運営者 Bitlet 姉妹サービス
一関市議会 > 2013-10-15 >
第45回臨時会 平成25年10月(第1号10月15日)

ツイート シェア
  1. 一関市議会 2013-10-15
    第45回臨時会 平成25年10月(第1号10月15日)


    取得元: 一関市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-18
    第45回臨時会 平成25年10月(第1号10月15日)   第45回一関市議会臨時会議事日程 第1号(その1) 平成25年10月15日 午前10時 開議 日程第1         仮議席の指定 日程第2         一関市議会議長の選挙 第45回一関市議会臨時会議事日程 第1号(その2) 平成25年10月15日 日程第1         一関市議会副議長の選挙 日程第2         議席の指定 日程第3         会議録署名議員の指名 日程第4         会期の決定 本日の会議に付した事件   議事日程第1号(その1)、議事日程第1号(その2)に同じ
    出 席 議 員(30名)    1番  岡 田 もとみ 君   2番  菅 野 恒 信 君    3番  佐々木 賢 治 君   4番  小 岩 寿 一 君    5番  岩 渕   優 君   6番  及 川 忠 之 君    7番  那 須 茂一郎 君   8番  佐 藤   浩 君    9番  勝 浦 伸 行 君  10番  沼 倉 憲 二 君   11番  菊 地 善 孝 君  12番  藤 野 秋 男 君   13番  橋 本 周 一 君  14番  千 葉 信 吉 君   15番  金 野 盛 志 君  16番  岩 渕 善 朗 君   17番  千 葉 幸 男 君  18番  小野寺 道 雄 君   19番  千 葉   満 君  20番  千 田 恭 平 君   21番  石 山   健 君  22番  岩 渕 一 司 君   23番  槻 山   隆 君  24番  佐 藤 弘 征 君   25番  武 田 ユキ子 君  26番  佐々木 清 志 君   27番  菅 原 啓 祐 君  28番  佐 藤 雅 子 君   29番  小 山 雄 幸 君  30番  千 葉 大 作 君 職務のため出席した事務局員 事務局長  村 上 和 広     事務局次長  三 浦 精 己 議事係長  中 村 由美子 説明のため出席した者   市 長       勝 部   修 君     副市長     田 代 善 久 君   副市長       平 山 大 輔 君     企画振興部長  佐 藤 善 仁 君   総務部長      下 村   透 君     市民環境部長  小野寺 正 英 君   保健福祉部長    佐 藤 和威治 君     商工労働部長  小野寺 康 光 君   農林部長      千 葉   孝 君     建設部長    菊 池   薫 君   上下水道部長併任水道部長             千 田 良 一 君     花泉支所長   佐々木 由 悦 君   大東支所長     佐 藤 甲子夫 君     千厩支所長   菅 野 佳 弘 君   東山支所長     佐 藤 喜一郎 君     室根支所長   三 浦 正 勝 君   川崎支所長     清 水 高 司 君     藤沢支所長   須 藤 久 輝 君   会計管理者     金 今 寿 信 君     消防本部消防長 平 野 和 彦 君   企画振興部次長   苫米地 吉 見 君     総務部次長併任選挙管理委員会事務局長                                   金 野 富 雄 君   藤沢病院事務局長  吉 田 浩 和 君     教育委員長   鈴 木   功 君   教育長       藤 堂 隆 則 君     教育部長    熊 谷 雄 紀 君   監査委員      小野寺 興 輝 君     監査委員事務局長                                   阿 部 和 子 君   農業委員会会長   伊 藤 公 夫 君     農業委員会事務局長                                   小 島 富士男 君   選挙管理委員会委員長             三 浦 高 義 君 会議の場所 一関市議会議場 開会時刻 午 前 10 時 会議の議事 ○議会事務局長(村上和広君) おはようございます。  