花巻市議会 > 2017-12-01 >
花巻市議会 会議録 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月01日−01号
花巻市議会 会議録 平成29年 12月 定例会(第4回)-目次

ツイート シェア
  1. 花巻市議会 2017-12-01
    花巻市議会 会議録 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月01日−01号


    取得元: 花巻市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-07
    平成29年 12月 定例会(第4回) − 12月01日−01号 平成29年 12月 定例会(第4回) − 12月01日−01号 平成29年 12月 定例会(第4回) 平成29年12月1日(金) 議事日程第1号 平成29年12月1日(金) 午前10時開議  第1 会議録署名議員の指名  第2 会期の決定  第3 行政報告  第4 選任第1号 議会運営委員会委員の選任  第5 選挙第1号 岩手中部広域行政組合議会議員の選挙  第6 議案第74号 花巻市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一部を改正する条例  第7 議案第75号 花巻市公契約条例  第8 議案第76号 花巻市農業委員会委員等定数条例  第9 議案第77号 花巻市国営土地改良事業負担金徴収条例の一部を改正する条例  第10 議案第78号 花巻市地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展の基盤強化に関する法律に基づく固定資産税の課税免除に関する条例  第11 議案第79号 花巻市営住宅等条例の一部を改正する条例  第12 議案第80号 花巻市定住促進住宅条例の一部を改正する条例  第13 議案第81号 花巻市教育委員会委員定数条例  第14 議案第82号 花巻市海洋施設条例の一部を改正する条例
     第15 議案第83号 花巻市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例  第16 議案第84号 花巻市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例  第17 議案第85号 北上地区広域行政組合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについて  第18 議案第86号 花巻市国民健康保険直営診療施設の指定管理者の指定に関し議決を求めることについて  第19 議案第87号 平成29年度花巻市一般会計補正予算(第6号)  第20 議案第88号 平成29年度花巻市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)  第21 議案第89号 平成29年度花巻市介護保険特別会計補正予算(第3号) 本日の会議に付した事件  日程第1 会議録署名議員の指名  日程第2 会期の決定  日程第3 行政報告  日程第4 選任第1号 議会運営委員会委員の選任  日程第5 選挙第1号 岩手中部広域行政組合議会議員の選挙  日程第6 議案第74号 花巻市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一部を改正する条例  日程第7 議案第75号 花巻市公契約条例  日程第8 議案第76号 花巻市農業委員会委員等定数条例  日程第9 議案第77号 花巻市国営土地改良事業負担金徴収条例の一部を改正する条例  日程第10 議案第78号 花巻市地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展の基盤強化に関する法律に基づく固定資産税の課税免除に関する条例  日程第11 議案第79号 花巻市営住宅等条例の一部を改正する条例  日程第12 議案第80号 花巻市定住促進住宅条例の一部を改正する条例  日程第13 議案第81号 花巻市教育委員会委員定数条例  日程第14 議案第82号 花巻市海洋施設条例の一部を改正する条例  日程第15 議案第83号 花巻市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例  日程第16 議案第84号 花巻市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例  日程第17 議案第85号 北上地区広域行政組合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについて  日程第18 議案第86号 花巻市国民健康保険直営診療施設の指定管理者の指定に関し議決を求めることについて  