運営者 Bitlet 姉妹サービス
ツイート シェア
  1. 福島市議会 1991-06-10
    平成 3年 6月定例会−06月10日-01号


    取得元: 福島市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-16
    平成 3年 6月定例会−06月10日-01号平成 3年 6月定例会     平成三年六月十日(招集日) ───────────────────────────────────────────── 出席議員(三十九名)   一  番      佐藤一好君     二  番      高橋信一君   三  番      山岸 清君     四  番      鈴木好広君   五  番      鈴木英次君     六  番      加藤勝一君   七  番      高橋英夫君     八  番      伊東忠三君   九  番      佐藤保彦君     十  番      藤倉英一君   十一 番      丹治仁志君     十二 番      佐藤真五君   十三 番      半沢常治君     十五 番      誉田義郎君   十六 番      斎藤 茂君     十七 番      甚野源次郎君   十八 番      小林義明君     十九 番      阿部保衛君   二十 番      加藤雅美君     二十一番      横山俊邦君   二十二番      二階堂匡一朗君   二十三番      桜田栄一君   二十四番      阿部知平君     二十五番      菅野泰典君   二十六番      加藤彦太郎君    二十七番      大宮 勇君   二十八番      木村六朗君     二十九番      佐藤智子君   三十 番      宮本シツイ君    三十一番      黒沢源一君
      三十二番      二階堂幸治君    三十三番      斎藤 清君   三十四番      阿部儀平君     三十五番      中村富治君   三十六番      渡辺藤三君     三十七番      本田新松君   三十八番      八巻一夫君     三十九番      遠藤 一君   四十 番      渡辺清隆君 ───────────────────────────────────────────── 欠席議員(一名)   十四 番      塩谷憲一君 ───────────────────────────────────────────── 地方自治法第百二十一条による出席者   市長        吉田修一君     助役        佐藤謙内君   収入役       岡 和二君     総務部長      渡辺忠男君   企画財政部長    斎藤 廣君     商工部長      藤根敬武君   農政部長      山越 勉君     市民部長      渡辺七郎君   福祉部長      三河 正君     建設部長      矢崎俊平君   都市開発部長    鈴木長之助君    下水道部長     佐藤利紀君   国体準備局長    石川 清君     企画財政部次長   天川 弘君   秘書課長      鈴木信也君     財政課長      羽田靖信君   水道事業管理者   須田和男君     水道局長      安倍重男君   教育委員長     太田美恵子君    教育長       箭内洪一郎君   教育次長      荒木 香君     代表監査委員    八島昭三郎君   消防長       佐藤博幸君     農業委員会会長   丹治元幹君 ───────────────────────────────────────────── 議会事務局出席者   局長        片平春夫君     次長兼総務課長   佐藤 満君   参事兼議事調査課長 生方義紹君 ───────────────────────────────────────────── 議事日程   一 仮議席の指定   二 会議録署名議員の指名   三 議席の一部変更   四 会期の決定   五 議案第四十四号ないし第五十九号、報告第三号ないし第七号の提出、審議 ───────────────────────────────────────────── 本日の会議に付した事件   一 仮議席の指定   二 議席の一部変更   三 会期の決定   四 議案第四十四号 平成三年度福島市一般会計補正予算の件   五 議案第四十五号 平成三年度福島市国民健康保険事業費特別会計補正予算の件   六 議案第四十六号 平成三年度福島市老人保健医療事業費特別会計補正予算の件   