神栖市議会 > 2008-12-10 >
12月10日-04号

ツイート シェア
  1. 神栖市議会 2008-12-10
    12月10日-04号


    取得元: 神栖市議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-13
    平成20年 12月 定例会(第4回)        平成20年第4回神栖市議会定例会会議録議事日程(第4号)  平成20年12月10日(水)午前10時開議日程第1 議案第1号 神栖市長期継続契約の締結に関する条例日程第2 議案第2号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例日程第3 議案第3号 神栖市国民健康保険条例の一部を改正する条例日程第4 議案第4号 神栖市はさき漁村センターの設置及び管理に関する条例を廃止する条例日程第5 議案第5号 神栖市営住宅条例の一部を改正する条例日程第6 議案第6号 神栖市都市公園条例の一部を改正する条例日程第7 議案第7号 平成20年度神栖市一般会計補正予算(第3号)日程第8 議案第8号 平成20年度神栖市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第3号)日程第9 議案第9号 平成20年度神栖市老人休養ホーム特別会計補正予算(第1号)日程第10 議案第10号 平成20年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)日程第11 議案第11号 平成20年度神栖市介護保険特別会計事業勘定補正予算(第1号)日程第12 議案第12号 平成20年度神栖市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)日程第13 議案第13号 指定管理者の指定について             ・神栖市文化センター日程第14 議案第14号 指定管理者の指定について             ・神栖市運動施設日程第15 議案第15号 指定管理者の指定について             ・神栖市ふれあいセンター湯楽々日程第16 議案第16号 指定管理者の指定について             ・神栖市ゆ~ぽ~とはさき日程第17 議案第17号 指定管理者の指定について             ・神栖市老人デイサービスセンター「やわらぎ」日程第18 議案第18号 指定管理者の指定について             ・神栖市地域活動支援センター「のぞみ」日程第19 議案第19号 指定管理者の指定について             ・神栖市福祉作業所 きぼうの家日程第20 議案第20号 指定管理者の指定について             ・神栖市高齢者ふれあいセンターむつみ荘」日程第21 議案第21号 指定管理者の指定について             ・神栖市営日川浜オートキャンプ場日程第22 議案第22号 神栖市の市民憲章、市の花、市の木及び市の鳥の制定について日程第23 議案第23号 茨城県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について             〔質疑・常任委員会付託〕日程第24 議案第24号 鹿島地方公平委員会委員の選任について日程第25 議案第25号 鹿島地方公平委員会委員の選任について             〔質疑・討論・採決〕日程第26 議案第26号 友好都市関係の締結について             〔質疑・常任委員会付託〕日程第27 休会の件-----------------------------------本日の会議に付した案件日程第1 議案第1号 神栖市長期継続契約の締結に関する条例日程第2 議案第2号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例日程第3 議案第3号 神栖市国民健康保険条例の一部を改正する条例日程第4 議案第4号 神栖市はさき漁村センターの設置及び管理に関する条例を廃止する条例日程第5 議案第5号 神栖市営住宅条例の一部を改正する条例日程第6 議案第6号 神栖市都市公園条例の一部を改正する条例日程第7 議案第7号 平成20年度神栖市一般会計補正予算(第3号)日程第8 議案第8号 平成20年度神栖市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第3号)日程第9 議案第9号 平成20年度神栖市老人休養ホーム特別会計補正予算(第1号)日程第10 議案第10号 平成20年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)日程第11 議案第11号 平成20年度神栖市介護保険特別会計事業勘定補正予算(第1号)日程第12 議案第12号 平成20年度神栖市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)日程第13 議案第13号 指定管理者の指定について             ・神栖市文化センター日程第14 議案第14号 指定管理者の指定について             ・神栖市運動施設日程第15 議案第15号 指定管理者の指定について             ・神栖市ふれあいセンター湯楽々日程第16 議案第16号 指定管理者の指定について             ・神栖市ゆ~ぽ~とはさき日程第17 議案第17号 指定管理者の指定について             ・神栖市老人デイサービスセンター「やわらぎ」日程第18 議案第18号 指定管理者の指定について             ・神栖市地域活動支援センター「のぞみ」日程第19 議案第19号 指定管理者の指定について             ・神栖市福祉作業所 きぼうの家日程第20 議案第20号 指定管理者の指定について             ・神栖市高齢者ふれあいセンターむつみ荘」日程第21 議案第21号 指定管理者の指定について             ・神栖市営日川浜オートキャンプ場日程第22 議案第22号 神栖市の市民憲章、市の花、市の木及び市の鳥の制定について日程第23 議案第23号 茨城県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について             〔質疑・常任委員会付託〕日程第24 議案第24号 鹿島地方公平委員会委員の選任について日程第25 議案第25号 鹿島地方公平委員会委員の選任について             〔質疑・討論・採決〕日程第26 議案第26号 友好都市関係の締結について             〔質疑・常任委員会付託〕日程第27 休会の件出席議員(25人) 議長 22番  山本 守君  副議長 19番  柳堀 弘君     1番  遠藤貴之君       2番  野口文孝君     5番  五十嵐清美君      6番  佐藤節子君     7番  安藤昌義君       8番  飯田耕造君     9番  伊藤 大君      10番  古徳 等君    11番  神崎 清君      12番  木内敏之君    13番  大槻邦夫君      14番  山中正一君    15番  野口一洋君      16番  小山茂雄君    17番  泉 純一郎君     18番  