運営者 Bitlet 姉妹サービス
ツイート シェア
  1. 福島市議会 1997-06-09
    平成 9年 6月定例会−06月09日-01号


    取得元: 福島市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-16
    平成 9年 6月定例会−06月09日-01号平成 9年 6月定例会  平成九年六月九日(招集日) ─────────────────────────────────────── 出席議員(四十名)    一番  佐久間行夫君      二番  誉田眞里子君    三番  佐藤一好君       四番  鈴木好広君    五番  押部栄哉君       六番  斎藤朝興君    七番  土田 聡君       八番  河野恵夫君    九番  石原信市郎君      十番  菅野芳樹君   十一番  高橋信一君      十二番  丹治仁志君   十三番  佐藤真五君      十四番  鈴木英次君   十五番  誉田義郎君      十六番  佐藤保彦君   十七番  高橋英夫君      十八番  山岸 清君   十九番  伊東忠三君      二十番  加藤勝一君  二十一番  半沢常治君     二十二番  横山俊邦君  二十三番  二階堂匡一朗君   二十四番  塩谷憲一君  二十五番  菅野泰典君     二十六番  加藤彦太郎君  二十七番  阿部保衛君     二十八番  木村六朗君  二十九番  小林義明君      三十番  斎藤 茂君
     三十一番  阿部知平君     三十二番  斎藤 清君  三十三番  桜田栄一君     三十四番  黒沢源一君  三十五番  大宮 勇君     三十六番  中村冨治君  三十七番  佐藤智子君     三十八番  遠藤 一君  三十九番  阿部儀平君      四十番  宮本シツイ君 ─────────────────────────────────────── 地方自治法第百二十一条による出席者   市長    吉田修一君      助役    石川 清君   収入役   菊田 悟君      総務部長  岡  實君   企画調整         菅 厚世君      税務部長  石幡征二君   部長   商工観光         畑中英雄君      農政部長  遠藤 宏君   部長   市民生活         須田昌之君      環境部長  丹治勝俊君   部長   健康福祉         高野行雄君      建設部長  菅野廣男君   部長   都市開発             下水道         寺島由雄君            丸山泰男君   部長心得             部長   総務部              参事兼         菅野 清君            片平憲市君   次長               財政課長   水道事業         斎藤 廣君      水道局長  三浦胡男君   管理者   教育委員  内池 浩君      教育長   車田喜宏君                    代表   教育部長  志田房儀君            品竹貞男君                    監査委員   消防長   冨田晴夫君 ─────────────────────────────────────── 議会事務局出席者                    次長兼   局長    宍戸英雄君            斉藤嘉紀君                    総務課長   議事調査         尾形一幸君   課長 ─────────────────────────────────────── 議事日程   一 会議録署名議員の指名   二 会期の決定   三 議案第五十七号ないし第七十五号、報告第三号ないし第八号の提出、審議 ─────────────────────────────────────── 本日の会議に付した事件   一 会期の決定   二 議案第五十七号 平成九年度福島市一般会計補正予算   三 議案第五十八号 平成九年度福島市国民健康保険事業費特別会計補正予算   四 議案第五十九号 平成九年度福島市老人保健医療事業費特別会計補正予算   五 議案第 六十号 