花巻市議会 > 2007-11-12 >
花巻市議会 会議録 平成19年 11月 臨時会(第2回)-11月12日−01号

ツイート シェア
  1. 花巻市議会 2007-11-12
    花巻市議会 会議録 平成19年 11月 臨時会(第2回)-11月12日−01号


    取得元: 花巻市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-07
    平成19年 11月 臨時会(第2回) - 11月12日-01号 平成19年 11月 臨時会(第2回) - 11月12日-01号 平成19年 11月 臨時会(第2回) 平成19年11月12日(月) 議事日程第1号 平成19年11月12日(月) 午前10時開議  第1 会議録署名議員の指名  第2 会期の決定  第3 議案第114号 平成19年度花巻市一般会計補正予算(第3号)の専決処分に関し承認を求めることについて  第4 議案第115号 平成19年度花巻市一般会計補正予算(第4号)  第5 議案第116号 市道晴山梁川線上瀬橋橋梁架替(下部工第Ⅱ期)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて  第6 報告第22号 倒木事故に係る損害賠償事件に関する専決処分の報告について 本日の会議に付した事件  日程第1 会議録署名議員の指名  日程第2 会期の決定  日程第3 議案第114号 平成19年度花巻市一般会計補正予算(第3号)の専決処分に関し承認を求めることについて  日程第4 議案第115号 平成19年度花巻市一般会計補正予算(第4号)  日程第5 議案第116号 市道晴山梁川線上瀬橋橋梁架替(下部工第Ⅱ期)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて  日程第6 報告第22号 倒木事故に係る損害賠償事件に関する専決処分の報告について 出席議員(32名)
       2番  若柳良明君      3番  高橋久順君    4番  藤原晶幸君      5番  平賀 守君    6番  藤原米光君      7番  松田 昇君    8番  小原雅道君      9番  小原茂明君   10番  大原 健君     11番  鎌田幸也君   12番  本舘憲一君     13番  照井明子君   14番  藤井英子君     15番  高橋好尚君   16番  川村伸浩君     17番  伊藤英一君   18番  佐藤忠男君     19番  高橋 浩君   20番  和田幹男君     21番  近村晴男君   22番  山本純雄君     23番  名須川 晋君   24番  小田島邦弘君    25番  櫻井 肇君   26番  阿部一男君     27番  中村初彦君   29番  山影義一君     30番  齋藤政人君   31番  中村勝吉君     32番  永井千一君   33番  高橋淑郎君     34番  新田盛夫君 欠席議員(2名)    1番  藤井幸介君     28番  鎌田政子君 説明のため出席した者  市長     大石満雄君   副市長    佐々木 稔君                 教育委員会  副市長    高橋公男君   委員長    畠山尚巳君                 職務代理者                 選挙管理委  教育長    及川宣夫君          奥山 隆君                 員会委員長  農業委員会         高橋善悦君   監査委員   高橋 勲君  会長  総務企画         伊藤隆規君   財務部長   大山拡詞君  部長  地域振興           生活環境         村井研二君          伊藤春男君  部長             部長  保健福祉         照井健介君   産業部長   中島健次君  部長                 上下水道  建設部長   伊藤繁弘君          平藤高雄君                 部長  総合防災           石鳥谷         平賀敏夫君          似内英悦君  部長             総合支所長  東和             教育委員会         平野信孝君          高橋通義君  総合支所長          教育部長  総務課長   戸來喜美雄君  財政課長   神山芳武君  大迫総合支  所次長兼地  佐藤 格君  域振興課長 職務のため議場に出席した事務局職員                 次長  事務局長   小原康則           出茂 寛                 (調査担当)  主査         佐藤多恵子   上席主任   久保田謙一  (議事担当)             午前10時00分 開議 ○議長(佐藤忠男君) おはようございます。  ただいまから平成19年第2回花巻市議会臨時会を開会いたします。  直ちに本日の会議を開きます。 ○議長(佐藤忠男君) 議事日程に入るに先立ち、諸般の報告をいたします。  最初に、議長から報告いたします。  本臨時会に出席を求めた方は、市長、教育委員会委員長、選挙管理委員会委員長、農業委員会会長、監査委員であります。  