神栖市議会 > 2010-12-24 >
12月24日-04号

ツイート シェア
  1. 神栖市議会 2010-12-24
    12月24日-04号


    取得元: 神栖市議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-13
    平成22年 12月 定例会(第4回)          平成22年第4回神栖市議会定例会会議録議事日程(第4号)  平成22年12月24日(金)午後2時開議日程第1 議案第1号 神栖税条例の一部を改正する条例     議案第2号 平成22年度神栖一般会計補正予算(第4号)     議案第3号 平成22年度神栖国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第3号)     議案第4号 平成22年度神栖公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)     議案第5号 平成22年度神栖介護保険特別会計事業勘定補正予算(第1号)     議案第6号 平成22年度神栖水道事業会計補正予算(第1号)     議案第7号 神栖市道路線認定について     議案第8号 神栖市道路線の廃止について           〔各常任委員会委員長報告質疑討論・採決〕日程第2 請願第1号 TPP交渉参加反対に関する緊急請願           〔紹介議員趣旨説明質疑討論・採決〕日程第3 議員派遣件日程第4 閉会中の継続審査件日程第5 閉会中の所管事務調査件---------------------------------------本日の会議に付した案件日程第1 議案第1号 神栖税条例の一部を改正する条例     議案第2号 平成22年度神栖一般会計補正予算(第4号)     議案第3号 平成22年度神栖国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第3号)     議案第4号 平成22年度神栖公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)     議案第5号 平成22年度神栖介護保険特別会計事業勘定補正予算(第1号)     議案第6号 平成22年度神栖水道事業会計補正予算(第1号)     議案第7号 神栖市道路線認定について     議案第8号 神栖市道路線の廃止について           〔各常任委員会委員長報告質疑討論・採決〕日程第2 請願第1号 TPP交渉参加反対に関する緊急請願           〔紹介議員趣旨説明質疑討論・採決〕日程第3 議員派遣件日程第4 閉会中の継続審査件日程第5 閉会中の所管事務調査件出席議員(25人) 議長 26番  長谷川 隆君  副議長 13番  大槻邦夫君     1番  遠藤貴之君        2番  野口文孝君     3番  後藤潤一郎君       5番  五十嵐清美君     6番  佐藤節子君        7番  安藤昌義君     8番  飯田耕造君        9番  伊藤 大君    10番  古徳 等君       11番  神崎 清君    12番  木内敏之君       14番  山中正一君    15番  野口一洋君       17番  泉 純一郎君    18番  三好 忠君       19番  柳堀 弘君    20番  宮川一郎君       21番  藤田昭泰君    22番  山本 守君       23番  長谷川治吉君    25番  梅原 章君       27番  中村勇司君    28番  山本源一郎---------------------------------------欠席議員(1人)    16番  小山茂雄---------------------------------------説明のため出席した者       市長          保立一男君       副市長         鈴木 誠君       教育長         新谷茂生君       総務部長秘書課長   阿部文雄君       企画部長        野口芳夫君       波崎総合支所長     菅谷利雄君       健康福祉部長      坂本義勝君       生活環境部長      石神 貴君       都市整備部長      五十嵐俊雄君       産業経済部長      関川克美君       会計管理者       仲本 守君       教育部長        大槻俊雄君       参事兼総務課長     大槻幸一君       参事兼資産税課長    塙 利男君       参事兼財政課長     野口 治君       参事兼教育総務課長   池田 明君---------------------------------------議会事務局出席者       議会事務局長      根本善博       議事課長        斎藤邦夫       議事課副参事兼課長補佐 高安永夫 △開議 午後2時05分 △開議の宣告 ○議長長谷川隆君) これから本日の会議を開きます。--------------------------------------- △諸般の報告議長長谷川隆君) 諸般の報告をいたします。 各常任委員会委員長から、それぞれ委員会審査報告書が提出されておりますので、その写しをお手元に配付してあります。 次に、請願が提出されておりますので、請願文書表とあわせ、その写しをお手元に配付してあります。 次に、議員派遣の件をお手元に配付してあります。 次に、議会運営委員会委員長から閉会中の継続審査申出書が提出されておりますので、その写しをお手元に配付してあります。 次に、各常任委員会及び議会運営委員会から閉会中における所管事務調査申し出がありましたので、その一覧表をお手元に配付してあります。 