ツイート シェア
  1. 茨城県議会 2011-10-04
    平成23年第3回定例会(第8号) 本文 開催日: 2011-10-04


    取得元: 茨城県議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-12
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1 平成23年10月4日(火曜日)午後1時6分開議          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◯議長(田山東湖君) これより本日の会議を開きます。          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 諸般の報告 2 ◯議長(田山東湖君) 諸般の報告をいたします。  知事から,第132号議案公安委員会委員の任命についての撤回の請求がありましたので,報告させます。議事課長。                   〔菊地議事課長報告〕                                        財  第 202号                                        平成23年10月4日  茨城県議会議長  田  山  東  湖  殿                             茨城県知事   橋 本  昌                   議 案 の 撤 回 に つ い て  平成23年9月28日に提出した下記議案を撤回したいので,茨城県議会会議規則第18条第1項の規定により請求します。                        記  第 132号議案 公安委員会委員の任命について          ────────────────────────────── 3 ◯議長(田山東湖君) 次に,知事から,第126号議案工事請負契約の締結について,お手元に配付してありますとおり,訂正の請求がありましたので,報告いたします。  次に,知事から,地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び同法第22条第1項の規定による平成22年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率が報告されましたので,お手元に配付してあります。ごらんおき願います。
     次に,議員及び知事から議案が提出されましたので,報告させます。議事課長。                   〔菊地議事課長報告〕 議第17号          東日本大震災に際し,被災地で活動された自衛隊等に感謝する決議  上記議案を別紙のとおり茨城県議会会議規則第14条第1項の規定により提出します。  平成23年10月4日 茨城県議会議長  田  山  東  湖  殿                    提出者   茨城県議会議員   海   野       透                             同      葉   梨       衛                             同      桜   井   富   夫                             同      西   條   昌   良                             同      細   谷   典   幸                             同      白   田   信   夫           …………………………………………………………………… 議第18号      放射性物質を含む下水汚泥等の処分及び再利用に関する国の支援等を求める意見書  上記議案を別紙のとおり茨城県議会会議規則第14条第1項の規定により提出します。  平成23年10月4日 茨城県議会議長  田  山  東  湖  殿  提出者につきましては,議第17号と同一議員のため,氏名朗読を省略させていただきます。           …………………………………………………………………… 議第19号       尖閣諸島をはじめ我が国の領土領海を保全するための体制整備を求める意見書  上記議案を別紙のとおり茨城県議会会議規則第14条第1項の規定により提出します。  平成23年10月4日 茨城県議会議長  田  山  東  湖  殿  提出者につきましては,議第17号と同一議員のため,氏名朗読を省略させていただきます。           …………………………………………………………………… 議第20号        義務教育の充実のための少人数学級の推進及び国庫負担制度維持並びに              学校教育の震災からの早期復興を求める意見書  上記議案を別紙のとおり茨城県議会会議規則第14条第1項の規定により提出します。  平成23年10月4日 茨城県議会議長  田  山  東  湖  殿                    提出者   茨城県議会議員   海   野       透                             同      葉   梨       衛                             同      桜   井   富   夫                             同      西   條   昌   良                             同      細   谷   典   幸                             同      白   田   信   夫                             同      伊   沢   勝   徳                             同      井   手   義   弘                             同      長 谷 川   修   平           …………………………………………………………………… 議第21号             「子ども・子育て新システム」の導入に関する意見書  上記議案を別紙のとおり茨城県議会会議規則第14条第1項の規定により提出します。  