神栖市議会 > 2013-12-20 >
12月20日-05号

ツイート シェア
  1. 神栖市議会 2013-12-20
    12月20日-05号


    取得元: 神栖市議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-13
    平成25年 12月 定例会(第4回)          平成25年第4回神栖市議会定例会会議録議事日程(第5号)  平成25年12月20日(金)午前10時開議日程第1 議案第2号 神栖市税条例の一部を改正する条例     議案第3号 神栖市国民健康保険税条例の一部を改正する条例     議案第4号 神栖市の督促手数料及び延滞金徴収条例     議案第5号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例     議案第6号 神栖市保健・福祉施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例     議案第7号 神栖市福祉作業所の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例     議案第8号 神栖市障害者デイサービスセンターの設置及び運営等に関する条例     議案第9号 神栖市通所介護事業所の設置及び運営等に関する条例を廃止する条例     議案第10号 神栖市小規模水道等に関する条例     議案第11号 東日本大震災により被害を受けた中小企業者等に対する求償権の放棄等に関する条例     議案第12号 神栖市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例     議案第13号 神栖市都市公園条例の一部を改正する条例     議案第14号 平成25年度神栖市一般会計補正予算(第9号)     議案第15号 平成25年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)     議案第16号 平成25年度神栖市介護保険特別会計事業勘定補正予算(第2号)     議案第17号 平成25年度神栖市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)     議案第18号 平成25年度神栖市水道事業会計補正予算(第3号)     議案第19号 工事請負契約の変更について            ・神栖市立波崎西小学校校舎耐震補強及び改修工事     議案第20号 工事請負契約の変更について            ・神栖市立矢田部小学校校舎耐震補強及び改修工事     議案第21号 工事請負契約の変更について            ・神栖市立太田小学校校舎耐震補強及び改修工事     議案第22号 工事請負契約の変更について            ・神栖市立波崎第二中学校校舎耐震補強及び改修工事     議案第23号 神栖市道路線の認定について     議案第24号 指定管理者の指定について            ・神栖市障害者デイサービスセンター のぞみ     議案第25号 指定管理者の指定について            ・神栖市福祉作業所 きぼうの家     議案第27号 専決処分の承認を求めることについて            ・平成25年度神栖市一般会計補正予算(第8号)            〔各常任委員会委員長報告・質疑・討論・採決〕日程第2 議員派遣の件日程第3 閉会中の所管事務調査件---------------------------------------本日の会議に付した案件日程第1 議案第2号 神栖市税条例の一部を改正する条例     議案第3号 神栖市国民健康保険税条例の一部を改正する条例     議案第4号 神栖市の督促手数料及び延滞金徴収条例     議案第5号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例     議案第6号 神栖市保健・福祉施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例     議案第7号 神栖市福祉作業所の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例     議案第8号 神栖市障害者デイサービスセンターの設置及び運営等に関する条例     議案第9号 神栖市通所介護事業所の設置及び運営等に関する条例を廃止する条例     議案第10号 神栖市小規模水道等に関する条例     議案第11号 東日本大震災により被害を受けた中小企業者等に対する求償権の放棄等に関する条例     議案第12号 神栖市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例     議案第13号 神栖市都市公園条例の一部を改正する条例     議案第14号 平成25年度神栖市一般会計補正予算(第9号)     議案第15号 平成25年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)     議案第16号 平成25年度神栖市介護保険特別会計事業勘定補正予算(第2号)     議案第17号 平成25年度神栖市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)     議案第18号 平成25年度神栖市水道事業会計補正予算(第3号)     議案第19号 工事請負契約の変更について            ・神栖市立波崎西小学校校舎耐震補強及び改修工事     議案第20号 工事請負契約の変更について            ・神栖市立矢田部小学校校舎耐震補強及び改修工事     議案第21号 工事請負契約の変更について            ・神栖市立太田小学校校舎耐震補強及び改修工事     議案第22号 工事請負契約の変更について            ・神栖市立波崎第二中学校校舎耐震補強及び改修工事     議案第23号 神栖市道路線の認定について     議案第24号 指定管理者の指定について            ・神栖市障害者デイサービスセンター のぞみ     議案第25号 指定管理者の指定について            ・神栖市福祉作業所 きぼうの家     議案第27号 専決処分の承認を求めることについて            ・平成25年度神栖市一般会計補正予算(第8号)            〔各常任委員会委員長報告・質疑・討論・採決〕日程第2 議員派遣の件日程第3 閉会中の所管事務調査件出席議員(23人) 議長 19番  泉 純一郎君  副議長 23番  長谷川治吉君     1番  高橋佑至君        2番  村田康成君     3番  額賀 優君        5番  境川幸雄君     6番  西山正司君        7番  遠藤貴之君     8番  野口文孝君        9番  後藤潤一郎君    10番  五十嵐清美君      11番  佐藤節子君    