花巻市議会 > 2008-07-18 >
花巻市議会 会議録 平成20年  7月 臨時会(第2回)-07月18日−01号

ツイート シェア
  1. 花巻市議会 2008-07-18
    花巻市議会 会議録 平成20年  7月 臨時会(第2回)-07月18日−01号


    取得元: 花巻市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-07
    平成20年  7月 臨時会(第2回) − 07月18日−01号 平成20年  7月 臨時会(第2回) − 07月18日−01号 平成20年  7月 臨時会(第2回) 平成20年7月18日(金) 議事日程第1号 平成20年7月18日(金)午前10時開議  第1 会議録署名議員の指名  第2 会期の決定  第3 議案第78号 市道晴山梁川線上瀬橋橋梁架替(上部工)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて  第4 議案第79号 石鳥谷中学校校舎棟改築(建築)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて  第5 議案第80号 石鳥谷中学校校舎棟改築(電気設備)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて  第6 報告第19号 公用車の接触事故に係る損害賠償事件に関する専決処分の報告について 本日の会議に付した事件  日程第1 会議録署名議員の指名  日程第2 会期の決定  日程第3 議案第78号 市道晴山梁川線上瀬橋橋梁架替(上部工)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて  日程第4 議案第79号 石鳥谷中学校校舎棟改築(建築)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて  日程第5 議案第80号 石鳥谷中学校校舎棟改築(電気設備)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて  日程第6 報告第19号 公用車の接触事故に係る損害賠償事件に関する専決処分の報告について 出席議員(34名)
       1番  藤井幸介君      2番  若柳良明君    3番  高橋久順君      4番  藤原晶幸君    5番  平賀 守君      6番  藤原米光君    7番  松田 昇君      8番  小原雅道君    9番  小原茂明君     10番  大原 健君   11番  鎌田幸也君     12番  本舘憲一君   13番  照井明子君     14番  藤井英子君   15番  高橋好尚君     16番  川村伸浩君   17番  伊藤英一君     18番  佐藤忠男君   19番  高橋 浩君     20番  和田幹男君   21番  近村晴男君     22番  山本純雄君   23番  名須川 晋君    24番  小田島邦弘君   25番  櫻井 肇君     26番  阿部一男君   27番  中村初彦君     28番  鎌田政子君   29番  山影義一君     30番  齋藤政人君   31番  中村勝吉君     32番  永井千一君   33番  高橋淑郎君     34番  新田盛夫君 欠席議員   なし 説明のため出席した者  市長        大石満雄君   副市長       佐々木 稔君  副市長       高橋公男君   教育委員会委員長  高橋 豊君  教育長       及川宣夫君   監査委員      高橋 勲君  総務企画部長    伊藤隆規君   財務部長      亀澤 健君  地域振興部長    大山拡詞君   市民生活部長    菊池保守君  保健福祉部長    藤井廣志君   商工観光部長    中島健次君  農林水産部長    戸來喜美雄君  建設部長      照井健介君  総合防災部長    平賀敏夫君   大迫総合支所長   熊谷仁見君  石鳥谷総合支所長  似内英悦君   東和総合支所長   佐々木 昭君  教育委員会教育部長 佐藤 格君   水道事業所長(上下水道部長併任)                              高橋通義君  総務課長      本舘康司君   財政課長      神山芳武君 職務のため議場に出席した事務局職員  事務局長      小原康則    副参事兼事務局次長 菅原康之  主査(議事担当)   佐藤多恵子   主査(調査担当)   阿部 靖      午前10時00分 開議 ○議長(佐藤忠男君) おはようございます。  ただいまから平成20年第2回花巻市議会臨時会を開会いたします。  直ちに本日の会議を開きます。 ○議長(佐藤忠男君) 議事日程に入るに先立ち、諸般の報告をいたします。  最初に、議長から報告いたします。  本臨時会に出席を求めた方は、市長、教育委員会委員長、監査委員であります。  次に、本臨時会の付議事件は、別紙のとおりお手元に配付いたしておりますので、これにより御了承願います。  そのほかにつきましては、事務局長に報告いたさせます。  小原事務局長。 ◎事務局長(小原康則君) 御報告いたします。  監査委員から現金出納検査結果についての報告が参っております。現金出納検査は、平成20年5月分であります。  