次に、教育委員会委員長から地方教育行政の組織及び運営に関する法律第27条に基づき、平成22年度教育委員会点検評価報告書平成21年度事業対象が提出されておりますので、お手元に配付してあります。 それぞれごらんおきいただきたいと存じます。 以上で諸般の報告を終了いたします。---------------------------------------議会運営委員会委員長報告議長長谷川隆君) 議事日程に入る前に、本日、議会運営委員会が開催されましたので、その協議の結果について、同委員長から報告を求めます。 委員長、9番、伊藤大議員。     〔議会運営委員会委員長 伊藤 大君 登壇〕 ◆議会運営委員会委員長伊藤大君) ただいま議長からご指名がございましたので、本日開催いたしました議会運営委員会の協議の結果についてご報告を申し上げます。 請願第1号 TPP交渉参加反対に関する緊急請願につきましては、本日の議題とし、質疑後、都市産業委員会へ付託することに申し合わせ決定をいたしました。 以上が本日の当委員会の協議結果であります。本日の会議が円滑に運営されますよう各位のご協力をお願い申し上げ、報告を終わります。 ○議長長谷川隆君) ただいまの議会運営委員会委員長報告に対し、質疑はございませんか。--質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 以上で、議会運営委員会委員長報告を終わります。 議会運営についてよろしくお願いいたします。---------------------------------------日程第1 議案第1号 神栖税条例の一部を改正する条例議案第2号 平成22年度神栖一般会計補正予算(第4号) △議案第3号 平成22年度神栖国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第3号) △議案第4号 平成22年度神栖公共下水道事業特別会計補正予算(第1号) △議案第5号 平成22年度神栖介護保険特別会計事業勘定補正予算(第1号) △議案第6号 平成22年度神栖水道事業会計補正予算(第1号) △議案第7号 神栖市道路線認定について △議案第8号 神栖市道路線の廃止について ○議長長谷川隆君) 日程第1、議案第1号ないし議案第8号を一括して議題といたします。 これより、順次常任委員会委員長報告を求めます。 初めに、総務企画委員会委員長から、同委員会審査経過並びに結果の報告を求めます。 委員長、14番、山中正一議員---------------------------------------                               平成22年12月24日 神栖市議会 議長 長谷川 隆様                            総務企画委員会                              委員長 山中正一               総務企画委員会審査報告書 本委員会に付託された議案は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により報告します。                    記議案番号件名審査の結果議案第1号神栖税条例の一部を改正する条例原案可決議案第2号平成22年度神栖一般会計補正予算(第4号)原案可決               主な発言の要旨 〔議案第1号〕 問 固定資産税の税率を1.4%から1.0%に引き下げる軽減税率を適用しているが、どの位の減額になるのか。 答 平成22年度の軽減税額については、鹿島セントラルホテル1,832万1,800円、アトンパレスホテル434万2,700円であり、18年度から22年度までの5年間では、鹿島セントラルホテル9,239万2,600円、アトンパレスホテル2,256万1,000円です。 〔議案第2号〕 問 新年度からは待機児童の解消がどの程度見込まれるのか。 答 来年度の新規入所児童応募状況は、受け入れが741人に対し応募総数が735人となっており、応募者が少ない状況にありますが、地域や年齢構成などから若干の待機児童が発生するものと考えられます。 問 民間保育所年齢児保育体制緊急整備業務委託料が減額になった理由を伺いたい。 答 当初は18保育所予算化しましたが、臨時保育士の確保ができなかった10保育所が実施を見合わせたため、減額補正したものです。 問 神之池用水機場等施設維持管理基金と今後の見通しについて伺いたい。 答 基金は2億5,115万円ほど積み立てています。基金の金利が高い時は、利子を運用して施設の維持管理費にできたが、金利が低くなったことから茨城県と協定を結んで、鹿島特別会計から平成21年度まで補助を受けておりましたが、補助が22年度からなくなったため、今後は基金を取り崩しながら運営していくことで考えています。 問 道路維持費道路補修工事について伺いたい。 答 当初予算では4,800万円の予算計上し、11月末までに107路線について簡易な補修工事を実施しておりますが、既に4,700万円を支出しており、今後の補修費として1,500万円を計上したものです。 問 住宅リフォーム助成金助成対象には、築何年という制限はあるのか。 答 助成の対象には、築何年という制限はありません。工事費が10万円以上で、住宅の構造部分の設備の修繕、模様替え、増築などで、市内の施工業者が行う工事が対象となります。 問 用排水路測量設計委託料として594万円計上されているが、地区としてはどの辺を考えているのか。 答 日川・木崎・溝口・柳川・太田地区を予定しており、総延長では920メートル程度を計画しています。 問 生活保護扶助経費保護施設事務費について伺いたい。 答 生活保護費を受けている方が、保護施設に入所したときの施設側事務経費です。 問 不法投棄防止のための移動式監視カメラについて伺いたい。 