12番  関口正司君       13番  安藤昌義君    14番  飯田耕造君       15番  伊藤 大君    16番  神崎 清君       17番  木内敏之君    18番  大槻邦夫君       20番  三好 忠君    21番  宮川一郎君       22番  藤田昭泰君    25番  長谷川 隆君---------------------------------------欠席議員(なし)---------------------------------------説明のため出席した者       市長          保立一男君       副市長         鈴木 誠君       教育長         須田順子君       総務部長        野口正信君       企画部長        野口芳夫君       波崎総合支所長     伊勢田雅章君       健康福祉部長      高安俊昭君       生活環境部長      西野光政君       都市整備部長      貝戸弘樹君       産業経済部長      山口哲男君       会計管理者       橋本 明君       教育部長        野口 治君       参事兼総務課長     野口憲一君       秘書課長        狭山利和君       福祉事務所長寿介護課長 保立典昭君       教育総務課長      田向昌史君       参事兼教育指導課長   木之内英一君       文化スポーツ課長    野口洋治君---------------------------------------議会事務局出席者       議会事務局長      高安永夫       議事課長        宮本 孝       議事課課長補佐     齊藤友子 △開議 午前10時00分 △開議の宣告 ○議長(泉純一郎君) これより本日の会議を開きます。--------------------------------------- △諸般の報告 ○議長(泉純一郎君) 諸般の報告をいたします。 まず、各常任委員会委員長から委員会審査報告書が提出されておりますので、その写しをお手元に配布してあります。 次に、議員派遣の件をお手元に配布してあります。 次に、各常任委員会並びに議会運営委員会から閉会中における所管事務調査の申し出がありましたので、その一覧表をお手元に配布してあります。 次に、教育委員会委員長から、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第27条に基づき、平成25年度教育委員会点検評価報告書、平成24年度事業対象が提出されておりますので、お手元に配布してあります。それぞれご覧おき願います。--------------------------------------- △日程第1 議案第2号 神栖市税条例の一部を改正する条例 △議案第3号 神栖市国民健康保険税条例の一部を改正する条例 △議案第4号 神栖市の督促手数料及び延滞金徴収条例 △議案第5号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例 △議案第6号 神栖市保健・福祉施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例 △議案第7号 神栖市福祉作業所の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例 △議案第8号 神栖市障害者デイサービスセンターの設置及び運営等に関する条例 △議案第9号 神栖市通所介護事業所の設置及び運営等に関する条例を廃止する条例 △議案第10号 神栖市小規模水道等に関する条例 △議案第11号 東日本大震災により被害を受けた中小企業者等に対する求償権の放棄等に関する条例 △議案第12号 神栖市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例 △議案第13号 神栖市都市公園条例の一部を改正する条例 △議案第14号 平成25年度神栖市一般会計補正予算(第9号) △議案第15号 平成25年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)
    △議案第16号 平成25年度神栖市介護保険特別会計事業勘定補正予算(第2号) △議案第17号 平成25年度神栖市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号) △議案第18号 平成25年度神栖市水道事業会計補正予算(第3号) △議案第19号 工事請負契約の変更について        ・神栖市立波崎西小学校校舎耐震補強及び改修工事 △議案第20号 工事請負契約の変更について        ・神栖市立矢田部小学校校舎耐震補強及び改修工事 △議案第21号 工事請負契約の変更について        ・神栖市立太田小学校校舎耐震補強及び改修工事 △議案第22号 工事請負契約の変更について        ・神栖市立波崎第二中学校校舎耐震補強及び改修工事 △議案第23号 神栖市道路線の認定について △議案第24号 指定管理者の指定について        ・神栖市障害者デイサービスセンター のぞみ △議案第25号 指定管理者の指定について        ・神栖市福祉作業所 きぼうの家 △議案第27号 専決処分の承認を求めることについて        ・平成25年度神栖市一般会計補正予算(第8号) ○議長(泉純一郎君) 議事日程に入ります。 日程第1、議案第2号ないし議案第25号及び議案第27号を議題といたします。 これより、順次各常任委員会委員長から報告を求めます。 はじめに、総務産業委員会委員長から、同委員会の審査の経過及び結果の報告を求めます。 委員長、13番、安藤昌義議員---------------------------------------                              平成25年12月20日 神栖市議会 議長 泉 純一郎様                            総務産業委員会                              委員長 安藤昌義               総務産業委員会審査報告書 本委員会に付託された議案は、審査の結果、下記のとおり決定したので、神栖市議会会議規則第110条の規定により報告します。                記議案番号件名審査の結果議案第2号神栖市税条例の一部を改正する条例原案可決議案第4号神栖市の督促手数料及び延滞金徴収条例原案可決議案第11号東日本大震災により被害を受けた中小企業者等に対する求償権の放棄等に関する条例原案可決議案第14号平成25年度神栖市一般会計補正予算(第9号)原案可決            主な発言の要旨 〔議案第2号〕 問 公的年金からの特別徴収及び普通徴収対象者数を伺いたい。 答 平成24年度の市民税における対象者は、特別徴収者が3,223人、普通徴収者が18,173人です。 問 「株式等」を「一般株式等」に改める理由を伺いたい。 