運営者 Bitlet 姉妹サービス
宮城県議会 > 1963-12-23 >
昭和38年 12月 定例会(第110回)-12月23日−05号

宮城県議会 1963-12-23
昭和38年 12月 定例会(第110回)-12月23日−05号


取得元: 宮城県議会公式サイト
最終取得日: -
ツイート シェア
  1. 昭和38年 12月 定例会(第110回) − 12月23日−05号 昭和38年 12月 定例会(第110回) − 12月23日−05号 昭和38年 12月 定例会(第110回)      第百十回宮城県議会(定例会)議事速記録                             (第五号) 昭和三十八年十二月二十三日(月曜日)     午後四時四十五分開議     午後八時四十四分閉会 議長                     門伝勝太郎君 副議長                    亘理正彦君 出席議員(五十三名)      第一番               曽根冨二男君      第二番               桑折智夫君      第三番               山田弘次君      第五番               星 長治君      第六番               石塚 亨君      第七番               西村千代子君      第八番               斎藤善平君      第九番               阿部 蕃君      第十番               赤坂甚太郎君     第十一番               三塚 博君     第十二番               森  康君     第十三番               坂下清賢君     第十四番               田畑忠雄君     第十五番               日野徳寿君     第十六番               伊藤良介君     第十七番               平野 博君     第十八番               門間正寿君     第十九番               佐々木照男君     第二十番               高橋正男君    第二十一番               桜井亮英君    第二十二番               遠藤金一君    第二十三番               門馬重義君    第二十四番               菅原正之君    第二十五番               菅原栄悦君    第二十六番               武藤洋一君    第二十七番               木村喜代助君    第二十八番               渡辺健一郎君    第二十九番               小林仁司君     第三十番               菅原忠実君    第三十一番               芳賀勝郎君    第三十二番               奥山紀一君    第三十三番               三春重雄君    第三十四番               猪股春雄君    第三十五番               浦田冨男君    第三十六番               高橋富士男君    第三十七番               小野寺誠毅君    第三十九番               鮎貝盛益君     第四十番               亘理正彦君    第四十一番               荒井律二君    第四十二番               千葉松三郎君    第四十三番               村松哲治君    第四十四番               屋代文太郎君    第四十五番               遠藤 要君    第四十六番               高橋文五郎君    第四十七番               木村幸四郎君    第四十八番               佐藤民三郎君    第四十九番               阿部権治郎君     第五十番               庄司 隆君    第五十一番               門伝勝太郎君    第五十二番               佐々木源左エ門君    第五十三番               高橋大蔵君    第五十五番               只木和六君    第五十六番               小杉十郎君 欠席議員(三名)      第四番               吉田泰男君    第三十八番               越路玄太君    第五十四番               浅野喜代治君     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−  説明のため出席した者       知事               三浦義男君       副知事              重村誠夫君       出納長              曽根敏夫君       総務部長       事務吏員  雨倉正太郎君       民生部長       事務吏員  大槻七郎君       衛生部長       技術吏員  石戸利貞君       商工労働部長     事務吏員  二瓶 保君       農業水産部長     事務吏員  大泉吉郎君       土木部長       技術吏員  平手久之助君       