一般選挙後最初の議会でありますので、議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定によりまして、年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。  出席議員中、菅原啓祐議員が年長の議員でありますので、ご紹介申し上げます。 (臨時議長 登壇) ○臨時議長(菅原啓祐君) おはようございます。  ただいま紹介されました菅原啓祐です。  本日招集されました第45回一関市議会臨時会の開会に当たり、ただいまご紹介のとおり、地方自治法第107条の規定により、私が臨時議長の職務を行うこととなりました。  もとより、議長選挙までの限られた期間ではありますが、議員各位のご協力によりまして、無事任務を果たしたいと存じます。  何とぞ、格段のご支援を賜りますようお願いを申し上げ、ごあいさつといたします。 ○臨時議長(菅原啓祐君) お諮りいたします。  開会に先立ち、このたびの選挙において、お互いに当選の栄誉を担って議席を得たものでありますが、初対面の方も少なくないようですので、住所、氏名、職業程度の自己紹介をお願いしたいと思います。  そのように取り計らうことに、ご異議ございませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○臨時議長(菅原啓祐君) 異議ありませんので、そのように取り運びます。  それでは、ただいま着席の1番、岡田もとみ君から順次登壇の上、自己紹介をお願いします。 (順次自己紹介) ○臨時議長(菅原啓祐君) 以上で自己紹介を終わります。  定足数に達していますので、平成25年10月9日告示第183号をもって招集の、第45回一関市議会臨時会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。  ただいまの出席議員は30名です。  録画、録音、写真撮影を許可していますので、ご了承を願います。  本日の会議は、お手元に配付の議事日程第1号(その1)により進めます。 ○臨時議長(菅原啓祐君) 日程第1、仮議席の指定について、これより指定を行います。  仮議席は、ただいま着席の議席を指定します。  なお、本員の仮議席は30番を指定します。 (「議長」と呼ぶ者あり) ○臨時議長(菅原啓祐君) 佐々木清志君。 ○20番(佐々木清志君) 会議日程の2番の議長の選挙に当たりましてですね、議長職に意欲のある議員がおりますれば、議会運営等の今後のあり方についての所信を聞きたいというふうに思いますので、休憩をお願いしたいと思います。 (「賛成」の声あり) ○臨時議長(菅原啓祐君) ただいま佐々木清志君から休憩を取ってほしいとの動議が出され、所定の賛成者がありますので、動議は成立しました。  暫時休憩します。 午前10時21分 休   憩 午前10時51分 再   開 ○臨時議長(菅原啓祐君) 休憩前に引き続き会議を再開します。  日程第2、一関市議会議長の選挙について、これより選挙を行います。  本選挙は、投票によってこれを行います。  これより投票を行います。  議場の閉鎖を命じます。 (議場閉鎖) ○臨時議長(菅原啓祐君) ただいまの出席議員は30名です。  投票用紙を配付させます。 (投票用紙の配付) ○臨時議長(菅原啓祐君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。 (「なし」と呼ぶ者あり) ○臨時議長(菅原啓祐君) 配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めさせます。 (投票箱の点検) ○臨時議長(菅原啓祐君) 異状なしと認めます。  念のため申し上げます。
     投票は単記無記名です。  なお、白票は無効として取り扱います。  投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じ順次投票願います。  投票は、議長席に向かい右側から登壇し、左側から降壇をお願いします。  点呼を命じます。 ○議会事務局長(村上和広君) それでは、お名前をお呼びいたしますので、順次投票をお願いいたします。 (点呼、順次投票) ○臨時議長(菅原啓祐君) 当職は、この場において投票します。  投票漏れはありませんか。 (「なし」と呼ぶ者あり) ○臨時議長(菅原啓祐君) 投票漏れなしと認めます。  投票を終了します。  議場の閉鎖を解きます。 (議場開鎖) ○臨時議長(菅原啓祐君) 開票を行います。  