神栖市議会 > 2009-10-02 >
10月02日-06号

ツイート シェア
  1. 神栖市議会 2009-10-02
    10月02日-06号


    取得元: 神栖市議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-13
    平成21年  9月 定例会(第3回)          平成21年第3回神栖市議会定例会会議録議事日程(第6号)  平成21年10月2日(金)午前10時開議日程第1 議案第11号 平成21年度神栖一般会計補正予算(第5号)            〔波崎柳川土地区画整理事業調査特別委長報告質疑討論採決日程第2 閉会中の継続審査調査)の件---------------------------------------本日の会議に付した案件日程第1 議案第11号 平成21年度神栖一般会計補正予算(第5号)            〔波崎柳川土地区画整理事業調査特別委長報告質疑討論採決日程第2 閉会中の継続審査調査)の件出席議員(23人) 議長 22番  山本 守君   副議長 19番  柳堀 弘君     1番  遠藤貴之君        3番  後藤潤一郎君     5番  五十嵐清美君       6番  佐藤節子君     8番  飯田耕造君        9番  伊藤 大君    10番  古徳 等君       11番  神崎 清君    12番  木内敏之君       13番  大槻邦夫君    14番  山中正一君       15番  野口一洋君    16番  小山茂雄君       17番  泉 純一郎君    18番  三好 忠君       21番  藤田昭泰君    23番  長谷川治吉君      25番  梅原 章君    26番  長谷川 隆君      27番  中村勇司君    28番  山本源一郎---------------------------------------欠席議員(3人)     2番  野口文孝君        7番  安藤昌義君    20番  宮川一郎---------------------------------------説明のため出席した者       市長          保立一男君       副市長         鈴木 誠君       教育長         新谷茂生君       総務部長        早見 透君       企画部長        阿部文雄君       健康福祉部長      仲本 守君       生活環境部長      片岡新一君       産業経済部長      笹本 昭君       都市整備部長      山中悦朗君       教育部長        井上利男君       波崎総合支所長     菅谷利雄君       会計管理者       長谷川整治君       参事総務課長     大槻幸一君       秘書課長        高安俊昭---------------------------------------議会事務局出席者       議会事務局長      関川克美       参事議事課長     根本善博       議事課参事課長補佐 斎藤邦夫開議 午前10時00分 △開議宣告議長山本守君) これから本日の会議を開きます。---------------------------------------諸般報告議長山本守君) 諸般報告をいたします。 波崎柳川土地区画整理事業調査特別委員長から委員会審査報告書が提出されておりますので、その写しをお手元に配付してあります。 また、同委員会委員長から閉会中の継続審査申出書が提出されておりますので、その写しをお手元に配付してあります。 次に、平成20年度決算に係る指摘及び要望事項に誤謬がありましたので、お手元訂正文書を配付いたしております。 それぞれごらんおきいただきたいと存じます。 以上でございます。---------------------------------------日程第1 議案第11号 平成21年度神栖一般会計補正予算(第5号) ○議長山本守君) 日程第1、議案第11号 平成21年度神栖一般会計補正予算(第5号)を議題といたします。 これより、波崎柳川土地区画整理事業調査特別委員長から、同委員会審査経過並びに結果の報告を求めます。 委員長、9番、伊藤大議員---------------------------------------                               平成21年10月2日 神栖市議会 議長 山本 守様             波崎柳川土地区画整理事業調査特別委員会                              委員長 伊藤 大       波崎柳川土地区画整理事業調査特別委員会審査報告書 本委員会に付託された議案は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により報告します。                   記議案番号件名審査の結果議案第11号平成21年度神栖一般会計補正予算(第5号)原案可決               主な発言の要旨 〔議案第11号〕 問 判決が出た以降の金融機関側との交渉経過を伺いたい。金利減免等についても、そこで話し合いがされたのか。 答 9月10日に判決があり、翌日以降、複数回交渉を行っております。両者とも司法の結果に従うべきである。金利を減免すれば株主に説明がつかないということでした。 問 一度認定書発行し、次は発行しなかったことにより、金融機関から提訴されました。横浜地裁判決が途中であったようですが、経過について説明願います。 答 横浜地裁で、損失補償をした場合は財政制限法第3条に抵触するという判決が出ました。それをもって弁護士等協議をし、そのような判決がされたならば、今までのとおり認定書発行はできないだろうということで、認定書発行を取りやめました。