神栖市議会 > 2015-06-10 >
06月10日-05号

ツイート シェア
  1. 神栖市議会 2015-06-10
    06月10日-05号


    取得元: 神栖市議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-13
    平成27年  6月 定例会(第2回)          平成27年第2回神栖市議会定例会会議録議事日程(第5号)  平成27年6月10日(水)午前10時開議日程第1 議案第1号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例     議案第2号 神栖市運動施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例     議案第3号 平成27年度神栖市一般会計補正予算(第1号)     議案第4号 神栖市道路線の認定について     議案第5号 工事請負契約の締結について           ・27国補神公下第1号工事     議案第6号 工事請負契約の締結について           ・はさき火葬場建替工事     議案第7号 工事請負契約の締結について           ・27国補北公共埠頭1-1号雨水幹線整備第1工区工事     議案第8号 工事請負契約の締結について           ・27北公共埠頭1-1号雨水幹線整備第2工区工事     議案第9号 損害賠償の額を定め、和解することについて           〔各常任委員会委員長報告・質疑・討論・採決〕日程第2 報告第1号 平成26年度神栖市一般会計継続費繰越計算書           ・市街地液状化対策事業(復興)           ・災害避難施設整備事業波崎地区防災拠点施設整備事業)日程第3 報告第2号 平成26年度神栖市一般会計繰越明許費繰越計算書           ・市民協働推進事業市歌編曲謝礼報償金)           ・まち・ひと・しごと創生事業           ・民間保育園振興事業民間保育所等施設整備補助金)           ・公害対策事業測定機器購入費)           ・医療特別対策事業医師確保事業補助金)           ・漁港整備事業施設整備事業負担金)           ・漁港整備事業広域水産物供給基盤整備事業負担金)           ・商工振興事業地域振興券発行事業補助金)           ・商工振興事業子育て家庭応援・シニア応援「プレミアム商品券購入補助事業補助金)           ・観光振興事業歓迎タワー設置工事及び設計監理委託、研修委託)           ・海水浴場開設事業歓迎アーチ設置工事及び設計監理委託)           ・道路橋梁総務費私道災害復旧工事助成金)           ・小学校施設管理事業大野原西小学校プール循環装置及びトイレ改修事業)日程第4 報告第3号 平成26年度神栖市一般会計事故繰越し繰越計算書           ・市有財産有効活用事業土地測量業務委託)           ・漁港整備事業広域水産物供給基盤整備事業負担金)日程第5 報告第4号 平成26年度神栖市公共下水道事業特別会計事故繰越し繰越計算書           ・公共下水道整備事業(雨水)(北公共埠頭雨水幹線整備工事)日程第6 報告第5号 公益財団法人神栖市文化・スポーツ振興公社の平成26年度事業報告及び決算並びに平成27年度事業計画及び収支予算について           〔質疑・報告〕日程第7 閉会中の所管事務調査件---------------------------------------本日の会議に付した案件日程第1 議案第1号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例     議案第2号 神栖市運動施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例     議案第3号 平成27年度神栖市一般会計補正予算(第1号)     議案第4号 神栖市道路線の認定について     議案第5号 工事請負契約の締結について           ・27国補神公下第1号工事     議案第6号 工事請負契約の締結について           ・はさき火葬場建替工事     議案第7号 工事請負契約の締結について           ・27国補北公共埠頭1-1号雨水幹線整備第1工区工事     議案第8号 工事請負契約の締結について           ・27北公共埠頭1-1号雨水幹線整備第2工区工事     議案第9号 損害賠償の額を定め、和解することについて           〔各常任委員会委員長報告・質疑・討論・採決〕日程第2 報告第1号 平成26年度神栖市一般会計継続費繰越計算書           ・市街地液状化対策事業(復興)           ・災害避難施設整備事業波崎地区防災拠点施設整備事業)日程第3 報告第2号 平成26年度神栖市一般会計繰越明許費繰越計算書           ・市民協働推進事業市歌編曲謝礼報償金)           ・まち・ひと・しごと創生事業           ・民間保育園振興事業民間保育所等施設整備補助金)           ・公害対策事業測定機器購入費)           ・医療特別対策事業医師確保事業補助金)           ・漁港整備事業施設整備事業負担金)           ・漁港整備事業広域水産物供給基盤整備事業負担金)           ・商工振興事業地域振興券発行事業補助金)           ・商工振興事業子育て家庭応援・シニア応援「プレミアム商品券購入補助事業補助金)           ・観光振興事業歓迎タワー設置工事及び設計監理委託、研修委託)           ・海水浴場開設事業歓迎アーチ設置工事及び設計監理委託)           ・道路橋梁総務費私道災害復旧工事助成金)           ・小学校施設管理事業大野原西小学校プール循環装置及びトイレ改修事業)日程第4 報告第3号 