花巻市議会 > 2009-03-16 >
花巻市議会 会議録 平成21年  3月 定例会(第1回)-03月16日−資料
花巻市議会 会議録 平成21年  3月 定例会(第1回)-03月16日−06号

ツイート シェア
  1. 花巻市議会 2009-03-16
    花巻市議会 会議録 平成21年  3月 定例会(第1回)-03月16日−資料


    取得元: 花巻市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-07
    平成21年  3月 定例会(第1回) − 03月16日−資料 平成21年  3月 定例会(第1回) − 03月16日−資料 平成21年  3月 定例会(第1回) 意見書案第1号    「協同労働の協同組合法(仮称)」の速やかな制定を求める意見書の提出について  上記の議案を別紙のとおり花巻市議会会議規則第13条第2項の規定により提出する。   平成21年3月9日  花巻市議会議長 高橋淑郎様            提出者  花巻市議会産業建設常任委員会                  委員長 藤原米光    「協同労働の協同組合法(仮称)」の速やかな制定を求める意見書の提出について(案)  現在の日本社会における急速な社会経済環境の変化は、地域間格差の拡大と地域経済の悪化をもたらすとともに、労働環境にも大きな変化をもたらしています。  働く機会が得られないことで、「ワーキングプア」「ネットカフェ難民」「偽装請負」など、新たな貧困と労働の商品化が広がっています。また、障がいを抱える人々や社会とのつながりがつくれない若者など、働きたくても働けない人々の増大は、日本全体を覆う共通した地域課題となっております。  一方、NPOや協同組合、ボランティア団体などさまざまな非営利団体は、地域の課題を地域住民みずから解決することを目指し事業を展開しています。この一つである「協同労働の協同組合」は、働くことを通じて、人と人のつながりを取り戻し、コミュニティの再生を目指す活動を続けており、上記の社会問題解決の手段の一つとして、注目を集めております。  しかし、現在この「協同労働の協同組合」には法的根拠がないため、社会的理解が不十分であり、団体として入札・契約ができない、社会保障の負担が働く個人にかかるなどの問題があります。  既に欧米では、労働者協同組合(ワーカーズコープ、ワーカーズコレクティブ)についての法制度が整備されています。日本でも「協同労働の協同組合」の法制度を求める取り組みが広がり、国会でも超党派の議員連盟が発足するなど法制化の検討が始まりました。  雇用・労働の問題と地域活性化の問題は不離一体です。だれもが「希望と誇りを持って働く」、仕事を通じて「安心と豊かさを実感できるコミュニティをつくる」、「人とのつながりや社会とのつながりを感じる」、こうした働き方を目指す協同労働の協同組合は、市民事業による市民主体のまちづくりを創造するものであり、働くこと・生きることに困難を抱える人々自身が、社会連帯の中で仕事をおこし、社会に参加する道を開くものであります。  国においても、社会の実情を踏まえ、課題解決の有力な制度として、「協同労働の協同組合法(仮称)」を速やかに制定するよう求めます。
     以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。   平成21年3月  日 提出先  衆議院議長  参議院議長  内閣総理大臣  総務大臣  厚生労働大臣  経済産業大臣                     花巻市議会議長 高橋淑郎 発議案第1号    花巻市議会委員会条例の一部を改正する条例  上記の議案を別紙のとおり地方自治法第112条及び花巻市議会会議規則第13条第2項の規定により提出する。   平成21年3月5日  花巻市議会議長 高橋淑郎様            提出者  花巻市議会議会運営委員会                 委員長 川村伸浩 別紙    花巻市議会委員会条例の一部を改正する条例  花巻市議会委員会条例(平成18年花巻市条例第273号)の一部を次のように改正する。  第2条の表総務常任委員会の項中「総務企画部、財務部、地域振興部、市民生活部、総合防災部」を「総務部、政策推進部、まちづくり部(地域づくり課及び振興センターに関する事項)、生活福祉部(生活環境課、市民登録課及び清掃センターに関する事項)」に改め、同表文教常任委員会の項中「教育委員会」を「まちづくり部(スポーツ振興課に関する事項)及び教育委員会」に改め、同表福祉常任委員会の項中「保健福祉部」を「生活福祉部(地域福祉課及び長寿福祉課に関する事項)及び健康こども部」に改める。    附則  この条例は、平成21年4月1日から施行する。 提案理由  花巻市部設置条例の一部改正に伴い、所要の改正を行おうとするものである。        平成21年              花巻市議会定例会請願陳情文書表        第1回                        (平成21年2月27日) 受付番号第1号 請願受理年月日平成21年2月18日件名「協同労働の協同組合法(仮称)」の速やかな制定を求めることについて提出者盛岡市本宮上越場37−2  日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会センター事業団盛岡中央事業所  所長 舩越 謙紹介議員高橋久順君 大原 健君要旨請願理由  私たちは、働く者・市民が協同で出資し、経営し、働く「協同労働」を旨とした新たな協同組合法の制定を求めて、活動を進めております。  今の法制度では、「労働者」は雇われて働くことを前提にした「雇用労働」しか想定されていません。「協同組合の協同組合法」は、人々が協同し、社会的に意味のあることに責任を持って行うことを法制化しようとするものです。  時代の変化の中で、地域社会と労働環境の厳しさは増すばかりですが、この「法律」は地域の市民による地域振興、就労創出を推進するものとして、各方面から期待が寄せられております。特に、既に特定非営利活動法人(NPO法人)や株式会社、企業組合などの法人格を利用して事業を営んでいる方々からは大きな期待を持たれています。  既に、G7各国では、「社会的協同組合法」(イタリア)、「生産労働者協同組合法」(フランス)等、以前から同様の法制度が整備され、その有効性が証明されております。  国会では、「協同出資・協同経営で働く協同組合法を考える議員連盟」(会長 坂口 力衆議院議員)も設立され、150名の超党派の議員の方々によって法制化に向けて活動されています。  岩手県、秋田県、福島県、札幌市など全国240を超える地方議会でも、この法の速やかな制定を求める「意見書」が採択されています。  貴議会におきましても、法制定を後押しする意見書を国に提出していただきますよう請願いたします。付託委員会産業建設常任委員会審査結果  派遣第1号    議員の派遣について  地方自治法第100条第13項及び花巻市議会会議規則第151条の規定により議員を派遣する。   平成21年3月16日提出                     花巻市議会議長 高橋淑郎  1 派遣目的 平成21年度岩手県市議会議長会定期総会  2 派遣場所 八幡平市  3 派遣期間 平成21年4月9日から4月10日まで(2日間)  4 派遣議員 高橋好尚議員 派遣第2号    議員の派遣について  地方自治法第100条第13項及び花巻市議会会議規則第151条の規定により議員を派遣する。   平成21年3月16日提出                     花巻市議会議長 高橋淑郎  1 派遣目的 第61回東北市議会議長会定期総会  2 派遣場所 盛岡市  3 派遣期間 平成21年4月16日から4月17日まで(2日間)  4 派遣議員 高橋好尚議員    平成21年第1回定例会各委員会閉会中継続審査・調査の申出一覧表  ◯花巻空港対策特別委員会 花巻空港対策  ◯悪臭公害対策特別委員会 悪臭公害対策  ◯はなまき市議会だより編集委員会 議会広報紙の編集及び議会ホームページの管理運営...