八戸市議会 > 2016-12-19 >
平成28年12月 定例会−12月19日-04号
平成28年12月 定例会−12月19日-付録

ツイート シェア
  1. 八戸市議会 2016-12-19
    平成28年12月 定例会−12月19日-04号


    取得元: 八戸市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-20
    平成28年12月 定例会−12月19日-04号平成28年12月 定例会         平成28年12月八戸市議会定例会会議録(第4号)         ────────────────────── 議事日程第4号  平成28年12月19日(月曜日)午前10時開議 第1 議案第188号 平成28年度八戸市一般会計補正予算    議案第189号 平成28年度八戸市自動車運送事業会計補正予算    議案第190号 平成28年度八戸市立市民病院事業会計補正予算    議案第191号 平成28年度八戸市国民健康保険特別会計補正予算    議案第192号 平成28年度地方卸売市場八戸市魚市場特別会計補正予算    議案第193号 平成28年度八戸市都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算    議案第194号 平成28年度八戸市学校給食特別会計補正予算    議案第195号 平成28年度八戸市都市計画下水道事業特別会計補正予算    議案第196号 平成28年度八戸市都市計画駐車場特別会計補正予算    議案第197号 平成28年度八戸市中央卸売市場特別会計補正予算    議案第198号 平成28年度八戸市霊園特別会計補正予算    議案第199号 平成28年度八戸市農業集落排水事業特別会計補正予算    議案第200号 平成28年度八戸市介護保険特別会計補正予算    議案第201号 平成28年度八戸市国民健康保険南郷診療所特別会計補正予算
       議案第202号 平成28年度八戸市後期高齢者医療特別会計補正予算    議案第203号 平成28年度八戸市母子父子寡婦福祉資金貸付事業特別会計補正予算    議案第205号 八戸市附属機関設置条例の一部を改正する条例の制定について    議案第206号 八戸市職員給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について    議案第207号 八戸市職員特殊勤務手当支給条例の一部を改正する条例の制定について    議案第208号 八戸市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例の制定について    議案第209号 八戸市市税条例の一部を改正する条例の制定について    議案第210号 八戸市農業委員会の委員等定数条例の制定について    議案第211号 八戸市児童館条例の一部を改正する条例の制定について    議案第212号 八戸市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について    議案第213号 (仮称)八戸市屋内スケート場建設事業強電設備工事請負契約締結について    議案第214号 (仮称)八戸市屋内スケート場建設事業弱電設備工事請負契約締結について    議案第215号 (仮称)八戸市屋内スケート場建設事業空気調和設備工事請負契約締結について    議案第216号 指定管理者の指定について(児童科学館及び視聴覚ライブラリー)    議案第217号 八戸市階上町田代小学校中学校組合解散について    議案第218号 八戸市階上町田代小学校中学校組合解散に伴う財産の処分について    議案第219号 市道路線の廃止及び認定について    議案第220号 八戸市職員育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について    議案第221号 八戸市職員勤務条件に関する条例の一部を改正する条例の制定について    議案第222号 尻内雨水ポンプ場(ポンプ設備)整備工事(その2)請負契約締結について 第2 八戸市選挙管理委員及び補充員の選挙 第3 議会案第7号 地方議会議員厚生年金への加入を求める意見書 第4 議員派遣について  ────────────────────  本日の会議に付した事件 議事日程に同じ  ──────────────────── 出席議員(31名)        1番     久保百恵 君        2番     岡田 英 君        3番     日當正男 君        4番     中村益則 君        5番     苫米地あつ子君        6番     田端文明 君        7番     冷水 保 君        8番     三浦博司 君        9番     高橋一馬 君        10番     高山元延 君        11番     工藤悠平 君        12番     夏坂 修 君        13番     伊藤圓子 君        14番     山名文世 君        15番     古舘傳之助君        17番     藤川優里 君        18番     小屋敷 孝君        19番     森園秀一 君        20番     壬生八十博君        