神栖市議会 > 2008-12-16 >
12月16日-05号

ツイート シェア
  1. 神栖市議会 2008-12-16
    12月16日-05号


    取得元: 神栖市議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-13
    平成20年 12月 定例会(第4回)        平成20年第4回神栖市議会定例会会議録議事日程(第5号)  平成20年12月16日(火)午後2時開議日程第1 発言訂正申出の件日程第2 議案第1号 神栖市長期継続契約の締結に関する条例     議案第2号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例     議案第3号 神栖市国民健康保険条例の一部を改正する条例     議案第4号 神栖市はさき漁村センターの設置及び管理に関する条例を廃止する条例     議案第5号 神栖市営住宅条例の一部を改正する条例     議案第6号 神栖市都市公園条例の一部を改正する条例     議案第7号 平成20年度神栖市一般会計補正予算(第3号)     議案第8号 平成20年度神栖市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第3号)     議案第9号 平成20年度神栖市老人休養ホーム特別会計補正予算(第1号)     議案第10号 平成20年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)     議案第11号 平成20年度神栖市介護保険特別会計事業勘定補正予算(第1号)     議案第12号 平成20年度神栖市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)     議案第13号 指定管理者の指定について            ・神栖市文化センター     議案第14号 指定管理者の指定について            ・神栖市運動施設     議案第15号 指定管理者の指定について            ・神栖市ふれあいセンター湯楽々     議案第16号 指定管理者の指定について            ・神栖市ゆ~ぽ~とはさき     議案第17号 指定管理者の指定について            ・神栖市老人デイサービスセンター「やわらぎ」     議案第18号 指定管理者の指定について            ・神栖市地域活動支援センター「のぞみ」     議案第19号 指定管理者の指定について            ・神栖市福祉作業所 きぼうの家     議案第20号 指定管理者の指定について            ・神栖市高齢者ふれあいセンターむつみ荘」     議案第21号 指定管理者の指定について            ・神栖市営日川浜オートキャンプ場     議案第22号 神栖市の市民憲章、市の花、市の木及び市の鳥の制定について     議案第23号 茨城県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について     議案第26号 友好都市関係の締結について            〔各常任委員長報告・質疑・討論・採決〕日程第3 意見書案第8号 神栖市に警察署の新設に関する意見書             〔提出者提案理由説明・質疑・討論・採決〕日程第4 議員派遣の件日程第5 閉会中の継続審査の件日程第6 閉会中の所管事務調査件-----------------------------------本日の会議に付した案件日程第1 発言訂正申出の件日程第2 議案第1号 神栖市長期継続契約の締結に関する条例     議案第2号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例     議案第3号 神栖市国民健康保険条例の一部を改正する条例     議案第4号 神栖市はさき漁村センターの設置及び管理に関する条例を廃止する条例     議案第5号 神栖市営住宅条例の一部を改正する条例     議案第6号 神栖市都市公園条例の一部を改正する条例     議案第7号 平成20年度神栖市一般会計補正予算(第3号)     議案第8号 平成20年度神栖市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第3号)     議案第9号 平成20年度神栖市老人休養ホーム特別会計補正予算(第1号)     議案第10号 平成20年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)     議案第11号 平成20年度神栖市介護保険特別会計事業勘定補正予算(第1号)     議案第12号 平成20年度神栖市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)     議案第13号 指定管理者の指定について            ・神栖市文化センター     議案第14号 指定管理者の指定について            ・神栖市運動施設     議案第15号 指定管理者の指定について            ・神栖市ふれあいセンター湯楽々     議案第16号 指定管理者の指定について            ・神栖市ゆ~ぽ~とはさき     議案第17号 指定管理者の指定について            ・神栖市老人デイサービスセンター「やわらぎ」     議案第18号 指定管理者の指定について            ・神栖市地域活動支援センター「のぞみ」     議案第19号 指定管理者の指定について            ・神栖市福祉作業所 きぼうの家     議案第20号 指定管理者の指定について            ・神栖市高齢者ふれあいセンターむつみ荘」     議案第21号 指定管理者の指定について            ・神栖市営日川浜オートキャンプ場     議案第22号 神栖市の市民憲章、市の花、市の木及び市の鳥の制定について     議案第23号 茨城県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について     議案第26号 友好都市関係の締結について            〔各常任委員長報告・質疑・討論・採決〕日程第3 意見書案第8号 神栖市に警察署の新設に関する意見書             〔提出者提案理由説明・質疑・討論・採決〕日程第4 議員派遣の件日程第5 閉会中の継続審査の件日程第6 閉会中の所管事務調査件出席議員(25人) 議長 22番  山本 守君  副議長 19番  柳堀 弘君     1番  遠藤貴之君       2番  野口文孝君     3番  後藤潤一郎君      5番  五十嵐清美君     6番  佐藤節子君       7番  安藤昌義君     8番  飯田耕造君       9番  伊藤 大君    10番  古徳 等君      11番  神崎 清君    12番  木内敏之君      13番  大槻邦夫君    14番  山中正一君      15番  野口一洋君    17番  