ツイート シェア
  1. 福島市議会 2018-06-14
    平成30年6月14日文教福祉常任委員会-06月14日-01号


    取得元: 福島市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-16
    平成30年6月14日文教福祉常任委員会-06月14日-01号平成30年6月14日文教福祉常任委員会  文教福祉常任委員会記録  平成30年6月14日(木)午前10時06分~午後3時54分(9階909会議室) 〇出席委員(9名)   委員長       丹治 誠   副委員長      二階堂武文   委員        沢井和宏   委員        小熊省三   委員        根本雅昭   委員        梅津政則   委員        高木克尚   委員        尾形 武   委員        真田広志 〇欠席委員(なし) 〇市長等部局出席者(教育委員会)   教育長                 本間 稔
      教育部長                山田 準   教育部次長               齋藤義弘   教育総務課長              清野 浩   教育総務課課長補佐兼庶務係長      秋葉英紀   教育総務課財務係長           佐久間洋孝   教育総務課施設係長           梅津政紀   学校教育課長              土田 宏   学校教育課主幹(管理担当)       横山貴英   学校教育課主幹(指導担当)       丹治秀樹   学校教育課庶務係長           國分恵美   学校教育課管理係長           鴫原 理   学校教育課指導係長           遠藤幸栄   教育研修課長              羽田 晃   教育研修課教育支援係長         逸見健二   教育研修課研修係長           小川尚子   生涯学習課長              斎藤正義   生涯学習課課長補佐兼庶務係長      鈴木圭子   生涯学習課生涯学習係長         梅津庄司   文化課長                中村鉄也   文化課課長補佐兼文化振興係長      橋本江理   文化課文化財係長            梅津 司   文化課埋蔵文化財係長          大渡健一   保健体育課長              平塚 剛   保健体育課スポーツ振興係長       斎藤輝雄   保健体育課学校保健給食係長       木村佳子   中央学習センター館長          丹治雅裕   中央学習センター事業係長兼社会教育主事 八百板忠勝   こむこむ館長              寺内勝宣   こむこむ館総務管理係長         古川麻里子   こむこむ館事業推進係長         渡邉敏勝   図書館長                亀岡敏彦   図書館管理係長             上原子祐司   図書館館長補佐兼図書サービス係長    佐藤勝浩 〇案件   1 議案審査(教育委員会)     議案第70号 福島市立学校条例の一部を改正する条例制定の件     議案第71号 福島市子どもの夢を育む施設条例の一部を改正する条例制定の件     議案第72号 福島市地区体育施設条例の一部を改正する条例制定の件     議案第73号 福島市十六沼公園屋根付運動場条例の一部を改正する条例制定の件     議案第65号 平成30年度福島市一般会計補正予算中、教育委員会所管分     報告第4号 福島市一般会計予算の継続費繰越しの件中、教育委員会所管分     報告第5号 福島市一般会計予算の繰越明許費繰越しの件中、教育委員会所管分     請願第3号 福島市立ほうらい幼稚園の存続を求めることについて     請願第5号 国の「被災児童生徒就学支援等事業」の継続と被災児童生徒の十分な就学支援を求める意見書提出方について ─────────────────────────────────────────────                午前10時06分    開  議 ○丹治誠 委員長  おはようございます。ただいまから文教福祉常任委員会を開会いたします。  教育委員会の審査を行います。  初めに、議案第70号福島市立学校条例の一部を改正する条例制定の件についてを議題といたします。  当局の説明を求めます。 ◎教育長 本日教育委員会としてご審議をお願いいたします案件でございますが、議案第70号福島市立学校条例の一部を改正する条例制定の件、それから議案第71号福島市子どもの夢を育む施設条例の一部を改正する条例制定の件、議案第72号福島市地区体育施設条例の一部を改正する条例制定の件、議案第73号福島市十六沼公園屋根付運動場条例の一部を改正する条例制定の件、議案第65号平成30年度福島市一般会計補正予算中、教育委員会所管分のほか、報告案件として報告第4号福島市一般会計予算の継続費繰越しの件中、教育委員会所管分、報告第5号福島市一般会計予算の繰越明許費繰越しの件中、教育委員会所管分の2件でございます。  資料を準備しておりますので、説明に入ります前に配付させていただいてよろしいでしょうか。 ○丹治誠 委員長  はい、お願いします。      【資料配付】 ◎教育長 それでは、内容につきましては教育部次長よりご説明申し上げますので、よろしくご審議のほどお願いいたします。 ◎教育部次長 議案第70号福島市立学校条例の一部を改正する条例制定の件につきましてご説明を申し上げます。  議案書の37ページになります。37ページをお開き願いたいと思います。福島市立学校条例の一部を改正する条例でございます。こちらにつきましては、提案理由にありますように、市立幼稚園再編成により適正規模の園児数で幼児教育の向上を図るため、所要の改正を行うものでございます。  条例の改正点の説明の前に、今回のもとになりました市立幼稚園再編成計画について再度ご説明させていただきたいと思います。ただいま配付しました委員会資料の1ページをお開き願いたいと思います。左上に福島市立学校条例の一部を改正する条例制定の件とあるものでございます。こちらにつきましては、中央が現在の市立幼稚園の22園、その左側、再編成後の市立幼稚園の10園、右側の太枠内が再編成計画により新設いたします認定こども園であります。現在の幼稚園のうち破線で囲みました幼稚園は認定こども園へ再編成する幼稚園、網かけの部分だけの幼稚園につきましては、これは統合により廃止となる幼稚園でございます。園名を四角で囲みました幼稚園が今回の条例において園名を変更する幼稚園でございます。  幼稚園教育では、集団の持つ機能が発揮できる適正な集団規模、具体的には遊びの集団が3から5グループ安定的に構成される1学級最低限10名以上の規模が必要と考えているところでございます。平成29年4月の市立幼稚園の1学級の定員30名に対する充足率は平均で42.9%、1クラスの園児数で換算しますと12.87%でございました。先ほどの1学級10名より少ない学級数については、5歳児が6学級、7歳児が7学級あった状態でございました。平成29年度の園児募集に際しましては、園児数10名以下になる幼稚園で休園あるいは4歳児、5歳児の合同保育等の緊急措置を実施したところでございます。資料1ページ中央の現在の市立幼稚園の枠の右側に本年度、平成30年度の園児数を記載しておりますが、昨年度の5歳児であります現の5歳児学級では、1学級10名より少ない学級が現在でも5学級存在している状況でございます。また、多くの目による日常の安全点検による安全安心な教育環境の整備、あるいは保護者の子育て相談等への対応において教諭配置をふやす必要があるなどの課題も現在の市立幼稚園22園体制においては生じているところでございます。このことから、市立幼稚園の統廃合による集団規模の適正化、職員配置の適正化を図り、よりよい教育環境の中で質の高い幼児教育を提供するため、市立幼稚園再編成計画を作成し、平成31年4月より実施してまいる計画でございます。  再編成の内容につきまして、1ページの左側に区域とありますが、その区域ごとに改めてご説明を申し上げます。一番上の中央地区につきましては、ふくしま南幼稚園、ふくしま西幼稚園をふくしま東幼稚園に統合しまして、隣接の春日保育所も活用しまして、市立のふくしま中央認定こども園へ再編成するものでございます。ほうらい幼稚園につきましては、杉妻幼稚園に統合し、渡利幼稚園は存続とするところでございます。  北東部区域につきましては、岡山幼稚園を存続といたします。  北西部区域につきましては、平成29年度より休園となっております大笹生幼稚園を笹谷幼稚園に統合し、にしね幼稚園をおおとり幼稚園に統合し、いいざか幼稚園として再編成する計画でございます。ひらの幼稚園につきましては、保育の需要が多い地区であることから、市立のひらの認定こども園に再編成する予定でございます。  西部区域は、森合幼稚園、清水幼稚園、庭塚幼稚園については存続としまして、北沢又幼稚園は事業者を公募の上、私立の認定こども園に移行する計画でございます。  南西部区域は平田幼稚園を佐倉幼稚園に統合し、南部区域は平成30年度に休園となっておりますまつかわ西幼稚園、まつかわ東幼稚園を金谷川幼稚園に統合しまして、まつかわ幼稚園に再編成いたします。飯野幼稚園につきましては、近接するおひさま保育所の施設を活用しまして、市立のいいの認定こども園に再編成します。  なお、再編成後の市立幼稚園の教諭配置は現在の3名から園長を含め5名とします。今後としまして、職員配置の適正化を図るものでございます。  また、現在は一部の園での実施であります預かり保育を10園全てで実施する計画でございます。  この市立幼稚園再編成計画につきましては、本文教福祉常任委員会におきましては、平成29年4月17日に常任委員協議会を開催していただきまして、報告をさせていただいたところでございます。その後におきまして、平成31年4月からの幼稚園再編成に向けまして、昨年度、平成29年度におきましては市政だよりの6月号及び市のホームページ、あるいは各園を通じてチラシ配布による広報を行うとともに、統廃合の対象となる幼稚園及び市内の10会場での地区説明会を開催し、幼稚園再編成による適正規模の集団での教育の必要性についてご理解をいただいたものと考えているところでございます。  また、平成30年度の園児募集につきましては、この市立幼稚園再編成計画に基づきまして、廃止する幼稚園及び私立のこども園に移行します北沢又幼稚園の4歳児募集を停止の上で園児募集を行ったところでございます。この平成30年度の園児募集におきましては、1ページ中央の平成30年度園児数の4歳児の欄に記載のとおり、4歳児募集については幼稚園13園で4歳児募集を行いました。上からいきますと、ふくしま東、渡利、杉妻、岡山、笹谷、おおとり、ひらの、森合、清水、庭塚、佐倉、金谷川、飯野の13園で4歳児募集を実施したところでございますが、市立認定こども園に移行します飯野幼稚園を除き、10名以上の応募があり、下段にありますように定員は4歳児が390名でございますが、定員に対しまして277名の園児が現在就園しているところでございまして、充足率については71%となったところでございます。この結果から、再編成計画の実施によりまして、市立幼稚園の規模の適正化は図られるものと考えているところでございます。  また、平成30年度の園児数の4歳児のうち募集停止としましたふくしま南、ほうらい、平田幼稚園に1名の記載がございますが、この1名につきましては5歳児学級に年子の園児がいるため、特例措置としまして5歳児との合同保育を受けている4歳児でございます。この特例措置につきましては、昨年度の幼稚園あるいは地区説明会での保護者の意見を取り入れながら実施した措置でございます。  平成31年度の園児募集につきましては、本条例の改正の承認をいただきました後に、平成31年4月からの市立幼稚園再編成に向けまして、この再編成計画に基づきまして平成30年9月に募集要項の配付を開始し、10月より園児募集の受け付けを行う予定でございます。  今回の条例改正は、ただいまご説明いたしました平成31年4月よりの市立幼稚園再編成計画に伴うものでございます。  続きまして、条例の改正内容についてのご説明を申し上げたいと思います。委員会資料の2ページをごらんいただきたいと思います。条例の新旧対照表でございます。下段が改正前、上段が改正後でございます。改正前の表中の太枠の四角で囲みました12園につきましては、統合による廃止あるいは認定こども園の再編成により、本条例から削除するものでございます。認定こども園へ再編する幼稚園は右から2つ目のふくしま東、9番目の北沢又幼稚園、15番目、ひらの幼稚園、そして左から2番目の飯野幼稚園の4園で、そのほかは統合により廃止する幼稚園でございます。  また、改正前の幼稚園のうち、網をかけまして太字のゴシックで表記をしました幼稚園につきましては、統合により名称を改める幼稚園でございまして、おおとり幼稚園は改正後上段の左から4番目のいいざか幼稚園、金谷川幼稚園につきましては改正後の左から3番目のまつかわ幼稚園と改めるものでございます。  本条例につきましては、平成31年4月1日よりの施行を予定しているものでございます。  説明は以上でございます。 ○丹治誠 委員長  ご質疑のある方はお述べください。 ◆沢井和宏 委員  1ページの表についてですけれども、前にこども未来部のほうで質問すればよかったのですけれども、こういう資料が出てこなかったので。幼稚園の配置教諭の人数は出ているのですけれども、認定こども園に対して保育所から何名の職員が配置されるのかというのは、いろんな資料を見てもなかなか公にはされていないような気がするのですけれども、わかっていれば教えていただきたい。 ◎教育総務課長 こちらのほうでは把握してございませんが、こども未来部のほうで職員配置のほうも来年度に向けて検討しているとは聞いています。 ◆沢井和宏 委員  この部分について地区説明会とか、そういう部分でも多分明らかになっていないと思うのです。だから、結構いろんな人から質問されるのですけれども。あるところで私お聞きしたら、5名のほかに保育園から来るのですけれども、ところがこの数字を見ると認定こども園も全て含めて5名なのではないかなと、そういう誤解を抱いている保護者の人もいらっしゃって、そこで確認したことなのですけれども、なぜここが片方には定数が書いてあって、片方からの人数は書いていないのかというのは、やっぱり部局が違うとこういうことになっているのかななんていう気はするのですけれども、いかがでしょうか。 ◎教育部長 認定こども園のうち保育のほうは、厚労省の基準によりまして年齢別に保育士の配置基準がございます。秋から冬にかけまして募集をするのですけれども、その入所見込み児童数、年齢別の児童数によって最終的には必要な職員数が決まってまいりますので、現時点で何名というのはまだ発表はできないと思います、職員数については。  以上でございます。 ◆真田広志 委員  今回の再編成にあたってさまざま、委員会でも何度か議論になったのですけれども、この説明のあり方というか、説明責任がしっかり果たされているかということが非常に問題なのだと思っているのです。例えば先ほど平成29年の4月に協議会の中で報告があったということでありますけれども、我々前任期の話でありますけれども、それ以外に議会に対してどのような説明をしてきたのか細かくちょっと示していただきたいのですけれども。 ◎教育長 議会につきましては、それこそ昨年4月の段階で協議会を開いていただきまして、この再編計画について説明いたしました。そして、6月定例会議、それから9月定例会議、それから12月定例会議、3月定例会議という形で質問にお答えして、平成31年4月を目途にということで今までの自治振興協議会の役員の方、それから地域の役員の方、それから保護者のそれこそ説明会、それから市民説明会をやってきましたということについてお話し申し上げた。そして、議会の中では佐久間議員、それから小野議員のほうから募集に向けてどうするのかという話がありましたので、平成31年を目途にということで、平成30年度の募集からそれこそ平成31年度に対応するような形で、ある部分は募集をしないで、そして平成31年度から完全な形での再編計画をやるというような形をお話ししました。それから、この文教福祉常任委員会の中でその辺の平成31年度の体制に向けた形でということで、平成30年度は廃止するというか、統合するところは募集しないでやるというような形でのご説明を申し上げて、そして現在に来たという状況でございます。 ◆真田広志 委員  平成29年の4月に協議会報告、たしか同じく平成29年の4月の頭に再編成計画が策定されたと思っているのです。ある程度策定するまでにはいわゆるあり方検討委員会からの答申なんかもあって、そのさらに1年前に諮問しているわけですよね。その諮問している段階であったり、また諮問して答申がある間に委員会もしくは議会に対してどのような説明がありました。というのは、そういった今のいわゆる再編成に向けてどういった動きになっているかとかいうことも含めて、またどのような話がその経過の中でされているかも含めて議会に対して説明ってあったのでしょうか。私もそのとき委員ではなかったので、ちょっとその辺の経過はわからないのですけれども、我々議会側からしても唐突にこの再編成計画が出てきたように見えてならないのです。例えば諮問をして答申があった。では、例えば答申があった答申内容の一部でも議会に対して何か説明ってありましたか。 ◎教育部次長 記憶になってしまいますので、これは調べてから回答させていただきたいと思うのですが。今手元には経過がありませんので。 ◆真田広志 委員  では、そこの部分は省いて、例えば検討委員会から答申があって、たしか平成28年の3月ぐらいに多分答申があったのだと思うのです。それは、私個人的に資料とかもらいに行ってわかっていたことだったのです。答申があってから再編成計画が策定されるまでちょうど1年間時間があるわけですよね。その間に委員会に対して何かしらのアプローチがあったのかなというと、多分当時の委員さんに聞いても余りそういった話が出てこない。当時の委員からしたら唐突にその再編成計画が出てきたのではないかなというような感じもして、その辺の経過なんかもちょっと知りたいなと思っていまして、多分今その辺も調べてということなのでしょうけれども。