21番     豊田美好 君        22番     立花敬之 君        23番     前澤時廣 君        24番     吉田淳一 君        25番     田名部和義君        26番     五戸定博 君        27番     八嶋 隆 君        28番     寺地則行 君        29番     秋山恭寛 君        30番     大館恒夫 君        31番     坂本美洋 君        32番     吉田博司 君   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 欠席議員(なし)   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 地方自治法第121条による出席者    市長         小林 眞 君    副市長        田名部政一君    副市長        大平 透 君    総合政策部長     千葉憲志 君    まちづくり文化スポーツ観光部長               風張知子 君    総務部長       大坪秀一 君    財政部長       原田悦雄 君    商工労働部長     中村行宏 君    農林水産部長     出河守康 君    福祉部長       加賀仁志 君    健康部長       工藤 朗 君    市民防災部長     石田慎一郎君    環境部長       後村 勉 君    建設部長       佐々木隆二君    都市整備部長     澤田美智明君    教育長        伊藤博章 君    教育部長       佐藤浩志 君    交通部長       村岡威伴 君    市民病院事務局長   小林憲博 君    監査委員       早狩博規 君   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 出席事務局職員    事務局長       吉田幸司    次長兼庶務課長    栄田千鶴子    次長兼議事課長    池田和彦    主幹(議事グループリーダー)
                  鈴木 馨    主査         知野大介    主査         見附正    主査         林 一秀  ────────────────────   午前10時00分 開議 ○議長(吉田淳一 君)これより本日の会議を開きます。  ──────────────────── ○議長(吉田淳一 君)この際、市長より発言の申し出がありますので、これを許可します。市長 ◎市長(小林眞 君)おはようございます。議長からお許しがありましたので、12月13日の苫米地あつ子議員への一般質問の2、櫛引地区産業廃棄物適正処理事案についての再質問に対する答弁の一部を訂正させていただきます。  私の答弁の中で、本事案について、県と協議し覚書を取り交わしたとお答えいたしましたが、その後確認させましたところ、覚書の取り交わしは行っていないとの報告を受けましたので、訂正をお願いいたします。  なお、中核市移行後の本事案に対する県のかかわりについては、平成27年2月の県議会第281回定例会におきまして佐々木副知事から、万が一、八戸市の中核市移行後において当該現場の産業廃棄物そのものによる周辺環境への影響が確認された場合は、必要に応じて市からの協議に応じていくとの答弁がなされております。  市といたしましては、これをもって県が協議に応じる姿勢を示したものと認識しており、今後とも県との情報共有に努め、周辺環境への影響が及ばないよう監視してまいります。  以上でございます。  ──────────────────── △日程第1 議案34件 ○議長(吉田淳一 君)日程第1議案第188号平成28年度八戸市一般会計補正予算から議案第203号平成28年度八戸市母子父子寡婦福祉資金貸付事業特別会計補正予算まで及び議案第205号八戸市附属機関設置条例の一部を改正する条例の制定についてから議案第222号尻内雨水ポンプ場――ポンプ設備――整備工事――その2――請負契約締結についてまでを一括議題といたします。  各常任委員長から委員会における審査の経過と結果について、順次報告を求めます。  総務常任委員長の報告を求めます。  小屋敷孝委員長  〔18番小屋敷孝君登壇〕 ◎18番(小屋敷孝 君)総務常任委員会における審査の経過と結果を報告いたします。  議案第188号平成28年度八戸市一般会計補正予算のうち、当委員会に係る歳出予算の主なる内容は、給与改定等に伴う人件費を関係する各款で補正するほか、第1款議会費では、議員報酬を減額するものであります。  第2款総務費では、総務管理費において、退職手当を増額するものであります。  審査の過程において委員から、時間外手当増額の要因である業務量増大の傾向について質疑があり、理事者から、中核市移行だけでなく、新規事業や災害対応などにより全庁的に業務量が増加傾向にあるとの答弁があったのであります。加えて、労働時間の管理や人員配置の工夫をしていただくよう要望があったのであります。  第4款衛生費では、保健衛生費において、市民病院事業会計負担金及び出資金を増額するものであります。  第7款商工費では、商工費において、水産科学館のトイレ洋式化の修繕料を増額するものであります。  