ツイート シェア
  1. 福島市議会 1994-09-08
    平成 6年 9月定例会−09月08日-01号


    取得元: 福島市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-16
    平成 6年 9月定例会−09月08日-01号平成 6年 9月定例会   平成六年九月八日(招集日) ─────────────────────────────────────── 出席議員(四十名)    一番 佐藤一好君     二番 山岸 清君    三番 鈴木好広君     四番 鈴木英次君    五番 誉田眞里子君    六番 高橋信一君    七番 加藤勝一君     八番 高橋英夫君    九番 伊東忠三君     十番 佐藤保彦君   十一番 塩谷憲一君    十二番 誉田義郎君   十三番 丹治仁志君    十四番 佐藤真五君   十五番 半沢常治君    十六番 斎藤 茂君   十七番 甚野源次郎君   十八番 小林義明君   十九番 阿部保衛君    二十番 加藤雅美君  二十一番 菅野泰典君   二十二番 加藤彦太郎君  二十三番 大宮 勇君   二十四番 横山俊邦君  二十五番 阿部知平君   二十六番 二階堂匡一朗君  二十七番 二階堂幸治君  二十八番 木村六朗君  二十九番 佐藤智子君    三十番 宮本シツイ君
     三十一番 桜田栄一君   三十二番 黒沢源一君  三十三番 阿部儀平君   三十四番 中村冨治君  三十五番 渡辺藤三君   三十六番 木田新松君  三十七番 八巻一夫君   三十八番 斎藤 清君  三十九番 遠藤 一君    四十番 渡辺清隆君 ─────────────────────────────────────── 地方自治法第百二十一条による出席者  市長   吉田修一君   助役   箭内洪一郎君  収入役  渡辺忠男君   総務部長 荒木 香君  企画財政       石川 清君   商工部長 武田金助君  部長               市民生活  農政部長 斎藤康二君        羽多野英一君               部長  健康福祉       佐藤 満君   建設部長 菊田 悟君  部長  都市開発         下水道       清和良晴君        神野利栄君  部長           部長  国体事務         企画財政       高野行雄君        丹野弘史君  局長           部次長  秘書課長 梅津 裕君   財政課長 片平憲市君  水道事業       須田和男君   水道局長 丹治和夫君  管理者  教育委       山本敬二郎君  教育長  戸田満夫君  員長               代表監査  教育部長 岡  實君        矢崎俊平君               委員  消防長  熊坂比佐男君 ─────────────────────────────────────── 議会事務局出席者               次長兼  局長   斎藤 廣君        生方義紹君               総務課長  議事調査       佐藤堅二郎君  課長 ─────────────────────────────────────── 議事日程   一 会議録署名議員の指名   二 会期の決定   三 議案第七十四号ないし第百二号の提出、審議 ─────────────────────────────────────── 本日の会議に付した事件   一 会期の決定   二 議案第七十四号 平成六年度福島市一般会計補正予算   三 議案第七十五号 平成六年度福島市国民健康保険事業費特別会計補正予算   四 議案第七十六号 平成六年度福島市下水道事業費特別会計補正予算   五 議案第七十七号 平成六年度福島市土地区画整理事業特別会計補正予算   六 議案第七十八号 平成五年度福島市水道事業会計決算認定並びに剰余金処分の件   七 議案第七十九号 福島市職員の退職手当の特例に関する条例制定の件   八  議案第八十号 福島市恩給条例等の一部を改正する条例制定の件   九 議案第八十一号 平成六年四月分以降における恩給の額の改定に関する条例制定の件   十 議案第八十二号 福島市教育職恩給条例等の一部を改正する条例制定の件  十一 議案第八十三号 福島市保育所条例等の一部を改正する条例制定の件  十二 議案第八十四号 