答 公社債等の譲渡を申告分離課税とし、特定公社債等の利子や譲渡損益については、上場株式等譲渡損益及び配当との損益通算、繰越控除を可能とするなど損益通算の対象範囲の拡大に伴い改めるものです。 〔議案第4号〕 問 税外収入金はどのようなものがあるか伺いたい。 答 保育料、介護保険料後期高齢者医療保険料下水道使用料下水道受益者負担金道路占用料などです。 問 督促手数料の調定時期と徴収開始時期を伺いたい。 答 督促状を発送した翌日に調定を起こし、同日から督促手数料を徴収しています。 〔議案第14号〕 問 鹿島労災病院は、抜本的な改革をせずに3年間で3億円の運営費補助だけで経営が改善されるのか。 答 現時点では、病院からの経営改善計画に基づいて対応しています。また、常勤医師の確保状況によっては、追加支援の可能性もあります。 問 民間保育所振興費補助金について伺いたい。 答 保育士の処遇改善のための補助金であり、処遇改善により保育士の人材を確保して、待機児童の解消につなげることを目的としています。 問 民間保育所施設整備補助金対象保育所と内容を伺いたい。 答 土合地区に建設中の舎利保育園太陽光発電及び生ごみ処理機設置特殊付帯工事の追加によるものです。 問 市街地液状化対策事業の今後の見通しについて伺いたい。 答 今回の工事区域は、液状化調査地区18カ所のうち2地区であり、残りの調査地区についても、液状化対策委員会等の助言を得ながら、対策工法の確定に併せ工事区域を追加していきます。 問 波崎第一中学校建設事業の財源を、学校教育建設基金繰入金から市債に振替えた目的を伺いたい。 答 合併市町村に対する県補助制度、新市町村づくり交付金を活用するための要件として、合併特例債の活用が掲げられているため市債に振替えたものです。結果的に市の負担は殆んどなくなるような形になります。---------------------------------------     〔総務産業委員会委員長 安藤昌義君 登壇〕 ◆総務産業委員会委員長安藤昌義君) ただいま議長からご指名がございましたので、総務産業委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げます。 本委員会に付託されました議案は、議案第2号 神栖市税条例の一部を改正する条例ほか3件であり、去る12月16日に委員会を開催し、市長をはじめ、副市長、教育長及び関係部課長等の出席を求め、慎重な審査を行いました。 付託された議案で特に論議の対象となりましたのは、第2号議案では、公的年金からの特別徴収について、第4号議案では、税外収入金について、第14号議案では、医療特別対策事業について、民間保育園振興事業についてなどであり、休憩中を含め、執行部との間で活発な質疑応答が交わされました。 慎重審査の結果、付託された議案は、いずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。 以上、審査の経過と結果について申し上げましたが、本委員会の決定に対しまして、議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げ、報告を終わります。 ○議長(泉純一郎君) 次に、教育福祉委員会委員長から、同委員会の審査の経過及び結果の報告を求めます。 委員長、20番、三好忠議員---------------------------------------                              平成25年12月20日 神栖市議会 議長 泉 純一郎様                            教育福祉委員会                              委員長 三好 忠            教育福祉委員会審査結果報告書 本委員会に付託された議案は、審査の結果、下記のとおり決定したので、神栖市議会会議規則第110条の規定により報告します。                記議案番号件名審査の結果議案第3号神栖市国民健康保険税条例の一部を改正する条例原案可決議案第5号神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例原案可決議案第6号神栖市保健・福祉施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例原案可決議案第7号神栖市福祉作業所の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例原案可決議案第8号神栖市障害者デイサービスセンターの設置及び運営等に関する条例原案可決議案第9号神栖市通所介護事業所の設置及び運営等に関する条例を廃止する条例原案可決議案第16号平成25年度神栖市介護保険特別会計事業勘定補正予算(第2号)原案可決議案第17号平成25年度神栖市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)原案可決議案第19号工事請負契約の変更について ・神栖市立波崎西小学校校舎耐震補強及び改修工事原案可決議案第20号工事請負契約の変更について ・神栖市立矢田部小学校校舎耐震補強及び改修工事原案可決議案第21号工事請負契約の変更について ・神栖市立太田小学校校舎耐震補強及び改修工事原案可決議案第22号工事請負契約の変更について ・神栖市立波崎第二中学校校舎耐震補強及び改修工事原案可決議案第24号指定管理者の指定について ・神栖市障害者デイサービスセンター のぞみ原案可決議案第25号指定管理者の指定について ・神栖市福祉作業所 きぼうの家原案可決議案第27号専決処分の承認を求めることについて ・平成25年度神栖市一般会計補正予算(第8号)承認            主な発言の要旨 〔議案第3号〕 問 条例改正による国保世帯への影響を伺いたい。 答 個人投資家の株式や配当に係る金融所得のある方が対象で、投資等を行っていなければ、その国保世帯の給与収入や事業収入には、直接影響を及ぼすものではありません。 〔議案第5号〕 問 フットサル場の利用料の算定根拠を伺いたい。 答 市の他の運動施設利用料金とのバランスや他市町村の同等施設の料金を参考としたものです。 問 年間利用者数はどの位を見込んでいるのか。 答 5,000人を見込んでいます。 問 利用料は一人当たりに対する料金なのか。 答 1面1時間当たりの料金です。 〔議案第6号〕 問 市内20カ所の民間の老人デイサービス事業所運営状況を伺いたい。 答 平成25年8月から10月までの1日当たりのデイサービス利用者数は、平均248人であり、各事業所の1日当たりの平均利用者数は12.4人です。 問 老人デイサービスセンター「やわらぎ」を廃止する理由を伺いたい。 答 介護保険制度開始時に民間事業所は2カ所しかなく、市がその役割を担ってきましたが、現在は民間事業所が20カ所と増加し、公的機関の役割は終了したと考えたことや、神栖市地域活動センター「のぞみ」が、平成26年度から障害福祉サービス生活介護事業所として運営を開始することも廃止の理由です。 〔議案第7号〕 問 福祉作業所の運営の目的について伺いたい。 答 障害者総合支援法に規定する生活介護及び就労継続支援B型事業を行うためです。 