第8款土木費では、都市計画費において、国の補正予算に伴う事業費の追加により施設整備等工事費を増額するものであります。  審査の過程において委員から、優良建築物等整備事業費補助金の減額について質疑があり、理事者から、当該補助金は国からの補助金であるが、八日町地区優良建築物等整備事業は今年度執行することが不可能であるため補助金を他の事業に充て、来年度、返還等について調整することで国と協議済みであるとの答弁があったのであります。  第10款教育費では、小学校費において、小学校3校分のトイレ改修のための経費である設計業務等委託料及び施設改修等工事費を増額するものであります。  第12款公債費では、地域振興基金造成事業債の償還方法の確定に伴い元金償還金を増額するものであります。  一方、歳入予算の主なる内容は、前年度繰越金を増額するものであります。  第2条継続費の補正では、仮称・三日町にぎわい拠点整備及び仮称・屋内スケート場建設事業の年割額を変更するものであります。  第3条債務負担行為の補正では、児童科学館等指定管理料の期間及び限度額を設定するものであります。  第4条地方債の補正では、農業整備事業ほか8事業の限度額を変更するものであります。  本案に対して意見を徴したところ、寺地委員から、時間外業務の増加について、人員配置等を検討し、職員労働環境を適切に管理するよう意見があったのであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第194号平成28年度八戸市学校給食特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では職員数の減による給料を、歳入では一般会計繰入金をそれぞれ減額するものであります。  第2条債務負担行為の補正では、天然ガス供給設備の複数年契約に係る負担金の消費税分を追加するものであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第205号は、体育施設整備検討委員会及び農業委員会委員選考委員会を設置するためのものであります。  議案第206号は、青森県人事委員会勧告に基づく青森県職員給与改定に準じ、一般職職員の給料月額、初任給調整手当の額、扶養手当の額及び勤勉手当の支給割合並びに特別職職員等の期末手当の支給割合の改定をするとともに、55歳を超える職員に係る昇給制度を改め、その他所要の改正をするためのものであります。  審査の過程において委員から、職員給与改定について、理由づけを明確にするべきであるとの意見があったのであります。  議案第207号は、中核市への移行により青森県から移譲される精神障がい者に対する相談業務等を新たに特殊勤務手当の支給対象とするとともに、その他所要の改正をするためのものであります。  審査の過程において委員から、新たな特殊勤務手当の金額を決定した経緯について質疑があり、理事者から、金額だけでなく特殊勤務手当の対象業務についても、県や青森市を初めとする全国の中核市を調査し、職員労働組合との協議を経て決定したものであるとの答弁があったのであります。  議案第208号は、国家公務員退職手当法の一部改正に準じ、失業者の退職手当の支給内容等について所要の改正をするためのものであります。  議案第209号は、地方税法等の一部改正に伴い、個人市民税及び法人市民税に係る延滞金額の計算期間の見直し、個人市民税に係る医療費控除の特例の創設その他所要の改正をするためのものであります。  議案第213号から議案第215号までの3件の議案は、仮称・八戸市屋内スケート場建設事業強電設備、弱電設備、空気調和設備工事請負契約締結するためのものであります。  議案第216号は、地方自治法第244条の2第3項の規定により、児童科学館及び視聴覚ライブラリーの管理を行う指定管理者を指定するためのものであります。  議案第217号及び議案第218号は、八戸市階上町田代小学校中学校組合解散及び同組合解散に伴う財産の処分について協議するためのものであります。  審査の過程において委員から、地元住民からの閉校後の学校利用の要望について質疑があり、理事者から、学校施設をコミュニティ活動に活用したいとの要望があること及び転用後の具体的な用途については閉校後に検討していくとの答弁があったのであります。  議案第220号は、地方公務員育児休業等に関する法律等の一部改正に伴い、育児休業等の対象となる子の範囲を拡大し、非常勤職員に関する育児休業等の取得要件の緩和に係る規定の整備をするとともに、その他所要の改正をするためのものであります。  議案第221号は、育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律等の一部改正に伴い、介護時間を創設し、介護休暇の分割取得及び育児または介護を行う職員の深夜勤務等の制限に係る規定の整備をするとともに、その他所要の改正をするためのものであります。  以上13件の議案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  以上で報告を終わります。  〔18番小屋敷孝君降壇〕 ○議長(吉田淳一 君)経済常任委員長の報告を求めます。  工藤悠平委員長  〔11番工藤悠平君登壇〕 ◎11番(工藤悠平 君)経済常任委員会における審査の経過と結果を報告いたします。  