企画開発部長     事務吏員  成田二郎君       総務部次長財政課長 事務吏員  石井 亨君       秘書課長       事務吏員  千田敬司君     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−     宮城県教育委員会       委員長              高野運太郎君       教育長              宇野量介君     宮城県選挙管理委員会       委員長              鳥海三郎君       事務局長             羽田光雄君     宮城県人事委員会       委員長              湯村辰二郎君       事務局長             内海幸悦君     宮城県公安委員会       委員長              早坂冬男君       警察本部長            島田 豊君       総務室長             福田文夫君     宮城県地方労働委員会       事務局長             三浦栄次君     宮城県監査委員       委員               山下 忠君
          委員               神山勝平君       委員               木村喜代助君       委員               猪股春雄君       事務局長             斎藤良次君     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−     宮城県議会事務局       局長               鶴岡次雄君       総務課長             熊谷 務君       議事課長             飯塚登喜夫君       調査課長             長瀬満左太君       議事課長補佐           高橋秀夫君       記録係長             今野裕敏君       主事               藤田雄英君       主事               武田 寛君       主事補              三浦 均君     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−     議事日程        第五号           昭和三十八年十二月二十三日(月曜日)午後一時開議 第一 会議録署名議員指名 第二 議第百三十八号議案ないし議第百五十八号議案、議第百六十号議案    決議案(原子力潜水艦日本寄港反対について)    決議案(水稲災害対策について)    決議案(義務教育諸学校における私費負担の抑制措置について)    意見書第四号議案、意見書第六号議案並びに請願〔委員長報告〕 第三 請願〔一一〇の八号、一一〇の四六号〕〔委員長報告〕     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−     会議に付した事件 日程第一 会議録署名議員指名 追加日程 意見書第十四号議案(国民健康保険の体質改善と財政強化について) 日程第二 議第百三十八号議案ないし議第百五十八号議案、議第百六十号議案、決議案(原子力潜水艦日本寄港反対について、義務教育諸学校における私費負担の抑制措置について)意見書第四号議案、意見書第六号議案、請願〔委員長報告〕 日程第三 請願〔一一〇の八号、一一〇の四六号〕〔委員長報告〕     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △開議(午後四時四十五分) ○議長(門伝勝太郎君) これより本日の会議を開きます。  本日の議事日程はお手元に配市のとおりであります。     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △会議録署名議員指名 ○議長(門伝勝太郎君) 日程第一、会議録署名議員の指名を行ないます。会議録署名議員に四十六番高橋文五郎君、四十七番木村幸四郎君を指名いたします。     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △諸報告 ○議長(門伝勝太郎君) 御報告をいたします。教育次長高橋彦治君は公務出張のため、本日欠席する旨の届出がありました。  地方公務員法第五条第二項の規定に基づき、関係議案について県人事委員会より意見が提出されましたので、先日その写しをお手元に配布いたしました。  お手元に配布の文書表のとおり請願が提出されましたので、議長より所管の委員会に付託いたしました。  お手元に配布の文書表のとおり陳情が提出されましたので、議長より所管の委員会に送付いたしました。     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                          宮人委281号                          昭和38年12月17日  宮城県議会議長 門伝勝太郎殿               宮城県人事委員会委員長 湯村辰二郎           条件に対する意見の提出について  12月16日付け宮城第636号をもつて求められました議第160号議案「職員の給与に関する条例の一部を改正する条例」に対する意見を別紙のとおり提出します。 (別紙)   「職員の給与に関する条例の一部を改正する条例」に対する意見  この条例は,職員の給与に関して今国会に提案中の国家公務員の給与改定に準じ,給料表の改正及び期末,勤勉手当の増額を図るとともに,病気休職者等に対して期末手当を支給できるよう措置し,あわせて通勤手当の支給限度額を引上げようとするもので,妥当なものと認める。     ………………………………………………………………………………          請願文書表 一連番号要旨請願者名紹介議員名受付年月日所管委員会一一〇の三五国立中央青年の家の建設(北上町神割崎)について桃生郡北上町長            外一名小杉、木村(幸)三八、一二、一六厚生文教三六仙台市内県道の舗装改修等について                    個人外一一名浅野外一三名同土木三七気仙沼市に土木事務所設置について気仙沼市長      外五名鮎貝、高橋(正)同総務警察三八宮城県農業信用基金協会に対する昭和三十九年度資金について宮城県農業信用基金協会長             木村(幸)、渡辺同農業水産三九自治体労働者の待遇改善について自治労宮城県本部執行委員長            外一名坂下、曽根、山田、三春同総務警察四〇塩釜港改修事業による観光船桟橋の新設に伴う造船所の機能不能並びに事故防止について塩釜造船協同組合理事長           外一一名遠藤(金)、曽根同土木四一教職員の年末手当について宮城県教職員団体連合執行委員長            木村(幸)、小杉、高橋(文)、遠藤(要)同総務警察四二高等学校体育指導教員特別手当支給について同同同同四三宮城県石巻合同庁舎建設について石巻市長      外二七名小杉外六名同 一七同四四津谷農林高校体育館建設について津谷農林高等学校父母教師会長            外二名阿部(権)外四名同厚生文教四五宮城農学寮拡充強化について宮城農学寮父兄会代表            外二名荒井、渡辺同農業水産四六石巻漁業無線局改装について石巻無線漁業協同組合長            外三名木村(喜)外五名同同四七国民健康保険業務に対する県費補助について宮城県国民健康保険団体連合会長             遠藤(要)、木村(幸)同 一八厚生文教四八名取川下流藤塚・閖上渡船場附近に永久架設について                      個人外十一名浅野、門間(正)、浦田同土木四九宮城県臨時職員の定数化について宮城県職員組合中央執行委員長          外二五九名芳賀外一三名同 二〇総務警察五〇鮮魚介類保管冷蔵庫を県内数ケ所に設置について宮城県中小企業団体中央会長            外一名武藤、森同 二一厚生文教五一県立岩ケ崎高校定時制鶯沢分校を同校全日制鶯沢分校に変更について栗原地方町村会長            外一名菅原(忠)、高橋(文)同 二三厚生文教五二同栗原郡鶯沢町長            外一名同同同五三昭和三十九年度鉱業政策について宮城県労働組合議会議長            三春、奥山、曽根同商工労働     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−          陳情文書表 一連番号要旨陳情者名受付年月日所管委員会一一〇の一観光リフト建設に援助(蔵王町)について刈田郡蔵王町長            三八、一〇、一三商工労働二盲ろう教育振興について東北地区盲学校ろう学校長会長            外一名同 二九厚生文教三二級国道横手・古川線中、鳴子地内地すべり防止対策について玉造郡鳴子町長            外一名一一、三土木昭和三十八年産水稲イモチ病被害について遠田郡田尻町長            外七名同 六農業水産五高等学校教職員等の定員増と教員の確保等について宮城県高等学校長協会理事長            同 二一厚生文教六本吉郡志津川町長選挙(昭和三十八年二月二十四日施行)の無効に関する不服審査申立の早急裁定について不服審査申立人総代志津川町町政推進連盟委員長              一二、九総務警察七興産相互銀行を県指定金融機関として指定について株式会社興産相互銀行取締役社長             同 一三同八黒松団地に巡査派出所設置について黒松団地町内会長            同 一四同九県道(塩釜・吉岡線中、塩釜市泉沢地内)舗装新設について塩釜市泉沢道路舗装期成同盟会長             同 二〇土木一〇塩釜港を植物輸入港として指定並びに植物防疫所出張所の設置促進について宮城県植物防疫協会長            同 二一農業水産     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(門伝勝太郎君) あらかじめ会議時間を延長しておきます。  暫時休憩をいたします。   午後四時四十七分休憩     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−   午後八時二十八分再開 ○議長(門伝勝太郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △意見書第十四号議案 ○議長(門伝勝太郎君) おはかりいたします。この際日程に追加し、意見書第十四号議案、国民健康保険の体質改善と財政強化について、を直ちに議題にいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(門伝勝太郎君) 御異議なしと認めます。よつて、同議案を日程に追加し、直ちに議題とすることに決定いたしました。  意見書第十四号議案を議題といたします。
