運営者 Bitlet 姉妹サービス
一関市議会 > 2013-10-18 >
第45回臨時会 平成25年10月(第2号10月18日)

ツイート シェア
  1. 一関市議会 2013-10-18
    第45回臨時会 平成25年10月(第2号10月18日)


    取得元: 一関市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-18
    第45回臨時会 平成25年10月(第2号10月18日)   第45回一関市議会臨時会議事日程 第2号 平成25年10月18日 午後2時 開議 日程第1         議長の常任委員の辞任について 日程第2  報告第23号  専決処分の報告について 日程第3  報告第24号  専決処分の報告について 日程第4  議案第120号  平成25年度一関市一般会計補正予算(第8号) 日程第5  議案第121号  金沢財産区管理委員の選任について 日程第6  議案第122号  金沢財産区管理委員の選任について 日程第7  議案第123号  金沢財産区管理委員の選任について 日程第8  議案第124号  金沢財産区管理委員の選任について 日程第9  議案第125号  金沢財産区管理委員の選任について 日程第10  議案第126号  金沢財産区管理委員の選任について 日程第11  議案第127号  金沢財産区管理委員の選任について 日程第12  議案第128号  教育委員会の委員の任命について 日程第13  議案第129号  教育委員会の委員の任命について 日程第14  議案第130号  監査委員の選任について 日程第15  議案第131号  監査委員の選任について
    日程第16         一関地区広域行政組合議会議員の選挙 日程第17         岩手県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙 日程第18         選挙管理委員及び同補充員の選挙 日程第19         一関市議会報編集特別委員会の設置について 日程第20         治水対策特別委員会の設置について 日程第21         放射能被害対策特別委員会の設置について 日程第22         閉会中の継続調査について 本日の会議に付した事件   議事日程第2号に同じ 出 席 議 員(30名)    1番  岡 田 もとみ 君   2番  菅 野 恒 信 君    3番  佐々木 賢 治 君   4番  小 岩 寿 一 君    5番  岩 渕   優 君   6番  及 川 忠 之 君    7番  那 須 茂一郎 君   8番  佐 藤   浩 君    9番  勝 浦 伸 行 君  10番  沼 倉 憲 二 君   11番  菊 地 善 孝 君  12番  藤 野 秋 男 君   13番  橋 本 周 一 君  14番  千 葉 信 吉 君   15番  金 野 盛 志 君  16番  岩 渕 善 朗 君   17番  千 葉 幸 男 君  18番  小野寺 道 雄 君   19番  千 葉   満 君  20番  千 田 恭 平 君   21番  石 山   健 君  22番  岩 渕 一 司 君   23番  槻 山   隆 君  24番  佐 藤 弘 征 君   25番  武 田 ユキ子 君  26番  佐々木 清 志 君   27番  菅 原 啓 祐 君  28番  佐 藤 雅 子 君   29番  小 山 雄 幸 君  30番  千 葉 大 作 君 職務のため出席した事務局員 事務局長  村 上 和 広     事務局次長  三 浦 精 己 議事係長  中 村 由美子 説明のため出席した者   市 長       勝 部   修 君     副市長     田 代 善 久 君   副市長       平 山 大 輔 君     企画振興部長  佐 藤 善 仁 君   総務部長      下 村   透 君     市民環境部長  小野寺 正 英 君   保健福祉部長    佐 藤 和威治 君     商工労働部長  小野寺 康 光 君   農林部長      千 葉   孝 君     建設部長    菊 池   薫 君   上下水道部長併任水道部長             千 田 良 一 君     花泉支所長   佐々木 由 悦 君   大東支所長     佐 藤 甲子夫 君     千厩支所長   菅 野 佳 弘 君   東山支所長     佐 藤 喜一郎 君     室根支所長   三 浦 正 勝 君   川崎支所長     清 水 高 司 君     藤沢支所長   須 藤 久 輝 君   会計管理者     金 今 寿 信 君     消防本部消防長 平 野 和 彦 君   企画振興部次長   苫米地 吉 見 君     総務部次長併任選挙管理委員会事務局長                                   金 野 富 雄 君   農林部次長     高 橋 一 秋 君     藤沢病院事務局長                                   吉 田 浩 和 君   教育委員長     鈴 木   功 君     教育長     藤 堂 隆 則 君   教育部長      熊 谷 雄 紀 君     監査委員    小野寺 興 輝 君   監査委員事務局長  阿 部 和 子 君     農業委員会事務局長                                   小 島 富士男 君   選挙管理委員会委員長             三 浦 高 義 君 会議の場所 一関市議会議場 開会時刻 午 後 2 時 会議の議事 ○議長(千葉大作君) ただいまの出席議員は30名です。  定足数に達していますので、これより本日の会議を開きます。 ○議長(千葉大作君) この際、ご報告を申し上げます。  市長提案11件を受理しました。 ○議長(千葉大作君) 次に、10月16日、各常任委員会委員及び議会運営委員会委員について、委員会条例第7条の規定によりお手元に配付の一関市議会委員会名簿のとおり議長において指名しました。  また、同日開催された各常任委員会及び議会運営委員会において、正副委員長が互選された旨、各委員長から報告がありました。  この際、各常任委員会及び議会運営委員会の正副委員長をご紹介申し上げます。  総務常任委員長、千田恭平君。  千田恭平総務常任委員長よりあいさつを求めます。 ○総務常任委員長(千田恭平君) ただいまご紹介いただきました、このたび総務常任委員会の委員長に就任した千田恭平でございます。  総務常任委員会は、行政組織、財政初め防災等所管事項が多岐にわたっております。  委員各位並びに当局の皆さま方のご協力を得てしっかりと運営してまいりたいと思います。  よろしくお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) 次に、同副委員長、槻山隆君。  登壇の上、あいさつ願います。 ○総務常任副委員長(槻山隆君) 総務常任副委員長に選任されました槻山です。  委員長を補佐しながら委員会運営がスムーズに進むよう努めてまいります。  皆さんのご協力をよろしくお願いします。 ○議長(千葉大作君) 次に、産業経済常任委員長、勝浦伸行君。  登壇の上、あいさつ願います。 ○産業経済常任委員長(勝浦伸行君) このたび、産業経済常任委員長に選任されました勝浦伸行でございます。  産業経済常任委員会は、商工業、農業、観光、一関市の基盤をなす各種さまざまな事柄について所管しておりますので、しっかりとその職責を果たしたいと思います。  各委員皆さまのご協力を得ながら、この大事な委員会をスムーズに進めていきたいと思います。  よろしくお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) 次に、同副委員長、藤野秋男君。  登壇の上、あいさつ願います。 ○産業経済常任副委員長(藤野秋男君) このたび、産業経済常任委員会の副委員長を仰せつかりました藤野秋男です。  地域経済に大きく影響する委員会と認識をしております。  勝浦委員長を補佐し、また委員の皆さんと鋭意努力して地域の発展のために努めてまいりたいと思いますので、議員各位のご協力をよろしくお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) 次に、建設常任委員長、千葉幸男君。  登壇の上、あいさつ願います。 ○建設常任委員長(千葉幸男君) このたび、建設常任委員長を仰せつかりました千葉でございます。  所管事務について、きちっと取り組んでまいりたいというふうに思いますので皆さんのご協力をよろしくお願い申し上げます。 ○議長(千葉大作君) 次に、同副委員長、千葉満君。  登壇の上、あいさつ願います。 ○建設常任副委員長(千葉満君) ただいま紹介されました建設常任委員会副委員長を仰せつかりました千葉満です。  委員会としての機能が十分発揮されるよう千葉幸男委員長を補佐し、しっかり取り組んでいきたいと思います。
     どうか皆さま方のご支援とご協力をよろしくお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) 次に、教育民生常任委員長、佐々木賢治君。  登壇の上、あいさつ願います。 ○教育民生常任委員長(佐々木賢治君) このたび、教育民生常任委員長を仰せつかりました佐々木賢治であります。  何事にも相通ずるものだなと、そう思っておりますが、特にも行政サービスにおいて、その時代、そしてその地域のニーズにこたえられているか、それを常に検証をし、方向づけされなければならない。  そう考えております。  その意を配し、その職に当たってまいりたい、そう思っております。  委員各位、議員各位の皆さま方のご理解、ご協力、そしてご指導を賜りますようにお願いを申し上げてごあいさつにさせていただきます。  どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) 同副委員長、武田ユキ子君。  登壇の上、あいさつ願います。 ○教育民生常任副委員長(武田ユキ子君) 教育民生常任委員会の副委員長を仰せつかりました武田ユキ子でございます。  今、しっかりやろうというような声がかかっておりますが、私もしっかりと委員長を補佐して、住民との直結した、その一番、直結した所管をする常任委員会であろうというふうに思いますので、皆さま方のご支援をいただきながら頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(千葉大作君) 次に、議会運営委員長、沼倉憲二君。  登壇の上、あいさつ願います。 ○議会運営委員長(沼倉憲二君) このたび、議会運営委員長を仰せつかりました沼倉憲二です。  市民の負託にこたえられるよう適正な議会運営を果たしていきたいと思います。  よろしくお願いします。 ○議長(千葉大作君) 次に、同副委員長、金野盛志君。  登壇の上、あいさつ願います。 ○議会運営副委員長(金野盛志君) 議会運営委員会の副委員長に選任されました金野盛志でございます。  委員長を補佐しながら円滑な議会運営は、もとより議会のあるべき姿、いわゆる議会改革まで含めたしっかりした責任を果たしてまいりたいと思っております。  議員各位のご協力をよろしくお願いを申し上げます。 ○議長(千葉大作君) 以上で紹介を終わります。 ○議長(千葉大作君) 本日の会議には、市長、教育委員会委員長、監査委員、選挙管理委員会委員長の出席を求めました。  議場での録画、録音、写真撮影を許可しておりますので、ご了承願います。  次に、市長より行政報告の申し出がありますので、これを許します。  勝部市長。 ○市長(勝部修君) 行政報告を申し上げます。  台風26号に伴う被害及び応急対策等についてでございますが、10月16日に三陸沖を北上した台風26号について、市では同日の午前3時22分暴風警報の発表に伴い災害警戒本部、支部を設置し、雨量、河川の水位、風速などの情報収集や警戒巡視を行うとともに、市のホームページやFMあすもなどで市民への広報、周知に当たりました。  降り始めからの降雨量は、栗駒山で147ミリ、東山町田河津で71ミリ、室根町津谷川で82ミリとなっており、最大瞬間風速は一関市消防本部観測で午前11時50分に毎秒26.1メートル、一関東消防署観測で午後0時30分に24.1メートルでありました。  北上川及び市内各河川の水位は、いずれもはんらん注意水位を大きく下回る状況でありました。  市内の詳細な被害状況につきましては今後の調査となりますが、現在把握している状況については台風によるけが人などの人身被害の報告はございませんでした。  土木施設では倒木などにより一時通行止めとなった道路もありましたが、速やかに支障物の撤去等を行い、車両等の通行を確保したところでございます。  