その辺の経過もやっぱりちょっと知りたいので、調べていただければと思います。今わかっている分だけでも。 ○丹治誠 委員長  採決の前にわかる感じですか。 ◎教育部次長 今担当のほうで調べに行っていますので、後から報告させていただきたいと思います。 ◆真田広志 委員  例えば議会の答弁なんかで答申が出ましたので、今後再編に向けて今策定中でありますというような答弁なんかはあったと思うのですけれども。だから、私その答弁なんかを聞いて書類なんかもらいに行ったりとか、お話を聞いたりなんかいうことは個人的にやったのですけれども、4月に再編成計画が策定されてすぐに議会の協議会に報告があったということであります。あくまでも協議会は報告事項なので、議決案件ではないですよね。その場で、例えば協議会の中で委員からどのような、例えばそれに対して反対するような意見というのは出ましたか。 ◎教育部次長 昨年度に関しましては、説明をさせていただきまして、大きな反対といいますか、そういうことはなかったと記憶しております。といいますのは、この後におきまして、まずは自治振興協議会の役員会を通して説明させていただきますということと、この後においては廃園対象となる幼稚園の説明会します、それと地区の説明会しますということで説明させていただいて、それで保護者の皆さんあるいは市民の皆さんの意見をいただきながら、今後この再編成計画について推進していきますと報告させていただいたところでございまして、私の記憶になってしまいますが、それで進めさせていただきますという報告をさせていただいたというのが昨年度の協議会というふうに認識しております。 ◆真田広志 委員  今後地域に対して、また自治振に対して説明をさせていただきますという前提があると、なかなかその場で議会のほうから提言をするということも状況にはなかったのかなと思っています。ただ、その後に改めて議会に対してどういうような諮りがあったのか。結局議会というのは議決機関でありますから、今回改めて条例改正という形で諮られるわけですけれども、これまでの間にしっかりした説明がそれほどなかったような感じもしているのです。確かに再編成計画が策定されるのですよという前に例えばこういった答申なんかもあって、それに向けての仮定なんかの報告なんかも委員会のほうにある程度の報告があったのであれば、今回の策定時の協議会のときに委員も唐突感もなく、ある程度それに対する準備もした上で協議会に臨めたのかなという感じがしているのです。というのは、これだけ大きな、特に廃止される幼稚園に住んでいる住民または保護者からしたら本当に大きな問題ですよね。それに対して議会に対してもそれほどのアプローチがなかったというようなイメージがあって、そういった部分の一つ一つが何となく不信感につながってきているのかなという感じがいたしているのです。しっかりと段階を踏んでこういったことが実施されるのであれば、もう少しここまでの混乱というのはなかったのかなという感じがして非常に残念なのです。例えば保護者にもしっかり説明しています。その後の話です。協議会の後で。協議会のほうには今後地元にもしっかり説明します、自治振にも説明しますという話をして、まず協議会を閉じたのだと思っているのです。一応その場で大きな反対がなかったと。協議会でも大きな反対がなかった。その後地域におろしたところ、地域のほうでもそれほど大きな反対はなかったというような説明もあったのですけれども、その地域説明会のあり方も、例えば中央地区の自治振興協議会に対しての説明というのはどういった形でされましたか。 ◎教育部次長 まず、自治振興協議会の役員の皆さん、町内会連合会も含めてですけれども、まず役員の方につきましては説明の場を設けさせていただきまして説明をさせていただきました。その後におきましては、地区を対象としての説明会ということで、これ7月から8月にかけてでございますが、全体を対象としての説明会を開催した経緯でございます。 ◆真田広志 委員  私もちょっと資料を見せていただいたのですけれども、当時もちょっといろいろ気になって資料を見せていただいたり、いろんな人の話聞いたのですけれども、町内連合会だったり、町会連合会の会長さんだったりとか、自治振の連合会のほうには説明はしたけれども、例えば中央地区も少なくとも2園が廃園になるわけですよね。中央地区として自治振興協議会への説明ってありました。なかったですよね。信夫地区とか飯野地区とかそれぞれやっているのですけれども、そういう話がちょっと聞こえてこないのです。例えばうちの、私ごと、自分の父親だって町会長をやったりとか、そういうことやっているわけなのだけれども、どういう流れになっているのか。 ◎教育部次長 昨年度の説明会につきましては、まず役員の皆さんには個別に各地区の説明をさせていただいて、自治振興協議会連合会と町内会連合会でも説明しております。その後自治振興協議会を対象とした説明会ではなく、地区の説明会に移行しております。それと、対象となる園の、廃園となる対象の園での説明会と、中央地区については昨年度でいきますと7月24日に中央学習センターで実施して、所管としては本町と渡利、杉妻、蓬莱支所の管轄を対象として、杉妻が入りますので、その行政管轄の説明会をしております。これは、自治振興協議会ではなく地区に対しての説明になります。 ◆真田広志 委員  ということなのです。我々自治振興協議会だったり、町会連合会、自治振のほうに説明しています。でも、自治振とか町会連合会に関しては役員にしかしていないのですよね。全体の役員というと物すごく少ない数なのです。例えば中央地区では数名ぐらいしか出ていないような感じになるのです。それで、自治振のほうには説明いたしましたという説明を私たちもいただいてきたのです。そうすると、自治振とか町会の保育と、町会といっても町会連合会というのは各地区に連合会ってありますから。第一学区、第二学区、第三学区それぞれに連合会ってありますから、それぞれの連合会のほうに聞いてもそんな話は実際聞いていないのだぞという話になるのです。我々は、説明しているのだと、当時の委員さんも説明しているのだというふうに聞いているから、ああ、地域の連合会も聞いているのだ、自治振も聞いているのだというふうに思い込んでいたわけです。ところが、実際にはいわゆる自治振とか町会連合会の核となってくるのは町会長さんたちです。その人たちが聞いていないよという話になってくるわけです。それでいて説明って果たしているのかということがまず第1。その辺がまず多分不信感につながってきているのだと思っているのです。  自治振興協議会への説明状況についてという一覧表の中に、その7月24日の中央地区管内の説明会が入っているのです。そこには、それは一般の住民に対してではないですか。それって自治振興協議会の説明状況へとしつつも一般の方々向けなのです。ところが、市民説明会というのを別段に、別の枠に入っているのです。市民説明会こっちで、結局地区の自治振に対する説明はその7月24日のほうだろうなとみんな思い込んでいたのです。私も思っていたのですから。私も言ったのです、町会長さんたちお会いしたときに。町会長さんたちちゃんとそれ話聞いたのかいと。こんな表もあるのだよと。聞いていないのだというのです。漏れていたのではないのかいと話を随分させていただいたのです。特に私なんか自分の身内も町会長なもので、こういう大事なこと漏らしてもらっては困るのだよという話をちょっと実はきつく言わせていただいたのです。ところが、ふたをあけていろいろ細かく聞いてみると、自治振興協議会の説明状況といって何々地区とあるくせに、そこにはやっぱり地域の自治振には一切説明行っていないのです。それで、自治振には説明しました。言ってみれば自治振に説明したというのは連合会の役員だけですから、そうなってくると。連合会の役員って地区から何人出ていると思いますか。多分第三学区から1人、第二学区から1人、そのぐらいです、いても。いない地区もありますから。そういうような状況で説明をしてきたということ、それでいいのかという不信感。  それから、保護者説明会、こちらも各対象となる幼稚園の保護者に説明がありました。その説明された保護者の方々は、2年後、3年後統廃合の話関係ない人たちがほとんどなのです。対象者ではないのです、ほとんどが。そういった話がどれだけの関心を持ってその説明会に臨んでいるかということなのです。どっちもそれも絡んでいるのです。連合会のほうにも絡んでいますし、幼稚園の。そうすると、その保護者たちも何の関心もなく何となく行ってきて、それが説明会も終わった後でじわじわ、じわじわと、あの人行ってきたのだってと、えっ、そういう話なのと、どういうことなのと言っている間に市民説明会も終わってしまっているような状況なのです。  例えば自治振に上げるのであれば、それ市全体の施策であることは間違いないのだけれども、市全体の施策なのだけれども、それぞれの地域ごとの要件に合わせて今回の統廃合というのは行われているはずなのです、地域事情を勘案しながら。それであるにもかかわらず、例えば地域の代表者でさえ地区で1人ぐらいしかしっかりは聞いていないような状況。それで説明責任が果たされたというふうにやっぱり受け取れないのです。そこからの不信感になって、実は地域のそういった方々、対象者の年齢も、例えば青少年健全育成会ですとそういった対象となる年齢の保護者もいらっしゃって、当然PTAのほうも。私両方ともかかわっているわけです。全然そこのほうに話がおりてきていない。全然わからないのです。ところが、町会長や自治振には説明しました。町会長も聞いていない。一体誰が聞いているのだという話なのです。確かに市民説明会やったのに、チラシ刷ったのに、ホームページ公表したのに来ないほうが悪いだろうと。それが今の福島市のやり方なのかなと何か残念な感じがしてしまうのです。
     例えば地域の町会長さんだって我が地区の幼稚園がなくなるのだと聞いていたらやっぱりもうちょっと、その間にいろんな会合があるわけです。連合会の集まりだってあるでしょうし、極端な話は新年会だ何だといろんな場所で話をする機会があるのです。残念だったのは、そういう機会を捉えて、今の町会長さんたちというのは、今の町会の方々ってすごく意識が高いので、そういったときに必ずそういった重要な話はするのです。そのためにいろんな班があって、あんたらの班にはどのぐらい、何歳の子供いたでしょうという話まで全部知っているのです。そのために把握してもらっているのです。今小学校単位で、小学校でも何でもとにかく地域に物すごく開かれた学校つくろうとしているではないですか。何のために開かれた学校をつくろうとしているかというと、地域との連携なのです。事あるごとに地域との連携を密に保護者、それから学校、地域と連携を密に行きましょうと、そればかり言ってきたわけです。それを理由にいろんなお願い事を地域がされてきたのです。それで信頼関係の中に成り立ってきているのに、なぜこの重要な、町会長さんたち本当恥かきましたから。あんた方何でこんな、何のために町会長やっているのだと。済みません。話長くなってしまう。ただ、そういうような不信感が、やっぱり今のいろんな反対問題とかも随分出ています。そういう不信感がこういったところにつながっているのではないかなと思っています。先ほどの答えが出てくるまでしゃべっているわけにもいかないので。ということなのです。そういうことで、まずはそういったことに対してやはり反省するべきは反省していただきたいなという思いがあります。  それから、今後……今後の話をするにはまだ早いと思っているので、まずその思いを伝えておきたいと思います。また、先ほどの答弁も来ていないので。それからまた、いろんな方々お話があると思うので。 ◆梅津政則 委員  まず、この第70号を審査するときに、今から質疑させてもらいますけれども、この採決結果によっては多分請願の審査に影響していくのだと思うので、そこの部分も念頭に入れながら質問させていただきたいと思います。  説明会等については、私も真田委員と全く同じ気持ちであります。内容について若干確認をさせていただきたいのですけれども、条例というよりも再編計画になってしまうかもしれませんけれども、まずは北沢又幼稚園は認定こども園化するにあたり、なぜここだけ私立なのかということをちょっとご説明いただきたい。 ◎教育部次長 まず、私立の北沢又認定こども園になった経緯につきましては、幼稚園の敷地の問題がございまして、北沢又幼稚園広い敷地があるということで、いろんな事業者さんの自由な提案というか、そういうものができるのではないかという可能性があるということから、これは私立として公募しようということで、既存敷地を利用しての新設しようということでの私立になっているところでございます。 ◆梅津政則 委員  土地があれば私立にすると、そういうこと。 ◎教育部次長 土地というか、今回の市立が3つというのは既存の施設を利用しながらやっていこうというところでございますが、私立の認定こども園、市立だけではなくて、やはり私立での認定こども園ということも今後の需要としては必要だなという中で、私立を1園とすると北沢又の広い敷地を活用しながら自由な提案をいただきたいということでの考えだったものでございます。 ◆梅津政則 委員  今言葉尻から伺いますと、幼稚園と認定こども園の認定こども園化する判断というのは教育委員会側にもあるというふうに他部局の説明では伺いましたけれども、間違いないですか。具体的に言いますけれども、保育面のほうから見たときに、こども園化するというのを主導するものではないということでしたけれども。そこの地区の幼稚園をなくしてこども園にしますという判断はどこがしたのですか。この再編計画の主導したやつとかというのは教育委員会ですよね。 ◎教育長 幼稚園の統廃合の部分は教育委員会ですが、最終的なこども園化はこども未来部ですので、こども未来部がその部分で拒否すれば、それは当然認定こども園という形にはならない。 ◆梅津政則 委員  拒否するというのは、提案なり主導してそれを企画するのは教育委員会側ということではないのですか。 ◎教育長 お互いに協議はありますが、認定こども園をつくるとかなんとかという部分についてはこども未来部がやる部分ですので。 ◆梅津政則 委員  委員長、これ部局によっての説明が違うのですけれども、どうなのですか。  今の話は明確にしてほしいところもありますけれども、ちょっと別なところで、例えば……別なところでいいですか。別な質問ですけれども、請願にもありますけれども、ほうらい幼稚園の部分が中央地区というくくりにはなっていますけれども、ただの廃止で、蓬莱の地区内に市立の保育所がそこはあります。何で蓬莱はただ廃止で、飯野のほうはこども園になるのか、ここの説明を頂戴したいかなと。 ◎学校教育課長 まず、ほうらい幼稚園につきましては、一応南部のくくりになっているのですけれども、実際今蓬莱地区で子供さんを抱えている方々の多くが市内の職業を持っていらっしゃって、杉妻とかおりてくるケースがございます。それから、一番近隣の公立幼稚園ですと金谷川幼稚園、ということは直線でいうと2キロ以内なのですが、ルートを越えますと3キロ以内ということで、ある程度距離的にも確保されている。それから、蓬莱地区の私立幼稚園の充足率が30%台、非常に低い状況で、さらに公立の幼稚園も低い状況があるというようなことから、一応そこで廃止だけの形にはなっていますが、実際は幼稚園には学区がございませんので、一番近い金谷川を選ぶ方、それから仕事の関係で杉妻を選ぶ方、あとは私立を選ぶ方という、そういう形でいろんな動きがありますので、統合という形ではなくさせていただいたところでございます。 ◆梅津政則 委員  飯野は。飯野は、何で認定こども園化するのですか。同じ状況だと思います。 ◎学校教育課長 実際には今回認定こども園化ということで上がったところが現在の庁舎、そして保育所とのかかわりが非常に大きいものがありまして、飯野につきましては近くに保育園があるということの中から認定こども園に移行することが可能である。それから、ふくしま東につきましても保育園と一緒に、すぐそばにありますので、可能であるというようなことから、そこは認定こども園。ただ、今ほうらいのお話が出ましたが、ほうらいというと公立の保育所とは若干離れておりますので、そういう意味からは認定という話はそこにはなく動いたということでございます。 ◆梅津政則 委員  コストの面を考えればわからないでもないのですけれども、先ほど申し上げたとおり、幼稚園をなくしてこども園にするところもある。それが箱物で判断すると。保育園とこども園で違うのは、幼児教育のカリキュラムも入るということなのですけれども、その教育部分というのをその場所でも確保していくというふうにも私は認識しているのです。そういうときに箱物で飯野は建物があるから、では市立で認定こども園にしましょうと。北沢又はさらに土地が広いので、公立でお金かけるのではなくて、私立を公募してみましょう。保育の受け皿としてはある程度理解しますけれども、教育行政としては全くちょっと理解できないのですけれども。先ほどの答弁で認定こども園化するのに教育委員会が主導するのではないと、こども未来部ですという話がありました。ただ、こども未来部の説明ではそういう答弁ではありませんでした。ということで、ほうらいが廃止で、飯野は存続というやつの理由が教育委員会の視点としては、教育行政としてはどういうことなのですか。飯野のほうは集団的な幼児教育が確保されるから、しからばほうらいのほうは公立の保育所もありますけれども、教育行政は集団的な幼児教育が確保できないというふうな判断なのですか。再編計画の中身を見ると、地区別の幼児の推移は似たような表現にしかなっていないのですけれども、いかがでしょう。 ◎学校教育課長 ほうらいにつきましては、実際に教育という観点から幼稚園ということを考えています。それで、実際には私立の幼稚園と公立の幼稚園が両方存在して、両方とも少ないということは先ほどお話ししたとおりなのですが、なお近隣にやはり金谷川なり杉妻なりという、そういうもので教育を受けられる施設があるという、少ない人数の中で公立の認定こども園という話はこども未来部との協議の中では出てはいませんでした。ただ、今委員のおっしゃったとおり、認定こども園の1号認定の部分、そこにつきましては当然教育という部分がかかわってまいりますので、それはこども未来部と協議をしながら、幼稚園教諭または保育教諭という配置になるのですが、そこの部分を配置はしなければならない。