三好 忠君    20番  宮川一郎君      21番  藤田昭泰君    23番  長谷川治吉君     25番  梅原 章君    26番  長谷川 隆君     27番  中村勇司君    28番  山本源一郎-----------------------------------欠席議員(1人)     3番  後藤潤一郎-----------------------------------説明のため出席した者       市長          保立一男君       副市長         鈴木 誠君       教育長         新谷茂生君       総務部長        早見 透君       企画部長        阿部文雄君       健康福祉部長      仲本 守君       生活環境部長      片岡新一君       産業経済部長      笹本 昭君       都市整備部長      山中悦朗君       教育委員会部長     藤田 通君       波崎総合支所長     宮内 昇君       会計管理者       山本信雄君       総務部次長       森 政通君       教育委員会次長     井上利男君       市民協働課長      井田純一君       財政課長        石神 貴君       国保年金課長      柴田利夫君       都市計画課長      大槻俊雄君       商工観光課長      野口清雄君       教育総務課長      菅谷利雄君       学務課長        山田 衛君       教育指導課長      本間敏夫君       総務課長        大槻幸一君       秘書課長        高安俊昭君       職員課長        野口 治君       企画課長        笠井敦夫君       契約管財課長      野口芳夫君       福祉事務所                   横田利秋君       高齢福祉課長       福祉事務所                   秋 信明君       介護保険課長       医療福祉課長      山口美明君       施設管理課長      大槻孝雄君       下水道課長       増田繁一君       生涯学習課長      塙 利男君-----------------------------------議会事務局出席者       議会事務局長      長谷川整治       議事課長        根本善博       議事課副参事兼課長補佐 山本 勉 △開議 午前10時02分 △開議の宣告 ○議長(山本守君) これより本日の会議を開きます。----------------------------------- △諸般の報告 ○議長(山本守君) 諸般の報告をいたします。 市長から議案第24号ないし議案第26号が提出されましたので、お手元に配付してあります。ごらんおき願います。----------------------------------- △日程第1 議案第1号 神栖市長期継続契約の締結に関する条例 ○議長(山本守君) 日程第1、議案第1号 神栖市長期継続契約の締結に関する条例を議題といたします。 本案につきましても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案については、総務企画委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第2 議案第2号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例 ○議長(山本守君) 日程第2、議案第2号 神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例を議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。 本案に対する発言の通告がありますので、これを許可いたします。 17番、泉純一郎議員。 ◆17番(泉純一郎君) 当案は議案第6号と関連する議案でございますけれども、若松緑地内の若松庭球場を廃止するということと、それから新たに若松運動場に庭球場を新設するということで、そういう議案でございますけれども、庭球場の廃止する面数と新たに新設する庭球場の面数についてお伺いいたします。 それと、以前、波崎地域には土合体育館並びに波崎総合体育館、今は波崎体育館ですか、そこの敷地内にも庭球場がありましたけれども、老朽化等の原因もあったと思いますけれども、そこがなくなってしまいました。そこで利用者数があったにもかかわらず、今、駐車場のような状況になっておりますけれども、波崎地域テニス利用者ですか、そのニーズについてどのように考えておられるかお願いいたします。 ○議長(山本守君) 生涯学習課長。 ◎生涯学習課長(塙利男君) ただいまの泉議員の質問にお答えをいたします。 最初に庭球場の廃止面数新設面数についてのお尋ねでございますが、温浴施設ゆ~ぽ~とはさきの改修工事に伴いまして、駐車場がこれまで狭隘だったため若松緑地内の庭球場2面を廃止し駐車場とするかわりに、若松運動場に新たに人工芝による庭球場2面を整備するものであります。 次に、以前は土合体育館波崎体育館敷地内にも庭球場があったが、住民のニーズはどうかとのお尋ねでございますが、今のところ庭球場についての要望は寄せられておりません。しかしながら、市民にとりまして真に必要とされる運動施設は整備していかなければならないと考えておりますので、今月開催を予定しております神栖市スポーツ振興審議会において運動施設等の整備のあり方について検討をお願いしたいと考えております。 よろしくお願いします。 ○議長(山本守君) 17番、泉純一郎議員。 ◆17番(泉純一郎君) 若松緑地内は2面ですね、廃止するの。2面で十分かどうかちょっとその辺もお答え願いたいと思いますけれども、ただ、波崎の特に矢田部地区波崎地区におきましてテニス場がなくなってしまいましたけれども、ただ、今の答弁ではニーズはないということですけれども、あればあったで結構そこそこの利用者が出てくると思いますので、その辺を少し幾らか前向きに検討していただきまして、できたらその辺の整備もおいおい考えていっていただければいいなと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(山本守君) 要望ですか。答弁要りますか。 ◆17番(泉純一郎君) そうです。 ○議長(山本守君) 生涯学習課長。 ◎生涯学習課長(塙利男君) 若松運動場の2面で足りるかどうかというお尋ねでございますけれども、現在、神栖市の中では庭球場につきましては海浜公園の中に24面の、茨城県でも24面持っている市町村はありませんけれども、そういう面で十分過ぎるぐらいの庭球場があるわけですけれども、波崎地区には少ないというようなご指摘でございます。確かに、波崎地区には庭球場が少ないというのは私どもも存じております。 そういった中でも、先ほど申したように振興審議会の中で十分検討していただきたいというふうに考えております。