平成23年10月4日 茨城県議会議長  田  山  東  湖  殿                    提出者   茨城県議会議員   海   野       透                             同      葉   梨       衛                             同      桜   井   富   夫                             同      西   條   昌   良                             同      細   谷   典   幸                             同      白   田   信   夫           …………………………………………………………………… 議第22号              円高・デフレを克服する経済対策を求める意見書  上記議案を別紙のとおり茨城県議会会議規則第14条第1項の規定により提出します。  平成23年10月4日 茨城県議会議長  田  山  東  湖  殿  提出者につきましては,議第21号と同一議員のため,氏名朗読を省略させていただきます。           …………………………………………………………………… 議第23号             軽油引取税課税免除措置の恒久化を求める意見書  上記議案を別紙のとおり茨城県議会会議規則第14条第1項の規定により提出します。  平成23年10月4日 茨城県議会議長  田  山  東  湖  殿                    提出者   茨城県議会議員   海   野       透                             同      葉   梨       衛                             同      桜   井   富   夫                             同      西   條   昌   良                             同      細   谷   典   幸                             同      白   田   信   夫                             同      山   岡   恒   夫                             同      井   手   義   弘           ……………………………………………………………………  次に,知事提出議案を報告いたします。                                        財  第 201号                                        平成23年10月4日  茨城県議会議長  田  山  東  湖  殿                             茨城県知事   橋 本  昌                   議 案 の 送 付 に つ い て  平成23年第3回茨城県議会定例会に下記の議案を提出するため,説明書を添えて別添のとおり送付します。                        記  認定第2号 平成22年度茨城県一般会計及び同特別会計歳入歳出決算の認定について
             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 日程第1 第132号議案公安委員会委員の任命についての撤回の件 4 ◯議長(田山東湖君) これより議事日程に入ります。  日程第1,第132号議案公安委員会委員の任命についての撤回の件を議題といたします。  お諮りいたします。本件は,これを承認するに賛成の諸君の挙手を求めます。                     〔賛成者挙手〕 5 ◯議長(田山東湖君) 挙手多数であります。よって,本件は,原案のとおり承認されました。          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 日程第2 第126号議案工事請負契約の締結についての訂正の件 6 ◯議長(田山東湖君) 日程第2,第126号議案工事請負契約の締結についての訂正の件を議題といたします。  お諮りいたします。本件は,これを承認するに賛成の諸君の挙手を求めます。                     〔賛成者挙手〕 7 ◯議長(田山東湖君) 挙手多数であります。よって,本件は,原案のとおり承認されました。          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 日程第3 第106号議案=ないし=第129号議案,報告第4号,請願 8 ◯議長(田山東湖君) 日程第3,第106号議案ないし第129号議案及び報告第4号並びに請願を一括して議題といたします。  これより,各委員会の審査の経過並びに結果について,順次,委員長の報告を求めます。  環境商工委員会委員長本澤徹君。               