泉 純一郎君     18番  三好 忠君    20番  宮川一郎君      21番  藤田昭泰君    23番  長谷川治吉君     25番  梅原 章君    26番  長谷川 隆君     27番  中村勇司君    28番  山本源一郎-----------------------------------欠席議員(1人)    16番  小山茂雄-----------------------------------説明のため出席した者       市長          保立一男君       副市長         鈴木 誠君       教育長         新谷茂生君       総務部長        早見 透君       企画部長        阿部文雄君       健康福祉部長      仲本 守君       生活環境部長      片岡新一君       産業経済部長      笹本 昭君       教育委員会部長     藤田 通君       波崎総合支所長     宮内 昇君       会計管理者       山本信雄君       総務部次長       森 政通君       教育委員会次長     井上利男君       会計課長        鈴木倫夫君       道路整備課長      徳元 茂君       教育総務課長      菅谷利雄君       学務課長        山田 衛君       教育指導課長      本間敏夫君       総務課長        大槻幸一君       秘書課長        高安俊昭君       契約管財課長      野口芳夫-----------------------------------議会事務局出席者       議会事務局長      長谷川整治       議事課長        根本善博       議事課副参事兼課長補佐 山本 勉 △開議 午後2時00分 △開議の宣告 ○議長(山本守君) これより本日の会議を開きます。----------------------------------- △諸般の報告 ○議長(山本守君) 諸般の報告をいたします。 各常任委員長からそれぞれの委員会審査報告書が提出されておりますので、その写しをお手元に配付してあります。 次に、意見書案第8号 神栖市に警察署の新設に関する意見書が提出されておりますので、お手元に配付してあります。 次に、議員派遣の件について、その一覧表をお手元に配付してあります。 次に、総務企画委員会委員長から閉会中の継続審査申出書が提出されておりますので、その写しをお手元に配付してあります。 次に、各常任委員会及び議会運営委員会から閉会中における所管事務調査の申し出がありましたので、その一覧表をお手元に配付してあります。 次に、市長から発言訂正申出書が提出されておりますので、お手元に配付いたしております。 それぞれごらんおきいただきたいと存じます。 以上でございます。----------------------------------- △日程第1 発言訂正申出の件 ○議長(山本守君) 日程第1、発言訂正申出の件についてを議題といたします。 お諮りいたします。 発言訂正申し出を許可することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議がないようですから、これを許可いたします。 総務部長。 ◎総務部長(早見透君) それでは、去る10日にご審議をいただきました議案第24号 鹿島地方公平委員会委員の選任についての質疑における答弁の一部を訂正させていただくものでございます。 公平委員会の裁定または決定に対する被処分者または処分者に不服がある場合の対応でありますが、公平委員会の裁定または決定につきましては、これを不服として出訴することができるのは被処分者に限られております。したがって、その表現について答弁に誤りがあることから、おわびを申し上げ、発言の訂正をお願いするものでございます。 以上でございます。 ○議長(山本守君) この際、執行部に申し上げます。議員からの質問に対する答弁につきましては、特に慎重なる対応を期し、今後ともこのようなことのないよう強く望むものであります。 25番、梅原章議員。 ◆25番(梅原章君) 今、総務部長の誤りのご発言だということで、異議申し立て公平委員会に申し立てて、例えば、市側執行部のほうでの誤り、申し立てした方が、この前は、執行部も申立人両者異議申し立てをして不服に関した場合には法廷論争できるよというご発言ですね。公平委員会の判決というのは、総務部長がお話ししたように準法廷に準ずるよと、このような準司法という言葉、司法というのは、国が中心で法律をもとに裁きを加えるということですので、そういった文言に関して、例えば、あなたはいつもすばらしい答弁をしていますし、大変雄弁で能力がおありで、我々もよく理解するところでございます。しかしながら、こういう法的な、しかも準司法などというようなポジショニングの方たちの発言にして、安易に謝って済みますというものではないのかなと思います。なぜなら、一つでも二つでもこのようなものが、誤解を与えられるような発言をされたときには、その裏にもっともっと隠れたものがあるように我々は思ってしまうんですよ。 言い回しが上手なだけでなくして、真実を我々は伺いたい。雄弁さを聞こうというものではありません。このようなすばらしいご答弁ですけれども、その点、市長どういう思いでしょうか。コメントいただければありがたいです。 ○議長(山本守君) 保立市長。 ◎市長(保立一男君) ただいまの梅原議員の質疑にお答えいたします。 ただいま総務部長から申し出があったとおりでございます。よろしく…… ○議長(山本守君) 発言中ですが、25番、梅原議員、私のほうから強く今前段で戒めてありますので、よろしくご理解お願いします。 暫時休憩します。 △休憩 午後2時06分 △再開 午後2時07分 ○議長(山本守君) 休憩前に引き続き再開いたします。----------------------------------- △日程第2 議案第1号 神栖市長期継続契約の締結に関する条例 △議案第2号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例