農業関係の被害は、リンゴの落下やハウスの被覆、被覆ビニールの飛散、さらには稲はせの倒伏など、被害が確認されているところでございまして、現在その内容を調査中でございます。  また、一部の地域では一時的な停電はあったものの、同日中には復旧しているところでございます。  次に、公共交通の状況でございますが、JR鉄道線につきましては、新幹線、東北本線、大船渡線が台風の接近により一部の列車が運休いたしましたが、いずれも同日中に運転を再開しております。  路線バスにつきましては、岩手県交通の特急大船渡線の一部が運休したほか、市営バスでは大東地域の一部路線において倒木により迂回運行を行いましたが、すべて復旧し、現在は通常通りの運行となっております。  また、台風の接近に伴う市内の学校等の休校の状況ですが、市内小中学校など合計25校で休校の措置が講じられたところでありましたが、翌日には通常に戻っております。  今後、詳細な被害状況等の調査を進めてまいります。  次に、国際リニアコライダー関係の報告でございますが、昨日、関係者による現地調査が行われましたので、その概要について行政報告を申し上げます。  立地評価会議によるILCの国内候補地の一本化を受け、ILCに関する研究者の国際的な推進組織であるリニアコライダーコラボレーション、LCCと呼んでおりますが、このメンバーが昨日、北上高地の調査のため当市を訪れました。  視察後に行われました調査の講評においては、LCCの最高責任者であるリン・エバンス氏からは、日本における国内候補地が北上高地に一本化されたことから、その場所がILCの建設場所として適切であるかどうかを判断するため今回調査を行うこととなった旨説明があり、1つ目は北上高地が良質な岩盤であり、ILCの建設候補地として最適であると確信したこと、2つ目、今後は北上高地を前提として、すなわち国際的にも北上高地だけを候補地として詳細設計をしていくことになること、3つ目、日本政府に対しては早期にこのプロジェクトのホスト国となる意思表示を期待していること、などの発言があったところでございます。  今後におきましてもILCの実現に向け、関係自治体と協力体制をとりながら受け入れ体制について万全を期してまいりたいと思います。  以上、行政報告といたします。 ○議長(千葉大作君) 以上で行政報告を終わります。  これより、議事に入ります。  本日の議事は、お手元に配付の議事日程第2号により進めます。  副議長と交代いたしますので、暫時休憩します。 午後2時19分 休   憩 午後2時20分 再   開 ○副議長(小山雄幸君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  日程第1、議長の常任委員の辞任についてを議題とします。  千葉議長から議長職に専念するため、総務常任委員を辞任したいとの申し出があります。  申し出のとおり辞任を許可することにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○副議長(小山雄幸君) 異議なしと認めます。  よって、さよう決定しました。  議長と交代いたしますので、暫時休憩いたします。 午後2時21分 休   憩 午後2時22分 再   開 ○議長(千葉大作君) 再開いたします。  日程第2、報告第23号、専決処分の報告についてから、日程第3、報告第24号、専決処分の報告についてまで、以上2件を一括議題とします。  議案の朗読を省略し、直ちに報告を求めます。  田代副市長。 ○副市長(田代善久君) 報告第23号、専決処分の報告について申し上げます。  本件は、滝沢字二又沢地内において市道の横断側溝の蓋が変形していたため発生した物損事故に関し、損害を与えた相手方に対して賠償すべき額について市長専決条例の規定により専決処分したので報告するものであります。  なお、建設部長から補足説明させます。  次に、報告第24号、専決処分の報告について申し上げます。  本件は、萩荘字上本郷地内に設置していた市議会議員選挙のポスターの掲示板が、台風18号による強風により倒れたため発生した物損事故に関し、損害を与えた相手方に対して賠償すべき額について市長専決条例の規定により専決処分したので報告するものであります。  なお、選挙管理委員会事務局長から補足説明させます。  以上であります。  よろしくお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) 菊池建設部長。 ○建設部長(菊池薫君) 報告第23号の専決処分につきまして、補足説明を申し上げます。  事故の概要でありますが、一関市滝沢字二又沢地内におきまして、平成25年7月12日午後2時頃、相手方の車両が市道はの木立二ノ沢線の横断側溝を通過した際、鋼製の側溝蓋が変形したため跳ね上がり、車体後部を破損させる損害を与えたものであります。  相手方につきましては、専決処分の2に記載のとおりであります。  事故処理の経過につきましては、事故直後に相手方から事故報告があり、その後、直ちに現場確認及び再発防止の応急措置として側溝蓋の連結を施し、後日改めて現場の横断側溝を暗渠形式の排水施設に変更する工事を行い、すでに工事は完了しております。  本件事故の原因は、たび重なる通行による横断側溝の蓋の変形が発見されずにいたことにあり、現場調査及び保険会社からの意見を参考に市の過失について検討したところ、相手方の過失を問うことは困難であることから市の過失割合を100%とし、車両修理代の全額である9万6,201円を支払うこととして10月4日に示談の専決処分をしたものであります。  今後の対応といたしましては、パトロールの強化とともに本件と同様の構造になっている箇所について蓋の固定など跳ね上がり防止措置を進め、再発防止に努めるよう通知したところでございます。  以上でございます。 ○議長(千葉大作君) 金野選挙管理委員会事務局長。 ○選挙管理委員会事務局長(金野富雄君) 報告第24号、専決処分の報告について、補足説明を申し上げます。  専決処分書をお開き願います。  事故の概要についてでありますが、平成25年9月16日午前11時30分頃、萩荘字上本郷地内において相手方の所有する土地を借用し、選挙管理委員会が設置した市議会議員選挙のポスター掲示板が台風18号による強い風により倒れ、同敷地内の相手方の所有する建物のアルミ製の窓ガラスに当たり、ガラス3枚を破損させる損害を与えたものであります。  