        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 意見書第十四号議案     国民健康保険の体質改善と財政強化について  右事件について別紙意見書を提出します。   昭和三十八年十二月二十三日                  提出者議員  門伝勝太郎                         外全員     意見書 要旨   国民健康保険の体質改善と財政強化のため左記事項について格別の御高配を賜わるよう要望します。           記  一、国保全被保険者に対する七割給付をすみやかに実施し国庫負担を五割以上とすること。  二、僻地国保診療施設の整備費ならびに運営費に対し大巾な国庫補助を行うとともに長期低利融資制度を確立すること。  三、事務費の国庫負担を実質十割とし診療報酬審査支払の事務費は全額国庫負担とすること。 理由   国民健康保険の体質改善は国民福祉に及ぼす影響が重大であつて、さきに実施された世帯主七割給付の措置が講ぜられたことは国保前進のため喜びにたえないところであります。   一方、国保の主体は財政力の弱い市町村自治体及び組合であつて、その対象は負担力の乏しい低所得者層であるのに対し、医療水準の向上、地域差の撤廃等は必然に医療費の増高をもたらし国保の健全な運営に大きな不安を与えている実状であります。   政府におかれましては、如上の理由により医療保障の中核である国保の置かれている環境を御了察下されすみやかに改善の措置を講ぜられ国保の健全な運営を確立されたいのであります。  右地方自治法第九十九条第二項の規定により意見書を提出いたします。     年月日                      議長名  内閣総理大臣+  厚生大臣|あて  大蔵大臣+ 備考 衆参両院議長ならびに所管常任委員長あてには同趣旨の陳情書を提出するものとする。     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(門伝勝太郎君) おはかりいたします。本案については提出者の説明を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(門伝勝太郎君) 御異議なしと認めます。よつて、提出者の説明を省略することに決定いたしました。  おはかりいたします。ただいま議題となつております意見書については、委員会の審査を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(門伝勝太郎君) 御異議なしと認めます。よつて、本案については委員会の審査を省略することに決定いたしました。  これより採決をいたします。本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(門伝勝太郎君) 御異議なしと認めます。よつて、本案は可決されました。     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議第百三十八号議案ないし議第百五十八号議案 △議第百六十号議案、決議案、意見書第四号議案 △意見書第六号議案請願〔委員長報告〕 ○議長(門伝勝太郎君) 日程第二中、議第百五十七号議案を除く議第百三十八号議案ないし議第百五十六号議案、議第百五十八号議案、議第百六十号議案、決議案三件、意見書案二件並びに請願を議題といたします。  本件に関し委員長の報告を求めます。最初に厚生文教委員長四十二番。 ◆四十二番(千葉松三郎君) 簡単でございますので、議席からの発言をお許し願います。  厚生文教委員会の経過を御報告申し上げます。 一、議第百五十二号議案 工事請負の契約締結について(古川女子高講堂兼屋内体育館新築工事) 一、議第百五十三号議案 工事請負の契約締結について(白石工業高実習工場新築工事) 一、議第百五十四号議案 工事請負の契約締結について(石巻工業高実習工場新築工事)  本委員会は、右の付託議案審査の結果、原案を可決すべきものと議決いたしました。 一、議第百三十八号議案 昭和三十八年度宮城県歳入歳出追加更正予算(関係分)  本委員会は、右の付託議案審査の結果、左記の希望意見を付して別表のとおり修正すべきものと議決いたしました。        希望意見 一、肢体不自由児養護学校の設置については設置義務を待たず早急に実現されるよう促進されたい。 二、宮城県立小牛田ろう学校地盤沈下による建物の応急措置をすみやかに実施されたい。  一、決議 義務教育諸学校における私費負担抑制措置について  本委員会は、右の付託議案審査の結果、原案を可決すべきものと議決いたしました。  請願の審査の結果については採択すべきもの十カ件、閉会中も継続審査を要するもの十二カ件、不採択とすべきもの一カ件、取り下げの申し出のあつたもの一カ件、何とぞ委員長報告どおり御賛成願います。     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (別紙)  請願の審査の結果については、次のとおり決した。 