    △議案第3号 神栖市国民健康保険条例の一部を改正する条例 △議案第4号 神栖市はさき漁村センターの設置及び管理に関する条例を廃止する条例 △議案第5号 神栖市営住宅条例の一部を改正する条例 △議案第6号 神栖市都市公園条例の一部を改正する条例 △議案第7号 平成20年度神栖市一般会計補正予算(第3号) △議案第8号 平成20年度神栖市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第3号) △議案第9号 平成20年度神栖市老人休養ホーム特別会計補正予算(第1号) △議案第10号 平成20年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号) △議案第11号 平成20年度神栖市介護保険特別会計事業勘定補正予算(第1号) △議案第12号 平成20年度神栖市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号) △議案第13号 指定管理者の指定について・神栖市文化センター △議案第14号 指定管理者の指定について・神栖市運動施設 △議案第15号 指定管理者の指定について・神栖市ふれあいセンター湯楽々 △議案第16号 指定管理者の指定について・神栖市ゆ~ぽ~とはさき △議案第17号 指定管理者の指定について・神栖市老人デイサービスセンター「やわらぎ」 △議案第18号 指定管理者の指定について・神栖市地域活動支援センター「のぞみ」 △議案第19号 指定管理者の指定について・神栖市福祉作業所 きぼうの家 △議案第20号 指定管理者の指定について・神栖市高齢者ふれあいセンターむつみ荘」 △議案第21号 指定管理者の指定について・神栖市営日川浜オートキャンプ場 △議案第22号 神栖市の市民憲章、市の花、市の木及び市の鳥の制定について △議案第23号 茨城県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について △議案第26号 友好都市関係の締結について ○議長(山本守君) 日程第2、議案第1号ないし議案第23号及び議案第26号を一括して議題といたします。 これより順次、各委員長から報告を求めます。 初めに、総務企画委員長から同委員会の審査の経過並びに結果の報告を求めます。 委員長、13番、大槻邦夫議員-----------------------------------                           平成20年12月16日神栖市議会 議長 山本 守様                         総務企画委員会                           委員長 大槻邦夫           総務企画委員会審査報告書 本委員会に付託された議案は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により報告します。                 記議案番号件名審査の結果議案第1号神栖市長期継続契約の締結に関する条例原案可決議案第7号平成20年度神栖市一般会計補正予算(第3号)原案可決議案第22号神栖市の市民憲章、市の花、市の木及び市の鳥の制定について原案可決議案第26号友好都市関係の締結について原案可決決議案第1号議員定数の削減に関する決議継続審査              主な発言の要旨 〔議案第7号〕 問 学校等の補修費として5,900万円が計上されているが、当初予算で組むべきと思うが考え方を伺う。 答 今回の補正は、新年度に向けて教室不足が見込まれ、深芝小学校ではオープンスペースを2教室に、土合小学校では特別教室に改修するなど、新年度までに間に合わせ確保するためのもので、年度当初に見込めなかったものです。 問 防犯灯の球切れがあったら地元の区長さんに連絡くださいと広報紙12月1日号にあったが、このシステムでよいのか。 答 球切れがあった場合、区長、市民の両方から市に連絡があり、できるだけ区長を通してということで、広報紙、区長会議などでお願いしています。 問 負担金補助金の見直しを一度、全体を精査してくださいとお願いしてきたが、その取り組み状況を伺う。 答 負担金補助金を計上している担当課には、補助金ごとに各課長に評価をしてくださいと依頼しております。報告された補助金の評価等、内容を十分に精査し、新年度予算に反映させられるよう努力し、年度内には方向性を見出したいと考えています。 問 補助金の関係で、昨年並みとかではなく、団体の実情によって上乗せして補助したらどうかと思うが。 答 団体の補助金については、補助金審議会において、要望額について妥当かどうかの審議をしていただき、答申書を基本に交付額を決定しております。 問 市内には税を納めている任意の団体がほかにもありますので、公平に補助できるようにしていただきたいと思うが。 答 施設園芸の任意の団体に対する公平な補助に関しては、組織づくりをしていただき、早く整理をしていただいて補助の対象にしていきたいと考えています。 問 はさき火葬場は老朽化して、毎年、修繕費が多くなっており、やがては廃止になると聞くが、今後どうなるのか。 答 はさき火葬場の存続については、年間約300件の利用があり、波崎地域の利便性から見ても、現時点での休止や閉鎖等は考えておりません。-----------------------------------     〔総務企画委員長 大槻邦夫君 登壇〕 ◆総務企画委員長大槻邦夫君) ただいま議長からご指名がございましたので、総務企画委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げます。 本委員会に付託されました議案は、議案第1号 神栖市長期継続契約の締結に関する条例外3件であり、去る12月11日に委員会を開催し、市長、副市長ほか関係部課長等の出席を求め、慎重な審査を行いました。 付託された議案で、特に論議の対象となりましたのは、議案第7号で給食費の滞納状況や学校等の補修費について、さらには負担金補助金の見直しの必要性などであり、休憩中を含め、執行部との間で活発な質疑応答が交わされた次第であります。 議案第1号外他の付託議案については、詳細な議案説明がなされました。 慎重審査の結果、付託された議案は、議案第1号及び議案第7号及び議案第22号並びに議案第26号につきましては、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定をいたした次第であります。 なお、決議案第1号につきましては、継続審査とさせていただきました。 以上、審査の経過と結果について申し上げましたが、本委員会の決定に対しまして、議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げ、報告を終わります。 ○議長(山本守君) 次に、健康福祉委員長から同委員会の審査の経過並びに結果の報告を求めます。 委員長、27番、中村勇司議員-----------------------------------                           平成20年12月16日神栖市議会 議長 山本 守様                         健康福祉委員会                           委員長 中村勇司           健康福祉委員会審査報告書 本委員会に付託された議案は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により報告します。                 記議案番号件名審査の結果議案第3号神栖市国民健康保険条例の一部を改正する条例原案可決議案第8号平成20年度神栖市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第3号)原案可決議案第9号平成20年度神栖市老人休養ホーム特別会計補正予算(第1号)原案可決議案第11号平成20年度神栖市介護保険特別会計事業勘定補正予算(第1号)原案可決議案第12号平成20年度神栖市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)原案可決議案第17号指定管理者の指定について ・神栖市老人デイサービスセンター「やわらぎ」原案可決議案第18号指定管理者の指定について ・神栖市地域活動支援センター「のぞみ」原案可決議案第19号指定管理者の指定について ・神栖市福祉作業所 きぼうの家原案可決議案第20号指定管理者の指定について ・神栖市高齢者ふれあいセンターむつみ荘原案可決議案第23号茨城県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について原案可決              主な発言の要旨 〔議案第3号〕 問 出産育児一時金は、出産をして病院へ直接支払う場合と、本人に直接支払う場合と現在は選択できるようになっているが、今後はどうなるのか。 