福島市支所設置条例及び福島市公告式条例の一部を改正する条例制定の件   六 議案第六十一号 福島市重度心身障害者医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制定の件   七 議案第六十二号 福島市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定の件   八 議案第六十三号 県北都市計画事業福島駅西口土地区画整理事業施行規程を廃止する条例制定の件   九 議案第六十四号 福島市水道条例の一部を改正する条例制定の件   十 議案第六十五号 字の区域の変更の件  十一 議案第六十六号 市道路線の認定及び廃止の件  十二 議案第六十七号 工事請負契約の件(リサイクルプラザ(仮称)建設工事)  十三 議案第六十八号 工事請負契約の件(リサイクルプラザ(仮称)プラザ棟建築本体工事)  十四 議案第六十九号 工事請負契約の件(森合小学校校舎大規模改造及び耐震補強建築本体工事)  十五 議案第七十号  工事請負契約の件(渡利雨水ポンプ場土木工事)  十六 議案第七十一号 工事請負契約の件(堀河町終末処理場汚泥濃縮タンク土木・建築工事)  十七 議案第七十二号 工事請負契約の件(堀河町終末処理場集中管理棟電気設備工事)  十八 議案第七十三号 工事請負契約の件(農業集落排水事業処理施設工事)  十九 議案第七十四号 財産取得の件  二十 議案第七十五号 専決処分承認の件 二十一 報告第三号   福島市一般会計予算の継続費繰越しの件 二十二 報告第四号   福島市一般会計予算の繰越明許費繰越しの件 二十三 報告第五号   福島市水道事業会計予算の継続費繰越しの件 二十四 報告第六号   福島市下水道事業費特別会計予算の繰越明許費繰越しの件 二十五 報告第七号   福島市土地区画整理事業費特別会計予算の繰越明許費繰越しの件 二十六 報告第八号   市が資本金を出資している法人の事業計画等提出の件 ───────────────────────────────────────                  午前十時五分 開会 ○議長(黒澤源一君) 定足数に達しておりますので、これより六月市議会定例会を開会いたします。  会議録署名議員の指名をいたします。五番押部栄哉君、三十五番大宮勇君を指名いたします。  会期の決定をいたします。  会期は、議会運営委員会の決定のとおり、すなわち本六月九日から二十三日までの十五日間といたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。      【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(黒澤源一君) ご異議がございませんので、会期は本六月九日から二十三日までの十五日間と決定いたしました。  なお、本議会の議事日程、質問通告等の締め切りはお手元に配付の印刷物のとおりでありますので、ご了承願います。  議案等の説明を求めるため、会期中、市長以下必要と認める執行機関の職員の出席を求めることにいたします。  諸般の報告をいたします。報告内容は、お手元に配付の印刷物のとおりでありますので、ご了承願います。  ただいま、市長から議案の提出がありました。議案は、さきにお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。  日程に従い、議案第五十七号ないし第七十五号及び報告第三号ないし第八号を一括して議題といたします。  市長の提案理由の説明を求めます。 ◎市長(吉田修一君) 議長、市長。 ○議長(黒澤源一君) 市長。      【市長(吉田修一君)登壇】 ◎市長(吉田修一君) 本日ここに、六月市議会定例会の開会にあたり、ご参集を賜り厚く御礼を申し上げます。  本定例会に提出いたしました案件は、平成九年度福島市一般会計補正予算等の議案十九件及び報告六件でありますが、これが提案理由を申し上げるに先立ち、市政の近況等についてご報告いたしたいと存じます。  まず、市制施行九十周年記念事業について申し上げます。  本年は、本市が明治四十年四月一日に市制を施行以来九十周年にあたります。この記念すべき年にあたり、幾多の変遷を経て今日の発展に至る九十年の歴史に思いを馳せ、先人の業績に敬意と感謝の意を表するものであります。