福島市議会 > 2017-12-27 >
平成29年12月定例会議-12月27日-06号

ツイート シェア
  1. 福島市議会 2017-12-27
    平成29年12月定例会議-12月27日-06号


    取得元: 福島市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-31
    平成29年12月定例会議-12月27日-06号平成29年12月定例会議  平成29年12月27日(水曜日) ───────────────────────────────────────────── 出 席 議 員(35名)   1番  沢井和宏            2番  佐々木優   3番  丹治 誠            4番  川又康彦   5番  誉田憲孝            6番  二階堂武文   7番  梅津一匡            8番  小熊省三   9番  後藤善次            10番  鈴木正実   11番  斎藤正臣            12番  根本雅昭   13番  白川敏明            14番  萩原太郎   15番  大平洋人            16番  小松良行   17番  羽田房男            18番  村山国子   19番  小野京子            20番  阿部 亨   21番  石原洋三郎           22番  梅津政則   23番  高木克尚            24番  半沢正典   25番  黒沢 仁            26番  尾形 武   27番  土田 聡            28番  須貝昌弘   29番  佐久間行夫           30番  粟野啓二
      31番  粕谷悦功            32番  山岸 清   33番  真田広志            34番  宍戸一照   35番  渡辺敏彦 ───────────────────────────────────────────── 説明のため出席した者   市長        木幡 浩       副市長       山本克也   政策統括監兼市長公室長          総務部長      八島洋一             紺野喜代志   財務部長      渡辺 勉       商工観光部長    若月 勉   農政部長      松谷治夫       市民安全部長兼危機管理監                                  横澤 靖   環境部長      渡辺千賀良      健康福祉部長    加藤孝一   こども未来部長   永倉 正       建設部長      佐藤 務   都市政策部長    鈴木和栄       会計管理者兼会計課長近江善夫   総務部次長     河野義樹       秘書課長      三浦裕治   総務企画課長    杉内 剛       財政課長      清野 浩   水道事業管理者   冨田 光       水道局長      三浦辰夫   教育長       本間 稔       教育部長      渡辺雄二   代表監査委員    髙村一彦       消防長       丹治正一 ───────────────────────────────────────────── 議会事務局出席者   局長        羽田昭夫       次長兼総務課長   下田正樹   議事調査課長    安藤芳昭 ───────────────────────────────────────────── 議 事 日 程   1 議案第104号ないし第174号の委員会における審査の経過並びに結果の報告   2 委員長報告に対する質疑、討論、採決   3 日程の変更   4 追加議案第178号の提出       議案第178号 財産取得の件   5 市長の提案理由の説明   6 議案第178号に対する質疑   7 議案第178号を所管常任委員会に付託   8 議案第178号の委員会における審査の結果の報告   9 委員長報告に対する質疑、討論、採決   10 追加議案第175号ないし第177号の提出       議案第175号 教育委員会委員任命の件       議案第176号 財産区管理委員選任の件       議案第177号 人権擁護委員候補者推薦の件   11 市長の提案理由の説明   12 質疑、委員会付託、討論、採決 ───────────────────────────────────────────── 本日の会議に付した事件   議事日程に記載のとおり                 午前10時29分    開  議 ○議長(半沢正典) 定足数に達しておりますので、これより本会議を開きます。  本日の議事日程は、さきに決定のとおりであります。  日程に従い、議案第104号ないし第174号の委員会における審査の経過並びに結果の報告を求めます。  総務常任委員長、16番。 ◎16番(小松良行) 議長、16番。 ○議長(半沢正典) 16番。      【16番(小松良行)登壇】 ◎16番(小松良行) 去る21日の本会議におきまして、当総務常任委員会に付託になりました各議案に対する委員会の審査の経過並びに結果につきましてご報告申し上げます。  当委員会は、22日、25日の2日間にわたり開会、市当局の出席を求め、詳細なる説明を聴取し、慎重に審査いたしました。以下、ご報告申し上げます。  