運営者 Bitlet 姉妹サービス
一関市議会 > 2017-03-01 >
平成29年第60回定例会 平成29年 3月 日程表
平成29年第60回定例会 平成29年 3月 質問通告書

ツイート シェア
  1. 一関市議会 2017-03-01
    平成29年第60回定例会 平成29年 3月 質問通告書


    取得元: 一関市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-18
    平成29年第60回定例会 平成29年 3月 質問通告書                        質 問 通 告 書                                                     平成29年2月 番号 質問議員(申告時間) 質 問 要 旨 答弁要求者 1 橋本周一 (60分) 1 一関市バイオマス産業都市構想について  (1) 平成28年10月5日付けで市が国からバイオマス産業都   市として認定を受けたが、今後どのような事業展開を計画   しているか  (2) 事業推進にあたり、民間事業者の取り組みが必要不可   欠と考えるが、市として民間事業者とはどのようにかかわる   考えか  (3) 期待される効果をどの程度見込んでいるのか 2 道路行政について  (1) 藤沢バイパス整備に向けた取り組み状況  (2) 国道456号の藤沢地域の改良等の取り組み状況  (3) 藤沢地域における市道整備状況と今後の計画 市長
    市長 2 菊地善孝 (40分) 1 防災行政無線屋内子局廃止後の対策について   糸魚川大火、岩泉町台風10号被害の教訓から  (1) 現屋外マスト個別操作キーを該当地域区長並びに自治   会に配置すべきではないか  (2) 「安心メール」的なサービスに早速踏み切るべきではな   いか  (3) 防災や行政に係る市民世論調査の方法を一考すべきで   はないか  (4) 廃止代替として、屋外マストを基地とする再送信により、   市内全戸、全事業所での屋内受信を可能にすべきではな   いか 2 放射能汚染対処における自治体連携の実態について  (1) 岩手県、宮城県北隣接自治体との連携を強めている   が、汚染対策での取り組み状況の報告を求める  (2) 今後の計画についての報告を求める 3 滞納処分等の分野での市行政不服審査会との連携につい  て  (1) 「滞納一掃の取り組み」の結果、深刻な住民不信が生じ   ている    昨年4月1日以降の同審査会との連携の報告を求める  (2) この連携、同審査会の実態について、監査委員はどの   ように認識しているのか 市長 市長 市長 監査委員 3 小野寺道雄 (60分) 1 人口減少問題について  (1) 平成27年に策定した人口ビジョンと総合戦略で、人口減   少のスピードを緩められると考えているのか  (2) 人口動態の傾向を集落単位、行政区単位できめ細かく   分析し、対策を考える必要があると思うが、その取り組みは  (3) 限界集落の実態をどのように把握しているか 2 相続登記促進のための窓口体制の充実について  (1) 市道等公共工事の用地買収などにおいて所有権移転登   記が遅れている実態とその要因は  (2) 総合窓口体制を敷き、各課が連携した対応をとり、相続   登記促進のための利便性の向上と不動産の相続未登記な   どの発生予防に努める考えはないか  (3) 法務省が平成29年度から実施を検討している法定相続   情報証明制度の導入後の対応について、どのように考えて   いるか 3 公共下水道受益者負担金の統一について  (1) 下水道受益者負担金制度の考え方、受益者負担金算出   の考え方をどのように理解しているのか  (2) 平成29年度から10年間の汚水処理計画は受益者負担   金を統一しないまま進めるのか  (3) 平成32年4月から下水道事業は、地方公営企業法の適   用にされるが、受益者負担金が不統一のままで、地方交付   税算定などに影響は生じないのか 市長 市長 市長 4 千葉幸男 (40分) 1 農業(園芸)振興について  (1) 農家の所得向上策  (2) 新規就農者に対する支援策  (3) 高齢者による園芸作物の栽培支援策 2 国体後のスポーツ振興について  (1) ジュニアのスポーツに関心を向ける方策  (2) 小・中・高各段階の指導者の育成・連携  (3) 合宿等の現状と今後の取り組み  (4) スポーツコミッションの設置の検討 3 市道の維持管理について   草刈り、花木の管理などの取り組みと支援策 市長 市長 市長 5 小岩寿一