相手方は2に記載のとおりであります。  市の過失割合は100%であります。  損害賠償の額は、2万3,700円であります。  なお、損害賠償の費用は加入している民間損害保険会社の保険金により補てんされますが、免責額が1万円でありますことから、それを超える1万3,700円が補てんされるものであります。  事故後の処理についてでありますが、現場確認後、直ちに倒れたポスター掲示板について当該損害を与えた建物から離した場所に設置し直し、建物への2次被害を防ぐとともに破損させた部分の応急措置を行ったものであります。  その後、9月19日に相手方から示談の同意を得ましたので、同日に専決処分し、9月20日に賠償工事を完了しております。  なお、ポスター掲示場は839カ所設置し、台風18号の強い風は同日最大瞬間風速15.8メートルを記録しておりますが、強い風により100カ所に被害がありましたが、当該箇所以外に損害を与えたものはございませんでした。  今後におきましては、強い風にも耐えられるよう根入れの深さや控えパイプの固定方法等を考慮し、安全確保に努めてまいりたいと考えております。  以上でございます。  よろしくお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) 報告に対し質疑を行います。 (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(千葉大作君) 質疑なしと認めます。  以上で報告を終わります。 ○議長(千葉大作君) 日程第4、議案第120号、平成25年度一関市一般会計補正予算(第8号)を議題とします。
     議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。  田代副市長。 ○副市長(田代善久君) 議案第120号、平成25年度一関市一般会計補正予算(第8号)について、提案理由を申し上げます。  本案は、平成25年7月26日から28日の大雨洪水により農作物等に被害が発生したため、農作物災害復旧対策事業費補助金及び被災農業者緊急支援事業費補助金について追加しようとするものであります。  1ページをお開き願います。  歳入歳出予算の補正額は583万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を781億3,270万8,000円といたしました。  2ページをお開き願います。  目的別補正額は、第1表のとおりで、農林水産業費583万2,000円を増額いたしました。  また、歳入につきましては、県支出金250万3,000円、繰入金332万9,000円を増額いたしました。  なお、総務部長から補足説明させます。 ○議長(千葉大作君) 下村総務部長。 ○総務部長(下村透君) 議案第120号、平成25年度一関市一般会計補正予算(第8号)について、補足説明を申し上げます。  今回の補正につきましては、平成25年7月26日から28日の大雨洪水により農作物や農作物の生産に必要な施設に被害を受けましたことから、農作物の再生産に係る支援について所要の補正をしようとするものであります。  予算書の5ページをお開き願います。  まず、歳出のほうから説明いたしますが、6款1項3目農業振興費の農作物災害復旧対策事業費補助金につきましては、県からの補助を受け小菊の一部について苗や支柱等の資材購入に要する経費の3分の2を補助するもの、及び県補助の対象とならなかった小菊の一部とリンドウ、トマト等の農作物の苗、肥料、資材等の購入に要する経費の3分の2を市独自で補助するものであります。  次の、被災農業者緊急支援事業費補助金につきましては、水稲育苗ハウス2棟、野菜育苗ハウス1棟、揚水ポンプ小屋3棟の復旧に要する経費に対し、県からの補助を受け30分の23を補助するものであります。  次に、歳入についてでありますが、4ページの15款2項5目農林水産業費県補助金につきましては、ご説明いたしました歳出に係るものであります。  18款2項基金繰入金につきましては、今回の補正で不足する財源を賄うものであります。  これにより、平成25年度末の財政調整基金の額は24億7,044万円ほどとなる見込みであります。  以上でございます。  よろしくお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) これより質疑を行います。  12番、藤野秋男君。 ○12番(藤野秋男君) 今回のこの被害農家、戸数等についても、もう少し詳しく説明いただければと思います。 ○議長(千葉大作君) 千葉農林部長。 ○農林部長(千葉孝君) 今回、この補正にかかわります内容につきましては、小菊、それからリンドウ、トマト等でございます。  これらの全体の戸数につきましては、水稲なども入りまして総体でございますが785戸とされているところでございますが、このうち水稲が610戸を占めております。  園芸作物等におきましては、特にキュウリ等の野菜については101戸、小菊が9戸、トマトが19戸などとなっているところでございます。  それぞれの品目ごとの細かい数字はございますが、全体の戸数としては785戸となっているところでございます。 ○議長(千葉大作君) 以上で質疑を終わります。  お諮りします。  本案は委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(千葉大作君) 異議なしと認めます。  よって、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことに決定しました。  これより採決を行います。  議案第120号、本案賛成者の起立を求めます。 (賛 成 者 起 立) ○議長(千葉大作君) 起立満場。  よって、議案第120号は、原案のとおり可決されました。  議案配付のため、暫時休憩します。 午後2時35分 休   憩 午後2時36分 再   開 ○議長(千葉大作君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  日程第5、議案第121号、金沢財産区管理委員の選任についてを議題とします。  議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。  勝部市長。 ○市長(勝部修君) 議案第121号、金沢財産区管理委員の選任について、提案理由を申し上げます。  