    ○議長(山本守君) ほかに質疑はございませんか。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案については、教育環境委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第3 議案第3号 神栖市国民健康保険条例の一部を改正する条例 ○議長(山本守君) 日程第3、議案第3号 神栖市国民健康保険条例の一部を改正する条例を議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案については、健康福祉委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第4 議案第4号 神栖市はさき漁村センターの設置及び管理に関する条例を廃止する条例 ○議長(山本守君) 日程第4、議案第4号 神栖市はさき漁村センターの設置及び管理に関する条例を廃止する条例を議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案については、都市産業委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第5 議案第5号 神栖市営住宅条例の一部を改正する条例 ○議長(山本守君) 日程第5、議案第5号 神栖市営住宅条例の一部を改正する条例を議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案についても、都市産業委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第6 議案第6号 神栖市都市公園条例の一部を改正する条例 ○議長(山本守君) 日程第6、議案第6号 神栖市都市公園条例の一部を改正する条例を議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案についても、都市産業委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第7 議案第7号 平成20年度神栖市一般会計補正予算(第3号) ○議長(山本守君) 日程第7、議案第7号 平成20年度神栖市一般会計補正予算(第3号)を議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案については、総務企画委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第8 議案第8号 平成20年度神栖市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第3号) ○議長(山本守君) 日程第8、議案第8号 平成20年度神栖市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第3号)を議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案については、健康福祉委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第9 議案第9号 平成20年度神栖市老人休養ホーム特別会計補正予算(第1号) ○議長(山本守君) 日程第9、議案第9号 平成20年度神栖市老人休養ホーム特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案についても、健康福祉委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第10 議案第10号 平成20年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号) ○議長(山本守君) 日程第10、議案第10号 平成20年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案については、都市産業委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第11 議案第11号 平成20年度神栖市介護保険特別会計事業勘定補正予算(第1号) ○議長(山本守君) 日程第11、議案第11号 平成20年度神栖市介護保険特別会計事業勘定補正予算(第1号)を議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案については、健康福祉委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第12 議案第12号 平成20年度神栖市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号) ○議長(山本守君) 日程第12、議案第12号 平成20年度神栖市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案についても、健康福祉委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第13 議案第13号 指定管理者の指定について・神栖市文化センター ○議長(山本守君) 日程第13、議案第13号 指定管理者の指定について、神栖市文化センターを議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案については、教育環境委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第14 議案第14号 指定管理者の指定について・神栖市運動施設 ○議長(山本守君) 日程第14、議案第14号 指定管理者の指定について、神栖市運動施設を議題といたします。 本案につきましても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。 本案に対する発言の通告がありますので、これを許可いたします。 17番、泉純一郎議員。 ◆17番(泉純一郎君) 運動施設指定管理者にゆだねることにつきまして、内容は施設の管理から運営に至るまでいわゆるハード、ソフト面、両面をゆだねることであるようです。体育スポーツの振興につきましては、いわゆる施設、指導者、それからプログラム、この3者が一体となって初めて振興が図られるわけでございますけれども、運動をする気のある人には運動をする機会を与え、そしてまた運動をする気のない人には運動する気を持たせることも行政の1つの役割であると考えておりますので、特に指定管理者に管理をゆだね住民のスポーツに関する動向を行政として全部任せてしまって掌握できるかどうか、その辺の認識についてお伺いいたします。 ○議長(山本守君) 生涯学習課長。 ◎生涯学習課長(塙利男君) ただいまの泉議員の質問にお答えをいたします。 運動施設指定管理者にゆだねることについて、体育の振興の面からして行政の対応はどのように考えているのかとのお尋ねでございますが、指定管理者の導入につきましては、市民がスポーツにより親しみ健康の増進や体力づくりが一層図られるよう、施設の有効活用を目的として指定管理者にお願いしているところであります。 また、市としましてはスポーツを通じて健康で活力に満ちた明るいまちづくりの実現を目指す中で、来年度においては神栖市スポーツ振興基本計画を策定する予定であります。運動施設の整備、スポーツ団体への支援、指導者の人材確保や育成、市民が望むスポーツやレクリエーション活動のあり方などを的確にとらえ、主体的にスポーツの振興を図ってまいりたいと考えております。 ○議長(山本守君) 17番、泉純一郎議員。 ◆17番(泉純一郎君) 施設の管理はいいとしても、いわゆるソフト面までも全部ゆだねるということになりますので、例えば管理を受けたほうは、その項目についての管理をすると思うんですけれども、やはり時代時代によってスポーツを振興させる上でプラスアルファが必要だと思います。その面で、例えば受けたほうは頼まれた分だけしか受けられませんので、それのプラスアルファがやっぱりもう少し必要じゃなかろうかと思いますので、先ほどもちょっとお伺いしましたけれども、行政としての、今ゆだねている内容が全部掌握できるか、その辺の対応が必要だと思いますけれども、その辺のご答弁をお尋ねいたします。 ○議長(山本守君) 生涯学習課長。 ◎生涯学習課長(塙利男君) 指定管理者に施設の管理運営についてはお願いをしておりますけれども、スポーツの振興全体につきましては神栖市が主体的に考えていくという考えでおりますので、よろしくご理解をいただきたいと思います。 ○議長(山本守君) ほかに質疑はございませんか。 25番、梅原章議員。 ◆25番(梅原章君) 25番、梅原でございます。 通告をさせていただいていませんけれども、関連で1点を伺いたいと思います。 今回、体育館等が指定管理者制度に移行するということでありますけれども、そういう中で地元の観光の寄与ということで地元の神栖の旅館組合さん、そして波崎の旅館組合さんから体育館の休日開放、これは以前は3月、4月と7月、8月と観光のシーズンですね、体育館等の合宿をする上で、どうしても1日休館日があると合宿につながらないということで、3年ほど前から旅館組合長を通じて町当局に、波崎の場合には以前そのようにしておりましたので、合併してからそういうことが神栖の制度に従いましてでき得ないと。大変苦慮しているわけでありまして、地元の組合長さんも何度か市長さん、そして関係課長にお願いに行った経緯が私も聞いております。 それにつきまして、このような指定管理者制度に移行するときが絶好のタイミングかなと、新しいルールをつくる上で。しかも大変体育館に関しまして数多くありませんから、例えば3泊だ4泊だというときに、たまたま月曜日が休館だということで、この神栖に来ていただく皆さんのことをみすみす断るというような場面が多々ございます。波崎でできたものが合併をして神栖市になってでき得ないと大変苦慮されておりまして、特に組合長さんあたりはかなりやり玉に上がっておる状態でありますので、ぜひともその辺を当局もかんがみて、その実現に当たっていただきたいなと。3年前に陳情した現在までの経緯を、もし差し支えなかったらお知らせ願いたいと思います。 ○議長(山本守君) 生涯学習課長。 ◎生涯学習課長(塙利男君) ただいまのご質問にお答えをいたします。 3年前の経緯というものからの経緯については詳しくは存じ上げておりませんけれども、そのほかの質問の中で、今指定管理をお願いしております。指定管理の市のほうからのお願いについては、月曜日休館、それから年末年始29日から翌年の1月4日まで、一応契約の中ではそうなっております。しかしながら、住民のニーズ、利用者のニーズに一部おこたえしているようでございます、現在。市としましても、できればそういったニーズが多い中でやはり指定管理者にお願いしている中では、なるべくそういうものにも対応していただければいいのかなということで考えております。 以上でございます。 ○議長(山本守君) 25番、梅原章議員。 ◆25番(梅原章君) 物事は行動を示さない、また、市長さんがこういうふうにやれということで初めて物が動きます。事実、皆さんが体育館等の利用状況の中でチェックしてほしいと思いますけれども、体育館を使用する上で相当数、日数、金額等、寄与しているはずなんですよ。例えば、合宿に関してのルールというのは、朝9時から5時まで、夜に希望されても夜はだめですよと。地元に開放しますよと。また、土合に関しましては、土日は地元優先ですよと。そういった1つの地元と我々業者のルールがあるんですね。それは条例とかでいうもんじゃなくして、スムーズな運営をする上でのお互いのルールづくりをしてきました。しかし、それが合併したときに一挙になくなったということなんですよね。 確かに、指定管理者は町の意向でこういうふうに休館日は休みにしますよ。年末も休みます。それは当たり前のことなんですね。ただ我々のニーズというのは、例えばシーズンであります2月から3、4と、また夏の7、8、9ということを例えばすべて開放するんじゃなくして、そういった希望があるので、そこら辺に関しましては組合で一括統合して申請等も混乱のないように運営をしているわけなんですよ。確かに合併して神栖のルールに従っていましたけれども、波崎でできたことが合併したからできない。これは、市長さんの意向でいいかと思いますけれども、そこら辺、市長さんどう思いますか。お願いします。 ○議長(山本守君) 保立市長。 ◎市長(保立一男君) ただいまの質問にお答えします。 今後運営に対しまして十分検討していきますから、よろしくお願いいたします。 ○議長(山本守君) 25番、梅原章議員。 ◆25番(梅原章君) 運営に関しまして重々承知をされて遂行していただけるというふうに理解してよろしいでしょうか。よろしいですね。お願いします。 ○議長(山本守君) 保立市長。 ◎市長(保立一男君) そうでございます。十分検討していきたいと思います。 ○議長(山本守君) ほかに質疑はございませんか。 23番、長谷川治吉議員。 ◆23番(長谷川治吉君) 指定管理者、前段でもありましたけれども、この後ずっと指定管理者の審議が続くわけですけれども、そういった中で多分指定管理者の運用指針という部分は、自治法では運用については市町村に任せているわけでございます。そういった中で、大まかな運用指針というのができているのかどうか、まず1点それを確認しておきたいと思います。 それから、総括で結構でございます。PDCAサイクルの確立のために、どのような取り組みをされようとしているのか、その点2つ確認しておきたいと思いますので、よろしくお願いします。 ○議長(山本守君) 総務部長。 ◎総務部長(早見透君) 長谷川議員のほうからご質問いただきました指定管理者制度導入に係るガイドラインということでございますが、これは既に策定済みでございます。 以上でございます。 ○議長(山本守君) 暫時休憩します。 △休憩 午前10時27分 △再開 午前10時28分 ○議長(山本守君) 再開いたします。 ほかに質疑はございませんか。 23番、長谷川治吉議員。 ◆23番(長谷川治吉君) 先ほど運用指針はもう既に決めてやっているということでございます。ちなみに1点だけ確認しておきたいのは、選定委員会というのがありますよね。そういったところに外部有識者というのは入るようになっているのか、なっていないのか、この1点だけ確認しておきたいと思います。 ○議長(山本守君) 契約管財課長。 ◎契約管財課長野口芳夫君) ただいまのご質問にお答えします。 指定管理者の候補者の選定委員会に民間の有識者2名いらっしゃっております。 以上です。 ○議長(山本守君) 23番、長谷川治吉議員。 ◆23番(長谷川治吉君) これは担当課によって選定委員会、分かれると思いますけれども、各部局において有識者2名、民間からついているということで理解してよろしいでしょうか。 ○議長(山本守君) 契約管財課長。 ◎契約管財課長野口芳夫君) これは指定管理者を選定するときは市が一元的に行っておりますので、選定委員会というのは契約管財課が所管しております。そこで一元的にやっているということでございます。 以上です。 ○議長(山本守君) ほかに質疑はございませんか。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案についても、教育環境委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第15 議案第15号 指定管理者の指定について・神栖市ふれあいセンター湯楽々 ○議長(山本守君) 日程第15、議案第15号 指定管理者の指定について、神栖市ふれあいセンター湯楽々を議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。 23番、長谷川治吉議員。 ◆23番(長谷川治吉君) すみません。この指定管理者制度に移行するというのはコスト削減という部分の意味合いもあるわけですよね。こういった場合、指定管理者に移行してコスト削減が図れるのかどうか、1点確認しておきたいと思います。 ○議長(山本守君) 総務部長。 ◎総務部長(早見透君) 指定管理者制度の導入について、これを導入した場合にコストの削減が図られるかどうかということでございます。 議員ご指摘のとおり、まさに民間にできること、それをこれまではプロパーというんでしょうか直営でやっていたと。そういう面で非常に弾力的な運用とかそういうものができなかった。そういうソフトの面もございます。もちろん前提といたしましては、コストの削減ということは1つの課題としてこの制度を導入した経緯があります。 もちろん、法においてもそういう趣旨の中で、自治体が地方分権一括関連の中でいろいろな権限が移譲されてまいりました。しかしながら、なかなか国から見た場合に自治体のそういった公の施設の管理運営について、機能的で有効な効果を発揮していないというようなことも背景にあったやに聞いております。そういう点で、ある意味でいうと非常に強権的な法律でございまして義務規定となっておる関係がございまして、我々自治体においては法律施行後3年以内にこれを実施しなければならないという期限を限定されて、こういった形で移行した経緯がございます。 これは法律の施行は平成18年9月だったと思いますが、実際には4月からということで平成18年4月からこの制度を導入して今日に至っているところでございます。 よろしくお願いいたします。 ○議長(山本守君) ほかに質疑はございませんか。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案についても、教育環境委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第16 議案第16号 指定管理者の指定について・神栖市ゆ~ぽ~とはさき ○議長(山本守君) 日程第16、議案第16号 指定管理者の指定について、神栖市ゆ~ぽ~とはさきを議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案についても、教育環境委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第17 議案第17号 指定管理者の指定について・神栖市老人デイサービスセンター「やわらぎ」 ○議長(山本守君) 日程第17、議案第17号 指定管理者の指定について、神栖市老人デイサービスセンター「やわらぎ」を議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案については、健康福祉委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第18 議案第18号 指定管理者の指定について・神栖市地域活動支援センター「のぞみ」 ○議長(山本守君) 日程第18、議案第18号 指定管理者の指定について、神栖市地域活動支援センター「のぞみ」を議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案についても、健康福祉委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第19 議案第19号 指定管理者の指定について・神栖市福祉作業所 きぼうの家 ○議長(山本守君) 日程第19、議案第19号 指定管理者の指定について、神栖市福祉作業所 きぼうの家を議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案についても、健康福祉委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第20 議案第20号 指定管理者の指定について・神栖市高齢者ふれあいセンターむつみ荘」 ○議長(山本守君) 日程第20、議案第20号 指定管理者の指定について、神栖市高齢者ふれあいセンターむつみ荘」を議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案についても、健康福祉委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第21 議案第21号 指定管理者の指定について・神栖市営日川浜オートキャンプ場 ○議長(山本守君) 日程第21、議案第21号 指定管理者の指定について、神栖市営日川浜オートキャンプ場を議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。 1番、遠藤貴之議員。 ◆1番(遠藤貴之君) 1番、遠藤です。1つ確認をお願いいたします。 この議案21号、日川浜のオートキャンプ場の指定管理者について、他の指定管理者とは違って3年間で指定管理者が今回変更するという案件だと思います。3年前から今までやってきた管理者と今回かわる管理者、当然、選定した理由等があると思いますので、さわりのないところで変更がどのような要件で変更されたのか、また評価みたいなものがあればご説明願います。 ○議長(山本守君) 契約管財課長。 ◎契約管財課長野口芳夫君) 選定につきましてお答えいたします。 市の管理候補者選定委員会の設置要綱に基づき行いました。具体的には知識経験を有する民間の委員さんを初め、市の企画部長ほか担当部課長などで構成する選定委員会を設けまして、事業者からヒアリングを行い、各委員の採点の結果、最も高い得点を得た者を選定したところでございます。 審査は総合評価方式で行いまして、入札価格に当たります管理運営に係る経費及び経費以外の施設運営のノウハウ、それから市民サービス向上の具体的な手法、安定的な経営を継続させる財政的基礎などソフト面の評価につきましても行っております。その結果、4社の今回応募がございました。その中で、審査の結果、700点満点だったんですけれども、ここにある株式会社塚原緑地研究所が最高点をとったものですから、これにつきまして選定をしたというところでございます。 なお、管理運営に係る経費につきましても塚原緑地研究所が1,650万円、今やっている次点でありましたクラレテクノさんより326万5,000円ほど安くできると、そういうのもございました。塚原緑地研究所に対する質疑応答のところを若干わかっていただける部分があればと思いまして、ちょっとご報告申し上げます。 塚原緑地研究所に対する質問は、日川浜のオートキャンプ場の潜在する機能とは何かであるとか、客数をふやす策はどんなものであるか、それから、今までより稼働率は上げられるかなどを質問させていただきました。それに関連しまして、当キャンプ場のハード面はトップクラスであること。それから、首都圏から100キロ圏内で海があって鹿島の文化があるんだと。軽自動車のキャンピングカーを使用するシルバー世代の取り込みが期待できますというようなご発言もありました。また、今までの10%の稼働率は低過ぎるんじゃないかと。20%が一応のライン設定で3年以内に18%まで持っていきたいと。リピーター獲得のために友の会をつくって口コミによる宣伝をしていきたいと、そのようなご発言があって、大変期待感が持てると感じたところでございます。 以上です。