福島市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定の件  十三 議案第八十五号 福島地方広域行政事務組合設立の件  十四 議案第八十六号 福島地方広域市町村圏協議会廃止の件  十五 議案第八十七号 訴えの提起の件  十六 議案第八十八号 市町の境界変更の件  十七 議案第八十九号 字の区域の画定の件  十八  議案第九十号 字の区域の変更の件  十九 議案第九十一号 市道路線認定の件  二十 議案第九十二号 工事請負契約の件(郷野目都市下水路雨水ポンプ場機械設備工事) 二十一 議案第九十三号 工事請負契約の件(松川左岸雨水第一号幹線築造工事) 二十二 議案第九十四号 工事請負契約の件(信夫山雨水幹線築造工事) 二十三 議案第九十五号 工事請負契約の一部変更の件(福島勤労者総合福祉センターB型建築工事) 二十四 議案第九十六号 工事請負契約の一部変更の件(福島勤労者総合福祉センターB型機械設備工事) 二十五 議案第九十七号 工事請負契約の一部変更の件(福島勤労者総合福祉センターB型電気設備工事) 二十六 議案第九十八号 工事請負契約の一部変更の件(松川左岸雨水第一号幹線築造工事) 二十七 議案第九十九号 工事請負契約の一部変更の件(信夫山雨水幹線築造工事) 二十八   議案第百号 財産取得の件(水槽付消防ポンプ自動車及びはしご付消防ポンプ自動車) 二十九  議案第百一号 財産取得の件(東部学校給食センター(仮称)備品)  三十  議案第百二号 専決処分承認の件 ───────────────────────────────────────      午前十時一分 開会 ○議長(二階堂幸治君) 定足数に達しておりますので、これより九月定例会を開会いたします。  会議録署名議員の指名をいたします。  十三番丹治仁志君、三十番宮本シツイ君を指名いたします。  会期の決定をいたします。  会期は、議会運営委員会の決定のとおり、即ち本九月八日から二十二日までの十五日間とすることにいたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。    【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(二階堂幸治君) ご異議がございませんので、会期は本九月八日から二十二日までの十五日間と決定いたしました。  なお、本議会の議事日程、質問通告等の締め切りは、お手元に配付の印刷物のとおりでありますので、ご了承を願います。  議案等の説明を求めるため、会期中市長以下必要と認める執行機関職員の出席を求めることにいたします。  諸般の報告をいたします。報告内容は、お手元に配付の印刷物のとおりでありますので、ご了承を願います。  ただいま市長から議案の提出がありました。議案は、さきにお手元に配付しておきましたので、ご了承を願います。  日程に従い、議案第七十四号ないし第百二号を一括して議題といたします。  市長の提案理由の説明を求めます。 ◎市長(吉田修一君) 議長、市長。 ○議長(二階堂幸治君) 市長。    【市長(吉田修一君)登壇】 ◎市長(吉田修一君) 本日、ここに九月市議会定例会の開会にあたり、御参集を賜り厚くお礼申し上げます。  本定例会に提出いたしました案件は、平成六年度福島市一般会計補正予算等の議案二十九件でありますが、これが提案理由を申し上げるに先立ち、市政の近況等についてご報告いたしたいと存じます。
     まず、福島地方拠点都市地域の整備推進について申し上げます。  この度、福島市及び伊達郡九町においては、福島地方拠点都市地域の整備推進を図るため、福島地方広域市町村圏協議会を発展的に解散し、新たに本年十一月一日発足を目標に、福島地方広域行政事務組合を設立する運びとなりました。本組合は、従来の広域圏事務を承継するとともに福島地方拠点都市地域基本計画に基づく事業の実施と連絡調整に関する事務を共同処理するものであり、特に人材育成地域間交流等のソフト事業を継続的、安定的に展開するため、福島地方拠点都市地域ふるさと市町村基金を設置することといたした次第であります。今後におきましては、安達地方広域行政組合と連携を図りながら、圏域の一体的整備推進に努めて参る考えであります。また、業務施設立地円滑化、いわゆるオフィス・アルカディア事業推進につきましては、福島研究公園業務拠点地区に立地する企業の支援、地域産業の振興に資する中核的施設の整備を図るため、県、市、民間企業等からなる第三セクターを、年度内を目途に設立して参る考えであり、本法人を核にして本市産業のより一層の業務集積化に努めて参る所存であります。  