〔環境商工委員会委員長本澤徹君登壇〕 9 ◯環境商工委員会委員長(本澤徹君) 環境商工委員会に付託されました案件のうち,本日報告を求められております予算関係以外の議案1件につきまして,その審査の経過並びに結果を御報告いたします。  まず,議案の内容を申し上げます。  第129号議案訴えの提起については,県が発注した大気常時監視自動計測器の入札において,相手方が談合を行ったことにより,県がこうむった損害に係る損害賠償及び遅延利息に相当する金銭の支払いを求めるため,裁判所へ訴えを提起しようとするものであります。  審査の結果,当該案件の内容を適切なものと認め,全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。  以上,審査の経過と結果を申し上げましたが,本委員会の決定に対し,議員各位の御賛同をお願いいたしまして,本委員会の審査結果報告を終わります。 10 ◯議長(田山東湖君) 次に,保健福祉委員会委員長荻津和良君。               〔保健福祉委員会委員長荻津和良君登壇〕 11 ◯保健福祉委員会委員長荻津和良君) 保健福祉委員会に付託されました案件のうち,本日報告を求められております予算関係以外の議案1件につきまして,その審査の経過並びに結果を御報告いたします。  まず,議案の内容について申し上げます。  第119号議案茨城病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例は,県立中央病院循環器センターが開設されたことに伴い,診療科目に循環器外科を追加するため,所要の改正をしようとするものであります。  審査の結果,全会一致をもってその内容を適切なものと認め,原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。  以上,審査の経過と結果を申し上げましたが,本委員会の決定に対し,議員各位の御賛同をお願い申し上げまして,報告を終わります。 12 ◯議長(田山東湖君) 次に,農林水産委員会委員長福地源一郎君。              〔農林水産委員会委員長福地源一郎君登壇〕 13 ◯農林水産委員会委員長福地源一郎君) 農林水産委員会に付託されました案件のうち,本日報告を求められております予算関係以外の議案2件について,その審査の経過並びに結果を御報告いたします。  まず,議案の内容を申し上げます。  第123号議案県が行う建設事業等に対する市町の負担額については,平成23年度において県が行う広域漁港整備事業等に対する市町の負担について,その額を定めようとするものであります。  第124号議案国及び県等が行う土地改良事業に対する市町村の負担額については,平成23年度において国及び県等が行う土地改良事業に対する市町村の負担について,その額を定めようとするものであります。  審査の結果,各案件は,いずれもその内容を適切なものと認め,全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。  以上,審査の経過と結果を申し上げましたが,本委員会の決定に対し,議員各位の御賛同をお願いいたします。 14 ◯議長(田山東湖君) 次に,土木委員会委員長錦織孝一君。                〔土木委員会委員長錦織孝一君登壇〕 15 ◯土木委員会委員長錦織孝一君) 土木委員会に付託されました案件のうち,本日報告を求められております予算関係以外の議案6件につきまして,その審査の経過並びに結果を御報告いたします。  まず,議案の内容を申し上げます。  第115号議案茨城手数料徴収条例の一部を改正する条例は,高齢者の居住の安定確保に関する法律の一部改正に伴い,所要の改正をしようとするものであります。  第117号議案茨城県の管理する港湾の臨港地区の分区の区域内における構築物の規制に関する条例の一部を改正する条例は,茨城港日立港区に分区として保安港区を設けることに伴い,保安港区の区域内における構築物について必要な規制を設けるなど,所要の改正をしようとするものであります。  第118号議案茨城風致地区内における建築行為等の規制に関する条例の一部を改正する条例は,独立行政法人雇用能力開発機構の廃止などに伴い,所要の改正をしようとするものであります。  第125号議案県が行う建設事業等に対する市町村の負担額については,平成23年度において県が行う河川事業等に対する市町村の負担について,地方財政法等の規定に基づき,その額を定めようとするものであります。  第126号議案工事請負契約の締結については,(仮称)那珂川新橋橋梁上部工事について,14億2,359万円をもって請負契約を締結しようとするものであります。  なお,先ほど議案の訂正が承認されましたことから,工事請負契約人株式会社IHIインフラ建設代表取締役社長小島治久に変更になっております。  第128号議案工事請負契約の変更については,(仮称)朝日トンネル本体工事石岡工区について,日本国土キムラ・アレスコ特定建設工事共同企業体代表者日本国土開発株式会社代表取締役社長工藤睦信代理人水戸営業所長花崎雅孝と,16億4,745万円をもって請負契約を締結し工事を実施中のところ,トンネル掘削工に変更が生じたため,6,615万円を減額し,15億8,130万円をもって請負契約の変更をしようとするものであります。  審査の結果,各案件は,いずれもその内容を適切なものと認め,全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。  以上,審査の経過と結果を申し上げましたが,本委員会の決定に対し,議員各位の御賛同をお願いいたしまして,報告を終わります。 16 ◯議長(田山東湖君) 次に,文教治安委員会委員長伊沢勝徳君。               