採択すべきもの(十カ件)  一〇九の六七 女子教育職員の出産に際しての補助教育職員の完全配置について  一〇九の七三 国内産牛乳学校給食法制定促進について  一一〇の七 柴田農林高校川崎分校の全日制認可について  一一〇の九 高等学校定時制、通信制教育振興について  一一〇の一六 産業教育課程をおく高等学校の施設設備の充実等について  一一〇の二〇 身体障害者更正援護施設の早期拡充強化について  一一〇の四四 津谷農林高校体育館建設について  一一〇の四七 国民健康保険業務に対する県費助成について  一一〇の五一 県立岩ケ崎高校定時制鶯沢分校を同校全日制鶯沢分校に変更について  一一〇の五二 同右 閉会中も継続審査を要するもの(十二カ件)  一〇七の三一 朝鮮赤十字会代表団の東京招請について  一〇七の五三 河南町立鹿又、前谷地両高校及び県立農事講習所の県立移管並びに昇格ついて  一〇九の三八 亘理農業高校に商業科(男子)設置について  一〇九の四二 病院、療養所に療養中の結核患者に文化助成金の予算化について  一〇九の四三 生活保護患者命令入所への切替えに反対について  一〇九の五五 宮城県馬術連盟の仮馬場設置について  一〇九の六六 公立義務教育諸学校における教職員の超勤制度及び学校警備員制度確立について  一一〇の一三 築館女子高校の三十九年度入学募集定員の増加について  一一〇の一四 同 右  一一〇の二六 文部省に高校局設置について  一一〇の二七 私立高等学校に対する財政援助について  一一〇の三五 国立中央青年の家(北上町神割崎)の建設について 不採択とすべきもの(一カ件)  一一〇の三二 県立飯野川高校大川分校の入学募集を昭和三十九年度より再開について 取下げの申し出のあつたもの(一カ件)  一〇九の八一 看護婦養成について     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (別紙)  議第百三十八号議案           昭和三十八年度宮城県歳入歳出追加更正予算修正表      歳出中     (註)各金額欄中,上段の数字は修正額を示す。 款項目前回までの累計額追加更正予算額  (▲印は減)計各目明細節金額附記5 教育費 円 10,368,198,000円 419,296,000円 10,787,494,000   419,386,00010,787,584,000 1 教育委員会費 126,916,0006,368,000133,278,000   6,458,000133,368,000 1 報酬1,452,00001,452,000(1) 報酬0委員報酬90,0001,542,00090,000     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(門伝勝太郎君) 次に、商工労働委員長二十六番。 ◆二十六番(武藤洋一君) 商工労働委員会の審査の結果を申し上げます。  お手元にお配りのプリントのとおりでございます。よろしく御賛成願います。
        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (別紙)     商工労働委員会報告書 一、議第百三十八号議案 昭和三十八年宮城県歳入歳出追加更正予算(関係分)  本委員会は、右の付託議案審査の結果、別紙のとおり修正すべきものと議決した。 一、議第百四十一号議案 昭和三十八年度宮城県青葉山ゴルフ場費歳入歳出追加予算  本委員会は、右の付託議案審査の結果、原案を可決すべきものと議決した。  請願の審査の結果については、次のとおり決した。 採択すべきもの(三カ件)  一一〇の二 中小企業金融の強化について  一一〇の三四 南蔵王観光開発(七ケ宿町地区内にボーリング実施)について  一一〇の五〇 鮮魚介類保管冷蔵庫を県内数ケ所に設置について 閉会中も継続審査を要するもの(六カ件)  一〇九の一二 宮城県職業訓練所理容科の移譲について  一〇九の六五 泉ケ岳スキー場への冬期交通確保について  一一〇の一二 亜炭産業の合理化ならびに企業安定について  一一〇の二一 失対労働者の生活改善について  一一〇の二二 共栄信用組合設立内認可促進について  一一〇の五三 昭和三十九年度鉱業政策について     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (別紙)  議第百三十八号議案           昭和三十八年度宮城県歳入歳出追加更正予算修正表      歳出中     (註)各金額欄中,上段の数字は修正額を示す。 款項目前回までの累計額追加更正予算額  (▲印は減)計各目明細節金額附記6 社会及び労働施設費 円 2,354,968,000円 133,714,000円 2,488,682,000   134,020,0002,488,988,000 12 労働費 522,987,00020,767,000543,754,000   21,073,000544,060,000 16 労働委員会費18,652,000491,00019,143,000(1) 報酬0委員報酬797,00019,449,000306,000     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(門伝勝太郎君) 次に、農業水産委員長五十二番。 ◆五十二番(佐々木源左エ門君) 農業水産委員会に付託されました議第百三十八号議案、昭和三十八年度宮城県歳入歳出追加更正予算につきましては、審査の結果、左記希望意見を付して原案を可決すべきものと議決をいたしました。        希望意見  本県の浅海漁業は、松島湾、気仙沼湾等における昭和三十六年より連続三カ年にわたる種カキ、養殖カキ等の大量異常斃死があり、さらに本年は浅海漁業の大宗たるノリ養殖漁業も県下全般に病害が発生し、未曽有の減収が予想される実情にあり、関係漁民は絶望のあまり生産意欲を喪失し、浅海漁業は重大な危機に立ち至つている。