平成26年度神栖市一般会計事故繰越し繰越計算書           ・市有財産有効活用事業土地測量業務委託)           ・漁港整備事業広域水産物供給基盤整備事業負担金)日程第5 報告第4号 平成26年度神栖市公共下水道事業特別会計事故繰越し繰越計算書           ・公共下水道整備事業(雨水)(北公共埠頭雨水幹線整備工事)日程第6 報告第5号 公益財団法人神栖市文化・スポーツ振興公社の平成26年度事業報告及び決算並びに平成27年度事業計画及び収支予算について           〔質疑・報告〕日程第7 閉会中の所管事務調査の件出席議員(21人) 議長 17番  木内敏之君  副議長 13番  安藤昌義君     1番  高橋佑至君       2番  村田康成君     5番  境川幸雄君       6番  西山正司君     7番  遠藤貴之君       8番  野口文孝君     9番  後藤潤一郎君     10番  五十嵐清美君    11番  佐藤節子君      12番  関口正司君    14番  飯田耕造君      15番  伊藤 大君    16番  神崎 清君      18番  大槻邦夫君    19番  泉 純一郎君     20番  三好 忠君    21番  宮川一郎君      23番  長谷川治吉君    25番  長谷川 隆君---------------------------------------欠席議員(1人)    22番  藤田昭泰君---------------------------------------説明のため出席した者       市長          保立一男君       副市長         鈴木 誠君       教育長         須田順子君       総務部長        坂野 勝君       企画部長        伊藤尚美君       波崎総合支所長     山口哲男君       健康福祉部長      向山和枝君       生活環境部長      栗林文男君       都市整備部長      貝戸弘樹君       産業経済部長      石毛和彦君       会計管理者       西野光政君       教育部長        大槻幸彦君       政策監兼政策企画課長  鷹羽伸一君       危機管理監       下河邉克巳君       参事兼総務課長     藤土 樹君       秘書課長        小貫藤一君       参事兼行政改革推進課長 狭山利和君       財政課長        笹本和好君       契約管財課長      沼田 実君       水産・地域整備課長   篠塚和美君       福祉事務所長      卯月秀一君       社会福祉課長      吉川信幸君       防災安全課長      額賀一彦君       都市計画課長      安藤 清君       参事兼道路整備課長   安藤 正君       下水道課長       青野寿幸君       農林課長        秋永克之君       参事兼教育総務課長   田向昌史君       参事兼教育指導課長   木之内英一君       参事兼文化スポーツ課長 野口洋治君---------------------------------------議会事務局出席者       議会事務局長      高安俊昭       議事課長        宮本 孝       議事課副参事兼課長補佐 齊藤友子 △開議 午前10時00分 △開議の宣告 ○議長(木内敏之君) これから本日の会議を開きます。--------------------------------------- △諸般の報告 ○議長(木内敏之君) 諸般の報告をいたします。 まず、各常任委員会委員長から委員会審査報告書が提出されておりますので、その写しをお手元に配布してあります。 次に、各常任委員会並びに議会運営委員会から、閉会中における所管事務調査の申し出がありましたので、その一覧表をお手元に配布してあります。 それぞれご覧おき願います。 以上でございます。--------------------------------------- △日程第1 議案第1号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例 △議案第2号 神栖市運動施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例 △議案第3号 平成27年度神栖市一般会計補正予算(第1号) △議案第4号 神栖市道路線の認定について △議案第5号 工事請負契約の締結について       ・27国補神公下第1号工事 △議案第6号 工事請負契約の締結について       ・はさき火葬場建替工事 △議案第7号 工事請負契約の締結について       ・27国補北公共埠頭1-1号雨水幹線整備第1工区工事 △議案第8号 工事請負契約の締結について       ・27北公共埠頭1-1号雨水幹線整備第2工区工事 △議案第9号 損害賠償の額を定め、和解することについて ○議長(木内敏之君) 議事日程に入ります。 日程第1、議案第1号ないし議案第9号を一括して議題といたします。 これより、順次各常任委員会委員長から報告を求めます。 はじめに、総務産業委員会委員長から、同委員会の審査の経過及び結果の報告を求めます。 委員長、15番、伊藤大議員。---------------------------------------                               平成27年6月10日 神栖市議会 議長 木内敏之様                            総務産業委員会                              委員長 伊藤 大              総務産業委員会審査報告書 本委員会に付託された議案は、審査の結果、下記のとおり決定したので、神栖市議会会議規則第110条の規定により報告します。                   