〔文教治安委員会委員長伊沢勝徳君登壇〕 17 ◯文教治安委員会委員長伊沢勝徳君) 文教治安委員会に付託されました案件のうち,本日報告を求められております予算関係以外の議案4件,報告1件及び請願2件につきまして,その審査の経過並びに結果を御報告いたします。  まず,議案の内容について申し上げます。  第120号議案茨城県立学校設置条例の一部を改正する条例は,県立猿島高等学校校名変更及び県立境特別支援学校の新設等に伴い,所要の改正をしようとするものであります。  第121号議案茨城スポーツ推進審議会条例は,スポーツ振興法の全部が改正されたことに伴い,審議会の設置,組織及び運営について必要な事項を定めるため,茨城県スポーツ振興審議会条例の全部を改正しようとするものであります。  第122号議案茨城警察職員の特別ほう賞金に関する条例の一部を改正する条例は,警察表彰規則の改正を踏まえ,上官の命を受けて特に生命の危険が予想される地域に出動し,災害により殉職した警察職員に対し,殉職者特別ほう賞金を授与できるようにするため,所要の改正をしようとするものであります。  第127号議案工事請負契約の締結については,県立水海道第一高等学校管理普通教室棟改築工事について,水戸市吉沢町311番地1,株木・染谷特定建設工事共同企業体代表者株木建設株式会社茨城本店常務執行役員本店長木元由孝と,8億8,725万円をもって請負契約を締結しようとするものであります。  報告第4号地方自治法第179条第1項の規定に基づく専決処分についてのうち,別記2,損害賠償の額の決定については,県立高萩高等学校で発生したベランダの手すりの崩落事故に対し,損害賠償の額を定めようとするものであります。  審査の結果,各案件は,いずれもその内容を適切なものと認め,全会一致をもって原案のとおり可決または承認すべきものと決定した次第であります。  次に,請願の審査について申し上げます。  23年第6号定時制高校の自校方式給食の完全実施を求める請願につきましては,採決の結果,願意不適当と認め,不採択とすることに決定した次第であります。  23年第9号教育予算の拡充を求める請願につきましては,採決の結果,全会一致をもって願意適当と認め,採択とすることに決定した次第であります。  以上,審査の経過と結果を申し上げましたが,本委員会の決定に対し,議員各位の御賛同をお願いいたします。 18 ◯議長(田山東湖君) 次に,総務企画委員会委員長山岡恒夫君。               〔総務企画委員会委員長山岡恒夫君登壇〕 19 ◯総務企画委員会委員長山岡恒夫君) 総務企画委員会に付託されました案件のうち,本日報告を求められております予算関係以外の議案4件,報告1件,請願2件につきまして,その審査の経過並びに結果を御報告いたします。  まず,議案の内容について申し上げます。  第112号議案茨城高校生修学支援基金条例の一部を改正する条例は,東日本大震災により被災し,経済的理由により就学が困難な幼児,児童または生徒の教育機会の確保に資するため,所要の改正をしようとするものであります。  第113号議案茨城行政組織条例の一部を改正する条例は,茨城港湾事務所の移転に伴い,所要の改正をしようとするものであります。  第114号議案茨城資金積立基金条例の一部を改正する条例は,東日本大震災の復旧及び復興等に資するため,茨城県東日本大震災復興基金を設置しようとするものであります。  第116号議案茨城県県税条例等の一部を改正する条例は,地方税法の一部改正に伴い,所要の改正をしようとするものであります。  報告第4号地方自治法第179条第1項の規定に基づく専決処分についてのうち,別記1,茨城県県税条例の一部を改正する条例は,現下の厳しい経済状況及び雇用情勢に対応して税制の整備を図るための地方税法の一部改正に伴い,所要の改正をしたことについて,専決処分をしたことに承認を求められたものであります。  審査の結果,各案件は,いずれもその内容を適切なものと認め,全会一致をもって原案のとおり可決または承認すべきものと決定した次第であります。  次に,請願の審査について申し上げます。  23年第7号軽油引取税の課税免除制度の存続を求める請願及び23年第8号漁業用軽油にかかる軽油引取税の免税措置恒久化の採択と本措置に関する国への意見書提出を求める請願につきましては,採決の結果,願意適当と認め,採択とすることに決定した次第であります。  以上,審査の経過と結果を申し上げましたが,本委員会の決定に対し,議員各位の御賛同をお願いいたしまして,報告を終わります。 20 ◯議長(田山東湖君) 次に,予算特別委員会委員長白田信夫君。               〔予算特別委員会委員長白田信夫君登壇〕 21 ◯予算特別委員会委員長(白田信夫君) 予算特別委員会に付託されました第106号議案ないし第111号議案について,その審査の経過と結果を御報告いたします。  これらの案件につきましては,去る9月30日に委員会を開催し,慎重に審査を行った次第であります。  付託されました議案の内容につきましては,当案件が本委員会に付託されました去る9月28日の本会議におきまして,各常任委員長より報告されておりますので割愛させていただきますが,審査の過程では7名の委員が質疑に立ち,付託議案に係る県政の重要課題について,さまざまな観点から活発な質疑が行われました。  論議の対象となりました主な事項について申し上げます。  まず,県政全般では,アンテナショップ・黄門マルシェを活用した本県の魅力PR,地域主権改革関連法への対応。地域振興関係では,科学技術の振興,再生可能エネルギーの導入促進,水資源開発の見直しと課題,本県の物流戦略と圏央道沿線地域の活性化。生活環境関係では,医療資源の不適正利用対策。保健福祉関係では,福祉避難所の整備推進,積立基金の効果と今後の取り組み,国民健康保険の諸課題。