日程第19 議案第87号 平成29年度花巻市一般会計補正予算(第6号)  日程第20 議案第88号 平成29年度花巻市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)  日程第21 議案第89号 平成29年度花巻市介護保険特別会計補正予算(第3号) 出席議員(24名)    1番  菅原ゆかり君     2番  増子義久君    3番  照井省三君      4番  松田 昇君    5番  高橋 修君      6番  瀬川義光君    7番  内舘 桂君      8番  藤原 伸君    9番  藤井幸介君     10番  若柳良明君   11番  本舘憲一君     12番  藤井英子君   13番  小原雅道君     14番  大原 健君   15番  高橋 勤君     16番  伊藤源康君   17番  櫻井 肇君     18番  照井明子君   19番  阿部一男君     20番  近村晴男君   21番  高橋 浩君     22番  鎌田幸也君   23番  藤原晶幸君     25番  中村初彦君 欠席議員   なし 説明のため出席した者  市長        上田東一君   副市長       亀澤 健君  副市長       佐々木 忍君  教育委員会委員長  照井善耕君  教育長       佐藤 勝君   選挙管理委員会委員長                              奥山 隆君  農業委員会会長   伊藤繁弘君   監査委員      戸來喜美雄君  総合政策部長    久保田泰輝君  地域振興部長    市村 律君  財務部長      八重樫和彦君  農林部長      菅原浩孝君  商工観光部長    佐々木力弥君  市民生活部長    細川 祥君  建設部長      赤平勝也君   健康福祉部長    熊谷嘉哉君  生涯学習部長    市川清志君   消防本部消防長   小田島 満君  大迫総合支所長   藤田哲司君   石鳥谷総合支所長  菅原善幸君  東和総合支所長   菅谷一雄君   教育委員会教育部長 布臺一郎君  理事        藤原忠雅君   総務課長      伊藤徳明君  財政課長      松田英基君 職務のため議場に出席した事務局職員  事務局長      久保田留美子  事務局次長     久保田謙一  総務係長      舘下真智子   上席主任      高橋俊文      午前10時00分 開議 ○議長(小原雅道君) おはようございます。  ただいまから平成29年第4回花巻市議会定例会を開会いたします。  直ちに本日の会議を開きます。 ○議長(小原雅道君) 議事日程に入るに先立ち、諸般の報告をいたします。  最初に、議長から報告いたします。  本定例会に出席を求めた方は、市長、教育委員会委員長、選挙管理委員会委員長、農業委員会会長、監査委員であります。  次に、本定例会の付議事件は、別紙のとおりお手元に配付しておりますので、これにより御了承願います。  そのほかにつきましては、事務局長に報告いたさせます。  久保田事務局長。 ◎事務局長(久保田留美子君) 御報告いたします。  監査委員から、平成29年度公の施設の指定管理者監査の結果及び例月現金出納検査の結果について、それぞれ報告が参っております。  監査及び検査の結果につきましては、お手元に写しを配付いたしておりますので、これにより御了承願います。  そのほかにつきましては、お手元に事務報告書を配付いたしておりますので、これによりあわせて御了承願います。 ○議長(小原雅道君) 次に、行政視察報告を行います。  さきに実施いたしました行政視察について、広報広聴特別委員会の報告を求めます。  広報広聴特別委員会委員長、高橋勤君。     (広報広聴特別委員会委員長 高橋 勤君登壇) ◆広報広聴特別委員会委員長(高橋勤君) 広報広聴特別委員会の行政視察報告を行います。  広報広聴特別委員会では、去る11月16日と17日の2日間、茨城県取手市にて議会報告会、埼玉県寄居町では議会広報紙の編集について行政視察をしてまいりました。  私ども広報広聴特別委員会一行が訪れました茨城県取手市は、人口10万8,278人、面積が69.94平方キロメートルで茨城県の南端に位置し、東京、成田、つくばを結ぶ三角形の中央に位置する交通の要衝になっている交通の利便性と自然環境に恵まれた都市であります。  取手市議会の議会報告会は、議会改革調査特別委員会の決定に基づき、平成22年に市内4会場で1年間試行的に開催しました。しかし、参加者の固定化、少数のため1年で終了を決定しましたが、翌年、議会報告会に関する陳情の採択により1会場でのみ開催、平成24年に、議会基本条例の制定により、報告会開催の義務化で現在に至っているとのことでした。  