次に、異常渇水対策について申し上げます。  本年の気象状況は、連日の猛暑に加え降雨量が極めて少なく、一部、水稲、果樹、野菜等に被害が生ずるなどの影響がみられることから、去る七月二十七日に福島市農作物干ばつ対策本部を設置し、関係機関団体等と連携を図りながら技術対策等を講じて参ったところであります。更に、水道局では、阿武隈川の水位が低下したことから、自主節水を呼びかけるため、広報等の対策を講じるとともに、八月十九日には庁内に福島市渇水対策本部を設置し、水源取水の確保、節水の徹底を図るとともに、営農指導の強化等に努めたところであります。その後の降雨により、阿武隈川の水位が上昇するなど、給水制限等の事態を回避することができ、また、農作物の被害につきましても、その影響が最小限にとどまる見通しとなったところであります。今後におきましても、気象状況の推移に対応し、万全を期して参る所存であります。  次に、暴力団根絶市民大会について申し上げます。  去る七月二十七日、曽根田町地内で発生した暴力団の発砲事件を契機に、市民暴力団根絶の気運が高まり、市民ぐるみの団結と行動が求められる情勢となりましたので、九月五日に福島市暴力団根絶市民大会を開催したところであります。今後におきましても、関係機関等と連携を密にし、暴力のない安全で住みよいまちづくりの実現に努力して参る考えであります。  次に、第五十回国民体育大会「ふくしま国体」について申し上げます。  本年開催予定のリハーサル大会四競技種目のうち、水球競技については、七月二十三日から二日間にわたり、福島市中央市民プール等において、七チームの選手、監督、大会役員をはじめ一般観覧者など、延べ約四千三百名の参加を得て実施いたしたところであります。また、バレーボール競技については、八月六日から四日間にわたり、県営あづま総合体育館、福島市国体記念体育館等において、男女四十三チームの選手、監督六百名をはじめ大会役員、一般観覧者など、延べ約一万六百名の参加を得て開催いたしたところであります。これらの大会開催につきましては、市民関係各団体をはじめ、小・中学校児童・生徒及び高校生等の御協力により競技運営、受け入れ体制等各般にわたり、国体開催成功ヘ向け、所期の目的を果たすことができたものと考えております。  なお、今月二十三日からは、陸上競技、二十四日からは、ライフル射撃競技のリハーサル大会をそれぞれ二十五日まで開催する運びとなっております。市議会をはじめ関係者の御指導、御協力をいただきながら、国体本大会の成功を目指して準備に万全を期して参る所存であります。  次に、幹線道路網の整備について申し上げます。  まず、国民体育大会関連の佐原−水保線、荒井−あづま公園線、あづま公園橋及び県施行の国道一一五号の荒井バイパスの一部につきましては、六月までに供用を開始しており、更に、仁井田橋を含む県道福島−微温湯線及び舘ノ下橋を含む鳥川−大笹生線につきましても年度内完成の見通しを得たところであります。また、平野−岡島線の道路改良及び月の輪大橋につきましては、年度内完成を目指すとともに、県施行の国道一一四号渡利バイパスの渡利大橋は、去る八月九日より歩行者と自転車利用者に供用を開姶したところであります。更に、都市計画道路方木田−茶屋下線及び太平寺−岡部線の三河町工区並びに腰浜町−町庭坂線につきましても順調に進捗しており、今後とも、国民体育大会に関連する街路事業等の整備推進に努めて参る所存であります。  次に、市営住宅に係る訴えの提起について申し上げます。  市営住宅の家賃滞納等につきましては、負担の公平・公正の原則を基本として、かねてより対策に意を用いて参ったところでありますが、再三にわたる督促や要請に応じない一部の入居者に対して、昨年に引き続き訴えを提起することといたした次第であります。  次に、摺上川ダム建設関係について申し上げます。摺上川ダムは、ダム本体の基礎掘削工事が年内に着工される見通しとなりました。ダムの完成年度につきましては、当初計画の平成九年度より三年程度遅れる旨、伺っておりますが、本市といたしましては、早期完成に向け、引き続き関係機関に要請して参る所存であります。また、周辺の道路改良事業につきましては、国道三九九号の茂庭字板橋地内から秋庭地内までの約五・七キロメートルの区間は、年度内に供用開姶が予定されているほか、更に、付替市道のダム湖右岸道路のうち黒沢・蟹沢間約一・六キロメートル区間については、本年度工事に着手する計画となっておるところであります。  次に、都市マスタープランの策定について申し上げます。  