第2号 神栖市介護保険条例の一部を改正する条例     議案第3号 平成30年度神栖市一般会計補正予算(第2号)     議案第4号 工事請負契約の締結について           ・30・31神栖市立神栖第二中学校校舎増築工事     議案第5号 工事請負契約の締結について           ・神栖市立中央図書館空調設備改修工事     議案第6号 神栖市道路線の認定について     議案第7号 損害賠償の額を定め、和解することについて     議案第8号 神栖市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例           〔教育福祉委員会及び都市環境委員会並びに予算決算常任委員会委員長報告・質疑・討論・採決〕日程第2 報告第1号 平成29年度神栖市一般会計継続費繰越計算書日程第3 報告第2号 平成29年度神栖市一般会計繰越明許費繰越計算書日程第4 報告第3号 平成29年度神栖市一般会計事故繰越し繰越計算書日程第5 報告第4号 平成29年度神栖市公共下水道事業特別会計継続費繰越計算書日程第6 報告第5号 平成29年度神栖市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書日程第7 報告第6号 平成29年度神栖市水道事業会計予算繰越計算書日程第8 報告第7号 公益財団法人神栖市文化・スポーツ振興公社の平成29年度事業報告及び決算並びに平成30年度事業計画及び収支予算について           〔質疑・報告〕日程第9 閉会中の継続審査の件日程第10 閉会中の所管事務調査件出席議員(21人) 議長 23番  藤田昭泰君  副議長 13番  後藤潤一郎君     1番  神崎誠司君       2番  小野田トシ子君     3番  田谷正夫君       5番  須田光一君     6番  石井由春君       7番  額賀 優君     8番  高橋佑至君       9番  村田康成君    11番  西山正司君      12番  遠藤貴之君    14番  五十嵐清美君     15番  佐藤節子君    16番  関口正司君      17番  飯田耕造君    19番  木内敏之君      20番  大槻邦夫君    21番  泉 純一郎君     22番  宮川一郎君    25番  長谷川 隆君-----------------------------------欠席議員(なし)-----------------------------------説明のため出席した者       市長           石田 進君       副市長          石川祐治君       教育長          新橋成夫君       総務部長         狭山利和君       企画部長         鈴木秋利君       波崎総合支所長      篠塚和美君       健康福祉部長       島田弘美君       生活環境部長       沼田 実君       都市整備部長       安藤 清君       産業経済部長       古徳正浩君       会計管理者        栗林文男君       教育部長         卯月秀一君       政策監兼政策企画課長   飯野英樹君       医療対策監        藤枝昭司君       危機管理監        飯塚幸雄君       総務課長         青野寿幸君       秘書課長         大塚伸一郎君       財政課長         笹本和好君       水産・地域整備課長    安藤清之君       福祉事務所長       畠山 修君       社会福祉課長       太田正明君       防災安全課長       山本 実君       都市計画課長       竹内弘人君       施設管理課長       佐々木 信君       下水道課長        岡野雅文君       農林課長         猿田克巳君       水道課長         出沼和弘君       教育総務課長       野口修一君       文化スポーツ課長     小貫藤一-----------------------------------議会事務局出席者       議会事務局長       宮本 孝       議事課長         比嘉年美       議事課課長補佐      宮沢公司 △開議 午後1時59分 △開議の宣告 ○議長(藤田昭泰君) これから本日の会議を開きます。----------------------------------- △諸般の報告 ○議長(藤田昭泰君) 諸般の報告をいたします。 まず、教育福祉委員会委員長及び都市環境委員会委員長並びに予算決算常任委員会委員長から委員会審査報告書が提出されております。その写しをお手元に配布してあります。 次に、教育福祉委員会委員長から閉会中の継続審査申出書が提出されておりますので、その写しをお手元に配布してあります。 次に、各常任委員会並びに議会運営委員会から閉会中における所管事務調査の申し出がありましたので、その一覧表をお手元に配布してあります。 次に、市長から情報提供に係る申し入れに対する回答書の提出がありましたので、その写しをお手元に配布してあります。それぞれご覧おき願います。 以上でございます。