現在は年2回の開催で、5月と11月の土曜日午前10時から正午まで「市議と話そう意見交換会」のサブタイトルで実施している報告会は、全議員が参集し、出された常任委員会ごとのテーマに分かれ、参加者は関心のあるテーマのところへ着座し、市議と意見交換をする手法をとっておりました。定時を過ぎると、今度は議員が隣のテーマのところへ移動し、各テーマに参加している住民と意見交換を行うことで、結果的に参加者は各議員と話す機会が設けられ、議員の各視点で意見交換ができていました。  参加者の固定化や人数増員策は花巻市と同様の悩みであり、開催時期及び時間帯、曜日などアンケート調査をもとに改善しながら参加者の増員と内容充実に努め、花巻市議会も常任委員会の活動をさらに活発、充実する必要があると思いました。高校生、大学生にも呼びかけのチラシやポスターを配布するなどの取り組みも必要であると思われました。  翌日は、議会広報紙の編集について行政視察を実施いたしました。視察先の埼玉県寄居町は、人口3万4,284人、面積は64.25平方キロメートルで、昭和30年に1市4村が合併して寄居町を形成、2本の国道と3線の鉄道、8つの駅を有し、交通の要衝として、近年は大手自動車メーカーの生産工場が建設されるなど発展を続けています。  寄居町議会の広報紙は、全国町村議会議長コンクールにおいて継続して上位にランクされており、平成28年度には優良賞を受賞するなど、広報紙編集に積極的に取り組んでいます。  特徴として、多くの住民が顔写真入りでコメントを掲載したり、特徴あるレイアウトで読者の目を引く工夫が随所に見られます。  一般質問は、質問者本人が答弁原稿、写真などを含めて作成していることや、質問事項への当局答弁の評価など全議員の参加体制がとられていること、また、広報広聴委員会に印刷業者が同席して、その場でレイアウトや校正をプロジェクター投影で行い、委員全員で意見を出し合いながら住民に親しまれる誌面づくりに取り組んでいました。誌面のレイアウトをその場で見られることでイメージしやすく、結果的に見やすい誌面がつくられているものと感じました。読まれる広報紙という観点から、印刷業者など編集に携わる方からのアドバイスは非常に有効であると思われます。  寄居町議会の広報編集委員は各種広報紙の研修にも積極的に参加しており、編集知識も豊富で花巻市議会だよりについてもいろいろな切り口で批評していただきました。  また、寄居町議会の広報編集委員会が広報紙づくりを楽しんで作成している姿勢が感じられました。  我々広報広聴特別委員会も、レイアウト、デザインの刷新、丁寧で簡潔な表現を心がけながら花巻市議会だよりが議会活動の情報発信の役割を担っていることを再認識し、今後もよりわかりやすく、読みやすい誌面となるよう、編集作業に取り組んでまいりたいと考えます。  以上、報告を終わります。 ○議長(小原雅道君) 以上で、諸般の報告を終わります。  これより本日の議事日程に入ります。  本日の会議は、議事日程第1号をもって進めます。 ○議長(小原雅道君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  本定例会の会議録署名議員は、会議規則第86条の規定により、議長において、6番瀬川義光君、7番内舘桂君、8番藤原伸君を指名いたします。 ○議長(小原雅道君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
     お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から12月14日までの14日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(小原雅道君) 異議なしと認めます。よって、会期は本日から12月14日までの14日間と決しました。  お諮りいたします。12月13日は休会といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(小原雅道君) 異議なしと認めます。よって、12月13日は休会とすることに決しました。 ○議長(小原雅道君) 日程第3、行政報告を行います。  上田市長。     (市長登壇) ◎市長(上田東一君) 行政報告を申し上げます。  初めに、賢治フェスティバルについてであります。  市では、花巻商工会議所や花巻観光協会など民間8団体と実行委員会を組織し、賢治フェスティバルとして、童話村のライトアップ2017とイーハトーブフェスティバル2017を開催いたしました。  童話村の森ライトアップ2017は、7月14日から10月8日までの金、土、日曜日、39日間開催し、延べ2万3,000人の方々にお越しいただきました。県内はもちろん県外からの来場者も多く、アンケートでは、感動的だった、また花巻に来たいという声も聞かれたほか、想像以上に美しいと多くのメディアやSNSにも取り上げていただき、大変好評を博しました。  