答 人や車両を感知して自動的に録画できるシステムで、持ち運びが可能な赤外線カメラです。電源は太陽光電池バッテリー併用で24時間監視ができます。---------------------------------------     〔総務企画委員会委員長 山中正一君 登壇〕 ◆総務企画委員会委員長山中正一君) ただいま議長からご指名がございましたので、総務企画委員会における審査経過と結果についてご報告申し上げます。 本委員会に付託されました議案は、議案第1号 神栖税条例の一部を改正する条例及び議案第2号 平成22年度神栖一般会計補正予算(第4号)であり、去る12月17日に委員会を開催し、市長を始め副市長及び関係部課長等出席を求め、慎重な審査を行いました。 付託された議案で特に論議の対象となりましたのは、議案第1号では固定資産税の税率を引き下げる軽減税率に伴う減税額について、議案第2号では民間保育所年齢児保育体制緊急整備業務委託料が減額になった理由について、神之池用水機場等施設維持管理基金と今後の見通しについて、不法投棄防止のための移動式監視カメラについてなどであり、休憩中を含め執行部との間で活発な質疑応答が交わされた次第であります。 慎重審査の結果、付託された議案はいずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定をいたした次第であります。 以上、審査経過と結果について申し上げましたが、本委員会決定に対しまして、議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げ、報告を終わります。
    議長長谷川隆君) 次に、健康福祉委員会委員長から同委員会審査経過並びに結果の報告を求めます。 委員長、25番、梅原章議員---------------------------------------                               平成22年12月24日 神栖市議会 議長 長谷川 隆様                            健康福祉委員会                              委員長 梅原 章               健康福祉委員会審査報告書 本委員会に付託された議案は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により報告します。                    記議案番号件名審査の結果議案第3号平成22年度神栖国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第3号)原案可決議案第5号平成22年度神栖介護保険特別会計事業勘定補正予算(第1号)原案可決               主な発言の要旨 〔議案第3号〕 問 健康福祉部の職員はどれくらいいるのか。 答 165名です。 問 健康福祉部関係で土・日及び夜間遅くまで時間外対応していると聞くが、現状はどうなのか。 答 勤務時間内に市民への福祉対応で外勤となる関係残務整理が生じたり、時期的に業務が重なるというようなこともあり、時間外勤務で対応している状況です。 〔議案第5号〕 問 神栖市の介護保険料はどれくらいなのか。 答 介護保険料基準額は3,880円ですが、全国平均保険料は4,160円となっております。 なお、現在の介護保険認定者は2,080人です。---------------------------------------     〔健康福祉委員会委員長 梅原 章君 登壇〕 ◆健康福祉委員会委員長梅原章君) ただいま議長から指名がございましたので、健康福祉委員会における審査経過と結果についてご報告申し上げます。 本委員会に付託されました議案は、議案第3号 神栖国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第3号)ほか1件であり、去る12月17日に委員会を開催し、市長を始め関係部課長等出席を求め、慎重な審査を行いました。 付託された案件で特に論議の対象となりましたのは、健康福祉部職員の時間外勤務に関するもの等についてであり、休憩中を含め執行部との間で質疑応答が交わされた次第であります。 慎重審査の結果、付託された議案全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定をいたした次第であります。 以上、審査経過と結果について申し上げましたが、本委員会決定に対しまして、議員各位の賛同をよろしくお願い申し上げ、報告を終わります。 ○議長長谷川隆君) 次に、教育環境委員会委員長から同委員会審査経過並びに結果の報告を求めます。 委員長、23番、長谷川治吉議員---------------------------------------                               平成22年12月24日 神栖市議会 議長 長谷川 隆様                            教育環境委員会                              委員長 長谷川治吉               教育環境委員会審査報告書 本委員会に付託された議案は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により報告します。                    記議案番号件名審査の結果議案第6号平成22年度神栖水道事業会計補正予算(第1号)原案可決               主な発言の要旨 〔議案第6号〕 問 議会の議決を経なければ流用することのできない経費にはどういうものがあるのか伺いたい。 答 地方公営企業法の中で定められている経費には、職員給与費交際費があります。 問 議案書の数字の一部訂正は、単純なチェックミスによるものなのか伺いたい。 答 賃借対照表中の資本の部、当年度未処分利益剰余金記載誤りによるものです。 