----------------------------------- △日程第1 議案第1号 神栖市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例 △議案第2号 神栖市介護保険条例の一部を改正する条例 △議案第3号 平成30年度神栖市一般会計補正予算(第2号) △議案第4号 工事請負契約の締結について       ・30・31神栖市立神栖第二中学校校舎増築工事 △議案第5号 工事請負契約の締結について       ・神栖市立中央図書館空調設備改修工事 △議案第6号 神栖市道路線の認定について △議案第7号 損害賠償の額を定め、和解することについて △議案第8号 神栖市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例 ○議長(藤田昭泰君) 議事日程に入ります。 日程第1、議案第1号ないし議案第8号を一括して議題といたします。 これより、教育福祉委員会委員長及び都市環境委員会委員長並びに予算決算常任委員会委員長から報告を求めます。 はじめに、教育福祉委員会委員長から同委員会の審査の経過及び結果の報告を求めます。 委員長、8番、高橋佑至議員-----------------------------------                           平成30年6月25日 神栖市議会 議長 藤田昭泰様                         教育福祉委員会                           委員長 高橋佑至               教育福祉委員会審査報告書 本委員会に付託された議案は、審査の結果、下記のとおり決定したので、神栖市議会会議規則第110条の規定により報告します。                   記議案番号件名審査の結果議案第1号神栖市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例原案可決議案第2号神栖市介護保険条例の一部を改正する条例原案可決議案第4号工事請負契約の締結について ・30・31神栖市立神栖第二中学校校舎増築工事原案可決議案第5号工事請負契約の締結について ・神栖市立中央図書館空調設備改修工事原案可決議案第7号損害賠償の額を定め、和解することについて原案可決議案第8号神栖市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例原案可決               主な発言の要旨 〔議案第1号〕 問 条例改正は職員の質の向上につながるか。 答 放課後児童クラブに5年間従事し、スキルもあり、子どもとの関係性も良好であることから、職員の質が向上するものと考えます。 〔議案第2号〕 問 条例の改正で平成30年8月1日から保険料が下がるのは何人か。 答 16人です。 〔議案第4号〕 問 入札制度改正によって平成29年度よりも、落札率が下がったことの見解を伺いたい。 答 落札率の変動は、競争の結果であると判断しています。 問 校舎増築の設計にエアコンの設置が含まれているか、また、校舎の完成時期を伺いたい。 答 エアコンの設置は設計に含まれており、校舎の完成は平成32年3月の予定です。 〔議案第5号〕 問 工事を分離発注としなかった理由を伺いたい。 答 この工事は新築ではなく、改修工事であるため、一括発注としたものです。 〔議案第7号〕 問 薪割り体験安全確認はどのように行ったのか。 答 児童体験交流事業の実施にあたっては、担当があらかじめ企画等をして、この事業が出来るかどうか現地視察など確認を行います。また、薪割りはグループごとに指導員が付いて、正しい薪割りの指導を行いました。 問 市に責任があると判断した根拠を伺いたい。 答 市が実施した事業の中で起きた事故であるため、市には児童の行動に対する監督責任が あり、怪我の要因となったナタの管理といった安全管理上の義務に対して過失がないとは言えないことから、弁護士のアドバイスを受け、市と児童の過失割合を判断しました。-----------------------------------     〔教育福祉委員会委員長 高橋佑至君 登壇〕 ◆教育福祉委員会委員長高橋佑至君) ただいま、議長からご指名がございましたので、教育福祉委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げます。 本委員会に付託されました議案等は、議案第1号 神栖市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例のほか6件であり、去る6月18日に委員会を開催し、市長をはじめ、教育長ほか関係部課長等の出席のもと、慎重な審査を行いました。 付託された議案で特に論議の対象となりましたのは、議案第1号では、職員の質の向上について、議案第2号では、保険料の引き下げ対象者について、議案第4号では、入札制度と落札率について、議案第5号では、工事の発注方法について、議案第7号では、体験交流事業安全確認についてなどであり、休憩中を含め、執行部との間で活発な質疑応答が交わされました。 慎重審査の結果、議案第1号、議案第4号、議案第5号及び議案第7号並びに議案第8号は、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものに、議案第2号は、起立採決により原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。また、請願第1号については、さらに慎重な審査、調査をするため、継続審査とさせていただきました。 以上、審査の経過と結果について申し上げましたが、本委員会の決定に対しまして、議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げ、報告を終わります。 ○議長(藤田昭泰君) 次に、都市環境委員会委員長から、同委員会の審査の経過及び結果の報告を求めます。 