また、賢治の誕生日に合わせ、8月26日、27日の両日において開催したイーハトーブフェスティバル2017では、賢治に影響を受けた第一線で活躍する計4組のゲストを迎え、スペシャルトークやライブ演奏、映画上映など、延べ4,500人の来場者に楽しんでいただきました。特に、今年度は、1日目、映画作品の原作者及び音楽担当者を同時にお呼びして、話題作「この世界の片隅に」を上映するとともに、2日目は昨年最大のヒット作である「君の名は。」を上映することができ、大変貴重なステージ内容となりました。  次に、国の地方創生拠点整備交付金の採択についてであります。  平成28年度の国の第2次補正予算に計上された地方創生拠点整備交付金の第3回募集分として、当市から申請しておりましたイーハトーブの四季を彩る「宮沢賢治童話村野外ステージ」整備事業が採択されました。  本交付金は、地方版総合戦略に基づく自主的、主体的な地域拠点づくりなどの事業のうち、未来への投資の実現につながる先導的な施設整備を支援するため、平成28年8月2日閣議決定された、未来への投資を実現する経済対策として、国の補正予算に900億円が予算措置されたものであり、当市では、さきに、新しい人の流れをつくる拠点賃貸工場整備事業、オリンピックレガシーを生かした田瀬湖ボート場環境整備事業が採択されており、3件目の採択となります。  事業概要は、宮沢賢治童話村に設置しております野外ステージを拡張し、ステージ屋根については大型スクリーンが設置できる高さに改修します。このことにより、野外ステージの利便性を向上させるとともに、これまで実施してきた宮沢賢治関連イベントに加え、郷土芸能による地域文化の発信や国内外で開催される大規模スポーツ大会等のパブリックビューイングなど、魅力ある多様なイベントの開催に活用し、交流人口の増加を図ろうとするものであります。  去る10月13日、内閣府地方創生推進事務局より地方創生拠点整備交付金の交付対象事業の決定について公表され、本市で申請しておりました事業につきましては、申請どおり事業費ベースで5,464万8,000円、補助率2分の1の国費ベースで2,732万4,000円が採択され、続いて11月7日に地域再生計画が認定されたものでありますが、全国で当市を含む44市町村、50事業の申請が認定されており、県内市町村では当市の申請のみが認定されたところであります。  事業費については、既に平成29年度一般会計補正予算第2号において、整備費として5,680万8,000円を御決定いただいているところでございます。  なお、本事業につきましては、平成30年3月の完成を予定しております。  次に、いわての地域づくり・道づくりを考える大会の開催についてであります。  去る10月30日に、岩手県道路整備促進期成同盟会主催の、いわての地域づくり・道づくりを考える大会が花巻温泉、ホテル紅葉館を会場として開催されました。  本大会には県選出国会議員を初め、岩手県議会議員、県内の市町村長、市町村議会議長及び各種関係団体の方々など約750人が集まり、国土交通省道路局森山誠二環境安全課長の基調講演を初め、金田一温泉旅館組合に所属する、おぼないの若女将、大建ももこさん、岩泉町龍泉洞事務所の三上薫所長及びアイシン東北(株)吉田強代表取締役社長ら3名の方々からの意見発表をいただき、改めて道路の重要性を再認識することができる大会となりました。  また、東日本大震災津波や昨年の台風10号からの復旧、復興など9項目の決議を採択したほか、道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律(道路財特法)の補助率等のかさ上げ措置を平成30年度以降も継続することを盛り込んだ特別決議も採択しました。  本大会において採択された決議書及び特別決議書は、11月6日から7日まで、国土交通省、東北地方整備局、岩手河川国道事務所、財務省、総務省及び復興庁の各省庁の各大臣等と、岩手県選出の国会議員の方々を訪問し手渡すとともに、その実現に向けて強く要請したところであります。  次に、東北本線花巻駅周辺整備基本計画に係る基本計画調査の実施についてであります。  東北本線花巻駅周辺整備基本計画に係る基本計画調査の実施について、11月8日に、花巻市と東日本旅客鉄道株式会社は協定を締結し、調査に着手いたしました。  当市では、平成28年6月1日に策定した花巻市立地適正化計画に基づき、総合花巻病院の移転整備事業やエセナ跡地を活用した広場整備事業、関連する道路整備事業などに取り組んでいるところであります。  また、立地適正化計画においては、JR東北本線花巻駅の橋上化についても検討を行うこととしており、駅橋上化や東西自由通路整備について、東日本旅客鉄道株式会社盛岡支社と事務レベルでの勉強会を続けてまいりました。事業化の可否も含め、今後さらに検討を進めるためには、事業手法、課題、概算工事費等、より具体的なデータが必要となったことから、本年11月8日、東日本旅客鉄道株式会社と花巻市が基本計画調査に係る協定を締結し、調査に着手したものです。  