その配置にするのはこども未来部ということになるのですが、ただその教育内容の研修、これは文科の部分があるのですけれども、文科省の部分で教育研修の内容については学校教育課というか、教育委員会がかかわって教育課程であるとか保育内容であるとかは指導を進めなければならないということで、国も内閣府と文科と厚労という逆に今度3つにふえてしまった中で割り振りがちょっと難しいのですが、基本的には教育に当たる部分、研修に当たる部分は学教、運営に当たる部分はこども未来部というような形で捉えているところでございます。 ◆梅津政則 委員  質問は、ほうらいと飯野の違いを教育行政で見たときに、何でこの結果が違うのでしょうかという質問です。子供たちの推移とかは同じではないですか。ほうらいのほうには私立の幼稚園もありますからという話ししましたけれども、子供たちの推移が同じであれば同じ条件だと思うのです、飯野も。何で結果的に園の構成が違くなるのかという。飯野が遠いなんていう話にはなりませんから。飯野が遠いというのはちょっと偏見かもしれない。もといですけれども、中心市街地から離れている場所ではありますけれども。質問の意味はわかりますね。 ◎学校教育課長 わかります。申しわけございません。基本的には、委員おっしゃったとおり、現在ある施設の中で運用が可能であるというふうに判断されたので、飯野はすぐに認定こども園化できる。ほうらいについては施設の関係からできない。ただ、今後市立幼稚園が10年、今回提案させていただいたところでございますが、このまま幼稚園の形で残るのか、それとも新たな、全ての幼稚園を認定こども園化していくのか、そこにつきましては今度はこども未来部のほうで未就学児の全体を考えた上で動きがつくられるのではないかと思います。ただ、現在のところ非常に教育環境が悪いということで、教育委員会としてはまずこの環境改善を図るということを目的に22園を10園に変更させて提案させていただいたということでございます。 ◆梅津政則 委員  わかりました。ただ、ほうらいとかも施設が狭いとかといいますけれども、ほかのところもお金かけて改築とか増築していたりもしていますし、公立の保育所も2カ所あって、私立の幼稚園とかという話もありますけれども、そこである程度の保育需要があって、そこに1号認定さんの子供たちも入れば、集団はふえれば、2号認定の方とかも1号で教育のほうのやつにも乗っかってきたりとかもする可能性もあるというのも思いもありまして、何でほうらいはこういう状態なのかなというふうに思っていましたし、蓬莱の幼稚園って前は2つ小学校区ごとにありまして、子供が少ないということで1カ所になりまして、1カ所になったら今度入り切らなくて、あふれ出しては済みません、金谷川にというような歴史があったところで、今度蓬莱が全部なくなるというので、全員とは言いませんけれども、地域の方にしてみると何で蓬莱ばかりというような思いを持っている方もおられるのは事実なので、それは今までの歴史もある程度考慮してもらわないと、地域の方たちの行政に対する見方が、本当先ほど真田委員からもありましたけれども、不信感になってしまうということもあるので、今回のこれはどうなのかなというふうに思っています。ちょっとこれ意見になってしまいましたけれども、とりあえず。 ◆小熊省三 委員  先ほどの当局説明の中で、ただいまのところで、市民説明会と言ったらいいのかな、のところで住民の理解が得られましたということの話があったと思います。だけれども、僕も10回全部出たわけではないですけれども、6回ぐらいは出たでしょうか。やっぱりその中で、記憶の中で話して申しわけないですけれども、オーケーですという話ではなくて、むしろ大変だという話だとか、いろいろ要望も含めて出ていたと思いますし、それから僕ら、例えば地域住民の人たちからもあったと思うのですけれども、こういう要求したけれども、それに反映するのですかと言ったらば、なかなかそれはというような話も含めて出ていたと思うのです。だから、そういう意味では本当にこの中で前提として住民説明会でご理解得たということの認識自体がどうなのか。だから、そういう意味ではその後のほうらいの話も出てきますけれども、1,700名近くの方たちが署名してやっぱり困るというようなことが出ているわけですよね。そういう意味でその辺はどんなふうに捉えていらっしゃったのかなというところがお聞きしたいと思います。その辺の認識というか。 ◎教育部次長 昨年度の説明会では、主な意見としてはやはり4歳児募集しないことについてどうなのかなということがご意見ありまして、そこで、年子の問題がありまして、それは反映させたところでございまして、そのほかですとやはり今回統廃合に伴ってスクールバスというのはあるのですかということは出ました。特に民間については、今スクールバスは必需品というか、民間の幼稚園については、私立はということですが、これについてはやはり小学校と違い学区がないところから市立幼稚園についてはスクールバスの対応はちょっと難しいという回答させていただいて、これは言っています。  それとあとは、再編成計画に伴って今度定員が多くなって、30名なのですが、30名以上になったらどうですかというような意見もありまして、これについては35名等については対応していきたいということで回答させていただいたところです。  あとは、預かり保育の要望がやはり多かったです。保育需要が多いということで、預かり保育はどうするのですかということにつきましては、現在の2園から10園全てということでのこれは対応をさせていただきたいということでありました。  そのような意見をいただいたものでございますが、蓬莱地区につきましては、10年前は35名の定員がいた中で、現在大分少なくなっているというところから、かなり入園数も少ないということから、ここは再編の対象になりますというような説明を申し上げたところでございますが、具体的にはあと個別の皆さんの意見というか、例えば送迎の問題とかとなってきまして、そういうものについては、これは個別的な案件も多いものですから、そういうところについてはご理解いただきたいということでの説明をさせていただいたということで説明会のほうは閉じたという形になっております。 ◆小熊省三 委員  今の預かり保育の問題、スクールバスも出ていましたけれども、その中でやっぱり統廃合の問題について、本当に困るよという話も実際あったと思います、その中では幾つかのところで。それから、ちょっと話は飛んでしまうかもしれないけれども、関東のほうでは3歳から幼稚園で見てくれているけれども、ここはやらないですかというのもありました、話が。そういうところでは、本当に実際に個別の案件になるかどうかという意味では、この条例というか、中身としてはやっぱり切実な要求があったのだと思います。だから、そういうところで本当に市民の方からご理解いただけたということでもう市としては進めているので、これちょっとどうなのかなというところが率直な意見です。  もう一つは、これは質問にはならないと思うのですけれども、そもそものところで公共施設というか、どうなのだろうというところなのです。公共施設というのは税金使ってやっているわけです。その中でそれを利用する人たちがどこに住んでいてもやっぱり同じようなサービスというか、受けるようにできる。だから、そういう意味では適正規模ではないから、利用人数が少ないからって、それは減らしていくというのはどうなのだろうというところが、どこに住んでいてもやっぱり同じようなサービスを受けられるというところが基本だと思うのです。だから、幼稚園だとか保育園もそうですけれども、規模よりも小学校区だとかの中にしっかりあるということがやっぱり地域の人たちにとって大事なのだと思うのです。それが例えばでは隣の杉妻だとか金谷川といえば、地域としては大分離れてくるわけですよね。小学校区だったのがむしろ中学校区をまたいでいくわけですから、そういうところって本当に地域の住民にとって地域づくりという問題含めて、その地域をどうつくっていくかというのを含めて、ちょっと話が飛んでしまって申しわけないのだけれども、あり方そのものの中で規模というところではなくて、やっぱりしっかり小学校区にそういうものをしっかりつくっていくというところが地域をつくっていく意味で大事だと思うのですけれども、その辺についてはいかがですか。 ◎教育部次長 先ほどの説明会の中で保護者の皆さん、出席者の皆さんからいろいろご意見いただきました。その中で今回の再編成計画の趣旨としては、やはり適正規模を確保して質の高い幼児教育の提供ということとともに、もう一つは職員の配置の問題がございます。現在22園体制で職員体制3名という体制で行っていますが、これについては再編成計画にありますように5名体制にして、園長を含めて5名ということで進めていきたいということで、これは職員体制の面でも適正化を図りながら質の高い幼児教育を提供するために今回の再編成計画を進めていきますということについてご説明をさせていただいたところでございまして、その面からいきますと、やはり教育委員会としましては、幼稚園については10園に再編しながら、教諭配置5名というところの中で充実した教育を進めるのが必要ではないかなということでの再編成計画を立てているところでございます。 ◎教育長 今の後段の部分ですけれども、この再編成計画にあたって幼児教育というのがそれこそ生涯にわたる人格形成の義務教育、それから大人になっていくまでの非常に重要な部分だということで、それを基本として捉えているわけです。そして、今ほどのお話にあったように、幼児教育をやる場合に2つの視点があると思うのです。それは、一人一人の個性をどうやって伸ばしていくのかというのが1つと、やっぱり集団としての中で子供たちを育てて社会性なりを育成していくというのが1つだと思います。それで、我々が設定したのは最低でも10名以上でないと幼児教育というか、集団性、共同性というのは養えないということで進めたわけですけれども、どこにでもあるという形ではなくて、やはり量よりも質がこれからは非常に重要視されるのかと思います。それで、我々は子ども・子育てのプラン、こども未来部が主管としてこれをつくっているわけですけれども、子ども・子育てのプランにのっとった6つの地区で最低限として幼児教育をやれるような施設を残していきましょうということで、例えばほうらいの部分とすると、それは中央地区に当たっているわけですから、中央地区としてどこを残していくか、または中央地区から例えばほうらいの場合とすると、通学上ちょっとかかりますけれども、金谷川にも行ける、それから杉妻に行くのはちょっと遠いかもしれませんけれども、そういったことで6つの地区で例えば幼児教育をやれるような形を残していきましょうということでこの計画をつくったわけです。今までのように22園で量だけを問うのではなくて、子供の集団としての育ち方、遊びを通した集団としての育ちをつくるにはやっぱりそれなりの集団規模が必要だということで、22園を10園に配置したと。  それから、もう一つ、先ほど話ありましたけれども、子ども・子育てプランの中身は、市立幼稚園は最終的には認定こども園にするのだというようなのがこども未来部のほうではなっているわけです。だから、例えば飯野地区の幼稚園、飯野幼稚園、飯野地区には幼稚園は、幼児教育をするところは最低限1つ置かなければいけない。そうすると、子ども・子育てプランにのっとれば飯野地区の幼稚園は飯野地区の認定こども園に移行していくというのが子ども・子育ての流れですので、我々としては飯野幼稚園は保育園と合体した認定こども園にしていくという流れです。  それから、蓬莱地区にあたっては、先ほど言いましたようにほかに地区もある。それから、蓬莱地区の幼児教育の確保ということで私立の幼稚園もある。保育所もある。それから、認可の保育所もある。そして、将来的に、これはこども未来部との協議になってきますけれども、例えば保育施設が認定こども園化されれば、子ども・子育てプランにのっとった形に進んでいくのかなというふうに考えています。 ◆梅津政則 委員  委員長、今の教育長の答弁の中で飯野の地区にも教育施設を置かなくてはいけないという発言がありましたけれども、聞き違いではないですよね。 ◎教育長 そうです。6つの地区、それぞれの地区にということで我々は考えています。 ◆梅津政則 委員  学区の考え方がなくなったときに地域どこでもいいということで理解しているのですけれども、今回飯野のほうは飯野地区とおっしゃいましたけれども、今回は南部ということのくくりであれば私立の幼稚園もあるわけですけれども、何か矛盾していると思いますけれども、どうなのですか。 ◎教育長 子ども・子育てプランにのっとった6つの地区、それで子供たちが通えるようなところでというということで考えた。 ◆沢井和宏 委員  話が今深まっているところなのですけれども、次長さん答弁の中で園長を含めて5名の定員というふうに職員の配置、私前にも聞いたと思うのですけれども、勘違いであればあれなのですけれども、専任園長を置くということなのですか。私今回は専任園長ではなくて兼任園長で、園長は枠外で、そのほかの職員が5名だと思っていたのですけれども、そこのところもう一回確認したいのですけれども。 ◎教育部次長 現在のところは、5名体制の中に園長1名配置を含んでおります。 ◆沢井和宏 委員  専任園長ですね。 ◎教育部長 今のところその方向で考えております。 ◆尾形武 委員  幼稚園の再編は何年か前にもありまして、1学級10人以下というのが原則曲げられないというようなことで、何年か前にも再編があって、廃止された幼稚園もありました。その前はやはり各小学校に各幼稚園が附属して教育が行われて、時代とともに共稼ぎやら少子化などで上げる人がだんだん少なくなってきた。上げる人がなぜ少なくなったのかというと、やはり幼児教育は1日4時間とか、そういう制限がありまして、なかなか1日見られないというようなことで、家庭環境のために、じいちゃん、ばあちゃんが見ていてくれる家は上げられますけれども、そうでない家庭は上げられないというようなことでだんだん少なくなってきたというのが今の現実なのかなと思います。  そして、預かり保育をやればいいではないかということで、まず廃止とか少なくなった以前に、努力すべきはやっぱり放課後、夕方まで見てくれる体制を、面倒を見ていただけなかったのかなというのが非常に残念なのですけれども、22園で一応は預かり保育をやって幼児教育を各地区で存続しようとする努力もあればよかったのかなと今になっては思いますけれども、大笹生やら杉妻でテスト的に預かり保育をやった経過はありますけれども、これを全園に広げていこう、幼稚園教育は大切だということで残す努力もあってもよかったのかなとは思いました。  あと、もう一つ伺いたいのは、信夫地区、これ平田幼稚園がなくなってしまいますと大森、吉井田、あのかいわい、平田、平石かいわいは全てなくなってしまうのですけれども、周辺にはいろんな幼児施設がどのくらいあるわけなのですか。私立の幼稚園などもあるとは思うのですけれども、平田も結構需要あるのかなと思いましたが、平田地区はなぜこれあれなのかなと、地域的に考えればそういうことも大丈夫なのかなという心配するものですから、お聞きしたいと思います。 ◎学校教育課長 西南部地域ということでございますが、まず私立幼稚園については福島わかくさ、みその、白百合、愛隣、ルンビニー、5園です。それから、私立の認可保育所につきましてはこじか、ちゅうりっぷ、鳥川、さくらみなみ、福島ふたばという5保育所ということで、それぞれ規模が幼稚園ですと120名から220、それから保育所でも60から120と結構な規模の保育所なり幼稚園が点在しております。 ◆高木克尚 委員  委員長、申しわけないけれども、A3の分布図もう一回みんなに配っていただけないですか。 ○丹治誠 委員長  資料今請求あったのですけれども、これ準備することはまず可能ですか。 ◆高木克尚 委員  1ページの。 ○丹治誠 委員長  でっかいやつね。 ◆高木克尚 委員  1ページのこっち。 ○丹治誠 委員長  これのでっかいやつ。大丈夫ですか。 ◎学校教育課長 大丈夫です。 ○丹治誠 委員長  資料が準備できるということで、採決が必要ですよね。ということで、これ諮らなくてはいけないものですから。  当該資料について委員会で要求することにご異議はございませんか。      【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  ということで委員会として当該資料を要求することといたします。 ◆尾形武 委員  平田幼稚園なのですけれども、5歳児の方は12名おられます。10名以下ではないのですけれども、なぜ廃止に至ったのかなということをお聞きしたいと思います。 ◎学校教育課長 単年度の人数だけではなくて、ある程度長いスパンの中で人数をとってまいりまして、その中でやはりなかなか、今回は12名という数でありましたが、それ以外は低いという、そういう場合もございまして、対象とさせていただいたところでございます。 ◆尾形武 委員  テストケースで大笹生と杉妻は預かり保育やった経験あるのですけれども、あれもなかなか預かり保育に上げる子供さんがいなくてどうも不調に終わったような話も伺っておりますけれども、その実態ってどうなっていますか。 ◎学校教育課長 テストケースの中で中心部と周辺部ということになると大笹生という形で設定させていただいたのですが、基本的には最初の登録は園に入った方々がやはり登録はします。登録はするのですが、実際その使用につきましては、中央部は多い傾向はあったのですが、大笹生に関してはなかなか少ない。それから、預かりがあって、希望されて入る方もほとんどいない状況の中で大笹生はどんどん人数が減っていったというような状況もございます。議会等でもいろいろご質問いただきながら、ではもっと長くやったらいいのではないかとか、そういう部分もあるのですが、実際に今度保育所とのかかわりというのがあって、あくまで幼稚園の預かりというのは一時預かりというようなことで、1号認定の方が何かしらの事情があっていないときに預かるというようなケースなのです。ただ、そうはいっても一々何の理由ですかと聞くことはないのですけれども、そうした中で保育所と同じような時間帯がありますと、そこのかぶりというかな、金額的にも幼稚園の預かりって結構安価な形で設定しているものですから、逆に今度はそういう目的で入ってこられるとちょっと利用の仕方が違うというようなこともありまして、ある程度時間的な制限はさせていただいていたところでございます。ただ、私立については、やはり希望者の意に沿ったという形で延長をかけて長くやっていて、1号または働いている方も利用しているケースはあるやには聞いております。