ツイート シェア
  1. 福島市議会 1995-12-07
    平成 7年12月定例会−12月07日-01号


    取得元: 福島市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-16
    平成 7年12月定例会−12月07日-01号平成 7年12月定例会  平成七年十二月七日(招集日) ─────────────────────────────────────── 出席議員(三十九名)     一番  石原信市郎君      二番  佐久間行夫君     三番  誉田眞里子君      四番  佐藤一好君     五番  鈴木好広君       六番  押部栄哉君     七番  斎藤朝興君       八番  土田 聡君     九番  河野恵夫君       十番  菅野芳樹君    十一番  高橋信一君      十二番  丹治仁志君    十三番  佐藤真五君      十五番  誉田義郎君    十六番  佐藤保彦君      十七番  高橋英夫君    十八番  山岸 清君      十九番  伊東忠三君    二十番  加藤勝一君     二十一番  半沢常治君   二十二番  横山俊邦君     二十三番  二階堂匡一朗君   二十四番  塩谷憲一君     二十五番  菅野泰典君   二十六番  加藤彦太郎君    二十七番  阿部保衛君   二十八番  木村六朗君     二十九番  小林義明君    三十番  斎藤 茂君     三十一番  阿部知平君
      三十二番  斎藤 清君     三十三番  桜田栄一君   三十四番  黒沢源一君     三十五番  大宮 勇君   三十六番  中村冨治君     三十七番  佐藤智子君   三十八番  遠藤 一君     三十九番  阿部儀平君    四十番  宮本シツイ君 ─────────────────────────────────────── 欠席議員(一名)    十四番  鈴木英次君 ─────────────────────────────────────── 地方自治法第百二十一条による出席者   市長    吉田修一君     助役    箭内洪一郎君   収入役   石川 清君     総務部長  佐藤 満君   企画調整         品竹貞男君     税務部長  酒井栄三君   部長   商工観光         丸岡 充君     農政部長  小原良三君   部長   市民生活            健康福祉         岡  實君           高野行雄君   部長              部長                   都市開発   建設部長  斎藤康二君           菊田 悟君                   部長   下水道             国体事務         中澤芳一君           佐藤 誠君   部長              局長心得   総務部         冨田晴夫君     秘書課長  梅津 裕君   次長                   水道事業   財政課長  片平憲市君           斎藤 廣君                   管理者                   教育   水道局長  眞木敏也君           尾越龍太郎君                   委員長   教育長   戸田満夫君     教育部長  太田隆夫君   代表監査         矢崎俊平君     消防長   熊坂比佐男君   委員 ─────────────────────────────────────── 議会事務局出席者                   次長兼   局長    生方義紹君           佐藤堅二郎君                   総務課長   議事調査         宍戸孝一君   課長 ─────────────────────────────────────── 議事日程   一 会議録署名議員の指名   二 会期の決定   三 継続審査中の議案第百九号の決算特別委員会における審査の経過並びに結果の報告   四 委員長報告に対する質疑、討論、採決   五 議案第百四十三号ないし第百五十六号、報告第十四号の提出、審議 ─────────────────────────────────────── 本日の会議に付した事件  一 会期の決定  