記議案番号件名審査の結果議案第3号平成27年度神栖市一般会計補正予算(第1号)原案可決               主な発言の要旨 〔議案第3号〕 問 臨時福祉給付金子育て世帯臨時特例給付金の対象者数を伺いたい。 答 臨時福祉給付金を約1万5,500人、子育て世帯臨時特例給付金を約1万4,600人と想定しています。 問 放課後児童健全育成事業における空調機設置は、今後も増えていくのか。 答 放課後児童クラブへの入所希望が増えている状況で、学校の余裕教室を借りることができれば、増えていくことになります。 問 「カミスココくん」をプリントしたポロシャツ・Tシャツの着用や、帽子・タオルを配る等の告知活動・宣伝活動は「かみすイメージアップ大作戦」において有効かと思うが取り組みを伺いたい。 答 できることから、早く取りかかります。ポロシャツは、県や他市においては有償としているので、今後、有償の方向で検討します。 問 第一学校給食共同調理場費の茨城県学校栄養士協議会負担金、茨城県学校栄養士会負担金を今回補正した理由を伺いたい。 答 学校給食共同調理場に栄養士が1名配属されたことによるものです。 問 指導総務事業損害賠償金額に妥当性はあるのか伺いたい。 答 市が加入している全国町村会総合賠償補償保険任意保険基準で積算したものであり、市の顧問弁護士とも相談し、「妥当である」との助言を得て、判断したものです。---------------------------------------     〔総務産業委員会委員長 伊藤 大君 登壇〕 ◆総務産業委員会委員長(伊藤大君) ただいま議長からご指名がございましたので、総務産業委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げます。 本委員会に付託されました議案は、議案第3号 平成27年度神栖市一般会計補正予算(第1号)であり、去る6月4日に委員会を開催し、市長をはじめ関係部課長等の出席のもと、慎重な審査を行いました。 付託された議案で特に論議の対象となりましたのは、放課後児童健全育成事業における空調機設置見込みについて、「かみすイメージアップ大作戦」の効果について、損害賠償金額の妥当性についてなどであり、執行部との間で活発な質疑応答が交わされました。 慎重審査の結果、付託された議案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。 以上、審査の経過と結果について申し上げましたが、本委員会の決定に対しまして議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げ、報告を終わります。 ○議長(木内敏之君) 次に、教育福祉委員会委員長から、同委員会の審査の経過及び結果の報告を求めます。 委員長、9番、後藤潤一郎議員---------------------------------------                               平成27年6月10日 神栖市議会 議長 木内敏之様                            教育福祉委員会                              委員長 後藤潤一郎              教育福祉委員会審査報告書 本委員会に付託された議案は、審査の結果、下記のとおり決定したので、神栖市議会会議規則第110条の規定により報告します。                   記議案番号件名審査の結果議案第1号神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例原案可決議案第2号神栖市運動施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例原案可決議案第9号損害賠償の額を定め、和解することについて原案可決               主な発言の要旨 〔議案第1号〕 問 波崎プール廃止の経緯を伺いたい。 答 プールのろ過機能が低下したため広報紙等での周知により休止し、財政面等検討した結果、修繕は困難であると判断しました。 問 プール新設の場合の費用はどのくらいか。 答 25メートル6コースを想定した場合、野外プールは約2億円、冬以外の3シーズンできる開閉屋根付きプールでは約3億円です。 問 波崎小学校のプール開放について伺いたい。 答 8月中に小学生を対象として検討しています。 〔議案第9号〕 問 教職員の責任について伺いたい。 答 教職員の指導が不十分であることは、学校、教育委員会の責任であるという考えのもとに今回の措置を行いました。 問 事故発生時の状況を伺いたい。 答 事故当日、救急車は呼ばずに湿布を処置し、1カ月後病院で受診した結果、靱帯損傷と診断されました。 問 今回の判断により、教員が萎縮し、教育活動に専念できないのではないか。 答 今回の事案を教訓に、安全管理について各学校でさらに徹底するような研修会を指示します。 問 損害賠償額に治療費は含まれているのか。 答 含まれていません。学校で怪我をした場合、本人と市の負担で加入する日本スポーツ振興センターの保険から給付されます。 問 和解金の根拠を伺いたい。 答 市が加入している全国町村会総合賠償補償保険任意保険基準による算定を行い、顧問弁護士と相談し妥当であるとの助言を得て、判断したものです。---------------------------------------     〔教育福祉委員会委員長 後藤潤一郎君 登壇〕 ◆教育福祉委員会委員長後藤潤一郎君) ただいま議長からご指名がございましたので、教育福祉委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げます。 本委員会に付託されました議案は、議案第1号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例のほか2件であり、去る6月4日に委員会を開催し、市長をはじめ教育長ほか関係部課長等の出席を求め、慎重な審査を行いました。 