検査の結果は、出納計算書及び関係諸帳簿と指定金融機関提出の歳入歳出月計対照表及び末日現金出納日計表を照合した結果、会計、歳入歳出外現金並びに基金とも計数上の誤りは認められなかったというものであります。 ○議長(佐藤忠男君) 以上で諸般の報告を終わります。  これより本日の議事日程に入ります。  本日の会議は議事日程第1号をもって進めます。 ○議長(佐藤忠男君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において5番平賀守君、6番藤原米光君、7番松田昇君を指名いたします。 ○議長(佐藤忠男君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。  お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日1日と決しました。 ○議長(佐藤忠男君) お諮りいたします。本日審議予定となっております日程第3、議案第78号市道晴山梁川線上瀬橋橋梁架替(上部工)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてから、日程第5、議案第80号石鳥谷中学校校舎棟改築(電気設備)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてまで及び日程第6、報告第19号公用車の接触事故に係る損害賠償事件に関する専決処分の報告についてまでの4件は、会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略し、直ちに審議いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) 御異議なしと認めます。よって、議案第78号から議案第80号まで及び報告第19号の4件については、委員会付託を省略し、直ちに審議することに決しました。 ○議長(佐藤忠男君) 日程第3、議案第78号市道晴山梁川線上瀬橋橋梁架替(上部工)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてを議題といたします。  提出者から説明を求めます。  伊藤総務企画部長。 ◎総務企画部長(伊藤隆規君) 議案第78号市道晴山梁川線上瀬橋橋梁架替(上部工)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてを御説明申し上げます。  本議案は、市道晴山梁川線上瀬橋橋梁架替(上部工)工事の請負契約の締結に関しまして、地方自治法第96条第1項第5号及び花巻市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例の規定により、議会の議決を求めるものであります。  議案の内容につきまして御説明申し上げます。  お手元に配付いたしております議案第78号資料もあわせてごらんくださるようお願いいたします。  契約の内容でありますが、工事名は「市道晴山梁川線上瀬橋橋梁架替(上部工)工事」であります。契約の方法は指名競争入札でありまして、契約金額は3億7,275万円であります。契約の相手方は、昭和コンクリート工業株式会社盛岡営業所であります。  本工事につきましては、市営建設工事入札参加資格業者8社を指名いたしまして、7月4日に入札を行い、7月9日に仮契約を締結いたしたものであります。  工事の概要について御説明申し上げます。  施工箇所であります上瀬橋は、市内東和町東晴山地内、資料その1の赤丸で表示した箇所であります。  同橋は、平成18年度から工事着手し、下部工橋台2基、橋脚3基を設置しているところであります。  資料その2、橋梁一般図をごらんいただきたいと存じます。  今回の工事につきましては、上部工として、桁製作、桁架設及び橋梁付属物を設置するものであります。  完成期限は平成21年3月16日であります。  以上で説明を終わりますが、よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願いを申し上げます。 ○議長(佐藤忠男君) これより質疑に入ります。質疑の方ありませんか。  櫻井肇君。 ◆25番(櫻井肇君) 2点お伺いしたいのですが、まず第1点は、6月定例会におきまして、ゴムの支承48個の単価を取り間違えたというお話でありました。これは設計委託の事業費のところで誤りがあったという当時のご説明でありましたが、その後判明したことがありますでしょうか。お聞かせください。  それからもう1点は、上瀬橋の工事に限ったことではありませんが、全体の建設工事それから物品の購入もそうでありますが、原油の高騰に端を発した諸物価の値上がりによって、相当市の財政にも思わぬ影響があるのではないかと推察されるわけですが、ちなみに性質別予算では投資的経費で60億円、物件費で50億円ぐらいになっているわけなのですが、こういう諸物価高騰という状況の中で、予算どおり執行できるのかどうか、大変危惧しておりますけれども、その点の見通し、この2点についてお伺いいたします。 ○議長(佐藤忠男君) 亀澤財務部長。 ◎財務部長(亀澤健君) 私から、2点目の原油高騰によります本年度の予算の執行に関係する影響についてお答えいたしますが、まさに御承知のとおり、原油高が一向にとまらないという状況にありまして、例えばガソリンにつきましては、このところ毎月のように単価契約を変更しているという状況であります。