次に、本臨時会の付議事件は、別紙のとおりお手元に配付いたしておりますので、これにより御了承願います。  次に、議員の派遣に関する報告でありますが、派遣第3号から派遣第6号に基づいて実施した議員の派遣については、お手元に配付しております議員派遣に関する報告についてのとおりでありますので、これにより御了承願います。  そのほかにつきましては、事務局長に報告いたさせます。  小原事務局長。 ◎事務局長(小原康則君) 御報告いたします。  監査委員から現金出納検査結果についての報告が参っております。  現金出納検査は、平成19年8月分及び9月分であります。検査の結果は、出納計算書及び関係諸帳簿と指定金融機関提出の歳入歳出月計対照表及び末日現金出納日計表を照合した結果、各会計、歳入歳出外現金並びに各基金とも計数上の誤りは認められなかったというものであります。 ○議長(佐藤忠男君) 以上で諸般の報告を終わります。  これより本日の議事日程に入ります。  本日の会議は議事日程第1号をもって進めます。 ○議長(佐藤忠男君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において23番名須川晋君、24番小田島邦弘君、25番櫻井肇君を指名いたします。 ○議長(佐藤忠男君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。  お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日1日と決しました。 ○議長(佐藤忠男君) お諮りいたします。本日審議予定となっております日程第3、議案第114号平成19年度花巻市一般会計補正予算(第3号)の専決処分に関し承認を求めることについてから日程第6、報告第22号倒木事故に係る損害賠償事件に関する専決処分の報告についてまでの4件については、会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略し、直ちに審議いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) 御異議なしと認めます。よって、議案第114号から報告第22号までの4件については、委員会付託を省略し、直ちに審議することに決しました。 ○議長(佐藤忠男君) 日程第3、議案第114号平成19年度花巻市一般会計補正予算(第3号)の専決処分に関し承認を求めることについてを議題といたします。  提出者から説明を求めます。  大山財務部長。 ◎財務部長(大山拡詞君) 議案第114号平成19年度花巻市一般会計補正予算(第3号)の専決処分に関し承認を求めることについてを御説明申し上げます。  本補正予算につきましては、地方自治法第179条第1項の規定により、本年10月5日に専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定によりこれを報告し、本議会において承認を求めるものであります。  本補正予算は、去る8月22日の大雨、9月10日の台風9号及び9月17日の豪雨、洪水により発生した災害について、緊急に対応すべき経費や国庫補助災害査定のための設計費等、災害復旧に係る所要経費を計上したものであります。その結果、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ1億6,484万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ454億6,369万円としたものであります。  以下、歳入歳出予算の補正につきましては事項別明細書により御説明申し上げます。  9ページをお開き願います。  2歳入であります。  14款国庫支出金、1項国庫負担金、3目災害復旧費国庫負担金、1節現年災害復旧200万円は、8月22日の大雨により発生した公共土木施設災害復旧費に対する国庫負担金であります。  15款県支出金、1項県負担金、1目民生費県負担金、11節災害弔慰金187万5,000円は、災害弔慰金に対する県補助金であります。  18款繰入金、1項繰入金、1目繰入金、1節財政調整基金繰入金1億3,054万3,000円は、災害対応経費に充当するため繰り入れするものでございます。  20款諸収入、5項雑入、4目雑入、1節災害保険填補金1,223万円は、収入見込み増によるものであります。  11ページをお開き願います。  21款市債、1項市債、9目災害復旧債、1節現年土木災害1,130万円は、公共土木施設の災害復旧工事費に係る市債を計上したものであります。  2節現年公用災害690万円は、本庁舎地下駐車場等の法面復旧工事費に係る市債を計上したものでございます。