    (40分) 1 食品ロスの削減について   一関市の食品ロス削減の取り組みについて 2 保健福祉について  (1) がん教育の取り組みについて伺う  (2) がん患者の就労支援について伺う  (3) コール・リコール政策による受診率の効果について伺う 3 小型家電の回収について   小型家電からレアメタルの再資源化(金メダル作成)につい  て伺う 4 投票環境改善案について   投票所を半減することによるねらいと人件費の効果につい  て伺う 市長 市長 教育長 市長 選挙管理委員会委員長 6 及川忠之 (40分) 1 シイタケ産地再生に向けた「ナラ枯れ病」対策について 2 一関市鳥獣被害対策実施隊の任務について 市長 市長 7 石山 健 (40分) 1 一関市の農林業振興策、集落営農振興対策、農家の所得  向上施策について  (1) 農林業廃棄物処理の進捗率  (2) 米生産調整をやめるのではなく、水田における麦、大   豆、飼料作物増産を関係機関一体で取り組む対策  (3) 米の消費拡大に本格的に取り組む対策  (4) 酪農、畜産(肥育農家)の困難を打開する取り組み 2 総合的子育て支援の推進について  (1) 待機児童の解消を実現する具体的対策  (2) 延長保育、休日や夜間の一時保育の拡充  (3) 学童保育の拡充  (4) 非正規雇用と長時間労働をなくし子育てと仕事の両立が  できるよう改善の働きかけ  (5) 生活保護基準以下の母子家庭の生活保護の受給  (6) 生活相談を初め相談者に寄りそっての親切な対応が求   められている    総合的に対応するワンストップ対策を講じてはいかがか  (7) 子供の通学路の歩道の整備と安全対策を地域の協力   のもとに講じてはいかがか 市長 市長 8 武田ユキ子 (60分) 1 市役所改革(組織風土、職員の働き方、事務事業の棚卸  し)について  (1) 市組織風土    事務処理型から創造性を持った政策立案型の行政へと   転換することが重要    前例の踏襲などの風土・慣習を捨て、行政だけの常識に   捉われない抜本的な組織風土改革・体質改善が必要と考   える    市組織風土に対する市長の所見を伺う  (2) 市職員の働き方   ・ 超過勤務の現状と要因分析   ・ 縮減の取り組み状況   ・ 課題、対策  (3) 事務事業の棚卸し   ・ 現在の取り組み状況   ・ 事務事業の見直しの判断基準(あれもこれもになってい    ないか)   ・ 事務事業総点検のシステム(行政の独りよがりになって    いないか)   ・ 職員の持てる能力が十分に発揮できる仕組みになって    いるか   ・ 職員が競って改善できるような職員提案制度になってい    るか   ・ 自発的な改革要素が人事評価に反映されているか 2 狐禅寺地区振興策について  (1) 当局のこれまでの説明の中に幾つかの地域振興策案が  示されているが地元の意見要望が反映されているのか伺う  (2) 新施設建設と地域振興策・現施設跡地の利活用策等に  ついての話し合いを同時並行して進めるべきではないか  (3) 具体的な地域振興策の考え方を取りまとめる検討委員  会を設置する考えは  (4) 狐禅寺地区の複数の住民の方々から、建設候補地の選  定についての要望書が提出され、そのことを受け適地かどう  かの現地調査を実施してきた    現地調査の結果について伺う 3 磐井川右岸、久保地内(旧下之橋跡)から新下之橋に通じ  る生活道の確保について   平成18年7月27日、地元の住民から市当局に対し、五十人  町から旧来の下之橋への道路が今後行き止まりとならない  ように、車両等が堤防を通って新下之橋を利用できるように  していただきたい旨の要望書を提出、以来要望どおり、地域  住民の生活道として重要な役割を果たしてきた   ところが、昨年7月、地元に何の連絡もなくポールを設置、  進入禁止の立札が立てられ通行不能となり、地域の安全が  脅かされている   進入禁止となった事由と経過は 市長
    市長 市長 9 岩渕善朗 (40分) 1 投票環境改善案について  (1) 投票環境改善案(投票所削減)の目的は  (2) どのような基準で選定をするのか  (3) 国政に参加する権利(選挙権)は国民主権の大原則と思うが見解は 市長 選挙管理委員会委員長 10 岩渕 優 (40分) 1 公共施設マネジメントについて  (1) 一関市公共施設等総合管理計画の具体的な対応方法   は  (2) 「新地方公会計」は、一関市公共施設等総合管理計画   にどのように生かされるのか 2 奨学金の返済支援について  (1) 奨学金の返済支援は、人材確保や若者の移住定住につ   ながると期待できると思うが、その見解を伺う  (2) 奨学金の返済支援のための基金を創設すべきではない   か 3 高齢者福祉について  (1) 「介護予防・日常生活支援総合事業」の準備状況は  (2) 「総合事業」のポイントとなる地域の支え合い体制づくり   は、具体的にどのように推進していくのか 市長 市長 市長 11 那須茂一郎 (40分) 1 ごみ問題について  (1) 新焼却施設等の建設反対署名についてどう考えるか  (2) 根本的なごみ処理の考え方について伺う 市長 12 勝浦伸行 (40分) 1 中東北の拠点都市の形成に向けた取り組みについて  (1) 観光振興計画が示されたが、今後の観光振興策の進め   