付託された議案で特に論議の対象となりましたのは、議案第1号では波崎プール廃止の経緯について、波崎小学校のプール開放について、議案第9号では教職員の責任について、事故発生時の状況について、損害賠償額について、治療費についてなどであり、休憩中を含め執行部との間で活発な質疑応答が交わされました。 慎重審査の結果、議案第1号ないし議案第2号については、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものに、議案第9号については、起立採決により、原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。 以上、審査の経過と結果について申し上げましたが、本委員会の決定に対しまして、議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げ、報告を終わります。 ○議長(木内敏之君) 次に、都市環境委員会委員長から同委員会の審査の経過及び結果の報告を求めます。 委員長、11番、佐藤節子議員---------------------------------------                               平成27年6月10日 神栖市議会 議長 木内敏之様                            都市環境委員会                              委員長 佐藤節子              都市環境委員会審査報告書 本委員会に付託された議案は、審査の結果、下記のとおり決定したので、神栖市議会会議規則第110条の規定により報告します。                   記議案番号件名審査の結果議案第4号神栖市道路線の認定について原案可決議案第5号工事請負契約の締結について
    ・27国補神公下第1号工事原案可決議案第6号工事請負契約の締結について ・はさき火葬場建替工事原案可決議案第7号工事請負契約の締結について ・27国補北公共埠頭1-1号雨水幹線整備第1工区工事原案可決議案第8号工事請負契約の締結について ・27北公共埠頭1-1号雨水幹線整備第2工区工事原案可決               主な発言の要旨 〔議案第4号〕 問 道路の所有権はどうなっているのか。 答 平成27年2月6日に市へ移っています。 〔議案第5号〕 問 非常に狭い道路だが、地元の通行対策はどのように考えているのか。 答 通行止め等の交通規制が必要となることから、特に地区住民の方々への日常生活への負担が最小限となるよう、交通規制の周知を行うことはもとより、施工業者と施工手順の精査をした上で、工事案内看板、交通誘導員の適正配置を行い、工事を実施していきます。 問 落札率を伺いたい。 答 94.18%です。 〔議案第6号〕 問 新施設の機能を伺いたい。 答 火葬炉が3基、待合室が2室となります。新たな機能として、告別室、炉前ホール、収骨室、霊安室、売店、多目的トイレ等を設置します。 〔議案第7号〕 問 工事の概要を伺いたい。 答 神栖一丁目付近から中央公園前の国道124号等の冠水を解消するための幹線の工事です。 問 落札率を伺いたい。 答 98.56%です。 〔議案第8号〕 問 東日本大震災からの教訓で、今回の工事に活かされている対応を伺いたい。 答 今回設置する施設は、地中深くへの設置や管材の構造からして地震には強く、国の基準を満たしたものになっています。また、昨年度設置した雨水ポンプの停電時の対応としては、発動発電機での対応を考えています。 問 第1工区はJV(特定建設工事共同企業体)による入札だが、第2工区を単体入札とした理由を伺いたい。 答 第1工区と同様の推進工事ですが、過去の同種及び同規模工事の実績を踏まえ、入札参加者資格審査会の審査を経て、決定されたものです。 問 落札率を伺いたい。 答 97.91%です。---------------------------------------     〔都市環境委員会委員長 佐藤節子君 登壇〕 ◆都市環境委員会委員長(佐藤節子君) ただいま議長からご指名がございましたので、都市環境委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げます。 本委員会に付託されました議案は、議案第4号 神栖市道路線の認定についてのほか4件であり、去る6月4日に委員会を開催し、市長をはじめ副市長ほか関係部課長等の出席を求め、慎重な審査を行いました。 付託された議案で特に論議の対象となりましたのは、議案第4号では道路の所有権について、議案第5号では地元の通行対策について、議案第6号では新施設の機能について、議案第7号では工事の概要について、議案第8号では単体入札とした理由についてなどであり、執行部との間で活発な質疑応答が交わされました。 慎重審査の結果、付託された議案は、議案第4号については起立採決により原案のとおり可決すべきものに、議案第5号ないし議案第8号については全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。 以上、審査の経過と結果について申し上げましたが、本委員会の決定に対しまして、議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げ、報告を終わります。 ○議長(木内敏之君) 以上で委員長報告を終わります。 これより委員長報告に対する質疑に入ります。--質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 これより討論に入ります。 まず、議案第1号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例に対する討論に入ります。 本案に対する反対討論の通告がありますので、これを許可いたします。 12番、関口正司議員。     〔12番 関口正司君 登壇〕 ◆12番(関口正司君) 1号議案に反対いたします。 これまでの提案理由の説明、本会議質疑、常任委員会報告を受けて反対するものです。政治も行政も主権者は市民であることを強調して討論いたします。 第1に、議会への提案前に十分な説明のないまま撤去されてからの提案であり、民主主義の原点であるプロセスを大切にするということに反するものであり、論議を尽くすという前に処理されてしまったことです。 