問 水道布設の要望の件数について伺いたい。 答 波崎地域は18行政区、神栖地域は14行政区から要望が提出されています。 問 水道布設整備年度は計画されているのか伺いたい。 答 波崎地域については、メインとなる配水管の布設を重点的に行っており、それができ次第、それに沿って地区の整備をしてまいります。---------------------------------------     〔教育環境委員会委員長 長谷川治吉君 登壇〕 ◆教育環境委員会委員長長谷川治吉君) ただいま議長からご指名がございましたので、教育環境委員会における審査経過と結果についてご報告申し上げます。 本委員会に付託されました議案は、議案第6号 神栖水道事業会計補正予算(第1号)であり、去る12月17日に委員会を開催し、市長及び教育長を始め関係部課長等出席を求め、慎重な審査を行いました。 付託された議案で特に論議の対象となりましたのは、議会の議決を経なければならない経費について、また水道布設要望件数についてなどであり、休憩中を含め執行部との間で活発な質疑応答が交わされた次第であります。 慎重審査の結果、付託された議案全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定をいたした次第であります。 以上、審査経過と結果について申し上げましたが、本委員会決定に対しまして、議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げ、報告を終わります。 ○議長長谷川隆君) 次に、都市産業委員会委員長から同委員会審査経過並びに結果の報告を求めます。 委員長、5番、五十嵐清美議員---------------------------------------                               平成22年12月24日 神栖市議会 議長 長谷川 隆様                            都市産業委員会                              委員長 五十嵐清美               都市産業委員会審査報告書 本委員会に付託された議案は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により報告します。                    記議案番号件名審査の結果議案第4号平成22年度神栖公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)原案可決議案第7号神栖市道路線認定について原案可決議案第8号神栖市道路線の廃止について原案可決               主な発言の要旨 〔議案第4号〕 問 本議案は、11月30日の臨時会での給与条例議決を前提にした内容のものであるが、これを定例会議案として臨時会開催前に議員に配付しているが問題ないのか。 答 配付させていただきましたのは臨時会の開会前でありましたが、定例会議案としては12月14日の定例会開会日提出ということになります。 〔議案第7号〕 問 私道を寄附してから市道として認定されるまで時間がかかる場合があるが、寄附をした方が困るようなことはないか。 答 「神栖市道に関する取扱要項」により道路線認定は年1回としておりますが、特別の事由があるときは、この限りでありません。また、寄附申し出を受けてから市長の決裁後、道路は市で維持管理しています。 問 市道として認定される前に、市が道路の管理をして問題はないか。 答 寄附の受領の決定後、市に所有権移転の登記をしており、それにより維持管理をしております。 問 どのような私道でも受領するのか。 答 「神栖市私道の寄附受領基準」に規定する基準に該当する私道について受領しております。 問 旧県道については移管を受けないのか。 答 道路敷に民家がある場合には、受け入れておりません。---------------------------------------     〔都市産業委員会委員長 五十嵐清美君 登壇〕 ◆都市産業委員会委員長五十嵐清美君) ただいま議長からご指名がございましたので、都市産業委員会における審査経過と結果についてご報告申し上げます。 本委員会に付託されました議案は、議案第4号 平成22年度神栖公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)のほか2件であり、去る12月17日に委員会を開催し、市長を始め関係部課長等出席を求め、慎重な審査を行いました。 付託された議案で特に論議の対象になりましたのは、議案第4号では11月30日の臨時会の議決と本定例会議案関係について、議案第7号では私道の寄附をしてから市道として認定されるまでの間の管理についてなどであり、休憩中を含め執行部との間で活発な質疑応答が交わされた次第であります。 慎重審査の結果、付託された議案全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。 以上、審査経過と結果について申し上げましたが、本委員会決定に対しまして、議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げ、報告を終わります。 ○議長長谷川隆君) 以上で委員長報告を終わります。 これより委員長報告に対する質疑に入ります。--質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 これより討論に入ります。 まず、議案第1号 神栖税条例の一部を改正する条例に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第1号 神栖税条例の一部を改正する条例を採決いたします。 本案に対する委員長報告原案可決であります。 お諮りいたします。 