平田村議会 > 2017-03-14 >
03月14日-02号

ツイート シェア
  1. 平田村議会 2017-03-14
    03月14日-02号


    取得元: 平田村議会公式サイト
    最終取得日: 2023-01-04
    平成29年  3月 定例会(第1回)          平成29年平田村議会第1回定例会会議録(第2日目)◯議事日程(第2号)                   平成29年3月14日(火)午前10時開議     開議宣告日程第1 各常任委員会委員長報告日程第2 請願日程第3 議案第1号 平田職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例制定について日程第4 議案第2号 職員育児休業等に関する条例の一部を改正する条例制定について日程第5 議案第3号 平田特別職職員非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について日程第6 議案第4号 平田委員等非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について日程第7 議案第5号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について日程第8 議案第6号 平田税条例等の一部を改正する条例制定について日程第9 議案第7号 平田赤ちゃん誕生祝金及び子育て支援金支給条例の一部を改正する条例制定について日程第10 議案第8号 平田ひとり親家庭医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制定について日程第11 議案第9号 平田介護保険条例の一部を改正する条例制定について日程第12 議案第10号 平田過疎地域自立促進計画変更について日程第13 議案第11号 村道路線の廃止について日程第14 議案第12号 村道路線の認定について日程第15 議案第13号 石川地方生活環境施設組合規約変更について日程第16 議案第14号 平成28年度平田一般会計補正予算(第5号)日程第17 議案第15号 平成28年度平田国民健康保険特別会計補正予算(第4号)日程第18 議案第16号 平成28年度平田簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)日程第19 議案第17号 平成28年度平田農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)日程第20 議案第18号 平成28年度平田介護保険事業特別会計補正予算(第3号)日程第21 議案第19号 平成29年度平田一般会計予算日程第22 議案第20号 平成29年度平田国民健康保険特別会計予算日程第23 議案第21号 平成29年度平田簡易水道事業特別会計予算日程第24 議案第22号 平成29年度平田農業集落排水事業特別会計予算日程第25 議案第23号 平成29年度平田後期高齢者医療特別会計予算日程第26 議案第24号 平成29年度平田介護保険事業特別会計予算日程第27 議案第25号 工事請負変更契約の締結について日程第28 同意案第1号 平田固定資産評価審査委員会委員の選任につき議会の同意を求めることについて日程第29 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦につき議会の意見を求めることについて追加日程第1 発議第1号 福島県最低賃金引き上げ早期発効を求める意見書追加日程第2 議会閉会中における委員会継続調査      閉会宣告---------------------------------------◯本日の会議に付した事件  議事日程に同じ---------------------------------------◯出席議員(11名)     1番  根本定雄君      2番  太田清実君     3番  永瀬成元君      4番  上遠野健之助君     5番  三本松和美君     6番  阿部 清君     7番  佐藤孝雄君      9番  佐藤一一君    10番  久保木 源君    11番  吉田好之君    12番  瀬谷一男◯欠席議員(1名)     8番  高橋七重---------------------------------------◯説明のため出席した者  村長         澤村和明君   副村長        蓬田榮男君  教育長        吾妻幹廣君   総務課長       上遠野今朝光君  税務課長       木村 伸君   住民課長       遠藤繁視君  健康福祉課長     三本松利政君  産業課長農業委員会事務局長                                渡邉敏男君  地域整備課長     吉田政吉君   教育課長       生田目宗一君  中央公民館長     眞弓裕人---------------------------------------◯事務局職員出席者  議会事務局長     鈴木邦彦    書記         佐久間侑子 △開議 午前10時00分 △開議の宣告 ○議長上遠野健之助君) ただいまの出席議員は、事務局長から報告のとおり11人であります。 定足数に達しておりますので、会議は成立いたします。 会期中における各常任委員会等の開催、ご苦労さまでございました。 再開いたします。 本日の会議を開きます。---------------------------------------日程第1 各常任委員会委員長報告議長上遠野健之助君) 日程第1、各常任委員会委員長報告。 各常任委員会の審議の経過をご報告願います。 初めに、総務経済常任委員会委員長報告。 瀬谷総務経済常任委員長、登壇。     〔総務経済常任委員長 瀬谷一男君登壇〕 ◆総務経済常任委員長瀬谷一男君) それでは、総務常任委員会より委員会報告をいたします。 平成29年第1回平田議会定例会の会期中、3月9日、10日の2日間、委員会を開催しました。 第1回定例会に提案されている議案25件、同意案1件、諮問1件の内容及び各課所管業務の推進、進捗状況について、関係各課長等から説明を受けました。 