議案第104号平成29年度福島市一般会計補正予算中当委員会所管分、議案第149号福島市個人情報保護条例及び福島市情報公開条例の一部を改正する条例制定の件、議案第150号福島市個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部を改正する条例制定の件、議案第164号平成29年度福島市一般会計補正予算中当委員会所管分、議案第172号議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正する条例制定の件、議案第173号市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例制定の件、以上につきましては、いずれも賛成多数により、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第110号福島市外部監査契約に基づく監査に関する条例制定の件、議案第151号福島市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定の件、議案第160号字の区域の変更の件、議案第163号専決処分承認の件、すなわち専決第16号平成29年度福島市一般会計補正予算、議案第174号福島市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定の件、以上につきましては、いずれも原案または専決のとおり可決あるいは承認すべきものと決定いたしました。  以上、ご報告申し上げます。 ○議長(半沢正典) 文教福祉常任委員長、3番。 ◎3番(丹治誠) 議長、3番。 ○議長(半沢正典) 3番。      【3番(丹治 誠)登壇】 ◎3番(丹治誠) 去る21日の本会議におきまして、当文教福祉常任委員会に付託になりました各議案に対する委員会の審査の経過並びに結果につきましてご報告申し上げます。  当委員会は、22日、23日及び25日の3日間にわたり開会、市当局の出席を求め、詳細なる説明を聴取し、慎重に審査いたしました。以下、ご報告申し上げます。  議案第104号平成29年度福島市一般会計補正予算中当委員会所管分、議案第108号平成29年度福島市介護保険事業費特別会計補正予算、議案第164号平成29年度福島市一般会計補正予算中当委員会所管分、以上につきましては、いずれも賛成多数により、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第111号福島市社会福祉審議会条例制定の件、議案第112号福島市民生委員の定数を定める条例制定の件、議案第113号福島市保護施設等の設備及び運営に関する基準を定める条例制定の件、議案第114号福島市指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例制定の件、議案第115号福島市指定障害者支援施設の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例制定の件、議案第116号福島市障害福祉サービス事業の設備及び運営に関する基準を定める条例制定の件、議案第117号福島市地域活動支援センターの設備及び運営に関する基準を定める条例制定の件、議案第118号福島市福祉ホームの設備及び運営に関する基準を定める条例制定の件、議案第119号福島市障害者支援施設の設備及び運営に関する基準を定める条例制定の件、議案第120号福島市児童福祉施設の設備及び運営に関する基準を定める条例制定の件、議案第121号福島市幼保連携型認定こども園の学級の編制、職員、設備及び運営に関する基準を定める条例制定の件、議案第122号福島市小児慢性特定疾病審査会条例制定の件、議案第123号福島市養護老人ホームの設備及び運営に関する基準を定める条例制定の件、議案第124号福島市特別養護老人ホームの設備及び運営に関する基準を定める条例制定の件、議案第125号福島市軽費老人ホームの設備及び運営に関する基準を定める条例制定の件、議案第126号福島市指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例制定の件、議案第127号福島市指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準等を定める条例制定の件、議案第128号福島市指定介護予防サービス等の事業の人員、設備及び運営並びに指定介護予防サービス等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例制定の件、議案第129号福島市指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例制定の件、議案第130号福島市介護老人保健施設の人員、施設及び設備並びに運営に関する基準を定める条例制定の件、議案第132号福島市保健所条例制定の件、議案第133号福島市感染症診査協議会条例制定の件、議案第134号福島市興行場法施行条例制定の件、議案第135号福島市旅館業法施行条例制定の件、議案第136号福島市公衆浴場法施行条例制定の件、議案第137号福島市理容師法施行条例制定の件、議案第138号福島市美容師法施行条例制定の件、議案第139号福島市クリーニング業法施行条例制定の件、議案第140号福島市食品衛生法施行条例制定の件、議案第141号福島市と畜場法施行条例制定の件、議案第142号福島市化製場等に関する法律施行条例制定の件、議案第143号福島市医療法施行条例制定の件、議案第144号福島市魚介類行商人の登録に関する条例制定の件、議案第145号福島市給水施設等条例の一部を改正する条例制定の件、議案第152号福島市手数料条例の一部を改正する条例制定の件、議案第170号平成29年度福島市介護保険事業費特別会計補正予算、以上につきましては、いずれも原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上、ご報告申し上げます。 ○議長(半沢正典) 経済民生常任委員長、21番。 ◎21番(石原洋三郎) 議長、21番。 ○議長(半沢正典) 21番。      【21番(石原洋三郎)登壇】 ◎21番(石原洋三郎) 去る21日の本会議におきまして、当経済民生常任委員会に付託になりました各議案に対する委員会の審査の経過並びに結果につきましてご報告申し上げます。  当委員会は、22日、25日の2日間にわたり開会、市当局の出席を求め、詳細なる説明を聴取し、慎重に審査いたしました。以下、ご報告申し上げます。  議案第104号平成29年度福島市一般会計補正予算中当委員会所管分、議案第107号平成29年度福島市国民健康保険事業費特別会計補正予算、以上につきましては、いずれも賛成多数により、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第109号平成29年度福島市工業団地整備事業費特別会計補正予算、議案第131号福島市廃棄物の処理及び清掃に関する条例制定の件、議案第153号企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律第10条第1項の規定に基づく準則を定める条例の一部を改正する条例制定の件、議案第154号福島市土湯地区温泉施設設置条例制定の件、議案第155号福島市公設地方卸売市場条例の一部を改正する条例制定の件、議案第162号財産取得の件、議案第164号平成29年度福島市一般会計補正予算中当委員会所管分、議案第167号平成29年度福島市国民健康保険事業費特別会計補正予算、議案第168号平成29年度福島市飯坂町財産区特別会計補正予算、議案第169号平成29年度福島市公設地方卸売市場事業費特別会計補正予算、議案第171号平成29年度福島市後期高齢者医療事業費特別会計補正予算、以上につきましては、いずれも原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上、ご報告申し上げます。 ○議長(半沢正典) 建設水道常任委員長、15番。 ◎15番(大平洋人) 議長、15番。 ○議長(半沢正典) 15番。      【15番(大平洋人)登壇】 ◎15番(大平洋人) 去る21日の本会議におきまして、当建設水道常任委員会に付託になりました各議案に対する委員会の審査の経過並びに結果につきましてご報告申し上げます。  当委員会は、22日、25日の2日間にわたり開会、市当局の出席を求め、詳細なる説明を聴取し、慎重に審査いたしました。以下、ご報告申し上げます。  議案第159号民事調停申立ての件、議案第165号平成29年度福島市水道事業会計補正予算、以上につきましては、いずれも賛成多数により、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第104号平成29年度福島市一般会計補正予算中当委員会所管分、議案第105号平成29年度福島市水道事業会計補正予算、議案第106号平成29年度福島市下水道事業会計補正予算、議案第146号福島市浄化槽保守点検業者の登録に関する条例制定の件、議案第147号福島市開発審査会条例制定の件、議案第148号福島市屋外広告物条例制定の件、議案第156号福島市景観条例制定の件、議案第157号福島市営住宅等条例及び福島市子育て定住支援賃貸住宅条例の一部を改正する条例制定の件、議案第158号福島市水道条例の一部を改正する条例制定の件、議案第161号市道路線の認定の件、議案第164号平成29年度福島市一般会計補正予算中当委員会所管分、議案第166号平成29年度福島市下水道事業会計補正予算、以上につきましては、いずれも原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上、報告申し上げます。 ○議長(半沢正典) ただいまの委員長報告に対し、ご質疑のある方はお述べください。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(半沢正典) ご質疑がなければ、質疑を終結いたします。  討論に移ります。  10番鈴木正実議員、8番小熊省三議員より討論の通告があります。  順序に従いまして発言を許します。10番鈴木正実議員。 ◆10番(鈴木正実) 議長、10番。 ○議長(半沢正典) 10番。      【10番(鈴木正実)登壇】 ◆10番(鈴木正実) 皆さん、おはようございます。議案第104号平成29年度福島市一般会計補正予算に反対の立場で討論いたします。  理由は、予算中、教育委員会所管分、十六沼公園サッカー場整備事業費についてであります。サッカー場整備そのものを否定している、反対しているのではなく、天然芝コート2面について、年間3,000万円の維持管理費を充ててまで天然芝コート2面でなくてはならないのか。原点に立ち返り、見直すべきとの思いから反対することといたした次第であります。十六沼公園天然芝サッカーコートの整備事業は、1つ、本市スポーツの振興及び増加しているサッカー場利用者の利便性、子供たちをはじめより多くの人に利用してもらうこと。2つ目、2020年東京オリンピック・パラリンピック事前合宿誘致を視野にというのがその目的であります。事業計画は、平成29年度から3カ年。平成31年度秋ごろ供用開始。事業費は、コート関係のみで7億2,500万円という金額であります。天然芝コートの維持管理についてでありますが、施肥、散水、芝刈りなどの通常の維持管理費として、2面で年間2,000万円との見込みであります。さらに、冬期間も芝を緑に保つための作業、オーバーシード作業を毎年行うため、2面でさらに年間1,000万円の費用がかかるということでありました。通常の維持管理費と合わせますと年間で3,000万円が必要になるということでありました。さらに、天然芝コートの使用についてでありますが、1度の使用につき二、三日程度、芝の養生のため使用を控えることが望ましいということであります。