問 利用者の作業に対する報酬について伺いたい。 答 報酬は、月額での最低賃金が3,000円と規定されています。 〔議案第8号〕 問 障害者デイサービスセンター利用料の算定について伺いたい。 答 障害者総合支援法に基づく報酬基準額に対し、1割の負担分を利用料金とするものですが、市町村民税非課税世帯の方は、受給者一人当たりの上限月額が低く設定され、過大な負担にならないような制度となっています。 〔議案第9号〕 問 デイサービスセンター「やわらぎ」に勤務している職員の処遇を伺いたい。 答 「やわらぎ」は廃止の予定ですが、障害者向けデイサービス「のぞみ」については指定管理者制度を活用し、定員を15人から20人に拡大して事業を継続するため、その中で可能な限り再雇用の機会を与えていきたいと考えています。 〔議案第17号〕 問 後期高齢者の医療費の状況を伺いたい。 答 平成24年度の医療費の実績は、総医療費は前年度と比べ増加していますが、一人当たりの医療費の比較では、減少傾向にあります。 〔議案第19号〕 問 工事請負契約の変更内容を伺いたい。 答 労務単価の変更によるものです。 〔議案第24号〕 問 指定管理後の職員配置予定を伺いたい。 答 社会福祉協議会から、正職員3人、常勤職員10人、非常勤職員10人の計23人を予定しています。 問 指定管理の選定基準を伺いたい。 答 指定管理者募集要項の中で、事業所の運営に関すること、事業所の運営を安定して行う財政状況、職員確保等に関することについて採点を行いました。 〔議案第25号〕 問 指定管理者制度導入の理由を伺いたい。 答 専門的な知識等、民間運営のノウハウを活かすことが利用者の利便性につながり、また、事業所の効率的運営を期待できることから、経費節減につながるものと考えています。 〔議案第27号〕 問 深芝小学校体育館は、多くの子どもたちが利用していることなどから、安全宣言をしないと使用できないのではないか。 答 今後、国の災害復旧事業の査定もありますので、安全の検証を行い公表していきたいと考えています。 問 設計では、風速基準が毎秒36メートルとなっているようだが、今回の被害原因を検証して、より安全な対策を講じる考えはないのか。 答 今後の設計業務で検討していきます。---------------------------------------     〔教育福祉委員会委員長 三好 忠君 登壇〕 ◆教育福祉委員会委員長(三好忠君) ただいま議長からご指名がございましたので、教育福祉委員会における審査の経過と結果について、ご報告申し上げます。 本委員会に付託されました議案は、議案第3号 神栖市国民健康保険税条例の一部を改正する条例のほか14件であり、去る12月16日に委員会を開催し、市長をはじめ、教育長ほか関係部課長等の出席を求め、慎重な審査を行いました。 付託された議案で特に論議の対象となりましたのは、議案第3号では、条例改正による国保世帯への影響について、議案第5号では、フットサル場利用料の算定根拠について、議案第6号では、老人デイサービスセンター「やわらぎ」を廃止する理由について、議案第7号では、福祉作業所の運営の目的について、議案第8号では、障害者デイサービスセンター利用料の算定について、議案第9号では、「やわらぎ」に勤務している職員の処遇について、議案第17号では、後期高齢者の医療費の状況について、議案第19号では、工事請負契約の変更の内容について、議案第24号では、指定管理後の職員配置予定について、議案第25号では、指定管理者制度導入の理由について、議案第27号では、今回の被害原因を検証して、より安全な対策を講じる考えについてなどであり、休憩中を含め、執行部との間で活発な質疑応答が交わされた次第であります。 慎重審査の結果、議案第3号及び議案第6号ないし議案第9号並びに議案第17号、議案第24号及び議案第25号については、起立採決により、原案のとおり可決すべきものに、議案第5号及び議案第16号、議案第19号ないし議案第22号については、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものに、議案第27号については、全会一致をもって原案のとおり承認すべきものと決定をいたしました。 以上、審査の経過と結果について申し上げましたが、本委員会の決定に対しまして、議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げ、報告を終わります。 ○議長(泉純一郎君) 次に、都市環境委員会委員長から、同委員会の審査の経過及び結果の報告を求めます。 委員長、9番、後藤潤一郎議員。---------------------------------------                              平成25年12月20日 神栖市議会 議長 泉 純一郎様                            都市環境委員会                              委員長 後藤潤一郎            都市環境委員会審査結果報告書 本委員会に付託された議案は、審査の結果、下記のとおり決定したので、神栖市議会会議規則第110条の規定により報告します。                記議案番号件名審査の結果議案第10号神栖市小規模水道等に関する条例原案可決議案第12号神栖市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例原案可決議案第13号神栖市都市公園条例の一部を改正する条例原案可決議案第15号平成25年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)原案可決議案第18号平成25年度神栖市水道事業会計補正予算(第3号)原案可決議案第23号神栖市道路線の認定について原案可決            主な発言の要旨 〔議案第10号〕 問 小規模水道、小簡易専用水道、簡易専用水道の内容について伺いたい。 答 小規模水道とは、地下水を水源とし、住居人口が50人以上100人以下に給水するもの、体育館など50人以上が利用する特定の施設に給水するもの、または利用人数にかかわらず賃貸住宅などに給水するものです。小簡易専用水道とは、上水道から水の供給を受けるもので受水槽の有効容量が5立方メートル以上10立方メートル以下のもの、または小規模水道から供給を受けるもので受水槽の有効容量が5立方メートル以上のものです。簡易専用水道とは、上水道から水の供給を受けるもので受水槽の有効容量が10立方メートルを超えるものです。 問 地下水が飲用不適の地域への対応を伺いたい。 答 上水道の給水可能な地域については、上水道を使用するよう勧めています。上水道のない地域については、ヒ素を除去する浄水器の購入について補助制度を設けているところですが、これ以外にはないのが現状です。 問 有機ヒ素汚染による地下水飲用自粛区域内において、有機ヒ素が検出されない又はごく微量しか検出されない地区の区域設定について伺いたい。 答 国に対し、有機ヒ素の検出状況に応じた適切な区域の設定を求めています。 〔議案第15号〕 問 今回低い金利で借り換えを行ったもの以外に、高い金利で借り入れたままのものはあるか。 