    ○議長(山本守君) 1番、遠藤貴之議員。 ◆1番(遠藤貴之君) 説明については大体理解をしました。 1点、要望で構いません。実は、当然この3年間の間に経費に対しての見直し等があって、価格の有利さというのが、もしかしたら次点で敗れた方よりも結果的にお金がかかるということで市からお金が支出されるようなことも考えられますので、当然変更があったときにはそういう明確な運営というのを3年間努めていただいたほうが、確かに前向きな事業だと思いますのでそのような形のほうがいいと思いますけれども、少なくとも敗れて今までやってきた方は地元にあるわけですから、ぜひそういう運営の明確さというのも求めていただきたいというのが1つです。 もう1点は、当然オートキャンプ場という意味合いからありましても、外からの観光という神栖の顔というイメージが大切にされると思います。ですから、確かに業者のノウハウに頼るということじゃなくて、やはり神栖市として、どのような観光やそれからオートキャンプ場の機能もあるのか、こういうところも明確に示していかないと、どの施設も指定管理者になって民間のノウハウだけを使うということが進むとなかなか地域としての町としての一体感というのは出てこないと思いますので、ぜひそういうことを念頭に3年間、運営を努めていただきたいというふうに要望しておきます。 よろしくお願いします。 ○議長(山本守君) ほかに質疑はございませんか。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案については、都市産業委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第22 議案第22号 神栖市の市民憲章、市の花、市の木及び市の鳥の制定について ○議長(山本守君) 日程第22、議案第22号 神栖市の市民憲章、市の花、市の木及び市の鳥の制定についてを議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。 本案に対する発言の通告がありますので、これを許可します。 17番、泉純一郎議員。 ◆17番(泉純一郎君) このたびの神栖市の市民憲章、市の花、市の木、市の鳥の制定についてお伺いいたします。 どこの自治体でもこうした制定をしているわけでございますけれども、ただ形式的に制定すればよいというわけではありません。制定したからには住民のほうから見て十分認識され、またなじまれ、また親しみを感じることが必要だと思うわけでありますので、そこで今まで制定されていた、いわゆる旧神栖町、旧波崎町の時代について行政側から見た場合に住民にこれらのことが認識されていたかどうか、その辺をお伺いいたします。 それで、もう一つですけれども、ここでもし可決された場合に、新たに制定され、住民への周知徹底がある程度必要だと思いますけれども、その辺のPRの仕方についてどのように考えているかお伺いいたします。 ○議長(山本守君) 市民協働課長。 ◎市民協働課長(井田純一君) ただいまの泉議員のご質問にお答えいたします。 まず最初に、旧神栖町及び旧波崎町時代の認識度の関係でございますけれども、旧神栖町では小学校の副読本に町民憲章、町の花、木、鳥を掲載し、子供の時代から町民憲章に親しむようにしてきております。また、一般家庭や学校に対しましてはプレートの配布を行ったり、町が作成する冊子等に町民憲章などを掲載して啓発活動に努めてきたという経緯がございます。一例ではございますけれども、神栖町の地域女性連絡協議会の総会におきまして市民憲章が朗読されているというような部分がございますので、旧神栖町の時代から現在に至る部分の中ではそれなりに認識をされてきているというふうに考えております。 また、旧波崎町では町民憲章を要覧等に掲載するとともに小学校の副読本に町の象徴として花、木、鳥を掲載して啓発に努めてきたところではございます。これらが、旧時代の部分であろうかというふうに認識はしております。 次に、制定をされた後の住民への周知の方法についてのお尋ねでございますけれども、まず小中学校の児童・生徒に対しまして市民憲章、市の花、市の木、鳥を印刷したクリアファイルを作成し配布するとともに、表示板を作成しまして小中学校に設置する予定でおります。 また、市民に対しましては暮らしのガイドブック、市勢要覧概要版、市民憲章等推進パンフレット、広報紙、ホームページ、封筒などを活用した啓発活動に努めてまいりますとともに、庁舎玄関にも市民の目に触れて楽しんでいただけるような工夫を凝らした表示板を設置し、認識を高めてまいりたいと考えております。 以上でございます。 ○議長(山本守君) 17番、泉純一郎議員。 ◆17番(泉純一郎君) 波崎町時代の町の木が千両だったんですけれども、皆さん銚子大橋を、あの辺を通行する方は、暮れから正月にかけて見たことあると思いますけれども、大きな千両飾りを飾ってあったんですよね。それは多分千両組合さんあたりのご協力を得てやっていたと思うんですけれども、そのような例えば千両といってもどのようなものなのかなということで、全然やっぱり認識のない方もおられると思います。 もし、だからこれから制定された場合には、いわゆる住民に強くアピールできるようなそういうPRの方法をひとつ考えていかれたらいかがかなと思っておりますので、ひとつその辺十分検討されまして、徹底方よろしくお願いいたします。 ○議長(山本守君) ほかに質疑はございませんか。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案については、総務企画委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第23 議案第23号 茨城県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について ○議長(山本守君) 日程第23、議案第23号 茨城県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議についてを議題といたします。 本案についても、既に提案理由の説明が終了しておりますので、これより質疑に入ります。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案については、健康福祉委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第24 議案第24号 鹿島地方公平委員会委員の選任について ○議長(山本守君) 日程第24、議案第24号 鹿島地方公平委員会委員の選任についてを議題といたします。 