ただ、その辺保育所との兼ね合い、あと私立との関係ということで現在のところはそのようになったと。さらに、次年度以降ということになるのですが、全園で実施したときにではどうするのだということについては今検討中ではございますが、預かりの人数の確保であるとか、施設の問題であるとか、それから他市の保育所との関係とかいうことで、急にまた時間延長とかそういうのはなかなか難しいところであると思いますので、現在の中でスタートを切りながら、今後ニーズに沿った形での運用ということをこども未来部と協議させていただく状態だと思います。 ◆根本雅昭 委員  先ほど説明会ですとか協議の場についてお伺いしたいのですけれども、今保護者で預けている方への説明は多分幼稚園にご案内すればわかると思うのですけれども、これから廃止されなければ子供を通わせる予定だった保護者の方への通知ですとか説明はどの程度されたのかというところを1点確認したいと思うのですけれども。 ◎学校教育課長 個別に通知を差し上げるということはいたしませんでしたが、というのは実際その地区の方がその幼稚園に入るかどうかというのはご希望によって違う。つまり私立に入るのか、保育所に入るのか、幼稚園に入るのかもなかなかわからないし、地区のものに入るのか、ほかに出るのかというのもわからないので、その地区だけに配ればいいというものでもない難しさがあるのですが、その中で今年度は、先ほど次長の説明からもありましたが、まずホームページのほうで6月号でアップさせていただいて、こうなりますよというようなこと。それから、市政だよりの7月号、それから9月号等で説明会の開催とか、それから平成30年の園児の募集であるとか、そういったものを流させていただいていると。それから、先ほど説明会についてはどこの地区でもいいということでお話はしたところなのですが、その説明会に参加していただいてご意見を伺いたいというようなことではそれぞれのところでは広報活動は行ったところです。また、昨年度の5月になってしまいますが、プレス発表といいますか、市長の会見行ったところだったのですが、その中でこういうふうな形で動いていくというようなことでプレスにも流したというような経緯で、ある程度広報活動は行った。また、今回も平成31年度の募集について間もなく流さなければならないので、その上でもお伝えをしたいというふうに考えております。 ◆根本雅昭 委員  なかなか広報の難しさというのはあると思うのですけれども、そのような中で今回請願として、今回のこの議案にかかわってくるので、今お伺いしますけれども、ほうらい幼稚園の存続を求める請願が出されている中で、昨日もちょっとこども未来部に同じような質問したのですけれども、地域住民、保護者との協議の場もなく進められたということを書かれているわけです。このように協議の場もなくということで、ただ先ほどからの答弁ですと説明はしていると。でも、これから子供を上げる予定だった方ですとか、守る会の方ですか、この方々からしてみれば協議の場がなかったというわけなのですけれども、この認識の違いについてはどのように捉えられていますか。 ◎学校教育課長 実際にその方が市民説明会のときにお越しいただいて、そこで直接的な説明できなかった部分というのはあるかと思います。ただ、この幼稚園の再編に向けては、実際子供の数が減ってきたのは、ちょうど震災以降急激に避難とかそういうのがあって一遍に減ったところなのですが、その傾向が続いた中で、平成27年度にはまず平成28年度入園児に対して保護者説明会をそれぞれ行って、今後どういうふうになるか、つまりほうらいですと平成28年入園も10名以下というような状況だったので、このままの状態だと、これは来年度までは継続ですが、それ以降廃園となることも予想されますというような説明を平成27年度時点で行っております。また、平成28年度の入学生に対しても臨時的な措置を説明する。それから、平成29年度については今回の平成31年度へ向けての説明をするという形で、入園説明会のときにまずそれぞれの保護者の方々には説明しながら、承諾を得て入園をしていただいている。ただ、ではその先の方々というか、今生まれた方、ゼロ歳から3歳、そこの方々までにそういう丁寧な説明をしたのかと言われると、そこの部分ではちょっと足りなかった部分はございます。 ○丹治誠 委員長  まず、ここで資料。 ◎学校教育課長 配付してよろしいですか。 ○丹治誠 委員長  はい、お願いします。      【資料配付】 ○丹治誠 委員長  それでは、先ほどの真田委員の質問に対する答弁はできますか。 ◎学校教育課長 先ほどの質疑で、答申の内容についての議会へのということですが、まず1つは平成27年度に、平成27年の9月ですが、あり方検討委員会が開催されておりまして、その内容について9月議会で佐久間議員から進捗状況についてご質問がございました。それで、答申の内容についてご説明をしたところです。平成28年の6月には同じ佐久間議員、それから萩原議員、沢井議員から答申の内容について再度確認の質問が平成28年の6月議会で行われて、人数が少なくなっていることから統廃合へ向けて現在計画を作成中であるというような答弁をさせていただいたところでございます。また、平成28年の9月には小野議員から答申の内容と、それから適正規模、そしてさらには臨時的な幼稚園の臨時措置についてご質問がございまして、今ここで話したような休園にするとか、一部閉園するとかも含めましてご説明をさせていただいたところです。そのほかに常任委員会等で具体的な項を立てて答申の内容を説明したということはございません。議会の中で説明させていただいたということになります。 ○丹治誠 委員長  議会って本会議とかということ。 ◎学校教育課長 はい、本会議に。 ◆真田広志 委員  基本的に委員会の中でそういったやりとりはほとんどなかったということなのだと思っているのです。基本的に少子化だったり、就業形態の、また社会状況の変遷によって利用者の減少が続いていると。それに基づいて今後どういうふうにしていこうかということで諮問をかけているのだと思うのです。大きな決断を迫られる時期だからこそ諮問して、そういうような段階であるときに、例えば議会の中での答弁はあるにせよ、委員会の中でそういったことに対して触れないこと自体がどういうものなのかなというような思いがしています。  というのは、これ今に始まったことではなくて、平成14年にも再編成計画って策定していると思うのです。再編成しているのだと思うのです。それを再編するとき、平成15年私議員になったのです。第二幼稚園の廃園のとき私かかわっているのです。そのときに地域の住民からの要望があって、陳情があって、同じような話を地域の人たちからされているのです。説明がなかった、協議の場がなかったと。そのときにも私同じような話をさせていただいたのです。地域の人たちにどれだけの説明がなされたのかと。今後はこういうことのないようにしてくださいよと。当然また再編計画が出るときには事前に議会、委員会のほうにもしっかりと説明をしてください、事前にですよ、という話も申し上げているのです。そのときにもわかりましたという話もいただいているのです。当時私委員ではないけれども、議員としてですよね。同じようなことが行われているなと思って。今回の陳情の流れも当時のこと思い出します。やっぱり説明したのですと。町会のほうにも説明したのです。町会の人たちも余り聞いていないのだなんていう話も当時あったのです。知っていたのかもわからないですけれども。何か同じようなことで、結局そういったことの不信感というものがまた今回も繰り返されているなというような思いがあってあえて質問をさせていただいたわけです。その他の話については先ほど来皆さん話をしているとおりでありますけれども、本当にこういったことはもう、今後の話はまだするべきではないと思っていますけれども、遺憾に感じているところです。 ○丹治誠 委員長  そのほかございますか。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  ご質疑がなければ、質疑を終結いたします。  続いて、自由討議、討論に移ります。ご意見のある方はお述べください。 ◆小熊省三 委員  共産党としては、この議案に対して反対です。 ◆沢井和宏 委員  今議論も大分あった中で、私ら会派としてもやはり納得できない部分が多いです。まずは、手続きのあり方からしてやっぱりちぐはぐだった部分がかなりあると思います。  あと、もう一つは再編計画、これが出てきた段階でもう既にこれでやりますよというような計画、私はよく言うのですけれども、案のはずなのです。計画案のはずなのに、計画ということで市民に、言っていること矛盾するかもしれないのですけれども、広報しなさい、広報しなさいと言っているのだけれども、それがあたかも市でもう決定したことのようにおりてしまっていることが私はすごくひっかかるのです。この議会で条例改正案が決定した段階で初めて進むのだと思うのですけれども、ただそれまで来年の4月の募集に間に合わないからといってこども園の予算を通したりなんかしていると、それは前に中核市のところでもそういう議論になったのです。だから、その手続きは本当にそれでいいのかなという思いがあるのです。ある程度きょうみたいな議論をもっと先にやっておいて、それが決まった段階でいろんなことに動き出すべきなのではないかなと思っているのがやっぱり反対する理由が1つと、あともう一つは、先ほど尾形委員からもありましたけれども、預かり保育をまず全園で実施してみて、それによってやっぱり保護者の動向というのは変わるはずだったのだと思うのです。それをしないで、ある程度少ないから、今の保護者のニーズに合わないような実態の中で運営していて、それに合わせる努力もやっぱりすべきだったのかななんていうのが1つと、あと地区からの意見を吸い上げる方式が、こう考えると全体的な計画は必要なのですけれども、今小学校の再編の部分でやっているように、地区ごとにやっぱり個別にじっくり合意を得る、そういう手段があって結果的に納得していただくという、そういう手法をとるべきだったのではないか。余りにも全体計画がぼんと出て、このとおりやらせてもらいます。私印象的だったのは、やっぱり信夫地区に出ていて、地区の方がいっぱい意見を言ったのです。でも、結局これでやらせてくださいというふうに最後は頭を下げたのです。だから、結局は計画ありきで行ったのです。だから、地区の人がそんなことだったら最初からこの紙切れ1枚をぽっと配るだけでこんな説明会なんか要らないよという、そういう話をしていたのです。それがすごく印象的だったのですけれども。やはり地区の意見を聞くというのは、初めからコンクリートではなくて、いろいろ意見を聞いた上でどうするかということに踏み込んでいかなければならないのかななんて思っております。そういう意味では反対です。 ◆梅津政則 委員  先ほど質疑の中でいろいろ申し上げたとおりの気持ちでありまして、再編計画って、これ計画案できたときってパブコメってやっていないですよね。そんなところで意見とかを協議する場もなかったということもありますし、この再編計画自体を否定するつもりはありませんけれども、今のタイミングと時期とか説明の今までの経過を勘案して、今回はこの条例の改正に関しては反対という立場です。 ◆真田広志 委員  今回の手続き上の問題とか、説明責任の問題とかいろいろ申し上げました。それは1つ本当に大きな問題だと思っています。ただ、利用者の減、充足率が平成28年度には50%を切る、そういった状況においてはどこかしらで集団規模の適正化というものに踏み切るという必要性がある、それは本当に十分に理解をしております。今回判断は区域別の人口動態とか、幼児数の推移とか、そういった地区内のほかの施設の状況などを勘案した中で、あり方検討会の答申なんかを踏まえてやむを得なく出した判断だったのだと思います。しかしながら、やはり非常に私もこれは本当に悩ましい問題で捉えていて、今回の統廃合に至る経緯だったりとか説明のあり方というものは決して適切ではなかったのだと思っています。本当に正直憤りも感じているところで、本当にだから、さらに先ほど尾形委員からもちらっと話出ましたけれども、幼稚園需要の低下というものを話出しますけれども、このような決断に至る以前から例えば延長保育、また認定こども園移行というものを考えるべきではないかと、諮問にかける以前からそういった話出ているわけです。認定こども園は別として、延長保育の実施という話は出ているわけです。ところが、そういった話に耳もかさずに、そういったことを検討すらしてこなかったというのも事実でありまして、これは行政の怠慢ととられても仕方のない部分だと思っています。その行政の怠慢というものも含めて、その結果として利用者の減少が続いて、充足率が50%切ってしまったということは事実であって、そういったことでは結果50%を切るその状況での集団規模適正化というものはやはり考えていかなければいけない、その両面をしっかり踏まえていかなくてはいけないのだと思っています。そういった意味で、今後二度とこういった同じような失態を起こさないように。私平成15年度にも同じこと申し上げているのです。本当に地元の第二幼稚園が廃園になるときに同じような話を地域の方々からされて、説明責任果たしていないのではないか、今後は二度とこういうことのないように、それを求めてきたにもかかわらず、今回同じ事態が起きてしまった。今後はこのようなことを二度と起こさない、そういった意味で猛省を促した上で、今後さらなる説明責任、安全性の確保なんかも含めてしっかりと対応していただきたいと思います。その上での判断をさせていただきたいと思います。我々の会派として苦渋の決断です。 ○丹治誠 委員長  それでは、よろしいですか。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  以上で自由討議、討論を終結いたします。  これより採決を行います。  採決の方法は挙手採決といたします。  なお、挙手をされない方は否とみなします。  お諮りいたします。議案第70号福島市立学校条例の一部を改正する条例制定の件について、原案のとおり可決すべきものとすることに賛成の方の挙手を求めます。      【賛成者挙手】 ○丹治誠 委員長  可否同数です。  議案第70号福島市立学校条例の一部を改正する条例制定の件については可否同数でありますので、委員長が裁決を行います。  当該議案について、委員長は可と判断いたします。  よって、議案第70号福島市立学校条例の一部を改正する条例制定の件については原案のとおり可決すべきものと決しました。  それでは、委員会を暫時休憩いたします。午後の再開時刻については1時15分再開ということでお願いします。                午前11時47分    休  憩 ─────────────────────────────────────────────                午後1時13分    再  開 ○丹治誠 委員長  それでは、委員会を再開いたします。  議案第71号福島市子どもの夢を育む施設条例の一部を改正する条例制定の件についてを議題といたします。
     当局の説明を求めます。 ◎教育部次長 では、議案第71号福島市子どもの夢を育む施設条例の一部を改正する条例制定の件についてご説明いたします。  議案書の38ページ、39ページをお開き願います。本条例の提案理由を39ページに記載しておりますが、提案理由に記載のとおり、公の施設の設置目的を効果的に達成するため、子どもの夢を育む施設について指定管理者制度の導入へ向け、所要の改正を行うものでございます。  委員会資料の4ページをお開きいただきたいと思います。A3の条例の新旧対照表になります。新旧対照表の第1条に設置の目的がありますが、子どもの夢を育む施設は児童及び生徒の情操涵養並びに科学知識及び芸術文化の普及及び向上を図り、次世代を担う創造性豊かな子供の育成に寄与する施設として平成17年7月に開館しまして、その4ページの下段に改正後条文説明という枠がございます。この中の米印の9、第3条、子どもの夢を育む施設は次に掲げる事業を行うというふうに記載しましたとおり、科学等に関する資料及び装置の展示並びにその利用に供することほかの事業につきまして、これまで市直営により管理運営を行ってきたところでございます。  具体的な事業としましては、その左側の資料の3ページの(9)、主催事業をごらんください。この主催事業にありますように、学校教育と連携して実施しておりますこむこむ館学習のほか、プラネタリウム、子供向けの理科や図工等のワークショップや子供祭り、企画展示室における特別展などの事業を実施しまして、年間の入場者数は利用状況に示したとおり約27万人でございます。  こむこむ館の管理運営につきましては、平成31年4月よりの第4期指定管理者制度より、資料3ページの1の条例改正の趣旨のほうをごらんいただきたいと思います。条例改正の趣旨に記載のとおり、民間の持つ新しい発想やスピード感のある柔軟な対応を取り入れた市民ニーズを反映した事業や専門性を要する質の高いサービスの提供により、施設の設置目的を効果的に達成するとともに、一層の市民サービスの向上を図るため、平成31年4月より公募による指定管理者制度施設とするものでございます。  条例の改正の内容について説明してまいります。資料4ページの新旧対照表をごらんください。下段が改正前、上段が改正後の条文でございます。大きな改正点は、第14条、第15条、第16条、新しいほうですが、の指定管理者制度導入に係る改正が大きなものでございます。  上段、改正後の第14条1項におきまして、教育委員会は子どもの夢を育む施設の設置目的を効果的に達成するために必要があると認めるときは指定管理者に施設の管理を行わせるとしまして、こむこむ館について指定管理者制度導入ができる施設とするものです。  第14条の2項は、指定管理者に管理を行わせる場合、そこに米印の1からずっとつけましたが、第4条から第7条、第9条、第12条、これについては改正後の条文の米印の1から、米印の順序ですから、6までがありますが、開館時間、休館日とあるのですが、この条文に関する変更、許可、許可の取り消し、制限等につきまして指定管理者が行うことができるようにするものでございます。  第12条の後段は、現在公の施設の利用につき徴収しております使用料、観覧料を指定管理者が管理する公の施設の利用に係る料金、利用料金とするものでございます。