答 今回は旧公営企業金融公庫の公営企業債の部分で年4%以上のものが対象であり、借入先が地方公共団体金融機構とは違う部分のもので年6%、7%のものがあります。 〔議案第23号〕 問 市道認定を行う路線のボーリング調査結果について、市はどのように確認しているのか伺いたい。 答 寄附行為の申請者からボーリング調査結果が提出された後、調査を実施した会社へ電話連絡し、調査費用や調査状況を確認しています。---------------------------------------     〔都市環境委員会委員長 後藤潤一郎君 登壇〕 ◆都市環境委員会委員長(後藤潤一郎君) ただいま議長からご指名がございましたので、都市環境委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げます。 本委員会に付託されました議案は、議案第10号 神栖市小規模水道等に関する条例ほか5件であり、去る12月16日に委員会を開催し、市長をはじめ、関係部課長等の出席を求め、慎重な審査を行いました。 付託された議案で、特に論議の対象となりましたのは、議案第10号では、地下水飲用自粛区域の設定について、議案第15号では、公営企業債の借換制度について、議案第23号では、液状化対策の検証についてなどであり、休憩中を含め、執行部との間で活発な質疑応答が交わされた次第であります。 慎重審査の結果、付託された議案は、いずれも全会一致をもって、原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。 以上、審査の経過と結果について申し上げましたが、本委員会の決定に対しまして、議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げ、報告を終わります。 ○議長(泉純一郎君) 以上で委員長報告を終わります。 これより委員長報告に対する質疑に入ります。--質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 これより討論に入ります。 まず、議案第2号 神栖市税条例の一部を改正する条例に対する討論に入ります。 本案に対する反対討論の通告がありますので、これを許可いたします。 12番、関口正司議員。     〔12番 関口正司君 登壇〕 ◆12番(関口正司君) 討論にあたりまして、これまでの市長の所信表明、一般質問、本会議、常任委員会質疑・討論を受け、討論を行うものです。 市長の所信表明では、安全・安心の市政を目指すことを繰り返されました。私も同感であり、市民の立場でその実現に全力をつくすものです。 18日、海岸線の防風林と海岸線保全のため、県内の日本共産党の議員と一緒に県庁に要請行動をしました。国や市とともに協力して、県が改善に努めると約束してくれました。 教育福祉委員会で27号議案も活発な論議になりましたが、今後、子供たちが安心して活用できるのかが強調されました。天災であっても十分それを満たすものでなくてはなりませんが、天災そのものがまだ防げません。それに比べ原発は人災、危険の警告を無視し、続けてきた東電、政府の犯罪とも言えるものです。こういうことをなくし、直ちに原発ゼロで絶対安全で、人災を防ぐために皆さんから税金をどう預かり、そのためにどう使うかが政治、行政に今求められていると思います。その立場から2号議案に反対します。 資本の論理は、生産拠点で労働の付加価値から利益を上げ、さらに公共の資産に目を向け、不平等の課税制度の上に、さらに税からも大企業、大資産家優遇税制度で引き出し、さらに勤労者などに証券取引に手を出させ収奪する。その一環で進められている特別制度に関連するもので、不平等に拡大し、市民の暮らしをかく乱するものになりかねません。その関連法案であり、本案に反対するものです。 ○議長(泉純一郎君) ほかに討論ございませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第2号 神栖市税条例の一部を改正する条例を採決いたします。 採決は起立により行います。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案に賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(泉純一郎君) 起立多数であります。 よって、本案は可決されました。 次に、議案第3号 神栖市国民健康保険税条例の一部を改正する条例に対する討論に入ります。 本案に対する反対討論の通告がありますので、これを許可いたします。 12番、関口正司議員。     〔12番 関口正司君 登壇〕 ◆12番(関口正司君) 第2号議案と関連する議案であり、反対いたします。 その趣旨は、2号議案と同じです。 私は、14日、山本周五郎原作の「赤ひげ」の前進座公演を佐原で観劇しましたが、八代将軍吉宗のころの小石川療養所の物語です。その中で、赤ひげが「人間生き様としてどう生きてきたかではなく、どう生きようとしてきたか」だと話していましたが、政府や県の自治体泣かせの行政には市民の命と暮らしを守るため敢然と立ち向かう、そのことが今求められていると思います。そうしなければ、地方自治体の議会は何だろうと疑問になってしまいます。東京都知事の「おもてなし」の実像の一部がさらけ出されました。国保税は、税の中で最も高い税金、特に生活費がいっぱいの所得の人には死活問題になるほどの酷税です。 ところが、不労所得には5年で500万円までの証券取引所得には非課税、さらに高齢者の保険税は生活費の年金から天引きでは、憲法の生活費非課税の原則に反し、財産権の侵害にもなる二重の憲法違反を拡大することになり、本案に反対するものです。 ○議長(泉純一郎君) ほかに討論ございませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第3号 神栖市国民健康保険税条例の一部を改正する条例を採決いたします。 採決は起立により行います。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案に賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(泉純一郎君) 起立多数であります。 よって、本案は可決されました。 次に、議案第4号 神栖市の督促手数料及び延滞金徴収条例に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第4号 神栖市の督促手数料及び延滞金徴収条例を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第5号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第5号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第6号 神栖市保健・福祉施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例に対する討論に入ります。 本案に対する反対討論の通告がありますので、これを許可いたします。 