立会人に14番、沼倉憲二君、15番、那須茂一郎君を指名します。  両君の立ち会いをお願いします。 (開票) ○臨時議長(菅原啓祐君) 選挙の結果をご報告します。  投票総数30票、これは先ほどの出席議員数に符合しています。  そのうち、有効投票30票、無効投票はございません。  有効投票中、千葉大作君15票、菅原啓祐君15票、以上のとおりであります。  この選挙の法定得票数は8票です。  すなわち、千葉大作君の得票と菅原啓祐君の得票が同数であり、しかもその得票数は法定得票8票を超えております。  地方自治法第118条の規定により準用する、公職選挙法第95条の規定によって、当選者はくじで決定することになりました。  くじの手続きについて、申し上げます。  くじは、被選挙人が議場におられますので、被選挙人にお引き願うことにします。  くじは、2回に分けて行います。  1回目は、くじを引く順序を決めるためのものであります。  2回目は、くじの順序にしたがい、当選人を決定するためのものであります。  以上ご了承願います。  2番目に年長議員であります、佐藤雅子議員と臨時議長を交代いたします。 (議員登壇、着席) ○臨時議長(佐藤雅子君) 千葉大作君、菅原啓祐君の登壇を願います。 ○臨時議長(佐藤雅子君) まず、くじを引く順序をお決め願います。  千葉大作君、菅原啓祐君、くじをお引き願います。 (くじを引く) ○臨時議長(佐藤雅子君) 議席ナンバーの若い順から、お願いいたします。 (くじを引く) ○臨時議長(佐藤雅子君) くじの結果を報告いたします。  ただいまのくじの結果、千葉大作君が先にくじを引くことになりました。 ○臨時議長(佐藤雅子君) 千葉大作君、くじをお引き願います。 (くじを引く) ○臨時議長(佐藤雅子君) くじの結果を報告いたします。  千葉大作君が当選のくじを引かれました。  よって、千葉大作君が当選人と決定しました。 ○臨時議長(佐藤雅子君) ただいま当選されました千葉大作君が議場におられますので、本席から告知します。  千葉大作君を紹介申し上げます。  千葉大作君、登壇してごあいさつをお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) 皆さん、大変緊張した瞬間でございました。  口の中が渇いて仕方がありません。  そうした中で、皆様方のご支援を賜り、この一関市議会の議長という重責を担うことに対して、非常に重たい使命感を感ずるものでございます。  一関市議会のますますの発展と、そして一関市のますますの発展のために、身を粉にして全身全霊を賭しまして、努力をしてまいる所存でございます。  今後におきましても、議員各位のご指導ご鞭撻をお願いを申し上げまして、当選人としてのごあいさつとさせていただきます。  本日は、まことにありがとうございました。 ○臨時議長(佐藤雅子君) これをもって、臨時議長の職務は全部終了しました。  皆様のご協力、まことにありがとうございました。 (議員登壇、着席) ○議長(千葉大作君) 職員が議事日程第1号(その2)を配付いたしますので、暫時休憩いたします。 午前11時12分 休   憩 午前11時14分 再   開 ○議長(千葉大作君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 (「議長」と呼ぶ者あり) ○議長(千葉大作君) 佐々木清志君。 ○20番(佐々木清志君) きょうの議事日程第1号(その2)で配付されました日程第1、市議会副議長の選挙がこれからあるわけですが、その前に休憩を求めたいと思います。 (「賛成」の声あり) ○議長(千葉大作君) ただいま佐々木清志君から休憩を取ってほしいとの動議が出されました。  所定の賛成者がありますので、動議は成立いたしました。  暫時休憩します。 午前11時15分 休   憩 午後0時30分 再   開 ○議長(千葉大作君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  本日の議事は、お手元に配付の議事日程第1号(その2)により進めます。 ○議長(千葉大作君) 日程第1、一関市議会副議長の選挙を行います。  本選挙は、投票によってこれを行います。  これより投票を行います。  議場の閉鎖を命じます。 (議場閉鎖) ○議長(千葉大作君) ただいまの出席議員は30名です。  投票用紙を配付させます。 (投票用紙の配付) ○議長(千葉大作君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。 (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(千葉大作君) 配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めさせます。 (投票箱の点検) ○議長(千葉大作君) 異状なしと認めます。  念のため申し上げます。  投票は単記無記名です。  なお、白票は無効として取り扱います。  投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。  投票は、議長席に向かい右側から登壇し、左側から降壇願います。  点呼を命じます。 ○議会事務局長(村上和広君) それでは、お名前をお呼びいたしますので、順次投票をお願いいたします。 (点呼、順次投票) ○議長(千葉大作君) 当職はこの場において投票いたします。  投票漏れはありませんか。 (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(千葉大作君) 投票漏れなしと認めます。  投票を終了します。
     議場の閉鎖を解きます。 (議場開鎖) ○議長(千葉大作君) 開票を行います。  立会人に9番、菊地善孝君、26番、及川忠之君を指名いたします。  両君の立ち会いをお願いします。 (開票) ○議長(千葉大作君) 選挙の結果をご報告します。  投票総数30票、これは先ほどの出席議員数に符合しております。  そのうち、有効投票28票、無効投票は2票でございます。  有効投票中、小山雄幸君23票、菊地善孝君5票、以上のとおりでございます。  この選挙の法定得票数は7票です。  よって、小山雄幸君が副議長に当選されました。  ただいま副議長に当選されました小山雄幸君が議場におられますので、本席から告知いたします。  小山雄幸君を紹介いたします。 ○副議長(小山雄幸君) 一言ごあいさつを申し上げます。  ただいまは議員の皆様方のご推挙をいただき、副議長に選ばれましたことはこの上ない光栄と存じますとともに、この責任の重大さを痛感しております。  幸いにいたしまして、人格、識見ともに卓越された千葉大作議長のもと、さらなる議会改革の推進と議会の活性化のため、議会が公正、円滑に運営されますよう、及ばずながら誠心誠意努力してまいりますので、皆様のご支援ご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げ、甚だ簡単ではございますが、就任のあいさつとさせていただきます。  本日は、まことにありがとうございました。 ○議長(千葉大作君) 午前の会議は以上といたします。  ここで暫時休憩いたします。  再開は午後1時45分といたします。 午後0時44分 休   憩 午後1時58分 再   開 ○議長(千葉大作君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  本日の会議には市長、教育委員会委員長、監査委員、農業委員会会長、選挙管理委員会委員長の出席を求めました。  この際、ご報告を申し上げます。  受理した案件は、市長提案3件です。  朗読を省略し、直ちに会議録に掲載することにします。 ○議長(千葉大作君) 日程第2、議席の指定を行います。  議席は、議長において指名します。  議員諸君の議席番号と氏名を事務局長に朗読させます。  事務局長。 ○議会事務局長(村上和広君) それでは私のほうから朗読をいたします。 (事務局長、朗読) ○議長(千葉大作君) ただいま朗読のとおり議席を指定しました。  ただいま指定いたしました議席に、それぞれ氏名標を持参願いましてご移動願います。  議席の移動のため、暫時休憩いたします。 午後2時02分 休   憩 午後2時03分 再   開 ○議長(千葉大作君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 ○議長(千葉大作君) 日程第3、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、その数を2名とし、議長において、      1番 岡 田 もとみ 君      28番 佐 藤 雅 子 君  を指名します。 ○議長(千葉大作君) 日程第4、会期の決定を議題とし、お諮りします。  今期臨時会の会期は、本日から10月18日までの4日間としたいと思います。  これにご異議ありませんか。 (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(千葉大作君) 異議なしと認めます。  よって会期は、本日から10月18日までの4日間と決定しました。 ○議長(千葉大作君) 市長より所信表明の申し入れがありますので、この際これを許します。  勝部市長。 ○市長(勝部修君) 本日ここに、第45回一関市議会臨時会が開催されるに当たりまして、今後の市政運営についての所信の一端を申し上げます。  このたびの一関市議会議員選挙におきまして、見事ご当選の栄誉を得られました議員各位に対しましては、心からお祝いを申し上げます。  おめでとうございました。  私も市民の皆さんから、引き続き今後4年間の市政運営を負託され、再び市政を担当することになりましたが、改めてその責任の重さに身の引き締まる思いをしているところでございます。  私は中東北の拠点都市一関の形成という言葉を、すべてを集約したスローガンとして掲げ、これまで、子育て支援や雇用対策、産業振興、災害に強いまちづくりなどを重点施策として市政運営に努めてまいりました。  こうした取り組みを継続してきたことにより、中東北の拠点都市としての基礎づくりはおおむね順調に推移しているものと認識しているところではありますが、一方で、一関市が直面する課題は山積しており、今、最優先で取り組むべき課題の一つは、東京電力福島第一原子力発電所事故に起因する放射性物質による汚染への対策でございます。  生活空間における放射線影響の低減を最優先に取り組んでまいります。  特に、農林産物については、食の安全を守り、産地としての信頼を回復していくため、汚染された牧草・稲わら・堆肥・しいたけほだ木の一時保管と処理を前進させ、向こう5年間で市内の汚染廃棄物の処分を終えるとともに、食の安全安心を発信することにより風評被害を払拭し、ふるさと一関を確実に取り戻してまいります。  また、現在、市内の道路側溝には、放射性物質に汚染された土砂が2年半を越えて放置されたままの状態で堆積しております。  もはや、これ以上現状のままにしておくことは限界であります。  汚染土砂の現状を踏まえ、具体的な処理方策を速やかに示すよう、国に対して強く申し入れをしてまいります。  2つ目の課題として、高齢化、人口減少社会への対応も大きな課題であると認識しております。  人口減少と高齢化がさらに進む中、特にも高齢化社会への対応が課題となっております。  行政サービスのあり方を、社会構造の変化を見据えたものに、お年寄りにやさしいものに変えていくことが必要と認識しており、問題を先送りすることなく、具体的な検討を進めてまいります。  また、高齢化社会への対応とともに大きな課題となっているのが人口減少への対策でございます。  これまでも、子育てしやすい環境づくりを重点施策として、子育て世代への支援を中心に、小学生までの医療費無料化、各種予防接種の無料化、保育料の軽減などに取り組んでまいりましたが、子育て支援のさらなる充実に向け、総合的な視点で検討を進めてまいります。  さらに、急激な人口減少に伴う地域コミュニティの活力の低下が危惧されておりますことから、移住定住の受け入れに向けた環境整備や結婚活動支援に取り組むとともに若者の地元定着への支援を行ってまいります。  子育て支援、キャリア教育、就職支援、地元定着支援へと子どもの成長過程に合わせ一連の施策により子育て世代を支援していく考えでございます。  3つ目は、協働のまちづくりの推進についてであります。  国際リニアコライダーの国内候補地が北上高地に決まったところでありますが、私は、このプロジェクトを一関発展の骨格と位置づけて、市民の皆さんと一緒に国際化に対応したまちづくりに取り組んでまいりたいと考えております。  この場合に重要なことは、協働によるまちづくりという視点でございます。  私が4年前、市長に就任した時に感じたことは、市政に対する市民の皆さんの関わり方について、どちらかと言えば一方通行の傾向にあったのではないか、ということであります。  私は、この一方通行気味だった関係を相互乗り入れの方向に転換することが必要と考え、市政のあらゆる課題について、可能な限り市民に情報を提供し、それに対する意見を引き出し、市政に対する関心を高め、その結果として市政への参加が実現していくという形、すなわち、市民との協働。  これを市政運営の基本として、協働推進アクションプランの策定と、その着実な推進、いちのせき元気な地域づくり事業や地域おこし事業の実施、地域づくりの活動の主体となる地域協働体の設立支援と強化、などを行ってまいりましたが、これらの取り組みは、緒に就いたばかりであります。  