議案第188号平成28年度八戸市一般会計補正予算のうち、当委員会に係る歳出予算の主なる内容は、給与改定等に伴う人件費を関係する各款で補正するほか、第6款農林水産業費では、農業費において、担い手の農業用機械等の導入等について支援する担い手確保・経営強化支援事業補助金を計上するものであります。  第7款商工費では、商工業振興費において、八戸市企業立地促進条例に基づき地元従業員を雇用した企業2社に対して交付する雇用奨励金補助金及び設備投資を行った企業11社に対して交付する操業奨励金補助金を、それぞれ計上するものであります。  第3条債務負担行為の補正では、市民の森指定管理料について債務負担行為期間及び限度額を設定するものであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第189号平成28年度八戸市自動車運送事業会計補正予算の主なる内容は、収益的収入及び支出のうち、収入では、現行の市内300円上限運賃制度平成26年の消費税率8%引き上げになった際に増税分の3%を運賃に転嫁していないため、増税による減収相当額分を一般会計から負担金として受け入れることにより運送収益を増額するものであります。支出では、人件費の減額等により、運転費を減額するものであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第192号平成28年度地方卸売市場八戸市魚市場特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では人事異動等に伴い人件費を、歳入では一般会計からの繰入金を、それぞれ減額するものであります。  審査の過程において委員から、寄附金の用途について質疑があり、理事者から、魚市場特別会計基金に積み立てて、魚市場の整備費等に充てており、最近ではスカイタンクの購入に使用したのであるとの答弁があったのであります。  議案第197号平成28年度八戸市中央卸売市場特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では一般管理費において公課費を、歳入では前年度繰越金を、それぞれ増額するものであります。  以上2件の議案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第210号は、農業委員会等に関する法律の一部改正に伴い、農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数を定めるためのものであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  以上で報告を終わります。  〔11番工藤悠平君降壇〕 ○議長(吉田淳一 君)民生常任委員長の報告を求めます。  夏坂修委員長  〔12番夏坂修君登壇〕 ◎12番(夏坂修 君)民生常任委員会における審査の経過と結果を報告いたします。  議案第188号平成28年度八戸市一般会計補正予算のうち当委員会に係る歳出予算の主なる内容は、給与改定等に伴う人件費を関係する各款で補正するほか、第3款民生費では、臨時福祉給付金費において、支給予定者数の変更により臨時福祉給付金給付事業交付金を増額するものであります。  第4款衛生費では、健康増進対策費において、がん検診等に係る健康診査等委託料を増額するものであります。  第9款消防費では、常備消防費において、八戸地域広域市町村事務組合で前年度繰越金を補正予算に計上したことなどにより、同事務組合消防費負担金を減額するものであります。  審査の過程において委員から、一般管理費の旅費について質疑があり、理事者から、陸上自衛隊八戸駐屯地部隊改編に対する要望活動のためのものであるとの答弁があったのであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第190号平成28年度八戸市立市民病院事業会計補正予算の主なる内容は、収益的収入及び支出のうち、収入については、地方公営企業法に基づき、病院建設に係る企業債の利子償還金等に対して一般会計からの繰入金を、支出については、薬品費及び診療材料費などを、それぞれ増額するものであります。  資本収入及び支出のうち、収入については、企業債元金償還等に対する一般会計からの繰入金を、支出については、青森県地域医療情報共有システム整備に係る設備費を、それぞれ増額するものであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第191号平成28年度八戸市国民健康保険特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では今後の拠出見込みにより高額医療費共同事業負担金を、歳入では前年度繰越金を、それぞれ増額するものであります。  議案第198号平成28年度八戸市霊園特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では人事異動に伴う職員の人件費を、歳入では一般会計からの繰入金を、それぞれ増額するものであります。  議案第200号平成28年度八戸市介護保険特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では前年度の介護給付費負担金及び地域支援事業費交付金に係る受け入れ超過分の返還金を、歳入では補正財源として前年度からの繰越金を、それぞれ増額するものであります。  