12番、関口正司議員。     〔12番 関口正司君 登壇〕 ◆12番(関口正司君) 6号議案に反対いたします。 1915年、初めて福祉がこの世界に生まれてから100年余、幾多の戦争なども経ながら前進されてきました。日本も遅ればせながら終戦を期に大きく前進されてきましたが、1979年、分断の政治が始まってから一気に福祉削減が強まり、民営化さらに最近ではPFIなど資本に丸投げする事態にまでなってきました。自治体の本来の任務、責務の市民の福祉、教育、暮らし向上から逸脱するものであり、これまでの企業城下町の歴史にもみられるように、市民にとって不幸な社会を迎えることになりかねません。 よって、本案に反対するものです。 以上です。 ○議長(泉純一郎君) ほかに討論ございませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第6号 神栖市保健・福祉施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。 採決は起立により行います。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案に賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(泉純一郎君) 起立多数であります。 よって、本案は可決されました。 次に、議案第7号 神栖市福祉作業所の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例に対する討論に入ります。 本案に対する反対討論の通告がありますので、これを許可いたします。 12番、関口正司議員。     〔12番 関口正司君 登壇〕 ◆12番(関口正司君) 7号議案に反対いたします。 「障害者は神様」とある音楽家が発信しておられましたが、持って生まれた障害の人からも事故などによる障害者からも、教えてもらうことばかりです。健常者とともに生きることを願い、懸命に奮闘していますが、その姿に応える一助として施設の設置を歓迎するものです。 障害者権利条約が2006年に国連総会で採択され、日本も先の国会で障害者権利条約を結ぶことが認められました。日本の障害者にとって画期的な、歴史的な前進だと思います。障害は、個人の側にあるのでなく、社会の側にあるという考え方であり、これまでの意識を逆転させるほどのことになるでしょう。 しかし、以前と違い、2006年の自立支援法、2013年の総合支援法と次々と改悪され、料金も取り、作業に対する報酬も以前より大幅に削減され、その上、管理運営は事実上民営化に進めるなど、障害者対策と称して市場原理を持ち込む、到底許されるものではありません。 よって、本案に反対するものです。 ○議長(泉純一郎君) ほかに討論ございませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第7号 神栖市福祉作業所の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。 採決は起立により行います。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案に賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(泉純一郎君) 起立多数であります。 よって、本案は可決されました。     〔「議長、休憩」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 暫時休憩します。 △休憩 午前10時22分 △再開 午前10時25分 ○議長(泉純一郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 次に、議案第8号 神栖市障害者デイサービスの設置及び運営等に関する条例に対する討論に入ります。 本案に対する反対討論の通告がありますので、これを許可いたします。 12番、関口正司議員。     〔12番 関口正司君 登壇〕 ◆12番(関口正司君) 8号議案に反対します。 障害者へのサービスに設置されることには賛成いたしますが、7号議案のように民営化の道となる指定管理者制度の管理運営は、働く方の処遇改悪につながり、ひいては利用者のサービス低下につながるものであり、本案に反対するものです。 ○議長(泉純一郎君) ほかに討論ございませんか。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第8号 神栖市障害者デイサービスセンターの設置及び運営等に関する条例を採決いたします。 採決は起立により行います。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案に賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(泉純一郎君) 起立多数であります。 よって、本案は可決されました。 次に、議案第9号 神栖市通所介護事業所の設置及び運営等に関する条例を廃止する条例に対する討論に入ります。 本案に対する反対討論の通告がありますので、これを許可いたします。 12番、関口正司議員。     〔12番 関口正司君 登壇〕 ◆12番(関口正司君) 9号議案に反対します。 公営は市のサービスは最後のセーフティネットとしてこれまで市民のために役立っています。これまでは民営で運営されていたものが窮地に立ったとき、どこでもその受け皿的役割を果たしてきています。民営では利益が出なければ運営できません。逆に利益が出ないことを承知の上で運営すれば、商法違反になります。どのような事態にも応えられるのが公営です。公的業務は市場原理には乗せられません。公的運営で収入が殆んどなくても運営している業務はたくさんあります。所詮、公的業務は利益を生み出してはならないからです。 よって、本案に反対するものです。 ○議長(泉純一郎君) ほかに討論ございませんか。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第9号 神栖市通所介護事業所の設置及び運営等に関する条例を廃止する条例を採決いたします。 採決は起立により行います。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案に賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(泉純一郎君) 起立多数であります。 よって、本案は可決されました。 