平成四年六月改正の都市計画法により、住民参加による市町村都市マスタープランの策定及び用途地域の変更が義務づけられたところであります。そのため、本市の都市マスタープランを定めるうえで、市民参加のあり方及び将来都市像の骨格について、去る八月十一日に福島市都市計画審議会に諮問をいたしたところであります。今後におきましては、本年度末を目途に答申をいただき、都市マスタープランの策定及び用途地域変更の作業を進めて参る考えであります。  次に、国民健康保険事業について申しあげます。  本年度の制度改正につきましては、国民健康保険法の改正に伴い、十月一日から助産費制度の出産育児一時金制度への移行と給付の改善を図るほか、葬祭費を増額することといたした次第であります。  次に、今回提出いたしました議案について申し上げます。  議案第七十四号平成六年度福島市一般会計補正予算は、まず、総務部関係においては、恩給及び退職年金費、地区集会所建設補助金を追加するほか、茂庭出張所簡易水道切替工事費を計上するものであります。  企画財政部関係においては、福島地方広域行政事務組合設立負担金及び福島地方拠点都市地域ふるさと市町村基金出資金等を計上するほか、市税の過年度還付金及び加算金を追加するものであります。  商工部関係においては、財団法人福島勤労者総合福祉振興協会補助金等を追加するほか、幕滝探勝遊歩道復旧工事費等を計上するものであります。  農政部関係においては、水稲生産性向上対策費、農村マニュファクチャー事業費及び農業施設改修費等を追加するほか、水田営農活性化対策費等を減額するものであります。  市民生活部関係においては、阿武隈川サミット開催費、福島駅前公共便所建設事業費等を追加するものであります  健康福祉部関係においては、身体障害者援護費に係る過年度国庫負担金補助金返還金等を追加するほか、特別養護老人ホーム建設補助金等を減額するものであります。  建設部関係においては、道路の新設改良、舗装及び土留側溝等の整備費、道路維持費、交通安全施設整備費、橋りょう新設改良費及び河川改良費等を追加するものであります。  都市開発部関係においては、街路事業費、公園事業費及び福島駅西口土地区画整理事業費等を追加するほか、土地区画整理事業特別会計繰出金を減額するものであります。  下水道部関係においては、都市下水路築造費を追加するものであります。  教育委員会関係においては、御山小学校備品等整備費、仮称東部学校給食センター配送校配膳室整備事業費等を追加するものであります。  以上の補正による追加額は、二十九億一千二百八十五万八千円でありますが、これが財源には、歳出補正に関連する国・県支出金、市債等の特定財源十億五百三十五万二千円を追加するとともに、市税を減額し、所要一般財源四十三億三千九百九十万六千円には、寄附金、前年度繰越金及び住民税等減税補てん債等を充当いたしたものであります。  継続費の補正は、仮称農村マニュファクチャー公園整備事業について、事業費の変更等により、総額及び年割額等を変更するものであります。  債務負担行為の補正は、郷野目都市下水路雨水ポンプ場建設事業について、事業費の変更等により、限度額を変更するものであり、また、福島地方土地開発公社の資金融資に対する債務保証について限度額等を変更するとともに、特別養護老人ホーム用地取得造成費等の建設準備資金借人金償還金補給及び摺上川ダム建設に伴う市道黒沢−烏川線の黒沢−蟹沢間付替工事費の一部負担を債務負担行為により行うため、追加するものであります。  次に、地方債の補正は、事業費の変更等により、農業施設整備債等の限度額を変更するとともに、福島地方拠点都市地域ふるさと市町村基金出資債等を追加するものであります。  議案第七十五号平成六年度福島市国民健康保険事業費特別会計補正予算は、歳入において、療養給付費等負担金を追加するるとともに、歳出において、保険給付費等を追加し、予備費調整を行うものであります。  議案第七十六号平成六年度福島市下水道事業費特別会計補正予算は、下水道建設費及び下水道管理費を追加するものであります。  議案第七十七号平成六年度福島市土地区画整理事業特別会計補正予算は、福島土地区画整理事業費を追加するものであります。  議案第七十八号平成五年度福島市水道事業会計決算認定並びに剰余金処分の件は、決算の認定並びに剰余金の処分について議決をお願いするものでありますが、監査委員の審査意見書のほか、決算に伴う執行効果の概要及び予算執行の実績等は、付属書類のとおりであります。  