方について伺う  (2) Uドーム、人工芝により整備されたサッカー・ラグビー場、   ブルートラックで新設された陸上競技場、新一関図書館な   ど、整備された施設の利用状況は非常に良い    今後、各種団体と連携し、集客力のある大きなスポーツ、   文化行事等の開催、スポーツ、文化団体の合宿等を積極   的に誘致すべきと考えるが、市長の考えを伺う  (3) 資源・エネルギー循環型まちづくりは、中東北の拠点都   市を目指す一関市の大きな財産になると考える    エネルギーの地産地消を目指すため、エネルギー自給率   や廃棄物の再資源化等の取り組みに対して、数値目標を   示し、市民と共にまちづくりを進めるべきと考えるが、市長   の考えを伺う 2 財政状況について  (1) 上下水道事業は、公営企業会計への移行、「上下水道   センター」への再編、経営戦略の策定を進めているが、現   状と課題について伺う  (2) 公共施設等総合管理計画の策定が現在進められている   が、この計画を見る限り、当市の財政状況はかなり厳しい   ものと認識する    そのような中で、汚水処理施設整備計画が示されたが、   その中期計画においては、大きな下水道計画の削減はな   い    財政的な裏づけについて伺う 市長 教育長
    市長 13 菅野恒信 (40分) 1 市民の所得向上と地域経済発展を目指す政策展開につい  て  (1) 「市民の幸福」実現の方策を伺う  (2) 市民各層の所得・貧困状況を伺う   (3) 市ができる市民所得向上策・公契約条例の実施をすべ   きではないか 2 選挙投票所改善(「削減」)計画について  (1) 投票率低下の原因と向上の取り組みを伺う  (2) 18歳、19歳の有権者の理解が重要ではないか   (3) 結論を急がず住民意識向上の取り組みをすべきではな   いか 市長 市長 14 佐藤 浩 (60分) 1 本庁舎電光時計の再設置について  (1) 電光時計を撤去することに至った経緯は  (2) 再設置を望む多くの市民への説明は 2 本庁舎敷地の有効利用について   本庁敷地内の環境整備及び有効活用について、合併後、  検討した経緯はあるのか 3 スポーツ支援策について  (1) 一関市生涯スポーツ振興計画において、子供のスポー   ツ活動への具体的な推進施策は  (2) 一関市総合教育会議において、スポーツ少年団への支   援策は論じられているのか  (3) スポーツ少年団の運営・活動に対する支援の具体は 4 人口減少対策について  (1) 死亡原因と原因解消の施策は  (2) 平均寿命や健康寿命を延ばす施策を充実させるべきで   は 市長 市長 市長 市長 15 佐々木清志 (40分) 1 農業施策の独自振興策について  (1) 米政策転換への対応は  (2) 飼料米、WCSの現状と課題は  (3) 水田の畑地化への進捗状況は  (4) 新ブランド米(金色の風)への取り組みは  (5) 6次産業化への取り組みは 2 「健康長寿のまちづくり」の具体について  (1) 生活習慣病への取り組みは  (2) アンケート調査結果を具体の取り組みでどう生かすか  (3) 健康づくりにもPDCAサイクルを徹底すべきではないか  (4) 食生活改善を全市的な取り組みにすべきではないか 市長 市長 16 藤野秋男 (40分) 1 崩落地域への対応について   東日本大震災によって崩落した宅地がある   しかし、「個人の財産」として、具体的調査も行っていない   市民の安全や安心の確保は自治体の大切な仕事でないの  か    特に、発生の原因が本人の引き起こした事案でなく、他に  も影響が出ていることや隣接地域に公共施設もある   そこで以下について伺う  (1) 調査や対策等ができない法的根拠  (2) 国県への対応  (3) 今後の取り組み 2 ごみ減量化対策について   ごみ減量化対策の具体的数値や計画の取り組みがやっと  示されようとしている   この計画は、建設が予定されている可燃ごみ焼却施設との  関係もあったことから、以下について伺う  (1) なぜここまで計画策定が延びたのか  (2) 報償金制度の拡充策  (3) 取り扱い業者との連携等 3 雇用促進住宅への対応について   雇用促進住宅の一括売却は、東日本エリアは応札がなか  ったことから今後再入札を行うとしている   機構の本部を訪問した勝部市長は「現時点で何も話すこと  はない」としているが、入居者にとっては大変な不安である   そこで以下について伺う  (1) 入札方法や条件等でどう要望したのか  (2) 政府への対応 市長