委員長、7番、額賀優議員-----------------------------------                           平成30年6月25日 神栖市議会 議長 藤田昭泰様                         都市環境委員会                           委員長 額賀 優               都市環境委員会審査報告書 本委員会に付託された議案は、審査の結果、下記のとおり決定したので、神栖市議会会議規則第110条の規定により報告します。                   記議案番号件名審査の結果議案第6号神栖市道路線の認定について原案可決               主な発言の要旨 〔議案第6号〕 問 市道8-1805号線の譲与はなぜこの時期なのか。 答 平成30年2月6日に隣接地との境界が確定したためです。 問 道路用地として茨城県から移譲を受けていないものはあるのか。 答 境界が確定していない道路はいくつかあります。 問 道路の寄附における砂利採取の有無について伺いたい。 答 道路を寄附してもらう場合は、地盤調査を必ず行ってから提出してもらうため、基準値以下のものについては受領していません。 問 道路の寄附基準について伺いたい。 答 市が行う道路整備基準に従った構造等で整備していただいた後、寄附を受領することになっています。 問 年間の市道認定数を伺いたい。 答 過去3年間の件数では、平成27年度が4路線、28年度が6路線、29年度が13路線となります。-----------------------------------     〔都市環境委員会委員長 額賀 優君 登壇〕 ◆都市環境委員会委員長(額賀優君) ただいま議長からご指名がございましたので、都市環境委員会における審査の経過と結果についてご報告を申し上げます。 本委員会に付託されました議案は、議案第6号 神栖市道路線の認定についての1件であり、去る6月18日に委員会を開催し、市長をはじめ、副市長ほか関係部課長等の出席のもと、慎重な審査を行いました。 付託された議案で特に論議の対象となりましたのは、市道8-1805号線の譲与の時期について、道路の寄附における砂利採取の有無について、年間の市道認定数についてなどであり、休憩中を含め、執行部との間で活発な質疑応答が交わされました。 慎重審査の結果、付託された議案は、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。 以上、審査の経過と結果について申し上げましたが、本委員会の決定に対しまして、議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げ、報告を終わります。
    ○議長(藤田昭泰君) 次に、予算決算常任委員会委員長から、同委員会の審査の経過及び結果の報告を求めます。 委員長、6番、石井由春議員-----------------------------------                           平成30年6月25日 神栖市議会 議長 藤田昭泰様                         予算決算常任委員会                           委員長 石井由春               予算決算常任委員会審査報告書 本委員会に付託された議案は、審査の結果、下記のとおり決定したので、神栖市議会会議規則第110条の規定により報告します。                   記議案番号件名審査の結果議案第3号平成30年度神栖市一般会計補正予算(第2号)原案可決               主な発言の要旨総務産業分科会 〔議案第3号〕 問 スポーツ施設活用計画策定委託は、いつまでにどのようなものが出来上がるのか。 答 平成30年度中の完了を計画しています。事業の内容は、市の運動施設利用状況、利用者や宿泊関係者などの意向調査を行い、運動施設利活用方策提案業務利活用方策PR業務おもてなし業務などのソフト事業の計画と併せて事業費の算出等のコンサルタント業務を行うものです。 問 スポーツ施設活用計画策定委託の結果をどのように活用していくのか。 答 スポーツツーリズムの推進を関係者と協議しながら今後進めていきます。 問 コンサルタント業務が入ってくると他の自治体と同様な取組みになりかねないが、どのように進めていくのか。 答 スポーツツーリズムの推進にあたっては、当市はサッカー合宿が非常に盛んなため、旅館業関係者体育協会等のこれまでの経験、知識をお聞きしながら、それを活かしたものをつくっていきたいと考えています。 問 市の運動施設利用状況は市で把握していると思うが、改めて調査し直すのか。 答 文化・スポーツ振興公社を中心に施設の利用状況はまとめられていますが、詳細の把握が十分ではありません。 問 スポーツ施設活用計画策定委託の契約は、入札で行うのか、随意契約となるのか。 答 業者の選定方法は、公募型プロポーザル方式を考えています。 問 生活保護システム改修委託料について、具体的に生活保護法がどの様に変わるのか。 答 生活扶助費の見直し、児童養育加算の見直し、母子加算の見直し、就労自立給付金の見直し、進学準備給付金の創設、生活扶助費を3年かけて減額することです。 問 進学準備給付金は、生活保護世帯の子どもの大学の奨学金等も入っているのか。 答 大学に進学した際の一時金の給付になります。自宅通学の場合10万円、自宅外通学の場合30万円となります。-----------------------------------     〔予算決算常任委員会委員長 石井由春君 登壇〕 ◆予算決算常任委員会委員長石井由春君) ただいま議長からご指名がございましたので、予算決算常任委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げます。 本委員会に付託されました議案は、議案第3号 平成30年度神栖市一般会計補正予算(第2号)の1件であり、去る6月15日に委員会を開催し、市長をはじめ、副市長、教育長ほか関係部長等の出席のもと、本委員会に総務産業分科会を設置し、議案を分科会に送付して審査を行うことといたしました。 