議案第七十九号福島市職員の退職手当の特例に関する条例制定の件は、高齢職員等の退職者に対する退職手当について、特例措置を講ずるため、条例を設けるものであります。  議案第八十号福島市恩給条例等の一部を改正する条例制定の件、議案第八十一号平成六年四月分以降における恩給の額の改定に関する条例制定の件、議案第八十二号福島市教育職恩給条例等の一部を改正する条例制定の件、以上の三件は、恩給法等の一部改正に伴い、それぞれ所要の改正を行うため、条例を設けるものであります。  議案第八十三号福島市保育所条例等の一部を改正する条例制定の件は、蓬莱町の住居表示の実施に伴い、所要の改正を行うものであります。  議案第八十四号福島市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定の件は、国民健康保険法の改正に伴い、出産育児一時金等を改正するほか、葬祭費を増額するため、所要の改正を行うものであります。  議案第八十五号福島地方広域行政事務組合設立の件、議案第八十六号福島地方広域市町村圏協議会廃止の件、以上の二件は、福島市及び伊達郡九町が共同で福島地方ふるさと市町村圏計画の策定等に関する事務を処理するため、一部事務組合を設立するとともに、福島地方広域市町村圏協議会を廃止するものであります。  議案第八十七号訴えの提起の件は、市営住宅の明渡し及び滞納家賃等の支払いを求めるため、訴えを提起するものであります。  議案第八十八号市町の境界変更の件は、建設省及び安達郡安達町が施行する国道四号福島南バイパス安達パーキング整備事業に伴い、福島市と安達郡安達町の境界を変更することを、福島県知事に申請するものであります。  議案第八十九号字の区域の画定の件は、黒岩字学壇等に係る団地について、字の区域の画定を行うものであります。  議案第九十号字の区域の変更の件は、渡利地区の国土調査事業実施に関連して、字の区域の適正化を図るため、字の区域の変更を行うものであります。  議案第九十一号市道路線認定の件は、弐斗蒔四号線ほか二路線について、一般公共の用に共するため、認定するものであります。  議案第九十二号ないし議案第九十四号工事請負契約の件は、郷野目都市下水路雨水ポンプ場機械設備工事、松川左岸雨水第一号幹線築造工事及び信夫山雨水幹線築造工事について、それぞれ請負契約締結するものであります。  議案第九十五号ないし議案第九十九号工事請負契約の一部変更の件は、平成四年十二月市議会において議決を受けた福島勤労者総合福祉センターに係る建築工事、機械設備工事及び電気設備工事について、建物内部の施設等に変更が生じたため、それぞれ契約金額を変更するほか、平成六年三月市議会において議決を受けた松川左岸雨水第一号幹線築造工事及び信夫山雨水幹線築造工事について、施工延長等を変更するため、契約金額等を変更するものであります。  議案第百号及び議案第百一号財産取得の件は、水槽付消防ポンプ自動車及びはしご付消防ポンプ自動車並びに仮称東部学校給食センター用備品を取得するものであります。  議案第百二号専決処分承認の件は、専決いたしました案件について、それぞれ承認を願うものであります。すなわち、専決第十六号ないし専決第十九号損害賠償の額の決定並びに和解の件は、市職員交通事故等に係る損害賠償の額を決定し、和解したものであります。以上の四件は、いずれも急を要し専決処分いたしましたので、御承認くださるようお願い申し上げます。  以上が提出議案の概要でありますが、詳細につきましては、御質疑又は委員会等において申し上げたいと存じますので、よろしく御審議のうえ議決を賜りますようお願い申し上げます。  なお、会期中に、教育委員会委員任命の件及び公平委員会委員選任の件を追加提案いたしたいと存じますので、御了承をお願い申し上げます。 ○議長(二階堂幸治君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。  この際、お諮りいたします。明九日及び十二日、十三日は議案調査のためそれぞれ休会といたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。    【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(二階堂幸治君) ご異議がございませんので、明九日及び十二日、十三日はそれぞれ休会することに決しました。  なお、十日、十一日は土曜日、日曜日のためそれぞれ休会とし、十四日は午前十時から本会議を開きます。  本日はこれをもって散会いたします。      午前十時二十七分 散会...