今回の基本計画調査は、JR東北本線花巻駅の東西自由通路、橋上駅舎、その他関係施設を整備する場合の条件整理や概算費用を算定するための調査であり、調査スケジュールは本年11月から平成30年9月までとしております。この調査を踏まえ、当市として花巻駅橋上化及び東西自由通路整備の可否について引き続き検討を行ってまいります。  次に、都市計画協会会長賞の受賞についてであります。  11月16日に盛岡市で開催された都市計画全国大会において、本市の立地適正化計画策定が、都市計画に関してすぐれた計画立案を行ったものとして、公益財団法人都市計画協会より都市計画協会会長賞を受賞しました。  大会では、都市計画に関してすぐれた計画立案を行ったものや都市計画事業の実施についてすぐれた工夫または顕著な実績を残した市町村を表彰することとしており、本市の立地適正化計画の策定によるまちづくりを評価していただき、協会会長賞として、既に事業実施済みである盛南開発の盛岡市、オガールプロジェクトの紫波町と並び計画段階である当市の計画を表彰いただいたものであります。  次に、災害公営住宅整備に係る旧マルカンレジャ丸ボウリング場及び旧誠山房の建築物等の撤去作業状況についてであります。  (仮称)災害公営住宅(花巻中央地区)の整備につきましては、さきの9月定例会において御説明させていただいておりますとおり、上町及び仲町地区に2棟、30戸と集会所を整備することとしており、平成31年3月の完成に向けて進めているところです。  今後のスケジュールですが、今年度につきましては、実施設計及び用地買収を行い、3月定例会には工事契約の議案提出を予定しております。  今年度実施している用地買収については、9月定例会において議決いただいたところであり、用地交渉を進めたところ、9月15日付で4者との契約をそれぞれ締結したところでございます。  現在の現場の状況でありますが、所有者による敷地内の建物や工作物などの撤去作業が進められております。  仲町地内にある株式会社マルカンが所有する旧ボウリング場の撤去作業でございますが、9月に着手し、土壌改良を行い、また、アスベスト除去の準備作業を終え、現在は屋根裏部分に吹きつけしているアスベストの除去作業を12月4日から1月15日までの予定で行うと伺っております。  また、旧誠山房の撤去につきましては、10月30日に工事着手されたところでございます。除去作業に当たり、水道、冷暖房施設、防火用施設の配水管において、凍結防止のために使用されているアスベストが少量ですが新たに確認されたところであり、12月5日から10日までの予定でその除去作業を行うとの届け出を受けております。  両方の撤去業者からも2月末までには撤去が完了する予定との話をいただいており、その確認が終了次第、支払いや所有権移転登記を行うこととしております。  次に、花巻温泉旧松雲閣別館の登録有形文化財への登録申請についてであります。  文部科学大臣の諮問機関である文化審議会は、11月17日に開催されました同審議会文化財分科会の審議、議決を経て、花巻温泉旧松雲閣別館を登録有形文化財(建造物)として登録するよう、文部科学大臣に答申することを発表いたしました。  登録有形文化財(建造物)とは、築50年を超える建造物のうち、国土の歴史的景観の形成に寄与しているものを登録し、保護と活用を図る制度であります。  この答申に基づき行われる官報告示を経て正式に登録された場合、花巻市では初めての登録となり、市内の由緒ある建造物が文化審議委員会や国の評価をいただいたことを大変嬉しく思っているところであります。  なお、今回の登録申請に当たりましては、花巻温泉株式会社から花巻市教育委員会文化財課が申請の依頼を受けて進めてまいりましたが、岩手県教育委員会事務局生涯学習文化財課の多大なる御助言、御支援をいただいた上、国へ進達していただきましたことから、岩手県の御担当課の皆様に心より御礼を申し上げます。  松雲閣別館は、大正13年6月に新築された高級旅館松雲閣の別館として昭和2年に建築、営業しました。入母屋造りの木造2階建てで、延べ床面積約1,600平米の総ヒノキ造り、屋根は赤褐色上薬の花巻瓦ぶき、手すきガラスを使用し、鉄くぎを一切使用しない組み立て方式による大型旅館建築の建物です。  平成14年12月に老朽化に伴う閉館までの間、昭和天皇を初めとする皇族の方々、後藤新平、斎藤實、高橋是清などの政治家、与謝野鉄幹・晶子夫妻、高浜虚子などの文人が利用するなど、岩手における迎賓館として長く愛され続けました。  本市といたしましては、今回の登録有形文化財(建造物)への登録をお祝い申し上げるとともに、花巻温泉株式会社におかれましては、この由緒ある松雲閣別館を維持していただき、隣接するバラ園とあわせて観光客誘致に御活用されることを期待いたします。  次に、復興「ありがとう」ホストタウンの第一次登録についてであります。  