さらにはその関係もありまして、消耗品等につきましてもかなりの影響が出て来ておりまして、中には変更契約を余儀なくしているものもございます。影響があるかないかといいますと、かなりの影響があると承知しておりますが、いずれ今後の状況等も踏まえながら、必要であるものについてはそれなりの予算の対応をしていかなければならないだろうと考えております。  以上であります。 ○議長(佐藤忠男君) 照井建設部長。 ◎建設部長(照井健介君) 1点目の前回お答えしたゴム支承の積算の関係で、その後判明したことがあるかというお尋ねでございますけれども、その後は変わりございません。 ○議長(佐藤忠男君) 櫻井肇君。 ◆25番(櫻井肇君) そうしますとやっぱり主たる要因は設計業者の間違いということになるかと思いますが、こういう単純なと言いますか、それだけで1億3,000万円違ったわけなのですが、こういう単純なミスをするという業者は、果たして、とても危なくて頼めないのではないかと思っているのですが、どのようにされるお考えなのかお聞きしたいということと、それから原油高騰の問題でありますが、6月定例会でも上瀬橋に絡んで非常に物価が高騰していると、材料費も高騰しているというお話がございました。そのとおりだと思います。そこで今のお話を聞きますと、例えば事業を圧縮したりあるいは年度を繰り延べるなどというようなことが出てくるのかどうか、現段階での見通しで結構ですのでお示しください。 ○議長(佐藤忠男君) 照井建設部長。 ◎建設部長(照井健介君) 設計業者の関係について、お答えいたします。  要因としては、前回も説明したとおり、業者にも落ち度はあったと考えておりまして、6月10日付で文書で厳重注意いたしました。それから指名を見合わせるという通知をしてございます。あとは業務改善計画書の提出を求めているところであります。 ○議長(佐藤忠男君) 亀澤財務部長。 ◎財務部長(亀澤健君) 本年度事業について、繰り延べるあるいは縮小するということはないのかという御質問についてお答えしたいと思います。  現段階では、先ほど申しましたとおり、原油高騰の影響はかなり出てきているだろうと予想しておりますが、できるだけ繰り延べとか縮小しないように努めてまいりたいと存じます。 ○議長(佐藤忠男君) ほかに質疑の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) なしと認め、質疑を終結いたします。 ○議長(佐藤忠男君) これより討論に入ります。討論の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) なしと認め、討論を終結いたします。 ○議長(佐藤忠男君) これより採決いたします。
     議案第78号市道晴山梁川線上瀬橋橋梁架替(上部工)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてを原案のとおり決することに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) 御異議なしと認めます。よって、議案第78号は原案のとおり可決されました。 ○議長(佐藤忠男君) 日程第4、議案第79号石鳥谷中学校校舎棟改築(建築)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてを議題といたします。  提出者から説明を求めます。  伊藤総務企画部長。 ◎総務企画部長(伊藤隆規君) 議案第79号石鳥谷中学校校舎棟改築(建築)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてを御説明申し上げます。  本議案は、石鳥谷中学校校舎棟改築(建築)工事に係る請負契約の締結につきまして、地方自治法第96条第1項第5号及び花巻市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めようとするものであります。  議案の内容につきまして御説明申し上げます。  お手元に配付いたしております議案第79号資料もあわせてごらんくださるようお願いいたします。  契約の内容でありますが、工事名は「石鳥谷中学校校舎棟改築(建築)工事」であります。契約の方法は指名競争入札であり、契約金額は10億800万円であります。契約の相手方は、株式会社照甲組・株式会社佐賀建設特定建設工事共同企業体であります。  本工事につきましては、市営建設工事入札参加資格業者18社を仮指名した後、共同企業体の申請を受け付け、9共同企業体を本指名いたしまして、去る7月8日に入札を行い、同日、仮契約を締結したものであります。  工事の概要について御説明いたします。  建設場所は、資料その1にありますとおり平成18年度に取得した用地を含めた既存校舎の北側部分であります。  施設の概要でありますが、資料その2及び資料その3の平面図及び立面図をごらんいただきたいと存じます。  建設する建物は、鉄筋コンクリート造3階建、延べ床面積が6,368平方メートルであります。  内部の配置計画でありますが、正面には生徒用の昇降口を設けますほか、1階には職員室、校長室、普通教室、保健室などを設けますとともに、集会・学習発表の場として活用できる多目的スペース、一般開放を視野に入れました図書室、集会室などを配置しております。2階には普通教室のほかに、少人数教育に対応した教室、技術室2室、美術室など特別教室を配置しますとともに、1階と同様に多目的スペースを設けております。