第2に、今、地域が疲弊し、疲弊させた政府さえ地方創生と言わざるを得ないときに、この地域の振興のためにも幾つかの問題があります。この地域は砂丘荘の閉鎖、小学校の閉校、市営住宅の老朽化と新たな建設中止、プールの閉鎖、10年前の合併による本庁舎の支所化など、地域の過疎化を進めてきたような行政が続けられてきました。市営住宅などの再建などもあわせ、地域再生のために市民の皆さんの意見に耳を傾けるべきです。 第3に、現実に平成23年まで2,421人もの利用者が閉鎖前まであった事実です。この方たちの声に応えるべく、方策をとるべきでした。 全国で政府の分断と中央集権政策により、地方が消滅集落の名前をつけられるほど疲弊化させられ、それでも地元は地域を守れと、一人でも子どもがいれば学校の閉鎖はしない、閉校はしないと歯を食いしばっている自治体は無数にあります。 第4に、一般質問でも強調しましたが、ごみを出さない工夫です。物を大切にする工夫をもっとすべきです。政治にかかわる者、行政にかかわる者として、私は緊急な要求の実現とともに長期のビジョンを掲げ、見通しを持って取り組み、社会も世界も時には逆流もありますが、科学的に社会分析の方向に進んできました。市民こそ主人公の行政を強く求めて反対討論といたします。 ○議長(木内敏之君) ほかに討論ございませんか。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第1号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例を採決いたします。 採決は起立により行います。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案に賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(木内敏之君) 起立多数であります。 よって、本案は可決されました。 次に、議案第2号 神栖市運動施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例に対する討論に入ります。 本案に対する反対討論の通告がありますので、これを許可いたします。 12番、関口正司議員。     〔12番 関口正司君 登壇〕 ◆12番(関口正司君) 2号議案に反対いたします。 反対の趣旨は、1号議案で詳しく述べましたので省略いたします。 重ねて、これ以上の地域の疲弊化に歯止めをかけ、神栖市内どこでも誰でも公平で安心の行政サービスが受けられるよう提言し、反対討論といたします。 ○議長(木内敏之君) ほかに討論ございませんか。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第2号 神栖市運動施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。 採決は起立により行います。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案に賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(木内敏之君) 起立多数であります。 よって、本案は可決されました。 次に、議案第3号 平成27年度神栖市一般会計補正予算(第1号)に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第3号 平成27年度神栖市一般会計補正予算(第1号)を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(木内敏之君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第4号 神栖市道路線の認定についてに対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第4号 神栖市道路線の認定についてを採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(木内敏之君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第5号 工事請負契約の締結について、27国補神公下第1号工事に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第5号 工事請負契約の締結について、27国補神公下第1号工事を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(木内敏之君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第6号 工事請負契約の締結について、はさき火葬場建替工事に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第6号 工事請負契約の締結について、はさき火葬場建替工事を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(木内敏之君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第7号 工事請負契約の締結について、27国補北公共埠頭1-1号雨水幹線整備第1工区工事に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第7号 工事請負契約の締結について、27国補北公共埠頭1-1号雨水幹線整備第1工区工事を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(木内敏之君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第8号 工事請負契約の締結について、27北公共埠頭1-1号雨水幹線整備第2工区工事に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第8号 工事請負契約の締結について、27北公共埠頭1-1号雨水幹線整備第2工区工事を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(木内敏之君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第9号 損害賠償の額を定め、和解することについてに対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第9号 損害賠償の額を定め、和解することについてを採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議あり」と言う人あり〕 ○議長(木内敏之君) 異議がありますので、起立により採決いたします。 