議案第201号平成28年度八戸市国民健康保険南郷診療所特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では人事異動等に伴う人件費の調整を、歳入では前年度からの繰越金を増額するものであります。  議案第202号平成28年度八戸市後期高齢者医療特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では人事異動等に伴う人件費の調整を、歳入では一般会計からの事務費繰入金を減額するものであります。  議案第203号平成28年度八戸市母子父子寡婦福祉資金貸付事業特別会計補正予算の主なる内容は、債務負担行為の補正では、母子、父子、寡婦それぞれの福祉資金貸付金の期間及び限度額を設定するものであります。  以上6件の議案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第211号は、松館児童館の位置を変更するためのものであります。
     議案第212号は、外国人等の国際運輸業に係る所得に対する相互主義による所得税等の非課税に関する法律の一部改正に伴い、特例適用利子等及び特例適用配当等の額を国民健康保険税の所得割額の算定及び軽減判定に用いる総所得金額に含めるためのものであります。  以上2件の議案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  以上で報告を終わります。  〔12番夏坂修君降壇〕 ○議長(吉田淳一 君)建設常任委員長の報告を求めます。  冷水保委員長  〔7番冷水保君登壇〕 ◎7番(冷水保 君)建設常任委員会における審査の経過と結果を報告いたします。  議案第188号平成28年度八戸市一般会計補正予算のうち、当委員会に係る歳出予算の主なる内容は、給与改定等に伴う人件費を関係する各款で補正するほか、  第2款総務費では、総務管理費において、バス事業者への路線バス上限運賃負担金を計上するものであります。  第4款衛生費では、清掃費において、管理運営費等の精査により、し尿処理及びごみ処理に係る八戸地域広域市町村事務組合に対する負担金を減額するものであります。  第6款農林水産業費では、農業費において、測量委託料の経費を増額するものであります。  第8款土木費では、道路橋りょう費においては、道路等維持補修工事費に係る工事請負費を減額し、国の補正予算に伴う長根公園周辺道路等整備事業に係る工事請負費を増額するものであります。  港湾費においては、国の補正予算に伴い港湾整備事業負担金を増額するものであります。  都市計画費においては、長根公園西口通路橋改築工事に係る工事請負費を増額し、都市計画土地区画整理事業特別会計繰出金を減額するものであります。  審査の過程において、道路維持費が減額となった理由及び工事への影響について質疑があり、理事者から、国の交付金が当初想定していた予算よりも少なかったことによる減額であり、その分、工事の実施ができないことになるとの答弁があったのであります。加えて、道路維持費については、各方面から苦言を呈されており、なるべく予算を確保するよう努力いただきたいとの要望があったのであります。  第3条債務負担行為の補正では、南郷コミュニティ交通運行事業、道路舗装補修等委託料、道路維持補修工事費、道路改良工事費について債務負担行為期間及び限度額を設定するものであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第193号平成28年度八戸市都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では八戸駅西土地区画整理事業費を、歳入では八戸駅西地区の社会資本整備総合交付金を、それぞれ増額するものであります。  第2条地方債の補正では、起債の限度額を変更するものであります。  議案第195号平成28年度八戸市都市計画下水道事業特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では建設費において管きょ整備等工事費を、歳入では社会資本整備総合交付金及び下水道事業債を、それぞれ減額するものであります。  第2条継続費の補正では、建設費において、尻内雨水排水ポンプ場――建築――整備事業及び尻内雨水排水ポンプ場――機械・電気設備――整備事業の年割額を変更するものであります。  第3条債務負担行為の補正では、固定資産調査・評価業務委託料及び公共ます設置委託料の期間及び限度額を設定するものであります。  第4条地方債の補正では、起債の限度額を変更するものであります。  議案第196号平成28年度八戸市都市計画駐車場特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では、管理費において、八戸駅西口駅前広場の整備工事に伴い、八戸駅西口広場駐車場駐車管制設備を整備するための工事請負費を、歳入では、駐車場整備事業のため市債を、それぞれ増額するものであります。  第2条地方債の補正では、起債の限度額を変更するものであります。  議案第199号平成28年度八戸市農業集落排水事業特別会計補正予算の主なる内容は、第1条債務負担行為の補正において、固定資産調査・評価業務委託料及び汚水ます設置委託料の期間及び限度額を設定するものであります。  以上の各特別会計補正予算は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  議案第219号は、道路法第8条第2項及び第10条第3項の規定により、十日市地区、豊崎地区、尻内地区及び櫛引地区における道路整備に伴う市道路線の廃止及び認定をするためのものであります。  