この利用料金につきましては、改正後の第16条に利用料金がございまして、この第16条におきまして指定管理者の収入として収受させることができるものとするものでございます。  また、第14条2項の後ろから3行において、第11条の観覧料等の還付等の市長が行うものにつきましても指定管理者が行うことができるものとするものでございます。  第15条は指定管理者が行う業務の範囲を定めるもので、1号では下段の先ほどの米印の9に記載の本条例第3条に掲げる事業でございます。1号から7までありますが、この事業について指定管理者が行う業務とするものでございます。2号につきましては観覧及び使用の許可、同様の3号は施設及び設備の維持管理業務、4号で市長のみの権限に関する事務を除く施設の運営に関する業務を指定管理者が行う業務範囲とするものでございます。  改正後の第17条、第18条につきましては、指定管理者制度導入に係る条文の改正により条を繰り下げるものでございます。  このように平成31年4月よりこむこむ館につきましては公募の指定管理施設とするものでありまして、それに対応する条例改正が本議案でございます。  説明は以上でございます。 ○丹治誠 委員長  ご質疑のある方はお述べください。 ◆尾形武 委員  今回、平成17年から市直接でやってきたものが12年を経まして指定管理者制度になるに至った経過を具体的にどのような結果でこういった指定管理者にしようという方向性になったのかお伺いしたいと思います。 ◎こむこむ館総務管理係長 今の説明でもお話しさせていただきましたが、民間の持つ新しい発想やスピード感のある柔軟な対応を取り入れ、市民のニーズをさらに反映した事業展開を行っていきたいと考えております。 ◆尾形武 委員  そうすると、指定管理者を受けようとする団体はどのような団体がふさわしいとお考えですか。 ◎こむこむ館総務管理係長 こむこむ館の施設の管理に加えまして、事業の実施につきましてもこれまで同様、さらに一層向上したサービスを提供していただける団体が望ましいと考えております。 ◆尾形武 委員  公募して決めるということですので、公募しないとどのような団体の人が手を挙げていただけるか、今後の展開だと思うのですけれども、これにふさわしい団体など、目ぼしといいますか、それはあるのですか。 ◎こむこむ館総務管理係長 これから公募させていただきましたならば、管理計画などを業者さんのほうから提出していただきまして、それに基づいて今後判断していただくものと考えます。 ◆尾形武 委員  今まで携わってこられた職員の方とか嘱託職員の方の処遇と費用がどの程度圧縮されるのかお聞きしたいと思います。 ◎こむこむ館総務管理係長 基本的にこむこむ館におきましては、全ての主催事業も含めまして、事業の実施も指定管理者が行っていきたいと考えておりますので、正職員については残ることはないのかなと考えてございます。ただ、臨時職員や嘱託職員の方につきましては今後指定管理者となられる方との協議になってくるかとは思います。企業につきましては、現在まだ、選定された後の話になってくるかと思いますので、まだお答えできる状況にはございません。 ◆尾形武 委員  ぜひ今まで同様サービスの低下にならないようにお願いしたいと思います。 ◆小熊省三 委員  今嘱託職員、臨時職員が次の指定管理になれるようにというふうな希望するという話ありましたけれども、具体的に人数というか、対象人数は嘱託職員、臨時職員それぞれ何人ぐらいなのですか、対象になるのは。 ◎こむこむ館総務管理係長 嘱託職員は現在6名おります。臨時職員は常勤が10名、それからあと土日、祝日の繁忙期職員は7名、そして長期休業期間中における繁忙期職員が1名という形になります。なので、臨時職員は18名でございます。 ◆小熊省三 委員  6名と18名の方たちが影響を受けるということですか。 ◎こむこむ館総務管理係長 おっしゃるとおりでございます。 ◆真田広志 委員  指定管理ということで何度かいろいろ話をさせていただいたのですけれども、経済性とか、そういったことよりも教育文化施設としての公益的使命、公益性というものをしっかりと担保した上で指定管理に移行してくださいよという話を一般質問でもさせていただきました。それに対して、例えば今回のこむこむ館の目的というものが、先ほども説明ありましたけれども、時代を担う創造性豊かな子供の育成を目的にということで、その目的なんかも含めてこれまでどおり、これ以上に進めていくのだという話がありました。特にこむこむ館は学習指導要領なんかも踏まえた館学習とか、そういった学校と緊密に連携した事業運営というものを強調してきたわけですけれども、そういったものをどのように担保していくのかということについてお伺いをいたしたいと思います。これまで以上に推進していくとの話ではあったのですけれども。 ◎こむこむ館総務管理係長 おっしゃるとおり、サービスの向上を目指して指定管理者制度を導入するわけでございます。今おっしゃられましたとおり、館学習におきましては学習指導要領を踏まえた内容も盛り込んでございます。その中では、プラネタリウムの投映につきましては、学校では実際に天体の観測ができない部分につきましてこむこむのプラネタリウムの投映を見て学習をしていただいているところでございます。その内容につきましては、平成27年から民間委託をしてこれまで運営をしてきた実績もございます。これまで先生のご意見などをお伺いして、内容についても反映させた学年に応じた番組も多数ご用意して投映をしてまいりましたので、その点につきましても指定管理者制度が導入されてもこれまで同様、これまで以上に実施できると考えてございます。 ◆真田広志 委員  その辺はしっかり継承されるということですね。よろしくお願いします。 ◆小熊省三 委員  このこむこむ館で企画事業というか、僕の記憶だと恐竜物だったりとかいろいろあったかと思うのです。今回今年度の4月だと予算を減らして、企画事業を減らしてなったかと思うのです。今回そういう意味では委託料の中に、ここ見るとこむこむ主催事業の中でワークショップ、イベント等も含めて委託に入るということなので、そうするとその辺のところでのお金の、どういう企画をやるかによってお金が、人の入りにもよって違うのでしょうけれども、余り大変だということになると、その辺は今まで市がやっていたような額ではなくて、もしかすると減らしてくるという可能性も、それはあくまで民間事業なので、今までどおり同じように企画的な事業でお金のかかるというか、あるでしょうけれども、できるのかどうかというか、その辺についての担保と言うと表現悪いですけれども、その辺はいかがお考えでしょうか。 ◎こむこむ館総務管理係長 サービスが維持できるよう、また向上できるように、仕様書等におきまして、その辺につきましては施設ごとに施設の利用状況ですとか目的などを明記して仕様書のほうを作成してまいりたいと考えてございます。それを踏まえた上で事業者さんからはご提案いただけるものと考えてございます。 ◆小熊省三 委員  仕様書の中で、具体的にはどうなるかわかりませんけれども、今までどおりかどうかあれにしてもそういう企画的な事業も含めてやってもらうような提案をするということですか。 ◎こむこむ館総務管理係長 おっしゃるとおりでございます。 ◆小熊省三 委員  一般民間事業やったときに、やっぱり採算度外視して企画をやるというところはなかなか難しい部分もあるのかとは思うのです。今までは市の場合も今回は予算編成上あくまで企画的なものは縮小してということになったと思うのですけれども、そういうところで本当に市民の公共的なところでやっていく狙いというのがどれだけそういうところで保障されるのか、その話はもう質問聞いたので、あれなのですけれども、その辺が一番疑問だというところがあります。あくまでそれは意見です。 ◆沢井和宏 委員  ほかの指定管理の部分についても同様なのですけれども、指定管理の目的の中に今回のやつは公の施設の設置目的を効果的に達成するためとありますけれども、指定管理者制度の取り扱いについてを見ると、最後に経費の節減等を図るためにというのがあるのですけれども、そこら辺で本来の目的というか、大きな目的はどっちなのかなという思いもあります。  あともう一つは、これ意見になるのですけれども、民間の力を、能力を活用して、ノウハウを活用してとよく言われるのです。今までの市の職員は能力がなかったのか、市の職員の仕事ではだめなのかという、そういう価値観ではないのではないかなと思うのですけれども、そこいらについてお考えを聞かせていただければと思います。 ◎こむこむ館総務管理係長 まず、効率的な運営とサービスの質の担保という点でございますが、どちらが重いということではなく、両方重要と考えてございます。こむこむ館は、設置目的を達成するために事業を提供することが必要と考えてございますので、経費節減だけではだめだと考えてございます。 ◎こむこむ館長 2点目の市の職員ではだめなのかというところですが、だめだということではありません。当然今まで十分情熱を持ってやってまいりました。それなりの事業が展開できていたとは思います。ただ、民間のノウハウを生かしてというのは、やはり指定管理者制度、民間の事業者がなった場合に、行政でやるよりもスピードが速くいろんなことが取り組めるというところのメリットがありますので。あと、提案の中には自主的な事業として自分の自前のものとしての事業の提案も受け入れる予定になっておりますので、そういったものを生かしながらよりよい、今まで以上にいい運営ができるような事業者を選んでいきたいというふうに考えております。 ◆沢井和宏 委員  ありがとうございます。意見なのですけれども、やはり民間にもよさがあるし、公的な視点というのもきちっと入れていかないと、特に教育施設についてはそういうことが言えるのではないかなと思ったものですから、そういう質問をさせていただいたのですけれども、あとはやはり結果的には経費節減と、あとは下手をすると言われるのは行政の責任を民間にある程度振り分けるみたいな、そういう誤解を受けかねないということで、言い方悪かったらあれなのですけれども、指定管理者制度の取り扱いということできちんと評価をしながらやっていく、かかわりを持っていくということなので、そこいら辺は十分にやっていただきたいなと思っております。ありがとうございました。 ◆根本雅昭 委員  1点お伺いしたいのですけれども、何か指定管理に移行された後の数字的な目標というのはあるものですか。 ◎こむこむ館総務管理係長 その点も指定管理者に応募していただく方にどの点を重点的にやっていきたいかということでご提案いただきたいと考えてございます。 ◆根本雅昭 委員  そうすると、指定管理に移行した後も評価か何か、指定管理者がきちんとやっているかどうかという評価は必要だと思うのですけれども、その評価の項目も指定管理者と相談をしながらということでしょうか、それとも市がこの点でという何かあるものはありますか。 ◎こむこむ館長 指定管理者制度については、全ての施設について毎年評価をして、各部の管理運営委員会のほうで協議をしております。 ◆根本雅昭 委員  その評価の項目というのはどんなものなのですか。例えばで構いませんので。 ◎教育総務課課長補佐 評価制度につきましては、平成26年度から各施設の運営に関する評価を行ってございます。大きく2つに分けての評価項目でございますが、1つ目としては適正性、その中に事業実施の状況であったり、職員に対して。あと維持管理に関するもの、あと法令の遵守に関するものの4つの構成で適正であるかどうかを自己評価、あと管理者までの評価を実施しております。  あともう一つの大きな項目としまして、2つ目の有効性というくくりがございます。こちらには先ほど申し上げたような目標値、あとサービス項目の達成状況、あと利用促進の取り組み、これは事業実施の状況とか、ここをどれだけ実施したかというようなものですとか、あと稼働率向上にどのように努めたかとか、そういったものでございます。あと利用者への対応状況、アンケートを実施して、それに対してどれだけ応えているか、そういった部分を評価して、総合的な評価を毎年度行っているところでございます。 ◆小熊省三 委員  これ公募ということですよね。今まで例えば非公募というか、そういうことにたけていた市内の団体というか、がやるというわけではなくて、あくまでオープンの公募ということですか。 ◎こむこむ館総務管理係長 公募で募集をしたいと考えてございます。 ◆小熊省三 委員  プロパーさんというか、専門のそういう、今までは市でやっていたから、当然そうでしょうけれども、例えば……でもそういう団体があるわけではないので、そうなのでしょうか。わかりました。いいです。 ○丹治誠 委員長  よろしいですか。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  それでは、質疑を終結いたします。  続いて、自由討議、討論に移ります。ご意見のある方はお述べください。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  以上で自由討議、討論を終結いたします。  これより採決を行います。  採決の方法は簡易採決といたします。  お諮りいたします。議案第71号福島市子どもの夢を育む施設条例の一部を改正する条例制定の件について、原案のとおり可決すべきものとすることにご異議ございませんか。      【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  ご異議ございませんので、議案第71号については原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第72号福島市地区体育施設条例の一部を改正する条例制定の件についてを議題といたします。  当局の説明を求めます。 ◎教育部次長 それでは、議案第72号福島市地区体育施設条例の一部を改正する条例制定の件についてご説明を申し上げます。  議案書の40ページ、41ページをお開きください。41ページ左側に提案理由がございます。そこに記載のとおり、今回の条例については公の施設の設置目的を効果的に達成するため、指定管理者制度を導入するための所要の手続きを行うものでございます。  なお、平成31年4月からの公の施設の取り扱いにつきましては、委員会資料の常任委員協議会の報告案件にもなっておりますが、関連いたしますので、ここでご説明をさせていただきたいと思います。  本資料の9ページ、10ページをお開きください。常任委員協議会の中で報告いたします案件でございますが、公の施設の平成31年4月からの取り扱いにつきましての教育委員会所管の指定管理施設一覧でございます。直接管理は記載しておりません。この指定管理につきましては、先ほどありましたように、1が公募施設、10ページの中段に2、非公募施設、クレー射撃場があります。それ以外のナンバー1からナンバー36までにつきましては、平成31年4月よりは公募の施設とするものでございます。そこの中に先ほどご審議いただきましたナンバー6、こむこむ館があるところでございます。これまで現行取り扱い直接管理でございましたが、こむこむ館についても公募施設ということです。  この中の体育施設につきましては、9ページのナンバー7、信夫ヶ丘競技場から10ページのナンバー36、飯野野球場までの太線で囲みました体育施設30施設につきまして、適正な競争原理と公平性を確保し、より一層の市民サービスの向上を図るため、一括公募の指定管理者制度施設へ取り扱いを変更することとします。これまでは非公募及び直接管理でございましたが、一括の公募の指定管理者施設とするものでございます。そのうちナンバー11、福島市体育館・武道場及びナンバー15、十六沼公園屋根付運動場に加えまして、ナンバー32、松川地区体育館からナンバー36、飯野野球場の6施設を平成31年4月より新たに公募による指定管理者施設とするものでございます。これまでは直接管理でございましたが、指定管理者施設とするものでございます。  本条例の一部改正につきましては、市地区体育施設条例で位置づけております先ほどのナンバー32の松川地区体育館からナンバー36、飯野野球場が地区体育施設条例で定めている施設でございますが、このうちのナンバー34の蓬莱中央公園運動施設・レクリエーション施設については、市の都市公園条例において指定管理者制度を導入できる施設としてもう既に位置づけてありますので、こちらは都市公園条例でございます。残りの5施設の指定管理者制度導入に係る条例の改正でございます。  委員会資料、戻っていただきまして5ページをお開きください。2、施設の概要に今回本条例改正に係る施設の概要を記載しております。(1)が清沢地区体育館、(2)、松川地区体育館、(3)、飯野地区体育館、(4)が飯野野球場でございます。施設の内容、供用期間及び時間については記載のとおりであります。また、施設の利用状況については3、施設利用状況として記載しているので、ごらんいただきたいと思います。現在の管理状況につきましては、(1)の清沢地区体育館が蓬莱地区体育協会、(2)、松川地区体育館が松川町体育協会、(4)、飯野野球場については飯野町ソフトボールスポーツ少年団に業務委託をして管理運営を行っているところでございます。(3)の飯野地区体育館につきましては、直接管理と記載しておりますが、飯野学習センターで予約等の利用に係る業務を行っているところでございます。これらの地区体育施設につきまして、第3期のこれまでの指定管理者制度において指定管理施設であった他の体育施設を一体として指定管理制度を導入しまして、5ページ、1、条例一部改正の趣旨に記載しておりますとおり、公の施設の設置目的の効果的な達成を図るものでございます。  委員会資料6ページの新旧対照表をごらんください。下段が改正前、上段が改正後でございます。第14条につきましては、これまで地区体育施設条例で指定管理者制度を導入できる施設として湯野地区体育館については既に位置づけられましたが、それに加えまして改正後の第14条におきましては清沢地区体育館、松川地区体育館、飯野地区体育館、飯野野球場を加えるものでございます。  なお、本条例で位置づけている地区体育施設につきましては、6ページの下段の枠の中の後段に清沢地区体育館から飯野野球場がありますが、網をかけていない下川崎地区運動場、野田地区運動場、上鳥渡地区運動場、平野地区運動場、飯野地区運動場、庭坂簡易運動場の6施設がこの条例の中にございますが、この網かけ以外の体育施設につきましては、管理施設等がなく、主に地域住民が利用する運動施設に該当しておりますので、指定管理者制度適用の範囲から除く施設ということで位置づけておりますので、引き続き直接管理とするものでございます。