花巻市議会 > 2009-06-18 >
花巻市議会 会議録 平成21年  6月 定例会(第2回)-06月18日−資料
花巻市議会 会議録 平成21年  6月 定例会(第2回)-06月18日−06号

ツイート シェア
  1. 花巻市議会 2009-06-18
    花巻市議会 会議録 平成21年  6月 定例会(第2回)-06月18日−06号


    取得元: 花巻市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-07
    平成21年  6月 定例会(第2回) − 06月18日−06号 平成21年  6月 定例会(第2回) − 06月18日−06号 平成21年  6月 定例会(第2回) 平成21年6月18日(木) 議事日程第6号 平成21年6月18日(木)午前10時開議  第1 議席の一部変更  第2 委員長報告  第3 選任第1号 はなまき市議会だより編集委員会委員の選任  第4 選任第2号 悪臭公害対策特別委員会委員の選任  第5 推薦第1号 花巻市農業委員会委員の推薦  第6 議案第64号 西南中学校屋内運動場・柔剣道場棟改築(建築)工事の請負契の締結に関し議決を求めることについて  第7 議案第65号 平成21年度花巻市一般会計補正予算(第3号)  第8 議案第66号 花巻市監査委員の選任に関し同意を求めることについて  第9 議案第67号 人権擁護委員の候補者の推薦に関し意見を求めることについて  第10 意見書案第2号 地域公共交通維持・確保を求める意見書の提出について  第11 意見書案第3号 「保育制度改革案」の見直しを求める意見書の提出について  第12 意見書案第4号 政府が自ら決めた備蓄ルールに基づいて政府米買い入れを求める意見書の提出について  第13 継続審査の申出について 本日の会議に付した事件
     日程第1 議席の一部変更  日程第2 委員長報告  日程第3 選任第1号 はなまき市議会だより編集委員会委員の選任  日程第4 選任第2号 悪臭公害対策特別委員会委員の選任  日程第5 推薦第1号 花巻市農業委員会委員の推薦  日程第6 議案第64号 西南中学校屋内運動場・柔剣道場棟改築(建築)工事の請負契の締結に関し議決を求めることについて  日程第7 議案第65号 平成21年度花巻市一般会計補正予算(第3号)  日程第8 議案第66号 花巻市監査委員の選任に関し同意を求めることについて  日程第9 議案第67号 人権擁護委員の候補者の推薦に関し意見を求めることについて  日程第10 意見書案第2号 地域公共交通維持・確保を求める意見書の提出について  日程第11 意見書案第3号 「保育制度改革案」の見直しを求める意見書の提出について  日程第12 意見書案第4号 政府が自ら決めた備蓄ルールに基づいて政府米買い入れを求める意見書の提出について  日程第13 継続審査の申出について 出席議員(33名)    1番  藤井幸介君      2番  若柳良明君    3番  高橋久順君      4番  藤原晶幸君    5番  平賀 守君      6番  藤原米光君    7番  松田 昇君      8番  小原雅道君    9番  小原茂明君     10番  大原 健君   11番  鎌田幸也君     12番  本舘憲一君   13番  照井明子君     14番  藤井英子君   15番  高橋好尚君     16番  川村伸浩君   17番  伊藤英一君     18番  佐藤忠男君   19番  高橋 浩君     20番  小田島邦弘君   21番  近村晴男君     22番  山本純雄君   23番  名須川 晋君    25番  櫻井 肇君   26番  阿部一男君     27番  中村初彦君   28番  鎌田政子君     29番  山影義一君   30番  齋藤政人君     31番  中村勝吉君   32番  永井千一君     33番  新田盛夫君   34番  高橋淑郎君 欠席議員   なし 説明のため出席した者  市長        大石満雄君   副市長       佐々木 稔君  副市長       高橋公男君   教育委員会委員長  高橋 豊君  教育長       及川宣夫君   選挙管理委員会委員長                              奥山 隆君  農業委員会会長   高橋善悦君   監査委員      高橋 勲君  総務部長      伊藤隆規君   政策推進部長    亀澤 健君  まちづくり部長   大山拡詞君   生活福祉部長    菊池保守君  健康こども部長   佐藤 格君   商工観光部長    伊藤新一君  農林水産部長    戸來喜美雄君  建設部長      照井健介君  大迫総合支所長   熊谷仁見君   石鳥谷総合支所長  菊池康博君  東和総合支所長   菊池一良君   教育委員会教育部長 藤井廣志君  水道事業所長(上下水道部長併任)  消防本部消防長   伊藤勝男君            高橋通義君  総務課長      本舘康司君   財政課長      高橋和夫君 職務のため議場に出席した事務局職員  事務局長      佐藤祥二    参事兼事務局次長  平賀政勝  総務係長      阿部 靖    議事調査係長    佐藤多恵子      午前10時00分 開議 ○議長(高橋淑郎君) おはようございます。  これより本日の会議を開きます。  議事日程に入る前に、大山まちづくり部長から発言を求められておりますので、これを許します。  大山まちづくり部長。 ◎まちづくり部長(大山拡詞君) 私の答弁で、一部訂正したい部分がありましたので、訂正をさせていただきます。  6月11日の議案審議の中の財団法人花巻市体育協会の経営状況報告で、山本議員の御質問の中で運用の利率について、再度、体育協会に確認しましたところ、誤りがありましたので訂正させていただきますので、よろしくお願いいたします。  利率を20年度と21年度を取り違えて報告いたしましたので、その内容で訂正させていただきます。  まず、定期預金1,000万円ですけれども、運用利率が0.28ではなく、0.44でした。1年物で、実際には1年と二月の運用収入で、4万4,241円になります。  