二 議案第百四十三号 平成七年度福島市一般会計補正予算  三 議案第百四十四号 平成七年度福島市下水道事業費特別会計補正予算  四 議案第百四十五号 平成七年度福島市土地区画整理事業特別会計補正予算  五 議案第百四十六号 平成六年度福島市会計歳入歳出決算認定の件  六 議案第百四十七号 福島市部設置条例の一部を改正する条例制定の件  七 議案第百四十八号 福島市地区集会所条例の一部を改正する条例制定の件  八 議案第百四十九号 飯坂町財産公衆浴場条例等の一部を改正する条例制定の件  九 議案第百五十号  飯坂町財産温泉供給条例の一部を改正する条例制定の件  十 議案第百五十一号 字の区域の変更の件 十一 議案第百五十二号 市道路線の認定及び廃止の件 十二 議案第百五十三号 工事請負契約の件(第一種公営住宅建築本体工事野田町団地二号棟)) 十三 議案第百五十四号 工事請負契約の件(第一種・第二種公営住宅及び特定公共賃貸住宅建築本体工事野田町団地二 号棟)) 十四 議案第百五十五号 工事請負契約の一部変更の件 十五 議案第百五十六号 専決処分承認の件 十六 報告第十四号 福島市一般会計予算の継続費精算の件 ───────────────────────────────────────                  午前十時零分      開会 ○議長(二階堂匡一朗君) 定足数に達しておりますので、これより十二月定例会を開会いたします。  この際、ご報告いたします。十四番鈴木英次君から入院加療のため本会期中欠席の届け出がありました。  会議録署名議員の指名をいたします。九番河野恵夫君、三十番斎藤茂君を指名いたします。  会期の決定をいたします。  会期は、議会運営委員会の決定のとおり、すなわち本十二月七日から二十一日までの十五日間とすることにいたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。      【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(二階堂匡一朗君) ご異議がございませんので、会期は本十二月七日から二十一日までの十五日間と決定いたしました。  なお、本会議の議事日程、質問通告等の締め切りはお手元に配付の印刷物のとおりでありますので、ご了承願います。  議案等の説明を求めるため、会期中市長以下必要と認める執行機関職員の出席を求めることにいたします。  諸般の報告をいたします。報告内容は、お手元に配付の印刷物のとおりでありますので、ご了承願います。  これより、日程に従い、継続審査中の議案第百九号の決算特別委員会における審査の経過並びに結果の報告を求めます。  決算特別委員長、二十七番。 ◎二十七番(阿部保衛君) 議長、二十七番。 ○議長(二階堂匡一朗君) 二十七番。      【二十七番(阿部保衛君)登壇】 ◎二十七番(阿部保衛君) 去る九月市議会定例会におきまして、当決算特別委員会に付託になり、継続審査中の議案第百九号平成六年度福島市水道事業会計決算認定並びに剰余金処分の件につきまして審査の経過並びに結果をご報告申し上げます。  当決算特別委員会は、十一月二十日から二十二日までの三日間にわたり開会、当局並びに監査委員の出席を求め、当局より詳細なる説明を聴取し証書類の点検を行うとともに現地視察を実施し、かつ監査委員決算審査意見書を参考に活発な質疑を重ね慎重に審査いたしました。  そういたしまして、議案第百九号平成六年度福島市水道事業会計決算認定並びに剰余金処分の件につきましては、決算並びに剰余金処分案のとおり認定あるいは可決すべきものと決定いたしました。  以上、ご報告申し上げます。 ○議長(二階堂匡一朗君) ただいまの委員長報告に対し、ご質疑のある方はお述べください。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(二階堂匡一朗君) ご質疑がなければ討論に移ります。  ご意見のある方はお述べください。      【「なし」と呼ぶ者あり】