答 平成21年4月からの、法律の見通しでは直接病院のほうへ支払うことになる予定です。 〔議案第17号〕 問 社会福祉協議会の例えば今、介護する人の給与が非常に安いという問題があるのですが、かかわっている方々の給料とか報酬はどれくらいなのか伺いたい。 答 社会福祉協議会の中のことで、確かな金額は把握していないのですが一般の老人デイサービスの事業所、それよりは賃金的には高いと聞いています。 問 応募が1社しかなかった場合の指定に至るまでの、手続はどのようになっているのか。 答 資格審査というものがあり、何点以上は合格というガイドラインを設け、7人の選考委員で聞き取りを行い、そこで点数をつけ合格点以上ということが判明したので指定としました。 問 指定の期間を3年間にしている理由について伺いたい。 答 老人デイサービスについては、介護保険との絡みがあり、介護保険事業計画も第3期、第4期と3年計画の中で実施していますので、そのようなことから3年ということで指定管理をお願いしています。 問 社会福祉協議会のようなところが、指定されればよいのですが、例えば民間が指定されると社会福祉協議会自体が困るのではないか。 答 公告するときに職員の再雇用という条件を付し、現在の施設の管理業務に従事している職員のうち引き続きこの施設での雇用を希望する職員に対しては、雇用計画の内容について、例えば採用人数採用条件、昇任について事業計画書に記載してくださいと条件を付しています。職員の再雇用の計画というのは、指定管理者の指定の必要条件ではないのですが、選定評価の対象としています。 〔議案第19号〕 問 きぼうの家には何人の方が通っているのか。 答 現在26人の方が通所しています。 問 就労支援授産施設も兼ねていますが、どういった仕事をその中でしているのか、また賃金について伺いたい。 答 事業の内容につきましては、社会生活への適応訓練、また、普通の社会生活を送るための基本的な技術、技能、なお生活指導についてはふだんのあいさつマナー、食事の指導、トイレ指導、掃除。就労支援もしていますが、一人ひとりに合った就労についてのアドバイスを、保護者を交え行っているという状況です。なお賃金ですが、これまでの平均的な1人当たりの賃金はおおむね2,000円ないし3,000円くらいです。-----------------------------------     〔健康福祉委員長 中村勇司君 登壇〕 ◆健康福祉委員長中村勇司君) ただいま議長から指名がございましたので、健康福祉委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げます。 本委員会に付託されました議案は、議案第3号 神栖市国民健康保険条例の一部を改正する条例外9件であり、去る12月11日に委員会を開催し、市長を初め、関係部課長等の出席を求め、慎重な審査を行いました。 付託された議案で、特に議論の対象となりましたのは、議案第3号については出産一時金の支払い方法について、議案第17号については1社の場合の選定の方法について、議案第19号については就労支援の事業内容についてなどであり、休憩中を含め、執行部との間で活発な質疑応答が交わされた次第であります。 議案第8号及び他の付託議案につきましては、詳細な議案説明がなされましたが、慎重な審査の結果、付託された議案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定をいたした次第であります。 以上、審査の経過と結果について申し上げましたが、本委員会の決定に対しまして議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げ、報告を終わります。 ○議長(山本守君) 次に、教育環境委員長から同委員会の審査の経過並びに結果の報告を求めます。 委員長、5番、五十嵐清美議員。-----------------------------------                           平成20年12月16日神栖市議会 議長 山本 守様                        教育環境委員会                          委員長 五十嵐清美           教育環境委員会審査報告書 本委員会に付託された議案は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により報告します。                 記議案番号件名審査の結果議案第2号神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例原案可決議案第13号指定管理者の指定について ・神栖市文化センター原案可決議案第14号指定管理者の指定について ・神栖市運動施設原案可決議案第15号指定管理者の指定について ・神栖市ふれあいセンター湯楽々原案可決議案第16号指定管理者の指定について ・神栖市ゆ~ぽ~とはさき原案可決              主な発言の要旨 〔議案第2号〕 問 今回廃止となる若松緑地内のテニスコートの利用状況について伺いたい。 答 利用人数が18年度で1,137人、19年度で1,025人です。 〔議案第13号〕 問 指定管理者との契約でコスト面では安くなるのか。 答 指定管理委託料を前年度の比較で見ると、文化センターは770万円安くなります。 問 年間の指定管理料を聞きたい。また前年はどうだったのか。 答 文化センターは8,032万500円であり、今回は7,263万1,600円です。 〔議案第14号〕 問 指定管理者を今回一般公募したようだが、何社から選定したのか。 答 スポーツ振興公社と日本環境マネージメント株式会社の2社です。 問 業者への体育館貸し出しも行われているが、それによって市民サービスの低下につながらないか。 答 波崎地区においては過去の歴史的経緯から旅館業者などによる運動施設の貸し出し要請が多くあります。市民サービスに影響を及ぼさない範囲で、旅館業者の要望にもこたえられるよう調整していきます。 〔議案第15号〕 問 温浴施設に入れ墨をした人が入っているという声を聞くが、どうか。 答 ご遠慮くださいとの張り紙は出していますが、公共施設での制限は難しいものがあります。 問 湯楽々の利用状況と収入の推移について伺いたい。 答 利用状況は平成18年が11万3,420人、平成19年が10万8,989人と若干減っています。収入は平成18年が5,193万3,362円。平成19年が5,016万4,793円となっています。 問 施設周辺の松くい虫がひどいが、指定管理者との契約の中に伐倒の項目は入っていないのか。 