本案は委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(木内敏之君) 起立多数であります。 よって、本案は可決されました。--------------------------------------- △日程第2 報告第1号 平成26年度神栖市一般会計継続費繰越計算書            ・市街地液状化対策事業(復興)            ・災害避難施設整備事業波崎地区防災拠点施設整備事業) ○議長(木内敏之君) 日程第2、報告第1号 平成26年度神栖市一般会計継続費繰越計算書市街地液状化対策事業(復興)、災害避難施設整備事業波崎地区防災拠点施設整備事業)の件を議題といたします。 本件につきましては報告案件でございますが、質疑はございませんか。--質疑がないようですから、本件はこれをもって報告済みといたします。--------------------------------------- △日程第3 報告第2号 平成26年度神栖市一般会計繰越明許費繰越計算書            ・市民協働推進事業市歌編曲謝礼報償金)            ・まち・ひと・しごと創生事業            ・民間保育園振興事業民間保育所等施設整備補助金)            ・公害対策事業測定機器購入費)            ・医療特別対策事業医師確保事業補助金)            ・漁港整備事業施設整備事業負担金)            ・漁港整備事業広域水産物供給基盤整備事業負担金)            ・商工振興事業地域振興券発行事業補助金)            ・商工振興事業子育て家庭応援・シニア応援「プレミアム商品券購入補助事業補助金)            ・観光振興事業歓迎タワー設置工事及び設計監理委託、研修委託)            ・海水浴場開設事業歓迎アーチ設置工事及び設計監理委託)            ・道路橋梁総務費私道災害復旧工事助成金)            ・小学校施設管理事業大野原西小学校プール循環装置及びトイレ改修事業) ○議長(木内敏之君) 日程第3、報告第2号 平成26年度神栖市一般会計繰越明許費繰越計算書市民協働推進事業市歌編曲謝礼報償金)、まち・ひと・しごと創生事業民間保育園振興事業民間保育所等施設整備補助金)、公害対策事業測定機器購入費)、医療特別対策事業医師確保事業補助金)、漁港整備事業施設整備事業負担金)、漁港整備事業広域水産物供給基盤整備事業負担金)、商工振興事業地域振興券発行事業補助金)、商工振興事業子育て家庭応援・シニア応援「プレミアム商品券購入補助事業補助金)、観光振興事業歓迎タワー設置工事及び設計監理委託、研修委託)、海水浴場開設事業歓迎アーチ設置工事及び設計監理委託)、道路橋梁総務費私道災害復旧工事助成金)、小学校施設管理事業大野原西小学校プール循環装置及びトイレ改修事業)の件を議題といたします。 本件につきましても報告案件でございますが、質疑はありませんか。--質疑がないようですから、本件もこれをもって報告済みといたします。--------------------------------------- △日程第4 報告第3号 平成26年度神栖市一般会計事故繰越し繰越計算書            ・市有財産有効活用事業土地測量業務委託)            ・漁港整備事業広域水産物供給基盤整備事業負担金) ○議長(木内敏之君) 日程第4、報告第3号 平成26年度神栖市一般会計事故繰越し繰越計算書市有財産有効活用事業土地測量業務委託)、漁港整備事業広域水産物供給基盤整備事業負担金)の件を議題といたします。 本件につきましても報告案件でございますが、質疑の通告がありますので、これを許可いたします。 12番、関口正司議員。 ◆12番(関口正司君) この事故ですけれども、工期が遅れるという事故ですが、第三者行為による工期の延期ということですけれども、こういう場合に業者からの工事費の見積もりの変更とか、あるいは請求の増額とか、そういうことがないのかどうかを伺います。 ○議長(木内敏之君) 契約管財課長。 ◎契約管財課長(沼田実君) ただいまの関口議員のご質問にお答えいたします。 見積額等の変更はないのかというご質問でございます。いわゆる契約金額の変更についてのお尋ねでございますけれども、今回の事故繰越による契約の変更内容につきましては、契約期間の延長のみでございまして、契約金額の変更を伴うものではございません。 以上でございます。 ○議長(木内敏之君) 水産・地域整備課長。 ◎水産・地域整備課長(篠塚和美君) 関口議員のご質問にお答えいたします。 漁港整備事業の事故繰越でございますけれども、漁港の整備事業につきましては、国の補助を受けまして県のほうで整備をしていただいております。平成25年度の漁港整備事業に対する、県が事故繰越をしました市の負担金でございまして、県では昨年漁港の中にございます浄化施設の計画の見直しによりまして契約の変更をいたしました。それに伴います工期の延長になるわけでございますけれども、この見積額の変更ということにつきましては、現在の変更契約額につきまして、県が事故繰越をしました額未満の契約額になっております。