ツイート シェア
  1. 青森県議会 2011-03-14
    平成23年第265回定例会(第8号)  本文 開催日: 2011-03-14


    取得元: 青森県議会公式サイト
    最終取得日: 2023-01-04
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1 ◯議長長尾忠行) ただいまより会議を開きます。  本日は休会の日でありますが、知事よりこのたびの地震災害関連追加議案が提出されましたので、会議規則第十条第三項の規定により会議を開くことにいたした次第であります。  日程に先立ち申し上げます。  去る三月十一日に発生した平成二十三年東北地方太平洋沖地震によって多くのとうとい人命が失われました。本県においても人的・物的被害が発生し、いまだ厳しい避難生活を強いられ、御苦労されている方々が大勢いらっしゃいます。ここに、犠牲となられた方々の御冥福をお祈りするとともに、被災された方々に対し心からお見舞いを申し上げます。  これより、犠牲となられた方々の御冥福をお祈りし、黙祷をささげたいと思います。御起立をお願いいたします。──黙祷。  〔全員起立黙祷〕 2 ◯議長長尾忠行) お直りください。御着席ください。    ──────────────────────       ◎ 追加議案上程及び提案理由説明    ────────────────────── 3 ◯議長長尾忠行) 知事より、お手元配付のとおり議案等が送付されましたので、御報告いたします。《登載省略》  議案第七十三号及び議案第七十四号を議題とし、知事説明を求めます。──三村知事。 4 ◯知事三村申吾) ただいま上程されました追加提出議案の御説明を申し上げる前に、このたびの平成二十三年東北地方太平洋沖地震により不幸にしてとうとい命を失われた方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに、その御遺族の方々に対し深く哀悼の意を表するものであります。  また、被災された方々には心からお見舞い申し上げますとともに、県としては、皆様方生活復旧が一日も早く図られるよう、被災対策に万全を期してまいる所存であります。  さて、去る三月十一日に発生した平成二十三年東北地方太平洋沖地震は、観測史上最大級の規模となり、これに伴う大津波により、東北地方を中心に多くのとうとい人命が奪われたほか、国内の経済活動に大きな影響を及ぼす物的被害を与えるなど、かつてない大被害をもたらしております。  県内においても、三月十四日午前九時現在、死者三名、行方不明者一名、負傷者四十四名の人的被害や多くの住家被害など日常生活にかかわる被害が生じているほか、港湾漁港施設等公共施設への被害、さらには漁船、漁具の滅失や農業用ハウス等の冠水を初めとした農林漁業被害など、農林水産業はもちろん、これらに密接に関連する食品加工業などの商工業にもその影響が及ぶものとなっております。  県では、地震発生直後、災害対策本部を設置し、直ちに自衛隊に対して災害派遣要請を行うとともに、青山知事現地に派遣したほか、私自身も、地震発生翌日以降、さまざまな被災現場に赴き、被災状況を確認したところであります。  被災現場状況は筆舌に尽くしがたい惨状でありましたが、地域住民避難が迅速になされ、人的被害が小規模に抑えられたことは、過去の教訓と市町村における防災体制の構築によるものと感謝申し上げるものであります。  また、県内全域が停電という厳しい状況の中で、国を初め、自衛隊津軽地域市町村民間事業者方々の御協力をいただき、毛布や食料などの支援物資を届けることができたほか、夜間にもかかわらず県全域から駆けつけていただいた消防隊方々被災者みずからが力を合わせて炊き出しをしている姿には青森の底力をかいま見たところであり、改めて、被災者支援等に対して多大な御協力をいただいている関係者に感謝を申し上げます。  さらに、北海道、新潟県からは食料等支援物資提供を受ける一方で、本県からは防災ヘリコプターを宮城県に派遣し、救出活動を行うなど、都道府県の垣根を越えて困難に立ち向かっているところであります。
     今こそ、自助、共助、公助による青森県の力を結集し、この難局を乗り切り、青森の元気、日本の元気を取り戻す必要があると考えております。  私を初め県が現地で把握してきた被災状況市町村等からの要請、また被災者の声については随時災害対策本部に伝え、これまで、人命救助被災者の安全を第一に対策を講じてきたところでありますが、まずは何よりも被災された方々生活支援が重要と考え、昨日、全県にわたる災害救助法やこれに準ずる災害援護対策を講ずるとともに、被災者生活再建支援制度実施を決定したほか、今般、このたびの地震災害により被災された方々に対する支援物資提供に要する経費等について予算措置を講ずることとし、議案第七十三号「平成二十二年度青森一般会計補正予算案」等を御提案するものであります。  今回は特に急がれるものについて対応してきているところでありますが、本日は青山知事現地に派遣し、特に甚大な被害を受けた漁業水産加工業等状況確認を行わせるなど、引き続き被災状況の把握に努め、被災地域方々生活復旧が一日も早く図られるよう、被災世帯に係る災害援護資金や、農林漁業者及び中小企業者に係る災害復旧資金の融通、港湾漁港施設等災害復旧事業実施市町村振興資金の貸し付けや特別交付税確保等市町村に対する財政支援措置など、国、市町村及び金融機関等関係者とも連携し、被災対策に万全を期してまいります。  さらに、私としては、新たな復興モデルとなり得るような被災者生活再建本県産業の再生につながる施策を早急に取りまとめ、これを国に提案し、青森県の元気・活力の創出に向けて取り組んでまいる所存でありますので、議員各位の御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げます。  以上、提出議案の概要について御説明申し上げましたが、慎重御審議の上、原案どおり御議決を賜りますようお願い申し上げます。    ──────────────────────       ◎ 議   案   採   決    ────────────────────── 5 ◯議長長尾忠行) お諮りいたします。議案第七十三号及び議案第七十四号は、質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 6 ◯議長長尾忠行) 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。  これより議案の採決をいたします。  議案第七十三号及び議案第七十四号、以上二件の原案賛成の方は御起立を願います。  〔賛成者起立〕 7 ◯議長長尾忠行) 起立総員であります。よって、原案は可決されました。    ──────────────────────       ◎ 特 別 委 員 会 設 置    ────────────────────── 8 ◯議長長尾忠行) 次に、特別委員会設置の件を議題といたします。  本職から提議があります。  今般の平成二十三年東北地方太平洋沖地震による被害本県においても甚大なものがあり、この対策に万全を期する必要があると考えます。  よって、お諮りいたします。この際、お手元配付のとおり、正副議長を除く議員全員をもって構成する東北地方太平洋沖地震災害対策特別委員会を設置し、「東北地方太平洋沖地震災害に係る被害対策について」を付託いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 9 ◯議長長尾忠行) 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。  次に、お諮りいたします。ただいま設置されました東北地方太平洋沖地震災害対策特別委員会付託案件目的達成まで閉会中の継続審査とすることに御異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 10 ◯議長長尾忠行) 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。  次に、ただいま設置されました東北地方太平洋沖地震災害対策特別委員会委員長互選のため、本会議散会後、西棟八階大会議室において委員会を開催されるよう、この席上より口頭をもって委員会を招集いたします。    ────────────────────── 11 ◯議長長尾忠行) 以上をもって本日の議事は終了いたしました。  三月十八日は午後一時から本会議を開きます。  本日はこれをもって散会いたします。 午後零時五十八分散会 Copyright © Aomori Prefecture, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...