七 議案第四十七号 福島市監査委員条例中一部改正の件   八 議案第四十八号 福島市国民健康保険税条例中一部改正の件   九 議案第四十九号 福島市水道条例中一部改正の件   十 議案第 五十号 市道路線認定の件  十一 議案第五十一号 工事請負契約の件(十六沼公園夜間照明塔建設工事)  十二 議案第五十二号 工事請負契約の件(第二種公営住宅建築本体工事(北沢又団地十二号棟))  十三 議案第五十三号 工事請負契約の件(第二種公営住宅建築本体工事(北沢又団地十五号棟))  十四 議案第五十四号 工事請負契約の件(第二種公営住宅建築本体工事(砂入団地))  十五 議案第五十五号 工事請負契約の件(下釜雨水ポンプ場土木工事)  十六 議案第五十六号 工事請負契約の件(下釜雨水ポンプ場建築工事)  十七 議案第五十七号 業務委託契約の件  十八 議案第五十八号 財産取得の件  十九 議案第五十九号 専決処分承認の件  二十 報告第三号 福島市一般会計予算の継続費繰越しの件 二十一 報告第四号 福島市一般会計予算の繰越明許費繰越しの件 二十二 報告第五号 福島市水道事業会計予算の継続費繰越しの件 二十三 報告第六号 福島市下水道事業費特別会計予算の繰越明許費繰越しの件 二十四 報告第七号 市が資本金を出資している法人の事業計画等提出の件 ─────────────────────────────────────────────             午前十時二十分   開  会 ○議長(桜田栄一君) 定足数に達しておりますので、これより六月定例会を開会いたします。  この際ご報告いたします。十二番塩谷憲一君から療養のため本会期中、欠席の届出がありました。  この際、先に開会の議会運営協議会の決定に基づき日程に追加し、仮議席を指定することにいたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(桜田栄一君) ご異議ございませんので日程に追加し、仮議席を指定することに決しました。  議事の進行上、十二番、十三番、十四番を仮議席として指定いたします。  会議録署名議員の指名をいたします。  六番加藤勝一君、三十五番中村富治君を指名いたします。  次に、同じく議会運営協議会の決定に基づき日程に追加し、議席の一部を変更することにいたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(桜田栄一君) ご異議ございませんので、日程に追加し、議席の一部を変更することに決しました。  お諮りいたします。議席の一部を氏名標のとおり変更することにいたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(桜田栄一君) ご異議ございませんので、議席の一部を氏名標のとおり変更することに決しました。  会期の決定をいたします。  会期は議会運営協議会の決定のとおり、即ち本六月十日から二十一日までの十二日間とすることにいたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(桜田栄一君) ご異議ございませんので、会期は本六月十日から二十一日までの十二日間と決定いたしました。  なお本議会の議事日程、質問通告の締め切り等はお手元に配付の印刷物のとおりでありますので、ご了承願います。  議案等の説明を求めるため、会期中市長以下必要と認める執行機関の職員の出席を求めることにいたします。  諸般の報告をいたします。報告内容は、お手元に配付の印刷物のとおりでありますので、ご了承願います。  議会運営協議会委員の異動についてご報告いたします。  会派の異動に伴い十四番塩谷憲一君が委員を辞任、十一番丹治仁志君が委員に選任された旨議長手元まで報告がありました。  ただいま市長から議案及び報告の提出がありました。  議案及び報告は、さきにお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。  日程に従い、議案第四十四号ないし第五十九号及び報告第三号ないし第七号を一括して議題といたします。  議案等の朗読をいたさせます。前例により件名のみを朗読いたさせます。     【書記議案朗読】 ○議長(桜田栄一君) 市長の提案理由の説明を求めます。 ◎市長(吉田修一君) 議長、市長。     【市長(吉田修一君)登壇】 ◎市長(吉田修一君) 本日、ここに六月市議会定例会の開会にあたり、御参集を賜り厚くお礼申し上げます。  本定例会に提出いたしました案件は、平成三年度福島市一般会計補正予算の件等の議案十六件及び報告五件でありますが、これが提案理由を申し上げるに先立ち、市政の近況等について御報告いたしたいと存じます。  