商工労働関係では,中小企業グループの災害復旧支援。農林水産関係では,本県の農業政策,本県農業を元気にする新品種開発の取り組み,東日本大震災で被災した農地・農業用施設の復旧見通し,福島原発事故による農産物被害に対する損害賠償。土木関係では,東日本大震災に伴う地殻変動と公共事業の対応,災害に強い河川整備。教育関係では,将来を担う子どもたちの教育,公立小中学校の耐震対策の進捗状況,新たな高校入試制度,中学校における武道必修化への対応などであります。  これら論議の後に採決した結果,第107号議案ないし第110号議案については,賛成者多数をもって,また,第106号議案及び第111号議案については,全会一致をもってその内容を適切なものと認め,可決すべきものと決定した次第であります。  以上,本委員会の審査の経過と結果について申し上げましたが,この決定に対し,議員各位の御賛同をお願い申し上げまして,報告を終わります。 22 ◯議長(田山東湖君) 以上で,委員長報告を終わります。  なお,各委員会の審査報告書の写しをお手元に配付してあります。ごらんおき願います。          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 23 ◯議長(田山東湖君) これより討論に入ります。  討論の通告がありますので,これを許します。  大内久美子さん。                  〔47番大内久美子君登壇〕 24 ◯47番(大内久美子君) 日本共産党の大内久美子です。通告した議案の討論を行います。  第106号議案は,国の第二次補正に基づく,東日本大震災の復旧を中心にした一般会計補正予算であり,意見を述べて賛成いたします。  被災者の生活となりわいを再建することは急務です。本県では9月30日現在,被災住宅は18万棟を超え,その87%は一部損壊です。私は,繰り返し支援策を求めてきましたが,一部損壊には全くありません。義援金の活用や県独自の支援を行うことです。福島原発事故で避難している方に,民間賃貸住宅借り上げを県が責任を持ち,速やかに実施すべきです。放射能汚染に対し,測定器の増設,除染費用,焼却灰や下水汚泥などの処理について,国が責任を持って行うことです。  県商工会連合会などの被害状況調査では,1770社,136億円の被害額でした。二重ローン対策として,県産業復興機構を早急に立ち上げ,零細業者を含め,すべての業者が救済されるよう求めます。  原発事故の風評被害は深刻です。農畜産物の損害賠償請求は263億円で,これまでの仮払いは66億円,25%です。水産物の仮払いは50%,水産加工品はゼロという状況です。10月から本払いということですが,関係者は農畜産物で40%ぐらいの補償かもしれないと訴えています。観光物産も50億円の被害です。被害者の苦しみに寄り添い,全面賠償を東京電力にさせるよう,知事は国に強く要求すべきです。
     原子力損害賠償支援機構法が通り,東電を債務超過にさせずに存続させ,公的資金と電気料金値上げという国民負担で賄おうとしています。東電の全資産を可能な限り賠償に充てさせ,株主やメガバンクにも社会的責任を果たさせるべきです。  公共事業で最優先すべきは,学校の復旧と耐震化です。公立学校は95%が被害を受け,復旧は8月31日で小中4割,高校で2割でした。年度内復旧は小中で97%,高校は76%です。小中学校の耐震化は全国43位で,特別の予算措置が必要です。  ところが,9月27日と10月3日,「茨城を忘れないでください」と,知事と県選出国会議員が国に要望書を提出しましたが,文部科学省への要望がありませんでした。学校の復旧と耐震化に真剣に取り組むことを求めます。  第108号議案は,輸出入コンテナ荷主に対する助成であり,同意できません。第一次と第二次補正で,港湾復旧には180億8,000万円を投じ,一方で,県立学校には港湾の4分の1,47億7,000万円でした。復旧を必要としている県立高校は124カ所あり,4つの港湾には,県立高校の4倍もの補正予算,逆さまではないでしょうか。  第116号議案は,地方税法改定に伴う県税条例の改定です。寄附金税額控除の適用下限の引き上げなど賛成できる内容も含まれておりますが,上場株式等の配当及び譲渡所得に係る税率を軽減する特例措置の2年延長は,いわゆる金持ち優遇税制を温存するものです。予定どおり,本年12月の期限をもって廃止すべきです。さらに,納税者に対する罰則の強化が盛り込まれており,人権を無視した税務調査や滞納処分,差し押さえが広がっている中で,権力行使を助長し拡大していくことにつながりかねません。よって,同意できません。  請願23年第6号は,定時制高校の自校方式給食の完全実施を求めるものです。行財政改革の一環として,外部委託宅配弁当にする方針を,昨年10月に教育委員会が出しました。関係者からは,存続の要望が強く出されています。給食は,夜間課程を置く高等学校における学校給食に関する法と,食の安全と地産地消を進める食育基本法にのっとったものです。悩みや困難を抱えて,一日一食しか食事をとることができない生徒などに,栄養のバランスのとれた温かい食事を提供し,食事の楽しみや重要性,心身の健康,つくってくれた人への感謝の気持ちや食文化を実感できるすばらしい教育の機会をなくしていいのでしょうか。この大切な教育を切り捨てることは,間違ったにせの「行革」です。よって,不採択には同意できません。  以上で,討論を終わります。 25 ◯議長(田山東湖君) 以上で,通告による討論は終わりました。  これをもって討論を終了いたします。          ────────────────────────────── 26 ◯議長(田山東湖君)これより,採決に入ります。  まず,第107号議案ないし第110号議案,第116号議案,第117号議案,第123号議案ないし第125号議案を一括して問題といたします。  