     次に、13ページをお開き願います。  3歳出であります。  3款民生費、4項災害救助費、1目災害救助費295万円は、災害により亡くなられた方の遺族に対する弔慰金並びに床上浸水等の被災者に対する見舞金であります。  9款消防費、1項消防費、6目災害対策費980万6,000円は、災害対策事業費であります。  11款災害復旧費、1項農林施設災害復旧費、1目現年災害復旧費3,960万円は、農林施設の国庫補助災害申請に係る測量業務委託などの経費でございます。  15ページをお開き願います。  2項公共土木施設災害復旧費、1目現年災害復旧費9,296万円は、土木施設の国庫補助災害申請に係る測量業務委託や単独災害復旧工事に係る経費でございます。  3項公用施設災害復旧費、1目公用施設災害復旧費1,953万2,000円は、9月10日の落雷に伴う清掃センターの復旧費を計上したほか、本庁舎地下駐車場等の法面崩壊に係る単独災害復旧工事費でございます。  次に、5ページにお戻り願います。  第2表地方債補正でありますが、追加でございます。歳入の21款市債で御説明いたしましたが、災害復旧事業費1,820万円を追加するものでございます。  以上で説明を終わりますが、よろしく御審議の上、御承認賜りますようよろしくお願い申し上げます。 ○議長(佐藤忠男君) これより質疑に入ります。質疑の方ありませんか。  櫻井肇君。 ◆25番(櫻井肇君) 25番、櫻井肇です。  お聞きする前にお願いということになりますか、農家の被害ですが、これは農業共済の対象にならないということで大変苦慮されているとお聞きします。特に麦作の場合には所得が大幅に減少するということもありまして、ぜひこの時点で税の減免はそのとおりなんですが、それ以外にもぜひできる限りの支援をお願いしたいと思います。  お聞きしたい点は、この災害復旧費です。人件費は別にして1億2,400万円ほどでありますが、全体として災害復旧に要する経費はどれくらいと見込んでおられるのかお聞きしたい。 ○議長(佐藤忠男君) 大山財務部長。 ◎財務部長(大山拡詞君) お答えいたします。  災害全体的な把握については、今後11月末から補助災害の査定が入ります。それが12月ごろまでの予定ですけれども、今現在把握している内容で御説明申し上げますと、9月17日の当日に運搬委託料とか、あるいは炊き出し経費等に要した費用が2,600万円ほどございます。これは予備費充用という形でさせていただきました。  それで、補助災害査定等に取り組むための経費、あるいは緊急を要した経費1億6,400万円について今回専決処分させていただいたと。  それから今申し上げましたように補助災害の査定が始まりますけれども、今現在財政課で原課ととらえている額が、大体3億七、八千万円ぐらいの予定になっています。ですからトータルで、予算的なベースでいきますと5億6,000万円か7,000万円ぐらいの額が、この災害経費として予算計上させていただくことになると考えてございます。 ○議長(佐藤忠男君) 櫻井肇君。 ◆25番(櫻井肇君) 災害復旧でありますから、これに関しての専決処分はやむなしと私は考えます。  それでもう1点お聞きしたいのは、国や県の支援はないものなのかと。台風に関してはさっき御説明のあったとおりなんですが、今度の豪雨に関して、この復旧に対して国・県の支援というのはどういうものだろうかお聞きしたい。 ○議長(佐藤忠男君) 大山財務部長。 ◎財務部長(大山拡詞君) お答えいたします。  国・県の支援ということになりますと、どうしてもこういう土木施設の国庫補助の取り組みとかでの支援、それから具体的にあとは今回計上していますけれども、県の場合は災害弔慰金という形の支援とかいろいろあるわけですけれども、今現在財政課で大きくとらえているのがまず補助災害を認定するためにそういう申請を行うと。それから特別交付税で申請するわけですけれども、ただこのとおり災害が大きく全国的にもあるということで、分捕り合戦ということになりますから、配分がどれぐらいになるかというのはわかりませんけれども、そういった交付税の申請をしていくということと、さらに国庫補助金の裏負担については起債を入れるわけですけれども、起債の場合、公共土木については補助災害、単独災害とも100%、ただ裏負担が交付税に算入されるのが補助災害の場合は95%、それから単独災害の場合には財政力指数によって違いますけれどもおおむね50%近い額が算入されてくるという状況での支援が見込まれているという内容でございます。 ○議長(佐藤忠男君) ほかに質疑の方ありませんか。  照井明子さん。 ◆13番(照井明子君) 13番、照井明子でございます。  消防費にかかっていたと思いますが、ポンプ車と消防車、かなり破損をしたと聞いております。その額についてまずお尋ねしたいと思います。 ○議長(佐藤忠男君) 平賀総合防災部長。 ◎総合防災部長(平賀敏夫君) お答えをいたします。  ポンプ車の不具合につきましては計6台ございまして21万円の経費がかかっております。  以上でございます。 ○議長(佐藤忠男君) 照井明子さん。 ◆13番(照井明子君) この経費についてですけれども、これは消防費の中で速やかに修理をするという方針でございましょうか、お尋ねします。 ○議長(佐藤忠男君) 平賀総合防災部長。 ◎総合防災部長(平賀敏夫君) お答えいたします。  これは、修理済みでございます。ただいま申し上げました6台のポンプ車の修理につきましては、既に修理を完了しているものでございます。  失礼いたしました。消防の予算の中で支出したものでございます。 ○議長(佐藤忠男君) ほかに質疑の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) なしと認め、質疑を終結いたします。 ○議長(佐藤忠男君) これより討論に入ります。討論の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) なしと認め、討論を終結いたします。 ○議長(佐藤忠男君) これより採決いたします。  