委員会所管現地視察調査については、ひらた清風中学校校舎屋内運動場新築工事永田字堂作地内)、羽貫田地区排水路整備工事北方字羽貫田地内)、森林環境交付金基本枠事業平成記念公園地内村有林整備業務委託、村道1294号線原材料支給事業小平字加保地内)、社会資本整備総合交付金事業 村道草場清水線舗装修繕工事西山字一本内地内)、社会資本整備総合交付金事業 村道1314号線舗装修繕工事下蓬田字蓬来内地内)、農用地等災害復旧工事打違内1号(32-1)(下蓬田字打違内地内)、農用地等災害復旧工事打違内1号(32-101)(下蓬田字打違内地内)、中根堰修繕工事蓬田新田字中根地内)、村道1068号線道路改良舗装工事上蓬田字清水内地内)の10か所を現地視察いたしました。 建設工事に係る監督業務竣工検査については万全の体制で実施するとともに、工期の遵守が図られるよう要請します。 委員会に付託されました福島県最低賃金引き上げ早期発効を求める意見書提出請願につきましては、全会一致で採択と決定いたしました。 以上、総務経済常任委員会報告といたします。 ○議長上遠野健之助君) 瀬谷総務経済常任委員長報告を終わります。 次に、文教厚生常任委員会委員長報告。 吉田文教厚生常任委員長、登壇。     〔文教厚生常任委員長 吉田好之君登壇〕 ◆文教厚生常任委員長吉田好之君) おはようございます。 それでは、文教厚生常任委員会報告を申し上げます。 平成29年第1回平田議会定例会の会期中、3月9日、10日の2日間、委員会を開催いたしました。 第1回定例会に提案されている議案25件、同意案1件、諮問1件の内容及び各課所管業務の推進、進捗状況について関係各課長等から説明を受けました。 委員会所管現地視察調査については、ひらた清風中学校校舎屋内運動場新築工事を現地視察いたしました。建設工事に係る監督業務竣工検査については万全の体制で実施するとともに、平成29年度に実施される水泳プール及び外構工事については、生徒と工事エリアの動線を交錯しないよう安全管理には万全を期すよう要請します。 また、ひらた清風中学校の新校舎に移転した後は、スクールバス運行路線変更及び増便が予想されることから、十分な安全体制で臨み、生徒の安全・安心のため、交通安全の指導等を徹底されるよう要請します。 以上、文教厚生常任委員会報告とさせていただきます。 ○議長上遠野健之助君) 吉田文教厚生常任委員長報告を終わります。 以上で、各常任委員会委員長からの報告を終了したわけですが、この際、各常任委員会委員長報告に対する質疑を許します。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。---------------------------------------日程第2 請願議長上遠野健之助君) 日程第2、請願議題といたします。 請願第1号 福島県最低賃金引き上げ早期発効を求める意見書提出請願採決します。 先ほど付託されました総務経済常任委員長から、別紙請願文書表のとおり、採択の報告がありました。 この報告のとおり、採択と決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、請願第1号 福島県最低賃金引き上げ早期発効を求める意見書提出請願については、総務経済常任委員長報告のとおり、採択と決定いたしました。---------------------------------------日程第3 議案第1号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第3、議案第1号 平田職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第1号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第4 議案第2号の質疑採決
    議長上遠野健之助君) 日程第4、議案第2号 職員育児休業等に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第2号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第5 議案第3号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第5、議案第3号 平田特別職職員非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第3号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第6 議案第4号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第6、議案第4号 平田委員等非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第4号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第7 議案第5号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第7、議案第5号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第5号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第8 議案第6号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第8、議案第6号 平田税条例等の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第6号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第9 議案第7号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第9、議案第7号 平田赤ちゃん誕生祝金及び子育て支援金支給条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第7号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第10 