真の意味での協働の取り組みを実現するには、まだまだ時間を要します。  しかしながら一関発展のためには、何としてもやり遂げなければなりません。  市民一人一人が、まちづくりの当事者としての意識を持って取り組めるよう協働の取り組みを進めてまいります。  この他、取り組むべき施策につきましては、市総合計画後期基本計画に基づいて確実に推進してまいりますが、これら施策の展開に当たっては市民の皆さんの積極的な市政への参加をいただきながら取組んでまいりたいと考えております。  当市の財政見通しは、平成17年合併に係る合併特例期間の10年が経過いたします、平成28年度以降は、普通交付税の算定の特例、いわゆる合併算定替が段階的に縮減され、平成33年度以降は特例が適用されなくなることから、中長期的には厳しい財政状況が見込まれているところでございます。  このため、将来のまちづくりに向けて、限られた財源をいかに有効活用していくかが重要であると認識しており、平成23年度に策定いたしました第2次行政改革大綱及び集中改革プランを着実に実行し、歳入・歳出全般にわたる徹底した見直しを行い、事業の優先度を吟味し、不要不急の経費を節減するなど行政改革に努めながら、市民にとっての有効な施策を展開してまいりたいと考えております。  現在の市総合計画は、市町村合併時に策定した新市建設計画及び新市基本計画を基本として策定したものであり、平成27年度を期限としているところでございます。  この間、新市としての基礎づくりに加え、地域の特色を生かした事業への取り組みや地域課題に対応してきたところであり、8地域それぞれの地域課題についても、おおむね解決が図られていると受け止めているところであります。  平成28年度以降の新たな総合計画を策定して、さらなる市勢の発展に結びつけてまいらなければならないと考えているところであり、計画策定に向けて、早急に具体的な検討をしてまいりたいと考えております。  私は、市民の皆さんからの負託にこたえ、ただ今申し上げました諸課題の解決に向けて、一つ一つ正面から向き合い、すべてを賭して、不退転の決意でやり遂げていく覚悟でありますので、議員各位並びに市民の皆さんのご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。  国際リニアコライダーは、世界中の研究者の英知を集め、人類の夢を実現する国際プロジェクトであり、我が国が学術研究分野で国際貢献できる数少ないプロジェクトであります。  また、私にとっても、このプロジェクトの実現は20年来の悲願でもございます。  世界に一つだけの、この実験研究施設を、この中東北に、このふるさと一関にこそ実現させたい、世界と日本の多様な文化が出会うまち、人類の夢が実現する科学のまち、世界が集い世界に羽ばたくまち、そのようなまちづくりをしたい、そう強く願っているところでございまして、強い信念を持ってこのプロジェクトの実現に取り組んでまいります。  私は、今を生きるすべての市民の快適で安全な日々の暮らしというものを何よりも大切にしなければならない使命を課せられていると認識しておりますが、同時にまた、次の世代を担う、子や孫のことも忘れてはならないものであると考えております。  新しい夢を持つことを忘れずに、また、その夢を現実のものとするため、私は、固い信念とともに、いささかの野望を抱いております。  積極的、果敢に、そして情熱的にすべてを賭して努力をしていく覚悟でございます。  市民の皆さん!世界の人々から親しみをもたれる地域一関、世界の人々から信頼される地域一関、そういう一関を一緒につくってまいりましょう。  結びになりますが、議員各位と私どもは、今後4年間の、新たなスタート地点に立っております。  議会と執行部が常に緊張関係を保ちながら切磋琢磨して、ともに市勢発展のための車の両輪のごとく、それぞれの職責を果たす。  これは、民主主義の原理であります。  私は、4年前の市長就任時以来、このことに忠実であるべきとの認識で今日に至っております。  山積する課題に正面からしっかりと向き合い、解決に向けて全力を傾注する覚悟でございますので、議員各位並びに市民の皆さんからの力強いご支援ご協力をお願い申し上げまして、私の所信表明とさせていただきます。  どうぞよろしくお願いいたします。