まず、6月18日に総務産業分科会を開催し、関係部課長等から詳細なる説明を受け、慎重な審査を行いました。これを受け、本日、本委員会を開催し、分科会委員長から審査の経過の報告を求め、分科会委員長報告に対する質疑を行いました。 慎重審査の結果、付託された議案は、起立採決により原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。 以上、審査の経過と結果について申し上げましたが、本委員会の決定に対しまして、議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げ、報告を終わります。 ○議長(藤田昭泰君) 以上で委員長報告を終わります。 これより委員長報告に対する質疑に入ります。--質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 これより討論に入ります。 まず、議案第1号 神栖市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより、議案第1号 神栖市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例を採決いたします。 本案に対する委員長報告原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(藤田昭泰君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第2号 神栖市介護保険条例の一部を改正する条例に対する討論に入ります。 本案に対する反対討論の通告がありますので、これを許可いたします。 16番、関口正司議員。     〔16番 関口正司君 登壇〕 ◆16番(関口正司君) 討論に先立ち、一言述べさせていただきます。 6月議会は、国会の国政と世界への対応が、国民の願いを無視し、立憲主義破壊国政私物化の大混乱の中で開催されました。提案された議案も、その国政に無関係ではありません。立憲主義破壊では、2014年の集団的自衛権に始まり、戦争法、共謀罪など強行採決。その極めつけが、2018年の公文書改ざん、廃棄、隠蔽、虚偽答弁など、国民の前で平然と続け、同じ時期に国政私物化モリカケ事件、赤信号を無視してモリカケ事故を起こして逃亡どころか居座って開き直るような、法治国家の国会とは到底考えられません。ここから出される法案が、国民に重税を課し、負担は、乾いた雑巾を絞るように剥ぎ取るようなことばかり、軍事費は拡大する一方です。イラク戦争のコストを考える米議会の専門誌「ザ・ヒル」3月13日号によれば、対テロ戦争の死者は35万人強、米国の戦費は5兆6千億ドル、約600兆円に達し、安価で容易な戦争はないとしています。北朝鮮問題でも、対話否定、軍事力行使容認の安倍政権は、置き去りにされる日本とニューヨークタイムズに皮肉られる始末です。我々地方議員はじめ行政の職員の現在の主要な任務は、この中央政府の悪政をただすため国に要求し、市民の命と暮らしを守ることを最優先課題として訴えます。 その上で、2号議案に反対いたします。 保険料算定に当たって、所得計算特別控除新改定実施に反対するものではありません。このことがこれまで除外されていたことをむしろ不当であることを証明したものであり、当然のことです。それ以前に2000年から始まった介護保険制度、改定のたびに保険料が引き上げられ、利用料も引き上げられ、サービスは削減され、改悪もどんどん進められ、保険制度でありながら一方的に国の都合で改悪されて、国家的詐欺と言われるまでになりました。保険制度になるまでは福祉として介護を受けられていたものが、心配していたように、第二の国保の状況以上に改悪されてしまい、保険料を払いながらも十分なサービスが受けられないような事態が生まれてきています。 本改定はそれらをわかりにくくするもので、負担の軽減は、ほんの一部の人にしか恩恵がありません。今すべきことは、国庫負担を国に増やすよう求め、保険料の引き下げ、利用料の1割負担に戻して、安心して介護を受けられるよう改善することです。そしてその財源は、地方税を減税しても、生活費に課税をなくしても、不公平税制の改善、憲法違反の軍事費削減で十分賄えます。そのことを国に要求することを提案し、反対討論といたします。 ○議長(藤田昭泰君) ほかに討論ございませんか。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより、議案第2号 神栖市介護保険条例の一部を改正する条例を採決いたします。 採決は起立により行います。 本案に対する委員長報告原案可決であります。 お諮りいたします。 本案に賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(藤田昭泰君) 起立多数であります。 よって、本案は可決されました。 次に、議案第3号 平成30年度神栖市一般会計補正予算(第2号)に対する討論に入ります。 本案に対する反対討論の通告がありますので、これを許可いたします。 16番、関口正司議員。     〔16番 関口正司君 登壇〕 ◆16番(関口正司君) 3号議案に反対いたします。これまでの本会議、委員会質疑で課題は明らかになっていますが、一言述べさせていただきます。 生活保護費の引き下げ関連等改定法案であり、反対するものです。2013年度の引き下げで最低限度の生活ができなくなっているのに、さらに引き下げなど到底許されません。今度の削減は、子どものいる世帯に削減幅が大きく、子育て支援と真逆の方向に進めようとしています。2013年度の引き下げに続くもので、今回は一部引き上げられる部分もありますが、健康で文化的な生活にはほど遠いものになっています。 生活保護を受けている方への偏見がありますが、若くて健康なときは大概のことでは驚きませんが、高齢になれば病気にもなります。