まず、仮称飯坂温泉観光会館について申し上げます。地元飯坂温泉をはじめ、本市観光の活性化を目指し建設を進めております仮称飯坂温泉観光会館につきましては、工事が順調に進捗しており、明年三月の完成を予定しているところであります。本施設の名称につきましては、公募により「飯坂温泉観光会館」を採択したところであり、本市観光の中核的施設として、また、広く利用される施設となるよう努めて参る所存であります。  次に、国民健康保険事業について申し上げます。本年度の国保財政は、引き継き医療費の増嵩が見込まれるなど厳しい状況にありますが、医療費の適正化や収納率の向上など積極的な経営努力を行い、国保財政の健全化に努めて参ったところであり、本年度の保険税につきましては、前年度繰越金を充当し減税を行うとともに、被保険者間の負担の均衡を図るため、課率改正を行うものであります。なお、医療保険制度の抜本的改革につきまして、引き続き国をはじめ関係機関に要請して参る所存であります。  次に、国民体育大会開催の準備状況について申し上げます。まず、競技施設関係では、ソフトボール競技会場となる十六沼周辺の整備につきましては、十六沼公園について敷地の造成を完了し、本年度は、夜間照明塔の建設を含め競技場の完成を目指し工事を進めるものであります。更に体育館、テニスコート等の施設の建設と隣接する大笹生運動公園を含めたスポーツ施設の整備事業につきましては、明年度完成を目途に進めて参る所存であります。バレーボール競技場となる「仮称福島市総合体育館」につきましては、平成五年度完成を目指し建設を進めて参る所存でありますが、本年度は、実施設計を行う予定であります。また、あづま総合運動公園周辺の国体関連道路の整備につきましては、おおむね順調に進捗しており、今後におきましても国民体育大会開催に向け万全を期して参る所存であります。  次に、国民体育大会の準備体制につきましては、去る四月一日に、国体準備局制を敷き組織の充実強化を図ったところでありますが、第五十回国民体育大会福島市準備委員会におきましても本市で開催する競技会の円滑な運営を期するため、本年度は、これに必要な基本計画を策定し専門委員会の活動促進を図るとともに、国民体育大会成功の鍵を握る市民意識の高揚のため、広報宣伝活動の充実を図って参る所存であります。  次に、平成二年度の決算概要について申し上げます。本決算は、所定の期日に出納を閉鎖し計数整理中でありますが、一般会計においては、おおむね順調な決算となる見通しであります。  水道事業会計につきましては、収益的収支において純利益を得ることができましたが、資本的収支においては、収入不足額を損益勘定留保資金、減債積立金及び建設改良積立金等をもって補てんし、決算した次第であります。国民健康保険事業費特別会計、下水道事業費特別会計、その他の特別会計につきましても、それぞれ順調な決算となる見通しであります。
     次に、今回提出いたしました案件について申し上げます。議案第四十四号平成三年度福島市一般会計補正予算の件は、まず、総務部関係においては、旧信夫中学校跡地と県有地との交換に伴う財産取得費を計上するものであります。商工部関係においては、財団法人福島市開発公社出捐金、商業振興費を追加するものであります。農政部関係においては、農業経営者海外派遣研修事業費を追加するものであります。消防関係においては、自主防災組織育成指導事業費を追加するものであります。  教育委員会関係においては、私立幼稚園園舎増改築費補助を追加するものであります。以上の補正による追加額は、九千三百七十六万五千円でありますが、これが財源には、歳出補正に関連する県支出金等一千九百五十万六千円を追加し、差引き七千四百二十五万九千円は、老人保健医療事業費特別会計繰入金三千四百九十八万四千円及び前年度繰越金三千九百二十七万五千円を充当した次第であります。債務負担行為の補正は、財団法人福島市開発公社の借入金に対する債務損失補償及び福島地方土地開発公社の資金融資に対する債務保証について限度額を変更するほか、阿武隈川上流直轄河川改修事業用地取得費に対する損失補償を行うため、追加するものであります。  議案第四十五号平成三年度福島市国民健康保険事業費特別会計補正予算の件は、執行見込みにより、保険給付費、老人保健拠出金、過年度療養給付費等負担金返還金を追加するものであり、歳入において、国庫支出金、療養給付費交付金及び前年度繰越金を追加するほか、国民健康保険税を減額するものであります。議案第四十六号平成三年度福島市老人保健医療事業費特別会計補正予算の件は、過年度の医療費等の精算に伴い、支払基金交付金返還金及び一般会計繰入金返還金を計上するものであります。議案第四十七号福島市監査委員条例中一部改正の件は、地方自治法の一部改正に伴い、常勤監査委員等の選任について改正等を行うため、所要の改正を行うものであります。