金融機関とは、十数回の協議を行っていましたが、市側との主張が平行線になったということで、20年10月に金融機関側より訴訟により解決を図りたい旨伝えてきてあります。 問 違法との判決が出て、認定書発行を取りやめた判断は妥当だろうと思うが、認定書発行を取りやめて訴訟されるまでに、和解ができたのではないか。和解に向けての話し合いはされたのか。 答 損失補償契約有効性に疑義が生じたということで、認定書発行を取りやめた後、金融機関と十数回協議をしておりますが、合意に至りませんでした。 問 68区画の取得について合併協には伝わっていたのか。 答 合併協には伝わっていません。 問 68筆坪5万5,000円で販売した場合、幾らになるのか。 答 3億5,300万円ほどになります。4,700万円ほど損失が出る見込みです。 問 損失補償契約はどこで締結したのか。 答 当時事務所がなかったため、波崎役場で契約したと推測されます。 問 68区画以外の20区画は、土地開発公社から受け継いだものと思うが、そのいきさつを伺いたい。 答 換地された地域の一部が波崎町に近いのと、波崎土地開発公社土地所有権を持っていたということで、合算して区画整備を行い、20筆の配分を受けたということです。 問 仮換地を行ってから本換地を行うようだが、他の自治体も同じような手続を行っているのか。 答 通常そのように行っています。 問 波崎柳川土地区画整理組合損失補償契約債務額について、合併協議会にどの程度の周知をしているのか。 答 詳細に説明した記録はありません。 問 組合土地を買うことで、債務を減らすことは法的に問題はないのか。 答 本会議でそういった説明をして議決を得ているので、法律上は問題ありません。 問 土地不動産鑑定は買うときに行っているのか。 答 直近では15年6月に行っています。 問 68区画土地取得の目的は何なのか。 答 新市に引き継ぐ実質的な損失補償額の減少、学童保育所児童厚生施設の設備です。 問 今現在は幾らで売買しているのか。 答 坪5万5,000円で販売しています。 問 神栖市では、金融機関へ支払う約11億4,000万円について、柳川土地区画整理組合に対し求償権を行使したり、損害賠償を求める考えはあるのか伺いたい。 答 弁護士と相談して、柳川土地区画整理組合に対し求償権を行使する考えです。しかしながら、既に本換地が行われており、また組合員連帯保証人になっていませんので、支払い分の回収は困難だと考えています。 問 金融機関に11億4,000万円を支払うというこの問題は、市民に十分理解し納得してもらうのが大事であるが、市ではそのためにどのような手段を講じる考えか。 答 市民の理解を得るため、広報かみすの10月15日号に詳細を掲載し、さらには市のホームページへも掲載して市民への周知を図ります。 問 柳川土地区画整理事業は、地域住民や企業からの要望により行われたということで聞いているが、どういった経緯で行われたのか伺いたい。 答 (参考人)昭和60年ごろ、町のほうから柳川高校の周辺に約20ヘクタールの土地を集積し、小規模開発をしないかという話があり、基盤整備協議に入っております。地権者から要望はしておりません。 問 理事はどういう形で選ばれたのか伺いたい。 答 (参考人理事柳川地区の高砂と二本松から6人選出されており、地権者の中で面積の多い人から選ばれております。 問 事業認可を受けるまでに9年間かかっているが、その間に町とはどのような協議がされたのか伺いたい。 答 (参考人)1年に1回の理事会、町で決まったことを報告するときに理事会を開いております。 問 地権者の皆さんに同意をもらったのは町の職員か伺いたい。 答 (参考人設立準備委員会の前に事業認可を市に提出するには、地権者の署名、捺印が必要だということで、最初は理事たちがもらって歩いた。3年後にもう一度認可をもらって歩いたが、そのときは反対者が何名かいて、説得に歩いたと記憶しております。 問 事業計画組合が作成したのか伺いたい。 答 (参考人)当時の波崎町が作成しております。 問 波崎町が損失補償した経緯について伺いたい。 答 (参考人)町が債務保証をするということで、地権者も同意しております。 問 当時の地権者は、何の負担もせずに解散してしまったのか。 答 (参考人地権者の中で、50万円でも100万円でも、わずかではあるが返済金の負担をしようとの話も出たが、波崎町でそれはしなくていいと言われた。 問 波崎町が主導で行われた事業ということで考えていいのか伺いたい。 答 (参考人組合計画したものではなく、町の計画理事会が開かれ納得したものです。 問 波崎町では、柳川土地区画整理組合保留地保育所等公共用地に使用する目的で68区画を購入しているが、神栖市ではこの土地を販売しているのはなぜか伺いたい。 答 当時の波崎町は、購入した土地への保育所建設の具体的な計画はありませんでした。この土地を引き継いだ神栖市にも具体的な計画はありません。将来的に代替地には使えるかもしれないが、現在は普通財産に分類していますので、市の方針により売却を進めています。 問 神栖町との合併協議が調った後に、柳川土地区画整理組合保留地波崎町が購入したのか。 答 両町の合併協議が調ったのが平成17年2月下旬でした。約4億円での68区画購入契約は、平成17年7月の議会に提案されて議決されています。よって、8月1日の合併直前に買い入れを行ったようです。 問 地元地権者から波崎町へ要望して、柳川土地区画整理組合を設立したのか伺う。 答 (参考人地元から区画整理事業をやってくれと頼んだことはない。文教地区になるので区画整理をやったほうがよいと旧波崎町からきたので協力した。また、地権者は最初に町が損失補償をするというので同意をしたのではないかと思う。 問 常陽銀行から9億9,250万円、銚子信用金庫から4億6,000万円の借り入れは、区画整理組合で行ったのか。 答 (参考人土地区画整理組合で借入金の申し込みをしたことはない。土地区画整理組合事務所地元にないので、理事長の印は波崎町を役場にあったのではないか。地元では見たことがなかった。 