平成28年から、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に参加する国、地域との相互交流と地域活性化などを推進することを目的に、ホストタウン登録が進められておりますが、ことし10月、このホストタウンの枠組みのもと、岩手、宮城、福島の自治体を対象に新設された復興「ありがとう」ホストタウンに応募したところ、11月17日、本市が一次登録団体に登録されたとの発表がありました。一次登録団体は11市村で、県内では本市を含め5市村となっております。  交流する相手国は、本市の姉妹・友好都市のある、アメリカ合衆国とオーストリア共和国といたしました。これは、大震災発生直後から、姉妹都市のアメリカ合衆国ホットスプリングス市、ラットランド市、友好都市のオーストリア共和国ベルンドルフ市から多額の義援金や励ましのメッセージなどをいただいた御支援に感謝の気持ちを示すとともに、市民同士の交流のあるそれぞれの都市の皆さんにも、復興に向けた姿を見ていただきたいとの考えからでございます。  今後は、交流の内容について、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会推進本部事務局、岩手県と連携し、調整、検討を行い、相手国との交流をより深められるよう取り組みを進めてまいりたいと考えております。  次に、平成29年産蜜入りサンふじ賢治りんごのトップセールスについてであります。  平成29年産蜜入りサンふじ賢治りんごの出荷最盛期を迎えるに当たり、花巻農業協同組合代表理事副組合長及び果樹生産部会副本部長及び全農岩手県本部本部長とともに、11月21日に最重点取引市場である大果大阪青果株式会社を訪問し、トップセールスを実施しました。  当日は、賢治りんご400ケースが競りにかけられ、特秀28玉が過去最高額となる50万円で競り落とされるなど、産地にとって生産の励みとなる高値での取引をいただいてきたところであります。  また、市場関係者との懇談におきまして、出席者の方々から、花巻産りんごの品質に対して、これまで以上に高い評価をいただくとともに、産地と消費地との信頼関係をより深めてまいったところであります。  次に、救急ボイストラを使用した奏功事例についてであります。  近年の訪日外国人観光客の増加に伴い、外国人が関係する救急事案の発生が考えられることから、当市消防本部におきまして、本年9月1日から多言語音声翻訳アプリ、救急ボイストラの運用を開始したことにつきましては、ご案内のとおりでございます。  11月中旬、市内で発生しました交通事故現場において、事故に遭われたのは観光で訪れていた台湾人の御家族でしたが、救急隊員が接触した際、日本語が通じないことがその場で確認できましたので、救急ボイストラを使用し現場対応いたしました。これにより、外国人との円滑なコミュニケーションが可能となり、スピーディーに医療機関へ収容することができ、その被害者の方々の救済に結びついたということでございます。  次に、花巻第二工業団地の分譲決定についてであります。  今回、花巻第二工業団地の分譲区画を購入した企業は、花巻市台で操業中の、株式会社ネクサスであります。  同社は平成26年に設立され、平成27年9月に本社機能を花巻市台に移転し、食肉製造及び販売、食肉等の輸出入を行ってきましたが、近年における取引量の拡大に対応するため、当該地を岩手県土地開発公社から購入したものであります。  同社が取得した土地の面積は6,595平米であり、同団地10社目の企業立地となり、同団地の分譲率につきましては81.8%となります。  新工場建設については、平成30年3月より着工し、平成30年11月ごろの竣工、操業開始を予定しております。  次に、企業の新規立地についてであります。  今回、新たに立地が決定しましたのは、香川県観音寺市に本社を置きます株式会社森孵卵場であります。  同社は、昭和24年に創業し、ブロイラーひな鳥孵化、養鶏を主たる事業としております。現在、国内に9つの孵卵工場を有し、ひな孵化出荷数では国内トップを誇る企業であります。  同社は、県内におきまして、昭和48年に盛岡市玉山区に東北工場を設置し、事業を展開してきたところですが、今般、県内・隣県での需要増に対応するため、新たな生産拠点として市内石鳥谷町好地の空き工場の取得を御決定いただきました。12月13日に同社との企業立地協定書調印式をとり行う予定としております。  新工場の概要についてでありますが、工場敷地面積約1万9,000平米、延べ床工場面積約2,900平米の工場に、孵卵に必要な設備を整備して事業を行う予定でおります。また、平成30年7月の操業開始を計画しております。  以上で、行政報告を終わります。 ○議長(小原雅道君) 以上で、行政報告を終わります。 ○議長(小原雅道君) 日程第4、選任第1号議会運営委員会委員の選任を行います。  