網をかけた体育館について今回指定管理者制度を導入する施設とするものでございます。  第14条の2項につきましては、下段の条文説明にある米印の1から6までの各条の変更、許可、許可の取り消し、制限を指定管理者が行うことができるようにするもので、同項の後段は、先ほどのこむこむ館の説明のとおり、現在の使用料を指定管理者が管理する公の施設の利用に係る料金の利用料金とするものでございます。  なお、利用料金につきましては、第16条において指定管理者の収入として収受させることができるものとしたところでございます。  第11条の使用料の還付につきましても、市長が行うものについて指定管理者が行うものとできるものとしております。  第17条につきましては、指定管理者制度導入に係る条文の改正によりまして条を繰り下げるものでございます。  説明は以上でございます。 ○丹治誠 委員長  ご質疑のある方はお述べください。 ◆尾形武 委員  今回指定管理者になるわけなのですけれども、いずれも地元の体育協会に管理運営をお任せして、結構地元の体育協会はこの管理運営することによって地元の施設として大切に扱ってきた経過もあり、また体育協会もそれなりの収入といいますか、管理料をいただいて運営しているような状況も見受けられるのです。ですから、今回地元の方々が今までせっかく愛情を持って管理しておられたものを指定管理者ということで別な組織が管理することによって地区民から離れるのが一番と、今まで同様な地域に親しまれた施設になり得るのかなという心配があるのですけれども、それらについてどのような見解をお持ちかお願いします。 ◎保健体育課長 今委員ご指摘のとおりでございまして、こちらの施設につきましては指定管理第2期、平成21年から地元密着としまして、地区体育協会にお世話になっておりました。その中で鍵のあけ締めだとか、施設の申し込みとか、あわせて地域の体育振興に寄与しておりまして、これに関しては問題なく来ておりまして、非常に感謝申し上げます。ただ、この施設につきましては30年以上経過して老朽施設となっておりまして、専門的な見知のほうの管理運営が必要でございまして、まずは建築士さんだとか、または体育施設の管理運営者の専門の目によって見てもらうのが必要と考えております。なお、地元体協さんにつきましては、新たな指定管理者につきましては引き続き地元体協さんのほうに一部管理をお願いできないかについて協議していこうと思っております。  以上です。 ◆尾形武 委員  そうしますと、指定管理された団体が体育協会にさらに委託するという形式ということですか。 ◎保健体育課長 そのようにお願いしようと考えております。 ◆尾形武 委員  管理状況は今までとさほど変わらない状況も望まれるということなのですね。 ◎保健体育課長 一部管理につきましては地元体協さんにお願いしたいと考えてはいるのですけれども、繰り返しますけれども、体育館30年以上、33年以上、施設によっては45年の施設となっておりますので、先を見据えた上では専門的な方の知見が必要だと思いましたので、指定管理の中でそういった施設管理をしていただきながら地元のほうに管理をお願いしたいと考えております。  以上です。 ◆梅津政則 委員  先ほどの幼稚園の話ではないのですけれども、この話は特に体育協会さんのほうとかというのにはもう話はされているのですか。 ◎保健体育課長 これからになります。 ◆梅津政則 委員  指定管理者のほうに委託管理を地元になんていうことを強制する仕様書は多分つくれないと思うので、確約は多分ないと思うのです。間違いなくまた体協さんのほうに何らかのかかわりお願いしますという説明はできないと思うのです。結果もし体協にお願いすることが何もなくなるというようなことも含めて、事前にちょっと説明して理解を得ておくというのがやっぱり大事だと思いますので、よろしくお願いします。 ◎保健体育課長 説明したいと思います。 ◆小熊省三 委員  先ほどの説明の中で一体管理というようなことで、今体育協会のところから別な指定管理業者に行くと。そのときのあれが専門的な目で、体育館が30年から40年たっているので、専門的な目で見るというところがありましたけれども、それって何を、確かに古くなっているのですけれども、今まで、質問になっていないかもしれないですけれども、そういう指定管理者にしてみるというところでの意義というか、位置づけというか……      【「何で直接管理の中で発注しないんですかと聞いたほうがわかりやすい」と        呼ぶ者あり】 ◆小熊省三 委員  そうします。ありがとうございます。直接管理の中でしないのですか。 ◎保健体育課長 現在の体育施設につきましては、職員が月1回程度現場の確認を行っているわけでございますけれども、保健体育課職員につきましては建築士とか体育施設管理士資格持っておりませんので、そういった部分について民間のほうにお願いしたいというふうに考えております。そういうような意図です。 ◆小熊省三 委員  では、例えば今あれなのですけれども、管理というか、点検するだけそこの指定管理してお願いするという、その分野だけということはできないのですか。例えばそこの点検のところが職員が足りなくてできないということで、安全性の問題で心配だということだと思うのですけれども、そうしたらば…… ◎教育部次長 これ協議会の案件の中でご説明する内容だったのですが、今回の体育施設30施設、そのうちの5つの施設を今回指定管理者制度を導入するについては、今ありましたように体育館の維持管理もありますが、もう一つとして地区以外の市民の利用も多くなっているという状況が1つございます。その中で全市的な目で利用を見ていただいて、体育の振興に全市的に見てということもあります。それと、施設の修繕等につきましても他の体育施設が一体となることによりまして、これは経費等の削減にもつながっていくということから、それとともに先ほどあったように老朽化施設の維持管理ということで専門的な目で管理することが必要だということで、そのような面から地域の直接管理から指定管理者に今回組み入れると、変更するというような内容でございます。 ◆小熊省三 委員  ちょっと曲解していて申しわけないかもしれないですけれども、全体的な視点から見ていくというところを含めて、全市的なことを見るということを考えると、そうは言っていませんけれども、例えば必要によっては統廃合ではないけれども、そうは言っていませんよ。だけれども、そういうことも含めて視野に入れてのということなのですか。
    ◎教育部次長 それはないです。それではなく、全市的な利用状況とか、あと利用者の調整とか、あとは体育施設を一体管理することによって自主事業の会場との連携とかいろいろ図れるということから、自主事業の面でも有効性があるということで、今回は公募の指定管理者施設としているという観点でございます。 ◆梅津政則 委員  例えばですけれども、大規模修繕とかというのが発生したらば指定管理外だと思うのですけれども、指定管理者のほうの目で見てもらって、例えば簡易修繕とかがあれば全体のほかの施設とかのやつで安く上げていく、その中で大規模修繕的なものが出てきた場合、それはそれでまた別扱いという、そういう理解でいいのですよね。 ◎保健体育課長 ご指摘のとおり、基本的に50万円未満についてはお願いしたいと。50万円を超える分については市のほうで対応する形になります。  以上です。 ◆沢井和宏 委員  体育館の指定管理というのは何かイメージがちょっと湧きにくいのですけれども、ここに料金設定の条文を設けたということは、指定管理者によっては料金を徴収するような形になるのでしょうか。現在は料金は無料ですよね。私もそこ詳しく…… ◎保健体育課長 基本的にこの挙がっている施設につきましては、1番から3番については無料となっております。ただし、4番の野球場につきましてはナイター照明使用料、こちらについて1時間1300円とさせていただいております。  以上です。 ◆沢井和宏 委員  ということは、指定管理者によってはそこの施設にかなり改修とか何かで投入したということで料金を徴収する場合もあるということでいいのですよね。 ◎保健体育課長 使用料につきまして条例で定めておりますので、条例で定めた金額を上限に徴収するということになります。 ◆沢井和宏 委員  それで、イメージが湧かないのは、指定管理者というのはどういうものを想定して、公募で集まるのか集まらないのかというのもあるのだと思うのですけれども、どのようなことを想定しながら指定管理者を公募していくのかというのをお聞きしたいのですけれども。      【「これ一括公募です」と呼ぶ者あり】 ◆沢井和宏 委員  では、いいです。 ○丹治誠 委員長  そのほかございますか。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  なければ、質疑を終結いたします。  続いて、自由討議、討論に移ります。ご意見のある方はお述べください。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  以上で自由討議、討論を終結いたします。  これより採決を行います。  採決の方法は簡易採決といたします。  お諮りいたします。議案第72号福島市地区体育施設条例の一部を改正する条例制定の件について、原案のとおり可決すべきものとすることにご異議ございませんか。      【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  ご異議ございませんので、議案第72号については原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第73号福島市十六沼公園屋根付運動場条例の一部を改正する条例制定の件についてを議題といたします。  当局の説明を求めます。 ◎教育部次長 それでは、十六沼公園屋根付運動場条例の一部を改正する条例制定の件について説明いたします。  先ほどの資料の9ページもう一度お開き願いたいと思います。教育委員会所管の指定管理施設一覧の中のナンバー15、十六沼公園屋根付運動場でございますが、こちらはこれまで平成28年8月から開園以来直接管理としてきたものございますが、平成31年4月の第4期の指定管理者制度に伴いまして、一括の公募施設の指定管理者施設とするものでございます。今回の条例については、この指定管理者制度の取り扱いにかかわる条例改正でございます。  議案書は42ページ、43ページでございます。43ページの提案の理由でございますが、これは先ほどと同じですので、この様な形での提案理由でございます。  資料の7ページをお開き願いたいと思います。まず、十六沼公園屋根付運動場についてのご説明をさせていただきたいと思います。同運動場は平成28年8月に供用開始し、2、施設の概要の(3)にありますように人工芝30メートル掛ける40メートル1面で、利用状況については表3の施設利用状況にありますように、中央の網かけにあります専用の利用が合計で1万9,000人強、その左側、個人の利用が1,928人ということで、なお利用の内訳については高校生以下が約3分の2を占めている施設でございます。現在は、直接管理の取り扱いで、公益財団法人福島市スポーツ振興公社へ管理運営業務を委託しているところでございます。この十六沼公園屋根付運動場につきましては、29の体育施設と一体公募の指定管理者施設とすることによりまして、公の施設の設置目的の効果的な達成を図るというものでございます。  委員会資料の8ページをごらんください。条例の新旧対照表になります。下段が改正前、上段が改正後でございます。主な改正点について説明してまいります。第14条1項につきましては、十六沼公園屋根付運動場について指定管理者制度を導入できるものとするものでございます。  第14条の2項については、下段の条文説明の欄の米印の1から6までの各条についての変更、許可、許可の取り消し、制限につきまして指定管理者が行うことができるようにするもので、同第14条の後段については、現在の使用料を指定管理者が管理する公の施設の利用に係る料金、利用料金とするもので、この利用料金については第16条で指定管理者に収受させることができるものとしているところでございます。  第11条の使用料等の還付につきましても、市長が行わせて指定管理者が行うことができるものとするものでございます。  第15条は、指定管理者が行う業務の範囲の規定でございまして、1号では下段の米印の9、第3条に掲げる事業ということですが、これは1、2と2つございます。屋根付運動場の施設及び設備を一般の利用に供すること。2としては、前号に掲げるほか、第1条に掲げる屋根付運動場設置の目的を達成するために必要な事業、1号ではこの第3条を指定管理者が行う業務と規定するものでございます。2号で使用許可の業務、3号で施設及び設備の維持管理業務、4号で市長のみの権限に関する事務を除く施設の運営に関する業務を指定管理者が行う業務と規定するものでございます。  第17条については、指定管理者制度導入に係る条文の改正によりまして、条を繰り下げるものでございます。  説明は以上でございます。 ○丹治誠 委員長  ご質疑のある方はお述べください。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  それでは、以上で質疑を終結いたします。  続いて、自由討議、討論に移ります。ご意見のある方はお述べください。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  以上で自由討議、討論を終結いたします。  これより採決を行います。  採決の方法は簡易採決といたします。  お諮りいたします。議案第73号福島市十六沼公園屋根付運動場条例の一部を改正する条例制定の件について、原案のとおり可決すべきものとすることにご異議ございませんか。      【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  ご異議ございませんので、議案第73号については原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、議案第65号平成30年度福島市一般会計補正予算中、教育委員会所管分についてを議題といたします。  当局の説明を求めます。 ◎教育部次長 それでは、議案第65号平成30年度福島市一般会計補正予算中、教育委員会所管分についてのご説明を申し上げます。  補正予算説明書、こちらのほうで説明をさせていただきたいと思います。まず、歳入についてでございます。補正予算説明書の8ページ、9ページをお開きください。22款及び1項市債、8目教育債4,000万円の追加につきましては、右側の5節の渡利学習センター整備事業に係る社会教育施設整備債2,700万円及び6節の信夫ヶ丘球場及び庭球場の改修に係る体育施設整備債1,300万円、計で4,000万円でございます。  次に、歳出でございますが、14ページ、15ページをお開きください。下段10款教育費、6項社会教育費、1目社会教育総務費、補正の3,600万円につきましては、渡利学習センター整備事業に係る工事請負費の追加でございます。  委員会資料11ページをごらんください。渡利学習センター整備事業についての資料でございます。(1)、事業の目的、内容に記載のとおり、渡利学習センター整備事業の敷地9,500平米のうち、現在の学習センター及び駐車場敷地を除きました7,300平米の造成工事を実施するものでございます。  (2)の⑤、全体スケジュールをごらんください。渡利学習センター整備事業は、建物につきましては平成30年度内に実施設計を策定し、平成31年度より建築工事を実施する予定でございます。旧渡利地区体育館は、平成30年3月31日付で廃止しまして、現在解体工事を進めておりまして、8月中には解体工事が完了する予定でございます。今回の補正予算につきましては造成工事でございますが、渡利地区体育館の解体後に盛り土工事を実施するものでございます。  新学習センターにつきましては、平成32年度内に供用を開始する予定で、現在の学習センターの解体及び外構工事を経て、平成33年度には全面供用開始の計画となっているところでございます。  造成工事の概要につきましては、中段の(2)、事業の概要のとおり、事業費は3,600万円、財源内訳は記載のとおりでございます。  事業内容は、土工、排水工、貯留施設工でありますが、下段の計画平面図をごらんください。図の左側が北側になっております。土工で盛り土工事を実施する区域につきましては、計画平面図に網かけで示しました枠の中で……網かけの部分でございます。約7,300平米でございまして、図左側の現学習センターと駐車場は整備工事中でも学習センターとして使用するため、今回の造成区域には含まれておりません。盛り土工事は、この網かけ区域7,300平米で約2,460立米について実施する計画でございます。造成区域内の破線で示しました区域には、側溝を布設する計画でございます。  なお、暗渠工については図示しておりませんが、全体で造成区域内に延長で419メートルの布設をする計画でございます。  新学習センター建設地の西側、図でいきますと左下側の斜線で示したところについては、地下貯留槽を設置するものでございます。  主な内容は以上でございますが、6月市議会定例会議での議決をいただきまして工事を発注しまして、地区体育館解体終了後工事に着手し、平成31年3月までには造成工事を終了する予定でございます。  続きまして、補正予算書の16ページ、17ページをごらんください。上段6項社会教育費、4目文化振興費300万円につきましては、戊辰150年記念事業費でございます。本年度は、戊辰戦争から150年の節目に当たり、平成30年2月13日に開催されました福が満開、福のしま。福島県観光復興推進委員会総会におきまして、戊辰150年の本年度はふくしま秋・冬観光キャンペーン2018の主要テーマにこれまでの絶景、温泉、食と日本酒に加えまして、新たに歴史が追加となりまして、戊辰150年に合わせた企画を観光誘客の施策の一つとして実施するということになりました。