元気でも、若いときのようには動けません。ましてや病気やけが、治療でもするならばどうにもなりません。それほど社会保障が諸外国に比べて格段に遅れているからです。そのときのためのセーフティーガードです。 それと、あらゆる水準の基準になっています。この項目は47項目とも言われ、公務員の給料や各種の給付などにも関連してきます。決して他人事ではありません。引き下げは、回り回って市民の生活水準を引き下げることになります。 貧困と格差が天文学的に広がっている今、貧困になればなるほど、人をうらやむ気持ちが出てきます。今こそ力を合わせ、政治を変え、国民の暮らしの底上げをすることです。そのためにも、憲法を守り、戦争反対、福祉を守り、社会保障の充実を求め、自治体が積極的に声を上げることを提言し、反対討論といたします。 ○議長(藤田昭泰君) ほかに討論ございませんか。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより、議案第3号 平成30年度神栖市一般会計補正予算(第2号)を採決いたします。 採決は起立により行います。 本案に対する委員長報告原案可決であります。 お諮りいたします。 本案に賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(藤田昭泰君) 起立多数であります。 よって、本案は可決されました。 次に、議案第4号 工事請負契約の締結について、30・31神栖市立神栖第二中学校校舎増築工事に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第4号 工事請負契約の締結について、30・31神栖市立神栖第二中学校校舎増築工事を採決いたします。 本案に対する委員長報告原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(藤田昭泰君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第5号 工事請負契約の締結について、神栖市立中央図書館空調設備改修工事に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第5号 工事請負契約の締結について、神栖市立中央図書館空調設備改修工事を採決いたします。 本案に対する委員長報告原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(藤田昭泰君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第6号 神栖市道路線の認定についてに対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第6号 神栖市道路線の認定についてを採決いたします。 本案に対する委員長報告原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(藤田昭泰君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第7号 損害賠償の額を定め、和解することについてに対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第7号 損害賠償の額を定め、和解することについてを採決いたします。 本案に対する委員長報告原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(藤田昭泰君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第8号 神栖市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第8号 神栖市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。 本案に対する委員長報告原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(藤田昭泰君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第2 報告第1号 平成29年度神栖市一般会計継続費繰越計算書 ○議長(藤田昭泰君) 日程第2、報告第1号 平成29年度神栖市一般会計継続費繰越計算書の件を議題といたします。 本件につきましては報告案件でございますが、質疑はありませんか。--質疑がないようですから、本件はこれをもって報告済みといたします。----------------------------------- △日程第3 報告第2号 平成29年度神栖市一般会計繰越明許費繰越計算書 ○議長(藤田昭泰君) 日程第3、報告第2号 平成29年度神栖市一般会計繰越明許費繰越計算書の件を議題といたします。 本件につきましても報告案件でございますが、質疑はございませんか。--質疑がないようですから、本件はこれをもって報告済みといたします。----------------------------------- △日程第4 報告第3号 平成29年度神栖市一般会計事故繰越し繰越計算書 ○議長(藤田昭泰君) 日程第4、報告第3号 平成29年度神栖市一般会計事故繰越し繰越計算書の件を議題といたします。 本件につきましても報告案件でございますが、質疑はございませんか。--質疑がないようですから、本件はこれをもって報告済みといたします。----------------------------------- △日程第5 報告第4号 平成29年度神栖市公共下水道事業特別会計継続費繰越計算書 ○議長(藤田昭泰君) 日程第5、報告第4号 平成29年度神栖市公共下水道事業特別会計継続費繰越計算書の件を議題といたします。 