問 平成17年に、土地区画整理組合で町に68区画を売っているが、売り上げ金を見たことがあるか。 答 (参考人理事長の印を押したことはない。しかし、旧波崎町議会での議決を経ているので、役場執行部が正式に手続を進めたのではないか。 問 造成業者の選定は土地区画整理組合で行ったのか。 答 (参考人業者指名のようなことは、すべて旧波崎役場がやってくれた。 問 高裁への控訴を断念した理由を伺いたい。 答 訴訟代理人と控訴について協議したところ、高裁で争った場合、新たな証拠がない以上、再び法的な解釈を求めることになるが、地裁判決は詳細に検討されており、高裁で覆る可能性は非常に低いとの見解に至ったためです。 問 組合の役員の方が保証人になり、借り入れしていないのはどうしてか伺いたい。 答 (参考人組合の方からは、借り入れ申し込みはしておりません。 問 68区画を4億円で売却したときに、なぜ5区画残したのか伺いたい。 答 (参考人理事のほうに話はありませんでした。 問 柳川土地区画整理事業減歩率について伺う。 答 26.98%です。---------------------------------------     〔波崎柳川土地区画整理事業調査特別委員長 伊藤 大君 登壇〕 ◆波崎柳川土地区画整理事業調査特別委員長伊藤大君) ただいま議長からご指名がございましたので、波崎柳川土地区画整理事業調査特別委員会における審査経過と結果についてご報告を申し上げます。 本委員会に付託されました議案第11号 平成21年度神栖一般会計補正予算(第5号)、波崎柳川土地区画整理組合に対する損失補償問題についての審査のため、昨日委員会を開催し、副市長ほか関係部課長等及び参考人3名の出席を求め、慎重な審査を行いました。 付託された議案で特に論議の対象となりましたのは、柳川土地区画整理組合に対する求償権行使について、損失補償契約内容市民への周知について、旧波崎町が購入した保留地の問題について、柳川土地区画整理事業町主導で行われたことなどについて、金融機関への認定書をとめた理由、金融機関との減額交渉についてなどであり、執行部及び参考人との間に活発な質疑応答が交わされた次第であります。 慎重審査の結果、利息分が1日ごとにふえていく現状を踏まえ、付託された議案第11号は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定をした次第であります。 なお、もう一つの付託案件波崎柳川土地区画整理組合に対する損失補償問題については、なおさらなる審査調査)が必要との意見が多数でありました。 よって、別途閉会中の継続審査調査)申出書を議長に提出しております。 以上、審査経過と結果について申し上げましたが、本委員会の決定に対しまして、議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げ、報告を終わります。 ○議長山本守君) 以上で委員長報告を終わります。 これより委員長報告に対する質疑に入ります。--質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 これより討論に入ります。 議案第11号 平成21年度神栖一般会計補正予算(第5号)に対する討論に入ります。--討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第11号 平成21年度神栖一般会計補正予算(第5号)を採決いたします。 本案に対する委員長報告原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。---------------------------------------日程第2 閉会中の継続審査の件 ○議長山本守君) 日程第2、閉会中の継続審査の件を議題といたします。 本件につきましては、お手元に配付のとおり、波崎柳川土地区画整理事業調査特別委員会委員長から継続審査の申し出があったものであります。 お諮りいたします。 本件については、閉会中の継続審査とすることにご異議ございませんか。 21番、藤田昭泰議員。 ◆21番(藤田昭泰君) すみません、ここにちょっと私、よくわからないのですけれども。     〔「ちょっと待った、これ質疑できないよ。異議ありなら起立採決でしょうよ」と言う人あり〕 ◆21番(藤田昭泰君) 頼むよ、そう言わないから私だって、立って言うようなことを言っているから。 ○議長山本守君) 異議がありますので、起立により採決いたします。 本件に賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長山本守君) 起立多数であります。 よって、本件は可決されました。---------------------------------------閉会宣告議長山本守君) 以上で、本定例会に付されました案件等はすべて議了いたしました。 閉会に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。 議員各位には去る11日から本日まで22日間にわたる会期の中、ご審議を尽くされ敬意をあらわすものでございます。本市議会にとっては、諸問題に対する調査のため会期延長を図るなど、歴史的な定例会となりました。執行部におかれましては、今定例会議員各位からさまざまな意見や指摘、また要望等を十分尊重されまして、さらなる神栖市民福祉向上に努められますようお願い申し上げます。 結びに、議員各位並びに執行部の皆様には、健康に留意され、なお一層のご活躍を心からご祈念申し上げまして、平成21年第3回神栖市議会定例会閉会といたします。 長期間大変ご苦労さまでございました。 △閉会 午前10時08分地方自治法第123条第2項の規定により署名する                 議長                 副議長                 署名議員                 署名議員                 署名議員...