    議長(二階堂匡一朗君) ご意見がなければ討論を終結いたします。  これより採決を行います。  お諮りいたします。議案第百九号平成六年度福島市水道事業会計決算認定並びに剰余金処分の件につきましては、ただいまの委員長報告のとおり、すなわち決算並びに剰余金処分案のとおり認定あるいは可決することにご異議ございませんか。      【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(二階堂匡一朗君) ご異議がございませんので、議案第百九号は決算並びに剰余金処分案のとおり認定あるいは可決されました。  市長から議案及び報告の提出がありました。  議案及び報告は、先にお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。  日程に従い、議案第百四十三号ないし第百五十六号及び報告第十四号を一括して議題といたします。  市長の提案理由の説明を求めます。 ◎市長(吉田修一君) 議長、市長。 ○議長(二階堂匡一朗君) 市長。      【市長(吉田修一君)登壇】 ◎市長(吉田修一君) 本日、ここに十二月市議会定例会の開会に当たり、ご参集を賜り厚く御礼を申し上げます。本定例会に提出いたしました案件は平成七年度福島市一般会計補正予算等の議案十四件及び報告一件でありますが、これが提案理由を申し上げるに先立ち、市政の近況等についてご報告いたしたいと存じます。  まず、行政機構改革について申し上げます。「人間尊重のまちづくり」、「自然環境の保全と都市環境の整備」等の諸施策の推進を図るため、行政機構改革審議会の答申をもとに、本年四月一日に組織機構の改正を行いましたが、さらに生活環境部門の一層の充実強化を図るため、明年四月一日に組織機構の改正を行うことといたした次第であります。  次に、行政改革大綱の策定について申し上げます。地方分権の時代にふさわしい行財政運営のあり方について検討を進めてまいりましたが、行政改革推進委員会の提言を踏まえ、去る十一月二日に行政改革大綱を策定いたしました。本大綱の基本方針は、簡素で効率的な行財政制度の確立を図るのをはじめ、時代の変化に対応する人材育成等により、行政サービスの向上を目指すものであり、今後は本大綱の実現に努めてまいる考えであります。  次に、第三次総合計画後期基本計画について申し上げます。本計画につきましては、前期基本計画の成果等を踏まえ、平成八年度から平成十二年度までの後期基本計画を策定するため、市民各層の方々で組織する後期基本計画策定懇談会から提言をいただくなど検討を進めてまいりましたが、このたび計画原案を取りまとめたところであります。その内容は、人間尊重のまちづくりの推進を基調に、高齢社会への対応をはじめとする福祉の充実、都市環境の整備と自然環境の保全、二十四時間都市構想の具体化、地方拠点都市地域の整備、教育環境の整備、経済の活性化等を重要課題とした施策の推進であります。本原案につきましては、議員各位のご提言等をいただきながら、明年一月に策定いたしたいと考えております。  次に、飯坂町財産区公衆浴場使用料等の適正化について申し上げます。現行の公衆浴場及び温泉使用料は、昭和五十六年四月に改定、今日に至っておりますが、温泉の安定供給のための施設改修費や義務的経費が年々増嵩し、今後さらに下水道事業の推進に伴う関連事業の実施のためには、現行料金により事業運営は極めて困難になることが予想されます。こうしたことから、温泉の安定供給を図り、財産区運営の健全性を維持するため、明年四月分から使用料金の改定を実施することといたした次第であります。  次に、新食糧施行に伴う農業生産対策について申し上げます。去る十一月一日、市場原理の導入等を主な目的とする「主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律」、いわゆる新食糧法が施行されました。このたびの制度の改正に伴い、今後自主流通米が主体となる民間流通により産地間競争の激化が予想されますので、市といたしましては生産対策としてコストの軽減を図りながら出荷、販売体制の見直し等、総合的な対策を検討する必要があるものと考えております。  次に、阿武隈川サミットについて申し上げます。去る十一月二十四日、国、県のご協力をいただきながら、福島、宮城両県の二十九市町村参加により、第二回阿武隈川サミットを開催いたしました。本会議においては、阿武隈川治水、利水及び良好な河川環境の保全の促進を基本とした第一回阿武隈川サミットの成果を踏まえ、子どもたちの交流、流域マップ、阿武隈川讃歌の作成等を内容とする共同声明を発表するなど成功裡に終了いたしたところであります。  次に、一般廃棄物の分別収集について申し上げます。去る六月に「容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律」が公布され、消費者については分別排出、市町村は分別収集、事業者はリサイクルなど、それぞれの立場での責務が明確化されたところであります。