これからの一層の飛躍を市民みんなで誓い合う契機として、来たる七月二十四日に福島市公会堂において「安全で健康なまちづくり元年ふくしま90」をメインテーマとして記念式典を開催するのをはじめ、各種記念事業を実施してまいる考えであります。  次に、東北中央自動車道の建設促進について申し上げます。  昨年十二月、福島−米沢間が整備計画路線へ、また、福島−相馬間が基本計画路線へそれぞれ格上げされたことに伴い、本年四月から企画調整部内に東北中央自動車道対策室を設置し、組織の拡充を図り、建設促進に努めているところであります。去る五月には、本線に引き続き大笹生地区のインターチェンジ及び連結道路の主要地方道上名倉−飯坂−伊達線の一部を都市計画決定するため、地元説明会を開催したところであります。今後におきましては、福島市大笹生地区IC周辺土地利用計画検討委員会において周辺整備計画の検討を進めてまいる考えであります。  次に、一般廃棄物の分別収集について申し上げます。
     ごみの減量化と資源化、さらに資源の再商品化を推進するため、缶類、紙類の資源物について四月から二カ月間、笹谷、松川、渡利、中央地区の一部の四地区をモデル地区として分別収集を試行しました。この間、市民、各関係団体のご理解、ご協力を得て円滑な資源物の回収の見通しを得ましたので、六月から市内全域を対象に分別収集を実施することとした次第であります。今後とも、市民の適正な分別排出へのご協力をいただきながら資源物の分別収集とリサイクルの推進を図ってまいる考えであります。  次に、災害時の市民生活を支援する協定の締結について申し上げます。  大規模災害に供え、災害時における市民生活を即時に支援できる体制を確立するため、去る六月五日に関係業界、団体と「災害時の市民生活を支援する協定」を締結いたしました。その内容は、食糧、衣料品等の生活物資の供給、輸送、情報収集関係の市民生活に欠かせないライフラインを確保するものであります。ここに、関係各位のご協力に感謝を申し上げますとともに、今後とも広域的な防災体制の充実とあいまった支援施策の確保に意を用いてまいる考えであります。  次に、摺上川ダム建設関係について申し上げます。  去る四月十四日、市議会全員協議会を開催いただき、摺上川ダムの建設に関する基本計画の変更についてご理解を賜り、かつダムの早期完成、財政負担の軽減対策等を求める意見書等、県に対して要望を展開していただきましたことにつきまして心から感謝を申し上げます。市といたしましても、摺上川ダム建設促進協議会の一員として、去る五月三十日、国、県に対して同様の要望を行いました。また、福島地方水道用水供給企業団においては、去る五月三十日開催の企業団全員協議会で本市をはじめとする構成団体の意見に基づき、ダムの早期完成及び事業費縮減等の要望を付し、「摺上川ダムの建設に関する基本計画の変更」を承認したところであります。今後とも、引き続きダムの早期完成はもとより財政支援措置を国、県等関係機関に対し強く要請してまいる考えであります。  次に、西部環状道路の延伸について申し上げます。  西部環状道路につきましては、本年度事業費が確保されたことに伴い、県道福島−飯坂線から国道一三号までの区間について、平成十年三月からの供用開始の見通しを得たところであります。また、課題となっておりました本道路の南伸は、国道一一五号から都市計画道路小倉寺−大森線の区間について調査費が計上され、事業化に向け前進をみたところであります。今後は、四車線化の促進、更なる延伸に向け、国に対して強く要請してまいる考えであります。  次に、国民健康保険事業について申し上げます。  国民健康保険事業につきましては、急速な高齢化の進展や医療費の増嵩等から、その運営は引き続き厳しい状況にありますが、医療費の適正化や主要財源である国保税の収納率の向上など、積極的な経営に努め、国保財政の健全化を図ってまいったところであります。本年度は、国保制度の抜本的な改革が図られるまでの暫定措置として、引き続き国保財政安定化支援事業等の地方財政措置により、一般会計からの繰り入れを充実させるとともに、繰越金を充当し、被保険者間の負担の均衡を図るため、国保税課率等の改正を行ったところであります。なお、医療保険制度の抜本的な改革につきましては、引き続き国をはじめ関係機関に要請をしてまいる所存であります。  次に、平成八年度の決算概要について申し上げます。  