3階には普通教室のほか、理科室2室、音楽室、コンピューター室、家庭科室2室など特別教室を設けております。  全体的に建設費、維持管理費の低減に配慮した計画となっております。  完成期限は、平成21年12月21日であります。  以上で説明を終わりますが、よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(佐藤忠男君) これより質疑に入ります。質疑の方ありませんか。  櫻井肇君。 ◆25番(櫻井肇君) 言わずもがなのことでありますが、どうしてもやはり1点、要望を含めてお聞きしたいのは、工事期間中の生徒の、特に登下校時の安全対策であります。御存じのとおり、当地の工事現場は取り付け道路がありません。それで生徒たちが登下校する際に通る道と、ダンプ・トラック等業者の車も出入りする道とが同じなわけでありまして、生徒の安全の確保について、しっかりとしていただきたいと思っているものですから、この機会にお聞きしたいと存じます。 ○議長(佐藤忠男君) 佐藤教育部長。 ◎教育委員会教育部長(佐藤格君) 工事期間中の生徒の安全につきまして御質問がありましたが、御指摘のとおり工事車両の出入り、それから生徒の通学路が重なっておりますので、生徒の通学に対しましては十分な配慮をしながら工事を進めてまいりますので、よろしく御理解願いたいと思います。 ○議長(佐藤忠男君) ほかに質疑の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) なしと認め、質疑を終結いたします。 ○議長(佐藤忠男君) これより討論に入ります。討論の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) なしと認め、討論を終結いたします。 ○議長(佐藤忠男君) これより採決いたします。  議案第79号石鳥谷中学校校舎棟改築(建築)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてを原案のとおり決することに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) 御異議なしと認めます。よって、議案第79号は原案のとおり可決されました。 ○議長(佐藤忠男君) 日程第5、議案第80号石鳥谷中学校校舎棟改築(電気設備)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてを議題といたします。  提出者から説明を求めます。  伊藤総務企画部長。 ◎総務企画部長(伊藤隆規君) 議案第80号石鳥谷中学校校舎棟改築(電気設備)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてを御説明申し上げます。  本議案は、石鳥谷中学校校舎棟改築(電気設備)工事に係る請負契約の締結につきまして、地方自治法第96条第1項第5号及び花巻市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めようとするものであります。  議案の内容につきまして御説明申し上げます。  契約の内容でありますが、工事名は「石鳥谷中学校校舎棟改築(電気設備)工事」であります。契約の方法は指名競争入札であり、契約金額は1億7,976万円であります。  契約の相手方は、日興電気株式会社・新高電気株式会社特定建設工事共同企業体であります。  本工事につきましては、市営建設工事入札参加資格業者8社を仮指名した後、共同企業体の申請を受け付け、3共同企業体を本指名いたしまして、去る7月8日に入札を行い、同日、仮契約を締結したものであります。  工事の概要につきまして御説明申し上げます。  外部の主な設備につきましては、既設キュービクルから校舎棟に電源を引き込みます配管・配線設備、学校・生徒の安全対策のための監視カメラ装置などを設置しております。  内部の主な設備でありますが、各種電気設備に通じます配管・配線設備、各室の照明のための分電盤、照明器具、自動火災報知設備、高度情報化に対応した校内LAN設備、校内放送のための拡声設備、電話交換設備、機械警備用の配管設備などを設けております。  完成期限は、平成21年12月21日であります。  以上で説明を終わりますが、よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(佐藤忠男君) これより質疑に入ります。質疑の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) なしと認め、質疑を終結いたします。 ○議長(佐藤忠男君) これより討論に入ります。討論の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) なしと認め、討論を終結いたします。 ○議長(佐藤忠男君) これより採決いたします。  議案第80号石鳥谷中学校校舎棟改築(電気設備)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてを原案のとおり決することに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) 御異議なしと認めます。よって、議案第80号は原案のとおり可決されました。 ○議長(佐藤忠男君) 日程第6、報告第19号公用車の接触事故に係る損害賠償事件に関する専決処分の報告についてを議題といたします。  提出者から説明を求めます。  伊藤総務企画部長。 ◎総務企画部長(伊藤隆規君) 報告第19号公用車の接触事故に係る損害賠償事件に関する専決処分の報告についてを御報告申し上げます。  本報告は、公用車の事故に係る損害賠償事件に関する専決処分の報告でありまして、その損害賠償額の決定及び和解について、地方自治法第180条第1項の規定に基づき専決処分をいたしましたので、同法第2項の規定により、これを御報告するものであります。  事故の状況でありますが、平成20年5月15日午前11時55分頃、日居城野運動公園第4駐車場において、本市非常勤職員が公用車を後進して方向転換しようとしたところ、ブレーキ操作の誤りにより、後方に駐車していた車両に接触し、この接触により相手方車両の左前方バンパー及びウインカーを破損させたものであります。  被害者の方に対しましては、深くお詫びを申し上げる次第であります。  職員の公用車に関係します事故は、後を絶たない状況で苦慮しているところでありますが、繰り返し安全運転の徹底に努めますとともに、全職員が自身のこととしてとらえ、受け止めてもらうよう指導をしてまいりたいと存じます。  以上、御報告申し上げます。 ○議長(佐藤忠男君) これより質疑に入ります。質疑の方ありませんか。  櫻井肇君。 ◆25番(櫻井肇君) 損害賠償額が24万円ほどになっておりますが、ちなみに事故の過失割合はどのようになっているのでしょうか。  それから、新しい議会が始まってからしばらくになるわけですが、毎回欠かせないのが2つあります。1つは定例会が始まる前にちょこちょこっと来て、「間違えました」と言って資料を直していくのが毎回のようにあります。それからもう1つは、議会のたびに事故の報告があるということで、この2つが年中行事になっているわけですが、どこか、たがが緩んでいるのではないかという気がしてならないのです。これはやっぱり市民に、あるいは市外の方にもですが、迷惑をかけていることでありまして、この件ではないのですが、これまでの事故の関連で、特定の職員が何回か接触事故を起こすというようなことは、よもやないとは思いますが、そういうことはあるのでしょうか。 ○議長(佐藤忠男君) 伊藤総務企画部長。 ◎総務企画部長(伊藤隆規君) お答えいたします。  まず事故の過失割合ですが、当方が100%の責任ということでございまして、大変申し訳ない事態でございます。  それから御指摘の、毎回の議会関係資料の訂正でありますとか、公用車の事故が度重なる状況に対しましては、全く説明もできないような状況であります。これにつきましては、資料の訂正等は一切ないように、公用車の事故につきましてはゼロが望ましいわけでありますけれども、今後は事故を起こさないような努力を続けさせていただきたいと存じております。合併以来、公用車の事故に係る損害賠償事件に関する専決処分の報告は平成18年度には10件、昨年平成19年度は6件でありまして、大変申し訳ないのですが、今年度平成20年度に入ってただいま2件で、今年度の分は本日専決処分を御報告させていただいたのが1件、まだ未決の分が1件あるという状況であります。非常に責任を感じでおりますけれども、御指摘の点については、各職員に十分反省してもらいながら事務執行あるいは事故防止に対処していくように強く求めてまいりたいと思いますので、どうか御容赦賜りたいと存じます。 ○議長(佐藤忠男君) 櫻井肇君。 ◆25番(櫻井肇君) 新市発足以来、合計18件事故があると、それからまだ出てくるわけですね。私がお聞きしたのは、このくらいの事故がありますと、運転技術の個人差はそれぞれあるとは思いますが、事故を起こす人は起こすのです。これはやっぱり職員ではなくても。私にはこの10何件が膨大な数だと思えてしようがないのですが、特定の人が何回も事故を起こすようなことはないのですか。このことだけ最後にお聞きします。 ○議長(佐藤忠男君) 伊藤総務企画部長。 ◎総務企画部長(伊藤隆規君) 公用車の事故だけを見ますと、だぶるということはありませんが、実はこれにはいわゆる勤務以外、公用車ではなく自家用車と申しますか、個人の車の事故も当然、私の方ではいろいろ報告をもらいますので、そういう部分では複数重なる、あるいは場合によっては、交通違反と申しますか、スピード違反であったり一時不停止であったり、そういうふうな部分では若干複数重なる職員も散見されております。公用車の分では、特定の職員が何回も事故を起こすということはございません。 ○議長(佐藤忠男君) ほかに質疑の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) なしと認め、質疑を終結いたします。  以上で報告第19号を終わります。 ○議長(佐藤忠男君) 以上で本臨時会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。  これをもちまして、平成20年第2回花巻市議会臨時会を閉会いたします。  御苦労さまでした。      午前10時32分 閉会 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。  花巻市議会議長   佐藤忠男  花巻市議会副議長  新田盛夫  花巻市議会議員   平賀 守  花巻市議会議員   藤原米光  花巻市議会議員   松田 昇...