お諮りいたします。本件は,原案のとおり可決するに賛成の諸君の挙手を求めます。                     〔賛成者挙手〕 27 ◯議長(田山東湖君) 挙手多数であります。よって,本件は,原案のとおり可決されました。  次に,第106号議案,第111号議案ないし第115号議案,第118号議案ないし第122号議案,第126号議案ないし第129号議案及び報告第4号を一括して問題といたします。  お諮りいたします。本件は,原案のとおり可決及び承認するに御異議ありませんか。                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 28 ◯議長(田山東湖君) 御異議なしと認め,本件は,原案のとおり可決及び承認されました。  次に,委員長より報告がありました請願で,文教治安委員会に付託されておりました23年第6号を問題といたします。  お諮りいたします。本件についての委員長報告は,不採択であります。  本件は,委員長報告のとおり不採択と決するに賛成の諸君の挙手を求めます。                     〔賛成者挙手〕 29 ◯議長(田山東湖君) 挙手多数であります。よって,本件は,委員長報告のとおり不採択と決しました。  次に,総務企画委員会に付託されておりました23年第7号及び23年第8号を一括して問題といたします。  お諮りいたします。本件についての委員長報告は,採択であります。  本件は,委員長報告のとおり採択と決するに賛成の諸君の挙手を求めます。                     〔賛成者挙手〕 30 ◯議長(田山東湖君) 挙手多数であります。よって,本件は,委員長報告のとおり採択と決しました。  次に,文教治安委員会に付託されておりました23年第9号を問題といたします。  お諮りいたします。本件についての委員長報告は,採択であります。  本件は,委員長報告のとおり採択と決するに御異議ありませんか。                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 31 ◯議長(田山東湖君) 御異議なしと認め,本件は,委員長報告のとおり採択と決しました。          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 日程第4 第130号議案,第131号議案 32 ◯議長(田山東湖君) 日程第4,第130号議案教育委員会委員の任命について及び第131号議案人事委員会委員の選任についてを一括して議題といたします。          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  第130号議案 教育委員会委員の任命について  第131号議案 人事委員会委員の選任について          ────────────────────────────── 33 ◯議長(田山東湖君) お諮りいたします。本件につきましては,茨城県議会会議規則第38条第3項の規定に基づき,委員会付託を省略し,直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 34 ◯議長(田山東湖君) 御異議なしと認め,さよう決しました。  続いて,お諮りいたします。本件は,原案のとおり同意するに賛成の諸君の挙手を求めます。                     〔賛成者挙手〕 35 ◯議長(田山東湖君) 挙手多数であります。よって,本件は,原案のとおり同意することに決しました。          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 日程第5 認定第2号 36 ◯議長(田山東湖君) 日程第5,認定第2号平成22年度茨城県一般会計及び同特別会計歳入歳出決算の認定を議題といたします。  この際,知事から追加提出議案の説明を求めます。  橋本知事。                    〔橋本知事登壇〕 37 ◯橋本知事 本日,追加提出いたしました議案は,認定1件であります。  認定第2号は,平成22年度茨城県一般会計及び同特別会計の歳入歳出決算について,認定を求めるものであります。  よろしく御審議の上,認定を賜りますようお願い申し上げます。 38 ◯議長(田山東湖君) 続いて,お諮りいたします。本件につきましては,決算特別委員会に付託の上,閉会中の継続審査とすることにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 39 ◯議長(田山東湖君) 御異議なしと認め,さよう決しました。          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 日程第6 議第17号=ないし=議第23号 40 ◯議長(田山東湖君) 日程第6,議第17号ないし議第23号を一括して議題といたします。          ──────────────────────────────  議第17号 東日本大震災に際し,被災地で活動された自衛隊等に感謝する決議  議第18号 放射性物質を含む下水汚泥等の処分及び再利用に関する国の支援等を求める意見書  議第19号 尖閣諸島をはじめ我が国の領土領海を保全するための体制整備を求める意見書  議第20号 義務教育の充実のための少人数学級の推進及び国庫負担制度維持並び学校教育の震災から       の早期復興を求める意見書  議第21号 「子ども・子育て新システム」の導入に関する意見書  議第22号 円高・デフレを克服する経済対策を求める意見書  議第23号 軽油引取税課税免除措置の恒久化を求める意見書          ────────────────────────────── 41 ◯議長(田山東湖君) お諮りいたします。