それから、次に国債、4,010万円の運用ですけれども、利率が1.5%で10年物になりますけれども、運用収入が60万1,500円、トータルで運用収入が64万5,741円でございましたので、訂正させていただきます。よろしくお願いいたします。 ○議長(高橋淑郎君) 本日の会議は議事日程第6号をもって進めます。  日程第1、議席の一部変更を議題といたします。  会派からの申し出により、議席の一部を変更したいと思います。  その議席番号及び氏名を職員に朗読させます。  佐藤事務局長。 ◎事務局長(佐藤祥二君) 20番、小田島邦弘議員。 ○議長(高橋淑郎君) お諮りいたします。ただいま朗読したとおり議席の一部を変更することに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま朗読したとおり議席の一部を変更することに決しました。  それでは、ただいま決定いたしました議席にお着き願います。 ○議長(高橋淑郎君) 日程第2、委員長報告を行います。  最初に、花巻空港対策特別委員会に付託中の花巻空港対策を議題とし、同委員長の報告を求めます。  花巻空港対策特別委員会委員長、齋藤政人君。     (花巻空港対策特別委員会委員長 齋藤政人君登壇) ◆花巻空港対策特別委員会委員長(齋藤政人君) 本委員会に付託されておりました花巻空港対策についての審査が終了いたしましたので、その経過と結果について御報告申し上げます。  花巻空港対策特別委員会は、平成18年9月7日の会議において、当時、着手が延期されておりました花巻空港の新ターミナルビルを初めとする花巻空港整備事業の早期完成を目的に、委員11人で構成する特別委員会として設置され、花巻空港対策について付託されたところであります。  委員会の設置以降、花巻空港対策として空港整備にかかる各種計画の早期実現のために、経過概要の確認、現地調査の実施など、所期の目的の達成に向けて、これまで15回の委員会を開会し、調査・検討に努めてまいりました。  そして、このように調査・検討を重ねてまいりましたが、平成21年4月9日、ついにいわて花巻空港新ターミナルビルかオープンし、当委員会では、4月16日にいわて花巻空港の現地調査を行ってきたところであります。  また、平行誘導路の整備につきましても、今年度、工事の着工が決定したところであります。  さて、本委員会はこれまで、花巻空港対策として、空港整備の早期実現に向けて多大な精力を注ぎ活動してまいりましたが、このたびいわて花巻空港新ターミナルビルの完成を見るに当たり、一定の責務と所期の目的は達成されたものとし、本報告をもって委員会を終了すべきものと決しました。  最後となりますが、これまで市長を初め、御当局の御努力と市民の皆様の深い御理解に深甚なる感謝を表しますとともに、議員各位の御尽力と御支援に感謝を申し上げ、委員長報告といたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより質疑に入ります。ただいまの委員長報告に対し、質疑の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) なしと認め、質疑を終結いたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより討論に入ります。討論の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) なしと認め、討論を終結いたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより採決いたします。  ただいまの委員長報告は、特別委員会の設置目的を達成したので、これを終了するとするものであります。委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) 御異議なしと認めます。よって、委員長報告のとおり花巻空港対策特別委員会は終了することに決しました。 ○議長(高橋淑郎君) 次に、総務常任委員会に付託中の第3号請願、地域公共交通維持・確保を求めることについてを議題とし、同委員長の報告を求めます。  総務常任委員会委員長、山本純雄君。     (総務常任委員会委員長 山本純雄君登壇) ◆総務常任委員会委員長(山本純雄君) 本委員会に付託されておりました次の請願の審査が終了いたしましたので、審査の経過と結果について御報告申し上げます。  第3号請願地域公共交通維持・確保を求めることについて。提出者は、盛岡市大沢川原2丁目2番32号、日本労働組合総連合会岩手県連合会会長、砂金文昭さん外2名であります。  紹介議員は、藤井幸介君、高橋久順君、本舘憲一君、高橋浩君、櫻井肇君、鎌田政子さんであります。  趣旨につきましては、既に配付されております文書表のとおりでありますので、省略させていただきます。  本委員会では、6月12日に参考人として、岩手県交通労働組合執行委員長、佐藤庄三さんを招請し、請願趣旨の説明をいただきました。
     また、当局からは、公共交通確保のための国・県補助事業の概要などについての説明があり、それらを踏まえまして慎重に審査を行ったところであります。  参考人からは、「公共交通をめぐる状況は、大都市、中核都市においては、上向き傾向にあるけれども、地方バスにおいては依然として大幅に低迷している。全国のバス事業者が4,000ほどあるが、その7割の事業者が、今、経営難に陥り四苦八苦しているのが実態である。全国のバス事業者は知恵を出し合い、いろんな交通体系を模索しながら、愛される地域交通を目指して奮闘している。岩手県内においても、もちろん企業努力はしているが、もう一事業者の努力だけではどうにもならないところに来ている。これまで、市町村総合補助金制度が施行されてきたが、平成22年度以降、今の段階では不明瞭である。今後の地域交通のあり方を私どもも引き続き考えていくが、ぜひ請願の趣旨の内容を御賛同、御理解いただきたい。」とのことでありました。  委員からは、「公共交通機関を守ること、特に、急速な高齢化社会、あるいは交通弱者が増加する中で、岩手県のこのような公共交通の維持・確保の補助は大事である。」という意見も出されたところであります。  以上のことを踏まえ、審査を進めた結果、請願提出者の願意は十分理解できるということで意見の一致を見、採決の結果、全会一致をもって採択すべきものであると決しました。  以上で報告を終わります。 ○議長(高橋淑郎君) これより質疑に入ります。ただいまの委員長報告に対し、質疑の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) なしと認め、質疑を終結いたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより討論に入ります。討論の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) なしと認め、討論を終結いたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより採決いたします。  第3号請願地域公共交通維持・確保を求めることについてに対する委員長の報告は、採択すべきであるとするものであります。  委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) 御異議なしと認めます。よって、第3号請願は、委員長報告のとおり採択とすることに決しました。 ○議長(高橋淑郎君) 次に、福祉常任委員会に付託中の第4号請願「保育制度改革案」の見直しを求めることについてを議題とし、同委員長の報告を求めます。  福祉常任委員会委員長、鎌田政子さん。     (福祉常任委員会委員長 鎌田政子君登壇) ◆福祉常任委員会委員長(鎌田政子君) 本委員会に付託されておりました次の請願の審査が終了いたしましたので、審査の経過と結果について御報告申し上げます。  第4号請願「保育制度改革案」の見直しを求めることについて。提出者は、花巻市中根子字明堂29の2、花巻市法人立保育所協議会会長、瀬川とも子さんであります。  紹介議員は、高橋久順さん、大原健さん、照井明子さん、中村初彦さん、齋藤政人さんであります。  趣旨につきましては、既に配付されております文書表のとおりでありますので、省略させていただきます。  本請願につきましては、6月15日、参考人を招請し、御意見をお伺いするとともに、健康こども部長及びこども課長の出席を求め、慎重に審査を行ったところであります。  参考人からは、「社会情勢の変化に伴い、保護者の立場・子供たちが置かれている環境は、かなり変化を呈してきている。近年の経済不況をまともに受けた保護者の就労環境や子供を安心して育てる環境など、保護者の就労支援と子供の安心な育ちを見守る保育所の役割は年々拡大してきている。そのような中、社会保障審議会少子化対策特別部会では、新たな保育制度の具体化に向けて「第一次報告」を取りまとめた。  この保育所制度改革案は、あいまいな文言が多く、具体的な方策が盛り込まれていないため、底知れない危惧感を感じている。また、少子化対策特別部会のメンバーに、保育事業者である代表者や保育を研究している研究者が入っていないところで進められているため、保育所を利用する子供、保護者、それを運営する事業者の声が反映されるのか懸念される。  最大の問題は、直接契約・直接補助方式を導入することで、国と市町村の公的責任がなくなり、保護者や保育所の負担がふえ、ひいては子供の最善の利益を失うことが懸念される。ついては、保育の質をしっかり守った保育制度が維持されるよう「保育制度改革案の見直しを求める意見書」を国へ提出していただきたい。」とのことでありました。  当局からは、少子化対策特別部会、第一次報告の概要、花巻市の保育所入所判定基準、就学前児童・保育所入園数の推移、待機児童の状況などについての説明がありました。  委員からは、「第一次報告で出された保育制度改革案については、現場においても慎重な意見がある。」「今回の改革案は、必ずしも現場の声が十二分に反映された改革案となっているものではなく、現制度による充実も含めて検討してもらうべきである。」「改革案の内容がまだ不確かであるため、ぜひ、国に現場の声を届けるべきである。」などの意見が出されたところであります。  以上のことを踏まえ、審査を進めた結果、本請願提出者の願意は十分に理解できるものであるということで意見の一致を見、採決の結果、全会一致をもって採択すべきものと決しました。  以上で報告を終わります。 ○議長(高橋淑郎君) これより質疑に入ります。ただいまの委員長報告に対し、質疑の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) なしと認め、質疑を終結いたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより討論に入ります。討論の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) なしと認め、討論を終結いたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより採決いたします。  第4号請願「保育制度改革案」の見直しを求めることについてに対する委員長の報告は、採択すべきであるとするものであります。  委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) 御異議なしと認めます。よって、第4号請願は、委員長報告のとおり採択とすることに決しました。 ○議長(高橋淑郎君) 次に、産業建設常任委員会に付託中の第6号請願政府が自ら決めた備蓄ルールに基づいて政府米買い入れを求めることについてを議題とし、同委員長の報告を求めます。  産業建設常任委員会委員長、藤原米光君。     (産業建設常任委員会委員長 藤原米光君登壇) ◆産業建設常任委員会委員長(藤原米光君) 本委員会に付託されておりました、次の請願の審査が終了いたしましたので、審査の経過と結果について御報告申し上げます。  第6号請願政府が自ら決めた備蓄ルールに基づいて、政府米買い入れを求めることについて。提出者は、花巻市太田67の41、花北農民組合組合代表、小原昭栄さんであります。  紹介議員は、照井明子さんであります。  趣旨につきましては、既に配付されております文書表のとおりでありますので、省略させていただきます。  本請願につきましては、6月15日に参考人を招請し、御意見をお伺いするとともに、農林水産部長及び農政課長の出席を求め、慎重に審査を行ったところであります。  参考人からは、「市場任せのコメ流通のもとでは、わずかな過剰が価格の暴落を生み、わずかな不足が価格の暴騰を生む。