天然芝コートを2面整備することにより、1面を使用し、もう1面を休ませ、芝の養生に充てることにより、効率よく使用することが可能になるとの答弁でありました。それぞれ考えてみますと、週に2回ないし3回しか使えないのではないかと。また、天然芝コート2面の中央に1面だけ配置し、使用した場合には、2面同時に二、三日使えなくなってしまう。すなわち、使い勝手が悪いということになるのではないかということであります。ここで整備目的を振り返ってみますと、週に1面二、三回の使用で、増加しているサッカー場利用者の利便性、子供たちをはじめより多くの人に利用してもらうという目的に合致しているのか。また、2020年東京オリンピックのサッカーの事前合宿も視野にという目的に関しましては、オリンピック開幕まで1年もない平成31年秋ごろ供用開始ということで、事前合宿を本当に誘致できるのか、いささか疑問ではないかと思う次第であります。まして福島市は、野球、ソフトボール競技の開催地であるということも忘れてはならないことだというふうに思います。  こうして見ますと、年間3,000万円の維持管理費、さらに使い勝手、利便性も考慮して、天然芝コート2面という事業を勇気を持って見直すことは大変意義あることではないかというふうに思います。例えば1面を天然芝、1面を人工芝と見直しはいかがかと申し上げているのです。天然芝コートでは、青少年がプレーできるとともに、レベルの高い試合あるいは練習を間近に見ることは可能であります。さらに、人工芝コートは随時使用することができ、多くの人に利用してもらうという目的にもかなっているのではないかと思います。それが、福島市の競技力の向上、本市スポーツの振興を図るということにもつながるものと期待できるのではないでしょうか。  一度決まったことというのは十分理解しております。冒頭申し上げましたとおり、整備に反対をしているという立場ではなく、利便性、経費をもう一度考えるべきではないかと申し上げている次第であります。このまま見直すこともなく整備することは、将来の子供たち、孫たちにツケを回すことになりはしないのか。負の遺産になるのではないかと危惧しているからであります。改めるべきことは、勇気と将来に対する責任を持って改める。それは、市民のためであり、子供たちのためでもあるということを申し上げまして、討論を終わります。ありがとうございました。
    ○議長(半沢正典) 以上で、鈴木正実議員の討論を終わります。  8番小熊省三議員。 ◆8番(小熊省三) 議長、8番。 ○議長(半沢正典) 8番。      【8番(小熊省三)登壇】 ◆8番(小熊省三) おはようございます。日本共産党の小熊省三です。日本共産党市議団の一員として討論を行います。  議案第104号平成29年度福島市一般会計補正予算、議案第107号平成29年度福島市国民健康保険事業費特別会計補正予算、議案第108号平成29年度福島市介護保険事業費特別会計補正予算、議案第149号福島市個人情報保護条例及び福島市情報公開条例の一部を改正する条例制定の件、議案第150号福島市個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部を改正する条例制定の件について反対の立場で討論します。これらの議案は、マイナンバー制度に関するものです。日本共産党は、メリットを受けるのは国や行政のほうで、国民にとっては年金、医療、介護、雇用、所得、税金などの情報が将来的に共通番号で一つに結ばれることになり、個人情報が流れる危険性が大きいと指摘し、反対してきました。例えば2015年6月に年金番号が流出し、その危険性が現実的なものとなりました。働く人の給与から住民税を徴収するため、市町村が事業所に送る特別徴収税額決定通知について、今年度分から総務省はマイナンバー記載を各市町村に指導してきました。しかし、総務省の指導に従った自治体では誤送付が発生。少なくとも101自治体で漏えいする事態となりました。そのため、今年度、12月15日に総務省は、書面により送付する場合には当面マイナンバーの記載を行わないこととするとして、これまでの方針を転換しました。既にこの制度を導入しているアメリカや韓国では、個人情報の大量流出や不正使用が大問題になりました。イギリスでは、人権侵害への危険があることや巨費を浪費されるおそれがあるとして廃止しました。  本市のことし11月末までのマイナンバー交付総数は2万7,278枚、交付率は9.7%とわずか1割弱にすぎません。12月定例会議に提案された予算も含め、平成26年度マイナンバー制度導入からの経費総額は約6億4,000万円かかっています。交付率は低く、コストもリスクも高いマイナンバー制度は廃止すべきです。  さらに、議案第104号には、市立ふくしま東幼稚園、市立ひらの幼稚園を公立認定こども園にする事業費670万円が含まれています。これらは待機児童対策として、既存の施設を活用した基本設計を実施するとしていますが、文教福祉常任委員会では新たにリース方式で給食室や乳児室を設けることが明らかになりました。これで本当にいいのでしょうか。対象となる市立ふくしま東幼稚園は、昭和61年12月開設、築31年を経過し、市立ひらの幼稚園は、昭和60年2月開設、築約33年経過しています。リース方式のつけ焼き刀の施設改修ではなく、新築の施設で事業を進めるべきです。このことが乳幼児に責任を持つということではないでしょうか。よって、これらの議案には反対します。  次に、議案第159号民事調停申立ての件について反対します。民事調停申し立ての相手方には18歳未満の子供さんを含む世帯があります。福島市は子供の貧困対策を策定していますから、市営住宅家賃減免制度を創設することはもちろんですが、滋賀県野洲市のように市営住宅の家賃や税金の滞納を生活貧困のシグナルと捉え、市民生活支援のきっかけにしていくような仕組みを早急に構築すべきです。