本決算は、所定の期日に出納を閉鎖し、計数整理中でありますが、一般会計においてはおおむね順調な決算となる見通しであります。水道事業会計につきましては、収益的収支において純利益を得ることができましたが、資本的収支においては収入不足額を損益勘定留保資金及び建設改良積立金等をもって補てんし、決算いたした次第であります。  国民健康保険事業費特別会計、下水道事業費特別会計、その他の特別会計につきましても、それぞれ順調な決算となる見通しであります。  次に、今回提出いたしました案件について申し上げます。  議案第五十七号平成九年度福島市一般会計補正予算は、まず、総務部関係においては公用車駐車場借上料を追加するものであります。  商工観光部関係においては、中の湯公衆浴場修繕調査委託料を計上するものであります。  市民生活部関係においては、国民健康保険事業費特別会計繰出金を減額するものであります。  環境部関係においては、リサイクル施設建設費を追加するものであります。  健康福祉部関係においては、県赤十字血液センター建設費補助等を計上するものであります。  建設部関係においては、道路新設改良費及び河川改良費を追加するものであります。  都市開発部関係においては、都市防災構造化推進費を計上するほか、街路事業費を追加するものであります。  教育委員会関係においては、スクールカウンセラー活用調査研究交付金等を追加するものであります。  以上の補正による追加額は十五億五千八百八十四万八千円でありますが、これが財源には、歳出補正に関連する国、県支出金四億二千八十七万四千円及び市債十億三千五百五十万円を追加し、差引き一億二百四十七万四千円には財産収入七千七百二十万円及び繰越金二千五百二十七万四千円を充当した次第であります。  継続費の補正は、リサイクル施設建設事業について、事業費の変更により年割額を変更するものであり、また、地方債の補正は、事業費の変更に伴いリサイクル施設建設債の限度額を変更するものであります。  議案第五十八号平成九年度福島市国民健康保険事業費特別会計補正予算は、執行見込みより、保健事業費等を追加するほか、保険給付費及び老人保健拠出金を減額するものであり、歳入においては繰越金を追加するほか、国民健康保険税、国庫支出金、療養給付費交付金及び一般会計繰入金を減額するものであります。  議案第五十九号平成九年度福島市老人保健医療事業費特別会計補正予算は、過年度の医療費等の精算に伴い、過年度国庫及び県負担金の返還金を計上するものであります。  議案第六十号福島市支所設置条例及び福島市公告式条例の一部を改正する条例制定の件は、杉妻支所の移転改築に伴い、所要の改正を行うものであります。  議案第六十一号福島市重度心身障害者医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制定の件は、重度心身障害者医療費の助成対象範囲の拡大を図るため、所要の改正を行うものであります。  議案第六十二号福島市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定の件は、地方税法の一部改正に伴い、保険税課税限度額の引き上げを行うほか、保険税の課率の改正を行うため、所要の改正を行うものであります。  議案第六十三号県北都市計画事業福島駅西口土地区画整理事業施行規程を廃止する条例制定の件は、県北都市計画事業福島駅西口土地区画整理事業の完成に伴い、施行規程を廃止するものであります。  議案第六十四号福島市水道条例の一部を改正する条例制定の件は、字の区域の変更及び画定に伴い、給水区域の字名を変更するため、所要の改正を行うものであります。  議案第六十五号字の区域の変更の件は、在庭坂地区の国土調査事業実施に関連して、字の区域の適正化を図るため、字の区域の変更を行うものであります。  議案第六十六号市道路線の認定及び廃止の件は、宮沢−宮畑線ほか八路線について、一般公共の用に供するため認定するほか、宮沢−宮畑線ほか五路線を認定替等により廃止するものであります。  議案第六十七号ないし議案第七十三号工事請負契約の件は、仮称リサイクルプラザ建設工事及びプラザ棟建築本体工事、森合小学校校舎大規模改造・耐震補強建築本体工事、渡利雨水ポンプ場土木工事、堀河町終末処理場汚泥濃縮タンク土木・建築工事及び集中管理棟電気設備工事のほか、農業集落排水事業処理施設工事について、それぞれ請負契約を締結するものであります。  