    ○議長(千葉大作君) 市長の所信表明を終わります。  なお所信表明は、散会後に配付を予定しております。  次に、市長、教育委員会委員長、代表監査委員、農業委員会会長、選挙管理委員会委員長から幹部職員紹介の申し入れがありますので、この際これを許します。  勝部市長。 ○市長(勝部修君) それではこの機会に職員の紹介を申し上げます。  初めに、副市長の紹介を申し上げます。  田代善久副市長です。 (副市長、あいさつ)  平山大輔副市長です。 (副市長、あいさつ)  続きまして、部長等の職員の紹介を申し上げます。  企画振興部長、佐藤善仁です。 (企画振興部長、あいさつ)  総務部長、下村透です。 (総務部長、あいさつ)  市民環境部長、小野寺正英です。 (市民環境部長、あいさつ)  保健福祉部長、佐藤和威治です。 (保健福祉部長、あいさつ)  商工労働部長、小野寺康光です。 (商工労働部長、あいさつ)  農林部長、千葉孝です。 (農林部長、あいさつ)  建設部長、菊池薫です。 (建設部長、あいさつ)  上下水道部長併任水道部長、千田良一です。 (上下水道併任水道部長、あいさつ)  会計管理者兼会計課長、金今寿信です。 (会計管理者兼会計課長、あいさつ)  消防長、平野和彦です。 (消防長、あいさつ)  花泉支所長、佐々木由悦です。 (花泉支所長、あいさつ)  大東支所長、佐藤甲子夫です。 (大東支所長、あいさつ)  千厩支所長、菅野佳弘です。 (千厩支所長、あいさつ)  東山支所長、佐藤喜一郎です。 (東山支所長、あいさつ)  室根支所長、三浦正勝です。 (室根支所長、あいさつ)  川崎支所長、清水高司です。 (川崎支所長、あいさつ)  藤沢支所長、須藤久輝です。 (藤沢支所長、あいさつ)  企画振興部次長兼職員課長、苫米地吉見です。 (企画振興部次長兼職員課長、あいさつ)  総務部次長兼総務課長、金野富雄です。 (総務部次長兼総務課長、あいさつ)  以上で、職員の紹介を終わります。 ○議長(千葉大作君) 次に、鈴木教育委員会委員長。 ○教育委員会委員長(鈴木功君) この機会に職員の紹介を申し上げます。  私は、教育委員会委員長の鈴木功です。  どうぞよろしくお願いいたします。  続きまして、教育長と教育部長の紹介を申し上げます。  教育長、藤堂隆則です。 (教育長、あいさつ)  教育部長、熊谷雄紀です。 (教育部長、あいさつ)  以上で、職員の紹介を終わります。 ○議長(千葉大作君) 次に、小野寺代表監査委員。 ○代表監査委員(小野寺興輝君) この機会に職員の紹介を申し上げます。  私は、代表監査委員の小野寺興輝でございます。  よろしくお願いします。  続きまして、事務局長の紹介を申し上げます。  事務局長、阿部和子です。 (事務局長、あいさつ)  以上で、職員の紹介を終わります。 ○議長(千葉大作君) 次に、伊藤農業委員会会長。 ○農業委員会会長(伊藤公夫君) この機会に職員の紹介を申し上げます。  私は、農業委員会会長の伊藤公夫でございます。  どうぞよろしくお願いいたします。  続きまして、事務局長の紹介を申し上げます。  事務局長、小島富士男です。 (事務局長、あいさつ)  以上で、職員の紹介を終わります。 ○議長(千葉大作君) 次に、三浦選挙管理委員会委員長。 ○選挙管理委員会委員長(三浦高義君) この機会に職員の紹介を申し上げます。  私は、選挙管理委員会委員長の三浦高義でございます。  どうぞよろしくお願い申し上げます。  続きまして、事務局長の紹介を申し上げます。  事務局長、金野富雄です。 (事務局長、あいさつ)  以上で、職員の紹介を終わります。 ○議長(千葉大作君) 次に、吉田病院事業事務局長。 ○病院事業事務局長(吉田浩和君) 病院事業事務局長、吉田浩和です。  どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(千葉大作君) 次に、議会事務局の職員を紹介します。  事務局長の村上和広です。 (事務局長、あいさつ)  事務局次長の三浦精己です。 (事務局次長、あいさつ)  局長補佐兼庶務係長の伊藤修次です。 (局長補佐兼庶務係長、あいさつ)  局長補佐兼調査係長の橋本雅郎です。 (局長補佐兼調査係長、あいさつ)  局長補佐兼議事係長の中村由美子です。 (局長補佐兼議事係長、あいさつ)  主任主事の伊藤香織です。 (主任主事、あいさつ)
     主事の森真弓です。 (主事、あいさつ)  主任運転技士の小川政美です。 (主任運転技士、あいさつ)  以上であります。  以上で人事紹介を終わります。  以上で本日の議事日程の全部を議了しました。  次の本会議は18日午後2時に再開し、議案の審議を行います。  本日は、これにて散会します。  ご苦労さまでした。 散会時刻 午後2時36分...