答 契約の中には入っておりませんが、枯れ松の伐倒については所管の農林水産課にお願いしています。 〔議案第16号〕 問 ゆ~ぽ~とはさきの入場料はどうなるのか。 答 一般の方は入場料500円と入湯税100円で計600円となります。中学生とお年寄り(70歳以上)は入場料300円と入湯税100円で計400円となります。また3歳以上小学生までは入湯税がかかりませんので、今までどおり入場料300円となります。-----------------------------------     〔教育環境委員長 五十嵐清美君 登壇〕 ◆教育環境委員長五十嵐清美君) ただいま議長からご指名がございましたので、教育環境委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げます。 本委員会に付託されました議案は、議案第2号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例外4件であり、去る12月11日、委員会を開催し、市長及び教育長を初め、関係部課長等の出席を求め、慎重な審査を行いました。 付託された議案で、特に論議の対象となりましたのは、指定管理者の行う営利事業が市民の利便性を損ねかねないかという点であり、指定管理者関係の議案全般において論議となりました。 慎重審査の結果、付託された議案は全会一致をもって原案のとおり可決するべきものと決定いたしました。 以上、審査の経過と結果について申し上げましたが、本委員会の決定に対しまして議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げ、報告を終わります。 ○議長(山本守君) 次に、都市産業委員長から同委員会の審査の経過並びに結果の報告を求めます。 委員長、18番、三好忠議員。-----------------------------------                           平成20年12月16日神栖市議会 議長 山本 守様                         都市産業委員会                           委員長 三好 忠           都市産業委員会審査報告書 本委員会に付託された議案は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により報告します。                 記議案番号件名審査の結果議案第4号神栖市はさき漁村センターの設置及び管理に関する条例を廃止する条例原案可決議案第5号神栖市営住宅条例の一部を改正する条例原案可決議案第6号神栖市都市公園条例の一部を改正する条例原案可決議案第10号平成20年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)原案可決議案第21号指定管理者の指定について ・神栖市営日川浜オートキャンプ場原案否決              主な発言の要旨 〔議案第4号〕 問 暴力団の排除に関する条例を廃止しても差し支えないのか伺いたい。 答 神栖市はさき漁村センターの設置及び管理に関する条例が廃止となるため、神栖市公共施設の暴力団等排除に関する条例中、別表の神栖市はさき漁村センターの設置及び管理に関する条例を削除するものであり、廃止後は他の施設利用条例に含まれます。 問 現在の漁村センターの利用状況を伺いたい。 答 1階研修室の利用は、平成17年度は3,912名で10万2,300円、平成18年度は5,492名で13万2,020円、平成19年度は7,183名で11万5,450円です。2階和室の利用は、平成17年度は849名で4万1,920円、平成18年度は934名で3万900円、平成19年度は1,545名で4万1,810円です。 〔議案第6号〕 問 若松庭球場2面を廃止し、新設される駐車場は、何台くらいのスペースが確保できるのか伺いたい。 答 普通車で約90台の駐車スペースが確保できます。 問 既存の駐車場と合わせてどのくらいになるのか、何台くらいの駐車スペースが準備できれば適当なのかという判断基準があるのか伺いたい。 答 既存の駐車場は、若松緑地内に約200台、今回の約90台を合わせると約290台となります。約290台が適当かどうかは、今後の利用状況等の推移を見ながら考えていきたいと思っております。 〔議案第10号〕 問 旧神栖地区の下水道普及率と、下水道施工後3年以内に公共下水道に接続しない人もいるのか伺いたい。 答 旧神栖地区の普及率は50%です。水洗化率については、95.3%となっております。 問 接続しないまま放置した場合どうなるのか伺いたい。 答 下水道法では、3年以内に接続するようになっていますが、罰則等はないため、そのままになってしまいます。 〔議案第21号〕 問 指定管理者がなぜ市内の業者ではないのか、指定管理者に対し市はどのような指導ができるのか、また、赤字になった場合、市が補てんできるのか伺いたい。 答 施設管理のノウハウを持ったすぐれた事業者を選びたいということで、あえて区域を限定しないで、広く公募したところであります。住民からの苦情等の際には、市のほうでも十分指導してまいります。赤字が出た場合の市の補てんはありません。 問 地場産業を育てるという意味では、市内の業者でよいのではないか伺いたい。 答 市内だけのエリアに限定したほうがよいのか、広く求めたほうがよいのか、今後検討してまいります。-----------------------------------     〔都市産業委員長 三好 忠君 登壇〕 ◆都市産業委員長(三好忠君) ただいま議長からご指名がございましたので、都市産業委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げます。 本委員会に付託されました議案は、議案第4号 神栖市はさき漁村センターの設置及び管理に関する条例を廃止する条例の外4件であり、去る12月11日、委員会を開催し、市長を初め、関係部課長等の出席を求め、慎重な審査を行いました。 付託された議案で、特に議論の対象となりましたのは、議案第4号では漁村センターの利用状況及び暴力団の排除に関する条例の廃止について、議案第6号では若松庭球場の廃止に伴う駐車場の新設について、議案第10号では下水道普及率及び水洗化率について、議案第21号では地場産業育成の面から業者選定についてなどであり、休憩中を含め、執行部との間で活発な質疑応答が交わされた次第であります。 慎重審査の結果、議案第4号ないし議案第6号及び議案第10号については原案のとおり可決、議案第21号については否決すべきものと決定いたした次第であります。 以上、審査の経過と結果について申し上げ、報告を終わります。 ○議長(山本守君) 以上で委員長報告を終わります。 これより委員長報告に対する質疑に入ります。 9番、伊藤大議員。 ◆9番(伊藤大君) それでは都市産業委員長にご質問いたしますけれども、議案第21号が原案否決というような判断になったようでありますが、主なその反対の理由というものがあれば教えてください。 ○議長(山本守君) 18番、三好忠議員。 ◆18番(三好忠君) 主な反対の理由としては、地場産業の育成という観点から、千葉県の業者ではなく地元の業者を使うべきではないか、そして千葉県の業者では地元の方の雇用が失われる可能性があるのではないかというものでした。 