本案は、平成25年10月28日をもって任期が満了となります金沢財産区管理委員について、現委員の千葉昭彦さんを適任と認め、選任しようとするものであります。  千葉さんは、金沢財産区管理委員を平成17年から2期務められております。  ご同意を賜りますようお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) これより採決を行います。  議案第121号、本案賛成者の起立を求めます。 (賛 成 者 起 立) ○議長(千葉大作君) 起立満場。  よって、議案第121号は、同意することに決定しました。 ○議長(千葉大作君) 日程第6、議案第122号、金沢財産区管理委員の選任についてを議題とします。  議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。  勝部市長。 ○市長(勝部修君) 議案第122号、金沢財産区管理委員の選任について、提案理由を申し上げます。  本案は、平成25年10月28日をもって任期が満了となります金沢財産区管理委員について、現委員の阿部軍三さんを適任と認め、選任しようとするものであります。  阿部さんは、金沢財産区管理委員を平成17年から2期務められております。  ご同意を賜りますようお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) これより採決を行います。  議案第122号、本案賛成者の起立を求めます。 (賛 成 者 起 立) ○議長(千葉大作君) 起立満場。  よって、議案第122号は、同意することに決定しました。 ○議長(千葉大作君) 日程第7、議案第123号、金沢財産区管理委員の選任についてを議題とします。  議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。  勝部市長。 ○市長(勝部修君) 議案第123号、金沢財産区管理委員の選任について、提案理由を申し上げます。  本案は、平成25年10月28日をもって任期が満了となります金沢財産区管理委員について、現委員の佐々木弘さんを適任と認め、選任しようとするものであります。  佐々木さんは、金沢財産区管理委員を平成17年から2期務められております。  ご同意を賜りますようお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) これより採決を行います。  議案第123号、本案賛成者の起立を求めます。 (賛 成 者 起 立) ○議長(千葉大作君) 起立満場。  よって、議案第123号は、同意することに決定しました。 ○議長(千葉大作君) 日程第8、議案第124号、金沢財産区管理委員の選任についてを議題とします。  議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。  勝部市長。 ○市長(勝部修君) 議案第124号、金沢財産区管理委員の選任について、提案理由を申し上げます。  本案は、平成25年10月28日をもって任期が満了となります金沢財産区管理委員について、現委員の菅原弘毅さんを適任と認め、選任しようとするものであります。  菅原さんは、金沢財産区管理委員を平成21年から1期務められております。  ご同意を賜りますようお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) これより採決を行います。  議案第124号、本案賛成者の起立を求めます。 (賛 成 者 起 立) ○議長(千葉大作君) 起立満場。  よって、議案第124号は、同意することに決定しました。 ○議長(千葉大作君) 日程第9、議案第125号、金沢財産区管理委員の選任についてを議題とします。  議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。  勝部市長。 ○市長(勝部修君) 議案第125号、金沢財産区管理委員の選任について、提案理由を申し上げます。  本案は、平成25年10月28日をもって任期が満了となります金沢財産区管理委員について、現委員の永澤健太郎さんを適任と認め、選任しようとするものであります。  永澤さんは、金沢財産区管理委員を平成21年から1期務められております。  ご同意を賜りますようお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) これより採決を行います。
     議案第125号、本案賛成者の起立を求めます。 (賛 成 者 起 立) ○議長(千葉大作君) 起立満場。  よって、議案第125号は、同意することに決定しました。 ○議長(千葉大作君) 日程第10、議案第126号、金沢財産区管理委員の選任についてを議題とします。  議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。  勝部市長。 ○市長(勝部修君) 議案第126号、金沢財産区管理委員の選任について、提案理由を申し上げます。  本案は、金沢財産区管理委員の任期が満了となりますことから、新たに菅原昭次さんを適任と認め選任しようとするものであります。  菅原さんは、昭和26年生まれで62歳であります。  平成24年6月まで民間会社に勤務され、現在は一関市放射性物質等測定員を務められております。  ご同意を賜りますようお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) これより採決を行います。  議案第126号、本案賛成者の起立を求めます。 (賛 成 者 起 立) ○議長(千葉大作君) 起立満場。  よって、議案第126号は、同意することに決定しました。 ○議長(千葉大作君) 日程第11、議案第127号、金沢財産区管理委員の選任についてを議題とします。  議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。  勝部市長。 ○市長(勝部修君) 議案第127号、金沢財産区管理委員の選任について、提案理由を申し上げます。  本案は、金沢財産区管理委員の任期が満了となりますことから、新たに菅原俊治さんを適任と認め、選任しようとするものであります。  菅原さんは、昭和27年生まれで61歳であります。  昭和46年から現在まで農業に従事されております。  