本件につきましても報告案件でございますが、質疑はございませんか。--質疑がないようですから、本件はこれをもって報告済みといたします。----------------------------------- △日程第6 報告第5号 平成29年度神栖市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書 ○議長(藤田昭泰君) 日程第6、報告第5号 平成29年度神栖市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の件を議題といたします。 本件につきましても報告案件でございますが、質疑はございませんか。--質疑がないようですから、本件はこれをもって報告済みといたします。----------------------------------- △日程第7 報告第6号 平成29年度神栖市水道事業会計予算繰越計算書 ○議長(藤田昭泰君) 日程第7、報告第6号 平成29年度神栖市水道事業会計予算繰越計算書の件を議題といたします。 本件につきましても報告案件でございますが、質疑はございませんか。--質疑がないようですから、本件はこれをもって報告済みといたします。----------------------------------- △日程第8 報告第7号 公益財団法人神栖市文化・スポーツ振興公社の平成29年度事業報告及び決算並びに平成30年度事業計画及び収支予算について ○議長(藤田昭泰君) 日程第8、報告第7号 公益財団法人神栖市文化・スポーツ振興公社の平成29年度事業報告及び決算並びに平成30年度事業計画及び収支予算についてを議題といたします。 本件につきましても報告案件でございますが、質疑の通告がありますので、これを許可いたします。 16番、関口正司議員。 ◆16番(関口正司君) 何点か伺います。 公的業務は、持ち出し、いわゆる税金の支援をしなければならないのが当然のことになっているわけですが、その点で、今は報告案件だけになってしまっていますけれども、それだけに確認をさせていただきます。 利用者、働く人にとって恩恵はどうあるのかをお願いいたします。 まず、平成28年度、2016年と比較した施設の利用人数と利用料金の増減の理由、いわゆる比例的になっていないようですけれども、なぜなのかをお願いいたします。 次に、海浜温水プールにおける総収入、そして総支出、また、職員の状況をお願いいたします。 3つ目が、アリーナが間もなく完成しますが、その場合の海浜温水プールの見通しです。こちらのアリーナのプールのほうが利用しやすくなると思いますが、そういう意味での見通しをお願いいたします。 4番目が、指定管理者の実収入が減っている理由。その分、管理運営受託増額がされているわけですが、その受託増額の理由もお願いいたします。 6つ目に、今後の指定管理者の見通しを伺います。 最後に、施設老朽化に対する今後の見通しですけれども、耐震化の状況などは大丈夫なのかを含めてお願いいたします。 以上です。 ○議長(藤田昭泰君) 文化スポーツ課長。 ◎文化スポーツ課長小貫藤一君) ただいまの関口議員のご質問にお答えいたします。 平成28年度と比較した施設の利用人数と使用料の増減の理由についてのお尋ねでございますが、平成29年度の文化センターの利用人数は5万5,759人であり、利用料は671万5,942円で、平成28年度と比較しますと1万257人の減、利用料は8万4,981円の増となっております。 利用者数につきましては、平成28年度、参加人数が多かったバレエ発表会やフラダンス発表会、全労済主催の子ども映画上映会等の貸館が平成29年度には申し込みがなかったこと、また、芸術祭開催期間中における台風21号と22号の通過によりまして人数の減少が主な要因でございます。利用料につきましては、施設利用件数が昨年と比べ8件増加したことによるものでございます。 平成29年度の運動施設の利用人数は44万5,429人であり、利用料は3,611万3,440円で、平成28年度と比較いたしますと3万2,739人の減、利用料は16万2,180円の減となっております。 利用者数及び利用料の減少につきましては、海浜庭球場におけるコート8面分の芝張りかえと照明設備の改修工事、また、市民体育館の照明改修工事による休館等が主な要因でございます。 次に、神栖海浜温水プールにおける平成29年度の収入と支出、職員の状況と(仮称)神栖中央公園防災アリーナが完成した場合の神栖海浜温水プールの見通しについてのお尋ねでございますが、海浜温水プールの利用料金収入は1,105万1,600円であり、管理費の支出は9,646万7,546円でございます。 職員につきましては、正規職員が8名、臨時職員が1名でございます。 (仮称)神栖中央公園防災アリーナが完成した場合の見通しにつきましては、神栖海浜温水プールを利用している方が防災アリーナの温水プールに移ることなどが予想されることから、海浜温水プールの利用状況に影響があるものと想定はしております。施設が増えることにより市民の利便性は向上されるものと考えておりますが、海浜温水プールにつきましては、これまでの利用状況を保つために、指定管理者と連携を図りながら利用促進に努めてまいります。 次に、文化・スポーツ振興公社の実収入が減っている理由についてのお尋ねでございますが、平成29年度の自主事業収入の実績と平成28年度を比較して申し上げますと、スポーツ振興事業につきましては1万1,400円の減で、ほぼ横ばいでございます。文化振興事業につきましては181万5,108円の減で、主な要因といたしましては、自主事業収入のかなめである文化センターの公演において、入場者数の低調により入場料の収入が伸びなかったことによるものでございます。 次に、管理運営受託収益の増額の理由についてのお尋ねでございますが、管理運営受託収益とは、市からの指定管理運営委託料のことであり、平成29年度は4億1,545万8千円で、平成28年度と比較いたしますと3,268万1千円の増となっております。 