本件につきましては,茨城県議会会議規則第38条第3項の規定に基づき,提出者の説明及び委員会付託を省略し,直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 42 ◯議長(田山東湖君) 御異議なしと認め,さよう決しました。  まず,議第19号尖閣諸島をはじめ我が国の領土領海を保全するための体制整備を求める意見書を問題といたします。  お諮りいたします。本件は,原案のとおり可決するに賛成の諸君の挙手を求めます。                     〔賛成者挙手〕 43 ◯議長(田山東湖君) 挙手多数であります。よって,本件は,原案のとおり可決されました。  次に,議第21号「子ども・子育て新システム」の導入に関する意見書及び議第23号軽油引取税課税免除措置の恒久化を求める意見書を一括して問題といたします。  お諮りいたします。本件は,原案のとおり可決するに賛成の諸君の挙手を求めます。                     〔賛成者挙手〕 44 ◯議長(田山東湖君) 挙手多数であります。よって,本件は,原案のとおり可決されました。  次に,議第17号東日本大震災に際し,被災地で活動された自衛隊等に感謝する決議を問題といたします。  お諮りいたします。本件は,原案のとおり可決するに賛成の諸君の挙手を求めます。                     〔賛成者挙手〕 45 ◯議長(田山東湖君) 挙手多数であります。よって,本件は,原案のとおり可決されました。  次に,議第18号放射性物質を含む下水汚泥等の処分及び再利用に関する国の支援等を求める意見書,議第20号義務教育の充実のための少人数学級の推進及び国庫負担制度維持並び学校教育の震災からの早期復興を求める意見書及び議第22号円高・デフレを克服する経済対策を求める意見書を一括して問題といたします。  お諮りいたします。本件は,原案のとおり可決するに御異議ありませんか。                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 46 ◯議長(田山東湖君) 御異議なしと認め,本件は,原案のとおり可決されました。          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 日程第7 認定第1号の継続審査の件 日程第8 閉会中事務調査の件 47 ◯議長(田山東湖君) 日程第7,認定第1号の継続審査の件,日程第8,閉会中事務調査の件を一括して議題といたします。  お諮りいたします。本件は,お手元に配付してありますとおり,それぞれ閉会中の継続審査または事務調査に付することに御異議ありませんか。                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 48 ◯議長(田山東湖君) 御異議なしと認め,さよう決しました。          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 日程第9 請願23年第10号
    49 ◯議長(田山東湖君) 日程第9,請願23年第10号を議題といたします。  本件は,お手元に配付の請願文書表第3綴のとおり,所管常任委員会に付託の上,閉会中の継続審査に付することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 50 ◯議長(田山東湖君) 御異議なしと認め,さよう決しました。          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 日程第10 東日本大震災復興・元気ないばらきづくり調査特別委員会委員の選任の件 51 ◯議長(田山東湖君) 日程第10,東日本大震災復興・元気ないばらきづくり調査特別委員会委員の選任の件を議題といたします。  お諮りいたします。本件につきましては,茨城県議会委員会条例第5条第1項の規定に基づき,  同委員会委員に  西 條 昌 良 君 を指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 52 ◯議長(田山東湖君) 御異議なしと認め,さよう決しました。          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 53 ◯議長(田山東湖君) 以上で,今期定例会に付議されました案件は,すべて議了いたしました。          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 故鶴岡正彦君に対する追悼 54 ◯議長(田山東湖君) この際,故鶴岡正彦君に弔意を表するため,葉梨衛君より発言を求められておりますので,これを許します。  葉梨衛君。 55 ◯65番(葉梨衛君) 県議会を代表いたしまして,故鶴岡正彦先生の御逝去を悼み,衷心より哀悼の意をささげます。  鶴岡正彦先生には,9月28日の本会議で議長から御報告がこざいましたとおり,去る9月22日,64歳で志半ばにしてその生涯を閉じられました。  その日は,今定例会の最中であり,前日の本会議では元気なお姿を目にしておりましただけに,鶴岡先生の訃報に接しまして,にわかに信じることができませんでした。本日の定例会最終日に当たりましても,今でも議場には先生のお姿があるのではないかと,ふと先生のお席に目をやってしまうものであります。  