今後、市といたしましてはごみの減量化と資源化に努めるとともに、資源の再商品化を促進するため分別収集計画の作成を進め、関連施設の整備に取り組んでまいる考えであります。  次に、幹線道路網の整備について申し上げます。国施工の西部環状道路は、国道一一五号から県道福島飯坂線までの四・四キロメートル区間について、既に供用を開始しているところでありますが、同地点から国道一三号までの二キロメートルの区間については、仮称松川橋下部工工事の起工式が十二月八日に挙行されるなど、平成九年度の完成を目指し工事が進められております。  次に、都市計画法で定める用途地域の変更について申し上げます。用途地域につきましては、住環境の保全や産業の振興に向け、土地利用の適正化を図るため、平成四年度の都市計画法等の改正により、従来の八種類が十二種類に細分化されたところであります。市といたしましては、法改正の趣旨にのっとり、市街地の動向を踏まえ適正な用途地域を定めるため所要の手続きを進めておるところであり明年二月を目途に都市計画の決定を得てまいりたいと考えております。  次に、十月末日における各会計予算の執行状況について申し上げます。一般会計につきましては、当初予算額七百九十五億九千百万円に、その後の補正額及び継続費等繰越額三十三億九千三百五十三万三千円を加え、現計予算は八百二十九億八千四百五十三万三千円であり、これが収支実績は、歳入が三百八十三億八千七百四十三万五千円で予算額に対し四六・三%、歳出が四百二十一億二千八十九万円で予算額に対し五〇・八%であり、収支差し引き不足額三十七億三千三百四十五万五千円は一時借入金等で補てんしておるところであります。  水道事業会計につきましては、収益的収支において、収入が三十六億九千八百八十四万円で予算額に対し五七・五%と、支出が二十六億二千三百八十八万八千円で予算額に対し四三・三%であり、また、資本的収支においては、収入が五千三百八十三万六千円で予算額に対し二・五%、支出が二十九億二百一万七千円で予算額に対し六三・五%となっております。  国民健康保険事業費特別会計につきましては、現計予算額百五十億三千百六十三万四千円に対し、歳入が七十二億四千百七十九万二千円で予算額に対し四八・二%、歳出が六十六億八千四百九十三万一千円で予算額に対し四四・五%であり、差し引き五億五千六百八十六万一千円の収支残高となっております。  そのほか、老人保健医療事業費特別会計等の各特別会計につきましては、おおむね順調な執行を見ているところであります。なお、今後の執行につきましても引き続き、財源の確保に努めるとともに、経費の節減等を図り、健全財政を基調に執行してまいる所存であります。  次に、今回提出いたしました議案について申し上げます。  議案第百四十三号平成七年度福島市一般会計補正予算は、まず総務部関係においては、渡利吉井田支所建設費及び参議院議員選挙費等を減額するものであります。  商工観光部関係においては、財団法人福島県労働者信用基金協会に対する一般保証信用基金の出損金を計上するものであります。  農政部関係においては、水田営農活性化対策費及び四季の里整備事業費等を追加するほか、農業施設改修費等を減額するものであります。  市民生活部関係においては、合併処理浄化槽設置整備事業費を追加するものであります。  健康福祉部関係においては、身体障害者援護費及び保健センター整備費等を追加するほか、特別障害者手当等にかかる過年度の国庫負担金返還金等を計上するものであります。  都市開発部関係においては、土地区画整理事業特別会計繰出金等を減額するものであります。  下水道部関係においては、下水道事業費特別会計繰出金を減額するものであります。  消防関係においては、消防職員の被服等購入費を追加するものであります。  教育委員会関係においては、教師用教科書指導書購入費、小中学校等机・いす整備費及び茂庭小学校の移転に伴う備品購入費等を計上するほか、吉井田公民館建設費を減額するものであります。  以上の補正による追加額は、八千五百九万九千円でありますが、これが財源には歳出補正に関連する国、県支出金、市債等の特定財源六千九万三千円を追加するとともに、差し引き二千五百万六千円は、前年度繰越金を充当いたした次第であり、また住民税等減税補てん債の確定に伴い、市債三億三千七百八十万円を減額し、市税を同額充当するものであります。  継続費の補正は、渡利支所、吉井田支所及び吉井田公民館建設事業について事業費の変更等に伴い総額及び年割額を変更するものであります。