議案第8号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第10、議案第8号 平田ひとり親家庭医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第8号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第11 議案第9号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第11、議案第9号 平田介護保険条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第9号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第12 議案第10号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第12、議案第10号 平田過疎地域自立促進計画変更についてを議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第10号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第13 議案第11号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第13、議案第11号 村道路線の廃止についてを議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第11号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第14 議案第12号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第14、議案第12号 村道路線の認定についてを議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第12号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第15 議案第13号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第15、議案第13号 石川地方生活環境施設組合規約変更についてを議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第13号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第16 議案第14号の質疑採決議長上遠野健之助君) 続いて、日程第16、議案第14号 平成28年度平田一般会計補正予算(第5号)を議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑ないものと認めます。 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第14号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第17 議案第15号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第17、議案第15号 平成28年度平田国民健康保険特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。 5番。 ◆5番(三本松和美君) 平成28年度平田国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について、質問をいたします。 今回、平成28年度の平田国民健康保険特別会計補正予算(第1号)では、総額が1億3,900万円、今回の補正で12億6,900万円になり、1億3,000万円増額されました。保険給付費が約9,000万円ふえています。このように医療給付がふえていることもあります。 また、施政方針では、平成30年度から都道府県が国保運営の主体を担うこととなる市町村国保広域化まで残り1年となり、制度設計に向け着々と作業が進められております。中でも、特に関心の高い市町村ごと保険料、いわゆる納付金算定方式が示される予定であります。今後もその動向を注視し、安定した運営に取り組んでまいりますと示されていますが、医療費高騰により、納付金国保加入者にかなりの負担を生じさせた場合は、村独自に対応することも考えていると理解してよいのか、その点を伺います。 ○議長上遠野健之助君) 答弁に入ります。 住民課長。 ◎住民課長遠藤繁視君) それでは、ただいまのご質問にお答えいたします。 平成30年度から導入されます納付金が高額になった場合、村独自に対応することも考えていると理解してよいのかというご質問でございますが、今回の制度改革では制度上、これまでの法定外繰入などの村独自での対応はできないこととなっておりますので、ご理解をお願いしたいと思います。 以上です。 ○議長上遠野健之助君) 5番。 ◆5番(三本松和美君) 要するに、広域化することによって村独自の対応策はなかなか困難になるというふうに理解するしかないのかということですね。 それと、やはり国保会計の運営というのは大変やっぱり厳しい状況になっているために、こういった広域化になってきたと思います。でも、その本当の根本というのは、国のそういった助成、補助的なものがどんどん減らされているというのが現状であるということで、この辺が解決されていかない限りはやはり厳しい状況になるんではないのかと思います。 また、わかりますように国保関係に加入している皆さんは、結構弱者の皆さんも多いので、やはり村としても安定した運営というか、村民にもそういった面で寄与できるようなそういうものを考えていただきたいと思います。 以上です。 ○議長上遠野健之助君) 答弁は求めないですね。 ◆5番(三本松和美君) はい。 ○議長上遠野健之助君) ほかに質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第15号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第18 議案第16号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第18、議案第16号 平成28年度平田簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第16号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第19 議案第17号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第19、議案第17号 平成28年度平田農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第17号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第20 議案第18号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第20、議案第18号 平成28年度平田介護保険事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第18号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第21 議案第19号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第21、議案第19号 平成29年度平田村一般会計予算を議題といたします。 この際、村長の施政方針に対する質問も許します。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。 5番。 ◆5番(三本松和美君) では、まず平成29年度平田村一般会計予算及び施政方針について、質問していきたいと思います。 まず最初に、施政方針について、2点質問をいたします。 まず1つは、施政方針の中で、こども園の建設について検討委員会を早急に立ち上げ、協議、検討することと、廃校や旧庁舎の利活用についても検討したいことを表明しています。 そこで、こども園を財政面と廃校校舎などの活用を踏まえ、敷地は村有地、施設は廃校校舎も含めて協議する考えもありますが、全て検討委員会に託す考えか、まず伺いたいと思います。 ○議長上遠野健之助君) 答弁に入ります。 村長。 ◎村長(澤村和明君) 当然、全て検討委員会に託します。 ○議長上遠野健之助君) 5番。 ◆5番(三本松和美君) これは、確かに太田議員のときにも質問されていて、最大限、検討委員会を生かしていきたいということでありましょうが、こういった財政面を含めたり利活用を含めた場合には、かなり重要な問題なので、その辺もキーポイントにしてやっていただきたいと思います。 2つ目なんですけれども、総務課の高校生への通学援助について、財源として過疎債のソフト事業を充てることとしていますが、産業課の米価下落対策事業関連で400万、地域整備課の生コン舗装支給事業で400万円などが計上されています。そして、財源として過疎債のソフト事業に充てていませんが、民間賃貸住宅家賃補助事業は90万円を計上していますが、5世帯分です、希望者のふえる可能性もあります。これらの事業は継続性のものですので、過疎債は期間が限定された財源です。将来的には別な財源確保を考えていかなければならないと考えますが、この点を伺いたいと思います。 ○議長上遠野健之助君) 村長。
    ◎村長(澤村和明君) 過疎債がなくなった場合、当然、別な財源確保を考えるのが当たり前です。 ○議長上遠野健之助君) 5番。 ◆5番(三本松和美君) この点に対しては、やはり継続をさせるという意味では当然、今、村長が言われたように継続していくわけですから、過疎債がなくても対応していくのは当たり前なんですけれども、やはりかなり重要な点でもあるので、こういった点は絶えず継続ができる予算措置をお願いしたいと思います。 次の質問に入っていきたいと思います。 今度は、一般会計予算の関係で質問をいたします。 これは、約4点について質問をしたいんですけれども、まず一つは、農業体質強化基盤整備促進事業の暗渠排水畦畔除去事業は予算計上がありません。希望者がいても国からの補助金が来なければ計上できないのか。 2つ目、あじさい植栽事業は2,000万以上の事業費になっていますが、今後、どのくらいの事業費と年月をかけて完成させるのか。 3つ目は、ジュピアランドひらた、樹里庵管理事業、これは維持補修あるいは管理委託、あじさい公園整備事業、これは植栽事業を見直し、芝桜更新事業、これは維持管理等になりますが、に重点を置き、もっときれいな花を咲かせるべきだと考えています。一番集客があるのが芝桜ですので、その点の考えも伺います。 4つ目は、パイプハウスの補助金として200万円を計上し、2分の1助成で40万円を限度に進める考えですが、一定の評価をしたいと思います。古殿町では70%を柔軟な対応で補助をしています。地域農業活性化には大切な助成です。今後、そのような考えはないか。 この4点について伺います。 ○議長上遠野健之助君) 村長、項目がほぼ産業課所管になっていますから、一括での答弁をお願いします。よろしくお願いします。 村長。 ◎村長(澤村和明君) 4つ分かれておりまして、1番目につきましては、まず担当課から答弁をさせまして、2、3、4につきましては私が答弁しますので、まず担当課から暗渠排水については答弁させます。 ○議長上遠野健之助君) 一番最初の項目について、産業課長。 ◎産業課長農業委員会事務局長渡邉敏男君) 1点目についてお答えいたします。 さきの常任委員会で説明しましたとおり、平成28年度一般会計補正予算(第5号)の第2表繰越明許費に記載されている中の農業体質強化基盤整備促進事業2,100万円について、暗渠排水は1,800万円の17.1ヘクタール、そして畦畔除去は村単独分として300万円の5.4ヘクタールの事業量、内容であることを説明したとおりでございまして、平成28年度及び平成29年度分の2年分の事業量となるものでございます。 したがいまして、平成29年度一般会計予算計上がないということでありますけれども、繰越明許費事業ですので、予算に計上はされておりませんのでご承知のことと存じます。 以上でございます。 ○議長上遠野健之助君) 村長。 ◎村長(澤村和明君) それでは、まず2、3、4と答弁させていただきます。 まず、②のあじさい植栽事業でございますけれども、こちらは、例えば学校建設みたいな工事と違いまして、完了ということはありません。今後も、組める予算の範囲内の事業費で整備を進める。これは、例えばの話が、5年後でも10年後でもこういうふうな花を植栽したらどうだとか、こういうふうな遊具をそろえたらどうだとか、毎日毎日が少しでもいい設備にしていく必要があるんです。 ですから、こういうテーマパーク的なところはエンドレスといいまして、終了と、これで完了しましたということではないんです。ですから、少しでもいい設備にするための努力は常に必要な施設であります。 次に、③のジュピアランドの管理関係、こちらも見直したらどうだというようなお話ですけれども、芝桜だけで20日間から1カ月ぐらい活躍していただいていますけれども、それだけということになりますと、1年のうち、11カ月はただ手入れだけでやってきたんです、今まで。いかにももったいないだろうという声が大半でございますので、四季折々の設備に変えるべきであろうということを誰もがおっしゃっていたわけです。 一番集客があるのが芝桜と言っていますけれども、ここまで20年かかってきているんです。そして、ひょっとしたら、あじさいがもっと集客するかもわかりませんよ。まだ1年目ですから、とにかく、今よりももっとよくしようという発想、アイデア、こちらのほうをお願いします。 次に、4番目でありますが、古殿町は70%から云々ということのお話ですけれども、自治体にはそれぞれの事情があります。平田村より事業別に手厚い補助をしている自治体を見つけて比較するということだけではだめで、平田村でも他の自治体よりも手厚く補助している事業もたくさんあります。当村の事情の中で、他の自治体は他の自治体のそれぞれの事情の中で、それぞれの自治体が一生懸命できるだけのサービスを住民の皆さん方に心がけていくということに尽きます。 ○議長上遠野健之助君) 5番。 ◆5番(三本松和美君) まず、1点目に対してですけれども、前のころにはよく2,500万程度の要望、希望者はあったというふうにも伺っていました。したがって、それからすると、まだ少し足りないのかなというふうな思いもあって、事実、もうほとんど要望者がこれで満たされるというふうなことで判断してよろしいのか、1点については、それをお願いします。 2点目に関しては、私は、あじさいの植栽事業に関してだけを質問いたしました。もちろん、全体的な考え方でいけば、今、村長が言われたように幅広くいろんなものを駆使してずっと続けていくということはよいことだと思いますが、これは、実はあじさいに限っての質問ではあったということをご理解いただきたいと思いますので、もしどれくらいの期限で完了できるかということが改めて言えるのであればお願いしたいと思います。 3つ目は、管理、維持関係がありますけれども、そういった既存のジュピアランドひらたや樹里庵に関する関係やあじさいに関する今回の予算に対して見直しをしろというのは、ゼロにしろという意味ではなくて、その度合いをもう少し芝桜のほうに力を注いで、やはり芝桜を見にきている方の中には、ちょっと咲きが悪くて残念だなと。テレビやいろんな関係で見たときには大変きれいに映っていたとか、いろいろあるので、そういった落差が出る場合があるようです。ですから、やはり早くから名を知られているのは芝桜ですから、やはりその芝桜は誰に何を言われようと文句のないきれいな花で対応できるようにしてほしいという思いがあったので、その辺を重点にしてほしかったという意味合いでご理解をいただきたいんです。 また、パイプハウスの関係に関しては、実際に村民の皆さんの中には補助していただくことは喜んでいます。でも、隣の古殿さんが頑張って70%という関係で、しかもその資材だけでなくて、それにかかわることでの補助もあるもんですから、うらやましく思うんです。やはり、やりたいなと、施設農業でやりたいなというふうな思いの農家の皆さんは、できればそういうふうにしてほしいということはあります。 ですから、今後、財政面を見据えながらも、そういった確かに他町村でやってしまっていることではありますけれども、よいことであればぜひ前向きに検討していただきたいと思います。 以上です。 ○議長上遠野健之助君) 村長。 ◎村長(澤村和明君) まず、あじさい関係で言ったんだというような話でありますが、今、昨年の暮れまでに五百五十数種類そろいました。ことし、29年中には約200種類ぐらいプラスになる可能性があります。世界中では約860種類からあると言われておりますが、現実には新種改良などの交配新種もつくっておりますので、ひょっとしたら1,000に近づく可能性があるんじゃないかというようなお話がありますが、あそこは育種選抜の圃場にというような形の中で、あそこのところで、あじさいの新種の改良までできて、なおかつあじさいに関しては平田村のほうに注文すると、どんな対応もできるというような形、いわゆる育種選抜の生産圃場という位置づけで考えておりますので、まず、いつまで管理をするんだということで申し上げれば、できれば世界中のあじさい全部そろうまでということは、ぜひ集めていきたいということでございますので、何年間でこうしますというようなことを単純に申し上げられる事業ではございません。 あと、次に3番目の芝桜というようなお話ですが、当然、現地で頑張っていただいているスタッフの方、精いっぱいやっています。ただし、植物、これは自然の気象条件ですとか、そういうことで毎年いろいろ変わります。当然、今、お客さんを呼ぼうというスタッフの皆さん方は、毎年一番いい花を咲かせようという思いでやっておりますので、その辺までのご心配はなく、スタッフにぜひお任せいただきたいと思っております。 それと、あと古殿町の70%でございますが、これにつきましては、先ほど私が申し上げたとおりであります。ほかの自治体、今、インターネットで調べられますから、ほかの自治体でこういうことやっている、ああいうことやっているということも調べることは簡単です。平田村のやっているやつとそれを比較して、ああ、それはこっちの自治体のほうが多いから、じゃ一般質問なり質問でやってやれというようなことは簡単な話であります。 