ご同意を賜りますようお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) これより採決を行います。  議案第127号、本案賛成者の起立を求めます。 (賛 成 者 起 立) ○議長(千葉大作君) 起立満場。  よって、議案第127号は、同意することに決定しました。 ○議長(千葉大作君) 議案配付のため暫時休憩します。 午後2時46分 休   憩 午後2時47分 再   開 ○議長(千葉大作君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  日程第12、議案第128号、教育委員会の委員の任命についてを議題とします。  議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。  勝部市長。 ○市長(勝部修君) 議案第128号、教育委員会の委員の任命について、提案理由を申し上げます。  本案は、平成25年10月28日をもって任期が満了となります教育委員会の委員について、現委員の鈴木功さんを適任と認め、任命しようとするものであります。  鈴木さんは、教育委員会の委員を平成17年から2期務められております。  ご同意を賜りますようお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) これより採決を行います。  議案第128号、本案賛成者の起立を求めます。 (賛 成 者 起 立) ○議長(千葉大作君) 起立満場。  よって、議案第128号は、同意することに決定しました。 ○議長(千葉大作君) 日程第13、議案第129号、教育委員会の委員の任命についてを議題とします。  議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。  勝部市長。 ○市長(勝部修君) 議案第129号、教育委員会の委員の任命について、提案理由を申し上げます。  本案は、平成25年10月28日をもって任期が満了となります教育委員会の委員について、現委員の藤堂隆則さんを適任と認め、任命しようとするものであります。  藤堂さんは、教育委員会の委員を平成17年から2期務められております。  ご同意を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(千葉大作君) これより採決を行います。  議案第129号、本案賛成者の起立を求めます。 (賛 成 者 起 立) ○議長(千葉大作君) 起立満場。  よって、議案第129号は、同意することに決定しました。 ○議長(千葉大作君) 議案配付のため暫時休憩します。 午後2時50分 休   憩 午後2時51分 再   開 ○議長(千葉大作君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  日程第14、議案第130号、監査委員の選任についてを議題とします。  議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。  勝部市長。 ○市長(勝部修君) 議案第130号、監査委員の選任について、提案理由を申し上げます。  本案は、平成25年10月27日をもって任期が満了となります監査委員について、現委員の小野寺興輝さんを適任と認め、選任しようとするものであります。  小野寺さんは、監査委員を平成17年から2期務められております。  ご同意を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(千葉大作君) これより採決を行います。  議案第130号、本案賛成者の起立を求めます。 (賛 成 者 起 立) ○議長(千葉大作君) 起立満場。  よって、議案第130号は、同意することに決定しました。 ○議長(千葉大作君) 日程第15、議案第131号、監査委員の選任についてを議題とします。  議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。  勝部市長。 ○市長(勝部修君) 議案第131号、監査委員の選任について、提案理由を申し上げます。  本案は、市議会議員の中から選任する監査委員として佐々木清志議員を適任と認め、選任しようとするものであります。  ご同意を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(千葉大作君) これより採決を行います。  議案第131号、本案賛成者の起立を求めます。 (賛 成 者 起 立) ○議長(千葉大作君) 起立満場。  よって、議案第131号は、同意することに決定しました。 ○議長(千葉大作君) 日程第16、一関地区広域行政組合議会議員の選挙について、これより選挙を行います。  お諮りします。  選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選とし、議長において指名することとしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(千葉大作君) 異議なしと認めます。  よって、指名推選とし、議長において指名することに決定しました。  直ちに指名を行います。  一関地区広域行政組合議会議員に岡田もとみ君、菅野恒信君、岩渕優君、那須茂一郎君、勝浦伸行君、菊地善孝君、橋本周一君、金野盛志君、岩渕善朗君、小野寺道雄君、千葉満君、岩渕一司君、槻山隆君、武田ユキ子君、佐々木清志君、佐藤雅子君、以上16名を指名します。  お諮りします。  ただいま議長において指名しました16名を、一関地区広域行政組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(千葉大作君) 異議なしと認めます。  よって、ただいま指名した諸君が一関地区広域行政組合議会議員に当選されました。  ただいま当選されました諸君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により告知します。 ○議長(千葉大作君) 日程第17、岩手県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙について、これより選挙を行います。