以上です。 ○議長(山本守君) ほかに質疑はございませんか。―質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 これより討論に入ります。 まず、議案第1号 神栖市長期継続契約の締結に関する条例に対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第1号 神栖市長期継続契約の締結に関する条例を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第2号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例に対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第2号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第3号 神栖市国民健康保険条例の一部を改正する条例に対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第3号 神栖市国民健康保険条例の一部を改正する条例を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第4号 神栖市はさき漁村センターの設置及び管理に関する条例を廃止する条例に対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第4号 神栖市はさき漁村センターの設置及び管理に関する条例を廃止する条例を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第5号 神栖市営住宅条例の一部を改正する条例に対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第5号 神栖市営住宅条例の一部を改正する条例を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第6号 神栖市都市公園条例の一部を改正する条例に対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第6号 神栖市都市公園条例の一部を改正する条例を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第7号 平成20年度神栖市一般会計補正予算(第3号)に対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第7号 平成20年度神栖市一般会計補正予算(第3号)を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第8号 平成20年度神栖市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第3号)に対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第8号 平成20年度神栖市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第3号)を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第9号 平成20年度神栖市老人休養ホーム特別会計補正予算(第1号)に対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第9号 平成20年度神栖市老人休養ホーム特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第10号 平成20年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)に対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第10号 平成20年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第11号 平成20年度神栖市介護保険特別会計事業勘定補正予算(第1号)に対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第11号 平成20年度神栖市介護保険特別会計事業勘定補正予算(第1号)を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第12号 平成20年度神栖市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)に対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第12号 平成20年度神栖市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第13号 指定管理者の指定について、神栖市文化センターに対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第13号 指定管理者の指定について、神栖市文化センターを採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第14号 指定管理者の指定について、神栖市運動施設に対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第14号 指定管理者の指定について、神栖市運動施設を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第15号 指定管理者の指定について、神栖市ふれあいセンター湯楽々に対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第15号 指定管理者の指定について、神栖市ふれあいセンター湯楽々を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第16号 指定管理者の指定について、神栖市ゆ~ぽ~とはさきに対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第16号 指定管理者の指定について、神栖市ゆ~ぽ~とはさきを採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第17号 指定管理者の指定について、神栖市老人デイサービスセンター「やわらぎ」に対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 次に、議案第17号 指定管理者の指定について、神栖市老人デイサービスセンター「やわらぎ」を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第18号 指定管理者の指定について、神栖市地域活動支援センター「のぞみ」に対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第18号 