議案第114号平成19年度花巻市一般会計補正予算(第3号)の専決処分に関し承認を求めることについてを原案のとおり承認することに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) 御異議なしと認めます。よって、議案第114号は原案のとおり承認されました。 ○議長(佐藤忠男君) 日程第4、議案第115号平成19年度花巻市一般会計補正予算(第4号)を議題といたします。  提出者から説明を求めます。  大山財務部長。 ◎財務部長(大山拡詞君) 議案第115号平成19年度花巻市一般会計補正予算(第4号)について御説明申し上げます。  本補正予算は繰越明許費を計上しようとするものであります。  2ページをお開き願います。  第1表繰越明許費、8款土木費、2項道路橋梁費、事業名、橋梁新設改良事業(晴山梁川線)、金額が3億3,390万円でございます。  本補正予算は、次に御説明申し上げますが、議案第116号市道晴山梁川線上瀬橋橋梁架替工事の請負契約に関連するものでございますが、かけかえに係る河川管理者との協議に時間を要し、年度内の完成が見込めないということから繰り越ししようとするものでございます。完成予定は平成20年7月ごろを見込んでございます。  以上で説明を終わりますが、よろしく御審議の上、御決定賜りますようよろしくお願い申し上げます。 ○議長(佐藤忠男君) これより質疑に入ります。質疑の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) なしと認め、質疑を終結いたします。 ○議長(佐藤忠男君) これより討論に入ります。討論の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) なしと認め、討論を終結いたします。 ○議長(佐藤忠男君) これより採決いたします。  議案第115号平成19年度花巻市一般会計補正予算(第4号)を原案のとおり決することに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) 御異議なしと認めます。よって、議案第115号は原案のとおり可決されました。 ○議長(佐藤忠男君) 日程第5、議案第116号市道晴山梁川線上瀬橋橋梁架替(下部工第Ⅱ期)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてを議題といたします。  提出者から説明を求めます。  伊藤総務企画部長。 ◎総務企画部長(伊藤隆規君) 議案第116号市道晴山梁川線上瀬橋橋梁架替(下部工第Ⅱ期)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてを御説明申し上げます。  本議案は、市道晴山梁川線上瀬橋橋梁架替(下部工第Ⅱ期)工事の請負契約の締結に関しまして地方自治法及び花巻市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の規定により議会の議決を求めるものであります。  議案の内容につきまして御説明申し上げます。お手元に配付いたしております議案第116号資料もあわせてごらんくださるようお願いいたします。  契約の内容でありますが、工事名は市道晴山梁川線上瀬橋橋梁架替(下部工第Ⅱ期)工事であります。契約の方法は指名競争入札であり、契約金額は3億3,390万円であります。契約の相手方は、浅与建設株式会社・菅原建設株式会社・株式会社大久保建設特定建設工事共同企業体、代表者、浅与建設株式会社であります。  本工事につきましては市営建設工事入札参加資格業者25社を仮指名した後、共同企業体の申請をいただき、10共同企業体を本指名いたしまして、本年10月31日に入札を行ったところであります。  工事の概要について御説明いたします。  施工箇所であります上瀬橋は、市内東和町東晴山地内、資料その1、赤丸で表示した箇所であります。当該橋梁は、昨年度から工事着手し、既に旧車道橋及び旧歩道橋撤去工、仮歩道橋設置工、橋脚2基を設置しているところであります。  資料その2、橋梁一般図をごらん願います。  今回の工事につきましては、下部工として橋台2基と橋脚1基をそれぞれ設置するものであります。  以上で説明を終わりますが、よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願いを申し上げます。 ○議長(佐藤忠男君) これより質疑に入ります。質疑の方ありませんか。  櫻井肇君。 ◆25番(櫻井肇君) 25番、櫻井肇です。  1点だけお聞きいたします。  先ほど繰越明許ということが出たわけなんですが、今年度、まだ4カ月あるのに随分早々と繰越明許ということになったと思ったんですが、それはともかくといたしまして、先ほど平成20年、来年の7月の完成という御答弁がございましたが、当初の予定と比べてどうなのか、予定通りなのか、おくれているというようなことはないのかということをお聞きしたいと思います。 ○議長(佐藤忠男君) 伊藤建設部長。 ◎建設部長(伊藤繁弘君) お答えいたします。  この工事は、本工事に入りまして平成18、19、20の3カ年で完成する予定でございますけれども、当初の予定通り完成することで進めてございまして、今回の平成19年度の工事につきましても、こういう繰越明許ということになりましたけれども、全体的な工期の中では動いていないということでございます。