議案第七十四号財産取得の件は、小型動力ポンプ積載車を取得するものであります。  議案第七十五号専決処分承認の件は、専決処分をいたしました案件について、それぞれ承認を願うものであります。  すなわち、専決第一号平成八年度福島市一般会計補正予算は、職員の退職手当及び長期債償還利子等を追加するほか、下水道事業費特別会計繰出金等を減額するものであり、歳入においては、歳出補正に関連する国、県支出金及び市債等を追加するとともに、繰越金を充当したものであります。また、地方債の補正は、起債の決定により社会福祉施設整備債等の限度額を変更したものであります。  専決第二号平成八年度福島市国民健康保険事業費特別会計補正予算は、執行見込みにより、歳入において国庫支出金及び繰越金を追加するほか、療養給付費交付金及び一般会計繰入金を減額し、予備費調整を行ったものであります。  専決第三号平成八年度福島市老人保健医療事業費特別会計補正予算は、執行見込みにより医療給付費を追加するとともに医療費支給費を減額するものであり、歳入においては支払基金交付金、国、県支出金及び一般会計繰入金等を追加し、予備費調整を行ったものであります。  専決第四号平成八年度福島市下水道事業費特別会計補正予算は、歳入において、国庫支出金及び繰越金を追加し、一般会計繰入金を減額したものであります。  専決第五号平成八年度福島市土地区画整理事業費特別会計補正予算は、金谷川駅前土地区画整理事業費を減額するものであり、歳入においては保留地処分金を追加し、一般会計繰入金を減額したものであります。  専決第六号福島市税条例の一部を改正する条例制定の件は、地方税法等の一部改正等に伴い、個人市民税の所得割及び市たばこ税の税率変更等並びに固定資産税及び都市計画税の負担調整措置等を行うため、所要の改正を行ったものであります。  以上六件は、いずれも急を要し、専決処分をいたしましたので、ご承認くださるようお願い申し上げます。  次に、報告について申し上げます。  報告第三号福島市一般会計予算の継続費繰越しの件は、平成八年度福島市一般会計予算の継続費の一部を平成九年度に逓次繰り越しいたしましたので報告するものであります。  報告第四号福島市一般会計予算の繰越明許費繰越しの件は、平成八年度福島市一般会計予算の繰越明許費の繰り越しについて報告するものであります。  報告第五号福島市水道事業会計予算の継続費繰越しの件は、平成八年度福島市水道事業会計予算の継続費の一部を平成九年度に逓次繰り越しいたしましたので報告するものであります。  報告第六号福島市下水道事業費特別会計予算の繰越明許費繰越しの件、報告第七号福島市土地区画整理事業費特別会計予算の繰越明許費繰越しの件、以上の二件は、平成八年度のそれぞれの特別会計予算に係る繰越明許費の繰り越しについて報告するものであります。  報告第八号市が資本金を出資している法人の事業計画等提出の件は、財団法人福島市開発公社、福島地方土地開発公社、福島市観光開発株式会社、財団法人福島市水道サービスセンター、財団法人福島市振興公社、株式会社福島市公共サービス、財団法人福島市スポーツ振興公社及び財団法人福島勤労者総合福祉振興協会の経営状況を説明する書類を提出するものであります。  以上が、提出議案及び報告の概要でありますが、詳細につきましては、ご質疑又は委員会等において申し上げたいと存じますので、よろしくご審議のうえ、議決を賜りますようお願い申し上げます。  なお、会期中に財産区管理委員選任の件を追加提案いたしたいと存じますので、ご了承をお願い申し上げます。 ○議長(黒澤源一君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。  この際、お諮りいたします。六月十日及び十一日、十二日は議案調査のため、それぞれ休会いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。      【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(黒澤源一君) ご異議がございませんので、六月十日及び十一日、十二日は議案調査のため、それぞれ休会することに決しました。  六月十三日は、午前十時より本会議を開きます。  本日は、これをもって散会いたします。                  午前十時二十九分 散会...