よって、議案第159号民事調停申立ての件について反対いたします。  次に、議案第164号平成29年度福島市一般会計補正予算、議案第165号平成29年度福島市水道事業会計補正予算、議案第172号議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正する条例制定の件、議案第173号市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例制定の件について、反対の立場で討論します。この条例は、福島県に準拠し、給与及び期末勤勉手当を改正するもの及び議会議員、市長等の特別職の期末手当について改正を行うものです。  今の市民の暮らしはどうなっているでしょうか。消費税が2014年4月に8%に引き上げられ、市民への増税の影響は162億円とも言われました。消費税は逆進性の強い税金であり、所得の低い人ほど負担が重くなり、日々の生活に打撃を与えています。東京電力福島第一原子力発電所事故から6年9カ月余りが過ぎましたが、東京電力は原子力発電所事故を終わったことにし、損害賠償の打ち切りを進めており、中小業者の皆さんは賠償を受け取ることができず、廃業という死活問題に直面しております。また、高齢者の皆さんは、ささやかな楽しみだった敬老祝金を削減されました。たび重なる社会保障の改悪により、医療費や介護保険料の経済的負担がふえ、国保税や介護保険料の負担増を強いられています。支出がふえているのに年金の引き下げが行われ、生活が大変になっています。また、子供の貧困対策のために実施したアンケート調査では、非生活困難層でさえ35%以上が生活が苦しいと回答するなど、どの世帯においても生活が大変になっています。  このように、市民生活が大変苦しい状況のもとで、議会議員、市長等の特別職の期末手当を引き上げることについては、市民の理解が得られるとは到底思えません。よって、議案第164号平成29年度福島市一般会計補正予算、議案第165号平成29年度福島市水道事業会計補正予算、議案第172号議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正する条例制定の件、議案第173号市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例制定の件については反対いたします。  以上で討論を終わります。 ○議長(半沢正典) 以上で、小熊省三議員の討論を終わります。  以上で、討論は終結いたしました。  これより採決を行います。  お諮りいたします。議案第104号平成29年度福島市一般会計補正予算につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。      【賛成者起立】 ○議長(半沢正典) 起立多数。よって、議案第104号につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決されました。  続いて、お諮りいたします。議案第107号平成29年度福島市国民健康保険事業費特別会計補正予算につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。      【賛成者起立】 ○議長(半沢正典) 起立多数。よって、議案第107号につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決されました。  続いて、お諮りいたします。議案第108号平成29年度福島市介護保険事業費特別会計補正予算につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。      【賛成者起立】 ○議長(半沢正典) 起立多数。よって、議案第108号につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決されました。  続いて、お諮りいたします。議案第149号福島市個人情報保護条例及び福島市情報公開条例の一部を改正する条例制定の件につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。      【賛成者起立】 ○議長(半沢正典) 起立多数。よって、議案第149号につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決されました。  続いて、お諮りいたします。議案第150号福島市個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部を改正する条例制定の件につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。      【賛成者起立】 ○議長(半沢正典) 起立多数。よって、議案第150号につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決されました。  続いて、お諮りいたします。議案第159号民事調停申立ての件につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。      【賛成者起立】 ○議長(半沢正典) 起立多数。よって、議案第159号につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決されました。  続いて、お諮りいたします。議案第164号平成29年度福島市一般会計補正予算につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。      