次に、議案第10号 神栖市小規模水道等に関する条例に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第10号 神栖市小規模水道等に関する条例を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第11号 東日本大震災により被害を受けた中小企業者等に対する求償権の放棄等に関する条例に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第11号 東日本大震災により被害を受けた中小企業者等に対する求償権の放棄等に関する条例を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第12号 神栖市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第12号 神栖市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第13号 神栖市都市公園条例の一部を改正する条例に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第13号 神栖市都市公園条例の一部を改正する条例を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第14号 平成25年度神栖市一般会計補正予算(第9号)に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第14号 平成25年度神栖市一般会計補正予算(第9号)を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第15号 平成25年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第15号 平成25年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第16号 平成25年度神栖市介護保険特別会計事業勘定補正予算(第2号)に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第16号 平成25年度神栖市介護保険特別会計事業勘定補正予算(第2号)を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第17号 平成25年度神栖市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)に対する討論に入ります。 本案に対する反対討論の通告がありますので、これを許可いたします。 12番、関口正司議員。     〔12番 関口正司君 登壇〕 ◆12番(関口正司君) 17号議案に反対いたします。ただし、保険料減額のための補正に反対するものではありません。 しかし、後期高齢者世代を分断した保険制度が保険料を高騰させています。しかも、この高騰を抑制しようと都道府県が財政安定化基金を活用しようとしたところ、都道府県に対して厚生労働省は、「先の短い高齢者に金を使うな」と言って圧力をかけていたことが18日に明らかになりました。何と恐ろしい指導でしょう。稀代の悪業、世界でもないだろうと言われている世代で分断する後期高齢者保険制度。1979年から分断の政治が続き、中央と地方政治への分断、文化、スポーツ、家族にまで分断政策が持ち込まれ、家族までバラバラ、友達も分断され、その結果が今日の状況を生んでいると思います。 それでも、日本国民は、まだまだ向こう三軒両隣必死につながりを大事にしています。刑事事件があると、すぐにトップニュースを報道しますが、外国を訪問して感じるのは、日本が安全な国だということです。この伝統をも崩壊させるのがこういう法律を許していくことではないでしょうか。この制度の廃止を国に求めていただくことを要望して、17号議案に反対するものです。 ○議長(泉純一郎君) ほかに討論ございませんか。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第17号 平成25年度神栖市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。 採決は起立により行います。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案に賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(泉純一郎君) 起立多数であります。 よって、本案は可決されました。 次に、議案第18号 平成25年度神栖市水道事業会計補正予算(第3号)に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第18号 平成25年度神栖市水道事業会計補正予算(第3号)を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第19号 工事請負契約の変更について、神栖市立波崎西小学校校舎耐震補強及び改修工事に対する討論に入ります。ここで、地方自治法第117条の規定に基づき、15番、伊藤大議員の除斥を求めます。     〔15番 伊藤 大君 退場〕 ○議長(泉純一郎君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第19号 工事請負契約の変更について、神栖市立波崎西小学校校舎耐震補強及び改修工事を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第20号 工事請負契約の変更について、神栖市立矢田部小学校校舎耐震補強及び改修工事に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第20号 工事請負契約の変更について、神栖市立矢田部小学校校舎耐震補強及び改修工事を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第21号 工事請負契約の変更について、神栖市立太田小学校校舎耐震補強及び改修工事に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第21号 工事請負契約の変更について、神栖市立太田小学校校舎耐震補強及び改修工事を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第22号 工事請負契約の変更について、神栖市立波崎第二中学校校舎耐震補強及び改修工事に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第22号 工事請負契約の変更について、神栖市立波崎第二中学校校舎耐震補強及び改修工事を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第23号 神栖市道路線の認定についてに対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第23号 神栖市道路線の認定についてを採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第24号 指定管理者の指定について、神栖市障害者デイサービスセンター のぞみに対する討論に入ります。 本案に対する反対討論の通告がありますので、これを許可いたします。 12番、関口正司議員。     〔12番 関口正司君 登壇〕 ◆12番(関口正司君) 24号議案に反対いたします。 