議案第四十八号福島市国民健康保険税条例中一部改正の件は、地方税法の一部改正に伴い、保険税課税限度額及び低所得者に対する減税基準額の引き上げを行うほか、保険税の課率の改正を行うため、所要の改正を行うものであります。議案第四十九号福島市水道条例中一部改正の件は、字の区域の画定に伴い、給水区域の字の名称を変更するため、所要の改正を行うものであります。議案第五十号市道路線認定の件は、乱東後─小三郎内線ほか五路線について、一般公共の用に供するため、認定するものであります。議案第五十一号ないし議案第五十六号工事請負契約の件は、十六沼公園夜間照明塔建設工事、北沢又及び砂入団地に係る第二種公営住宅建築本体工事三件のほか、下釜雨水ポンプ場に係る土木工事及び建築工事について、請負契約を締結するものであります。議案第五十七号業務委託契約の件は、市道市ノ沢─明内線こ線橋架設工事業務について、委託契約を締結するものであります。議案第五十八号財産取得の件は、ポンプ付救助工作車を取得するものであります。議案第五十九号専決処分承認の件は、専決処分いたしました案件について、それぞれ承認を願うものであります。すなわち、専決第七号損害賠償の額の決定並びに和解の件は、市職員の交通事故に係る損害事件について、損害賠償の額を決定し和解したものであります。専決第八号平成二年度福島市一般会計補正予算の件は、職員の退職手当、スポーツ振興基金積立金を追加するものであり、歳入において、歳出補正に関連する寄附金を追加するほか、市債を減額し地方交付税を追加したものであります。また、繰越明許費は、十六沼公園整備事業費の一部を平成三年度に繰り越して使用するためのものであります。専決第九号平成二年度福島市水道事業会計補正予算の件は、収益的収支の支出において、消費税を追加したものであります。専決第十号平成二年度福島市国民健康保険事業費特別会計補正予算の件は、執行見込みにより、保険給付費を追加するほか共同事業拠出金を減額するものであり、歳入において、国庫支出金、療養給付費交付金、共同事業交付金及び前年度繰越金を追加し、予備費調整を行ったものであります。専決第十一号福島市税条例中一部改正の件は、地方税法の一部改正に伴い、個人市民税の所得割及び均等割の非課税限度額の引き上げ並びに所得割の税率の適用区分の見直し及び固定資産税・都市計画税の負担調整措置等を行うため、所要の改正を行ったものであります。以上の五件は、いずれも急を要し専決処分いたしましたので、御承認下さるようお願い申し上げます。  次に、報告について申し上げます。報告第三号福島市一般会計予算の継続費繰越しの件は、平成二年度福島市一般会計予算の継続費の一部を平成三年度に逓次繰り越しいたしましたので報告するものであります。報告第四号福島市一般会計予算の繰越明許費繰越しの件は、平成二年度福島市一般会計予算の繰越明許費の繰り越しについて、報告するものであります。報告第五号福島市水道事業会計予算の継続費繰越しの件は、平成二年度福島市水道事業会計予算の継続費の一部を平成三年度に逓次繰り越しいたしましたので報告するものであります。報告第六号福島市下水道事業費特別会計予算の繰越明許費繰越しの件は、平成二年度福島市下水道事業費特別会計予算の繰越明許費の繰越しについて、報告するものであります。報告第七号市が資本金を出資している法人の事業計画等提出の件は、財団法人福島市開発公社、福島地方土地開発公社、福島市観光開発株式会社、財団法人福島市水道サービスセンター及び財団法人福島市振興公社の経営状況を説明する書類を提出するものであります。  以上が提出議案及び報告の概要でありますが、詳細につきましては、御質疑又は委員会等において申し上げたいと存じますので、よろしく御審議のうえ議決を賜りますようお願い申し上げます。なお、会期中に仮称老人福祉サービス総合センターの建築本体工事の工事請負契約の件及び固定資産評価員選任の件を追加提案いたしたいと存じますので、御了承をお願い申し上げます。 ○議長(桜田栄一君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。この際お諮りいたします。  明十一日から十三日までの三日間は、議案調査のためそれぞれ休会いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。     【「異議なし」と呼ぶ者あり】 ○議長(桜田栄一君) ご異議ございませんので、明十一日から十三日までの三日間はそれぞれ休会することに決しました。  なお、十四日は午前十時から本会議を開きます。  本日はこれをもって散会をいたします。             午前十時四十一分  散  会...