需給と価格の安定を図るため、市場の過剰感を払拭することが緊急に必要である。  また、農家が安心して生産に取り組める価格保障・所得保障の制度をつくり、国民が安心できる米の備蓄や、流通管理の制度をつくることが求められている。  ついては、政府は自ら決めた備蓄ルールを守る立場で、正規の備蓄米の買い上げを直ちに行うように、政府米買い入れを求める意見書を国へ提出していただきたい。」とのことでありました。  当局からは、「政府が決めた備蓄ルールを守っていただきたい。」との説明がありました。  委員からは「政府に対して備蓄のルールに基づいて、買い上げを行ってほしいという願意は十分わかる」「前段の文言はデータの取り方や見解の違いもあるため、あくまでも備蓄米100万トンルールを強調した意見書とするべき」「請願の趣旨はよしとして、備蓄ルールを守るべき」等の意見が出されたところであります。  以上のことを踏まえて審査を進めた結果、本請願提出者の願意は十分に理解できるものであるということで、意見の一致を見、採決の結果、全会一致をもって採択すべきものと決しました。  以上で報告を終わります。 ○議長(高橋淑郎君) これより質疑に入ります。ただいまの委員長報告に対し、質疑の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) なしと認め、質疑を終結いたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより討論に入ります。討論の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) なしと認め、討論を終結いたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより採決いたします。  第6号請願政府が自ら決めた備蓄ルールに基づいて政府米買い入れを求めることについてに対する委員長の報告は、採択すべきであるとするものであります。  委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) 御異議なしと認めます。よって、第6号請願は、委員長報告のとおり採択とすることに決しました。 ○議長(高橋淑郎君) 日程第3、選任第1号はなまき市議会だより編集委員会委員の選任を行います。  同委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、小原茂明君を議長から指名したいと思います。これに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) 御異議なしと認めます。よって、はなまき市議会だより編集委員会委員の選任については、小原茂明君を選任することに決しました。 ○議長(高橋淑郎君) 日程第4、選任第2号悪臭公害対策特別委員会委員の選任を行います。  同委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、本舘憲一君を議長から指名したいと思います。これに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) 御異議なしと認めます。よって、悪臭公害対策特別委員会委員の選任については、本舘憲一君を選任することに決しました。 ○議長(高橋淑郎君) 日程第5、推薦第1号花巻市農業委員会委員の推薦を議題といたします。 ○議長(高橋淑郎君) お諮りいたします。議会推薦の農業委員会委員につきましては、お手元に配付いたしております推薦第1号花巻市農業委員会委員の推薦のとおり、4名の方を推薦いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) 御異議なしと認めます。よって、議会が推薦する農業委員会委員には、お手元の推薦第1号花巻市農業委員会委員の推薦のとおり、4名の方を推薦することに決しました。 ○議長(高橋淑郎君) お諮りいたします。本日審議予定となっております日程第6、議案第64号から日程第13、継続審査の申し出についてまでの8件については、会議規則第36条第2項の規定により委員会付託を省略し、直ちに審議いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) 御異議なしと認めます。よって、議案第64号から継続審査の申し出についてまでの8件については委員会付託を省略し、直ちに審議することに決しました。 ○議長(高橋淑郎君) 日程第6、議案第64号西南中学校屋内運動場・柔剣道場棟改築(建築)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてを議題といたします。  提案者から説明を求めます。伊藤総務部長。 ◎総務部長(伊藤隆規君) 議案第64号西南中学校屋内運動場・柔剣道場棟改築(建築)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてを御説明申し上げます。  本議案は、西南中学校屋内運動場・柔剣道場棟改築(建築)工事に係る請負契約の締結につきまして、地方自治法第96条第1項第5号及び花巻市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めようとするものであります。  議案の内容につきまして御説明申し上げます。  お手元に配付いたしております議案第64号資料もあわせて、ごらんくださるようお願いいたします。  契約の内容でありますが、工事名は、西南中学校屋内運動場・柔剣道場棟改築(建築)工事であります。  契約の方法は指名競争入札であり、契約金額は4億4,940万円であります。  契約の相手方は、成和建設株式会社であります。本工事につきましては、市営建設工事入札参加資格業者18社を指名し、去る6月3日に入札を行い、同日、仮契約を締結したものであります。  工事の概要につきまして御説明申し上げます。  建設場所は、資料その1のとおり、昨年度完成しました西南中学校校舎棟の西側に隣接した場所であります。  施設の概要でありますが、資料その2及び資料その3の平面図及び立面図をごらんいただきたいと存じます。鉄骨造2階建てで、床面積は2,214平方メートルであります。内部の配置計画でありますが、バスケットボール及びバレーボールコートとしては、2面、バドミントンコートとしては、6面が使用できる屋内運動場棟と柔道及び剣道が各1面使用できる柔剣道場棟並びにプール管理棟を併設した建物となっており、それぞれ市民の社会体育活動に活用できるよう、一般開放用玄関を設けております。  完成期限は、平成22年1月29日であります。  以上で説明を終わりますが、よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願いを申し上げます。 ○議長(高橋淑郎君) これより質疑に入ります。質疑の方ありませんか。 ○議長(高橋淑郎君) 近村晴男君。 ◆21番(近村晴男君) 参考資料図面ではよくわからない部分があるんですが、冬場のいわゆる暖房設備については、屋内体育館については整っているかどうかお伺いしたいと思います。