そういうことで、その契約額の事業が確定いたしますと、市の負担金につきましても減額、不要という処置になる予定でございます。 以上でございます。 ○議長(木内敏之君) ほかに質疑はございませんか。--質疑がないようですから、本件もこれをもって報告済みといたします。--------------------------------------- △日程第5 報告第4号 平成26年度神栖市公共下水道事業特別会計事故繰越し繰越計算書            ・公共下水道整備事業(雨水)(北公共埠頭雨水幹線整備工事) ○議長(木内敏之君) 日程第5、報告第4号 平成26年度神栖市公共下水道事業特別会計事故繰越し繰越計算書公共下水道整備事業(雨水)(北公共埠頭雨水幹線整備工事)の件を議題といたします。 本件につきましても報告案件でございますが、質疑の通告がありますので、これを許可いたします。 12番、関口正司議員。 ◆12番(関口正司君) 説明を読む限りでは、業者による工期の延長というふうに読める部分があるんですけれども、そこを確認したいんです。業者による工期の延長になるのか、その場合には工期というのは命になるわけですから、損害金を逆に請求できるわけですけれども、東電のことなのか、あるいはこの請け負った業者の理由で工期が遅れているのかだけ説明をお願いいたします。 ○議長(木内敏之君) 下水道課長。 ◎下水道課長(青野寿幸君) ただいまの関口議員のご質問にお答えします。 請負業者の責任の範疇で工期が延長になったのか、それとも東電の工事の部分、請負業者から東電側に依頼する工事の部分で工期が延長になったのかというお尋ねにつきましては、今回の工事につきましては請負業者の責任の範疇での工事の遅れではございません。東電側の電力供給の工事部分での調査と検討に通常よりも期間を要したため、受電設備の東電側の工事に期間を要したということでございます。 以上でございます。 ○議長(木内敏之君) ほかに質疑はございませんか。--質疑がないようですから、本件もこれをもって報告済みといたします。--------------------------------------- △日程第6 報告第5号 公益財団法人神栖市文化・スポーツ振興公社の平成26年度事業報告及び決算並びに平成27年度事業計画及び収支予算について ○議長(木内敏之君) 日程第6、報告第5号 公益財団法人神栖市文化・スポーツ振興公社の平成26年度事業報告及び決算並びに平成27年度事業計画及び収支予算についてを議題といたします。 本件につきましても報告案件でございますが、質疑の通告がありますので、これを許可いたします。 12番、関口正司議員。 ◆12番(関口正司君) 指定管理者制度の中での運営ですので、若干伺っておきます。 まず、運営状況ですね。それから利用者の状況、収入の状況などを伺います。その上で現在の職員数です。正規職員、非正規職員、また公社への派遣で特に継続反復していて非正規職員として、あるいは派遣としてされている部分がどうなのかを伺います。3つ目が、文化センターの利用者は増になっていますけれども、利用料が減っているところ、それから全設備の利用者数も利用料も増えているんですが、それにもかかわらず市への返還金減額はどういう意味なのかを伺います。 ○議長(木内敏之君) 文化スポーツ課長。 ◎参事兼文化スポーツ課長(野口洋治君) ただいまの関口議員の質問にお答えいたします。 まず、運営状況の中で利用人数との関係でございますが、利用の状況につきましては、平成26年度の文化センターの利用人数は6万4,024人でございます。利用料は657万7,668円でございます。運動施設の利用人数は49万4,061人でございます。利用料は3,235万2,730円です。この数値につきましては前年度と比較しますと、文化センターの利用人数が9,577人の増となっております。また、利用料につきましては82万円ほどの減となっております。 なお、運動施設につきましては、利用人数が2万人ほど増加しております。利用料につきましては8万9千円ほど減っております。 利用人数が増加している主な理由につきましては、文化センターにおきまして昨年7月行われました第38回全国高等学校総合文化祭によるものでございます。4日間で約1万5千人の利用者が来場しております。運動施設につきましては、各種大会の開催や工事を完了しました土合体育館、海浜球場の再開によるものでございます。 利用料の減額の主な理由につきましては、文化センター及び運動施設とも減免措置による利用が多少増加しているというのが原因でございます。 各種利用状況につきましては、各種大会等の開催によりまして施設の利用人数はやや増加傾向にございますが、減免措置等による利用者により利用料が多少減少傾向にございます。 次に、職員数でございますが、現在28名で全て正規の職員でございます。また、継続的な非正規の方はおりません。 次に、市への返還金が減額になっているというご指摘でございますが、文化センターのほうでは自主事業の収入が若干減りまして、今年度は返還がありません。また、運動施設につきましては、平成26年4月より消費税が8%改定ということに伴いまして、その影響によりまして約500万円ほど消費税が増加しておりますので、返還金が減っているという状況にございます。 以上でございます。 ○議長(木内敏之君) 12番、関口正司議員。 ◆12番(関口正司君) ありがとうございました。 通常ですと、利用者が増えるわけですから利用料も増えてというのが当然なんですけれども、そうはならないのが公的施設の当然のものだと思います。その上で何点か伺います。 まず、指定管理者制度にされて何年になるかちょっとすみません、記憶がないんですけれども、これを続けてどういうことが市民にとって、あるいは職員にとって、利用者にとって、市にとってよかったのか、利用料や給料はどんなふうに改善されてきたのか。 それから、2つ目が総収入のうち、いわゆる純然たる事業収入は、これは大ざっぱで結構ですので約何%なのか。 今回、決算で管理運営受諾収入の811万円が減額されているわけですが、これは収入が減ったにもかかわらず811万円減額されたという意味ですね。それから21ページ、職員が12名から11名に減員されましたけれども、これがどういう意味なのか。