    市長 市長 17 千田恭平 (60分) 1 人口減少の市政への影響について  (1) 当市の年代別、地域別人口減少の特徴と原因  (2) 人口減少が市政と市民生活に及ぼす影響  (3) 対策 2 空き家対策について  (1) 一関市空家等対策計画における第5章空家等対策の推   進体制   ・ 現在どのように進んでいるのか   ・ 今後どのように進めていくか  (2) 他市の取り組み    つるおかランド・バンクの取り組みを参考にしては 3 環境政策について  (1) 一関市環境基本計画(案)   ・ 重点プロジェクトの具体的な進め方   ・ 個別計画  (2) 一関市バイオマス産業都市構想    全体的計画と平成29年度の取り組み  (3) カーボンクレジット・BDF等の現況 4 市の情報発信について  (1) 情報の発信   ・ スマホ(携帯)利用を念頭にシステム化すべきでは   ・ 発信者の表記、片仮名語などチェック体制はなされてい    るか  (2) 意見公募のあり方   ・ どんな時にパブリックコメントを求めるのか     これまでの実績と周知方法   ・ 意見提出はどのように行われているか 市長 市長 市長 市長 18 金野盛志 (60分) 1 狐禅寺の焼却施設の諸課題について  (1) 覚書に対する「重く受け止める」の発言の真意、地元へ   の対応  (2) 仮設焼却炉、最終処分場、新焼却施設整備の基本的考   え方  (3) ごみ減量化(生ごみ、バイオマスと関連して) 2 内陸部災害公営住宅建設について  (1) 一関、千M地域の整備戸数、場所、完成時期  (2) 整備方式 市長 市長 19 岡田もとみ (40分) 1 就学援助事業の改善について  (1) 就学援助の入学準備金の単価は、実態に合わせ、引き   上げるべきではないか  (2) 入学準備金の支給時期は、入学後の6月から入学前に   変更すべきではないか  (3) 就学援助の対象は、生活保護基準の1.2未満から1.3へ   引き上げるべきではないか 2 高齢者の自動車事故防止対策について   高齢者の自動車事故の不安としてブレーキの踏み間違い  があるが、急発進防止装置を車に取り付けることで急発進の  防止ができるようになった   高齢者にとって、安心安全の交通手段の確保は切実な願  いである    こうした願いに応えるよう、具体的な支援策を検討すべき  ではないか 3 新ごみ焼却施設等の狐禅寺地区問題について  (1) 狐禅寺地区への建設について、市長は「総合的に判断」   としてきたが、その内容はどのようなものか伺う  (2) 「狐禅寺地区生活環境対策協議会と議員の懇談会」で   は、対策協議会自体が賛成、反対の二つに分かれていた    当局が対策協議会役員会に提案してから4年になるが対   策協議会としての統一見解を出せない状態では、狐禅寺地
      区の建設は不可能と判断すべきではないか 市長 教育長 市長 市長 20 佐々木賢治 (60分) 1 スポーツ振興について  (1) いわて国体・いわて大会を終え、どのように総括している   のか、また、今後のスポーツ振興にどのように生かしていく   のか  (2) 各種スポーツ大会・合宿の誘致活動への取り組みとその   実績はどうなっているのか、また、課題はどう捉えているの   か  (3) 県のスポーツ地域振興戦略事業をどのように捉えている   のか  (4) 特にも、シルバー健康保持のためにも一年間通じての活   動拠点として冬期間利用可能な土床屋内運動場を整備す   べきでは 2 人口減少対策について  (1) 移住定住促進について、その対策として重点的取り組み   はどのようなものか    UIJターン別の取り組みはあるのか、例えば、地元の次   男、三男に特化した定住対策をすべきではないか  (1) 結婚活動の支援について、平成28年の取り組み状況と   今後の取り組みはどのようになっているのか    県がいきいき岩手結婚サポートセンターを県南に開設す   る動きもあるがどう対応するのか 3 国際交流都市のまちづくりについて  (1) 「世界の国々から親しみを持たれるまち」「世界の国々か   ら信頼されるまち」を目指すとはどのようなことを想定してい   るのか  (2) 目指すまちを目指すうえで、その基礎を成し、そして、子   供たちが将来を生き抜くためにも幼児期から英語教育を強   化すべきではないか   ・ 現在の英語教育の目指すところは何か、その取り組み    実態は   ・ 英語の必要性をまちづくりの観点からどう認識している    のか 4 ふるさと納税について  (1) この制度をどのように受け止め推進しているのか  (2) これまでの実績はどうなっているのか  (3) 返礼品はどのように選定され、また、年々変わっている   のか 市長 市長 市長 教育長 市長 21 沼倉憲二 (60分) 1 新年度の市政推進について   市長の任期が、10月である中で  (1) 新年度の市政推進にどのように取り組むのか  (2) 予算や施策面での基本的な考え方は  (3) 任期後の所信は 2 黄海地区の治水対策について  (1) 北上川の築堤や水門設置及び黄海川の整備の進捗状   況は、どのようになっているのか  (2) 市としての整備促進のため、どのように取り組んだのか  (3) 今後の早期整備のため、どのように取り組むのか 市長 市長...