よつて、県はこれが対策として、次の措置を講じ、関係漁民の生活安定と、浅海漁業の振興を期されたい。  一、浅海漁業の将来に対する抜本的対策並びに技術指導の徹底  一、昭和三十八年度ノリ養殖漁業資材代金並びに設備資金等の借入金の返済期間の延長により生ずる利子補給  一、昭和三十九年度ノリ養殖漁業資材購入資金等再生産に要する融資原資金として宮城県信用漁業協同組合連合会に対し県費相当額の預託 一、議第百四十号議案 昭和三十八年宮城県農業改良資金歳入更正予算 一、議第百四十三号議案 行政機関設置条例等の一部を改正する条例(関係分) 一、議第百四十五号議案 予算義務負担について 一、議第百四十六号議案 昭和三十八年度漁港事業受益負担金について  右議案につきましては、審査の結果、原案を可決すべきものと議決いたしました。  請願の審査の結果につきましては、採択すべきもの四カ件、閉会中も継続審査を要するもの七カ件、プリントのとおりであります。  なお、水稲災害対策についての決議案につきましては、提出者より撤回の申し出がありました。  右のとおり報告いたします。どうぞ委員長報告どおり御賛成願います。     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (別紙)  請願の審査の結果については、次のとおり決した。 採択すべきもの(四カ件)  一一〇の一五 水稲被害対策(災害応急資金の利子補給その他)について  一一〇の一九 昭和三十八年産水稲低温障害による災害対策について  一一〇の三八 宮城県農業信用基金協会に対する昭和三十九年度出資金について  一一〇の四五 宮城農学寮拡充強化について 閉会中も継続審査を要するもの(七カ件)  一〇九の二 防油浮堤(塩釜港施設設置に指導助成について  一〇九の七八 農家の高利債固定化債の解消促進について  一一〇の一 昭和三六、七、八年度松島湾養殖かき種かき死滅被害について  一一〇の一八 大郷農業改良普及所施設取得に伴う補助金交付について  一一〇の二三 塩釜漁港臨港線布設に伴う代替地について  一一〇の三〇 稲井町における葉たばこ被害養蚕農家に対する助成について  一〇九の三一 かき死滅対策事業に対する助成について     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(門伝勝太郎君) 次に、農地林務委員長二十九番。 ◆二十九番(小林仁司君) 農地林務委員会の審査の結果を御報告申し上げます。 一、議第百三十八号議案 昭和三十八年度宮城県歳入歳出追加更正予算(関係分)  本委員会は、右の付託議案審査の結果、原案を可決すべきものと議決いたしました。  請願の審査の結果につきましては、採択すべきもの二カ件、閉会中も継続審査を要するもの三カ件、プリントのとおりでございます。  何とぞ委員長報告どおり御賛成をお願い申し上げます。     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (別紙)  請願の審査の結果については、次のとおり決した。 採択すべきもの(二カ件)  一〇七の二三 かんばつ応急対策用水事業助成について  一〇九の一五 小規模土地改良事業県費助成について 閉会中も継続審査を要するもの(三カ件)  一〇九の六〇 準用河川小山田川上流にダム新設について  一一〇の一七 農業構造改善事業推進のための県有林払下げについて  一一〇の三三 新月浜第二水門の改造工事早急施行について     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(門伝勝太郎君) 次に、土木委員長四十三番。 ◆四十三番(村松哲治君) 土木委員会の御報告を申し上げます。 一、議第百三十八号議案 昭和三十八年度宮城県歳入歳出追加更正予算(関係分) 一、議第百四十七号議案 昭和三十八年度都市計画事業受益負担金について 一、議第百四十八号議案 昭和三十八年度道路事業受益負担金について 一、議第百四十九号議案 昭和三十八年度港湾事業受益負担金について 一、議第百五十八号議案 専決処分事項の指定について  本委員会は、右の付託議案審査の結果、原案を可決すべきものと議決いたしました。  請願の審査の結果については、次のとおり決しました。採択すべきもの七カ件、閉会中も継続審査を要するもの十一カ件、不採択とすべきもの一カ件右のとおり御報告申し上げます。  何とぞ委員長報告どおり御賛成をお願いいたします。     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (別紙)  請願の審査の結果については、次のとおり決した。 採択すべきもの(七カ件)  一〇七の三三 県道(井上・長町線中、六郷今泉門暮地内)一部護岸舗装について  一〇七の四二 坪沼川の準用河川認定並びに改修工事施行について  一〇九の二五 名取川河口に永久橋架設について  一〇九の三七 馬鞍川を準用河川編入について  一〇九の四七 身洗川準用河川認定について  一一〇の三六 仙台市内県道の舗装改修等について  一一〇の四八 名取川下流藤塚・閖上渡船場附近に永久橋架設について閉会中も継続審査を要するもの(十一カ件)