本市におきましても戊辰150年に合わせまして、東北及び函館までの戊辰戦争を決定的にしました長州藩の参謀、世良修蔵殺害事件や奥羽越列藩同盟軍事局が所在したなど、戊辰戦争と本市のかかわりを発信するとともに、福島藩から福島県及び福島町、福島市への歴史の変化の大きな節目である戊辰戦争を見直すことを目的としまして、戊辰150年事業を実施するものでございます。  事業は、3つの事業を計画しております。9月に奥羽越列藩同盟軍事局が置かれました長楽寺を会場としまして、奥羽越列藩同盟や戊辰戦争に焦点を当て、長楽寺所蔵の世良修蔵の手紙や本市が所蔵する福島藩士出陣の図など、福島城下の様子を紹介する展示を開催します。10月には旧広瀬座を会場に地元の劇団120○ENによります戊辰戦争をテーマとした創作劇の公演を行います。11月には、現時点ではまだ仮称でございますが、戊辰から福島の近代化を考えるとしまして、大学教授等の講師による講演と関係者によるシンポジウムを開催する予定でございます。戊辰戦争から福島県、県都福島市の誕生を振り返り、風格ある県都ふくしまへ向け、歴史を見直してまいる考えでございます。  なお、本事業はふくしま秋・冬観光キャンペーン2018の特別企画に本市として提案しまして、幅広く広報を進めてまいる計画でございます。  続きまして、補正予算書16、17ページの下段、7項保健体育費、3目体育施設費1,753万円につきましては、信夫ヶ丘球場及び福島市庭球場の改修に係る事業費でございます。委員会資料12ページをごらんいただきます。まず、信夫ヶ丘球場改修工事設計事業からご説明申し上げます。信夫ヶ丘球場は昭和26年竣工で、本年で築67年を迎える施設でございます。平成元年度にメインスタンドの改修工事を実施しておりますが、現在スタンド下の大会役員室等の各部屋で雨漏りが発生するとともに、下段の写真右上及び左下の1階居室の写真において、円で囲んだ箇所にありますように汚れ、破損が目立つ状態となっております。また、トイレにつきましては右下の写真のように和便器となっております。この信夫ヶ丘球場は、東京オリンピック・パラリンピック大会に係りまして、事前合宿及び競技大会での野球競技事前練習場としての活用が想定されることから、平成31年度より改修工事を実施する計画で、平成30年度内に改修工事に係る設計を行うものでございます。  なお、東京オリンピック・パラリンピック大会に係る使用に間に合わせる必要があることから、6月市議会定例会議での議決後に設計業務を発注しまして、設計業務策定後、平成30年12月市議会定例会議に改修事業費を補正予算計上しまして、平成31年4月からの現場での工事に着手してまいる計画でございます。  (2)、事業の概要をごらんください。事業費は693万円でございます。財源内訳は記載のとおりでございます。設計を行う内容は、雨漏り防止のためのメインスタンド等の防水工、スタンド下の居室内部の補修工に加え、トイレ洋式化等の便益施設に係る改修工事に係る設計でございます。  続きまして、資料13ページをごらんください。福島市庭球場管理棟屋根防水工事事業でございます。管理棟は、昭和46年に竣工し、昭和61年に増築した建物でございます。平成10年に屋根防水工事を実施しておりますが、その後20年が経過し、劣化が生じていたところに本年、平成30年3月2日の強風によりまして屋上の防水シートに破損が生じました。現在は左の写真のように防水シートの破損箇所をビニール等で覆う応急的な処置をしているところでございます。この破損によりまして雨漏りが発生しまして、右側の写真の円で囲んだ箇所にありますように、雨漏りによるしみ等の汚れが認められているところでございます。この屋根防水シートの破損を放置しておきますとさらなる雨漏りが発生することから、屋根防水工事を実施するものでございます。  (2)、事業の概要をごらんください。事業費は1,060万円で、財源内訳は記載のとおりでございます。  (3)、スケジュールに記載のとおり、6月市議会定例会議での議決をいただきまして、内部設計を行い、8月以降に工事発注し、10月からの防水工事を予定しておりまして、12月までには完了する計画でございます。  補正予算に関しては以上でございます。 ○丹治誠 委員長  ご質疑のある方はお述べください。 ◆高木克尚 委員  信夫ヶ丘球場ですけれども、どこいじっても全部壊れているのはしようがないのですけれども、せっかくオリンピックというめったにない機会を理由にさまざまな修繕をかけるわけですから、やっぱり誰が来ても、利用者ばかりではなくて、見学者も含めてスコアボード直したら。せめてストライクボールぐらい直しておかないと恥ずかしいのではないかと思うのだけれども、そういう計画は持っていませんか。 ◎教育部次長 ストライクボールの表示に関しましては当初予算で計上しておりまして、今年度改修する予定でございます。 ◆高木克尚 委員  そこだけ。 ◎教育部次長 表示に関しては。 ◆高木克尚 委員  色ぐらい塗ったら。 ◎教育部次長 今回そこまでのまだ計画はございませんでしたので、今後におきましてそこについては検討させていただきまして、まずは改修工事、雨漏り、洋便器というのはオリンピックに伴い外国人の利用者の方がいられますので、まずは雨漏りを防ぐ。あと、部屋の中をきれいにしまして、洋便器化を図る。便益施設等については、これはオリンピック委員会との協議になりますが、やはりそういう環境面についてまず今回は改修していきたいと考えておりますので、今回は設計を上げさせていただいたところでございますので、なお検討させていただきたいと思います。 ◆真田広志 委員  関連なのですけれども、本当にあそこに掲示板なんか高校野球やっている人たちからも信夫ヶ丘球場でやりたくないなんていう話も聞こえてくるのです。表示も含めて郡山なんかも改修が進んで、電光化進んでいるわけではないですか。それに比べて福島がどうなのだと。あと、地元の体育協会なんかからも随分言われていまして、ぜひ本当に前向きに進めていっていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。 ◎教育部次長 今回、出発点としまして雨漏りの防止等をやるわけでございますが、なお体育施設につきましても市内でいろんなところで計画的に整備しているところでございますので、その中の全体の計画の中で検討していくということでございますので、その中には当然入っている案件でございます。その中で体育施設の整備のあり方について、スポーツのまちづくりというところの中で今後検討していくべきだと考えておりますので、ご理解いただきたいと思います。 ◆梅津政則 委員  質問ではないのですけれども、この信夫ヶ丘もそうなのですけれども、教育費の予算ですけれども、耐震の工事やりながらの教育費の全体の予算に占める割合って私はすごく低いというふうに思っていまして、そういう面でオリパラとか、こういうメイン的なものがあるときは財務から分捕りやすいと思ったりするわけなので、ここだけの話というのはおかしいかもしれないですけれども、財務のほうと闘えとは言いませんけれども、ぜひタイミングを逃さないで予算を獲得していただけるように心から切に要望いたします。 ◆根本雅昭 委員  トイレなのですけれども、信夫ヶ丘球場の西側に、外にトイレありますよね。あれはずっとあのままなのですか。特に男子の便器なんかは最近やっとついて、この間まで壁にそのままするような形だったと思うのですけれども、あそこの改修なんかはどうなっているのでしょうか。 ◎保健体育課長 トイレの洋式化について直したと記憶はしているのですが、ご指摘あったとおり、建物全体については老朽化しておりますので、検討してまいりたいと思います。 ◆小熊省三 委員  渡利の学習センターのことで質問させていただきます。  地域の方というか、要望があったかどうか、そこまで、一部の方からあったのですけれども、この図を見るとグラウンドのところに、ソフトをやったりする場合に、今はバックネットがあるのですけれども、今回撤去するということだったのです。いろいろ説明聞けば地下貯留槽のあたりになるので、ちょっと難しいかなという話が出ていたと思うのですけれども、その辺どんなふうな検討をなさったのか、それともそのままなのかお伺いしたいと思いまして。 ◎生涯学習課長 旧渡利中学校のグラウンドの部分でございますが、現在はグラウンドというよりは多目的な広場という形で皆様にご利用いただいております。現在もくるみ川改修以降正式なソフトボールあるいはサッカー等のグラウンドをとれる面積はございませんで、そういう正式なコートではなくて、自由にボールを蹴ったり、キャッチボールをしたり、グラウンドゴルフをしたりというような形で地元にご利用いただいている状況でございます。今後につきましても同様な形でご利用いただけるように、先ほど説明しましたように、暗渠排水等もやりながらより使いやすいように整備をしていきたいと考えております。 ◆小熊省三 委員  今、申しわけないですけれども、バックネット等についてのことは一言も触れていなかったかと思うのです。 ◎生涯学習課長 バックネットについては、現在もございませんでした。サッカーゴールは今置いてございますが、サッカーゴールも置いてはありますが、コートの広さで置いてあるのでなくて、グラウンドの両端のほうにサッカーゴールを置いてお互いに蹴り合っているというような状況でございます。 ◆小熊省三 委員  僕の記憶違いだったでしょうか。今までのところでは、体育館の脇のところにバックネットがあったはずですよね。 ◎生涯学習課長 バックネットではなくて、体育館のほうを保護するためにフェンスは立てておりました。防球ネットという形で。 ○丹治誠 委員長  そのほかございますか。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  それでは、以上で質疑を終結いたします。  続いて、自由討議、討論に移ります。ご意見のある方はお述べください。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  以上で自由討議、討論を終結いたします。  これより採決を行います。  採決の方法は簡易採決といたします。  お諮りいたします。議案第65号平成30年度福島市一般会計補正予算中、教育委員会所管分について、原案のとおり可決すべきものとすることにご異議ございませんか。      【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  ご異議ございませんので、議案第65号中、教育委員会所管分については原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、報告第4号福島市一般会計予算の継続費繰越しの件中、教育委員会所管分についてを議題といたします。
     当局の説明を求めます。 ◎教育部次長 それでは、報告第4号福島市一般会計予算の継続費繰越しの件中、教育委員会所管分についてのご報告を申し上げます。  議案書の80ページ、81ページをお開きいただきたいと思います。平成29年度福島市一般会計継続費繰越計算書というタイトルのものでございます。教育委員会所管につきましては、80ページの中段以降の10款教育費の10事業でございます。  まず、80ページ中段の2項小学校費の福島第三小学校及び蓬莱小学校屋内運動場耐震補強設計委託事業につきましては、平成29年9月補正予算で表中の事業名右側の継続費の総額欄にございますが、この2,250万円を事業費としまして、平成29年、平成30年の2カ年の継続事業費として承認いただいて事業を進めているものでございます。両校の耐震補強設計業務につきましては、いずれにつきましても平成29年11月17日付で平成31年3月15日を工期として契約を締結し、設計業務を進めているところでございます。いずれの設計業務につきましても平成29年度に前払い金の支出がなかったことから、平成29年度継続費予算現額欄の枠、右側の計に記載の900万円全額を平成30年度に逓次繰り越しの上、工期内に事業を完了させるものでございます。  その下、荒井小学校、飯坂小学校及び3項中学校費のうちの西信中学校、大鳥中学校の校舎耐震補強等工事につきましては、平成30年度当初予算で予定しておりました事業でございますが、国の平成29年度補正予算の採択を受け、平成30年3月補正予算で継続費の追加補正を計上し、承認いただいたものでございます。荒井小学校、飯坂小学校、西信中学校が平成29年度から平成31年までの3カ年事業で、耐震補強工事及びトイレ洋式化に加えまして、荒井小学校は渡り廊下改築工事、西信中学校は外壁落下防止工事等を実施するものでございます。大鳥中学校は、平成29年度から平成32年度の4カ年事業で、耐震補強工事、トイレ改修工事のほか、外壁落下防止工事、校舎天井改修工事を実施するものでございます。いずれも3月補正予算のため、未契約繰り越しとしまして、それぞれ平成29年度の継続費予算現額全額につきまして、平成30年度に逓次繰り越ししたものでございます。このうち西信中学校南については、南校舎特別教室改修工事について工期を平成30年8月31日として7月19日に契約を締結し、工事を進めているところでございます。飯坂小学校の耐震補強工事、トイレ改修工事、それと大鳥中学校校舎天井及びトイレ改修工事については、昨日、6月13日の入札の結果落札となりまして、今後契約手続きを進め、工事に着手する予定でございます。その他の工事につきましては、順次契約手続きを進め、工事に着手する計画でございます。  次は、81ページ、上段の蓬莱中学校校舎耐震補強等工事につきましては、校舎耐震補強工事及びトイレ改修工事を内容としまして、平成29年3月補正予算で事業費2億596万2,000円、平成28年度から平成30年の3カ年の継続事業として承認いただき、平成28年の予算現額8,693万9,000円について平成29年度に逓次繰り越しし、事業を進めたものでございます。耐震補強工事につきましては、平成29年7月7日付で平成31年3月15日を工期として契約を締結しまして、トイレ改修工事についても平成29年11月6日付で平成30年10月19日を工期として契約を締結し、工事を進めているところでございまして、工期内で完了する見込みでございます。今回の繰越額につきましては、耐震補強工事、トイレ改修工事につきまして、平成28年度からの逓次繰越額8,693万9,000円より平成29年度の部分検査を受けまして、両工事で合計6,435万720円の部分払いをしておりますので、その残額2,258万8,280円を逓次繰り越ししたものでございます。なお、国庫補助、起債分につきましては、平成28年度分については事業完了していますので、繰越額は全て一般財源となっております。  4項特別支援学校費の福島養護学校校舎等改築実施設計委託事業につきましては、平成29年9月補正予算で事業費1億1,500万円、平成29年、平成30年の2カ年の継続事業として承認をいただきまして、平成29年12月5日付で平成31年3月15日を工期として契約を締結し、実施設計を進めているものでございます。前払い金の支出がなかったことから、平成29年度の継続費予算現額4,600万円全額を平成30年度に逓次繰り越しの上、工期内に設計業務を完了させるものでございます。養護学校の改築工事につきましては、平成30年度に仮設校舎整備を進め、平成31年度に校舎改築工事に着手する予定でございます。  その下、7項保健体育費の新福島体育館建設事業は、平成28年6月補正予算で事業費33億1,100万円、平成29年から平成30年の3カ年継続事業とすること及び平成28年12月定例会議で建築本体工事、電気設備工事、機械設備工事の契約について承認を受けまして、そのほか外構工事等を含め事業を進めているところでございます。平成29年度継続費予算現額は、平成29年度の予算計上額と平成28年度逓次繰越額を合わせました24億4,117万9,600円で、特約条項に基づき建築本体工事、外構工事の前払い金8億9,703万円を差し引きました15億4,414万9,600円を平成30年度に逓次繰り越ししまして事業を進めているものでございます。建築本体工事、電気設備工事、機械設備工事は平成30年7月20日を工期としておりますが、工期内には完了する見込みでございます。外構工事につきましては、9月末には完了の予定でございます。平成30年3月市議会に福島市体育館・武道場条例制定について議案提出し、議決をいただいたところでございまして、供用開始につきましては、工事の完了を受け、本年10月を予定しているところでございます。  続きまして、新福島体育館太陽光発電設備工事につきましては、平成29年度当初予算で事業費4,100万円、平成29年、平成30年の2カ年継続事業として承認をいただいたものでございまして、平成30年1月19日付で平成30年7月20日を工期として契約を締結し、事業を進めているものでございます。平成29年度継続費の予算現額1,230万円から契約に基づき支払いました前払い金536万円を差し引きました694万円を逓次繰り越しし、事業を進め、7月20日の工期内には工事を完了する見込みでございます。  次に、十六沼サッカー場整備事業につきましては、現在の人工芝2面、クレー1面のサッカー場に加えまして、新たに天然芝サッカーコート2面を整備するものでございます。平成29年12月補正予算で事業費7億2,500万円、平成29から平成31年の3カ年継続事業として承認いただいた事業でございます。事業内容は、造成工事、給排水工事、電気設備工事、駐車場整備工事、グラウンドコート整備工でございます。このうち造成工事につきましては、平成30年3月23日付で今年11月30日を工期として契約を締結し、工事を進めているところでございます。平成29年度の継続費予算現額1億8,990万円全額を平成30年に逓次繰り越しし、造成工事ほか各種工事に順次着手してまいる予定でございます。供用開始は、平成31年秋の予定でございます。  説明は以上でございます。 ○丹治誠 委員長  ご質疑、ご意見のある方はお述べください。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  それでは、ご質疑、ご意見がなければ、報告第4号についてはこれで終了いたします。  次に、報告第5号福島市一般会計予算の繰越明許費繰越しの件中、教育委員会所管分についてを議題といたします。  当局の説明を求めます。 ◎教育部次長 報告第5号福島市一般会計予算の繰越明許費繰越しの件中、教育委員会所管分についてご報告申し上げます。  議案書86ページ、87ページをお開き願います。