ツイート シェア
  1. 青森県議会 2011-03-18
    日本の医療を守るためにTPP交渉への参加を行わないよう求める意見書 開催日: 2011-03-18


    取得元: 青森県議会公式サイト
    最終取得日: 2023-01-04
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1 (可決)         日本医療を守るためにTPP交渉への参加を行わないよう求める意見書  政府は昨年6月に「新成長戦略」を閣議決定し、その中で、医療・介護・健康関連産業日本成長牽引産業として位置付けた。このため、医療営利産業化に向けた市場開放についての議論が急速に展開され、本年6月には環太平洋戦略的経済連携協定TPP)への参加可否が判断されることになった。無条件参加が決定すれば日本医療に確実に市場原理主義が導入され、世界に誇る我が国の国民保険制度は加速度的に崩壊していく事になりかねない。  医療への市場原理主義の導入は国民保険制度を崩壊させる恐れがあり、国民の生命をも脅かすものである。「いつでも、どこでも、だれもが」医療を公平に受けることができる国民保険制度をこれからも堅持していくよう、医療市場開放に繋がるようなTPPへの参加を行わないよう強く要望するものである。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。 平成23年3月18日                           青 森 県 議 会 (第265回定例会・発議第7号・山内和夫外44名提出) Copyright © Aomori Prefecture, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...