本案委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長長谷川隆君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第2号 平成22年度神栖一般会計補正予算(第4号)に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第2号 平成22年度神栖一般会計補正予算(第4号)を採決いたします。 本案に対する委員長報告原案可決であります。 お諮りいたします。 本案委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長長谷川隆君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第3号 平成22年度神栖国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第3号)に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第3号 平成22年度神栖国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第3号)を採決いたします。 本案に対する委員長報告原案可決であります。 お諮りいたします。 本案委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長長谷川隆君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第4号 平成22年度神栖公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第4号 平成22年度神栖公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。 本案に対する委員長報告原案可決であります。 お諮りいたします。 本案委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長長谷川隆君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第5号 平成22年度神栖介護保険特別会計事業勘定補正予算(第1号)に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより、議案第5号 平成22年度神栖介護保険特別会計事業勘定補正予算(第1号)を採決いたします。 本案に対する委員長報告原案可決であります。 お諮りいたします。 本案委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長長谷川隆君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第6号 平成22年度神栖水道事業会計補正予算(第1号)に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第6号 平成22年度神栖水道事業会計補正予算(第1号)を採決いたします。 本案に対する委員長報告原案可決であります。 お諮りいたします。 本案委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長長谷川隆君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第7号 神栖市道路線認定に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第7号 神栖市道路線認定について採決いたします。 本案に対する委員長報告原案可決であります。 お諮りいたします。 本案委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長長谷川隆君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第8号 神栖市道路線の廃止に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第8号 神栖市道路線の廃止について採決いたします。 本案に対する委員長報告原案可決であります。 お諮りいたします。 本案委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長長谷川隆君) 異議なしと認め、さよう決しました。---------------------------------------日程第2 請願第1号 TPP交渉参加反対に関する緊急請願議長長谷川隆君) 日程第2、請願第1号 TPP交渉参加反対に関する緊急請願を議題といたします。 紹介議員から趣旨説明を求めます。 7番、安藤昌義議員。     〔7番 安藤昌義君 登壇〕 ◆7番(安藤昌義君) ただいま議長からご指名がございましたので、請願第1号の趣旨説明をさせていただきます。 朗読をもって説明にかえさせていただきます。 請願第1号            TPP交渉参加反対に関する緊急請願 神栖市議会議長 長谷川 隆様 平成22年12月7日                     請願者  しおさい農業協同組合                          組合長 野口嘉徳                     住所   茨城県神栖市深芝2752番地5                     紹介議員 安藤昌義            請願理由 我が国は、WTOドーハ・ラウンド交渉において、世界の国々において多用な農業が共存しうる貿易ルールの確立を国の方針として主張してきました。 