     一〇七の三七 貯木場(宮城郡七ケ浜町要害浦)設置反対について  一〇九の二八 県道認定(村田町沼辺荒川橋。蔵王町塩沢間)について  一〇九の五七 岡村堤防(丸森町地内)払下げについて  一〇九の五八 主要地方道の二級国道編入について  一〇九の五九 県道(横手・栗駒線)路線の一部変更について  一〇九の七六 大原川並びに水浜川の準用河川編入について  一〇九の八〇 中小企業工事業者の育成について  一一〇の五 真野川上流を準用河川に認定及び新川の区域変更について  一一〇の六 滝の上橋(県道定義仙台線)復旧工事促進について  一一〇の一〇 滝の上橋(県道定義仙台線)永久橋架替について  一一〇の一一 県道(亘理・松川浦港線)改修その他について 不採択とすべきもの(一カ件)  一一〇の四〇 塩釜港改修事業による観光船桟橋の新設に伴う造船所の機能不能並びに事故防止について     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(門伝勝太郎君) 次に、総務警察委員長四十一番。 ◆四十一番(荒井律二君) 総務警察委員会の報告を申し上げます。 一、議第百三十九号議案 昭和三十八年度宮城県印刷所費歳入歳出追加更予算 一、議第百四十二号議案 職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部を改正する条例 一、議第百四十三号議案 行政機関設置条例等の一部を改正する条例(関係分) 一、議第百四十四号議案 昭和三十八年度起債及び償還方法について 一、議第 百五十号議案 工事請負の契約締結について(県庁車庫及び庁舎主体工事) 一、議第百五十一号議案 工事請負の契約締結について(県庁車庫及び庁舎電気設備工事) 一、議第 百六十号議案 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例  本委員会は、右の付託議案審査の結果、原案を可決すべきものと議決いたしました。 一、議第百三十八号議案 昭和三十八年度宮城県歳入歳出追加更正予算(関係分)  本委員会は、右の付託議案審査の結果、別紙のとおり修正すべきものと議決いたしました。 一、議第百五十五号議案 専決処分の報告並びにその承認を求めることについて(衆議院議員選挙関係条例) 一、議第百五十六号議案 専決処分の報告並びにその承認を求めることについて(衆議院議員選挙関係予算)  本委員会は、右の付託議案審査の結果、承認すべきものと議決いたしました。 一、決議 原子力潜水艦日本寄港反対について 一、意見書第四号 農地に対する固定資産税の軽減について 一、意見書第六号 沖繩の施政権返還について  本委員会に付託された右の議案は、閉会中も継続して審査すべきものと決しました。  請願の審査の結果については、閉会中も継続審査を要するもの、プリントのとおり十九カ件でございます。  右、御報告申し上げます。どうぞよろしくお願い申し上げます。     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (別紙)  請願の審査の結果については、次のとおり決した。 閉会中も継続審査を要するもの(十九カ件)  一〇七の一四 宮城県商工労働部商工相談室の強化拡充について  一〇七の一九 新産業都市指定に伴う仙台港新設の際の各種補償について  一〇七の二五 土木部に設備課の設置について  一〇七の四六 善王寺地区の分町について  一〇七の四七 在日朝鮮公民の祖国との往来について  一〇九の五 県有土地建物(白石市所在)払下げについて  一〇九の二三 自動車運転試験場の誘致について  一〇九の三四 警察行政区域の変更(仙台市原町小田原新堤)について  一〇九の四六 塩釜新魚市場周辺水産物卸小売市場建設敷地払下げ配分に関連について  一一〇の二四 宮城県公立高等学校事務職員の給与を二等級格付について  一一〇の二五 宮城県公立高等学校事務補助職員定数増員について  一一〇の二八 学校事務補助職員の配置増及び事務職員の待遇改善について  一一〇の二九 簡易保険積立金から特定郵便局長個人に転貸することについて反対決議について  一一〇の三七 気仙沼市に土木事務所設置について  一一〇の三九 自治体労働者の待遇改善について  一一〇の四一 教職員の年末手当について  一一〇の四二 高等学校体育指導教員特別手当支給について  一一〇の四三 宮城県石巻合同庁舎建設について  一一〇の四九 宮城県臨時職員の定数化について     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (別紙)  議第百三十八号議案           昭和三十八年度宮城県歳入歳出追加更正予算修正表      歳出中     (註)各金額欄中,上段の数字は修正額を示す。 款項目前回までの累計額追加更正予算額 (▲印は減)計各目明細節金額附記11 雑収入 円 1,179,493,000円 93,711,000円 1,273,204,000   101,589,0001,281,082,000 3 雑入 456,237,00083,711,000539,948,000   21,073,000544,060,000 2 延滞金10,120,0002,122,00012,242,0001 延滞利子2,122,000 10,000,00020,120,00010,000,000     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− (別紙)  議第百三十八号議案           昭和三十八年度宮城県歳入歳出追加更正予算修正表      歳出中     (註)各金額欄中,上段の数字は修正額を示す。 