議会運営委員会委員の選任につきましては、欠員が生じたため、委員会条例第7条第1項の規定により、お手元に配付いたしております選任第1号議会運営委員会委員の選任のとおり、議長から指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(小原雅道君) 異議なしと認めます。よって、議会運営委員会委員は、お手元に配付いたしております選任第1号議会運営委員会委員の選任のとおり選任することに決しました。 ○議長(小原雅道君) 日程第5、選挙第1号岩手中部広域行政組合議会議員の選挙を行います。  お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(小原雅道君) 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。  お諮りいたします。指名の方法は、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(小原雅道君) 異議なしと認めます。よって、議長において指名することにいたしたいと思います。  岩手中部広域行政組合議会議員には、中村初彦君を指名いたします。  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました中村初彦君を当選人と定めることに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(小原雅道君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました中村初彦君が当選人と決しました。  当選された中村初彦君が議場におられますので、本席から告知いたします。 ○議長(小原雅道君) 日程第6、議案第74号花巻市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一部を改正する条例から、日程第21、議案第89号平成29年度花巻市介護保険特別会計補正予算(第3号)までの16件を一括議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  久保田総合政策部長。 ◎総合政策部長(久保田泰輝君) 本日提案いたしました各議案について御説明申し上げます。  最初に、議案第74号は、花巻市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一部を改正する条例であります。  本条例は、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律第9条第2項に基づき、市長が処理する乳幼児及び妊産婦等の医療費助成に関する市独自の個人番号利用事務及び特定個人情報の利用範囲を追加しようとするものであります。  次に、議案第75号は、花巻市公契約条例であります。  本条例は、公契約における市と受注者及び下請負者等双方の責務を明確にするとともに、公契約を履行するに当たっては従事する労働者の労働条件の確保に関わる法令を遵守し、その状況を報告及び調査することについて定めようとするものであります。  次に、議案第76号は、花巻市農業委員会委員等定数条例であります。  本条例は、農業委員会等に関する法律の一部改正に伴い、花巻市農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数を定めようとするものであります。  次に、議案第77号は、花巻市国営土地改良事業負担金徴収条例の一部を改正する条例であります。
     本条例は、土地改良法の一部改正に伴い、所要の改正をしようとするものであります。  次に、議案第78号は、花巻市地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展の基盤強化に関する法律に基づく固定資産税の課税免除に関する条例であります。  本条例は、地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展の基盤強化に関する法律に基づき、国の同意を得た岩手県基本計画に定められた促進区域である本市において、岩手県から承認を得た地域経済牽引事業計画に基づき、対象施設を新たに設置した者に対し固定資産税の課税免除を行おうとするものであります。  次に、議案第79号は、花巻市営住宅等条例の一部を改正する条例であります。  本条例は、市営住宅の入居資格の収入基準額を改めようとすること及び公営住宅法の一部改正に伴い、入居者が収入の申告をすることが困難な事情にあると認めるときの家賃の算出方法について定めようとするものであります。  次に、議案第80号は、花巻市定住促進住宅条例の一部を改正する条例であります。  本条例は、公営住宅法の一部改正を準用し、入居者が収入の申告をすることが困難な事情にあると認めるときの家賃の算出方法について定めようとするものであります。  次に、議案第81号は、花巻市教育委員会委員定数条例であります。  