指定管理者の指定について、神栖市地域活動支援センター「のぞみ」を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第19号 指定管理者の指定について、神栖市福祉作業所 きぼうの家に対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第19号 指定管理者の指定について、神栖市福祉作業所 きぼうの家を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第20号 指定管理者の指定について、神栖市高齢者ふれあいセンターむつみ荘」に対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第20号 指定管理者の指定について、神栖市高齢者ふれあいセンターむつみ荘」を採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第21号 指定管理者の指定について、神栖市営日川浜オートキャンプ場に対する討論に入ります。 討論の通告がありますので、これを許可いたします。 まず、本案に対する賛成者の討論を許可いたします。 9番、伊藤大議員。     〔9番 伊藤 大君 登壇〕 ◆9番(伊藤大君) それでは、議案第21号に賛成の立場から討論をさせていただきます。 本議案につきましては、先ほど報告があったとおり、都市産業委員会において否決をされたところでありますけれども、その主な理由としては、先ほどの三好委員長のお答えを聞きますと、地場産業の育成のために千葉県の業者ではなく地元の業者を指定すべきではないかということのようでありましたけれども、もちろん、地場産業の育成という考え方は大切であり、そのとおりだと思いますけれども、一方で、単純に市の仕事を地元業者に限定をして発注することが地場産業の育成につながるのか、市外の業者をすべて排除して市内の業者だけで競争して本当に育成になるのか、むしろ、結果として地元業者の競争力を弱めてしまうこともあるのではないか。すべてとは言いませんが、ある程度市外の業者を取り入れることによって、市内の業者からだけでは得られないものが得られる可能性もあり、そういうものを学び、また吸収することも育成につながるのではないかというふうに思います。 つまり、単に市が地元業者に限定をして仕事を発注することが地場産業の育成であるという単純的な発想は、かえって地場産業の育成を妨げる結果にもなりかねないのではないかというふうに思っております。また、地元の方の雇用が失われるという心配も反対理由の一つのようですが、今回選ばれた株式会社塚原緑地研究所の事業報告によりますと、当施設の現職員で継続勤務を希望する者は、原則的に継続雇用を考慮するという見解が示されており、十分に地元雇用にも配慮されているようでございます。 そういう意味では、今回の指定は、選定の機会を地元業者にも与え、その中で公平に競争し、明確に点数化された上で指定されたものであり、地元雇用への配慮もあることから、地場産業の育成という観点から見ても、決して問題のあるものではないと判断し、本案に賛成するものでございます。 ○議長(山本守君) 次に、本案に対する反対者の討論を許可いたします。 20番、宮川一郎議員。     〔20番 宮川一郎君 登壇〕 ◆20番(宮川一郎君) ただいま議長より発言の許可を得ましたので、議案第21号に対して、地場産業育成の意味で反対討論を行います。 まず私は、指定管理者制度そのものについても、長期間1つの業者に管理委託をしてしまうという観点において危惧するところがありますが、この日川浜オートキャンプ場のように、管理指定を地元の会社ならともかく、千葉県のしかも千葉市の会社に委託するということについて、全く理解することができません。 この地域の発展の最大の礎となった世紀の大事業と言われた地域開発、いわゆる鹿島開発事業は、地元の協力者の最大限の協力がなければなし得なかったものであります。思えば当時、地元地権者から、みずからが所有する土地の40%、20%の開発用地の提供や、開発に携わってこの事業を成功させた先人の苦労を忘れてしまってよいのでしょうか。このような時代背景から鹿島開発以来の我々議員の先人、また、歴代首長である馬場村長を初め、池田町長、保立秋松町長、沼田町長並びに岡野市長をしても、常に市政運営において地場産業の育成というものを執行行政の中心として力を注いできたのだと、私は理解しております。 しかし、市長、あなたの市政運営は地場産業育成につながるものではなく、ましてこの開発にかかわっていた鹿嶋市、また、近隣の潮来市のような準地場産業であればともかく、千葉県の会社を神栖市の運営する施設の指定管理会社とすること自体が、これまでの市政運営における地場産業の育成に逆行するものではないでしょうか。 我々議員は、神栖市民の負託を得てこの場に出席しております。市民の代弁者であるわけでございます。いわゆる地元の産業発展を擁護する立場であって、指定管理業務等であればなおさらのこと、地場産業を擁護してしかるべきだと考えます。 また、歴史的な大不況にあえぐ不安定な経済社会情勢の中、全国的に見てもさらに深刻な問題となっている中小企業の経営不振、雇用問題等、地域においてもこれは例外ではございません。神栖市においても、この折からの不況によって経営不振に至り倒産している会社もあるでしょう。であればなおさらのこと、地元優先の施策を実施すべきであると私は考えます。 以上、議員各位のご理解をお願いし、本案に対する反対討論といたします。 ○議長(山本守君) ほかに討論はありませんか。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第21号 指定管理者の指定について、神栖市営日川浜オートキャンプ場を採決いたします。 採決は起立により行います。 本案に対する委員長報告は原案否決であります。 お諮りいたします。 本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(山本守君) 起立多数であります。 よって、本案は可決されました。 次に、議案第22号 神栖市の市民憲章、市の花、市の木及び市の鳥の制定についてに対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第22号 神栖市の市民憲章、市の花、市の木及び市の鳥の制定についてを採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第23号 茨城県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議についてに対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第23号 茨城県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議についてを採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 次に、議案第26号 友好都市関係の締結についてに対する討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第26号 友好都市関係の締結についてを採決いたします。 