     お諮りします。  選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選とし、議長において指名することにしたいと思います。  これにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(千葉大作君) 異議なしと認めます。  よって、指名推選とし、議長において指名することに決定しました。  直ちに指名を行います。  岩手県後期高齢者医療広域連合議会議員に、小山雄幸君を指名します。  お諮りします。  ただいま議長において指名しました小山雄幸君を、岩手県後期高齢者医療広域連合議会議員の当選人に定めることにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(千葉大作君) 異議なしと認めます。  よって、ただいま指名した小山雄幸君が岩手県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選されました。  ただいま当選されました小山雄幸君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により告知します。  29番、小山雄幸君よりそれぞれの議会議員を代表し、あいさつの申し出がありますので、これを許します。  29番、小山雄幸君。 ○29番(小山雄幸君) 一関地区広域行政組合議会議員、岩手県後期高齢者医療広域連合議会議員を代表いたしまして、一言ごあいさつを申し上げます。  このたびは、議員各位のご推挙によりまして、一部事務組合等の議会議員の要職につくことになりましたことは誠に身に余る光栄でありまして、心から感謝を申し上げる次第でございます。  この上は、一部事務組合等において、本市の発展と市民福祉の向上のため、精神誠意努力する次第でございます。  先輩、同僚議員の皆さまのご協力、ご支援をお願い申し上げまして、簡単ではございますが就任を代表してのあいさつとさせていただきます。  よろしくお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) 日程第18、選挙管理委員及び同補充員の選挙についてを議題とします。  お諮りします。  選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選とし、議長において指名することにしたいと思います。  これにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(千葉大作君) 異議なしと認めます。  よって、指名推選とし、議長において指名することに決定しました。  初めに、選挙管理委員の選挙を行います。  選挙管理委員には、お手元に配付の名簿のとおり、佐藤大司氏、黒井顕児氏、佐藤文信氏、伊藤丈夫氏、以上4名を指名します。  お諮りします。  ただいま議長において指名しました4名を、選挙管理委員の当選人と決定することにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(千葉大作君) 異議なしと認めます。  よって、佐藤大司氏、黒井顕児氏、佐藤文信氏、伊藤丈夫氏が選挙管理委員に当選されました。  次に、同補充員の指名を行います。  同補充員には、お手元に配付の名簿のとおり、第1順位、及川泰雄氏、第2順位、畠山英一氏、第3順位、菅原王男氏、第4順位、上沼清一氏、以上4名を指名します。  お諮りします。  ただいま議長において指名しました4名を、同補充員の当選人と定めることにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(千葉大作君) 異議なしと認めます。  よって、第1順位、及川泰雄氏、第2順位、畠山英一氏、第3順位、菅原王男氏、第4順位、上沼清一氏、以上4名が補充員に当選されました。 ○議長(千葉大作君) 日程第19、一関市議会報編集特別委員会の設置についてを議題とします。  議会報の編集及び発行に関する調査をするため、8人の委員をもって構成する一関市議会報編集特別委員会を設置したいと思いますが、これにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(千葉大作君) 異議ありませんので、8人の委員をもって構成する一関市議会報編集特別委員会を設置することに決定しました。  ただいま設置された一関市議会報編集特別委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、お手元に配付の名簿のとおり指名します。 ○議長(千葉大作君) 日程第20、治水対策特別委員会の設置についてを議題とします。  北上川上流改修一関遊水地事業及び関連事業並びに北上川支流等の治水対策に関する調査をするため、12人の委員をもって構成する治水対策特別委員会を設置したいと思いますが、これにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(千葉大作君) 異議ありませんので、12人の委員をもって構成する治水対策特別委員会を設置することに決定しました。  ただいま設置された治水対策特別委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、お手元に配付の名簿のとおり指名します。 ○議長(千葉大作君) 日程第21、放射能被害対策特別委員会の設置についてを議題とします。  放射能被害対策に関する調査をするため、全議員を委員として構成する放射能被害対策特別委員会を設置したいと思いますが、これにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(千葉大作君) 異議ありませんので、全議員を委員として構成する放射能被害対策特別委員会を設置することに決定しました。  ただいま設置されました放射能被害対策特別委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、全議員を指名します。  ただいま3つの特別委員会が設置され委員が決定しましたが、委員長、副委員長については委員会条例第8条第2項の規定により、委員による互選となっておりますので、休憩後直ちに全員協議会室において特別委員会を招集いたします。  その際、正副委員長を互選の上、議長に報告願います。  なお、議事の運営上あらかじめ会議時間を延長します。  特別委員会開催のため暫時休憩します。 