また、債務負担行為の補正は、仮称保健福祉センター建設設計委託農業施設改修、道路維持修繕及び道路新設改良の市単事業を債務負担行為により行うため追加するものであり、地方債の補正は、事業費の変更等に伴い、農業施設整備債等の限度額を変更するものであります。  議案第百四十四号平成七年度福島市下水道事業費特別会計補正予算は、下水道建設費を追加するものであります。また、債務負担行為の補正は、公共下水道管渠布設事業を債務負担行為により行うため追加するものであり、地方債の補正は、事業費の変更等に伴い限度額を変更するものであります、  議案第百四十五号平成七年度福島市土地区画整理事業特別会計補正予算は、福島土地区画整理事業費を減額するものであります。また、債務負担行為は、福島土地区画整理事業にかかる区画道路新設改良工事債務負担行為により行うためのものであり、地方債の補正は、事業費の変更等に伴い限度額を変更するものであります。  議案第百四十六号平成六年度福島市会計歳入歳出決算認定の件は、水道事業会計を除く一般会計及び各会計歳入歳出決算について、それぞれ認定をお願いするものでありますが、監査委員の審査意見書のほか、各会計における主要な施策の成果等につきましては、附属書類のとおりであります。  議案第百四十七号福島市部設置条例の一部を改正する条例制定の件は、行政組織・機構の改善を図るため、所要の改正を行うものであります。  議案第百四十八号福島市地区集会所条例の一部を改正する条例制定の件は、東浜町集会所を廃止するため、所要の改正を行うものであります。  議案第百四十九号飯坂町財産公衆浴場条例等の一部を改正する条例制定の件は、公衆浴場等使用料の適正化を図るため、所要の改正を行うものであります。  議案第百五十号飯坂町財産温泉供給条例の一部を改正する条例制定の件は、温泉使用料の適正化を図るため、所要の改正を行うものであります。  議案第百五十一号字の区域の変更の件は、信夫地区の団体農村基盤総合整備事業実施に関連して、字の区域の適正化を図るため、字の区域の変更を行うものであります。  議案第百五十二号市道路線の認定及び廃止の件は、二反田−中窪線ほか五路線について一般公共の用に供するため認定するほか、市道二反田−久保下線ほか一路線を認定替えにより廃止するものであります。  議案第百五十三号、議案第百五十四号工事請負契約の件は、野田町団地二号棟第一種公営住宅建築本体工事及び第一号棟第一種、第二種公営住宅及び特定公共賃貸住宅建築本体工事について、それぞれ請負契約締結するものであります。  議案第百五十五号工事請負契約の一部変更の件は、去る六月市議会において議決のありました信夫山雨水幹線築造工事について、間接費を変更するため、契約金額を変更するものであります。  議案第百五十六号専決処分承認の件は、専決処分いたしました案件について承認を願うものであります。すなわち、専決第十三号和解の件は、市職員交通事故にかかる損傷事件について和解したものであり、急を要し専決処分いたしましたので、ご承認くださるようお願い申し上げます。  報告第十四号福島市一般会計予算の継続費精算の件は、平成六年度において継続年度が終了した継続費について、精算の報告をするものであります。  以上が提出議案の概要でありますが、詳細につきましてはご質疑、または委員会等において申し上げたいと存じますので、よろしくご審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。  なお、会期中に福島市職員給与に関する条例の一部を改正する条例制定の件及び各会計補正予算並びに教育委員会委員任命の件、公平委員会委員選任の件、固定資産評価審査委員会委員選任の件及び財産区管理委員選任の件を追加提案いたしたいと存じますので、ご了承お願い申し上げます。 ○議長(二階堂匡一朗君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。  この際、お諮りいたします。明八日及び十一日、十二日は議案調査のためそれぞれ休会といたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。      【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(二階堂匡一朗君) ご異議がございませんので、明八日及び十一日、十二日はそれぞれ休会することに決しました。  なお、九日、十日は土曜日、日曜日のためそれぞれ休会とし、十三日は午前十時より本会議を開きます。  本日はこれをもって散会いたします。...