しかしながら、菅首相は10月1日、突如として米国、豪州など9カ国が行うTPP(環太平洋連携協定)への参加について言及いたしました。 TPPは、関税撤廃の例外措置を認めない完全な貿易自由化を目指すものであり、TPPへの参加は日本の農業・農村を崩壊させるおそれがあり、断じて認められないものです。 我々は、工業製品の輸出拡大や資源の安定確保を指定するものではありません。しかし、この国が貿易立国として発展してきた結果、我が国は世界で最も開かれた農産物純輸入国となり、食料自給率は40%と著しく低下しました。さらに、例外を認めないTPPを締結すれば、農産物輸入が激増し、日本農業は壊滅します。 茨城県における影響額も米が901億円減少(減少率94%)、豚肉は307億円(減少率70%)、牛乳は85億円(減少率56%)等、主要農産物合計で1,481億円(減少率35%)を超える生産縮小が想定されます。 さらに、関連産業は廃業し、地方の経済・雇用、農業が守ってきた多面的機能も失われます。これでは、国民・県民の圧倒的多数が望む食料自給率の向上、安全・安心なくらしの実現は到底不可能であります。 我々は、食料自給率向上、農業の多面的機能の発揮、世界の食料問題の解決と両立できないTPP交渉への参加に反対であり、断じて認めることはできません。 以上が本県の現場で働く農業者の総意であり、この趣旨を十分ご理解いただき、貴職におかれましては政府・国会に対して働きかけを行われるよう強く要請いたします。 以上でございます。議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。 ○議長長谷川隆君) ただいま紹介議員の趣旨説明が終了いたしましたので、これより質疑に入ります。--質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 請願第1号につきましては、都市産業委員会へ付託することにいたします。 暫時休憩いたします。 △休憩 午後2時30分 △再開 午後2時36分 ○議長長谷川隆君) 休憩前に引き続き再開いたします。 都市産業委員会委員長から請願第1号 TPP交渉参加反対に関する緊急請願について、閉会中の継続審査申し出がありましたので、その写しを配付させます。---------------------------------------日程第3 議員派遣の件 ○議長長谷川隆君) 日程第3、議員派遣の件を議題といたします。 お諮りいたします。 本件につきましては、お手元に配付のとおり議員を派遣したいと思いますが、これにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長長谷川隆君) 異議なしと認め、さよう決しました。---------------------------------------日程第4 閉会中の継続審査の件 ○議長長谷川隆君) 日程第4、閉会中の継続審査の件を議題といたします。 本件につきましては、お手元に配付のとおり都市産業委員会及び議会運営委員会から継続審査申し出があったものであります。 お諮りいたします。 本件については、閉会中の継続審査とすることにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長長谷川隆君) 異議なしと認め、さよう決しました。---------------------------------------日程第5 閉会中の所管事務調査の件 ○議長長谷川隆君) 日程第5、閉会中の所管事務調査の件を議題といたします。 本件につきましては、お手元に配付のとおり各常任委員会及び議会運営委員会から閉会中の所管事務調査申し出があったものであります。 お諮りいたします。 本件については、閉会中の所管事務調査に付することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長長谷川隆君) 異議なしと認め、さよう決しました。---------------------------------------閉会の宣告 ○議長長谷川隆君) 以上で、本定例会に付されました案件等はすべて議了いたしました。 閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。 議員各位には、去る14日から本日まで11日間にわたる会期の中、ご審議を尽くされ敬意を表するものでございます。執行部におかれましては、本定例会議員各位から出されたさまざまな意見等を十分尊重されまして、さらなる神栖市民の福祉向上に努められますようお願い申し上げます。 結びに、平成22年も師走の24日となり、年の瀬も押し迫ってまいりました。議員各位におかれましては、何かとお忙しい毎日であろうと思いますが、健康に十分留意され、新年のなお一層のご活躍を心からご祈念申し上げまして、平成22年第4回神栖市議会定例会閉会といたします。 長期間大変ご苦労さまでした。 △閉会 午後2時41分◯朗読を省略した議長報告---------------------------------------               閉会中の所管事務調査一覧表◯ 総務企画委員会  ・地域振興について  ・行財政運営について◯ 健康福祉委員会  ・健康行政について  ・福祉行政について◯ 教育環境委員会  ・生活環境行政について  ・教育行政について◯ 都市産業委員会  ・農業行政について  ・商工観光行政について  ・生活環境整備行政について  ・公設市場について◯ 議会運営委員会  ・議会運営に関する事項  ・議会会議規則委員会に関する条例等に関する事項  ・議長の諮問に関する事項  ・次期定例会等の会期及び議事日程等に関する事項地方自治法第123条第2項の規定により署名する                 議長                 署名議員                 署名議員                 署名議員...