本条例は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部改正に基づき、新教育長制度に移行することに伴い、教育行政の機能強化を図るため、同法第3条ただし書きの規定により定数条例を制定し、花巻市教育委員会の委員の定数を5人と定めようとするものであります。  次に、議案第82号は、花巻市海洋施設条例の一部を改正する条例であります。  本条例は、艇庫を宿泊可能な施設へ改修することに伴い、使用時間及び使用料を改正しようとするものであります。  次に、議案第83号は、花巻市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例であります。  本条例は、働きながら育児しやすい環境整備をさらに進めるため、地方公務員の育児休業等に関する法律に準じ、非常勤職員の育児休業の取得期間の延長等について所要の改正をしようとするものであります。  次に、議案第84号は、花巻市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例であります。  本条例は、行政職給料表に定める職務の級に分類する際の基準となるべき職務の内容について改めようとするものであります。  次に、議案第85号は、北上地区広域行政組合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについてであります。  本議案は、北上地区広域行政組合の共同処理する事務の区域を変更するほか、所要の変更をしようとすることに係る協議に関し、議会の議決を求めようとするものであります。  次に、議案第86号は、花巻市国民健康保険直営診療施設の指定管理者の指定に関し議決を求めることについてであります。  本議案は、花巻市国民健康保険直営診療施設の指定管理者として、医療法人中庸会を指定しようとするものであります。  次に、議案第87号は、平成29年度花巻市一般会計補正予算(第6号)であります。  本補正予算は、人件費の整理のほか、公営住宅等建設事業、東和コミュニティセンター整備事業、保育所保育環境充実事業等、予算措置を要する経費に係る歳入歳出予算の補正、繰越明許費の補正及び地方債の補正であります。  歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ13億9,341万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ496億9,166万8,000円とするものであります。  次に、議案第88号は、平成29年度花巻市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)であります。  本補正予算は、過年度保険料還付金に係る歳入歳出予算の補正でありまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ39万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ19億4,816万円とするものであります。  最後に、議案第89号は、平成29年度花巻市介護保険特別会計補正予算(第3号)であります。  本補正予算は、介護保険制度改正に対応するためのシステム改修業務委託等に係る歳入歳出予算の補正でありまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ507万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ105億5,974万1,000円とするものであります。  以上のとおりでありますが、よろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(小原雅道君) お諮りいたします。ただいま議題となっております日程第6、議案第74号花巻市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一部を改正する条例から、日程第21、議案第89号平成29年度花巻市介護保険特別会計補正予算(第3号)までの16件については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略し、12月7日の本会議において審議することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(小原雅道君) 異議なしと認めます。よって、議案第74号から議案第89号までの16件については委員会付託を省略し、12月7日の本会議において審議することに決しました。  これで本日の日程は全て終了いたしました。  本日はこれにて散会いたします。  御苦労さまでした。      午前10時51分 散会...