よろしくお願いします。 ○議長(佐藤忠男君) ほかに質疑の方ありませんか。  小田島邦弘君。 ◆24番(小田島邦弘君) 24番、小田島邦弘です。  今、建設部長から御答弁がありましたけれども、発注時期の問題です。河川協議で3カ月は工事できないという状況なわけでありますが、今もう既に11月になっているわけでありまして、やはり3カ年で完了するとなれば来年度の発注は今の時期ではなくてもっと早期に発注して、するべきであろうと思っていますがいかがでしょうか。 ○議長(佐藤忠男君) 伊藤建設部長。 ◎建設部長(伊藤繁弘君) 御指摘のとおり、発注そのものは平成20年度につきましては早い時期に発注したいと考えてございまして、平成20年度につきましてはその橋梁の製作とけたの仮設がございますので、年度の当初の発注を考えてございます。 ○議長(佐藤忠男君) ほかに質疑の方ありませんか。     (発言する者なし) ○議長(佐藤忠男君) なしと認め、質疑を終結いたします。
    ○議長(佐藤忠男君) これより討論に入ります。討論の方ありませんか。     (「なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) なしと認め、討論を終結いたします。 ○議長(佐藤忠男君) これより採決いたします。  議案第116号市道晴山梁川線上瀬橋橋梁架替(下部工第Ⅱ期)工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてを原案のとおり決することに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり) ○議長(佐藤忠男君) 御異議なしと認めます。よって、議案第116号は原案のとおり可決されました。 ○議長(佐藤忠男君) 日程第6、報告第22号倒木事故に係る損害賠償事件に関する専決処分の報告についてを議題といたします。  提出者から説明を求めます。  伊藤総務企画部長。 ◎総務企画部長(伊藤隆規君) 報告第22号倒木事故に係る損害賠償事件に関する専決処分の報告についてを御説明申し上げます。  本報告は、台風9号の影響により倒木事故が発生し、それに係る損害賠償事件でありまして、その損害賠償額の決定及び和解について地方自治法第180条第1項の規定に基づき、10月24日に専決処分をいたしましたので、同条第2項の規定によりこれを報告するものであります。  事故の状況でありますが、平成19年9月7日、午前11時20分ごろ、台風9号の強風により花巻市立花巻小学校敷地内の杉の木が、隣接する財団法人総合花巻病院駐車場内に駐車していた車両に倒れ、相手方車両の助手席側ドア及びバックミラーを破損させたものであります。  台風という自然災害でありましたが、倒木事故を招きましたことに深く陳謝いたしますとともに、今後はなお一層、施設管理につきまして細心の注意のもと、万全を期してまいりたいと存じております。  以上、御報告申し上げます。 ○議長(佐藤忠男君) これより質疑に入ります。質疑の方ありませんか。  阿部一男君。 ◆26番(阿部一男君) 今回のこの倒木による損害賠償事件の関係はこういうふうなことになるわけですが、私の記憶によりますと2カ月前ぐらいですか、やはり花巻小学校のがけ地において、コジマ電機の方への土砂崩れによって民有地に土砂が流出したという経過もありました。それから、過日は市役所地下の駐車場における土砂崩れがありました。確かに土砂崩れというのは不測の事態、天災でありまして、このもの自体は防げないかと思いますけれども、第三者に迷惑もかけるわけですが、公有地における事故を未然に防ぐための日ごろの管理点検というのはどのようになっているものでしょうか。その対策なり対応というのはどう考えているのか、この際ですのでお聞きいたします。 ○議長(佐藤忠男君) 大山財務部長。 ◎財務部長(大山拡詞君) このたびの件につきましては、駐車場関係につきましては私どもの所管でございますから、いろいろご迷惑をかけたことに深くおわびしたいと思います。  それで今、管理体制の問題ですけれども、基本的には急傾斜地の指定を受ける部分には県と一緒に1年に1回の見回りなんかをしているわけですけれども、こういった個別のものについては財産管理上、職員が点検して歩くということになっていますので、今後ともそういった危険箇所については財政課職員を含めて点検に回りたいと思ってございます。ですから通常こういった場合に、災害のときに危険箇所を発見するというようなことも多々あるわけですけれども、そういうことのないように今後気をつけたいと思いますので、ひとつよろしくお願いします。 ○議長(佐藤忠男君) ほかに質疑の方ありませんか。     (発言する者なし) ○議長(佐藤忠男君) なしと認め、質疑を終結いたします。  以上で報告第22号を終わります。 ○議長(佐藤忠男君) 以上で本臨時会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。  これをもちまして、平成19年第2回花巻市議会臨時会を閉会いたします。  御苦労さまでした。             午前10時32分 閉会 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。  花巻市議会議長  花巻市議会副議長  花巻市議会議員  花巻市議会議員  花巻市議会議員...