しかし、それもこれも全部、担当課のほうでも、他の自治体ではこの件に関してはここまでやっているということを十二分に承知しながら、村で財源、財政面を考えたり、村の方向性を考えたときに、ここら辺まではできるんじゃないかと、この分についてはこの辺までやっていったほうがいいんじゃないかというような形の中でしっかりと基礎を立案しながらやっております。 今度の新年度の高校生に対する補助金なんかも、他の自治体で恐らくやっているところはほとんどないと思いますよ。後日、総務課長会議に行ったときに総務課長会議の中では、平田村にあそこまでやられちゃって、我々もここで突き上げが来るぞというような話も出ているそうでありますが、やはり各自治体それぞれが特徴のある村づくり、町づくり、自治体づくりをしていくのが当然でありますので、金太郎飴を切ったような形の中での自治体づくりということはちょっと考えられません。 やはり、我々の平田村にとって何をしっかりと方向づけをしていくかということを考えながらやってまいります。 ○議長上遠野健之助君) よろしいですか。 産業課長。 ◎産業課長農業委員会事務局長渡邉敏男君) 1項目めの質問ですけれども、事業量としては2年分の事業量だということでご認識いただければと思います。 以上です。 ○議長上遠野健之助君) ほかに質疑ありませんか。 9番。 ◆9番(佐藤一一君) 農業問題についてお尋ねいたします。 TPP問題や農業の後継者の高齢化の現象など、村の基幹産業である農業は次世代に引き継ぐ農地を確保するためにも、村においては、何にも増して農業基盤の再整備が喫緊の課題であると思われます。行政課題として積極的に取り組み、方向づけを示していく必要があります。 しかし、今般、農業体質強化基盤整備対策事業として予算化されておりますが、施政方針では一切触れられていない状況を大変憂慮するものであります。今後の農業基盤に対する取組についてどのような考えなのか、方針なのかをお伺いいたします。 ○議長上遠野健之助君) 村長。 ◎村長(澤村和明君) この農業基盤整備、これは我々役場のほうとしても、本当に大切なことであって、以前から国の補助などもあった中で、九生滝を筆頭にして耕地整備などもやってまいりました。その後も、担当課がそれぞれいろいろな地域へ伺って、ぜひ基盤整備、進めてほしいというような作業を一生懸命やってまいりました。 一例出しますと、橋場方面でも一生懸命、お勧めしましたが、やはり地権者の方が取り組んでいただけなかった。北屋敷にもそのような形の中で一生懸命お勧めしましたけれども、なかなか同意を得られなかったということで、どうしても、いわゆる地権者絡みの問題というものは、皆さんからその気になっていただかないと、こちらのほうで幾ら笛を吹いてもなかなか前に進まないという部分があります。 本当にできるだけ、農業基盤の整備、後継者問題、これは平田に限らず日本全国の問題だと思っておりますが、まず地権者、土地の所有者の方、現実に農業をなさっていられる方、その方たちとの意見交換もしっかりとさせていただきながら、皆さんがどのような方向で今後やっていくかということも大事な参考にさせていただきながら、今後も、まず農業がしっかりとやっていかなければ、国自体もなかなか成り立ちにくくなっていくというような考え、私もありますので、農業はまず大事な我々生活の基盤にもなりますので、これからもそういうふうな考え方で農家の皆さん方の意向を相当やっぱりいろいろ組み入れながら進めていかなくちゃいけないという覚悟でおりますので、ご理解を賜りたいと思います。 ○議長上遠野健之助君) 9番。 ◆9番(佐藤一一君) 多分、基盤整備については、当然、地権者の問題があろうかと思うんですが、ただ、やはり村の方向づけとして、きちんとフラッグを掲げて、やはり住民にアピールしていくということをお願いしていきたいと思います。 よろしくお願いします。 ○議長上遠野健之助君) ほかに質疑ございませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第19号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第22 議案第20号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第22、議案第20号 平成29年度平田村国民健康保険特別会計予算を議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第20号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第23 議案第21号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第23、議案第21号 平成29年度平田村簡易水道事業特別会計予算を議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決をいたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第21号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第24 議案第22号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第24、議案第22号 平成29年度平田村農業集落排水事業特別会計予算を議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第22号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第25 議案第23号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第25、議案第23号 平成29年度平田村後期高齢者医療特別会計予算を議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第23号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第26 議案第24号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第26、議案第24号 平成29年度平田村介護保険事業特別会計予算を議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第24号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第27 議案第25号の質疑採決議長上遠野健之助君) 日程第27、議案第25号 工事請負変更契約の締結についてを議題といたします。 