本案に対する委員長報告は原案可決であります。 お諮りいたします。 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第3 意見書案第8号 神栖市に警察署の新設に関する意見書 ○議長(山本守君) 日程第3、意見書案第8号 神栖市に警察署の新設に関する意見書を議題といたします。 提出者より提案理由の説明を求めます。 5番、五十嵐清美議員。     〔5番 五十嵐清美君 登壇〕 ◆5番(五十嵐清美君) ただいま議長からご指名がございましたので、意見書案第8号の趣旨説明をさせていただきます。 意見書案第8号         神栖市に警察署の新設に関する意見書 上記の意見書案神栖市議会会議規則第14条1項の規定により別紙のとおり提出します。 平成20年12月16日                        提出者 神栖市議会議員                              五十嵐清美                        賛成者 神栖市議会議員                               飯田耕造                               柳堀 弘                               木内敏之                               野口文孝                              後藤潤一郎神栖市議会議長 山本 守様     神栖市に警察署の新設に関する意見書(案) 神栖市では、市及び市議会、市民の総意として、これまで再三にわたり、茨城県に対し、神栖警察署設置要望を行ってきたが、県の財政事情等から茨城県警察施設再編整備第一期計画において、神栖警察署設置構想が一時凍結された。 しかし、本市は、人口約9万3千人を抱える都市であるとともに、首都圏物流の重要拠点である鹿島港を中核とした鹿島臨海工業地帯を擁し、しかも、県境という特異な地形から殺人やけん銃使用事案等凶悪事件が未解決となっており、更には、実施されるコンビナートの定期修理期間中は、毎年4ヵ月間におよび全国から延約40万人、搬入車両延約20万台が市内に流入し、事故・事件等の誘発が懸念されている。 また、本市を含む鹿島、行方地方には、鹿嶋市・鉾田市・行方市の三市に警察署があるものの、神栖市は、人口、面積、事業所数など他市に比較しても膨大となっており、その上、特異な地形から凶悪事件、ひき逃げ事件等、緊急事件発生時には、所管である鹿嶋警察署からの刑事、交通警察官の現場到着時間を要するため、市民の安全、安心が確保され難いところでもある。 こうした面から、警察署設置を最も必要とする地域であることに変わりはないと受け止めている。 よって、茨城県におかれましては、このような状況を鑑み、本市の警察体制強化のため、最優先に警察署の新設を喫緊に実現されるよう強く求めるものであります。 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。 平成20年12月 日                           茨城県神栖市議会提出先 茨城県知事 茨城県公安委員会委員長 茨城県警察本部長 以上でございます。議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。 ○議長(山本守君) ただいま提出者の提案理由の説明が終了いたしましたので、これより質疑に入ります。―質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案については、神栖市議会会議規則第37条第3項の規定により、委員会への付託を省略することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 これより討論に入ります。―討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより意見書案第8号 神栖市に警察署の新設に関する意見書を採決いたします。 お諮りいたします。 本案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第4 議員派遣の件 ○議長(山本守君) 日程第4、議員派遣の件を議題といたします。 お諮りいたします。 本件につきましては、お手元に配付のとおり議員を派遣したいと思いますが、これにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第5 閉会中の継続審査の件 ○議長(山本守君) 日程第5、閉会中の継続審査の件を議題といたします。 本件につきましては、お手元に配付のとおり、総務企画委員会から継続審査の申し出があったものであります。 お諮りいたします。 本件については、閉会中の継続審査とすることにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第6 閉会中の所管事務調査の件 ○議長(山本守君) 日程第6、閉会中の所管事務調査の件を議題といたします。 本件につきましては、お手元に配付のとおり、各常任委員会及び議会運営委員会より閉会中の所管事務調査の申し出があったものであります。 お諮りいたします。 本件については、閉会中の所管事務調査にすることにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △閉会の宣告 ○議長(山本守君) 平成20年第4回の定例会を閉会するに当たり、一言ごあいさつ申し上げます。 議員各位におかれましては、本年2月に市民の負託を受け、市政に参画されました。 地方分権の進展の中で、神栖、波崎の合併後4年目を迎えて、これまで両地区の均衡ある発展のために精いっぱいの努力をしておりますが、両地区における課題が多分にあることは事実であり、その解消は私ども議会に課せられた責務であります。来る年も一丸となって市民の皆様のご期待にこたえるよう、さらなる努力を傾注してまいらなくてはなりません。どうか、議員各位におかれましては、健康に十分ご留意の上、新しい年も市勢発展のためにご活動いただけるよう祈念いたします。 結びに、これまでの議会審議に当たりご協力をいただきました市長初め執行部各位に対して、衷心より感謝とお礼を申し上げます。 以上で、平成20年第4回神栖市議会定例会を閉会いたします。 ご苦労さまでした。 △閉会 午後2時50分◯朗読を省略した議長の報告-----------------------------------           閉会中の所管事務調査一覧表◯ 総務企画委員会  ・行財政運営について◯ 健康福祉委員会  ・健康行政について  ・福祉行政について◯ 教育環境委員会  ・環境行政について  ・教育行政について◯ 都市産業委員会  ・住みよいまちづくりについて◯ 議会運営委員会  ・円滑な議会運営について地方自治法第123条第2項の規定により署名する                 議長                 署名議員                 署名議員                 署名議員...