【賛成者起立】 ○議長(半沢正典) 起立多数。よって、議案第164号につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決されました。  続いて、お諮りいたします。議案第165号平成29年度福島市水道事業会計補正予算につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。      【賛成者起立】 ○議長(半沢正典) 起立多数。よって、議案第165号につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決されました。  続いて、お諮りいたします。議案第172号議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正する条例制定の件につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。      【賛成者起立】 ○議長(半沢正典) 起立多数。よって、議案第172号につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決されました。  続いて、お諮りいたします。議案第173号市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例制定の件につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。      【賛成者起立】 ○議長(半沢正典) 起立多数。よって、議案第173号につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決されました。  続いて、お諮りいたします。議案第105号、議案第106号、議案第109号ないし第148号、議案第151号ないし第158号、議案第160号ないし第163号、議案第166号ないし第171号、議案第174号につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわちいずれも原案または専決のとおり可決あるいは承認することにご異議ございませんか。      【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(半沢正典) ご異議ございませんので、議案第105号、議案第106号、議案第109号ないし第148号、議案第151号ないし第158号、議案第160号ないし第163号、議案第166号ないし第171号、議案第174号につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわちいずれも原案または専決のとおり可決あるいは承認されました。  暫時休憩いたします。                 午前11時08分    休  憩 ─────────────────────────────────────────────                 午後0時58分    再  開 ○議長(半沢正典) 休憩前に引き続き会議を開きます。  本日の議事日程の変更についてお諮りいたします。  さきに開会の議会運営委員会の決定のとおり、すなわちお手元に配付の印刷物のとおり、議事日程を変更したいと思いますが、ご異議ございませんか。      【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(半沢正典) ご異議ございませんので、議事日程を変更することに決しました。  ただいま市長から追加議案の提出がありました。  議案はさきにお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。  日程に従い、議案第178号を議題といたします。  市長の提案理由の説明を求めます。 ◎市長(木幡浩) 議長、市長。 ○議長(半沢正典) 市長。      【市長(木幡 浩)登壇】 ◎市長(木幡浩) 追加提案について申し上げます。  議案第178号財産取得の件は、福島大笹生インターチェンジ周辺地区工業団地(仮称)整備事業等用地を取得するものであります。  よろしくご審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(半沢正典) これより議案第178号の議案調査のため、暫時休憩いたします。                 午後1時00分    休  憩 ─────────────────────────────────────────────                 午後1時48分    再  開 ○議長(半沢正典) 休憩前に引き続き会議を開きます。  日程に従い、議案第178号に対する質疑を行います。  ご質疑のある方はお述べください。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(半沢正典) ご質疑がなければ、質疑を終結いたします。  日程に従い、議案第178号を所管の常任委員会の審査に付することにいたします。 ○議長(半沢正典) 委員会開会のため、暫時休憩いたします。                 午後1時49分    休  憩 ─────────────────────────────────────────────                 午後2時48分    再  開 ○議長(半沢正典) 休憩前に引き続き会議を開きます。  日程に従い、議案第178号の委員会における審査の結果の報告を求めます。  経済民生常任委員長、21番。 ◎21番(石原洋三郎) 議長、21番。 ○議長(半沢正典) 21番。      