増額の理由につきましては、主に職員採用による人件費や、修繕費、委託料等による経費が増額となっているためでございます。 次に、文化・スポーツ振興公社の今後の見通しについてのお尋ねでございますが、振興公社においては、多くの市民が気軽に楽しめる芸術文化の推進や、体力の向上や生涯にわたりスポーツに親しむことができる場の提供など、自主事業を積極的に実施し、市民の福祉に大きく貢献していると認識しております。また、文化協会や体育協会の事務局として加盟団体との連携を図るなど、文化スポーツの振興に欠かすことができない役割も担っております。今後においても、芸術文化活動やスポーツの振興と施設の効率的な管理運営に努め、生きがいづくり、交流の場として市民サービスの向上に寄与していただけるものと考えております。 次に、耐震化状況と施設の老朽化に対する今後の見通しについてのお尋ねでございますが、耐震化につきましては、神栖市建築物耐震改修促進計画の対象建築物となる市民体育館、土合体育館、文化センターの耐震診断を実施しております。その結果、文化センターにおいては、耐震性能が確保されているとの結果を得ておりますが、市民体育館と土合体育館については建物の一部で耐震強度不足が判明しており、土合体育館については耐震補強工事を実施しております。 施設の老朽化対策につきましては、施設の多くが、竣工後長い年月を経過して老朽化が進んでおりますので、本年度において、波崎体育館及び武道館の基礎等調査、文化センターの環境整備等調査を実施し、改修計画を策定してまいります。また、その他の施設につきましても適切な維持管理を実施し、長寿命化により施設の存続を図ってまいります。 私からは以上でございます。 ○議長(藤田昭泰君) 16番、関口正司議員。 ◆16番(関口正司君) 今報告していただきましたが、そうしますと、アリーナは文化・スポーツ振興公社が管理ではないですよね、今度はね。ということになると、さらにこの文化・スポーツ振興公社の収入が減って、持ち出しが増えるんじゃないかという、そういう心配で、それで、見通しはどうですかと伺ったんです。それだけ、1点だけお願いいたします。 あとは要望しておきたいと思うんです。先ほど、温水プールで収入が1,100万何がし、直接の管理支払いが9,600万円近くと言っていましたね。正確な数字はわかりませんけれども。ということは、年間、あのプールだけで8千万円のいわゆる赤字ということになるんですね。その赤字って、公共事業で赤字って言ってはいけないと思うんですけれども、済生会が1億円の赤字と言っていたものですからそう言うんですけれども、そういうことを考えますと、病院の1億円の赤字ということも、そのことを問題視すること自身がおかしいんじゃないかと思います。 こういうことになるわけですから、これがもし直営になった場合、どれぐらいになるのか。たしか職員の給与が、5号俸くらい、5号ぐらい低いということでしたね。あとはほとんど変わらないと思うんです。むしろ今後は、この見通しを伺ったのはそういうことなんですけれども、ぜひ直営を検討していただきたい。これは要望しておきたいと思います。指定管理者の限界が来ます。どこでもそれができなくて、どんどん直営になっているところが、過疎の村や町に行けば行くほどそうなっています。それは当然のことだと思いますので、ぜひ検討していただきたいと思います。 じゃ、その見通しもそういうことでお願いしたいのと、今後、直営にすることを検討していただきたいということだけ要望しておきたいと思います。 ○議長(藤田昭泰君) 文化スポーツ課長。 ◎文化スポーツ課長小貫藤一君) ただいまの関口議員のご質問にお答えいたします。 プールの利用状況につきましては、先ほども申しましたとおり、利用状況を保つために、指定管理者と強化を図りながら利用促進に努めてまいります。 私のほうからは以上でございます。 ○議長(藤田昭泰君) 16番、関口正司議員。 ◆16番(関口正司君) 直営については、直営を検討していただきたいということで要望したいと思うんだけれども、そうじゃなくて、これからの見通しをちょっと伺いたいと言ったのは、アリーナは文化・スポーツ振興公社じゃないんですよ、管理はね。そうすると、その分で今度はこのスポーツ振興公社へのいわゆる負担金が増えて、市のほうの負担が増えるんじゃないですかねって、その見通しだけお願いしますということなんです。 ○議長(藤田昭泰君) 文化スポーツ課長。 ◎文化スポーツ課長小貫藤一君) ただいまの関口議員の質問にお答えいたします。 プールの収入が減った場合の見通しですが、先ほど申しましたように、利用状況が保てるよう、スポーツ振興公社と強化を図りながら利用促進に努めてまいります。 以上でございます。 ○議長(藤田昭泰君) ほかに質疑ございませんか。 8番、高橋佑至議員。 ◆8番(高橋佑至君) 質疑ということで、このいただいている報告の5ページ目、6ページに当たる理事会のことについて伺いたいと思います。 書かれているとおり、理事会が昨年度は6回開かれております。そのことについて、理事の方々がそれ以外で理事として出勤されているのか。例えば常勤なのかどうかということがまず1点。 それと、その理事会に出席されたときに報酬が出ているのか出ていないのか。出ているのであれば、月々でもらっているのか、それとも日当という形でもらっているのかということをお答えください。 ○議長(藤田昭泰君) 文化スポーツ課長。 ◎文化スポーツ課長小貫藤一君) ただいまの高橋議員のご質問にお答えいたします。 理事の出席状況につきましては、皆さん出席しております。 報酬につきましては、1日6千円の日当となっております。あと理事長につきましては、非常勤となっており、報酬については無報酬でございます。 私からは以上でございます。 ○議長(藤田昭泰君) 8番、高橋佑至議員。 ◆8番(高橋佑至君) はい、わかりました。 ここでちょっと、先ほど、理事会以外はないということでよろしいんですよね。理事会のみに出席されていて、日当6千円で、理事長は特別職になって非常勤となり、報酬はいただいていないということでわかりました。 私、こういうことを聞いているのは、理事会のメンバー、次のページ、6ページに書いてありますが、ここで、前も私じゃない方がいろいろとお聞きをしておりましたが、普通公共団体の出資している法人になるわけで、そこの長、普通公共団体の長、ここでいえば神栖市長が、出資を受けている団体の理事会の長をやっているというのは、いささかちょっとどうなんだろうと少し考えさせられてしまうんです。文化・スポーツ振興公社の定則なんかを見ていても、初代理事長であったり副理事長とかという形の記載はありました。この人です、この人ですって。神栖市長が理事長にならなきゃいけないというところの根拠というのが、法律を読んでいても定則を読んでいても余り明確になっていない。理事会で選任するとかそういうのはわかるんですが。だから市長の充て職で理事長になるというのはよくわかるんです。ただ、それが果たして今のこのご時世で、報酬をもらっていないからとか、年6回の理事会しか出ていないんであれば、ほかの方にお任せをして、きちんと報酬を払った上で、今言った、さっきの質問、関口議員からいろいろ質問がありました、そういうことに対して、しっかりと働く人間というのを置いたほうが私はいいと思うんです。 無駄を一掃するということを市長は掲げられております。そのことについて、これは選挙公約でありますから、そこの部分を市長はどのようにお考えなのか。理事長と市長、お金を出す人間と受ける人間の代表がほとんど一緒になってしまっているというところの部分をどういうふうにお考えなのか、所見を伺いたいと思います。 ○議長(藤田昭泰君) 市長。 ◎市長(石田進君) 今の高橋議員の質問にお答えをさせていただきたいと思いますけれども、かねてからこういう状況で、私が市長になって6カ月で、特別私にこういう質問をいただいたのかなと思っているんでありますけれども、私自身は、6カ月余り、そういう点については、今までのやり方をしっかりと踏襲して進めてまいりました。特に、私の公約であります無駄を一掃するということと、このスポーツ振興公社の理事長が市長であるということがイコールなのかなというと、私はそうは思っておりません。それについても、何か問題があるかは、きょうご指摘をいただきましたから調査をいたしますけれども、無駄とこの理事長の職ということは、特にイコールだとは思っておりません。 以上です。 ○議長(藤田昭泰君) ほかに質疑ございませんか。--質疑がないようですから、本件もこれをもって報告済みといたします。----------------------------------- △日程第9 閉会中の継続審査の件 ○議長(藤田昭泰君) 日程第9、閉会中の継続審査の件を議題といたします。 本件につきましては、お手元に配布のとおり、教育福祉委員会から閉会中の継続審査の申し出があったものであります。 請願第1号 地域の幼稚園・保育園へ看護師配置に関する請願についてをお諮りいたします。 本件については、教育福祉委員会からの申し出のとおり、継続審査とすることにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(藤田昭泰君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第10 閉会中の所管事務調査の件 ○議長(藤田昭泰君) 日程第10、閉会中の所管事務調査の件を議題といたします。 本件につきましては、お手元に配布のとおり、各常任委員会及び議会運営委員会から閉会中の所管事務調査の申し出があったものです。 お諮りいたします。 本件について、それぞれ閉会中の所管事務調査に付することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(藤田昭泰君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △閉会の宣告 ○議長(藤田昭泰君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。 平成30年第2回神栖市議会定例会の閉会にあたり、一言ご挨拶申し上げます。 本定例会は去る6月12日に開会され、本日まで14日間の会期でございました。この間、議員各位には多くの重要案件について終始熱心なる審査・審議を賜り、議会運営にご協力いただきましたことに心から敬意を表する次第でございます。 これをもちまして、平成30年第2回神栖市議会定例会を閉会といたします。 本日、大変ご苦労さまでございました。 △閉会 午後2時45分◯朗読を省略した議長の報告-----------------------------------     閉会中の所管事務調査一覧表◯ 総務産業委員会 ・地域振興について ・行財政運営について ・農林水産行政について ・商工観光行政について ・指定管理について ・市民協働について◯ 教育福祉委員会 ・教育行政について ・福祉行政について◯ 都市環境委員会 ・土木行政について ・防災行政について ・生活環境行政について◯ 予算決算常任委員会 ・予算、決算に関すること◯ 議会運営委員会 ・議会運営に関する事項 ・議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項 ・議長の諮問に関する事項 ・次期定例会等の会期及び議事日程等に関する事項地方自治法第123条第2項の規定により署名する                議長                署名議員                署名議員                署名議員...