10款教育費の事業が教育委員会所管になります。まず、2項小学校費の小学校校舎等耐震補強事業でございますが、平成30年度当初予算で実施の予定でございましたが、国の平成29年度補正予算の採択を受けまして、平成30年3月補正予算で屋内運動場及び校舎耐震補強について事業費3億5,060万円の承認をいただいたものでございます。3月補正でございましたので、事業費全額を平成30年度に繰り越しまして事業を実施するものでございます。内容は、屋内運動場が月輪小、清水小、大笹生小、校舎耐震補強工事が佐倉小、清水小、岡山小の計6校でございまして、耐震補強工事を実施するものでございます。清水小学校では、あわせましてトイレ43基の改修工事を実施する計画でございます。月輪小学校屋内体育館耐震補強工事については6月末の契約へ向け手続きを現在進めておりますが、他の工事につきましては契約を5月までに終了し、現在事業を進めているところでございます。いずれの工事も年度内には完了する予定でございます。  3項中学校費の上段、中学校校舎等耐震補強事業は、小学校費の事業同様に、国の平成29年度補正予算採択を受け、平成30年3月補正予算で屋内運動場及び耐震補強工事について事業費1億3,535万4,000円で承認をいただいたものでございまして、3月補正のため、事業費全額を平成30年度に繰り越しまして事業を実施するものでございます。内容は、北信中学校耐震補強工事、吾妻中屋内体育館の耐震補強工事及びトイレ改修工事、外壁落下工事でございます。現在契約締結へ向け手続きを進め、順次事業に着手してまいりまして、年内に事業を完了する予定でございます。その下、下段の信陵中学校北校舎等改築工事につきましては、北校舎改築に伴う外構工事でございます。自転車置き場、門扉等の建築工事、雨水埋設配管等の設備工事、旧校舎跡地の舗装工事を内容としたものでございます。平成29年度当初予算の事業でございましたが、平成29年8月及び9月の入札でいずれも応札者がなく、不成立となりまして、平成29年度内での工期確保が困難なことから、事業費全額5,730万円を平成30年度へ繰り越し、繰越明許費により施工することにつきまして、平成29年12月の定例会議で承認いただいたものでございます。12月定例会議以降の入札状況につきましては、設計内容を精査するとともに、工期を5.5カ月から6.5カ月に見直しまして、2月21日に制限付一般競争入札を行ったところ、1社より応札がありましたが、入札不調となりました。このため外構工事1本での入札を建築工事、設備工事、舗装工事の3工種に分けて入札することに変更しまして、5月10日に3工種の入札をそれぞれ指名競争入札により実施しました。その結果、舗装工事、設備工事で入札成立しまして、舗装工事は5月15日付、設備工事は5月22日付で、工期をいずれも平成30年8月30日を工期として契約を締結したところでございます。建築工事につきましては、1社の応札がありましたが、指名競争入札のため、不成立となっているところでございます。建築工事につきましては、年度内の工事完了を目指しまして設計内容の精査等を行い、再度入札手続きを進め、年内には完了させる予定でございます。  続きまして、6項社会教育費の上段、三河台学習センター整備事業は、学習センター実施設計及び造成設計でございますが、平成30年3月の本委員会で説明しましたとおり、本事業用地の境界確定請求に係り現在係争中のため、平成30年3月補正予算におきまして、事業用地取得に係る事業費を減額するとともに、本事業につきましても平成29年度内での事業完了が困難であるため、事業費全額5,130万円を平成30年度に繰り越し、繰越明許費により施工することについて承認いただいたものでございます。契約につきましては、両設計ともに工期を平成30年8月10日と変更し、事業用地の確定を受け、策定業務を行う予定でございます。しかしながら、去る4月10日に地権者が逝去されましたことから、本事業のスケジュールにつきましては係争の動向を注視しながら管理してまいりたいと考えているところでございます。  その下、蓬莱学習センター空調機改修工事につきましては、昨年夏の空調機故障を受け、平成29年12月補正予算におきまして、事業費5,000万円及び平成30年度の事業繰り越しにつきまして承認いただいたものでございます。平成30年2月23日付で平成30年6月29日を工期として契約締結し、事業を進めているところでございまして、平成29年度に支払い済みの前払い金2,467万円を差し引きました2,533万円を平成30年度に繰り越しまして、工期内の工事完了を受け、事業を進めているものでございます。現在のところは工期内に完了する見込みでございます。  87ページ上段の7項、保健体育費、十六沼公園西側駐車場整備工事につきましても、平成29年12月補正予算におきまして事業費1,000万円及び平成30年度への事業繰り越しについて承認いただいたものでございます。十六沼サッカー場整備事業に係りまして、十六沼公園の駐車場が不足するため、公園西側に駐車場を整備する事業で、事業費全額を平成30年度に繰り越しし、165台の砂利敷駐車場整備を進めたものでございます。工事は平成30年5月18日を工期としましたが、工期内に完了しまして、現在駐車場については供用中でございます。  説明は以上でございます。 ○丹治誠 委員長  ご質疑、ご意見のある方はお述べください。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  ご質疑、ご意見がなければ、報告第5号についてはこれで終了いたします。  次に、請願の審査を行います。  初めに、請願第3号福島市立ほうらい幼稚園の存続を求めることについてを議題といたします。  ご意見のある方はお述べください。 ◆梅津政則 委員  午前中言ったのが全てでございます。 ◆真田広志 委員  私も午前中行いました議案第70号の福島市立学校条例の一部を改正する条例の審査の中で申し述べさせていただいたとおりでございます。 ○丹治誠 委員長  それでは、ほかの会派の方で。 ◆小熊省三 委員  その前に意見というか。このほうらいのケースの場合、出されている場合に、本当に保護者の人たちがここの市立の幼稚園がなくなるということによって、例えば市のほうでは私立の幼稚園だとか、それから杉妻という話も出ていましたけれども、ケースによっては本当に車ご家庭で1台しかなかったりだとかというケースがあって、なかなかそういうのに対応できないというところもありますし、それから私立の幼稚園の場合だと、市立の場合だと保育料だけかかればいいのですけれども、私立の幼稚園の場合だったら服装というか、制服を買わなければいけないとかというところで負担があるわけです。そういう意味では一律にこっちがだめだから、こっち。例えばその額も聞くところによると10万円ぐらいという部分もあったりしているわけです。そうすると、本当に市立幼稚園がだめだから、同じ敷地に私立の幼稚園があるから、そっち行けばいいのではないかといってもなかなか負担の問題で大変な状態になるということもあるので、ぜひそういう意味では地域の中でやっぱりそういうところで私立ではなくて、市立の幼稚園の果たしている役割というのがあると思うのです。その辺はぜひご検討いただきたいなと思っております。意見です。 ○丹治誠 委員長  ほかに何かございませんか。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  それでは、各会派の状況を教えていただければと思います。  真政会さんから。 ◆尾形武 委員  否といたします。 ○丹治誠 委員長  では、創政クラブ結さん。 ◆根本雅昭 委員  会派で話し合いましたけれども、否とします。理由は、やはり子供たちの教育環境、人数的なものですとか、このような再編計画今までつくってこられたというところで、子供たちの教育環境を一番に、保護者の方ちょっと大変だと思いますけれども、否とはしますけれども、やはりこれからきちんとした説明はしていただきたいという要望で否といたします。 ○丹治誠 委員長  市民21さん。 ◆梅津政則 委員  採択することに賛成。 ○丹治誠 委員長  共産党さん。 ◆小熊省三 委員  可ということで。 ○丹治誠 委員長  社民党・護憲連合さん。 ◆沢井和宏 委員  可とします。 ○丹治誠 委員長  それでは、これより請願第3号の採決を行います。  採決の方法は挙手採決により行います。  なお、挙手されない方は否とみなします。  お諮りいたします。請願第3号福島市立ほうらい幼稚園の存続を求めることについて、採択すべきものとすることに賛成の委員の挙手を求めます。      【賛成者挙手】 ○丹治誠 委員長  可否同数。  請願第3号福島市立ほうらい幼稚園の存続を求めることについての件については可否同数でありますので、委員長が裁決を行います。  当該請願について、委員長は否と判断いたします。  よって、請願第3号福島市立ほうらい幼稚園の存続を求めることについては否決すべきものと決しました。  次に、請願第5号国の「被災児童生徒就学支援等事業」の継続と被災児童生徒の十分な就学支援を求める意見書提出方についてを議題といたします。  ご意見のある方はお述べください。 ◆梅津政則 委員  意見というか、請願の内容はいいのですけれども、採決していないから、あれなのだけれども、もしこれが採択されて意見書等を上げることになった場合、昨年は随分意見書の内容が精査されていて、この文面とは随分手直しが入っていたやに記憶しているので。この請願の内容は、年度とかの修正がかかっているけれども、昨年採択されたのと同じ内容。昨年の意見書はこの文面そのままは使っていなくて、微妙に表現等々が修正されておりましたので、もし採択等になった場合の意見書は正副委員長手元で精査していただくということで。 ○丹治誠 委員長  それでは、採決が終わってから。 ◆梅津政則 委員  そうですね。失礼しました。 ○丹治誠 委員長  それでは、これより請願第5号の採決を行います。  採決は簡易採決により行います。  お諮りいたします。請願第5号国の「被災児童生徒就学支援等事業」の継続と被災児童生徒の十分な就学支援を求める意見書提出方について、採択すべきものとすることにご異議ございませんか。      【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  ご異議ございませんので、請願第5号について採択すべきものと決しました。  以上で教育委員会の審査を終了いたします。  ここで委員会を暫時休憩いたします。                午後2時54分    休  憩 ─────────────────────────────────────────────                午後3時42分    再  開 ○丹治誠 委員長  委員会を再開いたします。  審査のまとめを行います。  初めに、請願第5号の審査により本会議に提出することになりました国の「被災児童生徒就学支援等事業」の継続と被災児童生徒の十分な就学支援を求める意見書提出方について、正副委員長手元で案を作成いたしましたので、書記に配付させます。      【資料配付】 ○丹治誠 委員長  それでは、意見書案を書記に朗読いたさせます。 ◎書記 朗読させていただきます。  「被災児童生徒就学支援等事業」の継続と被災児童生徒の十分な就学支援を求める意見書案。  平成23年度に創設された被災児童生徒就学支援等臨時特例交付金は、平成27年度から被災児童生徒就学支援等事業交付金となり、東日本大震災で被災した子供たちが学校で学ぶために極めて有効な支援事業として機能している。この交付金事業を通して幼稚園児の就学支援、小中学生に対する学用品等の援助や通学支援、高校生に対する奨学金支援、特別支援学校等に在籍する児童生徒への就学奨励、私立学校及び専修学校、各種学校の授業料減免などが実施されており、学校現場からも事業の継続が強く望まれている。福島県では、平成30年4月時点で約1万8,000人もの子供たちが福島県内外で避難生活を送っており、宮城県、岩手県でも被災した多くの子供たちの就学支援が行われていることから、経済的な支援を必要とする子供たちは多く、今後も継続した長期的支援がなくてはならない。しかし、事業に係る予算措置は単年度ごとのため、今後本事業が終了もしくは規模が縮小することとなれば自治体負担となり、被災児童生徒の就学支援に格差が生じることが危惧される。よって、政府においては東日本大震災によって経済的に困窮している家庭の子供たちの就学、修学を保障するため、平成31年度以降も被災児童生徒就学支援等事業の継続と十分な就学支援に必要な予算を確保するよう強く要望する。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  福島市議会議長、半沢正典。  裏面に提出先及び賛成議員のお名前が載るような形になります。  以上です。 ○丹治誠 委員長  意見書案についてご意見があればお述べください。 ◆梅津政則 委員  全然いいのですけれども、やっぱり語尾だけではなくて、請願の趣旨からだと随分文章のほうも削除とかもされていたりとかしていましたよね。中身は別にいいのですけれども、去年と同じだから。俺今請願書の用紙のほうを見ていたので、途中で追っかけられないぐらい文章が変わっていたというぐらいだったので。これは一応、ただそういうふうな文章構成になっていましたということで、特に中身はいいですけれども。 ○丹治誠 委員長  それでは、意見書案の内容、この内容でよろしいですか。      【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  それでは、確認いただいた内容で本会議に提出することといたします。  続いて、審査のまとめを行います。  これまでの常任委員会審査を通して、委員長報告に要望事項として取り上げる事項がありましたらお述べください。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  それでは、委員長報告案調製のため、暫時休憩いたします。                午後3時48分    休  憩 ─────────────────────────────────────────────                午後3時49分    再  開 ○丹治誠 委員長  それでは、委員会を再開します。  委員長報告案を配付させます。      【資料配付】 ○丹治誠 委員長  委員長報告案を書記に朗読させます。 ◎書記 朗読させていただきます。  平成30年6月市議会定例会議文教福祉常任委員長報告案。
     去る12日の本会議におきまして、当文教福祉常任委員会に付託になりました各議案に対する委員会の審査の経過並びに結果につきましてご報告申し上げます。  当委員会は、13日、14日の2日間にわたり開会、市当局の出席を求め、詳細なる説明を聴取し、慎重に審査いたしました。以下ご報告申し上げます。  議案第70号福島市立学校条例の一部を改正する条例制定の件につきましては、採決の結果、可否同数となり、委員長の決するところによって、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第76号福島市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定の件につきましては、賛成多数により、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第65号平成30年度福島市一般会計補正予算中、当委員会所管分、議案第71号福島市子どもの夢を育む施設条例の一部を改正する条例制定の件、議案第72号福島市地区体育施設条例の一部を改正する条例制定の件、議案第73号福島市十六沼公園屋根付運動場条例の一部を改正する条例制定の件、議案第79号福島市介護保険条例の一部を改正する条例制定の件、議案第80号福島市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例等の一部を改正する条例制定の件、議案第81号東日本大震災による被災者に対する介護保険料の減免に関する条例の一部を改正する条例制定の件、以上につきましては、いずれも原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  次に、今定例会議において当委員会に付託になりました請願につきまして、審査の結果をご報告申し上げます。  国の「被災児童生徒就学支援等事業」の継続と被災児童生徒の十分な就学支援を求める意見書提出方についての請願につきましては、採択すべきものと決定いたしました。  なお、この決定に伴い、当委員会所属議員による関係意見書に関する議案の提出を用意しておりますことを申し添えます。  福島市立ほうらい幼稚園の存続を求めることについての請願につきましては、採決の結果、可否同数となり、委員長の決するところによって、不採択とすべきものと決定いたしました。  以上、ご報告申し上げます。  以上です。 ○丹治誠 委員長  お諮りいたします。  ただいまの委員長報告案のとおりでよろしいでしょうか。      【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○丹治誠 委員長  そのように報告をいたします。  次に、次回の議会だよりに掲載する審査内容を協議したいと思います。  当委員会において審査した議案の中で掲載する2件についてご協議いただき、決定したいと思います。何かご意見のある方はお述べください。 ◆高木克尚 委員  委員長の活躍の場面2つ。 ◆小熊省三 委員  市民の立場からいえば介護保険ではないの。市民の立場からいえば介護保険料が安くなるという。でも、第1段階の人だけだから。 ○丹治誠 委員長  第1段階だけなのですよね、安くなるのは。  では、いいですか。学校条例は。あとは、それに関連するとこども未来の中央と平野のこども園予算になるかなと思うのですけれども。では、この2件ということでよろしくお願いします。  それでは、そのように報告をいたします。  以上で文教福祉常任委員会を終了いたします。大変にお疲れさまでした。                午後3時54分    散  会                           文教福祉常任委員長   丹 治   誠...