議案第222号は、尻内雨水ポンプ場――ポンプ設備――整備工事――その2――請負契約締結するためのものであります。  以上2件の議案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  以上で報告を終わります。  〔7番冷水保君降壇〕 ○議長(吉田淳一 君)以上をもって各常任委員長の報告は終わりました。  ただいまの委員長報告に対し、御質疑ありませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(吉田淳一 君)御質疑なしと認めます。  これより討論を行います。  討論の通告がありますので、田端文明議員の発言を許します。  田端文明議員 ◆6番(田端文明 君)議案第206号八戸市職員給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定についてに対して反対し、討論を行います。  今回の勧告では、本俸部分は若年層を中心にわずかにアップするものの、ほかは恩恵が少ないものです。ボーナスは、国家公務員は4.2カ月となっておりますが、青森県は4.0カ月であり、中央との格差がさらに拡大することになります。家族扶養手当は、子ども手当が6500円から1万円に増額されますが、配偶者手当は2年間で1万3000円から6500円に半減されます。子ども手当が上がっても、専業主婦で子どもが1人から2人いる場合、生涯賃金で110万円から250万円の減収となるものです。配偶者が働きたくても働けないさまざまな事情がある職員世帯にとっては不利益となるものです。  人事院勧告は、民間準拠とされておりますが、配偶者手当については民間企業の89.6%は見直す予定がないとの状況です。実態に基づかない、一部の職員に不利益となる勧告であり納得できるものではありません。  以上のことから議案第206号に反対し、討論といたします。 ○議長(吉田淳一 君)以上で通告による討論は終わりました。  ほかに討論はありませんか。  (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(吉田淳一 君)これにて討論を終結いたします。  これより議題のうち、議案第206号を採決いたします。  本案の委員長報告は可決であります。  本案を委員長報告のとおり決することに賛成の方々の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 ○議長(吉田淳一 君)御着席願います。  起立多数であります。  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。  次に、ただいま議決されました議案を除く議案第188号から議案第203号まで及び議案第205号並びに議案第207号から議案第222号までの議案33件を一括して採決いたします。  以上の議案は、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(吉田淳一 君)御異議なしと認めます。  よって、以上の議案は委員長報告のとおり可決されました。  ──────────────────── △日程第2 八戸市選挙管理委員及び補充員の選挙議長(吉田淳一 君)日程第2八戸市選挙管理委員及び補充員の選挙を行います。  お諮りいたします。  選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。  これに御異議ありませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(吉田淳一 君)御異議なしと認めます。  よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。  お諮りいたします。  議長において指名することにいたしたいと思います。  これに御異議ありませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(吉田淳一 君)御異議なしと認めます。  よって、議長において指名することに決しました。  八戸市選挙管理委員に、野坂哲、三浦辰男、赤澤榮治、中村紀子の各氏を、同じく補充員に、島司、田頭順子、大和宏州、島守勉の各氏を指名いたします。  お諮りいたします。  ただいま議長において指名いたしました方々を八戸市選挙管理委員及び補充員の当選人と定め、同補充員の補充の順序につきましては指名の順位によることに御異議ありませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(吉田淳一 君)御異議なしと認めます。  よって、ただいま指名いたしました方々が八戸市選挙管理委員及び補充員に当選されました。  また、補充員の補充の順序は指名の順位によることに決しました。  ──────────────────── △日程第3 議会案1件上程 ○議長(吉田淳一 君)日程第3議会案第7号地方議会議員厚生年金への加入を求める意見書を議題といたします。  提出者から提案理由の説明を求めます。  19番森園秀一議員  〔19番森園秀一君登壇〕 ◎19番(森園秀一 君)提案理由の説明をいたします。  