    ○議長(高橋淑郎君) 藤井教育部長。 ◎教育委員会教育部長(藤井廣志君) お答えいたします。冬場の暖房設備も整備する計画でございます。 ○議長(高橋淑郎君) ほかに質疑の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) なしと認め、質疑を終結いたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより討論に入ります。討論の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) なしと認め、討論を終結いたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより採決いたします。  議案第64号西南中学校屋内運動場・柔剣道場棟改築(建築)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてを原案のとおり決することに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) 御異議なしと認めます。よって、議案第64号は原案のとおり可決されました。 ○議長(高橋淑郎君) 日程第7、議案第65号平成21年度花巻市一般会計補正予算(第3号)を議題といたします。  提出者から説明を求めます。亀澤政策推進部長。 ◎政策推進部長(亀澤健君) 議案第65号平成21年度花巻市一般会計補正予算(第3号)について御説明申し上げます。  本補正予算は、国の追加経済対策に盛り込まれました事業のうち、予算措置に急を要する経費に係る歳入歳出予算の補正でありまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,871万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ433億9,563万1,000円とするものであります。  以下、事項別明細書により御説明申し上げます。  7ページをお開き願います。  2歳入、14款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金、1節生活保護177万3,000円は、内定による増であります。  2項国庫補助金、5目衛生費国庫補助金、1節がん検診1,635万1,000円は、女性特有のがん検診に対する国庫補助金であります。  19款繰越金、1項繰越金、1目繰越金、1節繰越金59万2,000円は、前年度からの繰越金であります。  次に、9ページをお開き願います。  3歳出、3款民生費、3項生活保護費、2目扶助費236万5,000円は、子供のいる生活保護世帯に対する学習支援費の加算に要する経費であります。  4款衛生費、1項保健衛生費、4目健康増進費1,635万1,000円は、女性特有のがん検診の推進に要する経費であります。  以上で説明を終わりますが、よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(高橋淑郎君) これより質疑に入ります。質疑の方ありませんか。 ○議長(高橋淑郎君) 櫻井肇君。 ◆25番(櫻井肇君) 生活保護の事業について1点お聞きします。この事業につきましては一般質問の中でいろいろ質疑が交わされたところでございますので、繰り返すことはいたしませんが、一つだけお伺いしたいのは財源の問題であります。  この制度が始まった当初は、全額、国が負担しておったということを聞いたことがありますが、現在は市町村の負担が3分の1ぐらいになっております。これは憲法の第25条に基づいて行われる施策、当然の国の施策でありますから、全額、国庫によって負担されるべきだと考えるものですが、市の見解をお願いします。 ○議長(高橋淑郎君) 菊池生活福祉部長。 ◎生活福祉部長(菊池保守君) お答えをいたします。  生活保護に係る国の負担は4分の3でございます。4分の1が市の負担ということで、これにつきましては、櫻井議員、御指摘のとおり、憲法第25条に定める健康で文化的な最低限度の生活を保障するという趣旨に基づいてなされているものでありますが、これにつきましては、2000年の地方分権一括法のときにもいろいろ議論になった経緯がございますが、現時点では、国からの法定受託事務ということで処理をしているものであります。 ○議長(高橋淑郎君) 櫻井肇君。 ◆25番(櫻井肇君) 日本弁護士連合会等も、この生活保護に係る財源は、全額、国が負担するべきだという改正案も発表しているところでありますが、ぜひ、国に対して、これは市町村負担ではなく、全額、国庫で負担してほしいという要求を出すべきだと思うものですが、その点について再度お願いいたします。 ○議長(高橋淑郎君) 菊池生活福祉部長。 ◎生活福祉部長(菊池保守君) お答えいたします。  現在の法の制度に基づいて、これは運営されていると理解をしております。  ただ、生活保護につきましては、昭和25年の生活保護法によって、この制度が創設されておりますが、それ以来、抜本的な法改正が行われていないというのが現状だと認識をしております。この前の一般質問でも議論になりましたが、そういう中で、全国知事会、あるいは、全国市長会では、有期保護制度の創設についても国に対して意見を出したところでありますが、いずれ、現下の社会経済情勢の変化、あるいは雇用形態の変化等々をかんがみますと、やっぱり生活保護法に係る抜本的な制度改正は必要であろうと認識をいたしているところであります。 ○議長(高橋淑郎君) ほかに質疑の方ありませんか。 ○議長(高橋淑郎君) 近村晴男君。 ◆21番(近村晴男君) 10ページの4款衛生費の健康増進費の関係でございますけれども、先ほど提出者からの説明では、健康診査事業費が女性特有のがんの検診と説明ありましたけれども、予算書の説明を見ますと、胃がん検診等の委託料となっていますけれども、これでよろしいのでしょうか。確認したいと思います。 ○議長(高橋淑郎君) 佐藤健康こども部長。 ◎健康こども部長(佐藤格君) お答えいたします。  説明の部分につきましては、胃がん検診等委託料となってございますが、当初予算の説明といたしまして、この表示といいますか、このように説明欄へ記載させていただきましたので、この胃がん等検診委託料の中に、今回の女性特有の検診業務も含まれてございますので、御理解願いたいと思います。 ○議長(高橋淑郎君) 近村晴男君。 ◆21番(近村晴男君) 国からの10割交付を予算に入れているわけですけれども、そのとおり、追加経済対策の中での女性特有のがん検診ということで入れていると思うんですけれども、それがなぜこのように、この説明の欄では、等検診委託料となっている。胃がんは女性だけじゃなくて、男性も当然あり得るものですから、この説明欄の表現は、私は適当ではないと思いますが、いかがですか。 ○議長(高橋淑郎君) 佐藤健康こども部長。 ◎健康こども部長(佐藤格君) 今回の、特に女性特有のがんの検診という部分で補正予算を組ませていただきましたが、胃がん等検診委託料という表示につきましては、今後、検討いたしまして表示を改めまして、理解いただくようにしてまいりたいと思っております。 ○議長(高橋淑郎君) 近村晴男君。 ◆21番(近村晴男君) 再度、確認ですけれども、いわゆる委託料ですが、1,328万7,000円なっていますけれども、そうしますと、等とついていますから、割合はどのようになっているんでしょうか、確認したいと思います。 ○議長(高橋淑郎君) 佐藤健康こども部長。 ◎健康こども部長(佐藤格君) 1,328万7,000円すべてが女性特有のがん対策の予算になっております。 ○議長(高橋淑郎君) ほかに質疑の方ありませんか。  藤井英子さん。 ◆14番(藤井英子君) 私もこの衛生推進費の部分なんですが、新聞でも言われているマンモグラフィの関係かと思っております。  先ほど近村議員が指摘されたように、やはり書き方と言いますか、最初、疑問を持ちまして、この差額の300万円の話をしているのかと思いましたけれども、今の話でわかりました。  質問なんですが、報道で知る限りなので、ここで大体のことはわかったつもりなんですが、どういった内容の事業なのかということと、花巻市ではそれを受けまして、何人ぐらい対象になるか、その辺の部分を、今までこのマンモグラフィの受診率を見たときに、いかがなのかということを先にお伺いしたいと思います。 ○議長(高橋淑郎君) 佐藤健康こども部長。 ◎健康こども部長(佐藤格君) 今回の女性特有のがん対策につきましては、さきの国の補正予算の中で、がん対策を推進するということで行われた一環の中でございますが、特にも、女性特有のがんの検診受診率を推進すると。もう一つは、子育てという部分でも、女性の健康を維持するという部分もあわせ持っているところでございます。  事業の内容につきましては、女性特有のがんの内容でございますが、二つのがん検診でございます。  一つは、子宮がん、子宮頚がんの検診でございます。対象年齢は5歳刻みでございますが、20歳、25歳、30歳、そして40歳の方々が対象でございます。  その対象の人数でございますが、2,827人が対象になるものと思っておるところでございます。  もう一つは乳がん検診でございます。乳がん検診の対象年齢は40歳、45歳、50歳、そして55歳、60歳でございます。  その方々の対象人数は、3,534人と見込んでいるところでございます。  その実施の方法でございますけれども、従来、花巻市で行っております子宮がん検診、それから乳がんの検診と同じ内容を実施するわけでございますが、5歳刻みでの対象者を特に特出しするという形で実施するものでございます。  なお、実施につきましては、この事業は特にもこれから検診を意識づけると、女性の方々にがん検診を受診しようという意識を持っていただくという意味で乳がんの検診手帳とあわせましてクーポン券を送付する形で実施するものでございます。検診につきましては、個人負担はなく、すべて無料で実施するものでございます。 ○議長(高橋淑郎君) 藤井英子さん。 ◆14番(藤井英子君) 今回のこの事業は、本当に喜ばれることというか、これに先立ちまして、花巻市では、結構これに取り組んでいますので、またプラス、よかったという思いがしております。  当初、どういった検診を望みますかというな形で、受診の希望も出ていましたし、また今、いろんなのも出ていまして、例えば、マンモグラフィによる乳がん検診は個人負担が1,400円ということもあるんですが、まずもって、このことの周知を徹底していただきたいと思います。大変いいことなので、かなり事業的に、職員の皆さんも大変な思いをするかと思いますが、ぜひ100%に近い数字を出していただきたいという思いがあります。  もう一つお聞きしたいのは、先ほど健康こども部長がおっしゃった検診手帳なんですが、これにつきましてですけれども、ひな形が国から出されて各市町村が自分たちでつくると、単価も決まっているようですけれども、私、ここに事業費の部分だけではなくて、もっとこれから、女性たちが、女性手帳のような形で使えるようなプラスアルファした手帳を今回つくることも検討にあっていいのではないかと思ってますが、いかがでしょうか。 ○議長(高橋淑郎君) 佐藤健康こども部長。 ◎健康こども部長(佐藤格君) 手帳につきましては、今回の、特にも意識を持っていただくためという内容は、従来の2歳の偶数年で実施しておりました検診のときにも30歳、もしくは、40歳の方々に手帳も交付させていただいているところでございますが、今回の場合は、特にもがん検診のがん計画と言いますか、5カ年で検診率を高めていくという計画の一環の中で、特にも一年の事業ではございますけれども、取り組むという内容の手帳になっているところでございます。  この手帳の効果等をこれから参考にしながら、従来やっている手帳にどのように反映していくかという部分も加味しながら取り組んでいきたいと思っているところでございます。 ○議長(高橋淑郎君) ほかに質疑の方ありませんか。 ○議長(高橋淑郎君) 照井明子さん。 ◆13番(照井明子君) 生活保護事業費にかかわってでございます。  この事業の内容についてですけれども、子供がいる全世帯が対象となるものなのか、少しその内容について具体的にお示しください。 ○議長(高橋淑郎君) 菊池生活福祉部長。 ◎生活福祉部長(菊池保守君) 学習支援費の内容でございますけれども、小学生、中学生、高校生がいて生活保護を受けている全世帯が対象になるものでございます。  これにつきましては、御承知のことと存じますが、就学に要する参考図書の購入、あるいはクラブ活動に伴う費用など、これらについて、このたびの国の経済対策で追加になったものであります。  金額でありますが、小学生については月額2,560円、中学生については4,330円、高校生については5,010円、これらが毎月支給になるものであります。 ○議長(高橋淑郎君) ほかに質疑の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) なしと認め、質疑を終結いたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより討論に入ります。討論の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) なしと認め、討論を終結いたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより採決いたします。  議案第65号平成21年度花巻市一般会計補正予算(第3号)を原案のとおり決することに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) 御異議なしと認めます。よって、議案第65号は原案のとおり可決されました。     (齋藤政人君退席) ○議長(高橋淑郎君) 日程第8、議案第66号花巻市監査委員の選任に関し同意を求めることについてを議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  大石市長。     (市長登壇) ◎市長(大石満雄君) 議案第66号花巻市監査委員の選任に関し同意を求めることについてを御説明申し上げます。  提案の内容でありますが、議員のうちから選任しておりました監査委員の和田幹男氏が辞職いたしましたことから、後任の監査委員に齋藤政人氏を選任いたしたく、議会の同意を求めようとするものであります。  よろしく御賛同賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(高橋淑郎君) お諮りいたします。議案第66号につきましては、人事案件でありますので、質疑、討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
        (「異議なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) 御異議なしと認めます。よって、質疑、討論を省略し、直ちに採決することに決しました。 ○議長(高橋淑郎君) これより採決いたします。  議案第66号花巻市監査委員の選任に関し同意を求めることについては、これに同意することに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) 御異議なしと認めます。よって、議案第66号は原案のとおり同意することに決しました。     (齋藤政人君着席) ○議長(高橋淑郎君) 日程第9、議案第67号人権擁護委員の候補者の推薦に関し意見を求めることについてを議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  佐々木副市長。     (佐々木副市長 登壇) ◎副市長(佐々木稔君) 議案第67号人権擁護委員の候補者の推薦に関し意見を求めることについてを御説明申し上げます。  本議案は、人権擁護委員の佐藤忠明氏が、平成21年9月30日をもって任期満了となりますことから、人権擁護委員法第6条第3項の規定によりまして、後任の人権擁護委員の推薦に関し、議会の意見を求めるものであります。  今回、引き続き、人権擁護に深い理解をお持ちであります佐藤忠明氏を推薦しようとするものであります。  以上で説明を終わりますが、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(高橋淑郎君) お諮りいたします。議案第67号につきましては、人事案件でありますので、質疑、討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) 御異議なしと認めます。よって、質疑、討論を省略し、直ちに採決することに決しました。 ○議長(高橋淑郎君) これより採決いたします。  議案第67号人権擁護委員の候補者の推薦に関し意見を求めることについては、原案による者を適任と認めることに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) 御異議なしと認めます。よって、議案第67号は原案による者を適任と認めることに決しました。 ○議長(高橋淑郎君) ここで11時5分まで休憩をいたします。      午前10時56分 休憩      午前11時5分 開議 ○議長(高橋淑郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  議案審議を続行いたします。 ○議長(高橋淑郎君) 日程第10、意見書案第2号地域公共交通維持・確保を求める意見書の提出についてを議題といたします。  提出者からの提案理由の説明を求めます。  総務常任委員会委員長、山本純雄君。     (総務常任委員会委員長 山本純雄君登壇) ◆総務常任委員会委員長(山本純雄君) 意見書案第2号につきましては、先ほど採択の御決定をいただきました、第3号請願地域公共交通維持・確保を求めることについてに伴う意見書案でございますので、原案のとおり御決定賜りますよう、よろしくお願いいたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより質疑に入ります。