質疑に入ります。 質疑ありませんか。     〔「なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 質疑を終わります。 お諮りいたします。討論を省略し、採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本案原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議案第25号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程第28 同意案第1号の上程、採決議長上遠野健之助君) 日程第28、同意案第1号 平田固定資産評価審査委員会委員の選任につき議会の同意を求めることについてを議題といたします。 本案は人事案件でありますので、質疑討論を省略し、直ちに採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 本採決は起立により行います。 同意案第1号 平田固定資産評価審査委員会委員の選任につき議会の同意を求めることについてを原案のとおり同意する議員の起立を求めます。     〔起立者 全員〕 ○議長上遠野健之助君) 起立全員。 したがいまして、同意案第1号は原案のとおり同意することに決定いたしました。---------------------------------------日程第29 諮問第1号の上程、採決議長上遠野健之助君) 日程第29、諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦につき議会の意見を求めることについてを議題といたします。 本諮問は、質疑討論を省略し、直ちに採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決をいたします。 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦につき議会の意見を求めることについては、適任として答申することにしたいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、諮問第1号は適任として答申することにいたしました。---------------------------------------追加日程について ○議長上遠野健之助君) お諮りいたします。追加日程議題としたいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。---------------------------------------追加日程第1 発議第1号の上程、採決議長上遠野健之助君) 追加日程第1、発議第1号 福島県最低賃金引き上げ早期発効を求める意見書を議題といたします。 お諮りいたします。発議第1号につきましては、請願採択に伴い提出されたものでありますので、議案の朗読、趣旨説明及び質疑討論を省略し、直ちに採決したいと思いますが、異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 採決いたします。 発議第1号を原案のとおり決定することに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、発議第1号は原案のとおり可決されました。---------------------------------------追加日程第2 議会閉会中における委員会継続調査議長上遠野健之助君) 追加日程第2、議会閉会中における委員会継続調査議題といたします。 会議規則第75条の規定により、議会運営委員長から議会閉会中の継続調査の申し出がありました。 お諮りいたします。議会運営委員長から申し出のとおり、議会閉会中における継続調査とすることに異議ありませんか。     〔「異議なし」と言う人あり〕 ○議長上遠野健之助君) 全員異議ないものと認めます。 したがいまして、議会運営委員長から申し出のとおり、議会閉会中における継続調査とすることに決定しました。 以上で、本日予定されました日程は全て終了いたしました。--------------------------------------- △村長挨拶 ○議長上遠野健之助君) ここで、村長から発言があれば、これを許します。 村長。 ◎村長(澤村和明君) 平成29年第1回議会定例会の閉会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。 去る8日の開会から本日まで、7日間にわたりまして、平成29年度当初予算案を初め、条例の改正など、重要案件につきまして熱心にご審議いただき、いずれも原案のとおり可決、承認を賜り、まことにありがとうございました。 本村にも多くの課題が山積しておりますので、今定例会の中でいただきました貴重なご意見、ご提言等を十分検討いたしまして、平成29年度の行財政を執行してまいりますので、議員各位のご理解とご協力をよろしくお願いを申し上げます。 厳しい冬も過ぎ、平田村にもようやく春の訪れが感じられる季節となりましたが、議員の皆様には健康に十分留意されますとともに、ますますのご活躍をお祈り申し上げまして、ご挨拶とさせていただきます。 どうもありがとうございました。 ○議長上遠野健之助君) 村長の挨拶を終わります。--------------------------------------- △閉会の宣言 ○議長上遠野健之助君) これで、平成29年第1回平田議会定例会を閉会します。 △閉会 午前10時55分地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。    平田村議会議長    上遠野健之助    平田村議会議員    太田清実    平田村議会議員    永瀬成元...