款項目前回までの累計額追加更正予算額 (▲印は減)計各目明細節金額附記1 議会費 円 113,634,000円 500,000円 114,134,000   7,614,000121,248,000 1 県議会費 112,895,000500,000113,395,000   7,614,000120,509,000 1 議員報酬47,220,000047,220,000(1) 報酬0議員報酬5,040,00052,260,0005,040,000 4 諸手当16,639,000016,639,000(5)職員手当0期末手当2,074,00018,713,0002,074,000 3 警察消防費 1,866,633,00079,503,0001,946,136,000   79,557,0001,946,190,000 1 公安委員会費 8,580,000450,0009,030,000   504,0009,084,000 1 報酬876,0000876,000   54,000930,00011 選挙費 97,861,000097,861,000   72,00097,933,000 1 選挙管理委員会 4,777,00004,777,000   72,0004,849,000 1 委員報酬888,0000888,000(1) 報酬0委員報酬72,000960,00072,00013 諸支出金 1,127,091,00016,866,0001,143,957,000   17,108,0001,144,199,000 1 監査費 15,805,00043,00015,848,000   231,00016,036,000 1 監査費15,805,00043,00015,848,000   231,00016,036,000     (1)報酬0委員報酬36,000     (3)給料0 96,000     (5)職員手当0暫定手当 10,00056,000期末手当 46,000 2 人事委員会費 13,803,000013,803,000   54,00013,857,000  1 人事委員会費13,803,000013,803,000(1)報酬0委員報酬54,00013,857,00054,000     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− ○議長(門伝勝太郎君) 委貝長の報告を終わります。  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。  ただいま報告のありました各号議案について、一括して採決いたします。  委員長の報告は、議第百三十八号議案は修正、議第百五十五号議案及び議第百五十六号議案は承認であります。  原子力潜水艦日本寄港反対についての決議案、及び意見書二件は閉会中も継続審査、他は全部原案可決であります。  委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(門伝勝太郎君) 御異議なしと認めます。よつて、各号議案はいずれも委員長報告どおり決定いたします。  次に請願については、委員長の報告どおり決することに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(門伝勝太郎君) 御異議なしと認めます。よつて、請願については委員長の報告どおり決定いたします。  この際おはかりいたします。決算認定に関する議第百五十七号議案については、いまだ委員会の審査が完了しておりませんので、閉会中もなお継続して審査することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(門伝勝太郎君) 御異議なしと認めます。よつて、議第百五十七号議案については、さように決定いたしました。     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △請願一一〇の八号 △一一〇の四六号〔委員長報告〕 ○議長(門伝勝太郎君) 日程第三、請願一一〇の八号及び一一〇の四六号を議題といたします。  本件に関し、委員長の報告を求めます。最初に総務警察委員長四十一番。 ◆四十一番(荒井律二君) 総務警察委員会に付託されました請願、県出先機関合同庁舎設置(大河原)については、審査の結果、閉会中も継続審査を要するものと決定いたしました。
     右、御報告申し上げます。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(門伝勝太郎君) 次に、農業水産委員長五十二番。 ◆五十二番(佐々木源左エ門君) 農業水産委員会に付託されました、石巻漁業無線局改装については、審査の結果、採択すべきものと決定をいたしました。  よろしく賛成を願います。 ○議長(門伝勝太郎君) 委員長の報告を終わります。  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。−−質疑なしと認めます。  ただいま御報告のありました請願につきましては、委員長の報告どおり決することに御異議ありませんか。   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(門伝勝太郎君) 御異議なしと認めます。よつて、委員長の報告どおり決定をいたしました。     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △閉会 ○議長(門伝勝太郎君) 以上をもつて本日の日程は全部終了いたしました。  これをもつて第百十回宮城県議会閉会いたします。    午後八時四十四分閉会