午後3時07分 休   憩 午後3時49分 再   開 ○議長(千葉大作君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  先ほど設置されました一関市議会報編集特別委員会、治水対策特別委員会、放射能被害対策特別委員会の正副委員長が互選された旨、各委員長から報告がありました。  この際、特別委員会の正副委員長を紹介申し上げます。  一関市議会報編集特別委員会委員長、橋本周一君。  登壇の上、あいさつ願います。 ○一関市議会報編集特別委員会委員長(橋本周一君) このたび、一関市議会報編集特別委員会の委員長にご指名を受けました橋本周一でございます。  市民と直結する議会報でございます。  わかりやすく、皆さんのご理解をいただけるような議会報にしていきたいというふうに考えております。  今後ともよろしくお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) 次に、同副委員長、千葉信吉君。  登壇の上、あいさつ願います。 ○一関市議会報編集特別委員会副委員長(千葉信吉君) このたび、一関市議会報編集特別委員会副委員長に任命されました千葉信吉です。  1年生で何もわからないところが多いのですけれども、わかりやすい議会報をつくるために努力してまいりたいと思います。  議員各位のご協力をお願いし、ごあいさつといたします。  よろしくお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) 次に、治水対策特別委員会委員長、菅原啓祐君。  登壇の上、あいさつ願います。 ○治水対策特別委員会委員長(菅原啓祐君) ただいまご紹介をいただきました菅原啓祐であります。  先ほどの治水対策特別委員会におきまして、不肖私が委員長という指名をいただきました。  この治水事業はかつてのアイオン、カスリンの大被害以来、治水事業なくして一関市の発展はないというふうにも言われました。  そういう観点から議員各位のご指導とご協力をもとに、この委員長としての職責を全うする覚悟でございますので、何とぞよろしくお願いいたしましてあいさつとさせていただきます。  ありがとうございます。 ○議長(千葉大作君) 次に、同副委員長、岩渕一司君。  登壇の上、あいさつ願います。 ○治水対策特別委員会副委員長(岩渕一司君) ただいまご紹介をいただきました岩渕一司でございます。  先ほどの治水対策特別委員会で副委員長という重責を担いました。  治水対策につきましては、室根地域は入っていなかったのですけれども、今回、一関市全体の治水を考えるというふうなことで入ることになりました。  委員長を補佐して治水対策に万全を期してまいりたいと思っております。  どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(千葉大作君) 次に、放射能被害対策特別委員会委員長、金野盛志君。  登壇の上、あいさつ願います。 ○放射能被害対策特別委員会委員長(金野盛志君) 放射能被害対策特別委員会の委員長という非常に重責の委員長を、皆さんのご推薦により務めることになりました金野盛志でございます。  生活空間の問題、あるいは農林系の汚染廃棄物の問題、市民が3.11の以前のように安心して暮らせるような環境を皆さんとともに構築したいと考えておりますので、皆さんのご協力をよろしくお願い申し上げます。 ○議長(千葉大作君) 次に、同副委員長、菊地善孝君。  登壇の上、あいさつ願います。 ○放射能被害対策特別委員会副委員長(菊地善孝君) 菊地善孝でございます。  今、金野委員長のほうからお話ししていただいた部分プラス、この委員会は賠償問題も所掌するといいますか、範囲であるというふうに承知をいたしています。
     かなり困難な市民の人たちがたくさん賠償問題でもいらっしゃいますので、安全の部分とプラスして精一杯努力をしてまいりたいと思います。  ご協力をお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) 以上で紹介を終わります。 ○議長(千葉大作君) 日程第22、閉会中の継続調査についてを議題とします。  各常任委員長及び議会運営委員長から委員会において調査中の事件につき、会議規則第111条の規定により、お手元に配付しました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。  お諮りします。  各常任委員長及び議会運営委員長の申し出のとおり、これを承認することにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(千葉大作君) 異議なしと認めます。  よって、これを承認することに決定しました。 ○議長(千葉大作君) 三浦選挙管理委員会委員長より退任のあいさつの申し出がありましたので、この際、これを許します。  三浦選挙管理委員会委員長。 ○選挙管理委員会委員長(三浦高義君) 貴重な時間を拝借いたしまして、一言ごあいさつを申し上げます。  10月27日をもちまして、私たち一関市選挙管理委員会委員の任期が満了いたすことになります。  新たな任期の委員につきましては、先ほど議員の皆さまに選挙していただきましたところでございます。  退任する委員4名を代表いたしまして私からごあいさつを申し上げます。  一関市の選挙管理委員会委員として4年間、市議会議員の皆さま、市民の皆さま方にご指導、ご支援をいただきながら任期を全うすることができましたこと、皆さまに感謝申し上げる次第でございます。  ありがとうございました。  申すまでもなく、選挙は民主主義の根幹にかかわる大事でございます。  その執行管理につきましては、公正かつ確実性を堅持することを第一に職務に当たってきたところでございます。  選挙の執行に当たりましては、有権者の権利行使を大切にするため、投票時間は長く、一方で開票は早くという難しい課題を抱えているところでありますことから、新たな委員には市民の代表である市議会議員の皆さまのご意見を参酌した課題解決に向けての取り組みを申し伝えたいと考えております。  終わりに、議員の皆さま方のますますのご活躍と一関市のさらなる発展を祈念いたしまして退任のあいさつといたします。  ありがとうございました。 ○議長(千葉大作君) 以上で議事日程の全部を議了しました。  以上をもって、第45回一関市議会臨時会を閉会いたします。  ご苦労さまでございました。 閉会時刻 午後4時03分...