【21番(石原洋三郎)登壇】 ◎21番(石原洋三郎) さきの本会議におきまして、当経済民生常任委員会に付託になりました議案に対する委員会の審査の結果につきましてご報告申し上げます。  議案第178号財産取得の件につきましては、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上、ご報告申し上げます。 ○議長(半沢正典) ただいまの委員長報告に対し、ご質疑のある方はお述べください。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(半沢正典) ご質疑がなければ、質疑を終結いたします。  討論に移ります。  ご意見のある方はお述べください。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(半沢正典) ご意見がなければ、討論を終結いたします。  これより採決を行います。
     お諮りいたします。議案第178号財産取得の件につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決することにご異議ございませんか。      【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(半沢正典) ご異議ございませんので、議案第178号につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち原案のとおり可決されました。  ただいま市長から追加議案の提出がありました。  議案はさきにお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。  日程に従い、議案第175号ないし第177号を一括して議題といたします。  市長の提案理由の説明を求めます。 ◎市長(木幡浩) 議長、市長。 ○議長(半沢正典) 市長。      【市長(木幡 浩)登壇】 ◎市長(木幡浩) 追加提案について申し上げます。  議案第175号教育委員会委員任命の件につきましては、教育委員会委員のうち中村恵子委員が10月2日任期満了となりましたので、後任委員として藤岡理恵子氏を適任と認め、任命を行うものであります。  議案第176号財産区管理委員選任の件につきましては、土湯温泉町財産区管理委員のうち阿部秋男委員が平成30年3月27日任期満了となりますので、後任委員として阿部秋男氏を適任と認め、選任を行うものであります。  議案第177号人権擁護委員候補者推薦の件につきましては、宮田元子委員が平成30年3月31日任期満了となりますので、後任委員候補者として廣瀬真弓氏を適任と認め、法務大臣に推薦を行うものであります。  よろしくご審議の上、ご同意を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(半沢正典) 議案第175号ないし第177号につきましては、質疑、委員会付託、討論をそれぞれ省略し、直ちに採決することにいたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。      【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(半沢正典) ご異議ございませんので、議案第175号ないし第177号につきましては、質疑、委員会付託、討論をそれぞれ省略し、直ちに採決することに決しました。  これより採決を行います。  お諮りいたします。議案第175号教育委員会委員任命の件、議案第176号財産区管理委員選任の件、議案第177号人権擁護委員候補者推薦の件につきましては、いずれも原案のとおり同意することにご異議ございませんか。      【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(半沢正典) ご異議ございませんので、議案第175号ないし第177号につきましては、いずれも原案のとおり同意することに決しました。  以上で、本定例会議の日程は全部終了いたしました。  本定例会議はこれをもって閉会いたします。                 午後2時54分    閉  会            東京2020オリンピック・パラリンピック調査特別委員名簿                                     ◎委員長  ○副委員長 ┌──┬────────┬──┬────────┬──┬────────┬──┬────────┐ │議席│  委 員 名  │議席│  委 員 名  │議席│  委 員 名  │議席│  委 員 名  │ │番号│        │番号│        │番号│        │番号│        │ ├──┼────────┼──┼────────┼──┼────────┼──┼────────┤ │23番│◎高 木 克 尚│26番│○尾 形   武│1番│ 沢 井 和 宏│6番│ 二階堂 武 文│ ├──┼────────┼──┼────────┼──┼────────┼──┼────────┤ │10番│ 鈴 木 正 実│12番│ 根 本 雅 昭│16番│ 小 松 良 行│18番│ 村 山 国 子│ ├──┼────────┼──┼────────┼──┼────────┼──┴────────┘ │19番│ 小 野 京 子│32番│ 山 岸   清│35番│ 渡 辺 敏 彦│ └──┴────────┴──┴────────┴──┴────────┘  以上のとおり会議の次第を記載し、その相違ないことを証明するためここに署名する。      福 島 市 議 会 議 長                副議長                議 員                議 員...