我が党は、障がい者が安心して暮らせる社会はすべての人に生きやすい社会であることから、改悪を許さず、生存権が保障される社会づくりに全力を挙げてきました。 しかし、2006年4月1日から障害者自立支援法が施行され、それまで障害者支援から孤立支援と言われるように、その障がいが重いほど負担が重い制度に、民主党に、公明党、自民党の賛成で改悪されました。さらに、障害者総合支援法が2013年4月1日に施行され、介護保険と連動するようになり、65歳以上になると自動的に介護保険が活用され、1割負担も発生するなど、本来、公助で行うべきところ、公助が貧弱のため共助、自助に転嫁する本末転倒の制度改悪をしながらさらにこの法案では、指定管理者制度により働く人の処遇も改悪され、そのことが障がい者に大きな影響を及ぼすことは明白であり、本案に反対するものです。 以上です。 ○議長(泉純一郎君) ほかに討論ございませんか。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第24号 指定管理者の指定について、神栖市障害者デイサービスセンター のぞみを採決いたします。 採決は起立により行います。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案に賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(泉純一郎君) 起立多数であります。 よって、本案は可決されました。 次に、議案第25号 指定管理者の指定について、神栖市福祉作業所 きぼうの家に対する討論に入ります。 本案に対する反対討論の通告がありますので、これを許可いたします。 12番、関口正司議員。     〔12番 関口正司君 登壇〕 ◆12番(関口正司君) 25号議案に反対いたします。 障がい者に対するいじめと言うか、虐待とも思われる国の行政は、24号議案で述べましたので省略いたします。 これまで内心の自由を侵害する国旗国歌法の制定、国家特別機密法の制定、米軍への果てしない支援、防衛大綱強化見直し、共謀罪云々など、これまでの歴史の戦争の準備が進むにつれ、まず障がい者が邪魔者扱いにされました。次に高齢者、お年寄り、次に子供。それを必死に反対して守ろうと最も積極的だった日本共産党は弾圧され、小林多喜二をはじめ先の大戦を前後して2,000人余の同志が虐殺、獄中死しました。次に新派、次に社民、そして全く政治的には中立であっても宗教弾圧などがされ、戦争になったら大政翼賛会になって、女性・子供まで無差別に殺りくが繰り返されてきたのがこれまでの歴史でした。 今、まさかと思われる緊急事態。障害者の生存権利を守ることが私たちの未来を、市長の所信表明の安心・安全のまちづくりになることであり、障がい者により厳しくなる法案に反対するものです。 ○議長(泉純一郎君) ほかに討論ございませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第25号 指定管理者の指定について、神栖市福祉作業所 きぼうの家を採決いたします。 採決は起立により行います。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案に賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(泉純一郎君) 起立多数であります。 よって、本案は可決されました。 次に、議案第27号 専決処分の承認を求めることについて、平成25年度神栖市一般会計補正予算(第8号)に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案27号 専決処分の承認を求めることについて、平成25年度神栖市一般会計補正予算(第8号)を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案承認であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) 異議なしと認め、さよう決しました。--------------------------------------- △日程第2 議員派遣の件 ○議長(泉純一郎君) 日程第2、議員派遣の件を議題といたします。 お諮りいたします。 本件につきましては、お手元に配布のとおり議員を派遣したいと思いますが、これにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) ご異議なしと認め、さよう決しました。--------------------------------------- △日程第3 閉会中の所管事務調査の件 ○議長(泉純一郎君) 日程第3、閉会中の所管事務調査の件を議題といたします。 本件につきましては、お手元に配布のとおり各常任委員会及び議会運営委員会から閉会中の所管事務調査の申し出があったものです。 お諮りいたします。 本件について、それぞれ閉会中の所管事務調査に付することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(泉純一郎君) ご異議なしと認め、さよう決しました。--------------------------------------- △閉会の宣告 ○議長(泉純一郎君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。 定例会の閉会に当たり、一言ご挨拶申し上げます。 議員各位におかれましては、去る10日から本日までの11日間にわたる会期の中、多くの重要な議案について審査、審議を尽くされ、心より敬意を表する次第でございます。 執行部におかれましては、今定例会で議員各位より出された様々な意見等を十分尊重されまして、更なる市民の福祉向上に努められますようお願い申し上げます。 結びに、今年も残すところ10日余りとなりましたが、年の瀬も押し詰まってまいりました。議員各位におかれましては、何かとお忙しい毎日であろうかと思いますが、健康に十分ご留意され、新年のなお一層のご活躍を心よりご祈念申し上げまして、平成25年第4回神栖市議会定例会を閉会といたします。 本日は、大変ご苦労さまでした。 △閉会 午前10時54分◯朗読を省略した議長の報告---------------------------------------          閉会中の所管事務調査一覧表◯ 総務産業委員会 ・地域振興について ・行財政運営について ・農林水産行政について ・商工観光行政について◯ 教育福祉委員会 ・教育行政について ・福祉行政について◯ 都市環境委員会 ・土木行政について ・防災行政について ・生活環境行政について◯ 議会運営委員会 ・議会運営に関する事項 ・議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項 ・議長の諮問に関する事項 ・次期定例会等の会期及び議事日程等に関する事項地方自治法第123条第2項の規定により署名する                 議長                 署名議員                 署名議員                 署名議員...