質疑の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) なしと認め、質疑を終結いたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより討論に入ります。討論の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) なしと認め、討論を終結いたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより採決いたします。  意見書案第2号地域公共交通維持・確保を求める意見書の提出についてを原案のとおり決することに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) 御異議なしと認めます。よって、意見書案第2号は原案のとおり可決されました。 ○議長(高橋淑郎君) 日程第11、意見書案第3号「保育制度改革案」の見直しを求める意見書の提出についてを議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  福祉常任委員会委員長、鎌田政子さん。     (福祉常任委員会委員長 鎌田正子君登壇) ◆福祉常任委員会委員長(鎌田政子君) 意見書案第3号につきましては、先ほど採択の御決定をいただきました、第4号請願「保育制度改革案」の見直しを求めることについてに伴う意見書案でごさいますので、原案のとおり御決定賜りますよう、よろしくお願いいたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより質疑に入ります。質疑の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) なしと認め、質疑を終結いたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより討論に入ります。討論の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) なしと認め、討論を終結いたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより採決いたします。  意見書案第3号「保育制度改革案」の見直しを求める意見書の提出についてを原案のとおり決することに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) 御異議なしと認めます。よって、意見書案第3号は原案のとおり可決されました。 ○議長(高橋淑郎君) 日程第12、意見書案第4号政府が自ら決めた備蓄ルールに基づいて政府米買い入れを求める意見書の提出についてを議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  産業建設常任委員会委員長、藤原米光君。     (産業建設常任委員会委員長 藤原米光君登壇) ◆産業建設常任委員会委員長(藤原米光君) 意見書案第3号につきましては、先ほど採択の御決定をいただきました、第6号請願政府が自ら決めた備蓄ルールに基づいて、政府米買い入れを求めることについてに伴う意見書案でございますので、原案のとおり御決定賜りますよう、よろしくお願いいたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより質疑に入ります。質疑の方ありませんか。 ○議長(高橋淑郎君) 近村晴男君。 ◆21番(近村晴男君) 政府米の買い入れですから、所管は農林水産省でございますが、意見書の提出先が、農林水産大臣だけになっていますけれども、大きく見ると、内閣総理大臣にも提出しようという意見は委員会の中ではなかったでしょうか。お伺いします。 ○議長(高橋淑郎君) 藤原米光君。 ◆産業建設常任委員会委員長(藤原米光君) いろいろ検討してみましたが、まず当初は、所轄の農林水産省で対応できるという見解のもとに、このようにいたしました。 ○議長(高橋淑郎君) ほかに質疑の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) なしと認め、質疑を終結いたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより討論に入ります。討論の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) なしと認め、討論を終結いたします。 ○議長(高橋淑郎君) これより採決いたします。  意見書案第4号政府が自ら決めた備蓄ルールに基づいて、政府米買い入れを求める意見書の提出についてを原案のとおり決することに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) 御異議なしと認めます。よって、意見書案第4号は原案のとおり可決されました。 ○議長(高橋淑郎君) 日程第13、継続審査の申出についてを議題といたします。 ○議長(高橋淑郎君) お諮りいたします。それぞれの委員長から、現在、委員会において審査中の事件について、会議規則第102条の規定により閉会中の継続審査の申し出があります。その件名はお手元に配付いたしております一覧表のとおりであります。  それぞれの委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(高橋淑郎君) 御異議なしと認めます。よって、それぞれの委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。 ○議長(高橋淑郎君) 以上で、本定例会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。  これをもちまして、平成21年第2回花巻市議会定例会を閉会いたします。  大変御苦労さまでございました。      午前11時14分 閉会 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。  花巻市議会議長   高橋淑郎  花巻市議会副議長  高橋好尚  花巻市議会議員   小田島邦弘  花巻市議会議員   櫻井 肇  花巻市議会議員   阿部一男...