議会案第7号地方議会議員厚生年金への加入を求める意見書は、地方創生が我が国の将来にとって重要な政治課題となり、その実現に向け大きな責任を有する地方議会の果たすべき役割はますます重要となってきており、これまで以上に多様な住民ニーズへの対応が求められ、そのため近年、議員活動の専門化、専業化が進んでいますが、その一方で、投票率の低下、無投票当選者の増加など住民の関心の低さや地方議会議員のなり手不足が深刻な問題となってきていることから、これから議員を目指そうとする若者への環境整備、人材確保の観点から、地方議会議員厚生年金加入のための法整備の実現を国に強く求めるものであります。  なお、案文についてはお手元に配付のとおりであります。  〔19番森園秀一君降壇〕   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−              (案文は資料欄に掲載)
    議長(吉田淳一 君)お諮りいたします。  ただいま議題となっております議会案については、委員会の付託、質疑及び討論は省略し、直ちに採決いたしたいと思います。  これに御異議ありませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(吉田淳一 君)御異議なしと認めます。  よって、委員会の付託、質疑及び討論は省略することに決しました。  これより議会案第7号を採決いたします。  本議会案は、原案のとおり決することに賛成の方々の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 ○議長(吉田淳一 君)御着席願います。  起立総員であります。  よって、本議会案は原案のとおり可決されました。  ──────────────────── △日程第4 議員派遣について ○議長(吉田淳一 君)日程第4議員派遣についてを議題といたします。  お手元に配付いたしました議員派遣一覧表のとおり議員派遣の申し出があります。  お諮りいたします。  議員派遣一覧表のとおり議員を派遣することに御異議ありませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(吉田淳一 君)御異議なしと認めます。  よって、会議規則第167条の規定により、議員派遣一覧表のとおり派遣することに決定いたしました。  お諮りいたします。  ただいま議決されました議員派遣について変更を要するときは、その措置を議長に一任されたいと思います。  これに御異議ありませんか。  (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(吉田淳一 君)御異議なしと認めます。  よって、議員派遣について変更を要するときは、その措置を議長に一任することに決しました。  以上で本日の日程は全部終了いたしました。  ────────────────────   市長挨拶 ○議長(吉田淳一 君)この際、市長から発言の申し出がありますので、これを許します。  市長  〔市長小林眞君登壇〕 ◎市長(小林眞 君)平成28年12月八戸市議会定例会閉会に当たり、一言御挨拶を申し上げます。  議員の皆様には、去る12月6日から本日までの14日間にわたり、本議会に提案いたしました平成28年度八戸市一般会計補正予算など議案35件について、終始熱心かつ慎重に御審議を尽くされ、全議案とも原案のとおり議決いただき、厚く御礼を申し上げます。  議決いただきました各議案の執行に当たりましては万全を期してまいります。  さて、ことしも残すところ10日余りとなりましたが、議員の皆様には、この1年、市民代表としてその重責を全うされ、市勢発展のため御尽力を賜りましたことに対し、深く感謝を申し上げます。  人口減少や少子高齢化など、我が国を取り巻く環境は依然として厳しい状況ではありますが、来年は当市にとりまして中核市として新たな一歩を踏み出す年であるとともに、近隣町村との緊密な連携と協力のもと、連携中枢都市圏の形成を図るなど、八戸新時代に向け新たな段階を迎える年になるものと考えております。  また、市制施行88周年を迎える記念すべき年でもあり、活力の創出や諸課題の解決に全力を傾注し、来るべき年が当市の輝かしい未来への飛躍の年となるよう努めてまいる所存でありますので、一層の御支援、御協力を賜りますよう、ここに改めてお願いを申し上げます。  時節柄、議員の皆様には御自愛いただき、御健勝でよい年を迎えられますことを心よりお祈り申し上げ、閉会に当たっての挨拶といたします。  〔市長小林眞君降壇〕  ────────────────────   閉 会 ○議長(吉田淳一 君)今期定例会における議員並びに理事者各位の御精励に対し、深甚なる敬意と感謝の意を表します。  ますます寒さに向かう時節柄、議員各位並びに理事者の皆様には一層御自愛の上、よき新年を迎えられますよう御祈念申し上げ、平成28年12月八戸市議会定例会閉会いたします。   午前10時37分 閉会    署  名  地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。    平成28年12月19日       八 戸 市 議 会                 議 長  吉 田 淳 一                 副議長  古 舘 傳之助                 議 員  高 橋 一 馬                 議 員  前 澤 時 廣...