市長より提案理由の説明を求めます。 市長。     〔市長 保立一男君 登壇〕 ◎市長(保立一男君) 議案第24号につきましては、公平委員会委員の任命についてであり、鈴木猛委員が平成20年11月30日をもって辞職したことに伴い、人格が高潔で地方自治の本旨及び民主的で能率的な事務の処理に理解があり、かつ人事行政に関し識見を有する花田三男氏を鹿島地方公平委員会委員として任命したいので、地方公務員法第9条の2第2項の規定に基づき議会の同意を求めるものであります。 ○議長(山本守君) ただいま提案理由の説明が終了しましたので、これより質疑に入ります。 1番、遠藤貴之議員。 ◆1番(遠藤貴之君) 人事案件でありますけれども、急に出てきたということで、概要についての確認だけお願いしたいと思います。 まず、公平委員会の機能、それから委員の構成、また数、それから委員の任期、それから他市との関連性について、ちょっとご説明をいただきたいと思います。 ○議長(山本守君) 総務部長。 ◎総務部長(早見透君) ただいま遠藤議員のほうより公平委員会制度の概要についてということでございました。 まず、公平委員会の設置につきましては、人口15万人以上の市及び特別区は条例で公平委員会が置かれるところであります。しかしながら、私ども神栖市あるいは昔でいえば郡と言っていましたが、鹿島郡鉾田市、それから鹿嶋市、それから神栖市ということになるわけでが、かつては7カ町村でありました。この時代は鉾田町外6カ町村の公平委員会の共同設置ということで今日に至ってきた経緯がございます。そして平成の合併等々もございまして、この7カ町村は3つの市に収れんされて今日に至っております。 そういう関係から、従来の歴史的な経緯を踏まえて今日も共同設置という形で当該委員会が置かれているところであります。この公平委員会の執務場所については、3市で確認をしております。そして、4年ごとにそれぞれ持ち回りということになるんでしょうか、神栖市、鉾田市、鹿嶋市の順に4年ごとに持ち回りをするという確認を取り交わしているところでございます。 なお、構成されている共同設置の団体はこの3市だけではなくて、特別地方公共団体である鹿行広域事務組合あるいは鹿島南部地区消防事務組合、加えて鹿島地方事務組合の3特別地方公共団体がここに加わって全体では6団体で構成されているということでございます。 公平委員会の機能ということになるかと思います。これは、4点ほどございます。 まず1点は、地方公共団体職員の利益の保護と公正な人事権の行使を保障するために地方公共団体の長その他の任命権者から独立した地位を有する機関であります。また、公平委員会は3人の委員で構成される合議制の機関となっております。各委員は、先ほど市長の提案理由にもありましたように、人格が高潔で、地方自治の本旨及び民主的で能率的な事務の処理に理解があり、かつ人事行政に関し識見を有する者のうちから市長が市議会に同意を得て選任するという手続になります。 また、公平委員会の委員の任期については4年でありまして、補欠委員の任期は前任者の残任期間ということになります。 また、公平委員会には事務職員を置くことになっておりまして、現在の定数は3名であり、神栖市の職員が従事してございます。 また、公平委員会の委員の事務の仕事の内容ということになります。おおむね4点ほど挙げられます。まず1点は、職員の給与、勤務時間、その他の勤務条件に関する措置の要求を審査し判定する必要な措置をとること。それから、もう1点は職員に対する不利益な処分についての不服申し立てに対する裁決または決定をすること。また、職員の苦情を処理すること。そして法律に基づき、その権限に属しめられた事務を執行するということの4点になっております。 主な概要と、それから他市との関連性ということについてのご質問にお答えをさせていただきました。 以上でございます。 失礼しました、構成されている、先ほど6団体ということでございましたが、そのうち委員としての推薦をいただいて市長が選任するというような形を議会の議決を経て行っておりますが、鉾田市それから鹿嶋市、そして当市と、この3市で委員を選出して構成し合っているというのがこれまでの運用でございます。そして当然議会の議決を経て、そして選任をさせていただいている。したがって、先ほど鹿行広域事務組合を初めとする特別地方公共団体3団体については、選出の過程においては関与しておりません。そういう点で鹿嶋市、鉾田市、神栖市それぞれ1名ずつ委員を推薦いただいて、そして持ち回りの自治体において議会の議決をいただいて、そして選任をしていると、そして運営されているというのが現状でございます。 以上でございます。 ○議長(山本守君) ほかに質疑はございませんか。 25番、梅原章議員。 ◆25番(梅原章君) 梅原でございます。 今、部長の説明がございまして、この公平委員会なるものはいわば職員さんの味方ということがあります。例えば、味方であっても法律、ルールに基づいて判断を下すわけですけれども、公平委員会の権限というのはどれぐらいなんでしょうかね。例えば、職員さんが今回の人事またはいろんなものに関して意にそぐわないよとなった場合に、公平委員会の判断が、例えば市当局、執行部が悪いよ、職員さんが悪いよというように判断を下した場合、その権限はどの程度まで及ぼすのか、その点伺います。 ○議長(山本守君) 総務部長。 ◎総務部長(早見透君) それでは、梅原議員のご質問にお答えいたします。 先ほど公平委員会の権能について何点か申し上げました。そういった役割というのを持っているということであります。当然、ここにおいて不服申し立てに対する裁決、またはその決定をするということですから、それは当然当該関係構成団体の任命権者に対して裁決、決定を通知されます。それを踏まえて、それぞれの構成自治体の任命権者においてはその対応、処理を最終的に受け入れるか否か、これを判断させていただくことになります。 つまり、公平委員会は司法機関ではないんですが、公務員法上準司法的な機関の役割、権能を有しているということになります。そして、さらにそれに不服があれば現在の裁判制度に基づく、一審から三審までの提訴をすることがもちろんできるということになりますので、よろしくお願いいたします。 ○議長(山本守君) 25番、梅原章議員。 ◆25番(梅原章君) ご答弁ですと、準司法的な役割、権限を持っておるということでよいですね。といいますと、大体このメンバーを見ますと職員さん上がり、いわば各自治体の職員さん上がりが公平委員会の職務についておるということでありますね。3名です。その中である面で職員さんの味方であるんですけれども、そこに法的なルールを押し込んで判断を下すんですけれども、その公平委員会の判断に基づいて逆に市当局に対して、執行部に対してこうだよというような事例、判断をされた場合には、その場合には市当局は公平委員会の判断基準に答えがあっても不服であれば公平委員会に対しても、逆に市当局は何言っているんだよ、ふざけるんじゃないよというような抗告もできるんですか。 公平委員会があなたたちだめだよ、職員さんがいいだよというような判断を出したときに、それに対しては市当局は執行部に対して、もしそうだと言われた場合には、市は公平委員会に対してふざけた話するんじゃないよというような場合は、今度は司法にゆだねるということですか。そうなりますね。よろしいですか。 そこら辺、ちょっとお聞かせください。 ○議長(山本守君) 総務部長。 ◎総務部長(早見透君) 2回目のご質問にお答えいたします。 基本的には不服申し立てをした職員、あるいはその受けた任命権者、これは両方この裁決を尊重するということは言うまでもありません。 しかしながら、その裁決に疑義があり承服できがたい、こういう場合はいずれの立場においてもこれを裁判によって対応を求めるということは法理上許されていると、こういうことでご理解をいただきたいと思います。 ○議長(山本守君) ほかに質疑はございませんか。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案については、神栖市議会会議規則第37条第3項の規定により委員会への付託を省略することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 これより討論に入ります。-討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第24号 鹿島地方公平委員会委員の選任についてを採決いたします。 お諮りいたします。 本案はこれに同意することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第25 議案第25号 鹿島地方公平委員会委員の選任について ○議長(山本守君) 日程第25、議案第25号 鹿島地方公平委員会委員の選任についてを議題といたします。 市長より提案理由の説明を求めます。 保立市長。     〔市長 保立一男君 登壇〕 ◎市長(保立一男君) 議案第25号につきましては、公平委員会委員の任命についてであり、内田弘毅委員が平成20年11月30日をもって退職したことに伴い、人格が高潔で地方自治の本旨及び民主的で能率的な事務の処理に理解があり、かつ人事行政に関し識見を有する坂本良明氏を鹿島地方公平委員会委員として任命したいので、地方公務員法第9条の2第2項の規定に基づき議会の同意を求めるものであります。 ○議長(山本守君) ただいま提案理由の説明が終了しましたので、これより質疑に入ります。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案については、神栖市議会会議規則第37条第3項の規定により委員会への付託を省略することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。 これより討論に入ります。-討論なしと認め、討論を終結いたします。 これより議案第25号 鹿島地方公平委員会委員の選任についてを採決いたします。 お諮りいたします。 本案はこれに同意することにご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第26 議案第26号 友好都市関係の締結について ○議長(山本守君) 日程第26、議案第26号 友好都市関係の締結についてを議題といたします。 市長より提案理由の説明を求めます。 市長。     〔市長 保立一男君 登壇〕 ◎市長(保立一男君) 議案第26号につきましては、友好都市関係の締結についてであり、アジア地域における国際交流を推進するため、中華人民共和国浙江省上虞市と友好都市関係の締結をすることについて議会の議決を求めるものであります。 ○議長(山本守君) ただいま提案理由の説明が終了しましたので、これより質疑に入ります。-質疑がないようですから、質疑を終結いたします。 お諮りいたします。 本案については、総務企画委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △日程第27 休会の件 ○議長(山本守君) 日程第27、休会の件を議題といたします。 明日から15日までの5日間を各常任委員会の開催、議事整理のため休会とすることにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長(山本守君) 異議なしと認め、さよう決しました。----------------------------------- △散会の宣告 ○議長(山本守君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。 次会は、12月16日午後2時から本会議を開きます。 本日はこれにて散会いたします。 ご苦労さまでした。 △散会 午前11時06分◯朗読を省略した議長の報告-----------------------------------                         総第66号                         平成20年12月8日神栖市議会 議長 山本 守様                         神栖市長  保立一男             議案の送付について 平成20年第4回神栖市議会定例会に追加提出するため、下記議案を送付します。                 記議案第24号 鹿島地方公平委員会委員の選任について議案第25号 鹿島地方公平委員会委員の選任について議案第26号 友好都市関係の締結について     平成20年第4回神栖市議会定例会付託議案等一覧表                         (H20.12/10付託)区分議案番号件名総務企画委員会議案第1号神栖市長期継続契約の締結に関する条例議案第7号平成20年度神栖市一般会計補正予算(第3号)議案第22号神栖市の市民憲章、市の花、市の木及び市の鳥の制定について議案第26号友好都市関係の締結について健康福祉委員会議案第3号神栖市国民健康保険条例の一部を改正する条例議案第8号平成20年度神栖市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第3号)議案第9号平成20年度神栖市老人休養ホーム特別会計補正予算(第1号)議案第11号平成20年度神栖市介護保険特別会計事業勘定補正予算(第1号)議案第12号平成20年度神栖市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)議案第17号指定管理者の指定について ・神栖市老人デイサービスセンター「やわらぎ」議案第18号指定管理者の指定について ・神栖市地域活動支援センター「のぞみ」議案第19号指定管理者の指定について ・神栖市福祉作業所 きぼうの家議案第20号指定管理者の指定について ・神栖市高齢者ふれあいセンターむつみ荘」議案第23号茨城県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について教育環境委員会議案第2号神栖市運動施設利用条例の一部を改正する条例議案第13号指定管理者の指定について ・神栖市文化センター議案第14号指定管理者の指定について ・神栖市運動施設議案第15号指定管理者の指定について ・神栖市ふれあいセンター湯楽々議案第16号指定管理者の指定について ・神栖市ゆ~ぽ~とはさき都市産業委員会議案第4号神栖市はさき漁村センターの設置及び管理に関する条例を廃止する条例議案第5号神栖市営住宅条例の一部を改正する条例議案第6号神栖市都市公園条例の一部を改正する条例議案第10号平成20年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)議案第21号指定管理者の指定について ・神栖市営日川浜オートキャンプ場...