先生は,温厚誠実かつ清廉潔白なお人柄で,広範な視野とすぐれた見識,さらにそれを生かす強い信念と実行力を兼ね備えた方でありました。これまで精力的に県政発展のために尽力され,今定例会中も,熱心に議会活動にいそしまれている中,突然不帰の客となられ,本人の無念さはいかばかりかと,まことに痛恨のきわみであり,哀惜の念にたえないところであります。御遺族の皆様の御心中,察するに余りあり,心よりお悔やみを申し上げます。  顧みますと,先生は若くして政治の道を志し,国会議員秘書を務められた後に,平成5年9月,地元の熱い期待にこたえて県議会議員選挙に立候補し,見事初当選を勝ち取られ,その後,連続6回の当選を果たされ,昨年12月の選挙では,多くの県民の期待にこたえられ,トップで当選されました。  県議会における先生は,平成9年の広報委員会を初め保健福祉委員会農林水産委員会,決算特別委員会,議会運営委員会,情報委員会,県出資団体等調査特別委員会の各委員長を務められるなど,長年にわたり本県議会と地方自治の発展のために貢献されました。  先生は,議会と執行部は車の両輪であり,議会には政策の立案・提言の機能が求められているとよく言われておりましたが,平成19年に,先生が自民党茨城県支部連合会の政調会長を務められていた際には,昨今の社会生活の場における規範意識の低下や欠如によって,人々の平穏で快適に暮らす権利が脅かされていることを憂慮され,県民だれもが決適な生活を享受できる茨城の社会づくりを目指した,いばらきの快適な社会づくり基本条例を提案し,成立させました。これは,本格的な議員提案による条例としては本県初となるものであり,県議会きっての政策通としての本領を発揮されたところであります。  また,先生は,常日ごろからバブル崩壊後の県財政の将来も憂慮されておられました。そのような中,平成21年12月から22年9月まで,県出資団体等調査特別委員会の委員長を務められ,県出資団体や特別会計・企業会計が抱える保有土地の問題を解決するため,計画的な保有土地対策の推進を求める決議を行いました。さらに,調査期間を延長し,保有土地問題の抜本的な解決策について,集中審議を実施されました。これらの議論を踏まえ,最終報告書を取りまとめ,県住宅供給公社の解散処理を含む県出資団体の削減目標を盛り込むなどして,本県の行財政改革の道筋をつける指針としたところであります。  平成21年には,情報委員会の委員長として,県議会広報紙「いばらき県議会だより」により,県議会として全国初となる,県内の全戸配布による県民アンケートを実施され,茨城空港や森林湖沼環境税などの事業や県民が望む施策などについて,県民から率直な意見を求め,議会として取り組むべき課題を明らかにし,まず平成22年度の県の施策に反映させるよう取り組んだところであります。  さらに,11月13日の県民の日に合わせて,新たに県議会携帯サイトを開設し,携帯電話による議会情報の入手を可能とするなど,議会広報のさらなる充実を図られ,積極的に情報発信を進めることで,議会活動が県民に身近になるよう努力されました。  本年3月には,東日本大震災という未曾有の災害が発生しましたが,先生の復旧・復興にかける思いは熱く,みずから県内外の被災地を調査するとともに,復興・復旧が進まない現状に慨嘆し,復興事業や被災者の救済のため,国と自治体の協議の場を設置することを訴え続けておられました。  また,県議会が設置した東日本大震災復興・元気ないばらきづくり調査特別委員会の委員として,公共施設の復旧はもとより,経済・雇用などの面でも,本県の一日も早い回復を望んでおられました。  さらに,平成18年及び本年の2度にわたり茨城県監査委員に就任され,県民の代表という立場で適切な予算の執行,特に最小の経費で最大の効果を上げるための事務事業の執行に重点を置いた監査を実施し,経費の効率的執行の徹底に尽力されていたところであります。  また,我が自由民主党茨城県支部連合会におきましても,平成19年3月から21年9月まで,2年半の長きにわたり政務調査会長を務められるなど,自民党の政策の実現にも大きな役割を果たされ,将来を大いに嘱望されていたところであります。  今日の我が県は,震災や福島第一原発事故からの復旧・発展はもとより,人口減少・少子高齢化対策,歴史的な超円高局面への対応など,山積する大きな課題について迅速かつ積極的な取り組みが求められており,先生のお力を必要としていたところであります。  私どもは,先生がこれまで献身されてきた県土発展の志を受け継ぎ,県民が希望を持てる県づくりのために全力を尽くす覚悟であります。  鶴岡先生におかれましては,どうか今後の県政の発展を見守っていただき,天から激励の声をお聞かせくださいますようお願い申し上げます。  お別れするに当たり,これからもう先生と語り合えない悲しさと寂しさは尽きませんが,ここに改めて先生の御功績をしのびつつ,心から御冥福をお祈り申し上げまして,追悼の言葉といたします。  平成23年10月4日,いばらき自民党,茨城県議会議員,葉梨衛。 56 ◯議長(田山東湖君) ここで,故鶴岡正彦君の御功績をしのび,黙祷をささげます。  総員,御起立をお願いいたします。  黙祷を始めます。黙祷。                    〔総員起立,黙祷〕 57 ◯議長(田山東湖君) 黙祷を終わります。御着席ください。          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 58 ◯議長(田山東湖君) これをもって,平成23年第3回茨城県議会定例会を閉会いたします。                     午後2時4分閉会 Copyright © Ibaraki Prefectural Assembly, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...