それから29ページの給与減額の内容についてもお伺いしたいと思います。 先ほど消費税も出ましたけれども、こういう公的施設で消費税が主にどんなものにかかっているのか、利用料にかかっているのか、あるいはほかのものにかかっているのか、主にかかっているもの。莫大な消費税になってきました。その見通しを伺います。 それから、最後に予算ですけれども、全体に行事計画は縮小なんですが、運営受託収益減額、受託収益金ですね、収益収入、それが減額されているといいますが、それはどういう意味なのかを、要するに自主収入をもっと増やすよということなのか、それでいくと行事計画からした場合に矛盾するような気がするんですけれども、伺います。お願いします。 すみません、もし数字とかが、そういうものでわからないことがありましたら後でも結構ですから、よろしくお願いします。 ○議長(木内敏之君) 文化スポーツ課長。 ◎参事兼文化スポーツ課長(野口洋治君) 幾つもご質問がございまして、多少漏れるかもしれません。ご容赦願います。 まず、この指定管理になってからですけれども、現在、最初3年、次に3年、そしてまた5年目に現在入りまして、3年目を迎えております。あと2年経ちますとまた指定管理の再契約という問題が出てまいります。その中で非常に、神栖市の職員が直接管理していた時代とは違いまして、夜間、そしてまた土曜、日曜、そしてまた学校の休みの期間中、休館日の返上をして利用日を拡大しているというようなことで、市民にとってのサービスというのはかなり向上しているというふうに考えております。 そしてまた、収入につきましてですが、全体的な収入については約4億5千万円ほどございます。そして、利用料等の収入につきましては3,900万円ほどでございます。収益率につきましては8%ちょっとというふうに現在なっております。 また、給料等の減額につきましては、最初30名の職員がおったんですが、都合によりまして2名退職されたということによるものでございます。 それと、受託収益金の減額の理由ということでございますが、同じく職員が2名ほど減っておりますので、その分というふうにお考えいただければと思います。 どうぞよろしくお願いします。 失礼いたしました。消費税についてのご質問がございました。 まず、清掃業務等を別に委託しておったり、文化センター等の行事、ショーとかそういう催しものですか、それも契約となります。それにつきまして5%から8%というふうに増額になったものを合計しますと、全体で約500万円ほどということになってございます。 よろしくお願いします。 ○議長(木内敏之君) 12番、関口正司議員。 ◆12番(関口正司君) ありがとうございました。 全体の収入のうち実収入は8%と、これが指定管理者制度の実態だと思います。給料が、事前に伺ったところでは一般、いわゆる市の職員よりも4号俸低いと。その低い収入の中で土曜日曜、それから学校の休暇日なんかもやると、それは二重に職員が大変になっているということを意味すると思います。本来公的なものは、私はいわゆる公的な運営をすべきだと思いますけれども、消費税も上がって、委託ということになると委託の部分だから消費税がかかるわけですね。委託じゃなくて職員だったらば消費税はかかりません。そういうことがどんどん広がっていって大変になってきていると思います。公的業務の民営化が年金機構の相次ぐ不祥事を見てわかるように、市民、職員を苦しめることになりますし、ひいては市の行政のためにもならないというふうに私は思います。公的運営に戻されるよう提言して、質問を終わります。ありがとうございました。 ○議長(木内敏之君) ほかに質疑はございませんか。--質疑がないようですから、本件もこれをもって報告済みといたします。--------------------------------------- △日程第7 閉会中の所管事務調査の件 ○議長(木内敏之君) 日程第7、閉会中の所管事務調査の件を議題といたします。 本件につきましては、お手元に配布のとおり、各常任委員会及び議会運営委員会から閉会中の所管事務調査の申し出があったものです。 お諮りいたします。 本件について、それぞれ閉会中の所管事務調査に付することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(木内敏之君) 異議なしと認め、さよう決しました。--------------------------------------- △閉会の宣告 ○議長(木内敏之君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。 平成27年第2回神栖市議会定例会の閉会に当たり、一言ご挨拶を申し上げます。 本定例会は去る5月29日に開会され、本日までの13日間の会期でございました。この間、議員各位には多くの重要案件について終始熱心なる審査・審議を尽くされ、議会運営にご協力をいただきましたことに心から敬意を表する次第でございます。 これをもちまして、平成27年第2回神栖市議会定例会を閉会といたします。 本日は大変ご苦労さまでございました。 △閉会 午前10時37分◯朗読を省略した議長の報告---------------------------------------          閉会中の所管事務調査一覧表◯総務産業委員会 ・地域振興について ・行財政運営について ・農林水産行政について ・商工観光行政について ・指定管理について◯教育福祉委員会 ・教育行政について ・福祉行政について◯都市環境委員会 ・土木行政について ・防災行政について ・生活環境行政について◯議会運営委員会 ・議会運営に関する事項 ・議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項 ・議長の諮問に関する事項 ・次期定例会等の会期及び議事日程等に関する事項地方自治法第123条第2項の規定により署名する                 議長                 副議長                 署名議員                 署名議員                 署名議員...